(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Page 9)

Lightnin Hopkins, Joe Turner And Pete Johnson, etc. - BLUES N TROUBLE VOLUME 2

  • ブルースLP
Lightnin Hopkins, Joe Turner And Pete Johnson, etc.- ライトニン・ホプキンス、ジョー・ターナー&ピート・ジョンソン、etc. - "BLUES 'N TROUBLE VOLUME 2"
USA / LP / Stereo / Arhoolie F1012 / Rec early60s / Pub 1970s
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ少々、盤浅い擦れ少々
Jacket 4 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4  2980 yen
■錚々たるブルースマンが顔をそろえたオムニバス。すべてこれでしか聞けないナンバー。
戦前ブルース、ヒルビリー、ケイジャン、テックスメックス、民俗音楽等のSP編集盤だけでなく、ヤズーにブルーグースがあったように、錚々たるブルースマンが新緑アルバムをリリースしていた西海岸のアーフーリー・レコード。これは、50年代以降にアーフーリーにレコードを残したブルースマンを中心にしたオムニバス第二集で、後のCDをのぞけば全曲これでしか聞けないナンバー(テイク違いものもあり)が選ばれた一枚。ライトニン・ホプキンス、リル・サン・ジャクソン、ジョー・ターナー&ピート・ジョンソンといったビッグネームから、このレーベルに名盤を残したブラインド・ジェイムス・キャンベルの未発曲、幻のザディコ・アコーディオン奏者ポール・マクジールなどなど収録。【曲】「Lightning Hopkins / Wine Drinking Woman(試聴)」「Guitar Slim & Jelly Belly / Yellow-Brown Woman」「Little Son Willis / Nothing But The Blues」「Blind James Phillips / Night Is Falling(試聴)」「Lil' Son Jackson / Bad Whiskey Bad Women」「Joe Turner & Pete Johnson / B & O Blues」「Mercy Dee / Sugar Daddy」「Big Joe Williams / Little Machine」「Paul McZiel Zydeco Band / I'm Sad And I'm Blue(試聴)」「Blind James Campbell / Sittin' Here Drinking」「Robert Shaw / Turn Loose My Tongue」※今日のアップはこの一枚です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Carter Family - BRING BACK MY BLUE-EYED BOY TO ME

  • ヒルビリーLP
 Carter Family- カーター・ファミリー - "BRING BACK MY BLUE-EYED BOY TO ME"
Italy / LP / Mono / Monk MK332 / Rec 1929 / Pub 2010
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■29年の音源をまとめた一枚。
2000年代にヒルビリー、カントリー・ブルースの編集盤を出したイタリアのモンク・レコードからのカーター・ファミリー集。二枚出ているうちの二枚目。29年の録音をまとめた盤で、2月から11月の録音をもれなく最初から最後まできれいに日時順に収録。音質もふくめて全15曲判で押したように同じようなこの演奏と歌を聞いていると、超有名曲もそう感じさせない、カーター・ファミリーの日常に触れている気になります。【曲】「Don't Forget This Song(試聴)」「Foggy Mountain Top」「Bring Back My Blue-Eyed Boy To Me」「Diamonds In The Rough」「Engine One-Forty-Three」「Homestead On The Farm」「Cyclone Of Rye Cove」「Motherless Children」「When The Roses Bloom In Dixieland(試聴)」「No Telephone In Heaven」「Western Hobo」「Carter's Blues」「Wabash Cannonball」「Distant Land To Roam」「Jimmie Brown The Newsboy」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Sauceman Brothers - THE EARLY DAYS OF BLUE GRASS VOLUME 7

