(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: b)

Blind Willie Johnson, Washington Phillips, Bessie Johnson, etc. - SOUTHERN SANCTIFIED SINGERS

  • ブルース/ゴスペルLP
Blind Willie Johnson, Washington Phillips, Bessie Johnson, etc.- ブラインド・ウィリー・ジョンソン、ワシントン・フィリップス、ベッシー・ジョンソン、etc. - "SOUTHERN SANCTIFIED SINGERS"
U.K. / LP / Mono / Roots RL328 / Rec 1920s / Pub 1970
ジャケット擦れ少々、しわめ少々、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し、インサートきれい
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 4  3480 yen
■英ルーツ・レコードのゴスペル・カントリー・ブルース集。
はっきりした個性を持ったワン&オンリーのシンガー達を広範に収録。レヴェナント『American Primitive』のアナログ版と言ってもいい、相当にいい内容。インサート(録音データ)付き。【曲】「Blind Willie Johnson / Go With Me To That Land(試聴)」「Washington Phillips / A Mother's Last Word To Her Daughter(試聴)」「Bessie Johnson / The Great Reaping Day」「Bozie Sturdivant / I Want My Crown」「Sam Butler / Christians Fight On」「Rev. Edward W. Clayborn / Your Enemy Cannot Harm You」「Arizona Dranes / In That Day」「Blind Willie Davis / When The Saints Go Marching In」「Henry Thomas / Jonah In The Wilderness」「Washington Phillips / I've Got The Key To The Kingdom」「Rev. J.C. Burnett / Put Your Trust In Jesus」「Sam Butler / Heaven Is My View」「Blind Joe Taggart / I'll Be Satisfied」「Nugrape Twins / There's A City Built Of Mansions」「Rev. Edward W. Clayborn / The Gospel Train Is Coming」「Elder Otis Jones / Holy Mountain」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bill Dodge And His All Star Orchestra - SWINGING 34 VOLUME 2

  • ジャズLP
 Bill Dodge And His All Star Orchestra- ビル・ドッジ&ヒズ・オール・スター・オーケストラ - "SWINGING '34 VOLUME 2"
USA / LP / Mono / Melodion MLP7329 / Rec 1934 / Pub 1960s
ジャケット擦れ少々、裏面小はがれ、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■当時のトップ・ジャズマンが集ったビル・ドッジ楽団の編集盤第二集。
この盤が出た時でさえビル・ドッジという人物が本当にいたかは不明で、ライナーではフィクションだろうと書いてあります。若きグッドマン、Bベリガン、Gクルーパに、フランキー・トランバウアー等で活躍したマニー・クライン(TP)、ラング&ヴェヌーティ等の伴奏でもおなじみアーサー・シュット(P)、ディック・マクドノウ(G)等。BGがバックを務めたビリー・ホリデイの前年デビュー曲のカバー(アレンジそっくりでほとんどインスト・バージョン)など、各人の演奏、アレンジ、音の良さも大満足のホワイト・ジャズ最高峰の連発。プロデュースはディック・スポッツウッドで、スポッツウッドらのレーベル、メロディオンからの一枚。【曲】「Dr. Heckle And Mr. Jibe(試聴)」「Georgia Jubilee(試聴)」「Texas Tea Party」「Honeysuckle Rose」「Holiday」「Emaline」「Sweet Sue-Just You」「A Hundred Years From Today」「Riffin’ The Scotch」「Your Mother’s Son-in-law」「Love Me Or Leave Me」「I Can’t Give You Anything But Love, Baby」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Brother Oswald - BROTHER OSWALD

