(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: 20s)

Zack Whyte And His Chocolate Beau Brummels, etc. - TERRITORY BANDS 1929-1933

  • ジャズLP
Zack Whyte And His Chocolate Beau Brummels, etc.- ザック・ホワイト&ヒズ・チョコレート・ボー・ブランメルズ、etc. - "TERRITORY BANDS 1929-1933"
USA / LP / Mono / Historical HLP24 / Rec 1920s, 30s / Pub 1969
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ヒストリカル・レコードがまとめたテリトリー・バンド集の一枚目。
テリトリー・バンド、つまりその地限定の活動をしたローカル・マイナー・バンドのことで、だいたいが無名。ほとんどが名も知れぬミュージシャン、また有名ミュージシャンがいてもメインのバンドとは違う別働隊。メジャーのちゃんと編曲されたジャズ・バンドとは違い意外性に富んだ興奮のナンバーが多くコレクターの憧れとなっています。これはそんなバンドの貴重音源を収録した一枚。奇想天外な編曲とおのおのの力量もすさまじいザック・ホワイト楽団、同じカンザス・シティエリアのグループで、同様の華々しい演奏を聞かせるアルフォンス・トレント楽団、洗濯板をドラムがわりにしたウォッシュボード・リズム・ボーイズの3グループ、ウルトラ・ホットな一枚。レア・ジャズ、特にコレクター向けのコアな盤を出していたヒストリカル・レコードから。【曲】「Zack Whyte & His Chocolate Beau Brummels / Mandy」「Hum All Your Troubles Away」「It's Tight Like That」「West End Blues」「Good Feelin' Blues」「Walkin' Blues」「Alphonse Trent And His Orchestra / Black And Blue Rhapsody」「After You've Gone(試聴)」「St. James Infirmary」「Clementine」「I've Found A New Baby」「Washboard Rhythm Boys / Dog And Cat(試聴)」「Old Man Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Holy Ghost Sanctified Singers, Elder Richard Bryants Sanctified Singers, etc. - GOD GIVE ME LIGHT 1927-1931

  • ブルース/ゴスペルLP
 Holy Ghost Sanctified Singers, Elder Richard Bryant's Sanctified Singers, etc.- ホーリー・ゴースト・サンクティファイド・シンガーズ、エルダー・リチャード・ブライアンツ・サンクティファイド・シンガーズ、etc. - "GOD GIVE ME LIGHT 1927-1931"
USA / LP / Mono / Herwin / Rec 1927 to 1931 / Pub early1970s
ジャケット擦れわずか、しみ少々、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  4500 yen
■ハーウィン・レーベルの戦前ゴスペル集。
24年に自主レーベルとしてスタート、30年まで、ヒルビリー、カントリー・ブルース、ゴスペル等をリリースしたハーウィン。それから30年以上たった後に、コレクター&研究家バーナード・クラツコが、ヤズーやオリジンの面々とともに再始動、高品質なこだわりの編集盤をリリースした、この手の中でも最もコアなレーベルの一つ。ジャグ・バンドと女性たちのコーラスの、ホーリー・ゴースト・サンクティファイド・シンガーズ、ブラック・ヒルビリー・ゴスペルのリーダー・クリーヴランド、女性Voとワイルドな伴奏が塊で盛り上がるエルダー・カリーなどなど耳を塞ぎたくなるような強烈な全16曲。【曲】「Holy Ghost Sanctified Singers / Thou Carest Lord For Me」「When I Get Inside The Gate」「Elder Richard Bryant's Sanctified Singers / Lord, Lord He Sure Is Good To Me」「Come Over Here」「Ernest Phipps And His Holiness Quartet / If The Light Has Gone Out In Your Soul」「Bright Tomorrow(試聴)」「Louisville Sanctified Singers / God Give Me Light」「So Glad I'm Here」「Holy Ghost Sanctified Singers / Sinner, I'd Make A Change」「Jesus Throwed Up A Highway For Me」「Elder Richard Bryant's Sanctified Singers / How Much I Owe For Love Divine」「Watch Ye, Therefore, You Know Not The Day(試聴)」「Elder Curry / Memphis Flu」「Leader Cleveland / Babylon Is Falling Down」「Way Beyond The Blue」「Ernest Phipps And His Holiness Quartet / Jesus Is Getting Us Ready For That Great Day」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Washboard Rhythm Kings, Walter Barnes Royal Creolians - 1928-1932

