(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: j)

Julie Andrews, Martyn Green, Moondog, Julius Baker - TELL IT AGAIN : SONGS OF SENSE AND NONSENSE

  • ヴォーカルLP
 Julie Andrews, Martyn Green, Moondog, Julius Baker- ジュリー・アンドリュース、マーティン・グリーン、ムーンドッグ、ジュリアス・ベイカー - "TELL IT AGAIN : SONGS OF SENSE AND NONSENSE"
USA / LP / Mono / Angel 65041 / Rec 1957 / Pub mid60s?
ジャケット擦れ少々、レーベルひげ少々、盤浅い擦れ、表層スクラッチ少々
Jacket 3 / Disc 3 / Sound 3  3680 yen
■女優ジュリー・アンドリュースの異色のわらべ歌アルバム。ムーンドッグが全曲作曲&演奏をした一枚。
『メアリー・ポピンズ』『サウンド・オブ・ミュージック』等で知られるミュージカル女優ジュリー・アンドリュース、そしてやはりイギリスの俳優マーティン・グリーン、そしてアメリカのクラシック・フルートのトップ奏者ジュリアス・ベイカー、そしてムーンドッグという考えられない4人で録音された摩訶不思議なわらべ歌のレコード、57年。数十秒から一分ほどの曲が40曲以上収録されていて、その作曲は全てムーンドッグ。ムーンドッグらしいヨーロッパ古典的メロディ、カノン、ポリリズム、言葉遊び、数え歌etc...が、2人の親密な歌、ムーンドッグの自作パーカッションのトリンバ、涼しいフルートでプレイされる一枚。これだけムーンドッグのメロディが楽しめるものもないのでは。ジャケット違いで最近リイシュー盤が出ているようですが、これは米エンジェル盤で、恐らくは60年代中期のプレス。【曲】「Favorite Nursery Rhymes(12曲)」「School Days And Learning Songs(9曲)」「Songs Of Fun And Nonsense(12曲)」「The Animal World(7曲)」「Bedtime Songs And Lullabies(6曲)」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jess Stacy - PIANO SOLOS

  • ジャズLP
Jess Stacy- ジェス・ステイシー - "PIANO SOLOS"
Australia / LP / Mono / Swaggie S1248 / Rec 1935-56 / Pub 1970s
コーティング・ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■ジャズ・ピアニスト、ジェス・ステイシーの編集盤。
1938年のBグッドマン楽団における「SING SING SING」で彼が弾いた、ジャズ・ピアノの未来を予言するようなピアノ・ソロがいまでも語り草になっているストライド系ピアニスト、ジェス・ステイシー。そのソロは話によると、ドビッシーからショパン、エロール・ガーナー、セロニアス・モンクなどが弾くようなピアノを立て続けにくりだしたそうなんですが、この一枚を聞いていただければそれも納得がいくという編集盤。本作はピアノ・ソロとはいいますが、ニック・ファトゥールがドラムをつけたピアノ+ドラムの編成、ジョージ・ヴァン・エプスがギターで参加しているクインテット編成なども数曲づつ含み彼のピアノ人生を俯瞰できる素晴らしい編集盤になっています。ビックス・バイダーベックが譜面だけ残した「In A Mist」タイプの名曲で、ライ・クーダーもアルバム『Jazz』でカバーした「In The Dark」「Flashes」も収録。【曲】「Fascinating Rhythm」「I Can't Get Started」「I Want To Be Happy」「You Took Advantage Of Me」「Back Home Again In Indiana」「Stars Fell On Alabama」「Oh, Baby」「If I Could Be With You One Hour Tonight」「Boo-Boos For Bob」「Ec-Stacy」「Complainin'」「Ain't Goin' Nowhere」「Burnin' The Candle At Both Ends(試聴)」「In The Dark - Flashes(試聴)」「Barrelhouse」「The World Is Waiting For The Sunrise」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jimmy Dorsey - THE FABULOUS JIMMY DORSEY

