(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: g)

Glenn Gould - CONCERT DE MOSCOU : BERG / WEBERN / KRENEK / BACH

  • クラシックLP
 Glenn Gould- グレン・グールド - "CONCERT DE MOSCOU : BERG / WEBERN / KRENEK / BACH"
France / LP / Mono / Le Chant Du Monde LDX78799 / Rec 1957 / Pub 1984
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤浅い擦れ少し
Jacket 4 / Disc 3.5 / Sound 3.5  2980 yen
■57年、モスクワでのピアノ授業?を録音した一枚。
モスクワの音楽大学の小ホールで、生徒たちを前に演奏したという一枚。A面は、ベルク、ウェーベルン、クルシェネクといった、現代/前衛曲を演奏。B面はバッハ。かなりローファイ、簡易的な音でそれがまたいいです。曲間に短くグールドのコメントとロシア語への通訳が入ります。もちろん当時は出ておらずこれが初出。【曲】「Piano Sonata, Op. 1 / Alban Berg」「G. Gould Speaks On The Composers Of New Vienna School」「Piano Variations, Op. 27 / Anton Webern」「G. Gould Speaks On E. Krenek」「From Piano Sonata No. 3, Op. 62 No. 4 / Ernst Krenek(試聴)」「G. Gould Thanks The Listeners」「From "Die Kunst Der Fuge", Bwv 1080 - Contrapuncti 1, 4, 2 / J. S. Bach」「From "Goldberg Variations", Bwv 988 - Variations 3, 18, 9, 24, 10, 30 / J. S. Bach(試聴)」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

George Van Eps - JUMP PRESENTS GEORGE VAN EPS

  • ジャズLP
 George Van Eps- ジョージ・ヴァン・エプス - "JUMP PRESENTS GEORGE VAN EPS"
USA / LP / Mono / Jump J12-6 / Rec 1946, 1949 / Pub 1976
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ギタリスト、ジョージ・ヴァン・エプスがジャンプ・レーベルに残した音源を収録した一枚。
40年代中期、西海岸のジャズ・マニアが興したインディ・レーベル、ジャンプ。ビッグ・バンドではないジャズの素晴らしく私家的な録音を続け、トラッド~中間派ジャズの宝庫として知られるレーベル。これは、レーベル・オーナーが惚れこみ録音してくれと懇願した7弦ギタリスト、ジョージ・ヴァン・エプスの音源集。ヴァン・エプスのソロ(B、D入り)を4曲、エディ・ミラー(Sax)、スタン・ライツマン(P)とのトリオを9曲収録。録音は46年と49年。【曲】「Kay's Fantasy(試聴)」「Tea For Two」「Once In A While」「I Wrote It For Jo」「Ain't Misbehavin'」「Pigeon Toe'd Joe」「Stomp Mr. Henry」「Easy To Remember」「Love Is Just Around The Corner」「Back Home」「Once In Awhile(試聴)」「Stars Fell On Alabama」「Peg O' My Heart」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Gib Guilbeau - SINGS

  • ロックLP
 Gib Guilbeau- ギブ・ギルボー - "SINGS"
USA / LP / Stereo / Alshire 209 / Rec 1973 / Pub 1973
ジャケット擦れ少々、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■ルイジアナのケイジャン・ロッカー、ギブ・ギルボーのセカンド。
アルシャイアーのオリジナル盤。ナッシュヴィル録音で、レジー・ヤング(G, Dobro)、ピート・ドレイク(STG)らがサポート。ケイジャン色はあまりなく、どっぷり枯れた懐かしいナンバーが並ぶ静かな一枚。【曲】「Red Mountain Wine(試聴)」「You Can't Control Me Anymore(試聴)」「Just A Lot Of Trouble」「When I Start Missing You」「To Love Someone」「One Broken Home」「Take A Chance」「Cloudy Water」「All Over Again」「Into The Darkness」「Ballad Of Ginny Sims」「It's Not True」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Greek Musicians - GREEK FOLK SONGS AND DANCES

