(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: blues)

Jolly Two, Lucile Bogan, Walter Roland - JOOKIT JOOKIT

  • ブルースLP
 Jolly Two, Lucile Bogan, Walter Roland- ジョリー・トゥー、ルシール・ボーガン、ウォルター・ローランド - "JOOKIT JOOKIT"
USA / LP / Stereo / Yazoo 1017 / Rec 1920s, 1930s / Pub 1970s
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  4800 yen
■女性ブルース・シンガー、ルシール・ボーガンと伴奏のウォルター・ローランド絡みの音源集。
ミシシッピ生まれでアラバマ・バーミンガム育ち、NYとシカゴ以外の町で初めてブルースを録音したという女性シンガーで、リロイ・カーやメンフィス・ミニーもカバーしたダーティなブルースを得意にしたルシール・ボーガン(ベッシー・ジャクソン)。そして彼女の伴奏を、ソニー・スコット(G)などと務めたピアニスト、ウォルター・ローランド。この二人の音源を収録したかなり珍しいヤズー盤。A1、B1はローランドがギターを弾いたソニー・スコットのデュオ、ジョリー・トゥー。【曲】「Jolly Two / Guitar Stomp(試聴)」「Bessie Jackson / Sweet Petunia」「Baking Powder Blues」「Barbecue Bess」「Walter Roland / Jookit Jookit(試聴)」「T Model Blues」「Early This Morning」「Jolly Two / Railroad Stomp」「Bessie Jackson / Levee Blues」「Jump Steady Daddy」「Walter Roland / Penniless Blues」「Bessie Jackson / Jim Tampa Blues(試聴)」「Walter Roland / Big Mama」「Bessie Jackson / They Ain't Walkin' No More」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Mississippi Jook Band, Chasey Collins Washboard Band, etc - THE JUG, JOOK AND WASHBOARD BANDS

  • ジャグ・バンドLP
 Mississippi Jook Band, Chasey Collins Washboard Band, etc- ミシシッピ・ジュック・バンド、チェイシー・コリンズ・ウォッシュボード・バンド、etc. - "THE JUG, JOOK AND WASHBOARD BANDS"
USA / LP / Mono / Blues Classics BC2 / Rec 1930s / Pub 1970s
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■アーフーリーの戦前ジャグ・バンド編集盤。
カントリー・ブルースに比べると弾数が少ない戦前のジャグ・バンドの編集盤ですが、これはアーフーリーからリリースされたこの手のものの名盤の一つ。メンフィスとダラスを代表するメンフィス・ジャグ・バンド、ダラス・ジャグ・バンドに、ジャズ・クラのジョニー・ドッズが参加したディキシーランド・ジャグ・ブロワーズ、シカゴのウォッシュボード・サム等の大物に加え、スライドG、ヴァイオリン、カズーも加わったチェイシー・コリンズ・バンド、テンポ&ノリの良さは200%のウォッシュボード・リズム・キングス等々収録。【曲】「Memphis Jug Band / Rukus Juices And Chittlin'(試聴)」「Dallas Jug Band / Elm Street Woman Blues」「Dixieland Jug Blowers / Hen Party Blues」「Walter Taylor's Washboard Band / Thirty Eight」「Mississippi Jook Band / Hittin' The Bottle Stomp」「Chasey Collins' Washboard Band / Atlanta Town(試聴)」「Washboard Sam / Bucket's Got A Hole In It」「Washboard Rhythm Kings / Brown Skin Mama(試聴)」「Memphis Jug Band / Cocaine Habit」「Birmingham Jug Band / Wild Cat Squall」「Ed Kelly's Washboard Band / Shim Shaming」「Memphis Jug Band / Stonewall Blues」「Washboard Sam / Sophisticated Mama」「Memphis Jug Band / Jazzbo Stomp」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Harlem Hamfats - HOT CHICAGO JAZZ, BLUES AND JIVE 1936-1937

