(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: hd)

Jabbo Smith - THE TRUMPET ACE OF THE TWENTIES VOLUME 2

  • ジャズLP
 Jabbo Smith- ジャボー・スミス - "THE TRUMPET ACE OF THE TWENTIES VOLUME 2"
USA / LP / Mono / Melodeon MLP7327 / Rec 1920s / Pub 1966
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3480 yen
■ジャズ・トランぺッター、ジャボー・スミスの20年代音源集第二集。
ルイ・アームストロングに匹敵するもしかすると唯一のトランぺッターかも知れないジャボー・スミス。戦前ニューヨーク、シカゴで活躍したスミスの名演を集めたメロディオン(ディック・スポッツウッド/アーノルド・キャプリンのレーベル)の編集盤で、初めて入荷した第二集。自身のスモール・コンボ、リズム・エイセズの音源を中心に、ピアニスト、チャーリー・ジョンソンの楽団や、バンジョー・アイキー・ロビンソンのカルテット、ホワイトマンやエリントンのアレンジを手掛けたアレックス・ヒルのバンドなど、全16曲収録。演奏はもちろん、音質も最高、ライナーはスポッツウッド。【曲】「Take Your Time」「Sweet And Low Blues」「Decatur Street Tutti」「You Ain't The One」「I'm Going Away Just To Wear You Off My Mind(試聴)」「That's My Stuff」「Boston Skuffle(試聴)」「Take Me To The River」「Ace Of Rhythms」「I Got The Stinger」「Moanful Blues」「Got Butter On It(試聴)」「Rub Me Some More」「South Bound」「Tougaloo Shout」「Sleepy Time Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

George Barnes - PLAYS SO GOOD

  • ジャズLP
 George Barnes- ジョージ・バーンズ - "PLAYS SO GOOD"
USA / LP / Stereo / Concord Jazz CJ67 / Rec 1977 / Pub 1978
ジャケットしみ少々、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■ジョージ・バーンズのラスト・アルバム。ノリ最高のライブ。
カール・クレスとのジャズ・ギター・デュエットの時代から活躍した、この世界の、真のパイオニア、ジョージ・バーンズ。チャーリー・クリスチャンよりも5年以上早くエレキでジャズを弾いていた、文字通りギター改革の先陣を切っていた人。これは亡くなる直前の77年4月、サンフランシスコでのライブを収録したアルバム。2ndギター、ベース、ドラムの編成で、目が丸くなるようなプレイ満載、ノリまくりで弾く全10曲。裏ジャケットの賛辞はアレック・ワイルダー。【曲】「Night And Day(試聴)」「I'm Coming Virginia」「The Days Of Wine And Roses」「Don't Get Around Much Any More」「On A Clear Day (You Can See Forever)」「I've Found A New Baby(試聴)」「George Barnes Rap」「Honeysuckle Rose」「St. Louis Blues」「At Sundown」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Louis Jordan And His Tympany Five - MORE 1944-1945

  • ジャズ/ジャイヴLP
 Louis Jordan And His Tympany Five- ルイ・ジョーダン&ヒズ・ティンパニ・ファイブ - "MORE 1944-1945"
USA / LP / Mono / Circle CLP97 / Rec 1944, 45 / Pub 1986
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■40年代中期をまとめたサークル・レコードの編集盤。
スウィング全盛の影に隠れていたジャンプをコンボ・プレイでR&Bという所まで持って行き、加えて娯楽性をベッタリしみこませた男、ルイ・ジョーダン。チャック・ベリーもリトル・リチャードもお世話になっていて、ブラックR&Rの元ネタを探すと大体ここに帰ってきます。これはサークル・レコードがまとめた全盛期40年代の編集盤。まさにこれぞという、彼のエッセンスが詰まった曲が目白押し。【曲】「Deacon Jones」「Five Guys Named Moe(試聴)」「Baby, You're Just Too Darned Good To Be True」「Honey Child」「Seventh Avenue」「When I Grow Too Old To Dream」「Is You Is Or Is You Ain't (Ma Baby)」「Junior」「Tillie」「I Like'em Fat Like That」「If You Can't Smile And Say Yes (Please Don't Cry And Say No)」「A Chicken Ain't Nothin' But A Bird(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Baby Dodds - TALKING AND DRUM SOLOS - FOOTNOTES TO JAZZ VOL.1

