(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Page 51)

Cuarteto De Cuerdas Latinoamericano - COLECCION HISPANO-MEXICANA DE MUSICA CONTEMPORANEA : CARRILLO / HALFFTER / MARQUEZ / REVUELTAS

  • クラシックLP
 Cuarteto De Cuerdas Latinoamericano- カルテート・デ・クエルダス・ラティーノアメリカーノ - "COLECCION HISPANO-MEXICANA DE MUSICA CONTEMPORANEA : CARRILLO / HALFFTER / MARQUEZ / REVUELTAS"
Mexico / LP / Stereo / Centro Independiente De Investigaciones Musicales No Number / Rec 1986 / Pub 1986
特殊厚手ビニール・ジャケット下部小縁裂け、スリーブきれい、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れ
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 
■メキシコの4人の現代音楽作曲家による弦楽四重奏曲を4作収録した86年の一枚。
演奏はメキシコのラテン・アメリカ弦楽四重奏団で、調べたところこれがファースト・アルバムのよう。一曲目シルベストレ・レブエルタス(1899-1940)の『Musica De Feria(祭りの音楽)』。ヒナステラのような運動力とバルトークのような刺激に満ちた前半から、アンダンテ・カンタービレを思い出させる深い静寂を経て混沌になだれ込む作。次がもうほんとに凄まじい。ドビュッシーやシェーンベルクに影響を受けたスペイン人作曲家で、メキシコに亡命したロドルフォ・アルフテル(1900-1987)の『Ocho Tientos(8つのティエントス)(試聴)』。ティエントスとはタンゴから派生した音楽だそうで、確かにエキゾチックなメロディが入る舞曲風のリズミックな作。レブエルタスに近いものあり、しかしさらに広汎な音楽を吸収したような感じで、練り上げも深さも半端なし。しかし手法は実に分かり易く直截的で、短いフレーズのバリエーションに終始し魔法を見せるような信じられないナンバー。B面頭、これもスゴイ作。ジュリアン・カリージョ(1875-1965)の『Dos Piezas(2つの小品)(試聴)』。この人、19世紀末に民俗音楽をもとに微分音を始めたパイオニアだそうで、この作もそう。延々、ドラマも安堵も訪れないゆったりしたアンサンブルで、伊の未来派シェルシのヒントになってそうなうねりに溢れた作。ラストはアルトゥロ・マルケス(1950-)の『Ron-Do』。最後を締めるのにふさわしい、オスティナートのポリリズムや雑音的ピチカートなどをふんだんに使った華やかな作。定期入れのような分厚いビニール製の封筒型ジャケット。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jabbo Smith - THE TRUMPET ACE OF THE TWENTIES VOLUME 1

  • ジャズLP
 Jabbo Smith- ジャボー・スミス - "THE TRUMPET ACE OF THE TWENTIES VOLUME 1"
USA / LP / Mono / Melodeon MLP7326 / Rec 1920s / Pub early1970s?
ジャケット表裏擦れわずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4
■ジャズ・トランぺッター、ジャボー・スミスの20年代音源集。
ルイ・アームストロングに匹敵するもしかすると唯一のトランぺッターかも知れないジャボー・スミス。戦前ニューヨーク、シカゴで活躍したスミスの名演を集めたメロディオン(ディック・スポッツウッドのレーベル)の編集盤。ホット・ジャズ系のナンバーは試聴の通り、いくつかあるダンス・バンド形式の音源も充実の16曲。【曲】「Jazz Battle(試聴)」「Till Times Get Better」「Croonin' The Blues」「Charleston Is The Best Dance After All」「That's My Stuff」「Dyin' With The Blues」「Let's Get Together」「Sua Sha Stomp」「Little Willie Blues」「Michigander Blues」「Lina Blues」「Ready Hokum(試聴)」「St. James' Infirmary」「Wake Up, Sinners」「Tanguay Blues」「Band Box Stomp」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Original Five Blind Boys (Of Mississippi) - NEGRO SPIRITUALS

  • ゴスペル45rpm EP
 Original Five Blind Boys (Of Mississippi)- オリジナル・ファイブ・ブラインド・ボーイズ - "NEGRO SPIRITUALS"
U.K. / 45rpm EP / Mono / Vogue EPV1159 / Rec early to mid50s / Pub 1956
コーティングの折り返しジャケット円状の擦れ、小剥落、レーベルきれい、盤浅い擦れ少々
Jacket 3 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4
■ゴスペル・グループ、ファイブ・ブラインド・ボーイズの4曲入りEP。
ファイブ・ブラインド・ボーイズは2つあって、これはミシシッピのグループ。ゴスペル・グループとしてR&Bチャート全米ナンバーワンを出した最も初期(51年)のグループで、多くはテキサスのピーコック・レーベルに録音。これはその頃のナンバーを収録した56年のイギリス盤4曲入りEP。【曲】「I Know The Lord Will Make A Way」「Somewhere Listening For My Name」「Song Of Praise」「Jesus Is A Rock In Weary Land」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Charanga Ritmicos De Palma - NO CAMBIEN EL PASO

