(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Page 6)

Herbert L. Clarke - CORNET SOLOS

  • クラシック/吹奏楽LP
 Herbert L. Clarke- ハーバートLクラーク - "CORNET SOLOS"
USA / LP / Mono / Crystal S450 / Rec 1904-21 / Pub 1979
見開きジャケット擦れ少々、レーベルひげほぼ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■スーザ楽団のコルネット奏者、ハーバートLクラークの音源集。
"星条旗よ永遠なれ"などを作曲し1890~1920年代に大活躍、マーチ王の称号を与えられたスーザ楽団のスター・コルネット奏者、ハーバートLクラーク。これは彼のコルネット・ソロがたっぷり入った、スーザ楽団もしくはビクター吹奏楽団のSP盤を収録した一枚。最も古い1904年の胸躍るワルツ「Valse Brilliante」(試聴一曲目)、信じられないテクニックのタンギングで滑らかにメロディを流す超絶曲「La Veta Caprice」、中では一番新しい21年の、ひらひら舞うようなコルネットが延々様々な奏法で楽しめる「Stars In A Velvet Sky」(試聴二曲目)。作曲の才能にも恵まれた人で、収録曲はほとんどが彼の自作。管楽器のクラシック専門レーベル、クリスタル・レコードからの一枚。【曲】「Rondo Caprice」「Russian Fantasie」「Valse Brilliante(試聴)」「Showers of Gold」「Bride Of The Waves」「La Veta Caprice」「Caprice Brilliante」「The Southern Cross」「Carnival Of Venice」「Ah! Cupid」「Stars In A Velvety Sky(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Elvis Presley - BABY LETS PLAY HOUSE cw IM LEFT, YOURE RIGHT, SHES GONE

  • ロックンロール/ロカビリー45rpm
 Elvis Presley- エルヴィス・プレスリー - "BABY LET'S PLAY HOUSE cw I'M LEFT, YOU'RE RIGHT, SHE'S GONE"
USA / 45rpm / Mono / Sun 217 / Rec 1955 / Pub 1955
レーベルA面円状の擦れ少々、B面円状の擦れ少々、極小のはがれいくつか、盤微細な表層スクラッチあり、深いものはありません、トレースノイズあり、カンパニースリープきれい
Jacket n/a / Disc 2~2.5 / Sound 2~2.5  90000 yen
■オリジナル盤です。
54~5年、サンで5枚製作したエルヴィスの、4枚目"Baby Let's Play House"と"I'm Left, You're Right, She's Gone"。ブルースマン、アーサー・ガンターのクールなムードがたまらない一曲をヒーカップ唱法やショート・エコーも駆使し異星人のようにカバー、ロカビリーのスタイルをまさに決めてしまった記念すべき一曲。裏面は50年代初頭からサンのスタジオバンドだったロッキン・カントリー・グループ、スニアリー・ランチ・ボーイズのメンバー、ビル・テイラーとスタン・ケスラーが作ったナンバー。スコッティ・ムーアのギター・ワークが光る、カントリーとリズム&ブルースが絶妙に混ざったこれまた最高のナンバー。マトリクス番号はA面が「U-143x-45-2 72」、B面が「U-142-45 72」、この時期のサンのプレスに特有なプッシュ・マーク(レーベル部の小円状の彫り)ありの完全オリジナル。どうぞご検討ください。さらに詳しいコンディションなど、ご質問等ございましたら遠慮なくご連絡ください。※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Roy Brown - GOOD ROCKING TONIGHT

