(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Page 49)

Ambrose And His Orchestra - LEGENDARY 1929 SESSIONS

  • ジャズ/ダンスバンドLP
Ambrose And His Orchestra- アンブローズ&ヒズ・オーケストラ - "LEGENDARY 1929 SESSIONS"
U.K. / LP / Mono / Halcyon 19 / Rec 1929 / Pub 1980
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  1980 yen
■イギリスのトップ・ジャズ・バンド、アンブローズ楽団の音源集。
おもに30~40年代に活躍したこのグループは、英のポール・ホワイトマンという呼び方もされ、プログレッシヴなシンフォニック・ジャズ、完成度の高いダンス・バンド・ナンバー、早くからレイモンド・スコットの特異なナンバーを取り上げたりもしているバンド。これはダニー・ポロ(クラリネット)、テッド・ヒース(TB)らこのグループの顔的なミュージシャンが出そろった29年のナンバーを収録した一枚。まるで目に見えるような歯切れ良いラッパのリズムに各々のジャズ的なアクセントも効いたいいナンバー揃い。全20曲収録。英のジャズ編集盤レーベル、ハルシオンからの一枚。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

George Olsens Music, Seattle Harmony Kings, etc. - HOT AIRE

  • ダンス・バンド/ジャズLP
George Olsen's Music, Seattle Harmony Kings, etc.- ジョージ・オルセンズ・ミュージック、シアトル・ハーモニー・キングス、etc. - "HOT AIRE"
U.K. / LP / Mono / Halcyon 16 / Rec 1925-27 / Pub 1980
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ極わずか、しみ少々、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  1980 yen
■黄金期のアメリカン・ダンス・バンド名演を収録した編集盤。
イギリスのジャズ&ダンス・バンド編集盤レーベル、ハルシオンが出したアメリカのダンス・バンド名演集。この辺りの編集盤というとやはり原盤は手が出ないブラック・ホット・ジャズ、白人系でもまばゆいソロがあるような人気盤を集めたものが多いですが、素晴らしいメロディをアレンジできっちり構築した、メインストリームのポップスと言えるダンス・バンドものは意外にないです。これはまさに黄金期と言える時代、25年から27年の名演を18曲収録。ロバート・クラムのダンス・バンド編集盤"That's What I Call..."のようなのが聞きたいという人にはムチャクチャお薦め。【曲】「George Olsen's Music / Hot Aire」「Seattle Harmony Kings / If I Had A Girl Like You」「Darktown Shuffle」「Phil Romano And His Orchestra / I'm Goin' Out If Lizzie Comes In」「Keep On Croonin' A Tune」「Howard Lanin's Ben Franklin Dance Orchestra / Melancholy Lou」「Don't Wake Me Up, Let Me Dream」「Whitey Kaufman & His Orchestra / Paddlin' Madelin' Home」「Seattle Harmony Kings / Breezin' Along With The Breeze」「How Many Times?」「Charles Dornberger & His Orchestra / Tiger Rag」「Jan Garber And His Orchestra / Does She Love Me? - Positively - Absolutely」「What Do I Care What Somebody Said?」「You Don't Like It - Not Much」「Jack Crawford And His Orchestra / Swanee Shore」「Blue Steele And His Orchestra / Sugar Babe, I'm Leavin'」「Jacques Renard And His Coconut Grove Orchestra / When The Morning Glories Wake Up In The Morning」「Jack Crawford And His Orchestra / Baltimore」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Sufi Choir - THE SUFI DANCE AND SONG RECORD

