(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: 30s)

(Catalog Reprint) - 1930 NATIONAL STRING INSTRUMENTS CATALOG (REPRINT)

  • ギター・カタログCDetc
 (Catalog Reprint)- ナショナル・ギター社カタログ - "1930 NATIONAL STRING INSTRUMENTS CATALOG (REPRINT)"
USA / CDetc / n/a / Vintage Paper No Number / Rec 1930 / Pub ?
表表紙小汚れ、他きれい
Jacket 4 / Disc n/a / Sound n/a  1980 yen
■ナショナル・ギター社1930年のカタログのリプリント。
鉄製のボディで、音を増幅するアルミの皿状のコーンを内蔵、ラッパ中心の時代の音楽の中でもはっきりと主張する大きな音のギターを作った米ナショナル社。1927年にジョンとルディのドピエラ兄弟らが創業、エレキギターに取って変わられる42年まで存続しました。ドピエラ兄弟(Dopyera Brothers)は28年にドブロ社(Dobro)を作り、基本構造は同じドブロ・ギターも製造。ちなみにこのナショナル、史上初のエレキ・ギター"フライング・パン"を作ったアドルフ・リッケンバッカーも在籍していたという会社。最後のページに顔写真もあります。調べたところ今は無いようですが、ウィスコンシンのヴィンテージ・ペーパーという会社が作ったもの。ラストの写真はサイズ比較で、盤はこれです。ほとんどナショナル・ギター使用の音源。こちらもぜひ。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Big Bill Broonzy, Memphis Minnie, Johnnie Temple, etc. - BLUES ROOTS / CHICAGO - THE 1930S

  • ブルースLP
 Big Bill Broonzy, Memphis Minnie, Johnnie Temple, etc.- ビッグ・ビル・ブルーンジー、メンフィス・ミニー、ジョニー・テンプル、etc. - "BLUES ROOTS / CHICAGO - THE 1930S"
USA / LP / Mono / Folkways RBF16 / Rec 1930s to 1940 / Pub 1967
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか、インサートきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 3800 yen
■フォークウェイズ/RBFから、30年代シカゴのブルース集。
30年代にはエレキ・ギターの発明があり、当然ブルースマン達にもその波は押し寄せ強大な音で自分のプレイを主張、それまでとは違う音楽が生まれる素地、余地が出てた時代。これはその頃の7アーティスト14曲収録。バンドをバックにし、親指のベースラインをやめ高音弦のみでデカイ音を出し始めたビッグ・ビル・ブルーンジー、同じスタイルでさらに先を予見させる音を出したメンフィス・ミニー、リトル・ウォルターやストーンズもカバーしたジャズ・ジラムのブルース・クラシック「Key To The Highway」などなど。【曲】「Big Bill Broonzy / When I Had Money(試聴)」「I've Got To Dig You」「Keep Your Hands Off Her」「Memphis Minnie / Hold Me Blues」「Killer Diller(試聴)」「Johnnie Temple / New Louise Louise Blues」「So Lonely And Blue」「Jazz Gillum / Key To The Highway(試聴)」「Go Back To The Country」「Big Maceo / Winter Time Blues」「St. Louis Jimmy / Going Down Slow」「Washboard Sam / Come On In」「Yes! I Got Your Woman」「Just Got To Hold You」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Ocie Stockard And The Wanderers - 1937 THE FAMOUS FOURTEEN

  • ウエスタン・スウィングLP
 Ocie Stockard And The Wanderers- オシー・ストッカード&ザ・ワンダラーズ - "1937 THE FAMOUS FOURTEEN"
USA / LP / Mono / Origin Jazz Library OJL8103 / Rec 1937 / Pub 1970s
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤ほぼ新品同様
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■ウエスタン・スウィング・バンド、オシー・ストッカードの編集盤。
ブルース、ジャズのSP盤リイシュー・レーベルのパイオニア、オリジン・ジャズ・ライブラリーが、カントリーをリリースしていたとはオドロキ。でもやっぱり、オリジンが出すだけあって内容は抜群。ミルトン・ブラウンと一緒にやっていたバンジョー奏者オシー・ストッカードが始めたグループで、40年代初頭に特に活躍するのですが、これは初録音を収録した一枚。なんと収録の全14曲、37年のある日たった一日で全て録音されたそうで、ジャズ・トランぺッターのハリー・パーマーが全編に参加。カントリー色は薄めで、南部の田舎のジャズという感じ。全てこの盤で初めてLP化されたものだそう。【曲】「There'll Be Some Changes Made(試聴)」「Just Blues」「Same Thing All The Time」「Wabash Blues」「Please Sing For Me(試聴)」「To My House」「Black And Blues」「Ain't Nobody Truck Like You」「One Of Us Was Wong」「Turn Your Lights Down Low」「How Come?」「Why Shouldn't I」「Long Ago」「What's The Matter」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Albert Ammons, Pete Johnson, Jimmy Yancey - BOOGIE WOOGIE MAN