  • リズム&ブルースLP
 Roy Brown- ロイ・ブラウン - "GOOD ROCKING TONIGHT"
Sweden / LP / Mono / Route 66 KIX6 / Rec 1947 to 1954 / Pub 1978
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れ少々
Jacket 3.5~4 / Disc 3.5~4 / Sound 4  2480 yen
■ニューオーリンズR&Bの草分け的存在、ロイ・ブラウンの初期音源集。
ワイノニー・ハリスに憧れ、ワイノニーのライバルになり、ついにワイノニーを抜いてしまったといえる、ジャンプ・ブルースからロックンロール、50SR&Bへの橋渡しをしたニューオーリンズのR&Bシンガー、ロイ・ブラウン。これは47年から54年のナンバーを収録したスウェーデンMr.R&Bの編集盤。ワイノニーの代名詞でロックンロール第一号ナンバーの誉たかい"Good Rocking Tonight"はこのブラウン作でこれがオリジナル・バージョン。異様なバカでかさで迫るブラウンのボーカルに、エドガー・ブランチャード(G)らが既に顔を見せているバックも熱い15曲。ホーンの繊細なアレンジもグッとくるバラードもグレイト。特にラスト一曲前の、静かなファルセットで歌う「This Is My Last Goodbye」は絶品。【曲】「Good Rocking Tonight(試聴)」「Long About Midnight」「Whose Hat Is That(試聴)」「Fore Day In The Morning」「Butcher Pete, Pt 2」「Dreaming Blues」「Old Age Boogie, Pt 1 & 2」「Good Man Blues」「Miss Fanny Brown Returns」「Brown Angel」「Grandpa Stole My Baby」「Teenage Jamboree」「Black Diamond」「This Is My Last Goodbye」「Mighty, Mighty Man」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Johnny Griffin With Joe Morris Orchestra - FLY MISTER FLY

  • リズム&ブルース/ジャズLP
 Johnny Griffin With Joe Morris Orchestra- ジョニー・グリフィン・ウィズ・ジョー・モリス・オーケストラ - "FLY MISTER FLY"
Sweden / LP / Mono / Saxophonograph BP504 / Rec late1940s / Pub 1985
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■テナー・サックス奏者ジョニー・グリフィンの音源集。
ブルーノートやプレスティッジ、リバーサイドからのアルバムがモダン・ジャズ・ファンから人気があるジャズ・テナー・マン、ジョニー・グリフィン。これはそれ以前40年代後半に、アトランティックのジョー・モリス楽団に在籍していた頃の音源を集めた一枚。ジョー・モリス(TP)、エルモ・ホープ(P)、パーシー・ヒース(B)、フィリー・ジョー・ジョーンズ(D)ら名うてのジャズメンたちが熱気に満ちたR&Bプレイを聞かせています。バップ・ジャズとR&Bの境目的なホットなナンバー、キャブ路線のコール&レスポンスをカッコよく決めたジャイヴ調のナンバー、スカタライツが参考にしてそうなホーン・ブギものなんかもムチャクチャカッコいい。【曲】「Fly Mister Fly(試聴)」「Wilma's Idea」「Joe's Boogie」「Out Of The Night」「Lowe Groovin'」「Jump With Me」「Mad Moon」「The Spider」「Bottletop」「Wow!(試聴)」「Weasel Walk」「Boogie-Woogie March」「Chuck-A-Boogie」「Beans And Corn Bread」「Portia's Boogie」「Broken Hearted Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Delta Rhythm Boys - THE DELTA RHYTHM BOYS

  • ボーカル・グループLP
 Delta Rhythm Boys- デルタ・リズム・ボーイズ - "THE DELTA RHYTHM BOYS"
Japan / LP / Mono / RCA PG47M / Rec 1940s / Pub 1977
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し、帯、インサートきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  1980 yen
■ワン&オンリーのブラック・ハーモニー・グループ、デルタ・リズム・ボーイズの代表作。
ゴスペル、ジャズ、ブルースが一つのグループの中で結晶した彼らのハーモニーは、他に似ているものが思い浮かばない個性あり。ジャンルの垣根を越えてハーモニーしていたのは、もともと音楽が混合するメッカのニューオーリンズ出身ということが理由なのかも知れません。エラ・フィッツジェラルド等との共演などが有名で、SPの時代で既に超一流のジャズ・コーラスを聞かせてきた彼らが、ゴスペル・クラシック「Dry Bones」を誰も考えなかった異色のアレンジでカバー、彼らといえば、の曲になりました。これはそのドライボーンズを筆頭に、色気と洒落たユーモア満載のジャズ・コーラスを聞かせる、彼らの味を楽しむのに最高の一枚。オリジナルは56年で、これは77年の日本盤リイシュー。ジャケットもしっかりしていて音もいいです。帯、解説付き。【曲】「Dry Bones(試聴)」「September Song」「East Of The Sun And West Of The Moon」「Take The ''A'' Train(試聴)」「St. Louis Blues」「Ev'ry Time We Say Goodbye」「If You Are But A Dream」「One O'Clock Jump」「My Blue Heaven」「You're Mine, You!」「Little Small Town Girl (With The Big Town Dreams)」「Jenny Kissed Me」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Laurindo Almeida, Chet Baker, Fred Katz, etc. - BALLADS FOR BACKGROUNDS

