(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: 30s)

Francis Scrapper Blackwell - BLUES THAT MAKE ME CRY

  • ブルースLP
 Francis Scrapper Blackwell- フランシス・スクラッパー・ブラックウェル - "BLUES THAT MAKE ME CRY"
Holland / LP / Mono / Agram AB2008 / Rec 1928 to 35 / Pub 1980
ジャケット擦れわずか、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ブルース・ギタリスト、スクラッパー・ブラックウェル2~30年代をまとめたアグラム編集盤。
20~30年代に活躍したピアノ&ギターのデュオ、リロイ・カーとスクラッパー・ブラックウェル。ジャズ一歩手前のピアノと、シングル・トーンの生ギターをアレンジして作られた、都会的でいてドロリとした味のあるブルースを演奏。これはそのスクラッパー・ブラックウェルのギターに着目して編まれたオランダ・アグラムの編集盤。そのリロイ・カーやジミー・ブライス等とのデュエットありつつもメインはやはり卓抜したギターと野性味あふれるボーカルの弾き語り。戦前に唯一録音したブルース・ギター・インストSP盤も両面収録。音質ちょいばらつきあります。【曲】「Mr. Scrapper's Blues」「Down And Out Blues」「Non-Skid Tread」「Be-Da-Da-Bum」「Mean Baby Blues」「Sneaking Blues」「Morning Mail Blues」「Blues That Make Me Cry」「D Blues(試聴)」「A Blues」「My Old Pal Blues」「Bad Liquor Blues」「The Death Of Leroy Carr」「Smoky Mountain Blues」「Wayback Blues(試聴)」「Sail On Sail On Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Cab Calloway - MR. HI. DE. HO.

  • ジャズLP
 Cab Calloway- キャブ・キャロウェイ - "MR. HI. DE. HO."
USA / LP / Mono / MCA 1344 / Rec 1930, 31 / Pub 1982
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2480 yen
■最初期編集盤。
最高のジャズのエッセンスにエンターテイメント性をべったりと染み付かせ、ジャイヴと呼ばれる音楽の大きなところを形作った不世出のジャズ・マン、キャブ・キャロウェイ。これは、エリントンに続きコットン・クラブのハコバンとなった頃、最初期の音源を集めた編集盤。史上最強のジャズ・バンド、ミズーリアンズの演奏もじっくり聞いてください。【曲】「Gotta Darn Good Reason Now」「Saint-Louis Blues」「Is That Religion?」「Some Of These Days(試聴)」「Nobody's Sweetheart」「Saint-James Infirmary(試聴)」「Minnie The Moocher」「Doin' The Rhumba」「Black Rhythm」「Six Or Seven Times」「Bugle Call Rag」「You, Rascal You」「Ain't Got No Gal In This Town」「Between The Devil And The Deep Blue Sea」「Trickeration」「Kickin' The Gong Around」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Pinetop, State Street Boys, Washboard Sam, etc. - WINDY CITY BLUES : THE TRANSITION

  • ブルースLP
 Pinetop, State Street Boys, Washboard Sam, etc.- パイントップ、ステイト・ストリート・ボーイズ、ウォッシュボード・サム、etc. - "WINDY CITY BLUES : THE TRANSITION"
USA / LP / Mono / Nighthawk 101 / Rec 1935 to 1953 / Pub 1980s
ジャケット擦れ少々、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し、A1にわずかプツ音でる小スクラッチ(試聴部)
Jacket 3.5 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4  2680 yen
■30~50年代シカゴ・ブルースの移り変わりを追った編集盤。
五大湖からの風が強い通称ウィンディ・シティことシカゴのブルースの移り変わりを、30年代から50年代初期の音源でまとめたナイトホーク・レコードの編集盤。同名異人数名いながら、全て個性派ぞろいのブルースマンのパイントップ・スパークス(ヘンリー・タウンゼントG)の35年からロバート・ロックウッドの41年までがA面。裏返すと戦後になり、エレキを持ったタンパ・レッドやホーンが入ったR&B風のジョニー・シャインズを収録。シカゴというと席巻した一部のスターがブルースを変えたように思えますが、変わらない太い根があるのを感じられる一枚。【曲】「Pinetop / Every Day I Have The Blues(試聴)」「State Street Boys / Sweet To Mama」「Washboard Sam / Easy Ridin' Mama」「Robert Lee McCoy / Prowlin' Nighthawk」「Sonny Boy Williamson / Sunnyland」「My Little Cornelius」「Robert Lockwood / Black Spider Blues」「I'm Gonna Train My Baby」「Guitar Pete Franklin / Down Behind The Rise」「Casey Brown Blues」「Tampa Red / Green And Lucky Blues(試聴)」「Robert Lockwood / Gonna Dig Myself A Hole」「Dust My Broom」「Tony Hollins / Fishin' Blues」「Wino Woman」「Johnny Shines / Please Don't」※本日のアップはこの二枚です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Frankie Trumbauer, Joe Venuti And Eddie Lang, James P. Johnson, etc. - JAZZ : NEW YORK 1922-34