  • ジャズ/ブルースLP
 Harlem Hamfats- ハーレム・ハムファッツ - "HOT CHICAGO JAZZ, BLUES AND JIVE 1936-1937"
USA / LP / Mono / Folklyric 9029 / Rec 1936, 1937 / Pub 1981
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■デルタ、ニューオリンズ、シカゴのブルース&ジャズが混ざったワン&オンリーのスタジオ・バンド、ハーレム・ハムファッツ。
シンガー等の伴奏を務めるために35年頃シカゴに結集したミュージシャンによるバンド、ハーレム・ハムファッツ。といいつつハーレム出身は1人もおらず、ミシシッピからチャーリーとジョーのマッコイ兄弟、ニューオリンズからハーブ・モランド(TP)、オデル・ランド(CL)、シカゴからホレス・マルコム(P)、ランサム・ノーリング(B)等ら。つまりデルタ、ニューオリンズ、シカゴなどのブルースとジャズが混ざったということがこのバンドを数倍面白いものに。このバンドがロックンロールの原型を既に作り上げているという人もいますし、本作にも収録されているヒット「OH Red」はハウリン・ウルフもカバー。【曲】「Tempo De Bucket」「The Garbage Man(試聴)」「Southern Blues」「My Daddy Was A Lovin' Man」「What You Gonna Do?」「Growling Dog」Oh, Red「」「Rampart And Gravier Blue」「We Gonna Pitch A Boogie」「Black Gal, You Better Use Your Head(試聴)」「Root Hog Or Die」「Hallelujah Joe Ain't Preachin No More」「Jam Jamboree(試聴)」「Let's Get Drunk And Truck」「Lake Providence Blues」「Hamfat Swing」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Southern Sons - OUR HEAVENLY FATHER cw I CANT FEEL AT HOME ANYMORE

  • ゴスペル78rpm
Southern Sons- サザン・サンズ - "OUR HEAVENLY FATHER cw I CAN'T FEEL AT HOME ANYMORE"
USA / 78rpm / Mono / Trumpet 143 / Rec 1951 / Pub 1951
レーベルきれい、盤新品のようなコンディション
Jacket n/a / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■ゴスペル・グループ、サザン・サンズの51年の一枚。
ゴールデン・ゲイト・カルテットによって火が付いたジュビリー・スタイルの初期ゴスペル・グループの中でも、最も評価の高いグループの一つ、サザン・サンズ。これはミシシッピのトランペット・レーベルから出た51年の一枚。両面せりあがってくるような迫力のハーモニー。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Willie Eagan, Jimmy Thomason, Big Boy Groves, etc. - THE ROCKIN BLUES

  • ブルース/リズム&ブルースLP
 Willie Eagan, Jimmy Thomason, Big Boy Groves, etc.- ウィリー・イーガン、ジミー・トマソン、ビッグ・ボーイ・グローヴズ、etc. - "THE ROCKIN' BLUES"
USA / LP / Mono / Vita 8002 / Rec 1950s / Pub 1982
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■50年代西海岸ヴァイタ・レコードのロッキン・ブルース、R&Bを収録した一枚。
このアルバムでも聞けるスクワイアーズなど、ドゥワップ・ファンには名の知れたウエストコーストのR&Bレーベル、ヴァイタに残されたロッキン・ブルース、リズム&ブルースを収録したオムニバスで、ヴァイタのオフィシャル盤。まずA面はほとんど、ルイジアナ生まれのブルースマン、ウィリー・イーガン。甲高くシャープな声の持ち主で、声を張り上げたときのゾクゾク感といい極太直球なバックといい文句なしの8曲。リーバー&ストーラーのスパーク・レーベルやスペシャルティでの録音も知られるビッグ・ボーイ・グローブズ、西R&Bシーンの重要ハープ奏者ハーモニカ・スリムのレア曲、ジャズシンガーとしてもピカイチな女性歌手エフィー・スミスなど全18曲。試聴のように録音開始前のちょっとした会話が入った曲もあり。【曲】「Willie Egan / Wear Your Black Dress」「I Can't Understand It(試聴)」「Willie's Blues」「Shes Gone Away But...」「Come On」「Oh Baby」「Wow Wow」「What A Shame」「Jimmy Thomason / Now Hear This」「Ervin "Big Boy" Groves / You Can't Beat The Horses」「Big Boys Bounce」「Harmonica Slim / Do What You Wanna Do」「My Baby Wont Quit Me」「You Better Believe It」「Drop Anchor」「Effie Smith And The Squires / Water Water(試聴)」「Effie Smith / You Should Be Ashamed Of Yourself」「Champagne」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Goree Carter And His Hepcats - RCOK AWHILE

