(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Page 59)

Los Dos Gilbertos - BOLEROS

  • テックス・メックスLP
 Los Dos Gilbertos- ロス・ドス・ジルベルトス - "BOLEROS"
USA / LP / Stereo / Hacienda LP6992 / Rec 1981 / Pub 1981
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3680 yen
■81年のアルバム。
テキサス最南端リオ・グランデ・バレー出身のテハノ・グループ、ロス・ドス・ジルベルトス。この81年のアルバムは、いつもの2ビート曲は無く、全編試聴のようなゆったりとしたボレーロ風ナンバーで満たされた一枚。スティーヴ・ジョーダンのレコードで知られるテキサスのマイナー、ハシエンダ・レーベルから。【曲】「Una Herida Mas(試聴)」「Culpable」「Dime que Si」「Ven」「Abandonada」「Amor Perdido」「Solamente una Vez(試聴)」「Mi Desventura」「Tu Desprecio」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bobby Capo, Grupo Marcano, Ramon Armengod, etc. - LOVE SONGS OF RAFAEL HERNANDEZ

  • プエルト・リコの音楽LP
 Bobby Capo, Grupo Marcano, Ramon Armengod, etc.- ボビー・カポー、グルーポ・マルケーノ、ラモン・アルメンゴード、etc. - "LOVE SONGS OF RAFAEL HERNANDEZ"
USA - Perto Rico / LP / Stereo / Decca Borinquen DG1141 / Rec 1940s, 1950s / Pub 1967
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか、縁に小しなり
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■プエルト・リコの作曲家ラファエル・エルナンデスのラブ・ソング集。
「El Cumbanchero」を作ったことも知られるプエルト・リコの作曲家&トロンボーン奏者ラファエル・エルナンデス。1910年代からミュージシャン稼業に、1920年代には自身のグループを結成、多くの名曲を残しました。これは彼が作ったラブ・ソングを、ボビー・カポー、カルテート・マルケーノ、ラモン・アルメンゴードなどプエルト・リコやメキシコのシンガー/グループが演奏したものを収録したアルバム。40年代から50年代にかけての音源だと思います。米盤も出ていて、これは恐らくプエルト・リコへの輸出盤。【曲】「Cuando Nace El Amor」「Corazon No Llores(試聴)」「Lo Siento Por Ti」「Por El Norte Y Por El Sur」「Amor Eterno」「Tangalatin」「Me La Pagaras(試聴)」「Cuatro Personas」「Locura De Amor(試聴)」「Tu No Comprendes」「Romance」「Lamento De Amor」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Lawrence Hammond - COYOTES DREAM

  • ロックLP
 Lawrence Hammond- ローレンス・ハモンド - "COYOTE'S DREAM"
USA / LP / Stereo / Takoma C1047 / Rec 1976 / Pub 1976
ジャケット擦れ少々、プロモステッカー、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し、歌詞カードになったオリジナル内袋付き
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■タコマ・レーベルからのファースト・アルバム。
フレッド・ニール等を手掛けたニコラス・ベネットがプロデュースしたカントリー・サイケ名盤で知られるバンド、マッド・リバーのリーダー、ローレンス・ハモンド。既にそのバンドの頃からジョン・フェイヒーを思わせるギター曲があったりして、タコマ・レーベルからの盤というのも納得。独特の噛みしめるような歌、ウィップラッシュ・バンドというカントリー・ロック・バンドの引き締まった演奏もいい一枚。【曲】「George Gudger's Overalls」「Dustcloud(試聴)」「Uncle John Mills」「Light As A Coyote's Dream」「Trucker's Nightmare」「Tornado's Comin' Down」「Empty Rails In Garfield County(試聴)」「The Legend Of The Pale-Eyed Companion」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Connie Stevens - THE BEST OF CONNIE STEVENS

