(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: 70s, Page 2)

Miyara Kosei - MINYO NIPPONICHI

  • 八重山の音楽LP
 Miyara Kosei- 宮良康生 - "MINYO NIPPONICHI"
Japan / LP / Mono / Gomon GTM103 / Rec 1970s / Pub 1970s
ジャケット表裏擦れ少々、右上折れ目、レーベルひげあり、盤表層スクラッチ少し
Jacket 3~3.5 / Disc 3~3.5 / Sound 3~3.5  2980 yen
■八重山民謡歌手、宮良康生のアルバム。
与那国島の歌手、宮良康生のゴモンからのアルバム。踊れる民謡からじっくり聞く古典音楽まで12曲収録。大浜安伴(三線)、富村つる子(琴)、金城幸雄(太鼓)などの伴奏。【曲】「赤馬節(試聴)」「鷲の鳥」「川良山節」「トゥバラーマ」「与那国ションカネ節」「与那国のマヤー小」「ゆんたしょうら」「コイナゆんた」「崎山ゆんた」「まみとうま節(試聴)」「まんがにそざ節」「山崎のアブジャーマ」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

L.C. Robinson - UPS AND DOWNS

  • ブルースLP
 L.C. Robinson- L.C.ロビンソン - "UPS AND DOWNS"
USA / LP / Stereo / Arhoolie 1062 / Rec 1971 / Pub 1972
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■テキサス・ブルースマン、LCロビンソンの72年のアルバム。
ブラインド・ウィリー・ジョンソンにボトルネック・ギターを教わったと言われ、ボブ・ウィルス・バンドのレオン・マコーリフにスティールを習い、さらにブルース・フィドルもマスターしたテキサス・ブルース・マン、LCロビンソン。これは72年のアルバムで、A面は当時のマディ・ウォーターズ・バンドをバックに録音、B面はテキサス・ブルース・ピアニスト、デイヴ・アレクサンダーのトリオがサポートした一枚。【曲】「Mojo In My Hand」「Ups And Downs」「Pinetop's Boogie Woogie」「Across The Universe(試聴)」「L.C.'s Shuffle」「I've Got To Go」「Stop And Jump」「She Got It From The Start」「Things' So Bad In California(試聴)」「New Train Time」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

People Of Taiwan - SONGS OF TAKASAGOS : TAIWAN ABORIGINES

  • 民俗音楽/台湾LP
 People Of Taiwan- 台湾の先住民族 - "SONGS OF TAKASAGOS : TAIWAN ABORIGINES"
Japan / LP / Stereo / King Seven Seas GXC5002 / Rec 1973 / Pub 1978
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤ほぼ新品同様、帯きれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■台湾の先住民、高砂族の音楽を収録したアルバム。
小泉文夫が録音、監修した70年代キング・レコードの"世界の民族音楽シリーズ"から、台湾の高砂族の音楽を収録した一枚。高砂族とは台湾先住民族の総称で、ここには10の民族の27曲を収録。世界でも例を見ないほど高度に洗練されたコーラスを聞かせるブヌン族、同じコーラスでも素朴で力の抜けた溶けるようなハーモニーがいいサウ族など、想像の範囲外のコーラス曲が多い内容。アミ族などの大型の口琴スラトックなどの民族楽器演奏もあり。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

New Faces - THE SOUNDS OF THE VILLA

  • ロックLP
New Faces- ニュー・フェイシズ - "THE SOUNDS OF THE VILLA"
USA / LP / Stereo / Tremont No Number / Rec mid1970s / Pub mid1970s
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、A面ラスト2曲(試聴)にプレスミス、気になりません、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■マサチューセッツのローカル・バンド、ニュー・フェイシズのアルバム。
ボストンの近くの町ウォータータウンのローカル・バンドと思われるニュー・フェイシズの自主制作盤。サックスをメインにしたファンク、ジャズのグループで、スウィングからロック、ソウルのヒットを中心にカバーした一枚。【曲】【曲】「Ma (He's Making Eyes At Me)」「Feelings」「Long Train Running」「T For 2(試聴)」「TSOV(試聴)」「In The Mood」「And I Love Her So」「Guitar Boogie」「Hustle」「Tony Speaks」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Salih Baysal - THE MYTH

  • トルコの音楽/ジャズLP
 Salih Baysal- サリー・ベイサル - "THE MYTH"
U.K. / LP / Stereo / Sonet SNTF739 / Rec 1972, 1973 / Pub 1978
ジャケット表裏擦れわずか、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3800 yen
■トルコ人バイオリン奏者サリー・ベイサルのソロ・アルバム。
トルコ生まれでスウェーデンに渡り、このアルバムにも参加しているマフィ・ファライ(ダラブッカ-トルコの打楽器)、オケイ・テミズ(フィンガー・シンバル/ドラム)とともに、東洋の音楽をジャズに混ぜたスヴェダというバンドを結成したサリー・ベイサル。ほとんど民俗楽器として演奏されるバイオリンに、二人の打楽器、ベイサルの歌のA面、沸騰するような興奮が伝わるテミズの見事なドラムを伴奏にしたノンストップのライブのB面。【曲】「Maya (Bodrum Civari)」「Ilk Aksamdan Meyhanede」「Telegrafin Telleri」「Kabagin Kokeniyim」「Pinar Basi」「Hakim Hanim」「Lingo」「Findik Serdim Harmana(試聴)」「Ninno(試聴)」「Sut Ictim Dilim Yandi」「Sut Ictim Dilim Yandi」「Yesil Ordek」「Kacma Gozel」「Kurt Ali」「Oyun Havasi」「Oyali Yazma Basinda」「Yol Havasi」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Johnny Bond - JOHNNY BOND RIDES AGAIN

