(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: 70s)

Henry The Fiddler And Friends - THE FIRST ALBUM

  • カントリーLP
 Henry The Fiddler And Friends- ヘンリー・ザ・フィドラー&フレンズ - "THE FIRST ALBUM"
USA / LP / Stereo / Fiddlededoo HTF7701 / Rec 1977 / Pub 1977
ジャケット擦れわずか、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか、ブックレットきれい
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■放浪のフィドラー、ヘンリー・ザ・フィドラーのファースト・アルバム。
若くしてクラシックのヴァイオリンを修め、シカゴでコンピューターの専門家として働いていたというヘンリー・ザ・フィドラー、71年に仕事も家も捨て流しのヴァイオリニストとなり全米を放浪、有名なフィドラーズ・コンベンションで優勝するまでのミュージシャンになりました。これは彼のファースト・アルバムで、友人たちも一同に会し、ノース・キャロライナ州の森の中で野外録音されたという一枚。オールドタイム、ブルーグラス、ダン・ヒックスのようなモダンなウェスタン・スウィング、クラシックetc...なんでもござれ、自然発生的なムードがほんとにいい一枚。ブックレット付。【曲】「Over The Waterfall / Mississippi Sawyer」「Sweet Bunch Of Daisies(試聴)」「Reuben's Train」「Crossing To Ireland / Rights Of Man Hornpipe」「Nobody Knows You When You're Down And Out」「Over The Rainbow(試聴)」「Cold Frosty Morn」「Hungarian Dance #5」「Red Wing」「Say Old Man, Can You Play The Fiddle ?」「Mason's Apron」「The Monkeys Have No Tails In Zamboanga」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Doug Sahm And Band - DOUG SAHM AND BAND

  • ロックLP
 Doug Sahm And Band- ダグ・サーム&バンド - "DOUG SAHM AND BAND"
USA / LP / Stereo / Atlantic SD7254 / Rec 1973 / Pub 1973
ジャケット擦れしみ少々、左下小カット、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか、若干ノイズ感じる曲あり
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 2680 yen
■ダグ・サームの初ソロ・アルバム。英盤リイシュー。
この盤のオリジナルです、試聴は違うのでぜひ)72年に一旦サー・ダグラス・クインテットを解散したダグ・サームの初ソロにしてウルトラ名盤。ボブ・ディラン、DR.ジョン、フラーコ・ヒメネスなどのゲストを迎えニューヨークで録音された本作は、そんなゲストまでもダグ・サーム色に染めてしまった、相変わらすホコリっぽい、ルーズなロックやテックス・メックス、R&Bをひと塊にしたサウンド全開。裏ジャケットの写真もイイ。【曲】「(Is Anybody Going To) San Antone」「It's Gonna Be Easy(試聴)」「Your Friends」「Poison Love」「Wallflower」「Dealer's Blues」「Faded Love」「Blues Stay Away From Me」「Papa Ain't Salty」「Me And Paul」「Don't Turn Around」「I Get Off(試聴)」※今日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Slim Richey - JAZZ GRASS

  • カントリー/ブルーグラスLP
 Slim Richey- スリム・リッチー - "JAZZ GRASS"
USA / LP / Stereo / Ridge Runner RRR0009 / Rec 1977 / Pub 1977
ジャケット擦れ、右上に書き込み(スリム・リッチーのサイン)、裏面しみ、レーベルひげ少々、盤浅い擦れ少々
Jacket 3~3.5 / Disc 3.5 / Sound 3.5  2680 yen
■ジャズとブルーグラスを融合した稀有なグループ。
ジャズとカントリーのミックスは40年代にもウエスタン・スウィングがありましたが、彼らはジャズとブルーグラスを融合させた稀有なグループ。この盤のレーベル、リッジ・ランナーの創始者であるジャズ・ギタリスト、リッチーが自ら腕利きのメンバー(ビル・キース、リッキー・スキャッグスetc.)を集めて、入念なリハのもと作り上げた名盤。ホレス・シルヴァーの「Preacher」や「チュニジアの夜」、「Stompin At The Savoy」「Angel Eyes」「Summertime」「Rose Room」等のお馴染みのメロディーにくわえ、リッチーのオリジナル曲を加えた全12曲。【曲】「Gravy Waltz」「Back Home Again in Indiana」「To Linda」「There'll Never Be Another You(試聴)」「Boppin' at the Bluebird」「Angel Eyes」「Jazz Grass Waltz」「Rose Room(試聴)」「Summertime」「The Preacher」「Stompin' at the Savoy」「Night in Tunisia」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Lazar Berman - THE LEGENDARY LAZAR BERMAN PLAYS LISZT