  • ジャズLP
 Laurindo Almeida, Chet Baker, Fred Katz, etc.- ローリンド・アルメイダ、チェット・ベイカー、フレッド・カッツ、etc. - "BALLADS FOR BACKGROUNDS"
Japan / LP / Mono / Pacific Jazz PJ0503 / Rec 1950s / Pub 1990s
コーティング・ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  1980 yen
■静かでスローな曲で統一されたパシフィック・ジャズのオムニバス。フレッド・カッツのこれでしか聞けない「星影のステラ」収録。
日本盤。ウエストコースト・モダン・ジャズ・レーベル、パシフィック・ジャズのオムニバス。既にリリースされているアルバムの中から、もしくはこの時点で出ていなくとも、後にそれぞれのアーティストのアルバムに収録されるものから選ばれているのですが、タイトルからわかるように、全てスローで静か、メロウな曲だけで統一されたまたとない一枚。しかし、大大ボーナスが。ジャズ・チェロ奏者フレッド・カッツの「Stella By Starlight」は、これにしか収録されていない忘我のナンバーで、ライブ音源。試聴一曲目です。他、バド・シャンクのダークなエデン・アーベ「Nature Boy」カバー、裏ジャケの曲目表に記載されていない、ハワード・ロバーツのトロミがかったエレキが素晴らしいチコ・ハミルトン・トリオの「What Is There To Say」などなど。帯無し、解説付き。【曲】「Laurindo Almeida Quartet Featuring Bud Shank / Stairway To The Stars(試聴)」「Gerry Mulligan Quartet / Polka Dots And Moonbeams」「Bud Shank Quartet Featuring Claude Williamson / Nature Boy」「Chet Baker Quartet Featuring Russ Freeman / The Thrill Is Gone」「Bob Brookmeyer Quartet Featuring John Williams / Body And Soul」「Bud Shank Orchestra Featuring Bob Brookmeyer / Out Of This World」「John Lewis Quartet / I Can't Get Started」「Fred Katz / Stella By Starlight(試聴)」「Chico Hamilton Trio / What Is There To Say」「Gerry Mulligan Quartet Featuring Chet Baker / My Old Flame」「Bill Perkins Octet Featuring Stu Williamson / 100 Years From Today」※今日のアップはこの二枚です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Lefty Frizzell - SONGS OF JIMMIE RODGERS