  • ロック/フォークLP
 Sufi Choir- ス―フィ・クワイアー - "THE SUFI DANCE AND SONG RECORD"
USA / LP / Stereo / Cold Mountain Music 003 / Rec 1975 / Pub 1975
ジャケット擦れ少々、レーベルひげ少々、盤浅い擦れ、表層スクラッチ、B面に一本長めのスクラッチ、試聴のようなチリ音あり、ブックレット小汚れ
Jacket 3.5 / Disc 2 / Sound 2.5  1480 yen
■スーフィズムを信奉した人たちの歌&踊りのレコード。
ビートやヒッピーの精神的支柱、哲学的裏付けの一つにもあげられるイスラム神秘主義、スーフィズムを信奉する人達による音楽グループ。固い話は抜きにして先入観抜きで聞いてみると、こういった超越した人達の音楽は面白いです!レコードになったら聞き方なんてこちら次第ですから!男女の織り成すコーラスはまるでカート・ベッチャーが手掛けたアレンジのようにも聴こえますし、もっと斜めからみればB級映画のサントラにも聴こえてくるのです。男女コーラスにパーカッションやギターを加えた素朴なアレンジもどこかオリエンタルなブリティシュ・フォーク風なB1、賛美歌にもきこえる美しいA4、ピアノの伴奏が矢野顕子みたいなB2、ロシア正教の歌のようなB3、アーラーと繰り返す中近東フォークなB5等収録です!20ページ超えの大判ブックレット付。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

////////// 今晩3/14は新入荷のアップ休みます

すみません。今晩は新入荷のアップ休みます。明日いいもの出します。よろしくお願いいたします。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Sexteto Habanero, Trio Matamoros, etc. - HOT DANCE MUSIC FROM CUBA 1909-1937

  • キューバの音楽LP
Sexteto Habanero, Trio Matamoros, etc.- セステート・アバネロ、トリオ・マタモロス、etc. - "HOT DANCE MUSIC FROM CUBA 1909-1937"
U.K. / LP / Mono / Harlequin HQ2025 / Rec 1909 to 1937 / Pub 1980s
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■英ハーレクインの"世界の戦前ジャズ"シリーズから、キューバ編。
世界中の戦前ジャズ、ダンス・ミュージックのSP盤の編集、再発していたイギリスのハーレクイン・レーベルから、キューバ編。国自体がジャズの成立過程(ヨーロッパとアフリカの出会い)と似たような境遇におかれたキューバの音楽がどのように発展したか、ということがわかる一枚で、キューバでジャズにあたるルンバやソンあたりの独自のキューバ音楽を収録。有名なセクテート・ナシオナル、ミゲル・マタモロス、彼のコーラス・グループ、トリオ・マタモロスなどの歴史的音源を収録。【曲】「Colombo Y Garcia / Mama Teresa (Rumba)」「Orquesta Pablo Valenzuela / Mama Teresa (Danzon)」「Orquesta Pablo Valenzuela / El Garrotin」「Orquesta Antonio Maria Romeu / Donde Andaba Anoche」「Orquesta Antonio Maria Romeu / Bururu Barara」「Orquesta Verar Del Real / El Nuevo Ford」「Sexteto Habanero / Loma De Belen(試聴)」「Sexteto Nacional / Mujeres Enamorenme」「Cuarteto Machin / Vacilando」「Miguel Matamoras / La Corneta China」「Trio Matamoras / Las Maracas De Cuba」「Enrique Byron Y Su Orquesta / Las Maracas De Cuba(試聴)」「Estrellas Habaneras / Buey Viejo」「Orquesta Paulina Alvarez / Almendra(試聴)」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Loveys String Band, Lionel Belasco And His Orchestra, etc. - JAZZ AND HOT DANCE IN TRINIDAD 1912-1939

