(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: bop)

Mamie Smith With Perry Bradfords Jazz Hounds, Coleman Hawkins Quartet With Thelonious Monk, etc. - A HISTORY OF JAZZ : THE NEW YORK SCENE

  • ジャズLP
 Mamie Smith With Perry Bradford's Jazz Hounds, Coleman Hawkins Quartet With Thelonious Monk, etc.- メイミー・スミス&ペリー・ブラッドフォード、コールマン・ホーキンス&セロニアス・モンク、etc. - "A HISTORY OF JAZZ : THE NEW YORK SCENE"
USA / LP / Mono / RBF RF3 / Rec 1914 to 1945 / Pub 1961
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し、インサートきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■ニューヨークのジャズ名演をまとめたRBFの編集盤。
フォークウェイズの有名な"JAZZ"シリーズとは関係なく、フォークウェイズの親戚レーベル、RBFが独自に作ったニューヨーク・ジャズ集。"何年代のジャズ"という内容ではなく、ジャズ以前のバンドから黎明期、そして華やかな20年代、キャブ・キャロウェイ等の30年代、セロニアス・モンク、ディジー・ガレスピー等40年代ビバップまでを14曲のマスターピースで聞く一枚。【曲】「Europe's Society Orchestra / Too Much Mustard」「Original Dixieland Jazz Band / Sensation Rag」「Mamie Smith With Perry Bradford's Jazz Hounds / Crazy Blues」「Fletcher Henderson And His Orchestra / Sugar Foot Stomp(試聴)」「Clarence Williams' Washboard Five / Log Cabin Blues」「Charlie Johnson's Paradise Orchestra / Boy In The Boat」「Miff Mole's Little Molers / Shim-Me-Sha-Wabble」「Louisiana Sugar Babes / Thou Swell(試聴)」「Duke Ellington And His Orchestra / Harlem River Quiver」「Missourians / Ozark Mountain Blues」「Cab Calloway And His Orchestra / Keep That Hi-De-Hi In Your Soul」「Jimmy Lunceford And His Orchestra / Jazznochracy」「Coleman Hawkins Quartet With Thelonious Monk / Flyin' Hawk(試聴)」「Dizzy Gillespie And His Sextet / Groovin' High」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Ran Blake - PLAYS SOLO PIANO

  • ジャズLP
 Ran Blake- ラン・ブレイク - "PLAYS SOLO PIANO"
USA / LP / Mono / ESP-Disk 1011 / Rec 1965 / Pub mid to late60s
ジャケット表裏擦れほぼ無し、レーベルひげ極わずか、盤浅い擦れわずか、もとからの小チリ音
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  4800 yen
■ピアニスト、ラン・ブレイクのファースト・アルバム。
こちらもどうぞ、試聴は違う曲です)レパートリーを見てもジャズに根ざしているのはわかるものの、いつ聞いても本当はジャズに影響など受けていないのではないかと思ってしまうピアニスト、ラン・ブレイク。50年代後半には女性シンガー、ジニー・リーとの即興バンドを結成、その後ESPディスクからリリースされた65年のファースト・ソロ・アルバム。ジャズと何か他の音楽の境界を描くような、さらさらと静かでいて安堵の訪れないアルバム。オリジナル・レーベル。【曲】「Vanguard」「Stratusphunk」「Sleepy Time Ga(試聴)l」「Green Dolphin Street」「Eric」「There'll Be Some Changes Made」「Good Mornin Heartache」「Sister Tee」「Lonely Woman(試聴)」「Birmingham, U.S.A.」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Harry Lookofsky Strings, Harris-Leigh Quartet, etc. - NEW CHAMBER JAZZ

  • ジャズ10LP
 Harry Lookofsky Strings, Harris-Leigh Quartet, etc.- ハリー・ルーコフスキー・ストリングス、ハリス・リー・カルテット、etc. - "NEW CHAMBER JAZZ"
USA / 10LP / Mono / Epic LN1124 / Rec mid50s / Pub mid50s
ジャケット表裏擦れ少々、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■50年代チェンバー・ジャズ最高のオムニバス。
ジャズ・メンでもブットンダ人はほとんどクラシックをしゃぶりつくして自身のジャズに適合なり融合なりさせていましたが、この一枚は頭にNEWをわざわざつけた新感覚のチェンバー・ジャズ。ジャズ・トリオに多重録音されたエレクトリック・ヴァイオリンがのるハリー・ルーコフスキー・ストリングスによる未来的な2曲。チェンバー・ジャズ史上の超傑作を3枚出したハリス・リー・カルテットのバロック風ジャズに、ホルンを二本いれたルー・ステイン・カルテットのモダンなナンバーなどなどを収録した、いまでも斬新な響きがするチェンバー・ジャズの究極オムニバス。【曲】「Harry Lookofsky Strings / Swingin Till The Girls Come Home」「Harris-Leigh Quartet / When I Fall In Love(試聴)」「Lou Stein Quartet / Love Walked In」「Lou Stein Quartet / Jim And Andy's」「Sven Von Berg Quintet / Sid's Bid(試聴)」「Harry Lookofsky Strings / Little Bandmaster(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bobby Enevoldsen - SMORGASBORD

