(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: j)

John Fahey - REQUIA

  • ギターLP
 John Fahey- ジョン・フェイヒー - "REQUIA"
USA / LP / Stereo / Vanguard VSD79259 / Rec 1967 / Pub 1967
ジャケット擦れ少々、書き込み、裏面しみ少々、レーベルひげ少々、盤浅い擦れ、表層スクラッチ少々、B面小チリパチ音
Jacket 3~3.5 / Disc 3~3.5 / Sound 3~3.5  3980 yen
■67年の傑作。
ギター音楽に新しい潮流を作ったジョン・フェイヒーが67年にリリースした鎮魂歌集。A面の3曲は、ミシシッピ・ジョン・ハートに捧げられた「Requiem For John Hurt(試聴)」、実の叔父のための曲「Requiem For Russell Blaine Cooper」、さらに「When The Catfish Is In Bloom」という映像的なナンバーを収録。どれもがこの時期の充実度をビンビン感じさせる名演。裏面は4曲からなる大作「Requiem For Molly(試聴)」がメイン。バリー・ハンセン(Dr.ディメント)とサミュエル・チャーターズの協力で作った膨大なサウンド・コラージュがギターとともに流れる作。ラストはスライド・ギターによる讃美歌「Fight On Christmas, Fight On」。オリジナル盤。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

John Fahey - VOL.6 : DAYS HAVE GONE BY

  • ギターLP
 John Fahey- ジョン・フェイヒー - "VOL.6 : DAYS HAVE GONE BY"
USA / LP / Stereo / Takoma C1014 / Rec mid-late60s / Pub 1970s
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤浅い擦れ、表層スクラッチ少々
Jacket 4 / Disc 3~3.5 / Sound 3~3.5  3800 yen
■初期の節目といえる6枚目。
初期の、番号の付いた6枚を締めくくる一枚。恐らく彼の曲の中で自分のブルース観が最も完成された形で提示されているオープニング・ナンバー「The Revolt Of The Dyke Brigade」、サウンド・コラージュを多用した「A Raga Called Pat」、淀んだギターの中フェイヒーの声も聞こえるタイトル曲などなど気が遠くなるような一枚。70年代レーベル、ブックレット無し。【曲】「The Revolt Of The Dyke Brigade」「Impressions Of Susan(試聴)」「Joe Kirby Blues」「Night Train to Valhalla」「The Portland Cement Factory At Monolith California」「A Raga Called Pat - Part One」「A Raga Called Pat - Part Two」「My Shepherd Will Supply My Needs」「My Grandfather's Clock」「Days Have Gone By(試聴)」「We Would Be Building」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

John Fahey - VOL.1 : BLIND JOE DEATH

  • ギターLP
 John Fahey- ジョン・フェイヒー - "VOL.1 : BLIND JOE DEATH"
USA / LP / Stereo / Takoma 4m201 / Rec 1960s / Pub 2010s
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか、ブックレットきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■記念すべきファースト・アルバム。
米4Men With Beardsからの質の高いリイシュー。厳密に言うとこの盤は録音しなおされた3rdエディションですが、初めて世に出たフェイヒーの音楽はこれ。ボブ・ディランもビートルズも現れていない頃、ワシントンDCに程近いこぎれいな住宅街の自宅で一人黙々と生み出されたこの不思議なギター音楽が、今でも世界中のファンを虜にし、まだ見ぬ次の世代の音楽の糧になっています。【曲】「On Doing An Evil Deed Blues」「St. Louis Blues」「Poor Boy Long Ways From Home」「Uncloudy Day」「John Henry」「In Christ There Is No East Or West(試聴)」「The Transcendental Waterfall」「Desperate Man Blues(試聴)」「Sun Gonna Shine In My Back Door Someday Blues」「Sligo River Blues」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

