(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: guitar)

Mississippi John Hurt - TODAY

  • ブルースLP
 Mississippi John Hurt- ミシシッピ・ジョン・ハート - "TODAY"
USA / LP / Stereo / Vanguard VSD-79220 / Rec 1966 / Pub 1987
ジャケット円状の擦れ、裏面しみ、レーベルひげ少々、盤表層スクラッチ、試聴のようなチリ音あり
Jacket 3~3.5 / Disc 3 / Sound 2480 yen
■66年のアルバム。
農業の傍ら歌っていたジョン・ハート、同じミシシッピでもデルタを反面教師にしたような、他のブルースマンと接触が無かったようなスタイル。達観したような歌、シンプルに聞こえながら実際相当のテクを要するギター、外に向かって唄うのと同時に自分を充電しているような感じもあり。30年以上のブランクを経て60年代に再デビュー、66年に亡くなるまでいいLPを数枚録音。代表曲「Candy Man」「Spike Driver Blues」はじめ12曲収録した66年のアルバム。【曲】「Pay Day」「I'm Satisfied」「Candy Man(試聴)」「Make Me A Pallet On The Floor」「Talking Casey」「Corinna, Corinna」「Coffee Blues」「Louis Collins」「Hot Time In The Old Town Tonight」「If You Don't Want Me Baby」「Spike Driver's Blues(試聴)」「Beulah Land」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Daniel Viglietti - URUGUAY : CANCIONES PARA MI AMERICA

  • 民俗音楽/ウルグアイLP
 Daniel Viglietti- ダニエル・ビグリエッティ - "URUGUAY : CANCIONES PARA MI AMERICA"
France / LP / Stereo / Le Chant D Monde LDX74632 / Rec 1973 / Pub 1973
コーティングの三面見開きジャケット擦れわずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 3800 yen
■ウルグアイのシンガー、ダニエル・ビグリエッティのソロ・アルバム。
60年代以降、ウルグアイで最も尊敬される、ヌエバ・カンシオン運動(音楽を通じた社会変革運動)の代表的シンガーでソングライターの一人、ダニエル・ビグリエッティ。仏ル・シャン・ドゥ・モンドからの73年のアルバム。ウルグアイやラテン・アメリカの民謡とクラシックをルーツにした、終末観漂う素朴で静かな弾き語り(薄くリズムや管楽器が入る曲もあり)中心の一枚。はっきり言って相当な名盤。3面見開きジャケット。【曲】「Cancion Para Mi America(試聴)」「A Desalambrar」「Duerme Negrito(試聴)」「Yo Naci En Jacinto Vera」「Cruz De Luz」「Milonga De Andar Lejos」「Cancion Del Hombre Nuevo」「Remontando Los Rios」「Mi Pueblo」「Me Matan Si No Trabajo」「Soldado, Aprende A Tirar」「Ronda」「Canciones: Remanso - Remansillo - Variacion - Cortaron Tres Arboles(試聴)」「Dos Baladas Amarillas」「Pedro Rojas」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Gene Vincent And His Blue Caps - CRUISIN WITH

  • ロカビリーLP
 Gene Vincent And His Blue Caps- ジーン・ヴィンセント&ヒズ・ブルー・キャップス - "CRUISIN' WITH"
U.K. / LP / Mono / Rockstar RSR-LP1007 / Rec 1956 to 58 / Pub 1983
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2480 yen
■初期音源集。
省くところの一切ない必殺の名曲「Be Bop A Lula」でおなじみ、音、ルックスどれをとっても、50年代ロカビリーでは抜きん出た存在と言えるジーン・ヴィンセント。その「Be Bop A Lula」の時代から、カムバック後の後期70年代までいいもの揃い。これはかたくなに50sロカを貫いた編集盤レーベル、ロックスターからの一枚で、56~58年の音源をまとめた一枚。「Be Bop A Lula」等は外しかなりのマニアでも楽しめる内容。これで初めて聞けたインタビューの1トラック収録で全19曲。【曲】「Hold Me, Hug Me, Rock Me」「You Better Believe」「Jump Back, Honey, Jump Back」「Double Talkin' Baby」「Pink Thunderbird」「Red Blue-Jeans And A Pony-Tail」「Jumps, Giggles & Shouts」「Who Slapped John」「Pretty, Pretty Baby」「Cruisin'」「Git It」「Lovely Loretta」「Teenage Partner」「The Wayward Wind」「Five Feet Of Lovin'」「Peace Of Mind」「Somebody Help Me」「Interview With Gene Vincent」「Now Is The Hour」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Paul Peek, Joe South, Four Mints, etc. - THE ROCK-A-ROUND

