(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: j)

J. Gaines - ROCKING THE CLASSIC SUITE

  • ロックンロール/リズム&ブルースLP
 J. Gaines- Jゲインズ - "ROCKING THE CLASSIC SUITE"
USA / LP / Mono / Golden Crest CR3035 / Rec 1957 / Pub 1957
コーティング・ジャケット円状の擦れ、下部中央と右上取り出し口小縁裂け、レーベルひげ無し、盤浅い擦れ、プツ音出るスクラッチ少々、レベルの高いところでノイズ出る箇所あり
Jacket 3 / Disc 2.5~3 / Sound 2.5~3  4500 yen
■クラシックをロッキンR&B化した、このジャンルの最高峰。
およそ当時のティーン・エイジャー達には理解不能と思われた、いい意味で音楽性のありすぎたレコードをリリースしゴールデン・クレスト。しかしシアトルのロッキン・インスト・グループ、ウエイラーズの「Tall Cool One」がヒット、その後ロッキン・インスト路線にも邁進。これは、西のBバンブル&スティンガーズの数年先を言っていた、クラシックをロッキンR&B化したリズム&クラシックのはっきり言って究極の一枚。ニューオーリンズR&B風に仕上げたリストの「Liebestraum」から、豪快にシャッフル・ブギーするやっぱりニューオーリンズ風のラストのルービンシュタイン「Romance」まで全12曲、全曲最高。ミッキー・ベイカーあたりとやっていたNYのR&Bテナーマンだと思います。もしかしてフレディ・ミッチェル?【曲】「Liebestraum / Liszt(試聴)」「Prelude No. 7, In A Major / Chopin」「Concerto No. 2, In C Minor For Piano / Rachmaninoff(試聴)」「Minuet (Don Juan) / Mozart」「Moonlight Sonata / Beethoven」「Celeste Aida / Verdi」「Barcarolle / Offenbach」「Dance Of The Hours / Ponchielli」「Song Without Words / Tschaikowsky」「Valse Lente / Delibes」「Traumerei / Schumann」「Romance / Rubinstein」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

James P. Jonson - 1917-1921 PARLOR PIANO SOLOS FROM RARE PIANO ROLLS

  • ラグタイム/ジャズLP
 James P. Jonson- ジェームスPジョンソン - "1917-1921 PARLOR PIANO SOLOS FROM RARE PIANO ROLLS"
USA / LP / Mono / Biograph BLP1003Q / Rec 1917 to 1921 / Pub 1970
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■ジェームスPジョンソンのピアノ・ロール集。
ジャケットだけ見て、これは...と思うような方は迷わず買ってほしい一枚。ジャズ・ピアノを始めた男と言って一番ピンとくるジェームスPジョンソンですが、これは、ジョンソンが、1917年から21年の間に録音していた、つまり、彼が録音したジャズ史上初めてのピアノ・ソロSPと言われる盤よりも前に録音していたピアノ・ロールを収録した一枚。ジョンソンらしい、ラグとファッツ・ウォーラーをつなぐ曲からもうジミー・ヤンシーみたいなプリ・ブギウギもあり。【曲】「Carolina Shout」「Carolina Shout」「Eccentricity(試聴)」「Don't Tell Your Monkey Man (Monkey Man Blues)」「It Takes Love To Cure The Heart's Disease」「Loveless Love (A Blues' Ballad)」「Doctor Jazzes Raz-Ma-Taz」「Roumania」「If You've Never Been Vamped By A Brown Skin, You've Never Been Vamped At All」「Arkansas Blues(試聴)」「Cry Baby Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Johnny Cash And The Tennessee Two - ORIGINAL GOLDEN HITS VOLUME 1 AND 2

  • ロカビリー/カントリーLP
 Johnny Cash And The Tennessee Two- ジョニー・キャッシュ&ザ・テネシー・トゥー - "ORIGINAL GOLDEN HITS VOLUME 1 AND 2"
USA / LP / Stereo / Sun 100-101 / Rec 1950s / Pub 1969
ジャケット二枚とも擦れわずか、2にしみ少々、レーベル二枚ともひげ無し、盤二枚とも極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  3680 yen
■ジョニー・キャッシュのサン時代の名曲をまとめた編集盤二枚のセット。
“それまで聴いたどんな音楽とも違っていた”と言ったのはボブ・ディラン。深みのあるバリトン声、口数少ないライブ、黒で決めた衣装、今の今でも通用する無頼派ロッカーのようなイメージを作り上げたロカビリーの真のカリスマ。これは50年代の名曲を惜しみなく詰め込み続き番号でリリースされた、サン・オフィシャル編集盤二枚のセット。音、かなりいいです。全21曲。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jim Jackson, El Watson, Ishman Bracey, etc. - FILLIN THE BLUES

