(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: 20s)

Ed Bell - ED BELLS MAMLISH MOAN

  • ブルースLP
 Ed Bell- エド・ベル - "ED BELL'S MAMLISH MOAN"
USA / LP / Mono / Mamlish S3811 / Rec 1920s, 1930s / Pub 1970s
ジャケット表裏擦れわずか、背部色あせ、小折れ目、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか、ブックレットきれい
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■エド・ベルの初単独編集盤。
研究家のドン・ケントが興し、バックワーズ・サム・ファークやスティーヴ・カルトらがリイシュー盤を製作していた、米でも最もコアなブルース・レーベル、マムリシュからの一枚。ジャケットに"Ed Bell & His Weird Guitar"とあるように、奇妙なギターワークと悲痛な詩で独自の世界を築いたアラバマのブルースマン、エド・ベルの音源集。彼の単独の編集盤としてはこれが初。レーベル名はこの一曲目から付けられています。【曲】「Mamlish Blues」「House Top Blues」「From Now On(試聴)」「She's A Fool」「Mean Conductor Blues」「She's Got A Nice Line」「One More Time」「Ham Bone Blues」「Big Rock Jail」「Tooten Out Blues」「Frisco Whistle Blues」「Carry It Right Back Home(試聴)」「Shouting Baby Blues」「Squabblin' Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Sylvester Weaver, Peg Leg Howell, Luke Jordan, etc. - THE EAST COAST STATES VOLUME 1 AND 2

  • ブルースLP
 Sylvester Weaver, Peg Leg Howell, Luke Jordan, etc.- シルヴェスター・ウィーヴァー、ペグ・レグ・ハウェル、ルーク・ジョーダン、etc. - "THE EAST COAST STATES VOLUME 1 AND 2"
Austria / LP / Mono / Roots RL318-326 / Rec 1920s, 1930s / Pub late60s
コーティング・ジャケット二枚とも擦れ極わずか、レーベル二枚ともひげ無し、盤二枚とも極浅い擦れほんのわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■オーストリア・ルーツ・レーベルの東海岸カントリー・ブルース集。第一巻と第二巻の二枚セット。
カントリー・ブルース編集盤の代表的レーベルの一つ、オーストリアのルーツ・レーベルから、ジョージア州、南北キャロライナ州、ヴァージニア州出身の戦前ブルース・マンの音源を集めたコンピレーション。第一巻と第二巻の二枚セット。試聴はそれぞれのA面一曲目で、この二枚の盤のムードが良く出た二曲。※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Fukutsuru Koshige - KUWANA NO TONOSAMA cw SORAHOI NAKATSU BUSHI

  • 日本の音楽78rpm
 Fukutsuru Koshige- 福鶴小重 - "KUWANA NO TONOSAMA cw SORAHOI NAKATSU BUSHI"
Japan / 78rpm / Mono / Nitto 354 / Rec early to mid 1920s / Pub early to mid 1920s
レーベル擦れ少々、盤浅い擦れ少々、かなりきれいな盤
Jacket n/a / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4  1980 yen
■名古屋の三人の芸者による"桑名の殿様"と"ソラホイ中津節"。
他二人は新玉家てふ(三味線)、新玉家小梅(笛)。裏面は笛の小梅が途中から太鼓になります。20年代初中期のラッパ録音。※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bessie Smith - PINCHBACKS - TAKE EM AWAY cw TICKET AGENT EASE YOUR WINDOW DOWN

  • ブルース78rpm
Bessie Smith- ベッシー・スミス - "PINCHBACKS - TAKE 'EM AWAY cw TICKET AGENT EASE YOUR WINDOW DOWN"
USA / 78rpm / Mono / Columbia 14025D / Rec 1924 / Pub 1924
Bのレーベルに小剥落、盤プツ音でるスクラッチ、B面の頭に針飛びあり
Jacket n/a / Disc 2 / Sound 2  2480 yen
■ベッシー・スミスの24年の一枚。
ジョージ・アヴァキャンいわく、比較さえ存在しないブルースの表現力をもち、太く野趣に溢れた声で登場、1人別のブルースワールドを作ったベッシー・スミス。24年の一枚で、A面はアーヴィング・ジョンズのピアノ伴奏、B面はジョンズとロバート・ロビンズのヴァイオリンの伴奏。B面の冒頭に針飛びあり。※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