  • トリニダードの音楽LP
 Lovey's String Band, Lionel Belasco And His Orchestra, etc.- ラヴィーズ・ストリング・バンド、ライオネル・ベラスコ&ヒズ・オーケストラ、etc. - "JAZZ AND HOT DANCE IN TRINIDAD 1912-1939"
U.K. / LP / Mono / Harlequin HQ2016 / Rec 1912 to 1939 / Pub 1980s
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■英ハーレクインの"世界の戦前ジャズ"シリーズから、トリニダード編。
世界中の戦前ジャズ、ダンス・ミュージックのSP盤の編集、再発していたイギリスのハーレクイン・レーベルから、トリニダード編。トリニダードと言えばカリプソですが、これは、いわゆる戦前カリプソ・コンピレーションに収録されない、珍しい、そして素晴らしい音源を多数収録。1912年のトリニダードのストリング・バンド、アメリカを拠点にしてジャズとカリプソを融合したサム・マニング、やはりカリプソのパイオニア、ライネル・ベラスコ(彼のピアノ・ソロ曲も収録)、VDパークスもカバーしたカリプソニアン、ライオンの初期音源などなど、夢見てるのかといういい曲の数々。キューバ編同様、ジョン・フェイヒーに音楽を志せた、ブルース/戦前民俗音楽研究家ディック・スポッツウッド監修。【曲】「Lovey's Trinidad String Band / Trinidad Paseo」「Lovey's Trinidad String Band / Manuelito Vals(試聴)」「Sam Manning's Orchestra / Hold Him Joe (My Donkey Wants Water)」「Cyril Monrose's String Orchestra / Trinidad Carnival Songs」「Lionel Belasco / Bajan Girl Paseo」「Lionel Belasco / Amazon Waltz(試聴)」「Jack Celestian And His Caribbean Stompers / Nancy Dance Calypso」「Sam Manning's Orchestra / Talking To Myself」「Sam Manning's Orchestra / Belle Femme Paseo」「Sam Manning's Rhythm Boy / Recuerdos Del Pasado Venezuelan Waltz」「Harmony Kings' Orchestra / Don't Touch Me」「George Cabral / Memories Of Trinidad Paseo」「Lion With Sa Gomes Rhythm Boys / A Charming Trinidad」「Felix And His Krazy Kats / Bob White (Whatcha Gonna Swing Tonight)(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Trio Boricua, Sexteto Okeh, Los Reyes De La Playa, etc. - THE MUSIC OF PUERTO RICO 1929-1946

  • プエルト・リコの音楽LP
Trio Boricua, Sexteto Okeh, Los Reyes De La Playa, etc.- トリオ・ボリクア、セステート・オーケー、ロス・レイエス・デ・ラ・プラーヤ、etc. - "THE MUSIC OF PUERTO RICO 1929-1946"
U.K. / LP / Mono / Harlequin HQ2075 / Rec 1929 to 1946 / Pub 1989
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し、オリジナルスリーブきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■戦前プエルト・リコのストリング・バンドを収録した編集盤。
他のカリブ海の国の音楽からの影響を感じさせながらも、独自の音楽を培養させてきたプエルト・リコ。16~18世紀にかけて、セイスというダンス・ミュージックが盛んだったということからか、リズムを強調したストリング・バンド・ナンバーがズラリ。弓弾きのベースが渋いロス・ジャルディネロス(「Dallas Rag」のダラス・ストリング・バンド風)、戦前カリプソとサンバがミックスされたようなセステート・ペリンなどなど収録。世界の戦前ジャズをリイシューするシリーズで有名な英ハーレクインから、ディック・スポッツウッドの監修。歌詞カード、詳細解説のインサート付き。【曲】「Trio Armonico / Ausencia(試聴)」「Trio Boricua / Al Llegar A Machuelito(試聴)」「Los Borinquenos / Caridad(試聴)」「Canario Y Su Grupo / Despiertese Manolao」「Los Jardineros / Conversacion」「Sexteto Flores / Un Besito No Mas」「Los Jardineros / Los Sufrimentos」「Sexteto Okeh / Endemoniao」「Cuarteto Marcano / Sucedio Lo Que Tenia Que Suceder」「Sexteto Pellin / A Goya Le Dio La Gripe」「Conjunto La Plata / John Lahoud」「Los Reyes De La Plena / En La Ciento Diez Y Seis」「Los Reyes De La Plena / La Prohibicion Nos Tiene」「Sexteto Okeh / Estrella De Oriente」「Los Jardineros / Como Se Monda La Cana」「Cuarteto Mayari / El Flamboya」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Six And Seven-Eight String Band Of New Orleans - SIX AND SEVEN-EIGHTHS STRING BAND OF NEW ORLEANS

