(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: 20s)

Jimmie Davis - ROCKIN BLUES

  • ヒルビリーLP
 Jimmie Davis- ジミー・デイヴィス - "ROCKIN' BLUES"
Germany / LP / Mono / Bear Family BFX15125 / Rec 1929 to 1933 / Pub 1983
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■ヒルビリー・ブルース・シンガー、ジミー・デイヴィスの編集盤。スヌーザー・クイン、オスカー・ウッズ参加。
これはあまりにも聞きどころの多い一枚。ルイジアナ出身、20年代後半にはレコード・デビュー、ブルース・フィーリングをきかせたヒルビリーを演奏したジミー・デイヴィス。これは独ベア・ファミリーからの編集盤で、29~33年の音源を収録。さて、目立たない表記でジャケットにあるのですが、録音は非常に少ないもののジャズ・ギター誕生のミッシング・リンク的存在の伝説的ギタリスト、スヌーザー・クインの伴奏ものを2曲収録。ファンはこれだけでも感涙かと....さらに、テキサス・ブルースのスライド・ギター名手オスカー・バディ・ウッズが参加したナンバー(しかもウッズとのデュエットVoあり)を3曲。若返ったジミー・ロジャースというような味わい深い歌もいい16曲入り。【曲】「There's Evil In Ye Children, Gather 'round(試聴)」「Red Nightgown Blues」「Davis' Salty Dog」「Saturday Night Stroll」「Sewing Machine Blues(試聴)」「Easy Rider Blues」「1982 Blues」「High Behind Blues」「Rockin' Blues」「Home Town Blues」「Tom Cat And Pussy Blues」「Organ Grinder Blues」「Penitentiary Blues(試聴)」「She Left A' Runnin' Like A Sewing Machine」「Lonely Hobo」「Arabella Blues(試聴)」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Fiddlin Doc Roberts - OLD TIME TUNES

  • ヒルビリーLP
 Fiddlin' Doc Roberts- フィドリン・ドク・ロバーツ - "OLD TIME TUNES"
USA / LP / Mono / County 412 / Rec 1925 to 1934 / Pub 1983
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し、インサートしみわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 3800 yen
■ケンタッキーのフィドラー、ドク・ロバーツの編集盤。
1897年ケンタッキー生まれ、オーウェン・ウォーカーという黒人のフィドラーに教わりフィドルをマスター、20年代中期にはジェネットやパラマウントからレコードをリリース。その後高給でシカゴのラジオ局に迎えられたものの都市の騒音に耐えられず2週間でケンタッキーに戻り34年には半引退。これは25年の初セッションから34年のラスト録音までをまとめた14曲入り編集盤。バンジョー等は無し、弟ジェームスと、自分でもグループを率いたエーサ・マーティンのギターのみの伴奏。【曲】「All I've Got's Done Gone(試聴)」「Deer Walk」「Cumberland Blues(試聴)」「I Don't Love Nobody」「Rocky Moutain Goat」「Charleston No. 1」「Rye Straw」「Run Smoke Run」「Drunken Man's Dream」「Martha Campbell」「Hawk's Got A Chicken」「Jack's Creek Waltz」「Devil In Georgia」「Way Down South」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Red Headed Fiddlers, Lewis Brothers, Solomon And Hughes, etc. - TEXAS FAREWELL - TEXAS FIDDLERS 1922-1930