  • ジャズ/ドラム10LP
 Baby Dodds- ベイビー・ドッズ - "TALKING AND DRUM SOLOS - FOOTNOTES TO JAZZ VOL.1"
USA / 10LP / Mono / Folkways FP30 / Rec 1946 / Pub 1951
ジャケット擦れ、スタンプ、鉛筆書き込み、レーベルひげわずか、盤小プツ音でる小スクラッチ、擦れ
Jacket 2.5 / Disc 2.5 / Sound 2.5~3  2980 yen
■ベイビー・ドッズのドラム・デモ演奏+インタビューの10インチLP。
ドラム演奏そのものを発展させたニューオーリンズの偉大なドラマー、ベイビー・ドッズ。これは、1946年にドッズをスタジオに呼んで、インタビューを交えながらジャズ・ドラムについて様々な考察を加えたという音源。ドッズ自身の説明とデモ演奏によって構成されていて、トラップ・セット(戦前ドラマーが良く使っていた大量のカウベルや木魚等を含むセット)を乱れ打ちしたり、プレス・ロール(音が伸びないドラムに色を与えるテクニック。ドッズは名人)を披露したりしてます。裏面は様々なドラムのパターンを演奏。ブックレット欠品で状態今一つですが、非常に珍しい1stエディション。【曲】「Drums In The Twenties(試聴)」「Spooky Drums No.1」「Shimmy Beat And Press Roll Demonstration(試聴)」「Careless Love Blues」「Rudiments」「Maryland」「Spooky Drums No.2」「Tom Tom Workout(試聴)」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Slim And Bam - MCVOUTY

  • ジャズ/ジャイヴLP
 Slim And Bam- スリム&バム - "MCVOUTY"
U.K. / LP / Mono / Hep 6 / Rec mid1940s / Pub 1970s
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■スリム・ゲイラードの魅力が良く伝わる40年代中期のライブ音源集、第一集。
雑食性の高い、ヒップを絵に描いたような音楽性で、当時のリアル・ビート族やバップで踊っていたような先端な人達をとりこにしたジャイヴ・ヒップスター、スリム・ゲイラード。弓弾き&スキャットのベーシスト、スラム・ステュワートとのコンビが有名ですが、これはその後にバム・ブラウンとつるむようになってからの音源を集めた英ヘップからの一枚。彼らの本当の魅力が伝わるラジオ?ライブ。【曲】「Voutoreene(試聴)」「Operatic Aria」「Hey Stop That Dancing Up There」「September In The Rain」「Sonny Boy」「Avocado Seed Soup Symphony Pt 1」「Avocado Seed Soup Symphony Pt 2(試聴)」「Yep Roc Heresay」「Gaillard Special」「Matzoh Balls(試聴)」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Kid Howard and His La Vida Jazz Band - AFRAID TO STAY HERE, AFRAID TO LEAVE THIS TOWN

  • ジャズLP
 Kid Howard and His La Vida Jazz Band- キッド・ハワード&ヒズ・ラ・ヴィダ・ジャズ・バンド - "AFRAID TO STAY HERE, AFRAID TO LEAVE THIS TOWN"
USA / LP / Mono / Icon ILP4 / Rec 1961 / Pub 1961
ジャケット擦れ少々、裏面書き込み、レーベルひげ少々、盤極表層のスクラッチ少々
Jacket 3 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■ニューオーリンズのジャズ・トランぺッター、キッド・ハワードの61年のアルバム。
ジャズ黎明期のニューオーリンズで活躍したトランぺッター、キッド・ハワード。ユーレカ・ブラス・バンド、タキシード・ブラス・バンドなど伝説的ジャズ・バンドを渡り歩き、40年代リバイバルでも活躍、一時リタイアしたものの60年代に自分のバンドを結成、そして録音された彼のファースト・リーダー作。トラディショナルを中心に、原初のジャズが淀みに溢れた臨場感のある音でそのまま収められています。後にジャズオロジー・レコードから再発されますがこれはオリジナル盤。【曲】「Clarinet Marmalade」「See See Rider」「Just A Closer Walk With Thee」「Willie The Weeper」「When My Dreamboat Comes Home(試聴)」「When The Swallows Come Back To Capistrano」「The Three Six's(試聴)」「Indian Saga」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Willie The Lion Smith - THE LION OF THE PIANO

