(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Page 72)

Musicians Of Korea, John Levy(rec.) - KOREAN COURT MUSIC

  • 民俗音楽/韓国LP
 Musicians Of Korea, John Levy(rec.)- 韓国のミュージシャン、ジョン・レヴィ(録音) - "KOREAN COURT MUSIC"
USA / LP / Stereo / Lyrichord LL7206 / Rec 1969 / Pub 1969
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげわずか、盤擦れわずか、キズ等は無し、時折プツ音、インサートきれい
Jacket 3.5~4 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4
■韓国の宮廷音楽"国楽"を収録した一枚。
クラシックと民俗音楽、特に極東アジアの音楽に関しては非常な熱意を持ってリリースしたリリコード・レーベルから、韓国の宮廷音楽をソウルで現地録音した一枚。国楽と言われるこの音楽は、中国の雅楽に由来する音楽で、500年間の間、新しいものが入り込まずそのままの形が維持されているのだそう。日本の雅楽を荒々しく原初的にした感の演奏、歌が入るもの、伝統楽器のデモ演奏なども収録。インド哲学のエキスパートで、アジア音楽に造詣の深い哲学者ジョン・レヴィによる録音、ライナー。【曲】「Ung-An Chi Ak (Confucian)(試聴)」「Song-An Chi Ak (Confucian)」「Nagyang-Ch'un」「Sujech'on」「Komungo Tasurum And Komun-Go (Two Preludes)(試聴)」「Kagok」「Kagok II」「Sijo」「Ch'wit'a, Kilkunak (Military Music)」「Stone Chimes And Bronze Bells(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

No Artist - VOICES OF RARE ANIMALS

  • 非音楽10LP
 No Artist- No Artist - "VOICES OF RARE ANIMALS"
USSR / 10LP / Mono / Melodiya 33M71-41505-06 / Rec 1974 to 1977 / Pub late1970s
ジャケット表裏円状の擦れ少々、ボールペン書き込み、レーベルひげわずか、ボールペン書き込み、盤擦れほぼ無し、LDビニールの内袋
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 
■ロシアに棲む珍しい野生動物の声を収録したレコード。
10インチLP。大学の動物学のためにソビエト教育省が製作したレコード。タイトルは、"Voice Rare Animals"。ゴビズキンカモメ、ナベヅル、シロハラホオジロなどの鳥類、シマフクロウ、アオバズク、オジロワシなどの猛禽類、アムールトラ、ユキヒョウ、キタオットセイなどの哺乳類などなど収録。録音は74年から77年の間で、各曲冒頭にロシア語のナレーション。ロシア国営メロディアから、恐らく70年代後半の一枚。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Noborikawa Seijin - AGIKUDUCHI cw HANAKUDUCHI

  • 沖縄の音楽45rpm
 Noborikawa Seijin- 登川誠仁 - "AGIKUDUCHI cw HANAKUDUCHI"
Japan / 45rpm / Mono / Marufuku KF137 / Rec 1960s / Pub 1960s
スリーブ擦れわずか、レーベル、盤ともに新品同様
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 
■登川誠仁のマルフク盤。
沖縄のジミヘンとも言われた、三線の名手にして名歌手、登川誠仁のマルフクからの一枚。両面ともに、大城弘栄の琴、島正行の太鼓、表記はありませんが胡弓をバックにした、ずっしりと来る2曲。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Ritchie Valens - THATS MY LITTLE SUZIE cw IN A TURKISH TOWN

  • ロックンロール45rpm
 Ritchie Valens- リッチー・ヴァレンス - "THAT'S MY LITTLE SUZIE cw IN A TURKISH TOWN"
USA / 45rpm / Mono / Del-Fi 4114 / Rec 1959 / Pub 1959
レーベルBにはがれ、盤擦れわずか、きれい
Jacket n/a / Disc 3.5~4 / Sound 4
■リッチー・ヴァレンスの59年の一枚。
元祖チカーノ・ロックも大傑作であり、スペイン語で歌ったロックの最初のヒットとなった「LA BAMBA」でおなじみのリッチー・ヴァレンス。全米がわけもわからずバラバラバ~と熱狂したヴァレンスですが、この59年のシングルは、ソリッドでストレート、噴出するようなエネルギーに溢れた最高のロックンロール・ナンバー。タメの効いたビートも鋭いギター・ブレイク、張りのあるボーカル、ほんとこんなカッコイイ曲他にあるんでしょうか。Bはその名の通り、エキゾティックな味付けをしたスモーキーなバラードでこちらもグレイト。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Sol Hoopii, King Bennie Nawahi, Masters Hawaiians, etc. - HAWAIIAN GUITAR HOT SHOTS

