(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: 20s)

Memphis Jug Band - VOLUME 2

  • ブルースLP
 Memphis Jug Band- メンフィス・ジャグ・バンド - "VOLUME 2"
U.K. / LP / Mono / Roots RL337 / Rec 1927-34 / Pub 1970s
ジャケット色あせ少々、右上小折れ目、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■英ルーツからの編集盤第二集。
ウィル・シェイドが中心となり、チャーリー・バース(G)、ケイシー・ビル・ウエルダン(G)、チャーリー・ポーク(Jug)、女性ボーカルのハッティ・ハート、メンフィス・ミニーなど、のべ20人ぐらいが20~30年代中期までにこのバンドに関わり、ビクター、オーケエ等のレーベルに録音を残しました。これはイギリスのカントリー・ブルース・リイシューのパイオニアと言えるレーベル、ルーツから出た編集盤。タジ・マハールはじめ多くの人がカバーした"Stealin'"、ヤズーの二枚組にも入っていない、女性シンガー、ジェニー・クレイトンがただれたような声で歌う一番の奇曲"Bob Lee Junior"他全16曲収録。【曲】「Memphis Boy Blues」「Bob Lee Junior Blues」「Sugar Pudding」「Whitewash Station Blues」「Stealin', Stealin'」「I Can Beat You Plenty (That Hand You Tried To Deal Me)」「Tired Of You Driving Me」「K.C. Moan」「Oh Ambulance Man」「Jim Strainer Blues」「Cave Man Blues」「Meningitis Blues」「Got A Letter From My Darlin'」「You May Leave But This Will Bring You Back」「I Got Good Taters」「She Done Sold It Out」※新入荷はこの一枚のみです

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Big Bill Broonzy, King Solomon Hill, Bumble Bee Slim, etc. - THE BLUES TRADITION

  • ブルースLP
 Big Bill Broonzy, King Solomon Hill, Bumble Bee Slim, etc.- ビッグ・ビル・ブルーンジー、キング・ソロモン・ヒル、バンブル・ビー・スリム、etc. - "THE BLUES TRADITION"
USA / LP / Mono / Milestone MLP2016 / Rec MLP2016 / Pub 1971
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れ、プレスミスによるサーフェイスノイズ少々(試聴二曲目が一番目立ちます)
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 3~3.5  2980 yen
■オーリン・キープニュースが選んだカントリー・ブルース集。
ジャズだけでなくブルースにも相当に造詣の深いリバーサイドのオーリン・キープニュース監修のカントリー・ブルース編集盤。すっかりおなじみのこのジャンルを代表するビッグネーム8人でいて(だからかも知れません)、浅くならない、どっぷり聞けるものばかり。一人につき続けて二曲づつ、という構成もそのまま。【曲】「Big Bill Broonzy / Big Bill Blues」「Mr. Conductor Man(試聴)」「King Solomon Hill / The Gone Dead Train」「Tell Me, Baby」「Bumble Bee Slim / No Woman, No Nickel」「Chain Gang Bound」「Willie Brown / M & O Blues」「Future Blues」「Blind Roosevelt Graves / Staggerin' Blues」「Low Down Woman」「Blind Lemon Jefferson / Peach Orchard Mama」「Oil Well Blues」「Bobby Grant / Nappy Head Blues」「Lonesome Atlanta Blues(試聴)」「Buddy Boy Hawkins / Shaggy Dog Blues」「Jailhouse Fire Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Madame Hafize, Selim, Riza Bylbyli, etc. - DONT TRUST YOUR NEIGHBORS

