(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: 30s)

Count Basie And His Orchestra - IN DISCO ORDER VOLUME 1

  • ジャズLP
 Count Basie And His Orchestra- カウント・ベイシー&ヒズ・オーケストラ - "IN DISCO ORDER VOLUME 1"
USA / LP / Mono / Ajax 126 / Rec 1936, 37 / Pub mid1970s
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■カウント・ベイシーの最初期音源集。
ホット・ジャズ~スウィング~バップとメインストリーム・ジャズが変わる中、独自のスタンスでワン&オンリーな体で感じる(ホントに)黒人ジャズを徹底し、一世を風靡した太いリフレインだけでなくバンドから輩出したジャズマンの活動も含めてあまりにも影響の大きかったグループ。これはアジャックスというレーベルがまとめた戦前の全音源集の一枚目で、バンドの初録音から翌年夏までの、出たSP盤すべてを収録した一枚。【曲】「Shoe Shine Boy」「Evenin'」「Boogie Woogie」「Lady Be Good」「Honeysuckle Rose(試聴)」「Pennies From Heaven」「Swingin' At The Daisy Chain」「Roseland Shuffle」「Exactly Like You」「Boo-Hoo」「The Glory Of Love」「Boogie Woogie (I May Be Wrong)」「Smarty (You Know It All)(試聴)」「One O'Clock Jump」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

I.N. Marlor, Bascom Lamar Lunceford, Charles Seeger(Edit) - FOLK MUSIC OF THE UNITED STATES : VERSION AND VARIANTS OF BARBARA ALLEN

  • フォーク/ヒルビリーLP
 I.N. Marlor, Bascom Lamar Lunceford, Charles Seeger(Edit)- I.N.マーラー、バスコム・ラマー・ランスフォード、チャールズ・シーガー(編) - "FOLK MUSIC OF THE UNITED STATES : VERSION AND VARIANTS OF BARBARA ALLEN"
USA / LP / Mono / Library Of Congress AAFSL54 / Rec 1930s / Pub 1965?
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■バラッド"バーバラ・アレン"のフィールド録音集。
アラン・ロマックス、父のジョンAロマックス、ヘンリー・カウエルの妻シドニー・ロバートソン・カウエル、etc...らが33年から40年の間にフィールド録音した、数多くのバリエーションの"バーバラ・アレン"を、ピート、ペギーの父チャールズ・シーガーがまとめた国会図書館盤。誰も知らない地方の人々のものから、バスコム・ラマー・ランスフォード等ヒルビリー・シンガーがこの録音のために歌ったものなど、無伴奏、数十秒の断片的なもの、5分以上の長尺なものまで全30曲収録。オリジナルはSP盤のセット?これは65年盤。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Harry Carney - RARE DATES WITHOUT THE DUKE 1944/19

  • ジャズLP
 Harry Carney- ハリー・カーネイ - "RARE DATES WITHOUT THE DUKE 1944/1949"
Italy / LP / Mono / Raretone 5011FC / Rec 1944, 1949 / Pub 1982
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2680 yen
■バリトン・サックス奏者ハリー・カーネイの40年代音源集。
エリントン楽団の要の一人で、それだけでなく多くのセッションで活躍したバリトン・サックス奏者ハリー・カーネイ。これは、エリントン楽団としての音源ではなく、他グループで彼のバリサクが光るナンバーを集めた一枚。自分のリーダー・バンド、カーネイズ・ビッグ・エイトや、コールマン・ホーキンス・バンドでの名演、ストレイホーンやソニー・グリアに弦楽四重奏が入った室内楽ジャズ・セッション、ほとんどホンカーのR&Bなどなど盛りだくさんの一枚。音もいいです。ビバップ、ビバップ前夜の編集盤を出したレアトーンというレーベルから。【曲】「Coleman Hawkins And His Sax Ensemble / On The Sunny Side Of The Street」「Three Little Words(試聴)」「Battle Of The Saxes」「Louise」「Harry Carney's Big Eight / Minor Mirage」「Candy Cane」「Timme Rosenkrantz And His Barons / Bouncy」「Bouncy (Alternate Take)」「Blues At Dawn」「Timme Time」「Al Hibbler Acc. By Harry Carney's All Stars / Fat And Forty」「Harry Carney / Sono」「Frustration(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Memphis Minnie - MOANING THE BLUES