  • ブルーグラスLP
 Sauceman Brothers- ソースマン・ブラザーズ - "THE EARLY DAYS OF BLUE GRASS VOLUME 7"
USA / LP / Mono / Rounder 1019 / Rec 1948 to 1953 / Pub 1976
見開きジャケット色あせ少々、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ラウンダーの初期ブルーグラス編集盤シリーズの7枚目、ソースマン・ブラザーズの音源集。
ブルーグラス初期の、入手困難な名グループの音源を集めたラウンダーの名物シリーズ、"Early Days Of Blue Grass"。全10枚出たこのシリーズの7枚目で、ジョン・ポールとジェームス・カールのソースマン兄弟のグループの編集盤。ブルーグラス・マニア垂涎のリッチRトーン・レーベルやマーキュリーの音源(未発表含む)など、48年から53年の16曲を収録。ディック・スポッツウッド監修で、マスタリングはスポッツウッドとバックワーズ・サム・ファーク。【曲】「Handy Man(試聴)」「A White Cross Marks The Grave(試聴)」「Your Trouble Ways Keep Us Apart(試聴)」「Pretty Polly」「I'll Be No Stranger There」「Wrap My Body In Old Glory」「The Pale Horse And His Rider」「Someone's Last Day」「Down The Road To Love」「Goodbye My Love」「I'm Not Worth Your Tears」「Little Birdie」「I'll Be An Angel Too」「Please Don't Make Me Cry」「God's Secret Weapon」「Hallelujah We Shall Rise」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Isaac Albeniz, Joaquin Malats, Enrique Granados, Frank Marshall, Alicia De Larrocha - THE CATALAN PIANO TRADITION

  • クラシックLP
 Isaac Albeniz, Joaquin Malats, Enrique Granados, Frank Marshall, Alicia De Larrocha- カタラン・ピアノ・トラディション - "THE CATALAN PIANO TRADITION"
USA / LP / Mono / International Piano Archive IPA109 / Rec 1903-1932 / Pub 1976
見開きジャケット擦れ極わずか、内側しみ少々、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■アルベニスやグラナドスが自ら演奏し吹き込んだシリンダー等を集めたコンピレーション。
スペインの一地方ながら、独立した国の国民のような誇りを持っているという、カタルーニャ人。これは、カタルーニャ人の作曲家/名演奏家の、珍しいプライヴェート録音のシリンダーやSP盤の音源を集めた特殊なコンピレーション。イサーク・アルベニス(1860-1909)が生前吹き込んでいたシリンダーの2曲の「Improvisation」、近代スペイン最高のピアニストの一人ホアキン・マラツ(1872-1912)の、やはりシリンダーで、ショパンやリスト等の4曲、グラナドス(1867-1916)が1912年に自ら自作を演奏したアコースティック録音盤の4曲、グラナドスの弟子だったピアニスト、フランク・マーシャル(1883-1959)が1907年にシリンダーに録音したグリーグ「ノルウェー舞曲」、そのマーシャルに教えを受けた、20世紀スペインを代表する女性ピアニスト、アリシア・デ・ラローチャ(1923-2009)が、9歳の時に録音したショパンのワルツとノクターン、という13曲。半分ほどあるシリンダー音源は正直かなり聞きづらいですが、気高く情熱的な気質がノイズの向こうから目一杯立ち上ってきます。試聴はグラナドス「Spanish Dance」、フランク・マーシャルのグリーグ「ノルウェー舞曲」。※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Aurele Nicolet, Heinz Holliger, Eduard Brunner, Oleg Mainsenberg - DARIUS MILHAUD : CHAMBER MUSIC FOR WINDS AND PIANO

  • クラシックLP
 Aurele Nicolet, Heinz Holliger, Eduard Brunner, Oleg Mainsenberg- オーレル・ニコレ、ハインツ・ホルガー、エドゥアルト・ブルンナー、オレグ・マイセンベルク - "DARIUS MILHAUD : CHAMBER MUSIC FOR WINDS AND PIANO"
Germany / LP / Stereo / Orfeo S060831 / Rec 1983 / Pub 1983
ジャケット擦れわずか、レーベルひげなし、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■ミヨーの木管とピアノの室内楽を収録した一枚。
ドビュッシーの『弦楽四重奏』の譜面を見て音楽を志し、サティやコクトーとの出会いからフランス6人組として活躍、第一次世界大戦後のフランス音楽界で最重要作曲家の一人となったダリウス・ミヨー(1892-1974)。アメリカでバート・バカラック、デイヴ・ブルーベックetcを教え、ジャズ、ポップス界にも影響を持った音楽家。本作はミヨーが残した4作の木管とピアノのための室内楽を収録した83年のアルバム、ドイツ盤。さて、やはりA面全てを占める、ミヨーの作品の中でも最も深い情感を持った作といわれる、4曲からなる『フルート、オーボエ、クラリネットとピアノのためのソナタ(試聴)』(1918年)の素晴らしさが圧倒的。この曲、いろいろ探したのですが、これともう一枚しかアナログはないんじゃないでしょうか?(あったらすみません)B面には『フルートとピアノのためのソナチネ』(1922)『クラリネットとピアノのためのソナチネ(試聴)』(1927年)『オーボエとピアノのためのソナチネ』(1954年)を収録。どれも透明感溢れる幻想的な響きで統一された美しい作。ドイツ、スイスのミュージシャンによる演奏。解説入りのオリジナル・インサート付き。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Maggie Teyte - DEBUSSY MELODIES

