(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Page 461)

Bob Dorough Quartet - OLIVER AN EXCURSION WITH THE BOB DOROUGH QUARTET

  • ジャズLP
 Bob Dorough Quartet- ボブ・ドロー・カルテット - "OLIVER AN EXCURSION WITH THE BOB DOROUGH QUARTET "
USA / LP / Mono / Music Minus One MMO225 / Rec early60s / Pub early60s
オリジナル・コーティング・ジャケット表裏円状の擦れ少々、下部中央に縁裂け、レーベルひげ少々、盤浅い擦れ
Jacket 3~3.5 / Disc 3.5 / Sound 3.5 
■「Devil May Care」のボーカル&ピアニストのボブ・ドロー・カルテットによる『Oliver』レパートリー集。
一味も二味もフツーのジャズとは違う、実に素晴らしいポップ・ジャズ。英国の舞台作曲家ライオネル・バートの代表作『Oliver!』のナンバーを、ボブ・ドロー(P)と、ニーナ・シモンの片腕となった名ギタリスト、アル・シャックマン(G), 「Comin' Home Baby」を書いたベン・タッカー(B)というドロー軍団と、クラーク・テリー(TP)、タイリー・グレン(TB)、ボビー・トーマス(D)で、いわばジャズを飛び越えた面白いジャズに仕上げた名作。殻を破ったような自由闊達なシャックマンのギターに聞き惚れてしまうのですが、全員一丸となってドローの複雑でユニークなアレンジを演奏。ジャズの脇道を愛する人には絶対にお薦め。【曲】「Food, Glorious Food」「Oliver(試聴)」「Boy For Sale」「Where Is Love?」「Al Long As He Needs Me」「Consider Yourself」「Who WIll Buy?」「I'd Do Anything」「Pick A Pocket Or Two」「It's A Fine Life(試聴)」「Oom-Pah-Pah!」「Who Will Buy?(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Tracey Dey - GO AWAY cw GONNA GET ALONG WITHOUT YOU NOW

  • ガール・ポップ45rpm
 Tracey Dey- トレイシー・デイ - "GO AWAY cw GONNA' GET ALONG WITHOUT YOU NOW"
USA / 45rpm / Mono / Amy 901 / Rec 1964 / Pub 1964
レーベル擦れ、盤浅い擦れ表層スクラッチあり
Jacket n/a / Disc 2.5~3 / Sound 3~3.5 
■クリュー&キャレロが本気で送り出したガール・シンガー、トレイシー・デイ。必殺の2曲。
サウンドはどれもすごい完成度、メロディも極上、美声な上に歌は上手い、なおかつ美人、にも関わらず今では60'Sのマニアの間のみで語られる存在となっている、ガール・ポップ~ガール・グループ・ファン憧れのアイドル、トレイシー・デイ。ボブ・クリュー&チャーリー・キャレロ渾身のサウンド・プロダクションも圧倒的な名曲中の名曲「Go Away」。何度聴いても泣。裏面はペイシェンス&プリューデンスも取り上げたポップ・ナンバーのカヴァーで、エッジの効いたエレキ・ギターのアクセントがいいロックンロール・コンボをバックに唄われるナンバー。64年のダブル・サイダー。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Paul Jacobs - FERRUCCIO BUSONI : THE SIX SONATINAS FOR PIANO

