(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: 50s)

Hermanas Aguila - HERMANAS AGUILA

  • メキシコの音楽45rpm EP
 Hermanas Aguila- エルマナス・アギラ - "HERMANAS AGUILA"
Mexico / 45rpm EP / Mono / Peerless EPP186 / Rec 1950s / Pub 1950s
ジャケット擦れわずか、色あせ、レーベルきれい、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■メキシコの姉妹ボレーロ・デュオ、エルマナス・アギラの4曲入りEP。
30年代初頭から長く活躍、メキシコを代表する姉妹デュオとなったエルマナス・アギラのEP。4曲入り、一心同体の二人の熱烈なハーモニー、そしてレス・バクスターがコンパクトにまとまったようなバックの楽団の演奏も最高。ほんとにいいです。メキシコ盤オリジナル。【曲】「Mis Ojos Me Denuncian(試聴)」「Deseperadamente(試聴)」「Sueno」「Como Dos Punales」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Sylvester Buckley, Boogie Jake, Mr. Calhoun, etc. - GONNA HEAD FOR HOME

  • ブルースLP
 Sylvester Buckley, Boogie Jake, Mr. Calhoun, etc.- シルベスター・バックレイ、ブギー・ジェイク、ミスター・カルフーン、etc. - "GONNA HEAD FOR HOME"
U.K. / LP / Mono / Flyright LP517 / Rec 1950s / Pub 1976
ジャケット擦れ少々、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■ルイジアナのプロデューサー、ジェイ・ミラーが録音したブルース貴重音源を収録した一枚。
70年代フライライト・レコードの花形的シリーズ、ルイジアナのプロデューサー、ジェイ・ミラー特集の初期の一枚。レイジー・レスター等の録音等に参加したブルース・ハープ奏者シルベスター・バックレイのディープなスワンプ・ブルース、後にニューオーリンズのミニットでレコードを出すブギー・ジェイクの珍しい初録音、リトル・ウォルターやジミー・リード等の録音に参加してきたブルース・ハープ・レジェンド、ヘンリー・グレイのレアなルイジアナ録音などなどお宝オンリーの濃い全12曲。【曲】「Sylvester Buckley / She Treats Me So Evil(試聴)」「Boogie Jake / Early Morning Blues」「Mr. Calhoun / Hello Friends, Hello Pals」「Henry Gray / Midnight Dream」「Blue Boy Dorsey / Walkin' Out My Door」「Jimmy Anderson / When I Play My Harp(試聴)」「Joe Johnson / Alimonia Blues」「Sylvester Buckley / Mumblin' Blues」「Boogie Jake / I Don't Know Why」「Mr. Calhoun / Sunny Side Of Love」「Vince Monroe / Hey Mattie」「Silas Hogan / I'm A Free-Hearted Man」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Prisonaires - FIVE BEATS BEHIND BARS

  • ドゥワップLP
 Prisonaires- プリズネアーズ - "FIVE BEATS BEHIND BARS"
U.K. / LP / Mono / Charly CR30176 / Rec early50s / Pub 1979
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■サン最高のドゥワップ・グループ、プリズネアーズの編集盤。
テネシー州立刑務所でなんと1940年に結成されたという(ドゥワップ第一号のオリオールズより6年も前)プリズネアーズ。刑務所で歌っていたところそれを聞いた地元のラジオDJが番組にスカウト、さらにそれを聞いたサム・フィリップスが惚れ込み、サン・レーベルでは唯一継続してレコードを出すことになったドゥワップ・グループ。収録された代表作「Just Walking In Rain」は、エルヴィス以前のホワイト・ソウル・シンガー、ジョニー・レイの代表作でもありますが、これがオリジナル・バージョン!ドゥワップ黄金時代のしたたるような極甘メロウから、ジャイヴ華やかりし時代を思わせるナンバー、ゴスペル・ハーモニーもの、さらにサン名物のワンマンバンド・ブルースマン、ジョー・ヒル・ルイスのエレキを入れたナンバー等々。まるで30年代ウォッシュボード・バンドのような、トランペットを入れたジャジーなバンドものもあり。【曲】「Baby Please」「Just Walking In The Rain」「My God Is Real」「Softly And Tenderly」「I Know」「No More Tears」「Don't Say Tomorrow」「What Do You Do Next?」「That Chick's Too Young To Fry」「Lucille, I Want You」「If I Were King」「Surleen」「All Alone And Lonely」「Rockin' Horse」「Two Strangers」「Frank Clement (What About)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Willie Egans - ROCKS, BOOGIES AND ROLLS

