(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: blues)

Memphis Minnie - 1934-1941

  • ブルースP
 Memphis Minnie- メンフィス・ミニー - "1934-1941"
U.K. / LP / Mono / Flyright LP108 / Rec 1934-41 / Pub 1974
コーティング・ジャケット擦れ少々、裏面よごれ、レーベルひげ極わずか、盤浅い擦れわずか、極表層のスクラッチわずか
Jacket 3~3.5 / Disc 3.5 / Sound 3.5  2980 yen
■メンフィス・ミニーの30年代音源集。良すぎます。
カントリー・ブルースの中では別格といえる女性ブルースマン、メンフィス・ミニー。腹の据わった歌、旋律をぶつけあう劇的な響きのギターの絡みは、もうちょっとで全く新しい音楽が生まれるようなスリルあり。これはフライライトからの30年代編集盤。もう最初から頭痛くなるような最高のナンバーがずらり。旦那のカンザス・ジョー・マッコイとのデュエット、スティール・ギター、ピアノを入れたコンボ・スタイルのやさぐれたナンバー、次に結婚したリトル・サン・ジョーの地味ながらずっしりくるギターがほんとにいい30年代後半の数曲etc...、ブルース・クラシックスのあの二枚に音は劣りますが、一曲も重なり無し。バックワーズ・サム・ファークはメンフィス・ミニーが一番好きだったんじゃないかな。【曲】「Give It To Me In My Hand(試聴)」「Hustlin' Woman Blues」「Ice Man Blues」「Hoodoo Lady」「My Strange Man」「If You See My Rooster」「I Don't Want You No More」「Bad Outside Friends(試聴)」「Low Down Man Blues」「Fingerprint Blues」「Ma Rainey」「Pigmeat On The Line」「This Is Your Last Chance Baby」「You Got To Get Out Of Here」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Cecil Gant - ROCK LITTLE BABY

  • ブルース/リズム&ブルースLP
 Cecil Gant- セシル・ギャント - "ROCK LITTLE BABY"
U.K. / LP / Mono / Flyright LP4710 / Rec 1944 to 1951 / Pub 1974
コーティング・ジャケット擦れわずか、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2680 yen
■R&Bピアニスト、セシル・ギャントの音源集。
ハウリン・ウルフばりの強烈なダミ声を持ち、真っ黒なブギウギ~ジャイヴ、ブルースを濃く煮詰めた強烈な音楽をやっていたピアニスト&シンガー、セシル・ギャント。テネシー生まれで、30年代中期にはクラブでプレイ、その後徴兵され音楽活動をストップさせますが、終戦も近くなった頃、ようやくレコーディング・デビュー。これはそのデビューの頃から51年までの音源を選りすぐったフライライト編集盤。ブギウギ・ピアノの古典にして決定打パイントップス・ブギーの改題から未来のロックンロールを予見するようなナンバー、メチャクチャカッコイイ4ビートのジャイヴもの、エグ味満点の歌が楽しめるスロー・ブルース、さらにまるで何かのオケだけ?というような軽いブギウギ・インストまで超充実。【曲】「Screwy Boogie」「Train Time Blues」「Blues In LA」「Cecil Boogie No.2」「Playin' Myself The Blues」「What's On Your Worried Mind」「Ninth Street Jive」「Rock Little Baby(試聴)」「Boogie Blues(試聴)」「Sloppy Joe's」「Owl Stew」「I'm A Good Man But A Poor Man」「Cecil's Jam Session」「I Got A Gal」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Sylvester Buckley, Boogie Jake, Mr. Calhoun, etc. - GONNA HEAD FOR HOME