  • ジャズLP
 Washboard Rhythm Kings, Walter Barnes' Royal Creolians- ウォッシュボード・リズム・キングス、ウォルター・バーンズ・ロイヤル・クレオーリアンズ - "1928-1932"
USA / LP / Mono / Harrison LPS / Rec 1928-1932 / Pub 1970s
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■戦前No1ウォッシュボード・バンドとシカゴ・ローカルのホット・ジャズ・バンドのカップリング編集盤。
A面はジャズとロックンロールの早すぎた混合音楽ウォッシュボード・バンドのNo1バンド、ウォッシュボード・リズム・キングス。いままでいろいろ編集盤入りましたが曲の重なりなさそうです。これがスゴイ。かなりエリントンに影響を受けたハーレム系のマイナー・ナンバーが多く(スウィングしなけりゃ意味がないのカバーもあり)、とにかくカッコイイ。女性トランぺッターのヴァライダ・スノウをフィーチュアしたナンバー中心で、テクニックなどは超一級と言えないかもですが、ときおり見せる瞬発力満点の演奏がグレイト。B面はミシシッピ生まれでシカゴの音大でクラシックを収めジャズの道に入り、20年代初頭にはこのバンド、ロイヤル・クレオーリアンズを結成したジャズクラ奏者ウォルター・バーンズのホット・ジャズ集。ジャック・ティーガーデンの名演で有名な"My Kinda Love"の淡々としたいい演奏、タンパ・レッドのカントリー・ブルース・クラシック"Tight Like That"のホット・ジャズ・カバーなど、アップ、ミッド、メロウ系スロウとバランスよくやっています。いなたいインディー感がまたいい。【曲】「Washboard Rhythm Kings / Blues In My Heart」「Georgia On My Mind」「Sentimental Gentleman From Georgia(試聴)」「It Don't Mean A Thing If It Ain't Got That Swing」「I Would Do Anything For You」「Someone Stole Gabriel's Horn」「Spider Crawl」「The Scat Song」「Walter Barnes And His Royal Creolians / How Long How Long Blues」「My Kinda Love」「It's Tight Like That」「If You're Thinking Of Me」「Birmingham Bertha」「Third Rail(試聴)」「Buffalo Rhythm」※今日のアップはこの一枚です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Blyths Sinful Five, Viola Bartlette, Hottentots, etc. - PARAMOUNT HOT JAZZ RARITIES 1926-1928

  • ジャズ/ブルースLP
Blyth's Sinful Five, Viola Bartlette, Hottentots, etc.- ブライスズ・シンフル・ファイヴ、ヴィオラ・バートレット、ホッテントッツ、etc. - "PARAMOUNT HOT JAZZ RARITIES 1926-1928"
USA / LP / Mono / Herwin 110 / Rec 1926 to 28 / Pub 1977
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ少々、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3800 yen
■黒人音楽の殿堂レーベル、パラマウントのレア・ジャズ集。
24年に自主レーベルとしてスタート、30年まで、ヒルビリー、カントリー・ブルース、ゴスペル等をリリースしたハーウィン。それから30年以上たった後に、コレクター&研究家バーナード・クラツコが、ヤズーやオリジンの面々とともに再始動、こだわりの編集盤をリリースした、この手の中でも最もコアなレーベルの一つ。これは黒人音楽の殿堂レーベル、パラマウントに残されたレア・ジャズ集。シカゴのNo1ピアニスト、ジミー・ブライスの幻のバンド、シンフル・ファイヴ、やはりブライスのWBバンドがサポートした、せわしないビブラート声にゾクゾクする女性ブルース・シンガー、ヴィオラ・バートレット、このジャンルの憧れの一曲"VooDoo"で知られるタイニー・パーハムらのメガレアバンド、ニューオーリンズ・ジャズマンのレコード録音第一号フレディ・ケパードのウルトラ・ホットなホッテントッツ、僕は勝手に20年代の女モンクと思っているブルース・シンガー、エルザディー・ロビンソンのバンドもの....まだA面。超々濃い一枚。【曲】「Blythe's Sinful Five / Plump Tillie」「Viola Bartlette With Blythe's Sinful Five / Anna Mina Forty And St. Louis Shorty」「Viola Bartlette With Blythe's Sinful Five / Quit Knocking On My Door」「Austin And His Musical Ambassadors / Don't Forget To Mess Around When You Do The Charleston Take 1」「Take 2」「Hotentots / Lots O'Mama」「Elzadie Robinson With Preston Jackson's Uptown Band / Houston Bound」「Wilson's T.O.B.A. Band / Steady Roll(試聴)」「Backyard Blues」「Jeanette's Synco Jazzers / The Bumps」「What's That Thing」「D.C. Nelson's Serenaders / New Orleans Breakdown」「Coo Coo Stomp」「Beverly Syncopators / Sugar(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Sara Martins Jug Band, Dixieland Jug Blowers, etc. - GIVE ME ANOTHER JUG