  • ギリシャの音楽LP
 Greek Musicians- ギリシャのミュージシャン - "GREEK FOLK SONGS AND DANCES"
USA / LP / Stereo / Audio Spectrum SAS1010 / Rec 1966 / Pub 1966
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤浅い擦れ、B4に小プツ音でるスクラッチ一本、気になりません
Jacket 4 / Disc 3.5 / Sound 3.5  2980 yen
■ギリシャのディモティカ、ライカを演奏するグループの一枚。
ブズーキ奏者イオティス・ガガリスらが中心となったグループをバックに、数人のシンガーが入れ替わりながら、ディモティカ(民謡)、ライカ(ポップス)を歌った一枚。弦楽器も管楽器もド迫力の演奏、それにビックリするような精密なアレンジ、悩ましいメロディと歌の12曲。インストも数曲あり。アテネ録音。【曲】「You Don't Care For Me, You Don't Love Me」「We Separated At Sunset」「Ungrateful Girl」「Hassaposer Viko」「Capetain Andrew Zeppos(試聴)」「Yerakina(試聴)」「Why Do You Want To Go Away」「Clouded Sunday」「A Fisherman Starts」「Politikos Hassapikos」「At The River Of Larissa」「Grazing」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

George Barnes - PLAYS SO GOOD

  • ジャズLP
 George Barnes- ジョージ・バーンズ - "PLAYS SO GOOD"
USA / LP / Stereo / Concord Jazz CJ67 / Rec 1977 / Pub 1978
ジャケットしみ少々、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■ジョージ・バーンズのラスト・アルバム。ノリ最高のライブ。
カール・クレスとのジャズ・ギター・デュエットの時代から活躍した、この世界の、真のパイオニア、ジョージ・バーンズ。チャーリー・クリスチャンよりも5年以上早くエレキでジャズを弾いていた、文字通りギター改革の先陣を切っていた人。これは亡くなる直前の77年4月、サンフランシスコでのライブを収録したアルバム。2ndギター、ベース、ドラムの編成で、目が丸くなるようなプレイ満載、ノリまくりで弾く全10曲。裏ジャケットの賛辞はアレック・ワイルダー。【曲】「Night And Day(試聴)」「I'm Coming Virginia」「The Days Of Wine And Roses」「Don't Get Around Much Any More」「On A Clear Day (You Can See Forever)」「I've Found A New Baby(試聴)」「George Barnes Rap」「Honeysuckle Rose」「St. Louis Blues」「At Sundown」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Grupo Aymara - IMANTANA

  • ボリビアの音楽LP
 Grupo Aymara- グルーポ・アイマラ - "IMANTANA"
Bolivia / LP / Stereo / Lyra SLPL13300 / Rec 1977 / Pub 1977
ジャケット擦れ少々、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  4500 yen
■グルーポ・アイマラのセカンド・アルバム。
ボリビアの民族楽器アンサンブル・グループ、グルーポ・アイマラ。アイマラとはボリビアやペルーの先住民族の一つで、これはアイマラのミュージシャンたちと思われるグループ。現地の伝統音楽、民謡に根差しつつ、米英のロックンロール、サイケデリックも触れた世代のメンバーたちによる新しい民俗音楽を演奏。彼らのセカンド・アルバムで、西洋音楽へ色目は無く、それ以前の正統なスタイルから脱皮、彼らの世代のリアルな自国音楽を構築した名盤。音楽性も非常に高いです。ボリビア盤。【曲】「Imantata(試聴)」「Huellas De Mi Llamita(試聴)」「Desde La Rotonda」「Flor Kantutita」「Anajpacha - Jilata(試聴)」「Tusuy Imilla」「A) Ancestro B) Alirina C) Auqui-Auqui」「Vientos Que Volveran」「Imilla Awatiri」「Wayra-Wayra」「Tarqueada

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Gene Vincent - IM BACK AND IM PROUD