  • ジャズLP
 Jimmy Dorsey- ジミー・ドーシー - "THE FABULOUS JIMMY DORSEY"
USA / LP / Mono / Fraternity F1008 / Rec 1957 / Pub 1957
コーティング・ジャケット擦れ少々、レーベルひげあり、盤浅い擦れ、プツ音でるスクラッチいくつか
Jacket 3.5 / Disc 2.5~3 / Sound 3  2680 yen
■ジミー・ドーシー生涯最高のブロウを聞かせた大ヒット"So Rare"を収録したラスト・アルバム。
戦前の上等なジャズSP盤には大体参加していると言ってしまえる説明不要のジャズ・ジャイアント、ジミー・ドーシー。これは57年で、同年亡くなる直前に録音され、ジミー初のゴールド・ディスクとなった特大ヒット「So Rare」を収録した彼の生前ラストの一枚。この曲、実はトミー・ドーシーでさえ吹いてるのはジミーではないのでは??と言った、人生最高のブロウを聞かせたナンバー。ロックンロール全盛時代のビッグ・バンド・ジャズの金字塔と言われる曲で、男女コーラス入りのバンドに、ジャズというよりR&Bサックス・スタイルで熱く迫る一曲。からくり仕掛けの異形のビッグ・バンド・ブギウギ「Jay Dees Boogie Woogie」、歌を披露するラテン・スタンダード「Maria Elena」、世界に白人のブギウギを紹介したウィル・ブラッドレイのトロンボーンで演奏される「Speak Low」、このスタイルで誰が彼にかなうのかというタイトなスウィンギン・ビッグ・バンド「Just Swingin」などなど、演奏のノリ、精度、思い切りの良さ、レパートリーのバランス、ジャケットも含めてこれは大名盤。酒でも酌み交わして聴いて下さい。ちょいキズあります。オリジナル盤。【曲】「Contrasts」「Jay-Dee's Boogie Woogie」「Mambo En Sax」「Maria Elena」「Speak Low」「It's The Dreamer In Me」「June Night」「Amapola」「Just Swingin'」「Sophisticated Swing」「No One Ever Lost More」「So Rare」「Contrasts」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

James Sugar Boy Crawford / Shaweez - NEW ORLEANS CLASSICS

  • リズム&ブルース/ドゥワップLP
 James Sugar Boy Crawford / Shaweez- ジェームス・シュガー・ボーイ・クロフォード / シャウィーズ - "NEW ORLEANS CLASSICS"
France / LP / Mono / Imperial 1561351 / Rec 1950s / Pub 1985
ジャケット擦れ・しみわずか、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■シュガー・ボーイのインペリアル時代をまとめた一枚。ソロ・デビュー前にやっていたドゥワップ・グループ、シャウィーズも収録。
54年のマルディ・グラの真っ最中にリリースされた「Iko Iko(Jockamo)」でブレイクしたシュガーボーイ・クロフォード。その後インペリアルのA&Rでもあったデイブ・バーソロミューに当然目を付けられチェッカーからインペリアルに移籍、シュガーボーイ&バーソロミューで50年代中期にいくつかのシングルをリリース。これはそれをまとめた一枚。アール・パーマー、リー・アレンらお決まりの連中の、何度聞いても聞き飽きないお決まりの演奏に、ほんとにいい堂々ととしたメロディと歌の「Morning Star」「You Gave Me Love」、アラン・トゥーサンのファーストに激似のお祭りもの「She's Gotta Wobble」、もろアップセッターズ系ブラックR&Rにホンキートンク・ピアノという痛快な「The Facts」などなど収録。さらに、ソロデビュー前のシュガーボーイがやっていた幻のドゥワップ・グループ、シャウィーズ(と言ってもほとんど彼のソロ)が残したナンバー全て収録。チューニングさえ合ってないようなオンボロな演奏に熱く唄う最高の4曲!【曲】「James "Sugar Boy" Crawford / Morning Star」「You Gave Me Love(試聴)」「She's Gotta Wobble (When She Walks)」「I Don't Need You」「The Facts」「It's Over」「I Need Your Love」「I Have A Feeling」「No One But You Dear」「She's The One」「Shaweez / You Made Me Love You」「No One To Love Me」「Feeling Sad(試聴)」「Early Sunday Morning」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Junior Wells - CHIEFLY WELLS - CHICAGO BLUES WITH MAGIC SAM AND SHAKEY JAKE