  • クラシックLP
 Lazar Berman- ラザール・ベルマン - "THE LEGENDARY LAZAR BERMAN PLAYS LISZT"
USA / LP / Stereo / Columbia M33927 / Rec 1976 / Pub 1976
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れほんのわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■米ツアー直後に出されたリスト集。
ロシア生まれのピアニスト、ラザール・ベルマン(1930-2005)。幼少期から並々ならぬ才能を発揮し、50年代にはロシア~東欧では有名な演奏家となり(ハンガリーでは"リストの再来"と言われていたのだそう)、75年にリストを弾きアメリカ・デビューをした際は凄まじい衝撃で迎えられました。これは恐らくその米デビューの大評判をうけ米コロンビアがリリースした76年の一枚で、リストの三作を収録。『Sonata In B Minor』(試聴)、ピアノ組曲"巡礼の年"から3曲の『ヴェネツィアとナポリ』、「メフィスト・ワルツ第一番(試聴)」。※本日のアップはの一枚です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Prague Wind Quintet, Zdenek Jilek(P), etc. - MARTINU : JAZZ INSPIRED COMPOSITIONS

  • クラシックLP
 Prague Wind Quintet, Zdenek Jilek(P), etc.- プラハ木管五重奏団、ズデニェク・イーレク(ピアノ)、etc. - "MARTINU : JAZZ INSPIRED COMPOSITIONS"
Czechoslovakia / LP / Stereo / Supraphon 11101014 / Rec 1972 / Pub 1972
コーティング・ジャケット擦れ少々、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■20世紀チェコの作曲家マルティヌーの、ジャズの影響を受けて作られた作品を収録した一枚。
ドビュッシー、ルーセル等の印象派、フランス6人組やストラヴィンスキーに影響を受け、多くの作品を残した、20世紀のチェコを代表する作曲家マルティヌー(1890-1959)。これは、ジャズに影響を受けた6作品を収録した一枚。「Prelude」「Musique D'Entrance : Tempo Di Blues」「Musique D'Entrance : Boston」「Finale」からなる『Jazz Suite』は18世紀的な色もある管弦楽のジャズ組曲。続いてCL、Basoon、TP、Vln、Cello、Pの6人編成で、「Prologue」「Tango(試聴)」「Charleston」「Final」のやはりジャズ組曲『La Revue De Cuisine』。ジャズとストラヴィンスキーの出会い的な室内楽。B面頭はピアノ曲で、「Tempo Blues(試聴)」「Tempo Tango」「Tempo Charleston」の三曲からなる『Trois Esquisses』。続いて、5曲からなる『Sextet For Wind And Piano』。これもやはり、ラグタイムやブルースの影響を受けた室内楽作。続いて管弦楽2作続きます。まずは『Shimmy Fox Trot』で、これはかなりクルト・ワイル風のナンバー。ラストはその名も『Le Jazz』。ダンス・バンドのバンジョー2ビートを取り入れためくるめくオーケストラ曲。※今日のアップはこの一枚です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Grant Johannesen, Mildred Natwick - POULENC : THE STORY OF BARBAR / SATIE : SPORTS AND DIVERSIONS

