(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: guitar)

Anatole Malukoff - MATTEO CARCASSI : 25 MELODIOUS STUDIES FOR GUITAR

  • クラシックLP
 Anatole Malukoff- アナトリ・マルコフ - "MATTEO CARCASSI : 25 MELODIOUS STUDIES FOR GUITAR"
USA / LP / Stereo / SMC Pro-Arte SMC1020 / Rec 1960s / Pub 1960s
ジャケット表裏擦れ少々、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れほんのわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■イタリアの作曲家マッテオ・カルカッシのギター曲集。
一枚丸々、抒情性を排除した、静かで自然なメロディが延々と続く夢のようなアルバム。ムーンドッグや、チャノ・ポゾ、サブー等アフロ・キューバンものが知られるSMCプロ・アルテ・レーベルから、クラシック・ギター盤。これは19世紀イタリアのロマン派作曲家でギタリストのマッテオ・カルカッシの『25 Melodious Studies For Guitar』を収録したもので、アナトリ・マルコフというギタリストによる演奏。低予算な曇った音もマッチしています。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Big Bill Broonzy - REMEMBERING BIG BILL

  • ブルースLP
 Big Bill Broonzy- ビッグ・ビル・ブルーンジー - "REMEMBERING BIG BILL"
USA / LP / Mono / Mercury MG20905 / Rec 1950s / Pub 1964
ジャケット表裏擦れ少々、裏ジャケットにプロモスタンプ、書き込み、レーベルAに貼り物、ひげ少々、盤表層スクラッチ少々、気になるものはなし
Jacket 3.5 / Disc 3.5 / Sound 3.5~4  3980 yen
■バンド編成ものもグレイトな、ビッグ・ビル最後期のアルバム。ウィリー・ディクソンのライナーも最高。
死後の64年にリリースされたもので、中身は恐らく50年代後半でしょう。裏ジャケのライナーはシカゴのボス、ウィリー・ディクソン、そして(一部の人にとってはですが)おおおお、となることが書いてあります。「Hoochie Coochie Man」他多くのブルースを書き、チャック・ベリーやボ・ディドリーのあのベースを弾いたディクソンのルーツがここに。内容はもう何もいうことございません。試聴一曲目はこれと同じ。どっぷりとしたこの味わい、聞き比べてみてください。【曲】「Crawdad」「Make My Get Away」「I Know She Will(試聴)」「Minding My Own Business」「I Wonder」「You've Been Mistreating Me Baby」「Bessie Smith」「Walkin' Down A Lonesome Road」「I Love My Whiskey」「Keep Your Hands Off Her(試聴)」「Five Feet Seven」「Hey Hey(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Big Bill Broonzy - THE YOUNG 1928 - 1936

  • ブルースLP
 Big Bill Broonzy- ビッグ・ビル・ブルーンジー - "THE YOUNG 1928 - 1936"
USA / LP / Stereo / Yazoo L-1011 / Rec 1928 - 1936 / Pub 1968
ジャケット表裏擦れわずか、下部中央にテープ、レーベルひげほぼ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■ビッグ・ビルのヤズー単独編集盤第一集。
ゲストに謎のギタリスト、フランク・ブラスウェル、ピアノにジョージア・トム等が入るバンドでの音源を含めた、ヤズー・レーベルのビッグ・ビル編集盤第一集。20年代から亡くなる50年代末までほとんど現役のビッグ・ビルですが、録音を始めた最初の7年の中から選ばれた14曲で、当時のシカゴのブルース界を全部体験できるような内容。演奏の水準は当然最高峰、バンドでのコンビネーション、楽しさも文句なし。ヤズー大名盤のひとつ。【曲】「Brownskin Shuffle」「Eagle Ridin' Papa」「Starvation Blues」「Long Tall Mama(試聴)」「Good Liquor Gonna Carry Me Down」「Skoodle Do Do」「Banker's Blues」「Saturday Night Rub」「I Can't Be Satisfied」「Mississippi River Blues」「Hip Shakin' Strut」「How You Want It Done?(試聴)」「Hokum Stomp(試聴)」「Stove Pipe Stomp」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Furry Lewis - BLUES MASTERS VOL.5