  • ジャズLP
 Bobby Enevoldsen- ボビー・エネヴォルドゼン - "SMORGASBORD"
USA / LP / Mono / Liberty LJH6008 / Rec 1956 / Pub 1956
コーティング・ジャケット擦れ少々、コート材のしわ少々、下部中央にしみと縁裂け、上部取り出し口に縁裂け、レーベルひげ少々、盤極浅い擦れほんのわずか
Jacket 3 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4  2980 yen
■西海岸の管楽器奏者ボビー・エネヴォルドゼンの56年作。
西海岸ジャズのキーマンと言える人で、様々な重要セッションで活躍したマルチ管楽器奏者ボビー・エネヴォルドゼン。56年のアルバムで、彼の魅力はもちろんそれ以上に参加メンバーも力を発揮した名作。マーティ・ペイチ(P, Org,, Acc.)、ハワード・ロバーツ(G)、ラリー・バンカー(Vib, D)、レッド・ミッチェル(B, P)、ドン・ヒース(D)で、彼曰くストレートにジャズしたと語っていますが全然ストレートじゃなくて、ヒネリ、遊びの効いた一枚。タイトルはヴァイキング(とり放題のレストラン)のことで、確かに楽器をヴァイキング形式で演奏しています。【曲】「Ding Dong, The Witch Is Dead(試聴)」「Swingin' On A Star」「Swinger's Dream」「My Ideal」「How Low The Tune」「John's Jumble(試聴)」「You're In Love(試聴)」「Thinking Of You」「No Time For Love」「Mr. Know-It-All」「Oh! Look At Me Now」「Bob's Boy」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Mitchell-Ruff Duo - CAMPUS CONCERT

  • ジャズLP
 Mitchell-Ruff Duo- ミッチェル・ラフ・デュオ - "CAMPUS CONCERT"
USA / LP / Mono / Epic LN3318 / Rec 1956 / Pub 1956
ジャケット擦れ少々、上部右側と背の下部にテープ、レーベルひげ少々、盤浅い擦れ、小プツ音でる表層スクラッチ少し
Jacket 3.5 / Disc 3.5 / Sound 3.5  2980 yen
■ライブ風のタイトルですが、スタジオ録音作品。こんな特殊なデュオは世界で只一組。
ハンプトン楽団をそろって抜けたピアニスト、ドゥワイク・ミッチェルと、ベース&フレンチ・ホルンのウイリー・ラフが55年に結成した独創的なジャズ・デュオ、ミッチェル・ラフ・デュオ。ピアノ&ベース又はピアノ&フレンチ・ホルンという組み合わせで、演目はジャズ系スタンダード。原曲を何十倍にも膨らませた抽象的な和音と奏法で波のようすを表したピアノが絶品の「Red Sails In The Sunset」、スペイシーなフレンチ・ホルンと機械仕掛けのようなピアノで演奏される「Out Of This World」等々収録。ちなみにウィリー・ラフは後年天文学者ケプラーの理論で電子音楽を始める人。オリジナル盤。【曲】「They Can't Take That Away From Me(試聴)」「Red Sails In The Sunset」「My Heart Stood Still」「Little Girl Blue」「I'll Take Romance」「Body And Soul」「'Round Midnight」「But Beautiful」「Out Of This World(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jimmy Giuffre 3 - JIMMY GIUFFRE 3

  • ジャズLP
 Jimmy Giuffre 3- ジミー・ジュフリー3 - "JIMMY GIUFFRE 3"
USA / LP / Mono / Atlantic 1254 / Rec 1957 / Pub 1957
コーティング・ジャケット二か所カット、表裏擦れ少々、レーベル小よごれ、ひげ、盤プツ音でるスクラッチ少々
Jacket 3 / Disc 2.5~3 / Sound 2.5~3  2480 yen
■ジミー・ジュフリー・トリオのファースト・アルバム。
確かにモダン・ジャズ、バップの音でありながら、常にメインストリームと一定の距離を置いて、ジャズの構造や核を暴くようなレコードを連発したジミー・ジュフリー。これは、ジム・ホール(G)、ラルフ・ペナ(B)とともに結成した第一期トリオのファースト。ドラムを抜いたことで生まれるクリアな空間の中で三人のアンサンブルとインプロを境い目なくつなぎ合わせた室内楽のジャズ。3声のメロディが隙間を縫いあったり、アンダーラインを弾きあったり、メロディやコードから離れて音の模様でソロイストを支えたりともうほんと面白い。57年オリジナル。【曲】「Gotta Dance(試聴)」「Two Kinds Of Blues」「The Song Is You(試聴)」「Crazy She Calls Me」「Voodoo」「My All」「That's The Way It Is」「Crawdad Suite」「The Train And The Rive」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jimmy Giuffre 3 - THESIS