  • ブルースLP
Sara Martin's Jug Band, Dixieland Jug Blowers, etc.- サラ・マーティンズ・ジャグ・バンド、ディキシーランド・ジャグ・ブロワーズ、etc. - "GIVE ME ANOTHER JUG"
Switzerland / LP / Mono / Whoopee 102 / Rec 1924 - 31 / Pub 1976
コーティング・ジャケット擦れしみ少々、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ウーピーというスイスのレーベルから出た戦前ジャグ・バンドの編集盤。
タイトルに端的に表れているのですが、ジャグ・バンドの名演集になかなか入りそうもない珍しいナンバーを集めた、スイスのウーピーというレーベルの一枚。70年代に五枚だけ?出したレーベルのようです。まずA面はアール・マクドナルド特集。このジャンルの録音第一号のレコードでウッドベースやチューバよりはるかな巨大な音でジャグを吹き、この音楽を広めた歴史上最も偉大なプレイヤー。在籍したディキシーランド・ジャグ・ブロワーズは二曲のみで、ジャズ、ブルース・シンガーのバックを努めた貴重な音源多し。初めて聞くものばかりです。裏面は、メンフィス・ジャズ・バンドの編集盤に漏れていそうな彼らの別働隊や、ハーモニカ奏者のジェド・ダヴェンポートのバンド、もう一つのジャグ・バンド第一号グループ、ウィッスラー・ジャグ・バンド等を収録。試聴のように結構高音削られた音質ではありますが、ジャグそのものの演奏を聞きたいというかたには特にお薦め。【曲】「Sara Martin's Jug Band / Blue Devil Blues」「」「Jug Band Blues」「Dixieland Jug Blowers / If You Can't Make It Easy」「When I Stopped Running」「Ben Ferguson / Please Don't Holler Mama」「Try And Treat Her Right」「John Harris / Glad And Sorry Blues(試聴)」「Madelyn James / Stinging Snake Blues」「Jed Davenport And His Beale Street Jug Band / Jug Blues」「Piccolo Blues」「King David's Jug Band / Georgia Bo-Bo」「Tear It Down」「Kaiser Clifton / Cash Money Blues」「Fort Worth And Denver Blues」「Whistler's Jug Band / Foldin' Bed(試聴)」「Hold That Tiger」
By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jimmie Noones His Apex Club Orchestra - VOLUME ONE 1928

