(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: 20s)

Eddie Lang - JAZZ GUITAR VIRTUOSO

  • ジャズ・ギターCDetc
 Eddie Lang- エディー・ラング - "JAZZ GUITAR VIRTUOSO"
USA / CDetc / Mono / Yazoo 1059CD / Rec late1920s / Pub late1970s
ケース擦れ等ほとんどなし、盤面きれい、ブックレットきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2280 yen
■ジャズ・ギターを始めた男、エディー・ラングのヤズー盤CD。
ジャズの弦楽器といえばバンジョーだった世界にギターを持ち込み基本の奏法を作り上げた、いわば何もないところにジャズ・ギターを一人でバンと生んでしまったエディ・ラング。スゴイのはエレキのチャーリー・クリスチャンが現れるまでイノベーションが成されなかったこと....これはそんなラング、ひいては戦前ジャズ・ギターの素晴らしさを教えてくれたヤズーの大傑作コンピレーション。アルバム全体としても、数あるラングの編集盤の中でも、セッション・マンではなくソロ・ギタリストとしてのラングの素晴らしさを最も良く捉えた選曲がなされていると思います。ジャケットはロバート・クラム、ライナーはステファン・カルト。【曲】「Prelude」「Pickin' My Way(試聴)」「Rainbow Dreams」「Blue Guitars」「April Kisses」「I'll Never Be The Same(試聴)」「Blue Room」「Eddie's Twister」「Midnight Call Blues」「Perfect」「A Little Love, A Little Kiss」「Melody Man's Dream」「Feeling My Way(試聴)」「Church Street Sobbin' Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

King Olivers Dixie Syncopators - 1926-1928 PAPA JOE

  • ジャズLP
 King Oliver's Dixie Syncopators- キング・オリバー - "1926-1928 PAPA JOE"
USA / LP / Mono / MCA MCA1309 / Rec 1926 to 1928 / Pub 1980
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 1980 yen
■キング・オリバーの音源集。
サッチモの師匠だったことも有名なジャズ・トランペット(コルネット)の真のパイオニア、キング・オリバー。どれだけデカイ音を出すかとか、そういう時代に、初めてトランペットで泣き笑いの表現をしたといわれる人。オリバーと言えばそのサッチモが在籍していた20年代中期あたりまで音源が有名ですが、これはその後26~28年の音源を集めた、クオリティの高い盤で知られるMCA編集盤。【曲】「Snag It(試聴)」「Deep Henderson」「Jackass Blues」「Sugar Foot Stomp」「Wa-Wa-Wa」「Doctor Jazz」「Showboat Shuffle」「Every Tub」「Willie The Weeper(試聴)」「Black Snake Blues」「Farewell Blues」「West End Blues」「Lazy Mama」「Speakeasy Blues」「Aunt Hagar's Blues」「I'm Watchin' The Clock」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Carter Family - THE CARTER FAMILY

  • ヒルビリーLP
 Carter Family- カーター・ファミリー - "THE CARTER FAMILY"
USA / LP / Mono / Old Time Classics 6001 / Rec 1927 to 1934 / Pub 1970s
ジャケット擦れわずか、しみ少々、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか、わずかにセンターずれ、気になりません
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■アーフーリーから出ていたカーター・ファミリーの音源集。
70年代、西のアーフーリーが始めたオールドタイム・クラシックスというサブ・レーベルからで、このカーター・ファミリーが最初、次にデルモア・ブラザーズ、そしてモンロー・ブラザーズの三枚だけで終わってしまった模様。アーフーリーの選ぶカーター・ファミリー、沁みます。有名曲を入れつつも、彼らの音楽のように飾りを削り落とした選曲で淡々と続く一枚。メイベルの背筋の伸びた歌、枯れた味のサラ、支えつつ技も見せるAP、27年から34年の14曲。【曲】「Single Girl, Married Girl(試聴)」「Chewing Gum」「Jimmy Brown The News Boy」「Fond Affection(試聴)」「The Cannonball」「There's Someone A-waitin'」「Where Shall I Be」「Amber Tresses」「Sun Of The Soul」「Broken Hearted Lover」「Two Sweethearts」「On A Hill Lone And Grey」「Lover's Return」「I'm Working On The Building」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Carter Family - JIMMIE BROWN, THE NEWS BOY

  • ヒルビリーLP
 Carter Family- カーター・ファミリー - "JIMMIE BROWN, THE NEWS BOY"
Japan / LP / Mono / RCA R5389 / Rec 1920s, 1930s / Pub late60s
ジャケット擦れほぼ無し、裏面しみ少々、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し、インサートきれい、帯極小やぶれ
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■全曲、米に先駆けてLP化された、日本独自の編集盤。
日本ビクターでリリースされた編集盤第二集で、選曲は、野口久光、中村とうようほか4人。この前にリリースされた第一集は米盤LPからのものだったのに対し、これは全て米でLP化されていないものを収録したスペシャルな一枚。(『Anthology Of American Folk Music』に収録されていたものはあります)これがビックリするような素晴らしい選曲。三人の歌、演奏スタイル、バランスよく16曲収録。帯、歌詞カード付き。【曲】「There's Someone Waiting For Me」「Jimmie Brown, the Newsboy」「Two Sweethearts」「Little Log Cabin By The Sea」「Single Girl Married Girl(試聴)」「Little Darling Pal Of Mine(試聴)」「Chewing Gum」「On My Way To Canaan's Land」「The Cannon Ball(試聴)」「Found Affection」「Western Hobo」「Lonesome Pine Special」「The Broken Hearted Lover」「Never Will Marry」「The Rambling Boy」「There'll Be Joy Joy Joy」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Carlton Coon, Joe Sanders - ORIGINAL NIGHTHAWK ORCHESTRA VOLUME THREE BLAZIN 1927-1928