  • ハワイアンLP
 Sol Hoopii, King Bennie Nawahi, Master's Hawaiians, etc.- ソル・ホオピイ、キング・ベニー・ナワヒ、マスターズ・ハワイアンズetc. - "HAWAIIAN GUITAR HOT SHOTS"
USA / LP / Mono / Yazoo L1055 / Rec late1920s / Pub late1970s
ジャケット表裏擦れわずか、しみ少々、レーベルひげ無し、盤ほぼ新品同様
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 
■戦前ハワイアンで、特にギター演奏に着目して選ばれたヤズーの名編集盤。
アコースティック・ギターでスティール奏法をやっていた時代のハワイアンの王様ソル・ホオピイや、アメリカで弦の魔術師と呼ばれたロイ・スメック、シカゴで活躍した2人組ジム&ボブなど、ヤズーらしくギター・ファンの視点から選び出された戦前スティール・ギター名演集。ジャズの管楽器のソロ演奏のようなタイミングのとり方に滑らかさがそなわったホオピイ、そしてそれに比肩する名演がこんなごゴロゴロしているなんて本当に信じられない。【曲】「King Benny Nawahi / Tickling The Strings(試聴)」「Sol Hoopii / In Ma-La-Ka-Mo-Ka-Lu」「Kane's Hawaiians / Hilo」「Jim & Bob / By The Waters Of The Minnetonka(試聴)」「Hauulea Entertainers / 12th Street Rag」「Pale K. Lua / Kohala March」「Hauulea Entertainers / Railroad Blues」「Roy Smeck / My Little Grass Shack(試聴)」「King, Queen & Jack / Stack-O-Lee Blues」「Hanapi Trio / Indiana March」「Franchini & Dettborn / Palakiko Blues」「Hauulea Entertainers / Ellis March」「Master's Hawaiians / Hawaiian Stormy Weather」「Sol Hoopii / Right Or Wrong(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Tobaru Eijin, Nakazato Hiroko, etc. - SANBA BAYASHI cw NAGASAKI GUWA

  • 沖縄の音楽45rpm
Tobaru Eijin, Nakazato Hiroko, etc.- 桃原栄仁、仲里ひろ子、etc. - "SANBA BAYASHI cw NAGASAKI GUWA"
Japan / 45rpm / Stereo / Okinawa ORE169 / Rec 1970s / Pub 1970s
スリーブ少折れ目、レーベル、盤ともにほぼ新品同様
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4
■沖縄レコードから、桃原栄仁らの一枚。
Aは桃原に、大城一雄、仲里ひろ子の歌、上里トヨの琴、島正行の太鼓による「サンバ囃子」、Bは桃原、上里、島の歌、演奏に、大城のマンドリンによる「長崎小」。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Joseph Spence - LIVING ON THE HALLELUJAH SIDE

  • 民俗音楽/バハマLP
 Joseph Spence- ジョセフ・スペンス - "LIVING ON THE HALLELUJAH SIDE"
USA / LP / Stereo / Rounder 2021 / Rec 1972, 1978 / Pub 1980
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4
■バハマのギタリスト、ジョセフ・スペンスの80年作。
(※こちらもどうぞ・試聴は違う曲です)バハマのとある島に生まれ極めて宗教心に篤く島の伝統も重んじたと言うこのジョセフ・スペンス、島の宗教歌や伝承歌をギターで演奏。日本人の倍はあるように思える指の筋力でのバンジョー的なピッキングは限りなくいびつでクシャクシャ、それに勝手気ままなうなり声やハミングがのっているというもの。というと普通に感じるかもしれませんが、実際でてくる音はまさしく化け物。普段我々が聞いているものが非常に人工的なものに聞こえてきます。古い沖縄民謡や、歌物などは一部の義太夫に近いものもあり。これは72年、78年に録音されたものを集めたラウンダー盤。タイトル曲ともう一曲、ブルーミング・ロザリー・ロバーツという女性シンガーが唄う曲あり。 【曲】「I'll Overcome Some Day(試聴)」「A Closer Walk With Thee(試聴)」「Where Shall I Go」「I'll Be A Friend To Jesus」「More And More With Jesus」「Santa Claus Is Comin' To Town」「On My Way To Heaven」「Neighbor Gone Home」「Jesus On The Mainline」「Living On The Hallelujah Side」「When The Saints Go Marching In(試聴)」「Irene Goodnight」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Musicians Of Lithuania - JONAS SVEDAS

