(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: 20s)

Emmett Miller And His Georgia Crackers

  • ジャズLP
 Emmett Miller And His Georgia Crackers- エメット・ミラー&ヒズ・ジョージア・クラッカーズ - "EMMETT MILLER AND HIS GEORGIA CRACKERS"
USA / LP / Mono / Mono TOM1 / Rec late1920s / Pub late1920s
ジャケット擦れ少々、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れ、小プツ音でるスクラッチ少し
Jacket 3.5 / Disc 3.5 / Sound 3.5  3480 yen
■エメット・ミラーの決定盤。
黒塗りの顔で芸を披露したミンストレル・マン、エメット・ミラー。ジョージア生まれで20年代初頭からミンストレル・ショーに出始めレコード会社の目に留まりリリースが決定、そしてトミー&ジミー・ドーシー、エディ・ラング等のスモール・コンボ、ジョージア・クラッカーズがバックを担当。ここに戦前ジャズのミラクルが起きました。28~29年に録音された数少ないレコードは本当にアメリカ音楽の宝といえるものばかり。これは彼の代表的なナンバーを収録した、彼と言えばこれの決定盤。ハンク・かウィリアムスもカバーした「Lovesick Blues」、ライ・クーダーも演奏した「Big Bad Bill」など全14曲収録。【曲】「God's River」「I Ain't Got Nobody」「Lovesick Blues(試聴)」「Anytime」「St. Louis Blues」「Take Your Tomorrow」「Dusky Stevedor」「She's Funny That Way」「You're The Cream In My Coffee」「Lovin' Sam」「Big Bad Bill(試聴)」「The Pickaninnie's Paradise」「The Blues Singer From Alabam」「That's The Good Old Sunny South」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Django Reinhardt - DJANGOLOGIE 1 : 1928-1936

  • ジャズLP
 Django Reinhardt- ジャンゴ・ラインハルト - "DJANGOLOGIE 1 : 1928-1936"
France / LP / Stereo / Pathe Marconi C054-16001 / Rec 1928 to 1936 / Pub 1978
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■ジャンゴ・ラインハルトの徹底した編集盤、第一巻目。
フランスのパテ・マルコーニが、なんとLP20枚でまとめたジャンゴ・ラインハルトの決定盤的アンソロジー『ジャンゴロジー』。この第一巻目は、デビュー当初まだギター・バンジョーを弾いていた頃のミュゼットものから、クインテット・オブ・ホット・クラブ・オブ・フランス結成前のダンス・バンドもの、コールマン・ホーキンスら米ジャズマンたちと録音したナンバー、そしてクインテット...の曲等を収録。無理な音質調整などなく気分よく聞ける一枚。【曲】「Jean Vaissade, Django, Unknown Artist / Griserie(試聴)」「Louis Vola Et Son Orchestre Du Lido De Toulon / Carinosa(試聴)」「L'Orchestre Du Theatre Daunou / Si J'aime Suzy」「Michel Warlop Et Son Orchestre / Presentation Stomp」「Coleman Hawkins Acc. Par Michel Warlop Et Son Orchestre / Blue Moon」「Coleman Hawkins Acc. Par Michel Warlop Et Son Orchestre / Avalon」「Coleman Hawkins Acc. Par Michel Warlop Et Son Orchestre / What A Difference A Day Made」「Coleman Hawkins Acc. Par Stephane Grappelly, Django, Eugene D'Hellemmes, Maurice Chaillou / Stardust」「Garnet Clark His Hot Club's Four / Rosetta(試聴)」「Garnet Clark His Hot Club's Four / Stardust」「Garnet Clark His Hot Club's Four / The Object Of My Affection」「Le Quintette Du Hot Club De France / I'se A Muggin'」「Le Quintette Du Hot Club De France / I Can't Give You Anything But Love」「Le Quintette Du Hot Club De France / Oriental Shuffle(試聴)」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Adolf Busch - BACH / BRAHMS / BEETHOVEN

  • クラシックLP
 Adolf Busch- アドルフ・ブッシュ - "BACH / BRAHMS / BEETHOVEN"
Japan / LP / Mono / Toshiba Angel TOJE7617 / Rec 1929, 31 / Pub 1990s
ジャケット擦れ少々、レーベルひげ少々、盤音にほぼ出ない表層スクラッチ一本、他きれい
Jacket 3.5~4 / Disc 3.5 / Sound 4  1980 yen
■名バイオリニスト、アドルフ・ブッシュの歴史的音源集。
戦前ドイツが生んだ世界的名バイオリニスト、アドルフ・ブッシュが、29、31年に録音したSP盤を収録した日本盤。バッハ『無伴奏バイオリンのためのパルティータ第二番(試聴)』、ブラームス『バイオリン・ソナタ第一番(試聴)』、ベートーベン『バイオリン・ソナタ第三番』の三作。伴奏は相棒でともに数々の名演を残したルドルフ・ゼルキン。帯無し。※本日のアップはこの一枚です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Al Fredos New Prince Orchestra, Harry Hudsons Maiden Men, etc. - PICCADILLY NIGHTS - BRITISH DANCE BANDS OF THE 20S

