(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: b)

Blue Grass Roy - COLLECTION OF MOUNTAIN AND HOME SONGS

  • ヒルビリー/フォークLP
 Blue Grass Roy- ブルー・グラス・ロイ - "COLLECTION OF MOUNTAIN AND HOME SONGS"
USA / LP / Mono / Old Homestead OHCS106 / Rec 1930s / Pub 1977
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■ブルー・グラス・ロイことロイ・フリーマンの弾き語り集。
20年代にラジオから流れてきたブラッドリー・キンケイドを聞き音楽を志したというロイ・フリーマン。音楽のブルーグラスとは全く関係なく、ヒルビリーとも言えない(田舎者風の衣装は着てました)シンガーで、ラジオで弾き語りをし人気が出たという人で、生涯一枚もレコードを残しませんでした。これは30年代のラジオ音源を集めた、恐らく彼の唯一のアルバム。試聴のような味のある弾き語りを14曲収録。【曲】「Introduction, Theme And Sales Pitch」「The Little Shirt That My Mother Made For Me(試聴)」「Hobo Bill's Last Ride」「Puttin' On The Style」「The Royal Telephone」「I Don't Work For A Living」「She's A Winkin' At Me(試聴)」「Billy Richardson's Last Ride」「O'Jailor Bring Back That Key」「O'Jailor Bring Back That Key」「Wizard Oil Ad」「The Dream Of A Miner's Child」「The Mississippi Flood」「Who Broke The Lock On The Hen House Door」「In Nineteen Ninety Two」「I Am My Own Grandpa」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Buddy Boy Hawkins - BUDDY BOY HAWKINS AND HIS BUDDIES

  • ブルースLP
 Buddy Boy Hawkins- バディ・ボーイ・ホーキンズ - "BUDDY BOY HAWKINS AND HIS BUDDIES"
USA / LP / Mono / Yazoo L1010 / Rec late1920s / Pub 1968
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4500 yen
■謎の多いブルースマン、バディ・ボーイ・ホーキンスのヤズー盤。
生まれは1885年~1900年、その後いつ亡くなったのも不明(ライナーでは生きているかもしれないと書かれています)。しかし一番の謎は、ヤズーの面々でさえ影響や他のブルースマンとの付き合いが読めないという、全く前例の無い洗練されたギター・プレイ。A面は、27年と29年に2回づつ録音した中から7曲を収録。B面は、恐らく近場で演奏していただろうというテキサスの6組の7曲を収録。【曲】「Buddy Boy Hawkins / Snatch It And Grab It」「Number Three Blues(試聴)」「How Come Mama Blues」「A Rag(試聴)」「Snatch It Back Blues」「Raggin' The Blues」「Voice Throwin' Blues」「Will Day / Central Avenue Blues」「Texas Alexander / Easy Rider Blues」「Willie Reed / Texas Blues」「Little Hat Jones / Hurry Blues」「Rollin' From Side To Side」「Funny Paper Smith / Fool's Blues」「Blind Percy And His Blind Band / Coal River Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bill Boyds Cowboy Ramblers - BILL BOYDS COWBOY RAMBLERS

  • ウエスタン・スウィングLP
 Bill Boyd's Cowboy Ramblers- ビル・ボイズ・カウボーイ・ランブラーズ - "BILL BOYD'S COWBOY RAMBLERS"
USA / LP / Mono / Bluebird AXM2-5503 / Rec 1930s, 1940s / Pub 1975
ジャケット円状の擦れ、内側色あせ少々、レーベル二枚ともひげ無し、盤二枚とも極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  3480 yen
■ウエスタン・スウィングのパイオニア、ビル・ボイドの音源集。
32年、まだ存命のジミー・ロジャースと録音、既にその年にウエスタン・スウィング・バンド、カウボーイ・ランブラーズを結成したという、ライト・クラスト・ダウボーイズと並ぶこのジャンルのパイオニア、ビル・ボイド。これは彼らがブルーバード・レーベルに残した音源を2LPでまとめたRCAの名物シリーズの名盤。味のある歌もの、高い音楽性、熱のこもった演奏、全くグレイトな32曲。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bind Blake, Sam Butler, William Moore, etc - GUITAR WIZARDS 1926-1935

