(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: 70s, Page 2)

Janet Smith, Malvina Reynolds, Charleys Aunts, etc. - VIRGO RISING

  • フォークLP
 Janet Smith, Malvina Reynolds, Charley's Aunts, etc.- ジャネット・スミス、マルヴィナ・レイノルズ、チャーリーズ・アンツ、etc. - "VIRGO RISING"
USA / LP / Stereo / Thunderbird LP7037 / Rec 1973 / Pub 1973
見開きジャケット表裏円状の擦れ、内側きれい、下部中央小縁裂け、レーベルひげ無し、盤浅い擦れ、B面に小プツ音出るスクラッチ少し
Jacket 3 / Disc 3~3.5 / Sound 3~3.5  2680 yen
■演奏陣、製作陣も女性で固められたフォークのオムニバス盤。ジャネット・スミス4曲収録。
アマチュアからプロまで(フォークでプロっていうのもおかしいですが)幅広く収録されていていますが、決してバラバラな感じも無く、一本筋が通ったとてもいいアルバム。目玉はタコマ・レーベルから唯一の女性のソロ作があるギタリスト、ジャネット・スミスの4曲。彼女はタコマ盤ともう一枚だけの寡作(※)なギタリストで、これに収録されているものはこれでしかけないのでファンにはうれしい。他、老婆のプロテスト・シンガー、マルヴィナ・レイノルズ、子供のためのフォーク・ソングで知られるナンシー・レイヴン、モーリン・タッカーの「After Hours」を思い出してしまった17歳のキット・ミラーなどなど14曲収録。(※:なんと2003年に、古代メソポタミアの銀のハープのサンプリング音と電子楽器で古代のニューエイジというようなアルバムを作っていました)【曲】「Janet Smith / Freedom Ladies' March」「Malvina Reynolds / No Hole In My Head」「Charley's Aunts / Housewives Lament」「Janet Smith / Talking Want Ad」「Nancy Raven / Crazy Ruthie」「Janet Smith / New Country Rock(試聴)」「Charley's Aunts / Union Maid」「Janet Smith / Mama's Peaches」「Malvina Reynolds / No Room」「Kit Miller / There Was A Young Woman Who Swallowed A Lie(試聴)」「Charley's Aunts / Cut And Dried」「Malvina Reynolds / We Don't Need The Men」「Nancy Raven / Welfare Blues」「Charley's Aunts / Sister!」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Peter Skellern - SKELLERN

  • ロックLP
 Peter Skellern- ピーター・スケラーン - "SKELLERN"
U.K. / LP / Stereo / Mercury 9109701 / Rec 1978 / Pub 1978
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ少々、盤擦れほぼ無し、若干チリ音
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■イギリスのノスタルジック紳士、ピーター・スケラーンの78年のアルバム。
恐慌期のティン・パン・アレイのムードとイギリスの内省的なポップスがブレンドされたような耽美的な終末感が充満したイギリスのノスタルジック紳士、ピーター・スケラーン傑作。グライムソープ・コリアリー・バンドという、1917年に結成されたという炭鉱夫のブラス・バンドが参加、特に大きくフィーチュアされたギター、女性コーラスetc.が、上質にアレンジされているというよりかはどっぷり沼にはまったようにスケラーンの世界と一つになっています。全編試聴のようなムード、一曲あるアップはバンドものブギウギで、それも細野さん級のカッコ良さ。B1の「Love Is The Sweetest Thing」がヒット、アルバムとしては初のチャートインを記録しました。【曲】「You And I(試聴)」「When I Got You」「Big 'G'」「T's All 'Cos O'You」「While I'm Away」「Love Is The Sweetest Thing」「Sweet Words(試聴)」「When Somebody Thinks You're Wonderful」「Put Out The Flame」「Where Do We Go From Here」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Peter Skellern - ASTAIR