  • オールディーズLP
 Connie Stevens- コニー・スティーヴンス - "THE BEST OF CONNIE STEVENS"
Australia / LP / Stereo / Raven RVLP1022 / Rec 1960s / Pub 1988
コーティング・ジャケット擦れわずか、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■名曲"Now That You've Gone"を含むベスト・アルバム。
"Sixteen Reasons"を始めとするヒット曲や女優としてもお茶の間を楽しませたオールディーズ・ガール・シンガー、コニー・スティーヴンス。これは、同じジャケットのアルバム"Conchetta"の再発ではなく、彼女の数枚のアルバムから選りすぐったナンバーと、アルバム未収録の傑作シングル"Lost In Wonderland / Now That You've Gone"を両面収録したオーストラリア盤ベスト。同内容の日本盤が先に出ていますが、これはそのリイシュー?【曲】「Sixteen Reasons」「Apollo」「Too Young To Go Steady」「Why Do I Cry For Joey」「A Little Kiss Is A Kiss, Is A Kiss」「Just One Kiss」「Make-Believe Lover」「Why'd You Wanna Make Me Cry」「Mr. Songwriter」「Hey, Good Lookin'」「Little Miss-Understood」「Lost In Wonderland」「Now That You've Gone (Puisque Tu Pars)」「I Couldn't Say No」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Sunny And The Sunliners - AMOR DE MIS AMORES

  • テックス・メックスLP
 Sunny And The Sunliners- サニー・アンド・ザ・サンライナーズ - "AMOR DE MIS AMORES"
USA / LP / Stereo / Key-Loc KL3030 / Rec 1980 / Pub 1980
ジャケット円状の擦れ少々、カットホール、上部ほころび少々、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■サン・アントニオの名チカーノ・バンド、サニー&サンライナーズ。
シンガー、サニー・オズナを中心に59年に結成されたサン・アントニオのチカーノ・バンド、サニー&ザ・サンライナーズ(初期はサングロウズ)。テックス・メックス、スワンプ・ポップの仕掛け人ヒューイPモーがプロデュースした「Talk To Me」等ヒットも多く、活動初期からこのジャンルを代表する名グループ。これは80年のアルバム。電子楽器をふんだんに使い、スティーブ・ジョーダンに負けず劣らずアメリカ音楽と豪快に融合、なおかつ端々まできっちりアレンジされた上質な一枚。2バスに聞こえるドラマーはじめまたまた演奏も最高レベル。【曲】「La Rueda(試聴)」「Buscame(試聴)」「Ay No Digas」「Amor De Mis Amores」「A Nadie」「Me Regalo Contigo」「Un Modo Estupido De Amar」「La Persona Importante(試聴)」「Y Te Vas」「Olvidate」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Homero Prado - HOMERO PRADO

  • テックス・メックスLP
 Homero Prado- ホメロ・プラード - "HOMERO PRADO"
USA / LP / Stereo / Normex NX6059 / Rec 1973 / Pub 1973
ジャケットシュリンク入り、しみ少々、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3480 yen
■シンガー&ギタリスト?ホメロ・プラードのソロ・アルバム。
73年の一年間のみ?あった、テハノ、ノルテーニョ系のレーベル、ノーメックス。メキシコ・オンリーの盤をアメリカでリリースしたレーベルの可能性もあり。これは先日入荷したエルマノス・プラードのメンバー、ホメロ・プラードのソロ・アルバム。針を落とした途端に名盤と確信。のびやかで明るい洗練された歌声に、耳を疑うテクニックでぴしりとまとまったバンド演奏が素晴らしいのなんの。役割が逆になったようなドラムとベースもすごければギターも良く聞くとしびれるプレイ連発、ラッパ隊もほんといい。【曲】「Estas Muy Linda(試聴)」「Virgencita Milagrosa(試聴)」「Quisiera Ser Marinero」「Por Tu Inmenso Amor」「Camino Marcado」「Quiero Besarte」「Implorando A Dios」「Sigues Enganando」「La Embarcacion」「Un Adios Hasta La Muerte」「Sera Mi Bendicion(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Marjorie Meinert - VIVE LA DIFFERENCE

  • イージー・リスニングLP
 Marjorie Meinert- マジョリー・マイナート - "VIVE LA DIFFERENCE"
USA / LP / Mono / RCA Victor LPM2124 / Rec 1960 / Pub 1960
ジャケット円状の擦れ、上部右側にテープ、レーベルひげ少々、盤浅い擦れ、レベルの高いところでノイズ出る箇所あり
Jacket 3 / Disc 3.5 / Sound 3~3.5  2480 yen
■この時代のアメリカで最もドリーミーなオルガンを聞かせる女性奏者。
40年代から50年代、そして60年代にかけてラジオにテレビにと活躍し、このRCA等からレコードを出した、まさにオルガンの魔術師、マジョリー・マイナート。どのアルバムも使う電子オルガンのポテンシャルを最大限にいかしたドリーミーな演奏を披露。これは彼女が最も得意としていたロウリー・オルガンで、フランスのメロディ、パリをテーマにした曲を弾いた60年の一枚。【曲】「I Love Paris」「La Vie En Rose」「April In Paris」「Under Paris Skies」「The Poor People Of Paris」「Under The Bridges Of Paris」「Paree!」「The River Seine」「Paris In The Spring」「The Last Time I Saw Paris」「C'est Si Bon」「Autumn Leaves」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Hawks - DAVE BARTHOLOMEW PRESENTS THE HAWKS