  • クラシックLP
 Paul Jacobs- ポール・ジェイコブス - "FERRUCCIO BUSONI : THE SIX SONATINAS FOR PIANO"
USA / LP / Stereo / Nonesuch H71359 / Rec 1979 / Pub 1979
ジャケット表裏ともに円状の擦れ小、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し、プレスによるチリパチ音少し
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 
■米のピアニスト、ポール・ジェイコブズが、ブゾーニのソナチネ6作品を弾いた一枚。
イタリア生まれの作曲家フェルッチョ・ブゾーニ(1866-1924)。バッハの音楽に深く根ざした新古典主義的作風で知られ、後には電子音楽、微分音音楽まで提唱したブゾーニは、バルトーク、クルト・ワイル、エドガー・ヴァレーズ等を教えまた世に出した教育者としても重要な人。本作はNYフィルのピアニストでもあり、現代音楽を積極的に録音したポール・ジェイコブスが、ブゾーニの残したソナチネ6作品を弾いたノンサッチからの一枚。ブゾーニのソナチネ、初めて聞いたのですが鷲づかみにされました。さらさらと決まった調から逃れるような、美しく不安なメロディの『第一番』(1910年)。全ての曲にも言えることですが、ポール・ジェイコブスのディレクションなのか、カーテンを一枚隔てて聞こえてくるようなぼんやりとした音がたまらなくいい。全作品中最もアヴァンギャルドなのが無調の『第二番』(1912年)ですが、構成や明快なリズムで曲の世界へ引きずり込む力の大きい作。可愛らしい、テンポ感のいいリズムながら、時に感傷的で時にドキッとするメロディが飛び出す『第三番・子どものために』(1915年)、試聴の『第4番・キリスト生誕1917年の日に』(1917年)、バッハ風のメロディが澱みの中続く『第五番・大ヨハン・ゼバスティアン氏の印として』(1918年)、ラストは『第六番・カルメン幻想曲』(1920年)で、ビゼーの『カルメン』をもとに創作された作。「ハバネラ」のメロディも本当刺激的にリアレンジされています。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Claude Thornhill And His Orchestra - ROBBINS NEST cw JUST ABOUT THIS TIME LAST NIGHT

  • ジャズ78rpm
 Claude Thornhill And His Orchestra- クロード・ソーンヒル&ヒズ・オーケストラ - "ROBBIN'S NEST cw JUST ABOUT THIS TIME LAST NIGHT"
USA / 78rpm / Mono / Columbia 38136 / Rec 1947 / Pub 1947
レーベルきれい、盤きれい、Aの最初の方にシェラックの表層亀裂(試聴部)、音、強度ともに問題なし
Jacket n/a / Disc 4 / Sound 
■47年作。ギル・エヴァンス・アレンジの傑作「Robbin's Nest」。
大音量でひたすらスウィングする楽団が隆盛を極めた白人スウィング・バンド全盛期に、あまりにも音楽的過ぎた、静寂のビッグ・バンド・ジャズを演奏したクールの元祖クロード・ソーンヒル楽団。41年、コロンビアと契約、レコーディング・ストライキ前の42年までの短い期間で「Snowfall」を始めとする作品でソーンヒル・サウンドを完成させ、戦後を迎えます。これは47年、ギル・エヴァンス・アレンジの傑作と名高い「Robbin's Nest」。普段のとさほどスタイルは変えていないものの、音の遠近法を駆使し格段に世界を拡げたナンバー。裏面はソーンヒル・サウンドど真ん中のエーテル感たっぷりの一曲。こちらは女性シンガー、フラン・ウォーレンをフィーチュア。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Evelyn Knight - LITTLE BOY cw A HOUSE IS A HOME

  • 女性ヴォーカル45rpm
 Evelyn Knight- イヴリン・ナイト - "LITTLE BOY cw A HOUSE IS A HOME"
USA / 45rpm / Mono / Decca 9-27842 / Rec 1951 / Pub 1951
レーベル、盤ともにきれい、Aのレベルの高いところで少々びりつきあり
Jacket n/a / Disc 4 / Sound 3.5 
■女性シンガー、イヴリン・ナイトの51年作。
セクシーさを売りにするのではなく、語りかけるような可愛らしい歌で、40年代から50年代にかけて人気を博した女性シンガー、イヴリン・ナイト。40年代後半には「A Little Bird Told Me」、「Powder Your Face with Sunshine」の2曲のナンバーワンヒットを出した人。これは51年で、ペリー・ボトキンの伴奏、ヴォーカル・グループ、リズメアーズと一緒に歌われる一枚。スウィンギーなアップの楽しいA、郷愁感たっぷりのインティメイトなB、どちらも素晴らしい。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bob Bain - EXPERIMENT IN TERROR cw SOFT GUITAR

