(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: 20s)

Ernest V. Stoneman - WITH FAMILY AND FRIENDS : VOL.1 / 2, SINKING OF THE TITANIC VOL.3

  • ヒルビリーLP
 Ernest V. Stoneman- アーネストVストーンマン - "WITH FAMILY AND FRIENDS : VOL.1 / 2, SINKING OF THE TITANIC VOL.3"
USA / LP / Mono / Old Homestead OHCS-172-173-199 / Rec 1926 to 1934 / Pub 1985, 1991
一、二枚目はシールド未開封、三枚目ジャケットシュリンク入り、レーベルBに小剥落、ひげ無し、盤ほぼ新品同様
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  7800 yen
■ヒルビリーのパイオニア、アーネスト・ストーンマンの最盛期をまとめた編集盤。3枚セット。
24年に初録音してからというもの、このジャンルを代表的する存在となったヒルビリー・ミュージックのパイオニア、アーネスト・ストーンマン。カーター・ファミリーやジミー・ロジャースが発掘されたブリストル・セッションを後押しした人でもあり。これは、ヒルビリーの名門レーベル、オールド・ホームステッドが、全盛期の彼らの音源を三枚にわけてリリースしたものの三枚セット。1と2は85年に連番で出され、それからだいぶたった91年に3が出されました。1と2はシールド未開封、試聴は全て3から。※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Suhama Renchu - GION BAYASHI JO cw GION BAYASHI GE

  • 日本の音楽78rpm
 Suhama Renchu- 洲濵連中 - "GION BAYASHI JO cw GION BAYASHI GE"
Japan / 78rpm / Mono / Orient 2060 / Rec 1921 / Pub 1921
レーベル擦れわずか、盤浅い擦れ、かなりきれいな盤
Jacket n/a / Disc 3.5 / Sound 3.5  2980 yen
■祇園囃子の演奏を録音した、京都オリエントからの一枚。
時代は同時期、レーベルも同じオリエントからの"船鉾囃子"のレコードが入荷したことはあるのですが、これは出ていたことも初めて知った一枚。基本同じ(中身は違います)笛、太鼓、鐘で奏でられる両面。洲濱とは古くから伝わる和菓子なんだそうで、その店の関係の人たちなんでしょうか。1921年。※本日のアップはこれで終了です


By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Sunagawa Sutemaru, Takahashi Lion - YAGI BUSHI cw OWARA BUSHI

  • 日本の音楽78rpm
 Sunagawa Sutemaru, Takahashi Lion- 砂川捨丸、高橋ライオン - "YAGI BUSHI cw OWARA BUSHI"
Japan / 78rpm / Mono / Orient 1582 / Rec early1920s / Pub early1920s
レーベル擦れ少々、盤浅い擦れ少々
Jacket n/a / Disc 3.5 / Sound 3.5  2480 yen
■萬歳の草分け、砂川捨丸の一枚。
明治の萬歳をもとに新しいスタイルを取り込んだ草分けの存在、砂川捨丸。中村春代とのコンビが有名ですが、これはそれ以前、高橋ライオン(高橋笑子)という女性芸人と組んでいた古い時代のもの。A面は「八木節」、B面は「(越中)小原節」。高橋ライオンの唄が壮絶スゴイ!20年代前半、京都のオリエントからの一枚。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Frank Hutchison, Roy Harvey, Sam McGee, etc. - OLD-TIME MOUNTAIN GUITAR : FINGER STYLE GUITAR 1926 - 1930

