(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: 50s, Page 2)

Johnny Cash - COUNTRY GOLD

  • ロカビリー/カントリーLP
 Johnny Cash- ジョニー・キャッシュ - "COUNTRY GOLD"
USA / LP / Stereo / Power Pak 246 / Rec 1950s / Pub 1974
ジャケット擦れわずか、ジャケット下部中央小縁裂け、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■ジョニー・キャッシュのサン時代の編集盤。これかなりいいです。
70年代にカントリー、ジャズ、ロカビリーの怪しげな編集盤を出していた、多分キング・レコード系列と思いますが、パワー・パックというレーベルからの一枚。キャッシュのサン時代ですから中身は説明不要、ですがジャケットといい、50年代フォークウェイズのような時代に反したロウな音といい、この盤ムチャクチャいい、愛せる盤です。【曲】「Cry Cry Cry(試聴)」「Katy Too」「Next In Line」「Sugartime」「I Forgot To Remember To Forget」「Two Timin’ Woman」「Always Alone」「Country Boy」「I Couldn’t Keep From Crying(試聴)」「Remember Me」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Walden String Quartet - ELLIOTT CARTER : STRING QUARTET

  • クラシックLP
Walden String Quartet- ウォールデン・ストリング・カルテット - "ELLIOTT CARTER : STRING QUARTET"
USA / LP / Mono / Columbia CML5104 / Rec 1956 / Pub 1960s
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■コロンビア現代音楽の名盤リイシュー・シリーズ。
20世紀アメリカの作曲家のエリオット・カーター(1908-2012)。カーター一家は、チャールズ・アイヴズの保険会社の顧客で、その縁でアイヴズに作品を認められ、アイヴズに大学の推薦状を書いてもらったのだそう。当然アイヴズに深く影響を受け、さらに新しい音楽理論を打ち立てアメリカ音楽に大きな一ページを刻みました。これは初の弦楽四重奏で、メトリック・モジュレーションという、ちょっと聞くとポリリズムのようにも聞こえるが全然違う、時間の流れを操るようなリズムのトリックが使われた彼の室内楽の重要作。演奏はこの作をささげられ初演もしたウォールデン・ストリング・カルテット。オリジナルは56年、これは60年代盤。試聴は第二、三楽章。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Vincent And Dorothea Persichetti, Vincent J. Abato, Paul Creston - CONCERTO FOR PIANO / SONATA FOR SAXOPHONE AND PIANO

  • クラシックLP
Vincent And Dorothea Persichetti, Vincent J. Abato, Paul Creston- ヴィンセント&ドロシア・パーシケッティ(ピアノ)、ヴィンセントJアバート(サックス)、ポール・クレストン(ピアノ) - "CONCERTO FOR PIANO / SONATA FOR SAXOPHONE AND PIANO"
USA / LP / Mono / Columbia CML4989 / Rec 1955 / Pub 1970s
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■コロンビア現代音楽の名盤リイシュー・シリーズ。
A面はフィリップ・グラスのお師匠でもあった作曲家/ピアニスト、ヴィンセント・パーシケッティのピアノ連弾曲『Concerto For Piano - Four Hands』。妻のドロシアと自ら演奏した一作。四角いリズムと不協和音が織りなす強靭な演奏で、Morton Gould"Boogie Woogie Etude"の世界を何倍にも広げたような感じもあり。裏面は、マルセル・ミュールも愛したサックス室内楽でも知られるポール・クレストンの『Sonata For Saxophone And Piano』。ピアノはクレストンで、ジャズ風のハーモニーを交えて勢いよく進む第一楽章、寂しく美しいムード・ミュージックのようなスローの第二楽章、超アップテンポの変拍子で目まぐるしく進行する第三楽章。サックスは黄金期のグレン・ミラー楽団とクロード・ソーンヒル楽団のメンバーだったヴィンセントJアバート。オリジナルは55年、これは70年代盤。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Morton Gould - THE SERIOUS GERSWHIN