  • ブルースLP
 Goree Carter And His Hepcats- ゴリー・カーター&ヒズ・ヘップキャッツ - "RCOK AWHILE"
Sweden / LP / Mono / Blues Boy BB306 / Rec 1949 to 1951 / Pub 1983
見開きジャケット擦れわずか、しみ、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■テキサスのロッキン・ブルース・マン、ゴリー・カーターの編集盤。
ワイノニーの「Good Rocking Tonight」やジャッキー・ブレンストン「Rocket 88」と並びロックンロール誕生の一曲と言われる「Rock Awhile」を49年に放ったテキサスのロッキン・ブルースマン、ゴリー・カーター。Tボーンのトグロ系ギターをさらにワイルドにした感のプレイに、ブギやラテンも取り入れたビート(一曲最高のエキゾ・ブルースあり)、ジャンプ・ブルースのシャウター系ボーカル。これはそのデビュー曲「Rock Awhile」を皮切りに彼の初期51年までのナンバーを17曲収録した編集盤。【曲】「Rock Awhile(試聴)」「Back Home Blues」「I'll Send You」「How Can You Love Me」「My Lover Is Coming Down」「Hoy - Hoy」「I Just Thought Of You」「Working With My Baby」「Serenade」「She's Just Old Fashioned」「Is It True」「What A Friend Will Do」「Come On Let's Boogie(試聴)」「Tell Me There Is Still A Chance」「I've Got News For You」「I'm Just Another Fool」「Bullcorn Blues」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Will Batts, Memphis Minnie, Hattie Hart, etc. - MEMPHIS JAMBOREE 1927-1936

  • ブルースLP
 Will Batts, Memphis Minnie, Hattie Hart, etc.- ウィル・バッツ、メンフィス・ミニー、ハッティ・ハート、etc. - "MEMPHIS JAMBOREE 1927-1936"
USA / LP / Stereo / Yazoo L1021 / Rec 1926 to 1936 / Pub 1970s
ジャケット円状の擦れ少々、レーベルひげ少々、盤浅い擦れ極わずか
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■2・30年代メンフィスのカントリー・ブルース集。
どういうわけか、付近の大都市にくらべて個々のキャラクターが際立った奇抜で天才・天然型のブルースマンが歴然と多いメンフィス。これはヤズーのメンフィス・ブルース集三枚目で、弾き語り系のハードなブルースよりも比較的バンド形式のにぎやかで踊れるナンバーを集めた一枚。メンフィス・ミニー、カンザス・ジョー・マッコイ、ヤンク・レイチェル等おなじみの面々から知られざる人まで14曲。必ずキラーをオープナーにするヤズー、今回はサウス・メンフィス・ジャグ・バンドのバイオリニスト、ウィル・バッツがギターを弾く"Highway No.61"。【曲】「Will Batts / Highway No. 61 Blues」「Memphis Minnie / Ain't No Use You Tryin' To Tell On Me(試聴)」「Hattie Hart / Coldest Stuff In Town(試聴)」「Yank Rachel / Squeaky Work Bench Blues」「Memphis Minnie / Soo Cow Soo」「Two Charlies / I Couldn't Stay Here」「Kansas Joe McCoy / Joliet Bound」「Furry Lewis / Dry Land Blues」「Memphis Minnie / That'll Be Alright」「Kansas Joe McCoy / Something Gonna Happen To You」「Gus Cannon / Can You Blame The Colored Man(試聴)」「Jim Jackson / Jim Jackson's Jamboree」「Sam Townsend / Lily Kimball Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Mitch Greenhill - PICKIN THE CITY BLUES