  • ジャズLP
 Jimmy Giuffre 3- ジミー・ジュフリー3 - "THESIS"
USA / LP / Stereo / Verve V6-8402 / Rec 1961 / Pub 1961
コーティングの見開きジャケット表裏擦れ少々、左下カット、内側擦れ少々、レーベルひげ極わずか、盤浅い擦れわずか、Aラストの最後の方に一本スクラッチ、ほぼ音に出ません
Jacket 3.5 / Disc 3.5~4 / Sound 4  2980 yen
■ジミー・ジュフリーの名物トリオの二作目。
確かにモダン・ジャズ、バップの音でありながら、常にメインストリームと一定の距離を置いて、ジャズの構造や核を暴くようなレコードを連発したジミー・ジュフリー。これは、ポール・ブレイ(P)、スティーヴ・スワロウ(B)で結成された、その後のジャズの行先を占ううえでも最重要と言われる彼の二代目トリオの二枚目。ジャズの熱狂性やなまめかしさを消し、フリー・インプロヴィゼーションの到来を予言するような、涼しく軽やかな異質のフリー・ジャズ盤。【曲】「Ictus」「That' True, That's True(試聴)」「Sonic」「Whirrrr(試聴)」「Carla」「Goodbye」「Flight」「The Gamut(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Lennie Tristano, Lee Konitz Quartet - SOLO IN EUROPE

  • ジャズLP
 Lennie Tristano, Lee Konitz Quartet- レニー・トリスターノ、リー・コニッツ・カルテット - "SOLO IN EUROPE"
Italy / Israel / LP / Mono / Unique Jazz U21 / Rec 1958, 1965 / Pub 1970s
ジャケット表裏擦れ少々、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■欧ライブ音源。A面にトリスターノのソロ、B面にコニッツ、エヴァンスらのカルテットを収録。
レア・ジャズ・ライブ音源をリリースしていたイタリアのユニーク・ジャズ・レーベルから、これは本当に貴重な音源。A面とB面の一曲目は65年、コペンハーゲンとストックホルムでの演奏のものを収録。鬼気迫るというか、ちょっと引くぐらいヘヴィで直截的、挑戦的なしびれる演奏。裏面には二種類のリー・コニッツ・カルテットを収録。「Star Eyes」は58年ストックホルムで、フィニアス・ニューボーン(P)、ケニー・クラーク(D)ら。「Detour Ahead」「Melanchory Baby」は65年ベルリンで、ビル・エヴァンス(P)、アラン・ドーソン(D)ら。【曲】「Darn That Dream」「Lullaby Of The Leaves」「Everything Happens To Me(試聴)」「Foolin' Myself」「Darn That Dream」「Imagination」「Introduction」「Cool Boogie」「Star Eyes」「Detour Ahead」「Melancholy Baby(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Ran Blake - PLAYS SOLO PIANO

  • ジャズLP
 Ran Blake- ラン・ブレイク - "PLAYS SOLO PIANO"
USA / LP / Mono / ESP Disk 1011 / Rec 1965 / Pub mid to late60s
ジャケット表裏擦れ極わずか、下部中央小縁裂け、レーベルひげ無し、盤A1にプレスに起因するプツ音数回でるところ一か所、他きれい
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■ピアニスト、ラン・ブレイクのファースト・アルバム。
レパートリーを見てもジャズに根ざしているのはわかるものの、いつ聞いても本当はジャズに影響など受けていないのではないかと思ってしまうピアニスト、ラン・ブレイク。50年代後半には女性シンガー、ジニー・リーとの即興バンドを結成、その後ESPディスクからリリースされた65年のファースト・ソロ・アルバム。ジャズと何か他の音楽の境界を描くような、さらさらと静かでいて安堵の訪れないアルバム。オリジナル・レーベルは恐らくオレンジ、これはセカンド。【曲】「Vanguard」「Stratusphunk(試聴)」「Sleepy Time Gal」「Green Dolphin Street」「Eric(試聴)」「There'll Be Some Changes Made」「Good Mornin Heartache」「Sister Tee」「Lonely Woman」「Birmingham, U.S.A.」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Stan Kenton And His Orchestra - ENCORES