John Fahey - VOL.2 : DEATH CHANTS, BREAKDOWNS AND MILITARY WALTZES

  • ギターLP
 John Fahey- ジョン・フェイヒー - "VOL.2 : DEATH CHANTS, BREAKDOWNS AND MILITARY WALTZES"
USA / LP / Stereo / Takoma 4m202 / Rec 1960s / Pub 2010s
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し、インサートきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■セカンド・アルバム。
米4Men With Beardsからの質の高いリイシュー。それまでの総まとめという趣もある輝きに満ちたファースト・アルバムから一転、奥深さ満点のドロっとしたセカンド・アルバム。新しい(昔の)音楽との出会いを探っている感もあり、全体的なおさまりの良さは欠くものの、後のギター・シンフォニー的スタイルが出てくる「America」など一曲一曲の存在感大。【曲】「Sunflower River Blues(試聴)」「When The Springtime Comes Again」「Stomping Tonight On The Pennsylvania/Alabama Border」「Some Summer Day」「On The Beach At Waikiki」「Spanish Dance」「John Henry Variations」「The Downfall Of The Adelphi Rolling Grist Mill」「Take A Look At That Baby」「Dance Of The Inhabitants Of The Palace Of King Phillip XIV Of Spain」「America(試聴)」「Episcopal Hymn」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

John Fahey - VOL.3 : DANCE OF DEATH AND OTHER PLANTATION FAVORITES

  • ギターLP
 John Fahey- ジョン・フェイヒー - "VOL.3 : DANCE OF DEATH AND OTHER PLANTATION FAVORITES"
USA / LP / Mono / Takoma 4m203 / Rec 1964 / Pub 2010s
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか、ブックレットきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■サード・アルバム。
米4Men With Beardsからの質の高いリイシュー。番号付きの6枚の最初の三枚は、フェイヒーの最も彼らしい曲が演奏されていて、本作も彼の超重要レパートリー「Wine And Roses」、スライド名曲「Revelation On The Banks...」など彼の自作を中心に、「Worried Blues」、「Poor Boy」など古い曲の独自カバーを織り交ぜた全11曲。ブックレットは58年から65年までの録音セッション詳細。【曲】「Wine And Roses(試聴)」「How Long」「On The Banks Of The Owchita」「Worried Blues」「What The Sun Said」「Revelation On The Banks Of The Pawtuxent(試聴)」「Poor Boy」「Variations On The Coocoo」「The Last Steam Engine Train」「Give Me Corn Bread When I'm Hungry」「Dance Of Death」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

John Fahey - VOL.4 : THE GREAT SAN BERNARDINO BIRTHDAY PARTY AND OTHER EXCURSIONS

  • ギターLP
John Fahey- ジョン・フェイヒー - "VOL.4 : THE GREAT SAN BERNARDINO BIRTHDAY PARTY AND OTHER EXCURSIONS"
USA / LP / Mono / Takoma 4m204 / Rec 1962 to 1966 / Pub 2010s
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか、ブックレットきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■4枚目。
米4Men With Beardsからの質の高いリイシュー。66年のこの4枚目は、この時期の彼の作品の中でも最も内向的で薄暗い創造力に溢れた一枚。タイトル曲は、フィンガー・ピッキング、スライドと曲中で奏法を変え、エコーも面白く使い一気に聞かせる20分近いギター劇。スピリチュアルの「Will The Circle Be Umbroken」はオルガニストとの合奏で、オルガンがメロディを軽くなぞり、それにほぼ即興で鋭角的なブルース・ギターを戦わせるナンバー。キャンド・ヒートのアル・ウィルソンが参加している曲などもあり。ちなみに番号付きの最初の6枚は、ほとんどが過去に録音していたものとその時に新しく録音されたものが混在していて、本作も62年から66年の間の録音。オレンジ・ワックス。【曲】「The Great San Bernardino Birthday Party(試聴)」「Knott's Berry Farm Molly(試聴)」「Will The Circle Be Umbroken」「Guitar Excursions Into The Unknown」「900 Miles」「Sail Away Ladies」「Oh Come, Oh Come Emanuel」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

