(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Page 74)

Monette Moore - TEXAS MAN BLUES cw I WANNA JAZZ SOME MORE

  • ブルース78rpm
 Monette Moore- モネット・ムーア - "TEXAS MAN BLUES cw I WANNA JAZZ SOME MORE"
USA / 78rpm / Mono / Vocalion 14903 / Rec 1924 / Pub 1924
レーベル擦れ少々、盤プツ音でるスクラッチあり
Jacket n/a / Disc 3 / Sound 3
■女性ブルース・シンガー、モネット・ムーアの24年の一枚。
テキサス生まれで23年にパラマウントからデビュー、おもに20年代後半まで活躍した彼女の24年作。両面ともにジョン・モンタギュー(P)の伴奏で、裏面にはエリントン楽団に加入する前のレックス・ステュワート(コルネット)が参加。堂々とした歌いっぷりの2曲。この時代のヴォキャリオン特有の茶色の盤。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Oota Miyoko - TSUGARU OHARA BUSHI cw YOSARE BUSHI

  • 日本の音楽78rpm
 Oota Miyoko- 太田美代子 - "TSUGARU OHARA BUSHI cw YOSARE BUSHI"
USA / 78rpm / Mono / Regal 66086 / Rec mid1930s / Pub mid1930s
レーベル擦れ、ひげ、盤浅い擦れ、A面終わりの方に大きめにプツ音でるキズ
Jacket n/a / Disc 3 / Sound 2.5~3.5
■津軽民謡歌手、太田美代子の「津軽小原節 / よされ節」。
スピーカーから飛び出るような声、歌のバネも超満点な名演2曲。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Vess L. Ossman cw Spencer And Holt - THE BUFFALO RAG cw BARNYARD SERENADE

  • バンジョー/パーソナリティ78rpm
 Vess L. Ossman cw Spencer And Holt- ヴェスLオスマン、スペンサー&ホルト - "THE BUFFALO RAG cw BARNYARD SERENADE"
USA / 78rpm / Mono / Victor 16779 / Rec 1905, 1906 / Pub 1909
新品のようなコンディション
Jacket n/a / Disc 4 / Sound 2980 yen
■動物をキーワードにカップリングされた一枚。
このヴェスLオスマンがバンジョー録音の開拓者。テクニックは抜群で、ざっくりとした黒人的な味わいのプレイは、オスマンにならって録音を始めたフォロワーとはだいぶ味が違います。Aはフォークウェイズのバンジョー・コンピにも堂々収録されている名演で、オスマンのエッジの効いたピッキングが楽しめるラグタイム・ナンバー。そして裏のバーンヤード・セレナーデは、この時代のスターシンガー、レン・スペンサーがナレーションをして、この時代に数曲ビクターに録音したアルフレッド・ホルトという人物が沢山の動物の鳴き声を披露するナンバー。Aは1906年、Bは1905年の片面盤としてリリースされたものを1909年にカップリングした盤。新品のようなコンディション。試聴はB→Aです。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jelly Roll Morton - THE COMPLETE JELLY ROLL MORTON VOLUME 3/4

  • ジャズLP
 Jelly Roll Morton- ジェリー・ロール・モートン - "THE COMPLETE JELLY ROLL MORTON VOLUME 3/4"
France / LP / Mono / RCA PM43170 / Rec 1927 to 1929 / Pub 1980
見開きジャケット表裏内側ともに擦れほぼ無し、ディスク1にレーベルひげ極わずか、ディスク2には無し、盤二枚とも擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 
■27年から29年の音源を収録した2LP。
フランスRCAのジャズ編集盤シリーズ"ジャズ・トリビューン"から、ジェリー・ロール・モートンの2LP。27年から29年のナンバーをテイク違いもの含めて32曲収録。必然的にこの時期活動の中心にしていたバンド、レッド・ホット・ペッパーズのもの多し。この楽団はルイ・アームストロングのバンドに並ぶスーパー・グループで、ジョニー・ドッズ、オマー・シメオン、ヘンリー・レッド・アレン等が参加。ニューオーリンズ土着のスタイルと、シカゴやNYのホット・ジャズとの興奮のミックス、モートンらしいシンコペーションが混然一体となったほかで聞けないジャズを演奏。他美味しいのはなんといってもモートンのピアノ・ソロ7曲。クラ、ピアノ、ドラムのトリオものも収録。※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

