(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: blues)

L.C. Robinson - UPS AND DOWNS

  • ブルースLP
 L.C. Robinson- L.C.ロビンソン - "UPS AND DOWNS"
USA / LP / Stereo / Arhoolie 1062 / Rec 1971 / Pub 1972
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■テキサス・ブルースマン、LCロビンソンの72年のアルバム。
ブラインド・ウィリー・ジョンソンにボトルネック・ギターを教わったと言われ、ボブ・ウィルス・バンドのレオン・マコーリフにスティールを習い、さらにブルース・フィドルもマスターしたテキサス・ブルース・マン、LCロビンソン。これは72年のアルバムで、A面は当時のマディ・ウォーターズ・バンドをバックに録音、B面はテキサス・ブルース・ピアニスト、デイヴ・アレクサンダーのトリオがサポートした一枚。【曲】「Mojo In My Hand」「Ups And Downs」「Pinetop's Boogie Woogie」「Across The Universe(試聴)」「L.C.'s Shuffle」「I've Got To Go」「Stop And Jump」「She Got It From The Start」「Things' So Bad In California(試聴)」「New Train Time」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Freeman Stowers, State Street Boys, Carver Boys, etc. - HARMONICA BLUES : GREAT HARMONICA PERFORMANCES OF THE 1920S AND 30S

  • ブルースCDetc
 Freeman Stowers, State Street Boys, Carver Boys, etc.- フリーマン・ストーワーズ、ステイト・ストリート・ボーイズ、カーヴァー・ボーイズ、etc. - "HARMONICA BLUES : GREAT HARMONICA PERFORMANCES OF THE 1920'S AND 30'S"
USA / CDetc / Mono / Yazoo -1053 / Rec late1920s / Pub 1991
ケース擦れわずか、ブックレット、盤面ともにきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■ヤズー選曲のハーモニカ・ブルース集。
ヤズーが編集したハーモニカ・ブルースの決定盤。技巧派から踊れるホーカムものまで幅ひろく楽しめる内容。一曲目に必ず必殺のナンバーを持ってくるヤズーですが、これももちろんそう。歌というか声と、超絶のハーモニカ・テクニックで、伴奏なしでプレイされるフリーマン・ストワーズという人の「Railroad Blues」にはじまり、ラストまで純粋に音の面白さで一杯の14曲。【曲】「Freeman Stowers / Railroad Blues(試聴)」「State Street Boys / Crazy About You」「Carver Boys / Wang Wang Harmonica Blues」「Lee Brown / My Driving Wheel」「Ashley & Foster / Bay Rum Blues」「Robert Hill / I'm Going To Write And Tell Mother」「Chuck Darling / Blowin' The Blues(試聴)」「Chuck Darling / Harmonica Rag」「Jaybird Coleman / Man Trouble Blues」「Jazz Gillum / I Want You By My Side」「Alfred Lewis / Friday Moan Blues」「Chicken Wilson & Skeeter Hinton / House Snake Blues」「Bobby Leecan & Robert Cooksey / Need More Blues」「DeFord Bailey / Davidson County Blues」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Sam Collins, Freddie Spruell, Johnny Temple, etc. - LONESOME ROAD BLUES : 15 YEARS IN THE MISSISSIPPI DELTA 1926-1941

