(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: 60s)

Stefan Grossman, Aurora Bloack - HOW TO PLAY BLUES GUITAR

  • ブルースLP
 Stefan Grossman, Aurora Bloack- ステファン・グロスマン、オーロラ・ブロック - "HOW TO PLAY BLUES GUITAR"
U.K. / LP / Stereo / Xtra 1113 / Rec 1966 / Pub 1971
コーティング・ジャケット擦れ少々、右上折れ目、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか、ブックレットきれい
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■ステファン・グロスマンとロリー・ブロックの共演盤。
ブルーグースからLPも出ている女性ギタリスト、ロリー・ブロックの瑞々しく、しかもブルースを達観したようにも聞こえる共演も最高な、ステファン・グロスマンによる戦前ブルースのフィンガー・ピッキング盤傑作。これが彼のファーストです(オリジナルは66年、これは74年のキッキング・ミュール盤)。教則レコードなのに名盤というのはこれいかに。過剰な主張のない自然体の演奏がカントリー・ブルースの深遠さを現しているのですが、この味わいは聞いていただくしかありません。、床屋さんだったウイリアム・ムーアの名曲「Old Country Rock」、「Freight Train」で有名な女性ギタリスト、エリザベス・コットン、国会図書館に録音された幻の名曲「Mississippi Blues」などなど収録。これは初めて入荷した71年英盤で、10インチLPほどの解説/タブ譜ブックレット付きのエディション。【曲】「Old Country Rock(試聴)」「Future Blues」「Turn Your Money Green」「God Moves On The Water」「Monday Morning Blues」「M & O Blues」「Whistling Blues」「Candyman」「Banty Rooster」「Save Up Your Money」「Canned Heat」「Vestapol」「Brownsville Blues」「Police Dog Blues」「You Got The Pocketbook, I Got The Key」「Mississippi Blues(試聴)」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bill Blacks Combo - THAT WONDERFUL FEELING

  • ロックンロールLP
 Bill Blacks Combo- ビル・ブラックス・コンボ - "THAT WONDERFUL FEELING"
USA / LP / Mono / Hi HL12004 / Rec 1961 / Pub 1961
コーティング・ジャケット擦れ少々、下部中央小縁裂け、レーベルひげ少々、盤浅い擦れ、表層スクラッチあり、見た目あまり良くありませんが音良好
Jacket 3 / Disc 2.5 / Sound 3.5  1680 yen
■61年のアルバム。
サン時代のエルヴィスのベーシスト、ビル・ブラックが59年に始めたインスト・グループ。エルヴィスやリロイ・アンダーソンなどをカバーし、ロックンロールとイージーリスニングを掛け合わせた新境地でアルバムを連発。これは61年のアルバムで、特段に有名曲は入っていないようですが、まさしく彼ららしい一枚。コンパクトにまとまった本当気持ちいい新感覚のロッキン・インストを12曲収録。デルタ・リズム・ボーイズの「Dry Bones」のカバーもあり。【曲】「Nobody Knows (The Trouble I've Seen)(試聴)」「This Old House」「When The Saints Go Marching In」「It Is No Secret」「Swing Low Sweet Chariot」「Just A Closer Walk (With Thee)」「When The Roll Is Called Up Yonder」「He's Got The Whole World In His Hands」「Do Lord (Remember Me)」「Down By The Riverside」「Old Time Religion」「Dry Bones(試聴)」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Tony Bellus - GEMS OF TONY BELLUS