  • カントリーLP
Johnny Bond- ジョニー・ボンド - "JOHNNY BOND RIDES AGAIN"
USA / LP / Stereo / Shasta 516 / Rec 1974 / Pub 1974
ジャケット擦れほぼ無し、端々小折れ目、レーベルひげほぼ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■カントリー・シンガー、ジョニー・ボンドの74年のアルバム。
48年「Oklahoma Waltz」、60年「Hot Rod Lincoln」などがヒットしたオクラホマのカントリー・シンガー、ジョニー・ボンド。これは74年のアルバムで、編集盤ではなくオリジナル作品。上の二曲など過去の曲も含めて11曲演奏。裏ジャケットでは以前一緒にバンドをやっていたジミー・ウェイクリーが推薦文を寄せています。【曲】「Oklahoma Hills」「Tomorrow Never Comes」「I'll Step Aside」「I Wonder Where You Are Tonight(試聴)」「Red River Valley(試聴)」「Rainbow At Midnight」「Hot Rod Lincoln」「Fort Worth Jail」「Cimarron」「Time Changes Everything」「Oklahoma Waltz」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Freddy Fender - LIVE

  • ロック/テックス・メックスLP
 Freddy Fender- フレディ・フェンダー - "LIVE"
USA / LP / Stereo / Crazy Cajun CCLP1039 / Rec 1977 / Pub 1977
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■77年のライブ盤。
チカーノR&Rをやっていた50年代はヒットには恵まれなかったものの、74年にルイジアナのスワンプ・ポップ風味の「Before the Next Teardrop Falls」が全米No1となったフレディ・フェンダー。これはケイジャン、ザディコ、テックス・メックス名門クレイジー・ケイジャン・レコードから出された77年のライブ盤。ルイジアナ・クラシックス「マチルダ」、ニューオーリンズR&B「Just Because」「Get Out Of My Life Woman」、リッチー・バレンス「La Bamba」などなど異様な生々しさで録音された9曲+アルファ。送り溝無し、最後までノンストップ。【曲】「Mathilda(試聴)」「Black Shirt」「Just Because」「Mean Woman Blues」「Get Out Of My Life Woman」「La Bamba」「Coming Around The Mountain」「Ooh Poo Pa Do(試聴)」※本日のアップはこれで終了

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Sunny And The Sunliners - LIVE IN LAS VEGAS

  • テックス・メックスLP
 Sunny And The Sunliners- サニー・アンド・ザ・サンライナーズ - "LIVE IN LAS VEGAS"
USA / LP / Stereo / Crazy Cajun CCLP1017 / Rec 1977? / Pub 1978
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■サン・アントニオの名チカーノ・バンド、サニー&サンライナーズのライブ盤。
シンガー、サニー・オズナを中心に59年に結成されたサン・アントニオのチカーノ・バンド、サニー&ザ・サンライナーズ(初期はサングロウズ)。テックス・メックス、スワンプ・ポップの仕掛け人ヒューイPモーがプロデュースした「Talk To Me」等ヒットも多く、活動初期からこのジャンルを代表する名グループ。これは78年に出たラスベガスでのライブ盤。スワンプ・ポップ調からリズム&ブルースのカバーまで全11曲収録。バラードが特にいいです。ケイジャン、ザディコ、テックス・メックス名門クレイジー・ケイジャン・レコードから。【曲】「Felicia No Capricha」「His Greatest Creation(試聴)」「The Breaks Of Live」「Sticks And Stones」「Too Young」「You Send Me(試聴)」「Somethings Got A Hold On Me」「I'm Not A Fool Anymore」「Teenage Promise」「There's No Difference」「It's Too Late」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Musicians Of Turkey - A MUSICAL ANTHOLOGY OF THE ORIENT : TURKEY II

