(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: hd)

Andy Kirk And His Twelve Clouds Of Joy - CLOUDS OF JOY

  • ジャズ45rpm EP
 Andy Kirk And His Twelve Clouds Of Joy- アンディ・カーク&ヒズ・12クラウズ・オブ・ジョイ - "CLOUDS OF JOY"
U.K. / 45rpm EP / Mono / Columbia SEG7607 / Rec 1936 / Pub 1955
コーティングの折り返しジャケット擦れ少々、レーベルきれい、盤表層スクラッチ少し、プツ音少々
Jacket 3~3.5 / Disc 3~3.5 / Sound 3~3.5  1980 yen
■メアリー・ルー・ウィリアムスをフィーチュアしたアンディ・カーク楽団の4曲入りEP。
カンザス・シティの黒人テリトリー・バンド、アンディ・カーク&12クラウズ・オブ・ジョイ。しかしもう全国区の人気を誇った名バンドで、20年代後半~40年代の間存続。そして最盛期のこのグループの音を作っていたのは、モンクを教えたバップの母メアリー・ルー・ウィリアムズで、ピアノも彼女。チャーリー・パーカーも一時在籍。これはメアリー・ルーをフィーチュアした音源を集めた英コロンビアの4曲入りEP第一集。全曲36年。【曲】「Bearcat Shuffle(試聴)」「All The Jive Is Gone(試聴)」「Moten Swing」「Lotta Sax Appeal」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Andy Kirk And His Twelve Clouds Of Joy - CLOUDS OF JOY NO.2

  • ジャズ45rpm EP
 Andy Kirk And His Twelve Clouds Of Joy- アンディ・カーク&ヒズ・12クラウズ・オブ・ジョイ - "CLOUDS OF JOY NO.2"
U.K. / 45rpm EP / Mono / Columbia SEG7646 / Rec 1936 / Pub 1955
コーティングの折り返しジャケット擦れしみ少々、コート材のはがれあり、レーベルきれい、センター無し、盤浅い擦れ極わずか
Jacket 3 / Disc 4 / Sound 2480 yen
■メアリー・ルー・ウィリアムスをフィーチュアしたアンディ・カーク楽団の4曲入りEP。
上に続く、メアリー・ルーをフィーチュアした音源を集めた英コロンビアの4曲入りEP第二集。こちらも全曲36年。彼女の機知に富んだ歯切れいいアレンジもグレイト。【曲】「Walkin' And Swingin'(試聴)」「Git(試聴)」「I'se A Muggin'」「Until The Real Thing Comes Along」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Sidney Bechet - HAITIAN MOODS

  • ジャズLP
 Sidney Bechet- シドニー・ベシェ - "HAITIAN MOODS"
USA / LP / Stereo / Stinson SLPS46 / Rec 1938 / Pub late60s?
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3480 yen
■早すぎたカリブ・ジャズ。シドニー・ベシェ38年のセッションを収録したスティンソン盤。
ニューオーリンズ・ジャズの草創期から活躍した偉大なクラリネット、ソプラノ・サックス奏者シドニー・ベシェ。自身のリーダー作、数多くのセッションのみならず、NYではブルーノートの初のヒット「Summertime」を生み、多重録音を初めて敢行etc...あまりに伝説の多い人。本作は、39年のカリブ・ジャズ・セッションを収録した一枚で、ルンバとメレンゲのナンバーのみで固められた作品。メンバーは、ウィリー・ザ・ライオン・スミス(P)、ケネス・ローン(TP)、オリン・アルダーホルド(B)、ズティ・シングルトン(D)。シングルトンの強力無比なドラミングも度肝抜かれますが、ドラム・スティックで叩いて音を出しているというベースやら、まるでモード抜きのハービー・ハンコックのような覚醒的にリズミックなピアノもすごい。シングルトンは後にスリム・ゲイラードのバンドでこの手のルンバなどプレイすることになります。クリア赤盤。【曲】「Tropical Mood Rhumba」「Original #1」「Sous Les Palmiers(試聴)」「Ti Palph(試聴)」「Baba Rhumba」「Magic Island Meringue」「Meyette Meringue(試聴)」「Rosa Rhumba」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Connie McLeans Rhythm Boys, Bessie Smith, Harlem Ham Fats, etc. - AC-DC BLUES : GAY JAZZ REISSUES VOLUME ONE