  • オールディーズ/ロックンロールLP
 Tony Bellus- トニー・ベラス - "GEMS OF TONY BELLUS"
USA / LP / Mono / Shi-Fi LP11 / Rec late50s, early60s / Pub early60s
ジャケット擦れ少々、下部中央小縁裂け、書き込みはべラスのサイン、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3~3.5 / Disc 3.5~4 / Sound 3480 yen
■オールディーズ/R&Rシンガー、トニー・ベラスのセカンド・アルバム。
59年の大ヒット"Robbin' The Cradle"で知られるオールディーズ/R&Rシンガー、トニー・ベラス。これはそれを収録した彼のセカンド・アルバム。その歌のおかげでバラード系シンガーと思ってしまいますが、実はアップビートのロックンロールも多く特にそっちがかなりカッコいい。だれも知らないシャイ・ファイというマイナー・レーベルからで、恐らく60年代初期の一枚。ジャケットの鏡の書き込みは彼のサイン。オリジナル盤。【曲】「Robbin' The Cradle」「Mary Strawberry」「Cry Broken Heart」「Any Room In Your Heart」「Give Me A Heart」「Echo Of An Old Song」「Valentine Girl」「Solo Tuo Cuore」「Fancy Free」「End Of My Love」「Hey Little Darlin'」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Herman E. Johnson - LOUISIANA COUNTRY BLUES

  • ブルースLP
 Herman E. Johnson- ハーマンEジョンソン - "LOUISIANA COUNTRY BLUES"
USA / LP / Stereo / Arhoolie 1060 / Rec 1961 / Pub 1972
ジャケット擦れ極わずか、上部取り出し口縁裂け、レーベルひげわずか、盤音に出ない表層スクラッチ少々、A3、4に小プツ音でるスクラッチ
Jacket 3~3.5 / Disc 3 / Sound 3  2680 yen
■ブルースマン、ハーマンEジョンソンのアルバム。
全世界にファンを生んだロバート・ピート・ウィリアムスを見つけ録音したことが特に有名な研究家、ハリー・オスターがこれまた尽力、そして製作された、彼の唯一のアルバム。61年に録音され、72年にリリースされたこの盤が初出。ワンストリング・ギターにも通じる独創的なギターで生々しく歌う11曲。【曲】「I Just Keeps On Wanting You」「You Don't Know My Mind」「Motherless Children」「Depression Blues(試聴)」「She's A-Looking For Me」「She Had Been Drinking(試聴)」「I'm Growing Older」「Po' Boy」「Leavin' Blues」「Piano Blues(試聴)」「Where The Mansion's Prepared For Me」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Clifton Chenier - SINGS THE BLUES

  • リズム&ブルース/ザディコLP
 Clifton Chenier- クリフトン・シェニエ - "SINGS THE BLUES"
USA / LP / Stereo / Arhoolie 1097 / Rec 1969 / Pub 1987
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■キング・オブ・ザディコ、クリフトン・シェニエの69年録音をまとめた一枚。
音楽のガラパゴス、ルイジアナ。その最たるものがケイジャン。フレンチ・カナディアン達がこの土地にたどり着いて以来守ってきた音楽なのですが、このケイジャンにR&Bの要素が加わり出来上がったのがザディコ。このアコーディオン奏者、クリフトン・シェニエは、「Bon Ton Roula」のクラレンス・ガーロウとともにザディコを世界に広めた男。このアルバムは69年4月のセッションをまとめたもので、オリジナルはホームクッキングというレーベルからのもののリイシュー。ディープで生々しいロッキン&ブルージーな一枚。アコーディオン+ウォッシュボードのインストや、グレン・ミラーの「In The Mood」をゴツイザディコにしたカバーもあり。【曲】「Ain't No Need Of Cryin' (Every Day Is The Same)」「Rosemary(試聴)」「Brown Skinned Woman」「Done Got Over」「Gone A La Maison」「Be My Chauffeur」「My Little Angel」「Paper In My Shoe(試聴)」「Blues After Hours」「Trouble In Mind」「In The Mood」「Worried Life Blues」※閉店時にもアップします

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Clifton Chenier - BON TON ROULET