  • ブルースLP
 Bind Blake, Sam Butler, William Moore, etc- ブラインド・ブレイク、サム・バトラー、ウィリアム・ムーア、etc. - "GUITAR WIZARDS 1926-1935"
USA / LP / Stereo / Yazoo L-1016 / Rec late1920s / Pub 1970s
ジャケット円状の擦れ少々、裏ジャケットに小書き込み、レーベルひげ少々、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■東海岸のカントリー・ブルースの中で、ギター・プレイに着目して編集されたヤズーの名作。
こちらもどうぞ、試聴は違う曲です)東海岸的なギター・スタイルから異色のプレイヤーまでを集めた、ヤズーのカントリー・ブルース編集盤。代表作「Crow Jane」のボーカル・バージョンと言える、変則チューニングで演奏されたカール・マーティンの「Badly Mistreated Man」、脱力ヴォーカルもいいブラインド・ブレイクの「You Gonna Quit Me Baby」(ブレイクは他にも「Guitar Chimes」等4曲収録)、東のしゃっきりしたブルース~ラグタイム・ギターのいい演奏を思い切り詰め込んだ一枚。【曲】「Carl Martin / Farewell To You Baby」「Badly Mistreated Man」「Billy Bird / Mill Man Blues」「Blind Blake / You Gonna Quit Me Blues」「Wabash Rag」「Tampa Red / Boogie Woogie Dance」「Bumble Bee Blues(試聴)」「Blind Blake / Guitar Chimes」「Panther Squall Blues」「Sam Butler / Poor Boy Blues」「Jefferson County Blues」「Some Scream High Yellow」「William Moore / Ragtime Millionaire(試聴)」「Carl Martin / Joe Louis Blues」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Browns - SCARLET RIBBONS

  • オールディーズ45rpm EP
 Browns- ブラウンズ - "SCARLET RIBBONS"
USA / 45rpm EP / Mono / RCA Victor EPA4352 / Rec 1959 / Pub 1959
ジャケット擦れ、レーベルきれい、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3 / Disc 4 / Sound 1980 yen
■ソフト・コーラス・グループ、ブラウンズの4曲入りEP。
マキシンとボニーの姉妹、そして兄のジム・エド・ブラウンによるソフトなハーモニーで"Three Bells"がヒットしたブラウンズの4曲入りEP。「Love Me Tender」のカバー収録。【曲】「Scarlet Ribbons」「I Still Do」「Love Me Tender」「We Should Be Together」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Big Bill Broonzy - DO THAT GUITAR RAG 1928-1935

  • ブルースLP
 Big Bill Broonzy- ビッグ・ビル・ブルーンジー - "DO THAT GUITAR RAG 1928-1935"
USA / LP / Stereo / Yazoo L1035 / Rec 1930s / Pub 1973
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 3980 yen
■ヤズーからの単独編集盤第二弾。
戦後シカゴ・ブルースのプロトタイプを作り上げ、後期にはマディー・ウォーターズなどと同じようなブルース・バンド編成で作品も残した、R&Rまでブルースをひっぱりあげてきたとも言える巨人。卓抜した指捌きに角ばった骨のあるピッキング、この時代のビッグ・ビル・ブルーンジーのギターは戦前カントリー・ブルースの文句なしの最高峰。これはヤズーからの単独編集盤2作目。バックワーズ・サム・ファークもカバーしたギター・インストA1から薄暗い弾き語り、女性ブルース・シンガーのバッキング、ホーカム調のナンバーなどなど、幅広いレパートリーから多彩に選曲された全14曲。【曲】「Pig Meat Strut(試聴)」「Down In The Basement」「Terrible Operation Blues」「Big Bill Blues」「Leave My Man Alone(試聴)」「Bull Cow Blues」「Grandma's Farm」「Guitar Rag(試聴)」「Pussy Cat Blues」「Mr. Conductor Man」「Worrying You Off My Mind Part I」「Double Trouble Blues」「Skoodle Do Do」「C & A Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Big Bill Broonzy, Rufus And Ben Quillian, etc - UPTOWN BLUES : A DECADE OF GUITAR-PIANO DUETS 1927-1937