  • クラシックLP
 Maggie Teyte- マギー・テイト - "DEBUSSY MELODIES"
France / LP / Mono / EMI 2904021 / Rec 1936-44 / Pub 1985
コーティング・ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■戦前のソプラノ歌手マギー・テイトのドビュッシー歌曲集。
イギリス生まれでフランスに渡ったソプラノ歌手、マギー・テイト。1906年にステージ・デビュー、数年のうちにドビュッシーが認めるまでとなり、ドビュッシーが生涯のうちただ一人だけ伴奏をつけたという逸話も知られるシンガー。これは、30年代~44年に録音されたドビュッシーのナンバーを集めた仏EMI盤。丁寧で柔らかい中庸的な歌声とドビュッシーの静かで謎めいたメロディが不思議な魅力を醸し出しています。全曲ピアノ伴奏で、演奏はコルトーとイギリス人の名歌伴ピアニスト、ジェラルド・ムーア。【曲】「Fetes Galantes(全6曲)(試聴)」「Trois Chansons de Bilitis(全3曲)」「Le Promenoir Des Deux Amants(全3曲)」「Romance(試聴)」「Beau Soir」「Green」「Le Jet d'Eau」「Proses Lyriques(全4曲)」「Ballade des Femmes de Paris」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Domaine Musical Ensemble, Pierre Boulez(Cond.) - SCHOENBERG : SERENADE OP 24

  • クラシックLP
Domaine Musical Ensemble, Pierre Boulez(Cond.)- ドメーヌ・ミュジカル・アンサンブル、ピエール・ブーレーズ(指揮) - "SCHOENBERG : SERENADE OP 24"
USA / LP / Stereo / Everest 3175 / Rec 1962 / Pub 1970s
ジャケット擦れわずか、裏面小はがれ、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■シェーンベルクの室内楽『セレナード』。
シェーンベルク(1874-1951)が20年から24年の間に作曲した室内楽作『セレナード』を、ブーレーズ指揮の仏の室内楽団が演奏した一枚。12音技法の様々な実験をしていた頃のシェーンベルクの作品で、唯一歌の入る第4楽章が12音で作られているのだそう。クラ、バスクラ、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、ギター、マンドリンのセプテットによる全7楽章。快活な2ビートのリズムで奏でられる、それぞれの楽器の肉感的な演奏に言葉を無くす第一楽章「マーチ(試聴)」、スローな出だしから結びに向けてめくるめくドラマが展開される「メヌエット」、12ではなく11音で作られていると言う「変奏」、唯一バリトンの歌が入る「ペトラルカのソネット」は、原詩の構成のせいで生じるずれを表現の一つにしたというナンバー。全曲中最もポップな印象を受けるワルツの「舞踏の情景」、音列を使わずフリー・スタイルで作曲された柔らかな「無言歌(試聴)」、ラストの「フィナーレ」は最初の「マーチ」をすっきりと再演した曲で、全てをまとめる役割を果たすナンバー。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Johnnie Lee Wills - THE BEST OF JOHNNIE LEE WILLS