  • リズム&ブルース/ザディコLP
 Clifton Chenier- クリフトン・シェニエ - "BON TON ROULET"
France / LP / Stereo / Arhoolie AR19015 / Rec 1966 / Pub 1967
ジャケット擦れ少々、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■66年のこれまた傑作アルバム。
モダン・ザディコの大パイオニア、シニエ(アコーディオン)がスペシャルティ後66年に録音した、当時のファンキー・ブルースやR&B、R&Rを独断な解釈で豪快にミックスした彼のこれまた傑作アーフーリー盤。30年代ピアノ・ブルース界のスキップ・ジェイムス、ジョー・プラムの「Black Gal」カバー、スリム・ハーポ「Baby Scratch My Back」のザディコVer、ほとんどニューオリンズR&Bな「Ay,ai,ai」等強力な内容。フランス盤。【曲】「Bon Ton Roulet」「Frog Legs(試聴)」「If I Ever Get Lucky」「Black Gal」「Long Toes」「Baby Please Don't Go」「Ma Negresse」「Sweet Little Doll」「Jole Blonde」「Ay Ai Ai(試聴)」「Can't Stop Lovin' You」「Keep On Scratching」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Mississippi John Hurt - TODAY

  • ブルースLP
Mississippi John Hurt- ミシシッピ・ジョン・ハート - "TODAY"
USA / LP / Stereo / Vanguard VSD-79220 / Rec 1966 / Pub 1987
ジャケット円状の擦れ、裏面しみ、レーベルひげ少々、盤表層スクラッチ、試聴のようなチリ音あり
Jacket 3~3.5 / Disc 3 / Sound 3  2480 yen
■66年のアルバム。
農業の傍ら歌っていたジョン・ハート、同じミシシッピでもデルタを反面教師にしたような、他のブルースマンと接触が無かったようなスタイル。達観したような歌、シンプルに聞こえながら実際相当のテクを要するギター、外に向かって唄うのと同時に自分を充電しているような感じもあり。30年以上のブランクを経て60年代に再デビュー、66年に亡くなるまでいいLPを数枚録音。代表曲「Candy Man」「Spike Driver Blues」はじめ12曲収録した66年のアルバム。【曲】「Pay Day」「I'm Satisfied」「Candy Man(試聴)」「Make Me A Pallet On The Floor」「Talking Casey」「Corinna, Corinna」「Coffee Blues」「Louis Collins」「Hot Time In The Old Town Tonight」「If You Don't Want Me Baby」「Spike Driver's Blues(試聴)」「Beulah Land」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Rockets Combo, Ray Sanders, Mike Lawing, etc. - THE BIG ITCH VOLUME 4

  • ガレージ/ロックンロールLP
 Rockets Combo, Ray Sanders, Mike Lawing, etc.- ロケッツ・コンボ、レイ・サンダース、マイク・ローウィング、etc. - "THE BIG ITCH VOLUME 4"
USA / LP / Mono / Mr Manicotti MM343 / Rec 1950s, 60s / Pub 1980s
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  1980 yen
■モンド・ガレージの宝庫ビッグ・イッチの4枚目。
アメリカにはこんなクレイジーなロックンロールがあると教えてくれた名編集盤シリーズ"Big Itch"の4枚目。グニャグニャのオルガンとエレキが決まったレイ・サンダース、人を食ったようなロックンロールにチンパンジーネタの歌がはまったマイク・ローウィング、もろにジャングル・エキゾティカなエイプ・カルテットの「Tarzan」、中でも異色な、ダークなスロー・ハチロクのプレザント・バレー・チューン・ジャマーズなどなど目がまん丸くなるナンバーばかり。【曲】「Rockets Combo / Topless A Go Go」「Ray Sanders And Friend / Karate」「Mike Lawing / Chimpanzee Ride」「Starfires / Tell Me Baby(試聴)」「Del Cades / World's Fair U.S.A.」「Ape Quartet / Tarzan」「Crewnecks / Rockin' Zombie」「Randy Proffitt & The Beachcombers / Check That Baby Out One Time」「Cavemen / Bowling Alley Oop」「Screamin' Lord Jim & The Piccadilly Squares / What's A Wooly Bully」「Pleasant Valley Tune Jammers / Ugly」「Spinners / Surfin' Monkey」「Danny Roland / Shockwave」「Tom Reeves / Primitive Love」「Playboys / Mope De Mope」「Surfsiders / When I Grow Up」「Marty Roberts & His Nightriders / Baby(試聴)」「Rolls Royce & The Wheels / Topless」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Ephram Carter, Willard Artis Blind Pete Burrell, Babe Stovall, etc. - SORROW COME PASS ME AROUND : A SURVEY OF RURAL BLACK RELIGIOUS MUSIC

