(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: blues)

Barbecue Bob, Hokum Boys, Roy Smeck, etc. - THE VOICE OF THE BLUES : BOTTLENECK GUITAR MASTERPIECES

  • カントリー・ブルース/スライド・ギターLP
 Barbecue Bob, Hokum Boys, Roy Smeck, etc.- バーベキュー・ボブ、ホーカム・ボーイズ、ロイ・スメック、etc. - "THE VOICE OF THE BLUES : BOTTLENECK GUITAR MASTERPIECES"
USA / LP / Mono / Yazoo 10014 / Rec late1920s / Pub mid1970s
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■スライド・ギターの名演を集めたヤズー盤。
有限のフレットを無限にしたスライド・ギターは田舎のブルースに取り入れられ、演奏スタイルもブルース自体もさらに音楽性が広がることに。これは、ボトルネック、ハワイアン・スタイル問わず、スライド・ギター・ブルースの名演を集めたヤズーの編集盤。ロバート・クラムもカヴァーしたロイ・スメックの「Laghing Rag」、12弦でスライドするバーベキュー・ボブ「Goin' Up The Country」、テキサスのスライド名手ランブリン・トーマス「Ground Hog Blues」等、単なる奏法のショーケースに終わらず、繰り返し聞ける実のあるナンバーのみを選曲。ジャケットは(裏ジャケの版画も)ロバート・アームストロング。【曲】「Barbecue Bob / Goin' Up The Country」「Georgia Browns / Decatur Street 81」「Ramblin' Thomas / Ground Hog Blues」「Tampa Kid / Keep On Trying」「Hokum Boys / Selling That Stuff」「Too Bad Boys / Corrine Corrina Blues」「Sister O. M. Terrell / I Want You To Lead Me On(試聴)」「Sam Butler / Jefferson County Blues」「Oscar "buddy" Woods / Come On Over To My House Baby」「Roy Smeck / Laughing Rag(試聴)」「Irene Scruggs / Voice Of The Blues」「Jimmie Davis / She's A Hum Dum Dinger From Dingersville」「Blind Willie Davis / When The Saints Go Marching In(試聴)」「Georgia Cotton Pickers / She's Coming Back Some Cold Rainy Day」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Leroy Carr And Scrapper Blackwell - NAPTOWN BLUES 1929-1934

  • ブルースLP
 Leroy Carr And Scrapper Blackwell- リロイ・カー&スクラッパー・ブラックウェル - "NAPTOWN BLUES 1929-1934"
USA / LP / Mono / Yazoo L1036 / Rec early1930s / Pub early1970s
ジャケット円状の擦れ少々、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れ少々
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 3980 yen
■デュオは最も面白いものが生まれる編成では、と思わせる、戦前随一のピアノ&ギター・デュオ。
インディアナポリスで出会い、20~30年代に活躍したピアノ&ギターのデュオ、リロイ・カーとスクラッパー・ブラックウェル。南部出身がほとんどといわれるこのカントリー・ブルース界で、ノーザン・ブルースの元祖ともいわれる二人のスタイルは、ジャズ一歩手前のピアノと、シングル・トーンの生ギターをアレンジして作られた、都会的でいてドロリとした味のあるブルース。素っ頓狂な動物の鳴きまねを入れた「Carried Water For The Elephant」、珍しく8ビート的な「Low Down Dog Blues」、ジャズ・スタンダードの「How About Me」などなど14曲収録。【他収録曲】「Carried Water For The Elephant」「Low Down Dog Blues(試聴)」「Papa Wants A Cookie」「Naptown Blues」「Bread Baker(試聴)」「I Keep The Blues」「Gettin' All Wet」「What More Can I Do」「Longing For My Sugar」「Fore Day Rider」「How About Me(試聴)」「Memphis Town」「Hold Them Puppies」「Papa Wants To Knock A Jug」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Sam Collins, Freddie Spruell, Johnny Temple, etc. - LONESOME ROAD BLUES : 15 YEARS IN THE MISSISSIPPI DELTA 1926-1941

