(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: b)

Bobby Patterson - SHE DONT HAVE TO SEE YOU / HOW DO YOU SPELL LOVE? / IM IN THE WRONG

  • ソウル45rpm EP
 Bobby Patterson- ボビー・パターソン - "SHE DON'T HAVE TO SEE YOU / HOW DO YOU SPELL LOVE? / I'M IN THE WRONG"
U.K. / 45rpm EP / Mono / Charly CTD112 / Rec early1970s / Pub 1980
ジャケットしみわずか、レーベル、盤ともにほぼ新品同様
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 1680 yen
■ソウル・シンガー&プロデューサー、ボビー・パターソンの3曲入りシングル。
ぶっ飛びのタイトなファンク「How Do You...」がなんと言っても最高、しかし熱のこもったバラードが特にしみる一枚。多くのレコードをプロデュースし、またシンガーとしても活躍したテキサス出身のボビー・パターソン。そのバラードの代表作「She Don't Have...」と、やはりわびしい泣きの一曲「I'm In The Wrong」の三曲。※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Betty Harris - RIDE YOUR PONY / TROUBLE WITH MY LOVER / NEARER TO YOU

  • ソウル45rpm EP
 Betty Harris- ベティ・ハリス - "RIDE YOUR PONY / TROUBLE WITH MY LOVER / NEARER TO YOU"
U.K. / 45rpm EP / Mono / Charly CTD102 / Rec late60s / Pub 1980
スリーブきれい、レーベルきれい、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  1980 yen
■ニューオーリンズの女性シンガー、ベティ・ハリスのEP。
当分の間毎日一枚チャーリーのR&B7インチEP出します。これはフロリダ出身、ニューオーリンズで活躍した女性シンガー、ベティ・ハリスの3曲入り。アラン・トゥーサンのサンスーから出た3曲で、リー・ドーシーの「Ride Your Pony」のバリッとしたカバー、ヒットした代表曲「Nearer To You」など。全曲そうかはわかりませんが、バックはミーターズ。英チャーリーのリイシュー。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Big Bill Broonzy - REMEMBERING BIG BILL

  • ブルースLP
 Big Bill Broonzy- ビッグ・ビル・ブルーンジー - "REMEMBERING BIG BILL"
USA / LP / Mono / Mercury MG20905 / Rec 1950s / Pub 1964
ジャケット表裏擦れ少々、裏ジャケットにプロモスタンプ、書き込み、レーベルAに貼り物、ひげ少々、盤表層スクラッチ少々、気になるものはなし
Jacket 3.5 / Disc 3.5 / Sound 3.5~4  3980 yen
■バンド編成ものもグレイトな、ビッグ・ビル最後期のアルバム。ウィリー・ディクソンのライナーも最高。
死後の64年にリリースされたもので、中身は恐らく50年代後半でしょう。裏ジャケのライナーはシカゴのボス、ウィリー・ディクソン、そして(一部の人にとってはですが)おおおお、となることが書いてあります。「Hoochie Coochie Man」他多くのブルースを書き、チャック・ベリーやボ・ディドリーのあのベースを弾いたディクソンのルーツがここに。内容はもう何もいうことございません。試聴一曲目はこれと同じ。どっぷりとしたこの味わい、聞き比べてみてください。【曲】「Crawdad」「Make My Get Away」「I Know She Will(試聴)」「Minding My Own Business」「I Wonder」「You've Been Mistreating Me Baby」「Bessie Smith」「Walkin' Down A Lonesome Road」「I Love My Whiskey」「Keep Your Hands Off Her(試聴)」「Five Feet Seven」「Hey Hey(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Big Bill Broonzy - THE YOUNG 1928 - 1936

