(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Page 5)

Josef Hofmann - THE COLUMBIA RECORDINGS 1911-1919

  • クラシックLP
 Josef Hofmann- ヨゼフ・ホフマン - "THE COLUMBIA RECORDINGS 1911-1919"
U.K. / LP / Mono / Opal 819-20 / Rec 1911-1919 / Pub 1983
見開きジャケット擦れわずか、内側きれい、レーベル二枚ともひげ極わずか、盤二枚とも擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ピアニスト、ヨゼフ・ホフマンのSPを収録した2LP。
ポーランド出身、19世紀末から20世紀初頭に活躍した世界的ピアニスト、ヨゼフ・ホフマン。非常に小さな手でありながら最高のテクニックを持ち、しかし独自の解釈で派手なパフォーマンスをするよりも譜面重視でニュアンスの豊かな演奏をしたという、最初のモダンなピアニストと言われる人。しかし、シリンダーやラッパ録音の再現度の不信感から録音は数少なく、この2LPはファンには宝物的なレコード。A面はメンデルスゾーンの春の歌やグリーグ、シューマン等の7曲、B面は全てショパンでワルツや夜想曲を7曲、C面はリスト愛の夢やパデレフスキーのメヌエットなど7曲、D面はラフマニノフの前奏曲、アイヴズのお師匠ホレイショ・パーカーのワルツ、ベートーヴェンの月光等8曲。自分的には愛の夢や月光のような情感豊かな有名曲はすっきりしているように聞こえました。SP原盤を何も調整しないで収録してあってそれもとてもいいです。SP盤時代のクラシック名演編集盤のパール/オパル・レコードからの一枚。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Morton Gould - THE SERIOUS GERSWHIN

  • クラシック/ジャズLP
 Morton Gould- モートン・グールド - "THE SERIOUS GERSWHIN"
USA / LP / Mono / RCA Victor LM6033 / Rec 1955 / Pub late50s
ボックス擦れ少々、背部がきれていて蓋と箱のような状態になっています、レーベル二枚ともひげ無し、盤二枚とも擦れほぼ無し、ブックレットしみ少々、二枚ともパラフィンのスリーブ付きです
Jacket 3 / Disc 4 / Sound 4  3800 yen
■モートン・グールドが本気でピアノを弾いたジョージ・ガーシュイン集。
聴く人を夢遊病のようにしてしまう、蜜も毒もある魔法使いのような音楽家モートン・グールド。クラシックではなく、またジャズでもなく、ムードともイージーリスニングというのもしっくりこないあの世感を生み出し続けた音楽家。これは、編曲や指揮で多くのムード・ミュージック名盤を作ったグールドが、オーケストラのみならず普段あまり披露しないソロ・ピアニストとしても腕前を発揮、ジョージ・ガーシュウィンのクラシック的ナンバーを演奏した2LPボックスセット。24ページの大判ブックレット。【曲】「Rhapsody In Blue」「Preludes For Piano(試聴)」「Concerto In F For Piano And Orchestra」「An American In Paris」「Porgy And Bess(試聴)」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Antoinette Vischer - DAS MODERN CEMBALO