  • ブルースLP
 Sam Collins, Freddie Spruell, Johnny Temple, etc.- サム・コリンズ、フレディ・スプルエル、ジョニー・テンプル、etc. - "LONESOME ROAD BLUES : 15 YEARS IN THE MISSISSIPPI DELTA 1926-1941 "
USA / LP / Mono / Yazoo L1038 / Rec 1926 to 1941 / Pub 9174
ジャケット擦れ少々、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■さすがはヤズーというミシシッピ・ブルースの編集盤。
1926年(これはミシシッピのブルースマンのレコードとしては大変古い)から1941年の、ミシシッピ・ブルースを集めたヤズーの編集盤。よくある戦前ミシシッピのカントリー・ブルース集にはなかなか収録されない、ミシシッピらしさから少し離れた独自のスタイルを持った曲をたっぷり収録。バックワーズ・サム・ファークもカヴァーしたスキップ・ジェイムス「I'm So Glad」、そのスキップ・ジェイムスの「Devil Got My Woman」を淀んだギターと祈るような歌で塗り替えたジョニー・テンプル、2本のギターがグシャっと絡み合うミシシッピ・ブレイシー「Cherry Ball」などなど収録。ライナーはステファン・カルトとジョン・ミラー。【曲】「Big Joe Williams / Little Leg Woman」「Arthur Pettis / Good Boy Blues」「Sonny Boy Nelson / Street Walkin'」「Mississippi Bracey / Stered Ga(試聴)l」「Mississippi Bracey / Cherry Ball」「Sam Collins / My Road Is Rough And Rocky」「Sam Collins / Lonesome Road Blues(試聴)」「Robert Petway / Catfish Blues」「Freddie Spruell / Milk Cow Blues」「Freddie Spruell / Tom Cat Blues」「Skip James / I'm So Glad」「Robert Lockwood / Take A Little Walk With Me」「Johnny Temple / The Evil Devil Blues(試聴)」「The Mississippi Moaner / It's Cold In China」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Hattie Hart, Will Shade, Robert Wilkins, etc. - LOW DOWN MEMPHIS BARRELHOUSE BLUES

  • ブルースLP
 Hattie Hart, Will Shade, Robert Wilkins, etc.- ハッティ・ハート、ウィル・シェイド、ロバート・ウィルキンス、etc. - "LOW DOWN MEMPHIS BARRELHOUSE BLUES"
USA / LP / Mono / Mamlish S3803 / Rec 1920s, 30s / Pub 1973
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■マムリッシュ・レーベルのセント・ルイス・ブルース編集盤第一集。
研究家のドン・ケントが興し、バックワーズ・サム・ファークやスティーヴ・カルトらがリイシュー盤を製作していたマムリシュ・レコードから、メンフィスのブルース集。シカゴやデトロイトのような人口爆発は無かったものの、この時代20年間で人工が倍になったというメンフィス、多くのミュージシャンの流動があり、そのせいでミシシッピのような地域のサウンドの特色は無いものの音楽のレベルは高くなり個性的な人が多々出現。この編集盤は、踊れるバンドもののブルースを多く入れそんなメンフィスのブルースの面白さをあぶりだした一枚。監修、ライナーはケントとファーク。【曲】「Hattie Hart / I Let My Daddy Do That」「Will Shade / Better Let That Stuff Alone」「Robert Wilkins / Alabama Blues」「South Memphis Jug Band / Policy Rag」「South Memphis Jug Band / Doctor Medicine」「Kansas Joe & Memphis Minnie / Shake Mattie」「My Washwoman's Gone」「Mooch Richardson / T And T Blues(試聴)」「John Estes / My Black Gal Blues」「Jack Kelly / Highway No. 61 Blues」「Mooch Richardson / Burying Ground Blues」「Jim Jackson / Bootlegging Blues」「Memphis Minnie / Reachin' Pete」「Mooch Richardson / Low Down Barrelhouse Blues Pt. 1」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Cleoma Breaux Falcon, Amadie Breaux, Guidry Brothers, etc. - LOUISIANA CAJUN MUSIC : VOLUME 2 THE EARLY 30S

