(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: blues)

Mississippi John Hurt - TODAY

  • ブルースLP
 Mississippi John Hurt- ミシシッピ・ジョン・ハート - "TODAY"
USA / LP / Stereo / Vanguard VSD-79220 / Rec 1966 / Pub 1987
ジャケット円状の擦れ、裏面しみ、レーベルひげ少々、盤表層スクラッチ、試聴のようなチリ音あり
Jacket 3~3.5 / Disc 3 / Sound 2480 yen
■66年のアルバム。
農業の傍ら歌っていたジョン・ハート、同じミシシッピでもデルタを反面教師にしたような、他のブルースマンと接触が無かったようなスタイル。達観したような歌、シンプルに聞こえながら実際相当のテクを要するギター、外に向かって唄うのと同時に自分を充電しているような感じもあり。30年以上のブランクを経て60年代に再デビュー、66年に亡くなるまでいいLPを数枚録音。代表曲「Candy Man」「Spike Driver Blues」はじめ12曲収録した66年のアルバム。【曲】「Pay Day」「I'm Satisfied」「Candy Man(試聴)」「Make Me A Pallet On The Floor」「Talking Casey」「Corinna, Corinna」「Coffee Blues」「Louis Collins」「Hot Time In The Old Town Tonight」「If You Don't Want Me Baby」「Spike Driver's Blues(試聴)」「Beulah Land」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Blue Flamingo(Dir.) - CONGO JAZZ

  • アフリカの音楽/ジャズ/ゴスペルLP
 Blue Flamingo(Dir.)- ブルー・フラミンゴ(選曲・監修) - "CONGO JAZZ"
Holland / LP / Mono / Excelsior EXCEL96222 / Rec 1920s to 50s / Pub 2010
ジャケット表裏擦れわずか、レーベル二枚ともひげ無し、盤浅い擦れ、A1~A2にかけてプツ音でる長めのスクラッチ(試聴部)、ブックレット小折れ目
Jacket 4 / Disc 3~3.5 / Sound 3.5  2980 yen
■ブルー・フラミンゴ選曲監修のアフリカ音楽/ジャングル・ジャズ/ゴスペル集。
オランダのレコード・コレクター&DJブルー・フラミンゴことズィヤ・エルテキンが選曲・監修した2LP。1サイドづつテーマが変わるという趣向。サイド1は"Jungle Crawl"として、タイニー・パーハムやフランキー・トランバウアーなどのジャングル・ムード系戦前ジャズ、ジャグ・バンドを収録。サイド2は"Congo Jazz"で、50年代コンゴ・ルンバ、ジャズを収録。サイド3は"That Old Time Religion"となっていて、30~50年代のアメリカン・ゴスペル。サイド4は"Senafone Records"で、恐らくナイジェリアにあったレーベル、セナフォーンに残されたハイライフ、カリプソ、ジャズ等を収録。全28曲。2010年、かなり分厚いフラットエッジの盤です。ブックレット付き。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Klezmorim, John Hartford, Chick Ganimian, etc. - THE GREAT HUDSON RIVER REVIVAL

  • 民俗音楽/フォーク/ブルースetc.LP
 Klezmorim, John Hartford, Chick Ganimian, etc.- クレツモリム、ジョン・ハートフォード、チック・ガニミアン、etc. - "THE GREAT HUDSON RIVER REVIVAL"
USA / LP / Stereo / Flying Fish FF214 / Rec 1979 / Pub 1980
ジャケットシュリンク入り、右上折れ目、レーベルひげ無し、しみ少々、盤浅い擦れ、極表層のスクラッチわずか
Jacket 3.5 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4  2480 yen
■ピート・シーガーが企画したフェスティヴァルの79年の実況盤。
水質汚染で問題になったハドソン川の浄化の気運を高めようと、ピート・シーガーが多くのミュージシャンに声をかけ66年に始まったフェスティヴァルの実況盤。これは79年で、豪華なメンバーだけでなく若い注目株のミュージシャンも集合。西のクレズマー・バンド、クレツモリム、ウードのチック・ガニミアン、ケイジャンのアルドワン・ファミリー、カントリー・ブルースのポール・ジェレミア、イランのサントゥールのラステガー・ネジャード、デンボ・コンテのコラをフィーチュアしたタジ・マハール、ポール・ウィンター、ジョン・ハートフォードetc...【曲】「Klezmorim / Freylakhs Fun Der Khupe(試聴)」「John Hartford / Steamboat Whistle Blues」「Nasser Rastegar-Nejad / Daramad Esfahan Chahar-Mezrab」「De Dannan / The Black Thorn & P. J. Conlon's Reel」「Paul Geremia / Careless Love」「Suni Paz / Casi-Casi」「Paul Winter / Music For All Of Us」「Bernice Reagon / I'm A Stranger Here」「Chick Ganimian / Armenian-Turkish Variations」「Taj Mahal, Bai Konte, Dembo Konte / Casey Jones(試聴)」「Robin & Linda Williams / Kill It Kid」「Ardoin Family / Bernadette」「Pete Seeger / Roseanna」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Pinetop, State Street Boys, Washboard Sam, etc. - WINDY CITY BLUES : THE TRANSITION