  • ジャズLP
 Willie The Lion Smith- ウィリー・ザ・ライオン・スミス - "THE LION OF THE PIANO"
Japan / LP / Mono / London King SLC515 / Rec 1939 / Pub 1974
ジャケット擦れ極わずか、裏面しみ、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 3 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■ウィリー・ザ・ライオン・スミスのピアノ・ソロ集。
ジェイムスPジョンソンやファッツ・ウォーラーと同列に語られるべき人なものの知名度は一段低いピアニスト、ウィリー・ザ・ライオン・スミス。既に数々のブラック・ジャズ・バンドで腕前を見せていたスミスが、39年に一度ピアノ・ソロ録音を敢行、14曲をレコーディング、それを全曲収録した日本独自盤。ヨーロッパのセミ・クラシック~サロン音楽のムードを持ちつつ、黒人的なストライド奏法を交え新しく生み出された、ちょっと言葉に尽くせないナンバー。ハイブリッドなスタイルの極地。帯無し。【曲】「Morning Air」「Echoes Of Spring(試聴)」「Concentrating(試聴)」「Fading Star」「Passionette」「Rippling Waters」「Sneakaway」「What Is There To Say」「Between The Devil And The Deep Blue Sea」「The Boy And The Boat」「Tea For Two」「I'll Follow You」「Finger Buster」「Stormy Weather」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Andy Kirk And His Twelve Clouds Of Joy - CLOUDS OF JOY

  • ジャズ45rpm EP
Andy Kirk And His Twelve Clouds Of Joy- アンディ・カーク&ヒズ・12クラウズ・オブ・ジョイ - "CLOUDS OF JOY"
U.K. / 45rpm EP / Mono / Columbia SEG7607 / Rec 1936 / Pub 1955
コーティングの折り返しジャケット擦れ少々、レーベルきれい、盤表層スクラッチ少し、プツ音少々
Jacket 3~3.5 / Disc 3~3.5 / Sound 3~3.5  1980 yen
■メアリー・ルー・ウィリアムスをフィーチュアしたアンディ・カーク楽団の4曲入りEP。
カンザス・シティの黒人テリトリー・バンド、アンディ・カーク&12クラウズ・オブ・ジョイ。しかしもう全国区の人気を誇った名バンドで、20年代後半~40年代の間存続。そして最盛期のこのグループの音を作っていたのは、モンクを教えたバップの母メアリー・ルー・ウィリアムズで、ピアノも彼女。チャーリー・パーカーも一時在籍。これはメアリー・ルーをフィーチュアした音源を集めた英コロンビアの4曲入りEP第一集。全曲36年。【曲】「Bearcat Shuffle(試聴)」「All The Jive Is Gone(試聴)」「Moten Swing」「Lotta Sax Appeal」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Andy Kirk And His Twelve Clouds Of Joy - CLOUDS OF JOY NO.2

  • ジャズ45rpm EP
Andy Kirk And His Twelve Clouds Of Joy- アンディ・カーク&ヒズ・12クラウズ・オブ・ジョイ - "CLOUDS OF JOY NO.2"
U.K. / 45rpm EP / Mono / Columbia SEG7646 / Rec 1936 / Pub 1955
コーティングの折り返しジャケット擦れしみ少々、コート材のはがれあり、レーベルきれい、センター無し、盤浅い擦れ極わずか
Jacket 3 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■メアリー・ルー・ウィリアムスをフィーチュアしたアンディ・カーク楽団の4曲入りEP。
上に続く、メアリー・ルーをフィーチュアした音源を集めた英コロンビアの4曲入りEP第二集。こちらも全曲36年。彼女の機知に富んだ歯切れいいアレンジもグレイト。【曲】「Walkin' And Swingin'(試聴)」「Git(試聴)」「I'se A Muggin'」「Until The Real Thing Comes Along」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Sidney Bechet - HAITIAN MOODS

