(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: guitar)

Allen Brothers - THE CHATTANOOGA BOYS

  • ヒルビリー/ブルースLP
 Allen Brothers- アレン・ブラザーズ - "THE CHATTANOOGA BOYS"
USA / LP / Mono / Old Timey LP115 / Rec late1920s to early1930s / Pub 1973
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■ヒルビリー・ブルース・デュオ、アレン・ブラザーズの編集盤。
テネシー州チャタヌーガ近くの田舎町セワニー出身の兄弟オースティン(バンジョー)とリー(ギター&カズー)のアレン・ブラザーズ。子供の頃からブルースなど黒人音楽を聞き育ち演奏するようになった彼ら、持ち前のブルース・フィーリング(バンジョーもヒルビリー系の人たちとは違いブルース・マンドリン風)と演奏のパンチで、20年代後半から大恐慌時代も人気となりました。これはアーフーリーからの編集盤で、クリス・ストラフィッツ自らの選曲の14曲。【曲】「Ain't That Skippin' And Flyin'」「Roll Down The Line」「When You'll Leave, You'll Leave Me Sad」「Jake Walk Blues」「Price Of Cotton」「Free A Little Bird」「Rough Neck Blues」「Chattanooga Mama(試聴)」「I'll Be Here A Long, Long Time(試聴)」「Fruit Jar Blues」「Tipple Blues」「Prisoner's Dream」「New Deal Blues(試聴)」「I'll Be All Smiles Tonight」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Mercedes Sosa - A QUE FLOREZCA MI PUEBLO

  • アルゼンチンの音楽LP
 Mercedes Sosa- メルセデス・ソーサ - "A QUE FLOREZCA MI PUEBLO"
Japan / LP / Stereo / Philips FDX367 / Rec 1975 / Pub 1975
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し、帯きれい、歌詞カード色あせ少々
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2680 yen
■名盤。アルゼンチンの女性シンガー、メルセデス・ソーサ。
歌による社会変革の運動ヌエバ・カンシオンの第一人者でもあったアルゼンチンのフォルクローレ・シンガー、メルセデス・ソーサ。これは75年のアルバム。ひっそりとしたたたずまいでいて、何にも媚びない気高い精神の歌はいつ聞いても本当に感動的。自分の音楽のあるべき姿を保持した数少ないシンガーだと思います。ガット・ギターと少しのリズム、彼女の名わき役のドラムも活躍。日本盤、帯・歌詞付き。【曲】「A Que Floresca Mi Pueblo」「Cuanto Trabajo」「Ay Este Azul」「Zamba De Lozano」「Regreso A La Tonada」「Chacarera De Un Triste」「Cuando Estoy Triste」「Algarrobo Algarrobal」「Marron」「Juanito Se Salva De La Inundacion」「Subo / Bello Jilguero」「Se Equivoco La Paloma」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Pleaz Mobley, Mrs. Mildred Tuttle, Mrs. Lillian Short, etc. - ANGLO-AMERICAN SONGS AND BALLADS (AFS L12)

  • フォーク/ヒルビリーLP
 Pleaz Mobley, Mrs. Mildred Tuttle, Mrs. Lillian Short, etc.- プリーズ・モブレイ、ミセス・ミルドレッド・タトル、ミセス・リリアン・ショート、etc. - "ANGLO-AMERICAN SONGS AND BALLADS (AFS L12)"
USA / LP / Mono / Library Of Congress AFSL12 / Rec 1940-46 / Pub late60s
ジャケット擦れほんのわずか、右上取り出し口小縁裂け、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか、ブックレットきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■イギリス系移民の子孫たちのフォーク・ソングを現地録音したシリーズの一枚。
いわゆる"アメリカン・フォーク・ソング"と言われる歌を、原型をとどめたままの姿で歌っていた、山間部の地元民ミュージシャンを中心(全員?)に現地録音した国会図書館製作の一枚。オリジナルは47年で多分SP盤のセット、これは恐らく60年代後半のエディション。一言で言ってしまえば、ヒルビリー、トラディショナル・フォークの知られざるシンガーたちが大集合。下の盤にも収録されたギター弾き語りのプリーズ・モブレイという人の素朴でいて力強い三曲、レコードで聞ける最初期の女性ヒルビリーそのままのミルドレッド・タトル(素晴らしい!)、やはり弾き語りのメイKマコードなどなど。録音は40年代前半中心。解説、歌詞のブックレット。【曲】「Lord Bateman / Pleaz Mobley」「Expert Town (The Oxford Girl) / Mrs. Mildred Tuttle」「Naomi Wise / Mrs. Lillian Short」「Edward / Charles Ingenthron」「My Parents Raised Me Tenderly / Pleaz Mobley」「Froggie Went A-Courting / Pleaz Mobley」「The Singing Alphabet / May K. McCord」「Rolly Trudum / May K. McCord」「The Tree In The Wood / Doney Hammontree」「Sourwood Mountain / I.G. Greer」「The Derby Ram / Charles Ingenthron」「The Widow's Old Broom / Charles Ingenthron」「Our Goodman / Orrin Rice」「Sweet William (Earl Brand) / I.G. Greer」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Billy Nicholson, Mrs. Maud Long, L. D. Smith, etc. - ANGLO-AMERICAN SONGS AND BALLADS (AFS L14)

