(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: b)

Billie Holiday, Ethel Waters, Lillian Glinn, etc. - RED WHITE AND BLUES - WOMEN SING OF AMERICA

  • ブルース/ジャズLP
 Billie Holiday, Ethel Waters, Lillian Glinn, etc.- ビリー・ホリデイ、エセル・ウォーターズ、リリアン・グリン、etc. - "RED WHITE AND BLUES - WOMEN SING OF AMERICA"
USA / LP / Mono / Rosetta RR1302 / Rec 1920s to 50s / Pub 1980
見開きジャケット擦れ極わずか、内側きれい、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■女性ブルース、ジャズ・シンガーによる、"アメリカ"の歌を集めた一枚。
アフリカとヨーロッパの伝統がブレンドされ生まれたブルース、ジャズ。初めて世界に広がったアメリカ生まれのこの音楽を通して、全員その筋のスタイリストといえる類まれなシンガー達の歌を通して、アメリカという国を紹介しましょう、という一枚。そして、女性アーティスト限定でレコードを出したこのロゼッタ・レコードらしく、女性の目線で歌われる、町や土地をテーマにした歌を収録。説明不要のシンガーを中心に(しかしビリー・ホリデイやベッシー・スミス、リル・アームストロングなどは未SP化の貴重音源)、アメリカ生まれの楽器バンジョーのポロポロを入れたテキサスのブルース・シンガー、リリアン・グリン、ロックンロールの先祖的名バンド、ハーレム・ハムファッツを従えたロゼッタ・ハワードなど、ウルトラ・ディープな選曲の15曲。【曲】「Billie Holiday / Do You Know What It Means To Miss New Orleans」「Ethel Waters / West End Blues」「Lillian Glinn / Shreveport Blues」「Ivie Anderson / Sad Night In Harlem」「Victoria Spivey / Detroit Moan」「Rosetta Howard / Delta Bound(試聴)」「Mildred Bailey And Her Oxford Greys / Arkansas Blues」「Bessie Smith / St. Louis Blues」「Blue Lou Barker / New Orleans Blues(試聴)」「Ella Fitzgerald And Her Famous Orchestra / Gulf Coast Blues」「Helen Humes / Mound Bayou」「Bertha Chippie Hill / Charleston Blues」「Betty Roche / A Train」「Julia Lee / Goin To Chicago」「Lil Armstrong & Blossom Seeley / Chicago」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bob Bain - LATIN LOVE

  • ギター10LP
 Bob Bain- ボブ・ベイン - "LATIN LOVE"
Japan / 10LP / Mono / Capitol OLP45 / Rec 1962 / Pub 1962
コーティングの折り返しジャケット擦れ少々、レーベルひげ少々、盤浅い擦れ、表層スクラッチ少し、チリ音少々
Jacket 3.5 / Disc 3~3.5 / Sound 3~3.5  1980 yen
■ハリウッドNo1の名ギタリスト、ボブ・ベインの日本盤10インチLP。
「ピーター・ガンのテーマ」のあのギターやシナトラの「I've Got You Under My Skin」、エラ・メイ・モース「Cow Cow Boogie」等でプレイしてきた、ハリウッドの静かな巨匠と言えるギタリスト、ボブ・ベイン。デイヴ・バーバー(ペギー・リーの旦那)の後釜としてTドーシー楽団に入り、レス・ポールとは家に入り浸るような仲だったり、他にもいろんな話があり興味の尽きない人。裏方に徹していた人なのでソロ作は数枚しかだしていないのですが、この一枚は彼が、ガット・ギターを伴奏とメロディーで多重録音した作品。(こんなのはこれしかないです)たった2本のガット・ギターだけでうっとりしてしまうような、ラテン系のスタンダードをゆるく演奏しています。心踊る「FRENESI」、「PERFIDIA」「BRAZIL」「MARIA ELANA」等等極上のギター・アルバム。ちなみにあのフィル・ムーアのグループにも参加していました。【曲】「Brazil」「Amor」「Besame Mucho」「Frenesi」「Green Eyes」「The Breeze And I」「Yours」「Perfidia」「You Belong To My Heart」「Maria Elena」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Barney Wilen - MOSHI