John Fahey - VOL. 5 : THE TRANSFIGURATION OF BLIND JOE DEATH

  • ギターLP
 John Fahey- ジョン・フェイヒー - "VOL. 5 : THE TRANSFIGURATION OF BLIND JOE DEATH"
USA / LP / Stereo / Takoma 4m205 / Rec 1965 / Pub 2010s
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか、ブックレットきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■65年、リバーボートというレーベルから出たアルバム。
米4Men With Beardsからの質の高いリイシュー。タコマ・レコードで次々と名作をリリースしていた頃、リバーボートというレーベルから過去の音源も含めてリリースされた65年作。彼のアルバムの中でも最も素朴で優しさに溢れた、本当の珠玉の15曲。ひたすら無垢なセンスで生きている音楽家だということが分かります。30ページのブックレットもオリジナルに忠実。【曲】「Beautiful Linda Getchell(試聴)」「Orinda-Moraga」「I Am the Resurrection」「On the Sunny Side of the Ocean」「Tell Her to Come Back Home」「My Station Will Be Changed After Awhile(試聴)」「101 Is a Hard Road to Travel」「How Green Was My Valley」「Bicycle Built for Two」「The Death of the Clayton Peacock」「Brenda's Blues」「Old Southern Medley」「Come Back Baby」「Poor Boy」「Saint Patrick's Hymn」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

John Fahey - VOL.6 : DAYS HAVE GONE BY

  • ギターLP
 John Fahey- ジョン・フェイヒー - "VOL.6 : DAYS HAVE GONE BY"
USA / LP / Mono / Takoma 4m206 / Rec mid-late60s / Pub late60s
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか、ブックレットきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■初期の節目といえる6枚目。
米4Men With Beardsからの質の高いリイシュー。番号の付いた6枚を締めくくる一枚。恐らく彼の曲の中で自分のブルース観が最も完成された形で提示されているオープニング・ナンバー「The Revolt Of The Dyke Brigade」、サウンド・コラージュを多用した「A Raga Called Pat」、淀んだギターの中フェイヒーの声も聞こえるタイトル曲などなど気が遠くなるような一枚。ペン画イラスト多数のブックレット。【曲】「The Revolt Of The Dyke Brigade(試聴)」「Impressions Of Susan」「Joe Kirby Blues」「Night Train to Valhalla」「The Portland Cement Factory At Monolith California」「A Raga Called Pat - Part One」「A Raga Called Pat - Part Two」「My Shepherd Will Supply My Needs(試聴)」「My Grandfather's Clock」「Days Have Gone By」「We Would Be Building」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

John Fahey And His Orchestra - OF RIVERS AND RELIGION

  • ギターLP
 John Fahey And His Orchestra- ジョン・フェイヒー&ヒズ・オーケストラ - "OF RIVERS AND RELIGION"
USA / LP / Stereo / Reprise MS-2089 / Rec 1972 / Pub 2000s
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2480 yen
■オールドタイム路線の一作目。
こちらもどうぞ、試聴は違う曲です)2000年代に出たリイシュー。アルバム・タイトルどおり、A面は川をテーマにしたナンバーを4曲、B面は宗教的なナンバーを4曲収録。オールド・ジャズ・バンド・スタイルの演奏を初めてやったアルバムで、ジャケットの古ぼけた写真と同じくそこで時間が止まったような一枚。フェイヒーらしい音楽の新鮮味は薄め、しかし浸透力は絶大。ドブロやマンドリンを弾くクリス・ダロウがかなり活躍しています。【曲】「Steamboat Gwine 'Round De Bend」「Medley: Deep River/Ol' Man River(試聴)」「Dixie Pig Bar-B-Q Blues」「Texas And Pacific Blues」「Funeral Song For Mississippi John Hurt」「Medley: By The Side Of The Road/I Come, I Come」「Lord Have Mercy(試聴)」「Song」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

