(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: blues)

Stefan Grossman, Aurora Bloack - HOW TO PLAY BLUES GUITAR

  • ブルースLP
 Stefan Grossman, Aurora Bloack- ステファン・グロスマン、オーロラ・ブロック - "HOW TO PLAY BLUES GUITAR"
U.K. / LP / Stereo / Xtra 1113 / Rec 1966 / Pub 1971
コーティング・ジャケット擦れ少々、右上折れ目、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか、ブックレットきれい
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■ステファン・グロスマンとロリー・ブロックの共演盤。
ブルーグースからLPも出ている女性ギタリスト、ロリー・ブロックの瑞々しく、しかもブルースを達観したようにも聞こえる共演も最高な、ステファン・グロスマンによる戦前ブルースのフィンガー・ピッキング盤傑作。これが彼のファーストです(オリジナルは66年、これは74年のキッキング・ミュール盤)。教則レコードなのに名盤というのはこれいかに。過剰な主張のない自然体の演奏がカントリー・ブルースの深遠さを現しているのですが、この味わいは聞いていただくしかありません。、床屋さんだったウイリアム・ムーアの名曲「Old Country Rock」、「Freight Train」で有名な女性ギタリスト、エリザベス・コットン、国会図書館に録音された幻の名曲「Mississippi Blues」などなど収録。これは初めて入荷した71年英盤で、10インチLPほどの解説/タブ譜ブックレット付きのエディション。【曲】「Old Country Rock(試聴)」「Future Blues」「Turn Your Money Green」「God Moves On The Water」「Monday Morning Blues」「M & O Blues」「Whistling Blues」「Candyman」「Banty Rooster」「Save Up Your Money」「Canned Heat」「Vestapol」「Brownsville Blues」「Police Dog Blues」「You Got The Pocketbook, I Got The Key」「Mississippi Blues(試聴)」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Memphis Jug Band - VOLUME 2

  • ブルースLP
 Memphis Jug Band- メンフィス・ジャグ・バンド - "VOLUME 2"
U.K. / LP / Mono / Roots RL337 / Rec 1927-34 / Pub 1970s
ジャケット色あせ少々、右上小折れ目、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■英ルーツからの編集盤第二集。
ウィル・シェイドが中心となり、チャーリー・バース(G)、ケイシー・ビル・ウエルダン(G)、チャーリー・ポーク(Jug)、女性ボーカルのハッティ・ハート、メンフィス・ミニーなど、のべ20人ぐらいが20~30年代中期までにこのバンドに関わり、ビクター、オーケエ等のレーベルに録音を残しました。これはイギリスのカントリー・ブルース・リイシューのパイオニアと言えるレーベル、ルーツから出た編集盤。タジ・マハールはじめ多くの人がカバーした"Stealin'"、ヤズーの二枚組にも入っていない、女性シンガー、ジェニー・クレイトンがただれたような声で歌う一番の奇曲"Bob Lee Junior"他全16曲収録。【曲】「Memphis Boy Blues」「Bob Lee Junior Blues」「Sugar Pudding」「Whitewash Station Blues」「Stealin', Stealin'」「I Can Beat You Plenty (That Hand You Tried To Deal Me)」「Tired Of You Driving Me」「K.C. Moan」「Oh Ambulance Man」「Jim Strainer Blues」「Cave Man Blues」「Meningitis Blues」「Got A Letter From My Darlin'」「You May Leave But This Will Bring You Back」「I Got Good Taters」「She Done Sold It Out」※新入荷はこの一枚のみです

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Big Bill Broonzy, King Solomon Hill, Bumble Bee Slim, etc. - THE BLUES TRADITION