  • カントリーLP
 Lefty Frizzell- レフティ・フリゼル - "SONGS OF JIMMIE RODGERS"
USA / LP / Mono / CBS AHL7241 / Rec 1951 / Pub 1970s
ジャケット擦れ極わずか、裏面しみ少々、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■ファースト・アルバムのリイシュー。50年代カントリーのウルトラ名盤。
鼻から抜けるような独特の声でカラリと唄い飛ばすスタイルで、デビュー早々ナンバーワン・ヒットを放ち、40年代後半から70年代まで活躍、しかし酒がもとで75年に若くして亡くなってしまったレフティ・フリゼル。これは彼の51年のデビュー・アルバム(この一枚です、試聴は違うのでぜひ)に二曲追加し70年代にリイシューされた一枚。深く影響を受けたジミー・ロジャース集。テキサスのジム・ベック・スタジオ(この盤はどうかわかりませんが、若きノーマン・ペティがエンジニアを務めていました)で、たった一日で録音されたそうです。このリイシュー音ムチャクチャいいです。状態のいいオリジナルはほんと珍しいのでお薦め。【曲】「Blue Yodel No. 2 (My Lovin' Gal Lucille)」「Brakeman's Blues」「Blue Yodel No 6(試聴)」「My Rough And Rowdy Ways」「Lullaby Yodel」「Travelin' Blues(試聴)」「My Old Pal」「Treasure Untold」「California Blues」「Sleep Baby Sleep」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Inoue Tomoe - RADIO JODOJI BIN

 Inoue Tomoe- 井上智恵 - "RADIO JODOJI BIN"
Japan / CDetc / Stereo / Radio Jodoji Bin / Rec 2020 / Pub 2020
新品
Jacket 5 / Disc 5 / Sound 1000 yen
■マンスリーCDR『ラジオ浄土寺便』、2021年3月号、入荷いたしました。品切れとなっていた二枚も再入荷しました。
鍵盤奏者としてはカシオトーンを操り新奇でポップなインストゥルメンタルを創作、そして京都浄土寺の"喫茶イノ"を経営する店主でもある井上智恵が、2020年4月に始めたマンスリーCDRシリーズ、"ラジオ浄土寺便"。ラジオ番組仕立てで、毎号テーマを決め選曲するという30分超。彼女の作る音楽同様、古の新世界的な面白い曲目白押し。そしてここで紹介されると、たとえ知っている曲でも真新しく素晴らしく聞けるのが本当不思議。こういうDJって本当に少ないと思います。鍵盤奏者としての彼女のアルバムに収録されていない、未発表の新曲を紹介するコーナーなどもあります。各1000円です。

※一枚ですと、送料300円のネコポスもご利用いただけます。複数枚の場合、定形外郵便のご利用も承ります。その際はオーダーフォーム最下部のご連絡欄にお書き添えください。

試聴サンプル(10月号)




2021年3月号 『脳内観光支援新企画~Go To タイムトラベル~浄土寺便航空156便・シンガポール発~インドネシア緊急着陸・機長交代編』
※現在在庫切れです・近日再入荷予定




2021年2月号 『脳内観光支援新企画~Go To タイムトラベル~浄土寺便航空156便~アゼルバイジャン・バクー発』

※現在在庫切れです・近日再入荷予定



2021年1月号 『脳内観光支援新企画~Go To タイムトラベル~浄土寺便航空156便・関空発』




12月号 『脳内観光支援新企画~Go To タイムトラベル~浄土寺便航空156便・ロンドン発』




11月号 『脳内観光支援新企画~Go To タイムトラベル~浄土寺便航空156便就航』




10月号 『ハロウィン編・浄土寺便流悪魔祓い』





9月号 『名盤特選・枯葉三昧』





8月号 『名曲特選・サマータイム三昧』

※再入荷しました




7月号 『名曲特選・キャラバン三昧』





6月号 『梅雨、レインの音楽』





5月号 『子供のための音楽~教育編』





4月号 『インドアで健全な逃避の調べ』


By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Teddy Wilson, Mary Lou Williams, Errol Garner, etc. - JAZZ PIANO GREATS