  • ダンス・バンド/ジャズLP
Al Fredos' New Prince Orchestra, Harry Hudson's Maiden Men, etc.- アル・フリードズ・ニュー・プリンス・オーケストラ、ハリー・ハドソンズ・メイデン・メン、etc. - "PICCADILLY NIGHTS - BRITISH DANCE BANDS OF THE 20S"
U.K. / LP / Mono / Halcyon HAL17 / Rec 1920s / Pub 1980
コーティング・ジャケット擦れ少々、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  1680 yen
■イギリス20年代のダンス・バンド名演をぎっしり収録した一枚。
この辺りの音源集ではイギリスでも屈指のレーベル、ハルシオンからの一枚で、イギリス20年代のダンス・バンド名演を選りすぐった一枚。選曲した人の好みにもよるのでしょうがかなり黒っぽいソロをフィーチュアしたホットな曲が選ばれています。ビックス・バイダーベックが入ったジーン・ゴールドケットとか、あの辺の感じが好きな人に特にお薦め。全20曲収録。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Ambrose And His Orchestra - LEGENDARY 1929 SESSIONS

  • ジャズ/ダンスバンドLP
Ambrose And His Orchestra- アンブローズ&ヒズ・オーケストラ - "LEGENDARY 1929 SESSIONS"
U.K. / LP / Mono / Halcyon 19 / Rec 1929 / Pub 1980
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  1980 yen
■イギリスのトップ・ジャズ・バンド、アンブローズ楽団の音源集。
おもに30~40年代に活躍したこのグループは、英のポール・ホワイトマンという呼び方もされ、プログレッシヴなシンフォニック・ジャズ、完成度の高いダンス・バンド・ナンバー、早くからレイモンド・スコットの特異なナンバーを取り上げたりもしているバンド。これはダニー・ポロ(クラリネット)、テッド・ヒース(TB)らこのグループの顔的なミュージシャンが出そろった29年のナンバーを収録した一枚。まるで目に見えるような歯切れ良いラッパのリズムに各々のジャズ的なアクセントも効いたいいナンバー揃い。全20曲収録。英のジャズ編集盤レーベル、ハルシオンからの一枚。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

George Olsens Music, Seattle Harmony Kings, etc. - HOT AIRE

  • ダンス・バンド/ジャズLP
George Olsen's Music, Seattle Harmony Kings, etc.- ジョージ・オルセンズ・ミュージック、シアトル・ハーモニー・キングス、etc. - "HOT AIRE"
U.K. / LP / Mono / Halcyon 16 / Rec 1925-27 / Pub 1980
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ極わずか、しみ少々、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  1980 yen
■黄金期のアメリカン・ダンス・バンド名演を収録した編集盤。
イギリスのジャズ&ダンス・バンド編集盤レーベル、ハルシオンが出したアメリカのダンス・バンド名演集。この辺りの編集盤というとやはり原盤は手が出ないブラック・ホット・ジャズ、白人系でもまばゆいソロがあるような人気盤を集めたものが多いですが、素晴らしいメロディをアレンジできっちり構築した、メインストリームのポップスと言えるダンス・バンドものは意外にないです。これはまさに黄金期と言える時代、25年から27年の名演を18曲収録。ロバート・クラムのダンス・バンド編集盤"That's What I Call..."のようなのが聞きたいという人にはムチャクチャお薦め。【曲】「George Olsen's Music / Hot Aire」「Seattle Harmony Kings / If I Had A Girl Like You」「Darktown Shuffle」「Phil Romano And His Orchestra / I'm Goin' Out If Lizzie Comes In」「Keep On Croonin' A Tune」「Howard Lanin's Ben Franklin Dance Orchestra / Melancholy Lou」「Don't Wake Me Up, Let Me Dream」「Whitey Kaufman & His Orchestra / Paddlin' Madelin' Home」「Seattle Harmony Kings / Breezin' Along With The Breeze」「How Many Times?」「Charles Dornberger & His Orchestra / Tiger Rag」「Jan Garber And His Orchestra / Does She Love Me? - Positively - Absolutely」「What Do I Care What Somebody Said?」「You Don't Like It - Not Much」「Jack Crawford And His Orchestra / Swanee Shore」「Blue Steele And His Orchestra / Sugar Babe, I'm Leavin'」「Jacques Renard And His Coconut Grove Orchestra / When The Morning Glories Wake Up In The Morning」「Jack Crawford And His Orchestra / Baltimore」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Sexteto Habanero, Trio Matamoros, etc. - HOT DANCE MUSIC FROM CUBA 1909-1937