  • カントリー/ブルースLP
 Frank Hutchison, Roy Harvey, Sam McGee, etc.- フランク・ハチソン、ロイ・ハーヴェイ、サム・マッギーetc - "OLD-TIME MOUNTAIN GUITAR : FINGER STYLE GUITAR 1926 - 1930"
USA / LP / Mono / County 523 / Rec 1926 to 1930 / Pub 1972
ジャケット擦れほぼ無し、右下しみ、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れほんのわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  4500 yen
■ヒルビリー系ブルース・ギター名盤中の名盤。
ビキビキの迫力のピッキング、風通しのいいヒルビリーのエッセンスが一つになった、白人カントリー・ブルース・ギターものの名盤中の名盤。ヒルビリー、カントリー系のものだけにしぼり内容の濃いコンピレーションをリリースしたカウンティの、ラインナップ、充実度ともに最高のギター・インスト集。フィンガー・ピッキング・ギターの演奏のみに絞られています。ロイ・ハーヴェイのナショナル・ギター炸裂ナンバー「Jefferson Street Rag」、ジョン・フェイヒーがカヴァーした「Knoxville Blues」でのサム・マッギーの高速3フィンガー、大変繊細ながら素朴なスライド・ギターが素晴らしいフランク・ハチスンの「Logan County Blues」などなど全部がハイライト。原盤の提供はディック・スポッツウッド。【曲】「Roy Harvey & Leonard Copeland / Lonesome Weary Blues」「David Fletcher & Gwen Foster / Charlotte Hot-Step」「Roy Harvey & Leonard Copeland / Jefferson St. Rag」「Sam McGee / Knoxville Blues(試聴)」「David Fletcher & Gwen Foster / Red Rose Rag」「Johnny Crockett & Albert Crockett / Fresno Blues」「Frank Hutchison / Logan County Blues(試聴)」「Roy Harvey & Jess Johnson / Guitar Rag(試聴)」「John Dilleshaw & The String Marvel / Spanish Fandango」「Lowe Stokes' North Georgians / Take Me To The Land Of Jazz」「Roy Harvey & Leonard Copeland / Greasy Wagon」「David Miller / Jailhouse Rag」「Roy Harvey & Leonard Copeland / Back To The Blue Ridge」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Orquesta Tipica Victor - HISTORIA DE LA ORQUESTA TIPICA VICTOR

  • タンゴLP
Orquesta Tipica Victor- オルケスタ・ティピカ・ビクトル - "HISTORIA DE LA ORQUESTA TIPICA VICTOR"
Argentina / LP / Mono / RCA Victor TA4801 / Rec 1925 - 1930 / Pub 1980
ジャケット上部に小ダメージ、レーベルひげ無し、盤擦れほんのわずか
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■アルゼンチン・タンゴ史上に残る名グループ、オルケスタ・ティピカ・ビクトルの黄金期をまとめた一枚。
アルゼンチン・ビクターが全10枚でまとめたアルゼンチン・タンゴのアンソロジー"SERIE TANGO DE AYER"の一枚目。現地ビクター専属の、タンゴ史上に残る名グループ、オルケスタ・ティピカ・ビクトルの、最も良かった時代と言われる26~29年の音源を中心に収録された全14曲。【曲】「La Pueblera」「Tesorito」「Retintin」「Negro」「Pato」「Solterona」「Lazos De Seda」「La Payanca」「Malquerida」「El Portenito」「El Choclo」「Bronca Rea」「Chorra」「Recuerdo」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Charley Patton - FOUNDER OF THE DELTA BLUES