  • ゴスペル/ブルースLP
 Ephram Carter, Willard Artis Blind Pete Burrell, Babe Stovall, etc.- エフラム・カーター、ウィラード・アーティス・ブラインド・ピート・バレル、ベイブ・ストーヴァル、etc. - "SORROW COME PASS ME AROUND : A SURVEY OF RURAL BLACK RELIGIOUS MUSIC"
USA / LP / Stereo / Advent 2805 / Rec 1966 to 1973 / Pub 1975
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげわずか、盤浅い擦れわずか、ブックレットきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  6500 yen
■ゴスペル、スピリチュアルとカントリー・ブルースが結びついた音源を収録した一枚。
70年代初頭、ブルース研究家デイヴィド・エヴァンスが始めたレーベルで、リイシュー等ではなく当時の生の黒人フォーク・ミュージックを録音したアドヴェント・レコード。これはゴスペル、スピリチュアルとカントリー・ブルースが結びついた音源を収録した一枚。ギター弾き語りを中心に、ギター伴奏合唱もの、伝統的な笛とドラムのバンドなどなど収録、どれもおのおのの個性がいい音でクローズアップされ一曲ごとに世界が変わります。音源は66年から73年。ちなみにレヴァランド・ルービン・レイシーとはあのRube Laceyで、録音はエヴァンスとジョン・フェイヒー、そしてキャンド・ヒートのアル・ウィルソン。歌詞、詳細解説、写真付きのブックレット。 【曲】「Ephram Carter And His Fife & Drum Band / Sorrow, Come Pass Me Around」「Willard Artis "Blind Pete" Burrell / Do Remember Me」「Babe Stovall / The Ship Is At The Landing」「Annie Lee And Oscar Crawford With Annie Mae Jones / You Don't Know What The Lord Has Done For Me」「Reverend Rubin Lacy / Talk About A Child That Do Love Jesus」「Robert "Nighthawk" Johnson / Can't No Grave Hold My Body Down」「Dorothy Lee, etc. / You Got To Give An Account」「Katie Mae Young / By The Grace Of My Lord, I've Come A Long Way」「Eddie Lee "Mustright" Jones / My Sun Don't Never Go Down」「Robert "Nighthawk" Johnson / Climbing High Mountains」「Chester Davis And Congregation / Glory, Glory Hallelujah」「Compton Jones And Group / Glory, Glory Hallelujah」「Willard Artis "Blind Pete" Burrell / A Little Talk With Jesus Makes It Right」「Pattie Rosemon With Frank And Odie Rosemon / I Heard The Voice Of Jesus Say」「Babe Stovall / When The Circle Be Unbroken」「Napoleon Strickland / Motherless Children」「Willard Artis "Blind Pete" Burrell / I Shall Not Be Moved」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Illusions, Escorts, Four Directions, etc. - THE BEST OF CORAL DOO WOPP VOLUME 1