kawada Ryukyu Buyodan, Kategaru Rinsho - KETTEIBAN OKINAWA NO MINYO

  • 沖縄の音楽LP
 kawada Ryukyu Buyodan, Kategaru Rinsho- 川田琉球舞踊団、嘉手苅林昌 - "KETTEIBAN OKINAWA NO MINYO"
Japan / LP / Stereo / Victor SJV6031-2 / Rec 1973 / Pub 1974
見開きジャケット擦れわずか、内側、ブックレット部すれわずか、きれい、レーベル二枚ともひげ少々、盤二枚とも擦れほとんどなし、帯色あせ少々、下部に小やぶれ
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  4800 yen
■琉球舞踊の演奏と、嘉手苅林昌のライブをセットにした2LP『決定盤 沖縄の民謡』。
一枚目は川田一族の川田琉球舞踊団による、踊りのための民謡集。一人男性がいるだけであとは全員女性のグループと思われます。ナークニーや古典音楽風のものもあり。もう一枚は、嘉手苅林昌の渋谷ジアンジアンでのライブ盤。林昌は現地に着いたとき、こんな防空壕のようなところでは歌にならない、帰ろう、と言ったそう。それを雪村いづみが説得しなんとか開演。大工哲弘、大城美佐子が参加しての10曲。竹中労ほかによる解説ブックレット。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Monks Of Higashi Honganji - HIGASHI HONGANJI SHOMYO SHU

  • 日本の音楽LP
 Monks Of Higashi Honganji- 東本願寺の僧侶 - "HIGASHI HONGANJI SHOMYO SHU"
Japan / LP / Mono / Higashi Honganji EC2002 / Rec 1967 / Pub 1967
コーティングの折り返しジャケットしみ少々、すれわずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか、インサートしみ
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4
■京都・東本願寺の声明集。
日本のグレゴリオ聖歌、声明。これは東本願寺式務部の監修で、ミノルフォンが録音、プレスし、熱田神宮の眼の前の名鉄神宮レコード部という店で販売していたという一枚。67年で、両面ともに5曲(と言っていいのか)づつ収録。付属のインサート(クラクラします)を見ると、この時点で7枚は出ていた模様。さて、レコードは、中身の良し悪し問わず聞いてて気持ちいいとか、自分にとって内容に価値があるというのが欲しくなる理由だと思いますし、それがあるから嫌いなものは嫌いになれるわけですが、これはそれ以前、ただ音が流れていることを感じる以外に何もできない一枚....檀家衆はそうじゃないと思いますが....

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Andres Segovia - GUITAR

  • クラシック/ギターLP
 Andres Segovia- アンドレス・セゴヴィア - "GUITAR"
USA / LP / Mono / Decca DL10112 / Rec 1965 / Pub 1965
ジャケット擦れ少々、レーベルひげ無し、盤極表層のスクラッチ少し
Jacket 3.5~4 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4
■セゴヴィアの65年作。
20世紀のクラシック・ギタリストを代表するセゴヴィア。ギターのための曲のみならず、他の楽器の曲をギターに置き換えて演奏するという、それまで例のないスタイルを確立した人。これは晩年65年の一枚で、近現代作曲家3人の作を演奏した一枚。まずはミヨーらに6人組に誘われたものの断ったという仏のタンスマンの6曲(全10部)からなる『ポーランド風組曲』。まずこれが強烈にいい。古風そのものの部分とカビくささを払拭したはっとするような新鮮さが混ざる作。セゴヴィアのために作られた作だそうです。続いてスペイン印象派を代表するモンポウの数少ないギター曲で、セゴヴィアとの付き合いから生まれたという6曲からなる『コンポステラ組曲』。モンポウというとやはりあの、言わずに語るというような深淵なピアノ曲集が思い浮かびますが、これは複合的な響きで、モンポウのもう一つの魅力が伝わります。ラストはマリア・エステバン・デ・ヴァレーナという、セゴヴィアと仲の良かった女性作曲家の2曲『Two Miniatures』。しかしセゴヴィアの中庸の極地というような演奏が恐ろしくいい。オリジナル盤。※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bud Deckelman - DAYDREAMIN 1954 - 1956