  • ブルース/ブギウギLP
 Albert Ammons, Pete Johnson, Jimmy Yancey- アルバート・アモンズ、ピート・ジョンソン、ジミー・ヤンシー - "BOOGIE WOOGIE MAN"
France / LP / Mono / RCA 730561 / Rec 1939 to 1941 / Pub 1972
コーティング・ジャケット擦れ少々、レーベルにスタンプ、ひげ無し、盤極表層のスクラッチ少し
Jacket 3.5~4 / Disc 3.5 / Sound 3.5  2480 yen
■A面はアモンズ&ジョンソンの二台ピアノ録音、B面は開祖ヤンシーの39/40年録音。
まずA面は、ブギウギ史上最高の三人のうち二人、アモンズとジョンソン(もう一人はミード・ラックス・ルイス)が、41年に二台ピアノで録音した強力な8曲。この10インチLPと全く同じものが収録されています。A面の試聴はそれで聞いていただくとして、裏面はジミー・ヤンシー。上の三人に多大な影響を与えた(1910年代という話)ブギウギ・ピアノの開祖的プレイヤー。ベイビー・ドッズやチャーリー・パットンが他の人と違うようにヤンシーも違う絶品のナンバーを8曲。39、40年。フランスRCA盤。【曲】「A. Ammons - P. Johnson / Barrelhouse Boogie」「Boogie Woogie Man」「Cuttin' The Boogie」「Pine Creek」「Sixth Avenue Express」「Foot Pedal Boogie」「Movin' The Boogie」「Walkin' The Boogie」「J.Yancey / Yancey Stomp」「State Street Special」「Tell 'Em About Me(試聴)」「Five O'Clock Blues」「Yancey's Bugle Call(試聴)」「Death Letter Blues」「35th And Dearborn」「Crying In My Sleep(試聴)」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Spirits Of Rhythm - 1933-34

  • ジャズ/ジャイヴLP
Spirits Of Rhythm- スピリッツ・オブ・リズム - "1933-34"
U.K. / LP / Mono / JSP 1088 / Rec 1933, 1934 / Pub ?
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ極わずか、盤ほぼ新品同様
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■黒人ジャイヴ系最強のストリング・バンド、スピリッツ・オブ・リズムの編集盤。
黒人ジャイヴ系最強のストリング・バンド、スピリッツ・オブ・リズム。ジャズ・ギタリスト、テディ・バンに、スキャットを得意にしたジャズ・シンガーのレオ・ワトソン、そしてティプレを弾きながら歌うウィルバーとダグラスのダニエル兄弟によるグループ。33年と34年の音源を集めたコンピレーション。【曲】「Nobody's Sweetheart」「I Got Rhythm」「I've Got The World On A String(試聴)」「I Got Rhythm」「Rhythm(試聴)」「I'll Be Ready When The Great Day Comes」「My Old Man」「Way Down Yonder In New Orleans」「I've Got The World On A String」「From Monday On」「As Long As I Live」「Junk Man」「Dr.Watson And Mr. Holmes -1」「Dr.Watson And Mr. Holmes -2(試聴)」「That's What I Like About You」「Shoutin' In That Amen Corner」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Andrews Sisters - THE EARLY YEARS 1937-1942

