(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: guitar)

Barbecue Bob, Hokum Boys, Roy Smeck, etc. - THE VOICE OF THE BLUES : BOTTLENECK GUITAR MASTERPIECES

  • カントリー・ブルース/スライド・ギターLP
 Barbecue Bob, Hokum Boys, Roy Smeck, etc.- バーベキュー・ボブ、ホーカム・ボーイズ、ロイ・スメック、etc. - "THE VOICE OF THE BLUES : BOTTLENECK GUITAR MASTERPIECES"
USA / LP / Mono / Yazoo 10014 / Rec late1920s / Pub mid1970s
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■スライド・ギターの名演を集めたヤズー盤。
有限のフレットを無限にしたスライド・ギターは田舎のブルースに取り入れられ、演奏スタイルもブルース自体もさらに音楽性が広がることに。これは、ボトルネック、ハワイアン・スタイル問わず、スライド・ギター・ブルースの名演を集めたヤズーの編集盤。ロバート・クラムもカヴァーしたロイ・スメックの「Laghing Rag」、12弦でスライドするバーベキュー・ボブ「Goin' Up The Country」、テキサスのスライド名手ランブリン・トーマス「Ground Hog Blues」等、単なる奏法のショーケースに終わらず、繰り返し聞ける実のあるナンバーのみを選曲。ジャケットは(裏ジャケの版画も)ロバート・アームストロング。【曲】「Barbecue Bob / Goin' Up The Country」「Georgia Browns / Decatur Street 81」「Ramblin' Thomas / Ground Hog Blues」「Tampa Kid / Keep On Trying」「Hokum Boys / Selling That Stuff」「Too Bad Boys / Corrine Corrina Blues」「Sister O. M. Terrell / I Want You To Lead Me On(試聴)」「Sam Butler / Jefferson County Blues」「Oscar "buddy" Woods / Come On Over To My House Baby」「Roy Smeck / Laughing Rag(試聴)」「Irene Scruggs / Voice Of The Blues」「Jimmie Davis / She's A Hum Dum Dinger From Dingersville」「Blind Willie Davis / When The Saints Go Marching In(試聴)」「Georgia Cotton Pickers / She's Coming Back Some Cold Rainy Day」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Fendermen - POISON IVY

  • ロックンロールLP
 Fendermen- フェンダーメン - "POISON IVY"
USA / LP / Stereo / Koala KOA14565 / Rec 1970s? / Pub 1980
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 3480 yen
■あのフェンダーメンの70年代?録音盤。
60年に「Muleskinner Blues」のヒットを飛ばしたミネソタのモンド・ギター・ガレージ・デュオ、フェンダーメン。これは70年代に再結成して録音されたと思われる内容最高のアルバム。【曲】「Heartbreak」「Can I Get A Witness」「Casey Jones」「Poison Ivy(試聴)」「Greensleeves(試聴)」「Ratrace」「Bo Diddley」「Think」「Never Like This」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Ernest Tubb - ANTHOLOGY OF COUNTRY MUSIC : EARLY RADIO TRANSCRIPTIONS

  • カントリーLP
 Ernest Tubb- アーネスト・タブ - "ANTHOLOGY OF COUNTRY MUSIC : EARLY RADIO TRANSCRIPTIONS"
USA / LP / Mono / ACM 14 / Rec 1940s / Pub 1984
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2680 yen
■40年代の未発売レア音源集。
エルヴィスが天下を取る前のカントリー界のカリスマの一人、アーネスト・タブ。大ヒット「Walking the Floor Over You」やそのエルヴィスもカヴァーした「Blue Christmas」などが知られるホンキー・トンク・カントリーのキング。このジャンルでエレキ・ギターを最も早くから入れた人でもあり。これは40年代の未発売音源集で、ラジオ放送用に録音されたもの。音質も粒がそろっていていい内容の全20曲。【曲】「Bluebonnet Lane(試聴)」「My Confession」「Love Grown Cold」「I'm Beginning To Forget You」「You'll Love Me Too Late(試聴)」「I've Lived A Lie」「Wondering If You're Wondering Too」「There's A New Moon Over My Shoulder」「End Of The World」「It Just Don't Matter Now」「I'm Wasting My Tears On You」「Ten Years」「Low And Lonely」「Let Me Smile」「Frankie And Johnny」「What Good Will It Do」「I Walk Alone」「Our Baby Boy」「I'll Have To Live And Learn」「I Told You So」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Ernest Tubb - ANTHOLOGY OF COUNTRY MUSIC : EARLY RADIO TRANSCRIPTIONS VOLUME 2