  • ブルースLP
 Pinetop, State Street Boys, Washboard Sam, etc.- パイントップ、ステイト・ストリート・ボーイズ、ウォッシュボード・サム、etc. - "WINDY CITY BLUES : THE TRANSITION"
USA / LP / Mono / Nighthawk 101 / Rec 1935 to 1953 / Pub 1980s
ジャケット擦れ少々、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し、A1にわずかプツ音でる小スクラッチ(試聴部)
Jacket 3.5 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4  2680 yen
■30~50年代シカゴ・ブルースの移り変わりを追った編集盤。
五大湖からの風が強い通称ウィンディ・シティことシカゴのブルースの移り変わりを、30年代から50年代初期の音源でまとめたナイトホーク・レコードの編集盤。同名異人数名いながら、全て個性派ぞろいのブルースマンのパイントップ・スパークス(ヘンリー・タウンゼントG)の35年からロバート・ロックウッドの41年までがA面。裏返すと戦後になり、エレキを持ったタンパ・レッドやホーンが入ったR&B風のジョニー・シャインズを収録。シカゴというと席巻した一部のスターがブルースを変えたように思えますが、変わらない太い根があるのを感じられる一枚。【曲】「Pinetop / Every Day I Have The Blues(試聴)」「State Street Boys / Sweet To Mama」「Washboard Sam / Easy Ridin' Mama」「Robert Lee McCoy / Prowlin' Nighthawk」「Sonny Boy Williamson / Sunnyland」「My Little Cornelius」「Robert Lockwood / Black Spider Blues」「I'm Gonna Train My Baby」「Guitar Pete Franklin / Down Behind The Rise」「Casey Brown Blues」「Tampa Red / Green And Lucky Blues(試聴)」「Robert Lockwood / Gonna Dig Myself A Hole」「Dust My Broom」「Tony Hollins / Fishin' Blues」「Wino Woman」「Johnny Shines / Please Don't」※本日のアップはこの二枚です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Ephram Carter, Willard Artis Blind Pete Burrell, Babe Stovall, etc. - SORROW COME PASS ME AROUND : A SURVEY OF RURAL BLACK RELIGIOUS MUSIC