  • ジャズLP
 Six And Seven-Eight String Band Of New Orleans- シックス&セヴン・エイト・ストリング・バンド・オブ・ニューオーリンズ - "SIX AND SEVEN-EIGHTHS STRING BAND OF NEW ORLEANS"
Japan / LP / Mono / Folkways Columbia YW7044FW / Rec 1940s, 50s / Pub 1979
ジャケット擦れわずか、しみわずか、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4 2980 yen
■ニューオーリンズの伝説的ストリング・ジャズ・バンド、6&7,8s。
ニューオーリンズでジャズが生まれて間もないころは、弦楽器でジャズをやっていたグループが沢山いたんだそうです。しかし20年代中期には下火になったというこのスタイルで、ほとんど唯一と言っていい、レコードを残したグループがこの6&7,8s。マンドリン、ハワイアン・ギター、ギター、ウッドベースのカルテットで、メンバー数は変わったようですが、1913年には既にプレイしていたというグループ。これは彼らのSP盤等をまとめたフォークウェイズからのアルバムの日本盤。帯無し、解説付き。【曲】「Original Dixieland Jazz Band One-Step(試聴)」「Jealous(試聴)」「When The Saints Go Marching In」「Medley In "D"」「High Society」「Old Green River」「Tico-Tico」「Donna Clara」「Medley: Winter Nights - Stumbling」「Who's Sorry Now」「My Josephine」「Bei Mir Bist Du Schon」「Clarinet Marmalade」「Lazy River」「Tico-Tico」「Original Dixieland Jazz Band One-Step」「Tiger Rag」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Al King - ON MY WAY

  • ブルースLP
Al King- アル・キング - "ON MY WAY"
Holland / LP / Mono / Diving Duck DD4302 / Rec 1960s, 70s / Pub 1983
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  1800 yen
■ウエストコーストのブルースマン、アル・キングの音源集。
ルイジアナ生まれでロサンゼルスに渡り50年代から活躍したブルースマン、アル・キング。66年のヒット"Think Twice Before You Speak"で知られる人。その曲も含んだ編集盤で、地に足ついたどっしりしたエレキ・ブルースが延々楽しめる一枚。少ないながら熱のこもったブルース盤を出したオランダのダイビング・ダック・レコードからの一枚。【曲】「On My Way」「Reconsider Baby」「Think Twice Before You Speak」「My Money Ain't Long Enough」「Everybody Ain't Your Friend」「This Thing Called Love」「Playing Around On Me」「Don't Put Off For Tomorrow」「My Name Is Misery」「Get Lost」「What You're Looking For」「Better To Be By Yourself」「Ain't Givin' Up Nothing」「Without A Warning」「The World Needs Love」「High Cost Of Living」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Flip Phillips-Buddy Rich Trio - CARIOCA cw THREE LITTLE WORDS

  • ジャズ78rpm
 Flip Phillips-Buddy Rich Trio- フリップ・フィリップス-バディ・リッチ・トリオ - "CARIOCA cw THREE LITTLE WORDS"
Japan / 78rpm / Mono / Granz JP1017 / Rec 1952 / Pub 1950s
レーベル擦れ少々、盤擦れあり、音良し、しなり少々
Jacket n/a / Disc 2.5~3 / Sound 3.5  1480 yen
■ジャズ・テナー・マンFlip PhillipsとドラマーBuddy Richのトリオ。国内盤。
ウディ・ハーマン楽団出身、その後Jazz At The Philharmonicの常連テナー・マンとして活躍し一時代を築き上げたフリップ・フィリップス。時にはかなりの熱いブロウもする、そのハードにスウィングするスタイルはイリノイ・ジャケーと相通じる所ありますが、時として味のあるクール・トーンも得意とし数々のセッションに参加。かといって器用貧乏にならず、聴く人をサックスの目の前に来させる深くドープな音色が信条。これは西海岸一やんちゃなドラマー、バディ・リッチとピアニスストハンク・ジョーンズとのベースレス・トリオ。リッチが遊びまくるホットなラテン・ジャズのAもグレイトですがやはりテナーの音色をじっくり楽しむBが特にお薦め。※本日のアップはこの一枚です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Robert Martin Singers, Soul Stirrers, etc. - BRIGHTEN THE CORNER WHERE YOU ARE : BLACK AND WHITE URBAN HYMNODY