  • ブルースLP
Big Bill Broonzy, Rufus And Ben Quillian, etc-ビッグ・ビル・ブルーンジー、ルーファス・アンド・ベン・キリアン、ホカ - "UPTOWN BLUES : A DECADE OF GUITAR-PIANO DUETS 1927-1937"
USA / LP / Stereo / Yazoo L1042 / Rec late1920s / Pub late60s
ジャケット擦れほぼ無し、下部中央に縁裂け、レーベルひげわずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  3800 yen
■ピアニストと共存しはじめた都会のブルース・マンによる街のカントリー・ブルース。
ピアノ+ギターの編成では、パイオニアのリロイ・カー&スクラッパー・ブラックウェル、さらにシティ・ブルースと進化させたウォルター・デイヴィスとヘンリー・タウンゼント等がいますが、これはその狭間のアーティストの美味しい所を選りすぐったヤズー盤。スライドとピアノの二人、ルーファス&ベン・キリアン、中では最もカントリー・ブルース色の濃いテディ・ダービー、しゃっきりとしたホーカム・コーラスのダウン・ホーム・ボーイズ、ダブル・スライドにピアノ、チェレスタ、ヴァイオリンの編成のキラー・インストのワトソンズ・プルマン・ポーターズなどなど、音楽的幅もあってこれも当然ヤズー名盤。 【曲】「Big Bill Broonzy / Mountain Blues」「Rufus & Ben Quillian / Sweet Miss Stella Blues(試聴)」「Bo Carter / When You Left」「Charlie Campbell / Goin' Away Blues」「Teddy Darby / My Laona Blues」「Down Home Boys / You Do It(試聴)」「Leola Manning / He Fans Me(試聴)」「Rufus & Ben Quillian / Good Feeling Blues」「Watson's Pullman Porters / Barbecue Blues」「Cripple Clarence Lofton / Policy Blues」「Willie Harris / What Makes A Tom Cat Blue?」「Mack Rhinehart & Brownie Stubblefield / Uptown Blues」「Leroy Carr & Scrapper Blackwell / Papa's On The Housetop」「Charley Spand / Ain't Gonna Stand For That」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bob Wills, Ole Rasmussen, Terry Fell, Speedy West And Jimmy Bryant, etc. - WESTERN SWING, BLUES, BOOGIE AND HONKY TONK : VOLUME 7

  • カントリーLP
 Bob Wills, Ole Rasmussen, Terry Fell, Speedy West And Jimmy Bryant, etc.- ボブ・ウィルス、オール・ラスムッセン、テリー・フェル、スピーディ・ウエスト&ジミー・ブライアント - "WESTERN SWING, BLUES, BOOGIE AND HONKY TONK : VOLUME 7"
USA / LP / Mono / Old Timey 122 / Rec 1940s, 1950s / Pub 1981
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ロカビリー前夜の40sカントリー名演を収録した編集盤。
30年代からあった太いリズムで客を踊らせるウエスタン・スウィングに、さらにブギウギ、リズム&ブルースなど黒人音楽から影響を受けた新しいスタイルのカントリーで賑わっていた40年代~50年代前半。これは、ロカビリー、ロックンロール前夜のこの手のマスターピースを集めたグレイトな編集盤。キング・オブ・ウエスタン・スウィング、ボブ・ウィルスに始まり、スティール・ギターのスピーディ・ウエスト&ジミー・ブライアントで締めくくられる、全8枚?リリースされたうちの7枚目。【曲】「Bob Wills & His Texas Playboys / Silver Lake Blues」「Rocky Bill Ford & His Sunset Wranglers / Beer Drinking Blues」「Tommy Mooney With Bobby Mooney & His Automobile Babies / Bingo Boogie」「Buck Roberts & The Rhythmairs / Don't You Darken My Door Anymore」「Ole Rasmussen & His Nebraska Cornhuskers / C-Jam Blues」「Arkie Shibley & His Mountain Dew Boys / Hot Rod Race」「Hoyle Nix & His West Texas Cowboys / May You Never Break A Heart Like You Broke Mine」「Eddie Noack & Gig Sparks / Green Back Dollar」「Tex Williams & His Orchestra / Williams Rag」「Glynn Duncan & His Bar B Boys / We Got Good Business」「Ole Rasmussen & His Nebraska Cornhuskers / Sleepy-Eyed John」「Terry Fell & His Seven Southerners / Stop Your Flirting Little Girl」「Speedy West & Jimmy Bryant / Bustin' Thru」「Tommy Duncan & His Western All Stars / Wrong Road Blues」「"T" Texas Tyler & His Oklahoma Melody Boys / My Buckets Got A Hole In It」「Speedy West & Jimmy Bryant / This Ain't The Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Byron Parker And His Mountaineers - BLUEGRASS ROOTS

