(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: hd)

Roy Smeck - PLAYS HAWAIIAN GUITAR BANJO UKULELE AND GUITAR

  • ギターLP
 Roy Smeck- ロイ・スメック - "PLAYS HAWAIIAN GUITAR, BANJO, UKULELE AND GUITAR"
USA / LP / Mono / Yazoo 1052 / Rec 1926 to 1949 / Pub 1976
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  4800 yen
■弦の魔術師ことロイ・スメックのヤズー盤。
ギター、ハワイアン・ギター、ウクレレEtc.5つの弦楽器をマスター、アメリカ音楽史随一のプレイヤーになっただけでなく、それまでの自己流、口伝、ローカルな様々な弦楽器奏法を体系的にまとめたと言っても言いすぎでない(教則本もかなりあり)ロイ・スメック。このスメックで一枚、と言われたらこれしかないだろうというヤズー盤。笑い声のような奏法を入れた「Laughing Rag」、ハリー・レサーといい勝負のバンジョー曲「Tiger Rag」、カール・クレスのような美しいメロディーの名曲「Guitarese」などなど収録。ジャケットはロバート・クラム。【曲】「12th Street Rag」「Frettin' Blues」「Shuffle Off To Buffalo」「Limehouse Blues(試聴)」「Nifty Pickin'」「Tough Pickin'」「Slippery Fingers」「Steel Guitar Rag(試聴)」「Tiger Rag」「Guitarese」「Farewell Blues」「Ukelele Bounce(試聴)」「Bugle Call Rag」「Laughing Rag」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Harry Reser - BANJO CRACKERJAX 1922-1930

  • バンジョーLP
 Harry Reser- ハリー・レサー - "BANJO CRACKERJAX 1922-1930"
USA / LP / Stereo / Yazoo l1048 / Rec 1922 to 1930 / Pub 1970s
ジャケット擦れ少々、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 3980 yen
■戦前のバンジョー奏者、ハリー・レサーのヤズー編集盤。
ヴェスLオスマンやフレッド・ヴァン・エプスよりも一世代若いバンジョー奏者ハリー・レサー。自身のダンス・バンド、クリーコ・クラブ・エスキモーズ等でラジオでも大活躍、セッション楽団としても無数の変名で作品を残している人。さてレサーは、楽団では控えめな演奏がおおいですが、これは彼の超絶なバンジョー・ソロを集めたヤズー編集盤。 【曲】「Lollypops」「Frosted Chocolate」「Heebe Jeebes」「Send Back My Honeyman」「The Cat And The Dog」「Crazy Jol」「Flaperette(試聴)」「Crackerjack(試聴)」「Kitten On The Keys」「Easy Goin'」「Sugar Blues」「The Old Town Pump」「Pickin's」「Fair And Warmer」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Spirits Of Rhythm - 1933-34

  • ジャズ/ジャイヴLP
 Spirits Of Rhythm- スピリッツ・オブ・リズム - "1933-34"
U.K. / LP / Mono / JSP 1088 / Rec 1933, 1934 / Pub ?
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■黒人ジャイヴ系最強のストリング・バンド、スピリッツ・オブ・リズムの編集盤。
黒人ジャイヴ系最強のストリング・バンド、スピリッツ・オブ・リズム。ジャズ・ギタリスト、テディ・バンに、スキャットを得意にしたジャズ・シンガーのレオ・ワトソン、そしてティプレを弾きながら歌うウィルバーとダグラスのダニエル兄弟によるグループ。33年と34年の音源を集めたコンピレーション。【曲】「Nobody's Sweetheart」「I Got Rhythm」「I've Got The World On A String(試聴)」「I Got Rhythm」「Rhythm(試聴)」「I'll Be Ready When The Great Day Comes」「My Old Man」「Way Down Yonder In New Orleans」「I've Got The World On A String」「From Monday On」「As Long As I Live」「Junk Man」「Dr.Watson And Mr. Holmes -1」「Dr.Watson And Mr. Holmes -2(試聴)」「That's What I Like About You」「Shoutin' In That Amen Corner」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Erskine Tates Vendome Orchestra, Alphonso Trent And His Orchestra, etc. - SWEET AND LOW BLUES : BIG BANDS AND TERRITORY BANDS OF THE 20S

