(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Page 5)

J.B. Lenoir - MOJO BOOGIE

  • ブルースLP
J.B. Lenoir- J.B.ルノア - "MOJO BOOGIE"
U.K. / LP / Mono / Flyright FLY564 / Rec early1950s / Pub 1980
ジャケット円状の擦れ少々、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ブルース・シンガー、JBルノアのパロット以前、50年代初期音源集。
29年ミシシッピ生まれ、ブラインド・レモン・ジェファーソンに影響を受け、40年代のニューオーリンズでエルモア・ジェイムス等と共演、その後シカゴへ流れつき、持ち前のハイトーン・ボイスと最高のサポートでキラーを連発したJBルノア。彼と言えば、の50年代パロット・レコードでの録音の少し前、同じシカゴの黒人音楽殿堂レーベル、JOBに残した音源をいい音で収録した一枚。全14曲中7曲が未発表。ピアノは全曲サニーランド・スリム、サックスは全て下のJTブラウン。【曲】「Let's Roll (Take 2)」「People Are Meddling (In Our Affairs)」「I Have Married」「I'll Die Tryin'」「The Mountain」「How Much More」「Let's Roll (Take 1)」「The Mojo (Take 1)(試聴)」「Slow Down Woman(試聴)」「I Want My Baby」「How Can I Leave」「Play A Little While」「Louise」「The Mojo (Take 4)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

J.T. Brown And His Boogie Boys - ROCKIN WITH J.T.

  • リズム&ブルースLP
 J.T. Brown And His Boogie Boys- J.T.ブラウン&ヒズ・ブギ・ボーイズ - "ROCKIN' WITH J.T."
U.K. / LP / Mono / Flyright LP4712 / Rec 1945 to 1952 / Pub 1975
コーティング・ジャケット擦れ少々、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■R&Bテナー奏者&シンガー、J.T.ブラウンの音源集。
ミシシッピ生まれでシカゴに渡り、エルモア・ジェイムス、ランサム・ノーリング、ウォッシュボード・サム、ルーズベルト・サイクス、ビッグ・ビル・ブルーンジーらとウルトラヘビーなブギ、R&B、ジャンプを録音したJTブラウン。これは45年から52年までのナンバーを収録した音源集。上の5人との音源も収録。ブギウギ等早いナンバーの多彩なプレイからドロっとしたスロウの空しいブロウまで楽しめる全16曲。後にクレイジーキャット・レーベルからリイシュー(試聴違うのでぜひこちらも)されますが、これはフライライトのオリジナル盤。 【曲】「This Tavern Boogie」「Blackjack Blues」「Sax-ony Boogie」「Kilroy Won't Be Back(試聴)」「Kicking The Blues Around」「I May Be Wrong」「Windy City Boogie(試聴)」「I Just Couldn't Help It」「Baby What's Wrong」「Dumb Woman Blues」「Jimmy's Jump」「When I Was A Lad」「Date Bait」「Dirty By The Dozen」「Black Jack Blues」「Round House Boogie」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Southern Revivalists Of N.O., Evening Light Singers, etc. - GET RIGHT WITH GOD : HOT GOSPEL VOLUME TWO