  • ブルースLP
 Charley Patton- チャーリー・パットン - "FOUNDER OF THE DELTA BLUES"
USA / LP / Mono / Yazoo L1020 / Rec late1920s / Pub early1970s
ジャケット表裏擦れわずか、内側きれい、レーベル二枚ともひげ無し、しみ少々、盤二枚とも擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■チャーリー・パットンの決定盤といえるヤズー編集盤。
レコードを残さなかったヘンリー・スローンというブルース・マンに習い、自らの弾き語りを熟成、言葉では表現のしようが無い音楽を演奏したチャーリー・パットン。これが後にデルタ・ブルースと言われるようになり、今の音楽の中にもはっきりと遺伝しています。これはヤズーが総力を挙げて製作した2LPのベスト・オブ・ベスト。英語と言われてもにわかに信じられない異星人語的ボーカル、何度聞いても解明できないギター、作曲感覚なども含めて、何故かパットンだけがまるで違う惑星から降りてきたよう。【曲】「Mississippi Bo Weevil Blues」「Screamin' And Hollerin' The Blues」「Down The Dirt Road Blues」「Pony Blues」「Banty Rooster Blues」「It Won't Be Long(試聴)」「Tom Rushen Blues」「A Spoonful Blues」「Shake It And Break It」「Going To Move To Alabama」「Elder Green Blues」「Frankie And Albert」「Some These Days I'll Be Gone」「Green River Blues(試聴)」「Hammer Blues」「When Your Way Gets Dark」「High Water Everywhere Part 1」「High Water Everywhere Part 2」「Rattlesnake Blues」「Running Wild Blues」「Dry Well Blues」「Moon Going Down」「Bird Nest Bound」「High Sheriff Blues」「Stone Pony Blues(試聴)」「34 Blues」「Revenue Man Blues」「Poor Me(試聴)」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Fletcher Henderson And His Orchestra, Bennie Motens Kansas City Orchestra, etc. - JAZZ 8 : BIG BANDS 1924-1934

  • ジャズLP
 Fletcher Henderson And His Orchestra, Bennie Moten's Kansas City Orchestra, etc.- フレッチャー・ヘンダーソン、ベニー・モーテン、etc. - "JAZZ 8 : BIG BANDS 1924-1934"
USA / LP / Mono / Folkways FP69 / Rec 1920s, 1930s / Pub 1953
ジャケット表裏擦れ少々、端々折れ目少々、左上に貼り物、レーベルひげ無し、盤表層スクラッチ少々
Jacket 3~3.5 / Disc 3~3.5 / Sound 3.5  2680 yen
■ジャズの歴史的名演集"JAZZ"シリーズから、フル・バンドの黒人ジャズ編。
フォークウェイズが10数巻でまとめた、戦前のジャズのエポックメイキングな名演を豪華に集めた気合のシリーズ、その名も『Jazz』。これは8枚目で、一言で言えばフル・バンドの黒人ジャズのキラーを容赦なく集めたという一枚。プレイヤーにもしっかり目を配り、名手が豪勢に集合。試聴二曲目はエリントン、こんな曲が選ばれるという...ライナー無し、53年ファースト・プレスで、後のものとはジャケット違い、盤フラットエッジ。【曲】「Fletcher Henderson / Copenhagen(試聴)」「Money Blues」「Jackass Blues」「Bennie Moten / Kansas City Breakdown」「Charlie Johnson / The Boy In The Boat」「Duke Ellington / Hot And Bothered(試聴)」「Luis Russell / Saratoga Shout」「McKinney's Cotton Pickers / Four Or Five Times」「Little Chocolate Dandies / Six Or Seven Times」「Ben Pollack / Buy, Buy For Baby」「Charleston Chasers / Beale Street Blues」「Jimmie Lunceford / In Dat Mornin'」「Bennie Moten / Moten's Swing」「Fletcher Henderson / Down South Camp Meetin'」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bix Beiderbecke, McKenzie-Condons Chicagoans, etc. - JAZZ 6 : CHICAGO NO.2

