(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: brass)

Bunk Johnsons Original Superior Band - WEARY BLUES cw MOOSE MARCH

  • ジャズ78rpm
 Bunk Johnson's Original Superior Band- バンク・ジョンソンズ・オリジナル・スペリアー・バンド - "WEARY BLUES cw MOOSE MARCH"
USA / 78rpm / Mono / Jazz Man 9 / Rec 1942 / Pub
レーベルAに書き込み、小汚れ、盤浅い擦れ、表層スクラッチ少し ※プレイヤーの調子が悪く、試聴ファイルのウー音はそのせいです
Jacket n/a / Disc 3 / Sound 2680 yen
■ハリウッドにあったレコード屋ジャズ・マン・レコード・ショップの自主レーベルからの一枚。
店主デイヴィッド・ステュアートと妻のマーリリ・モーデンが経営、後にアトランティックを興すネスヒ・アーティガンも携わった伝説のレーベル。これは中でも記念碑的録音と言われる、ニューオーリンズ・ジャズのトランぺッター、バンク・ジョンソンの42年録音。ジョージ・ルイス(CL)、ローレンス・マレロ(BJ)ら揃いも揃ったメンツの2曲。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Clarence Williams - THE MUSIC MAN 1927-1939

  • ジャズLP
 Clarence Williams- クラレンス・ウィリアムス - "THE MUSIC MAN 1927-1939"
USA / LP / Mono / MCA 1349 / Rec 1927 to 1939 / Pub 1982
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 1980 yen
■20年代NY黒人ジャズの元締め、クラレンス・ウィリアムスの音源集。
作曲、演奏、プロモーター、出版などなど、20年代ニューヨークの黒人音楽に関係することはまずほとんどやったんじゃないかというクラレンス・ウィリアムス。彼の回りには飛び切りのミュージシャンたちが沢山いました。これは彼が率いた4つのグループのいい音源を選りすぐった編集盤。27年のウォッシュボード・バンド、小編成のブルー・ファイヴ・オーケストラにくわえ、バンジョー・アイキー・ロビンソンらと組んだアラバマ・ジャグ・バンドを6曲も収録しているのがうれしい。【曲】「Cushion Foot Stomp (Take 1)」「Cushion Foot Stomp (Take 2)」「P.D.Q. Blues (Take 1)」「P.D.Q. Blues (Take 2)」「Baltimore (Take 1)(試聴)」「Baltimore (Take 2)」「Take Your Black Bottom Dance Outside」「Slow River (Take 1)」「Slow River (Take 2)」「Zulu Wail (Take 1)」「Zulu Wail (Take 2)」「My Gal Sal(試聴)」「Gulf Coast Blues」「I Wish I Could Shimmy Like My Sister Kate」「Jazz It Blues ( Jazz Me Blues)」「Somebody Stole My Gal」「Crazy Horse Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Turk Murphy And Wally Rose - THE MUSIC OF JELLY ROLL MORTON VOL.1

  • ジャズ10LP
 Turk Murphy And Wally Rose- ターク・マーフィ&ウォリー・ローズ - "THE MUSIC OF JELLY ROLL MORTON VOL.1"
USA / 10LP / Mono / Columbia CL6323 / Rec 1954 / Pub 1954
ジャケット表裏擦れわずか、レーベルひげ少々、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■ターク・マーフィのジェリー・ロール・モートン集第一集。
研究家によっては、ニューオーリンズと時を同じくしてジャズが始まったと言う人もいるサンフランシスコで、40年代以降のリバイバル・ジャズの中心にいたTB奏者ターク・マーフィ、そしてこの頃マーフィとともに活動していたピアニスト、ウォリー・ローズによるジェリー・ロール・モートン集。10インチLP、8曲入り。【曲】「Kansas City Stomps(試聴)」「Sweet Substitute」「Frog-I-More Rag」「Tom Cat Blues」「London Blues(試聴)」「Sidewalk Blues(試聴)」「Mr. Jelly-Lord」「Big Fat Ham」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Turk Murphy And Wally Rose - THE MUSIC OF JELLY ROLL MORTON VOL.2