  • ブルースLP
 Big Bill Broonzy- ビッグ・ビル・ブルーンジー - "THE YOUNG 1928 - 1936"
USA / LP / Stereo / Yazoo L-1011 / Rec 1928 - 1936 / Pub 1968
ジャケット表裏擦れわずか、下部中央にテープ、レーベルひげほぼ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■ビッグ・ビルのヤズー単独編集盤第一集。
ゲストに謎のギタリスト、フランク・ブラスウェル、ピアノにジョージア・トム等が入るバンドでの音源を含めた、ヤズー・レーベルのビッグ・ビル編集盤第一集。20年代から亡くなる50年代末までほとんど現役のビッグ・ビルですが、録音を始めた最初の7年の中から選ばれた14曲で、当時のシカゴのブルース界を全部体験できるような内容。演奏の水準は当然最高峰、バンドでのコンビネーション、楽しさも文句なし。ヤズー大名盤のひとつ。【曲】「Brownskin Shuffle」「Eagle Ridin' Papa」「Starvation Blues」「Long Tall Mama(試聴)」「Good Liquor Gonna Carry Me Down」「Skoodle Do Do」「Banker's Blues」「Saturday Night Rub」「I Can't Be Satisfied」「Mississippi River Blues」「Hip Shakin' Strut」「How You Want It Done?(試聴)」「Hokum Stomp(試聴)」「Stove Pipe Stomp」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bukka White - BIG DADDY

  • ブルースLP
 Bukka White- ブッカ・ホワイト - "BIG DADDY"
USA / LP / Stereo / Biograph BLP12049 / Rec 1973 / Pub 1974
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか、若干しなり
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ブッカ・ホワイトのラスト・アルバム。
ナショナル・ギターがトレードマークだったデルタ・ブルース・マン、ブッカ・ホワイト。30年に初録音、シカゴやメンフィスを拠点に活動しましたが演奏やボーカルはまさにデルタ。37~40年に決定的な録音を残し、63年にはジョン・フェイヒーらが居場所を突き止め、タコマから再デビュー。この作は73年の生涯最後の録音となったLP。最初から最後まで背筋も凍るハード極まりないブルースを演奏する、全曲テンションの高さに驚く名作。「Sic'em Dogs On」「Aberdeen Mississippi Blues」等代表曲をずらり。【曲】「Black Cat Bone Blues(試聴)」「1936 Triggertoe」「Cryin' Holy Unto The Lord」「Shake My Hand Blues」「Sic 'Em Dogs On(試聴)」「Gibson Hill」「Mama Don' 'Low」「Hot Springs Arkansas」「Jelly Roll Workin' Man」「Black Crepe Blues(試聴)」「Glory Bound Train」「Aberdeen Mississippi Blues」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Billy The Kid Emerson, Billy Red Love - BILLYS BLUES

  • ブルースLP
 Billy The Kid Emerson, Billy Red Love- ビリー・ザ・キッド・エマーソン、ビリー・レッド・ラヴ - "BILLYS BLUES"
Japan / LP / Mono / P-Vine PLP339 / Rec 1951 - 1954 / Pub 1980s
ジャケット表裏円状の擦れ少々、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し、帯、インサートともにきれい
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■50年代サン・レーベルの2人のロッキンR&Bシンガーのレア曲を収録した日本独自編集盤。
A面は、エルヴィスが録音した「When It Rains...」が有名な、ソングライターでもあるビリー・ザ・キッド・エマーソンの、54、55年の8曲。ニューオーリンズのR&Bにも通じる痛快さあり。裏面はビリー・レッド・ラヴの、51~54年の8曲。ロックンロール以前のジャンプ・ブルースの影響色濃い強力なナンバーばかり。帯、解説歌詞カード付き。【曲】「Shim Shan Shimmy(試聴)」「Move Baby Move」「When It Rains It Pours」「Cherry Pie」「Red Hot(試聴)」「No Greater Love」「Little Fine Healthy Thing」「Something For Nothing」「Juiced(試聴)」「Early In The Morning」「The News Is All Around Town」「Drop Top」「Hey! Now」「Gee I Wish」「Way After Midnight」「There's No Use」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Big Bill Broonzy - DO THAT GUITAR RAG 1928-1935

  • ブルースLP
 Big Bill Broonzy- ビッグ・ビル・ブルーンジー - "DO THAT GUITAR RAG 1928-1935"
USA / LP / Stereo / Yazoo L1035 / Rec 1930s / Pub 1973
ジャケット表裏擦れ少々、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■ヤズー編集盤。最高の内容。
戦後シカゴ・ブルースのプロトタイプを作り上げ、後期にはマディー・ウォーターズなどと同じようなブルース・バンド編成で作品も残した、R&Rまでブルースをひっぱりあげてきたとも言える巨人。卓抜した指捌きに角ばった骨のあるピッキング、この時代のビッグ・ビル・ブルーンジーのギターは戦前カントリー・ブルースの文句なしの最高峰。これはヤズーからの単独編集盤2作目。バックワーズ・サム・ファークもカバーしたギター・インストA1から薄暗い弾き語り、女性ブルース・シンガーのバッキング、ホーカム調のナンバーなどなど、幅広いレパートリーから多彩に選曲された全14曲。【曲】「Pig Meat Strut(試聴)」「Down In The Basement」「Terrible Operation Blues」「Big Bill Blues」「Leave My Man Alone(試聴)」「Bull Cow Blues」「Grandma's Farm」「Guitar Rag(試聴)」「Pussy Cat Blues」「Mr. Conductor Man」「Worrying You Off My Mind Part I」「Double Trouble Blues」「Skoodle Do Do」「C & A Blues」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Big Bill Broonzy - SINGS COUNTRY BLUES