  • ジャズ/ダンス・バンドLP
 Carlton Coon, Joe Sanders - クーン・サンダーズ・オリジナル・ナイトホーク・オーケストラ - "ORIGINAL NIGHTHAWK ORCHESTRA VOLUME THREE BLAZIN 1927-1928"
USA / LP / Mono / Broadway Intermission Records BR146 / Rec late1920s / Pub 1989
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■カンザス出身のダンス・バンド、クーン・サンダーズ楽団の編集盤。
当時レコードをだしていた多くのダンス・バンドはスタジオ内だけのグループが圧倒的な量だったのですが、このグループは実体のある楽団で、ラジオ等で活躍し、中西部では圧倒的な人気だったグループ。演奏中にリクエストを受付ていたという画期的な事もやったのも彼らが始めてらしいです。演奏は当然クオリティ高し、さらにトリッキーなアレンジ、アイデアも豊かで、彼らの手にかかると普通の曲もたちまち面白くなるといわれたほど。ラリったメロディをビックスを茶化すような演奏で披露する「Hallucinations」(2バージョン収録)や、ロバート・クラムもカバーした「Ready For The River」等など、全16曲収録。【曲】「Hallucinations」「Stay Out Of The South」「Is She My Girl Friend?」「Ready For The River」「Oh! You Have No Idea」「Too Busy!」「Blazin'(試聴)」「Down Where The Sun Goes Down」「When You're Smiling」「Dusky Stevedore」「Hallucinations(試聴)」「Skinner's Sock」「My Suppressed Desire」「What A Girl! What A Night!」「Smilin' Skies」「Here Comes My Ball And Chain」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Memphis Jug Band - THE JUG BANDS VOL.1

  • ブルース/ジャグ・バンドLP
 Memphis Jug Band- メンフィス・ジャグ・バンド - "THE JUG BANDS VOL.1"
Denmark / LP / Mono / Collectors Classics CC2 / Rec late1920s / Pub 1960s
コーティングの折り返しジャケット擦れわずか、しみわずか、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■メンフィス・ジャグ・バンドの編集盤。
世紀の変わり目頃、ケンタッキーのとある街で生まれたジャグ・バンドはメンフィスにも飛び火、そこで名グループが二つ誕生。一つは「Walk Right In」で知られるキャノンズ・ジャグ・ストンパーズで、もう一つがこのメンフィス・ジャグ・バンド。ウィル・シェイド、チャーリー・バースという柱の二人を中心にしたこのグループは、ジャグ・バンドの中でも最もブルース濃度の高いバンド。戦前ジャズ、ブルースをリリースしたデンマークのコレクターズ・クラシックからの一枚で、メンフィス・ジャグ・バンドの最も初期の単独編集盤。【曲】「Papa's Got Your Bath Water On」「Aunt Caroline Dyer Blues」「Taking Your Place」「What's The Matter」「Going Back To Memphis(試聴)」「Take Your Fingers Off It」「My Business Ain't Right(試聴)」「'Gator Wobble」「Round And Round」「Bumble Bee Blues(試聴)」「Everybody's Talking About Sadie Green 」「It Won't Act Right」「Boodie Bum Bum」「Mary Anna Cut Off」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Kikuchi Karaku - SADO OKESA BUSHI JO cw SADO OKESA BUSHI GE

  • 日本の音楽78rpm
 Kikuchi Karaku- 菊地歌楽 - "SADO OKESA BUSHI JO cw SADO OKESA BUSHI GE"
Japan / 78rpm / Mono / Hikoki 8106 / Rec mid1920s / Pub mid1920s
レーベルBに擦れ、盤極浅い擦れ、かなりきれい
Jacket n/a / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4  2480 yen
■佐渡おけさの名手、菊池歌楽。
佐渡おけさといえば村田文三、しかしこの菊地歌楽は村田ほど知名度はないものの、当時は村田と並ぶ名手とされた人。笛、三味線、太鼓を伴奏に粗野で野太い歌を聞かせる上下。※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Tommy Dorsey - TRUMPETS AND TROMBONES VOLUME 1