  • ゴスペル/ブルースLP
 Ephram Carter, Willard Artis Blind Pete Burrell, Babe Stovall, etc.- エフラム・カーター、ウィラード・アーティス・ブラインド・ピート・バレル、ベイブ・ストーヴァル、etc. - "SORROW COME PASS ME AROUND : A SURVEY OF RURAL BLACK RELIGIOUS MUSIC"
USA / LP / Stereo / Advent 2805 / Rec 1966 to 1973 / Pub 1975
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげわずか、盤浅い擦れわずか、ブックレットきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  6500 yen
■ゴスペル、スピリチュアルとカントリー・ブルースが結びついた音源を収録した一枚。
70年代初頭、ブルース研究家デイヴィド・エヴァンスが始めたレーベルで、リイシュー等ではなく当時の生の黒人フォーク・ミュージックを録音したアドヴェント・レコード。これはゴスペル、スピリチュアルとカントリー・ブルースが結びついた音源を収録した一枚。ギター弾き語りを中心に、ギター伴奏合唱もの、伝統的な笛とドラムのバンドなどなど収録、どれもおのおのの個性がいい音でクローズアップされ一曲ごとに世界が変わります。音源は66年から73年。ちなみにレヴァランド・ルービン・レイシーとはあのRube Laceyで、録音はエヴァンスとジョン・フェイヒー、そしてキャンド・ヒートのアル・ウィルソン。歌詞、詳細解説、写真付きのブックレット。 【曲】「Ephram Carter And His Fife & Drum Band / Sorrow, Come Pass Me Around」「Willard Artis "Blind Pete" Burrell / Do Remember Me」「Babe Stovall / The Ship Is At The Landing」「Annie Lee And Oscar Crawford With Annie Mae Jones / You Don't Know What The Lord Has Done For Me」「Reverend Rubin Lacy / Talk About A Child That Do Love Jesus」「Robert "Nighthawk" Johnson / Can't No Grave Hold My Body Down」「Dorothy Lee, etc. / You Got To Give An Account」「Katie Mae Young / By The Grace Of My Lord, I've Come A Long Way」「Eddie Lee "Mustright" Jones / My Sun Don't Never Go Down」「Robert "Nighthawk" Johnson / Climbing High Mountains」「Chester Davis And Congregation / Glory, Glory Hallelujah」「Compton Jones And Group / Glory, Glory Hallelujah」「Willard Artis "Blind Pete" Burrell / A Little Talk With Jesus Makes It Right」「Pattie Rosemon With Frank And Odie Rosemon / I Heard The Voice Of Jesus Say」「Babe Stovall / When The Circle Be Unbroken」「Napoleon Strickland / Motherless Children」「Willard Artis "Blind Pete" Burrell / I Shall Not Be Moved」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Washboard Sam - IM NOT THE LAD

  • ブルースLP
 Washboard Sam- ウオッシュボード・サム - "I'M NOT THE LAD"
Italy / LP / Mono / Swingtime BT2012 / Rec 1939 to 41 / Pub 1989
ジャケット小汚れ、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■洗濯板+ターンテーブル(シンバル替わり)でジャカジャカとリズムをとりながら歌うウォッシュボード・サム。
20年代のメンフィスでスリーピー・ジョン・エステスらと演奏、その後シカゴに移りブルードバード・レーベルのセッション・ミュージシャンとしてメンフィス・スリムや義兄弟のビッグ・ビル・ブルーンジー、タンパ・レッド、ジャズ・ジラム等と夫々のセッションに参加。1949年まで録音をしていていました。これは39年から41年のナンバーを集めた音のいいスウィングタイム・レコードからの編集盤。そのビッグ・ビル、メンフィス・スリムの伴奏のものを多く収録。もうロックンロールに直結するようなナンバーもあり。【曲】「Come On Back(試聴)」「Block And Tackle」「Flying Crow Blues」「Booker T Blues」「Levee Camp Blues」「I'm Not The Lad」「I'm Feeling Lowdown(試聴)」「She Fooled Me」「I've Been Treated Wrong」「Let Me Play Your Vendor」「Gonna Hit The Highway」「Evil Blues」「You Stole My Love」「Get Down Brother」「I Get The Blues At Bedtime」「I Laid My Cards On The Table」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Pete Johnson - BOOGIE WOOGIE MOOD

  • ブギウギ/ブルースLP
 Pete Johnson- ピート・ジョンソン - "BOOGIE WOOGIE MOOD"
USA / LP / Mono / MCA MCA1333 / Rec 1940 to 44 / Pub 1980
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ極わずか、盤浅い擦れ少々
Jacket 3.5~4 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4  2480 yen
■ブギウギ・ピアニスト、ピート・ジョンソンの編集盤。
シカゴのアパートのパーティで生まれたというブギウギ・ピアノを30年代から広め、ブルーノート・レコード設立のきっかけにもなったまさにブギウギのキングの一人ピート・ジョンソン。アルバート・アモンズ、ミード・ルクス・ルイスとの共演ものが有名ですが、これはピートの純粋なリーダー録音のみを収録した嬉しい一枚。一曲バンドものあり、あとは全てソロもしくはドラム&ベースのトリオでのナンバーを収録。試聴のような曲が延々続く純度高い一枚。【曲】「627 Stomp」「Basement Boogie」「Death Ray Boogie(試聴)」「Just For You」「Pete's Mixture」「Kaycee Feeling(試聴)」「Lights Out Mood」「Dive Bomber」「Answer To The Boogie」「Mr. Freddie Blues」「Zero Hour」「Bottomland Boogie」「Rock It Boogie」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Stefan Grossman, Aurora Bloack - HOW TO PLAY BLUES GUITAR

