(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Page 66)

Eddie Lang And Lonnie Johnson - VOLUME 1

  • ジャズ/ギターLP
 Eddie Lang And Lonnie Johnson- エディー・ラング&ロニー・ジョンソン - "VOLUME 1"
Australia / LP / Mono / Swaggie S1229 / Rec late1920s / Pub 1970s
コーティングの折り返しジャケット擦れ少々、レーベルひげわずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3480 yen
■エディ・ラング&ロニー・ジョンソン第一集。
(英パーロフォン盤と同内容)ラングは戦前にジャズ・ギターを"発明"した巨人。ピアノの奏法やコードをギターに置き換え、ギターの役割を拡大させコードも複雑にしていきました。そんな彼はピアノとのデュエット演奏やブルース・ギタリストとのデュエット等この時代では例外的な、しかし全ギタリストのバイブルとなるほどの強烈な作品を多く残しています。この盤はそのラングの音源と、20年代にラングと同レベルまで行っていた数少ない黒人ブルース/ジャズ・ギタリスト、ロニー・ジョンソンとの演奏をまとめたオーストラリア・スワギー盤で、第二集と並びラング音源のもっとも重要な編集盤といえる一枚。【曲】「Hot Fingers(試聴)」「Eddie's Twister(試聴)」「Playing With The Strings(試聴)」「Have To Change Keys To Play These Blues」「A Little Love, A Little Kiss」「Stompin' 'em Along Slow」「Midnight Call Blues」「Knockin' A Jug」「Blue Room Blues」「Add A Little Wiggle」「Away Down In The Alley, Blues」「Blue Guitars」「Rainbow Dreams」「Blues In G」「Deep Minor Rhythm」「Mahogany Hall Blues Stomp」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Eddie Lang And Lonnie Johnson - VOLUME 2

  • ジャズ・ギターLP
Eddie Lang And Lonnie Johnson- エディー・ラング&ロニー・ジョンソン - "VOLUME 2"
Australia / LP / Mono / Swaggie S1276 / Rec late1920s / Pub 1970s
コーティングの折り返しジャケット擦れ少々、裏面にシール、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4 .3480 yen
■エディ・ラング&ロニー・ジョンソン第二集。
(英パーロフォン盤と同内容)ラングは戦前にジャズ・ギターを"発明"した巨人。ピアノの奏法やコードをギターに置き換え、ギターの役割を拡大させコードも複雑にしていきました。そんな彼はピアノとのデュエット演奏やブルース・ギタリストとのデュエット等この時代では例外的な、しかし全ギタリストのバイブルとなるほどの強烈な作品を多く残しています。この盤はそのラングの音源と、20年代にラングと同レベルまで行っていた数少ない黒人ブルース/ジャズ・ギタリスト、ロニー・ジョンソンとの演奏をまとめたオーストラリア・スワギー盤で、第一集と並びラング音源のもっとも重要な編集盤といえる一枚。【曲】Eddie Lang「I'll Never Be The Same」「April Kisses」「Prelude In C Sharp Minor」「The Melody Man's Dream」「Perfect」「Church Street Sobbin' Blues(試聴)」「There'll Be Some Changes Made」「Jeannine I Dream Of Lilac Time」、Eddie Lang And Lonnie Johnson「Two Tone Stomp」「Guitar Blues(試聴)」「Bull Frog Moan」「A Handful Of Riffs」、Texas Alexander「Work Ox Blues」「The Risin' Sun」、Blind Willie Dunn's Gin Bottle Four「Jet Black Blues」「Blue Blood Blues(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Leo Kottke - 6 AND 12 STRING GUITAR