  • ジャズLP
 Erskine Tate's Vendome Orchestra, Alphonso Trent And His Orchestra, etc.- アースキン・テイツ・ヴェンドーム・オーケストラ、アルフォンソ・トレント&ヒズ・オーケストラ、etc. - "SWEET AND LOW BLUES : BIG BANDS AND TERRITORY BANDS OF THE 20'S"
USA / LP / Mono / New World NW256 / Rec late1920s / Pub 1977
見開きジャケット擦れわずか、内側きれい、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ニューワールド・レーベルのレア・ジャズ編集盤。
20年代のテリトリー・バンド、つまりニューヨーク、シカゴ、ニューオーリンズ等の音楽の大都市以外の、地方限定のバンドの音源を中心に編集された、一言、20年代キラー・ジャズ集。ルイ・アームストロングが参加した、アルゼンチンのみでリリースされたキャロル・ディッカーソン・バンド、ジェイムスPジョンソン(P)とファッツ・ウォーラー(Organ)が二人ともいたスモール・コンボ、ルイジアナ・シュガー・ベイブス、チャーリー・パーカーにアルトを教えたバスター・スミス、カウント・ベイシー等が在籍していたウォルター・ページズ・ブルー・デヴィルズ等々収録。【曲】「Erskine Tate's Vendome Orchestra / Static Strut(試聴)」「Carroll Dickerson And His Orchestra / Symphonic Raps」「Charlie Johnson And His Paradise Orchestra / The Boy In The Boat」「Chocolate Dandies / That's How I Feel Today」「Jabbo Smith And His Rhythm Aces/ Sweet And Low Blues」「Jabbo Smith And His Rhythm Aces/ Till Times Get Better」「Louisiana Sugar Babies / Willow Tree」「Leo Reisman And His Orchestra / What Is This Thing Called Love?」「Jesse Stone's Blues Serenaders / Starvation Blues」「Walter Page's Blue Devils / Blue Devil Blues(試聴)」「Walter Page's Blue Devils / There's A Squabblin'」「Troy Floyd And His Plaza Hotel Orchestra / Dreamland Blues I」「Troy Floyd And His Plaza Hotel Orchestra / Dreamland Blues II」「George E. Lee And His Kansas City Orchestra / Ruff Scuffling」「Alphonso Trent And His Orchestra / Black And Blue Rhapsody」「Alphonso Trent And His Orchestra / After You've Gone」「Alphonso Trent's Orchestra / I've Found A New Baby」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Armand Hug - PLAYS THE COMPOSITIONS OF ARMAND PIRON

  • ジャズ10LP
 Armand Hug- アーマンド・ハグ - "PLAYS THE COMPOSITIONS OF ARMAND PIRON"
USA / 10LP / Mono / Paramount 114 / Rec 1954 / Pub 1954
ジャケット擦れ少々、レーベルひげ無し、盤浅い擦れ、表層スクラッチ少々
Jacket 3.5 / Disc 3.5 / Sound 3.5  6800 yen
■ニューオーリンズのピアニスト、アーマンド・ハグのソロ・アルバム。
黒人音楽の歴史を切り開いたパラマウント・レーベル。30年代前半に閉鎖された後、コレクターでもあったプロデューサー、ジョン・スタイナーが40年代にカタログを買い取りリイシューを始めたのがこの第二期パラマウント。そして新緑も始めることに。これは20年代のニューオーリンズ・オウルズのピアニスト、アーマンド・ハグが、同じニューオーリンズの伝説的作曲家でジャズ・バイオリニストのアーマンドJパイロンの曲をピアノ一台で弾いた、非常に珍しい54年のアルバム。クリア赤盤、封筒型のジャケットで、ライナーは6 & 7, 8sのエドモンド・スーション。【曲】「Bouncin' Around」「Day By Day」「Kiss Me Sweet」「Mama Goes Where Papa Goes」「Sister Kate」「Pretty Purple Rose Of Cairo(試聴)」「I Can Beat You Doing What You're Doing To Me(試聴)」「Mama's Gone-Goodbye」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Oscar Aleman - SWING GUITAR LEGEND

  • ジャズLP
 Oscar Aleman- オスカル・アレマン - "SWING GUITAR LEGEND"
USA / LP / Mono / Rambler 106 / Rec 1938 to 1945 / Pub 1982
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れ少々
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■アルゼンチンのジャズ・ギタリスト、オスカル・アレマンの編集盤。
アルゼンチンのエディ・ラングかジャンゴか、戦前のパリで人気を博し、その後アルゼンチンにもどり素晴らしい盤を発表しつづけたアレマン。アルゼンチン人としてのルーツに併せ、戦前のギター・レジェンドのプレイを交配させたといえるそのスタイルは、あるときはアメリカ南部のブルース・ギタリストようなタフさと、ヨーロッパ的な洗練が同時に聞こえてくるもの。これは、オールドマスターズの編集盤に次いで出された米ランブラーの音源集。38年から45年のナンバーを16曲収録、音も◎。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Eddie Lang And Lonnie Johnson - VOLUME 1