  • ジャズ/民俗音楽LP
 Barney Wilen- バルネ・ウィラン - "MOSHI"
France / LP / Stereo / Saravah SH10281029 / Rec 1972 / Pub 1987
見開きジャケット円状の擦れ少々、しみ少々、内側しみ少々、レーベル二枚ともひげ無し、盤二枚とも浅い擦れ少し
Jacket 3.5 / Disc 3.5 / Sound 4  6800 yen
■『死刑台のエレベーター』で脚光を浴びたフランスのテナー奏者としてジャズ・ファンにはおなじみ
ですが、この作品はジャズを脱した非常にユニークな作品。アフリカを2年近く放浪しながらフィールド・レコーディングを重ね、それを仏のスタジオでエディット+バンドの演奏を加えたという代物。そうやったと言わなければ気づかないぐらいの融合を達成していて、例えばモーダルで暗く暗澹としたフリーな演奏にピグミー族の音楽がのっていたり、ウードの演奏にエレキが妖しく絡んでいたりという具合。インプロ~ジャジー・プログレ~民族音楽のミックス・ジュース。CANなんかとかなり近い世界ともいえます。72年初版、これは87年のセカンド・エディション。奇跡的な一枚。【曲】「Moshi(試聴)」「Giulde's Song To Binkirri」「Gardenia Devil (Poeme Du Peuple Chinois "Emperor Of Jade")」「14 Temps(試聴)」「Bamako Koulikaro」「Afrika Freak Out」「El Hadji」「Chechaoun」「Tindi Abalessa」「El Hadji」「Balandji In Bobo」「Sannu Ne Gheniyo」「El Hadji」※本日のアップはこの二枚です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Blind Boy Fuller, Welly Trice, Bull City Red, etc. - BULL CITY BLUES

  • ブルースLP
 Blind Boy Fuller, Welly Trice, Bull City Red, etc.- ブラインド・ボーイ・フラー、ウェリー・トライス、ブル・シティ・レッド、etc. - "BULL CITY BLUES"
U.K. / LP / Mono / Flyright LP106 / Rec 1935 to 1947 / Pub 1972
コーティング・ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■"ブル・シティ"と言われるノース・キャロライナ州ダラムのブルース集。
東海岸ノースカロライナ州の中央の町ダラム。これはダラムを拠点にしたカントリー・ブルースマンの音源を集めた、初期フライライトの傑作編集盤。この町はやはりブラインド・ボーイ・フラーが代表格、そしてフラーの周りに集ったブルースマン達を、ソニー・テリーなど有名な人から無名な人まで隔てなく収録。ミシシッピのヘヴィーさやテキサスのタフさとはまた違う、歌心のある滋養にあふれた極上ブルースの数々。ソニー・テリーの、ハーモニカとウォッシュボードだけの伴奏に裏声Voなんて斬新。"悪魔の義理の父親"っていう芸名も最高。コイツがまた素晴らしい演奏します。 【曲】「Sonny Terry & Oh Red / Harmonica And Washboard Blues」「Little Boy Fuller / Lazy Bug Blues」「Welly Trice / Come On In Here Mama」「Bull City Red / Black Woman And Poison Blues」「Devil's Daddy-In-Law / Lookin' For My Baby(試聴)」「Rich Trice / Come On Baby(試聴)」「Blind Boy Fuller / Homesick And Lonesome」「Devil's Daddy-In-Law / I Don't Want No Hungry Woman」「Little Boy Fuller / Shake Your Stuff」「Welly Trice / - Let Her Go God Bless Her」「Bull City Red / I Won't Be Dogged Around」「Blind Boy Fuller / Passenger Train Woman」「Brownie McGhee / Dealing With The Devil(試聴)」「Rich Trice / Trembling Bed Spring Blues」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Benny Goodman Orchestra, Thai TV Studio Orchestra, etc. - JAZZ AND HOT DANCE IN THAILAND 1956-1967