  • ケイジャンLP
 Cleoma Breaux Falcon, Amadie Breaux, Guidry Brothers, etc.- クレオマ・ブロー・ファルコン、アマディー・ブロー、ギドリー・ブラザーズ、etc. - "LOUISIANA CAJUN MUSIC : VOLUME 2 THE EARLY 30S"
USA / LP / Mono / Old Timey 109 / Rec 1930s / Pub 1971
見開きジャケット擦れ極わずか、内側きれい、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れ、B2にわずか音に出る小スクラッチ
Jacket 4 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4  3980 yen
■アーフーリーのオールド・ケイジャン集第二集。
カントリー・ブルース、ヒルビリー、ハワイアンなどのルーツ音楽で知られる西海岸のアーフーリー・レコードから、オーナーのクリス・ストラフィッツが渾身の力を入れケイジャンをまとめた名シリーズ"ルイジアナ・ケイジャン・ミュージック"。第八集まで出ていて、これはその第二集。20年代の第一集に続いて今度は30年代の音源集。クレオマ・ファルコン(ブロー)、夫のジョセフ・ファルコン、アマディー・ブローらブロー一家中心に、ギドリー・ブラザーズ、レオ・ソイロー、ローレンス・ウォーカーなど収録。全曲解説、仏英詞入り。【曲】「Cleoma Breaux Falcon / Prenez Courage」「Amadie Breaux / Les Tracas Du Hobo Blues」「Cleoma B. Falcon / Mon Couer T'appelle(試聴)」「Lawrence Walker / Alberta(試聴)」「Guidry Brothers / La Valse Du Mariage」「Leo Soileau and Mayuse Lafleur / Mama, Where You At?」「Joseph Falcon / Elle M'a Oublie」「Lawrence Walker / What's The Matter Now」「Alleman And Walker / La Femme Qui Jovait Les Cartes」「Mon Dernier Bon Soir」「Joseph Falcon and Cleoma Falcon / La Fille A Oncle Elair」「Ils La Volet Mon Trancas」「Amadie Breaux」「Fais Do-Do Negre」「Tiger Rag Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Henry Whitter, Oliver Sims, Kyle Wooten, etc. - OLD TIME HARMONICA CLASSICS 1923-1937

  • カントリー/ブルースLP
 Henry Whitter, Oliver Sims, Kyle Wooten, etc.- ヘンリー・ウィッター、オリバー・シムズ、カイル・ウットゥン、etc. - "OLD TIME HARMONICA CLASSICS 1923-1937"
USA / LP / Mono / County 549 / Rec 1923 to 1937 / Pub 1991
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■戦前ヒルビリー、ブルースのハーモニカ・インストを収録したカウンティ編集盤。
カウンティ・レーベルにしては珍しく黒人ミュージシャンの音源も入った編集盤で、戦前ヒルビリー、ブルースのハーモニカ名演を収録した一枚。一人でやっているとは到底思えない、ベース・ラインとメロディを吹くデフォード・ベイリー、同様に超絶技巧を聞かせるJHハウェル、全く珍しい、二人のハーモニカをメインにしたヒルビリー・バンド、マーフィー・ブラザーズ・ハープ・バンドなどなど14曲収録。【曲】「Henry Whitter / Lost Girl Of West Virginia」「Dutch Coleman & Red Whitehead / Dad's Getting Uzzy」「Oliver Sims / Hop About Ladies」「Crook Brothers String Band / Jobbin' Gettin' There」「DeFord Bailey / Muscle Shoals Blues(試聴)」「Murphy Brothers / Boat Song March」「J.H. Howell / Lost John(試聴)」「Murphy Brothers / Downfall Of Paris」「Henry Whitter / Rain Crow Bill」「Walter Davis & Gwen Foster / Crooked Creek Blues(試聴)」「Kyle Wooten / Red Pig」「Tom Ashley & Gwen Foster / Bay Rum Blues」「DeFord Bailey / Ice Water Blues」「Humphrey Bate / Take Your Foot Out Of The Mud(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Frank Stokes - CREATOR OF THE MEMPHIS BLUES

  • ブルースLP
 Frank Stokes- フランク・ストークス - "CREATOR OF THE MEMPHIS BLUES"
USA / LP / Stereo / Yazoo L1056 / Rec 1927 to 1929 / Pub 1970s
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■チャーリー・パットンと並ぶ初期カントリー・ブルースの最重要人物フランク・ストークス。
メンフィスで"ブルースの父"と言われたフランク・ストークス。1888年生まれ、既にロウ・ティーンでデビュー、つまり1900年あたりからやっていた人で、20世紀初頭の音楽の縮図をストークスのレパートリーに見て取ることもできるという重要ブルース・マン。相当に声がデカかったそうで、このヤズー盤でもギターが聞こえなくならないように配慮、ブルースを中心に彼の音楽性の幅を示すナンバーも収録した一枚。またストークスといえばダン・セイン(写真左)とのツイン・ギターも有名。この2本のギター・スタイルは例えばメンフィス・ミニーとカンザス・ジョーなんかにも影響を与えたらしく、カントリー・ブルースからシティー・ブルースへと発展する素地を作ったとも言えます。全14曲。【曲】「Chicken You Can Roost Behind The Moon(試聴)」「Memphis Rounders Blues」「Unnamed Blues」「Stomp That Thing」「Mr. Crump Don't Like It」「Nehi Mamma Blues」「It's A Good Thing」「You Shall」「It Won't Be Long」「Mistreatin' Blues(試聴)」「Wasn't That Doggin' Me」「'Tain't Nobody's Business If I Do Part 2」「Sweet To Mama」「Beale Town Bound」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Mississippi John Hurt, Washington White, Mattie Delaney, etc. - MISSISSIPPI MOANERS 1927-1942

