(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: b)

Bunk Johnsons Original Superior Band - WEARY BLUES cw MOOSE MARCH

  • ジャズ78rpm
 Bunk Johnson's Original Superior Band- バンク・ジョンソンズ・オリジナル・スペリアー・バンド - "WEARY BLUES cw MOOSE MARCH"
USA / 78rpm / Mono / Jazz Man 9 / Rec 1942 / Pub
レーベルAに書き込み、小汚れ、盤浅い擦れ、表層スクラッチ少し ※プレイヤーの調子が悪く、試聴ファイルのウー音はそのせいです
Jacket n/a / Disc 3 / Sound 2680 yen
■ハリウッドにあったレコード屋ジャズ・マン・レコード・ショップの自主レーベルからの一枚。
店主デイヴィッド・ステュアートと妻のマーリリ・モーデンが経営、後にアトランティックを興すネスヒ・アーティガンも携わった伝説のレーベル。これは中でも記念碑的録音と言われる、ニューオーリンズ・ジャズのトランぺッター、バンク・ジョンソンの42年録音。ジョージ・ルイス(CL)、ローレンス・マレロ(BJ)ら揃いも揃ったメンツの2曲。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bind Blake, Sam Butler, William Moore, etc - GUITAR WIZARDS 1926-1935

  • ブルースLP
 Bind Blake, Sam Butler, William Moore, etc- ブラインド・ブレイク、サム・バトラー、ウィリアム・ムーア、etc. - "GUITAR WIZARDS 1926-1935"
USA / LP / Stereo / Yazoo L1016 / Rec late1920s / Pub 1970s
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤ほぼ新品同様
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3800 yen
■東海岸のカントリー・ブルースの中で、ギター・プレイに着目して編集されたヤズーの名作。
東海岸的なギター・スタイルから異色のプレイヤーまでを集めた、ヤズーのカントリー・ブルース編集盤。代表作「Crow Jane」のボーカル・バージョンと言える、変則チューニングで演奏されたカール・マーティンの「Badly Mistreated Man」、脱力ヴォーカルもいいブラインド・ブレイクの「You Gonna Quit Me Baby」(ブレイクは他にも「Guitar Chimes」等4曲収録)、東のしゃっきりしたブルース~ラグタイム・ギターのいい演奏を思い切り詰め込んだ一枚。【曲】「Carl Martin / Farewell To You Baby(試聴)」「Badly Mistreated Man」「Billy Bird / Mill Man Blues」「Blind Blake / You Gonna Quit Me Blues(試聴)」「Wabash Rag」「Tampa Red / Boogie Woogie Dance(試聴)」「Bumble Bee Blues」「Blind Blake / Guitar Chimes」「Panther Squall Blues」「Sam Butler / Poor Boy Blues」「Jefferson County Blues」「Some Scream High Yellow」「William Moore / Ragtime Millionaire」「Carl Martin / Joe Louis Blues」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Billie Holiday - LADY IN SATIN

  • ジャズ・ボーカルLP
 Billie Holiday- ビリー・ホリデイ - "LADY IN SATIN"
USA / LP / Stereo / Columbia CS8048 / Rec 1958 / Pub 1970s
ジャケット円状の擦れ少々、下部中央縁裂け、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 2680 yen
■説明不要の名盤。
歌や演奏がどうの関係なしに、彼女と他のすべてのジャズ、と分けられるほど天国的で絶望的な歌を歌ったビリー・ホリデイ。レイ・エリス楽団のスローなムード・ミュージックをバックに全曲新曲を歌った、彼女の生前最後のアルバム。オリジナルは58年、これは70年代レーベル。【曲】「I'm A Fool To Want You(試聴)」「For Heaven's Sake」「You Don't Know What Love Is」「I Get Along Without You Very Well」「For All We Know」「Violets For Your Furs」「You've Changed」「It's Easy To Remember」「But Beautiful」「Glad To Be Unhappy」「I'll Be Around(試聴)」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bill Russo And His Orchestra - SEVEN DEADLY SINS

  • ジャズLP
 Bill Russo And His Orchestra- ビル・ルッソ&ヒズ・オーケストラ - "SEVEN DEADLY SINS"
USA / LP / Mono / Roulette R52063 / Rec 1960 / Pub 1960
ジャケット表裏擦れ少々、レーベルひげ極わずか、盤擦れほとんどなし
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 
■ジャズ・アレンジャー、ビル・ルッソの60年作。
トロンボーン奏者で、トリスターノ門下生、50年代初頭にはケントン楽団のアレンジャーとなり、クラシック寄りの作品も書いた3rdストリーム系アレンジャー最高峰ビル・ルッソ。これは、「貪食」「色欲」などカトリックの『七つの大罪』をテーマにした前衛モダン・ビッグ・バンド・アルバム。トリスターノ一派のクール路線のものもありますが(それでさえ相当挑戦的)、ほとんど現代音楽のレコード。オリジナル・レーベル。これの前作はこちらです。【曲】「Theme」「Greed」「Lechery(試聴)」「Gluttony」「Anger」「Envy(試聴)」「Sloth」「Pride-Epilogue」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Buddy Moss, Lillie Mae, Sam Montgomery, etc. - OJLS GA. : THE BLACK COUNTRY MUSIC OF GEORGIA, 1927-1936