  • ロックンロール/ロカビリーLP
 Paul Peek, Joe South, Four Mints, etc.- ポール・ピーク、ジョー・サウス、フォー・ミンツ - "THE ROCK-A-ROUND"
USA / LP / Mono / Norton ED322 / Rec 1950s, 60s / Pub 2007
見開きジャケット擦れほぼなし、内側きれい、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■アトランタのマイナー・レーベル、NRCと兄弟レーベルをまとめたノートン編集盤。
アトランタのマイナー・レーベル、NRCとその兄弟レーベルは、50~60年代の隠れた名盤多し。"Games People Play"のジョー・サウスのデビュー元だし、ブラック・ロックンロール・ファン垂涎のエスケリータが録音デビューしたポール・ポークのマッド・ロカ(この盤に両面収録)、のちのバブルガム・スター、トミー・ローの初期R&R盤、リンク・レイの知られざるナンバーなどなど話題尽きないレーベル。これはノートンらしい視線で選んだロカビリー&ロックンロール集。【曲】「Paul Peek / The Rock-A-Round」「Joe South / I'm Snowed」「Four Mints / Wolf」「Chuck Wiley / I Love You So Much」「Ric Cartey / Scratching On My Screen」「Shades / Strollin' After Dark 」「Little Jimmy Dempsey / Bop Hop」「Tommy Roe & The Satins / Caveman」「Joe South / Baby That's All Right」「Rod Willis / The Cat」「Sweetie Jones / Baby Please Don't Leave」「Paul Peek / Sweet Skinny Jenny」「Shades / Splashin'」「Rod Willis / Will Travel」「Night Owls / You Shouldn't Oughta Done It」「Wayne Cochran / The Naughty Coo」「Joe South / Chills」「Link Wray And The Raymen / Vendetta」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Rockets Combo, Ray Sanders, Mike Lawing, etc. - THE BIG ITCH VOLUME 4

  • ガレージ/ロックンロールLP
 Rockets Combo, Ray Sanders, Mike Lawing, etc.- ロケッツ・コンボ、レイ・サンダース、マイク・ローウィング、etc. - "THE BIG ITCH VOLUME 4"
USA / LP / Mono / Mr Manicotti MM343 / Rec 1950s, 60s / Pub 1980s
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  1980 yen
■モンド・ガレージの宝庫ビッグ・イッチの4枚目。
アメリカにはこんなクレイジーなロックンロールがあると教えてくれた名編集盤シリーズ"Big Itch"の4枚目。グニャグニャのオルガンとエレキが決まったレイ・サンダース、人を食ったようなロックンロールにチンパンジーネタの歌がはまったマイク・ローウィング、もろにジャングル・エキゾティカなエイプ・カルテットの「Tarzan」、中でも異色な、ダークなスロー・ハチロクのプレザント・バレー・チューン・ジャマーズなどなど目がまん丸くなるナンバーばかり。【曲】「Rockets Combo / Topless A Go Go」「Ray Sanders And Friend / Karate」「Mike Lawing / Chimpanzee Ride」「Starfires / Tell Me Baby(試聴)」「Del Cades / World's Fair U.S.A.」「Ape Quartet / Tarzan」「Crewnecks / Rockin' Zombie」「Randy Proffitt & The Beachcombers / Check That Baby Out One Time」「Cavemen / Bowling Alley Oop」「Screamin' Lord Jim & The Piccadilly Squares / What's A Wooly Bully」「Pleasant Valley Tune Jammers / Ugly」「Spinners / Surfin' Monkey」「Danny Roland / Shockwave」「Tom Reeves / Primitive Love」「Playboys / Mope De Mope」「Surfsiders / When I Grow Up」「Marty Roberts & His Nightriders / Baby(試聴)」「Rolls Royce & The Wheels / Topless」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Pinetop, State Street Boys, Washboard Sam, etc. - WINDY CITY BLUES : THE TRANSITION