  • クラシック/ジャズLP
 Morton Gould- モートン・グールド - "THE SERIOUS GERSWHIN"
USA / LP / Mono / RCA Victor LM6033 / Rec 1955 / Pub late50s
ボックス擦れ少々、背部がきれていて蓋と箱のような状態になっています、レーベル二枚ともひげ無し、盤二枚とも擦れほぼ無し、ブックレットしみ少々、二枚ともパラフィンのスリーブ付きです
Jacket 3 / Disc 4 / Sound 4  3800 yen
■モートン・グールドが本気でピアノを弾いたジョージ・ガーシュイン集。
聴く人を夢遊病のようにしてしまう、蜜も毒もある魔法使いのような音楽家モートン・グールド。クラシックではなく、またジャズでもなく、ムードともイージーリスニングというのもしっくりこないあの世感を生み出し続けた音楽家。これは、編曲や指揮で多くのムード・ミュージック名盤を作ったグールドが、オーケストラのみならず普段あまり披露しないソロ・ピアニストとしても腕前を発揮、ジョージ・ガーシュウィンのクラシック的ナンバーを演奏した2LPボックスセット。24ページの大判ブックレット。【曲】「Rhapsody In Blue」「Preludes For Piano(試聴)」「Concerto In F For Piano And Orchestra」「An American In Paris」「Porgy And Bess(試聴)」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Johnny Carroll, Mac Curtis, Leretta French, etc. - THE ACETATE SESSIONS

  • ロカビリーLP
 Johnny Carroll, Mac Curtis, Leretta French, etc.- ジョニー・キャロル、マック・カーティス、ロレッタ・フレンチ、etc. - "THE ACETATE SESSIONS"
Holland / LP / Mono / White Label WLP8896 / Rec 1950s / Pub 1985
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2680 yen
■50sロカビリアンのアセテート盤を集めたというスペシャルな一枚。ここでしか聞けない人が最高。
演奏を録音したテープが初めて円盤上に刻まれるアセテート盤。そこからスタンパーを作りペッタンペッタンとレコードをプレスするのですが、アセテートの段階でボツにされるものも多く、マニアには秘蔵音源として珍重されています。これは50年代の有名ロカビリアンを中心にレコードがプレスされなかったアセテート音源を集めた一枚。ジョニー・キャロル、ソニー・バージェス、マック・カーティス等のロカ・フリーク垂涎の音源から、ここに収録された1、2曲のアセテートしか無いのにロカ・マニアの憧れとなった二人のガール・ロカビリアン、ロレッタ・フレンチとジェニー・アクワイア―、弦を切る勢いでピッキングする強烈なギターのダグ&ダビーというインスト・コンボなどなど、知られざるロッカーの音源が特にいいです。【曲】「Johnny Carroll / Whisky River」「Johnny Carroll / You Two Timed Me Two Times Too Often」「Johnny Carroll / You Made Me Love You」「Mac Curtis / What'll I Do」「Loretta French / Mean Mean Daddy」「Loretta French / He's Just Aggravatin' Me」「Doug & Dubby / Skinner Blues(試聴)」「Sonny Burgess / Hootchy Kootchy」「Sonny Burgess / Hanging Round My Gal」「Jim Aguirre / Oh, Look At That Baby」「Jenny Aguirre / Satellite(試聴)」「Jim Aguirre / Wildcat Daddy」「Jimmy & Johnny / Nobody Knows Where I Go」「Sonny Burgess / I've Nothing But Love」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