  • クラシック/民俗音楽/リトアニアLP
 Musicians Of Lithuania- リトアニアのミュージシャン - "JONAS SVEDAS"
USSR / LP / Stereo / Melodiya 33CM0266364 / Rec 1972 / Pub 1972
ジャケット表裏円状の擦れ、端々小折れ目、裏ジャケットにスタンプと書き込み、レーベルBにスタンプ書き込み、レーベルひげ無し、盤浅い擦れ少々
Jacket 3~3.5 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4
■20世紀リトアニアの作曲家ヨナス・スヴャーダスの作品集。
この国ならでは、いやこの人がそうなのかもしれませんが、クラシックというのか民俗音楽というのかそのどちらでもあるようなあまりに素晴らしい一枚。リトアニアの作曲家ヨナス・スヴャーダス(1908-1971)の作品集。おおまかに4つほどの編成のものに分かれています。まずは夢見心地のカンクレス(カンテレ)の独奏曲で、これがアルバムの半分ほど。単一の曲と組曲があります。さらにカンクレスのみをバックにしたソプラノ歌曲が3曲。そして民族楽器ビリビーネも入れた木管楽器主体の室内楽曲が数曲、これがまた18世紀から現代ポップス風の響きまで感じさせる曲で素晴らしい。それからリコーダーにも似た音の木管楽器のクインテットもあり。ロシア国営メロディアから、オリジナル盤。メロディアとは思えないような分厚く重い盤。72年リリースなので追悼の意が込められているのかもしれません。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Pablo Maldonado, Delinas Salas, etc. Rosalind Solomon(Rec.Dir.) - CORAZON

  • 民俗音楽/ペルーLP
 Pablo Maldonado, Delinas Salas, etc. Rosalind Solomon(Rec.Dir.)- パブロ・マルドナス、デキナル・サラス、etc. ロザリンド・ソロモン(録音/監修) - "CORAZON"
USA / LP / Mono / Folkways FSS34035 / Rec 1981 / Pub 1985
ジャケットシュリンク入り、ドリルホール二か所、レーベルひげ無し、盤ほぼ新品同様、インサートにもドリルホール、フォークウェイズのいつものインサートとは違う分厚いいい紙が使われています
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4
■女性写真家ロザリンド・ソロモンがペルーで録音した音源をLP化したもの。
女性写真家ロザリンド・ソロモンが81年にペルーで録音した、普通の民俗音楽フィールド録音集とは一味も二味も違う一枚。本作は、彫刻、本、9枚の写真、カセットテープという形で発表された、『コラソン』と名付けられた彼女の芸術作品のそのカセットをフォークウェイズがレコードにしたもの。まずA面は、酔っぱらったような唄い口のパブロ・マルドナドという知られざるシンガーの弾き語りを中心に、少しばかり子供たちの歌など混ぜ構成したサイド。裏面は、デリナス・サラスという老婆のシンガーによるアコーディオン弾き語りをフィーチュア。それにやはり子供たちの歌、けたたましいなにかのパレード、他現地のミュージシャンたちの演奏を収録。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Rigo Jancsi - LETTRE DAMOUR cw WHEN PASSING THE CHURCH