  • ジャズ10LP
 Turk Murphy And Wally Rose- ターク・マーフィ&ウォリー・ローズ - "THE MUSIC OF JELLY ROLL MORTON VOL.2"
USA / 10LP / Mono / Columbia CL6324 / Rec 1954 / Pub 1954
ジャケット表裏擦れ少々、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■ターク・マーフィのジェリー・ロール・モートン集第二集。
研究家によっては、ニューオーリンズと時を同じくしてジャズが始まったと言う人もいるサンフランシスコで、40年代以降のリバイバル・ジャズの中心にいたTB奏者ターク・マーフィ、そしてこの頃マーフィとともに活動していたピアニスト、ウォリー・ローズによるジェリー・ロール・モートン集。10インチLP、8曲入り。【曲】「Jelly Roll Blues」「Stratford Hunch」「Wild Man Blues」「Shreveport Stomp」「Milenberg Joys(試聴)」「35th Street Blues」「New Orleans Blues(試聴)」「The Pearls」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bill Russo And His Orchestra - SEVEN DEADLY SINS

  • ジャズLP
 Bill Russo And His Orchestra- ビル・ルッソ&ヒズ・オーケストラ - "SEVEN DEADLY SINS"
USA / LP / Mono / Roulette R52063 / Rec 1960 / Pub 1960
ジャケット表裏擦れ少々、レーベルひげ極わずか、盤擦れほとんどなし
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 
■ジャズ・アレンジャー、ビル・ルッソの60年作。
トロンボーン奏者で、トリスターノ門下生、50年代初頭にはケントン楽団のアレンジャーとなり、クラシック寄りの作品も書いた3rdストリーム系アレンジャー最高峰ビル・ルッソ。これは、「貪食」「色欲」などカトリックの『七つの大罪』をテーマにした前衛モダン・ビッグ・バンド・アルバム。トリスターノ一派のクール路線のものもありますが(それでさえ相当挑戦的)、ほとんど現代音楽のレコード。オリジナル・レーベル。これの前作はこちらです。【曲】「Theme」「Greed」「Lechery(試聴)」「Gluttony」「Anger」「Envy(試聴)」「Sloth」「Pride-Epilogue」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Pat Dollohan And His Orchestra, Harris Brothers Texans, etc. - FROM COLLECTORS SHELVES

  • ジャズLP
 Pat Dollohan And His Orchestra, Harris Brothers' Texans, etc.- パット・ドロハン&ヒズ・オーケストラ、ハリス・ブラザーズ・テキサンズ - "FROM COLLECTORS SHELVES"
USA / LP / Mono / Harrison LP-F / Rec 1928 to 1932 / Pub 1976
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ少々、盤極浅い擦れわずか、中にボストンの絵葉書が入ってました
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2480 yen
■コレクターの棚から、という、あまりにマニアックなジャズ編集盤。
70年代中期わずかな期間の間活動、有名どころもありつつ誰もしらないようなグループを耳だけを頼りに掘り起こしたハリソン・レーベルから、まさしく誰が知ってるんだという4バンドの、しかも未発表テスト・プレスなども含め14曲収録したあまりにマニアックな一枚。28年から32年の音源。【曲】「Pat Dollohan And His Orchestra / Maybe This Is Love」「Sweet Liza」「Harris Brothers' Texans / Somebody Stole My Gal(試聴)」「The Pay-Off」「The South's Been A Mother To Me」「High Steppers / Keepin' Out Of Mischief Now(試聴)」「You Can't Stop Me From Loving You」「Henny Hendrickson's Louisville Serenaders / If I Had A Girl Like You」「After You've Gone」「`Leven-Thirty Night」「Bye-Bye Blues」「I'm Needin' You」「My Future Just Passed」「Without That Gal」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Night Club Kings, Spike Hughes Orchestra, Billy Cotton And His Band, etc. - JAZZ IN BRITAIN THE 30S

  • ジャズLP
 Night Club Kings, Spike Hughes Orchestra, Billy Cotton And His Band, etc.- ナイト・クラブ・オーケストラ、スパイク・ヒューズ・オーケストラ、ビリー・コットン&ヒズ・バンド、etc. - "JAZZ IN BRITAIN THE 30S"
U.K. / LP / Mono / Parlophone PMC7095 / Rec 1930s / Pub 1971
コーティングの三辺折り返しジャケット表裏擦れ少々、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■30年代のイギリスのジャズ名演集。
イギリスではこの手の盤の編集において右にでるものがいないクリス・エリスによる30年代英国ジャズ集。アメリカのように、20年代と30年代の違い、また流行りのスタイルの動向、地方の要素が入り乱れるのではなくて、様々なエッセンスをいいとこどりしたような美味しいジャズが花開いたイギリスのジャズの黄金期。この時代からクリス・エリスが16曲にしぼり選んだというだけあって、一曲一曲のレベルも相当に高い濃厚な一枚。【曲】「Night Club Kings / In The Moonlight(試聴)」「Someone」「Allah's Holiday」「Spike Hughes Orchestra / Whispering」「Billy Cotton And His Band / Buddy's Wednesday Outing」「Margie」「Old-Fashioned Love In My Heart」「Ray Noble And His Orchestra / Who Walks In When I Walk Out(試聴)」「Lew Davis / I Never Knew」「Billy Jones And His Dixieland Band / Bluin' The Blues」「Eddie Carroll And His Swing Music / Harlem」「Nat Gonella & His Georgians / Georgia On My Mind」「Henry Hall & His Orchestra / Eccentric(試聴)」「Six Swingers / Indianola」「Jack Hylton And His Orchestra / The Darktown Strutters Ball」「My Melancholy Baby」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Yothavatit Band - EVENING OVERTURE