  • クラシックLP
 Grant Johannesen, Mildred Natwick- グラント・ヨハネセン、ミルドレッド・ナトウィック - "POULENC : THE STORY OF BARBAR / SATIE : SPORTS AND DIVERSIONS"
USA / LP / Stereo / Golden Crest CRS4133 / Rec 1974 / Pub 1974
コーティング・ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■プーランク、サティの風変りなピアノ作を収録した一枚。
中身、音質、使われる盤の材質も他のレーベルとは違うこだわりのゴールデン・クレスト。ここのジャズやポピュラーのレコードは一枚一枚が存在感のある魅力的なものばかりですが、それはクラシックも同様。ほとんどが(全て?)室内楽、器楽で、アヴァンギャルドは極わずか、近代と現代の狭間のものが多く、また他のレーベルではリリースされていないものも多々あり。この一枚もまたそんなレコード。A面には、プーランクが友人の作家ジャン・ド・ブリュノフ作の絵本"小象ババールの物語"に音楽を付けたピアノ+物語を収録。ドビュッシーの"子供の領分"のような胸躍るおとぎ話的な音楽と、英訳された物語がはまった作品。裏面はサティの"スポーツと気晴らし"で、数十秒から一分ほどの短い21曲からなるピアノ曲集。全曲にサティの詩的なコメントが付いていて、通常この曲のレコードはそのコメントは省略されるかブックレットに入るのですが、これは朗読で各曲冒頭に収録されています。ピアノはカサドシュの弟子でこのレーベルのクラシックの常連グラント・ヨハネセン、朗読は女優ミルドレッド・ナトウィック。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Pangkat Kawayan - THE SINGING BAMBOOS

  • フィリピンの音楽LP
 Pangkat Kawayan- パングカット・カワヤン - "THE SINGING BAMBOOS"
Philippines / LP / Stereo / Villar MLS5169 / Rec 1970s / Pub 1970s
ジャケット擦れ、色あせ少々少々、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■フィリピンの少年少女たちによる、竹製楽器のオーケストラの一枚。
竹の楽器と言えばインドネシアのアンクルンが有名ですが、これは、フィリピンの少年少女たちによる楽団で、竹製フルート、竹製マリンバで編成された珍しいグループ、パングカット・カワヤンの一枚。フィリピン民謡を中心にクラシックや「チョップスティックス」など西洋の曲も数曲、なんともほほえましい音色とアンサンブルで聞かせる一枚。フィリピン盤。【曲】「Leron-Leron Sinta」「O Ilaw」「Magtanim Ay Di Biro」「Bahay Kubo」「Chopsticks」「Skater Waltz」「Itik-Itik」「Pamulinawen」「Atin Cu Pung Singsing」「Lulay」「Estudiantina Waltz」「Hungarian Dance No. 5」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Rosario Marciano, Eddie Frankie, Freddy Leon, etc. - GRANDES JOROPOS DE VENEZUELA

