(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: hd)

Joe Venuti And Eddie Lang - JOE VENUTI AND EDDIE LANG

  • ジャズ10LP
 Joe Venuti And Eddie Lang- ジョー・ヴェヌーティ&エディ・ラング - "JOE VENUTI AND EDDIE LANG"
USA / 10LP / Mono / X LVA3036 / Rec late1920s / Pub 1955
コーティング・ジャケット表裏擦れ少々、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れ少々
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■二人の名演を収録した55年の10インチLP。
恐らくこのジャズ・ヴァイオリンとジャズ・ギターの二人の開祖に注目して最も初期に編まれた10インチLP。二人が参加した、トランぺッター、フィル・ナポレオンのスモール・コンボと、ヴェヌーティ&ラングのデュオ、カルテットから8曲を選んで収録。二人の演奏が光るというのはもちろん、曲として音楽的な濃度が高い、本当にいい内容。この盤が出た頃のものと言われても信じそうな音の良さ。【曲】「You Can't Cheat a Cheater(試聴)」「Gettin' Hot」「Doing Things」「Wild Cat(試聴)」「The Wild Dog」「Really Blue」「Mean to Me」「My Kinda Love(試聴)」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Slim Gaillard Trio - DOT SESSIONS

  • ジャズLP
 Slim Gaillard Trio- スリム・ゲイラード・トリオ - "DOT SESSIONS"
USA / LP / Mono / MCA MCA1508 / Rec 1958 / Pub 1982
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤ほぼ新品同様
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  1980 yen
■50年代のトリオを未発表も入れて収録した一枚。
雑食性の高い、ヒップを絵に描いたような音楽性で、当時のリアル・ビート族やバップで踊っていたような先端な人達をとりこにしたジャイヴ・ヒップスター、スリム・ゲイラード。これは58年に録音したトリオものを収録した一枚。ゲイラードとは思えない洒落たピアノ・トリオや、ザクザクエレキ一本で弾き語り、ラストに他メンツも入って盛り上がる「My Blue Heaven」、スウィンギーな「A列車で行こう」(未発表)、得意の鳥の鳴き真似だけで一曲歌ってしまった「Rooster Rock」、自己流のユーモラスなバラードも◎。MCAのこのシリーズ、音もいいです。【曲】「Tall And Slim」「How High The Moon」「I Don't Stand A Ghost Of A Chance With You」「Slim's Cee」「My Blue Heaven」「Take The "A" Train」「Oh, Lady Be Good」「Rooster Rock」「Walkin' And Cookin' Blues」「I Love You」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Zutty Singleton And The Clarinet Kings - VOLUME 1

  • ジャズLP
Zutty Singleton And The Clarinet Kings- ズティ・シングルトン&ザ・クラリネット・キングス - "VOLUME 1"
USA / LP / Stereo / Fat Cats Jazz FCJ100 / Rec 1967 / Pub late60s
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れ、B面に一本強めの擦れ、音に出ず
Jacket 3.5~4 / Disc 3.5~4 / Sound 4  2680 yen
■伝説的ジャズ・ドラマー、ズティ・シングルトンの67年録音盤。
ベイビー・ドッズと並ぶジャズ・ドラマーの草分けズティ・シングルトン。これは彼が67年に録音していたセッションを収録したアルバムで、スヌーザー・クイン等トラッドのいいものをリリースしたファット・キャッツ・ジャズの旗揚げ盤。クラリネット・キングスとあり確かにクラもいいのですが、ウォルター・スライド・ハリスというトロンボーン奏者とジョンソン・マクリーというシンガーが特にいい一枚。スロウ、ミッド・スロウ多め。【曲】「Snake Rag」「Nobody Knows You When You're Down & Out(試聴)」「Dr.Jazz Stomp」「Yellow Dog Blues(試聴)」「When You Wore a Tulip」「Marie」「Winin' Boy Blues(試聴)」「Of All the Wrongs You Done To Me」「Royal Garden Blues」「You Tell Me Your Dream」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Duke Ellington - DUKE ELLINGTON