  • ジャズLP
Jimmie Noone's His Apex Club Orchestra- ジミー・ヌーンズ・エイペックス・クラブ・オーケストラ - "VOLUME ONE 1928"
Australia / LP / Mono / Swaggie 841 / Rec 1928 / Pub 1986
コーティング・ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■ジャズ・クラリネット奏者ジミー・ヌーンのスワギー・レーベル編集盤第一集。
ニューオリンズ→シカゴと写ったクラ奏者にはジョニー・ドッズ、シドニー・べシェ等いますが、中でもバンドとして半端無い高い音楽性を持ち、なおかつブラック・ホット・ジャズの旨味も濃密にたもっていたのが、クラシックも学んだジミー・ヌーン率いるエイペックス・クラブ・オーケストラ。1912年からニューオーリンズでプロとしてフレディ・ケパード楽団やオスカー・セレスティン楽団で演奏、20年代に入りこのグループを結成しました。アール・ハインズが正ピアニスト、ブルース・ギタリストも顔負けの演奏をするギタリスト&バンジョー奏者バド・スコットらの五人組。これは豪スワギーが4枚?で出したこの楽団の音源集の一枚目。ベニー・グッドマンが自身の歴史的なトリオでアレンジをまるっきりいただいた「I Know That You Know」、デルタ・ブルース風のバチバチ演奏を聞かせるバド・スコット大活躍の「Blues」、エメット・ミラーでおなじみ「I Ain't Got Nobody」を、ブルース・シンガー、ストーヴパイプ・ジョンソンと三人でやったナンバーなどほんと聞きどころ多い一枚。【曲】「I Know That You Know(試聴)」「Sweet Sue Just You」「Four Or Five Times」「Four Or Five Times Take 2」「Every Evening」「Every Evening Take 2」「Ready For The River」「Forevermore」「Oh Sister Ain't That Hot」「I Ain't Got Nobody」「Apex Blues」「Apex Blues Take 2(試聴)」「A Monday Date」「Blues」「Oh Sister Ain't That Hot」「King Joe」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jimmie Noones His Apex Club Orchestra - VOLUME THREE 1929

  • ジャズLP
Jimmie Noone's His Apex Club Orchestra- ジミー・ヌーンズ・エイペックス・クラブ・オーケストラ - "VOLUME THREE 1929"
Australia / LP / Mono / Swaggie 843 / Rec 1929 / Pub 1986
コーティング・ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ無し、プツ音出る小スクラッチわずか
Jacket 4 / Disc 3.5 / Sound 3.5  2680 yen
ジャズ・クラリネット奏者ジミー・ヌーンのスワギー・レーベル編集盤第三集。
オーストラリア・スワギーからのエイペックス・クラブ楽団の編集盤第三集。第一集のようなブラック・ホット・ジャズという面は薄くなり、メイ・アリックス、ヘレン・サヴェージ、そして名前不明の男性シンガーが入り、ドキッとするような美しいメロディ中心のナンバー揃い。それでいて、器楽的なダイナミズムもはっきりとあります。もちろんアップの楽しさ、完成度も最高。ほんとスゴイバンドだったんですね~。ライナーによると、この頃シカゴに来ていたラヴェルがヌーンの演奏をエイペックス・クラブで見て感激、あの「ボレロ」にそこで聞いたリフを使ったんだそうです。【曲】「Birmingham Bertha(試聴)」「Am I Blue?」「My Daddy Rocks Me」「Apex Blues」「Apex Blues Take 2」「Ain' Misbehavin'」「That Rhythm Man」「Off Time(試聴)」「S'Posin」「True Blue Lou」「Though」「Satisfied」「I'm Doin' What I'm Doin' For Love」「He's Good Man To Have Around」「My Melancholy Baby」「After You've Gone」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jimmie Noones His Apex Club Orchestra - VOLUME FOUR 1929-1930