  • リズム&ブルースLP
 Willie Egans- ウィリー・イーガンズ - "ROCKS, BOOGIES AND ROLLS"
U.K. / LP / Mono / Flyright LP514 / Rec mid50s / Pub 1974
コーティング・ジャケット擦れわずか、レーベルひげわずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ルイジアナ生まれで西海岸で活躍したR&Bピアニスト、ウィリー・イーガンズ。
ウエストコーストに移ってもモロにルイジアナ~ニューオーリンズなR&Bを聞かせたピアニスト&シンガー、ウィリー・イーガンズの全盛期を凝縮した一枚。当時ヒットはなかったようですがやはりこの音ですので割と最近7インチでリイシューされるようになった人。これはそのリイシュー盤も含めて、55・56年の音源を全て収録。シュガーボーイ・クロフォードなんかにも通じる「You Must Be Foolin'」、ドンピシャなメロディがポンポン湧き出るルイジアナ丸出しの「Sometimes I Wonder」などなど、ルイジアナ、ニューオーリンズ・ファンに特にお薦め。全曲SP盤とシングルからの盤おこしで試聴のようなノイズありますが魅力は全く弱まっていません。【曲】「Wow Wow(試聴)」「What A Shame」「You Must Be Foolin'」「Sometimes I Wonder(試聴)」「Sad Sad Feeling」「Treat Me Right」「Wear Your Black Dress」「I Can't Understand It」「Come On」「Oh Baby」「She's Gone Away But」「Willie's Blues」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Lightning Slim - THE EARLY YEARS

  • ブルースLP
Lightning Slim- ライトニン・スリム - "THE EARLY YEARS"
U.K. / LP / Mono / Flyright LP524 / Rec 1954 / Pub 1976
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ルイジアナのブルースマン、ライトニン・スリムのフライライト編集盤第一集。
フライライト・レコードのルイジアナ特集最大の呼び物の一つ、ライトニング・スリム。4枚あるうちの最初の一枚で、エクセロ・レコード等を始めたジェイ・ミラーと初めて出会った54年のセッションを集めた内容。フィーチュアというミラーの幻のレーベルから出たファースト「Bad Luck」の別テイクを始め、ギター一本と足踏みを伴奏にした「Rock Me Mama」、ザディコのアコーディオンのようなハーモニカを入れたスキッフル・ブルース風の「Paper In My Shoe」などなど最も原初的で深い情念に満ちた生々しい曲の数々。【曲】「Rock Me Mama(試聴)」「Paper In My Shoe(試聴)」「You Did Me Wrong Baby」「Woke Up Feelin' Bad」「Bad Luck」「Those Neighbors Of Mine」「Lightnin' Blues」「Poor Lightnin' Blues」「I'm Him」「I Hate To Leave You」「I Beg You Little Woman」「The Blues And My Woman」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Lightning Slim - TRIP TO CHICAGO

  • ブルースLP
 Lightning Slim- ライトニン・スリム - "TRIP TO CHICAGO"
U.K. / LP / Mono / Flyright LP533 / Rec 1950s / Pub 1078
コーティング・ジャケット擦れほぼなし、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ルイジアナのブルースマン、ライトニン・スリムのフライライト編集盤第二集。
フライライト・レコードのルイジアナ特集最大の呼び物の一つ、ライトニング・スリム。4枚あるうちの二枚目で、時期的に一枚目"THE EARLY YEARS"に続く内容。ブルース評論家でタコマ・レコードをフェイヒーと始めたエド・デンソンは、マディらと並んで50年代の最高のブルースマン5人に選出していますが、はげしく同意。シカゴとテキサスのエッセンスを吸収しつつ、掘っ立て小屋的ルイジアナ/ジェイ・ミラー色も強引に混ぜ込んだブルースを12曲収録。簡素なバンドものが多く、スリムはもちろんですが、鬱屈したムードを永遠に生み出すドラマーも最高。【曲】「Got Me A Little Woman」「Drifting Blues」「Mother-In-Law Trouble」「I Ain't Got No Money」「Tom Cat Blues(試聴)」「Nothin' But The Devil(試聴)」「Rollin' Stone」「Trip To Chicago」「Go Ahead On Babe」「I'm Grown」「What's Gon' Come Of Me」「Tired Little Fellow」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Aram Arakelian Ensemble - THE OUD