  • ギターLP
 Leo Kottke- レオ・コッケ - "6 AND 12 STRING GUITAR"
USA / LP / Stereo / Takoma C1024 / Rec 1969 / Pub 1970s
ジャケット擦れ少々、レーベルひげ無し、盤浅い擦れ少々
Jacket 3.5 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4  2980 yen
■レオ・コッケの69年作。タコマ・レーベルの名盤。
ジョン・フェイヒーが始めた新しいギター音楽の流れの中にいる人たちの中でも最も影響力があり、鋼のような精神でいいレコードを出したギタリスト、レオ・コッケ。これはタコマ・レーベルでの唯一のフル・アルバムで、彼の初のスタジオ録音盤(この前にライブ盤があり)。このスタイルの演奏を続けたため体を壊してしまったという話ですが、それがわかる圧倒的な内容。ブルース色は薄く、しかしまるで地獄でも見てきたかのような凄まじいナンバーがあると思えばバッハを端正にやったりしています。名盤。セカンド・レーベル。【曲】「The Driving Of The Year Nail」「The Last Of The Arkansas Greyhounds」「Ojo」「Crow River Waltz(試聴)」「The Sailor's Grave On The Prairie」「Vaseline Machine Gun(試聴)」「Jack Fig」「Watermelon」「Jesu, Joy Of Man's Desiring」「The Fisherman」「The Tennessee Toad」「Busted Bicycle」「The Brain Of The Purple Mountain」「Coolidge Rising」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Leo Kottke, Peter Lang, John Fahey - LEO KOTTKE / PETER LANG / JOHN FAHEY

  • ギターLP
Leo Kottke, Peter Lang, John Fahey- レオ・コッケ、ピーター・ラング、ジョン・フェイヒー - "LEO KOTTKE / PETER LANG / JOHN FAHEY"
USA / LP / Stereo / Takoma ST72740 / Rec 1974 / Pub late1970s?
ジャケット円状の擦れ少々、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■タコマ・レーベルの三人のギタリストを収録した一枚。
一人4曲づつ収録。レオ・コッケは68年に録音していて未発表だったナンバー。フェイヒーに発見されタコマでデビューしたピーター・ラングは、コッケばりのドライブ感とイマジナティヴな世界を併せ持った4曲。フェイヒーは過去の名曲を新たに録音しなおしています。オリジナルは74年、これは70年代後半?のリリース。【曲】「Leo Kottke / Cripple Creek」「Leo Kottke / Ice Miner(試聴)」「Leo Kottke / Red And White」「Leo Kottke / Anyway」「Peter Lang / St. Charles Shuffle(試聴)」「Peter Lang / When Kings Come Home」「Peter Lang / As I Lay Sleeping」「Peter Lang / Thoth Song」「John Fahey / On The Sunny Side Of The Ocean」「John Fahey / SunFlower River Blues」「John Fahey / Revolt Of The Dyke Brigade」「John Fahey / In Christ There Is No East Or West(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

John Fahey - REQUIA

  • ギターLP
 John Fahey- ジョン・フェイヒー - "REQUIA"
USA / LP / Stereo / Vanguard VSD79259 / Rec 1967 / Pub 1967
ジャケット擦れ少々、書き込み、裏面しみ少々、レーベルひげ少々、盤浅い擦れ、表層スクラッチ少々、B面小チリパチ音
Jacket 3~3.5 / Disc 3~3.5 / Sound 3~3.5  3980 yen
■67年の傑作。
ギター音楽に新しい潮流を作ったジョン・フェイヒーが67年にリリースした鎮魂歌集。A面の3曲は、ミシシッピ・ジョン・ハートに捧げられた「Requiem For John Hurt(試聴)」、実の叔父のための曲「Requiem For Russell Blaine Cooper」、さらに「When The Catfish Is In Bloom」という映像的なナンバーを収録。どれもがこの時期の充実度をビンビン感じさせる名演。裏面は4曲からなる大作「Requiem For Molly(試聴)」がメイン。バリー・ハンセン(Dr.ディメント)とサミュエル・チャーターズの協力で作った膨大なサウンド・コラージュがギターとともに流れる作。ラストはスライド・ギターによる讃美歌「Fight On Christmas, Fight On」。オリジナル盤。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