  • ブルースLP
 Buddy Moss, Lillie Mae, Sam Montgomery, etc.- バディ・モス、リリー・メイ、サム・モンゴメリー、etc. - "OJL'S GA. : THE BLACK COUNTRY MUSIC OF GEORGIA, 1927-1936"
USA / LP / / Origin Jazz Library OJL25 / Rec 1927 to 1936 / Pub 1980s
ジャケット擦れわずか、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■オリジン・ジャズ・ライブラリーのジョージア・ブルース集。
人や地域によって嘆き方も様々なブルース、なかでは喜怒哀楽のバランスがとれているといえるジョージア。12弦、スライドなど演奏も多彩、さらにゴスペルが大量に生産された地域でもあり宗教色もかなり濃い。カントリー・ブルースの中では珍しくくつろいだ雰囲気の作品も多し。これはオリジンが相当に気合を入れたジョージア・ブルース集。"オリジンが選ぶジョージア"なんていうタイトルのレコードは他に無いです。他の盤ではあまり見かけないビッグネームの埋もれたナンバーから、エディ・ヘッド&ヒズ・ファミリーという女性が入ったファミリー・ブルース・バンド、足踏みオルガンで歌うルーサー・マグビーなど無名のものまで素晴らしい内容の全15曲。【曲】「Tampa Red / Down In Spirit Blues(試聴)」「Buddy Moss / Jealous Hearted Man」「Lillie Mae / Wise Like That」「Sam Montgomery / King Of Knaves No. 2」「Sylvester Weaver / Rock Pile Blues(試聴)」「Bumble Bee Slim / Hey Lawdy Mama」「Charlie Lincoln / Ugly Papa」「Rufus & Ben Quillian / Keep It Clean(試聴)」「Eddie Head & Family / Lord, I'm The True Vine」「Kokomo Arnold / Model "T" Woman Blues」「Georgia Tom / Hear Me Beefing At You」「Sara Martin / Useless Blues」「B.B.Q. Bob / Crooked Woman Blues」「Luther Magby / Jesus Is Getting Ready For The Great Day」「Rev. Gates / David & Uriah」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Billie Holiday - LIVE 1953

  • ジャズ・ボーカルLP
 Billie Holiday- ビリー・ホリデイ - "LIVE 1953"
Denmark / LP / Mono / Rarities 40 / Rec 1953 / Pub ?
ジャケット擦れ無し、折れ目少々、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2680 yen
■53年、ヨーロッパでのライブを収録した一枚。
歌や演奏がどうの関係なしに、彼女と他のすべてのジャズ、と分けられるほど天国的で絶望的な歌を歌ったビリー・ホリデイ。これは彼女の53年(54年の可能性もあり)のライブを収録した一枚。A面はスイスでの録音で、カール・ドリンカード(P)のトリオをバックにした7曲。B面はドイツでの2曲で、"Billie's Blues"は11分超、"Lover Come Back To Me"は7分弱という大作。こちらはレッド・ノーヴォ(Vib)、バディ・デフランコ(CL)、ベリル・ブッカー(P)、ジミー・レイニー(G)ら。【曲】「Blue Moon(試聴)」「All Of Me」「My Man」「Them There Eyes」「I Cried For You」「What A Little Moonlight Can Do」「I Covered The Waterfront」「Billies' Blues」「Lover Come Back To Me(試聴)」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bob Angliano Quartet, Blue Ridge Quartet, Gospel Twins, etc. - WHITE GOSPEL