  • ジャズ/ブルースLP
 Connie McLean's Rhythm Boys, Bessie Smith, Harlem Ham Fats, etc.- コニー・マクリーンズ・リズム・ボーイズ、ベッシー・スミス、ハーレム・ハムファッツ、etc. - "AC-DC BLUES : GAY JAZZ REISSUES VOLUME ONE"
USA / LP / Mono / Stash ST106 / Rec 1920s, 30s / Pub 1977
ジャケット擦れわずか、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■同性愛やバイセクシャルをテーマにした戦前ジャズ、ブルース集。
プレスティッジやリバーサイドでプロデューサーとして活躍したジャズ&ブルース研究家クリス・アルバートソンが監修した一枚。ライナーでクリスは、"評論家たちは、ジャズやブルースではドラッグや酒よりも悪いこととして、同性愛やバイセクシャルのことをひた隠しにしてきた"として、そのテーマの面白いブルース、ジャズを収録。一曲目は、ベッシー・スミスの姪の女性シンガー、ルビー・スミスへのインタビューで、ベッシーと彼女が違法のジューク・ジョイントで過ごした一夜のことを赤裸々に語っています。初期スタッシュ・レコードならではの一枚。【曲】「Ruby Smith & Chris Albertson / Buffet Flat Story」「Connie McLean's Rhythm Boys / Sissy Man Blues」「Bessie Smith / Foolish Man Blues」「Harlem Ham Fats / Garbage Man」「Tampa Red's Hokum Jug Band / It's Tight Like That」「Ma Rainey / Prove It On Me Blues」「Kokomo Arnold / Sissy Man Blues」「George Hannah / Boy In The Boat」「Freakish Man Blues」「Bessie Jackson / B.D. Woman's Blues(試聴)」「Speckled Red / Dirty Dozens」「Al Miller And His Swing Stompers / Ain't That A Mess」「Peg Leg Howell / Fairey Blues(試聴)」「Bert (Snake Root) Hatton / Freakish Rider Blues」「George Noble / Sissy Man Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Washboard Rhythm Kings - NO.2

  • ジャズ45rpm EP
 Washboard Rhythm Kings- ウォッシュボード・リズム・キングス - "NO.2"
U.K. / 45rpm EP / Mono / His Masters Voice 7EG8126 / Rec 1932 / Pub 1955
コーティングの折り返しジャケット擦れ少々、コート材のはがれ、裏面鉛筆書き込み、レーベルきれい、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3 / Disc 4 / Sound 4  1980 yen
■ウォッシュボード・リズム・キングスの英盤EP。
洗濯板をドラム替わりにした、ジャズ版ロックンロールというようなウォッシュボード・バンド。これは、曲でメンバーは変わりますが、シドニー・デ・パリス(TP)、テディ・バン(G)、レオ・ワトソン(Vo)らによるこのジャンルの草分け、ウォッシュボード・リズム・キングスの4曲入りEP。全て32年。【曲】「I'm Gonna Play Down The Ohio」「Underneath The Harlem Moon(試聴)」「Ash Man Crawl」「Pepper Steak(試聴)」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Sissle And Blake - EARLY RARE RECORDINGS VOL.1

  • ジャズ/ラグタイムLP
 Sissle And Blake- シスル&ブレイク - "EARLY RARE RECORDINGS VOL.1"
USA / LP / Mono / Stash ST129 / Rec 1920 to 1927 / Pub 1980s
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■黒人初のブロードウェイ「シャッフル・アロング」で知られる作曲家コンビの自演集。
ストライド・ピアノの名手でもある作曲家ユービー・ブレイク、そしてシンガーのノーブル・シスルの二人。黒人たちのキャストによるものとして初めてブロードウェイで上演され、大ヒットを記録した『シャッフル・アロング』を作ったコンビ。これはコンビの初録音(1920年)から27年までの音源を集めた編集盤。ライナーと選曲はデイヴ・ジェイセン。【曲】「Baltimore Buzz」「Love Will Find A Way」「Oriental Blues」「I'm Craving For That Kind Of Love」「Bandana Days」「Pickaninny Shoes(試聴)」「Broadway Blues」「I've Got The Blues」「I've Got The Red White & Blues」「I'm A Doggone Struttin' Fool」「Boo Hoo Hoo」「Down Hearted Blues(試聴)」「Waitin' For The Evenin' Mail」「Sweet Henry」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Wingy Manone - VOLUME 1