  • ブルースLP
 Sylvester Buckley, Boogie Jake, Mr. Calhoun, etc.- シルベスター・バックレイ、ブギー・ジェイク、ミスター・カルフーン、etc. - "GONNA HEAD FOR HOME"
U.K. / LP / Mono / Flyright LP517 / Rec 1950s / Pub 1976
ジャケット擦れ少々、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■ルイジアナのプロデューサー、ジェイ・ミラーが録音したブルース貴重音源を収録した一枚。
70年代フライライト・レコードの花形的シリーズ、ルイジアナのプロデューサー、ジェイ・ミラー特集の初期の一枚。レイジー・レスター等の録音等に参加したブルース・ハープ奏者シルベスター・バックレイのディープなスワンプ・ブルース、後にニューオーリンズのミニットでレコードを出すブギー・ジェイクの珍しい初録音、リトル・ウォルターやジミー・リード等の録音に参加してきたブルース・ハープ・レジェンド、ヘンリー・グレイのレアなルイジアナ録音などなどお宝オンリーの濃い全12曲。【曲】「Sylvester Buckley / She Treats Me So Evil(試聴)」「Boogie Jake / Early Morning Blues」「Mr. Calhoun / Hello Friends, Hello Pals」「Henry Gray / Midnight Dream」「Blue Boy Dorsey / Walkin' Out My Door」「Jimmy Anderson / When I Play My Harp(試聴)」「Joe Johnson / Alimonia Blues」「Sylvester Buckley / Mumblin' Blues」「Boogie Jake / I Don't Know Why」「Mr. Calhoun / Sunny Side Of Love」「Vince Monroe / Hey Mattie」「Silas Hogan / I'm A Free-Hearted Man」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Albert Ammons - BOOGIE WOOGIE PIANO

  • ブギウギ45rpm EP
 Albert Ammons- アルバート・アモンズ - "BOOGIE WOOGIE PIANO"
USA / 45rpm EP / Mono / Mercury EP1-3044 / Rec 1946 / Pub early50s
ジャケット欠品、レーベル擦れ少々、盤プツ音出るスクラッチあり
Jacket n/a / Disc 2.5 / Sound 2.5  1980 yen
■アルバート・アモンズ46年録音を収録したEP。
伝説的のピアニスト、ハーサル・トーマス、そしてジミー・ヤンシーに影響されブギを弾くようになったアモンズ、うそのようなほんとの話ですが、彼が勤めたダクシー会社で洗車の仕事をしていたのがミード・ルクス・ルイス。二人はもちろん意気投合、38年にはかのカーネギーのライブに出演、名実ともにナンバーワンのブギウギ・ピアニストに。これは地元シカゴのマーキュリーから、46年録音の4曲を収録したEP。恐らく当時8曲録音されていて、それが入った10インチもあり。さて本作、アモンズ、いやブギウギ三羽烏、いやフレディ・スラックなど白人勢も含めて、ブギウギ・スモール・コンボの最高峰と断言。調子悪い時などないアモンズですが、この4曲のみなぎりっぷりはスゴイ。アイク・パーキンスというかなり独自路線を行く強烈なギタリストも注目。サビでラッパを入れた「St Louis Blues」、そのギターに惚れ惚れの「12番街ラグ」などなど、もうほんとどうしちゃったのていう絶好調具合。ジャケット無しです。【曲】「St. Louis Blues」「Twelfth Street Boogie」「Swanee River Boogie」「You Are My Sunshine」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Lightning Slim - THE EARLY YEARS

  • ブルースLP
Lightning Slim- ライトニン・スリム - "THE EARLY YEARS"
U.K. / LP / Mono / Flyright LP524 / Rec 1954 / Pub 1976
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ルイジアナのブルースマン、ライトニン・スリムのフライライト編集盤第一集。
フライライト・レコードのルイジアナ特集最大の呼び物の一つ、ライトニング・スリム。4枚あるうちの最初の一枚で、エクセロ・レコード等を始めたジェイ・ミラーと初めて出会った54年のセッションを集めた内容。フィーチュアというミラーの幻のレーベルから出たファースト「Bad Luck」の別テイクを始め、ギター一本と足踏みを伴奏にした「Rock Me Mama」、ザディコのアコーディオンのようなハーモニカを入れたスキッフル・ブルース風の「Paper In My Shoe」などなど最も原初的で深い情念に満ちた生々しい曲の数々。【曲】「Rock Me Mama(試聴)」「Paper In My Shoe(試聴)」「You Did Me Wrong Baby」「Woke Up Feelin' Bad」「Bad Luck」「Those Neighbors Of Mine」「Lightnin' Blues」「Poor Lightnin' Blues」「I'm Him」「I Hate To Leave You」「I Beg You Little Woman」「The Blues And My Woman」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Lightning Slim - TRIP TO CHICAGO