  • ヒルビリー/マウンテンLP
 Red Headed Fiddlers, Lewis Brothers, Solomon And Hughes, etc.- レッド・ヘッディド・フィドラーズ、ルイス・ブラザーズ、ソロモン&ヒューズ、etc. - "TEXAS FAREWELL - TEXAS FIDDLERS 1922-1930"
USA / LP / Mono / County 517 / Rec 1922 to 1930 / Pub 1922 to 1930
ジャケット擦れわずか、ジャケット端々テープ、レーベルひげ無し、盤浅い擦れ、細いスクラッチ一本、音に出ません
Jacket 3 / Disc 3.5 / Sound 4  2980 yen
■テキサスのフィドラーを集めたカウンティのコンピレーション。
アメリカ最大の州テキサス。面積に比例してアメリカ音楽への影響も大きい、とライナーに書かれておりその通りだと思うのですが、これは州がみっつ分ぐらいあってそれを一つと数えるからなのでは?と思うほど、一人一人の個性が際立っています。アパラチア風な一曲目から、まるで黒人ミュージシャンのような二曲目、ヨーロッパの味を感じさせる三曲目、現地録音民俗音楽のような四曲目(ちなみにこれはカントリーの初めてのレコードと言われる一曲)などなど本当多彩。【曲】「Red Headed Fiddlers / Texas Quick-Step」「Lewis Brothers / Bull At The Wagon」「Solomon & Hughes / Sally Johnson」「Eck Robertson & H. Gilliland / Arkansas Traveler」「Lewis Brothers / Sally Johnson」「Fiddlin' Jim Pate / Texas Farewell」「Eck Robertson & J. B. Cranfill / Great Big Taters」「Oscar & Doc Harper / Dallas Bound」「Red Headed Fiddlers / Fatal Wedding」「East Texas Serenaders / Babe」「Smith's Garage Fiddle Band / Beaumont Rag」「East Texas Serenaders / Three-In-One Two-Step」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

James P. Johnson - FATHER OF THE STRIDE PIANO

  • ジャズLP
 James P. Johnson- ジェイムズ・ピー・ジョンソン - "FATHER OF THE STRIDE PIANO"
USA / LP / Mono / Sounds 1204 / Rec 1921 to 1926 / Pub 1970
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■ジェームスPジョンソンのピアノ・ロールを収録した一枚。
まだレコードに録音されていなかった頃のニューヨークの町で流れていた音楽が体に染みつき、それをストライド・ピアノに昇華した偉大なピアニスト、ジェームスPジョンソン。ストライド・ピアノといえばまず彼なのですが、彼がそのスタイルを完成させつつあった1910年代後半から恐慌が始まった30年代あたりまでは、レコードよりもピアノ・ロールで彼のストライド奏法が広まったそうです。これは彼の21年から26年のピアノ・ロールを収録した一枚。やはり21年に出た史上初のジャズ・ピアノ・ソロ・レコードと言われる代表作"Harem Strut"のロール版も収録。ジャケ違いのリイシューもありますがこれはオリジナル盤。【曲】「Vamping Liza Jane(試聴)」「Black Man Be On Your Way」「It Takes Loves To Cure The Heart's Disease」「Got My Habits On」「Don't Tell Your Monkey Man」「Harlem Strut(試聴)」「Don't Mess With Me」「Loveless Love」「Charleston」「After Tonight」「Down Home Blues」「Joe Turner Blues」「Cherry Time Blues」「Stop It」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Blind Willie McTell, Rev. Gary Davis, Gid Tanner And Skillet Lickers, etc. - MAPLE LEAF RAG : RAGTIME IN RURAL AMERICA

  • ブルース/ヒルビリーLP
 Blind Willie McTell, Rev. Gary Davis, Gid Tanner And Skillet Lickers, etc.- ブラインド・ウィリー・マクテル、レヴァランド・ゲイリー・デイヴィス、ギッド・タンナー&スキレット・リッカーズ - "MAPLE LEAF RAG : RAGTIME IN RURAL AMERICA"
USA / LP / Mono / New World NW235 / Rec late1920s to 1960s / Pub 1976
見開きジャケット擦れほぼ無し、内側きれい、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■ニューワールド編集の、ラグタイム・ブルース、ヒルビリーのラグ等を収録した編集盤。
ヤズーに『String Ragtime』という名盤がありますが、これはそのニュー・ワールド版と言える一枚。『String Ragtime』にはなかったヒルビリー/カントリー系のラグ名演も充実。オープナーは絶対外せないダラス・ストリング・バンド「Dallas Rag」、そしてブラインド・ブレイク、ブラインド・ウィリー・マクテル等ブルース・マンの名演をおさえつつ、ヒルビリー界随一のスライド・ギターの使い手ジミー・タールトン、オールドタイムのスキレット・リッカーズののけぞるような「Hawkins Rag」、「Guitar Rag」の知られざる名演のロイ・ハーヴェイ、ウォッシュボード入りのワイルドなヒルビリー・バンド、ビル・ボイド、マール・トラヴィスの「Cannonball Rag」などなど16曲収録。【曲】「Dallas Rag / Dallas String Band(試聴)」「Southern Rag / Blind Blake」「Dew Drop Alley / Sugar Underwood」「Piccolo Rag / Blind Boy Fuller」「Atlanta Rag / Cow Cow Davenport」「Kill It Kid / Blind Willie Mctell(試聴)」「The Entertainer / Bunk Johnson And His Band」「Maple Leaf Rag / Rev.Gary Davis」「Mexican Rag / Jimmie Tarlton」「Hawkins Rag / Gid Tanner And His Skillet Lickers」「Guitar Rag / Roy Harvey And Jess Johnson(試聴)」「Chinese Rag / The Spooney Five」「Barn Dance Rag / Bill Boyd And His Cowboy Ramblers」「Sumter Rag - Steel Guitar Rag / China Poplin」「Cannon Ball Rag - Bugle Call Rag / Merle Travis(試聴)」「Randy Lynn Rag / Lester Flatt And Earl Scruggs And The Foggy Mountain Boys」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Ishman Bracey - COMPLETE RECORDINGS IN CHRONOLOGICAL ORDER