  • ブルースLP
 Big Bill Broonzy- ビッグ・ビル・ブルーンジー - "SINGS COUNTRY BLUES"
USA / LP / Mono / Disc D112 / Rec 1957 / Pub 1964
ジャケット表裏擦れわずか、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか、もとからのチリ音少々
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■ビッグ・ビル・ブルーンジーの64年のアルバム。
初めて入荷したビッグ・ビル・ブルーンジーの盤。フォークウェイズの前身レーベルの一つで、40年代にSP盤をしていたもののわりと早くに無くなり、その後64年にLPを出し始めたディスク・レコード。これはフォークウェイズから出たものの64年のリイシュー。シカゴ・ブルースの基礎を築いたビッグ・ビルのディープな弾き語り集。最高。【曲】「In The Evening(試聴)」「When Things Go Wrong - It Hurts Me Too」「Diggin' My Potatoes」「Poor Bill Blues」「Trouble In Mind」「I Wonder When I'll Be Called A Man?」「Louise, Louise」「Frankie And Johnny」「South Bound Train」「Joe Turner No. 2」「Hey, Hey Baby(試聴)」「Saturday Evening Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bukka White - MISSISSIPPI BLUES VOL.1

  • ブルースLP
 Bukka White- ブッカ・ホワイト - "MISSISSIPPI BLUES VOL.1"
USA / LP / Mono / Takoma B1001 / Rec 1963 / Pub 1963
ジャケット表裏円状の擦れ、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  8980 yen
■ブッカ・ホワイトの再発見後のファースト。
Very Rare。しばしば見る写真無しジャケットではない1stエディション。ブッカの曲(試聴一曲目)にもある、ミシシッピ州のアバディーンという街に、ジョン・フェイヒーが住所不明として手紙を送ったところ届いてしまい、63年このタコマ盤録音が実現したという...。内容は凄まじいの一言。デルタ・ブルースの核が凝り固まったハードなナンバーで埋め尽くされています。「Rememberance Of Charlie Patton」という、ブッカがデルタ・ブルースの創始者チャーリー・パットンとの思い出を語るトラックがあるのですが、バックにうっすら聞こえるギター、フェイヒーなんじゃないでしょうか。【曲】「Aberdeen Mississippi Blues(試聴)」「Baby Please Don't Go」「New Orleans Streamline」「Parchman Farm Blues」「Poor Boy Long Ways From Home(試聴)」「Remembrance Of Charlie Patton(試聴)」「Shake 'Em On Down」「I Am The Heavenly Way」「The Atlanta Special」「Drunk Man Blues」「Army Blues」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bonsho - BONSHO

  • 非音楽LP
 Bonsho- 梵鐘 - "BONSHO"
Japan / LP / Stereo / CBS Sony 50AG964-5 / Rec 1970s / Pub 1970s
見開きジャケット表裏擦れわずか、内側きれい、レーベル二枚ともひげ極わずか、盤二枚ともほぼ新品同様、帯、インサートきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 3980 yen
■日本全国の寺院の鐘の音を収録したレコード。
梵鐘のレコードは以前も入荷しましたが、これは大ボリューム。弘前の長勝寺から福岡の西光寺まで、名鐘と言われる日本の寺院の鐘の音を収録。最初から最後まで延々鐘、しかし当たり前ですが似たものはなく、かすかな音楽性を聞き取る楽しみもできる他に無いレコード。監修はふじたあさやで、作曲家の柴田南雄による詳細研究がすごい。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Booker White, Nathan Beauregard, Furry Lewis, etc. - MEMPHIS SWAMP JAM