  • ジャズLP
 Frankie Trumbauer, Joe Venuti And Eddie Lang, James P. Johnson, etc.- フランキー・トランバウアー、ジョー・ヴェヌーティ&エディ・ラング、ジェームスPジョンソン、etc. - "JAZZ : NEW YORK 1922-34"
USA / LP / Mono / Folkways FJ2807 / Rec 1922 to 1934 / Pub late60s?
ジャケット擦れ少々、小よごれ、上部ほころび、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか、極表層のスクラッチわずか、インサートきれい
Jacket 3 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4  2980 yen
■フォークウェイズの名選集『Jazz』から、ニューヨーク編。
フォークウェイズが10数巻でまとめた、戦前のジャズのエポックメイキングな名演を豪華に集めた気合のシリーズ、その名も『Jazz』。これは第七巻目、ハイライトの一枚と言っていいニューヨーク編。ニューヨークですから、当たり前と言えば当たり前ですが、教科書どおりにならないはみ出した選曲がすばらしすぎます。世界で初めてハープでジャズったジャック・ティーガーデン知られざる名曲「Junk Man」や、エリントンのキラー・ホット「Creeper」、コールマン・ホーキンス在籍時のフレッチャー・ヘンダーソン楽団の「Sugar Foot Stomp」、ルイ・アームストロング楽団にエディ・ラングが参加した珍しい「Knockin' A Jug」etc...インサート付き。【曲】「I Wish I Could Shimmy Like My Sister Kate / The Cotton Pickers」「Original Dixieland One Step / Miff Mole and His Little Molers」「Mississippi Mud / Frank Trumbauer and His Orchestra」「Makin' Friends / The Kentucky Grasshoppers」「Basin Street Blues / The Louisiana Rhythm Kings」「Beale Street Blues / Lang-Venuti All Star Orchestra」「Junk Man / Jack Teagarden and His Orchestra(試聴)」「Papa De-Da-Da / Clarence Williams Blue Five」「Sugar Foot Stomp - Dippermouth / Fletcher Henderson and His Orchestra」「The Creeper / Kentucky Club Orchestra」「Harlem River Quiver / Kentucky Club Orchestra」「You Can't Do What My Last Man Did / James P. Johnson」「Harlem Fuss / Fats Waller and His Buddies(試聴)」「Knockin' a Jug / Louis Armstrong Orchestra(試聴)」「It Should Be You / Henry Allen and His New Yorkers」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Sidney Bechet - HAITIAN MOODS