  • 民俗音楽/タイLP
 Yothavatit Band- ヨサワティート・バンド - "EVENING OVERTURE"
Thailand / LP / Stereo / Sri Krung SPC5004 / Rec 1960s or 70s / Pub 1960s or 70s
ジャケット表裏円状の擦れ、下部中央縁裂け、裏ジャケットぽつぽつとしみ、レーベルひげ極わずか、盤きれい、極浅い擦れわずか
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 
■タイのブラス・バンドが、タイの民謡を演奏した非常に珍しい一枚。
グループ名、タイトルはライナーの英語解説に書いてあったもので正しいかはわかりません。スリ・クルンというレーベルからの一枚で、タイのブラス・バンドが自国の民謡を演奏した一枚。管楽器に民俗打楽器、ゴングという編成で、試聴のようなナンバーが最後まで続く強烈無国籍な内容。宮城の農民バンド北村大沢楽隊を思い出しました。【曲】「Sathukarn(試聴)」「Trah Nimitr」「Roor Sam La」「Khao Mann」「Pathom」「La」「Smer」「Roor」「Cherid(試聴)」「Klom」「Cham Narn」「Krao Nai」「La」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Turk Murphy And His Band - NEW ORLEANS SHUFFLE

  • ジャズLP
 Turk Murphy And His Band- ターク・マーフィ&ヒズ・バンド - "NEW ORLEANS SHUFFLE"
USA / LP / Mono / Columbia CL927 / Rec 1957 / Pub 1957
ジャケット表裏擦れわずか、下部中央に極小縁裂け、レーベルひげわずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 
■ターク・マーフィの57年作。
研究家によっては、ニューオーリンズと時を同じくしてジャズが始まったと言う人もいるサンフランシスコで、40年代以降のリバイバル・ジャズの中心にいたTB奏者ターク・マーフィの57年作。“何が魅惑的なダンス・ミュージックかに関する権威である私の三歳の娘によって検証され認められた” というジョージ・アヴァキャンのユーモラスなライナーの通り、音楽が本来持っているはずの、言葉では説明できない心を揺さぶる喜びや自然に体が動いてしまう生命感のようなものが他のどんなレコードよりも濃厚で、何度も何度も聞きたくなってしまうトラッド・ジャズ集。適度なルーム感と迫力のあるクリアな音が一つになった音も最高。オリジナル・レーベル。【曲】「New Orleans Shuffle(試聴)」「Of All the Wrongs You Have Done to Me」「Mandy, Make up Your Mind」「Chattanooga Stomp」「My Honey's Lovin' Arms」「Waiting for the Robert E. Lee」「Irish Black Bottom(試聴)」「Kansas City Man Blues」「Drop That Sack」「Gone Daddy Blues」「Come Back Sweet Papa」「New Orleans Stomp」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

King Oliver - 1929-1930

  • ジャズLP
 King Oliver- キング・オリバー - "1929-1930"
Italy / LP / Mono / Family SFR-DP657 / Rec 1929, 1930 / Pub 1972
ジャケット表裏擦れ、下部中央小縁裂け、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 3 / Disc 4 / Sound 1980 yen
■ルイ・アームストロングの師匠キング・オリバーの音源集。
サッチモの師匠だったことも有名なジャズ・トランペット(コルネット)の真のパイオニア、キング・オリバー。オリバーと言えばやはりそのサッチモが在籍していた20年代中期あたりまでのクレオール・ジャズ・バンドが知られ編集盤も多く出ているのですが、これはそれ以降、29年と30年のナンバーを収録した一枚。この時代も非常に面白いことをやっていたことがビシバシ伝わる内容。試聴一曲目のハワイアン・ギターはロイ・スメック。【曲】「Can I Tell You」「I Want You Just Myself」「I Can't Stop Lovin' You」「Everybody Does It Hawaii(試聴)」「Frankie And Johnny」「I Must Have It」「You're Just My Type」「Boogie Woogie(試聴)」「Nelson Stomp」「Nelson Stomp」「Stealing Love」「Stealing Love(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Orys Sunshine Orchestra, Sam Morgans Jazz Band, etc. - JAZZ 11 : ADDENDA

