(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: bop)

Liz Gorrill And Andy Fite - PHANTASMAGORIA

  • フリー・ジャズLP
Liz Gorrill And Andy Fite- リズ・ゴーリル&アンディ・ファイト - "PHANTASMAGORIA"
USA / LP / Stereo / New Artist 1004 / Rec 1988 / Pub 1988
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤擦れほとんどなし
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3800 yen
■女性ピアニスト、リズ・ゴーリルと、ギタリスト、アンディ・ファイトのデュオ盤。
レニー・トリスターノに直に教わった最後の門下生、リズ・ゴーリル。本当にトリスターノがのりうったとしか思えない、しかし非常に可愛らしく魅力的な女性ジャズ・ピアニスト(+シンガー)。そしてスウェーデン生まれでアメリカに渡った、クラシックの造詣も深いギタリスト、アンディ・ファイト。この時期は彼女のみならずトリスターノ門下生たちと活動していたのだそう。ゴーリルがこんなレコードを作っていたのもびっくりですが、中身も素晴らしいの一言。トリスターノの神秘性を保ち彼女なりに自由に広げたピアノ、細身でいつつ存在感のある寄り添うギター。やはり女性のピアニスト、コニー・クローザーズなどトリスターノ一派が多いニュー・アーティスト・レーベルから。【曲】「Hi!」「All The Things You Are」「Maybe Angry」「Grieving(試聴)」「Phantasmagoria」「Out of Nowhere(試聴)」「Into Wishin'」「At the Dance(試聴)」「Unbearable Longing」「Sudden Clarity」「All of Me」「Magical」「Lovin' This Thing Called Love」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Cecil Taylor - IN TRANSITION

  • ジャズLP
Cecil Taylor- セシル・テイラー - "IN TRANSITION"
USA / LP / Mono - Stereo / Blue Note BN-LA458-H2 / Rec 1956, 1959 / Pub 1975
見開きジャケット表裏円状の擦れ、内側しみ(テープ跡?)、レーベル二枚ともひげ無し、盤二枚とも極浅い擦れのみ
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■フリー・ジャズのパイオニア、セシル・テイラーの再発カップリング盤。
ミスタッチと表現の差は、結局は人間的な魅力ということに帰結するということも感じさせる、プリ・フリー・ジャズの大名盤。2LPで、一枚目は、マイナー・レーベル、トランジションから56年に出たデビュー・アルバム『Jazz Advance』を丸々、二枚目は、59年の『Love For Sale』に未発表曲を追加したもの。オーネット・コールマンと同種の、きちんとしたストラクチャーのあるフリー・ジャズ前夜のスリルにあふれた最高の二枚。試聴一曲目、マイルスが『Round About..』を録音してたころですよ。すごーー。一枚目にはステーヴ・レイシー(Sop.S)、二枚目にはテッド・カーソン(TP)ら参加。ちなみに二枚ともプロデュースはトム・ウィルソン。【曲】「Bemsha Swing(試聴)」「Charge 'Em Blues」「Azure」「Song」「You'd Be So Nice To Come Home To」「Rick Kick Shaw」「Sweet And Lovely」「Get Out Of Town」「Carol / Three Points(試聴)」「Love For Sale」「Little Lees」「Motystrophe」「I Love Paris」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Lou Levy - SOLO SCENE

  • ジャズLP
 Lou Levy- ルー・レヴィ - "SOLO SCENE"
USA / LP / Mono / RCA Victor LPM1267 / Rec 1956 / Pub 1956
ジャケット擦れ極わずか、裏ジャケットテープ跡、スタンプ、鉛筆書き込み、レーベルひげ少々、盤極浅い擦れほんのわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 3680 yen
■ジャズ・ピアニスト、ルー・レヴィがピアノ一台で弾ききったアルバム。
非の打ちどころのないテクニック、モダンな感覚、アート・テイタムとバド・パウエルに影響を受けたというのがよくわかる、ジャズ・ピアニスト、ルー・レヴィの56年作。40年代以降、バップ、モダンのセッション、数多くの歌伴をこなした彼の本作は、他の楽器を一切入れず、ピアノ一台のみでスタンダード中心に弾いた一枚。スウィートな曲も含めてしゃっきりとした若々しい演奏を聞かせる内容。オリジナル・レーベル。【曲】「Ding Dong The Witch Is Dead(試聴)」「Lullaby Of The Leaves」「Maging Whoopee」「It Ain't Necessarily So」「Violets For Your Furs」「Get Happy」「That Old Black Magic」「I'll Take Romance」「Nice Work If You Can Get It」「Black Coffee」「Cheek To Cheek(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Gary Foster - SUBCONSCIOUSLY