  • ヒルビリー/オールド・タイムLP
 Byron Parker And His Mountaineers- バイロン・パーカー&ヒズ・マウンテニアーズ - "BLUEGRASS ROOTS"
USA / LP / Mono / Old Homestead OHCS169 / Rec 1940 / Pub 1985
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■40年の音源を収録した一枚。
サウス・キャロライナのオールドタイム・ストリング・バンドで、ブルーグラス・バンジョーのパイオニアの一人、スナッフィ・ジェンキンスが在籍していたグループ。録音は40年に2回、46、47年に一回づつで、これは40年のセッションを収録。アップのナンバーは少な目、枯れた沁みるナンバー中心の一枚。【曲】「Little Pal」「I’m Sorry That’s All I Can Say(試聴)」「The Family Circle」「A Beautiful Life」「We Shall Rise」「Oh Darling Come Back」「Carrol County Blues」「Up Jumped The Devil」「C& NW Railroad Blous」「Peanut Special」「The Letter That Went To God(試聴)」「Tell Her Not To Wait For Me」「I Love My Saviour」「He’s My Friend And Guide」「That’s Why I’m Blue」「Married Life Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bo Diddley - BO DIDDLEY

  • ロックンロールLP
Bo Diddley- ボ・ディドリー - "BO DIDDLEY"
USA / LP / Stereo / Checker LP2984 / Rec 1962 / Pub 1960s
ジャケット円状の擦れ、右下カット、レーベルひげ無し、盤浅い擦れ、B3、4、5にスクラッチ、4曲目に小プツ音出ます
Jacket 3~3.5 / Disc 3~3.5 / Sound 3.5  4800 yen
■62年作。
8ビートのR&Rナンバーが増え、数曲あるインストもムチャクチャカッコイイ、初期ボ・ディドリーのアルバムで最もスゴミの効いた62年のアルバム。音圧も最高潮、文句なしの名盤。※セカンド・レーベル【曲】「I Can Tell(試聴)」「Mr. Khrushchev」「Diddling」「Give Me A Break(試聴)」「Who May Your Lover Be」「Bo's Bounce」「You Can't Judge A Book By Looking At The Cover」「Babes In The Woods」「Sad Sack」「Mama Don't Allow No Twistin'」「You All Green」「Bo's Twist」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bo Diddley - BO DIDDLEY AND COMPANY

  • ロックンロールLP
 Bo Diddley- ボ・ディドリー - "BO DIDDLEY AND COMPANY"
USA / LP / Stereo / Checker LPS2985 / Rec 1963 / Pub 1960s
ジャケット円状の擦れ、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  4500 yen
■新メンバーが加入しての63年作。
前作『Bo Diddley』まで在籍したレディ・ボーがバンドを去り、写真のノーマ・ジーン・ウォフォードが新たに加入、またベースもウィリー・ディクソンからジェシ・ジェームス・ジャクソンにチェンジして録音された63年作。新メンバーだからかわかりませんが、ちょいとチグハグな感じもあり、しかしなし崩し的にまとまった痛快さが最高。全体的には雑味を消したピュアで強力なナンバー勢ぞろい。それから全部のアルバムに言えることですが、何年も後のロックの常套句になるような斬新な演奏にはっとすること多々。※セカンド・レーベル【曲】「(Extra Read All About) Ben(試聴)」「Help Out(試聴)」「Diana」「Bo's A Lumber Jack」「Lazy Women」「Mama Mia」「Gimme Gimme」「Put The Shoes On Willie」「Pretty Girl」「Same Old Thing」「Meet You On Saturday」「Little Girl」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bo Diddley - BO DIDDLEY IS A GUNSLINGER

  • ロックンロールLP
Bo Diddley- ボ・ディドリー - "BO DIDDLEY IS A GUNSLINGER"
USA / LP / Stereo / Checker LPS2977 / Rec 1960 / Pub 1960s
ジャケット擦れ少々、レーベルひげ極わずか、盤浅い擦れ、若干しなりあり
Jacket 3~3.5 / Disc 3~3.5 / Sound 3.5  3480 yen
■60年のアルバム。
チャック・ベリーやビル・ヘイリーとは根っから違う文化の中で出来たとしか思えない異型のロックンロールを生み出したボ・ディドリー。ワイルドなボ・ビートのロックンロール満載の60年のアルバム。※セカンド・レーベル【曲】「Gunslinger(試聴)」「Ride on Josephine」「Doing the Craw-Daddy」「Cadillac(試聴)」「Somewhere」「Cheyenne」「Sixteen Tons」「Whoa Mule (Shine)」「No More Lovin'」「Diddling(試聴)」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2018年9月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
2018年10月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.