  • カントリーLP
 Brother Oswald- ブラザー・オズワルド - "BROTHER OSWALD"
USA / LP / Stereo / Rounder Rounder / Rec 1972 / Pub 1972
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■ヒルビリー界随一のドブロ奏者ブラザー・オズワルド・カービーの72年作。
上のロイ・エイカフのサウンドの要でもあったヒルビリー界随一のドブロ奏者、ブラザー・オズワルド・カービー。これは72年に出された彼のセカンド・アルバム。オズワルドより一世代若い、やはりこのジャンルを代表するドブロ奏者タット・テイラー、そしてノーマン・ブレイクらがサポートしてのドブロ・ストリング・バンド・アルバム。【曲】「The End Of The World」「Island March」「Sailing Along」「Kansas City Kitty」「Blue Eyes Crying In The Rain」「Farewell Blues」「Echo Chimes」「Wabash Cannonball」「Prairie Queen」「Tennessee Waltz」「Song Of The Islands」「Dobro Chimes」「I'll Be All Smiles Tonight」「Two Different Worlds」「Carry Me Back To The Mountains」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Big Joe Williams - TOUGH TIMES

  • ブルースLP
Big Joe Williams- ビッグ・ジョー・ウィリアムス - "TOUGH TIMES"
USA / LP / Mono / Arhoolie F1002 / Rec 1959, 60 / Pub 1970s?
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3480 yen
■60年のアルバム。
ヴォードビル等でならした後ジャグ・バンドでの録音等を経て、シカゴでもセッションマンとして活躍したデルタ・ブルースマン。4~50年代にはトランペット・レーベル他からレコードを出して、フォーク・ブルースのリバイバル期にも活躍。これは60年録音のアーフーリーからのフル・アルバム。デルタ・ブルースを基調にしつつ分解、縦横無尽に自分のギターを聞かせ、歌は余韻を残さずスパッと断ち切るようなスタイル。セカンド・ジャケット(オリジナルは超レアです)。【曲】「Sloppy Drunk Blues(試聴)」「Yo Yo Blues」「President Roosevelt」「Forty-Four Blues」「Greystone Blues」「I Want My Crown」「Mean Stepfather」「Brother James」「Shake Your Boogie」「Vitamin A Blues」「She Left Me A Mule To Ride(試聴)」「So Glad」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bobby Williamson, Hank Snow, Darrell Glenn, Rosalie Allen - WESTERN CARAVAN VOL.2

  • カントリー45rpm EP
 Bobby Williamson, Hank Snow, Darrell Glenn, Rosalie Allen- ボビー・ウィリアムソン、ハンク・スノウ、ダーレル・グレン、ロザリー・アレン - "WESTERN CARAVAN VOL.2"
Japan / 45rpm EP / Mono / Victor EP1048 / Rec mid50s / Pub mid50s
ジャケットしみ、レーベルきれい、盤浅いすれ、表層スクラッチ少々
Jacket 3 / Disc 3~3.5 / Sound 3.5  1980 yen
■日本独自で50年代当時出された4曲入りEP。
当時、日本独自で製作された4曲入りEP。これのみでなく日本ビクター独自盤EPはいくつかあるのですがそのどれもが素晴らしい。ドゥワップ・ヒット"Sh-Boom"をカバーしたテキサス・カントリー・シンガー、ボビー・ウィリアムソン、おなじみハンク・スノウの53年のヒット"For Now And Always(試聴)"、"Crying In The Chapel"のオリジナル・シンガー、ダーレル・グレンがスタンダードを同路線で歌った"In The Chapel In The Moonlight"、女性ヨーデル・シンガー、ロザリー・アレンとエルトン・ブリットのデュオ"Tennessee Yodel Polka(試聴)"の4曲。※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bill Blacks Combo - THE UNTOUCHABLE SOUND

  • ロックンロールLP
 Bill Blacks Combo- ビル・ブラックス・コンボ - "THE UNTOUCHABLE SOUND"
USA / LP / Mono / Hi HL12009 / Rec 1962 / Pub 1962
コーティング・ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2680 yen
■62年のアルバム。
サン時代のエルヴィスのベーシスト、ビル・ブラックが59年に始めたインスト・グループ。エルヴィスやリロイ・アンダーソンなどをカバーし、ロックンロールとイージーリスニングを掛け合わせた新境地でアルバムを連発。これは62年のアルバム。コンパクトにまとまった本当気持ちいい新感覚のロッキン・インストを12曲収録。そして演奏のスタイル以上に彼らに特徴的なのは音の良さですが、本作もしかり。オリジナル盤。【曲】「Joey's Song」「Castle Rock(試聴)」「Red Top」「Tippin' Inn(試聴)」「Skokiaan」「Woodchopper's Ball」「So What」「Night Train」「Your Cheatin' Heart」「Ain't That A Shame」「Little Brown Jug」「I Can't Stop Loving You」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Big Joe Williams, Country Jim, Pete McKinley, etc. - COUNTRY BLUES