  • ブルースLP
 Pinetop, State Street Boys, Washboard Sam, etc.- パイントップ、ステイト・ストリート・ボーイズ、ウォッシュボード・サム、etc. - "WINDY CITY BLUES : THE TRANSITION"
USA / LP / Mono / Nighthawk 101 / Rec 1935 to 1953 / Pub 1980s
ジャケット擦れ少々、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し、A1にわずかプツ音でる小スクラッチ(試聴部)
Jacket 3.5 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4  2680 yen
■30~50年代シカゴ・ブルースの移り変わりを追った編集盤。
五大湖からの風が強い通称ウィンディ・シティことシカゴのブルースの移り変わりを、30年代から50年代初期の音源でまとめたナイトホーク・レコードの編集盤。同名異人数名いながら、全て個性派ぞろいのブルースマンのパイントップ・スパークス(ヘンリー・タウンゼントG)の35年からロバート・ロックウッドの41年までがA面。裏返すと戦後になり、エレキを持ったタンパ・レッドやホーンが入ったR&B風のジョニー・シャインズを収録。シカゴというと席巻した一部のスターがブルースを変えたように思えますが、変わらない太い根があるのを感じられる一枚。【曲】「Pinetop / Every Day I Have The Blues(試聴)」「State Street Boys / Sweet To Mama」「Washboard Sam / Easy Ridin' Mama」「Robert Lee McCoy / Prowlin' Nighthawk」「Sonny Boy Williamson / Sunnyland」「My Little Cornelius」「Robert Lockwood / Black Spider Blues」「I'm Gonna Train My Baby」「Guitar Pete Franklin / Down Behind The Rise」「Casey Brown Blues」「Tampa Red / Green And Lucky Blues(試聴)」「Robert Lockwood / Gonna Dig Myself A Hole」「Dust My Broom」「Tony Hollins / Fishin' Blues」「Wino Woman」「Johnny Shines / Please Don't」※本日のアップはこの二枚です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Ephram Carter, Willard Artis Blind Pete Burrell, Babe Stovall, etc. - SORROW COME PASS ME AROUND : A SURVEY OF RURAL BLACK RELIGIOUS MUSIC

  • ゴスペル/ブルースLP
 Ephram Carter, Willard Artis Blind Pete Burrell, Babe Stovall, etc.- エフラム・カーター、ウィラード・アーティス・ブラインド・ピート・バレル、ベイブ・ストーヴァル、etc. - "SORROW COME PASS ME AROUND : A SURVEY OF RURAL BLACK RELIGIOUS MUSIC"
USA / LP / Stereo / Advent 2805 / Rec 1966 to 1973 / Pub 1975
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげわずか、盤浅い擦れわずか、ブックレットきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  6500 yen
■ゴスペル、スピリチュアルとカントリー・ブルースが結びついた音源を収録した一枚。
70年代初頭、ブルース研究家デイヴィド・エヴァンスが始めたレーベルで、リイシュー等ではなく当時の生の黒人フォーク・ミュージックを録音したアドヴェント・レコード。これはゴスペル、スピリチュアルとカントリー・ブルースが結びついた音源を収録した一枚。ギター弾き語りを中心に、ギター伴奏合唱もの、伝統的な笛とドラムのバンドなどなど収録、どれもおのおのの個性がいい音でクローズアップされ一曲ごとに世界が変わります。音源は66年から73年。ちなみにレヴァランド・ルービン・レイシーとはあのRube Laceyで、録音はエヴァンスとジョン・フェイヒー、そしてキャンド・ヒートのアル・ウィルソン。歌詞、詳細解説、写真付きのブックレット。 【曲】「Ephram Carter And His Fife & Drum Band / Sorrow, Come Pass Me Around」「Willard Artis "Blind Pete" Burrell / Do Remember Me」「Babe Stovall / The Ship Is At The Landing」「Annie Lee And Oscar Crawford With Annie Mae Jones / You Don't Know What The Lord Has Done For Me」「Reverend Rubin Lacy / Talk About A Child That Do Love Jesus」「Robert "Nighthawk" Johnson / Can't No Grave Hold My Body Down」「Dorothy Lee, etc. / You Got To Give An Account」「Katie Mae Young / By The Grace Of My Lord, I've Come A Long Way」「Eddie Lee "Mustright" Jones / My Sun Don't Never Go Down」「Robert "Nighthawk" Johnson / Climbing High Mountains」「Chester Davis And Congregation / Glory, Glory Hallelujah」「Compton Jones And Group / Glory, Glory Hallelujah」「Willard Artis "Blind Pete" Burrell / A Little Talk With Jesus Makes It Right」「Pattie Rosemon With Frank And Odie Rosemon / I Heard The Voice Of Jesus Say」「Babe Stovall / When The Circle Be Unbroken」「Napoleon Strickland / Motherless Children」「Willard Artis "Blind Pete" Burrell / I Shall Not Be Moved」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Hal Peters And His String Dusters - LONESOME HEARTED BLUES