  • ブルースLP
Ishman Bracey- イシュマン・ブレイシー - "COMPLETE RECORDINGS IN CHRONOLOGICAL ORDER"
Austria / LP / Mono / Wolf WSE105 / Rec 1928 to 1930 / Pub 1983
ジャケット擦れ少々、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ジャクソンのブルースマン、イシュマン・ブレイシーの全音源集。
ミシシッピ・ジャクソンと言えばトミー・ジョンソン、そのジョンソンの親友で、彼の影響をにじませつつ甲高い歌と抜群のギターでジャクソンの2トップとなったイシュマン・ブレイシー。彼の全音源を収録した編集盤。A面は弾き語りと、ボー・カーターやハーレム・ハムファッツでも活躍したチャーリー・マッコイ(G, Mand.)とのデュオ。B面はピアノやフィドル、曲によりクラも入るブルース・バンド、ニューオーリンズ・ネヒ・ボーイズを6曲と弾き語り二曲。恐ろしく洗練された、明らかに一線を越えた数少ないブルースマン。【曲】「Saturday Blues」「Left Alone Blues」「Leavin' Town Blues」「My Brown Mamma Blues」「Trouble Hearted Blues」「Trouble Hearted Blues(試聴)」「The Four Day Blues(試聴)」「The Four Day Blues」「Jake Liquor Blues」「Family Stirving」「Mobile Stomp」「Farish Street Rag」「Woman Woman Blues」「Suitcase Full Of Blues」「Bust Up Blues」「Pay Me No Mind」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Eddie Lang And Joe Venuti - STRINGING THE BLUES

  • ジャズLP
 Eddie Lang And Joe Venuti- エディ・ラング&ジョー・ヴェヌーティ - "STRINGING THE BLUES"
USA / LP / Mono / CBS JC2L24 / Rec late1920s to early1930s / Pub 1975
見開きジャケット擦れほぼ無し、レーベル二枚ともひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  4000 yen
■この2人と言えばこれ、という名編集盤。
ギターでジャズった最初の男エディ・ラングと、それと全く同じことが言えるジャズ・ヴァイオリンのパイオニア、ジョー・ヴェヌーティ、彼らの名演を2LPで収録した、この2人の音源集としては名盤中の名盤。二人のデュオ、さらにトリオ、そしてロニー・ジョンソンとのギター・デュオ、ラングが変名で黒人としてやっていたなどなど、エッセンシャルなものからマニアックなナンバーまで完璧に網羅。このレコード、聞くたびに違う曲が脳裏に焼きついてしまいます。内ジャケットには一曲づつのメンバー詳細、録音年月日、オリジナルのSP盤のレコード番号も掲載。試聴は「Little Girl」と「A Handful Of Riffs」。オリジナルは60年代にボックス仕様で出され、これは見開きジャケットの後発エディション。※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bix Beiderbecke With Frankie Trumbauers Orchestra - BIX AND TRAM 1927

