(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: 40s)

Georgie Auld And His Orchestra - JUMP GEORGIE JUMP

  • ジャズLP
 Georgie Auld And His Orchestra- ジョージー・オールド&ヒズ・オーケストラ - "JUMP GEORGIE JUMP"
U.K. / LP / Mono / Hep 27 / Rec mid1940s / Pub 1982
ジャケット円状の擦れ少々、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 2480 yen
■テナー奏者ジョージー・オールドの、自身の楽団の音源を集めた一枚。
ゆるく太いビブラートをかけたいやらしい音から、ワイルドなホンカータイプの音まで表現豊かな音色をもち、スウィングを基礎にしながらバップも吹けるテナー・マン、ジョージー・オールド。アーティー・ショウとベニー・グッドマンの黄金期を出入りした後に結成した自身の楽団のラジオ音源。ハワード・マッギー(TP)、アル・コーン(TS)、オールドの妻となるパティ・パワーズ(Vo.)etc他参加。【曲】「Short Circuit」「Mandrake Root」「Poinciana」「Jivin' With Te Jug(試聴)」「Yesterdays」「I'll Always Be In Love With You」「Stomping At The Savoy(試聴)」「Sentimental Journey(試聴)」「Jump, Georgie, Jump」「I'm Always Chasing Rainbows」「Stomping At The Savoy」「I Can't Get Started」「Taps Miller」「Concerto For Tenor」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bertha Chippie Hill - WITH LEE COLLINS, LOVIE AUSTIN, JOHN LINDSAY AND BABY DODDS...

  • ブルースLP
 Bertha Chippie Hill- バーサ・チッピー・ヒル - "WITH LEE COLLINS, LOVIE AUSTIN, JOHN LINDSAY AND BABY DODDS..."
Denmark / LP / Mono / Hot Society 1005 / Rec 1946 / Pub ?
ジャケット表裏円状の擦れ、端々小ほころび、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■女性ブルース/ジャズ・シンガー、バーサ・チッピー・ヒルの46年録音を収録。
20年代の、ルイ・アームストロングとの録音が良く知られる女性ブルース/ジャズ・シンガー、バーサ・チッピー・ヒル。この時代は他にもロニー・ジョンソンやスクラッパー・ブラックウェルなどとも録音、しかし30年代は子育てのためにずっとリタイア、ようやく46年にカムバック、ニューヨークのサークル・レーベルに録音。それを集めたのが本作。バレル・ハウス・ピアノのモンタナ・テイラーはじめメンバーも最強。裏面はバーサ・ヒル不在、バックのメンツによる演奏で、モンタナ・テイラー(歌も最高!)を中心にドラムはベイビー・ドッズにチェンジ。【曲】「Charleston Blues(試聴)」「How Long Blues」「Around The Clock Blues」「Nobody Knows You When You Are Down And Out」「Trouble In Mind」「Careless Love」「Worried Jailhouse Blues(試聴)」「Mistreating Mr. Dupree」「Black Market Blues」「Chestnut Street Boogie」「Mr. Freddy`s Rag」「Indiana Avenue Stomp」「In The Bottom」「Low Down Bugle」「I Can`t Sleep(試聴)」「Rotten Break Blues」「Montana`s Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Roy Brown - GOOD ROCKING TONIGHT

  • リズム&ブルースLP
 Roy Brown- ロイ・ブラウン - "GOOD ROCKING TONIGHT"
Sweden / LP / Mono / Route 66 KIX6 / Rec 1947 to 1954 / Pub 1978
ジャケット擦れ少し、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか、歌詞カードになったオリジナル・スリーブ小テープ
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 2680 yen
■47年から54年のナンバーを収録した編集盤。
ワイノニー・ハリスに憧れ、ワイノニーのライバルになり、ついにワイノニーを抜いてしまったといえる、ジャンプ・ブルースからロックンロール、50SR&Bへの橋渡しをしたニューオーリンズのR&Bシンガー、ロイ・ブラウン。これは47年から54年のナンバーを収録したスウェーデンMr.R&Bの編集盤。【曲】「Good Rocking Tonight」「Long About Midnight」「Whose Hat Is That(試聴)」「Fore Day In The Morning」「Butcher Pete, Pt 2」「Dreaming Blues」「Old Age Boogie, Pt 1 & 2」「Good Man Blues」「Miss Fanny Brown Returns」「Brown Angel」「Grandpa Stole My Baby」「Teenage Jamboree」「Black Diamond(試聴)」「This Is My Last Goodbye」「Mighty, Mighty Man(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Trumpeteeres - MILKY WHITE WAY