  • ロックンロールLP
 Gene Vincent- ジーン・ヴィンセント - "I'M BACK AND I'M PROUD"
USA / LP / Stereo / Dandelion D9-102 / Rec 1969 / Pub 1969
ジャケットシュリンク入り、左上カット、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ジーン・ヴィンセントのカムバック作。
デイル・ホーキンスの『L.A., Memphis...』やドーシー・バーネットの『Dorsey』と並ぶ、50sロカビリアンのカムバック作の名盤。プロデュースはキム・フォーリー、アレンジはスキップ・バッティン、そしてジム・ゴードンらの渋く溌剌とした演奏。ほとんどがピアノを入れた4ピースのコンボで、歌も50年代の頃とは少し違う、焼けた感の声で◎。ガニマタなR&Rリズムになまったコブシの効いたボーカルがいい「Ruby Baby」、レヴォン・ヘルムのようなビートに、レッド・ローズのドブロ・スライドがはまった「No.9 (Lonesome Whistle)」などなど収録。【曲】「Rockin' Robin」「In The Pines」「Be-Bop-A-Lu-Lu」「Rainbow At Midnight」「Black Letter」「White Lightning」「Sexy Ways」「Ruby Baby(試聴)」「Lotta Lovin'(試聴)」「Circle Never Broken」「No. 9 (Lonesome Whistle)」「Scarlet Ribbons」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Guitar Red, Ed Kirby, Rufus Thomas, etc. - 706 BLUES

  • ブルースLP
 Guitar Red, Ed Kirby, Rufus Thomas, etc.- ギター・レッド、エド・カービー、ルーファス・トーマス、etc. - "706 BLUES"
Holland / LP / Mono / Redita LP111 / Rec 1950s / Pub 1975
ジャケット擦れ少々、折れ目少々、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■サン・レーベルのブルースを収録したオムニバス。
50年代メンフィス・アンダーグラウンドの黒人音楽シーンが生々しく伝わる一枚。収録された2曲だけを残した(しかし未発表)謎のブルースマン、ギター・レッド、ダークなドゥワップ調のエド・カービー、「Bear Cat」よりもさらに前のルーファス・トーマスのジャンプ・ブルース、ジュニア・パーカーのオリジナル「Mystery Train」、全曲お宝ですが中でもまさしくキラーなパット・ヘアー、サンのR&Bと言えばのロスコー・ゴードンは未発表2曲、などなど、他も濃密な全16曲。【曲】「Guitar Red / Baby Please Don't Go」「Go Head On」「Ed Kirby / Mean Old Gin」「Rufus Thomas / I'm So Worried」「I'll Be A Good Boy」「Joe Hill Louis / Tiger Man(試聴)」「Junior Parker / Mystery Train」「Love My Baby」「Pat Hare / I'm Gonna Murder My Baby(試聴)」「Ain't Gonna Be That Way」「Eddie Snow / Ain't That Right」「Frank Frost / Jack Jump」「Handy Jackson / Got My Application Baby」「Trouble Will Get You Down」「Roscoe Gordon / Juice Head」「V.O. Baby」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Gene Autry - THE GENE AUTRY COLLECTION

  • ヒルビリーLP
 Gene Autry- ジーン・オートリー - "THE GENE AUTRY COLLECTION"
USA / LP / Mono / Murray Hill M61072 / Rec 1930s, 40s / Pub 1983
ボックス擦れほぼ無し、内側にマジック書き込み、他きれい、レーベル4枚ともひげ無し、盤4枚とも擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3680 yen
■LP4枚組ボックス・セットの編集盤。
ジミー・ロジャースと同じく戦前ヒルビリー界のトップ・シンガーだったジーン・オートリー。しかし早逝したロジャースとは違い50年代まで長く歌い続け多くのクラシックを生みました。これはデビュー年29年から30年代を中心にした4lpボックス・セット編集盤。40、50年代も含まれています。多数の曲で聞けるスライド・ギターはロイ・スメックやフランク・マーヴィン。マール・トラヴィスがバリバリのトラヴィス・ピッキングでサポートするナンバーや、ジミー・ロジャース・カバー(トリビュート曲も二曲あり)、歯切れいいウエスタン・スウィング調のナンバー、多くのカバーを生んだ代表作「Back In The Saddle Again」のオリジナル・バージョン、そして未発表も7曲収録した全40曲。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Gordon Heath And Lee Payant - SONGS OF THE ABBAYE