  • ブルースLP
 Junior Wells- ジュニア・ウエルズ - "CHIEFLY WELLS - CHICAGO BLUES WITH MAGIC SAM AND SHAKEY JAKE"
U.K. / LP / Mono / Flylight FLY605 / Rec 1957 to 1966 / Pub 1985
ジャケット擦れ少々、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 2680 yen
■シカゴ・ブルース・マン、ジュニア・ウエルズの音源集。
マディ・ウォーターズ・バンドのハープ奏者として活躍したのちさらに頭角を現し、ファンキーでロキンなブルースを連発、シカゴのブルース・シーンの代表格となったウエルズの、57年から66年までの音源集。初期の骨組みだけのスカスカのロッキン・ブルースから、ジュニア・ウエルズの真骨頂の、ファンク手前のクールなリズム&ブルース・タイプのナンバーを中心に、アップタイトなハイテンションのインストものまで、オーティス・スパン、ルイス・マイヤーズはじめ錚々たるメンツの演奏もたっぷり楽しめる一枚。チーフ・レコード同門のマジック・サム、シェイキー・ジェイクのファンキー・ブルースも数曲づつ収録。【曲】「Junior Wells / Two-Headed Woman(試聴)」「Cha Cha Cha In Blues」「Lovey Dovey Lovey One」「I'm A Stranger」「The Things I'd Do For You」「I Need Me A Car」「I'll Get You Too」「One Day (Every Goodbye Ain't Gone)」「Calling All Blues」「Love Me」「Galloping Horses A Lazy Mule」「Magic Sam / You Don't Have To Work」「Mr. Charlie」「My Love Is Your Love」「She Belongs To Me(試聴)」「Shakey Jake / Respect Me Baby」「A Hard Road」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jan DeGaetani, Gilbert Kalish - CHARLES IVES : SONGS

  • クラシックLP
 Jan DeGaetani, Gilbert Kalish- ジャン・デガエターニ、ギルバート・カリッシュ - "CHARLES IVES : SONGS"
USA / LP / Stereo / Nonesuch H71325 / Rec 1976 / Pub 1976
ジャケット擦れ少々、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか、インサートしみわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■アイヴズの歌曲を17曲収録した一枚。
アイヴズやシェーンベルクなど20世紀音楽を積極的に録音した現代音楽の女性歌手の第一人者、ジャン・デガエターニが、30年来のパートナーとなる、やはりアイヴズ等を得意としたアメリカ人ピアニスト、ギルバート・カリッシュとともにアイヴズの歌曲を17曲録音した、心揺さぶられる一枚。まっすぐで澄んだ歌、少し離れたところで見守るようなピアノも半端無い浸透度。【曲】「ストックブリッジのフーサトニック川(試聴)」2曲からなる『想い出』「パラケルスス」「我らの祖先が愛したもの」「アン・ストリート」「生まれつき」「サーカス・バンド」「朝に」「平穏」「民衆」「ソロー」「川にて」「インディアン」「檻(試聴)」「病んだ鷲のように」「クリスマス・キャロル」「今生の別れ」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jazz Gillum, Memphis Minnie, Walter Davis, etc. - BLUES FROM WINDY CITY : CHICAGO IN TRANSITION

  • ブルースLP
 Jazz Gillum, Memphis Minnie, Walter Davis, etc.- ジャズ・ジラム、ジョン・セラーズ、ウォルター・デイヴィス、etc. - "BLUES FROM WINDY CITY : CHICAGO IN TRANSITION"
U.K. / LP / Mono / Flyright FLYLP4713 / Rec 1946-1952 / Pub 1976
コーティング・ジャケット擦れ・しみ少々、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■シカゴ・ブルースの移り変わりをとらえた編集盤。
多くの才能が集まり圧縮されそしてニューヨークを始め他の街へと拡散していった、起爆剤のような役割を果たしたシカゴ。これはおもに、初期のシカゴのブルースが戦争を挟んでどう変わったのかを、戦前からやっていた人たちの音源も豊富にいれ特集した一枚。弾き語りやデュオものからバンド形式になったり、タンパ・レッドやヘンリー・タウンゼントがエレキを持ち始めたり、後のロックンロールの屋台骨ウィリー・ディクソンが現れたりと、それからのシカゴの展望も実感させる内容。「タイト・ライク・ザット」をエレキ・ブギに改変したタンパ・レッドが特に象徴的で感慨深いです。【曲】「Jazz Gillum / Country Woman Blues」「John Sellers / Let Me Be Your Sidetrack」「Sonny Boy Williamson / Bring Another Half Pint」「Willie (Long Time) Smith / Due Respects To You」「(Little) Eddie Boyd / I Had To Let Her Go」「Jazz Gillum / Take One More Chance With Me」「Tampa Red / Maybe Some Day」「Pete Franklin / Casey Brown Blues」「Tampa Red / It's Good Like That(試聴)」「Memphis Minnie / Tears On My Pillow」「Jazz Gillum / Look What You Are Today」「Walter Davis / What May Your Troubles Be(試聴)」「Pete Franklin / Down Behind The Rise」「Willie (Long Time) Smith / Flying Cloud Boogie」「Washboard Sam / You Can't Make The Grade」「Walter Davis / Tears Came Rollin' Down」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jose Luis Padula Y Su Conjunto - ALEGRIAS DE MI PAGO