  • キューバの音楽LP
Sexteto Habanero, Trio Matamoros, etc.- セステート・アバネロ、トリオ・マタモロス、etc. - "HOT DANCE MUSIC FROM CUBA 1909-1937"
U.K. / LP / Mono / Harlequin HQ2025 / Rec 1909 to 1937 / Pub 1980s
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■英ハーレクインの"世界の戦前ジャズ"シリーズから、キューバ編。
世界中の戦前ジャズ、ダンス・ミュージックのSP盤の編集、再発していたイギリスのハーレクイン・レーベルから、キューバ編。国自体がジャズの成立過程(ヨーロッパとアフリカの出会い)と似たような境遇におかれたキューバの音楽がどのように発展したか、ということがわかる一枚で、キューバでジャズにあたるルンバやソンあたりの独自のキューバ音楽を収録。有名なセクテート・ナシオナル、ミゲル・マタモロス、彼のコーラス・グループ、トリオ・マタモロスなどの歴史的音源を収録。【曲】「Colombo Y Garcia / Mama Teresa (Rumba)」「Orquesta Pablo Valenzuela / Mama Teresa (Danzon)」「Orquesta Pablo Valenzuela / El Garrotin」「Orquesta Antonio Maria Romeu / Donde Andaba Anoche」「Orquesta Antonio Maria Romeu / Bururu Barara」「Orquesta Verar Del Real / El Nuevo Ford」「Sexteto Habanero / Loma De Belen(試聴)」「Sexteto Nacional / Mujeres Enamorenme」「Cuarteto Machin / Vacilando」「Miguel Matamoras / La Corneta China」「Trio Matamoras / Las Maracas De Cuba」「Enrique Byron Y Su Orquesta / Las Maracas De Cuba(試聴)」「Estrellas Habaneras / Buey Viejo」「Orquesta Paulina Alvarez / Almendra(試聴)」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Loveys String Band, Lionel Belasco And His Orchestra, etc. - JAZZ AND HOT DANCE IN TRINIDAD 1912-1939

  • トリニダードの音楽LP
 Lovey's String Band, Lionel Belasco And His Orchestra, etc.- ラヴィーズ・ストリング・バンド、ライオネル・ベラスコ&ヒズ・オーケストラ、etc. - "JAZZ AND HOT DANCE IN TRINIDAD 1912-1939"
U.K. / LP / Mono / Harlequin HQ2016 / Rec 1912 to 1939 / Pub 1980s
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■英ハーレクインの"世界の戦前ジャズ"シリーズから、トリニダード編。
世界中の戦前ジャズ、ダンス・ミュージックのSP盤の編集、再発していたイギリスのハーレクイン・レーベルから、トリニダード編。トリニダードと言えばカリプソですが、これは、いわゆる戦前カリプソ・コンピレーションに収録されない、珍しい、そして素晴らしい音源を多数収録。1912年のトリニダードのストリング・バンド、アメリカを拠点にしてジャズとカリプソを融合したサム・マニング、やはりカリプソのパイオニア、ライネル・ベラスコ(彼のピアノ・ソロ曲も収録)、VDパークスもカバーしたカリプソニアン、ライオンの初期音源などなど、夢見てるのかといういい曲の数々。キューバ編同様、ジョン・フェイヒーに音楽を志せた、ブルース/戦前民俗音楽研究家ディック・スポッツウッド監修。【曲】「Lovey's Trinidad String Band / Trinidad Paseo」「Lovey's Trinidad String Band / Manuelito Vals(試聴)」「Sam Manning's Orchestra / Hold Him Joe (My Donkey Wants Water)」「Cyril Monrose's String Orchestra / Trinidad Carnival Songs」「Lionel Belasco / Bajan Girl Paseo」「Lionel Belasco / Amazon Waltz(試聴)」「Jack Celestian And His Caribbean Stompers / Nancy Dance Calypso」「Sam Manning's Orchestra / Talking To Myself」「Sam Manning's Orchestra / Belle Femme Paseo」「Sam Manning's Rhythm Boy / Recuerdos Del Pasado Venezuelan Waltz」「Harmony Kings' Orchestra / Don't Touch Me」「George Cabral / Memories Of Trinidad Paseo」「Lion With Sa Gomes Rhythm Boys / A Charming Trinidad」「Felix And His Krazy Kats / Bob White (Whatcha Gonna Swing Tonight)(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Trio Boricua, Sexteto Okeh, Los Reyes De La Playa, etc. - THE MUSIC OF PUERTO RICO 1929-1946