  • フォーク/ヒルビリーLP
Billy Nicholson, Mrs. Maud Long, L. D. Smith, etc.- ビリー・ニコルソン、ミセス・モード・ロング、LDスミス、etc. - "ANGLO-AMERICAN SONGS AND BALLADS (AFS L14)"
USA / LP / Mono / Library Of Congress AFSL14 / Rec 1941-46 / Pub late60s
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげほぼ無し、盤極浅い擦れわずか、ブックレットきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■イギリス系移民の子孫たちのフォーク・ソングを現地録音したシリーズの一枚。
いわゆる"アメリカン・フォーク・ソング"と言われる歌を、原型をとどめたままの姿で歌っていた、山間部の地元民ミュージシャンを中心(全員?)に現地録音した国会図書館製作の一枚。オリジナルは47年で多分SP盤のセット、これは恐らく60年代後半のエディション。一言で言ってしまえば、ヒルビリー、トラディショナル・フォークの知られざるシンガーたちが大集合。無伴奏ものおおめ、しかし伴奏入りのがほんとにいい。スライド・ギターを入れた編成でしみじみ歌うビリー・ニコルソンという人、マウンテン・ダルシマーの弾き語りのI.G.グリア―という人など13曲。デビューはるか前のジーン・リッチーも収録されています。解説、歌詞のブックレット。【曲】「Barbara Allen / Bill Nicholson(試聴)」「The Cherry Tree Carol / Mrs. Maud Long」「Frank James, The Roving Gambler (The Boston Burglar) / L. D. Smith」「Caroline Of Edinboro' Town / Charles Ingenthron」「Young Charlotte / I. G. Greer」「Jack Of Diamonds / Bill Nicholson」「Old Smoky / I. G. Greer」「Devilish Mary / Paul Rogers(試聴)」「Darling Cory / Pleaz Mobley」「Fiddle-I-Fee / Mrs. Maud Long」「Billy Grimes / I. G. Greer」「Father Grumble / Jean Ritchie」「Common Bill / I. G. Greer」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jazz Gillum, Memphis Minnie, Walter Davis, etc. - BLUES FROM WINDY CITY : CHICAGO IN TRANSITION

  • ブルースLP
 Jazz Gillum, Memphis Minnie, Walter Davis, etc.- ジャズ・ジラム、ジョン・セラーズ、ウォルター・デイヴィス、etc. - "BLUES FROM WINDY CITY : CHICAGO IN TRANSITION"
U.K. / LP / Mono / Flyright FLYLP4713 / Rec 1946-1952 / Pub 1976
コーティング・ジャケット擦れ少々、裏面しみ少々、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■シカゴ・ブルースの移り変わりをとらえた編集盤。
多くの才能が集まり圧縮されそしてニューヨークを始め他の街へと拡散していった、起爆剤のような役割を果たしたシカゴ。これはおもに、初期のシカゴのブルースが戦争を挟んでどう変わったのかを、戦前からやっていた人たちの音源も豊富にいれ特集した一枚。弾き語りやデュオものからバンド形式になったり、タンパ・レッドやヘンリー・タウンゼントがエレキを持ち始めたり、後のロックンロールの屋台骨ウィリー・ディクソンが現れたりと、それからのシカゴの展望も実感させる内容。「タイト・ライク・ザット」をエレキ・ブギに改変したタンパ・レッドが特に象徴的で感慨深いです。【曲】「Jazz Gillum / Country Woman Blues」「John Sellers / Let Me Be Your Sidetrack」「Sonny Boy Williamson / Bring Another Half Pint」「Willie (Long Time) Smith / Due Respects To You」「(Little) Eddie Boyd / I Had To Let Her Go」「Jazz Gillum / Take One More Chance With Me」「Tampa Red / Maybe Some Day」「Pete Franklin / Casey Brown Blues」「Tampa Red / It's Good Like That(試聴)」「Memphis Minnie / Tears On My Pillow」「Jazz Gillum / Look What You Are Today」「Walter Davis / What May Your Troubles Be(試聴)」「Pete Franklin / Down Behind The Rise」「Willie (Long Time) Smith / Flying Cloud Boogie」「Washboard Sam / You Can't Make The Grade」「Walter Davis / Tears Came Rollin' Down」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Rudi Vannelli - MAESTRO OF THE GUITAR

