(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

V.A. Will Shade, Blind Willie Johnson, Arthur Crudup, etc. - THE RURAL BLUES : A STUDY OF THE VOCAL AND INSTRUMENTAL RESOURCES

  • ブルースLP
 V.A. Will Shade, Blind Willie Johnson, Arthur Crudup, etc.- ウィル・シェイド、ブラインド・ウィリー・ジョンソン、アーサー・クリューダップ、etc. - "THE RURAL BLUES : A STUDY OF THE VOCAL AND INSTRUMENTAL RESOURCES"
USA / LP / Mono / RBF 202X / Rec late1920s to early1940s / Pub 1964
ボックス表裏内側全てきれい、レーベル二枚ともひげわずか、盤極浅い擦れわずか、ブックレットきれい、総じて美品
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4
■フォークウェイズ/RBFから、カントリー・ブルースの歌と楽器のスタイルを徹底的に紹介した2LPボックス・セット。
20世紀アメリカの民俗音楽を紹介し続けるフォークウェイズの親戚レーベルで、主に1920~40年代の音源をLP時代にリリースしたRBF(Record, Book And Film Sales, Inc.)から、戦前のカントリー・ブルースの二枚組ボックス・セットで、ちょっとこういうのは他に見当たらない、という徹底した内容。一枚目は"歌"の特集で、一曲づつ、"荒いトーンの歌"、"クリアーなヘッド・トーンの歌"、"自由なリズムの歌"、"うなり"etc...あらゆる歌のスタイルをカンブルのマスターピースとともに紹介。二枚目は"楽器"で、メロディ・ラインを持ったギターは、ピック/ボトルネック両方のスタイル、さらに複雑なリズムを持ったギター伴奏、そしてハーモニカ、ヴァイオリン、カズーのメロディ楽器が付いたもの、ベース(指と弓両方)のサポートのある曲、バンド形式etc...と掘り下げています。選曲・監修はサミュエル・チャーターズで、解説もウルトラ力作。【曲】「I Can't Stand It / Will Shade」「Shelby County Work House Blues / Hambone Willie Newbern」「From Four Until Late / Robert Johnson」「You Can Leave, Baby / Furry Lewis」「Milk Cow Blues / Kokomo Blues」「Roberta Blues / L'il Son Jackson」「Thousand Woman Blues / Blind Boy Fuller」「If I Get Lucky / Arthur Crudup」「Down the Highway / Charlie Pickett(試聴)」「Milk Cow Blues / Kokomo Blues」「Take Your Burden to the Lord / Blind Willie Johnson(試聴)」「New Highway 51 / Tommy McClennan」「Mama T'ain't Long Fo' Day / Blind Willie McTell」「Take Your Fingers Off It / Charlie Burse」「My Wife Drove Me From My Door / Charley Lincoln」「Skin Game Blues / Peg Leg Howell」「Goin' Back To Florida / Lightnin' Hopkins」「Standing at the Crossroads / Robert Johnson」「One Kind Favor / Lightnin' Hopkins」「Nobody's Fault But Mine / Blind Willie Johnson」「Warm Up / Furry Lewis」「Bukka's Jitterbug Swing / Bukka White」「Coal Man Blues / Peg Leg Howell」「Southern Can Mama / Blind Willie McTell」「Airy Man Blues / Papa Charlie Jackson」「Little Cow and Calf is Gonna Die Blues / Skip James」「New How Long How Long Blues / Leroy Carr and Scrapper Blackwell」「Harmonica Stomp / Sonny Terry, Oh Red, and Blind Boy Fuller」「Shiney Town Blues / Frank Stokes」「Trouble in Mind / Virgil Perkins」「Mean Old Frisco / Arthur Crudup」「Sporting Life Blues / Brownie McGhee」「Solo / Virgil Perkins(試聴)」「Tippin' Round / Charlie Burse」「Mama Don't Low It / Ham Gravy and Washboard Sam」「Key to the Highway / Moochie Reeves」
By NoahlewisRecord Last updated: 2016-02-15 03:14


Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2017年7月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2017年8月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.