McKinneys Cotton Pickers - ITS TIGHT LIKE THAT cw THERES A RAINBOW ROUND MY SHOULDER

  • ジャズ78rpm
 McKinney's Cotton Pickers- マッキニーズ・コットン・ピッカ-ズ - "IT'S TIGHT LIKE THAT cw THERE'S A RAINBOW 'ROUND MY SHOULDER"
USA / 78rpm / Mono / Victor V38013 / Rec 1928 / Pub 1928
Bのレーベル小汚れ、盤浅い擦れ、極小スクラッチ少々
Jacket n/a / Disc 3.5 / Sound 3.5  3800 yen
■タンパ・レッド"It's Tight Like That"のカバー。
黒人ジャズ界随一の知性派アレンジャーで.、サックス、クラ奏者としても一級だったドン・レッドマン。これはレッドマンが最も輝いていた頃に率いたデトロイトのホット・ジャズ・バンド、マッキニーズ・コットン・ピッカーズ。Aはタンパ・レッド&ジョージア・トムのホーカム・ブルース・クラシック「It's Tight Like That」のカバー。裏面も歌入りのナンバーで、ホットなソロも入れた一曲。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Aileen Stanley And Billy Murray - BRIDGET OFLYNN cw WHO COULD BE MORE WONDERFUL THAN YOU

  • ボーカル/パーソナリティ78rpm
Aileen Stanley And Billy Murray- アイリーン・スタンレー&ビリー・マレイ - "BRIDGET O'FLYNN cw WHO COULD BE MORE WONDERFUL THAN YOU"
USA / 78rpm / Mono / Victor 20240 / Rec 1926 / Pub 1926
レーベル擦れスクラッチ少々、盤浅い擦れ、表層スクラッチ少々
Jacket n/a / Disc 3.5 / Sound 3.5  2680 yen
■ラッパ録音時代のスター歌手がデュオった一枚。
女性シンガー、アイリーン・スタンレーと、ビリー・マレイで、26年の一枚。A面はピアノの伴奏に二人の会話がリズミックに乗るナンバー。裏面は甘く物悲しい、素晴らしいメロディのデュエット・ソング。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Carter Family - EIEN NO CARTER FAMILY

  • ヒルビリーLP
 Carter Family- カーター・ファミリー - "EIEN NO CARTER FAMILY"
Japan / LP / Mono / RCA RA5513 / Rec late1920s / Pub 1970s
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し、帯・インサートともにきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■カーター・ファミリーの日本編集盤。
27年の記念すべき初録音から30年代前半の、オリジナル・カーター・ファミリーが最も輝いていた時代の名曲を集めた日本編集盤。帯・歌詞付き、美品。※このアルバムと曲がかなり重なってます【曲】「Wabash Cannon Ball」「Bury Me Under the Weeping Willow」「Keep On the Sunny Side」「My Clinch Mountain Home」「'Mid the Green Fields of Virginia(試聴)」「Motherless Children」「The Evening Bells are Ringing」「I'm Thinking Tonight of My Blue Eyes」「Wildwood Flower」「The Homestead of the Farm」「Cowboy Jack」「Foggy Mountain Top(試聴)」「The Poor Orphan Child」「This is Like Heaven to Me」「Picture on the Wall」「Forsaken Love(試聴)」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Buddy Moss, Lillie Mae, Sam Montgomery, etc. - OJLS GA. : THE BLACK COUNTRY MUSIC OF GEORGIA, 1927-1936

