(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Page 49)

Leo Kottke - 6 AND 12 STRING GUITAR

  • ギターLP
 Leo Kottke- レオ・コッケ - "6 AND 12 STRING GUITAR"
U.K. / LP / Stereo / Sonet SNTF629 / Rec 1969 / Pub 1972
コーティングのペラジャケット表裏擦れ少々、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■レオ・コッケの69年作。イギリス盤。
ギター音楽史に残る一大名盤。このアルバムの英盤で、音に英盤ぽいドンシャリ感あり。【曲】「The Driving Of The Year Nail」「The Last Of The Arkansas Greyhounds」「Ojo」「Crow River Waltz」「The Sailor's Grave On The Prairie」「Vaseline Machine Gun」「Jack Fig」「Watermelon(試聴)」「Jesu, Joy Of Man's Desiring」「The Fisherman」「The Tennessee Toad」「Busted Bicycle(試聴)」「The Brain Of The Purple Mountain」「Coolidge Rising」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Dave Alexander - THE RATTLER

  • ブルースLP
 Dave Alexander- デイヴ・アレクサンダー - "THE RATTLER"
USA / LP / Stereo / Arhoolie 1067 / Rec 1972 / Pub 1972
ジャケット擦れ少々、端々擦れ、裏面しみ、色あせ、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■テキサス・ブルース&ブギウギ・ピアニスト、デイヴ・アレクサンダーの72年のアルバム。
50年代以降、ビッグ・ママ・ソーントン、マディ・ウォーターズなどなど錚々たる面々と共演してきた彼の初のフル・アルバム。左手はステディで重く、右手がスローでも好き勝手暴れる感じのピアノで、歌ものブルース、アップのブギウギ・インストを演奏。【曲】「The Sky Is Crying(試聴)」「Swanee River Boogie」「I Need A Little Spirit」「Good Home Cooking」「The Rattler(試聴)」「There Ought To Be A Law」「Lonesome Train Blues」「A Tribute To My Father」「13 Is My Number」「The Judgement」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Gabby Pahinui - GABBY

  • ハワイの音楽LP
 Gabby Pahinui- ギャビー・パヒヌイ - "GABBY"
USA / LP / Stereo / Panini PS1002 / Rec 1972 / Pub 1972
見開きジャケット擦れわずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ギャビー・パヒヌイの名盤中の名盤。
遠い昔スペインから来た人達によって伝えられたギターを、見よう見まねでやったハワイ人によって生まれたスラック・キー・ギター。時を経て5・60年年代にこのギターの素晴らしさとハワイアン・トラディショナルを復活させたギャビー・パヒヌイの名盤。彼の代表曲である「Hi'ilawe」のSP盤を収録した導入から72年の演奏につなげるという粋な構成。彼の4人の息子達と、やはりこのギターの名手アタ・アイザックス等も参加、アメリカのポップ・ミュージックにも心を開き素朴で懐かしい装飾の無いナンバーを演奏。【曲】「Hi'ilawe-1947/Luau Hula(試聴)」「Lihue」「He'eia」「Ka Makani Ka'ili Aloha」「Lei Ohu」「Royal Hawaiian Hotel」「Keawaiki」「Leahi」「Wai O Ke Aniani」「Ka'ahumanu」「Lei Nani」「Lei No Kaiulani」「Ka Moa'e」「Hula O Makee」「Hame Pila」「Hi'ilawe-1972」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Ti Roro - ET SON TAMBOUR

  • 民俗音楽/ハイチLP
 Ti Roro- チローロ - "ET SON TAMBOUR"
USA / LP / Stereo / Macaya 109 / Rec 1973 / Pub 1973
ジャケット擦れわずか、下部中央極小縁裂け、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■ハイチのドラマー、チローロの73年のアルバム。
ハイチの史上最高のドラマー、チローロの73年のアルバム。かのマックス・ローチも、演奏そのもののみならず、演奏を発展させていく練習方法、考え方まで深く影響を受けたと言っています。たった一つのドラムで4つの音高とポルタメント的な音を出し、さらにそれらの音程にそれぞれ独立したリズム・パターンとサステインを与え、即興で複雑に組み合わせた驚愕の演奏。基本ドラム・ソロで、二曲軽めの歌入りあり。【曲】「Noula(試聴)」「Soleil」「Dance Banda」「Senti Foula」「La Flor」「Jambe Malheur(試聴)」「Djouba」「Petro」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Lizzie Miles - TORCHY LULLABYES - MY MOTHER SANG ME