  • ジャズ/ギターLP
 Eddie Lang And Lonnie Johnson- エディー・ラング&ロニー・ジョンソン - "VOLUME 1"
Australia / LP / Mono / Swaggie S1229 / Rec late1920s / Pub 1970s
コーティングの折り返しジャケット擦れ少々、レーベルひげわずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3480 yen
■エディ・ラング&ロニー・ジョンソン第一集。
(英パーロフォン盤と同内容)ラングは戦前にジャズ・ギターを"発明"した巨人。ピアノの奏法やコードをギターに置き換え、ギターの役割を拡大させコードも複雑にしていきました。そんな彼はピアノとのデュエット演奏やブルース・ギタリストとのデュエット等この時代では例外的な、しかし全ギタリストのバイブルとなるほどの強烈な作品を多く残しています。この盤はそのラングの音源と、20年代にラングと同レベルまで行っていた数少ない黒人ブルース/ジャズ・ギタリスト、ロニー・ジョンソンとの演奏をまとめたオーストラリア・スワギー盤で、第二集と並びラング音源のもっとも重要な編集盤といえる一枚。【曲】「Hot Fingers(試聴)」「Eddie's Twister(試聴)」「Playing With The Strings(試聴)」「Have To Change Keys To Play These Blues」「A Little Love, A Little Kiss」「Stompin' 'em Along Slow」「Midnight Call Blues」「Knockin' A Jug」「Blue Room Blues」「Add A Little Wiggle」「Away Down In The Alley, Blues」「Blue Guitars」「Rainbow Dreams」「Blues In G」「Deep Minor Rhythm」「Mahogany Hall Blues Stomp」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Eddie Lang And Lonnie Johnson - VOLUME 2

  • ジャズ・ギターLP
Eddie Lang And Lonnie Johnson- エディー・ラング&ロニー・ジョンソン - "VOLUME 2"
Australia / LP / Mono / Swaggie S1276 / Rec late1920s / Pub 1970s
コーティングの折り返しジャケット擦れ少々、裏面にシール、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4 .3480 yen
■エディ・ラング&ロニー・ジョンソン第二集。
(英パーロフォン盤と同内容)ラングは戦前にジャズ・ギターを"発明"した巨人。ピアノの奏法やコードをギターに置き換え、ギターの役割を拡大させコードも複雑にしていきました。そんな彼はピアノとのデュエット演奏やブルース・ギタリストとのデュエット等この時代では例外的な、しかし全ギタリストのバイブルとなるほどの強烈な作品を多く残しています。この盤はそのラングの音源と、20年代にラングと同レベルまで行っていた数少ない黒人ブルース/ジャズ・ギタリスト、ロニー・ジョンソンとの演奏をまとめたオーストラリア・スワギー盤で、第一集と並びラング音源のもっとも重要な編集盤といえる一枚。【曲】Eddie Lang「I'll Never Be The Same」「April Kisses」「Prelude In C Sharp Minor」「The Melody Man's Dream」「Perfect」「Church Street Sobbin' Blues(試聴)」「There'll Be Some Changes Made」「Jeannine I Dream Of Lilac Time」、Eddie Lang And Lonnie Johnson「Two Tone Stomp」「Guitar Blues(試聴)」「Bull Frog Moan」「A Handful Of Riffs」、Texas Alexander「Work Ox Blues」「The Risin' Sun」、Blind Willie Dunn's Gin Bottle Four「Jet Black Blues」「Blue Blood Blues(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Eddie Vinson - MR CLEANHEAD STEPS OUT

  • ジャズ/リズム&ブルースLP
 Eddie Vinson- エディ・ヴィンソン - "MR CLEANHEAD STEPS OUT"
Sweden / LP / Mono / Saxophonograph BP507 / Rec 1945 to 1951 / Pub 1985
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2480 yen
■サックス奏者&シンガー、エディ"クリーンヘッド"ヴィンソンの音源集。
ジャズとジャンプの橋渡しをしたテナー・サックス奏者&シンガー、エディ"クリーンヘッド"ヴィンソン。45年から51年までの16曲を収録。7割ほどヴィンソンの歌入り。【曲】「Mr. Cleanhead Steps Out(試聴)」「When My Baby Left Me」「Juice Head Baby」「Kidney Stew Blues」「I've Been So Good」「It's A Groovy Affair」「Old Maid Boogie」「Shavetail」「Gonna Send You Back Where I Got You From」「Luxury Tax Blues」「Wrong Girl Blues」「Friday Fish Fry」「I Took The Front Door In」「Home Boy(試聴)」「Eddie's Bounce」「Time After Time」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Joe Robichaux And His Hot New Orleans Rhythm Boys - 1933