  • ジャズLP
 Teddy Wilson, Mary Lou Williams, Errol Garner, etc.- テディ・ウィルソン、メアリー・ルー・ウィリアムス、エロール・ガーナー、etc. - "JAZZ PIANO GREATS"
USA / LP / Mono / Folkways FJ2852 / Rec 1944, 45 / Pub 1974
ジャケット円状の擦れ少々、レーベルひげ少々、盤浅い擦れ、極小のスクラッチわずか、解説シート色あせ、小やぶれ
Jacket 3.5 / Disc 3.5 / Sound 3.5  3480 yen
■アッシュ・レコードに残されたジャズ・ピアノ・ソロ名演を収録した一枚。
フォークウェイズの前にモーゼス・アッシュがやっていたアッシュ・レコードのジャズ・ピアノ・ソロ集。自分でも素晴らしいレコードを残したラグタイム/ジャズ研究家デイヴ・ジェイセンがこれぞというものを選んでいます。最初の二曲だけでもう吹っ飛ばされました...まずテディ・ウィルソン、参加したBグッドマンのトリオでもこの曲をやっているのですが、それを下敷きにさらに八面六臂の激しい演奏で聞かせる"I Know That You Know"、続いてバップの母メアリー・ルー・ウィリアムス三曲で、三曲とも異世界に突入するようなスタンダード・カバー。次はエロール・ガーナー、トレードマークのねちっこいビートとは真逆の機械のようなブギウギ・ピアノで驚き。ジャイヴ誕生にも寄与した名手ウィリー・ザ・ライオン・スミスは、クラシック・ピアノとジャズを掛け合わせた異色の自作"Echoes Of Spring"路線の夢のようなナンバー。A面最後はブギウギのミード・ラックス・ルイス2曲で、彼の代表作"Honky Tonk..."の熱い再演とライブ音源。裏面はすべて神様アート・テイタム絶頂期の名演5曲。アツくなれます!【曲】「Teddy Wilson / I Know That You Know」「Mary Lou Williams / Blue Skies」「Caravan(試聴)」「Yesterdays」「Erroll Garner / Lady Be Good」「Willie The "Lion" Smith* / Woodland Fantasy」「Meade "Lux" Lewis / Honky Tonk Train Blues」「Medium Blues」「Art Tatum / Fine & Dandy(試聴)」「Danny Boy」「Ja-Da」「Where Or When」「It Had To Be You」※今日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Grant Johannesen, Mildred Natwick - POULENC : THE STORY OF BARBAR / SATIE : SPORTS AND DIVERSIONS

  • クラシックLP
 Grant Johannesen, Mildred Natwick- グラント・ヨハネセン、ミルドレッド・ナトウィック - "POULENC : THE STORY OF BARBAR / SATIE : SPORTS AND DIVERSIONS"
USA / LP / Stereo / Golden Crest CRS4133 / Rec 1974 / Pub 1974
コーティング・ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■プーランク、サティの風変りなピアノ作を収録した一枚。
中身、音質、使われる盤の材質も他のレーベルとは違うこだわりのゴールデン・クレスト。ここのジャズやポピュラーのレコードは一枚一枚が存在感のある魅力的なものばかりですが、それはクラシックも同様。ほとんどが(全て?)室内楽、器楽で、アヴァンギャルドは極わずか、近代と現代の狭間のものが多く、また他のレーベルではリリースされていないものも多々あり。この一枚もまたそんなレコード。A面には、プーランクが友人の作家ジャン・ド・ブリュノフ作の絵本"小象ババールの物語"に音楽を付けたピアノ+物語を収録。ドビュッシーの"子供の領分"のような胸躍るおとぎ話的な音楽と、英訳された物語がはまった作品。裏面はサティの"スポーツと気晴らし"で、数十秒から一分ほどの短い21曲からなるピアノ曲集。全曲にサティの詩的なコメントが付いていて、通常この曲のレコードはそのコメントは省略されるかブックレットに入るのですが、これは朗読で各曲冒頭に収録されています。ピアノはカサドシュの弟子でこのレーベルのクラシックの常連グラント・ヨハネセン、朗読は女優ミルドレッド・ナトウィック。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Huey Piano Smith And His Crowns - ROCKIN PNEUMONIA AND BOOGIE WOOGIE FLU