  • ジャズ/タイの音楽LP
 Benny Goodman Orchestra, Thai TV Studio Orchestra, etc.- ベニー・グッドマン・オーケストラ、タイTVスタジオ・オーケストラ、etc. - "JAZZ AND HOT DANCE IN THAILAND 1956-1967"
U.K. / LP / Mono / Harlequin HQ2028 / Rec 1956 - 67 / Pub 1987
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■英ハーレクインの世界のジャズ・シリーズから、タイ編。
世界各地に伝播したスウィング・ジャズを追跡調査したジャズ文化人類学なイギリスはハーレクインの名シリーズのタイ編。プミポン国王(裏ジャケット写真)がジャズ・サックス奏者で作曲家でもあったことから昔から盛んだったのでは、と思いきや50年代までジャズのレコードは現地には無かったそう。Bグッドマンがバンコクでライブをやったときに合わせてジャズが紹介されたらしいです。つまりこの時代にタイにジャズ・ミュージシャンがいるわけは無く、ここに収録されたのはグッドマンのタイ公演やライオネル・ハンプトンが訪れたときの録音等を収録。ただ、そのグッドマンのライブの前後に演奏していた現地のジャズ"風"楽団にグッドマンがゲスト参加したナンバーがはいっていてそれが素晴らしい!というか変です。タイのいなたーい楽団にグッドマンがなかなか機嫌好くプレイしています。【曲】「Benny Goodman And His Orchestra / Let's Dance」「Bugle Call Rag」「Down South Camp Meeting(試聴)」「Easy To Love」「Bye Bye Blues」「Sing Sing Sing, Part 2」「Thai TV Studio Orchestra / Koiruk Mak Gap Sairom(試聴)」「Modem Dance(試聴)」「Prasarn Mitr Police Band / Gaeuw Kha Ramwong」「Members Of The Benny Goodman Orchestra & Prasarn Mitr Band / Beautiful Moon Of Lao」「Jack Teagarden All-Stars / St. Louis Blues」「Lionel Hampton And His Jazz Inner Circle / City Of Angels」「Between The Devil And The Deep Blue Sea」「Scandinavian-American Allstar Show / Ramayana Funk」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Brother Bones - SWEET GEORGIA BROWN cw POOR BUTTERFLY

  • リズム&ブルース/ジャズ45rpm
 Brother Bones- ブラザー・ボーンズ - "SWEET GEORGIA BROWN cw POOR BUTTERFLY"
USA / 45rpm / Mono / Harem Globetrotters 45HGT300 / Rec 1949 / Pub 1970s
スリーブ小やぶれ、くたびれあり、レーベルきれい、盤極浅い擦れ少し
Jacket 2.5~3 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4  1980 yen
■口笛R&Bの名曲。このチームのテーマソングなのでした。
アラバマで靴磨きをしていた少年フリーマン・デイヴィス。 靴磨きをしながら口笛は吹くは、ブラシでリズムは取るはで地元ではウイッスリング・サムという名で通っていたという有名人。その後ロスの中華料理屋で「Sweet Georgia Brown」をプレイした所、大評判に。たちまち録音、40年代から50年代にかけて7、8枚のSPを録音。これはその「Sweet...」をテーマ・ソングにした、バスケ曲芸エギジヴィジョン・チーム、ハーレム・グローブトロッターズが出した一枚。裏の写真はエイブ・セイパースタインというチームの創始者で、バスケから人種の垣根を取っ払った人なのだそう。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bela Szalai - PLAYS CONTINENTAL MELODIES

  • ハンガリーの音楽LP
Bela Szalai- ベラ・サライ - "PLAYS CONTINENTAL MELODIES"
USA / LP / Mono / B And F S642 / Rec early60s / Pub early60s
コーティング・ジャケット擦れ少々、上部取り出し口、下部中央に縁裂け、レーベルひげ少々、盤浅い擦れ少々
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■ハンガリーのツィンバロン奏者ベラ・サライのアルバム。
50年代のハンガリー動乱の際にアメリカに移り、ナイトクラブで演奏を始めたというツィンバロン奏者、ベラ・サライ。彼の演奏を見た人は衝撃だったに違いありません。金属的な濁った残響音が魅力のこの楽器、ミュートを駆使して聞いたことの無い音を出し、自在なリズムを操り、まさにオーケストラレベルの興奮をピアノ伴奏のみで生み出す、総合的な意味でほんとのヴィルトゥオーゾだと思います。ちょっとこういうのは聞いたことないです。曲はハンガリーやルーマニアの民謡のようです。【曲】「Selections From Countess Maritza(試聴)」「Bihari Dances」「Csardas」「There Is Only One Girl」「Yet They Say I Don't Dare」「Fast Csardas」「I Love The Garden(試聴)」「Fast Csardas」「Acacia Lane」「Don't Stand By The Gate」「If I Could Love Once Again」「Roumanian Melody」「Circus Polka」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bobby Peterson Quintet - PIANO ROCK