John Fahey - VOL.6 : DAYS HAVE GONE BY

  • ギターLP
 John Fahey- ジョン・フェイヒー - "VOL.6 : DAYS HAVE GONE BY"
USA / LP / Stereo / Takoma C1014 / Rec mid-late60s / Pub 1970s
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤浅い擦れ、表層スクラッチ少々
Jacket 4 / Disc 3~3.5 / Sound 3~3.5  3800 yen
■初期の節目といえる6枚目。
初期の、番号の付いた6枚を締めくくる一枚。恐らく彼の曲の中で自分のブルース観が最も完成された形で提示されているオープニング・ナンバー「The Revolt Of The Dyke Brigade」、サウンド・コラージュを多用した「A Raga Called Pat」、淀んだギターの中フェイヒーの声も聞こえるタイトル曲などなど気が遠くなるような一枚。70年代レーベル、ブックレット無し。【曲】「The Revolt Of The Dyke Brigade」「Impressions Of Susan(試聴)」「Joe Kirby Blues」「Night Train to Valhalla」「The Portland Cement Factory At Monolith California」「A Raga Called Pat - Part One」「A Raga Called Pat - Part Two」「My Shepherd Will Supply My Needs」「My Grandfather's Clock」「Days Have Gone By(試聴)」「We Would Be Building」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

John Fahey - VOL.1 : BLIND JOE DEATH

  • ギターLP
John Fahey- ジョン・フェイヒー - "VOL.1 : BLIND JOE DEATH"
USA / LP / Stereo / Takoma 4m201 / Rec 1960s / Pub 2010s
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか、ブックレットきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■記念すべきファースト・アルバム。
米4Men With Beardsからの質の高いリイシュー。厳密に言うとこの盤は録音しなおされた3rdエディションですが、初めて世に出たフェイヒーの音楽はこれ。ボブ・ディランもビートルズも現れていない頃、ワシントンDCに程近いこぎれいな住宅街の自宅で一人黙々と生み出されたこの不思議なギター音楽が、今でも世界中のファンを虜にし、まだ見ぬ次の世代の音楽の糧になっています。【曲】「On Doing An Evil Deed Blues」「St. Louis Blues」「Poor Boy Long Ways From Home」「Uncloudy Day」「John Henry」「In Christ There Is No East Or West(試聴)」「The Transcendental Waterfall」「Desperate Man Blues(試聴)」「Sun Gonna Shine In My Back Door Someday Blues」「Sligo River Blues」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

John Fahey - VOL.2 : DEATH CHANTS, BREAKDOWNS AND MILITARY WALTZES

  • ギターLP
 John Fahey- ジョン・フェイヒー - "VOL.2 : DEATH CHANTS, BREAKDOWNS AND MILITARY WALTZES"
USA / LP / Stereo / Takoma 4m202 / Rec 1960s / Pub 2010s
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し、インサートきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■セカンド・アルバム。
米4Men With Beardsからの質の高いリイシュー。それまでの総まとめという趣もある輝きに満ちたファースト・アルバムから一転、奥深さ満点のドロっとしたセカンド・アルバム。新しい(昔の)音楽との出会いを探っている感もあり、全体的なおさまりの良さは欠くものの、後のギター・シンフォニー的スタイルが出てくる「America」など一曲一曲の存在感大。【曲】「Sunflower River Blues(試聴)」「When The Springtime Comes Again」「Stomping Tonight On The Pennsylvania/Alabama Border」「Some Summer Day」「On The Beach At Waikiki」「Spanish Dance」「John Henry Variations」「The Downfall Of The Adelphi Rolling Grist Mill」「Take A Look At That Baby」「Dance Of The Inhabitants Of The Palace Of King Phillip XIV Of Spain」「America(試聴)」「Episcopal Hymn」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

John Fahey - VOL.3 : DANCE OF DEATH AND OTHER PLANTATION FAVORITES

  • ギターLP
 John Fahey- ジョン・フェイヒー - "VOL.3 : DANCE OF DEATH AND OTHER PLANTATION FAVORITES"
USA / LP / Mono / Takoma 4m203 / Rec 1964 / Pub 2010s
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか、ブックレットきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■サード・アルバム。
米4Men With Beardsからの質の高いリイシュー。番号付きの6枚の最初の三枚は、フェイヒーの最も彼らしい曲が演奏されていて、本作も彼の超重要レパートリー「Wine And Roses」、スライド名曲「Revelation On The Banks...」など彼の自作を中心に、「Worried Blues」、「Poor Boy」など古い曲の独自カバーを織り交ぜた全11曲。ブックレットは58年から65年までの録音セッション詳細。【曲】「Wine And Roses(試聴)」「How Long」「On The Banks Of The Owchita」「Worried Blues」「What The Sun Said」「Revelation On The Banks Of The Pawtuxent(試聴)」「Poor Boy」「Variations On The Coocoo」「The Last Steam Engine Train」「Give Me Corn Bread When I'm Hungry」「Dance Of Death」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

