(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: 60s)

King Solomon - NON SUPPORT BLUES

  • ブルースLP
 King Solomon- キング・ソロモン - "NON SUPPORT BLUES"
Holland / LP / Mono / Diving Duck DD4303 / Rec 1950s, 1960s / Pub ?
ジャケット表裏擦れわずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■ウエストコーストのブルースマン、キング・ソロモンの編集盤。
ルイジアナ生まれでウエストコーストに渡り、50年代から60年代にかけて活躍したブルース・シンガー&ピアニスト、キング・ソロモンのシングル集。粗目のギター・ワークにワイルドなシャウトでズバズバ歌う全16曲。ロックンロール系のバッキングのものもカッコイイ。【曲】「Non Support Blues Pt. 1(試聴)」「Separation(試聴)」「Little Dab Will Do It」「Scratch My Back」「Please Mr.President」「S.K. Blues」「Big Things」「You Ain't Nothing But A Teenager」「Non Support Blues Pt. 2」「Separation」「Yodeling This Morning」「I Want To Know」「Mr. Bad Luck」「New Figure」「The Miracle Worker(試聴)」「I Got To Move」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Dick Rosmini - A GENUINE ROSMINI

  • ロックLP
 Dick Rosmini- ディック・ロズミニ - "A GENUINE ROSMINI"
USA / LP / Stereo / Imperial LP12440 / Rec 1969 / Pub 1969
ジャケット表裏円状の擦れ、裏ジャケットにプロモスタンプ、レーベルひげ無し、盤擦れ極わずか
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■ギタリスト、ディック・ロズミニのセカンド・アルバム。ヴァン・ダイク・パークス他参加。
新しい流れのギター音楽のパイオニアの一人で、60年代以降はセッション・ギタリストとして多くの名盤に参加してきたギタリスト、ディック・ロズミニのセカンド・アルバム。自作曲に加え、60年代当時のヒット・ナンバーをバンド編成で演奏。エレキもアコギも透明な音色が印象的。一曲歌入り。ヴァン・ダイク・パークス(ピアノ、etc.)、ラリー・ネクテル(オルガン)、ジェリー・シェフ(ベース)、ジム・ゴードン(ドラム)らのサポート。【曲】「Paradise Thursday(試聴)」「The Fool On The Hill」「Did You Ever Have To Make Up Your Mind」「Licks For Sale(試聴)」「Trains And Boats And Planes」「El Funko(試聴)」「Let's Go Get Stoned」「The Duchess」「People Got To Be Free」「With A Little Help From My Friends」「I Heard It Through The Grapevine」「Wichita Lineman(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Dick Rosmini - ADVENTURES FOR 12 STRING, 6 STRING AND BANJO

  • ブルースLP
 Dick Rosmini- ディック・ロズミニ - "ADVENTURES FOR 12 STRING, 6 STRING AND BANJO"
USA / LP / Mono / Elektra EKL245 / Rec 1964 / Pub 1964
コーティング・ジャケット円状の擦れ少々、裏ジャケットにスタンプ、プロモーション・レーベルひげ少々、盤浅い擦れ、極表層のスクラッチわずか、カンパニー・スリーブ
Jacket 3.5 / Disc 3.5~4 / Sound 4  2980 yen
■アメリカン・ギタリスト、ディック・ロズミニのファースト・アルバム。名盤。
表現の幅という点ではジョン・フェイヒーに及ばないのかもしれませんが、レオ・コッケ、ロビー・バショー等につながる新しいギター音楽を彼らに先んじてやっていた稀代のギタリスト、ディック・ロズミニ。宝石店ティファニー専属のカメラマンでもあったんだったんだそう。ギター、12弦、uバンジョー(二曲のみ)を時に多重録音も使い、薄いリズム・セクションをバックに黙々と弾いた一枚。トラディショナルを中心に自作曲、即興曲も収録。デイヴィー・グラハムが好きな人にもお薦め。オリジナル・レーベル、モノ。【曲】「Little Brown Dog」「900 Miles To Go」「Casey」「Joshua」「Shady Grove」「Improvisation For 12-String」「St. James Rag(試聴)」「Macedonian Rag」「John Hardy」「Two Shady Ladies In 3/4 Time」「Jell Roll」「Picker's Medley」「Goin' Baroque」「Sweet Substitute (Jelly Roll Morton)」「Freight Train(試聴)」「Sadie」「Minstrel Boy(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Teppo Mitsusaburo - KAWACHI ONDO : MINYO TEPPO BUSHI DAI 2 SHU