  • ロックLP
Peter Skellern- ピーター・スケラーン - "ASTAIR"
U.K. / LP / Stereo / Mercury 9109702 / Rec 1979 / Pub 1979
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し、若干チリ音
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■フレッド・アステア・ナンバーを取り上げた79年作。
前作『Skellern』と同じく、グライムソープ・コリアリー・バンドをフィーチュアしてのノスタルジック路線の一枚で、全曲フレッド・アステア・ナンバーを取り上げた一枚。メンバー、スタッフもほぼ同じでサウンドも近い、でもさらに2・30年代の甘美な世界につかるような内容。全編ではなくてポッポっとでてくる柔らかいブラス・バンド、淡泊なスウィング・ビート、糸のような女性コーラス、ニック・ドレイクにも近いかすれた歌で聞く美メロナンバーのオンパレード。スケラーンのピアノもほんといい。【曲】「Isn't This A Lovely Day(試聴)」「Cheek To Cheek」「They Can't Take That Away From Me」「The Way You Look Tonight」「The Continental」「Puttin' On The Ritz」「No Strings」「Let's Call The Whole Thing Off」「Night And Day」「Top Hat, White Tie And Tails(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Monks Of Tibet, Peter Crossley-Holland(Rec., Notes) - A MUSICAL ANTHOLOGY OF THE ORIENT : TIBET I

  • 民俗音楽/チベットLP
Monks Of Tibet, Peter Crossley-Holland(Rec., Notes)- チベットの僧侶たち、ピーター・クロスリー・ホランド(録音・ライナー) - "A MUSICAL ANTHOLOGY OF THE ORIENT : TIBET I"
Germany / LP / Mono / Stereo / Musicaphon BM30L2009 / Rec 1961 / Pub 1970s
見開きジャケット擦れ極わずか、内側ブックレット部きれい、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  4980 yen
■ドイツ・ムジカフォンとユネスコが共同製作した東洋の音楽集から、チベット編。
迫真性と頑ななスピリットで素晴らしい民俗音楽現地録音盤を製作したドイツ・ムジカフォン。これは、ユネスコとムジカフォンが共同で製作した"Musical Anthology Of Orient"から、チベットの仏教音楽を収録した一枚で、三枚あるチベット編の中の第一集。A面はチベット仏教最古のニンマ派の音楽を収録。サイレンのようなラッパと打楽器、読経の、導師を讃える曲の一曲目がまず衝撃的。それからは楽器の紹介で、数々の楽器演奏をひとつづつ丁寧に録音。最後には精神の習熟(悟り?)のための儀式音楽で、これまた吹っ飛ばされるような合奏。B面は11世紀ごろに成立したというカギュ派の音楽。まずは二つの祈りの歌で、金属のベルを鳴らしながら、男女混声で歌われる、みんなで御詠歌を歌っているような(ナニャドラヤみたいでもあり)祈りの歌。男女のコーラスの下で僧侶たちの読経が流れる重層的なハーモニー。続いて数本のラッパで演奏される、ほんと世界のどこにもないメロディのやっぱりド迫力な"朝の音楽"。それに少し似ていますが、タンギングか何かで小刻みに音を揺らし演奏される"夕方の音楽"、それらに打楽器等が加わったけたたましい導入から僧たちの読経が激しいリズム付きで始まる祈りの様子をラストに収録。録音、ライナーは、ケルト民俗音楽に根差した作などが知られる英の現代音楽作曲家ピーター・クロスリー・ホランド。独仏英3か国語のライナー・ブックレット。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Eric Salzman - THE NUDE PAPER SERMON