  • ジャズLP
 Ory's Sunshine Orchestra, Sam Morgan's Jazz Band, etc.- オリーズ・サンシャイン・オーケストラ、サム・モーガンズ・ジャズ・バンド、etc. - "JAZZ 11 : ADDENDA"
USA / LP / Mono / Folkways FJ2811 / Rec 1920s to 1940s / Pub 1958
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ極わずか、盤極表層のスクラッチわずか、ブックレット表紙のみしみ
Jacket 3.5~4 / Disc 3.5~4 / Sound 2980 yen
■ジャズの歴史を探るフォークウェイズ『Jazz』シリーズのラスト作。
『Jazz』は10巻で完結ですが、これはアンコールということで編算された一枚。本作には全シリーズを網羅するアーティストと曲の索引、このシリーズの発足の趣旨などが書かれたライナーも完備。早い話、これ一枚がもっともすばやく戦前の歴史をフォローできる10巻の内容を凝縮した一枚。もちろんリリースされた10枚とダブリは無し。これを聞いてから興味のある方面を探るのもお薦めですし、有名どころのエッセンシャルなものから知られざる名演に目から鱗(ほんとに)という人もいると思います。ニューオリンズ、ブルース、ハーレム、シカゴ等からそれぞれ1、2曲を選曲、最後はビバップ。28年からジャズを買い始めたという編者のフレデリック・ラムゼイの音楽人生をまとめた大仕事。70パーセントは彼のコレクションから。【曲】「Ory's Sunshine Orchestra / Ory's Creole Trombone」「Sam Morgan's Jazz Band / Bogalusa Strut」「Jimmy Bertrand's Washboard Wizards / Little Bits」「Ma Rainey / Hear Me Talking To You(試聴)」「Fats Waller And His Rhythm / Squeeze Me(試聴)」「Eddie Condon / Home Cooking」「Jelly Roll Morton's Red Hot Peppers / Kansas City Stomps」「New Orleans Feetwarmers / Maple Leaf Rag」「Scott Joplin / Original Rags」「Chocolate Dandies / Bugle Call Rag」「Bunny Berigan And His Blue Boys / I'm Coming Virginia(試聴)」「Tommy Ladnier / Really The Blues」「Frankie Newton's Orchestra / The World Is Waiting For The Sunrise」「Dizzy Gillespie And His Sextet / Groovin' High」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Harlem Hamfats - 1936-1939

  • ジャズ/ブルースLP
 Harlem Hamfats- ハーレム・ハムファッツ - "1936-1939"
Austria / LP / Mono / Document DLP547 / Rec 1936 to 1939 / Pub 1988
ジャケット表裏擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤ほぼ擦れ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2680 yen
■デルタ、ニューオリンズ、シカゴのブルース&ジャズが混ざったワン&オンリーのハーレム・ハムファッツ。
シンガー等の伴奏を務めるために35年頃シカゴに結集したミュージシャンによるバンド、ハーレム・ハムファッツ。といいつつハーレム出身は1人もおらず、ミシシッピからチャーリーとジョーのマッコイ兄弟(G、Mandolin)、ニューオリンズからハーブ・モランド(TP)、オデル・ランド(CL)、シカゴからホレス・マルコム(P)ら。つまりデルタ、ニューオリンズ、シカゴなどのブルースとジャズが混ざったということがこのバンドを数倍面白いものに。このバンドがロックンロールの原型を既に作り上げているという人もいます。これは墺ドキュメントから出た36~39年の音源集。20曲入り。【曲】「Little Girl(試聴)」「I Feel Like A Millionaire」「Bad Luck Man(試聴)」「Ooh-Wee Babe」「I Don't Want You Loving Me」「She's A Mellow Mother For You」「What's My Baby Doin'?」「Time's-A-Wastin'」「Toodle Oo Blues」「What's On Your Mind?」「Save Me Some」「Don't Start No Stuff」「Let Me Feel It(試聴)」「I'd Rather Be With You」「Mellow Little Devil」「The Barefoot Boy」「Rockin' Myself To Sleep」「Take Me In Your Alley」「You Can't Win In Here」「When My Love Has Come Down」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2017年3月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
2017年4月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(水曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.