  • プエルト・リコの音楽LP
Trio Boricua, Sexteto Okeh, Los Reyes De La Playa, etc.- トリオ・ボリクア、セステート・オーケー、ロス・レイエス・デ・ラ・プラーヤ、etc. - "THE MUSIC OF PUERTO RICO 1929-1946"
U.K. / LP / Mono / Harlequin HQ2075 / Rec 1929 to 1946 / Pub 1989
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し、オリジナルスリーブきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■戦前プエルト・リコのストリング・バンドを収録した編集盤。
他のカリブ海の国の音楽からの影響を感じさせながらも、独自の音楽を培養させてきたプエルト・リコ。16~18世紀にかけて、セイスというダンス・ミュージックが盛んだったということからか、リズムを強調したストリング・バンド・ナンバーがズラリ。弓弾きのベースが渋いロス・ジャルディネロス(「Dallas Rag」のダラス・ストリング・バンド風)、戦前カリプソとサンバがミックスされたようなセステート・ペリンなどなど収録。世界の戦前ジャズをリイシューするシリーズで有名な英ハーレクインから、ディック・スポッツウッドの監修。歌詞カード、詳細解説のインサート付き。【曲】「Trio Armonico / Ausencia(試聴)」「Trio Boricua / Al Llegar A Machuelito(試聴)」「Los Borinquenos / Caridad(試聴)」「Canario Y Su Grupo / Despiertese Manolao」「Los Jardineros / Conversacion」「Sexteto Flores / Un Besito No Mas」「Los Jardineros / Los Sufrimentos」「Sexteto Okeh / Endemoniao」「Cuarteto Marcano / Sucedio Lo Que Tenia Que Suceder」「Sexteto Pellin / A Goya Le Dio La Gripe」「Conjunto La Plata / John Lahoud」「Los Reyes De La Plena / En La Ciento Diez Y Seis」「Los Reyes De La Plena / La Prohibicion Nos Tiene」「Sexteto Okeh / Estrella De Oriente」「Los Jardineros / Como Se Monda La Cana」「Cuarteto Mayari / El Flamboya」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Birmingham Jug Band, Whistler And His Jug Band, etc. - THE GREAT JUG BANDS 1927-1933

  • ブルースLP
 Birmingham Jug Band, Whistler And His Jug Band, etc.- バーミンガム・ジャグ・バンド、ウィッスラー&ヒズ・ジャグ・バンド、etc. - "THE GREAT JUG BANDS 1927-1933"
USA / LP / Mono / Origin Jazz Libraly OJL4 / Rec late1920s / Pub 1962
ジャケット擦れ少々、上部縁裂け、裏面小書き込み、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか、ブックレット(恐らくコピー)きれい
Jacket 2.5~3 / Disc 4 / Sound 4  3480 yen
■オリジン・ジャズ・ライブラリーのジャグ・バンド集。
62年に編集されたオリジン・ジャズ・ライブラリの編集盤で、60sリバイバル・ジャグ・バンドの人達のバイブルでもあった名編集盤。キャノンズ・ジャグ・ストンパーズやメンフィス・ジャグ・バンドは当然、もちろんディキシーランド・ジャグ・ブロワーズも収録で曲は「Garden Of Joy」、ビッグ・ジョー・ウィリアムスやジェイバード・コールマンも参加したバーミンガム・ジャグ・バンド、鄙びたヴァイオリンが最高なジャック・ケリー&サウス・メンフィス・ジャグ・バンド、バンジョーマンドリンや男性スキャット、口笛etc.が入ってくる、オールド・サザン...と並ぶ最初期のウィッスラー&ヒズ・ジャグ・バンド、アルト・サックスや縦笛も加わったケンタッキー・ジャグ・バンド等々収録。オリジナル盤。ブックレットは恐らくコピー。【曲】「Cannon's Jug Stompers / Heart Breakin' Blues」「Goin' To Germany」「Memphis Minnie And Her Jug Band / Grandpa And Grandma Blues」「Birmingham Jug Band / Getting Ready For Trial」「German Blues」「Jack Kelly And His South Memphis Jug Band / Cold Iron Bed(試聴)」「Red Ripe Tomatoes」「Whistler And His Jug Band / The Jug Band Special(試聴)」「Memphis Jug Band / Coal Oil Blues」「Jug Band Waltz」「Elder Richard Bryant's Sanctified Singers / Come Over Here」Dixieland Jug Blowers / Garden Of Joy Blues「Kentucky Jug Band / Walkin' Cane Stomp(試聴)」「Noah Lewis's Jug Band / New Minglewood Blues」「Ticket Agent Blues」「Memphis Sheiks / He's In The Jailhouse Now」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Buddy Boy Hawkins, Henry Thomas, Blind Lemon Jefferson, etc. - DONT LEAVE ME HERE : THE BLUES OF TEXAS, ARKANSAS AND LOUISIANA 1929 - 1933