  • ジャズ/ブルースLP
 Lizzie Miles- リジー・マイルス - "TORCHY LULLABYES - MY MOTHER SANG ME"
USA / LP / Mono / Cook 1184 / Rec 1956 / Pub 1956
ジャケット擦れ少々、下部中央小縁裂け、レーベルひげ極わずか、盤浅い擦れ少し
Jacket 3.5 / Disc 3.5 / Sound 4  4680 yen
■ニューオーリンズの女性シンガー、リジー・マイルスの56年のアルバム。
フレンチ・クオーターのすぐ隣で生まれ、ティーンの頃にはキング・オリバーのバンド等で唄い、20年代にはオリバーとのトリオやJRモートンとデュオで録音、その後シカゴ、NYで歌い続けたまさしく伝説のクレオール・ブルース・シンガー、リジー・マイルス。ティン・パン・アレイ・ソングを中心に、他で全く見たことの無い曲も混ぜじっくりと歌われる56年のアルバム。伴奏は、メル・ヘンケとただ一人同じレベルにいた、トラッドからもバップからも見放された天才ピアニスト、レッド・キャンプ。二曲バンドものあり。クック特有の暗い赤盤で、フラットエッジのオリジナル盤。【曲】「Alexander's Ragtime Band」「How Could I Feel Blue(試聴)」「I Ain't Got Nobody」「Darktown Strutters Ball」「Melancholy Baby」「The One I Love Belongs To Someone Else」「Somebody Loves Me(試聴)」「Baby Lemme Bring My Clothes Back Home」「Lonesomest Gal」「Strut It Babe」「Mammy's Little Coal Black Rose」「Wish I Could Shimmy Like My Sister Kate」「Dinah」「Let The Rest Of The World Go By」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Janet Smith, Malvina Reynolds, Charleys Aunts, etc. - VIRGO RISING

  • フォークLP
 Janet Smith, Malvina Reynolds, Charley's Aunts, etc.- ジャネット・スミス、マルヴィナ・レイノルズ、チャーリーズ・アンツ、etc. - "VIRGO RISING"
USA / LP / Stereo / Thunderbird LP7037 / Rec 1973 / Pub 1973
見開きジャケット表裏擦れ少々、内側きれい、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■演奏陣、製作陣も全て女性で固められたフォークのオムニバス盤。ジャネット・スミス4曲収録。
アマチュアからプロまで(フォークでプロっていうのもおかしいですが)幅広く収録されていていますが、決してバラバラな感じも無く、一本筋が通ったとてもいいアルバム。目玉はタコマ・レーベルから唯一の女性のソロ作があるギタリスト、ジャネット・スミスの4曲。他、老婆のプロテスト・シンガー、マルヴィナ・レイノルズ、子供のためのフォーク・ソングで知られるナンシー・レイヴン、モーリン・タッカーの「After Hours」を思い出してしまった17歳のキット・ミラーなどなど14曲収録。やはりジャネット・スミスが断然輝いています。【曲】「Janet Smith / Freedom Ladies' March」「Malvina Reynolds / No Hole In My Head」「Charley's Aunts / Housewives Lament」「Janet Smith / Talking Want Ad」「Nancy Raven / Crazy Ruthie」「Janet Smith / New Country Rock(試聴)」「Charley's Aunts / Union Maid」「Janet Smith / Mama's Peaches」「Malvina Reynolds / No Room」「Kit Miller / There Was A Young Woman Who Swallowed A Lie(試聴)」「Charley's Aunts / Cut And Dried」「Malvina Reynolds / We Don't Need The Men」「Nancy Raven / Welfare Blues」「Charley's Aunts / Sister!」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Susan Reed - SINGS OLD AIRS