G.L. Crockett, Rusty York, Jet Tones, etc. - CHESS ROCKABILLIES

  • ロックンロール/ロカビリーLP
 G.L. Crockett, Rusty York, Jet Tones, etc.- G.L.クロケット、ラスティ・ヨーク、ジェット・トーンズ、etc. - "CHESS ROCKABILLIES"
U.K. / LP / Mono / Chess 9124213 / Rec 1950s / Pub 1978
ジャケット擦れ少々、レーベルひげ少々、盤極浅い擦れ少々
Jacket 3.5 / Disc 3.5~4 / Sound 2680 yen
■チェス・レコードの50年代ロカビリー集。
ブルース、R&Bの殿堂チェス、そして系列のチェッカー、アーゴのロカビリー集。大御所らしい大御所はデイル・ホーキンスの一曲のみで、ネームバリュー問わずロカ的名演を選りすぐった一枚。チェスらしくR&BのGLクロケットのR&R(アルバム全体的にかなり黒いです)や、マドックス・ブラザーズの遺伝子を持ったジェット・トーンズの勢い満点のロカ・インスト、ホンカー風のほんとにウマイサックスが入ったワイルド・ロカのデル・セインツ、レオン・ラッセルが59年に録音しお蔵入りになっていたレア曲などなど、ただのレーベル別寄せ集めではなくて、一曲一曲ずっしりくる個性派ぞろいばかり。全20曲収録。試聴はJimmy Lee And Wayne Walker"Love Me"とDale Hawkins"Love Bug"。チェス・オフィシャルの英盤、音もいいです。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Ambassadors, Charmers, Gaytunes, etc. - THE GOLDEN GROUPS - THE BEST OF TIMELY RECORDS AND LUNA RECORDS

  • ドゥワップLP
 Ambassadors, Charmers, Gaytunes, etc.- アンバサダーズ、チャーマーズ、ゲイチューンズ - "THE GOLDEN GROUPS - THE BEST OF TIMELY RECORDS AND LUNA RECORDS"
USA / LP / Mono / Relic 5071 / Rec early50s / Pub 1987
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■絶品。タイムリーというマイナー・レーベルのドゥワップ集。
絶品。タイムリーという53~4年のわずかな間だけ存在したNYのマイナー・レーベルのドゥワップ集。アポロ・レコードを作ったハーマン・シーゲルという人が新たに独立して作ったレーベルで、10枚ほどのシングルを作っただけ、その中のドゥワップだけを集めた一枚で、黄金期のNYドゥワップの真髄を味わえます。このレーベルのグループが少し後に録音したルナというレーベルのものもわずか収録。試聴のような、こんなレベルのメロウ続出、しかもラテンを入れた数曲、スウィンギンな数曲もギョッとするほどいい。歌う人の口が見えるような生々しいいい音も最高。【曲】「Ambassadors / Darling, I'm Sorry(試聴)」「Charmers / I Was Wrong(試聴)」「Gaytunes / Why-y-y Leave Me This Way-ay-ay」「Ambassadors / Calling For Love (Unreleased)」「Crystals / Squeeze Me Baby」「Charmers / Mambo」「Gaytunes / I'll Always Love You (Acappella Audition Incomplete)」「I Want You To Love Me Too (Acappella)」「Crystals / Come To Me Darling」「Charmers / Battle Axe」「Ambassadors / Darling I'm Sorry (Alternate Take)」「Willa Bea」「Gaytunes / Thrill Of Romance」「Ambassadors / Moanin' (Unreleased)」「Charmers / Church On The Hill」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Ann Mason Stockton - NOSTALGIQUE