  • ジャズLP
 Gary Foster- ゲイリー・フォスター - "SUBCONSCIOUSLY"
USA / LP / Stereo / Revelation REV-5 / Rec 1968 / Pub 1968
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか、もとからのチリ音少々
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■西のマルチ木管奏者、ゲイリー・フォスターのファースト・アルバム。
進歩的なのか退化なのかわからなくなる未完成の面白さを前面に打ち出したレーベル、リヴェレイション。本作にも参加しているギタリスト、デニス・バディマーや、クレア・フィッシャーなど、西海岸のジャズ・マンの、まるでデモ・セッションのような肌触りの極私的なモダン・ジャズ・アルバムをリリース。これまた大大推薦の一枚。トリスターノ一派に影響を受けたマルチ木管奏者ゲイリー・フォスターの68年のアルバム。バディマーのギター、フィッシャーのピアノ等最小限のバッキングにわびしく吹くナンバーの数々。【曲】「Ornithardy(試聴)」「All Of Me」「Pensativa(試聴)」「What Is This Thing Called Love (Unaccompanied Alto Version)」「What Is This Thing Called Love (Unaccompanied Dual Tracked Alto Version)」「I'll Close My Eyes」「Liz Anne」「In Memorium: J.R.K. And R.F.K.」「Elegy」「Wistful Samba」「Peri's Scope」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

George Shearing Quintet - WHEN LIGHTS ARE LOW

  • ジャズ10LP
George Shearing Quintet- ジョージ・シアリング・クインテット - "WHEN LIGHTS ARE LOW"
USA / 10LP / Mono / MGM E226 / Rec 1953 / Pub 1953
ジャケット表裏擦れ少々、レーベルひげ少々、盤浅い擦れ、プツ音でる小スクラッチ少し
Jacket 3~3.5 / Disc 3~3.5 / Sound 3~3.5  2680 yen
■MGM時代初期の静かなアルバム。
シアリング・サウンドといわれる超低温のクール・ジャズを生んだ盲目のピアニスト、ジョージ・シアリング。これは53年のアルバムで、まさに夜中のムードのナンバーで満たされた一枚。タイトル曲が一番明るいぐらいで、シアリングのアルバムに必ず入っているラテン・ジャズも一曲だけでとても静か。53年オリジナル。【曲】「When Lights Are Low(試聴)」「I Hear A Rhapsody」「Don't Blame Me」「Thine Alone」「Indian Summer(試聴)」「There's A Lull In My Life」「I Didn't Know What Time It Was 」「When Your Lover Has Gone(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Zoot Sims - NEW BEAT BOSSA NOVA VOL.2

  • ジャズLP
 Zoot Sims- ズート・シムズ - "NEW BEAT BOSSA NOVA VOL.2"
USA / LP / Mono / Colpix CP437 / Rec 1962 / Pub 1962
ジャケット円状の擦れ少々、下部中央縁裂け、レーベルひげあり、盤プツ音でる小スクラッチ少し、ほとんど気になりません
Jacket 3 / Disc 3~3.5 / Sound 3.5  2980 yen
■モダン・ジャズ・テナー奏者ズート・シムズのボサノバ・アルバム。
軽妙洒脱が大前提、しかしその守られるべき形式とミュージシャンそれぞれのエッセンスの拮抗で恐ろしくディープな表現ができるボサノバ。ウッディ・ハーマン楽団の同窓生スタン・ゲッツとほぼ同時期にボサノバをプレイしたモダン・テナー奏者、ズート・シムズの62年のアルバム。全編一曲の例外も無く試聴のような心地よく流れる演奏。ゲッツに比べてボサノバ界での評価は高くないかもしれませんが、このポップな味はゲッツには無いものでしょう。【曲】「Cancion De Bernardito (Bernie's Tune)」「Poquito Cantando(試聴)」「Pies Danzantes (Tickle Toe)」「Camino Solitario (Lonesome Road)」「Samba Instantanea (Instant Samba)」「Llamaron El Viento Maria (They Call The Wind Maria)」「Querido Retorna A Mi (Lover Come Back To Me)(試聴)」「Hijo De La Naturaleza (Nature Boy)」「Buscanda La Luna (Reaching For The Moon)」「No Juegues Con El Amor (Don't Fool With Love)(試聴)」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Leo Watson - THE SCAT MAN