  • ジャズLP
 Bix Beiderbecke, McKenzie-Condon's Chicagoans, etc.- ビックス・バイダーベック、マッケンジー&コンドンズ・シカゴアンズ、etc. - "JAZZ 6 : CHICAGO NO.2"
USA / LP / Mono / Folkways FP-65 / Rec 1920s / Pub 1952
ジャケット表裏擦れ少々、左上に貼り物、レーベルひげわずか、盤表層スクラッチ少々
Jacket 3.5 / Disc 3.5 / Sound 3.5  2980 yen
■ジャズの歴史的名演集"JAZZ"シリーズから、シカゴ・ジャズ集。
シカゴは計二枚あり、一巻目はジョニー・ドッズやジミー・ヌーン、サッチモなど黒人ジャズ集で、この二巻目は、オースティン高校出身者で構成された、シカゴアンズと呼ばれた連中によるホワイト・ジャズ発祥の名演を中心に収録。ビックス・バイダーベックを中心にチャールズ・ピアース楽団、シカゴ・リズム・キングス、ビックスの憧れだったニューオーリンズ・リズム・キングス、エディ・コンドン、フランク・テシュメーカー等収録。ライナー無し、52年ファースト・プレスで、後のものとはジャケット違い、盤フラットエッジ。こちらもぜひ。試聴は違う曲です。【曲】「Sweet Lovin' Man / King Oliver Creole Jazz Band」「Sweet Lovin' Man / New Orleans Rhythm Kings」「Jazz Me Blues / Wolverine Orchestra」「Sister Kate / Charles Pierce and His Orchestra」「Everybody Loves My Baby / The Stomp Six(試聴)」「Tennessee Twilight / Chicago Rhythm Kings」「Maple Leaf Rag / Paul Mares and His Friar's Society Orchestra」「Somebody Stole My Gal / Bix Beiderbecke and His Gang(試聴)」「Margie / Bix Beiderbecke and His Gang」「Jazz Me Blues / Frank Teschemacher's Chicagoans」「Sugar / McKenzie-Condon's Chicagoans」「China Boy / McKenzie-Condon's Chicagoans」「Nobody's Sweetheart / McKenzie-Condon's Chicagoans」「There'll Be Some Changes Made / McKenzie-Condon's Chicagoans」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Big Bill Broonzy - THE YOUNG 1928 - 1936

  • ブルースLP
 Big Bill Broonzy- ビッグ・ビル・ブルーンジー - "THE YOUNG 1928 - 1936"
USA / LP / Stereo / Yazoo L-1011 / Rec 1928 - 1936 / Pub 1968
ジャケット表裏擦れわずか、下部中央にテープ、レーベルひげほぼ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■ビッグ・ビルのヤズー単独編集盤第一集。
ゲストに謎のギタリスト、フランク・ブラスウェル、ピアノにジョージア・トム等が入るバンドでの音源を含めた、ヤズー・レーベルのビッグ・ビル編集盤第一集。20年代から亡くなる50年代末までほとんど現役のビッグ・ビルですが、録音を始めた最初の7年の中から選ばれた14曲で、当時のシカゴのブルース界を全部体験できるような内容。演奏の水準は当然最高峰、バンドでのコンビネーション、楽しさも文句なし。ヤズー大名盤のひとつ。【曲】「Brownskin Shuffle」「Eagle Ridin' Papa」「Starvation Blues」「Long Tall Mama(試聴)」「Good Liquor Gonna Carry Me Down」「Skoodle Do Do」「Banker's Blues」「Saturday Night Rub」「I Can't Be Satisfied」「Mississippi River Blues」「Hip Shakin' Strut」「How You Want It Done?(試聴)」「Hokum Stomp(試聴)」「Stove Pipe Stomp」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jan Garber And His Orchestra - SWEET AND HOT VOLUME 2 : 1928-1930

  • ジャズ78rpm
 Jan Garber And His Orchestra- ジャン・ガーバー&ヒズ・オーケストラ - "SWEET AND HOT VOLUME 2 : 1928-1930"
USA / 78rpm / Mono / Old Masters TOM54 / Rec 1928 - 1930 / Pub ?
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ少々、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■名ジャズ・バンド、ジャン・ガーバーのオールド・マスターズ編集盤。
話はつきないオールド・マスターズ・レーベル。なんとパソコン開発のパイオニアだという、数学者でレコード・マニアのジョージ・モロウがやっていたレーベルで、ジェリー・ガルシアが聞いて感銘を受けたというオスカル・アレマンの編集盤や、ライ・クーダーがカバーした「Big Bad Bill」のエメット・ミラーなど、特にジャズの面白い盤を多くリリースしたレーベル。これはこの時代から戦後まで活躍、ポール・ホワイトマン等と並ぶ人気を博したジャン・ガーバー楽団の名演集。整然としたアレンジにホットなジャズの味も加えられたいいナンバーをぎっしり。【曲】「Since My Best Girl Turned Me Down」「Sister Kate」「Back In Your Own Backyard(試聴)」「Tin Ear(試聴)」「She's Great Great Girl」「Louisiana」「Way Down In Yonder In New Orleans」「'Round Evening」「Sonny Boy」「Outside」「Weary River」「That's Why I'm Happy」「Caressing You」「Guess Who」「Puttin' On The Ritz(試聴)」「When A Woman Loves A Man」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bix Beiderbecke, McKenzie-Condons Chicagoans, etc. - JAZZ 6 : CHICAGO NO.2