  • ジャズLP
Jimmie Noone's His Apex Club Orchestra- ジミー・ヌーンズ・エイペックス・クラブ・オーケストラ - "VOLUME FOUR 1929-1930"
Australia / LP / Mono / Swaggie 844 / Rec 1929 / Pub 1986
コーティング・ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
ジャズ・クラリネット奏者ジミー・ヌーンのスワギー・レーベル編集盤第四集。
オーストラリア・スワギーからのエイペックス・クラブ楽団の編集盤第四集。ライナーの感じからしてこれが最終巻だと思います(違ったらすみません)。強烈悲痛なスローバラード「Love」で幕を開け、時は恐慌時代、全体こんな感じかと思いきや全然違ってビックリ。重量感ありつつコンパクトにまとまったアレンジの極地と思わせるミッドテンポのダンス・ナンバー「El Rado Shuffle」「Deep Trouble」、エルモ・タナーという極甘ボイスのクルーナーが、ヌーンのバスクラ?と出てくる天国のスィート・ナンバー「Have A Little Faith....」、さらに、女性ブルース・シンガー、ジョージア・ホワイトが歌う、エリントンの"スウィングしなけりゃ..."を先取りしたようなホットなナンバー、ラストには、多分ヌーン全曲で最もワイルドなナンバーと思う「San」を2テイク収録。キャブなんかが盛り上がっていた頃でしょうか、ハーレム風のモダン・ダークな雰囲気の曲もあり。【曲】「Love」「Love Me」「El Rado Shuffle」「Deep Trouble Cryin' For Carolines」「Have A Little Faith For Me」「Should I ?」「I'm Following You」「When You're Smiling(試聴)」「I Lost My Gal In Memphis」「On Revival Day」「I'm Drifting Back To Dreamland」「Virginia Lee」「So Sweet」「So Sweet Take 2」「San」「San Take 2(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Carter Family - JIMMIE BROWN, THE NEWS BOY

  • ヒルビリーLP
 Carter Family- カーター・ファミリー - "JIMMIE BROWN, THE NEWS BOY"
Japan / LP / Mono / RCA R5389 / Rec 1920s, 1930s / Pub late60s
ジャケット擦れ少々、裏面しみ、レーベルひげほぼ無し、盤擦れほぼ無し、極小プツ音でるスクラッチわずか、インサート色あせ
Jacket 3 / Disc 3.5 / Sound 3.5  2480 yen
■全曲、米に先駆けてLP化された、日本独自の編集盤。大名盤。
日本ビクターでリリースされた編集盤第二集で、選曲は、野口久光、中村とうようほか4人。この前にリリースされた第一集は米盤LPからのものだったのに対し、これは全て米でLP化されていないものを収録したスペシャルな一枚。(ハリー・スミスのアンソロジーに収録されていたものはあります)一生何も変わらない感じの(事実変わりませんでした)マウンテン・フォーク・ソングが延々続く16曲。帯無し、詳細な曲解説、英詞、日本語訳のインサート。【曲】「There's Someone Waiting For Me」「Jimmie Brown, the Newsboy」「Two Sweethearts」「Little Log Cabin By The Sea」「Single Girl Married Girl」「Little Darling Pal Of Mine」「Chewing Gum(試聴)」「On My Way To Canaan's Land」「The Cannon Ball(試聴)」「Found Affection」「Western Hobo」「Lonesome Pine Special」「The Broken Hearted Lover」「Never Will Marry」「The Rambling Boy」「There'll Be Joy Joy Joy」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Annette Hanshaw - SWEETHEART OF THE TWENTIES

  • 女性ボーカルLP
 Annette Hanshaw- アネット・ハンショウ - "SWEETHEART OF THE TWENTIES"
U.K. / LP / Mono / Halcyon HAL5 / Rec 1926 to 1928 / Pub 1970
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■可愛らしく"That's all"と言って曲をしめる女性シンガー、アネット・ハンショウ。
"パーソナリティ・ガール"と言われた20~30年代の女性シンガー、アネット・ハンショウ。"ザッツ・オール!"というきめ台詞で曲をしめるのが彼女流。これは26~28年の編集盤で、ジャケットにあるように、ジョー・ヴェヌーティ、エディ・ラングら当時の一級のジャズ・マンがサポートしたチャーミングでスウィンギンなナンバーを収録。ライナーは戦前ジャズの広辞苑"Jazz Records"のブライアン・ラストで、両面最後にはラストによる彼女のインタビューも収録されています。英ハルシオン・レーベルから、70年の一枚。【曲】「Black Bottom」「Six Feet Of Pap」「Don't Take That Black Bottom Away」「Song Of The Wanderer」「If You See Sally」「I'm Somebody's Somebody Now」「I Like What You Like」「Annette Hanshaw Talks To Brian Rust」「Ain't That A Grand And Glorius Feeling?(試聴)」「Who-oo? You-oo, That's Who!」「Under The Moon」「It Was Only A Sunshower(試聴)」「Who's That Knocking At My Door?」「Get Out And Get Under The Moon(試聴)」「We Love It」「Annette Hanshaw Talks To Brian Rust」※本日のアップはこれで終了です
By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Wolverines - THE COMPLETE WOLVERINES