  • ウエスタン・スウィング/ロカビリー10LP
 Hal Peters And His String Dusters- ハル・ピーターズ&ヒズ・ストリング・ダスターズ - "LONESOME HEARTED BLUES"
Finland / 10LP / Stereo / Goofin GOOFY1082 / Rec 1998 / Pub 1998
ジャケット擦れ極わずか、端々小折れ目、レーベルひげ無し、盤浅い擦れ、小プツ音でるスクラッチわずか
Jacket 3.5 / Disc 3~3.5 / Sound 3.5  1980 yen
■フィンランドの本格派ウエスタン・スウィング・バンド、ハル・ピーターズ&ストリング・ダスターズ。
80年代からロカビリーをプレイしていたハル・ピーターズ率いるウエスタン・スウィング・バンドで、98年の彼らのファースト。Wスウィング、プリ・ロカビリーの美味しいところをセンス良くまとめた雰囲気で、じつは50年代でもありそうでいて無いサウンド。演奏は、ロカ・ビートを基本にスピーディ・ウエスト&ジミー・ブライアント、マール・トラヴィス、チェット・アトキンス、それに50sR&Bのテイストも少しばかりミックス。かなりいいです。CDも出ていますがこれは10インチLP。【曲】「Lonesome Hearted Blues(試聴)」「You're A Mess」「Slippery Elm」「Hopeful Heart」「Done Deal」「Car Hoppin' Mama」「Ain't A Bump In The Road」「Steppin' Out Tonite」「Radio Boogie(試聴)」「Hold Your Tears」「Cryin' In The Deep Blue Sea」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Julian Tharpe - SOUTHERN FRIED STEEL

  • カントリー/スティール・ギターLP
 Julian Tharpe- ジュリアン・サープ - "SOUTHERN FRIED STEEL"
USA / LP / Stereo / Mid-Land MD25 / Rec 1979 / Pub 1979
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ペダル・スティール・ギター奏者ジュリアン・サープのソロ。
19世紀にハワイで生まれた、スティール・バーを使って音を出すスティール・ギターを電気的に改良し出来上がったペダル・スティール・ギター。かのスピーディ・ウエストがカントリー界で初めて使って以来広まり続け、このジャンルでなくてはならない楽器にまでなりました。これはアラバマのペダル奏者ジュリアン・サープの、全曲スティール・ギターのインスト・アルバム。ホットなアップもありますが中心は試聴のようなドリーミーなスロウで、それが特にいい一枚。【曲】「Steel Guitar Rag」「Am I That Easy To Forget(試聴)」「Faded Love」「Cold Cold Heart」「Old Joe Clark」「Red Skin Gal」「There Goes My Everything」「Crying In The Chape(試聴)l」「Once In A While」「Let It Be Me」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Warren Phillips And The Rockets - ROCKED OUT