  • ブルースLP
Buddy Moss, Lillie Mae, Sam Montgomery, etc.- バディ・モス、リリー・メイ、サム・モンゴメリー、etc. - "OJL'S GA. : THE BLACK COUNTRY MUSIC OF GEORGIA, 1927-1936"
USA / LP / / Origin Jazz Library OJL25 / Rec 1927 to 1936 / Pub 1980s
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■オリジン・ジャズ・ライブラリーのジョージア・ブルース集。
人や地域によって嘆き方も様々なブルース、なかでは喜怒哀楽のバランスがとれているといえるジョージア。12弦、スライドなど演奏も多彩、さらにゴスペルが大量に生産された地域でもあり宗教色もかなり濃い。カントリー・ブルースの中では珍しくくつろいだ雰囲気の作品も多し。これはオリジンが相当に気合を入れたジョージア・ブルース集。他の盤ではあまり見かけない、ビッグネームの埋もれたナンバーから、エディ・ヘッド&ヒズ・ファミリーという女性が入ったファミリー・ブルース・バンド、足踏みオルガンで歌うルーサー・マグビーなど無名のものまで素晴らしい内容の全15曲。【曲】「Tampa Red / Down In Spirit Blues(試聴)」「Buddy Moss / Jealous Hearted Man」「Lillie Mae / Wise Like That」「Sam Montgomery / King Of Knaves No. 2」「Sylvester Weaver / Rock Pile Blues(試聴)」「Bumble Bee Slim / Hey Lawdy Mama」「Charlie Lincoln / Ugly Papa」「Rufus & Ben Quillian / Keep It Clean(試聴)」「Eddie Head & Family / Lord, I'm The True Vine」「Kokomo Arnold / Model "T" Woman Blues」「Georgia Tom / Hear Me Beefing At You」「Sara Martin / Useless Blues」「B.B.Q. Bob / Crooked Woman Blues」「Luther Magby / Jesus Is Getting Ready For The Great Day」「Rev. Gates / David & Uriah」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Earl Hines, James P. Johnson, Lennie Tristano, etc. - JAZZ VOLUME 9 : PIANO

  • ジャズLP
 Earl Hines, James P. Johnson, Lennie Tristano, etc.- アール・ハインズ、ジェームスPジョンソン、レニー・トリスターノ、etc. - "JAZZ VOLUME 9 : PIANO"
USA / LP / Mono / Folkways FP71 / Rec 1920s to 1940s / Pub late60s?
ジャケット表裏擦れ、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4  2980 yen
■フォークウェイズの戦前ジャズ名選集ジャズから、ピアノ編。
SPからLPへと時代が変わる頃に着手された、戦前ジャズのエポック・メイキングな名演をルーツや地域別でLP11枚にまとめたフォークウェイズ渾身の編集盤『JAZZ』。これは9巻目のピアノ編。自らジャズを始めたのは俺と言ったジェリー・ロール・モートンから、かなりモダンなジェス・ステイシー等を経てファッツ・ウォーラー、面白いニューオリンズのジャック・デュプリーはチャック・ベリーのR&Rを先取りしたような驚きの曲でこれはこの盤が初出。ちょっと坂本龍一を思いだすメアリー・ルー・ウィリアムス、そしてアヴァンギャルド・ジャズの第一歩、鬼才レニー・トリスターノまで14曲。ライナー欠品、53年のオリジナル・エディション。【曲】「Jelly Roll Morton / Tom Cat Blues」「Dixie Four / Kentucky Stomp」「Jelly Roll Morton Trio / Wolverine Blues」「Earl Hines / Just Too Soon(試聴)」「Louis Armstrong And His Hot Five / Fireworks」「Joe Sullivan / Little Rock Getaway」「Jess Stacy / Barrelhouse」「Fats Waller / Handful Of Keys(試聴)」「Chocolate Dandies, The / Once Upon A Time」「James P. Johnson / Snowy Morning Blues」「Meade Lux Lewis / Special No. 1」「Jack Dupree / Mexico Reminiscences(試聴)」「Mary Lou Williams / Libra」「Lennie Tristano Trio / Blues(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Kansei Wakagiku(Kansei Kuniko) - JONKARA BUSHI JO cw JONKARA BUSHI GE