J.E. Mainers Mountaineers - J.E. MAINERS CRAZY MOUNTAINEERS VOLUME 1

  • オールドタイム/ヒルビリーLP
 J.E. Mainer's Mountaineers- JEメイナーズ・マウンテニアーズ - "J.E. MAINER'S CRAZY MOUNTAINEERS VOLUME 1"
USA / LP / Mono / Old Timey LP106 / Rec 1930s / Pub 1967
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3480 yen
■伝説的なオールドタイム・ストリング・バンド、JEメイナーズ・マウンテニアーズ。
ギッド・タナーのスキレット・リッカーズや、チャーリー・プールのノース・キャロライナ・ランブラーズに続く、名オールドタイム・ストリング・バンド、JEメイナーズ・マウンテニアーズ。グループでの初録音は35年、そして30年代はアパラチア山脈一帯、テネシー、ジョージアのラジオで一日に二回はオンエアされる人気だったというグループ。これはその35年の初レコーディング・セッションを含め初期のナンバーを14曲収録したオールド・タイミーからのアルバム一巻目。【曲】「Don't Get Trouble In Your Mind」「Answer To Greenback Dollar(試聴)」「Sparkling Blue Eyes」「Kiss Me Cindy」「Why Do You Bob Your Hair, Girls」「We Will Miss Him」「Just Over In The Gloryland」「Seven And A Half」「Searching For A Pair Of Blue Eyes(試聴)」「Write A Letter To Mother」「Sparkling Blue Eyes #2」「A Change All Around(試聴)」「Maple On The Hill #2」「Let Her Go, God Bless Her」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

J.E. Mainers Mountaineers - J.E. MAINERS MOUNTAINEERS VOLUME 2

  • オールドタイム/ヒルビリーLP
J.E. Mainer's Mountaineers- JEメイナーズ・マウンテニアーズ - "J.E. MAINER'S MOUNTAINEERS VOLUME 2"
USA / LP / Mono / Old Timey LP107 / Rec 1930s / Pub 1967
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3800 yen
■伝説的なオールドタイム・ストリング・バンド、JEメイナーズ・マウンテニアーズ。
ギッド・タナーのスキレット・リッカーズや、チャーリー・プールのノース・キャロライナ・ランブラーズに続く、名オールドタイム・ストリング・バンド、JEメイナーズ・マウンテニアーズ。グループでの初録音は35年、そして30年代はアパラチア山脈一帯、テネシー、ジョージアのラジオで一日に二回はオンエアされる人気だったというグループ。これは初期30、40年代のナンバーをインストを含め14曲収録したオールド・タイミーからのアルバム二巻目。【曲】「Concord Rag」「In A Little Village Churchyard(試聴)」「Country Blues(試聴)」「Drunkard's Hiccoughs」「New Lost Train Blues」「Fatal Wreck Of The Bus」「Don't Go Out」「Going Back West In The Fall」「I Once Loved A Young Man」「Train No. 11」「Broken Hearted Blues(試聴)」「Blue Ridge Mountain Blues」「Back To Johnson City」「When I Reach My Home Eterna」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Joe Evans, Nap Hayes And Mathew Pratter, John Dilleshaw, etc. - EARLY COUNTRY MUSIC

  • ブルース/カントリーLP
 Joe Evans, Nap Hayes And Mathew Pratter, John Dilleshaw, etc.- ジョー・エヴァンス、ナップ・ヘイズ&マシュー・プラター、ジョン・ディルショー、etc. - "EARLY COUNTRY MUSIC"
USA / LP / Mono / Historical HLP8002 / Rec 1920s, 1930s / Pub 1972
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■黒人と白人がミックスされたカントリーを収録した編集盤。
ブルース/ジャズのコンピレーションで有名なバイオグラフ・レーベルのオーナー、アーノルド・キャプリンが、バイオグラフを始める直前にスタートさせたヒストリカル・レーベル。これは黒人と白人がミックスされたカントリーを収録した一枚。A面は、黒人ミュージシャンでカントリーに寄った二組、B面は白人ミュージシャンで、ジャズ、ブルース等黒人音楽のエッセンスの濃い二組という全14曲。マンドリン奏者に焦点が集められた選曲がされています。【曲】「Joe Evans / New Huntsville Jail」「Take A Look At That Baby」「Sittin' On Top Of The World」「Nap Hayes And Mathew Pratter / Nothin' Doin'(試聴)」「Somethin' Doin'」「Joe Evans / Old Hen Cackle」「Sourwood Mountain」「John Dilleshaw / Spanish Fandango」「Cotton Patch Rag(試聴)」「Golden Melody Boys / Sabula Blues」「Freak Melody」「Way Down In Arkansas」「Cross-Eyed Butcher」「 Guitar Rag」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2018年8月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
2018年9月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.