  • ブルースLP
 Jim Jackson, El Watson, Ishman Bracey, etc.- ジム・ジャクソン、エル・ワトソン、イシュマン・ブレイシー、etc. - "FILLIN' THE BLUES"
USA / LP / Stereo / Herwin 205 / Rec 1928 to 30 / Pub 1973
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れ、B面に長い擦れあり、音に出ません
Jacket 4 / Disc 3.5 / Sound 4  3800 yen
■ハーウィン・レーベルが、レア度で選んだというカントリー・ブルース集。
24年に自主レーベルとしてスタート、30年まで、ヒルビリー、カントリー・ブルース、ゴスペル等をリリースしたハーウィン。それから30年以上たった後に、コレクター&研究家バーナード・クラツコが、ヤズーやオリジンの面々とともに再始動、こだわりの編集盤をリリースした、この手の中でも最もコアなレーベルの一つ。これはなんと、原盤自体のレア度で選んだ、という一枚。しかし、最も無名なものの中にいい音楽が潜んでいる場合が多い、と但し書きがあって、これも内容は心配ございません。A面はギター系、ジャグ・バンド、ハーモニカ・ブルース、B面はピアノ・ブルースを収録。「Cow Cow Blues」は別テイクだそう。【曲】「Hesitation Blues / Jim Jackson(試聴)」「John Henry - part 2 / Furry Lewis」「Last Chance Blues / Cannon's Jug Stompers」「The Rooster Crowing Blues」「Narrow Face Blues / Washboard Walter」「Insurance Man Blues」「It's Tight Like That / Slim Bartin And Eddie Mapp(試聴)」「Sweet Bunch Of Daisies / El Watson」「Cow Cow Blues / Cow Cow Davenport(試聴)」「Struttin' The Blues」「Corinne Corinna Blues / James 'Boodle It' Wiggins」「Gotta Shave 'Em Dry」「Piano Kid Special / Piano Kid Edwards」「Give Us Another Jug」「Bust Blues / Ishman Bracey」「Louisiana Bound / Charley Taylor」「Too Damp To Be Wet」「Where My Shoes At?」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jim Messina And The Jesters - JIM MESSINA AND THE JESTERS

  • ロックンロール/サーフLP
 Jim Messina And The Jesters- ジム・メッシーナ&ザ・ジェスターズ - "JIM MESSINA AND THE JESTERS"
USA / LP / Mono / Thimble TLP3 / Rec early60s / Pub 1973
ジャケット擦れ極わずか、左上コーナーカット、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■ジム・メッシーナがやっていたサーフ・バンド、ジェスターズ。
69年ポコを結成、その後ケニー・ロギンズとロギンズ&メッシーナを結成したソングライター&ギタリスト、ジム・メッシーナ。これはその前にやっていたハードコア・サーフ・ギター・バンド、ジム・メッシーナ&ジェスターズのアルバム。64年の一枚フル・アルバムがありますが、それに収録されていない曲も入れて73年に出された一枚。先日惜しくも亡くなったディック・デイルも青くなるギンギンの12曲。【曲】「Honky Tonk」「Raunchy」「The Breeze And I(試聴)」「High Voltage(試聴)」「Yang Bu」「Chihuahua」「The Jester」「Hollywood Sound」「Masatlan Rally」「No Name Dragster」「The Cossack」「Tamale Wagon」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