  • リズム&ブルースLP
 Huey Piano Smith And His Crowns- ヒューイ・ピアノ・スミス&ヒズ・クラウンズ - "ROCKIN' PNEUMONIA AND BOOGIE WOOGIE FLU"
U.K. / LP / Mono / Ace CH9 / Rec late50s / Pub 1978
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ヒューイ・ピアノ・スミスの決定盤コンピレーション。英エイスから。
こちらもどうぞ、試聴は違う曲です)プロフェッサー・ロングヘア等のニューオリンズR&Bピアノの伝統を引き継ぎ、リトル・リチャードやロイド・プライス等のニューオリンズR&Rを影から支えつつ、50年代後半には自身のバンドで大ブレイクしたヒューイ・スミス。これは59年リリースのエイスからの1stLPを軸に、そのアルバムから漏れていたヒット曲等を収録した英エイスからの濃縮編集盤。タイトル曲を初め「Don't You Just Know It」「High Blood Pressure」などなど代表曲はもちろん、ニューオリンズのスラングを連発する「Don't You Know Yockomo」などなど、体の休まるヒマの無いニューオーリンズR&Bダンス大会。アルヴィン・タイラー、リー・アレン、ロバート・パーカー(SAX)、Drジョン、ロイ・モントレル(G)、そしてやっぱりあの半熟な8ビートを叩くドラマー、チャールズ・ハングリー・ウィリアムスの存在がデカイ。ほんと何番煎じでも聞きたくなるようなグレイトなビート感。【曲】「Rockin' Pneumonia And The Boogie Woogie Flu (Pt.1)」「Rockin' Pneumonia And The Boogie Woogie Flu (Pt. 2)」「Little Chicken Wah Wah」「Little Liza Jane」「Just A Lonely Clown」「Hush Your Mouth」「Don't You Know Yockomo」「High Blood Pressure(試聴)」「Don't You Just Know It(試聴)」「Well I'll Be John Brown」「Tu-Ber-Cu-Lucas And Sinus Blues」「Dearest Darling」「She Got Low Down」「Second Line」※本日のアップはこの一枚です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Lonnie And Ed Young, Vera Hall, Fred McDOwell, etc. - ROOTS OF THE BLUES

  • ブルース/スピリチュアルLP
 Lonnie And Ed Young, Vera Hall, Fred McDOwell, etc.- ロニー&エド・ヤング、ヴェラ・ホール、フレッド・マクダウェル、etc. - "ROOTS OF THE BLUES"
USA / LP / Stereo / Atlantic SD1348 / Rec 1950s / Pub 1970s
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■アメリカ南部フィールド録音の名シリーズから、ブルースのルーツを遡った一枚。
アラン・ロマックスが50年代後半~60年代前半にかけてまとめた、アメリカ南部の民俗音楽と言えるものをまとめたアトランティックの名シリーズの一枚。アフリカから持ち込まれた音楽が最もプリミティヴな形でアメリカらしく生まれ変わった儀式的な踊りの音楽、ブルースの起こりをうながしジャズにも吸収されていったフィールド・ハラーを始めとする労働歌、そしてカントリー・ブルース弾き語り、ストリング・バンド、ハーモニカ・ソロなどなど全13曲収録。オリジナルは60年、下の盤同様、しっかりしたジャケット&音の70年代盤。 【曲】「Ed Young, Lonnie Young / Jim And John(試聴)」「Vera Hall / The Wild Ox Moan」「Fred McDowell / Been Drinkin' Water Out Of A Hollow Log」「Bob Pratcher, Miles Pratcher / All Night Long」「Fred McDowell / Shake'em On Down(試聴)」「Forest City Joe / Levee Camp Reminiscence」「Ed Young, Lonnie Young / Chevrolet」「Ed Young . Lonnie Young / Oree」「Johnny Lee Moore / Levee Camp Holler」「Johnny Lee Moore / Eighteen Hammers」「Forest City Joe / Train Time」「Fred McDowell / Freight Train Blues」「Forest City Joe / Drink On Little Girl」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2021年4月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
2021年5月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
店舗営業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
店舗営業日 日曜・月曜 PM3:00-PM8:00
古物商 東京都公安委員会 第303261906488号

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2021 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.