  • カントリーLP
 Ernest Tubb- アーネスト・タブ - "ANTHOLOGY OF COUNTRY MUSIC : EARLY RADIO TRANSCRIPTIONS VOLUME 2"
USA / LP / Mono / ACM 23 / Rec 1940s / Pub 1989
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2680 yen
■40年代の未発売レア音源集第二集。
エルヴィスが天下を取る前のカントリー界のカリスマの一人、アーネスト・タブ。大ヒット「Walking the Floor Over You」やそのエルヴィスもカヴァーした「Blue Christmas」などが知られるホンキー・トンク・カントリーのキング。このジャンルでエレキ・ギターを最も早くから入れた人でもあり。これは40年代の未発売音源集で、ラジオ放送用に録音されたもの。上の第一集同様音質も粒がそろっていていい内容の全20曲。録音時期も同じ頃と思います。【曲】「I'll Get Along Somehow」「I'll Always Be Glad To Take You Back(試聴)」「I'll Never Cry Over You」「I Don't Want You After All」「I'm Too Blue」「Thought The Days Were Only Seven」「You Won't Forget Me」「I'm Glad I Met You After All」「Blue Eyed Elaine」「Have You Changed Your Mind」「I Believe I'm Entitled To You」「My Hillbilly Baby」「It's All She Wrote(試聴)」「There's Nothing More To Say」「Just Rolling On」「I Ain't Gonna Love You Anymore」「Just Crying To Myself」「With Tears In My Eyes」「I'll Never Lose You」「I Knew The Moment I Lost You」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Leroy Carr And Scrapper Blackwell - NAPTOWN BLUES 1929-1934

  • ブルースLP
 Leroy Carr And Scrapper Blackwell- リロイ・カー&スクラッパー・ブラックウェル - "NAPTOWN BLUES 1929-1934"
USA / LP / Mono / Yazoo L1036 / Rec early1930s / Pub early1970s
ジャケット円状の擦れ少々、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れ少々
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 3980 yen
■デュオは最も面白いものが生まれる編成では、と思わせる、戦前随一のピアノ&ギター・デュオ。
インディアナポリスで出会い、20~30年代に活躍したピアノ&ギターのデュオ、リロイ・カーとスクラッパー・ブラックウェル。南部出身がほとんどといわれるこのカントリー・ブルース界で、ノーザン・ブルースの元祖ともいわれる二人のスタイルは、ジャズ一歩手前のピアノと、シングル・トーンの生ギターをアレンジして作られた、都会的でいてドロリとした味のあるブルース。素っ頓狂な動物の鳴きまねを入れた「Carried Water For The Elephant」、珍しく8ビート的な「Low Down Dog Blues」、ジャズ・スタンダードの「How About Me」などなど14曲収録。【他収録曲】「Carried Water For The Elephant」「Low Down Dog Blues(試聴)」「Papa Wants A Cookie」「Naptown Blues」「Bread Baker(試聴)」「I Keep The Blues」「Gettin' All Wet」「What More Can I Do」「Longing For My Sugar」「Fore Day Rider」「How About Me(試聴)」「Memphis Town」「Hold Them Puppies」「Papa Wants To Knock A Jug」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Sam Collins, Freddie Spruell, Johnny Temple, etc. - LONESOME ROAD BLUES : 15 YEARS IN THE MISSISSIPPI DELTA 1926-1941