  • 民俗音楽/アルバニアLP
 Madame Hafize, Selim, Riza Bylbyli, etc.- マダム・ハフィゼ、セリム、リザ・ビルビリ、etc. - "DON'T TRUST YOUR NEIGHBORS"
USA / LP / Mono / Hinter L-001 / Rec 1929 to 31 / Pub 2011
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れ、極表層のスクラッチわずか、インサートきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■アルバニアの20~30年代の民俗音楽を集めた一枚。
おそらく現在のところこの盤しか出ていない、米のヒンターというレーベルからのアルバニアの民俗音楽集。ギリシャの左上、マケドニア(旧ユーゴスラビア)の西隣りに位置する立地、オスマン・トルコ領だった時代もある歴史など複雑な要素が音にも表れていると言える内容。最も多く収録されているリザ・ビルビリというシンガーの曲がまずスゴイ。リードとそれをふちどる一段下の歌の不思議なハーモニーに妖しいバンド演奏が異次元的。弦楽器の即興アンサンブル曲等もはっとする真新しさに満ちています。曲の感じは全編試聴の雰囲気。分厚い美麗な大判インサート。ジャケットはロバート・クラム。【曲】「Madame Hafize & Selim / Kusteka Mayrush」「Riza Bylbyli / Taxim Mysequarce」「Kishin Uj Ata Burime」「Osman Taka」「Korba O Ceco」「Kju Pora / Ke Tre Urat Per Matane」「Riza Bylbyli / Me Zurri Taksimi Me Plakat」「Madame Hafize & Selim / Sta Triya」「Riza Bylbyli / Ja Thoshte Bybyli(試聴)」「Unknown Artist / Valle Zylesh」「Paulin Pali / Taksim Shoyptar(試聴)」「Kju Pora / O Moj Tin Qi Man Flori」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Louis Armstrong And His Orchestra - LOUIS AND THE BIG BANDS 1928 1930

  • ジャズLP
 Louis Armstrong And His Orchestra- ルイ・アームストロング・アンド・ヒズ・オーケストラ - "LOUIS AND THE BIG BANDS 1928 1930"
U.K. / LP / Mono / EMI Parlophone PMC7074 / Rec late1920s / Pub 1968
コーティングの三辺折り返しジャケット擦れわずか、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■ホット5、7を経て、サッチモが次にやったハーレムタイプのジャズ・バンドを収録。
十人ほどの編成の曲で、よどんだ頭も一発で覚醒してしまうようなものばかり。アルゼンチン盤のみで英はこのLPが初出になったキャロル・ディッカーソン名義の2曲でまずノックアウト。ユルメながら全員まったく乱れないクリーンな演奏にサッチモの閃光のようなコルネット。フィラデルフィア・メロディアンズというグループで出した「When Youre Smiling」や歌抜きの「Some Of These Days」, ウォーラーの「Sweet Savannah Sue」,等レアな音源もたっぷり。ライナーはブライアン・ラスト。【曲】「Symphonic Raps(試聴)」「Savoyager's Stomp」「So Black And Blue?」「That Rhythm Man」「Sweet Savannah Sue」「Some Of These Days」「Some Of These Days(試聴)」「When You're Smiling」「When You're Smiling」「After You've Gone」「My Sweet」「I Can't Believe That You're In Love With Me」「Indian Cradle Song」「Exactly Like You」「Dinah」「Tiger Rag」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Texas Alexander - COMPLETE RECORDINGS IN CHRONOLOGICAL ORDERVOLUME 3

  • ブルースLP
 Texas Alexander- テキサス・アレクサンダー - "COMPLETE RECORDINGS IN CHRONOLOGICAL ORDERVOLUME 3"
U.K. / LP / Mono / Matcbox MSE220 / Rec 1929, 30 / Pub 1986
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげわずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2680 yen
■テキサス・アレクサンダーのマッチボックス編集盤第三集。
テキサスのブルースマン、テキサス・アレクサンダーのマッチボックス編集盤第三集。特にロニー・ジョンソンとエディ・ラングがバックを付けたものが知られる彼ですが、このアルバムにはその組み合わせは無し。まずはエルヴィー・トーマス&ギーシー・ワイリーに影響を与えたリトル・ハット・ジョーンズと、同じテキサスのカール・デイヴィスが伴奏を付けたものをA面に収録。裏面は全て、"Sitting On The Top Of The World"でおなじみブルース・ストリング・バンド、ミシシッピー・シークスが伴奏。両面まるで違うムードで、彼の野卑でいて旨い歌が楽しめるいい一枚。【曲】「Gold Tooth Blues」「Johnny Behrens Blues」「Rolling Mill Blues」「Broken Yo Yo(試聴)」「Texas Special」「When You Get To Thinking」「Thirty Day Blues」「Peaceful Blues」「Days Is Lonesome」「Seen Better Days(試聴)」「Last Stage Blues」「Stealing To Her Man」「She's So Fair」「Rolling And Stumbling Blues」「Frost Texas Tornado Blues」「Texas Troublesome Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Charlie Jordan, John Byrd, Isaiah Nettles, etc. - COUNTRY BLUES ENCORES