  • カントリーLP
 Johnnie Lee Wills- ジョニー・リー・ウィルス - "THE BEST OF JOHNNIE LEE WILLS"
USA / LP / Mono / Crown CLP5565 / Rec 1960s / Pub 1965
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ボブ・ウィルスの弟、ジョニー・リーの65年のアルバム。
34年からのテキサス・プレイボーイズのオリジナル・メンバーで、41年には既に自分のバンドで録音を始めたウエスタン・スウィング界随一のフィドラー&シンガー。これはそんなブームもだいぶすぎ、ロックンロールの爆発も鎮火したころにだされた65年のアルバムで、Wスウィングとかそういうのを忘れて聞いてもらいたい素晴らしい一枚。ベスト盤のようなタイトルですがオリジナル・アルバムです。異様に野太いカントリー・バラード、ジャイヴな歌もの、ジャジーなジョニー・レイ風のスローR&Bに加え、もしかするとジョニー・リーは全く関係していないかもしれない、スピーディ・ウエストのようなスティールギター曲、多分西海岸のR&B系セッション・ミュージシャンがさらっとやってると思われるムチャクチャカッコいいR&Rインストなどなど、おれらジャンルで音楽やってんじゃねえズラ!という声が聞こえてきそうな、バップ、R&R、カントリーごちゃ混ぜの内容。クラウンやキング特有の曲による音質の上下ありますがそれがまたこの盤の中身そのまま。【曲】「Your Love For Me Is Losing Light」「Blub Twist」「Milk Cow Blues」「I Wish Your Picture Was You」「Travelin'(試聴)」「Slush」「I Won't Cry Tomorrow」「Why Do I Love You(試聴)」「Red Dress She Wore」「Too Soon To Worry」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Luke Wills Rhythm Busters - HIGH VOLTAGE GAL

  • ウエスタン・スウィングLP
 Luke Wills' Rhythm Busters- ルーク・ウィルス・リズム・バスターズ - "HIGH VOLTAGE GAL"
Germany / LP / Mono / Bear Family BFX15333 / Rec 1947-49 / Pub 1988
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 2680 yen
■彼らの唯一のアナログ編集盤。
天下のボブ・ウィルス、その弟でやはり多くのレコードを残し人気だったウエスタン・スウィングのスター、ジョニー・リー・ウィルスの陰に隠れてあまり表に出てこない、やはりウィルス兄弟の一人ルーク・ウィルス。これは彼のバンド、リズム・バスターズの音源をまとめた、アナログだと唯一の単独盤。録音デビューは47年、49年までレコードをリリース、数は少ないものの、兄貴たちよりもグッとロックンロールに近い、強烈なリズムとコンパクトにまとまった密度の高いウエスタン・スウィングをプレイ。20曲収録した独ベア・ファミリーの編集盤。【曲】「Shut Up And Drink Your Beer」「Never Turn Your Back To A Woman(試聴)」「Louisiana Blues」「Bob Wills Two-Step(試聴)」「Corn Fed Arkansas Gal」「Is It True What They Say」「(Gotta Get To) Oklahoma City」「Long Train Blues」「I´m A Married Man」「Uncle Tom Wills Schottische」「High Voltage Gal (vocal Tommy Doss)」「The Texas Special」「Oklahoma Blues」「Si, Si Senorita」「Cain´s Stomp」「Honky Tonkin´Gal」「A Nickel In The Jukebox」「A Woman Was The Cause Of It All」「The Fly In My Ointment」「High Voltage Gal (vocal Johnny Tyler)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Yvette, Toquinho, Chico Buarque, etc. - PARAMOUNT - TEMPLO DA BOSSA

  • ブラジルの音楽LP
Yvette, Toquinho, Chico Buarque, etc.- イヴェット、トッキーニョ、シコ・ブアルキ、etc. - "PARAMOUNT - TEMPLO DA BOSSA"
Brazil / LP / Mono / RGE 3206015 / Rec 1960s / Pub 1980s
ジャケット擦れわずか、しみ少々、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し、Bラストの最後の方にプツ音でるスクラッチ
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 3~3.5  2480 yen
■ボサノヴァの殿堂パラマウント劇場での歴史的名演を収録した一枚。
60年代中期、歴史的名演を数多く生み、後のスターたちが羽ばたいた、ボサノヴァの殿堂的ホール、サンパウロのパラマウント劇場。これはそこで開催されたライブ音源からいいものを選りすぐったシリーズの中の一枚。トッキーニョ、エドゥ・ロボ、ボサ・ジャズ・トリオ、女性シンガー、イヴェット等々12曲収録。静かな歌と演奏の中に火のように熱い精神が見えます。なんと自由な空気なのでしょうか。名盤。オリジナルは66年、これは80年代のリイシュー。【曲】「Yvette / Preconceito」「Toquinho / So Tinha De Ser Com Voce(試聴)」「Vivo Sonhando」「Chico Buarque / Pedro Pedreiro」「Cesar Roldao Vieira / Sem Deus Com A Familia」「Bossa Jazz Trio / Maria Moita」「Paulinho Nogueira & Toquinho / Onde Esta Voce」「Yvette / Cancao Do Amanhecer(試聴)」「Toquinho / Primavera」「Chico Buarque / Sonho De Um Carnaval」「Cesar Roldao Vieira / Ze Do Trem」「Walter Santos / Amanha」「Edu Lobo & Yvette / Aleluia」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Alayde Costa, Zimbo Trio, Yvette, etc. - OS GRANDES SUCESSOS DO PARAMOUNT