  • ブルースCD
 Sam Collins, Freddie Spruell, Johnny Temple, etc.- サム・コリンズ、フレディ・スプルエル、ジョニー・テンプル、etc. - "LONESOME ROAD BLUES : 15 YEARS IN THE MISSISSIPPI DELTA 1926-1941 "
USA / CD / Mono / Yazoo -1038 / Rec 1926 to 1941 / Pub 1991
ケース擦れほぼ無し、ブックレット、盤面ともにきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■さすがはヤズーというミシシッピ・ブルースの編集盤。
1926年(これはミシシッピのブルースマンのレコードとしては大変古い)から1941年の、ミシシッピ・ブルースを集めたヤズーの編集盤。よくある戦前ミシシッピのカントリー・ブルース集にはなかなか収録されない、ミシシッピらしさから少し離れた独自のスタイルを持った曲をたっぷり収録。バックワーズ・サム・ファークもカヴァーしたスキップ・ジェイムス「I'm So Glad」、そのスキップ・ジェイムスの「Devil Got My Woman」を淀んだギターと祈るような歌で塗り替えたジョニー・テンプル、2本のギターがグシャっと絡み合うミシシッピ・ブレイシー「Cherry Ball」などなど収録。ライナーはステファン・カルトとジョン・ミラー。【曲】「Big Joe Williams / Little Leg Woman」「Arthur Pettis / Good Boy Blues」「Sonny Boy Nelson / Street Walkin'」「Sam Collins / Lonesome Road Blues(試聴)」「Mississippi Bracey / Cherry Ball」「Robert Petway / Catfish Blues」「Freddie Spruell / Tom Cat Blues」「The Mississippi Moaner / It's Cold In China」「Johnny Temple / The Evil Devil Blues(試聴)」「Robert Lockwood / Take A Little Walk With Me」「Sam Collins / My Road Is Rough And Rocky」「Mississippi Bracey / Stered Ga(試聴)l」「Freddie Spruell / Milk Cow Blues」「Skip James / I'm So Glad」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Albert Ammons, Pete Johnson, Jimmy Yancey - BOOGIE WOOGIE MAN

  • ブルース/ブギウギLP
Albert Ammons, Pete Johnson, Jimmy Yancey- アルバート・アモンズ、ピート・ジョンソン、ジミー・ヤンシー - "BOOGIE WOOGIE MAN"
France / LP / Mono / RCA 730561 / Rec 1939 to 1941 / Pub 1972
コーティング・ジャケット擦れ少々、裏面しみ少々、レーベひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■A面はアモンズ&ジョンソンの二台ピアノ録音、B面は開祖ヤンシーの39/40年録音。
まずA面は、ブギウギ史上最高の三人のうち二人、アモンズとジョンソン(もう一人はミード・ラックス・ルイス)が、41年に二台ピアノで録音した強力な8曲。これと全く同じものが収録されています。A面の試聴はそれで聞いていただくとして、裏面はジミー・ヤンシー。上の三人に多大な影響を与えた(1910年代という話)ブギウギ・ピアノの開祖的プレイヤー。ベイビー・ドッズやチャーリー・パットンが他の人と違うようにヤンシーも違う、というような絶品のナンバーを8曲。39、40年。フランスRCA盤。【曲】「A. Ammons - P. Johnson / Barrelhouse Boogie」「Boogie Woogie Man」「Cuttin' The Boogie」「Pine Creek」「Sixth Avenue Express」「Foot Pedal Boogie」「Movin' The Boogie」「Walkin' The Boogie」「J.Yancey / Yancey Stomp」「State Street Special」「Tell 'Em About Me(試聴)」「Five O'Clock Blues」「Yancey's Bugle Call(試聴)」「Death Letter Blues」「35th And Dearborn」「Crying In My Sleep(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Little Caesar - LYING WOMAN...GOODBYE BABY

  • リズム&ブルースLP
 Little Caesar- リトル・シーザー - "LYING WOMAN...GOODBYE BABY"
USA / LP / Mono / Route 66 KIX24 / Rec 1952, 1953 / Pub 1983
見開きジャケット擦れ極わずか、内側しみ少々、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れ少々
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■R&Bシンガー、リトル・シーザーの音源集。
52年にレコード・デビュー、60年頃までウエストコーストのブルース/R&Bシーンで活躍したシンガー、リトル・シーザーの音源集。全編ずっしりした重量級の歌に、直球の強力R&Bもあれば感情炸裂のバラードあり(試聴一曲目は途中で泣き出します)、ドラマ仕立ての歌ものもありと娯楽性満点の17曲。後に俳優に転向したらしいです。なんかわかります。【曲】「Goodbye Baby」「Long Time Baby」「Going Down To The River(試聴)」「Move Me」「Lying Woman」「If I Could See My Baby」「Your Money Ain't Long Enough」「Atomic Love」「You Can't Bring Me Down」「Here Is A Letter」「Do Right Blues」「Chains Of Love Have Disappeared」「Tried To Reason With Your Baby(試聴)」「Big Eyes」「Can't Stand It All Alone」「What Kind Of Fool Is He」「Wonder Why I'm Leaving (The Rat Song)」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Washington Phillips - WHAT ARE THEY DOING IN HEAVEN TODAY?