  • ジャズLP
 Sidney Bechet- シドニー・ベシェ - "HAITIAN MOODS"
USA / LP / Stereo / Stinson SLPS-46 / Rec 1938 / Pub 1962
ジャケット表裏擦れ少々、下部中央に縁裂け、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか、音量レベル高いところで若干びりつきあり
Jacket 3 / Disc 3.5~4 / Sound 3~3.5  2680 yen
■39年のセッションを収録したスティンソン盤。早すぎたカリブ・ジャズ。
稀にこういうのが生まれるオールド・ジャズの面白さ。自身のリーダー作、数多くのセッションのみならず、NYではブルーノートの初のヒット「Summertime」を生み、多重録音を初めて敢行etc...あまりに伝説の多いシドニー・ベシェ。本作は39年のカリブ・ジャズ・セッションを収録した一枚で、ルンバとメレンゲのナンバーのみで固められた作品。メンバーは、ウィリー・ザ・ライオン・スミス(P)、ケネス・ローン(TP)、オリン・アルダーホルド(B)、ズティ・シングルトン(D)。シングルトンの強力無比なドラミングも度肝抜かれますが、ドラム・スティックで叩いて音を出しているというベースやら、まるでモード抜きのハービー・ハンコックのような覚醒的にリズミックなピアノもすごい。シングルトンは後にスリム・ゲイラードのバンドでこの手のルンバなどプレイすることになります。赤盤。【曲】「Tropical Mood Rhumba(試聴)」「Original #1」「Sous Les Palmiers(試聴)」「Ti Palph」「Baba Rhumba」「Magic Island Meringue」「Meyette Meringue」「Rosa Rhumba」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Mistinguett - MISTINGUETT

  • フランスの音楽LP
 Mistinguett- ミスタンゲット - "MISTINGUETT"
France / LP / Mono / Pathe 2C178-15422-3 / Rec / Pub 1976
コーティングの見開きジャケット擦れわずか、レーベル二枚ともひげ無し、盤二枚とも擦れほぼ無し
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■フランスの女性シンガー、ミスタンゲットの編集盤。
シャンソン歌手で女優、ミュージック・ホールの女王と言われた、戦前フランスをわかせたミスタンゲット。これは仏パテが2LPでまとめた決定版的編集盤。25年から38年までの24曲で、頭からラストに向かって古くなっていくという曲順。ジャズを基調にミュゼットを入れたり、ハバネラのリズムなどエキゾチックな味付けを施した華やかなバンドをバックに楽しく弾ける歌を聞かせる内容。※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Memphis Minnie - MEMPHIS MINNIE VOL.2

  • ブルースLP
 Memphis Minnie- メンフィス・ミニー - "MEMPHIS MINNIE VOL.2"
USA / LP / Mono / Blues Classics 13 / Rec early1930s / Pub 1970s
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■別格のブルースマン、メンフィス・ミニー。
カントリー・ブルースの中では別格といえる女性ブルースマン、メンフィス・ミニー。腹の据わった歌、旋律をぶつけあう劇的な響きのギターの絡みは、もうちょっとで全く新しい音楽が生まれるようなスリルあり。アーフーリーが選んだ編集盤の二巻目で、夫のカンザス・ジョー・マッコイとの30~31年の音源集。バックワーズ・サム・ファークがカバーした「Crazy Crying Blues」ほか収録。【曲】「Frankie Jean」「New Bumble Bee」「Picking The Blues」「Plymouth Rock」「I Called You This Morning」「Preacher's Blues」「New Dirty Dozen」「After While Blues(試聴)」「Let's Go To Town」「Crazy Crying Blues(試聴)」「What's The Matter With The Mill」「Memphis Minnie Itis Blues」「North Memphis Blues」「She Put Me Outdoors(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Willie Smith (Willie The Lion Smith) - COMMODORE PRESENTS PIANO SOLOS BY WILLIE SMITH : THE LION OF THE PIANO(FL30004)

  • ジャズLP
Willie Smith (Willie The Lion Smith)- ウィリー・スミス - "COMMODORE PRESENTS PIANO SOLOS BY WILLIE SMITH : THE LION OF THE PIANO(FL30004)"
USA / LP / Mono / Commodore FL30004 / Rec 1939, 1950 / Pub early60s
ジャケット擦れ少々、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  3800 yen
■ウィリー・ザ・ライオン・スミスのピアノ・ソロ集。
ジャズでもクラシックでもなんでもOK、ピアノ・ソロを聞いて感動したい方に心底お薦めな一枚。ジェイムスPジョンソンやファッツ・ウォーラーと同列に語られるべき人なものの知名度は一段低いピアニスト、ウィリー・ザ・ライオン・スミス。既に数々のブラック・ジャズ・バンドで腕前を見せていたスミスが、39年に一度ピアノ・ソロ録音を敢行、14曲をレコーディング、これはその中からの4曲と、50年に録音されていたやはりピアノ・ソロ曲を6曲収録したコモドア盤。スタンダード曲が選ばれていて、パッションもテクニックもありつつ落ち着いた心で演奏されているというような一枚。彼自身のテンポで演奏される曲など自由な空気が流れています。【曲】「What Is Here To Stay」「Stormy Weather」「Tea For Two(試聴)」「The Devil And The Deep Blue Sea」「 I Can't Give You Anything But Love(試聴)」「Just One Of Those Things(試聴)」「Madelon」「Hallelujah」「Poor Butterfly」「 Smoke Gets In Your Eyes」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Andy Kirk And His Clouds Of Joy - THE LADY WHO SWINGS THE BAND