  • ブルースLP
 Big Bill Broonzy, King Solomon Hill, Bumble Bee Slim, etc.- ビッグ・ビル・ブルーンジー、キング・ソロモン・ヒル、バンブル・ビー・スリム、etc. - "THE BLUES TRADITION"
USA / LP / Mono / Milestone MLP2016 / Rec MLP2016 / Pub 1971
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れ、プレスミスによるサーフェイスノイズ少々(試聴二曲目が一番目立ちます)
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 3~3.5  2980 yen
■オーリン・キープニュースが選んだカントリー・ブルース集。
ジャズだけでなくブルースにも相当に造詣の深いリバーサイドのオーリン・キープニュース監修のカントリー・ブルース編集盤。すっかりおなじみのこのジャンルを代表するビッグネーム8人でいて(だからかも知れません)、浅くならない、どっぷり聞けるものばかり。一人につき続けて二曲づつ、という構成もそのまま。【曲】「Big Bill Broonzy / Big Bill Blues」「Mr. Conductor Man(試聴)」「King Solomon Hill / The Gone Dead Train」「Tell Me, Baby」「Bumble Bee Slim / No Woman, No Nickel」「Chain Gang Bound」「Willie Brown / M & O Blues」「Future Blues」「Blind Roosevelt Graves / Staggerin' Blues」「Low Down Woman」「Blind Lemon Jefferson / Peach Orchard Mama」「Oil Well Blues」「Bobby Grant / Nappy Head Blues」「Lonesome Atlanta Blues(試聴)」「Buddy Boy Hawkins / Shaggy Dog Blues」「Jailhouse Fire Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Texas Alexander - COMPLETE RECORDINGS IN CHRONOLOGICAL ORDERVOLUME 3

  • ブルースLP
 Texas Alexander- テキサス・アレクサンダー - "COMPLETE RECORDINGS IN CHRONOLOGICAL ORDERVOLUME 3"
U.K. / LP / Mono / Matcbox MSE220 / Rec 1929, 30 / Pub 1986
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげわずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2680 yen
■テキサス・アレクサンダーのマッチボックス編集盤第三集。
テキサスのブルースマン、テキサス・アレクサンダーのマッチボックス編集盤第三集。特にロニー・ジョンソンとエディ・ラングがバックを付けたものが知られる彼ですが、このアルバムにはその組み合わせは無し。まずはエルヴィー・トーマス&ギーシー・ワイリーに影響を与えたリトル・ハット・ジョーンズと、同じテキサスのカール・デイヴィスが伴奏を付けたものをA面に収録。裏面は全て、"Sitting On The Top Of The World"でおなじみブルース・ストリング・バンド、ミシシッピー・シークスが伴奏。両面まるで違うムードで、彼の野卑でいて旨い歌が楽しめるいい一枚。【曲】「Gold Tooth Blues」「Johnny Behrens Blues」「Rolling Mill Blues」「Broken Yo Yo(試聴)」「Texas Special」「When You Get To Thinking」「Thirty Day Blues」「Peaceful Blues」「Days Is Lonesome」「Seen Better Days(試聴)」「Last Stage Blues」「Stealing To Her Man」「She's So Fair」「Rolling And Stumbling Blues」「Frost Texas Tornado Blues」「Texas Troublesome Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Francis Scrapper Blackwell - BLUES THAT MAKE ME CRY

  • ブルースLP
 Francis Scrapper Blackwell- フランシス・スクラッパー・ブラックウェル - "BLUES THAT MAKE ME CRY"
Holland / LP / Mono / Agram AB2008 / Rec 1928 to 35 / Pub 1980
ジャケット擦れわずか、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ブルース・ギタリスト、スクラッパー・ブラックウェル2~30年代をまとめたアグラム編集盤。
20~30年代に活躍したピアノ&ギターのデュオ、リロイ・カーとスクラッパー・ブラックウェル。ジャズ一歩手前のピアノと、シングル・トーンの生ギターをアレンジして作られた、都会的でいてドロリとした味のあるブルースを演奏。これはそのスクラッパー・ブラックウェルのギターに着目して編まれたオランダ・アグラムの編集盤。そのリロイ・カーやジミー・ブライス等とのデュエットありつつもメインはやはり卓抜したギターと野性味あふれるボーカルの弾き語り。戦前に唯一録音したブルース・ギター・インストSP盤も両面収録。音質ちょいばらつきあります。【曲】「Mr. Scrapper's Blues」「Down And Out Blues」「Non-Skid Tread」「Be-Da-Da-Bum」「Mean Baby Blues」「Sneaking Blues」「Morning Mail Blues」「Blues That Make Me Cry」「D Blues(試聴)」「A Blues」「My Old Pal Blues」「Bad Liquor Blues」「The Death Of Leroy Carr」「Smoky Mountain Blues」「Wayback Blues(試聴)」「Sail On Sail On Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Herman E. Johnson - LOUISIANA COUNTRY BLUES