  • ゴスペル/ブルースLP
 Southern Revivalists Of N.O., Evening Light Singers, etc.- サザン・リバイバリスツ・オブ・ニューオーリンズ、イブニング・ライト・シンガーズ、etc. - "GET RIGHT WITH GOD : HOT GOSPEL VOLUME TWO"
U.K. / LP / Mono / Krazy Kat KK7424 / Rec 1940s, 50s, 70s / Pub 1984
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげほぼ無し、B1にプツ音でる小スクラッチ
Jacket 4 / Disc 3.5 / Sound 3.5  2480 yen
■有名無名、スタイルを問わず内容重視で編集されたゴスペル集。
アメリカでキリスト教に改宗させられた時代から黒人の中に根付くゴスペルが、悪魔の音楽ブルースと表裏一体的に発展してきたのは非常に面白い。ブルースの黄金時代はすなわちゴスペルの黄金時代。このアルバムはちょうどSPからLPに時代が変わろうとしている40年代の後半、黒人音楽ではR&Bが誕生、ジャズはバップ・ジャズが隆盛したころ、ゴスペル界ではこういう人達やサウンドがあったということが分かる一枚。第一集同様、40年代中期から50年代初頭の音源を中心に、わずか70年代のものも収録した第二集。【曲】「Southern Revivalists Of N.O. / Get Right With God」「I'm Bound For Higher Ground」「Evening Light Singers / Walking Around Me(試聴)」「Gospel Travelers / God's Chariot (Part 1)」「God's Chariot (Part 2)」「Rev. Charlie Jackson / Morning Train」「Wrapped Up And Tangled Up(試聴)」「Violinaires / Joy In The Beulah Land」「Rev. B. C. Campbell / Oh! In That Morning」「Radio Four / On My Journey Now」「Seek Seek Seek」「Rev. Anderson Johnson / Let That Liar Pass On By(試聴)」「Sister O. M. Terrell / God's Little Birds」「Rev. George W. Killens / I Love The Lord」「Flowers Of Joy / Near The Cross」「All Of My Appointed Time」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jackson Gospel Singers, Famous Soul Comforters, etc. - NEW ORLEANS GOSPEL QUARTETS 1947-1956

  • ゴスペルLP
 Jackson Gospel Singers, Famous Soul Comforters, etc.- ジャクソン・ゴスペル・シンガーズ、フェイマス・ソウル・コンフォーターズ、etc. - "NEW ORLEANS GOSPEL QUARTETS 1947-1956"
U.K. / LP / Mono / Heritage HT306 / Rec 1947 to 1956 / Pub 1980s
ジャケット擦れ極わずか、小折れ目、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■ニューオーリンズのゴスペル・グループを収録した編集盤。
あまりにも多くの個性的なものを生み出してきたニューオーリンズ、しかしゴスペルのことはさほど話に上らない事実。当然のように有名無名のゴスペル・グループがいて、豊かで熱気にあふれたシーンがあったことを感じる一枚。女性五人組ジャクソン・ゴスペル・シンガーズ、後にソロに転向するR&Bシンガー、チャック・カーボが在籍していたデルタ・サザネアーズなどなど8グループ16曲収録。【曲】「Jackson Gospel Singers / Heaven Bound Train(試聴)」「Famous Soul Comforters / Watching And Waiting」「Famous Soul Comforters / Eye On The Sparrow」「Southern Harps / What A Friend We Have In Jesus」「Southern Harps / Standing In The Safety Zone」「Famous Four / Mother's Love(試聴)」「New Orleans Harmonizing Four / Twelve Gates To The City」「New Orleans Harmonizing Four / I'm Satisfied」「Jackson Gospel Singers / Count Your Blessings」「Jackson Gospel Singers / Come Unto Me」「Delta Southernaires / Bye And Bye」「New Orleans Chosen Five / I'm Going To Let It Shine」「New Orleans Chosen Five / I Shall Not Be Moved」「Zion Harmonizers / Lord I'll Go」「Jackson Gospel Singers / Can't Walk This Highway」「Crescent City Gospel Singers / Heavenly Father」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Leroy Washington - WILD CHERRY

  • ブルースLP
 Leroy Washington- リロイ・ワシントン - "WILD CHERRY"
U.K. / LP / Mono / Flyright LP574 / Rec late50s / Pub 1981
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ルイジアナの幻のブルース・ギタリスト、リロイ・ワシントンの音源集。
この盤が出た頃は生没年さえわからなかったという人で、生前に残した盤は数枚だけ、しかしローカルヒットした"Wild Cherry"や当時の忙しい活躍ぶりからも大変な腕前のギタリスト&シンガーだったことが今では知られるブルースマン。62年、30歳で亡くなったのだそう。これは、残したシングルと、写真のレーベルのプロデューサーだったジェイ・ミラーのもと録音されたものを収録した編集盤。アイク・ターナー系の突き刺すギターが楽しめるロッキン・ブルースからルイジアナの沼にずぶずぶはまり込むようなスワンプもの、仲間でサポートもしているギター・ゲイブルの「Congo Mombo」そっくりの土俗的なナンバーなど全12曲収録。【曲】「Sittin' Here Cryin'」「Don't Blame It On Me Mama(試聴)」「Women Are Trouble」「I Don't Want Your Money」「I've Been To This Prison」「Hello Stranger(試聴)」「Hello Operator」「You Can't Trust Nobody」「Baby Please Come Home」「Every Day」「Wild Cherry」「Long Hair Knock Knees & Bow Legs」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Sunnyland Slim - CLASSIC EARLY 1950S CHICAGO BLUES

