(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Page 49)

Wanda Jackson - WANDA JACKSON

  • オールディーズ/ロカビリーLP
 Wanda Jackson- ワンダ・ジャクソン - "WANDA JACKSON"
Belgium / LP / Stereo / Capitol T1041 / Rec 1958 / Pub 1977
コーティング・ジャケット表裏擦れ少々、レーベルひげ無し、盤ほぼ新品同様
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 2680 yen
■ワンダ・ジャクソンのファースト・アルバム。
クイーン・オブ・ロカビリー、ワンダ・ジャクソンの58年のファースト・アルバムのリイシュー。「Let's Have A Party」、「Long Tall Sally」等おなじみのロッキン・アップから初々しいロカ・バラードまで充実した内容。【曲】「Day Dreaming」「I Wanna Waltz」「Heartbreak Ahead」「Making Believe」「Here We Are Again」「Long Tall Sally(試聴)」「Just Call Me Lonesome」「Let Me Go Lover」「Money, Honey」「I Can't Make My Dreams Understand」「Happy, Happy Birthday(試聴)」「Let's Have A Party(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Wanda Jackson - ROCKIN WITH WANDA

  • オールディーズ/ロカビリーLP
 Wanda Jackson- ワンダ・ジャクソン - "ROCKIN WITH WANDA"
Belgium / LP / Stereo / Capitol T1384 / Rec late50s / Pub 1977
コーティング・ジャケット表裏擦れわずか、レーベルひげ極わずか、盤ほぼ新品同様
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■ワンダ・ジャクソンのセカンド・アルバム。「Fujiyama Mama」他収録。
クイーン・オブ・ロカビリー、ワンダ・ジャクソンの60年のセカンド・アルバムのリイシュー。「Fujiyama Mama」、「Mean Mean Man」、「Rock Me Baby」などホットなロカビリー・ナンバーを中心にした一枚。【曲】「Rock Your Baby」「Fujiyama Mama(試聴)」「You're The One For Me」「Did You Miss Me?」「Cool Love」「Honey Bop(試聴)」「Hot Dog! That Made Him Mad」「Baby Loves Him」「Mean Mean Man」「You've Turned To A Stranger」「Don'a Wan'a(試聴)」「I Gotta Know」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Ornette Coleman Trio - AT THE GOLDEN CIRCLE STOCKHOLM VOLUME 1

  • ジャズLP
 Ornette Coleman Trio- オーネット・コールマン・トリオ - "AT THE GOLDEN CIRCLE STOCKHOLM VOLUME 1"
USA / LP / Stereo / Blue Note BST84224 / Rec 1965 / Pub 1970s
表裏擦れほぼ無し、左下コーナーカット、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4
■ストックホルムでのライブ・アルバム。
バップのさらなる延長としてのフリー・ジャズ、つまりメロディも一定のパルスもあるものの、まだ誰も聞いたことが無かった新種のジャズを生んだオーネット・コールマン。元バリバリのR&Bホンカーで、パーカーの「Now The Time」を聞いて、これ「Hucklebuck」(ホンカー定番ナンバー)だろ?と言ったという、バップもR&Bも等しく捕らえていた逸話は彼の音楽の成り立ちを雄弁に物語ります。このアルバムはストックホルムでのライブを収録した、彼の名盤の一つ。メンバーは幼馴染のチャールズ・モフェット(D)にデヴィッド・アイゼンソン(B)のピアノレストリオ。前説の紹介に引き続きおもむろに始まる抽象的なテーマから、恐ろしく前進力のあるモフェットのドラムに引きこまれる「Faces And Places」、三拍子の「Europian Echoes」、エリック・ドルフィー風のDawn」などなど収録。UA青×黒レーベル。【曲】「Faces And Places(試聴)」「European Echoes」「Dee Dee(試聴)」「Dawn」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Oscar Moore Quartet - OSCAR MOORE