  • ゴスペルLP
 Trumpeteeres- トランペッティアーズ - "MILKY WHITE WAY"
Sweden / LP / Mono / Gospel Jubilee RF1401 / Rec 1947 to 1954 / Pub 1980s
ジャケット表裏擦れ極わずか、レーベルひげ無し、盤ほぼ新品同様
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2480 yen
■ゴスペル・ハーモニー・グループ、トランペッティアーズの編集盤。
エルヴィスがカバーした「Milky White Way」がヒットした、40年代後半~50年代のゴスペル・ハーモニー・グループ、トランペッティアーズのベスト・アルバム。ドゥワップ以前の黒人ハーモニー・グループの伝統の、ギター一本伴奏の初期作と、ドラムも入れた50年代録音で全18曲収録。【曲】「Milky White Way(試聴)」「Babylon's Fallen」「There's A Light Shining The In Heaven For Me」「John De Revelator(試聴)」「Gideon And The Sword」「The Service Of The Lord」「The Mighty Number」「Don't You See」「Jesus' Love Bubbles Over」「Jesus In Heaven(試聴)」「Don't Take Everybody For A Friend」「The Last Supper」「Trials Get Harder」「Every Day And Every Hour」「Since Jesus Came Into My Heart」「So Many Years」「Don't Miss That Train」「Home Don't Seem Like Home」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Julia Lee - OF LIONS AND LAMBS

  • リズム&ブルースLP
 Julia Lee- ジュリア・リー - "OF LIONS AND LAMBS"
U.K. / LP / Mono / Charley CRB1175 / Rec 1947 to 1952 / Pub 1980s
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤ほぼ新品同様
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■ジュリア・リーの編集盤。ディランがDJするラジオ聞きました?
ネリー・ラッチャーをはじめクレオ・ブラウン、ハダ・ブルックス等いい黒人女性シンガーに事欠かない40年代。中でも20年代から録音を始めたのカンザスのジュリア・リーはこのジャンルの母。14歳ですでにプロ・デビュー、兄はジョージ・リーといい、パーカーが一時在籍していたバンドを率いていた人。40年代中期にキャピトルと契約、全盛期を迎えます。これはその頃の音源を集めた英チャーリー盤。ブギやブルース・ピアノの伝統から洒落たスウィングまでこなす多才なピアニストで、愛らしく落ち着いた歌がいい。ディランもファンで、自身のラジオ番組で彼女の曲をかけてました。【曲】「When Jennie Does That Lowdown Dance(試聴)」「Don't Save It Too Long」「Back Street」「Tell Me Daddy」「I Was Wrong」「When A Man Has Two Women」「Away From You」「You're Gonna Miss It(試聴)」「It Comes Like A Lion」「Lotus Blossom」「Aint't It A Crime」「When Your Lover Has Gone」「Chuck It In A Bucket(試聴)」「Nobody Knows You When You're Down And Out」「You Ain't Got It No More」「I Got News For You」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Louis Jordan And His Tympany Five - COLE SLAW

  • リズム&ブルース/ジャンプLP
 Louis Jordan And His Tympany Five- ルイ・ジョーダン&ヒズ・ティンパニ・ファイヴ - "COLE SLAW"
Sweden / LP / Mono / Jukebox Lil JB605 / Rec late1940s / Pub 1983
ジャケット擦れわずか、しみわずか、レーベルひげ無し、盤ほぼ新品同様
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■47~52年の音源を16曲集めた編集盤。ラテン・ジャイヴ多し。
白人スウィング全盛の影に隠れていたジャンプをモダン化しR&Bというところまで持って行き、加えて黒人のエンターテイナー性をベッタリとしみこませた男、ルイ・ジョーダン。チャック・ベリーもリトル・リチャードもお世話になっていて、ブラックR&Rの元ネタを探すと大体この人に来てしまいます。さてこの編集盤、解説も必要最低限にとどめ、内容で勝負という感が伺える一枚。彼のとりわけ変わった曲も収録されていてかなり多彩な全16曲。ラテン、エキゾチックな珍しいナンバーもいろいろと収録、いつものスタイルのナンバーも充実。【曲】「Pettin' And Pokin'」「I Know What I've Got」「Don't Burn The Candle At Both Ends(試聴)」「Cole Slaw」「Push Ka Pee Shee Pie(試聴)」「Baby's Gonna Go Bye Bye(試聴)」「Heed My Warning」「Hungry Man」「You Will Always Have A Friend」「Weak Minded Blues」「Is My Pop In There?」「Time Marches On」「Oil Well, Texas」「Azure Te」「Junco Partner(試聴)」「Jordan For President」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Erskine Hawkins, Jimmy Lunceford, Duke Ellington, etc. - LIVE AT THE APOLLO 1944-1947