  • ブルースLP
 Big Joe Williams, Country Jim, Pete McKinley, etc.- ビッグ・ジョー・ウィリアムス、カントリー・ジム、ピート・マッキンリー、etc. - "COUNTRY BLUES"
U.K. / LP / Stereo / Specialty SNTF5014 / Rec early50s / Pub 1973
コーティング・ジャケット擦れ少々、しみ少々、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■スペシャルティのカントリー・ブルース集。ほとんど未発売音源。
リズム&ブルース、ゴスペルの殿堂として多くの名作を出し一時代を築いたスペシャルティ・レコード。スペシャルティはカントリー・ブルースというイメージはあまりないですが、こんなに濃いものがあったことに驚き。ビッグ・ジョー・ウィリアムスを皮切りに、カントリー・ジム、ピート・マッキンリー、パイン・ブラフ・ピート、クラレンス・ロンドンなど、すべてルイジアナ産(ビッグ・ジョーもルイジアナ録音で、全て未発)の全14曲。ルイジアナのカントリー・ブルースといってもひなびた味わいのものではなく、エルヴィス以前のサンのブルースのような強烈なナンバーばかり。【曲】「Big Joe Williams / Baby Please Don't Go」「Ride My New Car With Me」「Rather Be Sloppy Drunk」「Cottage Grove Blues」「Country Jim / Dial 110 Blues(試聴)」「Pete McKinley & Country Jim / Shreveport Blues」「Don't Want Me Blues」「Pine Bluff Pete / A Woman Acts Funny」「No. 4. Boogie」「Hampton Stranger」「Uncle Same Blues」「Pete McKinley / Mean Black Snake」「Clarence London / One Rainy Morning(試聴)」「Ain't Done Nothin' Wrong」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bob Wills - FIDDLE

  • ヒルビリー/カントリーLP
 Bob Wills- ボブ・ウィルス - "FIDDLE"
USA / LP / Mono / Country Music Foundation CMF-010-L / Rec 1935 to 1942 / Pub 1987
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2480 yen
■フィドラーとしてのボブ・ウィルスに注目し編まれた編集盤。
35年、テキサス・プレイボーイズが初録音した日の翌日録音された、まるでオールド・タイム・フィドラーのような3曲や、その初録音のTPB音源がA面は多し。B面に進むにつれバンドの編成がふくらんでは来ますが、基本小編成でウィルスのフィドルをたっぷり楽しむ一枚。どんなスタイルのサウンドにも柔軟に合わせていく万能なフィドルで、オンマイクの迫力ある演奏がたっぷり楽しめます。カントリー、ヒルビリーを発掘するCMFからの一枚。【曲】「Smith's Reel」「Waltz In D」「Crippled Turkey(試聴)」「Spanish Two Step」「Tulsa Waltz」「Maiden's Prayer」「Silver Bells」「Oklahoma Rag」「Carolina In The Morning」「San Antonio Rose」「Don't Let The Deal Go Down」「Bluin' The Blues」「Twinkle, Twinkle Little Star」「Prosperity Special(試聴)」「That Brownskin Gal」「I Don't Lov'a Nobody」「Lone Star Rag(試聴)」「Bob Wills Special」「Bob Wills Stomp」「Liberty」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Boy Green, Dan Pickett, Curly Weaver, etc. - PLAY MY JUKEBOX : EAST COAST BLUES 1943-1953