  • ジャズLP
 Andy Kirk And His Clouds Of Joy- アンディ・カーク&ヒズ・クラウズ・オブ・ジョイ - "THE LADY WHO SWINGS THE BAND"
USA / LP / Mono / MCA 1343 / Rec 1936 to 1938 / Pub 1982
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2680 yen
■アンディ・カーク楽団の音源集。レディはメアリー・ルウ・ウィリアムス。
カンザス・シティの黒人テリトリー・バンド、アンディ・カーク&12クラウズ・オブ・ジョイ。しかしもう全国区の人気を誇ったていて、20年代後半~40年代の間存続。そして最盛期のこのグループの音を作っていたのは、モンクを教えたバップの母にして天才ピアニスト、メアリー・ルー・ウィリアムズ。これはメアリー・ルーをフィーチュアした音源を収録したMCAの名シリーズの一枚。ピアノ・ソロは全曲彼女で、7割ほどアレンジも手掛けています。プリ・バップというか、未来のストライドのようなプレイや、レイスコ風の幾何学模様のスウィングもあり。MCAのこのシリーズは本当いいものばかり。【曲】「Walkin' And Swingin' (Alternate Take)」「All The Jive Is Gone」「Bearcat Shuffle」「Christopher Columbus」「Corky」「I'se A Muggin'」「Until The Real Thing Comes Along」「Puddin' Head Serenade(試聴)」「Fifty-Second Street」「The Lady Who Swings The Band」「A Mellow Bit Of Rhythm」「The Big Dipper」「Bear Down」「Twinklin'(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Clarence Williams, Garland Wilson, Fats Waller, etc. - THE PIANO ALBUM

  • ジャズLP
 Clarence Williams, Garland Wilson, Fats Waller, etc.- クラレンス・ウィリアムス、ガーランド・ウィルソン、ファッツ・ウォーラー、etc. - "THE PIANO ALBUM"
USA / LP / Mono / Meritt 4 / Rec 1929 to 1940 / Pub 1970s
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか、インサートきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■初期ジャズ・ピアノの名演を集めたメリット・レコードの一枚。
戦前ジャズ名演を集めた編集盤を作っていたメリット・レコード。後には写真付きになりますが、初期はプリントされた白ジャケにインサートという体裁。これはピアノ・ジャズ編。クラレンス・ウィリアムスの珍しい美麗ブルース・ピアノ・ソロ、ウィリー・ザ・ライオン・スミスのアップのストライド・ピアノ・ソロ、エディ・ラング等の伴奏で知られるアーサー・シュットの好き放題の演奏、あのアート・テイタムが恐ろしくゆっくり弾くナンバー、これが聞けただけで満足になってしまうジェリー・ロール・モートンのタメが効いた重たいソロなどなど全17曲。ハリー・ジェームスとピート・ジョンソンなどバンドものも数曲あり。【曲】「Clarence Williams / A Pane In The Glass(試聴)」「Garland Wilson / Dear Old Southland / Limehouse Blues」「St James Infirmary / When Your Lover Has Gone」「Fats Waller - Monette Moore / A Shine On Your Shoes / Louisiama Hayride」「Willie "The Lion" Smith / Finger Buster」「Teddy Wilson / Somebody Loves Me」「Sweet And Simple」「Arthur Schutt / Limehouse Blues」「The Bring-Up Breakdown」「Art Tatum / Chloe」「Jelly Roll Morton / Honky Tonk Music(試聴)」「Boogie Woogie Trio With Harry James / Boo-Woo」「Woo-Woo」「Clarence Profit Trio / Down Home」「Mary Lou Williams / Margie」「Earl Hines / Rosetta」「Child Of A Disordered Brain」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Willie Baker, Fred McMullen, Curley Weaver, etc. - COUNTRY BLUES CLASSICS VOLUME 1