  • ジャズLP
 Rudi Vannelli- ルディ・ヴァネリ - "MAESTRO OF THE GUITAR"
USA / LP / Mono / Verve MGV2038 / Rec 1956 / Pub late50s
ジャケット擦れ少々、上部と下部中央縁裂け、極小はがれ、レーベルひげあり、盤浅い擦れ少々
Jacket 2.5~3 / Disc 3.5 / Sound 3.5~4  3680 yen
■ボストンで活躍したクラシックもジャズも弾けるガット・ギタリスト。
チャーリー・バードとジョニー・スミス、そしてセゴヴィアを足したようなギタリスト。ボビー・ハケットが時折彼をバックに起用したらしいですが、ハーブ・エリスが彼のプレイを見たのがこのレコードへの直接のきっかけ。ボストンでしか演奏していなかったり、あまり共演もないようでこのレコードがほぼ唯一の代表作。Aには「Yesterdays」「Poinciana」等のスタンダードを、裏ではタレガ、アルベニス他、非常に素晴しいモートン・グールドの「Pavanne」に、ドビッシーの「Clair De Lune」を収録。ジョニー・スミスがガット・ギターを弾いたらこうなったというようなサウンド。【曲】「When Your Lover Has Gone」「They Say It's Wonderful(試聴)」「Old Folks At Home」「Medley: You Go To My Head, Long Ago And Far Away, Poinciana」「Yesterdays」「Prelude No. 2」「Leyenda」「Bach Prelude」「Concerto Etude For Guitar」「Pavanne」「Clair De Lune(試聴)」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Lester Young And Charlie Christian - 1939-1940

  • ジャズLP
 Lester Young And Charlie Christian- レスター・ヤング&チャーリー・クリスチャン - "1939-1940"
USA / LP / Mono / Jazz Archives JA42 / Rec 1939, 40 / Pub 1978
見開きコーティング・ジャケット擦れほぼ無し、内側きれい、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れほんのわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■レスター・ヤングとチャーリー・クリスチャンの、レコードになっていない名演を収録した一枚。
黒人ジャズ界に一際涼しく洗練された音色を響かせその後のモダン・ジャズにあまりにも大きな影響を与えたレスター・ヤング、そして20年代に始まったジャズ・ギターの世界では初めての大事件を起こしたと言えるチャーリー・クリスチャン。この二大巨頭の、レコードになっていない、埋もれた名演を収録した一枚。ヤング、クリスチャンそれぞれの参加曲に、二人の共演も含めた全15曲。【曲】「Swingin' The Blues」「Time Out」「Roseland Shuffle」「Don't Worry 'Bout Me」「Clap Hands, Here Comes Charlie」「Louisiana」「Green Bay」「Memories Of You」「AC DC Current」「Till Tom Special」「Ad-Lib Blues(試聴)」「I Never Knew」「Charlie's Dream」「Wholly Cats」「Lester's Dream(試聴)」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Leon Tarver And The Cordones, Arbee Stidham And Group, etc. - DOO WOPPIN THE BLUES