  • ジャズLP
 Bix Beiderbecke With Frankie Trumbauer's Orchestra- ビックス・バイダーベック・ウィズ・フランキー・トランバウアーズ・オーケストラ - "BIX AND TRAM 1927"
U.K. / LP / Mono / Parlophone PMC7064 / Rec 1927 / Pub 1960s
コーティングの三辺折り返しジャケット擦れ極わずか、レーベルひげほぼ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■ビックス・バイダーベックらの最高傑作が詰まった一枚。
絶頂期のポール・ホワイトマン楽団の中心だったビックス・バイダーベック、フランキー・トランバウアーらが、ホワイトマン楽団在籍時に別働隊的に組んでいた、20年代ジャズ最高峰グループ。27年の、まさしくきら星のごとく名曲が詰まった英パーロフォン編集盤。【曲】「Clarinet Marmalade(試聴)」「Singin' The Blues(試聴)」「Ostrich Walk」「River Boat Shuffle」「I'm Coming Virginia」「Way Down Yonder In New Orleans」「Three Blind Mice」「Blue River」「There's A Cradle In Caroline」「Humpty Dumpty」「Krazy Kat」「Baltimore」「Just An Hour Of Love」「I'm Wondering Who」「Cryin' All Day」「A Good Man Is Hard To Find」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Orchestra Of Alexander Stellio - AU BAL ANTILLAIS : FRANCO-CREOLE BIGUINES FROM MARTINIQUE

  • ビギンLP
Orchestra Of Alexander Stellio- オーケストラ・オブ・アレクサンドル・ステリオ - "AU BAL ANTILLAIS : FRANCO-CREOLE BIGUINES FROM MARTINIQUE"
USA / LP / Mono / Folklyric 9050 / Rec 1929-1932 / Pub late1970s?
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■仏領マルティニークの戦前ストリング・バンド、アレクサンドル・ステリオの音源集。
カリブの島々の一つ、フランス領マルティニークのストリング・バンド、アレクサンドル・ステリオ楽団の音源集。17世紀頃から形になっていたというビギンですが、コール・ポーターの有名な「Begin The Beguine」はルンバ調で、編者のディック・スポッツウッドはポーターは本当のビギンを聴いたかどうか怪しいとライナーで言っている通り、あのイメージは皆無。むしろニューオーリンズとトリニダットの音楽が混ざったような濃い複雑なダンス音楽。このバンドは主役のクラリネット、ヴァイオリン、ドラム、トロンボーンの編成で、時にはバンジョーなども編成に加わっています。馬鹿テクのトロンボーンがリフのような演奏でメロディーの下線を引き、クラリネットとヴァイオリンは自由闊達に動き回る、そこにさらに細かいストロークにたまげる、ティプレ?バンジョー?が乱入したりして、一回聞いただけでは全部の楽器に集中できない...しかも混乱じゃなくてきちんと収拾されてるのが恐ろしい。29~32年の14曲で、全てフランスで録音されたものです。【曲】「Ah! Gade Chabine La」「En Sens Unique S.V.P(試聴)」「Rialto! Sens Unique」「Mettez I Dero」「Mussieu Dollar(試聴)」「Mussieu Satan Fache」「Balcon Fleuri」「Ba Mouin En Ti Bo Dou Dou」「Belle Madame」「Asi Pare」「Paris」「Pani Ti Moun」「Maladie D'Amour」「Cherie(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Blues Birdhead, Palmer McAbee, William Francis And Richard Sowell, etc. - GREAT HARMONICA PLAYERS VOLUME 1

