(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: 30s)

Slim And Slam - MATZOH BALLS

  • ジャズ/ジャイヴLP
 Slim And Slam- スリム&スラム - "MATZOH BALLS"
Denmark / LP / Mono / Caete LP4 / Rec 1930s / Pub 1970s
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 3.5~4 / Sound 4  2680 yen
■スリム・ゲイラード&スラム・ステュアートの無二のジャイヴ・デュオ。
デンマークのCaeteという、多分4枚だけを70年代に出したジャズ編集盤レーベルから、スリム・ゲイラード&スラム・ステュアートの音源集。ピアノもギターもメインストリームでも超一級を行けるはずなのに裏街道を突き進んだスリム・ゲイラードと、ビバップ時代でも最高のベーシストになったスラム・ステュワートのスキャット・シンギン、他メンバーにも恵まれてまるで聞いたことの無い発明品のような奇天烈ジャイヴを連発。フォロワーらしいフォロワーがいないのも彼らのスゴさを物語っています。二人組の活動期間は短いので全部が黄金期。この編集盤のシリーズと収録曲結構重なっています。試聴一曲目は多分これでしか聞けないはず。【曲】「Sweet Safronia(試聴)」「Matzoh Balls(試聴)」「It's Gettin' Kinda Chilly」「It's You, Only You」「Chitlin' Switch Blues」「Huh! Oh Huh!」「Slim Slam Boogie」「Look Out!」「Swingin' In The Key Of C」「A-Well-A-Take-'Em-A-Joe」「That's A Bringer, That's A Hanger, That's A Drag」「Humpty Dumpty」「Bassology」「Laughin' In Rhythm」※今日のアップはこの二枚です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Monroe Brothers - THE MONROE BROTHERS

  • ヒルビリー/ブルーグラスLP
 Monroe Brothers- モンロー・ブラザーズ - "THE MONROE BROTHERS"
USA / LP / Mono / Old Time Classics 6003 / Rec 1936 to 1938 / Pub 1970s
ジャケット擦れ少々、レーベルひげほぼ無し、盤擦れほぼ無し、B面若干センターずれ、ほぼ気になりません
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ビル・モンローが兄チャーリーとやっていた伝説のヒルビリー・デュオ。
ブルーグラス・ボーイズ以前、ビルと兄のチャーリーがデュオでやっていたモンロー・ブラザーズ。36年から2年の間に60曲を録音、これはその中から13曲を収録したアーフーリー/オールドタイム・クラシックスの編集盤。ブルーグラス・ボーイズの骨格だけを裸にして見せてくれるようなナンバーの数々。【曲】「I'm Going That Way」「My Saviour's Train(試聴)」「Dreamed I Searched Heaven For You」「Old Cross Road(試聴)」「Forgotten Soldier Boy」「What Would The Profit Be」「I Have Found The Way」「Oh Hide You In The Blood」「 Let Us Be Lovers Again」「My Last Moving Day;. Old Man's Story」「On My Way Back Home」※本日のアップはこの一枚です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Blue Sky Boys - THE SUNNY SIDE OF LIFE

  • ヒルビリー/カントリーLP
 Blue Sky Boys- ブルー・スカイ・ボーイズ - "THE SUNNY SIDE OF LIFE"
USA / LP / Mono / Rounder 1006 / Rec 1930s / Pub 1973
ジャケット擦れ少々、裏面極小書き込み、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■ヒルビリー・デュオ、ブルー・スカイ・ボーイズの編集盤。
優しいギターの爪弾きとコロコロ転がるようなマンドリンのトレモロ、私的な祈りにも似た静かなハーモニーを聞かせたヒルビリー・デュオ、ブルー・スカイ・ボーイズ。36年ブルーバードからデビュー、その後モンゴメリー・ワード・レコードに、戦後はRCAに移籍、60年代まで人気となりました。これは彼らのデビュー盤から40年頃までの音源を選りすぐった、音質もいい決定盤的編集盤。試聴のようなムードのナンバー中心、張りのあるアップも落ち着いた雰囲気でとてもいいです。初期ラウンダーの名盤。【曲】「Alabama」「Sweet Allalee(試聴)」「In The Hills Of Roane County(試聴)」「Are You From Dixie」「I'm S-A-V-E-D」「Don't Say Goodbye If You Love Me」「Down On The Banks Of The Ohio」「Turn Your Radio On」「Kentucky In The Hills Of Boone County」「Picture From Life's Other Side」「Katie Dear」「Lightning Express」「Fair-Eyed Ellen」「Asleep In The Briny Deep」「Dust On The Bible」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Holy Ghost Sanctified Singers, Elder Richard Bryants Sanctified Singers, etc. - GOD GIVE ME LIGHT 1927-1931