  • ジャズLP
 Duke Ellington- デューク・エリントン - "DUKE ELLINGTON"
France / LP / Mono / BYG 529071 / Rec 1924 to 1927 / Pub 1970s
コーティングの折り返しジャケット擦れ少々、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れ少々
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■素晴らしい内容。仏BYGの初期エリントン集。
仏BYGから、デューク・エリントンの初期の珍しい音源を収録した一枚。これが素晴らしい内容。初めて組んで録音したバンド、ワシントニアンズのデビュー曲、やはりこの頃在籍していたジョー・トレント&ディーコンズというグループや、エリントン・バンドの看板ドラマー、ソニー・グリアが歌うソニー&ディーコンズだけでなく、エリントンがピアノで伴奏した女性シンガーのソロなども収録。だめ押しはエリントンのピアノ・ロール。ドラム内臓のプレイヤー・ピアノで再生されるのですが、これがビックリするほどいい曲。ほとんど初めて知る曲ばかり。【曲】「Jig Walk / Duke Ellington」「It's Gonna Be A Cold Cold Winter / Alberta Prime」「Parlor Social De Luxe / Alberta Prime」「Choo Choo / The Washingtonians」「Rainy Nights / The Washingtonians」「Deacon Jazz / Joe Trent And The Deacons」「Oh How I Love My Darling / Sonny And The Deacons」「I'm Gonna Hang Around My Sugar / The Washingtonians」「Trombone Blues / The Washingtonians」「Georgia Grind / The Washingtonians」「Parlor Social Stomp / The Washingtonians」「Lucky Number Blues / Alberta Jones With The Ellington Twins」「I'm Gonna Put You Right In Jail / Alberta Jones With The Ellington Twins」「If You Can't Hold The Man You Love / Evelyn Preer」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Erskine Hawkins, Jimmy Lunceford, Duke Ellington, etc. - LIVE AT THE APOLLO 1944-1947

  • ジャズLP
Erskine Hawkins, Jimmy Lunceford, Duke Ellington, etc.- アースキン・ホーキンス、ジミー・ランスフォード、デューク・エリントン、etc. - "LIVE AT THE APOLLO 1944-1947"
USA / LP / Mono / Everybodys EV3003 / Rec 1944 to 1947 / Pub 1984
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  1980 yen
■ブラック・ミュージックの殿堂アポロ劇場でのライブを収録したオムニバス。
戦後すぐあたり、ラジオ放映のために録音された音源を収録。バップの母メアリー・ルー・ウィリアムズやハワード・マッギーも在籍していたウルトラ・ホットなアンディ・カーク楽団、「ビギン・ザ・ビギン」を演奏するフレッチャー・ヘンダーソン楽団、カウント・ベイシーは「One O'Clock Jump」、そういう熱狂の中一人静かに歌うビリー・ホリデイetc....全11グループ14曲収録。【曲】「Erskine Hawkins Orch. / Tuxedo Junction」「Jimmie Lunceford Orch. / Yard Dog Mazurka」「Duke Ellington Orch. / Things Ain't What They Used To Be(試聴)」「Andy Kirk Orch. / Wake Up!」「Roy Eldridge Orch. / Jumpin' With The Jeep」「Dizzy Gillespie Orch. / Lady Bird」「Cecil Scott Orch. / Cecil's Jive(試聴)」「Earl Hines Orch. / Tales Of The Vienna Woods」「Andy Kirk Orch. / Paradise Valley」「Billie Holiday / Do Nothing 'Till You Hear From Me」「Noble Sissle Orch. / Unnecessary Jive」「Fletcher Henderson Orch. / Begin The Beguine」「Erskine Hawkins Orch. / Down In Titusville」「Count Basie Orch. / One O'Clock Jump」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Spirits Of Rhythm - 1933-34

  • ジャズ/ジャイヴLP
Spirits Of Rhythm- スピリッツ・オブ・リズム - "1933-34"
U.K. / LP / Mono / JSP 1088 / Rec 1933, 1934 / Pub ?
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ極わずか、盤ほぼ新品同様
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■黒人ジャイヴ系最強のストリング・バンド、スピリッツ・オブ・リズムの編集盤。
黒人ジャイヴ系最強のストリング・バンド、スピリッツ・オブ・リズム。ジャズ・ギタリスト、テディ・バンに、スキャットを得意にしたジャズ・シンガーのレオ・ワトソン、そしてティプレを弾きながら歌うウィルバーとダグラスのダニエル兄弟によるグループ。33年と34年の音源を集めたコンピレーション。【曲】「Nobody's Sweetheart」「I Got Rhythm」「I've Got The World On A String(試聴)」「I Got Rhythm」「Rhythm(試聴)」「I'll Be Ready When The Great Day Comes」「My Old Man」「Way Down Yonder In New Orleans」「I've Got The World On A String」「From Monday On」「As Long As I Live」「Junk Man」「Dr.Watson And Mr. Holmes -1」「Dr.Watson And Mr. Holmes -2(試聴)」「That's What I Like About You」「Shoutin' In That Amen Corner」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Art Hodes - THE TRIOS