  • ブラジルの音楽LP
 Alayde Costa, Zimbo Trio, Yvette, etc.- アライジ・コスタ、ジンボ・トリオ、イヴェット、etc. - "OS GRANDES SUCESSOS DO PARAMOUNT"
Brazil / LP / Mono / RGE 3206018 / Rec 1960s / Pub 1980s
ジャケット擦れ少々、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■ボサノヴァの殿堂パラマウント劇場での歴史的名演を収録した一枚。
60年代中期、歴史的名演を数多く生み、後のスターたちが羽ばたいた、ボサノヴァの殿堂的ホール、サンパウロのパラマウント劇場。これはそこで開催されたライブ音源からいいものを選りすぐったシリーズの中の一枚。ビーチボーイズとゴスペル・カルテットが合体したようなコーラスを従えたアライジ・コスタの一曲目にまずビックリ。三人とも豪快なジャズ・ボッサを聞かせるジンボ・トリオ、ジョアン・ジルベルトの師匠と言われる、吟遊詩人のようなワルテル・サントス、ボサノヴァの祖の一人オスカー・カストロ・ネヴィスの九重奏団によるムード・ミュージックなどなど多彩な内容。オリジナルは60年代、これは80年代のリイシュー。【曲】「Alayde Costa With Os Titulares Do Ritmo / Onde Esta Voce」「Zimbo Trio / Garota De Charme」「Yvette / Desencanto」「Walter Santos / Diz(試聴)」「Yvette / Preciso Aprender A Ser So(試聴)」「Alaide Costa / Morrer De Amor」「Zimbo Trio / Balanco Zona Sul」「Maria Lucia / Malandro quando Morre」「Oscar Castro-Neves / Azul Triste」「Yvette / Dorme」「Bossa Jazz Trio / Zero Hora」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Tampa Red - THE GUITAR WIZARD 1935-1942

  • ブルースLP
 Tampa Red- タンパ・レッド - "THE GUITAR WIZARD 1935-1942"
Holland / LP / Mono / Old Tramp OT1201 / Rec 1935-42 / Pub 1987
ジャケット擦れ少々、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■タンパ・レッドのあまり聞けない時代の音源を収録した一枚。
ロックンロール、ファンクへの道筋を生んだホーカムの最大の立役者、タンパ・レッド。これは彼の音源で、あまりまとめられていないあたり30年代中期~40年代初頭を集めた美味しい編集盤。最盛期20年代の味もありつつひとまわり大きくなった滋味満点のブルースから、ジャズ・コードで彩ったホーカム進化形ナンバー、R&Rの原動力となった面々(ランサム・ノーリング、ビッグ・メイシオetc.)を従えてのエレキ時代、タンパ・レッドと思えないエレキ一本のジャイヴ風弾き語りまで全18曲濃い内容。全てこのアルバムで初LP化。オランダのブルース専門レーベル、オールド・トランプからの一枚。【曲】「Keep On Dealin'」「Maybe It's Someone Else You Love」「I Wonder What's The Matter」「You Stole My Heart(試聴)」「Stop Truckin' And Suzy-Q」「You One And Only」「I See You Can't Take It」「Oh Babe, Oh Baby」「Whoppee Mama」「That May Get It Now」「That Don't Matter Now」「Grouchy Hearted Woman」「Hellish Old Feeling」「You Say It's Love」「Please Don't Throw Me Down」「Tired Of Your Reckless Ways」「I Want To Swing(試聴)」「Gin Head Woman」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2021年4月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
2021年5月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
店舗営業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
店舗営業日 日曜・月曜 PM3:00-PM8:00
古物商 東京都公安委員会 第303261906488号

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2021 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.