  • カントリー/ロカビリーLP
Bud Deckelman- バド・デッケルマン - "DAYDREAMIN' 1954 - 1956"
Germany / LP / Mono / Barnyard 6201 / Rec 1954 to 1956 / Pub 1976
ジャケット表裏しみ、レーベルひげわずか、しみ、盤擦れ極わずか
Jacket 3 / Disc 4 / Sound 
■メンフィスのホンキートンク・カントリー~プリ・ロカビリー・シンガー、バド・デッケルマンの唯一の編集盤。
50年代メンフィスのホンキー・トンク・カントリー~プリ・ロカビリー・シンガー、バド・デッケルマン。ワンダ・ジャクソン等がカバーした「Daydreamin'」を、エルモア・ジェイムスやチャーリー・フェザーズで知られるメンフィスのメテオからリリース、そしてヒット。エルヴィス、ジョニー・キャッシュ、カール・パーキンスとツアーをするような存在となったものの急速に忘れ去られてしまいました。これは彼の音源を集めた唯一のアナログの編集盤。ドイツのバーンヤードというレーベルからの一枚。バックは後にハイ・レコードを始めるクイントン・クローンチ(ギター)、ハンク・ウィリアムス・バンドのフィドラー、トミー・ジャクソンなどなど。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Izler Solomon(Cond.), Guilet String Quartet, MGM Orchestra - ERNEST BLOCH / MARGA RICHTER / GEORGE ANTHEIL

  • クラシックLP
Izler Solomon(Cond.), Guilet String Quartet, MGM Orchestra- アイズラー・ソロモン指揮、ギレ弦楽四重奏団、MGMオーケストラ - "ERNEST BLOCH / MARGA RICHTER / GEORGE ANTHEIL"
USA / LP / Mono / MGM E3422 / Rec 1956 / Pub 1956
コーティング・ジャケット表裏擦れ、背部下部にテープ、レーベルひげ少々、盤表層スクラッチ少々
Jacket 3 / Disc 3.5 / Sound 3.5~4
■3人のアメリカ現代音楽作曲家の弦楽オーケストラ作を収録した一枚。
50年代MGMクラシック独特のハイファイとローファイが混ざり合う絶品の音で、古典から現代音楽までいいレコードを残したアイズラー・ソロモンが、アメリカの3人の現音作曲家の弦楽曲を演奏した一枚。まずはスイスから米に渡ったユダヤ人作曲家ブロッホの、3部からなるSQと弦楽オケのための『Concerto Grosso No.2』。非常に素直な新古典主義的な作。続いて女性作曲家マーガ・リヒターの単一の作『Lament』。嘆きというより激しい渇望というような荒涼とした世界が続く作。ラストは『バレエ・メカニック』で知られるジョージ・アンタイルの、三部からなる『Serenade』。スーザ、ジャズ、軽音楽の影響も感じさせるドラマ性に溢れた作。オリジナル盤。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Lonesome Pine Fiddlers, Wayne Raney, Stanley Brothers, etc. - ALL ABOARD : FOR THE RAILROAD SPECIAL