  • ブルースLP
 Sam Collins, Freddie Spruell, Johnny Temple, etc.- サム・コリンズ、フレディ・スプルエル、ジョニー・テンプル、etc. - "LONESOME ROAD BLUES : 15 YEARS IN THE MISSISSIPPI DELTA 1926-1941 "
USA / LP / Mono / Yazoo L1038 / Rec 1926 to 1941 / Pub 9174
ジャケット擦れ少々、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■さすがはヤズーというミシシッピ・ブルースの編集盤。
1926年(これはミシシッピのブルースマンのレコードとしては大変古い)から1941年の、ミシシッピ・ブルースを集めたヤズーの編集盤。よくある戦前ミシシッピのカントリー・ブルース集にはなかなか収録されない、ミシシッピらしさから少し離れた独自のスタイルを持った曲をたっぷり収録。バックワーズ・サム・ファークもカヴァーしたスキップ・ジェイムス「I'm So Glad」、そのスキップ・ジェイムスの「Devil Got My Woman」を淀んだギターと祈るような歌で塗り替えたジョニー・テンプル、2本のギターがグシャっと絡み合うミシシッピ・ブレイシー「Cherry Ball」などなど収録。ライナーはステファン・カルトとジョン・ミラー。【曲】「Big Joe Williams / Little Leg Woman」「Arthur Pettis / Good Boy Blues」「Sonny Boy Nelson / Street Walkin'」「Mississippi Bracey / Stered Ga(試聴)l」「Mississippi Bracey / Cherry Ball」「Sam Collins / My Road Is Rough And Rocky」「Sam Collins / Lonesome Road Blues(試聴)」「Robert Petway / Catfish Blues」「Freddie Spruell / Milk Cow Blues」「Freddie Spruell / Tom Cat Blues」「Skip James / I'm So Glad」「Robert Lockwood / Take A Little Walk With Me」「Johnny Temple / The Evil Devil Blues(試聴)」「The Mississippi Moaner / It's Cold In China」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Hattie Hart, Will Shade, Robert Wilkins, etc. - LOW DOWN MEMPHIS BARRELHOUSE BLUES

  • ブルースLP
 Hattie Hart, Will Shade, Robert Wilkins, etc.- ハッティ・ハート、ウィル・シェイド、ロバート・ウィルキンス、etc. - "LOW DOWN MEMPHIS BARRELHOUSE BLUES"
USA / LP / Mono / Mamlish S3803 / Rec 1920s, 30s / Pub 1973
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■マムリッシュ・レーベルのセント・ルイス・ブルース編集盤第一集。
研究家のドン・ケントが興し、バックワーズ・サム・ファークやスティーヴ・カルトらがリイシュー盤を製作していたマムリシュ・レコードから、メンフィスのブルース集。シカゴやデトロイトのような人口爆発は無かったものの、この時代20年間で人工が倍になったというメンフィス、多くのミュージシャンの流動があり、そのせいでミシシッピのような地域のサウンドの特色は無いものの音楽のレベルは高くなり個性的な人が多々出現。この編集盤は、踊れるバンドもののブルースを多く入れそんなメンフィスのブルースの面白さをあぶりだした一枚。監修、ライナーはケントとファーク。【曲】「Hattie Hart / I Let My Daddy Do That」「Will Shade / Better Let That Stuff Alone」「Robert Wilkins / Alabama Blues」「South Memphis Jug Band / Policy Rag」「South Memphis Jug Band / Doctor Medicine」「Kansas Joe & Memphis Minnie / Shake Mattie」「My Washwoman's Gone」「Mooch Richardson / T And T Blues(試聴)」「John Estes / My Black Gal Blues」「Jack Kelly / Highway No. 61 Blues」「Mooch Richardson / Burying Ground Blues」「Jim Jackson / Bootlegging Blues」「Memphis Minnie / Reachin' Pete」「Mooch Richardson / Low Down Barrelhouse Blues Pt. 1」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Buck Owens - BUCK OWENS

  • カントリーLP
 Buck Owens- バック・オーウェンス - "BUCK OWENS"
USA / LP / Mono / La Brea L8017 / Rec 1950s / Pub 1961
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■デビュー曲も含むバック・オーウェンスの初期音源集。
次第に甘く大仰になってきたナッシュヴィルのカントリーに対抗して生まれた、ウエストコーストのロッキン・カントリー、通称ベイカーズフィールド・サウンド。その立役者バック・オーウェインス。初期はワンダ・ジャクソンやテネシー・アーニーのバッキング・ミュージシャンとして活躍、その後ソロ・シンガーとしてビートルズもカバーした「Act Naturaly」などをヒットさせました。これはそんなキャピトルでの活動の前、50年代前半~中期にかけてのペップというマイナー・レーベルに残されたものを中心に収録したレア・トラック集。この盤が初LP化のものも多し。ラストの三曲は違う人が歌っているらしく、だれかわからないのもあるらしい。全14曲収録、61年。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Cleoma Breaux Falcon, Amadie Breaux, Guidry Brothers, etc. - LOUISIANA CAJUN MUSIC : VOLUME 2 THE EARLY 30S