  • キューバの音楽LP
 Charanga Ritmicos De Palma- チャランガ・リトミコス・デ・パルマ - "NO CAMBIEN EL PASO"
Cuba / LP / Stereo / Siboney Egrem LD389 / Rec 1987 / Pub 1987
ジャケット表裏擦れわずか、レーベルひげ無し、盤ほぼ新品同様
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 
■キューバのグループ、チャランガ・リトミコス・デ・パルマの87年のアルバム。
65年に結成されたというチャランガ・リトミコス・デ・パルマの87年のアルバム。メレンゲ、ボレーロ、ワラチャ、ソンなどを実に気持ちいい演奏で聞かせるグループ。メロディも良ければ数人のストリングスを入れた編成も良く、高度なことをさらりとやって見せるレベルの高い演奏もグレイト。キューバ・エグレム/シボニー盤。【曲】「No Cambien El Paso(試聴)」「En Carnaval」「Silencio」「Comelon(試聴)」「Ven A Conversar Maria」「La Ultima Oportunidad」「El Divorcio」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Doc Watson - SOUTHBOUND

  • カントリー/フォークLP
 Doc Watson- ドク・ワトソン - "SOUTHBOUND"
USA / LP / Stereo / Vanguard VSD79213 / Rec 1966 / Pub 1966
ジャケット表裏擦れ少々、裏ジャケット小よごれ、下部中央と取り出し口に小縁裂け、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■ギタリスト&シンガー、ドク・ワトソンの66年のアルバム。
『Anthology...』にも収録された伝説の20年代ヒルビリー・シンガー、クラレンス・アシュレイが60年に再発見され彼のもとに録音班が向かったところ、スゴイ奴がいる、と見いだされたのが、アシュレイと一緒にやっていたこの盲目のギタリスト、ドク・ワトソン。すぐさまレコードが作られ全米で知られる存在に。これはドクの息子のギタリスト、マール・ワトソン、やはりギターのジョン・ピラ、ベースのラス・サヴァカスとともに作った66年のサード・アルバム。自作やデルモア・ブラザーズ、ジミー・ロジャース等のクラシック、「Sweet Georgia Brown」等のインスト(4曲)を収録。超人的なギターのみならず朴訥な歌も素晴らしい。オリジナル・レーベル。【曲】「Walk On Boy」「Blue Railroad Train」「Sweet Georgia Brown」「Alberta」「Southbound」「Windy And Warm」「Call Of The Road」「Tennesse Stud」「That Was The Last Thing On My Mind」「Little Darling Pal Of Mine(試聴)」「Nothing To It」「Riddle Song」「Never No More Blues」「Nashville Pickin'(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Frankie Half Pint Jaxon - HALF PINT JAXON

  • ブルース45rpm EP
 Frankie Half Pint Jaxon- フランキー・ハーフ・パイント・ジャクソン - "HALF PINT JAXON"
Sweden / 45rpm EP / Mono / Pirate MPC520 / Rec 1929 / Pub 1965
ジャケット表面書き込み、レーベル、盤ともにきれい
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 
■スウェーデンで作られた4曲入りEP。
アブナイ歌を当時の最高のブルースマン/ジャズマンの演奏をバックに唄った黒人コメディアン&シンガー、フランキー・ハーフパイント・ジャクソン。これはスウェーデンのパイレートというレーベルが作った4曲入りEP。A面2曲は、29年に一枚だけSP盤を作ったビル・ジョンソンズ・ルイジアナ・ジャグ・バンドというグループ。B面2曲は、バンジョーもギターも達者なバンジョー・アイキー・ロビンソンのグループで、こちらも29年。文句なしのキラー4発。【曲】「Get The "L" On Down The Road(試聴)」「Don't Drink It In Here」「Rock Me Mama」「My Four Reasons(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Harry Parry And His Radio Club Sextet, Victor Silvesters Jive Band, etc. - JAZZ IN BRITAIN THE 40S