  • ドゥワップLP
Hawks- ホークス - "DAVE BARTHOLOMEW PRESENTS THE HAWKS"
France / LP / Mono / Imperial 1561371 / Rec early50s / Pub 1985
ジャケット擦れわずか、裏面しみ少々、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ニューオーリンズの本格的ゴスペル~ドゥワップ・グループ、ホークス。
デイヴ・バーソロミューがスカウトしたCマクファター似のシンガー、アレン・マシューズと、30年代からの歴史があるゴスペル・カルテット、ハミング4を合体させたグループ、ホークス。53年から54年までに17曲を録音。バーソロミューの「Shrimp And Gumbo」「Carnival Day」のようなビートが最高な「It's Too Late Now」、ベース・ボーカルが強力なブギ・ロッカー「Joe The Grinder」、もちろんスローまで、NY等のR&Bとは一味も二味も違えばバーソロミュー楽団の演奏も最高。【曲】「Good News」「She's Allright」「It's Too Late Now(試聴)」「Candy Girl」「Why Oh Why」「Give It Up」「These Blues」「Joe The Grinder(試聴)」「Thats What You Are(試聴)」「I Want My Loving Now」「Can't See For Looking」「All Women Are The Same」「It Ain't That Way」「I'Yi」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Duane Eddy - HAVE TWANGY GUITAR WILL TRAVEL

  • ロックンロールLP
Duane Eddy- デュアン・エディー - "HAVE TWANGY GUITAR WILL TRAVEL"
USA / LP / Mono / Jamie JLP3000 / Rec late50s / Pub late50s
ジャケット表裏擦れわずか、レーベルひげわずか、盤浅い擦れわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4  3680 yen
■デュアン・エディのファースト。
エレキ単音一本弾きの鬼太フレーズでロックンロール界をのし歩いたデュアン・エディ。トゥワンギー・ギターと呼ばれるそのスタイルは当時は映画『PETER GUNN』のテーマなどにも影響し、21世紀になっても毎夜どこかでグア~ンと鳴り響いているはず。これは彼の天下無敵の1ST。最も重要な代表曲「REBEL ROUSER」「RAMROD」等余すところ無く収録、白人ホンカースティーヴ・ダグラス、アル・ケイシー(G)等の強力な面子も加わったタイトなバンド編成で無駄も一切なし、硬派一直線のトワンギー・インストの究極の一枚。赤のセカンド・ジャケット。【曲】「Lonesome Road」「I Almost Lost My Mind」「Rebel-'Rouser(試聴)」「Three-30-Blues」「Cannon Ball」「The Lonely One」「Detour」「Stalkin'(試聴)」「Ram Rod」「Anytime」「Moovin' 'N Groovin'(試聴)」「Loving You」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Sid King And The Five Strings - GONNA SHAKE THIS SHACK TONIGHT

  • ロカビリーLP
 Sid King And The Five Strings- シド・キング&ザ・ファイブ・ストリングス - "GONNA SHAKE THIS SHACK TONIGHT"
Germany / LP / Mono / Bear Family BFX15048 / Rec mid50s / Pub 1980
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■未発表も含む彼らのベスト・アルバム。
ロカビリー、ホンキートンク・カントリー、ヒルビリー・ブギ、リズム&ブルースなどを絶妙にミックスして新鮮なロックンロールをやったシド・キング&ファイヴ・ストリングス。独ベア・ファミリーからの彼らのベスト・アルバム。 【曲】「Good Rockin' Baby」「Put Something In The Pot Boy」「Drinking Wine Spoli Oli(試聴)」「When My Baby Left Me」「Gonna Shake This Shack Tonight」「It's True I'm Blue」「Crazy Little Heart」「Mama I Want You」「I Like It」「But I Don't Care」「Warmed Over Kisses - Left Over Love」「What Have Ya Got To Lose(試聴)」「I've Got The Blues」「Oobie Doobie」「Booger Red」「Twenty-One」「Sag, Drag And Fall 」「Blue Suede Shoes(試聴)」「Let 'Er Roll 」「Purr, Kitty, Purr」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Mary Mayo, Anita Ellis, Frank Sinatra, etc. - THE SONGS OF ALEC WILDER