  • クラシックLP
 Antoinette Vischer- アントワネット・フィッシャー - "DAS MODERN CEMBALO"
Germany / LP / Stereo / Wergo WER60028 / Rec 1966 / Pub 1966
見開きジャケット擦れしみ少々、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか、ブックレットしみ
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■チェンバロの革命児、アントワネット・フィッシャーの66年のアルバム。
チェンバロというとバッハ以前のクラシックという感じですが、彼女はそのイメージを覆した革命的演奏家。化石のような存在だったチェンバロを20世紀初頭に掘り起したワンダ・ランドフスカに習い、そこからさらにアヴァンギャルドな奏法を実践、リゲティやジョン・ケージ、この盤にも収録されているマルティヌーなどが彼女のために曲を捧げました。ただただやみくもに無茶苦茶なアール・ブラウン作曲"Nine Rare Bits"がまず最高すぎます。無茶苦茶じゃないんでしょうが。わかりませんけど。フランスのジャズマン、マーシャル・ソラール作のピアノ(ソラール自演)とウッドベースが入ったフリージャズより自由に聞こえる壊れたジャズ・バラード"Petite Piece"、ジャズはエリントンもあり、"A Single Petal Of Rose"を中国の伝統音楽のように演奏。ペダルの音?あるのかわかりませんがインディアン・ドラムにも似た異音が入るルチアーノ・ベリオの"Round"、彼女同様前衛女声の第一人者キャシー・バーベリアンの声との共演"Round With Voice"などなど、よくよく考えるとチェンバロのザクザクした音ってこういう感じが一番似合うのかも、と思ってしまいます。ドイツ語ですが超詳細解説のブックレット付き。【曲】「99 Takte Fur Cembalo (1959)」「Rounds (1964) 」「Rounds With Voices (1964)」「Nine Rare Bits (1965)(試聴)」「Petite Piece Pour Piano, Clavecin Et Contrebasse (1966)(試聴)」「Sonate Pour Clavecin (1958)」「Introduction - Interlude (1966)」「Studie (1965) 」「Musique Pour Clavecin (1952)」「A Single Petal Oa A Rose (1965)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Johnny Carroll, Mac Curtis, Leretta French, etc. - THE ACETATE SESSIONS

  • ロカビリーLP
 Johnny Carroll, Mac Curtis, Leretta French, etc.- ジョニー・キャロル、マック・カーティス、ロレッタ・フレンチ、etc. - "THE ACETATE SESSIONS"
Holland / LP / Mono / White Label WLP8896 / Rec 1950s / Pub 1985
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2680 yen
■50sロカビリアンのアセテート盤を集めたというスペシャルな一枚。ここでしか聞けない人が最高。
演奏を録音したテープが初めて円盤上に刻まれるアセテート盤。そこからスタンパーを作りペッタンペッタンとレコードをプレスするのですが、アセテートの段階でボツにされるものも多く、マニアには秘蔵音源として珍重されています。これは50年代の有名ロカビリアンを中心にレコードがプレスされなかったアセテート音源を集めた一枚。ジョニー・キャロル、ソニー・バージェス、マック・カーティス等のロカ・フリーク垂涎の音源から、ここに収録された1、2曲のアセテートしか無いのにロカ・マニアの憧れとなった二人のガール・ロカビリアン、ロレッタ・フレンチとジェニー・アクワイア―、弦を切る勢いでピッキングする強烈なギターのダグ&ダビーというインスト・コンボなどなど、知られざるロッカーの音源が特にいいです。【曲】「Johnny Carroll / Whisky River」「Johnny Carroll / You Two Timed Me Two Times Too Often」「Johnny Carroll / You Made Me Love You」「Mac Curtis / What'll I Do」「Loretta French / Mean Mean Daddy」「Loretta French / He's Just Aggravatin' Me」「Doug & Dubby / Skinner Blues(試聴)」「Sonny Burgess / Hootchy Kootchy」「Sonny Burgess / Hanging Round My Gal」「Jim Aguirre / Oh, Look At That Baby」「Jenny Aguirre / Satellite(試聴)」「Jim Aguirre / Wildcat Daddy」「Jimmy & Johnny / Nobody Knows Where I Go」「Sonny Burgess / I've Nothing But Love」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

G.L. Crockett, Rusty York, Jet Tones, etc. - CHESS ROCKABILLIES

  • ロックンロール/ロカビリーLP
 G.L. Crockett, Rusty York, Jet Tones, etc.- G.L.クロケット、ラスティ・ヨーク、ジェット・トーンズ、etc. - "CHESS ROCKABILLIES"
U.K. / LP / Mono / Chess 9124213 / Rec 1950s / Pub 1978
ジャケット擦れ少々、レーベルひげ少々、盤極浅い擦れ少々
Jacket 3.5 / Disc 3.5~4 / Sound 2680 yen
■チェス・レコードの50年代ロカビリー集。
ブルース、R&Bの殿堂チェス、そして系列のチェッカー、アーゴのロカビリー集。大御所らしい大御所はデイル・ホーキンスの一曲のみで、ネームバリュー問わずロカ的名演を選りすぐった一枚。チェスらしくR&BのGLクロケットのR&R(アルバム全体的にかなり黒いです)や、マドックス・ブラザーズの遺伝子を持ったジェット・トーンズの勢い満点のロカ・インスト、ホンカー風のほんとにウマイサックスが入ったワイルド・ロカのデル・セインツ、レオン・ラッセルが59年に録音しお蔵入りになっていたレア曲などなど、ただのレーベル別寄せ集めではなくて、一曲一曲ずっしりくる個性派ぞろいばかり。全20曲収録。試聴はJimmy Lee And Wayne Walker"Love Me"とDale Hawkins"Love Bug"。チェス・オフィシャルの英盤、音もいいです。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