  • ブルース/ゴスペルLP
 Holy Ghost Sanctified Singers, Elder Richard Bryant's Sanctified Singers, etc.- ホーリー・ゴースト・サンクティファイド・シンガーズ、エルダー・リチャード・ブライアンツ・サンクティファイド・シンガーズ、etc. - "GOD GIVE ME LIGHT 1927-1931"
USA / LP / Mono / Herwin / Rec 1927 to 1931 / Pub early1970s
ジャケット擦れわずか、しみ少々、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  4500 yen
■ハーウィン・レーベルの戦前ゴスペル集。
24年に自主レーベルとしてスタート、30年まで、ヒルビリー、カントリー・ブルース、ゴスペル等をリリースしたハーウィン。それから30年以上たった後に、コレクター&研究家バーナード・クラツコが、ヤズーやオリジンの面々とともに再始動、高品質なこだわりの編集盤をリリースした、この手の中でも最もコアなレーベルの一つ。ジャグ・バンドと女性たちのコーラスの、ホーリー・ゴースト・サンクティファイド・シンガーズ、ブラック・ヒルビリー・ゴスペルのリーダー・クリーヴランド、女性Voとワイルドな伴奏が塊で盛り上がるエルダー・カリーなどなど耳を塞ぎたくなるような強烈な全16曲。【曲】「Holy Ghost Sanctified Singers / Thou Carest Lord For Me」「When I Get Inside The Gate」「Elder Richard Bryant's Sanctified Singers / Lord, Lord He Sure Is Good To Me」「Come Over Here」「Ernest Phipps And His Holiness Quartet / If The Light Has Gone Out In Your Soul」「Bright Tomorrow(試聴)」「Louisville Sanctified Singers / God Give Me Light」「So Glad I'm Here」「Holy Ghost Sanctified Singers / Sinner, I'd Make A Change」「Jesus Throwed Up A Highway For Me」「Elder Richard Bryant's Sanctified Singers / How Much I Owe For Love Divine」「Watch Ye, Therefore, You Know Not The Day(試聴)」「Elder Curry / Memphis Flu」「Leader Cleveland / Babylon Is Falling Down」「Way Beyond The Blue」「Ernest Phipps And His Holiness Quartet / Jesus Is Getting Us Ready For That Great Day」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Stuff Smith And His Onyx Club Orchestra - STUFF SMITH AND HIS ONYX CLUB ORCHESTRA

  • ジャズLP
 Stuff Smith And His Onyx Club Orchestra- スタッフ・スミス&ヒズ・オニクス・クラブ・オーケストラ - "STUFF SMITH AND HIS ONYX CLUB ORCHESTRA"
Switzerland / LP / Mono / Collectors 12-12 / Rec 1936 / Pub 1970s
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 3.5  2680 yen
■ジャズ・ヴァイオリニスト、スタッフ・スミスの音源集。
ジョー・ヴェヌーティ、ステファン・グラッペリ、エディ・サウス等と並ぶジャズ・バイオリンの先駆、スタッフ・スミス。20年代はテキサスのジャズ・バンドで修行、その後NYのオニクス・クラブの常連になり頭角を現し、後には後輩の若きチャーリー・パーカーやサン・ラとも活動。これは最初期、そのオニクス・クラブ時代のホットな音源を収録した一枚で、初録音盤から順に16曲収録した一枚。ヴェヌーティ&ラングのソリッドなスウィングにハーレム・サウンドをミックス、そしてルイ・ジョーダンが上品に思えてしまうエグ味も注入、もうブラックR&Rが見えてくるようなナンバーの数々。スイス・コレクターズ・レーベルからで、この盤は二曲追加されたセカンド・エディション。【曲】「I'se A Muggin' 1」「I'se A Muggin' 2」「I Hope Gabriel Likes My Music(試聴)」「I'm Putting All My Eggs In One Basket」「I Don't Want To Make History」「Tain't No Use」「You'se A Viper(試聴)」「After You've Gone」「Robins And Roses」「I've Got A Heavy Date」「It Ain't Right」「Old Joe's Hittin' The Jug」「Serenade For A Wealthy Widow」「Knock, Knock, Who's There?」「Bye, Bye Baby」「Here Comes The Man With The Jive」※本日のアップはこの一枚です