  • リズム&ブルースLP
 Bobby Peterson Quintet- ボビー・ピーターソン・クインテット - "PIANO ROCK"
USA / LP / Mono / V Tone 8007 / Rec late50s / Pub 1980s
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2680 yen
■フィラデルフィアのロッキンR&Bピアニスト、ボビー・ピーターソンの音源集。
ブギウギ・ピアノにロッキン・ドラム、ワルイサックスの超シンプルな編成でロックンロールの誕生日に立ち会っている気になる「Piano Rock」、モロにニューオ―リンズ・テイストなインストもの「Rockin' Charlie」「Smooth Sailing」、これだけちょっとムードが違う、ヒットした図太くダークなインスト「Hunch」などなど12曲収録。ブラック・ロック直球の歌ものもカッコイイ。【曲】「Piano Rock(試聴)」「Been Savin' All My Love For You」「Rockin' Charlie - Part One」「Rockin' Charlie - Part Two」「Love You Pretty Baby」「The Hunch」「Irresistible You」「Mama Get Your Hammer(試聴)」「Three Street」「One Day」「Smooth Sailing - Part One」「Smooth Sailing - Part Two」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bashful Vic Thomas And Western Rhythmaires, etc. - BOPPIN HILLBILLY VOL.2

  • カントリーLP
 Bashful Vic Thomas And Western Rhythmaires, etc.- バシュフル・ビック・トーマス&ウエスタン・リズメアーズ、etc. - "BOPPIN' HILLBILLY VOL.2"
Holland / LP / Mono / White Label WLP2802 / Rec 1950s / Pub 1980s
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■バッピン・ヒルビリーの2枚目。
誰も知らないような地方のマイナー・ロカビリーから、ロカ以前のロッキン・ヒルビリーの編集盤を出すオランダ・ホワイト・レーベルの看板のシリーズ"バッピン・ヒルビリー"。全部で30枚ほど出たものの2枚目。ウエスタン・スウィング、ブギウギ、ホンキートンク・カントリーが混然一体となったロカビリー前夜のエキサイティングなナンバーでぎっしり。マウンテン・フィドルをエレキに置き換えたようなアーキー・シブリー、アコーディオンとユニークなハーモニーがいいロディ・エリクソンなどなど全18曲。【曲】「Bashful Vic Thomas And Western Rhythmaires / Rock And Roll Tonight」「Mack McCray With Rosa's String Band / Shorts Crazy」「Jack Tucker And His Band / Big Door」「Crazy Do」「Eddie Jackson's Swingsters / Baby Doll」「Bill Lancaster's Roving Ramblers / It's Saturday Night Now (And I'm Going To Town)」「Arkie Shibley And His Mountain Dew Boys / Guitar Hoedown」「Bob Potter And The Wear Family / Leavin' A Laughin'」「Arthur Smith And His Dixie Liners / Summer's Almost Gone」「Ken Marvin / Uh Uh Honey」「Bob Hill And Johnny Skiles / Lasseon (Inst)」「Cleve Jackson And His Hound Dogs / Has A Chicken Got A Leg」「George Stogner / Hard Top Race」「Gayle Griffith With The L.M.C. Trio / Rockin' And A Knockin'(試聴)」「Mel Price And His Santa Fe Rangers / Nothin' Seems To Go Right Anymore」「Miller Bros Band / Hey Pretty Baby(試聴)」「R.D. Hendon And His Western Jamboree Cowboys / Blues Boogie」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Blockbusters, Eddie Beal Combo, Nora Hayes, etc. - ROCK ALL NIGHT