  • ブルースLP
Mitch Greenhill- ミッチ・グリーンヒル - "PICKIN' THE CITY BLUES"
USA / LP / Mono / Prestige Folklore FL14026 / Rec 1964 / Pub 1964
ジャケット擦れ少々、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか、もとからのサーフェイスノイズ少々
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  5800 yen
■フォーク・ブルース・シンガー、ミッチ・グリーンヒルのファースト・アルバム。
ピート・シーガーやボブ・ディラン、ジョーン・バエズのマネージャーだったマニー・グリーンヒルの息子で、若い時からゲイリー・デイビスやライトニン・ホプキンスなど実家に泊まりに来たミュージシャンの演奏に触れ歌うようになったミッチ・グリーンヒル。これは64年のファースト・アルバムで、サニー・ボーイ・ウィリアムソンIやスキップ・ジェイムス、ウォッシュボード・サムなどのブルース・クラシックに自作を混ぜたブルース・アルバム。オリジナル盤。【曲】「Monongahela Sal」「Ragged But Right」「Mitch's Waltz」「Won't You Tell Me(試聴)」「Highway 301」「Raggedy Betsy」「Built For Comfort」「Good Morning School Girl(試聴)」「Jubilee」「If You Haven't Any Hay」「Louise's Tune」「Minding My Own Business」「Mobile & Tennessee Line」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bo Weavil Jackson(Sam Butler), Walter Buddy Boy Hawkins, William Harris - BULLFROG BLUES

  • ブルースLP
 Bo Weavil Jackson(Sam Butler), Walter Buddy Boy Hawkins, William Harris- ボー・ウィーヴィル・ジャクソン(サム・バトラー)、ウォルター・バディ・ボーイ・ホーキンス、ウィリアム・ハリス - "BULLFROG BLUES"
USA / LP / Mono / Mamlish S3809 / Rec 1926, 1927 / Pub 1977
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  4800 yen
■この三人の音源集。ボー・ウィーヴィル・ジャクソンは二曲未発表あり。
研究家のドン・ケントが興し、バックワーズ・サム・ファークやスティーヴ・カルトらがリイシュー盤を製作していた、米でも最もコアなブルース・レーベル、マムリシュから、本当にコアな一枚。目玉はアラバマ・バーミンガムのボー・ウィーヴィル・ジャクソン(サム・バトラー)。26年という最初期に二回だけ録音し消息不明となった人。彼のギターがまず圧巻で、殺伐とした切迫感にみち、しかも流しをしていたらしい芸能テイストも盛り込まれた分裂的な演奏。続いてやはり謎に満ちたブルースマンで、スロウで優しい、悲惨さ漂うギターと歌のバディ・ボーイ・ホーキンス。最後はミシシッピ出身と考えられるもやはり録音をしたこと以外不明なウィリアム・ハリス。打楽器的演奏から細かなピッキングも達者、そして歌がとにかくうまい。【曲】「Sam Butler / Devil And My Brown Blues(試聴)」「Heaven Is My View」「You Can't Keep No Brown」「Walter "Buddy Boy" Hawkins / Working On The Railroad」「Shaggy Dog Blues(試聴)」「William Harris / Hot Time Blues」「Early Morning Blues」「Bullfrog Blues(試聴)」「Range In My Kitchen」「Walter "Buddy Boy" Hawkins / Yellow Woman Blues」「Jailhouse Fire Blues」「Bo Weavil Jackson / When The Saints Go Marching In」「Why Do You Moan?」「Sam Butler / Christians Fight On, Your Time Ain't Long」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Big Bill Broonzy - THE YOUNG BIG BILL BROONZY 1928-1935