  • クラシックLP
 Ann Mason Stockton- アン・メイソン・ストックトン - "NOSTALGIQUE"
USA / LP / Mono / Avant AV1017 / Rec 1950s / Pub 1970s
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■ハープ奏者アン・メイソン・ストックトンがラヴェル等のハープ曲を三作弾いた一枚。
『風と共に去りぬ』を始め、多くの映画でハープを弾いたハリウッドのハープ奏者アン・メイソン・ストックトンの一枚。ハープ室内楽の歴史的名作のラヴェル『Introduction And Allegro(試聴)』、コロラドの作曲家ハール・マクドナルド(1899-1955)の軽音楽的親しみやすさ満点の『Suite From Childhood』、友人のドビュッシーの作の編曲でも知られるフランスのアンドレ・カプレ(1878-1925)が、ポーの恐怖小説を題材に作ったハープと弦楽オーケストラの『Conte Fantastique(試聴)』の三作を収録。やはりラヴェルがすごくいいです。強引に別世界に連れていくのではなくて、引き込まれているのにはっと気づくというような。恐らくですが50年代に彼女が録音していたものを70年代にアヴァンというマイナー・レーベルがまとめた一枚。オーケストラはハリウッドの名楽団で、ムード・ミュージック名作数多いフェリックス・スラットキン楽団。※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bob Luce And The Stardusters, Tunesmiths, etc. - ULTRA RARE HILLBILLY BOOGIE VOLUME 1

  • カントリーCDetc
 Bob Luce And The Stardusters, Tunesmiths, etc.- ボブ・ルース&ザ・スターダスターズ、チューンスミスズ、etc. - "ULTRA RARE HILLBILLY BOOGIE VOLUME 1"
Holland / Double D / CDetc / Mono CCD1156520 / Rec 1940s, 50s / Pub 1995
ケース擦れ少々、インサートきれい、盤面擦れ無し
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  1980 yen
■オランダのダブルDレーベルが出したヒルビリー・ブギ、ロッキン・カントリーの編集盤CD。
90年代に"Ultra Rare"を冠にした、ロカビリー等数種類のコンピ・シリーズを十数枚出したオランダのダブルDレーベルから、ヒルビリー・ブギ編の、二枚あるうちの一巻目。この辺の本気のマニアしか選ばないようなビクターの大スター、エディ・アーノルドの知られざるナンバー、女ロックンローラー第一号ローズ・マドックスのバッピン・ヒルビリー、あのレフティ・フリゼルのロカ前夜のロッキン・チューンetcビッグネームの美味しいところも抑えつつ、半分ほどはまるで知らない人たち。ブギウギ・ビート限定というわけではなくて、ロカビリーに通じる気持ちよく聞けるロッキン・カントリーを分け隔てなく30曲収録。ヘヴィな曲は一曲も無くて全編試聴のような軽い感じが◎。このレーベルのCD聞いたの初めてですが多分他のもめちゃ良いと思います。※本日のアップはこの二枚です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Alvis Wayne - SWING BOP BOOGIE

  • ロカビリーLP
 Alvis Wayne- アルヴィス・ウエイン - "SWING BOP BOOGIE"
USA / LP / Mono / Westport PBLP001 / Rec 1950s to 1970s? / Pub 1994
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3680 yen
■ロカビリアン、アルヴィス・ウエインの50年代音源を中心に作られた彼の初LP。最高の内容。
こちらもぜひ聞いてください)37年テキサス生まれ、当然のようにカントリーに出会いバンドを結成、演奏を始めるもロカビリーの世界へ、そしてカンザスのマイナー・ウエストポートに56~58年の間数枚のシングルを録音。それからだいぶ経った後、アメリカン50sの求道者ロニー・ワイザーと出会い、彼の70sDIYロカ・レーベル、ローリン・ロックに録音。ちなみにそのローリン・ロックでの録音はいつのものなのかよくわからないのだそう...これは50年代の音源からワイザー絡みのものも収録してリリースされたLPで、ワイザーも製作に尽力した彼の1st。ルーズでダルイムードも最高な恐ろしくカッコイイ50年代音源(メンバーの演奏も生唾)、なんら変わらない野卑な60~70年代のナンバーの数々、さらにバラードも極上。【曲】「Swing Bop Boogie」「Sleep, Rock-a-Roll Rock-A-Baby」「I Gottum」「Lay Your Head On My Shoulder(試聴)」「You Are The One」「Don't Mean Maybe Baby(試聴)」「I'd Rather Be With You」「I Wanna Eat Your Pudding」「It's Your Last Chance To Dance Tonite」「Heart Beat」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Collins Kids - TELEVISION PARTY