  • ジャズLP
 Art Hodes- アート・ホーディス - "THE TRIOS"
USA / LP / Mono / Jazzology J113 / Rec 1953 / Pub 1985
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤ほぼ新品同様
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ジャズ・ピアニスト、アート・ホーディスの53年のトリオ録音を11曲収録した一枚。
このアルバムに、違うメンツのトリオ三曲を加えリイシューした一枚。ダーネル・ハワード(cl)、アート・ホーディス(p)、ベイビー・ドッズ(d)のトリオが4曲、ヴォリー・デフォート(cl)、ホーディス(p)、ジャスパー・テイラー(d、Washoard)のやはりトリオが4曲、ジョージ・ルイス(cl)、ホーディス(p)、ローレンス・マレロ(bj)のトリオが3曲。どれもそうなのですが、新たに加えられたダランとした三曲が特に自然発生的で、彼らの魅力が良く出ています。手でつかめそうなほど生々しい音もいい一枚。全て53年の録音。【曲】「Slow And Easy Mama Every Night(試聴)」「I Know That You Know」「Baby Food」「Sweet Georgia Brown(試聴)」「Tishomingo」「Washboard Stomp」「Loveless Love(試聴)」「Sheik Of Araby」「Lingering Blues」「Copenhagen」「Someday Sweetheart」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Blue Ribbon Syncopators Of Buffalo, Jesse Stone And His Blue Serenaders, etc. - TERRITORY BANDS 1926-29

  • ジャズLP
Blue Ribbon Syncopators Of Buffalo, Jesse Stone And His Blue Serenaders, etc.- ブルー・リボン・シンコペイターズ・オブ・バッファロー、ジェシ・ストーン&ヒズ・ブルー・セレネーダーズ、etc. - "TERRITORY BANDS 1926-29"
U.K. / LP / Mono / Parlophone PMC7082 / Rec 1926 to 1929 / Pub 1968 or 1969
コーティングの折り返しジャケット擦れ少々、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れ、しなりわずか、各面最初の方かすかにさっと出ます
Jacket 3.5 / Disc 3.5 / Sound 3.5  3800 yen
■闇雲で出鱈目なパワーに満ちた20年代のテリトリー・バンド(地方限定ジャズ・バンド)集。
ジャズはニューオーリンズからシカゴ、NYと歓楽街と結びついて発展してきたのですが、当然それ以外の地域でもジャズの波は波及し地方限定楽団(テリトリー・バンド)が沢山誕生。地方なので人数的にも制限があったりして、ブルース・バンドがジャズをやっていたり、ダンス・バンドなのかニューオリンズなのか、カントリー・ブルースなのかよく分からないようなグループもあったりして、一度はまると病みつきになりそうな出鱈目な世界。さらに多くの名プレイヤーも最初はテリトリー系でキャリアをスタートさせたという人多し。この盤にも、50年代R&Bの父的存在ジェシ・ストーンのゲキレア初期バンドや後に「Canadian Sunset」を作るエディ・ヘイウッドなんかも収録されています。ちなみにこれら原盤はものすごい値段。監修はクリス・エリス、ライナーはブライアン・ラストという世界最強コンビが送る一枚。【曲】「Blue Ribbon Syncopators / Blues In A Minor」「My Gal, My Pal」「Eddie Heywood & His Jazz Six / Trombone Moanin' Blues」「Jesse Stone And His Blue Serenaders / Starvation Blues」「Boot To Boot」「Charles Creath's Jazz-O-Maniacs / Butter Finger Blues」「Crazy Quilt」「Troy Floyd And His Plaza Hotel Orchestra / Wabash Blues」「Shadowland Blues, Part 1」「Shadowland Blues, Part 2」「J. Neal Montgomery And His Orchestra / Atlanta Low Down」「Auburn Avenue Stomp」「Troy Floyd And His Shadowland Orchestra / Dreamland Blues, Part 1」「Dreamland Blues, Part 2」「Roy Johnsons Happy Pals / Savoy Rhythm」「Happy Pal Stomp」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Southern Jazz Group - JAZZ FROM DOWN UNDER 1946 - 1950 VOLUME 1 - 4

  • ジャズLP
 Southern Jazz Group- サザン・ジャズ・グループ - "JAZZ FROM DOWN UNDER 1946 - 1950 VOLUME 1 - 4"
Australia / LP / Mono / Dawn Club DC12021-4 / Rec 1946 to 1950 / Pub 1970s
ジャケット4枚ともに極浅い擦れ少々、レーベルはVol1と4にひげ極わずか、盤Vol.3のB面にプツ音でるスクラッチ、ほかは美品、すれほぼ無し
Jacket 3.5~4 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4  5800 yen
■オーストラリアのジャズ・バンド、サザン・ジャズ・グループの編集盤4枚セット。
こんなレコード初めて見ました。40年代から50年代にかけて活動した、オーストラリアのジャズ・バンド、サザン・ジャズ・グループの編集盤。スタイルはトラディショナル、しかしアメリカのバンドとはやはり似て非なるもので、トラッドとホット・ジャズが混ざり、それから少し後のターク・マーフィーなどの新世代のトラッド・ジャズを先取りしたうえに同じころのR&Bも聞いてたんじゃ?と思わせる内容。アップの曲などほとんどR&Rの前進力、スローの生々しいプレイにもたじたじ。それでいて親しみやすさもある、これはかなりスゴイグループ。メンフィス、ウィルコ、といった豪のレーベルのSP盤をまとめた編集盤第一~四集で、これで恐らくすべて。オーストラリア・オンリー。※曲目省略します