  • カントリーLP
Lonesome Pine Fiddlers, Wayne Raney, Stanley Brothers, etc.- ロンサム・パイン・フィドラーズ、ウェイン・レイニー、スタンレー・ブラザーズ、etc. - "ALL ABOARD : FOR THE RAILROAD SPECIAL"
USA / LP / Mono / Starday SLP170 / Rec 1950s, early60s / Pub 1962
ジャケット表裏擦れ少々、上下にテープ、レーベルひげわずか、盤浅い擦れ、表層スクラッチ少々
Jacket 3 / Disc 3.5 / Sound 4
■スターデイ・レーベルから、レイルロード・ソングのオムニバス盤。
52年、レフティ・フリゼルのマネージャーだったジャック・スターンズという男が地元テキサスで始めたレーベル、スターデイ。50年代以降のカントリー界でもかなり重要な役割を果たしたレーベル。これは62年の一枚で、カントリー/ブルーグラス界のトップ・アーティストが唄った列車ソングを収録したオムニバス。スタンレー・ブラザーズ、カントリー・ジェントルメンと言ったブルーグラスの大御所から、デルモア・ブラザーズの録音でも知られるハーモニカ奏者ウエイン・レイニー、初期カーター・ファミリーを引き継ぐフィップス・ファミリー、パイオニア・オブ・ロカビリーの一人ムーン・マリカンなど13アーティスト16曲収録。オリジナル盤。※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Janne Bovet(Dir.) - LA MUSIQUE DANS LA JOIE : LES MERVEILLEUX REVES DAUGUSTIN

  • 民俗音楽LP
 Janne Bovet(Dir.)- ジャンヌ・ボヴェ(監修) - "LA MUSIQUE DANS LA JOIE : LES MERVEILLEUX REVES D'AUGUSTIN"
Switzerland / LP / Mono / Les Cahiers De La Joie LP30-325 / Rec 1930? to 1970s / Pub 1972
折り返しジャケット表裏円状の擦れ少々、レーベルひげ極わずか、盤浅い擦れ極わずか
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 
■スイスの女性クラシック・ピアニストが監修した民俗音楽/民謡集。
どうやら、スイスの女性クラシック・ピアニスト、ジャンヌ・ボヴェが書いた、音楽の歴史書?"LA MUSIQUE DANS LA JOIE"と一緒に製作されたと思われる一枚で、その本で言及されている音楽を収録したレコードのよう。A面は『Musique Primitive』と題され、中国、インド、アラブ(北アフリカ)、ユダヤ、ギリシャ、ルーマニアの音楽を、SP盤の音源も交えて12曲収録。B面はまず『Troubadours Et Minnesager』で、中世フランス、スペイン、イタリア、ドイツの宮廷で唄われていた歌をギター伴奏で4曲収録。ラストは『Chanson Populaire』で、ヨーロッパ中の民謡を、ソプラノ歌手が30曲ほど唄います。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Andre Charlet(Cond.), Orchestra De Chambre De Lausanne - HEINRICH SUTERMEISTER : CROIRE ET CREER - CANTATE OFFICIELLE DE LEXPO

  • クラシック10LP
 Andre Charlet(Cond.), Orchestra De Chambre De Lausanne- アンドレ・シャルレ(指揮)、ローザンヌ室内オーケストラ - "HEINRICH SUTERMEISTER : CROIRE ET CREER - CANTATE OFFICIELLE DE L'EXPO"
Switzerland / 10LP / Mono / Fono FGL25-4317 / Rec 1964 / Pub 1964
コーティングの折り返しジャケット擦れわずか、レーベルひげわずか、盤美品、すれほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2680 yen
■64年スイス博の公式カンタータを収録した10インチLP。
カール・オルフに学んだスイスの現代音楽作曲家ハインリヒ・ズーターマイスターが、64年のスイス博のために作った公式カンタータ(大規模な声楽曲)を収録した10インチLP。A面はフランス語、B面はドイツ語バージョン。アンドレ・シャルレ指揮、スイス・ロマンド合唱団、ローザンヌ室内オーケストラ演奏。歌詞カード付き。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2017年6月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
2017年7月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.