  • ゴスペルLP
 Robert Martin Singers, Soul Stirrers, etc.- ロバート・マーティン・シンガーズ、ソウル・スターラーズ、etc - "BRIGHTEN THE CORNER WHERE YOU ARE : BLACK AND WHITE URBAN HYMNODY"
USA / LP / Mono / New World NW224 / Rec 1909 to 1974 / Pub 1978
見開きジャケット擦れ極わずか、内側ブックレット部小しみ、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■20世紀のゴスペル、賛美歌の名演を一枚のアルバムにまとめたニューワールドの一枚。
他のレーベルが思っても見なかった切り口で編集しアメリカ音楽の本当の姿をとらえようとしたニュー・ワールド・レコードから、これまた斬新なコンピレーション。1909年から70年代までに録音された、都市部の賛美歌、ゴスペルの名唱を、様々なスタイルを紹介しながらまとめあげた一枚。サイドAは黒人による8グループ8曲を収録。ソウル・スターラーズ44年作、悪魔の音楽をバックに神の歌を唄うシスター・ロゼッタ、うなぎのぼりに熱が高まるハーモニーのフェイマス・ブルージェイ・シンガーズなどなど。Bは白人の8グループ9曲で、白人ゴスペルの草分けジョージ・ビヴァリー・シェー、アメリカで最も名の知られた牧師ビリー・グラハムのクワイアなど収録です。【曲】「God Shall Wipe All Tears Away / The Kings Of Harmony」「Canaan Land / The Famous Blue Jay Singers(試聴)」「Walk Around / The Soul Stirrers」「Tree Of Level / The Fairfield Four」「Yield Not To Temptation / The Roberta Martin Singers」「Daniel In The Lion's Den / He Locked The Lion's Jaw) / Rosetta Tharpe」「Give Me Wings / Willie Mae Ford Smith(試聴)」「They Led My Lord Away / Marion Williams」「We're Marching To Zion / Congregation Of The Ridgecrest / N.c. Baptist Conference Center」「Jesus Is All The World To Me / Congregation Of The Ridgecrest / N.c. Baptist Conference Center」「The Ninety And Nine / George Beverly Shea」「To God Be The Glory / Billy Graham London Crusade Choir」「Brighten The Corner Where You Are / Homer Rodeheaver」「In The Garden / Mrs. William Asher And Homer Rodeheaver」「Nearer, My God, To Thee / Oscar Seagle」「Saved By Grace / Gipsy Smith(試聴)」「Just As I Am, Without One Plea / Billy Graham Austrlian Crusade Choir」※本日のアップはこの二枚です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Duke Ellington, Fletcher Henderson, Horace Henderson - THE BIG BANDS 1933

  • ジャズLP
Duke Ellington, Fletcher Henderson, Horace Henderson- デューク・エリントン、フレッチャー・ヘンダーソン、ホレース・ヘンダーソン - "THE BIG BANDS 1933"
USA / LP / Stereo / Prestige PR7645 / Rec 1933 / Pub 1969
ジャケット擦れわずか、下部中央小縁裂け、レーベルひげ少々、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■エリントン、フレッチャー・ヘンダーソンの30年代前半の名演集。
エリントン楽団33年のナンバーに加え、ヨーロッパに旅立つまえのコールマン・ホーキンズの名演が聞けるヘンダーソン楽団の貴重な録音を集めた一枚。エリントン楽団の「Sophisticated Lady」は、当時もっとも進んだエリントン・ジャズがもっともピュアな形で録音された傑作テイク。このナンバーの妙な魅力はほんと口では語れないのですが、彷徨うようなメロディーに、情景が浮かぶようなアレンジといい、真のマスター・ピースと呼ぶに相応しいナンバー。ヘンダーソン楽団はまず、細野さんのティン・パンがカヴァーした、早すぎたバップ・ジャズ「Queer Notions」を収録。ホーキンズの有名な「Body & Soul」よりもソロの完成度が高いとライナーでは書かれている「It's The Talk Of The Town」などなど。裏面はホレース名義ですが、実体はフレッッチャー楽団。ここでもホーキンスのサックスは健在ですが、他にも名手がゴロゴロ。紺レーベルのオリジナル、両面Van Gelder刻印。【曲】「Duke Ellington And His Orchestra / Merry-Go-Round」「Sophisticated Lady」「Down A Carolina Lane」「I've Got The World On A String」「Queer Notions」「It's The Talk Of The Town」「Ngasaki」「Night Life」「Rhythm Crazy」「I've Got To Sing A Torch Song」「Minnie The Moocher's Wedding Day」「Ol' Man River」「Ain't Cha Glad」「Happy Feet」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2021年6月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
2021年7月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
店舗営業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
店舗営業日 日曜・月曜 PM3:00-PM8:00
古物商 東京都公安委員会 第303261906488号

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2021 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.