  • ジャズ・ボーカルLP
 Leo Watson- レオ・ワトソン - "THE SCAT MAN"
Italy / LP / Mono / Swingtime ST1026 / Rec 1937 to 1946 / Pub 1980s
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤ほぼ新品同様
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■バップ・スキャットのパイオニア、レオ・ワトソンの音源集。
内容最高なジャンプ、R&B、ジャズ、ブルース編集盤を連発した、イタリアのスウィングタイムから元スピリッツ・オブ・リズムのボーカリストで、バップ・スキャットのパイオニアの一人、レオ・ワトソン。彼のリーダー録音、またバンド・シンガーとして録音した物の中でも極上のパフォーマンスを収録した編集盤。【曲】「Utt Da Zay」「The Man With The Mandoline(試聴)」「Jada」「It's The Tune That Counts」「Honeysuckle Rose」「Scattin' The Blues」「She Ain't No Saint」「Coquette」「Sonny Boy(試聴)」「Tight And Gay」「Snake Pit」「Jingle Bells」「Shoot The Likker To Me」「Free Wheeling」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Mamie Smith With Perry Bradfords Jazz Hounds, Coleman Hawkins Quartet With Thelonious Monk, etc. - A HISTORY OF JAZZ : THE NEW YORK SCENE

  • ジャズLP
Mamie Smith With Perry Bradford's Jazz Hounds, Coleman Hawkins Quartet With Thelonious Monk, etc.- メイミー・スミス&ペリー・ブラッドフォード、コールマン・ホーキンス&セロニアス・モンク、etc. - "A HISTORY OF JAZZ : THE NEW YORK SCENE"
USA / LP / Mono / RBF RF3 / Rec 1914 to 1945 / Pub 1961
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し、インサートきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ニューヨークのジャズ名演をまとめたRBFの編集盤。
フォークウェイズの有名な"JAZZ"シリーズとは関係なく、フォークウェイズの親戚レーベル、RBFが独自に作ったニューヨーク・ジャズ集。"何年代のジャズ"という内容ではなく、ジャズ以前のバンドから黎明期、そして華やかな20年代、キャブ・キャロウェイ等の30年代、セロニアス・モンク、ディジー・ガレスピー等40年代ビバップまでを14曲のマスターピースで聞く一枚。【曲】「Europe's Society Orchestra / Too Much Mustard」「Original Dixieland Jazz Band / Sensation Rag」「Mamie Smith With Perry Bradford's Jazz Hounds / Crazy Blues」「Fletcher Henderson And His Orchestra / Sugar Foot Stomp(試聴)」「Clarence Williams' Washboard Five / Log Cabin Blues」「Charlie Johnson's Paradise Orchestra / Boy In The Boat」「Miff Mole's Little Molers / Shim-Me-Sha-Wabble」「Louisiana Sugar Babes / Thou Swell(試聴)」「Duke Ellington And His Orchestra / Harlem River Quiver」「Missourians / Ozark Mountain Blues」「Cab Calloway And His Orchestra / Keep That Hi-De-Hi In Your Soul」「Jimmy Lunceford And His Orchestra / Jazznochracy」「Coleman Hawkins Quartet With Thelonious Monk / Flyin' Hawk(試聴)」「Dizzy Gillespie And His Sextet / Groovin' High」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Ran Blake - PLAYS SOLO PIANO

  • ジャズLP
 Ran Blake- ラン・ブレイク - "PLAYS SOLO PIANO"
USA / LP / Mono / ESP-Disk 1011 / Rec 1965 / Pub mid to late60s
ジャケット表裏擦れほぼ無し、レーベルひげ極わずか、盤浅い擦れわずか、もとからの小チリ音
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  4800 yen
■ピアニスト、ラン・ブレイクのファースト・アルバム。
こちらもどうぞ、試聴は違う曲です)レパートリーを見てもジャズに根ざしているのはわかるものの、いつ聞いても本当はジャズに影響など受けていないのではないかと思ってしまうピアニスト、ラン・ブレイク。50年代後半には女性シンガー、ジニー・リーとの即興バンドを結成、その後ESPディスクからリリースされた65年のファースト・ソロ・アルバム。ジャズと何か他の音楽の境界を描くような、さらさらと静かでいて安堵の訪れないアルバム。オリジナル・レーベル。【曲】「Vanguard」「Stratusphunk」「Sleepy Time Ga(試聴)l」「Green Dolphin Street」「Eric」「There'll Be Some Changes Made」「Good Mornin Heartache」「Sister Tee」「Lonely Woman(試聴)」「Birmingham, U.S.A.」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Harry Lookofsky Strings, Harris-Leigh Quartet, etc. - NEW CHAMBER JAZZ