  • ジャズ/ギターLP
Oscar Moore Quartet- オスカー・ムーア・カルテット - "OSCAR MOORE"
USA / LP / Mono / Skylark Tampa VSOP34 / Rec mid50s / Pub 1986
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤音に出ないスクラッチ一本、他美品
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4
■ジャズ・ギタリスト、オスカー・ムーアの初ソロ作のリイシュー。
テキサス出身のジャズ・ギタリスト、オスカー・ムーア。兄はジョニーで、兄弟ともにロスに進出、兄はスリー・ブレイザーズを結成、スターに。そしてこのオスカーは、キング・コール・トリオのもっとも充実した初期の10年のギタリストとなった人。本作は54年、カール・パーキンス(P)、ジョー・コンフォート(B)、リー・ヤング(D)のカルテットで録音されたムーアの初10インチLPのリイシュー。カール・パーキンスの演奏がこれだけきけるのもうれしい一枚。【曲】「Roulette(試聴)」「Nearness Of You(試聴)」「Love For Sale」「Kenya」「Body And Soul」「Blues In B Flat」「Kiss Me Again」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Tamegai Keiji - KIMIGAYO, FUTSU KOKU NO UTA cw EIKOKU NO UTA, BEIKOKU NO UTA

  • 日本の音楽78rpm
 Tamegai Keiji- 為貝敬二 - "KIMIKAYO, FUTSU KOKU NO UTA cw EIKOKU NO UTA, BEIKOKU NO UTA"
Japan / 78rpm / Mono / Nipponophone 3982 / Rec early1920s / Pub early1920s
レーベルきれい、盤浅い擦れわずか
Jacket n/a / Disc 4 / Sound 2680 yen
■日本の口笛吹きが、4か国の国歌を吹いた一枚。
為貝敬二という日本の口笛吹きが、日本、フランス、イギリス、アメリカの国歌を管弦楽伴奏で吹いたという珍しい一枚。20年代前半。コロンビアの前身、ニッポノホンから。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Alberto Neuman - NOBLESSE DU TANGO

  • クラシックLP
 Alberto Neuman- アルベルト・ノイマン - "NOBLESSE DU TANGO"
France / LP / Stereo / Arion ARN36299 / Rec 1975 / Pub 1975
見開きコーティング・ジャケット表裏擦れわずか、内側きれい、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4
■アルゼンチンのピアニスト、アルベルト・ノイマンが、クラシックのタンゴ曲を弾いた一枚。
ブエノス・アイレス生まれで今はフランスで活躍しているピアニスト、アルベルト・ノイマン。若い頃はギーゼキングやミケランジェリに師事、そのうちに自らの国が生んだタンゴを演奏するようになった人。これは、ストラヴィンスキー、アルベニス、ミヨー、サティといったヨーロッパの作曲家が未知の音楽タンゴに憧れ書いた、ロマン、エキゾチシズム溢れるナンバー、そしてヒナステラ、ファン・ホセ・カストロ、ファン・フランシスコ・ジャコッベ(タンゴのリズムでなく、タンゴを思い描いた曲。素晴らしい!)というタンゴの生地アルゼンチンの作曲家、そしてピアソラの曲も演奏した一枚。タンゴの熱烈なイメージとはまるで逆な青白い演奏も素晴らしいです。最後には現音×タンゴといった趣の自作も収録。【曲】「Tango / Igor Stravinsky」「Tango, Op. 165. No2 / Isaac Albeniz」「Tangos / Juan Jose Castro」「Tango / Juan Francisco Giacobbe(試聴)」「Tango Des Fratellini / Darius Milhaud」「Milonga / Alberto Ginastera」「Le Tango Perpetuel / Erik Satie(試聴)」「Patio De Los Jazmineros / Juan Francisco Giacobbe」「Resurreccion Del Angel / Astor Piazzolla」「Destruccion / Alberto Neuman(試聴)」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Belaynesh Wubante And Assegedetch Asfaw - EREYE DEMAMU cw BELAYIYE