  • ブルースLP
 Booker White, Nathan Beauregard, Furry Lewis, etc.- ブッカ・ホワイト、ネイサン・ボーレガード、ファリー・ルイス、etc. - "MEMPHIS SWAMP JAM"
USA / LP / Stereo / Blue Thumb BTS6000 / Rec 1969 / Pub 1969
ジャケット表裏内側円状の擦れ、左上小カット、レーベル二枚ともひげ極わずか、盤二枚とも極浅い擦れわずか、インナースリーブきれい
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4800 yen
■カントリー・ブルースの伝説的7アーティストがメンフィスで録音したアルバム。
もうこれは各々の演奏の良さだけでなく、こんな7組みが集まり一つのアルバムのために録音したというオーラがスゴイ、メンフィス・カントリー・ブルースの名盤中の名盤。そしてバックワーズ・サム・ファークがギターで参加、アーフーリーのクリス・ストラフィッツ、ジョン・フェイヒー、メンフィス・ブルースの白人側の顔役ビル・バースの三人による製作、という、まさしく新旧の最強人脈が集合。さらにラスト1組、3曲のギター・デュオ・インストは、フェイヒーとバースの変名といううれしいおまけつき。解説、バイオグラフィが記されたオリジナルのスリーブ。【曲】「Booker White / Christmas Eve Blues」「Columbus, Miss. Blues」「Sad Day Blues」「Piano Red / Mobile Blues」「Abel Street Stomp」「Nathan Beauregard / Nathan's Bumble Bee Blues」「'Bout A Spoonful(試聴)」「Sleepy John Estes / Need More Blues」「President Kennedy Stayed Away Too Long」「Fred McDowell & Johnny Woods / Shake 'Em On Down」「Fred's Blues」「Keep Your Lamp Trimmed And Burning(試聴)」「Napoleon Strickland / Back Water Rising」「Other's Piece」「Furry Lewis / Judge Boushay Blues」「Walking Blues」「R.L. Watson & Josiah Jones(John Fahey & Bill Barth) / Memphis Rag」「St. Louis Blues」「Praying On The Old Camp Ground & Lonesome Blues(試聴)」※本日のアップはこれのみです

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bix Beiderbecke, McKenzie-Condons Chicagoans, etc. - JAZZ 6 : CHICAGO NO.2

  • ジャズLP
 Bix Beiderbecke, McKenzie-Condon's Chicagoans, etc.- ビックス・バイダーベック、マッケンジー&コンドンズ・シカゴアンズ、etc. - "JAZZ 6 : CHICAGO NO.2"
USA / LP / Mono / Folkways / Rec late1920s / Pub 1958
ジャケット表裏擦れほぼ無し、レーベルひげ極わずか、盤擦れほとんどなし、インサートきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■戦前ジャズの歴史的名演を網羅したフォークウェイズ"JAZZ"シリーズから、シカゴ・ジャズ集。
シカゴは計二枚あり、一巻目はジョニー・ドッズやジミー・ヌーン、サッチモなど黒人ジャズ集で、この二巻目は、オースティン高校出身者で構成された、シカゴアンズと呼ばれた連中によるホワイト・ジャズ発祥の名演を中心に収録。ビックス・バイダーベックを中心にチャールズ・ピアース楽団、シカゴ・リズム・キングス、ビックスの憧れだったニューオーリンズ・リズム・キングス、エディ・コンドン、フランク・テシュメーカー等収録。オリジナルは52年、これは58年盤。【曲】「Sweet Lovin' Man / King Oliver Creole Jazz Band」「Sweet Lovin' Man / New Orleans Rhythm Kings」「Jazz Me Blues / Wolverine Orchestra」「Sister Kate / Charles Pierce and His Orchestra」「Everybody Loves My Baby / The Stomp Six」「Tennessee Twilight / Chicago Rhythm Kings(試聴)」「Maple Leaf Rag / Paul Mares and His Friar's Society Orchestra」「Somebody Stole My Gal / Bix Beiderbecke and His Gang」「Margie / Bix Beiderbecke and His Gang」「Jazz Me Blues / Frank Teschemacher's Chicagoans」「Sugar / McKenzie-Condon's Chicagoans(試聴)」「China Boy / McKenzie-Condon's Chicagoans」「Nobody's Sweetheart / McKenzie-Condon's Chicagoans」「There'll Be Some Changes Made / McKenzie-Condon's Chicagoans」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2017年6月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
2017年7月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.