  • フォーク10LP
 Gordon Heath And Lee Payant- ゴードン・ヒース&リー・パヤント - "SONGS OF THE ABBAYE"
USA / 10LP / Mono / Elektra EKL19 / Rec 1953 / Pub 1954
ジャケット擦れ少々、下部中央に縁裂け、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか、ブックレットきれい、カンパニー・ビニール・スリーブ破れもなくきれい
Jacket 3 / Disc 4 / Sound 3800 yen
■パリに移り住んだフォーク・デュオ、ゴードン・ヒース&リー・パヤントの1stアルバム。
黒人フォーク・シンガーで俳優でもあったゴードン・ヒース、やはりフォーク・シンガーで映画監督でもあったリー・パヤントのデュオのファースト10インチLP。48年にパリに移り住み、49年にはパリでコーヒーハウスを経営、自分たちやパリのミュージシャンだけでなく、リタ・ヘイワースやレナ・ホーンを呼んだりしていたそうです。その店でかはわかりませんが、パリで53年に録音された一枚。二人ともガット・ギターで、親密な弾き語りを10曲収録。仏語曲一曲あり。オリジナル・レーベル。【曲】「Another Man Done Gone」「Chanson De La Mariee」「The Youth Of The Heart」「Black Girl(試聴)」「I Wash My Face(試聴)」「Big Rock Candy Mountain」「Jacob's Ladder」「J'Ai Un Long Voyage A Faire」「We Will Break Bread Together」「Wandering」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Gib Guilbeau - CAJUN COUNTRY

  • ケイジャン/ロックLP
 Gib Guilbeau- ギブ・ギルボー - "CAJUN COUNTRY"
Holland / LP / Stereo / Ariola 87143HT / Rec 1969 / Pub 1973
ジャケット擦れ少々、レーベルひげあり、盤浅い擦れ少々
Jacket 3.5~4 / Disc 3.5 / Sound 4  2680 yen
■ルイジアナのケイジャン・ロッカー、ギブ・ギルボーのファースト。アリオラからのリイシュー。
オリジナルはアルシャイアーというレーベルから69年に出たもので、これは73年のリイシュー。本作に参加しているクラレンス・ホワイトやジーン・パーソンズと結成したナッシュビル・ウエストのメンバーでもあるケイジャン・マンで、これがファースト。ケイジャンを基調に、ブルース、ロック、カントリーをミックスした全10曲。試聴のような落ち着いた曲がほとんど。【曲】「Louisiana Rain(試聴)」「Sweet Susana」「Happy Cajun Man」「Sweet Rosie」「Sweet Sugar Blues(試聴)」「Walk With Sam」「Louisiana Cottonfields」「I Get A Hurt On Inside」「Multiple Heartaches」「Young Country Girl」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Grandpa Jones, Delmore Brothers, Bill Carlisle, etc. - HILLBILLY BOP N BOOGIE : KING / FEDERAL ROOTS OF ROCKABILLY

  • カントリー/ロカビリーCDetc
 Grandpa Jones, Delmore Brothers, Bill Carlisle, etc.- グランパ・ジョーンズ、デルモア・ブラザーズ、ビル・カーライル、etc. - "HILLBILLY BOP 'N BOOGIE : KING / FEDERAL ROOTS OF ROCKABILLY"
U.K. / CDetc / Mono / Ace CDCHD854 / Rec 1944 to 1956 / Pub 2002
ケース擦れ極わずか、ブックレットきれい、盤面擦れ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2480 yen
■キング・レコードのルーツ・オブ・ロカビリー集。
ジャケット表写真のSP盤は一曲目のグランパ・ジョーンズ、イメージと違うのですが若きマール・トラヴィスがなんともいいギターを弾いていて、ルーツ・オブ・ロカのルーツとでもいうような全くグレイトなナンバー。そこから、まさにエルヴィスが出た頃のカントリー・ミュージシャンによるロカビリーのあたりまで、有名、無名入り混じり26曲収録。キング・レコードらしいガツンとパンチの効いた演奏が延々。※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2019年4月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
2019年5月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.