  • ブルースLP
 Furry Lewis- ファリー・ルイス - "BLUES MASTERS VOL.5"
USA / LP / Stereo / Blue Horizon BM4605 / Rec 1968 / Pub 1972
ジャケット左上カット、裏面擦れ少々、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■メンフィスのカントリー・ブルース・マン、ファリー・ルイスの68年録音盤。
ジャケットそのままの色あせた弾き語りが収録された、ファリー・ルイスの68年録音盤。メンフィスで1900年代から歌い始め、20年代後半に3度レコーディング、その後市の清掃局員として長く仕事を続けていたところ59年に居場所を見つけられカムバック、再度録音も始めることに。静かで枯れまくったスタイルはミシシッピ・ジョン・ハートにも通じる味わいで、戦前の独白するようなブルースのスタイルで歌われる11曲。【曲】「Grand Central Station(試聴)」「Let’s Shake Hand In Hand」「Waiting For A Train」「Let Me Call You Sweetheart(試聴)」「Big Chief Blues」「Casey Jones」「Take Your Time Rag」「John Henry」「Skinny Woman」「See That My Grave Is Kept Clean(試聴)」「Glory Hallelujah, When I Lay My Burden Down」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Robert Johnson - KING OF DELTA BLUES SINGERS VOL.2

  • ブルースLP
 Robert Johnson- ロバート・ジョンソン - "KING OF DELTA BLUES SINGERS VOL.2"
USA / LP / Mono / Columbia C30034 / Rec 1936, 1937 / Pub 1970
ジャケット表裏擦れ擦れ極わずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか、インサートきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■コロンビアの名編集盤二枚目。
ゴマンといるカントリー・ブルース・シンガーの中で一人突出した存在になっているロバート・ジョンソン、その理由はこれを聞けば一発でわかる、コロンビアからの名編集盤。これがオリジナル・レーベル。インサート付き【曲】「Kind Hearted Woman Blues」「I Believe I'll Dust My Broom」「Sweet Home Chicago」「Rambling On My Mind(試聴)」「Phonograph Blues」「They're Red Hot」「Dead Shrimp Blues」「Preachin' Blues」「I'm A Steady Rollin' Man」「From Four Till Late」「Little Queen Of Spades」「Malted Milk」「Drunken Hearted Man(試聴)」「Stop Breakin' Down Blues」「Honeymoon Blues」「Love In Vain」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Robert Johnson - KING OF THE DELTA BLUES SINGERS

  • ブルースLP
Robert Johnson- ロバート・ジョンソン - "KING OF THE DELTA BLUES SINGERS"
USA / LP / Mono / Columbia CL1654 / Rec 1936, 1937 / Pub 1960s
ジャケット表裏擦れほぼ無し、下部中央小縁裂け、レーベルひげ少々、盤極表層のスクラッチ少し
Jacket 4 / Disc 3.5~4 / Sound 4  5800 yen
■ロバート・ジョンソンの音源が初めてレコードになった一枚。
茶一色に顔が見えないジャケットは、まだジョンソンの写真が見つかっていない時代の盤ということも表している、記念すべき単独の初アルバム。何も言う必要はございません。衝動を薄めることなく究極に洗練させたデルタ・ブルースの名曲の数々。初期2EYE"GUARANTEED HIGH FIDELITY"レーベル。【曲】「Crossroads Blues(試聴)」「Terraplane Blues」「Come On In My Kitchen」「Walking Blues」「Last Fair Deal Gown Down」「32-20 Blues」「Kindhearted Woman Blues」「If I Had Possession Over Judgement Day」「Preaching Blues(試聴)」「When You Got A Good Friend」「Rambling On My Mind」「Stones In My Passway」「Traveling Riverside Blues」「Milkcow's Calf Blues」「Me And The Devil Blues」「Hellhound On My Trail」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Stefan Grossman - FINGER PICKING GUITAR TECHNIQUES