  • 日本の音楽LP
 Teppo Mitsusaburo- 鉄砲光三郎 - "KAWACHI ONDO : MINYO TEPPO BUSHI DAI 2 SHU"
Japan / LP / Stereo / Teichiku NL2012 / Rec 1960s / Pub 1960s
コーティングの折り返しジャケット擦れ極わずか、下部中央に縁裂け、レーベルひげ少々、盤浅い擦れ少々
Jacket 3~3.5 / Disc 3.5 / Sound 4  1980 yen
■河内音頭鉄砲節の名人、鉄砲光三郎。
まずおどろくのはジャケット。これの内側、全く関係ないレコードのジャケットの端をカットし、その上にベロがあるプリント済みの厚紙袋で包んだという....もちろんきちんとした盤です。河内音頭にジャズ、ラテンなど洋楽や浪花節の要素を混ぜた"鉄砲節"を作り60年代以降人気となった鉄砲光三郎の、テイチクからのセカンド・アルバム。三味線、ギター、エレベ、ピアノ、太鼓の、腰の据わった即興混じりの演奏になんとも気持ちよく唄う全4曲。【曲】「男の魂(吉良の仁吉)(試聴)」「千田川(試聴)」「恋の坂崎出羽守(試聴)」「恋のよさこい節」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Waldir Azevedo - OS GRANDES SUCESSOS DE WALDIR AZEVEDO

  • ブラジルの音楽LP
 Waldir Azevedo- ヴァルジール・アゼヴェド - "OS GRANDES SUCESSOS DE WALDIR AZEVEDO"
Brazil / LP / Stereo / Fenix 31C034422401 / Rec 1968 / Pub 1938
ジャケット表裏円状の擦れ少々、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3800 yen
■ブラジルを代表するカバキーニョ奏者ヴァルジール・アゼヴェドのソロ・アルバム。
ずば抜けたテクニック、「Brasileirinho」など多くのクラシックを生んだ作曲家としての才能で、ショーロの世界では最も成功したカバキーニョ奏者、ヴァルジール・アゼヴェド。これは68年のソロ・アルバムで、彼の代表的なオリジナル曲を中心にした12曲。まぶしいカバキーニョを中心にした弦楽器のアンサンブルに数本の管を入れたシンプルな編成で、ひたすら天国的な演奏を披露。【曲】「Brasileirinho」「Corinho Antigo(試聴)」「Eu Sonhei Que Tu Estavas Tao Linda(試聴)」「Lamento」「Nequele Tempo」「Guacyra」「Pedacinho Do Ceu」「Atrevido」「Ave Maria」「Baiao Cacula(試聴)」「Arismo De Rosas」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

People Of West Africa - FOLK MUSIC OF WEST AFRICA 1-4 SET

  • 民俗音楽/西アフリカ45rpm EP
 People Of West Africa- 西アフリカの人々 - "FOLK MUSIC OF WEST AFRICA 1-4 SET"
Japan / 45rpm EP / Mono / Columbia EX30-34CM / Rec 1950s, 1960s / Pub 1970
ジャケット4枚ともに裏面擦れ少々、内側全てきれい、レーベル4枚ともにひげ少々、盤4枚ともに極浅い擦れ少々
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  4500 yen
■日本コロンビアからの西アフリカ民俗音楽EP集。
おそらく60年代後半~70年ごろにかけて、日本コロンビアが、仏ル・シャン・ドゥ・モンドや米エヴェレストとライセンス契約し、それらのレーベルの美味しい現地録音民俗音楽を選りすぐり7インチ33回転でリリースしたシリーズ、"コロムビア世界民俗音楽大系"。これは西アフリカで4枚製作されたもの全てのセット。1はマリ、2はセネガル、ギニアなど4カ国、3はカメルーン、コート・ジヴォワールなど5カ国、4はオート・ヴォルタ(現在のブルキナファソ)。4枚で全36曲。音もド迫力で◎。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Roy Smeck - STRINGING ALONG