  • ドゥワップ/リズム&ブルースLP
Leon Tarver And The Cordones, Arbee Stidham And Group, etc.- レオン・ターバー&ザ・コードンズ、アービー・スティッダム&グループ、etc. - "DOO WOPPIN' THE BLUES"
USA / LP / Mono / Rarin 777 / Rec 1950s / Pub mid1970s
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■シカゴ50年前後の埋もれたドゥワップ・グループを収録した一枚。
ニューオーリンズやミシシッピの源流がまさしく滝つぼのごとく降り注いだシカゴ。ニューヨーク生まれのドゥワップもシカゴでは洒脱感を捨て去り肌に沁み込むような黒くリアルなものに独自変化。これはそんなシカゴの空気を封じ込めたドゥワップ・グループのブルージーなナンバーをまとめた一枚。ブルースマン、アービー・スティッダムがやっていたというグループ以外、まるで知らないグループばかり。70年代に数枚のいい編集盤を出したレアリンというレーベルから。【曲】「Leon Tarver & The Cordones / Rooster」「Baby Don't Go」「Come Back To Me」「Whoee」「Soup Line」「It's My Fault」「Dozier Boys / Hey Jack」「Larks / She's A Good One(試聴)」「Clouds / Baby Wants To Rock」「Arbee Stidham / Blues Why Do You Pick On Me」「Baby Stop The Clock」「Moonlights / Love Me True(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bessie Johnson - 1928-1929

  • ゴスペル/ブルースLP
 Bessie Johnson- ベッシー・ジョンソン - "1928-1929"
USA / LP / Mono / Herwin 202 / Rec late1920s / Pub 1972
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  4500 yen
■女性ゴスペル・ブルース・シンガー、ベッシー・ジョンソンの編集盤。
必聴。こんなすごい歌を歌った女性シンガーがいたんだと驚く一枚。24年に自主レーベルとしてスタート、30年まで、ヒルビリー、カントリー・ブルース、ゴスペル等をリリースしたハーウィン・レコード。それから30年以上たった後に、コレクター&研究家バーナード・クラツコが、ヤズーやオリジンの面々とともに再始動、高品質なこだわりの編集盤をリリースした、この手の中でも最もコアなレーベルの一つ。これは、ベッシー・ジョンソンという、まるで詳細不明、メンフィスらしい?ということしかわかっていない女性ブルース/ゴスペル・シンガーの特集盤。40年代あたりから研究家やコレクターが彼女の歌に夢中になり話題となっていったそうで、彼女がリーダーを務めたもの、参加したものを集め出したアルバム。ビッグ・メイベルを簡単に蹴散らすようなこの声はコレクターならずともインパクト絶大。カントリー・ブルース史上最もキテレツなギターを弾いたルイ・ラスキーが参加した曲、メンフィス・ジャグ・バンドのウィル・シェイドが入ったバンドものなどなど全16曲。【曲】「McIntorsh & Edwards / What Kind Of Man Jesus Is」「Chicago Sanctified Singers / Tell Me What Kind Of Man Jesus Is」「Ernest Phipps And His Holiness Quartet / Happy In Prison」「McIntorsh & Edwards / Since I Laid My Burden Down」「Take A Stand」「Bessie Johnson's Sanctified Singers / The Whole World In His Hand」「One Day」「Key To The Kingdom」「Memphis Sanctified Singers / The Great Reaping Day(試聴)」「He Got Better Things For You」「Bessie Johnson's Sanctified Singers / No Room At The Hotel(試聴)」「McIntorsh & Edwards / The 1927 Flood」「The Latter Rain Is Fall」「Chicago Sanctified Singers / I Ain’t No Stranger Now」「Ernest Phipps And His Holiness Quartet / I Want To Go Where Jesus Is」「Don’t Grieve After Me」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Maddox Brothers And Rose - 1946-1951 VOLUME 1