  • ブルースLP
 Stefan Grossman- ステファン・グロスマン - "FINGER PICKING GUITAR TECHNIQUES"
Japan / LP / Stereo / Transatlantic IRS8010 / Rec 1974 / Pub 1974
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか、帯縁によれ、ブックレット色あせ、しみ、折れ目あり
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  1980 yen
■ソロとしてもグレイトなブルース・ギター教則アルバム。
濃密さ、辛辣さでは正直第一集に及ばないかも...しかし、ディープでリラックスした味わい、グロスマンの魅力という点では全くひけをとらない、ブルース・ギター教則アルバム第二集。教則といってもこれは完全に一枚のフル・アルバムで、ミシシッピ・ジョン・ハート、フランク・ストークスなどのクラシックにオリジナル曲を混ぜ演奏。日本語詳細解説、ギター・タブ譜付きのブックレット。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bukka White - BIG DADDY

  • ブルースLP
 Bukka White- ブッカ・ホワイト - "BIG DADDY"
USA / LP / Stereo / Biograph BLP12049 / Rec 1973 / Pub 1974
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか、若干しなり
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ブッカ・ホワイトのラスト・アルバム。
ナショナル・ギターがトレードマークだったデルタ・ブルース・マン、ブッカ・ホワイト。30年に初録音、シカゴやメンフィスを拠点に活動しましたが演奏やボーカルはまさにデルタ。37~40年に決定的な録音を残し、63年にはジョン・フェイヒーらが居場所を突き止め、タコマから再デビュー。この作は73年の生涯最後の録音となったLP。最初から最後まで背筋も凍るハード極まりないブルースを演奏する、全曲テンションの高さに驚く名作。「Sic'em Dogs On」「Aberdeen Mississippi Blues」等代表曲をずらり。【曲】「Black Cat Bone Blues(試聴)」「1936 Triggertoe」「Cryin' Holy Unto The Lord」「Shake My Hand Blues」「Sic 'Em Dogs On(試聴)」「Gibson Hill」「Mama Don' 'Low」「Hot Springs Arkansas」「Jelly Roll Workin' Man」「Black Crepe Blues(試聴)」「Glory Bound Train」「Aberdeen Mississippi Blues」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Billy The Kid Emerson, Billy Red Love - BILLYS BLUES

  • ブルースLP
 Billy The Kid Emerson, Billy Red Love- ビリー・ザ・キッド・エマーソン、ビリー・レッド・ラヴ - "BILLYS BLUES"
Japan / LP / Mono / P-Vine PLP339 / Rec 1951 - 1954 / Pub 1980s
ジャケット表裏円状の擦れ少々、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し、帯、インサートともにきれい
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■50年代サン・レーベルの2人のロッキンR&Bシンガーのレア曲を収録した日本独自編集盤。
A面は、エルヴィスが録音した「When It Rains...」が有名な、ソングライターでもあるビリー・ザ・キッド・エマーソンの、54、55年の8曲。ニューオーリンズのR&Bにも通じる痛快さあり。裏面はビリー・レッド・ラヴの、51~54年の8曲。ロックンロール以前のジャンプ・ブルースの影響色濃い強力なナンバーばかり。帯、解説歌詞カード付き。【曲】「Shim Shan Shimmy(試聴)」「Move Baby Move」「When It Rains It Pours」「Cherry Pie」「Red Hot(試聴)」「No Greater Love」「Little Fine Healthy Thing」「Something For Nothing」「Juiced(試聴)」「Early In The Morning」「The News Is All Around Town」「Drop Top」「Hey! Now」「Gee I Wish」「Way After Midnight」「There's No Use」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Sleepy John Estes, D.A. Hunt, William Stewart, etc. - MEMPHIS COUNTRY BLUES IN THE 50S