  • ケイジャンLP
 Cleoma Breaux Falcon, Amadie Breaux, Guidry Brothers, etc.- クレオマ・ブロー・ファルコン、アマディー・ブロー、ギドリー・ブラザーズ、etc. - "LOUISIANA CAJUN MUSIC : VOLUME 2 THE EARLY 30S"
USA / LP / Mono / Old Timey 109 / Rec 1930s / Pub 1971
見開きジャケット擦れ極わずか、内側きれい、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れ、B2にわずか音に出る小スクラッチ
Jacket 4 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4  3980 yen
■アーフーリーのオールド・ケイジャン集第二集。
カントリー・ブルース、ヒルビリー、ハワイアンなどのルーツ音楽で知られる西海岸のアーフーリー・レコードから、オーナーのクリス・ストラフィッツが渾身の力を入れケイジャンをまとめた名シリーズ"ルイジアナ・ケイジャン・ミュージック"。第八集まで出ていて、これはその第二集。20年代の第一集に続いて今度は30年代の音源集。クレオマ・ファルコン(ブロー)、夫のジョセフ・ファルコン、アマディー・ブローらブロー一家中心に、ギドリー・ブラザーズ、レオ・ソイロー、ローレンス・ウォーカーなど収録。全曲解説、仏英詞入り。【曲】「Cleoma Breaux Falcon / Prenez Courage」「Amadie Breaux / Les Tracas Du Hobo Blues」「Cleoma B. Falcon / Mon Couer T'appelle(試聴)」「Lawrence Walker / Alberta(試聴)」「Guidry Brothers / La Valse Du Mariage」「Leo Soileau and Mayuse Lafleur / Mama, Where You At?」「Joseph Falcon / Elle M'a Oublie」「Lawrence Walker / What's The Matter Now」「Alleman And Walker / La Femme Qui Jovait Les Cartes」「Mon Dernier Bon Soir」「Joseph Falcon and Cleoma Falcon / La Fille A Oncle Elair」「Ils La Volet Mon Trancas」「Amadie Breaux」「Fais Do-Do Negre」「Tiger Rag Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jaybee Wasden, Rusty Howard With Chuck Joyce, Fuzzy Lofton, etc. - GREAT LABELS OF THE SOUTH : TREPUR RECORDS / RIDGECREST RECORDS

  • カントリー/ロカビリーLP
 Jaybee Wasden, Rusty Howard With Chuck Joyce, Fuzzy Lofton, etc.- ジェイビー・ウォスデン、ラスティ・ハワード・ウィズ・チャック・ジョイス、ファジー・ロフトン、etc. - "GREAT LABELS OF THE SOUTH : TREPUR RECORDS / RIDGECREST RECORDS"
Holland / LP / Mono / White Label WLP8834 / Rec 1950s / Pub 1981
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■50年代ジョージアの二つのマイナー・レーベルを特集した一枚。
40年代にスタート、SP盤時代はカントリーとゴスペルを出していたトレパーというレーベルがA面。全編デモテープ級のウルトラ・プリミティヴなロカ、ロッキン・カントリー集。B面はリッジクレストというこれまたコレクター泣かせのレーベルで、リー・メルソン&ミズーリ・ナイトホークスというグループが中心。アコギのコードストロークに直球リズム、ヨレっとした歌。オランダ・ホワイト・レーベルからの一枚。【曲】「Jaybee Wasden / Elvis In The Army」「De Castrow」「Rusty Howard With Chuck Joyce And His Chain Gang Boys / Lets Rock(試聴)」「I'm Gonna Do You Like You Are Doing Me」「Chuck Joyce And His Chain Gang Boys / Milkman Blues(試聴)」「Fuzzy Lofton / Bounce Baby Bounce」「Jimmy Wydemon & The Vulcaneers / I've Been Down This Road」「The Vulcan Song」「Carpenter Bros. & Rhythm Boppers / Don't Cry Little Darling」「Worley David / The Day I Heard You Say Goodbye(試聴)」「Lee (Red) Melson And The Missouri Nighthawks / Carmen Sue Rock」「I'm Being Haunted」「Rockin' Thru The Tunnel Of Love(試聴)」「Mean Ole Bartender Bluess」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Hank Harral And Band, Ace Ball, Row New And The Melody Boys, etc. - TANK TOWN BOOGIE : HANK HARRAL AND CAPROCK RECORDS