  • カントリー/ロカビリーLP
 Maddox Brothers And Rose- マドックス・ブラザーズ&ローズ - "1946-1951 VOLUME 1"
USA / LP / Mono / Arhoolie 5016 / Rec 1946 to 1951 / Pub 1976
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■マドックス・ブラザーズ&ローズの編集盤。
30年代から50年代にかけて活躍した、ロカビリー、ロックンロールの元祖といわれるグループ、マドックス・ブラザーズ&ローズ。メンバー全員がほんとの兄弟のグループで、アラバマ出身。元祖R&Rと言われるのはもちろん音のせいなのですが、それだけでなく、ワンダ・ジャクソンらにも大きな影響を与えたというこのローズ、音楽のみならずヌーディ・スーツ(エルヴィスの衣装でおなじみヌーディ・コーン手製のスーツ)を最も早くから着ていたという...これは46年から51年のナンバーを、未発表を混ぜ集めたアーフーリーからの編集盤。【曲】「Midnight Train」「Move It On Over」「Careless Driver」「Whoa Sailor」「Milk Cow Blues(試聴)」「Mean And Wicked Boogie」「Brown Eyes」「Honky Tonkin'」「New Mule Skinner Blues」「Time Nor Tide」「Philadelphia Lawyer」「George's Playhouse Boogie(試聴)」「Blue Eyes Crying In The Rain」「Sally Let Your Bangs Hang Down」「I've Stopped My Dreamin' About You」「Gonna Lay My Burden Down」「Water Baby Boogie試聴)」(

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Al Ferrier - THE BIRTH OF ROCKABILLY

  • ロカビリーLP
 Al Ferrier- アル・フェリアー - "THE BIRTH OF ROCKABILLY"
U.K. / LP / Mono / Goldband 7769 / Rec 1956, / Pub 1977
ジャケット擦れ少々、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  3680 yen
■ルイジアナのロカビリアン、アル・フェリアーの正規ゴールドバンド盤。
地元ローカルの音楽の臭いが他のどんな地より強力なルイジアナ。そんなルイジアナ土着の音楽を携えつつ新世代のロカビリーをプレイしたのがこのアル・フェリアー。エルヴィスや同じルイジアナのデイル・ホーキンスの影響はありつつも独自路線の黒っぽいR&Rスタイルでこの地随一のロッカーになりました。56年の音源を中心に、71年の録音も三曲あり。代表作「Let's Go Boppin' Tonight」も当然収録。しかし、ホンキートンクとガブリ四つに組んだプリ・ロカ、ザディコのパイオニア、クラレンス・ガーロウのカバーなどなど他曲がほんといい。全14曲。古巣ゴールドバンドからのリリース。【曲】「No No Baby」「I'll Never Do Any Wrong」「My Baby Done Gone Away(試聴)」「It's Too Late Now」「Let's Go Boppin' Tonight(試聴)」「What Is That Thing Called Love」「Honey Baby」「Told Her No No Baby」「Yesterday We Were Married」「When My Blue Moon Turns To Gold Again」「Flip Flop & Fly」「Sixteen Candles」「Drip Drop」「Honey Baby」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Marylin Scott (Mary Deloatch) - I GOT WHAT MY DADDY LIKES

  • ブルース/ゴスペルLP
 Marylin Scott (Mary Deloatch)- マリリン・スコット(メアリー・デローチ) - " I GOT WHAT MY DADDY LIKES"
Sweden / LP / Mono / Whiskey Woman And KM710 / Rec 1945 to 1951 / Pub 1980s
ジャケット円状の擦れ少々、しみ少々、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■女性ブルース&ゴスペル・シンガー、メアリー・スコットの音源集。
40年代から50年代初頭にかけてレコードを残した、ブルース/ゴスペルの秘宝ともいうべき女性シンガー、マリリン・スコット。悪魔の音楽ブルースを唄うときはマリリン・スコット、神の歌ゴスペルを唄う時はメアリー・デローチと二つの名前を持っていた人。これはスウェーデンのウィスキー、ウーマン、アンド...レーベルからの音源集。発掘音源と思しき荒々しいギター弾き語りや小バンド編成(ジョニー・オーティス・バンド)でのブルース、ハーモニーをともなったウルトラ・ディープなゴスペルの数々を収録。【曲】「I Got What My Daddy Likes」「Beer Bottle Boogie」「Straighten Him Out(試聴)」「Let's Do The Boogie Woogie(試聴)」「Uneasy Blues」「Another Woman's Man」「I Want To Die Easy」「The New Gospel Street」「Rumors Of War」「Mother Dear(試聴)」「Life Was A Burden」「I'll Ride On A Cloud With My Lord」「I Really Believe」「If I Only New」「Our Father Loves His Son(試聴)」「The Lord's Gospel Train」※本日のアップはこの一枚です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2020年1月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
店舗営業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
店舗営業日 日曜・月曜 PM3:00-PM10:00
古物商 東京都公安委員会 第303261906488号

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.