  • ジャズLP
Mary Mayo, Anita Ellis, Frank Sinatra, etc.- メアリー・メイヨ、アニタ・エリス、フランク・シナトラ - "THE SONGS OF ALEC WILDER"
USA / LP / Stereo / JJA 19795 / Rec 1970s / Pub 1970s
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  5800 yen
■アレック・ワイルダーの歌を録音したプライベート盤。
独自の視点でジャズに関連する斬新なオムニバスを出したJJMレーベルから、なんとアレック・ワイルダーの作品集。ワイルダーの友人のジャズ・ピアニスト、ルーニス・マグロホンのトリオがバックを担当、アニタ・エリス、ジョニー・ハートマン、メアリー・メイヨ、マーレーン・ヴァープランク、ボビー・ショートら名ジャズ・シンガーたちが録り下ろしたという一枚。シナトラなどオリジナル音源もわずか収録。【曲】「Hugh Shannon / I'll Be Around」「Anita Ellis / Everywhere I Look」「Mark Murphy / Walkin' Sad」「Mary Mayo / If Someday Ever Comes Again」「Johnny Hartman / 'S Gonna Be A Cold, Cold Day(試聴)」「Barbara Lea / Plenty Good Enough For Me」「Bobby Short / Is It Always Like This?」「David Allyn / Soft As Spring」「Marlene VerPlanck / Love All The Quiet Flower People」「Marlene VerPlanck / The Winter Of My Discontent」「Ed Montiero / Let Me Stay」「Barbara Lea / We Lost Our Way(試聴)」「Anita Ellis / All Of Us In It Together」「Mark Murphy / When Yesterday I Loved You」「Woody Herman / Baggage Room Blues」「Anita Ellis / Who Can I Turn To?」「Tony Bennett / The Lady Sings The Blues」「Frank Sinatra / Just An Old Stone House」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Miles Anderson(TB), Virgil Blackwell(CL), Paul Dunkel(FL), etc. - WORKS BY ROGER REYNOLDS, PAUL CHIHARA, CHOU WEN-CHUNG, EARL KIM

  • クラシックLP
Miles Anderson(TB), Virgil Blackwell(CL), Paul Dunkel(FL), etc.- マイルズ・アンダーソン(TB)、バージル・ブラックウェル(CL)、ポール・ダンケル(FL)、etc. - "WORKS BY ROGER REYNOLDS, PAUL CHIHARA, CHOU WEN-CHUNG, EARL KIM"
USA / LP / Stereo / New World NW237 / Rec 1977 / Pub 1977
見開きジャケット表面小汚れ、内側きれい、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■アメリカ人、日系アメリカ人、中国系アメリカ人、韓国系アメリカ人の4人の現代音楽作曲家の室内楽作を収録した一枚。
ニューワールドの現代音楽作。まずはアメリカ人作曲家ロジャー・レイノルズ(1934-)の、トロンボーン、マリンバ等数種の打楽器による『From Behind The Unreasoning Mask』。ヴァレーズが確立した、音楽を和声やメロディから解放し、リズムや音そのものの純粋な響きを組み立てる"組織された音響"の方法で作られた、音の景色を眺める作品。続いて日系のポール・セイコ・チハラ(1938-)は、フルート、チェロ二人、ヴィブラフォンによる『Ceremony II ("Incantations")』。チェロ二本の静かなアンサンブルをヴァイブとフルートがアクセントをつける。B頭はヴァレーズの弟子の中国系作曲家チョウ・エン・チュン(周文中・1923-)の『Suite for Harp and Wind Quintet(試聴)』。タイトルの編成で奏でられる中華印象派という趣の一曲。ラストは韓国系の作曲家アール・キム(1920-1998)の『Earthlight(試聴)』。ソプラノ、ヴァイオリン、ピアノの作品で、詩と音の関係の拡大を狙ったゾクゾクするナンバー。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2018年10月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2018年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.