  • ブルースLP
Memphis Minnie- メンフィス・ミニー - "MOANING THE BLUES"
USA / LP / Mono / MCA 1370 / Rec early1930s / Pub 1983
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2800 yen
■ただの編集盤とは違う、メンフィス・ミニーの30年代音源集。
カントリー・ブルースの中では別格といえる女性ブルースマン、メンフィス・ミニー。腹の据わった歌、旋律をぶつけあう劇的な響きのギターの絡みは、もうちょっとで全く新しい音楽が生まれるようなスリルあり。30年代前半の音源を集めた編集盤ですが、これは特別な一枚。SP盤の起こしではなく、SP盤を作る前の行程のメタルのマザー盤から起したもので、原盤より音いいかも、という迫力で聞ける10曲。ほんと眼の前で歌っているような音で驚きます。【曲】「Moaning The Blues」「What's The Matter With The Mill」「Squat It(試聴)」「Weary Woman's Blues」「The Saint」「Chickasaw Train Blues (Low Down Dirty Thing)」「You Got To Move(試聴)」「Let Me Ride」「Give It To Me In My Hand (Can I Go Home With You)」「Reachin' Pete」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Boswell Sisters - THE BOSWELL SISTERS 1932-1934

  • ボーカル/コーラスLP
 Boswell Sisters- ボズウェル・シスターズ - "THE BOSWELL SISTERS 1932-1934"
USA / LP / Mono / Biograph BLPC3 / Rec early1930s / Pub 1972
ジャケット擦れ少々、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■ジャズ・コーラス、そして女性の小編成グループという観点でも先駆的な戦前のボズウェル・シスターズ。
音域を広く取った単純なハーモニーがほとんどだったコーラスの世界において、声を上と下から圧縮し真ん中の音域に密集させ、ぶつかり合う音の濁りに気持ちよさを見出した、クローズ・ハーモニーでジャズった最初の人達。そして、戦前NYの最高のジャズ・メンがほとんど顔をそろえた伴奏。本作は32年の録音が8割、33・34年が2割の内容で、ほとんど全てがスモール・ジャズ・コンボをバックにしたナンバー。彼女達の伴奏はギターが非常に大切なのですが、そのギターは、エディ・ラング、カール・クレス、ディック・マクドノウの3人。ほかジョー・ヴェヌーティ、ベニー・グッドマン、ドーシー兄弟等。ライナーはコニー・ボズウェル本人がインタビューに答える形のものと、彼女自身の一曲一曲の解説がついています。録音は深夜から明け方にかけてやっていたとか、20から30テイクとっていたとか、凄く面白い。【曲】「Was That The Human Thing To Do(試聴)」「We've Got To Put That Sun Back In The Sky」「There'll Be Some Changes Made(試聴)」「If It Ain't Love」「Hand Me Down My Walkin' Cane」「Old Yazoo」「We Just Couldn't Say Good-Bye」「Down Amont The Sheltering Palms」「Sentimental Gentleman From Georgia」「Minnie The Moocher's Wedding Day」「Crazy People(試聴)」「Mood Indigo」「Sophisticated Lady」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Cab Calloway - MR. HI. DE. HO.

  • ジャズLP
 Cab Calloway- キャブ・キャロウェイ - "MR. HI. DE. HO."
USA / LP / Mono / MCA 1344 / Rec 1930, 31 / Pub 1982
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■最初期編集盤。
最高のジャズのエッセンスにエンターテイメント性をべったりと染み付かせ、ジャイヴと呼ばれる音楽の大きなところを形作った不世出のジャズ・マン、キャブ・キャロウェイ。これは、エリントンに続きコットン・クラブのハコバンとなった頃、最初期の音源を集めた編集盤。史上最強のジャズ・バンド、ミズーリアンズの演奏もじっくり聞いてください。【曲】「Gotta Darn Good Reason Now」「Saint-Louis Blues」「Is That Religion?」「Some Of These Days(試聴)」「Nobody's Sweetheart」「Saint-James Infirmary(試聴)」「Minnie The Moocher」「Doin' The Rhumba」「Black Rhythm」「Six Or Seven Times」「Bugle Call Rag」「You, Rascal You」「Ain't Got No Gal In This Town」「Between The Devil And The Deep Blue Sea」「Trickeration」「Kickin' The Gong Around」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Eddie Condon, James P. Johnson, Bix Beiderbecke, etc. - EDDIE CONDONS WORLD OF JAZZ