  • ロックンロールLP
 Blockbusters, Eddie Beal Combo, Nora Hayes, etc.- ブロックバスターズ、エディ・ビール・コンボ、ノラ・ヘイズ、etc. - "ROCK ALL NIGHT"
USA / LP / Mono / Mercury MG20293 / Rec 1957 / Pub 1970s
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■57年公開のロックンロール映画『Rock All Night』のサウンドトラック。
ラモーンズのどたばた映画『Rock'n'roll High School』やフレッド・カッツが音楽をつけた『Little Shop Of Horros』など数々の低予算B級アングラ娯楽映画の名作を生み出したロジャー・コーマンが監督した50年代R&R映画のサントラ。音楽監督はR&R史の最重要裏方バック・ラムで映画はB級でも音楽はいつもA級というのがコーマンのスゴイところ!とあるロック・クラブを中心に繰り広げられれる物語だそうで、オーディションにくる女性シンガーや、そこの箱バンの演奏が収録されています。書き出したら1行くらいしかない歌詞をバンドのメンバーと掛け合いコーラスしながらホットに演奏するブロックバスターズ、大人向けのジャジーなロッキン・バンド、エディ・ビール・コンボ(ビリー・ホリデイの歌伴も務めたピアニスト。4曲全部最高)、女性ジャズ・シンガー、ノラ・ヘイズのバラード、そしてバック・ラムお抱えのプラターズがいつものメロウ路線ではなくてロッキン・ブギで攻める「He's Mine」などなど収録。オリジナルは57年で、これは後年のリイシュー。【曲】「Blockbusters / Rock All Night」「Eddie Beal Combo / Pussy Foot」「Blockbusters / Rock And Roll Guitar - Part 1」「Rock And Roll Guitar - Part 2」「Nora Hayes / The Great Pretender」「Platters / He's Mine」「Nora Hayes / I Guess I Won't Hang Around Anymore(試聴)」「Eddie Beal Combo / Honey Buggin'」「Platters / I'm Sorry」「Eddie Beal Combo / Breezin'」「Blockbusters / I Wanna Rock Now」「Eddie Beal Combo / Leadfoot(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Billie And Dede Pierce - NEW ORLEANS MUSIC

  • ジャズLP
Billie And Dede Pierce- ビリー・アンド・ディーディー・ピアス - "NEW ORLEANS MUSIC"
USA / LP / Mono / Arhoolie 2016 / Rec 2016 / Pub 1971
ジャケット円状の擦れ、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■クラシック・ブルース+コルネットという伝統的なスタイルを続けたニューオリンズのジャズ夫婦。
ベッシー・スミスの伴奏も経験したフロリダ出身の女性ピアニスト&シンガーのビリーが、コルネット奏者ディー・ディー・ピアスとコンビを組んでから、なんと30年以上たった59年に録音されたのがこのお宝音源。60年代になっても店内はいまだ戦前のままだったという飲み屋ルージェンズで長年コンビとして演奏してきた彼等の人生が刻まれている一枚。9割方ビリーが歌とピアノ、ディー・ディーがコルネットで、たまに歌ったりします。【曲】「Eh La Bas」「Gulf Coast Blues(試聴)」「Some Of These Days(試聴)」「You Can Depend On Me」「The Peanut Vendor(試聴)」「Jelly Roll」「Mama Don't Allow」「Nobody Knows You When You're Down And Out」「Going Back To Florida」「Panama」「St. James Infirmary」「John Henry」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Billy Byers - THE RCA VICTOR JAZZ WORKSHOP

  • ジャズLP
 Billy Byers- ビリー・バイヤーズ - "THE RCA VICTOR JAZZ WORKSHOP"
USA / LP / Mono / RCA Victor LPM1269 / Rec 1956 / Pub 1956
ジャケット擦れ少々、上下取り出し口に小縁裂け、裏面に書き込み、レーベルひげ極わずか、盤浅いすれわずか
Jacket 3 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4  3680 yen
■ジョージ・ラッセルやハル・マキュージックでしられるRCAワークショップ・シリーズの傑作。
トロンボーン奏者としてもアレンジャーとしてもベテランでしたが彼はこのワークショップ・シリーズがデビュー。チェンバーなストリング・カルテットや、ビブラフォン、セロを加えた10人程度の編成で、ソーター・フィネガン楽団等を彷彿とさせるユニークなアレンジと、各人のソロも大フィーチュアしたジャズの旨味が味わえる素晴らしい一枚。ジョー・ヴェヌートのマリンバやチューブラ・ベルと、3台のチェロのアンサンブルをフィーチャーしたスタンダードA1やボイド・レーバーン風に未来的に決めたA5、日曜のお昼から土曜夜の月曜朝まで連続的に表現した驚きのナンバーB3等、書ききれないほどのアイデアが詰まった作品。オリジナル盤。【曲】「Alone Together」「The Tickler(試聴)」「Billy Bones」「Chinese Water Torture」「I See A Million People」「Back In Your Own Back Yard」「The Funky Music Box」「The Great Rationalization」「Sunday」「Misty Osie」「Thou Swell(試聴)」「You're Mine You」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2020年9月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
2020年10月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
店舗営業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
店舗営業日 日曜・月曜 PM3:00-PM10:00
古物商 東京都公安委員会 第303261906488号

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.