  • ジャズ・コーラスLP
 Andrews Sisters- アンドリュース・シスターズ - "THE EARLY YEARS 1937-1942"
Denmark / LP / Mono / Official 12005 / Rec 1937 to 1942 / Pub 1988
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ極わずか、盤ほぼ新品同様
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■シスターズ・コーラス・グループの最高峰、アンドリュース・シスターズの初期の音源を収録した一枚。
実の3姉妹コーラス・グループ、アンドリュー・シスターズ。ボスウェル・シスターズを真似することから始まった彼女たち、中高生ぐらいの時からステージに立ち、37年の「Bei Mir Bist Du Schon」から注目され、黄金時代が始まります。これは37年のデビュー盤(両面)から42年までの音源をまとめたデンマーク・オフィシャルの編集盤。まるで一度のセッションで録音されたと言われても信じてしまいそうな統一感のある16曲。きれいなSP盤をそのまま聞いているような音質もいい一枚。【曲】「Just A Simple Melody」「Why Talk About Love?(試聴)」「I Married An Angel」「Love Is Where You Find It」「When A Prince Of A Fella Meets A Cinderella」「Chico's Love Song(試聴)」「Let's Have Another One」「I Want My Mama (Mammae Eu Quero)」「Oh He Loves Me」「 I Wish I Had A Dime」「Music Makers」「Sleepy Serenade(試聴)」「Why Don't We Do This More Often?」「Honey」「What To Do」「A Zoot Suit」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

V.A., Memphis Jug Band, Mississippi Jook Band, Chasey Collins Washboard Band, etc - THE JUG, JOOK AND WASHBOARD BANDS

  • ブルース/ジャグ・バンドLP
 V.A., Memphis Jug Band, Mississippi Jook Band, Chasey Collins Washboard Band, etc- メンフィス・ジャグ・バンド、ミシシッピ・ジュック・バンド、チェイシー・コリンズ・ウォッシュボード・バンド、etc. - "THE JUG, JOOK AND WASHBOARD BANDS"
USA / LP / Mono / Blues Classics BC2 / Rec 1930s / Pub 1970s
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ極わずか、盤ほぼ新品同様
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■アーフーリーの戦前ジャグ・バンド編集盤。
カントリー・ブルースに比べると弾数が少ない戦前のジャグ・バンドの編集盤ですが、これはアーフーリーからリリースされたこの手のものの名盤の一つ。メンフィスとダラスを代表するメンフィス・ジャグ・バンド、ダラス・ジャグ・バンドに、ジャズ・クラのジョニー・ドッズが参加したディキシーランド・ジャグ・ブロワーズ、シカゴのウォッシュボード・サム等の大物に加え、スライドG、ヴァイオリン、カズーも加わったチェイシー・コリンズ・バンド、テンポ&ノリの良さは200%のウォッシュボード・リズム・キングス等々収録。【曲】「Memphis Jug Band / Rukus Juices And Chittlin'(試聴)」「Dallas Jug Band / Elm Street Woman Blues」「Dixieland Jug Blowers / Hen Party Blues」「Walter Taylor's Washboard Band / Thirty Eight」「Mississippi Jook Band / Hittin' The Bottle Stomp」「Chasey Collins' Washboard Band / Atlanta Town(試聴)」「Washboard Sam / Bucket's Got A Hole In It」「Washboard Rhythm Kings / Brown Skin Mama(試聴)」「Memphis Jug Band / Cocaine Habit」「Birmingham Jug Band / Wild Cat Squall」「Ed Kelly's Washboard Band / Shim Shaming」「Memphis Jug Band / Stonewall Blues」「Washboard Sam / Sophisticated Mama」「Memphis Jug Band / Jazzbo Stomp」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

V.A. Cannons Jug Stompers, Old Southern Jug Band, etc. - THE JUG BANDS

  • ブルース/ジャグ・バンドLP
 V.A. Cannon's Jug Stompers, Old Southern Jug Band, etc.- キャノンズ・ジャグ・ストンパーズ、オールド・サザン・ジャグ・バンド、etc. - "THE JUG BANDS"
USA / LP / Mono / RBF RF6 / Rec 1924 to 1931 / Pub 1963
ジャケット表裏小よごれ、レーベルひげわずか、盤ごく表層のスクラッチ少々
Jacket 3.5 / Disc 3.5 / Sound 3.5  2980 yen
■ジャグ・バンドの初期の名演を集めた編集盤。
フォークウェイズの親戚レーベル、RBFから、戦前のジャグ・バンドの記念碑的なナンバーを収録した一枚。他のRBFのレコードと同じく、サミュエル・チャーターズが編集にあたった本作の幕開けは、ジャグ・バンド最初期のレコードとしても有名な、オールド・サザン・ジャグ・バンド(ディキシーランド・ジャグ・ブロワーズの前身)の24年のSP盤AB面。オールド...が活躍したケンタッキー州ルイヴィルがジャグ・バンドの発祥地なのですが、そこからこのオンボロ・ブルース・バンド・スタイルは各地に飛び火。そしてそれぞれの土地で生まれた名物グループの重要作もきっちり収録。上のオリジン盤、BC盤とは曲の重なり無し。初期はこういう丁寧な編集がされていました。※ライナー欠品。【曲】「Old Southern Jug Band / Blues, Just Blues, That's All(試聴)」「Old Southern Jug Band / Hatchet Head Blues」「Birmingham Jug Band / Bill Wilson」「King David's Jug Band / Rising Sun Blues(試聴)」「King David's Jug Band / What's That Tastes Like Gravy」「Cannon's Jug Stompers / Mule Get Up In The Alley」「Clifford 's Louisville Jug Band / Struttin' The Blues」「Memphis Jug Band / Overseas Stomp」「Memphis Jug Band / Whitewash Station(試聴)」「Memphis Jug Band / She Done Sold It Out」「Dixieland Jug Blowers / Florida Blues」「Dixieland Jug Blowers / Bajoreno」「Dixieland Jug Blowers / Carpet Alley(試聴)」「Dixieland Jug Blowers / House Rent Rag」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Washboard Sam - BLUES CLASSICS BY WASHBOARD SAM