  • ブルースLP
 Big Bill Broonzy- ビッグ・ビル・ブルーンジー - "THE YOUNG BIG BILL BROONZY 1928-1935"
USA / LP / Stereo / Yazoo L1011 / Rec 1928 to 1935 / Pub 1970s
ジャケット擦れわずか、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■ビッグ・ビルの初期マスターピースが詰まったヤズー盤。
活動歴はかなり長く、おそらく引退していた時期は無い人で、20年代にシカゴで本格的に活動、フォークウエイズの録音などもはさみながら50年代の末に亡くなるまで、ほとんど現役。その卓越したギター・テクニックはもうこの編集盤でも既に完成されています。シカゴに来る前はフィドルをやってギタリストの脇役に回っていましたが、ギターをマスターした後はシカゴ・ブルースの発展にも寄与し精力的に活動、録音を開始。この一枚はその録音を始めた最初の7年の中から選ばれた編集盤。その当時のシカゴのブルース界を全部体験できるような内容。【曲】「Brownskin Shuffle」「Eagle Ridin' Papa(試聴)」「Starvation Blues」「Long Tall Mama」「Good Liquor Gonna Carry Me Down」「Skoodle Do Do」「Banker's Blues」「Saturday Night Rub(試聴)」「I Can't Be Satisfied」「Mississippi River Blues」「Hip Shakin' Strut」「How You Want It Done?(試聴)」「Hokum Stomp」「Stove Pipe Stomp」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Cripple Clarence Lofton And Walter Davis - CRIPPLE CLARENCE LOFTON AND WALTER DAVIS

  • ブルースLP
 Cripple Clarence Lofton And Walter Davis- クリップル・クラレンス・ロフトン、ウォールター・デイビス - "CRIPPLE CLARENCE LOFTON AND WALTER DAVIS"
USA / LP / Stereo / Yazoo L1025 / Rec 1935 to 1940 / Pub 1970
ジャケット円状の擦れ少々、レーベルひげ少々、盤極浅い擦れ少々
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■二人の個性的なブルース・ピアニストを両面に収録したヤズー盤。
A面はシカゴで活躍したブギウギ第一世代のクリップル・クラレンス・ロフトン。一曲除きすべて未発表、ロフトンの代表曲の「I Don't Know」もテイク違い。指が沢山動く人とは違うゴロゴロしたピアノで、細かいプレイも相当にうまいもののテクは後回しという感じが最高。そしてブギウギ・ピアニストには珍しく歌がとにかくカッコいい。モンク×デルタという感の「Change My Mind Blues」、南部のブルース・ギターをピアノに置き換えたような「State Street Blues」等全7曲。B面は戦後まで録音のあるウォルター・デイビスで、35から40年のものを収録。単なるブルース・ピアニストの域を脱却したモード的なブルースで、ギターなど伴奏がはいると一層の面白さあり。こちらも7曲。【曲】「Cripple Clarence Lofton / Juke Joint Stomp」「I Don't Know(試聴)」「State Street Blues」「Change My Mind Blues」「Streamline Train」「South Side Mess Around」「Brown Skin Girls」「Walter Davis / Why Should I Be Blue」「Santa Claus(試聴)」「Jacksonville Part 2(試聴)」「Call Your Name」「Please Don't Mistreat Me」「I Can Tell By The Way You Smell」「Can't See Your Face」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Junior Wells - HOODOO MAN BLUES

  • ブルースLP
 Junior Wells- ジュニア・ウエルズ - "HOODOO MAN BLUES"
U.K. / LP / Mono / P-Vine PLP357 / Rec 1960s / Pub 1987
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し、帯・インサートきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■シカゴ・ブルース・マン、ジュニア・ウエルズの名盤。
日本盤リイシュー。マディ・ウォーターズ・バンドのハープ奏者として活躍したのちさらに頭角を現し、ファンキーでロキンなブルースを連発、シカゴのブルース・シーンの代表格となったジュニア・ウエルズ。これは65年のアルバムで、彼の代表作と言える一枚。ド派手で激情的な唄とハープ、それが浮き立つバディ・ガイ(G)他の引き締まった小編成サポート、全12曲収録。【曲】「Snatch It Back And Hold It」「Ships On The Ocean」「Good Morning Schoolgirl」「Hound Dog」「In The Wee Hours」「Hey Lawdy Mama」「Hoodoo Man Blues」「Early In The Morning 」「We're Ready」「You Don't Love Me, Baby」「Chitlin Con Carne」「Yonder Wall」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2018年5月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
2018年6月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.