  • ジャズLP
Erskine Hawkins, Jimmy Lunceford, Duke Ellington, etc.- アースキン・ホーキンス、ジミー・ランスフォード、デューク・エリントン、etc. - "LIVE AT THE APOLLO 1944-1947"
USA / LP / Mono / Everybodys EV3003 / Rec 1944 to 1947 / Pub 1984
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  1980 yen
■ブラック・ミュージックの殿堂アポロ劇場でのライブを収録したオムニバス。
戦後すぐあたり、ラジオ放映のために録音された音源を収録。バップの母メアリー・ルー・ウィリアムズやハワード・マッギーも在籍していたウルトラ・ホットなアンディ・カーク楽団、「ビギン・ザ・ビギン」を演奏するフレッチャー・ヘンダーソン楽団、カウント・ベイシーは「One O'Clock Jump」、そういう熱狂の中一人静かに歌うビリー・ホリデイetc....全11グループ14曲収録。【曲】「Erskine Hawkins Orch. / Tuxedo Junction」「Jimmie Lunceford Orch. / Yard Dog Mazurka」「Duke Ellington Orch. / Things Ain't What They Used To Be(試聴)」「Andy Kirk Orch. / Wake Up!」「Roy Eldridge Orch. / Jumpin' With The Jeep」「Dizzy Gillespie Orch. / Lady Bird」「Cecil Scott Orch. / Cecil's Jive(試聴)」「Earl Hines Orch. / Tales Of The Vienna Woods」「Andy Kirk Orch. / Paradise Valley」「Billie Holiday / Do Nothing 'Till You Hear From Me」「Noble Sissle Orch. / Unnecessary Jive」「Fletcher Henderson Orch. / Begin The Beguine」「Erskine Hawkins Orch. / Down In Titusville」「Count Basie Orch. / One O'Clock Jump」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jenks Tex Carman - CHIPPEHA! : THE ESSENTIAL DIXIE COWBOY

  • カントリーCDetc
 Jenks Tex Carman- ジェンクス・テックス・カーマン - "CHIPPEHA! : THE ESSENTIAL DIXIE COWBOY"
USA / CDetc / Mono / Revenant 207 / Rec 1947 to 1957 / Pub 1998
ジャケット色あせ少々、帯小折れ目、盤面きれい、インサート色あせ少々
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■チェロキー・インディアンのスライド・ギタリスト、ジェンクス・テックス・カーマンの編集盤CD。
故ジョン・フェイヒーが96年にスタートさせ、その後、特にアメリカ音楽リイシュー(だけではありませんが)レーベルに決定的な影響を及ぼしたレヴェナント・レーベルからの一枚。帯に"ハーモニカ・フランク、ジョー・ヒル・ルイス、そしてヘイゼル・アドキンスと同じ遺伝子を持つ..."とありますが、激しく同意のチェロキー・インディアン・スライド・ギタリスト、ジェンクス・テックス・カーマンの音源集。40年代後半から50年代初頭の音源を19曲、そして57年のライブ音源を3曲収録。こちらもぜひ。※曲目省略します

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Kay Kyser And His Orchestra - THE SWINGING SIDE

  • ジャズLP
 Kay Kyser And His Orchestra- ケイ・カイザー&ヒズ・オーケストラ - "THE SWINGING SIDE"
USA / LP / Mono / Golden Era 15052 / Rec 1940s / Pub 1970s
ジャケット裏面擦れ極わずか、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ケイ・カイザーのスウィンギンなナンバーを集めた一枚。
当店大推薦のケイ・カイザー楽団。ジャズの歴史の中で重要な役割を果たしたわけでは無いですし、マニアックなコレクターがいるわけでもないですが、このグループの洗練されたこだわりのダンス・バンド・ナンバーは格別。これは、その名の通り彼らの音源でスウィンギンでのりのいいものばかりを集めた一枚。ラジオ系音源でしょうか?内容最高。ベイシーも驚く迫力のアップ、レイスコ風の機械仕掛けのジャズもあれば一曲挟まれたスローまでほんといい。【曲】「St. James Infirmary」「I Know That You Know」「Sleepy Time Gal」「The Sunny Side Of The Street」「Is You Is Or Is You Ain't My Baby」「Ain't Misbehavin'」「Bugle Call Rag(試聴)」「Holiday For Strings(試聴)」「Minuet In G」「Medley: Symphony/It Might As Well Be Spring」「Somebody Loves You」「Always」「Bye Bye Blues」「Limehouse Blues」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Miguel Calo Y Su Orquesta Tipica - RECORDANDO EXITOS DE MIGUEL CALO VOLUMEN NO.1