  • ジャズLP
 Harry Parry And His Radio Club Sextet, Victor Silvester's Jive Band, etc.- ハリー・パリー&ヒズ・ラジオ・クラブ・セクステット、ヴィクター・シルヴェスターズ・ジャイヴ・バンド - "JAZZ IN BRITAIN THE 40S"
U.K. / LP / Mono / Parlophone PMC7121 / Rec 1940s / Pub 1971
コーティングの三辺折り返しジャケット表裏すれ少々、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4
■40年代のイギリスのジャズ名演集。
イギリスではこの手の盤の編集において右にでるものがいないクリス・エリスによる40年代英国ジャズ集。アメリカ以上に熱気があったイギリスのジャズ、40年代は半分以上が戦争だったこともあり決定的なバンドはいなかったようですが、若いプレイヤーの増加で様々なスタイルで演奏するバンドが共存しあい、50~60年代のブリティシュ・ジャズやスキッフルを生み出していく闇雲なパワーがあったことが伝わる内容。イギリスの小編成バンドの最高峰ハリー・パリー・グループ、英のスリム・ゲイラード、レイ・エリントンのチェンバー・クール・ジャイヴ「Dream For Percussion」などなど盛りだくさん。【曲】「Crazy Blues / Joe Daniels And His Hot-Shots」「I've Found A New Baby / Harry Parry and his Radio Rhythm Club Sextet」「St. Louis Blues / First English Public Jam Session」「I Heard / Johnnie Claes And His Clay Pigeons」「Cyril's Blues / Cyril Blake & His Jig's Club Band」「For No Reason At All / Nat Gonella And His New Georgians」「Christopher Columbus / Buddy Feathersonhaugh」「Saturday Night Jump / No. 1 Balloon Centre Dance Orchestra」「I'm Coming Virginia / Vic Lewis」「There's Honey On The Moon Tonight / Victor Silvester's Jive Band」「Blue Lou / Carlo Krahmer And His Nuthouse Club Band」「First Edition / Harry Hayes And His Band」「Meandor In The Minor / Harry Gold and his Pieces of Eight」「Dream For Percussion / The Ray Ellington Quartet(試聴)」「Sunday Girl / Vic Lewis And His Orchestra」「Memphis Blues / Humphrey Lyttelton & His Band」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

People Of Tanzania, Koizumi Fumio(Rec., Dir.) - MUSIC OF EAST AFRICA - TANZANIA

  • 民俗音楽/タンザニアLP
 People Of Tanzania, Koizumi Fumio(Rec., Dir.)- タンザニアの人々、小泉文夫(録音・監修) - "MUSIC OF EAST AFRICA - TANZANIA"
Japan / LP / Stereo / King Seven Seas GXC5006 / Rec 1971 / Pub 1978
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ極わずか、盤ほぼ新品同様
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4
■小泉文夫録音・監修の、タンザニアの音楽。
78年、小泉文夫の現地録音&監修で20枚製作された名盤だらけの"世界の民俗音楽シリーズ"。アフリカは2枚作られ、そのうちの一枚がこのタンザニア。これが衝撃的にいい内容。ンビラ(親指ピアノ)の静かな弾き語り、現地の子供たちのわらべ歌、チベット山地の遊牧民の歌を思い出す一弦胡弓の弾き語り、もう逆に西洋の音楽のイマジネーションの貧しささえ感じてしまう、ジャケット写真の彼の演奏(自作楽器なんだそう)、例によってほんと気持ちいい音のする(このアルバム全編通して音がほんとにいい)数種の木琴演奏etc...まだまだあります。【曲】「Chuoda(試聴)」「Children's Dance Song I.」「Children's Dance Song II.」「Hand-clapping Game Song」「Jump-rope Song I.」「Jump-rope Song II.」「Bepali(試聴)」「Muendeke(試聴)」「Nyablelo」「Masao (Litungu)」「Mkwaju」「Itete Angoma」「New Year Harvest Festival」「Marimba Duet」「Drum Dance "Mkwaju"」「Mkwaju I.」「Mkwaju II.」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Carter Family - EARLY CLASSICS

  • ヒルビリーLP
 Carter Family- カーター・ファミリー - "EARLY CLASSICS"
USA / LP / Mono / Anthology Of Country Music ACM15 / Rec 1928 to 1931 / Pub ?
ジャケットしみ少々、レーベルしみ少々、ひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 
■カーター・ファミリーの初期音源集。
AP、サラ、メイベル三人のオリジナル・カーター・ファミリーが最も輝いていた時代、28年~31年の曲を収録したアルバム。この頃の彼らの魅力はとても言葉にできません。有名・無名曲問わず、人が初めて歌を唄いものを鳴らしたはるか昔から、ようやく音楽というものが出来たと思えてしまう曲の数々。もちろんそんなことはないし実際しっかりとしたテクが必要な演奏ですが、ルーツであり第一歩というのは間違いなし。全20曲、何も起きない、至福の曲が延々と続く一枚。【曲】「The Storms Are On The Ocean」「Meet Me In The Moonlight」「I Ain't Going To Work Tomorrow(試聴)」「Chewing Gum」「Don't Forget This Song」「Bring Back My Blue Eyed Boy To Me」「The Cyclone Of Ryecove」「Western Hobo」「Carter's Blues」「Fond Affection」「The Cannonball(試聴)」「The Lover's Farewell」「There's Someone Waiting For Me」「The Little Log Hut In The Lane」「When Springtime Comes Again」「The Dying Soldier」「Where Shall I Be」「Darling Nellie Across The Sea」「The Birds Were Singing Of You」「When I'm Gone」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Danny Ray - THERE NEVER BE NOTHING cw DIZZY MISS LIZZY