  • ロックンロール/ロカビリーLP
 Warren Phillips And The Rockets- ウォーレン・フィリップス&ザ・ロケッツ - "ROCKED OUT"
USA / LP / Stereo / Parrot PAS71044 / Rec 1969 / Pub 1969
ジャケット円状の擦れ、下部中央と上部(全部)縁裂け、表裏書き込み、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れ少々
Jacket 2 / Disc 4 / Sound 1680 yen
■サヴォイ・ブラウン・ブルース・バンドの面々によるロカビリー集。
英のブルース・ロック・バンド、サヴォイ・ブラウンの面々(リーダーのキム・シモンズは入っていません)が、全曲ロカビリー/50sクラシックのカバーでまとめたうれしい一枚。必殺のショート・エコーにイギリスらしいドッシリしたサウンド、勢いまみれた全12曲。米盤オリジナル。【曲】「Matchbox(試聴)」「Linda Lou」「Blue Jean Boogie」「Sweet Little Lucy」「Keep A-Knockin'」「Blue Suede Shoes」「Mean Woman Blues」「Money Honey(試聴)」「Whole Lotta Shakin' Goin' On」「Be-Bop-A-Lula」「Honey Don't」「Shake, Rattle And Roll」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Las Hermanas Mendoza (Mendoza Sisters) - JUANITA Y MARIA

  • テハノ/テックス・メックスLP
 Las Hermanas Mendoza (Mendoza Sisters)- ラス・ヘルマナス・メンドーサ(メンドーサ・シスターズ) - "JUANITA Y MARIA"
USA / LP / Mono / Arhoolie 3017 / Rec 1946 to 1952 / Pub 1984
見開きジャケット擦れわずか、内側小しみ、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3480 yen
■テハノ名姉妹グループ、メンドーサ・シスターズの音源集。
テキサスに住むメキシコ人たちが、メキシコの民謡などをもとに始めた、テキサスの民俗音楽テハノ、テックス・メックス。その初期の女性シンガーで、40年代から大変人気となったリディア・メンドーサ。リディアは良く知られていますが、これは彼女の二人の姉妹、ファニタとマリアのデュエット・ヴォーカルに、リディアが卓抜した12弦ギターを弾くトリオ、メンドーサ・シスターズの音源を集めた一枚。【曲】「Mi Pensamiento(試聴)」「Sone Que Me Jurabas」「Algun Dia」「Cada Vez Que Me Acuerdo」「Dos Seres Que Se Aman」「Que Chula Prieta」「Linda Morenita」「Los Picones」「Manuelita」「Yo Vivo En La Parranda」「Pero Lupita」「Tu Sentencia(試聴)」「El Resbaloso(試聴)」「El Desouite」「Por Ahi Se Dice」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Stefan Grossman, Aurora Bloack - HOW TO PLAY BLUES GUITAR

  • ブルースLP
 Stefan Grossman, Aurora Bloack- ステファン・グロスマン、オーロラ・ブロック - "HOW TO PLAY BLUES GUITAR"
U.K. / LP / Stereo / Kicking Mule SNKF-150 / Rec 1966 / Pub 1968
ジャケット擦れわずか、左下に小はがれ、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■ステファン・グロスマンとロリー・ブロックの共演盤。
ブルーグースからLPも出ている女性ギタリスト、ロリー・ブロックの瑞々しく、しかもブルースを達観したようにも聞こえる共演も最高な、ステファン・グロスマンによる戦前ブルースのフィンガー・ピッキング盤傑作。これが彼のファーストです(オリジナルは66年、これは68年のキッキング・ミュール盤)。教則レコードなのに名盤というのはこれいかに。過剰な主張のない自然体の演奏がカントリー・ブルースの深遠さを現しているのですが、この味わいは聞いていただくしかありません。、床屋さんだったウイリアム・ムーアの名曲「Old Country Rock」、「Freight Train」で有名な女性ギタリスト、エリザベス・コットン、国会図書館に録音された幻の名曲「Mississippi Blues」などなど収録。この英盤はブックレットは最初から付いておらず別売りでした。【曲】「Old Country Rock」「Future Blues」「Turn Your Money Green(試聴)」「God Moves On The Water」「Monday Morning Blues」「M & O Blues」「Whistling Blues」「Candyman」「Banty Rooster」「Save Up Your Money」「Canned Heat(試聴)」「Vestapol」「Brownsville Blues」「Police Dog Blues」「You Got The Pocketbook, I Got The Key」「Mississippi Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2019年6月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
2019年7月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.