  • ブルースLP
 Sunnyland Slim- サニーランド・スリム - "CLASSIC EARLY 1950'S CHICAGO BLUES"
U.K. / LP / Mono / Flyright FLY566 / Rec early50s / Pub 1981
ジャケット擦れほぼ無し、小折れ目、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■シカゴ・ブルースの重鎮ピアニスト、サニーランド・スリムの50年代初頭の音源集。
リーダー録音ばかりでなく、参加したもので注目の音源等をこまめに集めた一枚。ロバート・ロックウッドの脂の乗ったギターと豪快に絡み合う衝撃的な51年のセッションや、未発表曲だったスヌーキー・プライヤーのハープをフィーチャーしたインスト、さらにハイ・トーン・ヴォーカルがかっこいいJ.B.ルノアをヴォーカル/ギターにフィーチャーした53年のホントに素晴らしい録音などなど。得意の痙攣したような連打からグシャッと濁ったブルージーなプレイ、まるでチョーキングでもしているような魔法のようなプレイまでたっぷり楽しめる全15曲。【曲】「You've Got To Stop This Mess」「Glad I Don't Worry No More」「Down Home Child(試聴)」「Sunny Land Special」「Leaving Your Town (No Name Blues)」「Harp Instrumental」「Over Night」「Slow Down Woman」「I Want My Baby」「When I Was Young」「Bassology」「Worried About My Baby」「Livin' In The White House(試聴)」「Please Don't」「That Woman」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

John Brim / Little Hudson - CLASSIC EARLY 1950S CHICAGO BLUES

  • ブルースLP
 John Brim / Little Hudson- ジョン・ブリム、リトル・ハドソン - "CLASSIC EARLY 1950'S CHICAGO BLUES"
U.K. / LP / Mono / Flyright fly568 / Rec early50s / Pub 1981
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■50年代シカゴのブルースマン二人をカップリングした一枚。未発表多数。
どちらもビッグ・ビル・ブルーンジーやビッグ・メイシオにあこがれてシカゴに移り住み、50年代初頭からデトロイトのフォーチュンやシカゴのJOBで録音を開始したゲキシブで極太のブルースマン。後に出した"Ice Cream Man"がクラシックになったジョン・ブリムは、鈍く歪んだ音色がいいギターに語るような静か目の歌がいい11曲を収録。奥さんのグレースの歌ものもあり。ピアノのサニーランド・スリムとのハミングが延々続く「Humming Blues」はかなり異様な雰囲気の珍曲。かなり近いスタイルのエレキ・ブルースで、いくぶん高い声のリトル・ハドソンはスローからアップのブギまで6曲収録。51~53年録音、全てJOBの音源で、半分以上が未発表。【曲】「John Brim / Young And Wild(試聴)」「I Love My Baby Tk. 1」「I Love My Baby Tk. 2」「Trouble In The Morning」「Humming Blues」「Man Around My Door」「Hospitality Blues」「Hard Pill To Swallow」「Drinking Woman」「Don't Leave Me」「Moonlight Blues」「Little Hudson / Rough Treatment」「I'm Looking For A Woman」「Things Going So Tough With Me Tk. 1(試聴)」「Things Going So Tough With Me Tk. 4」「Don't Hang Around」「Shake It Baby」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Clarence Bon Ton Garlow - 1951-1958