  • ロカビリー/ロックンロール45rpm
 Danny Ray- ダニー・レイ - "THERE NEVER BE NOTHING cw DIZZY MISS LIZZY"
Holland / 45rpm / Mono / White Label 20-153 / Rec 1950s / Pub 1970s
レーベルきれい、盤擦れ極わずか
Jacket n/a / Disc 4 / Sound 4
■ロカビリアン、ダニー・レイの未発表のシングル化。
50年代に、ニューオーリンズのエイス系のレーベルにシングル一枚のみを残したロカビリアン、ダニー・レイ。これは当時録音されていてリリースされなかった二曲を、ロッキン・ヒルビリーやアーリー・ロカのレコードで知られるオランダのホワイト・レーベルがリリースした7インチ。レイ・キャンピやデッド・ケネディーズを思わせる歌にやぶれかぶれな演奏が最高。裏面はラリー・ウィリアムスのR&Bカバー。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Herb Strauss - FOLK MUSIC FOR PEOPLE WHO HATE FOLK MUSIC

  • フォークLP
 Herb Strauss- ハーブ・ストラウス - "FOLK MUSIC FOR PEOPLE WHO HATE FOLK MUSIC"
USA / LP / Mono / Judson L3003 / Rec 1957 / Pub 1957
コーティングジャケット表裏擦れ少々、下部中央と背部中央に小縁裂け、裏ジャケットに小書き込み、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■リバーサイドのサブ・レーベル、ジャドソンから風変りなフォーク・アルバム。
リバーサイド・レーベルのビル・グロアーが50年代後期に短期間だけやっていたレーベル、ジャドソン。リリースは少ないものの、ジャズやブルース、まっとうなフォークからははみ出た、風変りでコンセプチュアルなレコードの多いレーベル。これは、テレビの世界で活躍していたらしいシンガー、ハーブ・ストラウスの57年のアルバム。バックはジャズ・ギタリスト、マンデル・ロウのグループで、フィル・ボドナー(FL, Horn, etc)、エディ・サフランスキー(B)、フィル・クラウス(Perc)など。優しく包むような独特の声、ロウらのシンプルで機知にとんだ演奏で、フォーク(スコットランド、ヘブライ、自作etc.)、スピリチュアル、カリプソなどを12曲演奏。オリジナル・レーベル。【曲】「Rambaling」「Story Of Schenandoah(試聴)」「Marie」「Ten Thousand Miles」「Aura Lee(試聴)」「When」「La Jesucita」「Spanish Is Loving Tongue」「Come My Pretty Lady」「Water Boy」「Perhaps」「Raisins And Almonds」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Mario Reis - MARIO REIS

  • ブラジルの音楽LP
 Mario Reis- マリオ・レイス - "MARIO REIS"
Brazil / LP / Mono / RCA Ariola 803534 / Rec 1930s / Pub 1987
ジャケット表裏擦れわずか、レーベルひげ無し、盤ほぼ新品同様
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 
■名サンバ・シンガー、マリオ・レイスの30年代音源集。
ブラジルで初めてサンバを専門に歌ったという名シンガー、マリオ・レイスの名演集。初期のカルメン・ミランダとの共演も知られ、二人のデュエットも3曲収録。クルーナーよりもさらに現代的に聞こえる力の抜けた歌、アメリカのジャズを吸収したスムーズなバンド演奏の全12曲。オリジナルは67年、これは87年のリイシュー。【曲】「Agora e Cinza(試聴)」「Eva Querida」「A Tua Vid e um Segredo」「Ridi... Palhaco」「Moreninha Troical」「Chegou a Hora da Fogueira」「Linda Morena」「Alo Alo(試聴)」「Uma Andorinha Nao Faz Verao」「O Sol Nasceu Pra Todos」「Doutor Em Samba」「Isso E La Com Santo Antonio」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2017年6月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
2017年7月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.