  • ブルースLP
 Stefan Grossman, Aurora Bloack- ステファン・グロスマン、オーロラ・ブロック - "HOW TO PLAY BLUES GUITAR"
U.K. / LP / Stereo / Kicking Mule SNKF-150 / Rec 1966 / Pub 1968
ジャケット擦れわずか、左下に小はがれ、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■ステファン・グロスマンとロリー・ブロックの共演盤。
ブルーグースからLPも出ている女性ギタリスト、ロリー・ブロックの瑞々しく、しかもブルースを達観したようにも聞こえる共演も最高な、ステファン・グロスマンによる戦前ブルースのフィンガー・ピッキング盤傑作。これが彼のファーストです(オリジナルは66年、これは68年のキッキング・ミュール盤)。教則レコードなのに名盤というのはこれいかに。過剰な主張のない自然体の演奏がカントリー・ブルースの深遠さを現しているのですが、この味わいは聞いていただくしかありません。、床屋さんだったウイリアム・ムーアの名曲「Old Country Rock」、「Freight Train」で有名な女性ギタリスト、エリザベス・コットン、国会図書館に録音された幻の名曲「Mississippi Blues」などなど収録。この英盤はブックレットは最初から付いておらず別売りでした。【曲】「Old Country Rock」「Future Blues」「Turn Your Money Green(試聴)」「God Moves On The Water」「Monday Morning Blues」「M & O Blues」「Whistling Blues」「Candyman」「Banty Rooster」「Save Up Your Money」「Canned Heat(試聴)」「Vestapol」「Brownsville Blues」「Police Dog Blues」「You Got The Pocketbook, I Got The Key」「Mississippi Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Freddie King - HIDE AWAY

  • ブルースLP
 Freddy King- フレディ・キング - "HIDE AWAY"
USA / LP / Stereo / King Gusto GD5033X / Rec early60s / Pub 1976
ジャケット円状の擦れ、上部右側縁裂け、レーベル二枚ともひげ無し、盤二枚とも浅い擦れ少々
Jacket 3 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4  2980 yen
■代表曲「Hide Away」を中心にシングルをまとめた2LP。
50年代初頭にテキサスからシカゴへ移住、マディ・ウォーターズらとつるんでいたりした頃からキャリアをスタートさせ、エレクトリック・ブルース・ギタリストの“キング”のビッグ3にまでなったフレディ・キング。59年にはフェデラルと契約、黄金期をスタートさせます。これは、代表作「Hide Away」をタイトルにした、その頃のシングルを集めた21曲入りの2LP。恐らく69年に同ジャケで出たものに曲を足してリイシューされた盤。ロックンロール、リズム&ブルースと隔てなくなったロッキン・ブルース・インスト集。※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Robert Pete Williams, Hogman Maxey, Guitar Welch - ANGOLA PRISON BLUES