  • ブルースLP
 Washboard Sam- ウオッシュボード・サム - "BLUES CLASSICS BY WASHBOARD SAM"
USA / LP / Mono / Blues Classics BC10 / Rec 1930s / Pub 1970s
ジャケット表裏擦れ少々、レーベルひげ少々、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2480 yen
■洗濯板+ターンテーブル(シンバル替わり)でジャカジャカとリズムをとりながら歌うウォッシュボード・サム。
20年代のメンフィスでスリーピー・ジョン・エステスらと演奏、その後シカゴに移りブルードバード・レーベルのセッション・ミュージシャンとしてメンフィス・スリムや義兄弟のビッグ・ビル・ブルーンジー、タンパ・レッド、ジャズ・ジラム等と夫々のセッションに参加。1949年まで録音をしていていました。本作は彼の音源の決定盤といえる一枚で、「Mama Don't Allow」「Back Door」等の代表曲からマニアックなナンバーまで非常によくまとまったブルース・クラシックス盤。オリジナルは60年代、これは70年代のプレス。【曲】「Mama Don't Allow」「Jesse James Blues」「Mama Don't Allow No. 2」「Big Woman」「We Gonna Move」「Back Door」「Lowland Blues」「Out With The Wrong Woman」「Save It For Me(試聴)」「I'm On My Way」「Levee Camp Blues(試聴)」「Low Down Woman」「I'm Going To St. Louis(試聴)」「Lovers Lane Blues」「Flying Crow Blues」「Digging My Potatoes」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Blind Boy Fuller cw Brownie McGhee - CAROLINA BLUES

  • ブルースLP
 Blind Boy Fuller cw Brownie McGhee- ブラインド・ボーイ・フラー、ブラウニー・マギー - "CAROLINA BLUES"
U.K. / LP / Mono / Flyright LP105 / Rec 1936 to 1941 / Pub 1972
ジャケット円状の擦れ少々、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 3980 yen
■A面にブラインド・ボーイ・フラー、B面にブラウニー・マギーを収録した一枚。
先日アップしたダラムのブルース集と恐らく同時に製作、リリースされた一枚。金属製のナショナル・ギターを使った卓抜したフィンガー・ピッキング、曲によりウォッシュボードを入れて演奏される独特のスタイルのブラインド・ボーイ・フラーをA面に、ソニー・テリーとのデュオが良く知られる、やはりこの地のブルースマン、ブラウニー・マギーをB面に収録。【曲】「Blind Boy Fuller / Black And Tan」「Red's Got The Piccolo Blues」「If You Don't Give Me What I Want(試聴)」「Black Bottom Blues」「I Don't Want No Skinny Woman」「Wires All Down(試聴)」「Bull Dog Blues」「Brownie McGhee / Me And My Dog Blues」「Picking My Tomatoes(試聴)」「Money Spending Woman」「Step It Up & Go No 2」「Try Me One More Time(試聴)」「Poison Woman Blues」「Double Trouble」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Blind Boy Fuller, Welly Trice, Bull City Red, etc. - BULL CITY BLUES