  • ブルースLP
 Boy Green, Dan Pickett, Curly Weaver, etc.- ボーイ・グリーン、ダン・ピケット、カーリー・ウィーヴァー、etc. - "PLAY MY JUKEBOX : EAST COAST BLUES 1943-1953"
U.K. / LP / Mono / Flyright LP4711 / Rec 1943 to 1953 / Pub 1976
コーティング・ジャケット擦れ少々、折れ目少々、レーベルひげほぼ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 3800 yen
■東海岸の40~50年代カントリー・ブルース集。
まずは6曲収録された謎のダン・ピケット。ブルース研究家によっていまだに調査が続けられているということからもわかる通り、トミー・マクレナンにも通じる一級のブルース。ナショナル・ギターとカズーも咥え脱力したブルースをやるジュリアス・キング、この盤で初めてリイシューされた、一枚しか残さなかったRLウエストモアランドは、ブッカ・ホワイトがさらに荒んだ感の2曲。ピードモント系最高峰のギターにハープが入るスクードゥルダンドゥ&シェフィールド、イーストコーストらしいラギン・ブルースの、これまた一枚しか残さなかったボーイ・グリーン、キャロライナ・スリムの恐ろしくディープなナンバーetc...【曲】「Boy Green / Play My Juke-Box」「Dan Pickett / Lemon Man(試聴)」「Number Writer」「Curley Weaver / Some Rainy Day」「Skoodle Dum Doo & Sheffield / West Kinney Street Blues」「Julius King / Mississippi Boogie(試聴)」「Dan Pickett / That's Grieving Me」「Robert Lee Westmoreland / Hello Central, Please Give Me 209」「Boy Green / A And B Blues」「Dan Pickett / Chicago Blues」「Robert Lee Westmoreland / Good Looking Woman Blues」「Julius King / One O'Clock Boogie」「Skoodle Dum Doo & Sheffield / Broome Street Blues」「Dan Pickett / Something's Gone Wrong」「You Got To Do Better」「Carolina Slim / Georgia Woman」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Blind Boy Fuller, Welly Trice, Bull City Red, etc. - BULL CITY BLUES

  • ブルースLP
 Blind Boy Fuller, Welly Trice, Bull City Red, etc.- ブラインド・ボーイ・フラー、ウェリー・トライス、ブル・シティ・レッド、etc. - "BULL CITY BLUES"
U.K. / LP / Mono / Magpie PY1812 / Rec 1935 to 1947 / Pub 1978
ジャケット円状の擦れ少々、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■"ブル・シティ"と言われるノース・キャロライナ州ダラムのブルース集。
東海岸ノースカロライナ州の中央の町ダラム。これはダラムを拠点にしたカントリー・ブルースマンの音源を集めた、初期フライライトの傑作編集盤。この町はやはりブラインド・ボーイ・フラーが代表格、そしてフラーの周りに集ったブルースマン達を、ソニー・テリーなど有名な人から無名な人まで隔てなく収録。ミシシッピのヘヴィーさやテキサスのタフさとはまた違う、歌心のある滋養にあふれた極上ブルースの数々。ソニー・テリーの、ハーモニカとウォッシュボードだけの伴奏に裏声Voなんて斬新。"悪魔の義理の父親"っていう芸名も最高。コイツがまた素晴らしい演奏します。オリジナルはフライライト盤(ぜひこちらもどうぞ、試聴は違う曲です)で、これは78年のリイシュー。 【曲】「Sonny Terry & Oh Red / Harmonica And Washboard Blues」「Little Boy Fuller / Lazy Bug Blues(試聴)」「Welly Trice / Come On In Here Mama」「Bull City Red / Black Woman And Poison Blues」「Devil's Daddy-In-Law / Lookin' For My Baby」「Rich Trice / Come On Baby」「Blind Boy Fuller / Homesick And Lonesome」「Devil's Daddy-In-Law / I Don't Want No Hungry Woman(試聴)」「Little Boy Fuller / Shake Your Stuff」「Welly Trice / - Let Her Go God Bless Her」「Bull City Red / I Won't Be Dogged Around」「Blind Boy Fuller / Passenger Train Woman」「Brownie McGhee / Dealing With The Devil」「Rich Trice / Trembling Bed Spring Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Baby Dodds - TALKING AND DRUM SOLOS - FOOTNOTES TO JAZZ VOL.1