  • ゴスペル/ブルースLP
Washington Phillips- ワシントン・フィリップス - "WHAT ARE THEY DOING IN HEAVEN TODAY?"
USA / LP / Mono / Mississippi MR006 / Rec late1920s / Pub 2006
ジャケット擦れ少々、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■天国のゴスペルを奏でたワシントン・フィリップスの編集盤。
ゴスペル系カントリー・ブルース・シンガーには個性的な人が多いですが、彼こそワン&オンリー。チェレスタフォンというチター系弦楽器で夢のような弾き語りを聞かせるテキサス生まれのワシントン・フィリップス。これは2006年にミシシッピ・レコードがリリースした彼の音源集。全12曲、試聴のような天国のナンバーが並ぶ一枚。【曲】「Train Your Child(試聴)」「Paul And Silas In Jail」「I Was Born To Preach The Gospel」「Mother's Last Word To Her Son」「You Can't Stop The Tattler- Part 2」「Take Your Burden To The Lord(試聴)」「What Are They Doing In Heaven Today?」「Denomination Blues- Part One」「Denomination Blues- Part Two」「I Had A Good Mother And Father」「Lift Him Up, That's All」「Mother's Last Word To Her Daughter」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Floyd Jones, Snooky And Moody, Delta Joe, etc. - ON THE ROAD AGAIN - AN ANTHOLOGY OF CHICAGO BLUES 1947 - 1954

  • ブルースLP
 Floyd Jones, Snooky And Moody, Delta Joe, etc.- フロイド・ジョーンズ、スヌーキー&ムーディ、デルタ・ジョー、etc. - "ON THE ROAD AGAIN - AN ANTHOLOGY OF CHICAGO BLUES 1947 - 1954"
USA / LP / Mono / Muskadine 100 / Rec 1947 to 1954 / Pub 1971
ジャケット擦れわずか、レーベルひげほぼ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■初期シカゴ・ブルースの強烈なナンバーを集めた編集盤。
70年代初頭に数枚のコアなブルース・コンピレーションをリリースした西海岸の極小レーベル、マスカダイン・レコード。これは戦後シカゴのレア・ブルースを収録した一枚。マディ・ウォーターズやリトル・ウォルターが活躍する曲多数、アーリー・シカゴ・ブルース・マニア垂涎のオッサム・ブラウン、JBハットーの初録音、マディにギターを教えたというムーディ・ジョーンズとスヌーキー・プライアーのデュオなどなど収録。【曲】「Floyd Jones / On The Road Again」「Snooky And Moody / Keep What You Got」「Delta Joe / Roll, Tumble And Slip」「Little Walter Trio / Bad Acting Woman」「Little Walter / I Just Keep Lovin' Her」「Little Walter Trio / Moonshine Blues」「Baby Face Leroy Trio / Red Headed Woman」「Othum Brown / Ora Nelle Blues(試聴)」「Johnny Shines / Evening Sun」「Johnny Shines / Brutal Hearted Woman」「John Brim Trio / Humming Blues」「John Brim Trio / Trouble In The Morning」「J.B. & His Hawks / Lovin' You(試聴)」「Pet Cream Man」「Now She's Gone」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Southern Sons - WHEN THEY RING THEM GOLDEN BELLS