  • ブルースLP
 Charlie Jordan, John Byrd, Isaiah Nettles, etc.- チャーリー・ジョーダン、ジョン・バード、イサイア・ネトルズ、etc. - "COUNTRY BLUES ENCORES"
USA / LP / Mono / Origin Jazz Library OJL8 / Rec 1920s, 30s / Pub 1970s?
ジャケット擦れしみ少々、上下部右側縁裂け、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 2.5~3 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■オリジンのカントリー・ブルース集。
住んでいた地域、スタイルを限定せず、オリジンの最強コレクターたちがお薦めするカントリー・ブルースを収録した、下の『Really The Country Blues』の続編と言える一枚。"Really..."にも収録されたトミー・ジョンソン、ウィリアム・ムーア、スキップ・ジェイムス、イシュマン・ブレイシーらに加え、極太のスライドと野卑な歌を聞かせるルイジアナのブラインド・ジョー・レイノルズ、ブルース・ハープの神的存在のジェイバード・コールマン、ワシントン・フィリップスを思わせる天国的な響きのギターにワークソング風の歌が意外なレッド・ホット・オールド・モーズなどなど、やはりウルトラ濃密な一枚。【曲】「Ishman Bracey / Saturday Blues」「Blind Joe Reynolds / Outside Woman Blues」「Tommy Johnson / Cool Drink Of Water」「Henry Sims / Farrell Blues」「Rube Lacey / Mississippi Jailhouse Groan」「Jaybird Coleman / Man Trouble Blues」「John Byrd / Old Timbrook Blues」「Skip James / I'm So Glad」「Red Hot Old Mose / Molly Man」「Big Bill And Thomps / House Rent Stomp」「Garfield Akers / Jumpin' And Shoutin' Blues」「Charley Jordan / Keep It Clean」「"Bill" Wilber / My Babe, My Babe」「Isaiah Nettles / It's Cold In China Blues」「Sonny Boy And His Pals / Don't You Leave Me Here」「William Moore / One Way Gal」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Tommy Johnson, William Moore, etc. - REALLY! THE COUNTRY BLUES

  • ブルースLP
 Tommy Johnson, William Moore, etc.- トミー・ジョンソン、ウィリアム・ムーア、etc. - "REALLY! THE COUNTRY BLUES"
USA / LP / Mono / Origin Jazz Library OJL2 / Rec 1920s, 1930s / Pub 1970s?
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■まさに歴史的な名盤。ブルース・コンピ・レーベルの先駆、オリジンの二作目。
1stエディションは62年(これは70年代?)で、その時はすべて初LP化の12曲。つまりスキップ・ジェイムス「Devil Got My Woman」、トミー・ジョンソン「Maggie Campbell Blues」、ウィリアム・ムーア「Old Country Rock」はこの盤で初めて世の人々が聞いたという一枚。他イシュマン・ブレイシー、サム・コリンズ、ガーフィールド・エイカーズなどなど収録。 【曲】「Tommy Johnson / Maggie Campbell Blues(試聴)」「William Moore / Old Country Rock」「Son House / My Black Mama...Part1; Part 2」「Sunny Boy & His Pals / France Blues」「Skip James / Devil Got My Woman」「Ishman Bracey / Woman Woman Blues」「Sam Collins / The Jail House Blues」「George "Bullet" Williams / Touch Me Light Mama」「Henry Sims / Tell Me Man Blues」「Buster Johnson / Undertaker Blues」「Henry Thomas / Don't Ease Me In」「Garfield Akers / Cottonfield Blues...Part1; Part2(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jimmie Noone And Earl Hines - AT THE APEX CLUB VOLUME 1