  • ジャズLP
 Joe Robichaux And His Hot New Orleans Rhythm Boys- ジョー・ロビショー&ヒズ・ホット・ニューオーリンズ・リズム・ボーイズ - "1933"
USA / LP / Mono / Folklyric 9032 / Rec 1933 / Pub 1981
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■ニューオーリンズ・ジャズのキラー中のキラー、ジョー・ロビショーの編集盤。
ジャズの録音が本格化した20年代中~後期から30年代にかけて、ニューオーリンズのジャズは、生まれた場所なのに他の街に比べて録音が少ない、才能あるソロ・プレイヤーはみんな北に出てしまった、などいろんなことで現地がどうなっていたのか実は良くわからない。その辺りが好きな人でも曲単位、という感じでは。このジョー・ロビショーは、その時代のNYホット・ジャズのスタイルを組み込んだジャズ・バンドで、当時のニューオーリンズがどんなレベルだったのかがひしひし伝わるまさに現地最強のグループ。これは33年録音の16曲を収録したアーフーリー・フォークリリックのベスト・オブ・ベスト。試聴のようなキラー・ジャズのオンパレード。【曲】「Forty Second Street(試聴)」「Ring Dem Bells(試聴)」「King Kong Stomp」「I Would Do Anything For You」「Every Tub」「She Don't Love Me」「Stormy Weather」「Shake It And Break It ? Part 1」「Jig Music」「Shake It And Break It ? Part 2」「You Keep Me Always Living In Sin」「Sleep, Come And Take Me」「Just Like A Falling Star」「Foot Scuffle」「Saturday Night Fish Fry Drag」「The Riff」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Temperance Seven - FAMILY ALBUM

  • ジャズLP
 Temperance Seven- テンペランス・セブン - "FAMILY ALBUM"
U.K. / LP / Stereo / World Record Club STP727 / Rec 1964 / Pub 1960s
コーティングの三辺折り返しジャケット表裏擦れ少々、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■リバイバル・ホット・ジャズの文句無しの最高峰、テンペランス・セブン。
ボンゾ・ドッグ・バンド、ラトルズ等で知られるニール・イネスの父ブライアン・イネスと、20年代の編集盤を買い漁っている人にはお馴染みのジョンRTデイヴィス等が50年代に始めた、20年代ホット・ジャズ/ダンス・バンドのリバイバル・グループ、テンペランス・セブン。これは64年のサード?アルバム。モンティ・パイソンに流れ込んでいくユーモア、多分かなり影響を受けているジミー・ヌーンにだって負けてないテク、それに音もいい、やはり超高品質な一枚。【曲】「Pasadena」「China Boy(試聴)」「Brown Eyes Why Are You Blue?(試聴)」「I Want To Be Happy 」「Deep Henderson」「Grace And Beauty」「Sugar」「Clap Hands Here Comes Charlie」「Alexander's Record Breaking Band」「My Sweetie Went Away」「Pleasant Moments」「Sugar」「Ukelele Lady」「You Took Advantage Of Me」「My Sweet Tooth Says I Wanna」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Lucky Millinder - SHORTYS GOT TO GO

  • ジャズLP
 Lucky Millinder- ラッキー・ミリンダー - "SHORTY'S GOT TO GO"
Sweden / LP / Mono / Jukebox Lil JB609 / Rec 1942 to 1952 / Pub 1985
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■ラッキー・ミリンダー楽団の40年代音源集。
20年代からのホット・ジャズ、30年代のスウィングを吸収、そしてロックンロール第一号ワイノニー・ハリスを世に送り出したこのラッキー・ミリンダー楽団は(この盤にはワイノニー参加曲なし)、ジャズ、ジャンプ、R&Bが混然一体となった時代から次へと歩ませる原動力となった超重要ブラック・ジャズ・バンド。これはまさしくその時代42年からの10年を追った編集盤。【曲】「Are Your Ready」「Darlin'(試聴)」「Shorty's Got To Go」「Baby, You've Been Wrong(試聴)」「More, More, More」「Fare-Thee-Well Deacon Jones」「I Know How To Do It」「Someday」「Chew Tobacco Rag」「The Jumpin'Jack」「I Love You, I Love You, I Do」「The Grape Vine(試聴)」「Lord Knows I Tried」「Clap Your Hands」「Backslider's Ball」「Who Said Shorty Wasn't Coming Back」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2018年9月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
2018年10月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.