  • ジャズ/ドラム10LP
 Baby Dodds- ベイビー・ドッズ - "TALKING AND DRUM SOLOS - FOOTNOTES TO JAZZ VOL.1"
USA / 10LP / Mono / Folkways FP30 / Rec 1946 / Pub 1951
ジャケット擦れ、スタンプ、鉛筆書き込み、レーベルひげわずか、盤小プツ音でる小スクラッチ、擦れ
Jacket 2.5 / Disc 2.5 / Sound 2.5~3  2980 yen
■ベイビー・ドッズのドラム・デモ演奏+インタビューの10インチLP。
ドラム演奏そのものを発展させたニューオーリンズの偉大なドラマー、ベイビー・ドッズ。これは、1946年にドッズをスタジオに呼んで、インタビューを交えながらジャズ・ドラムについて様々な考察を加えたという音源。ドッズ自身の説明とデモ演奏によって構成されていて、トラップ・セット(戦前ドラマーが良く使っていた大量のカウベルや木魚等を含むセット)を乱れ打ちしたり、プレス・ロール(音が伸びないドラムに色を与えるテクニック。ドッズは名人)を披露したりしてます。裏面は様々なドラムのパターンを演奏。ブックレット欠品で状態今一つですが、非常に珍しい1stエディション。【曲】「Drums In The Twenties(試聴)」「Spooky Drums No.1」「Shimmy Beat And Press Roll Demonstration(試聴)」「Careless Love Blues」「Rudiments」「Maryland」「Spooky Drums No.2」「Tom Tom Workout(試聴)」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bennie Hess, Seven Rowe Brothers, Weldon Rogers, etc. - BOPPIN HILLBILLY VOL.10

  • カントリーLP
 Bennie Hess, Seven Rowe Brothers, Weldon Rogers, etc.- ベニー・ヘス、セブン・ロウ・ブラザーズ、ウエルダン・ロジャース、etc. - "BOPPIN' HILLBILLY VOL.10"
Holland / LP / Mono / White Label WLP2810 / Rec 1950s / Pub 1980s
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■バッピン・ヒルビリーの10枚目。初のテキサス特集。
誰も知らないような地方のマイナー・ロカビリーから、ロカ以前のロッキン・ヒルビリーの編集盤を出すオランダ・ホワイト・レーベルの看板のシリーズ"バッピン・ヒルビリー"。全部で30枚ほど出たものの10枚目。はっきりテキサスでまとめられたものの一枚目。当然ウエスタン・スウィングの影響はまぬがれ得ないものの、ほとんどリズム&ブルースのようなもの、太いリズムのフィドル・チューン、フィメール・ロカビリーの源流のようなナンバーまでかなり多彩な18曲。【曲】「Bennie Hess / Bennie Hess Boogie」「Drink-Drink-Drink 」「Seven Rowe Brothers / Birthday Cake」「Spring Boogie Blues」「Weldon Rogers / Please Return My Broken Heart(試聴)」「Sally Lee / Table Hoppin' Blues」「Slim Willet With The Brush Cutters / Hadacol Corners」「Texas Wranglers / Steel Guitar Rag」「Keith Loyd And The Sons Of The Golden West / Get That Chip Off Your Shoulder」「Gabe Tucker And His Sky Riders , Vocal By Virgil Hume / Quit Draggin' Your Feet」「Carroll Free And The Brushcutters / The Wreck Of Old Number 9」「Earl Montgomery / You Played Me For A Fool」「Martha Lynn / Goin' Hunting Tonight(試聴)」「Bennie Hess / I'm A One Woman Man」「Texas Top Hands / Bear Creek Hop」「Aubrey Gass / Columbus Stockade Blues」「Walkin' Out Of Town(試聴)」「Here Today And Gone Tomorrow (Gamblers Luck)」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2019年2月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
2019年3月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.