  • ドゥワップLP
 Illusions, Escorts, Four Directions, etc.- イリュージョンズ、エスコーツ、フォー・ディレクションズ、etc. - "THE BEST OF CORAL DOO WOPP VOLUME 1"
USA / LP / Mono / Coral 1000 / Rec early60s / Pub ?
コーティング・ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■コーラル・レコードのドゥワップ集。
一部を除いてあまり若者向けというイメージの無いコーラル・レコードですが、シングル単位だと素晴らしいオールディーズ/ロックンロール多いです。これはコーラルのホワイト・ドゥワップを集めた一枚。ロックンロール×ドゥワップ・コーラスのベイ・バップス、ドゥワップ黄金アレンジにハイトーンのリード・ボーカルがいいエクスプローラーズ、若々しいアップテンポ・ドゥワップでメロディも練られたエスコーツなどなど、10グループ16曲収録。かなり分厚い赤盤。【曲】「Bay Bops / To The Party」「My Darling My Sweet」「Andy Rose / Don't Ask Me To Be Lonely」「Chateaus / Honest I Will (My Pledge To You)」「Exotics / That's My Desire」「Darling I Want To Get Married」「Explorers / Don't Be A Fool(試聴)」「In The Wee Small Hours Of The Morning」「Four Directions / Tonight We Love」「Escorts / Guadeamus」「Crests / You Blew Out The Candles」「Andy Rose / Crazy For You」「Illusions / The Letter」「Escorts / Gloria(試聴)」「Seven Wonders Of The World」「Demensions / Just A Shoulder To Cry On」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Warren Phillips And The Rockets - ROCKED OUT

  • ロックンロール/ロカビリーLP
 Warren Phillips And The Rockets- ウォーレン・フィリップス&ザ・ロケッツ - "ROCKED OUT"
USA / LP / Stereo / Parrot PAS71044 / Rec 1969 / Pub 1969
ジャケット円状の擦れ、下部中央と上部(全部)縁裂け、表裏書き込み、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れ少々
Jacket 2 / Disc 4 / Sound 1680 yen
■サヴォイ・ブラウン・ブルース・バンドの面々によるロカビリー集。
英のブルース・ロック・バンド、サヴォイ・ブラウンの面々(リーダーのキム・シモンズは入っていません)が、全曲ロカビリー/50sクラシックのカバーでまとめたうれしい一枚。必殺のショート・エコーにイギリスらしいドッシリしたサウンド、勢いまみれた全12曲。米盤オリジナル。【曲】「Matchbox(試聴)」「Linda Lou」「Blue Jean Boogie」「Sweet Little Lucy」「Keep A-Knockin'」「Blue Suede Shoes」「Mean Woman Blues」「Money Honey(試聴)」「Whole Lotta Shakin' Goin' On」「Be-Bop-A-Lula」「Honey Don't」「Shake, Rattle And Roll」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Stefan Grossman, Aurora Bloack - HOW TO PLAY BLUES GUITAR

  • ブルースLP
 Stefan Grossman, Aurora Bloack- ステファン・グロスマン、オーロラ・ブロック - "HOW TO PLAY BLUES GUITAR"
U.K. / LP / Stereo / Kicking Mule SNKF-150 / Rec 1966 / Pub 1968
ジャケット擦れわずか、左下に小はがれ、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■ステファン・グロスマンとロリー・ブロックの共演盤。
ブルーグースからLPも出ている女性ギタリスト、ロリー・ブロックの瑞々しく、しかもブルースを達観したようにも聞こえる共演も最高な、ステファン・グロスマンによる戦前ブルースのフィンガー・ピッキング盤傑作。これが彼のファーストです(オリジナルは66年、これは68年のキッキング・ミュール盤)。教則レコードなのに名盤というのはこれいかに。過剰な主張のない自然体の演奏がカントリー・ブルースの深遠さを現しているのですが、この味わいは聞いていただくしかありません。、床屋さんだったウイリアム・ムーアの名曲「Old Country Rock」、「Freight Train」で有名な女性ギタリスト、エリザベス・コットン、国会図書館に録音された幻の名曲「Mississippi Blues」などなど収録。この英盤はブックレットは最初から付いておらず別売りでした。【曲】「Old Country Rock」「Future Blues」「Turn Your Money Green(試聴)」「God Moves On The Water」「Monday Morning Blues」「M & O Blues」「Whistling Blues」「Candyman」「Banty Rooster」「Save Up Your Money」「Canned Heat(試聴)」「Vestapol」「Brownsville Blues」「Police Dog Blues」「You Got The Pocketbook, I Got The Key」「Mississippi Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2019年6月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
2019年7月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.