  • ブルースLP
 Lightning Slim- ライトニン・スリム - "TRIP TO CHICAGO"
U.K. / LP / Mono / Flyright LP533 / Rec 1950s / Pub 1078
コーティング・ジャケット擦れほぼなし、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ルイジアナのブルースマン、ライトニン・スリムのフライライト編集盤第二集。
フライライト・レコードのルイジアナ特集最大の呼び物の一つ、ライトニング・スリム。4枚あるうちの二枚目で、時期的に一枚目"THE EARLY YEARS"に続く内容。ブルース評論家でタコマ・レコードをフェイヒーと始めたエド・デンソンは、マディらと並んで50年代の最高のブルースマン5人に選出していますが、はげしく同意。シカゴとテキサスのエッセンスを吸収しつつ、掘っ立て小屋的ルイジアナ/ジェイ・ミラー色も強引に混ぜ込んだブルースを12曲収録。簡素なバンドものが多く、スリムはもちろんですが、鬱屈したムードを永遠に生み出すドラマーも最高。【曲】「Got Me A Little Woman」「Drifting Blues」「Mother-In-Law Trouble」「I Ain't Got No Money」「Tom Cat Blues(試聴)」「Nothin' But The Devil(試聴)」「Rollin' Stone」「Trip To Chicago」「Go Ahead On Babe」「I'm Grown」「What's Gon' Come Of Me」「Tired Little Fellow」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Billie Holiday, Ethel Waters, Lillian Glinn, etc. - RED WHITE AND BLUES - WOMEN SING OF AMERICA

  • ブルース/ジャズLP
 Billie Holiday, Ethel Waters, Lillian Glinn, etc.- ビリー・ホリデイ、エセル・ウォーターズ、リリアン・グリン、etc. - "RED WHITE AND BLUES - WOMEN SING OF AMERICA"
USA / LP / Mono / Rosetta RR1302 / Rec 1920s to 50s / Pub 1980
見開きジャケット擦れ極わずか、内側きれい、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■女性ブルース、ジャズ・シンガーによる、"アメリカ"の歌を集めた一枚。
アフリカとヨーロッパの伝統がブレンドされ生まれたブルース、ジャズ。初めて世界に広がったアメリカ生まれのこの音楽を通して、全員その筋のスタイリストといえる類まれなシンガー達の歌を通して、アメリカという国を紹介しましょう、という一枚。そして、女性アーティスト限定でレコードを出したこのロゼッタ・レコードらしく、女性の目線で歌われる、町や土地をテーマにした歌を収録。説明不要のシンガーを中心に(しかしビリー・ホリデイやベッシー・スミス、リル・アームストロングなどは未SP化の貴重音源)、アメリカ生まれの楽器バンジョーのポロポロを入れたテキサスのブルース・シンガー、リリアン・グリン、ロックンロールの先祖的名バンド、ハーレム・ハムファッツを従えたロゼッタ・ハワードなど、ウルトラ・ディープな選曲の15曲。【曲】「Billie Holiday / Do You Know What It Means To Miss New Orleans」「Ethel Waters / West End Blues」「Lillian Glinn / Shreveport Blues」「Ivie Anderson / Sad Night In Harlem」「Victoria Spivey / Detroit Moan」「Rosetta Howard / Delta Bound(試聴)」「Mildred Bailey And Her Oxford Greys / Arkansas Blues」「Bessie Smith / St. Louis Blues」「Blue Lou Barker / New Orleans Blues(試聴)」「Ella Fitzgerald And Her Famous Orchestra / Gulf Coast Blues」「Helen Humes / Mound Bayou」「Bertha Chippie Hill / Charleston Blues」「Betty Roche / A Train」「Julia Lee / Goin To Chicago」「Lil Armstrong & Blossom Seeley / Chicago」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Hop Wilson, Big Walter, Juke Boy Bonner - HOUSTON GHETTO BLUES