London Philharmonic Orchestra, Conducted By Hermann Scherchen - HONEGGER : PACIFIC 231

  • クラシックLP
 London Philharmonic Orchestra, Conducted By Hermann Scherchen- ヘルマン・シェルヘン指揮ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団 - "HONEGGER : PACIFIC 231"
USA / LP / Mono / Westminster XWN18486 / Rec 1954 / Pub mid to late50s
コーティング・ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3680 yen
■オネゲルの代表作『機関車パシフィック231』。
フランス6人組の中でも、特にアンチ・ロマン主義/印象主義の傾向が強かったアルチュール・オネゲル(1892-1955)。これは、オネゲルの代表作『パシフィック231』を収録した名盤。パシフィック社製231型機関車が走る様子を表現した、オネゲルのテーマだった物質の運動を音楽にした作。聞いていると、これ走る様子を眺めるのではなく機関車の心臓部に入り、鉄の軋む音や耳を貫く汽笛を間近で感じているような気になる凄まじいナンバー。オネゲルは列車ファンで、車軸が動く様子などを忠実に表現しているのだそう。2曲目の「Rugby」もパシフィック231同様、今度はラグビーをする人間の体を描いたという作。A面ラストもその路線の一作。B面頭はさらにノイジーな、しかしやはり入り組んだ歯車が激しく作業するような整然としたオーケストラ。続くパストラーレは軽音楽的な安堵の一曲。ラストは強引に大団円という感じの濁りのある曲。演奏はヘルマン・シェルヘン指揮のロンドン・フィルハーモニー管弦楽団。54年録音。【他収録曲】「機関車パシフィック231(試聴)」「ラグビー(試聴)」「交響的断章第3番」「テンペストのための前奏曲」「夏の牧歌」「喜びの歌」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Ambassadors, Charmers, Gaytunes, etc. - THE GOLDEN GROUPS - THE BEST OF TIMELY RECORDS AND LUNA RECORDS

  • ドゥワップLP
 Ambassadors, Charmers, Gaytunes, etc.- アンバサダーズ、チャーマーズ、ゲイチューンズ - "THE GOLDEN GROUPS - THE BEST OF TIMELY RECORDS AND LUNA RECORDS"
USA / LP / Mono / Relic 5071 / Rec early50s / Pub 1987
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■絶品。タイムリーというマイナー・レーベルのドゥワップ集。
絶品。タイムリーという53~4年のわずかな間だけ存在したNYのマイナー・レーベルのドゥワップ集。アポロ・レコードを作ったハーマン・シーゲルという人が新たに独立して作ったレーベルで、10枚ほどのシングルを作っただけ、その中のドゥワップだけを集めた一枚で、黄金期のNYドゥワップの真髄を味わえます。このレーベルのグループが少し後に録音したルナというレーベルのものもわずか収録。試聴のような、こんなレベルのメロウ続出、しかもラテンを入れた数曲、スウィンギンな数曲もギョッとするほどいい。歌う人の口が見えるような生々しいいい音も最高。【曲】「Ambassadors / Darling, I'm Sorry(試聴)」「Charmers / I Was Wrong(試聴)」「Gaytunes / Why-y-y Leave Me This Way-ay-ay」「Ambassadors / Calling For Love (Unreleased)」「Crystals / Squeeze Me Baby」「Charmers / Mambo」「Gaytunes / I'll Always Love You (Acappella Audition Incomplete)」「I Want You To Love Me Too (Acappella)」「Crystals / Come To Me Darling」「Charmers / Battle Axe」「Ambassadors / Darling I'm Sorry (Alternate Take)」「Willa Bea」「Gaytunes / Thrill Of Romance」「Ambassadors / Moanin' (Unreleased)」「Charmers / Church On The Hill」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Maggie Teyte - DEBUSSY MELODIES