  • ブルースLP
 Blind Boy Fuller, Welly Trice, Bull City Red, etc.- ブラインド・ボーイ・フラー、ウェリー・トライス、ブル・シティ・レッド、etc. - "BULL CITY BLUES"
U.K. / LP / Mono / Flyright LP106 / Rec 1935 to 1947 / Pub 1972
コーティング・ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ無し、盤ほぼ新品同様
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 3980 yen
■"ブル・シティ"と言われるノース・キャロライナ州ダラムのブルース集。
東海岸ノースカロライナ州の中央の町ダラム。これはダラムを拠点にしたカントリー・ブルースマンの音源を集めた、初期フライライトの傑作編集盤。この町はやはりブラインド・ボーイ・フラーが代表格、そしてフラーの周りに集ったブルースマン達を、ソニー・テリーなど有名な人から無名な人まで隔てなく収録。ミシシッピのヘヴィーさやテキサスのタフさとはまた違う、歌心のある滋養にあふれた極上ブルースの数々。ソニー・テリーの、ハーモニカとウォッシュボードだけの伴奏に裏声Voなんて斬新。"悪魔の義理の父親"っていう芸名も最高。コイツがまた素晴らしい演奏します。【曲】「Sonny Terry & Oh Red / Harmonica And Washboard Blues」「Little Boy Fuller / Lazy Bug Blues」「Welly Trice / Come On In Here Mama」「Bull City Red / Black Woman And Poison Blues」「Devil's Daddy-In-Law / Lookin' For My Baby(試聴)」「Rich Trice / Come On Baby(試聴)」「Blind Boy Fuller / Homesick And Lonesome」「Devil's Daddy-In-Law / I Don't Want No Hungry Woman」「Little Boy Fuller / Shake Your Stuff」「Welly Trice / - Let Her Go God Bless Her」「Bull City Red / I Won't Be Dogged Around」「Blind Boy Fuller / Passenger Train Woman」「Brownie McGhee / Dealing With The Devil(試聴)」「Rich Trice / Trembling Bed Spring Blues」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Orchestre Creoles Band, Jazz Sam Castandet, Notte And His Creole Band, etc, - JAZZ AND HOT DANCE IN MARTINIQUE 1929-1950

  • マルティニークの音楽LP
 Orchestre Creole's Band, Jazz Sam Castandet, Notte And His Creole Band, etc,- オーケストラ・クレオールズ・バンド、ジャズ・サム・カスタンデ、ノッテ&ヒズ・クレオール・バンド、etc. - "JAZZ AND HOT DANCE IN MARTINIQUE 1929-1950"
U.K. / LP / Mono / Harlequin HQ2018 / Rec 1929 to 1951 / Pub 1980s
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ極わずか、盤ほぼ新品同様
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■世界中の戦前ジャズ、ダンス音楽のSP盤を編集、再発していた英のハーレクイン・レーベルから、仏領マルティニーク編。
ジャズやダンス・バンドではなく、マルティニークでしか生まれ得なかったビギンの貴重なヴィンテージ録音が多く収録された一枚。人口構成がニューオーリンズとそっくりなこの島で、しかもジャズの誕生とほぼ平行して姿を現したというビギンはニューオリンズのジャズと似てはいますが、リズムの感じは全く違いむしろキューバ等に近い土台に自由に吹きまくるトロンボーンやクラ、スウィングするヴァイオリン、超絶バンジョーなどがアレンジされたまさに混血ミュージック。30年代にはようやくジャズも出始めますが、ビギンとブレンドされていて非常に面白い。この島には50年代まで録音スタジオが無かったようで、収録曲の録音は全てパリやNY。【曲】「L'Orchestre Antillais / Serpent Maigre(試聴)」「Mussieu Dollar」「Orchestre E. Leardee Du Celebre Bal Colonial De La Rue Blomet / La Belle Amelie」「Orchestre Creol's Band / Ninon(試聴)」「Taint No Sin」「Notte And His Creol Band De La Coupole Montparnasse / En Bas Caille La」「I've Found A Wonderful Girl」「Salnave And His Band / Brown Love」「Jazz Sam Castandet / Sweet Georgia Brown」「Haitian Orchestra / Sous Les Palmiers」「Fredy Jumbo Et Son Orchestre / Swing 42」「Jean Ferret Et Son Orchestre / Swing Guitars(試聴)」「Harry Cooper Et Son Orchestre / Nuages」「Ensemble Swing Du Hot Club / Georgina」「Jam Session No.6 / China Boy」「Orchestre Del's Jazz Biguine / La Figuie(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2017年4月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
2017年5月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.