John Fahey - VOL.4 : THE GREAT SAN BERNARDINO BIRTHDAY PARTY AND OTHER EXCURSIONS

  • ギターLP
John Fahey- ジョン・フェイヒー - "VOL.4 : THE GREAT SAN BERNARDINO BIRTHDAY PARTY AND OTHER EXCURSIONS"
USA / LP / Mono / Takoma 4m204 / Rec 1962 to 1966 / Pub 2010s
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか、ブックレットきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■4枚目。
米4Men With Beardsからの質の高いリイシュー。66年のこの4枚目は、この時期の彼の作品の中でも最も内向的で薄暗い創造力に溢れた一枚。タイトル曲は、フィンガー・ピッキング、スライドと曲中で奏法を変え、エコーも面白く使い一気に聞かせる20分近いギター劇。スピリチュアルの「Will The Circle Be Umbroken」はオルガニストとの合奏で、オルガンがメロディを軽くなぞり、それにほぼ即興で鋭角的なブルース・ギターを戦わせるナンバー。キャンド・ヒートのアル・ウィルソンが参加している曲などもあり。ちなみに番号付きの最初の6枚は、ほとんどが過去に録音していたものとその時に新しく録音されたものが混在していて、本作も62年から66年の間の録音。オレンジ・ワックス。【曲】「The Great San Bernardino Birthday Party(試聴)」「Knott's Berry Farm Molly(試聴)」「Will The Circle Be Umbroken」「Guitar Excursions Into The Unknown」「900 Miles」「Sail Away Ladies」「Oh Come, Oh Come Emanuel」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

John Fahey - VOL. 5 : THE TRANSFIGURATION OF BLIND JOE DEATH

  • ギターLP
 John Fahey- ジョン・フェイヒー - "VOL. 5 : THE TRANSFIGURATION OF BLIND JOE DEATH"
USA / LP / Stereo / Takoma 4m205 / Rec 1965 / Pub 2010s
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか、ブックレットきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■65年、リバーボートというレーベルから出たアルバム。
米4Men With Beardsからの質の高いリイシュー。タコマ・レコードで次々と名作をリリースしていた頃、リバーボートというレーベルから過去の音源も含めてリリースされた65年作。彼のアルバムの中でも最も素朴で優しさに溢れた、本当の珠玉の15曲。ひたすら無垢なセンスで生きている音楽家だということが分かります。30ページのブックレットもオリジナルに忠実。【曲】「Beautiful Linda Getchell(試聴)」「Orinda-Moraga」「I Am the Resurrection」「On the Sunny Side of the Ocean」「Tell Her to Come Back Home」「My Station Will Be Changed After Awhile(試聴)」「101 Is a Hard Road to Travel」「How Green Was My Valley」「Bicycle Built for Two」「The Death of the Clayton Peacock」「Brenda's Blues」「Old Southern Medley」「Come Back Baby」「Poor Boy」「Saint Patrick's Hymn」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

John Fahey - VOL.6 : DAYS HAVE GONE BY

  • ギターLP
 John Fahey- ジョン・フェイヒー - "VOL.6 : DAYS HAVE GONE BY"
USA / LP / Mono / Takoma 4m206 / Rec mid-late60s / Pub late60s
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか、ブックレットきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■初期の節目といえる6枚目。
米4Men With Beardsからの質の高いリイシュー。番号の付いた6枚を締めくくる一枚。恐らく彼の曲の中で自分のブルース観が最も完成された形で提示されているオープニング・ナンバー「The Revolt Of The Dyke Brigade」、サウンド・コラージュを多用した「A Raga Called Pat」、淀んだギターの中フェイヒーの声も聞こえるタイトル曲などなど気が遠くなるような一枚。ペン画イラスト多数のブックレット。【曲】「The Revolt Of The Dyke Brigade(試聴)」「Impressions Of Susan」「Joe Kirby Blues」「Night Train to Valhalla」「The Portland Cement Factory At Monolith California」「A Raga Called Pat - Part One」「A Raga Called Pat - Part Two」「My Shepherd Will Supply My Needs(試聴)」「My Grandfather's Clock」「Days Have Gone By」「We Would Be Building」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2019年2月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
2019年3月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.