  • 民俗音楽/エチオピア45rpm
 Belaynesh Wubante And Assegedetch Asfaw- ベライネシュ・ウバンテ&アセゲデッチ・アスファウ - "EREYE DEMAMU cw BELAYIYE"
Ethiopia / 45rpm / Mono / Philips PH7-213 / Rec 1974 / Pub 1974
ピクチャースリーブ擦れ、よれあり、レーベルBにボールペン書き込み、盤表層スクラッチ、チリ音
Jacket 2.5~3 / Disc 2.5~3 / Sound 2.5~3
■ムラトゥ・アスタケがサポートした女性2人組。
アメリカのジャズ、ラテンとエチオピアの音楽を混ぜ他のどこにもないエチオ・ジャズを作ったムラトゥ・アスタケ。これはアスタケがバックアップ、シングルを数枚リリースした女性2人組ベライネシュ・ウバンテ&アセゲデッチ・アスファウの非常に珍しい一枚。日本の音楽にそっくりなエチオピアの5音階をアラビアにスライドさせたような独特の演奏、ESPのエリカ・ポメランツを思い出す二人の妖気たちこめる歌、ワン&オンリーの二曲。ピクチャー・スリーブ付きは本当に貴重。エチオピア盤。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Pasadena Roof Orchestra - ISNT IT ROMANTIC

  • ダンス・バンドLP
 Pasadena Roof Orchestra- パサデナ・ルーフ・オーケストラ - "ISN'T IT ROMANTIC"
U.K. / LP / Stereo / Transatlantic TRA335 / Rec 1976 / Pub 1976
ジャケット表裏擦れ少々、レーベルひげわずか、盤浅い擦れわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4
■76年の名盤。
68年のこと、パン屋だったジョン・アーシーという男が、自宅で20年代のジャズの譜面を大量に発見したことから結成を思いついたという、英国リバイバル・ジャズ・バンドの最高峰。というかアメリカでも彼らに並ぶのはなかなかいないです。これは76年のアルバムで、かけた途端に名盤とわかる一枚。初期は純然なリバイバルという感じだったものの、このアルバムは4~50年代のムード・ミュージックなどを加味、絶妙に音楽の幅を広げたアレンジでいいナンバーを演奏。【曲】「Isn't It Romantic(試聴)」「I Won't Dance(試聴)」「I Told Every Little Star」「Cheek To Cheek」「Hey Miss Moonlight」「Singing In The Rain」「Whispering」「I'll See You Again(試聴)」「Dream A Little Dream Of Me」「Creole Love Call」「Soft Shoe Shuffle Blues」「Sunday」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Yamanaka Hisaichi - CAKE WALK cw ARURU NO ONNA

  • 日本の音楽78rpm
 Yamanaka Hisaichi- 山中壽一 - "CAKE WALK cw ARURU NO ONNA"
Japan / 78rpm / Mono / Nitto 1150 / Rec mid1920s / Pub mid1920s
レーベル擦れ少々、盤極表層のスクラッチのみできれい
Jacket n/a / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4
■ハーモニカ奏者、山中壽一の独奏盤。
どういう人なのかさっぱりわからないのですが、ラッパ録音時代に活躍したハーモニカ奏者、山中壽一の一枚。20年代初~中期。A面はケークウォーク(表記は「ケーキ ウオーク」)、B面は「アルルの女」。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Rex Allen - AFRAID cw COTTAGE IN THE CLOUDS

  • カントリー78rpm
 Rex Allen- レックス・アレン - "AFRAID cw COTTAGE IN THE CLOUDS"
USA / 78rpm / Mono / Mercury 6192 / Rec 1949 / Pub 1949
レーベルBに小汚れ、盤浅い擦れ、極表層のスクラッチ少々
Jacket n/a / Disc 3.5 / Sound 3.5~4  2680 yen
■ディズニー・アニメのナレーターとしても活躍したレックス・アレンの49年作。
俳優として、さらにこのいい声でディズニー・アニメのナレーターとしても活躍した"アリゾナ・カウボーイ"ことレックス・アレン。46年にデビューしたものの最大のヒットは62年の「Don't Go Near Indians」という息の長いシンガー。これは49年の一枚。名手ジェリー・バードのスティールをフィーチュアしたバンドにゆる~く唄うA面。裏面はサンズ・オブ・ザ・パイオニアーズのボブ・ノーラン作のナンバーで、アコーディオンを入れたドリーミーなワルツ。※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Richard Sowell, El Watson, Palmer McAbee, etc. - GREAT HARP PLAYERS 1927-30