  • リズム&ブルース/ザディコLP
 Clarence Bon Ton Garlow- クラレンス・ボントン・ガーロウ - "1951-1958"
U.K. / LP / Mono / Flyright FLY586 / Rec 1950s / Pub 1950s
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ルイジアナのR&Bシンガー、クラレンス・ガーロウの編集盤。
テキサスの小レーベル、メイシーズに録音した「Bon Ton Roula」がその後の彼の人生を変えた、ルイジアナの最高のブルースマン、クラレンス・ガーロウ。クリフトン・シェニエとツアーをした以外他のブルース・マンとのコネクションは少なく、一匹狼的な活動でウルトラ・ディープなルイジアナR&Bを残した人。南部特有の、ザラメ的に甘いのに洗練されない迫力のギター、野生の色気がある太いボーカル、まさにカリスマ。JDミラーの音源や、アラジン、ゴールドスターからでた鬼レアなナンバーを多数収録。裏ジャケのライナー、多分これがどこの資料よりも詳しいと思います。【曲】「New Bon Ton Roola」「I Called You Up Daddy」「Let Me Be Your Santa」「Sound Of The Bell(試聴)」「Carry On」「I'm Just A Cry Cry Baby」「Cry Cry Baby」「I'll Never Hold It Against You」「Come Baby Come(試聴)」「Foggy Blues」「If I Keep On Worrying」「You Gonna Get Old Some Day」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Mel Henke - DIG MEL HENKE

  • ジャズLP
Mel Henke- メル・ヘンキ - "DIG MEL HENKE"
USA / LP / Mono / Contemporary C5001 / Rec 1955 / Pub 1955
ジャケット擦れ、色あせ、レーベルひげわずか、盤浅い擦れ少し、B面に一本音にほぼ出ない長めのスクラッチ
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 4  3680 yen
■誰にも似ていない、フォロワーもいないジャズ・ピアニスト、メル・ヘンキのファースト。
ピアノの腕前はジャズ史に残るほどなのに、徹底した諧謔的演奏から好き嫌いがあまりにもはっきりしてしまうメル・ヘンキ。たまたま身近にあったのがジャズだったというか、ジャズに一生捧げたという人とは正反対。ファースト・アルバムで、演奏に対する著しい客観性が瞬時にして音楽を芸術にもゴミにも変えるという感じの一枚。バックの面々もヘンケに触発され機械のようなプレイを披露。ネジがはずれたようなプレイに迷い込む「Sleepy Time Down South」、夢からたたき起こされたような演奏に呆然の「Dream A Little Dream Of Me」などなど12曲収録。黒金DG、恐らくファースト・プレスは黄色レーベル。【曲】「Dream A Little Dream Of Me」「I Can`t Give You Anything But Love」「Sentimental Journey(試聴)」「Frankie & Johnny」「Where Or When(試聴)」「Sleepy Time Down South」「The Man I Love」「Ain`t Misbehavin」「Kammenoi Ostrow」「Four Deuces」「Nola」「Liza」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Terry Gibbs - PLAYS THE DUKE

  • ジャズLP
 Terry Gibbs- テリー・ギブス - "PLAYS THE DUKE"
USA / LP / Stereo / Mercury SR60122 / Rec 1958 / Pub 1958
コーティング・ジャケット擦れ少々、レーベルひげ少々、盤浅い擦れ、小プツ音出る極小スクラッチ少し
Jacket 3.5 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4  2680 yen
■モダン・ジャズ・ヴィブラフォン奏者テリー・ギブスのデューク・エリントン集。
モダン・ジャズ・ヴィブラフォンの第一人者テリー・ギブスがエリントン・ナンバーでまとめた58年のアルバム。注目はジャズ・ピアニスト、ピート・ジョリーがアコーディオンを弾いていて、それがこのアルバムに絶妙な軽妙さ、親しみやすさを与えています。加えて、ギブスとジョリーのコンビネーションがすごい。アドリブ・ソロ、伴奏的な演奏、シンプルなメロディ演奏をそれぞれやりつつ、表と後ろの入れ替わり、合奏も自在で、二人でのコンビネーションの考えられる全てをやっているというような多彩さ。さらに、リズム・セクションとの息もぴったり。これ全曲一日で録音したそうです。【曲】「Rockin' In Rythm」「I Let A Song Go Out Of My Heart」「Caravan」「Solitude」「Take The A Train」「Sophisticated Lady」「Do Nothin' Till You Hear From Me」「Don't Get Around Much Any More(試聴)」「Johnny Come Lately」「C-Jam Blues(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Huey Smith, Earl King, Bobby Marchan, etc. - NEW ORLEANS R AND B