  • ヒルビリー/ロカビリーLP
 Hank Harral And Band, Ace Ball, Row New And The Melody Boys, etc.- ハンク・ハーラル&バンド、エイス・ボール、ロー・ニュー&ザ・メロディ・ボーイズ、etc. - "TANK TOWN BOOGIE : HANK HARRAL AND CAPROCK RECORDS"
Holland / LP / Mono / White Label WLP8831 / Rec 1950s / Pub early1980s
ジャケット擦れほぼ無し、裏面極小書き込み、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 2680 yen
■テキサスのヒルビリー・ブギ男ハンク・ハーラルと、彼のレーベル、キャプロックの音源集。
40年代後半からテキサスでロッキン・カントリー、ヒルビリー・ブギをプレイしていたハンク・ハーラル。これは彼の代表的なナンバーと、彼が地元テキサスのビッグ・スプリングで興したレーベル、キャプロックのレア曲を収録したオランダ・ホワイト・レーベルのコンピレーション。ワイルドR&Rもいいのですがハーラルのずんぐりしたブギ・ナンバーがもう最高。ちなみにハーラルのバンドには若きウェルダン・マイリックが在籍、彼のスティール・ギターも楽しめます。【曲】「Hank Harral And Band / Tank Town Boogie, Take 1(試聴)」「Hank Harral And Band / She's Gone」「Hoyle Nix & His West Texas Guys / Summit Ridge Drive(試聴)」「Hank Harral & Marshall Samuel Band / Dream Band Boogie, Take 2(試聴)」「Jimmy Haggett / Without You」「Durwood Daly / That's The Way It Goes」「Hank Harral And Band / Oklahoma Land」「Max Alexander With Hank Harral & The Hi Fi's / Little Rome(試聴)」「Max Alexander With Hank Harral & The Hi Fi's / Rock Rock Everybody Rock」「Hank Harral And Band / The D. J. Blues」「Jack Tate And The Sandy Land Boys / Casanova」「Hank Harral & The Plain Riders / Dilly Dally Doodle」「Row New And The Melody Boys / Blue Tomorrow」「Ace Ball / I've Lost Again」「Hank Harral And Band / Tank Town Boogie, Take 3」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Fiddlin Doc Roberts - OLD TIME TUNES

  • ヒルビリーLP
 Fiddlin' Doc Roberts- フィドリン・ドク・ロバーツ - "OLD TIME TUNES"
USA / LP / Mono / County 412 / Rec 1925 to 1934 / Pub 1983
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し、ブックレットきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3800 yen
■ケンタッキーのフィドラー、ドク・ロバーツの編集盤。
1897年ケンタッキー生まれ、オーウェン・ウォーカーという黒人のフィドラーに教わりフィドルをマスター、20年代中期にはジェネットやパラマウントからレコードをリリース。その後高給でシカゴのラジオ局に迎えられたものの都市の騒音に耐えられず2週間でケンタッキーに戻り34年には半引退。これは25年の初セッションから34年のラスト録音までをまとめた14曲入り編集盤。バンジョー等は無し、弟ジェームスと、自分でもグループを率いたエーサ・マーティンのギターのみの伴奏。【曲】「All I've Got's Done Gone(試聴)」「Deer Walk」「Cumberland Blues(試聴)」「I Don't Love Nobody」「Rocky Moutain Goat」「Charleston No. 1」「Rye Straw」「Run Smoke Run」「Drunken Man's Dream」「Martha Campbell」「Hawk's Got A Chicken」「Jack's Creek Waltz」「Devil In Georgia」「Way Down South」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2018年10月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2018年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.