By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Carter Family - A.P., SARA AND MAYBELLE CARTER

  • ヒルビリーLP
Carter Family- カーター・ファミリー - "A.P., SARA AND MAYBELLE CARTER"
Japan / LP / Mono / MCA VIM4012 / Rec 1930s / Pub 1976
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し、インサートきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■デッカ・レコード時代をまとめた日本独自編集盤。全曲これで初LP化。
20年代にビクターから華々しくデビュー、瑞々しい響きのマウンテン・ミュージックを広めたカーター・ファミリー。30年代に入りデッカ・レコードに移籍、かなり趣の違った枯れたフォーク・ハーモニーとなりました。このアルバムは三井徹監修の一枚で、全てこの盤で初LP化となったデッカ時代の音源集。ビクター時代は特に若いメイベル(写真左)の存在感が大きかったですが、デッカ時代はセイラ(右)がリード・ボーカル、それをメイベルとセイラの夫APがサポートする、というスタイルのナンバーが多いです。セイラの年輪を感じさせる無色の歌が本当にすばらしい。帯無し、解説・歌詞付き。【曲】「There's No One Like Mother To Me(試聴)」「Answer To Weeping Willow」「In The Shadow Of The Pines(試聴)」「In The Shadow Of Clinch Mountain」「Lover's Lane」「He Never Came Back」「Dark Haired True Lover」「Look How This World Made A Change」「When This Evening Sun Goes Down」「They Call Her Mother」「Who's That Knocking' On My Window」「Just A Few More Days」「Farewell Nellie」「Little Girl That Played On My Knee」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Andy Iona, Brown Cats Of Rhythm, Tau Moes Tropical Stars,etc. - JAZZ AND HOT DANCE IN HAWAII 1929-1945

  • ジャズ/ハワイの音楽LP
Andy Iona, Brown Cats Of Rhythm, Tau Moe's Tropical Stars,etc.- アンディ・アイオナ、ブラウン・キャッツ・オブ・リズム、タウ・モエズ・トロピカル・スターズ、etc. - "JAZZ AND HOT DANCE IN HAWAII 1929-1945"
U.K. / LP / Mono / Harlequin HQ2070 / Rec 1929 to 1945 / Pub 1989
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ少々、盤極浅い擦れわずか、A2に表層スクラッチの箇所あり、音にほぼ出ません
Jacket 3.5 / Disc 3.5 / Sound 4  2980 yen
■英ハーレクインの、世界の戦前ジャズ・シリーズから、ハワイ編。
バップ以降のジャズがほぼ定着しなかったハワイにとって、スウィングまでの時代は全てが斬新。仏のサックス奏者のようなビブラートのかかったメロウなアルト、メロディアスなバリトン、コルネット、それにジャズ・ギターという編成のアンディ・アイオナ、ソル・ホオピイに並ぶギタリスト、キング・ベニ-・ナワヒのハワイアン・ブルース、スティール・ギターとバンジョーというデュオのマスターズ・ハワイアンズ、本土のR&Bジャズ・バンド顔負けのブラウン・キャッツ・オブ・リズム、何十年も後にボブ・ブロズマンとも共演するタウ・モエらのハワイアン・ジャズ・コーラスなどなど収録。 【曲】「Andrew Aiona Novelty Four / Paahana」「Four Hawaiian Guitars / Black Boy Blues(試聴)」「King Nawahi's Hawaiians / Tickling The Strings」「Black Devils / Tiger Rag(試聴)」「Georgia Jumpers / The Big Feet Rag」「Master's Hawaiians / Lion Rag」「Kanui & Lula / Tomi Tomi」「Andy Iona And His Islanders / Minnehaha Hawaiian Stomp(試聴)」「Wailana Grass Shack Boys / St. Louis Blues」「Brown Cats Of Rhythm / Why Can't This Night Go On Forever (Take 1)(試聴)」「Brown Cats Of Rhythm / Sweet Georgia Brown (Take 1)」「Brown Cats Of Rhythm / Body And Soul」「Brown Cats Of Rhythm / I Got Rhythm」「Brown Cats Of Rhythm / Why Can't This Night Go On Forever (Take 2)」「Brown Cats Of Rhythm / Sweet Georgia Brown (Take 2)」「Tau Moe's Tropical Stars With Dr. Jazz / Paducah」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Goebel Reeves - THE TEXAS DRIFTER