  • ブルースLP
 Herman E. Johnson- ハーマンEジョンソン - "LOUISIANA COUNTRY BLUES"
USA / LP / Stereo / Arhoolie 1060 / Rec 1961 / Pub 1972
ジャケット擦れ極わずか、上部取り出し口縁裂け、レーベルひげわずか、盤音に出ない表層スクラッチ少々、A3、4に小プツ音でるスクラッチ
Jacket 3~3.5 / Disc 3 / Sound 3  2680 yen
■ブルースマン、ハーマンEジョンソンのアルバム。
全世界にファンを生んだロバート・ピート・ウィリアムスを見つけ録音したことが特に有名な研究家、ハリー・オスターがこれまた尽力、そして製作された、彼の唯一のアルバム。61年に録音され、72年にリリースされたこの盤が初出。ワンストリング・ギターにも通じる独創的なギターで生々しく歌う11曲。【曲】「I Just Keeps On Wanting You」「You Don't Know My Mind」「Motherless Children」「Depression Blues(試聴)」「She's A-Looking For Me」「She Had Been Drinking(試聴)」「I'm Growing Older」「Po' Boy」「Leavin' Blues」「Piano Blues(試聴)」「Where The Mansion's Prepared For Me」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Charlie Jordan, John Byrd, Isaiah Nettles, etc. - COUNTRY BLUES ENCORES

  • ブルースLP
 Charlie Jordan, John Byrd, Isaiah Nettles, etc.- チャーリー・ジョーダン、ジョン・バード、イサイア・ネトルズ、etc. - "COUNTRY BLUES ENCORES"
USA / LP / Mono / Origin Jazz Library OJL8 / Rec 1920s, 30s / Pub 1970s?
ジャケット擦れしみ少々、上下部右側縁裂け、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 2.5~3 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■オリジンのカントリー・ブルース集。
住んでいた地域、スタイルを限定せず、オリジンの最強コレクターたちがお薦めするカントリー・ブルースを収録した、下の『Really The Country Blues』の続編と言える一枚。"Really..."にも収録されたトミー・ジョンソン、ウィリアム・ムーア、スキップ・ジェイムス、イシュマン・ブレイシーらに加え、極太のスライドと野卑な歌を聞かせるルイジアナのブラインド・ジョー・レイノルズ、ブルース・ハープの神的存在のジェイバード・コールマン、ワシントン・フィリップスを思わせる天国的な響きのギターにワークソング風の歌が意外なレッド・ホット・オールド・モーズなどなど、やはりウルトラ濃密な一枚。【曲】「Ishman Bracey / Saturday Blues」「Blind Joe Reynolds / Outside Woman Blues」「Tommy Johnson / Cool Drink Of Water」「Henry Sims / Farrell Blues」「Rube Lacey / Mississippi Jailhouse Groan」「Jaybird Coleman / Man Trouble Blues」「John Byrd / Old Timbrook Blues」「Skip James / I'm So Glad」「Red Hot Old Mose / Molly Man」「Big Bill And Thomps / House Rent Stomp」「Garfield Akers / Jumpin' And Shoutin' Blues」「Charley Jordan / Keep It Clean」「"Bill" Wilber / My Babe, My Babe」「Isaiah Nettles / It's Cold In China Blues」「Sonny Boy And His Pals / Don't You Leave Me Here」「William Moore / One Way Gal」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Tommy Johnson, William Moore, etc. - REALLY! THE COUNTRY BLUES