  • ジャズLP
 Eddie Condon, James P. Johnson, Bix Beiderbecke, etc.- エディ・コンドン、ジェームスPジョンソン、ビックス・バイダーベック、etc. - "EDDIE CONDON'S WORLD OF JAZZ"
USA / LP / Mono / Columbia KG31564 / Rec 1920s, 1930s / Pub 1973
見開きジャケット擦れ汚れ少々、右上取り出し口小縁裂け、レーベル二枚ともひげ無し、盤二枚とも極浅い擦れわずか
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■エディ・コンドンの音源集と思いきや....
自分の演奏はさっぱり聞こえないのに、戦前シカゴ・ジャズの中心人物的役割を果たしたギタリスト&バンジョー奏者エディ・コンドン。写真のイメージしかないという人も多いかと。さてこれは、コンドンのバイオグラフィ本が出たときに、そこに出てくるジャズマン、ジャズ・バンドたちの名演を2LPでまとめた、コンドンの仲間たち、影響を受けたジャズマンetc...の編集盤。全27曲中、コンドン参加曲は9曲だけですが、全く関係なく内容重視で選ばれていてうれしい。読みにくいですがジャケット表に書かれた12人の他、ラング&ヴェヌーティはもちろんトランバウアー、ジョニー・マーサー、スピリッツ・オブ・リズムetc..戦前ジャズの美味しいところがいっぺんに楽しめます。内ジャケには、コンドンの全曲コメントがあって、なんともいい味のくだけた語り口でこれまた最高。試聴はA面最初の二曲で、ヘンリー・アレンとサッチモ。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Sam Collins, Freddie Spruell, Johnny Temple, etc. - LONESOME ROAD BLUES : 15 YEARS IN THE MISSISSIPPI DELTA 1926-1941

  • ブルースCDetc
 Sam Collins, Freddie Spruell, Johnny Temple, etc.- サム・コリンズ、フレディ・スプルエル、ジョニー・テンプル、etc. - "LONESOME ROAD BLUES : 15 YEARS IN THE MISSISSIPPI DELTA 1926-1941 "
USA / LP / Mono / Yazoo -1038 / Rec 1926 to 1941 / Pub 1991
ケース擦れほぼ無し、ブックレット、盤面ともにきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2480 yen
■さすがはヤズーというミシシッピ・ブルースの編集盤。
1926年(これはミシシッピのブルースマンのレコードとしては大変古い)から1941年の、ミシシッピ・ブルースを集めたヤズーの編集盤。よくある戦前ミシシッピのカントリー・ブルース集にはなかなか収録されない、ミシシッピらしさから少し離れた独自のスタイルを持った曲をたっぷり収録。バックワーズ・サム・ファークもカヴァーしたスキップ・ジェイムス「I'm So Glad」、そのスキップ・ジェイムスの「Devil Got My Woman」を淀んだギターと祈るような歌で塗り替えたジョニー・テンプル、2本のギターがグシャっと絡み合うミシシッピ・ブレイシー「Cherry Ball」などなど収録。ライナーはステファン・カルトとジョン・ミラー。【曲】「Big Joe Williams / Little Leg Woman」「Arthur Pettis / Good Boy Blues」「Sonny Boy Nelson / Street Walkin'」「Sam Collins / Lonesome Road Blues(試聴)」「Mississippi Bracey / Cherry Ball」「Robert Petway / Catfish Blues」「Freddie Spruell / Tom Cat Blues」「The Mississippi Moaner / It's Cold In China」「Johnny Temple / The Evil Devil Blues(試聴)」「Robert Lockwood / Take A Little Walk With Me」「Sam Collins / My Road Is Rough And Rocky」「Mississippi Bracey / Stered Ga(試聴)l」「Freddie Spruell / Milk Cow Blues」「Skip James / I'm So Glad」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Sidney Bechet, Lil Johnson, Bessie Smith, etc. - COPULATIN BLUES VOLUME ONE