  • クラシック/実験音楽LP
 Eric Salzman- エリック・ザルツマン - "NUDE PAPER SERMON"
USA / LP / Stereo / Nonesuch H71231 / Rec 1969 / Pub 1969
ジャケット擦れしみ少々、レーベルひげ少々、盤浅い擦れ、極表層のスクラッチ少々
Jacket 3~3.5 / Disc 3.5 / Sound 3.5  2480 yen
■米の作曲家エリック・ザルツマンの、"白紙の説法"?と題された69年のエレクトロニック作。
作曲家、レコード・プロデューサー、興行主、学者、バードウォッチャーでもあるエリック・ザルツマン(1933-2017)が作った、ルネサンスの終わりと新時代の始まりを描いたという混沌としたエレクトロニック作。8トラックのマルチ・レコーダーで作られることを前提に、中世風のコーラス、電子音、古楽器類、サックス、種々の弦楽器etcetc....がトラックごとに独立して作曲され録音、それぞれモニターしながら重ねるのではなく一気に2トラックに落とし込んだそうです。A面パート1、B面パート2の壮大な作、しかし声と言葉、演奏と雑音的な要素がとりとめもなく吹き出す、混沌とした世界。はっきり言って何が起きているのかよくわらない、ですがこれ、聞きはじめると針をあげられなくなる、理解不能な吸引力あります。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Prague Wind Quintet, Josef Hala(P) - WIND QUINTET COMPOSITIONS

  • クラシックLP
 Prague Wind Quintet, Josef Hala(P)- プラハ木管五重奏団、ヨゼフ・ハーラ(ピアノ)、etc. - "WIND QUINTET COMPOSITIONS"
Czechoslovakia / LP / Stereo / Supraphon 1111426 / Rec 1973 / Pub 1974
コーティング・ジャケット擦れわずか、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■チェコの4人の作曲家の木管五重奏曲集。
実はチェコはヨーロッパでも一番早くアメリカのジャズを取り入れた国で、クラシックでもジャズ風の作が多く、現代音楽もとてもシンパシーを感じるものが多いです。インドルジフ・フェルド(1925-2007)の軽やかでリズミックな68年作の『Wind Quintet』、古いアニメーションの音楽を聞いているような気分になる可愛らしい情景的なルボル・バールタ(1928-1972)の69年作『Wind Quintet』、唯一ピアノが入るオルドジフ・フロスマン(1925-1998)の肉厚で暗めの62年作『Sonata For W.Q. & Piano』、なんとなくLPはここでクライマックスを迎えた感ありますが、次のヴィクトル・カラビス(1923-2006)の『Little Chamber Music』(67年)は雰囲気変わります。第一楽章はなんとなくそれまでのムードを引き継いだ、ドラマのある、歯切れのいい曲、しかしフワフワ浮かぶような瞑想的な2曲目、細切れの演奏が整然と配置された科学的な面白さのある三曲めは次世界に入ったような新鮮さ。試聴はこの2、3曲目。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

People Of Chile - AMERINDIAN CEREMONIAL MUSIC FROM CHILE

  • 民俗音楽/チリLP
 People Of Chile- チリの人々 - "AMERINDIAN CEREMONIAL MUSIC FROM CHILE"
Japan / LP / Stereo / Philips PC1707 / Rec 1970s? / Pub 1979
ジャケット擦れわずか、しみわずか、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■チリの先住民族の音楽を現地録音した一枚。
多くの名盤が生まれた、ユネスコとオランダ・フィリップスが共同で製作した民俗音楽現地録音シリーズ"ミュージカル・ソーシズ"(音楽の源泉)。これは日本フォノグラムがその中から選りすぐってライセンス・リリースした一枚で、チリの先住民族の音楽を収録。まず最高なのが一曲目、豊穣の願いと感謝の音楽「カウスーロル」。二人の男のつぶやきのような歌と、クラリンという長い長いホルン、タンボルシートというリャマの革でできた両面太鼓の演奏で、それぞれ別の世界にいてお互いに響き会っているような宇宙的な曲。これが10分近く続きます。アルバム一枚丸々続いてほしいぐらい至福の一曲。そのクラリンと金属の鈴チョローモの伴奏?に、男女数人のしわがれた祈りのハーモニー曲「タラートゥル」、フリー・ジャズのイントロが延々続くようなトゥルトゥルカというラッパの独奏の二曲、マチと言われる女性シャーマンが、片面太鼓クルトゥルンを伴奏に歌う心霊的治療の歌、ジャケットの一番大きな写真の人たちによるフォルクローレの先祖のような踊りの音楽など収録。大推薦。裏ジャケの解説はオランダ盤解説の翻訳。帯無し。【曲】「Cauzulor O Cauzulo(試聴)」「Talatur」「Pieces For The Trutruca: Trecatrecatun, Puel Purrun, Runku Purrun, Choique Purrun(試聴)」「Pieces For The Trutruca」「Datu Cutran-n」「Danza De Sicuras(試聴)」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Erno Szegedi(P), Tatrai Quartet, etc. - ERNO DOHNANYI : QUINTET IN E FLAT MAJOR, SEXTET IN C MAJOR