  • ギター/バンジョー/ウクレレLP
Roy Smeck- ロイ・スメック - "STRINGING ALONG"
USA / LP / Stereo / ABC - Paramount ABCS412 / Rec 1962 / Pub 1962
コーティング・ジャケット表裏擦れ少々、レーベルひげわずか、盤極表層のスクラッチ少々
Jacket 3.5 / Disc 3.5 / Sound 4  2980 yen
■"弦の魔術師"ぶりを味わえるロイ・スメックのいい一枚。
ウィザード・オブ・ストリングス(弦の魔術師)こと、ロイ・スメック。ギター、ハワイアン・ギター、ウクレレEtc.5つの弦楽器をマスター、アメリカ音楽史随一のプレイヤーになっただけでなく、それまでの自己流、口伝、ローカルな様々な弦楽器奏法を体系的にまとめたと言っても言いすぎでない人。宇宙人がしゃべっているようなスティールにのけぞる「第三の男のテーマ」、凄まじいエレキ・バンジョーの「Alexander's Ragtime Band」、ジャズ・ギターで渋く弾いた「St.louis Blues」、まるで三味線のようにフランティックなバンジョー・ブギ「Banjo Shuffle Boogie」などなど収録。【曲】「The 3rd Man Theme(試聴)」「Alexander's Ragtime Band」「Bye Bye Blackbird」「St. Louis Blues」「Don't Blame Me」「Hay Seed Rag」「Swingin' Down The Lane」「Banjo Shuffle Boogie(試聴)」「Tea For Two」「Carioca(試聴)」「Mam'selle」「For Me And My Gal」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Carl Orff And Gunild Keetman - MUSICA POETICA : ORFF-SCHULWERK 10

  • クラシックLP
 Carl Orff And Gunild Keetman- カール・オルフ&グニルト・ケートマン - "MUSICA POETICA : ORFF-SCHULWERK 10"
Germany / LP / Stereo / Harmonia Mundi HM30659 / Rec 1964 / Pub 1964
ジャケット表裏円状の擦れ、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れ少々、ブックレット上部端にインクのしみのような小よごれ
Jacket 3~3.5 / Disc 3.5 / Sound 3.5  2980 yen
■カール・オルフ(1895-1982)の『Musica Poetica』の64年エディション、第10集。
正直どういうものなのか、わからなくなりました....ドイツの現代音楽作曲家カール・オルフ。ドビュッシーやシェーンベルクを学んだオルフ、36年に作曲したオペラ『カルミナ・ブラーナ』が良く知られる人。さてオルフはまじめなクラシック・ファンには全く聞かれていない、しかし言葉もなくなる素晴らしい作品集をライフワークとして創作。それがこの『Musica Poetica - Schulwerk』。教え子の作曲家グニルト・ケートマンとともに30年代に作り上げた、現代音楽や民俗音楽、ヨーロッパ民謡等のエッセンスを噛み砕き、知育音楽として結晶させた、一分から三分程度の短い曲からなる膨大な作品集。これは64年、全10枚リリースされたこのシリーズのラストの10枚目。この10作目、初めて聞いたのですが、それ以前のものとは全くムードの違う、暗く物悲しい響きの曲が延々と並ぶ内容。いつものキラキラした原始的な室内楽ものもありつつ、全体的に試聴のような雰囲気の神秘的なナンバーが並びます。以前入荷したボックスセットでもこんな曲はなかったと思います。なんとも味のある版画満載の20ページ独仏英三か国語ブックレット。ステレオ。※本日のアップはこの一枚のみです

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Robert Pete Williams - FREE AGAIN