  • ブルースLP
Sidney Bechet, Lil Johnson, Bessie Smith, etc.- シドニー・ベシェ、リル・ジョンソン、ベッシー・スミス、etc. - "COPULATIN' BLUES VOLUME ONE"
USA / LP / Mono / Stash ST101 / Rec 1930s / Pub 1976
ジャケット擦れ少々、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■放送禁止系コンピレーションでおなじみスタッシュの初期盤。内容最高。
後にはジョン・ピザレリなどジャズ、スウィング系のいいアルバムをたんまり作ったスタッシュは、設立当初は、クスリ系、エロもの、病気をテーマにしたものなど放送禁止系戦前ブルースの編集盤を専門にリリース。これは二枚目で、ずばりセックスをテーマにしたブルース、ジャズ・ブルースを収録。歌詞がすっと入ってこないのであれですが、音のほうは最高。ケニー・クラークがドラムを叩くR&Rみたいなシドニー・ベシェのブギ、アブナイ歌と言えばのフランキー・ジャクソン、ラング、クレス系のギター炸裂の男女デュオ、グラント&ウィルソン、ベッシー・スミスの非常に珍しい最後期33年音源などなど中身超濃いです。【曲】「Sidney Bechet And His New Orleans Feetwarmers / Preachin' Blues(試聴)」「Lil Johnson / Stavin' Chain (That Rockin' Swing)(試聴)」「Bessie Smith / Do Your Duty」「Oscar's Chicago Swingers / New Rubbin' On The Old Darn Thing」「Lil Johnson / Press My Button, Ring My Bell」「Johnny Temple / Stavin' Chain」「Merline Johnson / Don't You Make Me High」「Lil Johnson / You Stole My Cherry」「Bessie Smith / I Need A Little Sugar In My Bowl」「Coot Grant & Kid Wesley Wilson / Get Off With Me」「Tampa Red's Hokum Jug Band / My Daddy Rocks Me (With One Steady Roll)」「Grant & Wilson / Keep Your Hands Off My Mojo」「Jelly Roll Morton / Winin' Boy」「Lucille Bogan / Shave 'Em Dry」「Bessie Jackson / Barbecue Bess」「Georgia White / I'll Keep Sittin' On It (If I Can't Sell It)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jim Jackson, El Watson, Ishman Bracey, etc. - FILLIN THE BLUES

  • ブルースLP
 Jim Jackson, El Watson, Ishman Bracey, etc.- ジム・ジャクソン、エル・ワトソン、イシュマン・ブレイシー、etc. - "FILLIN' THE BLUES"
USA / LP / Stereo / Herwin 205 / Rec 1928 to 30 / Pub 1973
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れ、B面に長い擦れあり、音に出ません
Jacket 4 / Disc 3.5 / Sound 4  3800 yen
■ハーウィン・レーベルが、レア度で選んだというカントリー・ブルース集。
24年に自主レーベルとしてスタート、30年まで、ヒルビリー、カントリー・ブルース、ゴスペル等をリリースしたハーウィン。それから30年以上たった後に、コレクター&研究家バーナード・クラツコが、ヤズーやオリジンの面々とともに再始動、こだわりの編集盤をリリースした、この手の中でも最もコアなレーベルの一つ。これはなんと、原盤自体のレア度で選んだ、という一枚。しかし、最も無名なものの中にいい音楽が潜んでいる場合が多い、と但し書きがあって、これも内容は心配ございません。A面はギター系、ジャグ・バンド、ハーモニカ・ブルース、B面はピアノ・ブルースを収録。「Cow Cow Blues」は別テイクだそう。【曲】「Hesitation Blues / Jim Jackson(試聴)」「John Henry - part 2 / Furry Lewis」「Last Chance Blues / Cannon's Jug Stompers」「The Rooster Crowing Blues」「Narrow Face Blues / Washboard Walter」「Insurance Man Blues」「It's Tight Like That / Slim Bartin And Eddie Mapp(試聴)」「Sweet Bunch Of Daisies / El Watson」「Cow Cow Blues / Cow Cow Davenport(試聴)」「Struttin' The Blues」「Corinne Corinna Blues / James 'Boodle It' Wiggins」「Gotta Shave 'Em Dry」「Piano Kid Special / Piano Kid Edwards」「Give Us Another Jug」「Bust Blues / Ishman Bracey」「Louisiana Bound / Charley Taylor」「Too Damp To Be Wet」「Where My Shoes At?」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