  • ジャズLP
 Sidney Bechet- シドニー・ベシェ - "HAITIAN MOODS"
USA / LP / Stereo / Stinson SLPS46 / Rec 1938 / Pub late60s?
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3480 yen
■早すぎたカリブ・ジャズ。シドニー・ベシェ38年のセッションを収録したスティンソン盤。
ニューオーリンズ・ジャズの草創期から活躍した偉大なクラリネット、ソプラノ・サックス奏者シドニー・ベシェ。自身のリーダー作、数多くのセッションのみならず、NYではブルーノートの初のヒット「Summertime」を生み、多重録音を初めて敢行etc...あまりに伝説の多い人。本作は、39年のカリブ・ジャズ・セッションを収録した一枚で、ルンバとメレンゲのナンバーのみで固められた作品。メンバーは、ウィリー・ザ・ライオン・スミス(P)、ケネス・ローン(TP)、オリン・アルダーホルド(B)、ズティ・シングルトン(D)。シングルトンの強力無比なドラミングも度肝抜かれますが、ドラム・スティックで叩いて音を出しているというベースやら、まるでモード抜きのハービー・ハンコックのような覚醒的にリズミックなピアノもすごい。シングルトンは後にスリム・ゲイラードのバンドでこの手のルンバなどプレイすることになります。クリア赤盤。【曲】「Tropical Mood Rhumba」「Original #1」「Sous Les Palmiers(試聴)」「Ti Palph(試聴)」「Baba Rhumba」「Magic Island Meringue」「Meyette Meringue(試聴)」「Rosa Rhumba」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Connie McLeans Rhythm Boys, Bessie Smith, Harlem Ham Fats, etc. - AC-DC BLUES : GAY JAZZ REISSUES VOLUME ONE

  • ジャズ/ブルースLP
 Connie McLean's Rhythm Boys, Bessie Smith, Harlem Ham Fats, etc.- コニー・マクリーンズ・リズム・ボーイズ、ベッシー・スミス、ハーレム・ハムファッツ、etc. - "AC-DC BLUES : GAY JAZZ REISSUES VOLUME ONE"
USA / LP / Mono / Stash ST106 / Rec 1920s, 30s / Pub 1977
ジャケット擦れわずか、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■同性愛やバイセクシャルをテーマにした戦前ジャズ、ブルース集。
プレスティッジやリバーサイドでプロデューサーとして活躍したジャズ&ブルース研究家クリス・アルバートソンが監修した一枚。ライナーでクリスは、"評論家たちは、ジャズやブルースではドラッグや酒よりも悪いこととして、同性愛やバイセクシャルのことをひた隠しにしてきた"として、そのテーマの面白いブルース、ジャズを収録。一曲目は、ベッシー・スミスの姪の女性シンガー、ルビー・スミスへのインタビューで、ベッシーと彼女が違法のジューク・ジョイントで過ごした一夜のことを赤裸々に語っています。初期スタッシュ・レコードならではの一枚。【曲】「Ruby Smith & Chris Albertson / Buffet Flat Story」「Connie McLean's Rhythm Boys / Sissy Man Blues」「Bessie Smith / Foolish Man Blues」「Harlem Ham Fats / Garbage Man」「Tampa Red's Hokum Jug Band / It's Tight Like That」「Ma Rainey / Prove It On Me Blues」「Kokomo Arnold / Sissy Man Blues」「George Hannah / Boy In The Boat」「Freakish Man Blues」「Bessie Jackson / B.D. Woman's Blues(試聴)」「Speckled Red / Dirty Dozens」「Al Miller And His Swing Stompers / Ain't That A Mess」「Peg Leg Howell / Fairey Blues(試聴)」「Bert (Snake Root) Hatton / Freakish Rider Blues」「George Noble / Sissy Man Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Washboard Rhythm Kings - NO.2

  • ジャズ45rpm EP
 Washboard Rhythm Kings- ウォッシュボード・リズム・キングス - "NO.2"
U.K. / 45rpm EP / Mono / His Masters Voice 7EG8126 / Rec 1932 / Pub 1955
コーティングの折り返しジャケット擦れ少々、コート材のはがれ、裏面鉛筆書き込み、レーベルきれい、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3 / Disc 4 / Sound 4  1980 yen
■ウォッシュボード・リズム・キングスの英盤EP。
洗濯板をドラム替わりにした、ジャズ版ロックンロールというようなウォッシュボード・バンド。これは、曲でメンバーは変わりますが、シドニー・デ・パリス(TP)、テディ・バン(G)、レオ・ワトソン(Vo)らによるこのジャンルの草分け、ウォッシュボード・リズム・キングスの4曲入りEP。全て32年。【曲】「I'm Gonna Play Down The Ohio」「Underneath The Harlem Moon(試聴)」「Ash Man Crawl」「Pepper Steak(試聴)」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2019年2月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
2019年3月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.