June Richmond, Annisteen Allen, Mary Dixon, etc. - SWEET PETUNIAS

  • ブルースLP
 June Richmond, Annisteen Allen, Mary Dixon, etc.- ジューン・リッチモンド、アニスティーン・アレン、メアリー・ディクソン、etc. - "SWEET PETUNIAS"
USA / LP / Mono / Rosetta RR1311 / Rec 1920s to 50s / Pub 1986
見開きジャケット擦れわずか、色あせ少々、内側下部に小はがれ、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 3 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■女性ブルース限定で編集盤を出したロゼッタ・レコードから、セクシーなナンバーでまとめられたオムニバス。
ペチュニアとは花の種類で、ブルースの詩の世界ではセックスを意味するのだそう。これは、戦前(50年代も少しあり)女性ブルースで、特にセクシーなナンバーを選りすぐったこのレーベルならではの一枚。キャブ・キャロウェイ楽団のシンガーだったジューン・リッチモンド、「フジヤマ・ママ」のアニスティーン・アレン、中でも破廉恥な歌を歌ったメアリー・ディクソン、ヴィクトリア・スパイヴィーやビッグ・ママ・ソーントン、バーサ・チッピー・ヒルなどおなじみの顔ぶれも独特な選曲の16曲。【曲】「June Richmond / Baby Don't Tell Me No Lie」「Annisteen Allen / Baby, I'm Doin' It」「Mary Dixon / All Around Mama(試聴)」「Etta Jones / The Richest Guy In The Graveyard」「Monette Moore / You Don't Live Here No More」「Mae West / My Man Friday」「Stella Johnson / Don't Come Over」「Ella Johnson / Well Do It」「Bea Foote / Try And Get It」「Bertha Chippie Hill / Charlston Blues(試聴)」「O'Neil Spencer / Sweet Patootie」「Victoria Spivey / Sweet Peas」「Bandanna Girls / Part Time Papa」「Betty Hall Jones / You Got To Have What It Takes」「Helen Humes / Living My Live My Way(試聴)」「Big Mama Thornton / Stop Hoppin On Me」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Japanese Musicians - JAPANESE KOTO ORCHESTRA : FIVE KOTOS, HOTEKI, SHAMISEN AND SHAKUHACHI

  • 日本の音楽LP
 Japanese Musicians- 日本の演奏家 - "JAPANESE KOTO ORCHESTRA : FIVE KOTOS, HOTEKI, SHAMISEN AND SHAKUHACHI"
USA / LP / Stereo / Lyrichord LLST7167 / Rec 1970s / Pub 1970s
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか、裏ジャケットとレーベルに貼り物
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■生田流の箏、三味線等の合奏曲を収録した一枚。
民俗音楽の中でも極東の音楽に特に造詣の深いリリコード・レコードから、日本の琴、三味線等の合奏音楽を収録した一枚。古い曲ではなく、現代音楽と古典をミックスした全く新鮮な音楽。A面は「Otone No Nagare Ni Sote(試聴)」で、サカモト・ツヨシという作曲家の挑戦的な大作。あまりに難しいためほとんど演奏されることはないんだそうです。B面最初は筑紫歌都子という箏曲家の作で、箏と尺八の「Nagare」。ラストはミツハシ・コトという作曲家の「Shochikubai(試聴)」で、箏、三味線、胡弓の編成。京都・南禅寺/明暗寺での録音。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jabbo Smith - THE TRUMPET ACE OF THE TWENTIES VOLUME 2

  • ジャズLP
 Jabbo Smith- ジャボー・スミス - "THE TRUMPET ACE OF THE TWENTIES VOLUME 2"
USA / LP / Mono / Melodeon MLP7327 / Rec 1920s / Pub 1966
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3480 yen
■ジャズ・トランぺッター、ジャボー・スミスの20年代音源集第二集。
ルイ・アームストロングに匹敵するもしかすると唯一のトランぺッターかも知れないジャボー・スミス。戦前ニューヨーク、シカゴで活躍したスミスの名演を集めたメロディオン(ディック・スポッツウッド/アーノルド・キャプリンのレーベル)の編集盤で、初めて入荷した第二集。自身のスモール・コンボ、リズム・エイセズの音源を中心に、ピアニスト、チャーリー・ジョンソンの楽団や、バンジョー・アイキー・ロビンソンのカルテット、ホワイトマンやエリントンのアレンジを手掛けたアレックス・ヒルのバンドなど、全16曲収録。演奏はもちろん、音質も最高、ライナーはスポッツウッド。【曲】「Take Your Time」「Sweet And Low Blues」「Decatur Street Tutti」「You Ain't The One」「I'm Going Away Just To Wear You Off My Mind(試聴)」「That's My Stuff」「Boston Skuffle(試聴)」「Take Me To The River」「Ace Of Rhythms」「I Got The Stinger」「Moanful Blues」「Got Butter On It(試聴)」「Rub Me Some More」「South Bound」「Tougaloo Shout」「Sleepy Time Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jan Kubelik - SARASATE : ZAPATEADO