  • ジャズ10LP
 Stan Kenton And His Orchestra- スタン・ケントン&ヒズ・オーケストラ - "ENCORES"
USA / 10LP / Mono / Capitol H155 / Rec 1940s / Pub 1950
ジャケット三辺テープ、擦れ、小汚れ少々、裏ジャケットにスタンプ、レーベルひげ無し、盤きれい、極浅い擦れ少々
Jacket 2.5 / Disc 4 / Sound 1980 yen
■スタン・ケントン50年のファースト・アルバム。
西の重要ジャズ・マンが軒並み顔を揃え、過去のジャズから決別したようなサウンドを展開していたスタン・ケントン楽団。これはSP盤からLP/シングルの時代になり初めてリリースされたケントンのファースト・アルバム。40年代にキャピトルに残した絶頂期のナンバーが8曲選ばれています。ダリ風のシュールな絵に描かれている様な殺伐とした異次元なジャズを組み立てているのは、ケントン、ケン・ハンナ、そして大部分がエーテル・サウンドの継承者ピート・ルゴロ。演奏メンバーは、アート・ペッパー、ボブ・クーパー、ローリンド・アルメイダ、ジューン・クリスティ、シェリー・マン、ジャック・コスタンゾetc....【曲】「Peg O' My Heart(試聴)」「He's Funny That Way(試聴)」「Capitol Punishment」「Painted Rhythm」「Lover(試聴)」「Somnambulism」「Abstraction」「Chorale For Brass, Piano And Bongo」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Sir Charles Thompson And His Band - STARRING COLEMAN HAWKINS

  • ジャズ10LP
 Sir Charles Thompson And His Band- サー・チャールズ・トンプソン&ヒズ・バンド - "STARRING COLEMAN HAWKINS"
U.K. / 10LP / Mono / Vanguard PPT12011 / Rec 1954 / Pub 1950s
コーティングの折り返しジャケット表裏円状の擦れ少々、レーベルひげ少々、盤極浅い擦れ、プツ音出る極小スクラッチ少々
Jacket 3.5 / Disc 3.5 / Sound 3.5  2980 yen
■ジャズ・ピアニスト、サー・チャールズ・トンプソンの54年のアルバム。
ティーンの頃にカンザス・シティで修行を積み、ライオネル・ハンプトン楽団でプロ・デビュー、そしてビバップ以降も多くの録音に参加した名ピアニスト。晩年は千葉の松戸に移り住み、昨年6月東京で亡くなったのだそう。これはコールマン・ホーキンス(TS)、アール・ウォーレン(AS)、エメット・ベリー(TP)らとの54年の10インチ・アルバム、UK盤。スローからアップまでリラックスしたいい一枚。【曲】「It's The Talk Of The Town(試聴)」「Fore!」「Dynaflow」「Under The Sweetheart Tree」「Ready For Freddie(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Walter Bruyninckx - PROGRESSIVE JAZZ : FREE - THIRD STREAM - FUSION DISCOGRAPHY VOL.1 TO 5 COMPLETE SET

  • ディスコグラフィCDetc
 Walter Bruyninckx- ワルター・ブラーニンクス - "PROGRESSIVE JAZZ : FREE - THIRD STREAM - FUSION DISCOGRAPHY VOL.1 TO 5 COMPLETE SET"
Belgium / CDetc / n/a / Mechelen No-Number / Rec 1984 to 1989 / Pub 1984 to 1989
一巻目の背表紙に書き込み、二巻目の背表紙に小ダメージ、五巻目背部にしみ少々、他表紙色あせ、くたびれ少々、中身時折極小のチェックマークあり、やぶれ等は全巻無し
Jacket 3.5 / Disc 3.5~4 / Sound n/a  7980 yen
■ベルギーのジャズ研究家ワルター・ブラーニンクスがまとめた、フリー・ジャズ/サード・ストリーム/フュージョンのディスコグラフィ。
全5巻完全セット。当然完全なものなどできっこないわけですが、知りうる限りの世界中のフリー・ジャズ、サード・ストリーム/プログレッシブ・ジャズ、フュージョンを網羅。録音場所、日付、レーベル&番号、ミュージシャン、担当楽器含め約2000ページ超。曲タイトルが絵のアンソニー・ブラクストンもそのまま掲載。5巻目の後ろ半分はミュージシャンのリストで、名前で逆引きできるようになっています。84年からほぼ一年に一巻づつ出版され、出そろったのは89年。ベルギーのMechelenという出版社から。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2017年4月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
2017年5月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.