  • ブルースLP
 Hop Wilson, Big Walter, Juke Boy Bonner- ホップ・ウィルソン、ビッグ・ウォルター、ジューク・ボーイ・ボナー - "HOUSTON GHETTO BLUES"
U.K. / LP / Mono / Flyright LP527 / Rec early60s / Pub 1977
ジャケット円状の擦れわずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■テキサス・ブルースマン三人の珍しい音源集。
南部全体を見渡しても珍しい存在のホップ・ウィルソン。ラップ・スタイルのエレキ・スライドでブルースを歌うシンガーで、60-61年に録音された6曲。当時出たものとそうでないものか混ざっていると思います。粗暴な歌に絡みつくようなギターがグレイト。裏面の二人は全てライブ録音で、こちらがスゴイ。ゴールドバンド等でレコードを出したビッグ・ウォルターは、張り裂けるようなシャウトが強烈なドロンとした二曲。試聴曲のフリーフォームな素晴らしいギターはなんとアルバート・コリンズ。やはりゴールドバンドからデビューし、ジュークジョイントを渡り歩いたことで名前が付いたジュークボーイ・ボナーは、臨場感たっぷりの乱雑でザックリしたエレキ弾き語り4曲。【曲】「Hop Wilson / Merry Christmas Darling」「My Woman Has A Black Cat Bone」「I Met A Strange Woman」「 I'm A Stranger(試聴)」「A Good Woman Is Hard To Find」「Be Careful With The Blues」「Big Walter / Nothing But The Blues」「My Tears(試聴)」「Juke Boy Bonner / I'm Going Up, I'm Going Down」「I Love You So」「Lonesome House Blues(試聴)」「Slim's Blues」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Harold Burrage - SHE KNOCKS ME OUT

  • ブルース/リズム&ブルースLP
 Harold Burrage- ハロルド・バラージュ - "SHE KNOCKS ME OUT"
U.K. / LP / Mono / Flyright FLY579 / Rec 1950s / Pub 1981
ジャケット擦れ極わずか、小折れ目、レーベルひげ少々、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■シカゴのブルース/R&Bシンガー、ハロルド・バラージュのコブラ・レコード音源集。
全国ヒットが出る前、50年代コブラに残されたレコード、未発音源を網羅した一枚。ウィリー・ディクソンやマジック・サム、サニー・ボーイ・ウィリアムソンらのサポートながら、ここに入っているのはブルースというよりは完全リズム&ブルース、しかもリチャード・ベリーやヤング・ジェシーのような西海岸ぽいエグ味満点のナンバー多し。【曲】「Betty Jean」「You Eat Too Much」「One More Dance」「I'm Satisfied」「Satisfied」「Hot Dog And A Bottle Of Pop」「I Cry For You」「She Knocks Me Out」「Row Your Boat」「Hidden Charms」「I Love My Baby -2」「I Love My Baby -3」「Messed Up」「Stop For The Red Light」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

J.B. Lenoir - MOJO BOOGIE

  • ブルースLP
J.B. Lenoir- J.B.ルノア - "MOJO BOOGIE"
U.K. / LP / Mono / Flyright FLY564 / Rec early1950s / Pub 1980
ジャケット円状の擦れ少々、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ブルース・シンガー、JBルノアのパロット以前、50年代初期音源集。
29年ミシシッピ生まれ、ブラインド・レモン・ジェファーソンに影響を受け、40年代のニューオーリンズでエルモア・ジェイムス等と共演、その後シカゴへ流れつき、持ち前のハイトーン・ボイスと最高のサポートでキラーを連発したJBルノア。彼と言えば、の50年代パロット・レコードでの録音の少し前、同じシカゴの黒人音楽殿堂レーベル、JOBに残した音源をいい音で収録した一枚。全14曲中7曲が未発表。ピアノは全曲サニーランド・スリム、サックスは全て下のJTブラウン。【曲】「Let's Roll (Take 2)」「People Are Meddling (In Our Affairs)」「I Have Married」「I'll Die Tryin'」「The Mountain」「How Much More」「Let's Roll (Take 1)」「The Mojo (Take 1)(試聴)」「Slow Down Woman(試聴)」「I Want My Baby」「How Can I Leave」「Play A Little While」「Louise」「The Mojo (Take 4)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Southern Revivalists Of N.O., Evening Light Singers, etc. - GET RIGHT WITH GOD : HOT GOSPEL VOLUME TWO