  • ブルースLP
Mississippi John Hurt, Washington White, Mattie Delaney, etc.- ミシシッピ・ジョン・ハート、ワシントン・ホワイト、マッティ・デラニー、etc. - "MISSISSIPPI MOANERS 1927-1942"
USA / LP / Stereo / Yazoo L1009 / Rec 1927 to 1942 / Pub 1968
ジャケット擦れわずか、しみ少々、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  4500 yen
■ヤズーのミシシッピ・ブルース集2作目。
一作目にも収録された巨人たちに加え、5組みのヤズー初お目見えのブルースマンを収録した全14曲。デルタの攻撃的な面は薄め、その逆に味わい深くずっしり沁みるナンバーの数々。【曲】「Mississippi John Hurt / Big Leg Blues(試聴)」「Washington White / The New 'Frisco Train」「Mattie Delaney / Down The Big Road Blues(試聴)」「Rube Lacy / Ham Hound Crave」「Skip James / Cherry Ball Blues」「Uncle Bud Walker / Stand Up Suitcase Blues」「Charlie Patton / Devil Sent The Rain Blues」「Son House / Special Rider Blues」「Bobby Grant / Lonesome Atlanta Blues」「Mae Glover / Gas Man Blues」「Papa Harvey Hull / Two Little Tommies Blues」「Joe Calicot / Traveling Mama Blues」「Mississippi Moaner / Mississippi Moan」「Blind Willie Reynolds / Married Man Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Blind Richard Yates, Virginia Liston, Jenny Pope, etc. - RARE BLUES OF THE TWENTIES

  • ブルースLP
 Blind Richard Yates, Virginia Liston, Jenny Pope, etc.- ブラインド・リチャード・イエイツ、ヴァージニア・リストン、ジェニー・ポープ、etc. - "RARE BLUES OF THE TWENTIES"
USA / LP / Mono / RBT ASC1 / Rec 1920s / Pub 1965
ジャケット擦れ極わずか、下部中央小縁裂け、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■ヒストリカルのイニシャル盤。ピアノ・ブルース集。
ブルース/ジャズの編集盤で有名なバイオグラフのアーノルド・キャプリンが、バイオグラフを始める直前にスタートさせたヒストリカル・レーベル。これはその一枚目のリリースで、まだレーベル名もレコード番号も無かったころの一枚。ギター演奏重視のヤズー編集盤には選ばれないような暗いピアノ・ブルース中心。女性ボーカルもの多し。インサート付き。【曲】「Blind Richard Yates / Sore Bunion Blues」「I'm Gonna Moan My Blues Away」「Virginia Liston / Rolls Royce Papa」「I'm Gonna Get Me A Man, That's All」「Jenny Pope / Doggin' Me Around Blues(試聴)」「 Whiskey Drinking Blues」「Ethel Waters / Tell Em About Me」「Grant & Wilson / Scoop It」「Stevedore Man」「Georgia Tom & Tampa Red / Grievin' Me Blues」「It's Tight Like That」「Bobbie Leecan & Robert Cooksey / Blue Harmonica」「Don't Let Your Head Hang Down」「Coletha Simpson / Down South Blues(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Iva Smith, Memphis Minnie, Lil Johnson, etc. - RARE BLUES OF THE TWENTIES VOL.2