  • アルゼンチンの音楽LP
 Jose Luis Padula Y Su Conjunto- ホセ・ルイス・パドゥラ・イ・ス・コンフント - "ALEGRIAS DE MI PAGO"
Argentina / LP / Mono / Odeon 4061 / Rec 4061 / Pub 1968
コーティングの三辺折り返しジャケット擦れしみ少々、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■アルゼンチン・タンゴのギタリスト&ピアニスト、ホセ・ルイス・パドゥラの音源集。
フランシスコ・カナロ楽団等と並び称されるアルゼンチン・タンゴのパイオニアの一人、ホセ・ルイス・パドゥラ。代表作「7月9日」は1908年作曲、45年に亡くなるまで多くの名曲を残した作曲家でもあり。これはアルゼンチン・オデオンがまとめた彼の晩年の名演集。かなりフォルクローレ色濃い、力強い14曲を収録。【曲】「Viene Clareando」「La Enganera」「De Pago En Pago」「Linda Mi Negra」「Hasta Cuando(試聴)」「El Mandinga」「Alegrias De Mi Pago(試聴)」「Piedra Y Camino」「Soy De Los Llanos」「La Huanchaquena」「El Perezoso」「Quisiera」「La Raquena」「El Criollo」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jelly Roll Morton - BLUES AND STOMPS FROM RARE PIANO ROLLS 1924-26

  • ジャズLP
 Jelly Roll Morton- ジェリー・ロール・モートン - "BLUES AND STOMPS FROM RARE PIANO ROLLS 1924-26"
USA / LP / Mono / Biograph BLP1004Q / Rec 1924-26 / Pub 1970
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■ジェリー・ロール・モートンのピアノを高純度で楽しめる一枚。
初のレコードを出したのは1924年、これはその頃に録音していたピアノ・ロールを収録した一枚。亡くなる少し前の有名なアラン・ロマックス録音の枯れまくった演奏とは正反対の輝くような演奏。モートンらしい、スパニッシュ・チンジーなプレイもそこかしこにあります。ライナーによるとジェームスPジョンソンは1911年に既に一曲目の「Jelly Roll Blues」を弾いているのを見たらしい。「The Dream」と言われてピンとくる方はぜひに。【曲】「Jelly Roll Blues(試聴)」「Mr. Jelly Lord」「London Blues」「Sweet Man」「Grandpa's Spells」「Stratford Huntch」「Shreveport Stomp」「Tom Cat Blues」「King Portor - A Stomp」「Midnight Mama」「Tin Roof Blues」「Dead Man Blues(試聴)」※今日のアップはこの二枚です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jacques Fevrier, Georges Auric - ERIK SATIE : LOEUVRE POUR PIANO