  • ゴスペル/ブルースLP
 Southern Revivalists Of N.O., Evening Light Singers, etc.- サザン・リバイバリスツ・オブ・ニューオーリンズ、イブニング・ライト・シンガーズ、etc. - "GET RIGHT WITH GOD : HOT GOSPEL VOLUME TWO"
U.K. / LP / Mono / Krazy Kat KK7424 / Rec 1940s, 50s, 70s / Pub 1984
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげほぼ無し、B1にプツ音でる小スクラッチ
Jacket 4 / Disc 3.5 / Sound 3.5  2480 yen
■有名無名、スタイルを問わず内容重視で編集されたゴスペル集。
アメリカでキリスト教に改宗させられた時代から黒人の中に根付くゴスペルが、悪魔の音楽ブルースと表裏一体的に発展してきたのは非常に面白い。ブルースの黄金時代はすなわちゴスペルの黄金時代。このアルバムはちょうどSPからLPに時代が変わろうとしている40年代の後半、黒人音楽ではR&Bが誕生、ジャズはバップ・ジャズが隆盛したころ、ゴスペル界ではこういう人達やサウンドがあったということが分かる一枚。第一集同様、40年代中期から50年代初頭の音源を中心に、わずか70年代のものも収録した第二集。【曲】「Southern Revivalists Of N.O. / Get Right With God」「I'm Bound For Higher Ground」「Evening Light Singers / Walking Around Me(試聴)」「Gospel Travelers / God's Chariot (Part 1)」「God's Chariot (Part 2)」「Rev. Charlie Jackson / Morning Train」「Wrapped Up And Tangled Up(試聴)」「Violinaires / Joy In The Beulah Land」「Rev. B. C. Campbell / Oh! In That Morning」「Radio Four / On My Journey Now」「Seek Seek Seek」「Rev. Anderson Johnson / Let That Liar Pass On By(試聴)」「Sister O. M. Terrell / God's Little Birds」「Rev. George W. Killens / I Love The Lord」「Flowers Of Joy / Near The Cross」「All Of My Appointed Time」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jackson Gospel Singers, Famous Soul Comforters, etc. - NEW ORLEANS GOSPEL QUARTETS 1947-1956

  • ゴスペルLP
 Jackson Gospel Singers, Famous Soul Comforters, etc.- ジャクソン・ゴスペル・シンガーズ、フェイマス・ソウル・コンフォーターズ、etc. - "NEW ORLEANS GOSPEL QUARTETS 1947-1956"
U.K. / LP / Mono / Heritage HT306 / Rec 1947 to 1956 / Pub 1980s
ジャケット擦れ極わずか、小折れ目、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■ニューオーリンズのゴスペル・グループを収録した編集盤。
あまりにも多くの個性的なものを生み出してきたニューオーリンズ、しかしゴスペルのことはさほど話に上らない事実。当然のように有名無名のゴスペル・グループがいて、豊かで熱気にあふれたシーンがあったことを感じる一枚。女性五人組ジャクソン・ゴスペル・シンガーズ、後にソロに転向するR&Bシンガー、チャック・カーボが在籍していたデルタ・サザネアーズなどなど8グループ16曲収録。【曲】「Jackson Gospel Singers / Heaven Bound Train(試聴)」「Famous Soul Comforters / Watching And Waiting」「Famous Soul Comforters / Eye On The Sparrow」「Southern Harps / What A Friend We Have In Jesus」「Southern Harps / Standing In The Safety Zone」「Famous Four / Mother's Love(試聴)」「New Orleans Harmonizing Four / Twelve Gates To The City」「New Orleans Harmonizing Four / I'm Satisfied」「Jackson Gospel Singers / Count Your Blessings」「Jackson Gospel Singers / Come Unto Me」「Delta Southernaires / Bye And Bye」「New Orleans Chosen Five / I'm Going To Let It Shine」「New Orleans Chosen Five / I Shall Not Be Moved」「Zion Harmonizers / Lord I'll Go」「Jackson Gospel Singers / Can't Walk This Highway」「Crescent City Gospel Singers / Heavenly Father」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2020年9月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
2020年10月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
店舗営業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
店舗営業日 日曜・月曜 PM3:00-PM10:00
古物商 東京都公安委員会 第303261906488号

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.