  • ブルースLP
Robert Pete Williams- ロバート・ピート・ウィリアムス - "FREE AGAIN"
USA / LP / Stereo / Prestige P7808 / Rec 1961 / Pub 1970s
ジャケット表面擦れ少々、コーナーカット、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3~3.5 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4  2980 yen
■唯一無二のカントリー・ブルース集。
脱カントリー・ブルース的でもあり、カントリー・ブルースの最もコアなところを味わえるとも言えるロバート・ピート・ウィリアムス。56年、殺人の罪を犯し終身刑で投獄されたものの、民俗音楽研究家ハリー・オスターの尽力で減刑され60年代には釈放。これはその直後61年に録音されたアルバムの70年代リイシュー。型破りなチューニングが生む暗く濁ったギター、喚き散らす歌の、誰の真似でもないカントリー・ブルース集。キャプテン・ビーフハートが強く影響を受けたことも有名。【曲】「Free Again(試聴)」「Almost Dead Blues」「Rolling Stone(試聴)」「Two Wings」「A Thousand Miles From Nowhere」「Thumbing A Ride」「I've Grown So Ugly(試聴)」「Death Blues」「Hobo Worried Blues」「Hay Cutting Song」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

James Cleveland And The Southern California Choir - TRY LOVE cw AMAZING GRACE

  • ゴスペル45rpm
 James Cleveland And The Southern California Choir- ジェームス・クリーヴランド&ザ・サザン・カリフォルニア・クワイアー - "TRY LOVE cw AMAZING GRACE"
USA / 45rpm / Mono / Savoy 4334 / Rec 1969 / Pub 1969
レーベル擦れわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket n/a / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■ゴスペル・シンガー、ジェームス・クリーヴランドの最高の一枚。
ゴスペルの王こと、ジェームス・クリーヴランドの69年のシングル。あのブルース・ピアニスト、ジョージア・トムが音楽を手がけていたシカゴの教会で歌い始め、様々な名ゴスペル・グループを渡り歩いた後自身のグループを結成。このシングルは、アネット・メイという女性シンガーとのデュエットの爽快なナンバー。裏面はアメイジング・グレイスで、今度はベティ・ホリンズという女性がメインになったゴスペル・バラード。※本日のアップはこれで終了です


By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Banks Brothers - LORD IVE TRIED PART 1 cw PART 2

  • ゴスペル45rpm
Banks Brothers- バンクス・ブラザーズ - "LORD I'VE TRIED PART 1 cw PART 2"
USA / 45rpm / Mono / Savoy 4241 / Rec 1964 / Pub 1964
レーベル擦れわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket n/a / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4  1980 yen
■ニュージャージーの名ゴスペル・グループ。
週末の教会でのゴスペル・ライブにいるような臨場感にあふれた一枚。AからBにかけて、ボーカルとバックのコーラスが徐々に熱を帯びていく様子が生々しい、ゴスペル・シンガー/コンポーザー、ジェフ・バンクスのバンクス・ブラザーズの代表作。64年。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Gary Foster - SUBCONSCIOUSLY

  • ジャズLP
 Gary Foster- ゲイリー・フォスター - "SUBCONSCIOUSLY"
USA / LP / Stereo / Revelation REV-5 / Rec 1968 / Pub 1968
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか、もとからのチリ音少々
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■西のマルチ木管奏者、ゲイリー・フォスターのファースト・アルバム。
進歩的なのか退化なのかわからなくなる未完成の面白さを前面に打ち出したレーベル、リヴェレイション。本作にも参加しているギタリスト、デニス・バディマーや、クレア・フィッシャーなど、西海岸のジャズ・マンの、まるでデモ・セッションのような肌触りの極私的なモダン・ジャズ・アルバムをリリース。これまた大大推薦の一枚。トリスターノ一派に影響を受けたマルチ木管奏者ゲイリー・フォスターの68年のアルバム。バディマーのギター、フィッシャーのピアノ等最小限のバッキングにわびしく吹くナンバーの数々。【曲】「Ornithardy(試聴)」「All Of Me」「Pensativa(試聴)」「What Is This Thing Called Love (Unaccompanied Alto Version)」「What Is This Thing Called Love (Unaccompanied Dual Tracked Alto Version)」「I'll Close My Eyes」「Liz Anne」「In Memorium: J.R.K. And R.F.K.」「Elegy」「Wistful Samba」「Peri's Scope」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2017年7月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2017年8月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.