  • ベネズエラの音楽LP
Rosario Marciano, Eddie Frankie, Freddy Leon, etc.- ロザリオ・マルシアノ、エディ・フランキー、フレディ・レオン、etc. - "GRANDES JOROPOS DE VENEZUELA"
Venezuela / LP / Stereo / Saviluz LP3380 / Rec 1970s / Pub 1977
ジャケット表裏擦れ少々、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ベネズエラの伝統音楽ホローポを収録したオムニバス盤。
アフリカ音楽の要素をワルツに組み込んだ躍動感あふれるダンス音楽、ホローポ。ベネズエラでは最もメジャーな伝統音楽なのだそう。これは、ベネズエラのホローポのグループ7組の14曲を収録した一枚。全曲インスト。ちょっとこれが驚きの内容。エディ・フランキーという、テクも熱もすごいが両手の劇的なコンビネーションにもほんとに驚くピアニスト、シンセサイザーとスキャット・コーラスを散りばめた、もしかして有名な盤の一曲?と思わせるフレディ・レオン、さらに軽音楽オーケストラが白熱するホローポを演奏するナンバー、千切りのようなクアトロ(ギター)のストロークで圧倒するホローポを代表する兄弟グループ、エルマノス・チリノス、ハープを豪快なリズムギターのように弾くエドムンド・ラ・ローザなどなど。全曲強烈な三拍子ナンバーが延々。ベネズエラ盤。【曲】「Rosario Marciano / Joropo」「Eddie Frankie / Marisela(試聴)」「Freddy Leon / El Burrito」「Orquesta Galantes De Venezuela / Urquia(試聴)」「Eddie Frankie / Jarro Mocho」「Freddy Leon / Cari Cari」「Orquesta Galantes De Venezuela / Amalia」「Hermanos Chirinos / Pajarillo」「Edmundo La Rosa / Quirpa」「Hermanos Chirinos / Quitapesares」「Hermanos Chirinos / Seis Numerao Y Corrio」「Orquesta Pinceladas Criollas / El Maraquero」「Orquesta Pinceladas Criollas / La Catira」「Hermanos Chirinos / Alma Llanera」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bill Horwitz - LIES, LIES, LIES

  • シンガー・ソングライターLP
 Bill Horwitz- ビル・ホーウィッツ - "LIES, LIES, LIES"
USA / LP / Stereo / ESP Disk ESP3020 / Rec 1975 / Pub 1975
見開きジャケット擦れ極わずか、内側きれい、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ESPディスクから、シンガー・ソングライター、ビル・ホーウィッツのファースト・アルバム。
どういう人なのかまるでわからないのですが、アルバムはこのESPに一枚だけの人のよう。プロテスト・フォークの流れを汲んでいるようにも思えますが、社会の諸問題だけでなく、彼にしかわからないような悩みも並列に歌われています。切実というのとはまるで違う、何か諦めた感のさみしいたたずまいが延々続く一枚。ニール・セダカの「Breaking Up Is Hard To Do」がこんな沁みるナンバーだとは。グッドタイムなA2「New American Guilt Trip」と、ニール・イネスばりの美メロ・ナンバーB1「If I Had A Friend Like Rosemary Woods」がカップリングされたシングルが出ました。【曲】「Consumption」「New American Guilt Trip」「Father (Workingman's Daughter)」「Henry K」「Sing Me」「My Father(試聴)」「If I Had A Friend Like Rosemary Woods」「Tocks Island」「Broken Record」「Breakin' Up Is Hard To Do(試聴)」「Candyman」「Sadness」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bulgarian Musicians, Ethel Raim, Martin Koenig(Recording) - VILLAGE MUSIC OF BULGARIA : A HARVEST, A SHEPHERED, A BRIDE

  • 民俗音楽/ブルガリアLP
 Bulgarian Musicians, Ethel Raim, Martin Koenig(Recording)- ブルガリアのミュージシャン、エセル・レイム&マーティン・ケーニッヒ(録音) - "VILLAGE MUSIC OF BULGARIA : A HARVEST, A SHEPHERED, A BRIDE"
USA / LP / Stereo / Nonesuch H72034 / Rec 1978 / Pub 1978
ジャケット擦れわずか、しみ少々、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し、インサートきれい
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■ブルガリアの民俗音楽を収録したノンサッチからの一枚。
エセル・レイムとマーティン・ケーニッヒという研究家がブルガリアとユーゴに赴き録音、ノンサッチ・レーベルの民俗音楽シリーズ"エクスプローラー"からリリースされた一枚。これはブルガリア編。ブルガリアといえばやはりあのコーラスですが、80年代以降ヒーリング・ミュージック等に取り込まれたものとは当然ながら全く違う、本当に脳の髄までヴァイブレーションを感じるものが収録されています。そのコーラス曲を中心に、アイルランドのイリアン・パイプのようなカバ・ガイディという楽器のインスト(+歌ものもあり)、ガドゥルカという擦弦楽器と女性のソロ・ヴォーカル曲などを収録。曲紹介、歌詞英訳のインサート。【曲】「Vetar Vee」「Triti Puti」「Ta Shto Mi E Miloj, Mamo(試聴)」「Krivo Horo」「Potajno Rada Godiya」「Zhalna Goro, Zhal Mi E Za Tebe(試聴)」「Izlel Je Delyo Hajdutin」「Dimitro, Sino Dimitro」「Molih Ta, Majcho I Molih」「Lichkoljo Glaven Lichkoljo(試聴)」「Lisna, Goro Spushi Sa」「Svornato - Pajdushko」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Aloys Kontarsky(P, Perc), Karlheintz Stockhausen(Cel), etc. - STOCKHAUSEN : KONTAKTE / REFRAIN