  • 民俗音楽/クラシック/ハンガリー78rpm
 Rigo Jancsi- リゴ・ヤンシ - "LETTRE D'AMOUR cw WHEN PASSING THE CHURCH"
USA / 78rpm / Mono / Symphonola 4271 / Rec 1910s / Pub 1910s
レーベル擦れ少々、盤浅い擦れ、小プツ音でるスクラッチ少々
Jacket n/a / Disc 3.5 / Sound 3.5 
■ハンガリーのジプシー・バイオリニスト、リゴ・ヤンシの非常に珍しい一枚。
実は音楽とは別のことで非常に有名なリゴ・ヤンシ。20世紀初頭、社交界の華と言われベルギーの王子と結婚したクララ・ワードという女性がいて、彼女が王子とパリのレストランで食事をしていたところ、そこでバイオリンを弾いていたこのヤンシを見初め、王子と別れ一緒になったという話。Aはまさにそんなカフェでの実況録音を聞いているようなロマンチックなナンバー。裏面はバンド編成。恐らくピアノ、ツィンバロン、もう一人バイオリンかビオラという編成の情熱的な演奏。恐らくは1910年代後半の一枚。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Ronald Erickson, Nathan Schwartz - GEORGE ANTHEIL : MUSIC FOR VIOLIN AND PIANO

  • クラシックLP
 Ronald Erickson, Nathan Schwartz- ロナルド・エリクソン、ネイサン・シュウォルツ - "GEORGE ANTHEIL : MUSIC FOR VIOLIN AND PIANO"
USA / LP / Stereo / Orion ORS73119 / Rec 1973 / Pub 1973
ジャケット表裏擦れほとんどなし、レーベルひげわずか、盤擦れ極わずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 
■ジョージ・アンタイルのヴァイオリン曲を4作収録した一枚。
20年代には既にアメリカ一マッドな作曲家としてヨーロッパにも名は知れ渡っていたジョージ・アンタイル(1900-1959)。何台ものピアノ、さらにプレイヤー・ピアノ、電子ベル、飛行機のプロペラetc..で演奏する『バレエ・メカニック』(1926年)特に知られる未来派作曲家で、サティやピカソ、マン・レイ(このジャケット写真も)、ジェームス・ジョイスも彼の支持者だったそう。本作はヴァイオリン・ソナタを3作、ヴァイオリン・ソナチネを1作収録した米オリオンの73年のアルバム。収録順に『第3番』(1924年)、『第1番』(1923年)、『第2番(ドラム入り)』(1923年)、3曲からなる『ソナチネ』(1946年)。ソナタの3作はストラヴィンスキーの影響を受けつつも殻を打ち破った機械が奏でるような室内楽。そして逆にポピュラー音楽的な響きのする46年のソナチネは、タンゴ、近代フランス音楽、民謡etc.のエッセンスを勢いある筆致で一気にまとめあげたような作。コンロン・ナンカロウやルー・ハリソンなどを紹介し続けた作曲家チャールズ・アマーカニアンのプロデュースで、演奏の二人は西海岸の演奏家。試聴は『第1番』と『ソナチネ』の2曲目「アンダンテ」。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Adrian Rollini And His Orch. cw Venuti-Lang And Their All Star Orchestra - BATTLE OF JAZZ VOLUME 3

  • ジャズ10LP
 Adrian Rollini And His Orch. cw Venuti-Lang And Their All Star Orchestra- エイドリアン・ロリーニ&ヒズ・オーケストラ - "BATTLE OF JAZZ VOLUME 3"
USA / 10LP / Mono / Brunswick BL58039 / Rec early1930s / Pub 1953
ジャケット表裏擦れ少々、表面に薄いよごれ、レーベルひげ無し、盤極表層のスクラッチ少々
Jacket 3.5 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4
■バトル・オブ・ジャズ・シリーズの、内容・音質ともに最高の第三集。
53年にブランズウィックが10インチLP8タイトルをリリースした『Battle Of Jazz』シリーズの三枚目で、内容最高の一枚。Aは、ヴァイブ、バス・サックスのエキスパー、エイドリアン・ロリーニの34年録音。ベニー・グッドマン、ジョージ・ヴァン・エプスらが参加した4曲。ロリーニは全てバス・サックスの演奏で、4曲が4曲とも最高水準のナンバー。Bは、ヴェヌーティ&ラングが、自らの名を冠したオーケストラ名義で唯一録音した31年セッションの4曲。やはりグッドマン、ジャック・ティーガーデンらが参加、20年代ジャズ・エイジをまとめてしまったような名演。【曲】「Adrian Rollini And His Orchestra / Sugar(試聴)」「Davenport Blues」「Somebody Loves Me」「Riverboat Shuffle」「Joe Venuti - Eddie Lang And Their All Star Orchestra / Beale Street Blues(試聴)」「Someday Sweetheart」「After You’ve Gone」「Farewell Blues」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2017年3月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
2017年4月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(水曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.