  • ジャズLP
Bix Beiderbecke, McKenzie-Condon's Chicagoans, etc.- ビックス・バイダーベック、マッケンジー&コンドンズ・シカゴアンズ、etc. - "JAZZ 6 : CHICAGO NO.2"
USA / LP / Mono / Folkways / Rec late1920s / Pub 1958
ジャケット表裏擦れほぼ無し、レーベルひげ極わずか、盤擦れほとんどなし、インサートきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■戦前ジャズの歴史的名演を網羅したフォークウェイズ"JAZZ"シリーズから、シカゴ・ジャズ集。
シカゴは計二枚あり、一巻目はジョニー・ドッズやジミー・ヌーン、サッチモなど黒人ジャズ集で、この二巻目は、オースティン高校出身者で構成された、シカゴアンズと呼ばれた連中によるホワイト・ジャズ発祥の名演を中心に収録。ビックス・バイダーベックを中心にチャールズ・ピアース楽団、シカゴ・リズム・キングス、ビックスの憧れだったニューオーリンズ・リズム・キングス、エディ・コンドン、フランク・テシュメーカー等収録。オリジナルは52年、これは58年盤。【曲】「Sweet Lovin' Man / King Oliver Creole Jazz Band」「Sweet Lovin' Man / New Orleans Rhythm Kings」「Jazz Me Blues / Wolverine Orchestra」「Sister Kate / Charles Pierce and His Orchestra」「Everybody Loves My Baby / The Stomp Six」「Tennessee Twilight / Chicago Rhythm Kings(試聴)」「Maple Leaf Rag / Paul Mares and His Friar's Society Orchestra」「Somebody Stole My Gal / Bix Beiderbecke and His Gang」「Margie / Bix Beiderbecke and His Gang」「Jazz Me Blues / Frank Teschemacher's Chicagoans」「Sugar / McKenzie-Condon's Chicagoans(試聴)」「China Boy / McKenzie-Condon's Chicagoans」「Nobody's Sweetheart / McKenzie-Condon's Chicagoans」「There'll Be Some Changes Made / McKenzie-Condon's Chicagoans」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Naftule Brandwein - KING OF THE KLEZMER CLARINET

  • 民俗音楽/クレズマーCDetc
 Naftule Brandwein- ナフチュール・ブランドワイン - "KING OF THE KLEZMER CLARINET"
USA / CDetc / Mono / Rounder CD1127 / Rec 1922 to 1941 / Pub 1997
ケース擦れ極わずか、盤面擦れ無し、ブックレットきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2480 yen
■不世出のクレズマー・クラリネット奏者、ナフチュール・ブランドワインの編集盤。
1884年ウクライナのクレズマー・ミュージシャン一家に生まれ、1908年にアメリカに移住、クレズマーの神様エイブ・シュウォルツのバンドに在籍したのち自身の楽団を結成、"King Of Jewish Music"と謳われたナフチュール・ブランドワイン。これは、彼の全盛期1922年~26年のナンバーに加え、長いブランクの後の41年のラスト・レコーディングも収録した米ラウンダーの編集盤CD。恐らくこれが彼の唯一の単独盤(アナログは無し)。全25曲収録。曲目省略します。※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2017年7月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2017年8月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.