  • リズム&ブルースLP
 Huey Smith, Earl King, Bobby Marchan, etc.- ヒューイ・スミス、アール・キング、ボビー・マーシャン、etc. - "NEW ORLEANS R AND B"
U.K. / LP / Mono / Flyright LP4708 / Rec 1959s, 60s / Pub 1974
コーティング・ジャケット擦れ少々、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  3800 yen
■フライライトのニューオーリンズR&B集。
フライライトのニューオーリンズR&B編集盤第一集で、これがほんとに素晴らしい内容。収録されているのはビッグネームばかり、しかし他の編集盤等には入らないようなナンバーで埋め尽くされています。ヒューイ・スミスの、これはデビュー盤でしょうか、53年の二曲は、後のクラウンズをすっぱり忘れる、心鷲掴みにされる彼の歌が最高なナンバー。スマイリー・ルイスの、アラン・トゥーサンがピアノを弾きまくる、62年という遅い時期の一曲、プロフェッサー・ロングヘアの"BALD HEAD"も有名なバージョンでなく63年Ver。クラウンズも入っていますが全盛期とはまるで違う、67年のダランとしたソウル・ブルース。ほんとみんないい曲ばかり。【曲】「Huey "Piano" Smith / You Made Me Cry」「Your'e Down With Me」「Earl King / Have You Gone Crazy」「Beggin' At Your Mercy」「Bobby Marchan / Just A Little Ol Wine」「Eddie Bo / I'm Wise」「Smiley Lewis / The Bells Are Ringing」「Roy Brown / Rocking All The Time」「Lloyd Price / Down By The River」「Professor Longhair / There Is Something On My Mind」「Bald Head」「Joe Barry / Little Papoose」「Huey "Piano" Smith & The Clowns / Blues '67 Part 1」「Blues '67 Part 2」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Blind Boy Fuller, Welly Trice, Bull City Red, etc. - BULL CITY BLUES

  • ブルースLP
 Blind Boy Fuller, Welly Trice, Bull City Red, etc.- ブラインド・ボーイ・フラー、ウェリー・トライス、ブル・シティ・レッド、etc. - "BULL CITY BLUES"
U.K. / LP / Mono / Flyright LP106 / Rec 1935 to 1947 / Pub 1972
コーティング・ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■"ブル・シティ"と言われるノース・キャロライナ州ダラムのブルース集。
東海岸ノースカロライナ州の中央の町ダラム。これはダラムを拠点にしたカントリー・ブルースマンの音源を集めた、初期フライライトの傑作編集盤。この町はやはりブラインド・ボーイ・フラーが代表格、そしてフラーの周りに集ったブルースマン達を、ソニー・テリーなど有名な人から無名な人まで隔てなく収録。ミシシッピのヘヴィーさやテキサスのタフさとはまた違う、歌心のある滋養にあふれた極上ブルースの数々。ソニー・テリーの、ハーモニカとウォッシュボードだけの伴奏に裏声Voなんて斬新。"悪魔の義理の父親"っていう芸名も最高。コイツがまた素晴らしい演奏します。 【曲】「Sonny Terry & Oh Red / Harmonica And Washboard Blues」「Little Boy Fuller / Lazy Bug Blues」「Welly Trice / Come On In Here Mama」「Bull City Red / Black Woman And Poison Blues」「Devil's Daddy-In-Law / Lookin' For My Baby(試聴)」「Rich Trice / Come On Baby(試聴)」「Blind Boy Fuller / Homesick And Lonesome」「Devil's Daddy-In-Law / I Don't Want No Hungry Woman」「Little Boy Fuller / Shake Your Stuff」「Welly Trice / - Let Her Go God Bless Her」「Bull City Red / I Won't Be Dogged Around」「Blind Boy Fuller / Passenger Train Woman」「Brownie McGhee / Dealing With The Devil(試聴)」「Rich Trice / Trembling Bed Spring Blues」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2020年9月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
2020年10月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
店舗営業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
店舗営業日 日曜・月曜 PM3:00-PM10:00
古物商 東京都公安委員会 第303261906488号

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.