  • ブルースLP
 Buddy Boy Hawkins, Henry Thomas, Blind Lemon Jefferson, etc.- バディ・ボーイ・ホーキンス、ヘンリー・トーマス、ブラインド・レモン・ジェファーソン、etc. - "DON'T LEAVE ME HERE : THE BLUES OF TEXAS, ARKANSAS AND LOUISIANA 1929 - 1933"
USA / LP / Stereo / Yazoo L1004 / Rec 1929 to 1933 / Pub 1970s
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■テキサス、アーカンソー、ルイジアナの田舎のブルース集。
ミシシッピ、メンフィス、セント・ルイスと来てヤズー4枚目は、テキサスからルイジアナの田舎に目を向けて作られた一枚。ブルース以前の黒人たちのギター弾き語りの雰囲気を色濃く残す味のある内容で、ビッグ・ネームに混ざり全く見たことの無い人も入った14曲、ヤズー名盤と言える内容。それから試聴三曲目、Geeshie Wiley & Elvie Thomasのギターが結集したようなテキサス・アレキサンダーにビックリ。調べたら一緒にやってたんだそうです。 【曲】「Buddy Boy Hawkins / Awful Fix」「Henry Thomas / Don't Leave Me Here」「Blind Lemon Jefferson / Hot Dogs」「Little Hat Jones / Bye Bye Baby Blues(試聴)」「Six Cylinder Smith / Oh Oh Lonesome」「Sammy Hill / Needin' My Women」「King Solomon Hill / The Gone Dead Train」「Willie Reed / Dreaming Blues」「Henry Thomas / Lovin' Babe(試聴)」「Texas Alexander / 98 Degree Blues(試聴)」「Little Hat Jones / Kentucky Blues」「Sammy Hill / Cryin' For You」「King Solomon Hill / Tell Me Baby」「Six Cylinder Smith / Pennsylvania Women Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Lion, Sam Manning, Gerald Clark, etc. - THE REAL CALYPSO 1927-1946

  • カリプソ/民俗音楽LP
 Lion, Sam Manning, Gerald Clark, etc.- ライオン、サム・マニング、ジェラルド・クラーク.etc - "THE REAL CALYPSO 1927-1946"
USA / LP / Mono / RBF Folkways RBF13 / Rec 1927 to 1946 / Pub 1966
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか、ブックレットきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■RBFフォークウェイズの戦前カリプソ名選。
トリニダド・トバゴで発展したカリプソは1912年に初めてレコードになり、30年代からスター歌手が続々登場、録音も盛んに。50年代にもハリー・ベラフォンテ等が唄い一般にもカリプソの存在を知らしめているものの、やはり現地の戦前音源の素晴らしさは格別。本作は66年にサミュエル・チャーターズが編集したカリプソ黄金期の録音を集めた、全曲最高、必殺の編集盤。ヴァン・ダイク・パークスは『Discover America』でこのアルバムから三曲もカバー(ジェラルド・クラーク「G-man Hoover」、ライオン「Bing Crosby」と「Four Mills Brothers」)。パークスもこの盤を聴いたのは間違いないと思われます。歌詞に重要性があるカリプソですが、それにサウンド面での面白さが伴った選曲、素晴らしい。【曲】「Caresser / Edward The VIII」「Lion / Bing Crosby」「Atilla and Lion / Louis-Schmeling Fight」「Gerald Clark And His Calypso / G-Man Hoover」「Executor, Caresser, Atilla and Lion / War」「Atilla The Hun / Five Year Plan(試聴)」「Lord Invader / Yankee Dollar」「Lion / Four Mills Brothers(試聴)」「Tiger / Money Is King」「Lord Beginner / Always Marry A Pretty Woman」「Lord Invader / New York Subway(試聴)」「Executor / Three Friends Advice」「Sam Manning / Let Go My Hand」「Atilla / Miss Bombilla Brown」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2020年2月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
店舗営業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
店舗営業日 日曜・月曜 PM3:00-PM10:00
古物商 東京都公安委員会 第303261906488号

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.