  • ジャズ10LP
 Harry Lookofsky Strings, Harris-Leigh Quartet, etc.- ハリー・ルーコフスキー・ストリングス、ハリス・リー・カルテット、etc. - "NEW CHAMBER JAZZ"
USA / 10LP / Mono / Epic LN1124 / Rec mid50s / Pub mid50s
ジャケット表裏擦れ少々、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■50年代チェンバー・ジャズ最高のオムニバス。
ジャズ・メンでもブットンダ人はほとんどクラシックをしゃぶりつくして自身のジャズに適合なり融合なりさせていましたが、この一枚は頭にNEWをわざわざつけた新感覚のチェンバー・ジャズ。ジャズ・トリオに多重録音されたエレクトリック・ヴァイオリンがのるハリー・ルーコフスキー・ストリングスによる未来的な2曲。チェンバー・ジャズ史上の超傑作を3枚出したハリス・リー・カルテットのバロック風ジャズに、ホルンを二本いれたルー・ステイン・カルテットのモダンなナンバーなどなどを収録した、いまでも斬新な響きがするチェンバー・ジャズの究極オムニバス。【曲】「Harry Lookofsky Strings / Swingin Till The Girls Come Home」「Harris-Leigh Quartet / When I Fall In Love(試聴)」「Lou Stein Quartet / Love Walked In」「Lou Stein Quartet / Jim And Andy's」「Sven Von Berg Quintet / Sid's Bid(試聴)」「Harry Lookofsky Strings / Little Bandmaster(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bobby Enevoldsen - SMORGASBORD

  • ジャズLP
 Bobby Enevoldsen- ボビー・エネヴォルドゼン - "SMORGASBORD"
USA / LP / Mono / Liberty LJH6008 / Rec 1956 / Pub 1956
コーティング・ジャケット擦れ少々、コート材のしわ少々、下部中央にしみと縁裂け、上部取り出し口に縁裂け、レーベルひげ少々、盤極浅い擦れほんのわずか
Jacket 3 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4  2980 yen
■西海岸の管楽器奏者ボビー・エネヴォルドゼンの56年作。
西海岸ジャズのキーマンと言える人で、様々な重要セッションで活躍したマルチ管楽器奏者ボビー・エネヴォルドゼン。56年のアルバムで、彼の魅力はもちろんそれ以上に参加メンバーも力を発揮した名作。マーティ・ペイチ(P, Org,, Acc.)、ハワード・ロバーツ(G)、ラリー・バンカー(Vib, D)、レッド・ミッチェル(B, P)、ドン・ヒース(D)で、彼曰くストレートにジャズしたと語っていますが全然ストレートじゃなくて、ヒネリ、遊びの効いた一枚。タイトルはヴァイキング(とり放題のレストラン)のことで、確かに楽器をヴァイキング形式で演奏しています。【曲】「Ding Dong, The Witch Is Dead(試聴)」「Swingin' On A Star」「Swinger's Dream」「My Ideal」「How Low The Tune」「John's Jumble(試聴)」「You're In Love(試聴)」「Thinking Of You」「No Time For Love」「Mr. Know-It-All」「Oh! Look At Me Now」「Bob's Boy」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Mitchell-Ruff Duo - CAMPUS CONCERT

  • ジャズLP
Mitchell-Ruff Duo- ミッチェル・ラフ・デュオ - "CAMPUS CONCERT"
USA / LP / Mono / Epic LN3318 / Rec 1956 / Pub 1956
ジャケット擦れ少々、上部右側と背の下部にテープ、レーベルひげ少々、盤浅い擦れ、小プツ音でる表層スクラッチ少し
Jacket 3.5 / Disc 3.5 / Sound 3.5  2980 yen
■ライブ風のタイトルですが、スタジオ録音作品。こんな特殊なデュオは世界で只一組。
ハンプトン楽団をそろって抜けたピアニスト、ドゥワイク・ミッチェルと、ベース&フレンチ・ホルンのウイリー・ラフが55年に結成した独創的なジャズ・デュオ、ミッチェル・ラフ・デュオ。ピアノ&ベース又はピアノ&フレンチ・ホルンという組み合わせで、演目はジャズ系スタンダード。原曲を何十倍にも膨らませた抽象的な和音と奏法で波のようすを表したピアノが絶品の「Red Sails In The Sunset」、スペイシーなフレンチ・ホルンと機械仕掛けのようなピアノで演奏される「Out Of This World」等々収録。ちなみにウィリー・ラフは後年天文学者ケプラーの理論で電子音楽を始める人。オリジナル盤。【曲】「They Can't Take That Away From Me(試聴)」「Red Sails In The Sunset」「My Heart Stood Still」「Little Girl Blue」「I'll Take Romance」「Body And Soul」「'Round Midnight」「But Beautiful」「Out Of This World(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2017年7月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2017年8月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.