  • ジャズLP
 Jimmie Noone And Earl Hines- ジミー・ヌーン&アール・ハインズ - "AT THE APEX CLUB VOLUME 1"
USA / LP / Mono / Decca DL9235 / Rec 1928 / Pub 1967
ジャケット円状の擦れ少々、裏面しみ、プロモホワイトレーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■ジャズ・クラ奏者ジミー・ヌーンの最初期の音源を集めた一枚。
ニューオリンズ→シカゴと移ったクラ奏者にはジョニー・ドッズ、シドニー・べシェ等いますが、中でもバンドとして半端無い高い音楽性を持ち、なおかつブラック・ホット・ジャズの旨味も濃密にたもっていたのが、クラシックも学んだジミー・ヌーン率いるエイペックス・クラブ・オーケストラ。アール・ハインズが入ったリズム隊にクラとサックスの木管二本だけという革新的な編成でシカゴのトップ・バンドに。これは黄金期28年のナンバーを収録したデッカ・オリジナルの編集盤。ベニー・グッドマンもアレンジを戴いた「I Know That You Know」始めきら星のごとくの名演を14曲収録。【曲】「I Know That You Know(試聴)」「Sweet Sue Just You」「Four Or Five Times」「Every Evening」「Every Evening(Alt. Take)」「Ready For The River」「Forevermore」「Apex Blues」「My Monday Date」「Blues My Naughty Sweety Gives To Me(試聴)」「Oh Sister Ain't That Hot」「King Joe」「Sweet Lorraine」「Sweet Lorraine(Alt Take)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Frankie Trumbauer, Joe Venuti And Eddie Lang, James P. Johnson, etc. - JAZZ : NEW YORK 1922-34

  • ジャズLP
 Frankie Trumbauer, Joe Venuti And Eddie Lang, James P. Johnson, etc.- フランキー・トランバウアー、ジョー・ヴェヌーティ&エディ・ラング、ジェームスPジョンソン、etc. - "JAZZ : NEW YORK 1922-34"
USA / LP / Mono / Folkways FJ2807 / Rec 1922 to 1934 / Pub late60s?
ジャケット擦れ少々、小よごれ、上部ほころび、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか、極表層のスクラッチわずか、インサートきれい
Jacket 3 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4  2980 yen
■フォークウェイズの名選集『Jazz』から、ニューヨーク編。
フォークウェイズが10数巻でまとめた、戦前のジャズのエポックメイキングな名演を豪華に集めた気合のシリーズ、その名も『Jazz』。これは第七巻目、ハイライトの一枚と言っていいニューヨーク編。ニューヨークですから、当たり前と言えば当たり前ですが、教科書どおりにならないはみ出した選曲がすばらしすぎます。世界で初めてハープでジャズったジャック・ティーガーデン知られざる名曲「Junk Man」や、エリントンのキラー・ホット「Creeper」、コールマン・ホーキンス在籍時のフレッチャー・ヘンダーソン楽団の「Sugar Foot Stomp」、ルイ・アームストロング楽団にエディ・ラングが参加した珍しい「Knockin' A Jug」etc...インサート付き。【曲】「I Wish I Could Shimmy Like My Sister Kate / The Cotton Pickers」「Original Dixieland One Step / Miff Mole and His Little Molers」「Mississippi Mud / Frank Trumbauer and His Orchestra」「Makin' Friends / The Kentucky Grasshoppers」「Basin Street Blues / The Louisiana Rhythm Kings」「Beale Street Blues / Lang-Venuti All Star Orchestra」「Junk Man / Jack Teagarden and His Orchestra(試聴)」「Papa De-Da-Da / Clarence Williams Blue Five」「Sugar Foot Stomp - Dippermouth / Fletcher Henderson and His Orchestra」「The Creeper / Kentucky Club Orchestra」「Harlem River Quiver / Kentucky Club Orchestra」「You Can't Do What My Last Man Did / James P. Johnson」「Harlem Fuss / Fats Waller and His Buddies(試聴)」「Knockin' a Jug / Louis Armstrong Orchestra(試聴)」「It Should Be You / Henry Allen and His New Yorkers」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Arcadian Serenaders - 1924-25

  • ジャズLP
 Arcadian Serenaders- アルカディアン・セレネーダーズ - "1924-25"
U.K. / LP / Mono / Parlophone PMC7085 / Rec 1924, 25 / Pub 1969
コーティングの三辺折り返しジャケット擦れ少々、コート材はがれわずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■初期ニューオーリンズ・ジャズの名グループ、アルカディアン・セレネーダーズの編集盤。
下のルイ・ラッセルと同じ英パーロフォンのジャズ・シリーズ。24年にウィンギー・マノンがこのグループでデビューを果たし、また名TPスターリング・ボーズも在籍したことで知られるニューオリンズのパイオニア的ジャズ・グループ、アルカディアン・セレネーダーズ。ニューオーリンズがベースだった頃はオリジナル・クレセント・シティー・ジャザーズといい、その後セントルイスのアルカディアン・ボールルームという小屋のハコバンになるに従い名前を変更。ニック・ラロッカのプレイを吸収したボーズのコルネットを中心にまさにODJBやNORKの本格派ホワイト・ジャズ・サウンドを披露。時代的なこともあって特にNORKに近い音で、ニューオーリンズだけでなくビックスのルーツに興味があるような人にも大推薦。【曲】「Sensation Rag(試聴)」「Christine」「San Sue Strut」「Who Can Your Regular Be Blues」「Bobbed Haired Bobbie (Bobbie Be Mine)」「Fidgety Feet」「The Co-Ed」「Back Home In Illinois(試聴)」「You Gotta Know How」「Carry It On Down」「Yes Sir, Boss」「Original Dixieland One Step」「Just A Little Bit Bad」「Angry」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Crying Sam Collins - 14 RARE COUNTRY BLUES BY SAM COLLINS AND 2 SURPRISES BY KING SOLOMONO HILL