  • ジャズLP
 Wolverines- ウルバリンズ - "THE COMPLETE WOLVERINES"
U.K. / LP / Mono / Fountain FJ114 / Rec 1924 / Pub 1977
見開きジャケット擦れ極わずか、内側きれい、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ビックス・バイダーベックが最初に組んだバンドの音源集。
スタープレイヤーとして華々しく活躍し始める前、地元の友人ミュージシャンと結成したローカル・グループ、ウルバリンズの音源集。24年の6枚のSP盤全てとテイク違い数曲、さらに同じ年の暮れにビックスが抜けた後のこのグループの一枚を収録したこのグループの完全盤です。ビックスはもちろんスゴイですが、それがバンドに伝染したのか、そういう人たちだから意気投合したのか、木管楽器からバンジョーまで含めて全員モノスゴイ演奏。ビックスがさほど目立たない全員グシャっとミンチ状になった初録音曲(試聴一曲目)とか、何度聞いても燃えます。ウルバリンズの完全収録盤はいろいろありますが、内容、音質はどれもあまり変わらないので、ジャケットとかの雰囲気で好みのものを選ぶのがいいと思います。【曲】「Fidgety Feet(試聴)」「The Jazz Me Blues」「Oh, Baby(試聴)」「Copenhagen」「Riverboat Shuffle」「Susie」「I Need Some Pettin'」「Royal Garden Blues」「Tiger Rag」「Sensation(試聴)」「Lazy Daddy」「Tia Juana」「Big Boy」「When My Sugar Walks Down The Street」「Prince Of Wails.」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jimmy Bertlands Washboard Wizards, Clarence Williams And His Washboard Band, etc. - WASHBOARD RHYTHM

  • ブルース/ジャズLP
 Jimmy Bertland's Washboard Wizards, Clarence Williams And His Washboard Band, etc.- ジミー・バートランズ・ウォッシュボード・ウィザーズ、クラレンス・ウィリアムス&ヒズ・ウォッシュボードバンド、etc. - "WASHBOARD RHYTHM"
U.K. / LP / Mono / Decca AH55 / Rec 1920s / Pub 1963
コーティング・ジャケット擦れ少々、裏面しみ少々、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■名ウォッシュボード・バンド5グループ12曲収録の英デッカ編集盤。
シカゴの洗濯板奏者ジミー・バートランドは、ジョニー・ドッズに加えサッチモも入った編成のナンバーも収録。NYジャズの元締めクラレンス・ウィリアムス(P)は超名手フロイド・ケイシーの洗濯板にバスター・ベイリー(CL)、なんとベイビー・ドッズが洗濯板をプレイ、ジョニー・ドッズ、ハーブ・モランドらのカルテットによるビール・ストリート・ウォッシュボード・バンド、ウクレレ、カズーも入った編成で、ギターはテディ・バンというアラバマ・ウォッシュボード・ストンパーズ、やはり名手ジャスパー・テイラーの洗濯板にジミー・ブライス(P)、それにカズー、バンジョーも入った珍しいグループ、シカゴ・ストンパーズ。【曲】「Jimmy Bertrand's Washboard Wizards / Little Bits」「Idle Hour Special」「47th Street Stomp」「Clarence Williams' Washboard Band / Cushion Foot Stomp」「P. D. Q. Blues」「Jimmy Bertrand's Washboard Wizards / I'm Goin' Huntin'」「Beale Street Washboard Band / Forty And Tight」「Piggly Wiggly」「Alabama Washboard Stompers / Pigmeat Stomp」「Chicago Stompers / Wild Man Stomp」「Stomp Your Stuff」「Alabama Washboard Stompers / Pepper Steak」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2021年6月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
2021年7月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
店舗営業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
店舗営業日 日曜・月曜 PM3:00-PM8:00
古物商 東京都公安委員会 第303261906488号

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2021 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.