  • フォークLP
Susan Reed- スーザン・リード - "SINGS OLD AIRS"
USA / LP / Mono / Elektra EKL126 / Rec 1957 / Pub 1961
コーティング・ジャケット表裏擦れ少々、下部中央小縁裂け、端々小ほころび、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れ少し、A1冒頭(試聴)に強めの擦れ、ポッと出ます
Jacket 3 / Disc 3~3.5 / Sound 3~3.5  2980 yen
■アイリッシュ・ハープ、チターで弾き語る女性フォーク・シンガー、スーザン・リード。
子供の頃、父親と、自宅によく遊びに来ていたカール・サンドバーグから歌を習ったという、まさにフォークの正統継承者といえる女性シンガー、スーザン・リード。アイリッシュ・ハープ、チターをマスター、さらに声楽と思われますがクラシックも勉強、きめ細かく美しい声で無二の弾き語りを完成させた彼女、ライヴはセンセーションを巻き起こし40年代マンハッタンのアイドルのような存在だったといいます。ハープとチター伴奏が半々で、アイルランド、スコットランド、英の民謡を親密に弾き語る18曲。オリジナルはイラスト・ジャケの57年盤で、これは61年に写真ジャケに差し替え出されたセカンド・エディション。【曲】「At The Foot Of Yonders Mountain」「The Pretty Girl Milking Her Cow」「The Leprechaun」「The Golden Vanity」「He Moved Through The Fair」「Bendmeer's Stream」「Wraggle Taggle Gypsies」「Irish Famine Song」「Come Fellow」「Seventeen Come Sunday」「The Foggy Dew」「Go Tell Aunt Rhody」「I Know My Love」「Must I Go Bound」「Peter Gray」「Wailie, Wailie」「Jennie Jenkins」「The Boreens Of Derry」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Ruben Naranjo Y Los Gamblers - ESE ES TU ORGULLO

  • テックス・メックスLP
Ruben Naranjo Y Los Gamblers- ルーベン・ナランホ・イ・ロス・ギャンブラーズ - "ESE ES TU ORGULLO"
USA / LP / Stereo / Freddie LP1223 / Rec 1982 / Pub 1982
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し、A2冒頭(試聴2曲目)にプレスミス、音にほぼ出ません
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■テハノ・アコーディオン奏者ルーベン・ナランホの82年のアルバム。
オーセンティックなコンフントを演奏する最後の一人とも言われたアコーディオン奏者ルーベン・ナランホと、彼のバンド、ロス・ギャンブラーズの82年のアルバム。熱風を運んでくるようなバンドひしめくなか、アコーディオン、リズム・ギター、ベース、ドラムという最小の編成で実に軽やかに涼しく聞かせる全10曲。メキシコ湾に面した南部の町コーパス・クリスティのテハノ名門レーベル、フレディからの一枚。【曲】「Ese Es Tu Orgullo(試聴)」「Tres Vueltas(試聴)」「Tu Buen Camino」「No Te Pido Perdon」「Contrato De Amor」「Corrido De Felipe Angeles」「Ya Viene Amaneciendo」「Las Nuevas Mananitas」「Lucero Negro」「Cuando Salgo a Los Campos」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jacob E Seu Bandlim(Jacob Do Bandolim) - ASSANHDO

  • ショーロLP
Jacob E Seu Bandlim(Jacob Do Bandolim)- ジャコー・ド・バンドリン - "ASSANHDO"
Brazil / LP / Mono / RCA Camden 1070012 / Rec 1950s, 1960s / Pub 1966
ジャケット円状の擦れ少々、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  3680 yen
■69年のアルバム。
ブラジルのショーロ史上最高のバンドリン(ブラジルのマンドリン)奏者であり、ショーロを世界に広めた一人と言えるジャコー・ド・バンドリン(1918-1969)。これは66年のアルバムでで、オーセンティックな編成、スタイルでひたすら弾きまくる一枚。鬼気迫るすごみあります。一曲ホーンが入る曲あり、それがまたいい。【曲】「Assanhando(試聴)」「Flor Do Abacate」「Bola Preta」「Andre De Sapato Novo」「Grauna(試聴)」「Vascaino」「Lingua De Preto」「Doce De Coco」「Vale Todo」「Bonicrates De Muletas」「Saxofone, Porque Choras?」「Sapeca」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

People Of Australia, Wolfgang Laade(Rec.,Dir.) - AUSTRALIA : SONGS OF THE ABORIGINES