  • ジャズ10LP
 Wingy Manone- ウィンギー・マノン - "VOLUME 1"
USA / 10LP / Mono / X LVA3014 / Rec 1936 / Pub 1954
コーティング・ジャケット擦れ少々、レーベルきれい、盤浅い擦れ、小プツ音でる極小スクラッチ少し
Jacket 3.5 / Disc 3.5 / Sound 3.5  3480 yen
■Xレーベルからの10インチ音源集。
ニューオーリンズ生まれでニューオーリンズ・ジャズとともに育ち、シカゴ、NY、カリフォルニアと活動の場を移しながら活躍したウィンギー・マノン。子供の頃事故で右腕を失いながらもTPを離さず、マイクを持っては低くざらついたヴォーカルでシャウトを繰り返した、R&R以前に最もロックしていた白人ジャズ・マン。これは彼の36年の音源を8曲収録した10インチLP。マッティ・マトロック、ジョー・マーサラ(クラ、サックス)、カーメン・マストレン(G)、レイ・ボーダック(D)らの演奏。【曲】「Panama」「Swingin' At The Hickory House」「Tormented(試聴)」「Hesitation Blues」「Basin Street Blues」「Dallas Blues」「Rhythm Saved The World」「Sing Me A Swing Song (試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jones And Collins Astoria Hot Eight, Little Brother Montgomery, etc. - NEW ORLEANS VOLUME 3

  • ジャズ/ブルースLP
 Jones And Collins Astoria Hot Eight, Little Brother Montgomery, etc.- ジョーンズ&子リンス・アストリア・ホット・エイト、リトル・ブラザー・モンゴメリー、etc. - "NEW ORLEANS VOLUME 3"
France / LP / Mono / RCA FXMI7127 / Rec 1927 to 1940 / Pub early1970s
コーティング・ジャケット擦れわずか、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■戦前ニューオーリンズのジャズ、ブルースを集めた編集盤。
フランスRCA版"Vintage Series"と言える"Black & White"シリーズから、ニューオーリンズのジャズ、ブルースを集めた一枚。ジョー・ロビショーなどこの町のホット・ジャズの最もコアな面々が集まったジョーンズ&コリンズの4曲、この地の顔役の一人ジョニー・ウィッグス(ギタリスト、スヌーザー・クインも彼の録音でした)率いるバイユー・ストンパーズ2曲、スキップ・ジェイムスも深く影響を受けたリトル・ブラザー・モンゴメリーの絶好調の3曲、ラストはジミー・ヌーン(CL)のトリオで、これだけシカゴ録音の5曲。全曲で歌っているエド・トンプソンというシンガーもすごくいい。【曲】「Jones & Collins Astoria Hot Eight / Astoria Strut」「Duet Stomp」「Damp Weather」「Tip Easy Blues」「John Hyman's Bayou Stompers / Ain't Love Grand」「Alligator Blues」「Little Brother Montgomery / Farish Street Jive(試聴)」「Crescent City Blues」「Shreveport Blues」「Jimmie Noone Trio / Moody Melody」「Then You're Drunk」「I'm Going Home(試聴)」「I'm Going Home(Unissued Take)」「They Got My Number Now」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

King Oliver - IN NEW YORK VOLUME ONE

  • ジャズ45rpm EP
 King Oliver- キング・オリバー - "IN NEW YORK VOLUME ONE"
Australia / 45rpm EP / Mono / Swaggie JCS33717 / Rec 1928, 1929 / Pub late50s?
コーティングの折り返しジャケット色あせ、裏面スタンプ、レーベルきれい、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■キング・オリバーの音源集。6曲入りEP。
ルイ・アームストロングの師匠だったことも有名なジャズ・トランペット(コルネット)の真のパイオニア、キング・オリバー。オーストラリアのスワギー・レコードが出した6曲入りEP。28~29年の音源で、オリバーのリーダー録音は一曲だけ、残りはクラレンス・ウィリアムスのバンドと、エディ・ラング&ロニー・ジョンソンのグループに参加した音源。【曲】「Blind Willie Dunn's Gin Bottle 4 / Blue Blood Blues(試聴)」「King Oliver And His Orchestra / Struggle Buggy(試聴)」「Blind Willie Dunn's Gin Bottle 4 / Jet Black Blues」「Clarence Williams Novelty 4 / In The Bottle Blues(試聴)」「Clarence Williams Orchestra / Mountain City Blues」「Clarence Williams Novelty 4 / What Ya Want Me To Do?」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