  • アラブの音楽LP
 Aram Arakelian Ensemble- アラム・アラケリアン・アンサンブル - "THE OUD"
USA / LP / Stereo / Carlton STLP12-109 / Rec 1958 / Pub 1958
コーティング・ジャケット擦れ少々、下部取り出し口縁裂け、レーベルひげ少々、盤浅い擦れ、小プツ音でるスクラッチ少し
Jacket 3~3.5 / Disc 3~3.5 / Sound 3~3.5  2680 yen
■アメリカ随一のウード奏者アラム・アラケリアンのソロ・アルバム。
中近東の音楽に欠かせないこの琵琶に似た古い歴史をもつ弦楽器ウードは、その一音一音のもつ緊迫感、圧倒的な支配感が他の弦楽器を寄せ付けない魅力に満ちています。メカニズム的には、ビブラートをかけやすく、アラブ音楽の特徴てもある微分音をだせるように、指盤にフレットはなく、ボディーもより複雑な響きをキヤッチできるように、後ろがボウル型になったフル・ボディー。これらの特徴はすべて中近東の音楽の特色ときってもきれない関係にあり、興味ある方はぜひ調べてください。スッゴイ面白いです。これは、アメリカで最も評価の高かったウード奏者アラム・アラケリアンのアルバム。2本のウードに皮ものパーカッションとタンバリンを足した編成で、ミステリアスなダンス・ミュージックを展開。なぜかサティーのジムノペディを思い出してしまったワルツのナンバー「KINGS ENTRANCE」、カルロス・モントーヤのフラメンコを彷彿させる「ARABIC WALTZ」、やはり回想のムードは世界共通か?とおもわせる非常にブルーな「MEMORIES」などなど収録です。いやがおうにも引きずり込むパワーを持った一枚。58年オリジナル。【曲】「Oriental Mood」「Arabic Waltz(試聴)」「Izmir」「Memories」「Halay」「Reverie(試聴)」「Gay Sultan」「Kings Entrance」「Fountain Scene」「Arabic Dance」「Oriental Rhythm」「Grecian Fantasy」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Maria Callas - LA DIVINA IN IHREN BEDEUTENDSTEN AUFNAHMEN 1953-64

  • クラシックLP
Maria Callas- マリア・カラス - "LA DIVINA IN IHREN BEDEUTENDSTEN AUFNAHMEN 1953-64 "
Germany / LP / Mono / EMI 1C15103154-55 / Rec 1950s, 60s / Pub 1977
見開きジャケット円状の擦れ少々、内側きれい、レーベル二枚ともひげ無し、盤二枚とも擦れほぼ無し
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  3480 yen
■マリア・カラスの絶頂期の名演を2LPでまとめたアルバム。
56年にアメリカ・デビュー、65年に事実上引退という短いキャリアながら、20世紀最高と言われた説明不要のソプラノ歌手マリア・カラス。これは77年、彼女が53歳で亡くなった時に追悼の意味を込めてリリースされた、彼女の生涯の名演集。『ルチア』『トスカ』始めとする、彼女と言えばの曲を24曲収録。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bob Bain - LATIN LOVE

  • ギター10LP
 Bob Bain- ボブ・ベイン - "LATIN LOVE"
Japan / 10LP / Mono / Capitol OLP45 / Rec 1962 / Pub 1962
コーティングの折り返しジャケット擦れ少々、レーベルひげ少々、盤浅い擦れ、表層スクラッチ少し、チリ音少々
Jacket 3.5 / Disc 3~3.5 / Sound 3~3.5  1980 yen
■ハリウッドNo1の名ギタリスト、ボブ・ベインの日本盤10インチLP。
「ピーター・ガンのテーマ」のあのギターやシナトラの「I've Got You Under My Skin」、エラ・メイ・モース「Cow Cow Boogie」等でプレイしてきた、ハリウッドの静かな巨匠と言えるギタリスト、ボブ・ベイン。デイヴ・バーバー(ペギー・リーの旦那)の後釜としてTドーシー楽団に入り、レス・ポールとは家に入り浸るような仲だったり、他にもいろんな話があり興味の尽きない人。裏方に徹していた人なのでソロ作は数枚しかだしていないのですが、この一枚は彼が、ガット・ギターを伴奏とメロディーで多重録音した作品。(こんなのはこれしかないです)たった2本のガット・ギターだけでうっとりしてしまうような、ラテン系のスタンダードをゆるく演奏しています。心踊る「FRENESI」、「PERFIDIA」「BRAZIL」「MARIA ELANA」等等極上のギター・アルバム。ちなみにあのフィル・ムーアのグループにも参加していました。【曲】「Brazil」「Amor」「Besame Mucho」「Frenesi」「Green Eyes」「The Breeze And I」「Yours」「Perfidia」「You Belong To My Heart」「Maria Elena」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Duane Eddy - 1,000,000.00 DOLLAR WORTH OF TWANG