  • ブルースLP
 Willie Baker, Fred McMullen, Curley Weaver, etc.- ウィリー・ベイカー、フレッド・マクマレン、カーリー・ウィーヴァー、etc. - "COUNTRY BLUES CLASSICS VOLUME 1"
USA / LP / Mono / Blues Classics 5 / Rec 1928 to 1950s / Pub 1970s
ジャケット擦れほぼ無し、下部中央小縁裂け、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■アーフーリーのブルース・クラシック集1枚目。
西海岸のアーフーリー・レコードがカントリー・ブルースを出すために作ったブルース・クラシックス・レーベルは、メンフィス・ミニーなどアーティスト別のものと、シカゴ、デトロイトなど地域別のものがありますが、何も隔てなく集められたものが4枚あります。それがどれもバラエティに富んだいい内容。アップテンポのスライド・プレイがカッコイイウィリー・ベイカー、彼らコレクターの秘蔵っ子的存在のフレッド・マクマレン、ビッグ・ビル・ブルーンジーが参加したクリップル・クラレンス・ロフトン、絶叫系の歌に正反対の繊細なピッキングが決まったマンロー・モー・ジャクソンなどなど全16曲。【曲】「Willie Baker / No, No Blues」「Fred McMullen / De Kalb Chain Gang」「Curley Weaver / Ticket Agent」「Cripple Clarence Lofton / Brown Skin Girls」「Black Ivory King / Flying Crow」「John Lee / Blind's Blues」「Munroe Moe Jackson / Go Away From My Door」「Elmo James / Dust My Broom」「Joe McCoy / Evil Devil Woman」「Jim Jackson / I Heard The Voice Of A Porkchop」「Jesse James / Southern Casey Jones」「Tim Wilkins / Dirty Deal Blues」「Tommie Bradley & Cole / Window Pane Blues」「Frank Stokes / Downtown Blues」「'Taint Nobody's Business」「Tony Hollins / Stamp Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Wilf Carter - THE FIRST 5 SESSIONS

  • ヒルビリーLP
 Wilf Carter- ウィルフ・カーター - "THE FIRST 5 SESSIONS"
USA / LP / Mono / CMH 111 / Rec 1935 / Pub 1973
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し、インサートきれい
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■ヒルビリー・シンガー、ウィルフ・カーターの編集盤。
ジミー・ロジャースに深く影響を受け、ヨーデルを混ぜたギター弾き語りで人気となったカナダのヒルビリー・シンガー、ウィルフ・カーター。これは初録音セッションから順に20曲収録した編集盤。全て35年、ブルーバード音源。ヤズー・レーベル並に音いいです。カーター・ファミリーやゴーベル・リーヴスなど戦前ヒルビリーの編集盤を70年代初頭に数枚出したレーベル、CMHの一枚。ジャケットは二つ折りがビニールに入った体裁で、これがオリジナル。【曲】「My Swiss Moonlight Lullaby」「The Capture Of Albert Johnson」「The Hobo‘s Blues」「Dear Old Daddy Of Mine」「Twilight On The Prairie(試聴)」「The Roundup In The Fall」「Sweetheart Of My Childhood Day;s A Cowboys Best Friend Is His Pony He Rode;The Strawberry Roan;My Little Grey Haired Mother;In The West」「Little Silver Haired Sweetheart Of Mine」「A Little Shack I Can Always Call My Home」「The Trail To Home Sweet Home」「Take Me Back To Old Montana」「Awaiting The Chair」「The Life and Death Of John Dillinger」「Goodbye Little Pal Of My Dreams(試聴)」「Sway Back」「Pinto Pete The Yodeling Trailrider」「Returning To My Old Prairie Home」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2019年6月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
2019年7月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.