  • ゴスペルLP
 Bob Angliano Quartet, Blue Ridge Quartet, Gospel Twins, etc.- ボブ・アングリアーノ・カルテット、ブルー・リッジ・カルテット、ゴスペル・ツインズ、etc. - "WHITE GOSPEL"
U.K. / LP / Mono / Krazy Kat KK815 / Rec 1950s / Pub 1987
ジャケット擦れほぼ無し、裏面に書き込み、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 2480 yen
■フィラデルフィアのゴッサム・レーベルに残されたホワイト・ゴスペル集。
フィラデルフィアのゴッサムと言えばドゥワップ、R&B、ブルースなど黒人音楽が知られるレーベルですが、これはゴッサムのホワイト・ゴスペルを収録した編集盤。恐らく名前からしてイタリア系と思うのですが、流行りのイタロ・ホワイト・ドゥワップに行かずに黒人的なジュビリー・スタイルで歌うボブ・アングリアーノ・カルテット、整然とした洗練されたハーモニーのブルー・リッジ・カルテット、リズミックな伴奏に可愛らしいコーラスの女性二人組ゴスペル・ツインズ、ヒルビリー・ゴスペルのチャーリー・ベイリー&ハッピー・ヴァレイ・ボーイズなど全14曲で、半分以上が未発表/テイク違い。【曲】「Bob Angliano Quartet / Have Faith」「Blue Ridge Quartet / Hold On Brother」「Gospel Twins / I Love My God」「Blue Ridge Quartet / Jesus Is A Friend」「Bound For The Kingdom」「I Want To Rest」「Charley Bailey And The Happy Valley Boys / Heaven」「Lord Lead Me On」「Gospel Twins / Sweet Heaven Is My Home」「Blue Ridge Quartet / Heaven On My Mind」「This Heart Of Mine」「Bob Angliano Quartet / Bye And Bye」「Blue Ridge Quartet / Living In The Gloryland」「Satisfied」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bayless Rose, Frank Stokes, Joe Williams, etc. - COUNTRY BLUES CLASSICS VOLUME 2

  • ブルースLP
 Bayless Rose, Frank Stokes, Joe Williams, etc.- ベイレス・ローズ、フランク・ストークス、ジョー・ウィリアムス、etc. - "COUNTRY BLUES CLASSICS VOLUME 2"
USA / LP / Mono / Blues Classics BC6 / Rec 1930s to 1950s / Pub 1965
ジャケット表裏擦れ少々、下部中央に小縁裂け、レーベルひげ極わずか、Aにシール、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 2680 yen
■ブルース・クラシックス・レーベルの編集盤。
未だに黒人か白人かわからないという(アラブ系混血児とも言われる)ギタリスト、ベイレス・ローズのインストにはじまり、ウォッシュボード・サムが伴奏を付けたブッカ・ホワイトの40年録音、メンフィスのブルースの父フランク・ストークスなどなど、有名無名、場所、時代問わず内容のいいもの、原盤の状態も良好なものを集めた一枚。【曲】「Bayless Rose / Frisco Blues(試聴)」「Frank Stokes / I Got Mine」「Joe Williams / I'm Getting Wild About Her」「Bukka White / Good Gin Blues」「Bukka White / Bukka's Jitterbug Swing」「Frank Stokes / How Long」「Bobo Jenkins / Democrat Blues」「Frank Edwards / We Got To Get Together」「Blind Norris / Sundown Blues」「Scrapper Blackwell / Rambling Blues」「Pinetop Slim / Applejack Boogie」「Milton Sparks / Erie Train Blues」「Blind Boy Fuller / Rag Mama Rag(試聴)」「Dan Picket / Baby, How Long」「Frank Edwards / Terraplane Blues」「Johnny Shines / Ramblin'(試聴)」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bruce And Terry, Rick Henn, Sparks, etc. - CALIFORNIA U.S.A.

  • オールディーズ/ロックLP
 Bruce And Terry, Rick Henn, Sparks, etc.- ブルース&テリー、リック・ヘン、スパークス、etc. - "CALIFORNIA U.S.A."
USA / LP / Stereo / Columbia CS37412 / Rec 1960s, 1970s / Pub 1981
見開きジャケット表裏内側ともに擦れほぼ無し、レーベル二枚ともひげ無し、盤二枚とも極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■夏、サーフ、ホットロッドを2LPでまとめたカリフォルニア・ミュージックの傑作コンピレーション。
このシーンの代表的存在のジャン&ディーンやブルース&テリーの太陽賛歌から夕暮れ時のナンバー、普段はサーフ・ポップじゃない人のレア・シングル・ナンバー、黄金の60年代にこだらわず、70年代のバック・トゥ60s的なナンバーも混ぜた、単なるオールディーズとしてのサーフ・ポップス以上の広がりがある選曲がなされたアルバム。【曲】「Bruce & Terry / Summer Means Fun」「Rick Henn / Girl On The Beach」「Sparks / Over The Summer」「Euclid Beach Band / There's No Surf In Cleveland」「Northern Light / Minnesota」「The Inconceivables / Hamburger Patti」「Lou Christie / Riding In My Van」「Roger McGuinn / Draggin'」「Rip Chords / Hey Little Cobra」「Surfer Girls / Draggin' Wagon(試聴)」「Walter Egan / Hot Summer Nights」「Ricci Martin / Stop Look Around」「Jan & Dean / Yellow Balloon」「Freshmen / Swanee Rive」「Hondells / Just One More Chance」「Flo & Eddie / Let Me Make Love To You」「Spring / Shyin' Away」「Jackie DeShannon / Boat To Sail(試聴)」「Keller & Webb / Don't Worry Baby」「Blue Rose / My Impersonal Life」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bukka White - SKY SONGS VOL.1