  • ブルースLP
Sleepy John Estes, D.A. Hunt, William Stewart, etc.- スリーピー・ジョン・エステス、D.A.ハント、ウィリアム・ステュアート、etc. - "MEMPHIS COUNTRY BLUES IN THE 50S"
Japan / LP / Mono / P-Vine PLP347 / Rec 1952, 1953 / Pub 1987
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤ほぼ新品同様、帯、インサートともにきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■50年代サン・レーベルに残されたカントリー・ブルース集。日本独自編集盤。
昨日アップしたスリーピー・ジョン・エステスの52年録音を4曲、ライトニンに通じる凄みのあるD.A.ハント二曲、囚人たちが組んだヴォーカル・グループ、プリズネアーズのギタリスト&シンガー、ウィリアム・ステュワートを4曲、謎のブルース・ハープ奏者ウィリー・カー1曲、サウス・メンフィス・ジャグ・バンドの面々と親しかったというジミー・デベリーを4曲収録。超濃密、ヘヴィな全15曲。帯、解説歌詞カード付き。【曲】「Sleepy John Estes / Rats In My Kitchen(試聴)」「Registration Day Blues」「Runnin' Around」「Police Man」「D.A. Hunt / Greyhound Blues(試聴)」「D.A. Hunt / Lonesome Ol' Jail」「William Stewart / They Call Me Talkin' Boy」「44」「Rattlesnakin' Mama」「Country Farm Blues(試聴)」「Willie Carr / Outside Friends」「Jimmy DeBerry / Before Long」「Party Line Blues」「Take A Little Chance」「Time Has Made A Change(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Big Bill Broonzy - DO THAT GUITAR RAG 1928-1935

  • ブルースLP
 Big Bill Broonzy- ビッグ・ビル・ブルーンジー - "DO THAT GUITAR RAG 1928-1935"
USA / LP / Stereo / Yazoo L1035 / Rec 1930s / Pub 1973
ジャケット表裏擦れ少々、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■ヤズー編集盤。最高の内容。
戦後シカゴ・ブルースのプロトタイプを作り上げ、後期にはマディー・ウォーターズなどと同じようなブルース・バンド編成で作品も残した、R&Rまでブルースをひっぱりあげてきたとも言える巨人。卓抜した指捌きに角ばった骨のあるピッキング、この時代のビッグ・ビル・ブルーンジーのギターは戦前カントリー・ブルースの文句なしの最高峰。これはヤズーからの単独編集盤2作目。バックワーズ・サム・ファークもカバーしたギター・インストA1から薄暗い弾き語り、女性ブルース・シンガーのバッキング、ホーカム調のナンバーなどなど、幅広いレパートリーから多彩に選曲された全14曲。【曲】「Pig Meat Strut(試聴)」「Down In The Basement」「Terrible Operation Blues」「Big Bill Blues」「Leave My Man Alone(試聴)」「Bull Cow Blues」「Grandma's Farm」「Guitar Rag(試聴)」「Pussy Cat Blues」「Mr. Conductor Man」「Worrying You Off My Mind Part I」「Double Trouble Blues」「Skoodle Do Do」「C & A Blues」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Sleepy John Estes - BROWNSVILLE BLUES

  • ブルースLP
Sleepy John Estes- スリーピー・ジョン・エステス - "BROWNSVILLE BLUES"
USA / LP / Stereo / Delmark DS608 / Rec mid60s / Pub 1970s?
ジャケット擦れほぼ無し、しみ少々、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■スリーピー・ジョン・エステス、再デビュー後の大名盤。
サンの録音以降行方知れずとなり、ビッグ・ビルさえあいつは死んだと言ったりもしていましたが、なんと60年代に発見され、再び録音を開始したエステスの名作。豪快に濁った音で横倒しになるような痛烈な冒頭曲から、戦前メンフィスの掘っ立て小屋のライブ会場にワープしてしまったかのような錯覚におちいる生々しい内容。ハミー・ニクソン(Harp)とヤンク・レイチェル(ギター)もこの頃奇跡的に発見され数曲に参加。【曲】「The Girl I Love(試聴)」「City Hall Blues」「Government Money」「Working Man Blues」「Mailman Blues」「Mary Come On Home(試聴)」「Pat Mann」「Vassie Williams」「Young Lawyer」「Al Rawls(試聴)」「Lawyer Clark」「Martha Hardin(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2017年6月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
2017年7月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.