  • ブルースLP
 Richard Sowell, El Watson, Palmer McAbee, etc.- リチャード・ソーウェル、エル・ワトソン、パーマー・マカビー、etc. - "GREAT HARP PLAYERS 1927-30"
U.K. / LP / Mono / Matchbox MSE209 / Rec 1927 to 1930 / Pub 1983
ジャケット表裏擦れ極わずか、レーベルひげ極わずか、盤ふちにしなり少々、かすかに音にでます(試聴1曲目)、擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4 
■20年代のブルース・ハープ奏者6人のオムニバス。
ポピュラー音楽の中で、一つのジャンルとしてギターの奏法が大変に発展したカントリー・ブルース。しかし実はハーモニカの世界もモノスゴイことになっていたというのがわかるコンピレーション。いやギター以上?20年代のほぼ無名の6人のブルース・ハープ奏者が残した音源を全て収録した一枚。ただシンプルにメロディを吹くだけの、この中では最も地味、しかしなんとも言えない味のリチャード・ソーウェル、実際の歌よりも歌に聞こえるエル・ワトソン(少し有名なロバート・クークシーが参加する曲もあり)、ハープのテクニックだけでなく様々な動物の鳴き声の真似だけの曲も披露するフリーマン・ストワーなどなど。【曲】「William Francis & Richard Sowell / John Henry Blues」「Roubin Blues」「El Watson / Pot Licker Blues」「Narrow Gauge Blues」「El Watson's Fox Chase」「Bay Rum Blues」「Sweet Bunch Of Daisies」「One Sock Blues」「」「Palmer McAbee / Lost Boy Blues」「McAbee's Railroad Piece(試聴)」「Freeman Stowers / Railroad Blues」「Texas Wild Cat Chase」「Medley Of Blues」「Sunrise On The Farm」「Blues Birdhead / Mean Low Blues(試聴)」「Harmonica Blues」「Alfred Lewis / Mississippi Swamp Moan(試聴)」「Friday Moan Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Trio A Cordes A. Roussel - DARIUS MILHAUD - JEAN-MICHEL DEFAYE

  • クラシックLP
 Trio A Cordes A. Roussel- アルベール・ルーセル弦楽三重奏団 - "DARIUS MILHAUD - JEAN-MICHEL DEFAYE"
France / LP / Stereo / Cybelia CY645 / Rec 1981 / Pub 1981
見開きコーティング・ジャケット擦れ極わずか、背部色あせ少々、内側擦れわずか、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 
■20世紀フランスの作曲家二人の弦楽三重奏曲を両面に収録した一枚。
A面はダリウス・ミヨーの『弦楽三重奏曲』(47年)。一人一人は古めかしい演奏でいながらも組み合わさることで刺激的なエネルギーを溢れさす第一楽章、弟子のバカラックにに受け継がれるような緊迫したメロディの第二楽章、ピチカートを豪快に使った目の覚める第三楽章、永遠に終わりが来ないような謎めいたラスト、まさしくミヨーらしい作。B面は、レオ・フェレのアレンジャーとしても知られるジャン・ミシェル・ドフェイで、このアルベール・ルーセル三重奏団のために作った長大な作『トリオフォニー』(81年)。一応単一楽章のようですが、バルトークやヒナステラなどを思わせるスリル溢れるパートだったり、伊のシェルシの茫洋とした管弦楽を三人に圧縮したようなパートだったします。仏シベリア・レーベルの"20世紀のフランス音楽"からで、このシリーズのなかでも相当にいい一枚。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2017年4月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
2017年5月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.