  • ブルースLP
 Tommy Johnson, William Moore, etc.- トミー・ジョンソン、ウィリアム・ムーア、etc. - "REALLY! THE COUNTRY BLUES"
USA / LP / Mono / Origin Jazz Library OJL2 / Rec 1920s, 1930s / Pub 1970s?
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■まさに歴史的な名盤。ブルース・コンピ・レーベルの先駆、オリジンの二作目。
1stエディションは62年(これは70年代?)で、その時はすべて初LP化の12曲。つまりスキップ・ジェイムス「Devil Got My Woman」、トミー・ジョンソン「Maggie Campbell Blues」、ウィリアム・ムーア「Old Country Rock」はこの盤で初めて世の人々が聞いたという一枚。他イシュマン・ブレイシー、サム・コリンズ、ガーフィールド・エイカーズなどなど収録。 【曲】「Tommy Johnson / Maggie Campbell Blues(試聴)」「William Moore / Old Country Rock」「Son House / My Black Mama...Part1; Part 2」「Sunny Boy & His Pals / France Blues」「Skip James / Devil Got My Woman」「Ishman Bracey / Woman Woman Blues」「Sam Collins / The Jail House Blues」「George "Bullet" Williams / Touch Me Light Mama」「Henry Sims / Tell Me Man Blues」「Buster Johnson / Undertaker Blues」「Henry Thomas / Don't Ease Me In」「Garfield Akers / Cottonfield Blues...Part1; Part2(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Mississippi John Hurt - TODAY

  • ブルースLP
Mississippi John Hurt- ミシシッピ・ジョン・ハート - "TODAY"
USA / LP / Stereo / Vanguard VSD-79220 / Rec 1966 / Pub 1987
ジャケット円状の擦れ、裏面しみ、レーベルひげ少々、盤表層スクラッチ、試聴のようなチリ音あり
Jacket 3~3.5 / Disc 3 / Sound 3  2480 yen
■66年のアルバム。
農業の傍ら歌っていたジョン・ハート、同じミシシッピでもデルタを反面教師にしたような、他のブルースマンと接触が無かったようなスタイル。達観したような歌、シンプルに聞こえながら実際相当のテクを要するギター、外に向かって唄うのと同時に自分を充電しているような感じもあり。30年以上のブランクを経て60年代に再デビュー、66年に亡くなるまでいいLPを数枚録音。代表曲「Candy Man」「Spike Driver Blues」はじめ12曲収録した66年のアルバム。【曲】「Pay Day」「I'm Satisfied」「Candy Man(試聴)」「Make Me A Pallet On The Floor」「Talking Casey」「Corinna, Corinna」「Coffee Blues」「Louis Collins」「Hot Time In The Old Town Tonight」「If You Don't Want Me Baby」「Spike Driver's Blues(試聴)」「Beulah Land」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Blue Flamingo(Dir.) - CONGO JAZZ

  • アフリカの音楽/ジャズ/ゴスペルLP
Blue Flamingo(Dir.)- ブルー・フラミンゴ(選曲・監修) - "CONGO JAZZ"
Holland / LP / Mono / Excelsior EXCEL96222 / Rec 1920s to 50s / Pub 2010
ジャケット表裏擦れわずか、レーベル二枚ともひげ無し、盤浅い擦れ、A1~A2にかけてプツ音でる長めのスクラッチ(試聴部)、ブックレット小折れ目
Jacket 4 / Disc 3~3.5 / Sound 3.5  2980 yen
■ブルー・フラミンゴ選曲監修のアフリカ音楽/ジャングル・ジャズ/ゴスペル集。
オランダのレコード・コレクター&DJブルー・フラミンゴことズィヤ・エルテキンが選曲・監修した2LP。1サイドづつテーマが変わるという趣向。サイド1は"Jungle Crawl"として、タイニー・パーハムやフランキー・トランバウアーなどのジャングル・ムード系戦前ジャズ、ジャグ・バンドを収録。サイド2は"Congo Jazz"で、50年代コンゴ・ルンバ、ジャズを収録。サイド3は"That Old Time Religion"となっていて、30~50年代のアメリカン・ゴスペル。サイド4は"Senafone Records"で、恐らくナイジェリアにあったレーベル、セナフォーンに残されたハイライフ、カリプソ、ジャズ等を収録。全28曲。2010年、かなり分厚いフラットエッジの盤です。ブックレット付き。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Klezmorim, John Hartford, Chick Ganimian, etc. - THE GREAT HUDSON RIVER REVIVAL