  • ブルースLP
 Blues Birdhead, Palmer McAbee, William Francis And Richard Sowell, etc.- ブルース・バードヘッド、パーマー・マカビー、ウィリアム・フランシス&リチャード・ソウェル、etc. - "GREAT HARMONICA PLAYERS VOLUME 1"
U.K. / LP / Mono / Roots RL320 / Rec 1925 to 1929 / Pub 1970s
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ホントにグレイトなブルース・ハーモニカ集。
やすく手に入り誰にでもすぐ音が出せる楽器ハーモニカ。しかしハーモニカほど難しいと感じさせる楽器も無いのもまた事実。それは、スゴイ人がこんなにスゴイから....人間技と思えない演奏をする、古今東西No1のデフォード・ベイリーから、ガス・キャノンのノア・ルイス、ジェイバード・コールマン、口笛吹きウィッスリン・ピートと組んだダディ・ストーヴパイプなど名の通った人たちの曲はもちろん、初めて聞く人たちが特にスゴイ。ブルース・バードヘッドの抜群の枯れっぷり、ラッパ録音の2オブ・スペイズなど10組16曲収録。【曲】「Blues Birdhead / Mean Low Blues」「Harmonica Blues(試聴)」「Palmer McAbee / McAbee's Railroad Piece」「Lost Boy Blues」「William Francis & Richard Sowell / Roubin Blues」「John Henry Blues」「George "Bullet" Williams / Middlin' Blues」「Noah Lewis / Chickasaw Special」「Slim Barton & Eddie Mapp / Careless Love」「I'm Hot Like That」「Deford Bailey / Ice Water Blues」「Davidson County Blues」「Two Of Spades / Meddlin' With The Blues(試聴)」「Harmonica Blues」「Jaybird Coleman / Ah'm Sick And Tired Of Tellin' You」「Whistlin' Pete & Daddy Stovepipe / Black Snake Blues」※本日のアップはこの一枚のみです

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Ma Rainey - TWELVE CLASSIC PERFORMANCES BY THE FIRST OF THE GREAT BLUES SINGERS

  • ブルースLP
 Ma Rainey- マ・レイニー - "TWELVE CLASSIC PERFORMANCES BY THE FIRST OF THE GREAT BLUES SINGERS"
USA / LP / Mono / Riverside RLP12-108 / Rec 1923 to 1928 / Pub 1956
ジャケット擦れ少々、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れ少々
Jacket 3.5 / Disc 3.5 / Sound 3.5  4500 yen
■マ・レイニーの初LP。
ブルースのレコーディングにおける最も初期の黒人女性シンガーの一人、マ・レイニー。「See See Rider」や「Boll Weevill Blues」など後々多くのシンガーに取り上げられる重要レパートリーを23年から録音、“The Mother Of The Blues”というニックネームで呼ばれるようになりました。これは彼女の音源を初めてまとめたLP(この前にリバーサイドで10インチあり)。23年のトミー・ラドニエ(コルネット)らのトリオをバックにしたもの、カントリー・ブルースのパイオニア、28年パパ・チャーリー・ジャクソンとのデュオ、やはり28年タンパ・レッドのジャグ・バンドがバックを付けたもの、26年バスター・ベイリー(CL)らのジョージア・ジャズ・バンドがバックをつけたもの、全12曲収録。【曲】「Oh Papa Blues」「Blues Oh Blues」「Big Feeling Papa(試聴)」「Barrel House Blues」「Walking Blues」「Victim Of The Blues」「Black Cat, Hoot Owl Blues」「Prove It On Me Blues」「Hear Me Talking To You(試聴)」「Grievin' Hearted Blues」「Stack O' Lee Blues」「Yonder Comes The Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Hayes Shepherd, Emry Arthur, Luther Strong, etc. - THE MUSIC OF KENTUCKY : EARLY AMERICAN RURAL CLASSICS 1927-37 VOL.2

  • ヒルビリーCDetc
 Hayes Shepherd, Emry Arthur, Luther Strong, etc.- ヘイズ・シェパード、エムリー・アーサー、ルーサー・ストロング、etc. - "THE MUSIC OF KENTUCKY : EARLY AMERICAN RURAL CLASSICS 1927-37 VOL.2"
USA / CDetc / Mono / Yazoo 2014 / Rec 1920s, 30s / Pub 1995
ケース擦れほぼ無し、ブックレット、盤美品
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■ヤズーのケンタッキー・ヒルビリー/マウンテン・ミュージック集。
ロスコー・ホルコムのルーツと言えるヘイズ・シェパード、"Man Of Constant Sorrow"のエムリー・アーサー(4曲収録)、アラン・ロマックスが録音した、この一曲しかないベイジル・メイなどなど、濾過(老化でもいい)される前の、その地方限定的な民俗音楽と言えるアメリカ音楽の宝庫だった20年代のケンタッキーのヒルビリー、マウンテン・ミュージックをヤズーがまとめた編集盤CD。試聴は最初の2曲。ここに収録された、レコードを録音した人たちはほんのごく一部だということを思って聞いてみてください。※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2019年4月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
2019年5月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.