  • 民俗音楽/オーストラリアLP
 People Of Australia, Wolfgang Laade(Rec.,Dir.)- オーストラリアの人々、ヴォルフガング・ラーデ(録音、監修) - "AUSTRALIA : SONGS OF THE ABORIGINES"
USA / LP / Stereo / Lyrichord LLST7331 / Rec early60s / Pub 1970s
ジャケット擦れ少々、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか、ブックレットきれい
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■オーストラリアの先住民族の歌を収録したアルバム。
失われつつある民族の文化、音楽を世界中から収集したドイツの学者ヴォルフガング・ラーデが、オーストラリアで現地録音したアルバム。北部のふたつの半島の先住民族の歌、民俗楽器演奏を収録。ボラと言われる儀式のための歌、魚や亀、蛇、風など自然の歌、彼らさえ既に意味がわからなくなっているという歌などなど、数十秒~1分ほどの曲が30曲ぐらい収録されています。ディジリドゥの演奏も6曲収録。録音は60年代初頭、オリジナルはイタリア・アルバトロスで、これは米リリコード盤。※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Wawa Et Azor - VAUDOU

  • 民俗音楽/ハイチLP
 Wawa Et Azor- ワワ&アゾール - "VAUDOU"
USA / LP / Stereo / Geronimo GR065 / Rec ? / Pub ?
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3800 yen
■ハイチのパーカッション奏者、アゾールとワワの共演アルバム。
チローロとの共演歴もある、ハイチのヴードゥー音楽の天才コンゴ奏者&シンガーのアゾールと、アゾールが在籍していたグループのリーダーでやはりパーカッション奏者のワワの共演アルバム。度肝を抜かれるパーカッション、それと付かず離れずリズムを縫うように出てくる絶妙な歌とコーラスが延々。単純明快でいて宇宙的な演奏がA面はノンストップで8曲続きます。B面は2パートに分かれていてやはり全8曲。おもに(全て?)ハイチのレコードを出したニューヨークのジェロニモ・レコードからの一枚。【曲】「M' Pate La」「Saut D'o」「Anye O」「Parele」「Byen Mal」「Mambo Satela(試聴)」「M'Pap Mouri Pou Li」「Presse Presse」「Kote La Vi Nou Ye」「Sevite Yo」「Lakou Dereal」「Marassa Guinen」「Ti Gasson Limba(試聴)」「La Verite」「Guen Pwen Guen Loa」「Seremoni」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Prophet Powers, Radio Four, Rev. Chambers, etc. - GET RIGHT WITH GOD : HOT GOSPEL 1947-1953

  • ゴスペル/ブルースLP
 Prophet Powers, Radio Four, Rev. Chambers, etc.- プロフェット・パワーズ、ラジオ・フォー、レヴァランド・チェンバース、etc. - "GET RIGHT WITH GOD : HOT GOSPEL 1947-1953"
U.K. / LP / Mono / Krazy Kat KK7417 / Rec 1947-1953 / Pub 1983
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■有名無名、スタイルを問わず内容重視で編集されたゴスペル集。
アメリカでキリスト教に改宗させられた時代から黒人の中に根付くゴスペルが、悪魔の音楽ブルースと表裏一体的に発展してきたのは非常に面白い。ブルースの黄金時代はすなわちゴスペルの黄金時代。このアルバムはちょうどSPからLPに時代が変わろうとしている40年代の後半、黒人音楽ではR&Bが誕生、ジャズはバップ・ジャズが隆盛したころ、ゴスペル界ではこういう人達やサウンドがあったということが分かる一枚。凄まじく濃い内容。【曲】「Prophet Powers / The Tree Of Life (Is Waiting For Me)(試聴)」「Radio Four / Blood Done Signed My Name」「Rev. Chambers / Me And The Devil」「Rev. Anderson Johnson / God Don't Like It」「National Independent Gospel Singers / I Met My Elder This Morning」「I Got Good Religion」「Otis Jackson / Tell Me Why You Like Roosevelt (Part 1)」「(Part 2)」「Tell Me Why You Like Roosevelt」「Rev. B. C. Campbell / Sweepin' Thru The Gate」「Five Blind Boys / When God Dips His Pen Of Love(試聴)」「Never Turn Back」「Sister O. M. Terrell / I'm Going To That City(試聴)」「Radio Four / What'cha Gonna Do」「Echoes Of Zion / Atlanta's Tragic Monday」「Southern Harmonaires / Who Will Your Captain Be」「I'm So Glad」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2019年11月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
店舗営業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
店舗営業日 日曜・月曜 PM3:00-PM10:00
古物商 東京都公安委員会 第303261906488号

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.