  • ブルースLP
Robert Pete Williams, Hogman Maxey, Guitar Welch- ロバート・ピート・ウィリアムス、ホッグマン・マクシー、ギター・ウエルチ - "ANGOLA PRISON BLUES"
USA / LP / Mono / Arhoolie 2011 / Rec 1959 / Pub 1970
見開きジャケット表裏擦れ、裏面小はがれ、下部中央と右上に縁裂け、内ジャケットテープ跡、小はがれ、レーベルひげ少々、盤極浅い擦れわずか、トレースノイズ少々
Jacket 2.5 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■ビーフハートも深く影響を受けた、ロバート・ピート・ウィリアムスの初録音集。
妖しく脱カントリー・ブルース的でもありながら、ブルースの最もコアなところを味わえると言えるロバート・ピート・ウィリアムス。56年に投獄されたものの、民俗音楽研究家ハリー・オスターの尽力で減刑され60年代には釈放。これはまだ塀の中にいる頃にオスターによって録音されたアルバム。他、ビッグ・ビル・ブルーンジーを思わせるキレのあるギターがいいホッグマン・マキシー、ゆるめのデルタ・ブルースを聞かせるギター・ウエルチを2曲づつ収録。【曲】「Robert Pete Williams / Levee Camp Blues」「Hogman Maxey / Stagolee」「Guitar Welch / Electric Chair Blues(試聴)」「Robert Pete Williams / Prisoner's Talking Blues」「Motherless Children Have A Hard Time」「Hogman Maxey / Black Night Fallin'」「Robert Pete Williams / Some Got Six Months(試聴)」「Guitar Welch / I'm Gonna Leave You Mama」「Robert Pete Williams / I'm Lonesome Blues」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Memphis Minnie - MEMPHIS MINNIE VOL.2

  • ブルースLP
 Memphis Minnie- メンフィス・ミニー - "MEMPHIS MINNIE VOL.2"
USA / LP / Mono / Blues Classics 13 / Rec early1930s / Pub 1970s
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■別格のブルースマン、メンフィス・ミニー。
カントリー・ブルースの中では別格といえる女性ブルースマン、メンフィス・ミニー。腹の据わった歌、旋律をぶつけあう劇的な響きのギターの絡みは、もうちょっとで全く新しい音楽が生まれるようなスリルあり。アーフーリーが選んだ編集盤の二巻目で、夫のカンザス・ジョー・マッコイとの30~31年の音源集。バックワーズ・サム・ファークがカバーした「Crazy Crying Blues」ほか収録。【曲】「Frankie Jean」「New Bumble Bee」「Picking The Blues」「Plymouth Rock」「I Called You This Morning」「Preacher's Blues」「New Dirty Dozen」「After While Blues(試聴)」「Let's Go To Town」「Crazy Crying Blues(試聴)」「What's The Matter With The Mill」「Memphis Minnie Itis Blues」「North Memphis Blues」「She Put Me Outdoors(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Crying Sam Collins - 14 RARE COUNTRY BLUES BY SAM COLLINS AND 2 SURPRISES BY KING SOLOMONO HILL

  • ブルースLP
 Crying Sam Collins- クライング・サム・コリンズ - "14 RARE COUNTRY BLUES BY SAM COLLINS AND 2 SURPRISES BY KING SOLOMONO HILL"
USA / LP / Mono / Origin Jazz Library OJL10 / Rec 1927 to 1931 / Pub late60s
ジャケット擦れ少々、下部中央縁裂け、レーベルひげわずか、極小書き込み、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■ルイジアナ生まれのブルースマン、クライング・サム・コリンズの音源集。
オリジン・ジャズ・ライブラリーもこの盤を出した当初はキング・ソロモン・ヒルと同じ人と考えていたという、謎の多いブルースマン。デルタ・ブルースの原型といった感じで、ボーカルはスキップ・ジェイムスを思わせる甲高い声、必要以上には複雑でないものの独創的なギター、そしてスライドも達者。曲は全体を通して求心的、神秘的で、祈りにも似たムードが漂います。フェイヒーも近代化以前の神秘性が残された宗教系の曲を弾いたアルバムでサム・コリンズの「...Jesus In My Heart」(B2)をカバーしていました。ラストにはキング・ソロモン・ヒルを二曲収録。【曲】「Loving Lady Blues」「Yellow Dog Blues」「Devil In The Lions Den」「Lead Me All The Way」「It Won't Be Long(試聴)」「Do That Thing」「Hesitation Blues」「Riverside Blues(試聴)」「Midnight Special Blues」「I Want To Be Like Jesus In My Heart」「Slow Mama Slow」「New Salty Dog」「I'm Still Sitting On Top Of The World」「The Worried Man Blues」「Whoopee Blues」「Down On My Bended Knees」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2019年6月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
2019年7月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.