  • ブルースLP
 Iva Smith, Memphis Minnie, Lil Johnson, etc.- アイヴァ・スミス、メンフィス・ミニー、リル・ジョンソン、etc. - "RARE BLUES OF THE TWENTIES VOL.2"
USA / LP / Mono / Historical ASC2 / Rec 1920s / Pub 1966
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ極わずか、盤浅い擦れ少々
Jacket 4 / Disc 3.5~4 / Sound 4  2980 yen
■ヒストリカルの二作目。
ブルース/ジャズの編集盤で有名なバイオグラフのアーノルド・キャプリンが、バイオグラフを始める直前にスタートさせたヒストリカル・レーベル。これはその二枚目のリリース。上の一作目に続きやはりピアノ・ブルースが多く、女性ボーカルが6割。メンフィス・ミニーのバンドものや、テキサス出身とも言われる幻のギタリスト、ジーン・キャンベルの弾き語りも収録。インサート付き。【曲】「Iva Smith / Third Alley Blues(試聴)」「Sad And Blue」「Memphis Minnie / I'm Talking About You, No. 1」「No. 2」「Lil Johnson / You'll Never Miss Your Jelly」「Never Let Your Left Hand Know」「St. Louis Bessie / Sugar Man Blues Part I」「Part II」「Hound Head Henry / My Silver Dollar Mama」「Low Down Hound Blues」「Jean Cambell / Wandering Blues」「Robbing And Stealing Blues(試聴)」「Jake Jones With The Gold Front Boys / Southern Sea Blues」「Monkeyin' Around」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Will Batts, Memphis Minnie, Hattie Hart, etc. - MEMPHIS JAMBOREE 1927-1936

  • ブルースLP
 Will Batts, Memphis Minnie, Hattie Hart, etc.- ウィル・バッツ、メンフィス・ミニー、ハッティ・ハート、etc. - "MEMPHIS JAMBOREE 1927-1936"
USA / LP / Stereo / Yazoo L1021 / Rec 1926 to 1936 / Pub 1970s
ジャケット擦れほぼ無し、下部中央に小縁裂け、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4500 yen
■2・30年代メンフィスのカントリー・ブルース集。
どういうわけか付近の大都市にくらべて個々のキャラクターが際立った奇抜で天才・天然型のブルースマンが歴然と多いメンフィス。これはヤズーのメンフィス・ブルース集三枚目で、弾き語り系のハードなブルースよりも比較的バンド形式のにぎやかで踊れるナンバーを集めた一枚。メンフィス・ミニー、カンザス・ジョー・マッコイ、ヤンク・レイチェル等おなじみの面々から知られざる人まで14曲。【曲】「Will Batts / Highway No. 61 Blues」「Memphis Minnie / Ain't No Use You Tryin' To Tell On Me(試聴)」「Hattie Hart / Coldest Stuff In Town(試聴)」「Yank Rachel / Squeaky Work Bench Blues」「Memphis Minnie / Soo Cow Soo」「Two Charlies / I Couldn't Stay Here」「Kansas Joe McCoy / Joliet Bound」「Furry Lewis / Dry Land Blues」「Memphis Minnie / That'll Be Alright」「Kansas Joe McCoy / Something Gonna Happen To You」「Gus Cannon / Can You Blame The Colored Man(試聴)」「Jim Jackson / Jim Jackson's Jamboree」「Sam Townsend / Lily Kimball Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Cripple Clarence Lofton And Walter Davis - CRIPPLE CLARENCE LOFTON AND WALTER DAVIS

  • ブルースLP
 Cripple Clarence Lofton And Walter Davis- クリップル・クラレンス・ロフトン、ウォールター・デイビス - "CRIPPLE CLARENCE LOFTON AND WALTER DAVIS"
USA / LP / Stereo / Stereo L1025 / Rec 1935 to 1940 / Pub 1970
ジャケット擦れわずか、下部中央に縁裂け、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■二人の個性的なブルース・ピアニストを両面に収録したヤズー盤。
A面はシカゴで活躍したブギウギ第一世代のクリップル・クラレンス・ロフトン。一曲除きすべて未発表、ロフトンの代表曲の「I Don't Know」もテイク違い。指が沢山動く人とは違うゴロゴロしたピアノで、細かいプレイも相当にうまいもののテクは後回しという感じが最高。そしてブギウギ・ピアニストには珍しく歌がとにかくカッコいい。モンク×デルタという感の「Change My Mind Blues」、南部のブルース・ギターをピアノに置き換えたような「State Street Blues」等全7曲。B面はウォルター・デイビスの35から40年のものを収録。単なるブルース・ピアニストの域を脱却したモード的なブルースで、ギターなど伴奏がはいると一層の面白さあり。こちらも7曲。【曲】「Cripple Clarence Lofton / Juke Joint Stomp」「I Don't Know(試聴)」「State Street Blues」「Change My Mind Blues」「Streamline Train」「South Side Mess Around」「Brown Skin Girls」「Walter Davis / Why Should I Be Blue」「Santa Claus(試聴)」「Jacksonville Part 2(試聴)」「Call Your Name」「Please Don't Mistreat Me」「I Can Tell By The Way You Smell」「Can't See Your Face」
By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2018年10月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2018年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.