  • クラシックLP
Erno Szegedi(P), Tatrai Quartet, etc.- エルノ・ゼゲディ(ピアノ)、タートライ四重奏団、etc. - "ERNO DOHNANYI : QUINTET IN E FLAT MAJOR, SEXTET IN C MAJOR"
Hungary / LP / Stereo / Hungaroton SLPX11624 / Rec 1978 / Pub 1978
コーティング・ジャケット擦れ極わずか、表面コーティング材のはがれわずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ハンガリーの作曲家ドホナーニの室内楽二作を収録した一枚。
バルトークと同時代の作曲家で、現代音楽の方向へは行かず、ブラームスから大きな影響を受けロマン派の路線で作曲を続けたハンガリーの作曲家ドホナーニ(1877-1960)。3楽章からなる、ピアノと弦楽四重奏の編成の『ピアノ五重奏曲第2番(試聴第2楽章)』(1914年)をAに、4楽章からなる『ピアノ、クラリネット、ホルン、弦楽のための六重奏曲(試聴第3、4楽章)』(1935年)を収録した一枚。時に軽やかで時に肉厚でロマンチックな、ジプシー音楽や20年代アメリカン・ポップスの香りも漂ってくる内容。エルノ・ゼゲディ(ピアノ)、ハンガリーを代表するタートライ四重奏団などによる演奏。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Boaz Sharon - PIANO WORKS BY CHARLES KOECHLIN

  • クラシックLP
Boaz Sharon- ボーツ・シャロン - "PIANO WORKS BY CHARLES KOECHLIN"
USA / LP / Stereo / Orion ORS79332 / Rec 1978 / Pub 1978
ジャケット擦れ少々、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■仏の作曲家シャルル・ケクランのピアノ曲集。
フランス6人組のプーランクやタイユフェールらのお師匠でもあった作曲家シャルル・ケクラン(1857-1950)のピアノ曲を三作収録した一枚。山と海の風景をメロディにした、ニューエイジ・ミュージックを先取りしたような透明感のある12曲の『陸景と海景』。やはり12曲の『パストラール』は、『陸景』よりもぐっと近景を切り取ったような親密な作。ラストは組曲『ペルシャの時』から「深い谷間のみずみずしい朝」。ペルシャの旅行記から着想を得たという作で、静謐で重みのある、後期ドビュッシーが新感覚で生まれ変わったようなナンバー。演奏はドビュッシーやこのケクランを得意としたイスラエルのピアニスト、ボーツ・シャロン。試聴のような淡いピアノがぽつぽつ弾かれる感じが好きな方はずっと聞ける一枚になると思います。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Orange County Brothers - ORANGE COUNTY BROTHERS