  • アルゼンチンの音楽/タンゴLP
 Miguel Calo Y Su Orquesta Tipica- ミゲル・カロー・イ・ス・オルケスタ・ティピカ - "RECORDANDO EXITOS DE MIGUEL CALO VOLUMEN NO.1"
Argentina / LP / Mono / Odeon LDS724 / Rec 1940s / Pub late50s to early60s
ジャケット擦れ少々、色あせ、上下縁内側から補修、レーベルひげ少々、盤浅い擦れ極表層のスクラッチ少々、きれいめ
Jacket 3~3.5 / Disc 3.5 / Sound 3.5  2680 yen
■アルゼンチンの名タンゴ・グループ、ミゲル・カローのアルバム。
アルゼンチン・タンゴの名バンド・ネオン奏者で、後に有名とミュージシャンが多く在籍したグループを率いたミゲル・カロー。日本のタンゴ歌手、藤沢嵐子との共演も知られる人。これは彼の歴史的名演集で、42年から45年のナンバーを12曲収録した一枚。一曲のぞいて全て歌入りで、ラウル・ベロン、ラウル・イリアルテなどお抱えの名シンガーたち。アルゼンチン・オデオン・オリジナル盤。【曲】「Cada Dia Te Extrano Mas」「Sans Souci(試聴)」「Al Compas Del Corazon(試聴)」「El Desafio」「Inspiracion」「Percal」「la Vi Llegar」「Trenzas」「Lejos de Buenos Aires」「Tarareando」「Bien Criolla y Bien Portena」「Jugando....jugando」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Southern Jazz Group - JAZZ FROM DOWN UNDER 1946 - 1950 VOLUME 1 - 4

  • ジャズLP
 Southern Jazz Group- サザン・ジャズ・グループ - "JAZZ FROM DOWN UNDER 1946 - 1950 VOLUME 1 - 4"
Australia / LP / Mono / Dawn Club DC12021-4 / Rec 1946 to 1950 / Pub 1970s
ジャケット4枚ともに極浅い擦れ少々、レーベルはVol1と4にひげ極わずか、盤Vol.3のB面にプツ音でるスクラッチ、ほかは美品、すれほぼ無し
Jacket 3.5~4 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4  5800 yen
■オーストラリアのジャズ・バンド、サザン・ジャズ・グループの編集盤4枚セット。
こんなレコード初めて見ました。40年代から50年代にかけて活動した、オーストラリアのジャズ・バンド、サザン・ジャズ・グループの編集盤。スタイルはトラディショナル、しかしアメリカのバンドとはやはり似て非なるもので、トラッドとホット・ジャズが混ざり、それから少し後のターク・マーフィーなどの新世代のトラッド・ジャズを先取りしたうえに同じころのR&Bも聞いてたんじゃ?と思わせる内容。アップの曲などほとんどR&Rの前進力、スローの生々しいプレイにもたじたじ。それでいて親しみやすさもある、これはかなりスゴイグループ。メンフィス、ウィルコ、といった豪のレーベルのSP盤をまとめた編集盤第一~四集で、これで恐らくすべて。オーストラリア・オンリー。※曲目省略します

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Stan Kenton And His Orchestra - ENCORES

  • ジャズ10LP
 Stan Kenton And His Orchestra- スタン・ケントン&ヒズ・オーケストラ - "ENCORES"
USA / 10LP / Mono / Capitol H155 / Rec 1940s / Pub 1950
ジャケット三辺テープ、擦れ、小汚れ少々、裏ジャケットにスタンプ、レーベルひげ無し、盤きれい、極浅い擦れ少々
Jacket 2.5 / Disc 4 / Sound 1980 yen
■スタン・ケントン50年のファースト・アルバム。
西の重要ジャズ・マンが軒並み顔を揃え、過去のジャズから決別したようなサウンドを展開していたスタン・ケントン楽団。これはSP盤からLP/シングルの時代になり初めてリリースされたケントンのファースト・アルバム。40年代にキャピトルに残した絶頂期のナンバーが8曲選ばれています。ダリ風のシュールな絵に描かれている様な殺伐とした異次元なジャズを組み立てているのは、ケントン、ケン・ハンナ、そして大部分がエーテル・サウンドの継承者ピート・ルゴロ。演奏メンバーは、アート・ペッパー、ボブ・クーパー、ローリンド・アルメイダ、ジューン・クリスティ、シェリー・マン、ジャック・コスタンゾetc....【曲】「Peg O' My Heart(試聴)」「He's Funny That Way(試聴)」「Capitol Punishment」「Painted Rhythm」「Lover(試聴)」「Somnambulism」「Abstraction」「Chorale For Brass, Piano And Bongo」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2017年4月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
2017年5月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.