  • クラシックLP
Jacques Fevrier, Georges Auric- ジャック・フェヴリエ、ジョルジュ・オーリック - "ERIK SATIE : L'OEUVRE POUR PIANO"
Japan / LP / Stereo / Columbia OW7608EV / Rec ? / Pub 1975
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■仏のピアニスト、ジャック・フェヴリエによるサティ集。
日本コロンビアが、同じデザインのジャケットで出した"現代音楽の古典"シリーズの一枚。親友でもあるラヴェルの演奏で知られるピアニスト、ジャック・フェヴリエがサティの代表的なナンバーを弾いた、他のサティが聞けなくなるほど心に迫る一枚。どんな演奏が好きかというのは人により違うと思いますが、これほどサティの音楽像にフィットする、"素敵"じゃない冷静で覚醒的な演奏もないと思います。ラストの『梨の形...』は、六人組の一人ジョルジュ・オーリックとの四手演奏。【曲】「1ere Gnossienne(試聴)」「Avant - Dernieres Pensees」「1ere Sarabande」「Piece Froides」「Croquis Et Agaceries D'un Gros Bonhomme En Bois」「1ere Gymnopedie(試聴)」「Embryons Desseches」「Trois Morceaux En Forme De Poire」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jan Kubelik, Jacques Thibaud, Marie Hall, etc. - GREAT VIRTUOSI OF THE GOLDEN AGE VOL.2 - VIOLIN

  • クラシックLP
 Jan Kubelik, Jacques Thibaud, Marie Hall, etc.- ヤン・クベリーク、ジャック・チボー、マリー・ホール、etc. - "GREAT VIRTUOSI OF THE GOLDEN AGE VOL.2 - VIOLIN"
U.K. / LP / Mono / Pearl GEMM102 / Rec 1903 to 1912 / Pub 1982
コーティング・ジャケット擦れ少々、裏面しみ少々、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■1900年代のバイオリンの名演を集めた一枚。
正確無比で完璧な演奏が有名なチェコのヤン・クベリーク、イギリスの女性バイオリニスト、マリー・ホール、「思い出」など作曲家としても活躍したドイツのフランツ・ドルドラ、ハンガリーのバイオリニストで、バルトークを伴奏者として演奏旅行をしていたフランツ・フォン・ヴェチェイ、そしてチボーとクライスラーの6人。ほとんどが1900年代の古い音源。SP盤を何もせずそのまま録音したような音です。【曲】「Jan Kubelik / Moto Perpetuo(Paganini)(試聴)」「Zigeunerweisen(Sarasate)」「Scherzo-tarantella(Wieniawski)」「Poeme(Fibich)」「Jacques Thibaud / Serenite(Vieuxtemps)」「Gavotte(Bach)」「Marie Hall / Finale From E Minor Concerto(Mendelssohn)」「Bourree(Handel)」「Cavatina(Raff)(試聴)」「Fritz Kreisler / Hungarian Dance(Brahms)」「Air On The G String(Bach/wilhelm)」「Franz Drdla / Nocturne In E Flat(Chopin)」「Franz Von Vecsey / Ronde Des Lutins(Bazzini)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jorge Fontes - FADOS AND VARIATIONS

  • ポルトガルの音楽LP
 Jorge Fontes- ホルヘ・フォンテス - "FADOS AND VARIATIONS"
USA / LP / Mono / RCA Victor FPM172 / Rec 1966 / Pub 1966
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■ポルトガル・ギターの名手、ホルヘ・フォンテスのソロ・アルバム。
ファドの伴奏に無くてはならないポルトガル・ギター。6コース12弦で洋梨のようなボディをした楽器で、12弦ギターやマンドリンにも似た光沢おある音色が独特。このホルヘ・フォンテスは、アマリア・ロドリゲスの伴奏等で知られる名手。ポルトガルではヴィオラと言われる通常のギターと、ギターと同じ形をしたベースのバイショ等の小編成でファドのスタンダード、彼の自作曲等を12曲演奏。テクニック抜群のアップテンポの2ビートものからロス・インディオス・タバハラス風のエキゾチックなもの、アントン・カラスを思わせるゆったりしたナンバーまで多彩。モノラル。【曲】「Lisboa A Noite」「Guitarra Espectacular」「O Fado Mora Em Lisboa」「Coimbra 」「Escadinhas De Alfama(試聴)」「A Rua Dos Meus Ciumes」「Madragoa(試聴)」「Comboio Do Norte」「Lisboa, Nao Sejas Francesa」「Al Mouraria」「Ferias No Algarve」「Chegaste Em Dia De Sol」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
2020年12月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
店舗営業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
店舗営業日 日曜・月曜 PM3:00-PM10:00
古物商 東京都公安委員会 第303261906488号

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.