  • ロック/テックスメックスLP
 Orange County Brothers- オレンジ・カウンティ・ブラザーズ - "ORANGE COUNTY BROTHERS"
Japan / LP / Stereo / Showbat 3A2018 / Rec 1976 / Pub 1976
ジャケット擦れ少々、しみ少々、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■日本のテックス・メックス・バンド、オレンジ・カウンティ・ブラザーズのファースト・アルバム。
ヴォーカル&ギターの飯田雄一を中心に73年頃結成された日本随一のテックス・メックス・バンド、オレンジ・カウンティ・ブラザーズの76年のファースト。彼らに惚れ込んでいた久保田麻琴のプロデュースで、久保田の他に、夕焼け楽団の藤田洋麻やケニー井上が参加、ハワイで録音された一枚。ダグ・サームゆずりのロッキン・テックス・メックスから本場テハノ系のキレのある演奏を聞かせるナンバー、マリンバを入れたエキゾチックなゆるゆるマリアッチ風トロピカルナンバー、アフリカ民謡と50sR&Bをミックスしたような無国籍なポップ・ナンバー、フィドルの安積始の溌剌とした演奏が素晴らしいアップの2ビート曲、一曲ある軽めのラテン・インストもいい全10曲。オリジナル、帯無し。【曲】「Bayou Waltz #1」「これこそ男の人生」「Barrel House Girl」「Mexico野郎」「San Antone(試聴)」「Armadillo Rhumba」「甘い恋のメロディー(試聴)」「Funky Cowboy」「Bye-Bye Rodeo」「Bayou Waltz #2」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Henry The Fiddler And Friends - THE FIRST ALBUM

  • カントリーLP
 Henry The Fiddler And Friends- ヘンリー・ザ・フィドラー&フレンズ - "THE FIRST ALBUM"
USA / LP / Stereo / Fiddlededoo HTF7701 / Rec 1977 / Pub 1977
ジャケット擦れわずか、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか、ブックレットきれい
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■放浪のフィドラー、ヘンリー・ザ・フィドラーのファースト・アルバム。
若くしてクラシックのヴァイオリンを修め、シカゴでコンピューターの専門家として働いていたというヘンリー・ザ・フィドラー、71年に仕事も家も捨て流しのヴァイオリニストとなり全米を放浪、有名なフィドラーズ・コンベンションで優勝するまでのミュージシャンになりました。これは彼のファースト・アルバムで、友人たちも一同に会し、ノース・キャロライナ州の森の中で野外録音されたという一枚。オールドタイム、ブルーグラス、ダン・ヒックスのようなモダンなウェスタン・スウィング、クラシックetc...なんでもござれ、自然発生的なムードがほんとにいい一枚。ブックレット付。【曲】「Over The Waterfall / Mississippi Sawyer」「Sweet Bunch Of Daisies(試聴)」「Reuben's Train」「Crossing To Ireland / Rights Of Man Hornpipe」「Nobody Knows You When You're Down And Out」「Over The Rainbow(試聴)」「Cold Frosty Morn」「Hungarian Dance #5」「Red Wing」「Say Old Man, Can You Play The Fiddle ?」「Mason's Apron」「The Monkeys Have No Tails In Zamboanga」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Doug Sahm And Band - DOUG SAHM AND BAND

  • ロックLP
 Doug Sahm And Band- ダグ・サーム&バンド - "DOUG SAHM AND BAND"
USA / LP / Stereo / Atlantic SD7254 / Rec 1973 / Pub 1973
ジャケット擦れしみ少々、左下小カット、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか、若干ノイズ感じる曲あり
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■ダグ・サームの初ソロ・アルバム。
この盤のオリジナルです、試聴は違うのでぜひ)72年に一旦サー・ダグラス・クインテットを解散したダグ・サームの初ソロにしてウルトラ名盤。ボブ・ディラン、DR.ジョン、フラーコ・ヒメネスなどのゲストを迎えニューヨークで録音された本作は、そんなゲストまでもダグ・サーム色に染めてしまった、相変わらすホコリっぽい、ルーズなロックやテックス・メックス、R&Bをひと塊にしたサウンド全開。裏ジャケットの写真もイイ。【曲】「(Is Anybody Going To) San Antone」「It's Gonna Be Easy(試聴)」「Your Friends」「Poison Love」「Wallflower」「Dealer's Blues」「Faded Love」「Blues Stay Away From Me」「Papa Ain't Salty」「Me And Paul」「Don't Turn Around」「I Get Off(試聴)」※今日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2021年6月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
2021年7月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
店舗営業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
店舗営業日 日曜・月曜 PM3:00-PM8:00
古物商 東京都公安委員会 第303261906488号

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2021 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.