  • ゴスペルLP
 Southern Sons- サザン・サンズ - "WHEN THEY RING THEM GOLDEN BELLS"
Sweden / LP / Mono / Gospel Jubilee RF1406 / Rec 1941 to 1944 / Pub 1988
ジャケット擦れほぼ無し、小折れ目、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ゴスペル・グループ、サザン・サンズの音源集。
ゴールデン・ゲイト・カルテットによって火が付いたジュビリー・スタイルの初期ゴスペル・グループの中でも、最も評価の高いグループの一つ、ニュージャージーのサザン・サンズ。41年から44年までの17曲を収録。【曲】「When They Ring Dem Golden Bells(試聴)」「I'm Free At Last」「I Want Two Wings」「Lord Have Mercy」「One Day When The Lord Will Call On Me」「There's A Leak In This Old Building(試聴)」「Rest For The Weary」「Praise The Lord & Pass The Ammunition」「I Heard The Preaching Of The Elders」「Go Down Moses」「Lift Every Voice And Sing」「I Heard Zion Mourn」「Above My Head I Hear, Music In The Air」「Lead Me To That Rock」「Two Wings」「We'll Anchor Bye And Bye」「Ring Dem Golden Bells」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bo Weavil Jackson(Sam Butler), Walter Buddy Boy Hawkins, William Harris - BULLFROG BLUES

  • ブルースLP
 Bo Weavil Jackson(Sam Butler), Walter Buddy Boy Hawkins, William Harris- ボー・ウィーヴィル・ジャクソン(サム・バトラー)、ウォルター・バディ・ボーイ・ホーキンス、ウィリアム・ハリス - "BULLFROG BLUES"
USA / LP / Mono / Mamlish S3809 / Rec 1926, 1927 / Pub 1977
ジャケット擦れほぼ無し、しみ少々、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  4800 yen
■この三人の音源集。ボー・ウィーヴィル・ジャクソンは二曲未発表あり。
研究家のドン・ケントが興し、バックワーズ・サム・ファークやスティーヴ・カルトらがリイシュー盤を製作していた、米でも最もコアなブルース・レーベル、マムリシュから、本当にコアな一枚。目玉はアラバマ・バーミンガムのボー・ウィーヴィル・ジャクソン(サム・バトラー)。26年という最初期に二回だけ録音し消息不明となった人。彼のギターがまず圧巻で、殺伐とした切迫感にみち、しかも流しをしていたらしい芸能テイストも盛り込まれた分裂的な演奏。続いてやはり出生地不明(アラバマ説有力)、生没年不明で、スロウで優しい、悲惨さ漂うギターと歌のバディ・ボーイ・ホーキンス。最後はミシシッピ出身と考えられるもやはり録音をしたこと以外不明なウィリアム・ハリス。打楽器的演奏から細かなピッキングも達者、そして歌がとにかくうまい。【曲】「Sam Butler / Devil And My Brown Blues(試聴)」「Heaven Is My View」「You Can't Keep No Brown」「Walter "Buddy Boy" Hawkins / Working On The Railroad」「Shaggy Dog Blues(試聴)」「William Harris / Hot Time Blues」「Early Morning Blues」「Bullfrog Blues(試聴)」「Range In My Kitchen」「Walter "Buddy Boy" Hawkins / Yellow Woman Blues」「Jailhouse Fire Blues」「Bo Weavil Jackson / When The Saints Go Marching In」「Why Do You Moan?」「Sam Butler / Christians Fight On, Your Time Ain't Long」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Lonnie Coleman, Robert Lockwood, Wright Holmes, etc. - COUNTRY BLUES CLASSICS VOLUME 3