  • ロックンロールLP
 Duane Eddy- デュアン・エディー - "1,000,000.00 DOLLAR WORTH OF TWANG"
USA / LP / Mono / Jamie 70-3014 / Rec 1959 / Pub 1959
コーティング・ジャケット擦れ少々、裏ジャケット書き込み、レーベルAに書き込み、ひげ少々、盤浅い擦れ、小スクラッチ少々
Jacket 3 / Disc 3~3.5 / Sound 3.5  2980 yen
■「Movin Groovin」等の代表作+αのオリジナル・アルバム。
エレキ単音一本弾きの鬼太フレーズでロックンロール界をのし歩いたデュアン・エディ。トゥワンギー・ギターと呼ばれるそのスタイルは当時は映画『PETER GUNN』のテーマなどにも影響し、21世紀になっても毎夜どこかでグア~ンと鳴り響いているはず。これは、「Movin Groovin」「Cannonball」「Rebel Rouser」など問答無用の代表作を抑えつつ(はっきり言ってこの三曲をいい音で聞けるだけで満足)、フォークからハワイアン、マリアッチ風味まで幅広くレパートリーを選んだ実に面白い一枚。59年。【曲】「Rebel Rouser(試聴)」「Cannonball」「The Quiet Three」「Bonnie Came Back」「Because They're Young」「Theme For Moon Children」「Moovin' 'N Groovin'(試聴)」「The Lonely One」「Forty Miles Of Bad Road」「Some Kinda Earthquake」「First Love, First Tears」「Kommotion」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Lester Robertson, Billy Tate, Little Victor, etc. - GOING TO NEW ORLEANS - UNISSUED SIDES 1954-1959

  • リズム&ブルースLP
 Lester Robertson, Billy Tate, Little Victor, etc.- レスター・ロバートソン、ビリー・テイト、リトル・ビクター、etc. - "GOING TO NEW ORLEANS - UNISSUED SIDES 1954-1959"
U.K. / LP / Mono / Flyright FLY601 / Rec 1950s / Pub 1984
ジャケット擦れ少々、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■フライライト・レコードのニューオーリンズR&B集。
全曲お蔵入りとなっていた音源集。同じイギリスのエイス・レコードの襟を正した編集盤とはまるで違う、ラテン・リズムのジャングルR&B、悲痛なスワンプ・ブルース、40年代ジャンプ・ブルース路線のホットなナンバーなどなどまさしくごった煮状態の濃すぎる一枚。アップセッターズがバックを付けた盤が特に人気のレスター・ロバートソンの「Iko Iko」系のナンバー、調子っぱずれなエレキが泣けるザディコ・シンガー&アコーディオン奏者ロッキン・シドニーのユルイナンバー、この盤のハイライトと思わせる、ヒューイ・スミスやエディ・ボーと活躍したシンガー、ビリー・テイトのシャウト炸裂の泣きのナンバーなどなど、もうニューオーリンズ全く関係なく楽しめる一枚。【曲】「Lester Robertson / Hoo Wee Pretty Baby」「Baby Give Me A Chance」「Billy Tate / Teasin' Around With Me」「Little Victor / Loc-A-Li」「Eddie Hudson / That Long Lost Baby」「Skinny Dynamo / So Long, So Long」「Tabby Thomas / Hmmm I Don't Care」「Ernie Holland / Gimme My Money Back」「Vince Monro / If I Had My Life To Live Over」「Billy Tate / Right Or Wrong」「Lester Robertson / Please Don't Go」「Little Victor / Theresa」「Rockin' Sidney / Augustine」「Tabby Thomas / Tomorrow」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Harold Burrage - SHE KNOCKS ME OUT

  • ブルース/リズム&ブルースLP
 Harold Burrage- ハロルド・バラージュ - "SHE KNOCKS ME OUT"
U.K. / LP / Mono / Flyright FLY579 / Rec 1950s / Pub 1981
ジャケット擦れ極わずか、小折れ目、レーベルひげ少々、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■シカゴのブルース/R&Bシンガー、ハロルド・バラージュのコブラ・レコード音源集。
全国ヒットが出る前、50年代コブラに残されたレコード、未発音源を網羅した一枚。ウィリー・ディクソンやマジック・サム、サニー・ボーイ・ウィリアムソンらのサポートながら、ここに入っているのはブルースというよりは完全リズム&ブルース、しかもリチャード・ベリーやヤング・ジェシーのような西海岸ぽいエグ味満点のナンバー多し。【曲】「Betty Jean」「You Eat Too Much」「One More Dance」「I'm Satisfied」「Satisfied」「Hot Dog And A Bottle Of Pop」「I Cry For You」「She Knocks Me Out」「Row Your Boat」「Hidden Charms」「I Love My Baby -2」「I Love My Baby -3」「Messed Up」「Stop For The Red Light」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2020年9月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
2020年10月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
店舗営業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
店舗営業日 日曜・月曜 PM3:00-PM10:00
古物商 東京都公安委員会 第303261906488号

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.