  • 日本の音楽78rpm
 Kansei Wakagiku(Kansei Kuniko)- 函青若菊(函青くに子) - "JONKARA BUSHI JO cw JONKARA BUSHI GE"
Japan / 78rpm / Mono / Nipponophone 17432 / Rec 1930s / Pub 1930s
レーベル擦れ、盤擦れ、チリ音
Jacket n/a / Disc 3 / Sound 3  1980 yen
■初期津軽民謡の名手、函青くに子のじょんがら節。
名前の通り道南、津軽を中心に活躍した、初期津軽民謡の大名手、函青くに子。これは函青若菊という名前で出されたじょんがら節の上下。1930年代。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Al Jolson - STEPPIN OUT 1911-28 RECORDINGS VOLUME 1

  • ボーカル/パーソナリティLP
Al Jolson- アル・ジョルソン - "STEPPIN' OUT 1911-28 RECORDINGS VOLUME 1"
USA / LP / Mono / Sunbeam P503 / Rec 1911 to 1928 / Pub 1977
ジャケット表裏円状の擦れ少々、レーベルひげ少々、盤極浅い擦れ少し
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■アル・ジョルソンの音源集。
被差別のユダヤ人ということを公言し、同じ被差別の黒人を真似て顔を黒塗りにしステージに立ち人気を博した20世紀アメリカ最大のエンターテイナーの一人アル・ジョルソン。ジョルソンがステージで人気を得たことで、エリントン、ルイ、キャブら黒人音楽家がブロードウェイで演奏できるようになり、また積極的に黒人をプロモート。これは11年のデビュー当初から28年までの音源集。ジョルソン、音楽はあんまり、と思っている人はビックリするはず。声量を感じさせる歌の芸はもちろん、メロディの良さはジーン・オースティン級、演奏も超一級。【曲】「Steppin' Out」「Hello, 'Tucky(試聴)」「Lazy(試聴)」「Here I Am」「You Flew Away From The Nest」「Why Can't You」「I'd Climb The Highest Mountain」「Feeling The Way I Do」「Ev'ry Little While」「I'll Say She Does」「I Sent My Wife To The Thousand Isles」「Now He's Got A Beautiful Girl」「Rum Tum Tiddle」「I'm All Bound 'Round The Mason-Dixon Line」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Eddie Lang And Joe Venuti - STRINGING THE BLUES

  • ジャズLP
 Eddie Lang And Joe Venuti- エディ・ラング&ジョー・ヴェヌーティ - "STRINGING THE BLUES"
USA / LP / Mono / CBS JC2L24 / Rec late1920s to early1930s / Pub 1975
見開きジャケット円状の擦れわずか、内側きれい、ディスク2にレーベルひげ極わずか、ディスク1は無し、盤二枚とも極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3800 yen
■この2人と言えばこれ、という名編集盤。
ジャズ・バイオリンの先駆にして神様のジョー・ヴェヌーティ、それと全く同じことが言えるジャズ・ギターのエディ・ラング、彼らの名演を2LPで収録した、この2人の音源集としては名盤中の名盤。二人のデュオ、さらにトリオ、そしてロニー・ジョンソンとのギター・デュオ、ラングが変名で黒人としてやっていたなどなど、エッセンシャルなものからマニアックなナンバーまで完璧に網羅。このレコード、聞くたびに違う曲が脳裏に焼きついてしまいます。内ジャケットには一曲づつのメンバー詳細、録音年月日、オリジナルのSP盤のレコード番号も掲載。試聴は「Little Girl」と「A Handful Of Riffs」。オリジナルは60年代にボックス仕様で出され、これは見開きジャケットの70年代エディション。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2017年11月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
2017年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.