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Harry Reser - BANJO CRACKERJAX 1922-1930

  • バンジョーCDetc
 Harry Reser- ハリー・レサー - "BANJO CRACKERJAX 1922-1930"
USA / CDetc / Mono / Yazoo 1048 / Rec 1922 to 1930 / Pub 1992
新品未開封
Jacket 5 / Disc 5 / Sound 2480 yen
■戦前のバンジョー奏者、ハリー・レサーのヤズー編集盤CD。
新品未開封です(試聴はアナログ入荷時のもの)。ヴェスLオスマンやフレッド・ヴァン・エプスよりも一世代若いバンジョー奏者ハリー・レサー。自身のバンド、クリーコ・クラブ・エスキモーズ等でラジオでも大活躍、セッション楽団としても無数の変名で作品を残している人。さてレサーは、楽団では控えめな演奏がおおいですが、これは彼の超絶なバンジョー・ソロを集めたヤズー編集盤。【曲】「Lollypops」「Frosted Chocolate」「Heebe Jeebes(試聴)」「Send Back My Honeyman」「The Cat And The Dog」「Crazy Jol」「Flaperette(試聴)」「Crackerjack(試聴)」「Kitten On The Keys」「Easy Goin'」「Sugar Blues」「The Old Town Pump」「Pickin's」「Fair And Warmer」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Billie And Dede Pierce - NEW ORLEANS MUSIC

  • ジャズLP
 Billie And Dede Pierce- ビリー・アンド・ディーディー・ピアス - "NEW ORLEANS MUSIC"
USA / LP / Mono / Arhoolie 2016 / Rec 1959 / Pub 1971
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤ほぼ新品同様
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■クラシック・ブルース+コルネットという伝統的なスタイルを続けたニューオリンズのジャズ夫婦。
ベッシー・スミスの伴奏も経験したフロリダ出身の女性ピアニスト&シンガーのビリーが、コルネット奏者ディー・ディー・ピアスとコンビを組んでから、なんと30年以上たった59年に録音されたのがこのお宝音源。60年代になっても店内はいまだ戦前のままだったという飲み屋ルージェンズで長年コンビとして演奏してきた彼等の人生が刻まれている一枚。9割方ビリーが歌とピアノ、ディー・ディーもたまに歌います。このディーディーの歌も最高。【曲】「Eh La Bas」「Gulf Coast Blues(試聴)」「Some Of These Days(試聴)」「You Can Depend On Me」「The Peanut Vendor(試聴)」「Jelly Roll」「Mama Don't Allow」「Nobody Knows You When You're Down And Out」「Going Back To Florida」「Panama」「St. James Infirmary」「John Henry」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

State Street Swingers, Chicago Black Swans - COMPLETE RECORDINGS IN CHLONOLOGICAL ORDER

  • ジャズ/ブルースLP
 State Street Swingers, Chicago Black Swans- ステイト・ストリート・スウィンガーズ、シカゴ・ブラック・スワンズ - "COMPLETE RECORDINGS IN CHLONOLOGICAL ORDER"
Austria / LP / Mono / Blues Documents BD2047 / Rec 1936, 1937 / Pub 1989
ジャケット擦れ無し、レーベルひげ無し、盤ほぼ新品同様
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2680 yen
■ストリート感満点のジャズ・ブルース・バンド、ステイト・ストリート・スウィンガーズ。
ミシシッピやニューオーリンズ、シカゴの黒人ミュージシャンで結成され、それぞれの地のジャズやブルースが渾然一体となった雑食性の高い音楽をやっていたハーレム・ハムファッツ。これはその変名のウォッシュボード・バンド、ステイト・ストリート・.スウィンガーズの全音源集。ウォッシュボード・サム(歌も)、ハーブ・モランド(TP)、アーネット・ネルソン(CL)などなど。そして、このグループにビッグ・ビル・ブルーンジー(G)が入ったシカゴ・ブラック・スワンズを2曲収録。【曲】「I Keep Rubbing That Thing」「Chicago Rhythm」「Oh, Red!(試聴)」「Whippin' That Jelly」「You Waited Too Long」「When You Were A Girl Of Seven(試聴)」「Swing Cat Swing」「Oh Red! No. 2」「Rattlesnakin' Daddy」「You Can't Do That To Me」「Don't Tear My Clothes No. 2」「You Drink Too Much」「You Drink Too Much(試聴)」「Don't Tear My Clothes No. 2」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2017年4月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
2017年5月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.