  • クラシックLP
 Aloys Kontarsky(P, Perc), Karlheintz Stockhausen(Cel), etc.- アロイス・コンタルスキー(ピアノ、打楽器)、カールハインツ・シュトックハウゼン(チェレスタ)、etc. - "STOCKHAUSEN : KONTAKTE / REFRAIN"
Japan / LP / Stereo / Columbia OW7574VX / Rec 1970s? / Pub 1975
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■60年頃の代表作二作を収録した一枚。
ベルクらが音楽のルールの幅を広げたならば、作曲の行為の幅をひろげ、作曲方法自体が作品というような音楽を作ってきたシュトックハウゼン(1928-2007)の二作を収録。日本コロンビアが現代音楽の歴史的名盤をシリーズで出したものの中の一枚。A面は、電子音楽第一号作曲家の彼の代表作で、電子音と生楽器演奏の接触をテーマにした「コンタクテ」。B面は、ジョン・ケージの偶然性の音楽を彼流に編んだ「ルフラン」。書かれた音符が可動式になるようなからくり楽譜を作り、それを見て演奏するという決まったかたちを持たない曲。時代によって移り変わる彼の音楽テーマの中でも特に重要な、瞬間瞬間のつながりを大切にする"モメンテ"のはしりの曲だそう。アロイス・コンタルスキー(ピアノ、打楽器)らと彼自身の演奏。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Josef Suk(VLN), Zdenek Kozina(P), Chamber Harmony, Prague, etc. - ALBAN BERG : CONCERTO FOR VIOLIN / CHAMBER CONCERTO FOR PIANO, VIOLIN AND 13 WIND

  • クラシックLP
Josef Suk(VLN), Zdenek Kozina(P), Chamber Harmony, Prague, etc.- ヨセフ・スーク(ヴァイオリン)、ズデニェック・コジナ(ピアノ)、プラハ室内アンサンブル、etc. - "ALBAN BERG : CONCERTO FOR VIOLIN / CHAMBER CONCERTO FOR PIANO, VIOLIN AND 13 WIND"
Japan / LP / Stereo / Columbia OW7610S / Rec 1970s / Pub 1975
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■ベルクの協奏曲二作を収録した一枚。
パズルのように音を組み合わせることで、音楽のルールを大きく広げ新しい響きを生んだウィーンの三人組の一人、ベルク(1885-1935)。日本コロンビアが現代音楽の歴史的名盤をシリーズで出したものの中の一枚で、ベルクの協奏曲二作を収録。A面は、彼が可愛がっていた少女の死へのレクイエムとして作られた作で、ベルクの遺作ともなった2楽章の『ヴァイオリン協奏曲』(1935)。B面は師匠のシェーンベルクの誕生日プレゼントとして作られた、2楽章からなる『ピアノ、ヴァイオリン、13管楽器のための室内協奏曲』。師匠、ベルク、そして三人組のウェーベルンの名前の文字を音符にあてはめて作られた曲だそう。演奏はヨセフ・スーク(VLN)などチェコのミュージシャン。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2021年4月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
2021年5月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
店舗営業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
店舗営業日 日曜・月曜 PM3:00-PM8:00
古物商 東京都公安委員会 第303261906488号

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2021 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.