  • ブルースLP
Lonnie Coleman, Robert Lockwood, Wright Holmes, etc.- ロニー・コールマン、ロバート・ロックウッド、ライト・ホルムズ、etc. - "COUNTRY BLUES CLASSICS VOLUME 3"
USA / LP / Mono / Blues Classics 7 / Rec 1930s to 50s / Pub late60s
ジャケット擦れ少々、レーベルひげわずか、盤浅い擦れ、しなり少々、若干音揺れあり(試聴2曲目など)
Jacket 3.5 / Disc 3.5 / Sound 3.5  2980 yen
■アーフーリーのブルース・クラシック集3枚目。ハーモニカ・フランク"Tom Cat Blues"収録。
西海岸のアーフーリー・レコードがカントリー・ブルースを出すために作ったブルース・クラシックス・レーベルは、メンフィス・ミニーなどアーティスト別のものと、シカゴ、デトロイトなど地域別のものがありますが、何も隔てなく集められたものが4枚あります。恐らくオーナーのクリス・ストラフィッツが気に入っているもので、状態のいい盤を入れてあるんだと思いますが、それがどれもバラエティに富んだいい内容。これもビッグネームから無名、デルタからメンフィス、東部の人、アコ、エレキ、ピアノ、ストリング・バンドものなどなどいろいろ、しかしバラケ感無し。【曲】「Lonnie Coleman / Old Rock Island Blues」「Robert Lockwood / Little Boy Blue」「Wright Holmes / Alley Blues(試聴)」「Delta Boys / You Shouldn't Say That」「Barbecue Bob / Ease It To Me Blues」「Walter Roland / 45 Pistol Blues」「Walter Roland / Every Morning Blues」「Willie McTell / Kill It Kid」「Kid Stormy Weather / Short Haired Blues」「Casey Bill / WPA Blues」「Harmonica Frank / Tom Cat Blues(試聴)」「Memphis Minnie / Bumble Bee Blues」「Delta Boys / Black Gal Swing」「Black Boy Shine / Sugarland Blues」「Son Bonds / 80 Highway」「Willie McTell / Broke Down Engine(試聴)」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bo Carter - BANANA IN YOUR FRUIT BASKET : RED HOT BLUES 1931-1936

  • ブルースCDetc
 Bo Carter- ボー・カーター - "BANANA IN YOUR FRUIT BASKET : RED HOT BLUES 1931-1936"
USA / CDetc / Mono / Yazoo 1064CD / Rec 1931 to 1936 / Pub 1990s
新品未開封
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■ボー・カーターのヤズー編集盤。
資料価値よりも内容重視、名編集盤のみをリリースしてきたヤズー・レーベルが、なんと個人で三枚も編集盤を出しているのがこのボー・カーター。当時のリリースの量だけでなく質の高さも端的に表しています。黒人、白人を相手した幅広いレパートリーと、5つのチューニングを自在に扱ったというギター。これは31年から36年のおもにエロ系のナンバーを集めた一枚。ジャケット・アートワークはロバート・クラム。新品未開封。【曲】「All Around Man(試聴)」「Banana In Your Fruit Basket」「Pig Meat Is What I Crave」「Pussy Cat Blues」「My Pencil Won't Write No More」「Ants In My Pants」「Cigarette Blues(試聴)」「Howling Tom Cat Blues」「What Kind Of Scent Is This?」「Mashing That Thing(試聴)」「Blue Runner Blues」「Don't Mash My Digger So Deep」「Pin In Your Cushion」「Ram Rod Daddy」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bo Carter - TWIST IT BABE 1931-1940

  • ブルースCDetc
Bo Carter- ボー・カーター - "TWIST IT BABE 1931-1940"
USA / CDetc / Mono / Yazoo 1034CD / Rec 1931 to 1940 / Pub 1992
ケース、インサート、盤面ともにきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■ボー・カーターのヤズー編集盤第二集。
資料価値よりも内容重視、名編集盤のみをリリースしてきたヤズー・レーベルが、なんと個人で三枚も編集盤を出しているのがこのボー・カーター。当時のリリースの量だけでなく質の高さも端的に表しています。黒人、白人を相手した幅広いレパートリーと、5つのチューニングを自在に扱ったというギター。これは31年から40年のナンバーを14曲収録したヤズー盤。鉄製ボディの鈍い金属音が印象的なギター、ヒルビリーの世界にも居そうな味のある歌、もともとミシシッピの枠におさまるような人ではありませんがこれはさらにその感が濃厚なメロディアスなナンバーの数々。ライナーはステファン・カルトとジョン・ミラー。【曲】「The Law Gonna Step On You(試聴)」「Honey」「Shake 'Em On Down」「Rolling Blues」「Howling Tom Cat Blues」「Policy Blues」「My Baby」「Twist It, Baby」「Some Day(試聴)」「Doubled Up In A Knot(試聴)」「I Get The Blues」「Let Me Roll Your Lemon」「Pussy Cat Blues」「Bo Carter Special」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2018年3月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.