  • クラシックLP
 Maggie Teyte- マギー・テイト - "DEBUSSY MELODIES"
France / LP / Mono / EMI 2904021 / Rec 1936-44 / Pub 1985
コーティング・ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■戦前のソプラノ歌手マギー・テイトのドビュッシー歌曲集。
イギリス生まれでフランスに渡ったソプラノ歌手、マギー・テイト。1906年にステージ・デビュー、数年のうちにドビュッシーが認めるまでとなり、ドビュッシーが生涯のうちただ一人だけ伴奏をつけたという逸話も知られるシンガー。これは、30年代~44年に録音されたドビュッシーのナンバーを集めた仏EMI盤。柔らかく太い中庸的な歌声とドビュッシーの静かで謎めいたメロディが不思議な魅力を醸し出しています。これほんとにいいかも知れん。全曲ピアノ伴奏で、演奏はコルトーとイギリス人の名歌伴ピアニスト、ジェラルド・ムーア。【曲】「Fetes Galantes(全6曲)」「Trois Chansons de Bilitis(全3曲)」「Le Promenoir Des Deux Amants(全3曲)」「Romance」「Beau Soir」「Green」「Le Jet d'Eau」「Proses Lyriques(全4曲)」「Ballade des Femmes de Paris」※今日のアップはこの一枚です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Art Tatum - SOLOS 1937

  • ジャズLP
Art Tatum- アート・テイタム - "SOLOS 1937"
USA / LP / Mono / Alamac QSR2428 / Rec 1937 / Pub early1970s
ジャケット擦れ極わずか、下部中央小縁裂け、裏面しみ少々、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■アート・テイタムの初期ソロ演奏を収録した一枚。
本当に並ぶ人がいない、神がかったピアノを弾いた盲目のジャズ・ピアニスト、アート・テイタム。テクニックのみならず、無尽蔵のヴァリエーション、ピカ一のメロディ・センスで、チャーリー・パーカーを始めビバップ以降のジャズ・マンたちに与えた影響は絶大。技術、メロディだけでなく編曲も魔法のよう。これは彼の初期37年に録音された(正式に出なかったテスト盤音源が多そう)ピアノ・ソロ集。何も言うことございません。影響を与えたファッツ・ウォーラーでさえ神と崇拝する演奏を是非聞いてください。【曲】「Fine And Dandy(試聴)」「Emaline」「I Guess I'll Have To Change My Plans」「Limehouse Blues(試聴)」「I Gotta Right To Sing The Blues」「Indiana」「I've Got The World On A String」「What Is This Thing Called Love」「I'm Comin' Virginia」「Can't We Be Friends」「You Took Advantage Of Me」「All God's Chillun Got Rhythm」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Dinu Lipatti - SCHUMANN : CONCERTO EN LA MINEUR / GRIEG : CONCERTO EN LA MINEUR

  • クラシックLP
 Dinu Lipatti- ディヌ・リパッティ - "SCHUMANN : CONCERTO EN LA MINEUR / GRIEG : CONCERTO EN LA MINEUR"
France / LP / Mono / Columbia FCX30096 / Rec 1948 / Pub 1960
ジャケット擦れわずか、裏面右上に小はがれ、レーベルひげほぼ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■リパッティの名演と名高い二つのピアノ協奏曲を収録した一枚。
カラヤン指揮のフィルハーモニア・オーケストラと演奏した48年の歴史的名演を収録した一枚。A面はシューマンのピアノ協奏曲イ短調。起伏の激しい第一楽章、可愛らしく牧歌的な第二楽章、そして、全体の40%ほどをしめる長いクライマックスの第三楽章(試聴)、これがほんとにほんとにスゴイ。延々と火花散らす正確無比な凄まじいピアノ、森のようなオーケストラのまさしく"協奏"の世界で、この曲まともに聞いたの初めてですがこんなすごいの他にないんではと確信させるような内容。裏面はグリーグのピアノ協奏曲イ短調。世界中知らない人のいない冒頭からドラマチックな第一楽章、クロード・ソーンヒルを思い出してしまった懐かしく寂しげな第二楽章(試聴)、大団円を迎える第三楽章。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Michele Campanella, Laura De Fusco - FERRUCCIO BUSONI : MUSICHE PER DUE PIANOFORTI