  • ジャズLP
 Tommy Dorsey- トミー・ドーシー - "TRUMPETS AND TROMBONES VOLUME 1"
USA / LP / Mono / Broadway BR112 / Rec 1927 to 1929 / Pub 1975
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■トミー・ドーシー20年代後半の名演集。
20年代ジャズ・ファンならビックス、ラング、etc.とシーンを支えたトップ・ジャズ・マンとして、スウィング・ファンにもあのトランペットとトロンボーンの中間のような独特な音色をもったトロンボーン奏者で楽団リーダーとして、また一般的にもスウィング・ジャズを代表する人物として知られるトミー・ドーシー。これは27~29年の、ドーシーのいい演奏が入ったナンバーを、バンド問わず、未発表も含めて収録した編集盤。エディ・ラングの有名な写真はこれなんですね。【曲】「It Won't Be Long Now」「One Last Kiss」「Mary Ann」「Indian Cradle Song」「Indian Cradle Song (Rejected Test)(試聴)」「My Melancholy Baby(試聴)」「My Melancholy Baby (Rejected Test)」「Dixie Dawn」「Evening Star」「Evening Star (Rejected Test)」「Forgetting You」「Forgetting You (Rejected Test)」「Out Of The Dawn」「Louisiana」「She's Funny That Way」「My Kinda Love」「From Now On (Rejected Test)」「From Now On」「Am I Blue」「My Fate Is In Your Hands」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Yoshinoya Kazan - MODERN YATSUATARI JO cw GE

  • 日本の音楽78rpm
Yoshinoya Kazan- 吉野家花山 - "MODERN YATSUATARI JO cw GE"
Japan / 78rpm / Mono / Columbia 25540 / Rec 1929 / Pub 1929
レーベル擦れ、盤擦れ、サーフェイスノイズあり
Jacket n/a / Disc 2.5~3 / Sound 2.5  1980 yen
■しゃべくりと節をまくしたてる滑稽阿呆陀羅経"モダーン八ツ當リ"。
どこかの芸人なのでしょうか、吉野家花山という人が、しゃべくりと節を組み合わせて歌った一枚。風変りな三味線を伴奏に早口で頭から最後までまくしたてる上下。※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Sexteto Habanero - EL ORIGINAL SEXTETO HABANERO VOLUMEN 1

  • キューバの音楽/ソンLP
 Sexteto Habanero- セステート・アバネロ - "EL ORIGINAL SEXTETO HABANERO VOLUMEN 1"
USA / LP / Mono / Memorias Musicales 001 / Rec mid1920s / Pub late60s or 1970s
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ソンのグループ第一号、セステート・アバネロの音源集。
1920年にハヴァナで結成されてから、ソンの最も偉大なグループの一つとして愛され、影響を与えたセステート・アバネロ。アメリカやヨーロッパにもツアーを敢行、ソンのすばらしさを世界に広めたグループ。彼らの初期ナンバーを12曲収録した編集盤。じっくり聞いてみてください。幸せ溢れる空気感、アレンジというよりも工夫というのがぴったりの素朴な音作りの中にはっとすること多々。SP盤時代のキューバとプエルト・リコの音楽を、アメリカ国内の移民たちに向けてリリースしたメモリアス・ムジカレス・レーベルの旗揚げ盤。以前入荷したフォークリリック盤とは重なり二曲だけです。【曲】「El Sonero」「Sacudiendo Mis Maracas」「Mama Ines」「Tribilin Cantore」「La Campana」「Mis Tres, Mi Clarin, Y Mi Bongo」「Preludio De Godinez(試聴)」「Gloria A Mi Claves」「Guantanamo」「La Amaca(試聴)」「De Mi Cubita La Cana」「Criollo Haragan」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Ishida Ichimatsu, Takamiya Reiko - NAISHO BUSHI cw SHANKORIN BUSHI

  • 日本の音楽78rpm
 Ishida Ichimatsu, Takamiya Reiko- 石田一松、高宮禮子 - "NAISHO BUSHI cw SHANKORIN"
Japan / 78rpm / Mono / Hikoki 8362 / Rec 1928 / Pub 1928
レーベル擦れ少々、盤浅い擦れ、サーフェイスノイズ、歌詞カードきれい
Jacket n/a / Disc 3 / Sound 3  2980 yen
■演歌師、石田一松のバイオリン演歌盤。
演歌を始めた添田唖蝉坊の弟子で(石田の代表作「のんき節」は唖蝉坊の歌をアレンジした曲)、40年代には国会議員になった演歌師、石田一松。軍や権力を痛烈に批判した歌を唄い、ヒロポン中毒で亡くなったという人。ちなみになぎら健壱は一松の孫弟子。これは28年の一枚で、A面はこの頃高宮禮子とのデュオ、B面は一松の独唱。歌詞カード付き。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Hamadaken Umeyakko - DOJO SUKUI JO cw DOJO SUKUI GE

  • 日本の音楽78rpm
 Hamadaken Umeyakko- 濱田検 梅奴 - "DOJO SUKUI JO cw DOJO SUKUI GE"
Japan / 78rpm / Mono / Hikoki 8096 / Rec mid1920s / Pub mid1920s
レーベルきれい、盤浅い擦れ、きれい
Jacket n/a / Disc 3.5 / Sound 3.5  2980 yen
■島根・浜田市の素晴らしい安来節。
安来市からは大分離れた島根の西部浜田市の"どじょうすくい"。箏が入ったこんな伴奏に、粗々しい歌の絶品という他ないナンバー。※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2017年9月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.