King Oliver - 1929-1930

  • ジャズ45rpm EP
 King Oliver- キング・オリバー - "1929-1930"
USA / 45rpm EP / Mono / Jass 603 / Rec 1929 to 1930 / Pub late50s?
ジャケット色あせ、しみ少々、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■キング・オリバーの音源集。6曲入りEP。
ルイ・アームストロングの師匠だったことも有名なジャズ・トランペット(コルネット)の真のパイオニア、キング・オリバー。29年~30年の音源集で、バッバー・マイリー(TP)、ジェームスPジョンソン(P)、ファッツ・ウォーラー(P)、テディ・バン(G)、ロイ・スメック(HawaiianG)ほかが参加した6曲、33回転。米のジャスというレーベルで、恐らく50年代後半。【曲】「You Don't Understand(試聴)」「You've Got To Be Modernistic」「Everyboday Does It In Hawaii(試聴)」「When You're Smiling」「What's The Use Of Living Without Love?」「Yoe Were Only Passing Time With Me」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Coleman Hawkins, Charlie Ventura, Chu Berry, etc. - GREAT TENOR SAX ARTISTS

  • ジャズ45rpm
 Coleman Hawkins, Charlie Ventura, Chu Berry, etc.- コールマン・ホーキンス、チャーリー・ヴェンチュラ、チュー・ベリー、etc. - "GREAT TENOR SAX ARTISTS"
USA / 45rpm / Mono / RCA Victor WPT36 / Rec 1930s, 1940s / Pub 1951
ボックス端々擦れ、貼り物、内側に貼り物と書き込み、レーベル3枚とも以前の所有者のシール、一枚のみ書き込み、盤三枚とも極浅い擦れのみできれい、A1の冒頭に一瞬だけサッと入るノイズ、解説インサート色あせ、折れ目
Jacket 2.5~3 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■ビクターのテナー・サックス・ジャズ名演集。7インチ3枚のボックス・セット。
50年代初頭に過去のジャズ名演を、7インチのボックス・セットか10インチLPで出していたシリーズから、テナー・サックスの名演を集めたセット。ジャンゴ&グラッペリが参加したコールマン・ホーキンス、チャーリー・ヴェンチュラ、チュー・ベリーをフィーチュアしたライオネル・ハンプトン楽団、ベン・ウエブスターらのエリントン楽団、シカゴのバド・フリーマン、ホンカーからはイリノイ・ジャケーの全6曲。【曲】「Coleman Hawkins And His All Star "Jam" Band / Crazy Rhythm」「Charlie Ventura And His Orchestra / High On An Open Mike(試聴)」「Lionel Hampton And His Orchestra / Sweethearts On Parade」「Duke Ellington And His Famous Orchestra / Cotton Tail」「Bud Freeman And His Summa Cum Laude Orchestra / The Eel」「Illinois Jacquet And His Orchestra / Black Velvet(試聴)」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Django Renhardt And Stephane Grappelly - WITH THE QUINTET OF THE HOT CLUB OF FRANCE

  • ジャズLP
 Django Renhardt And Stephane Grappelly- ジャンゴ・ラインハルト&ステファン・グラッペリ - "WITH THE QUINTET OF THE HOT CLUB OF FRANCE"
Japan / LP / Mono / Ace Of Clubs L30P-1134-35 / Rec 1930s / Pub 1983
見開きジャケット擦れ極わずか、内側しみ極わずか、ディスク1のレーベルひげわずか、ディスク2ひげ無し、盤二枚とも擦れほぼ無し、帯極小やぶれ、インサートきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■ジャンゴ・ラインハルトの日本盤2LP。
とあるホテルの専属バンドとして演奏していたジャンゴ・ラインハルト、そこで出会ったステファン・グラッペリと意気投合、後にも先にも無いジャズ・ストリング・バンドを結成。これは彼らの絶頂期の音源を集めた編集盤。英エイス・オブ・クラブズで二枚のアルバムとして出ていたものを2LPにした日本盤。解説はライナーの訳。試聴は「HCQ Strut」と「Changing Shadows」。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2018年12月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2019年1月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.