  • クラシック12インチ78rpm
 Jan Kubelik- ヤン・クベリーク - "SARASATE : ZAPATEADO"
USA / 78rpm / Mono / Victrola 74255 / Rec 1911 / Pub 1911
レーベルきれい、盤小スクラッチ少し、小プツ音
Jacket n/a / Disc 4 / Sound 3.5~4  3680 yen
■チェコのバイオリニスト、ヤン・クベリークがサラサーテのサパテアードを弾いた1911年一枚。
12インチ片面SP盤。機械のようなあまりのテクニックに、演奏に情が無いと批判までされた天才バイオリニスト、ヤン・クベリークが、超絶の技術を要するサラサーテの「Zapateado」を弾いた一枚。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Joe Tex - THE BEST OF JOE TEX

  • リズム&ブルースLP
Joe Tex- ジョー・テックス - "THE BEST OF JOE TEX"
USA / LP / Mono / King 935 / Rec 1950s / Pub 1970s
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■最初期キングからのアルバム。
64年の"Hold What You've Got"、そして70年代に入り"I Gotcha"でブレイクしたR&Bシンガー、ジョー・テックス。しかし掘れば掘るほど面白い盤が出てくるタイプの人で、あまり有名でないこのキング期はまさにそんなナンバーの宝庫。実は55年にキングからA1の"Come In This House"でデビューした人で、これは50年代のキングをまとめ当時出たアルバムの70年代リイシュー。誰かわかりませんがいいエレキギターをかましたバッキングにシャウト系ボーカルの熱いR&B集。ステージングも相当個性的だったそうで、JBはテックスの動き、マイク使いをまんま真似したんだそう。しっかりしたカードボード・ジャケット。【曲】「Come In This House」「I Had To Come Back To You」「Pneumonia(試聴)」「My Biggest Mistake」「Get Way Back」「Right Back To My Arms(試聴)」「Ain't Nobody's Business」「I Want To Have A Talk With You」「Another Woman's Man」「She's Mine」「Gee I Really Want You」「Davy You Upset My Home」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Johan Dalgas Frisch - AVES BRASIREILAS

  • イージー・リスニング/フィールド・レコーディングLP
 Johan Dalgas Frisch- ヨハン・ダルガス・フリッシュ - "AVES BRASIREILAS"
Brazil / LP / Stereo / Copacabana COELP41812 / Rec 1970s / Pub 1982
ジャケット円状の擦れ少々、裏面小シール、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ブラジルに棲む鳥の鳴き声を収録したアルバム。
ブラジルの鳥類学者で工業エンジニアでもあるヨハン・ダルガス・フリッシュが出した珍しいアルバム。ブラジルの森、沼地、町など様々な場所で録音した沢山の鳥の鳴き声を収録した一枚で、最初の二曲はイージー・リスニング・オーケストラをバックにしています。【曲】「Sinfonia No40」「O Principe(試聴)」「Vem Chegando」「A Noite I(試聴)」「A Noite II」「A Noite III」「A Madrugada I」「A Madrugada II」「O Dia I」「O Dia II」「O Crepusculo」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Johnny Copeland - ILL BE AROUND - THE EARLY DAYS VOLUME ONE

  • ブルース/リズム&ブルースLP
 Johnny Copeland- ジョニー・コープランド - "I'LL BE AROUND - THE EARLY DAYS VOLUME ONE"
Sweden / LP / Mono / Mr RB RB1001 / Rec 1950s, 60s / Pub 1984
見開きジャケット擦れわずか、内側きれい、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2680 yen
■テキサスのブルース・ギタリスト、ジョニー・コープランドの初期音源集。
アーカンソー生まれで、ルイ・ジョーダン大好きだったという少年時代を過ごし、Tボーンとの出会いでギターを始めたジョニー・コープランド。その後テキサスに渡り、58年に"Rock And Roll Lilly"でソロ・デビュー。荒々しいブラック・ロックンロールでいきなりヒットとなりました。これはそのデビューから60年代中期あたりまでをまとめた編集盤。テキサス・ブルースといっても求道者タイプではなく、まさにルイとTボーンをフェイヴァリットに挙げるのが納得、エンターテイメント性満点で、R&B、ジャンプ、ブルース、ニューオーリンズを豪快に混ぜ合わせたごった煮スタイル。【曲】「Rock & Roll Lilly(試聴)」「Your Round Blues(試聴)」「It Don't Bother You」「Mama Told Me」「Heebie Jeebies」「Just One More Time」「Working Man's Blues」「Funny Feeling」「I'll Be Around」「That's All Right Little Mama(試聴)」「Trying To Reach My Goal」「Hear What I Said」「Ghetto Child」「Do Better Somewhere Else」「You Must Believe In Yourself」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2019年4月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
2019年5月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.