  • ブルースLP
 Crying Sam Collins- クライング・サム・コリンズ - "14 RARE COUNTRY BLUES BY SAM COLLINS AND 2 SURPRISES BY KING SOLOMONO HILL"
USA / LP / Mono / Origin Jazz Library OJL10 / Rec 1927 to 1931 / Pub late60s
ジャケット擦れ少々、下部中央縁裂け、レーベルひげわずか、極小書き込み、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■ルイジアナ生まれのブルースマン、クライング・サム・コリンズの音源集。
オリジン・ジャズ・ライブラリーもこの盤を出した当初はキング・ソロモン・ヒルと同じ人と考えていたという、謎の多いブルースマン。デルタ・ブルースの原型といった感じで、ボーカルはスキップ・ジェイムスを思わせる甲高い声、必要以上には複雑でないものの独創的なギター、そしてスライドも達者。曲は全体を通して求心的、神秘的で、祈りにも似たムードが漂います。フェイヒーも近代化以前の神秘性が残された宗教系の曲を弾いたアルバムでサム・コリンズの「...Jesus In My Heart」(B2)をカバーしていました。ラストにはキング・ソロモン・ヒルを二曲収録。【曲】「Loving Lady Blues」「Yellow Dog Blues」「Devil In The Lions Den」「Lead Me All The Way」「It Won't Be Long(試聴)」「Do That Thing」「Hesitation Blues」「Riverside Blues(試聴)」「Midnight Special Blues」「I Want To Be Like Jesus In My Heart」「Slow Mama Slow」「New Salty Dog」「I'm Still Sitting On Top Of The World」「The Worried Man Blues」「Whoopee Blues」「Down On My Bended Knees」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Luis Russell And His Orchestra - THE LUIS RUSSELL STORY 1929-30

  • ジャズLP
Luis Russell And His Orchestra- ルイ・ラッセル&ヒズ・オーケストラ - "THE LUIS RUSSELL STORY 1929-30"
U.K. / LP / Mono / Parlophone PMC7025 / Rec 1929, 30 / Pub 1965
コーティングの3辺折り返しジャケット擦れ少々、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ルイ・ラッセル楽団の全盛期の音源集。
サッチモがこのバンドを数年にわたって自分のバンドのように使っていたことで有名なルイ・ラッセルの楽団。この29、30年録音の数曲を聴いただけで戦前ジャズ・ファンのハートはたやすく盗まれること間違いありません。パナマ出身、宝くじで当たったお金で家族ごとニューオリンズに移住、そこでストライドをマスターしNYに。その後キング・オリヴァーのバンドのメンツをほとんど流用したバンドを結成、名実ともにNYのトップ・バンドへ。かのブライアン・ラストがこれ以上芸術的な曲はないという「New Call Of Freaks」、タンパ・レッドのホーカム・ブルース「Tight Like That」のカバー、そしてカンザスの肉体派ジャズとサッチモ風の輝く個人技が合わさった感のナンバーの数々、全16曲収録。【曲】「Savoy Shout(試聴)」「Call Of The Freaks(試聴)」「It's Tight Like That」「The New Call Of The Freaks」「Feeling The Spirit」「Jersey Lightning」「Doctor Blues」「Saratoga Shout」「Song Of Swanee」「Louisiana Swing (Take A)」「Louisiana Swing (Take C)」「Poor Li'l Me」「On Revival Day」「Muggin' Lightly」「Panama」「High Tension」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2019年6月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
2019年7月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.