  • ブルースLP
 Bukka White- ブッカ・ホワイト - "SKY SONGS VOL.1"
USA / LP / Mono / Arhoolie F1016 / Rec 1963 / Pub 1965
ジャケット表裏円状の擦れ、レーベルひげ少々、B1中間部にプツ音でる小スクラッチ
Jacket 3 / Disc 3.5 / Sound 3.5  2680 yen
■再デビュー後の一枚。
ナショナル・ギターがトレードマークだったデルタ・ブルース・マン、ブッカ・ホワイト。30年に初録音、シカゴやメンフィスを拠点に活動しましたが演奏やボーカルはまさにデルタ。37~40年に決定的な録音を残し、63年にはジョン・フェイヒーらが居場所を突き止め、タコマから再デビュー。これはその頃63年に録音、65年にリリースされた一枚。粗く鈍い金属音がするギター、焼けた声で歌う4曲(一曲が長いです)。ピアノ弾き語り一曲、ウォッシュボードが入るもの一曲あり。【曲】「Jesus Christ Died On The Cross To Save The World(試聴)」「Sugar Hill」「My Baby」「Alabama Blues(試聴)」※本日ののアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bacovas Ceska Kapela, Adolph Pavlas & His Bohemians, etc. - TEXAS CZECH-BOHEMIAN BANDS : EARLY RECORDINGS 1928-1953

  • 民俗音楽/アメリカ/チェコスロヴァキアLP
 Bacova's Ceska Kapela, Adolph Pavlas & His Bohemians, etc.- バコヴァズ・チェスカ・カペラ、アドルフ・パヴラス&ヒズ・ボヘミアンズ、etc. - "TEXAS CZECH-BOHEMIAN BANDS : EARLY RECORDINGS 1928-1953"
USA / LP / Mono / Folklyric 9031 / Rec 1928 to 1953 / Pub 1983
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤ほぼ新品同様
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 
■テキサスの、チェコ移民たちによる音源を収録した一枚。
乾燥した広大な大地、メキシコ文化の流入、ローカルの意識の強さetc....ブルース、テックス・メックス、ウエスタン・スウィング始め音楽の大きな実りを生んだテキサス。しかしあまり言われないことですが、実はテキサスは、19世紀中ごろからどういうわけかチェコから移り住んだ人が多い土地。これは、チェコ移民たち、もしくは二世たちの音楽を収録した一枚。ジャケット写真のような編成で東欧由来のメロディを演奏するグループを中心に、ウエスタン・スウィングのアドルフ・ホフナーなど8グループ17曲を収録。独自のエスニック盤の多いフォークリリックでもなかなか見ない一枚。【曲】「Bacova's Ceska Kapela / Dratenik」「Ja Isem Mlada Vdova」「Adolph Pavlas & His Bohemians / Vzpominky Z Mladi Valcik(試聴)」「Rozvedena」「Bacova's Ceska Kapela / Okolo Mesice」「Zvadla Ruze」「Adolf Hofner & His Texans / Scarecrow(試聴)」「Bacova's Ceska Kapela / Dobrunoc」「Joe Patek’s Orchestra / Shiner Song」「Mozna Ze Jo Ze Ne」「Wheel Barrow Polka」「Louie & His Old Time Band / Rock & Rye Polka(試聴)」「Bennie Brosh & His Orchestra / Barbara Polka」「John R. Baca's Orchestra / Circling Pigeons Waltz(試聴)」「Village Tavern Polka」「Ray Krenek's Orchestra / Musicians Come Out And Play」「Joe Patek’s Orchestra / Corrido Rock」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Beach Boys - BREAK AWAY cw CELEBRATE THE NEWS

  • ロック45rpm
 Beach Boys- ビーチ・ボーイズ - "BREAK AWAY cw CELEBRATE THE NEWS"
Germany / 45rpm / Stereo / Capitol C006-80091 / Rec 1969 / Pub 1969
スリーブ円状の擦れ、よれ、レーベルきれい、盤浅い擦れ
Jacket 2.5~3 / Disc 3.5 / Sound 3.5 
■シングル・オンリーの大名曲。
キャピトル時代、二枚あるシングル・オンリー盤の内の一枚。文句なしの美メロのA面、中盤以降度肝を抜かれるサイケデリックなB面。よれていますがドイツ盤のみのピクチャー・スリーブ付き。※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2017年3月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
2017年4月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(水曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.