  • 民俗音楽/フォーク/ブルースetc.LP
 Klezmorim, John Hartford, Chick Ganimian, etc.- クレツモリム、ジョン・ハートフォード、チック・ガニミアン、etc. - "THE GREAT HUDSON RIVER REVIVAL"
USA / LP / Stereo / Flying Fish FF214 / Rec 1979 / Pub 1980
ジャケットシュリンク入り、右上折れ目、レーベルひげ無し、しみ少々、盤浅い擦れ、極表層のスクラッチわずか
Jacket 3.5 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4  2480 yen
■ピート・シーガーが企画したフェスティヴァルの79年の実況盤。
水質汚染で問題になったハドソン川の浄化の気運を高めようと、ピート・シーガーが多くのミュージシャンに声をかけ66年に始まったフェスティヴァルの実況盤。これは79年で、豪華なメンバーだけでなく若い注目株のミュージシャンも集合。西のクレズマー・バンド、クレツモリム、ウードのチック・ガニミアン、ケイジャンのアルドワン・ファミリー、カントリー・ブルースのポール・ジェレミア、イランのサントゥールのラステガー・ネジャード、デンボ・コンテのコラをフィーチュアしたタジ・マハール、ポール・ウィンター、ジョン・ハートフォードetc...【曲】「Klezmorim / Freylakhs Fun Der Khupe(試聴)」「John Hartford / Steamboat Whistle Blues」「Nasser Rastegar-Nejad / Daramad Esfahan Chahar-Mezrab」「De Dannan / The Black Thorn & P. J. Conlon's Reel」「Paul Geremia / Careless Love」「Suni Paz / Casi-Casi」「Paul Winter / Music For All Of Us」「Bernice Reagon / I'm A Stranger Here」「Chick Ganimian / Armenian-Turkish Variations」「Taj Mahal, Bai Konte, Dembo Konte / Casey Jones(試聴)」「Robin & Linda Williams / Kill It Kid」「Ardoin Family / Bernadette」「Pete Seeger / Roseanna」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Pinetop, State Street Boys, Washboard Sam, etc. - WINDY CITY BLUES : THE TRANSITION

  • ブルースLP
 Pinetop, State Street Boys, Washboard Sam, etc.- パイントップ、ステイト・ストリート・ボーイズ、ウォッシュボード・サム、etc. - "WINDY CITY BLUES : THE TRANSITION"
USA / LP / Mono / Nighthawk 101 / Rec 1935 to 1953 / Pub 1980s
ジャケット擦れ少々、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し、A1にわずかプツ音でる小スクラッチ(試聴部)
Jacket 3.5 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4  2680 yen
■30~50年代シカゴ・ブルースの移り変わりを追った編集盤。
五大湖からの風が強い通称ウィンディ・シティことシカゴのブルースの移り変わりを、30年代から50年代初期の音源でまとめたナイトホーク・レコードの編集盤。同名異人数名いながら、全て個性派ぞろいのブルースマンのパイントップ・スパークス(ヘンリー・タウンゼントG)の35年からロバート・ロックウッドの41年までがA面。裏返すと戦後になり、エレキを持ったタンパ・レッドやホーンが入ったR&B風のジョニー・シャインズを収録。シカゴというと席巻した一部のスターがブルースを変えたように思えますが、変わらない太い根があるのを感じられる一枚。【曲】「Pinetop / Every Day I Have The Blues(試聴)」「State Street Boys / Sweet To Mama」「Washboard Sam / Easy Ridin' Mama」「Robert Lee McCoy / Prowlin' Nighthawk」「Sonny Boy Williamson / Sunnyland」「My Little Cornelius」「Robert Lockwood / Black Spider Blues」「I'm Gonna Train My Baby」「Guitar Pete Franklin / Down Behind The Rise」「Casey Brown Blues」「Tampa Red / Green And Lucky Blues(試聴)」「Robert Lockwood / Gonna Dig Myself A Hole」「Dust My Broom」「Tony Hollins / Fishin' Blues」「Wino Woman」「Johnny Shines / Please Don't」※本日のアップはこの二枚です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2019年6月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
2019年7月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.