  • ヒルビリーLP
 Goebel Reeves- ゴーベル・リーヴス - "THE TEXAS DRIFTER"
USA / LP / Mono / Glendale GL6010 / Rec 1930s / Pub 1978
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3680 yen
■放浪の弾き語りシンガー、ゴーベル・リーヴスの音源集。
ライナーをぜひに読んでほしいです。1899年テキサス生まれ、1910年代半ば、16歳とかそのぐらいで流しの弾き語りシンガーの道に入り、戦争が始まる辺りまでその生活を続けた人で、ウディ・ガスリーがカバーした"Hobo's Lullabye"が特に有名。時にTV出演などで大金を掴んだりしたものの金は必要ない、とすぐにまた新たな放浪の旅に。同じ町には最長6か月というルールを課してひたすら流した彼の音楽は、とても優しく洗練されていて、かつ太い芯と寂しさもある絶品の弾き語りヒルビリー。ジミー・ロジャースとはまるで違ったヨーデル、口笛もものすごく上手い。そのホーボーズ・ララバイ等を含む彼の30年代音源集。音めちゃくいいです。店でシールドを開けた状態の美品。【曲】「Big Rock Candy Mountain(試聴)」「Hobo's Lullaby(試聴)」「Texas Drifter's Warning」「Hobo's Last Long Ride」「Blue Ridge Mountain Blues」「Oklahoma Kid」「Hobo Convention」「Dim Narrow Trail (Cowboy's Dream)」「Little Joe The Wrangler」「Cowboy's Lullaby」「Cowboy's Pal」「Pictures From Life's Other Side」「Dan Kelly's Courtin'」「Cowboy's Prayer」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Leadbelly - GOOD MORNING BLUES : EARLY LEADBELLY

  • ブルースLP
Leadbelly- レッドベリー - "GOOD MORNING BLUES : EARLY LEADBELLY"
USA / LP / Mono / Biograph -12013 / Rec 1935, 1940 / Pub 1969
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  3480 yen
■A面はウディ・ガスリーの紹介とともにレッドベリーが弾き語る7曲、B面は35年録音の7曲。
こちらの再入荷です。試聴は違うのでぜひ。なんというのか、アフリカの民俗音楽のように漠然とした印象しか持てないレッドベリーの、ブラインド・レモンやチャーリー・パットンが小さく聞こえてしまう無法な弾き語りが延々。【曲】「I Ain't Going Down」「Went Out On The Mountain」「Whoa Back」「Worried Blues」「Good Mornin' Blues」「You Can't Lose Me Charlie」「Boll Weevil」「Death Letter Blues」「Death Letter Blues (Continued)」「Kansas City Papa(試聴)」「Daddy I'm Coming Back To You」「Shorty George」「Yellow Jacket」「T.B. Woman Blues’(試聴)」※今日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Maggie Teyte - DEBUSSY MELODIES