  • ロカビリー/カントリーLP
 Collins Kids- コリンズ・キッズ - "TELEVISION PARTY"
Italy / LP / Mono / TV 5758 / Rec 1950s / Pub 1989
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ少々、盤A1に擦れ箇所あり、わずかにさっと出ます
Jacket 4 / Disc 3.5 / Sound 3.5  2680 yen
■キッズ・ロカ・デュオ、コリンズ・キッズのTVライブ音源を収録した一枚。
誕生間もないロックンロールのあやふやな常識を早くも打ち破った恐るべき姉弟R&Rデュオ、コリンズ・キッズ。ダブル・ネックのモズライトを閃光の如く弾きまくる天才少年ラリーはギターをジョー・メイフィスに教わったという...そして計らずして女性ロッカーのパイオニアとなった姉のローリー。これは彼らが50年代に出演していたテレビショウの音源を収録。この頃のスタジオ録音盤も最高、しかしこのライブ演奏はちょっと引いてしまうほどのテンション。ほんと全曲ゾワーと鳥肌たつロックンロール・ナンバーの応酬、信じられないギターテクが飛び出すそのジョー・メイフィスとのギター・デュエット、バックメンバーたちもここぞとキレるロッキン・カントリーのインストもの、怪物的な演奏と歌で聞かせる有名曲のカバー、開いた口塞がらない全14曲。【曲】「You Can't Have My Love」「Chicken Reel」「I Was Looking Back To See」「Hot Rod」「Early American」「The Wildcat(試聴)」「Instrumental(試聴)」「Pedro」「Kaw Liga」「They Still In Love」「Instrumental」「Shake, Rattle, & Roll」「Kokomo」「Catfish Boogie」「Let's Have A Party」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Elvis Presley - BABY LETS PLAY HOUSE cw IM LEFT, YOURE RIGHT, SHES GONE

  • ロックンロール/ロカビリー45rpm
 Elvis Presley- エルヴィス・プレスリー - "BABY LET'S PLAY HOUSE cw I'M LEFT, YOU'RE RIGHT, SHE'S GONE"
USA / 45rpm / Mono / Sun 217 / Rec 1955 / Pub 1955
レーベルA面円状の擦れ少々、B面円状の擦れ少々、極小のはがれいくつか、盤微細な表層スクラッチあり、深いものはありません、トレースノイズあり、カンパニースリープきれい
Jacket n/a / Disc 2~2.5 / Sound 2~2.5  80000 yen
■オリジナル盤です。※値下げしました
54~5年、サンで5枚製作したエルヴィスの、4枚目"Baby Let's Play House"と"I'm Left, You're Right, She's Gone"。ブルースマン、アーサー・ガンターのクールなムードがたまらない一曲をヒーカップ唱法やショート・エコーも駆使し異星人のようにカバー、ロカビリーのスタイルをまさに決めてしまった記念すべき一曲。裏面は50年代初頭からサンのスタジオバンドだったロッキン・カントリー・グループ、スニアリー・ランチ・ボーイズのメンバー、ビル・テイラーとスタン・ケスラーが作ったナンバー。スコッティ・ムーアのギター・ワークが光る、カントリーとリズム&ブルースが絶妙に混ざったこれまた最高のナンバー。マトリクス番号はA面が「U-143x-45-2 72」、B面が「U-142-45 72」、この時期のサンのプレスに特有なプッシュ・マーク(レーベル部の小円状の彫り)ありの完全オリジナル。どうぞご検討ください。さらに詳しいコンディションなど、ご質問等ございましたら遠慮なくご連絡ください。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2021年6月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
2021年7月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
店舗営業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
店舗営業日 日曜・月曜 PM3:00-PM8:00
古物商 東京都公安委員会 第303261906488号

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2021 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.