  • 民俗音楽/トルコLP
 Musicians Of Turkey- トルコのミュージシャン - "A MUSICAL ANTHOLOGY OF THE ORIENT : TURKEY II"
Germany / LP / Mono / Musicaphon BM30L2020 / Rec 1970s / Pub 1970s
見開きコーテング・ジャケット擦れわずか、内側ブックレット部しみ少々、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  4800 yen
■独ムジカフォンとユネスコが共同製作した東洋の音楽集から、トルコの音楽集。
クラシックと民俗音楽をリリースしたドイツ・ムジカフォン、特に民俗音楽はオコラを凌駕するような迫真性と頑ななスピリットで素晴らしいレコードをリリース。これは、ユネスコとムジカフォンが共同で製作した東洋音楽集大成"Musical Anthology Of Orient"から、トルコの音楽を収録した一枚。トルコでは二枚出され、これは二枚目。弓で弾く弦楽器ルバーブの宇宙的な弾き語り、葦の木管楽器ネイ(ナイ)の独奏、合奏、ギターのルーツ、ウードの種々の演奏、琴のように弾くカーヌーン、ダルシマー系のサントゥールなど民俗楽器演奏主体のアルバム。恐らく50年代の音源も交じっていると思います。例によって英仏独三か国語の超充実した詳細ブックレット付き。【曲】「Ghazal」「Mersiye」「Ney Solo And PeSrev(試聴)」「Tanbur Solo」「Kanun Solo」「Beste」「Ud Solo(試聴)」「Santur Solo(試聴)」「Sarki」「Kemence Solo」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Red Rector - APPALOOSA

  • ブルーグラスLP
 Red Rector- レッド・レクター - "APPALOOSA"
USA / LP / Stereo / Old Homestead OHS90044 / Rec 1974 / Pub 1974
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■マンドリン奏者レッド・レクターのソロ・アルバム。
チャーリー・モンローのケンタッキー・パドナーズのメンバーで、50~60年代にはフラット&スクラッグスをはじめとする名グループの録音で大活躍したマンドリンの職人中の職人、レッド・レクターのソロ・アルバム。名フィドラー、ヴァッサー・クレメンツをフィーチュアして、ブルーグラス、リール、ケイクウォーク的なナンバーからジャズ色濃いものまで全12曲収録。なぜか当時のフォークウェイズのレコード・カタログが入っています。民俗音楽なども入った全リストで、これかなり貴重だと思います。【曲】「Appaloosa」「Great Miami Storm」「St. Ann's Reel」「Blackberry Blossom」「Snow Shoes」「Hominy Creek(試聴)」「Red Haired Boy」「Somewhere My Love(試聴)」「Tennessee Waggoner」「Maple Sugar」「East Tennessee Blues」「When They Ring The Golden Bells」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Monks Of Tibet, Gerald Kremer(Rec.) - MUSIQUE SACREE DES MOINES TIBETAINES

  • 宗教音楽/チベットLP
 Monks Of Tibet, Gerald Kremer(Rec.)- チベット仏教の僧侶たち、ジェラール・クレーメル(録音) - "MUSIQUE SACREE DES MOINES TIBETAINES"
Japan / LP / Stereo / Columbia YS7002AR / Rec 1976 / Pub 1979
ジャケット円状の擦れ少々、レーベルひげわずか、盤擦れほぼ無し、帯・インサートきれい
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■チベット仏教徒の音楽、ハーモニーを3都市の寺院で録音した一枚。
民俗音楽とクラシックをリリースしたフランスのアリオンから出たアルバムの日本盤。フランソワ・ジューファなどと同じく民族音楽を現地録音したジェラール・クレーメルによる一枚で、仏教の聖地ブッダガヤ、ダライ・ラマらのチベット亡命政府があるダラムサラ、そしてネパールのカトマンズにある寺院で、チベット仏教の僧侶たちの音楽を収録した一枚。マントラのメロディ、華やかな打楽器が加わる祝祭的な曲、途方もない奥行きのある経典のハーモニーなどなどを収録。【曲】「チベット僧の祈り(試聴)」「ほら貝の招集(試聴)」「朝の勤行(試聴)」「両面の太鼓 (ルナ)」「午後の勤行」「ダラムサーラでのチベット僧の祈り(試聴)」「長いラッパ (ラドゥン) 」「夕べの勤行」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Emma Kirkby(Sop), Anthony Rooley(Lute) - THE LADY MUSICK

  • クラシックLP
 Emma Kirkby(Sop), Anthony Rooley(Lute)- エマ・カークビー(ソプラノ)、アントニー・ルーリー(リュート) - "THE LADY MUSICK"
U.K. / LP / Stereo / LOiseau-Lyre DSLO559 / Rec 1979 / Pub 1979
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し、インサートきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■イギリスのソプラノ歌手エマ・カークビーが、リュート伴奏の歌曲を静かに唄った一枚。
古楽の世界を代表するイギリスのソプラノ歌手、エマ・カークビーが、ジョン・ダウランド(1563-1626)、フランシス・ピルキントン(1565-1638)、トマス・キャンピオン(1567-1620)など、イギリス圏のルネサンス時代の作曲家のリュート伴奏歌曲を歌った一枚。全編試聴のようなさみしく澄んだナンバーが並ぶ内容。リュート伴奏は、彼女と古楽グループ、コンソート・オブ・ミュージックを結成したアントニー・ルーリー。歌詞と英仏二か国語の解説インサート。【曲】「Where Grypinge Griefs」「Come Let Us Sound」「In This Trembling Shadow(試聴)」「Like As The Lute Delights」「I Saw My Lady Weepe」「Rest Sweet Nimphs」「When To Her Lute」「Musick Deare Sollace」「I Saw My Ladye Weeping(試聴)」「If In This Flesh」「Come All Ye」「Sweete Birdes Deprive Us Never」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2018年5月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
2018年6月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.