  • クラシックLP
 Maggie Teyte- マギー・テイト - "DEBUSSY MELODIES"
France / LP / Mono / EMI 2904021 / Rec 1936-44 / Pub 1985
コーティング・ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■戦前のソプラノ歌手マギー・テイトのドビュッシー歌曲集。
イギリス生まれでフランスに渡ったソプラノ歌手、マギー・テイト。1906年にステージ・デビュー、数年のうちにドビュッシーが認めるまでとなり、ドビュッシーが生涯のうちただ一人だけ伴奏をつけたという逸話も知られるシンガー。これは、30年代~44年に録音されたドビュッシーのナンバーを集めた仏EMI盤。柔らかく太い中庸的な歌声とドビュッシーの静かで謎めいたメロディが不思議な魅力を醸し出しています。これほんとにいいかも知れん。全曲ピアノ伴奏で、演奏はコルトーとイギリス人の名歌伴ピアニスト、ジェラルド・ムーア。【曲】「Fetes Galantes(全6曲)」「Trois Chansons de Bilitis(全3曲)」「Le Promenoir Des Deux Amants(全3曲)」「Romance」「Beau Soir」「Green」「Le Jet d'Eau」「Proses Lyriques(全4曲)」「Ballade des Femmes de Paris」※今日のアップはこの一枚です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Art Tatum - SOLOS 1937

  • ジャズLP
Art Tatum- アート・テイタム - "SOLOS 1937"
USA / LP / Mono / Alamac QSR2428 / Rec 1937 / Pub early1970s
ジャケット擦れ極わずか、下部中央小縁裂け、裏面しみ少々、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■アート・テイタムの初期ソロ演奏を収録した一枚。
本当に並ぶ人がいない、神がかったピアノを弾いた盲目のジャズ・ピアニスト、アート・テイタム。テクニックのみならず、無尽蔵のヴァリエーション、ピカ一のメロディ・センスで、チャーリー・パーカーを始めビバップ以降のジャズ・マンたちに与えた影響は絶大。技術、メロディだけでなく編曲も魔法のよう。これは彼の初期37年に録音された(正式に出なかったテスト盤音源が多そう)ピアノ・ソロ集。何も言うことございません。影響を与えたファッツ・ウォーラーでさえ神と崇拝する演奏を是非聞いてください。【曲】「Fine And Dandy(試聴)」「Emaline」「I Guess I'll Have To Change My Plans」「Limehouse Blues(試聴)」「I Gotta Right To Sing The Blues」「Indiana」「I've Got The World On A String」「What Is This Thing Called Love」「I'm Comin' Virginia」「Can't We Be Friends」「You Took Advantage Of Me」「All God's Chillun Got Rhythm」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Cab Calloway, Ella Fitzgerald, Chik Webb - CAB - ELLA AND CHICK

  • ジャズLP
Cab Calloway, Ella Fitzgerald, Chik Webb- キャブ・キャロウェイ、エラ・フィッツジェラルド、チック・ウエッブ - "CAB - ELLA AND CHICK"
USA / LP / Mono / Bandstand 7125 / Rec 1936-40 / Pub 1975
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■キャブの珍しい30年代後半音源と、デビューしたてのエラ・フィッツジェラルドを収録した一枚。
A面はキャブ・キャロウェイの30年代後半の音源で、これまでLP化されていなかったレア曲中心の7曲。スウィング・ジャズといい塩梅でミックスされたキャブ劇場満開の7曲。裏面はチック・ウェッブ楽団のシンガーとしてデビューしたばかりのエラ・フィッツジェラルドと、ウェッブ亡き後その楽団を引き継いだ彼女のリーダー作を収録。その後のジャズ・ボーカルのお手本になった彼女の初々しくもすでに貫禄のある歌、バンドメンバーだったルイ・ジョーダン等の演奏もしっかり楽しめるインストも収録。30年代のスウィングの始まりから戦中ぐらいまでのジャズ名演の編集盤を出したバンドスタンド・レコードからの一枚。【曲】「Swing, Swing, Swing」「That Man Is Here Again(試聴)」「The Ghost Of Smoky Joe」「Azure 」「Shout, Shout, Shout」「She's Tall, She's Tan, She's Terrific」「Floogie Walk」「Lindy Hoppers Delight」「Sing Me A Swing Song (And Let Me Dance)(試聴)」「When I Get Low, I Get High」「Cryin' Mood」「Everybody's Step」「Jubilee Swing」「You'll Have To Swing It」
By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2021年6月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
2021年7月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
店舗営業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
店舗営業日 日曜・月曜 PM3:00-PM8:00
古物商 東京都公安委員会 第303261906488号

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2021 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.