June Richmond, Annisteen Allen, Mary Dixon, etc. - SWEET PETUNIAS

  • ブルースLP
 June Richmond, Annisteen Allen, Mary Dixon, etc.- ジューン・リッチモンド、アニスティーン・アレン、メアリー・ディクソン、etc. - "SWEET PETUNIAS"
USA / LP / Mono / Rosetta RR1311 / Rec 1920s to 50s / Pub 1986
見開きジャケット擦れわずか、色あせ少々、内側下部に小はがれ、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 3 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■女性ブルース限定で編集盤を出したロゼッタ・レコードから、セクシーなナンバーでまとめられたオムニバス。
ペチュニアとは花の種類で、ブルースの詩の世界ではセックスを意味するのだそう。これは、戦前(50年代も少しあり)女性ブルースで、特にセクシーなナンバーを選りすぐったこのレーベルならではの一枚。キャブ・キャロウェイ楽団のシンガーだったジューン・リッチモンド、「フジヤマ・ママ」のアニスティーン・アレン、中でも破廉恥な歌を歌ったメアリー・ディクソン、ヴィクトリア・スパイヴィーやビッグ・ママ・ソーントン、バーサ・チッピー・ヒルなどおなじみの顔ぶれも独特な選曲の16曲。【曲】「June Richmond / Baby Don't Tell Me No Lie」「Annisteen Allen / Baby, I'm Doin' It」「Mary Dixon / All Around Mama(試聴)」「Etta Jones / The Richest Guy In The Graveyard」「Monette Moore / You Don't Live Here No More」「Mae West / My Man Friday」「Stella Johnson / Don't Come Over」「Ella Johnson / Well Do It」「Bea Foote / Try And Get It」「Bertha Chippie Hill / Charlston Blues(試聴)」「O'Neil Spencer / Sweet Patootie」「Victoria Spivey / Sweet Peas」「Bandanna Girls / Part Time Papa」「Betty Hall Jones / You Got To Have What It Takes」「Helen Humes / Living My Live My Way(試聴)」「Big Mama Thornton / Stop Hoppin On Me」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Pablo Casals - BACH : CELLO SUITE UNACCOMPANIED COMPLETE

  • クラシックLP
 Pablo Casals- パブロ・カザルス - "BACH : CELLO SUITE UNACCOMPANIED COMPLETE"
Japan / LP / Mono / Angel GR2017-19 / Rec 1936 to 1939 / Pub ?
ボックス擦れわずか、内側しみ少々、レーベル三枚ともひげほんのわずか、盤三枚とも擦れほぼ無し、ブックレットしみ少々
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  4800 yen
■カザルスの無伴奏チェロ組曲を完全収録した3LPボックス・セット。
それまで練習曲としか思われていなかったバッハの『無伴奏チェロ組曲』の素晴らしさを発見し録音したカザルス。これは、もしかするとクラシックの世界でも最も有名な録音かもしれないその作品を、6番まで全曲収録した日エンジェルのLP三枚組ボックス・セット。村田武雄、大木正興らの寄稿、曲解説と、36曲全ての楽譜付きのブックレット。試聴は一番の一曲目と三番の4曲目。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2019年4月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
2019年5月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.