  • クラシックLP
 Michele Campanella, Laura De Fusco- ミケーレ・カンパネッラ、ラウラ・デ・フスコ - "FERRUCCIO BUSONI : MUSICHE PER DUE PIANOFORTI"
Italy / LP / Stereo / Italia ITL70094 / Rec 1983 / Pub 1983
コーティング・ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し、インサートきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■イタリアの作曲家ブゾーニのデュオ・ピアノ曲を4作収録した一枚。
現代音楽の扉を開いたイタリアの作曲家ブゾーニ(1866-1924)。バルトークやワイル、ヴァレーズらを教えまた世に出した人でもあり。これは、モーツァルトやバッハの曲を題材に作られたデュオ・ピアノ作等を4作収録した伊イタリア・レーベルからの一枚。古い馴染みのメロディの中にある輝くような未知の響きを削り出しています。演奏はミケーレ・カンパネッラとラウラ・デ・フスコという男女のイタリア人ピアニスト。英訳の曲解説インサート付き。【曲】「バッハのコラール"幸なるかな"による即興曲(試聴)」「自動オルガンのための幻想曲(モーツァルト)」「モーツァルトの"ピアノ協奏曲第19番"のフィナーレによる協奏的小二重奏曲(試聴)」「対位法的幻想曲(試聴)」※今日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Michele Campanella - FERRUCCIO BUSONI : LE SEI SONATINE PER PIANOFORTE

  • クラシックLP
Michele Campanella- ミケーレ・カンパネッラ - "FERRUCCIO BUSONI : LE SEI SONATINE PER PIANOFORTE"
Italy / LP / Stereo / Italia ITL70086 / Rec 1981 / Pub 1982
コーティング・ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し、インサートきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■イタリアの作曲家ブゾーニのピアノ曲を6作収録した一枚。
こちらはピアノ独奏曲で、やはり上のアルバムと同じく、過去のクラシック作を独自にアレンジしたものと自作のソナチナ等を含んだ内容。A面最初の二作は、ブゾーニの最も野心的な傑作と言われるソナチナ二作。ソナチナと言っても小型のソナタではなく、恐ろしく自由な8~9曲の短い曲が無造作につなげられたようにも聞こえつつそれぞれ必須の臓器のように絡み合い全体を成しているというような二作。次は全く違ったムードのソナチナで、古い宗教コラールをもとにした5部の曲。懐かしく優しい、しかし近代的な響きの作。B1も宗教的テーマのソナチナで、今度はグッと沈んだ、ぬくもりを消したようなナンバー。A面ラストの宗教コラールをもとにした曲を寂しいムードで包んだような次のナンバーは、バッハのとある曲の三小節を長大に広げたというナンバー。ラストはビゼーのカルメンのリミックス的ナンバーで、ハバネラやあのけたたましいマーチの新鮮な変奏を順序も変えたりして新しい世界を生み出しています。ミケーレ・カンパネッラというこのピアニストがすごくいいです。リパッティに似ていると思います。英訳の曲解説インサート付き。【曲】「ソナチネ第1番」「ソナチネ第2番(試聴)」「ソナチネ第3番 "子供のために"」「ピアノ・ソナチネ第4番"キリスト生誕1917年の日に"」「ソナチネ第5番 "大ヨハン・ゼバスティアンの名による短いソナチネ"」「カルメン幻想曲(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2021年6月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
2021年7月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
店舗営業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
店舗営業日 日曜・月曜 PM3:00-PM8:00
古物商 東京都公安委員会 第303261906488号

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2021 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.