  • ジャズ/ギター45rpm
 Bob Bain- ボブ・ベイン - "EXPERIMENT IN TERROR cw SOFT GUITAR"
USA / 45rpm / Mono / Radiant 1509 / Rec 1962 / Pub 1962
レーベル擦れ少々、盤浅い擦れ細いスクラッチ少々、Bにチリパチ音
Jacket n/a / Disc 3~3.5 / Sound 
■ハリウッドNo1の名ギタリスト、ボブ・ベインの知られざる一枚。
「ピーター・ガンのテーマ」のあのギターやシナトラの「I've Got You Under My Skin」等でプレイしてきたハリウッドの静かな巨匠と言えるギタリスト、ボブ・ベイン。デイヴ・バーバー(ペギー・リーの旦那)の後釜としてTドーシー楽団に入り、レス・ポールとは家に入り浸るような仲だったり、他にもいろんな話があり興味の尽きない人。本作は62年、同名映画『Experiment In Terror(邦題:追跡)』のテーマ曲。印象的なピアノと組み合わさるトレモロ・ギターが浮遊感たっぷりのインスト。裏がまたいい。丸い音色にしたエレキに落ち着き無く漂うサックス(プラス・ジョンソンでしょうか)、オルガンで静かに聞かせるナンバー。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Karol Thorn Orchestra - BY GEORGE!

ul>
  • ジャズ/イージー・リスニングLP
  •  Karol Thorn Orchestra- キャロル・ソーン・オーケストラ - "BY GEORGE!"
    USA / LP / Mono / Thornett TLP1007 / Rec late50s / Pub late50s
    ジャケット表裏ともに擦れ少なめ、上下部縁裂け、レーベルひげ少々、盤浅い擦れ表層スクラッチ少々
    Jacket 3 / Disc 3~3.5 / Sound 3~3.5 
    ■ムード、ジャズ、ラテンが絶妙ミックスされた手作り感覚満点の一枚。
    ラテン、イージーリスニング、ムード・ミュージック、そしてジャズが実に軽やかにミックスされた、ありそうで無い実にいい塩梅のマイナー盤。カール・キャロルというアレンジャーと、「I Hear A Rhapsody」を書いた作曲家ジョージ・ソーンの双頭バンドで、そのソーンの曲を演奏したという50年代後半の作。キャロルはアレンジとTS、フルート、バスクラ、ヴァイオリン、ソーンはピアノとアコーディオン、それに一人も名前を知らないクインテットによる演奏で、全曲インスト。スリー・サンズのような小気味良いナンバー、さっぱりとしたラテン・ムード、やはりライトなスウィングまで屈託の無い演奏で聞かせる一枚。【曲】「I Hear A Rhapsody」「Roma!」「You Make It That Way(試聴)」「Per Te!(試聴)」「Keep Me In Mind」「With All Your Heart」「Can I Be Wrong?」「Souvenir Souvenir(試聴)」「Amore En Milano」「My Unfinished Symphony」「Exclusively Yours」「Have A Nice Weekend」「Infatuation」「Christmas In Brittany」

    By NoahlewisRecord

    Go To Page Top↑   Bottom↓

    Slim Whitman - CARELESS LOVE cw I MUST HAVE BEEN BLIND

    • カントリー45rpm
     Slim Whitman- スリム・ウィットマン - "CARELESS LOVE cw I MUST HAVE BEEN BLIND"
    USA / 45rpm / Mono / Imperial 8309 / Rec 1957 / Pub 1957
    レーベルきれい、盤極浅い擦れ、小チリ音
    Jacket n/a / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4
    ■珍しいアップのAに、スリム・ウィットマンといえばこれ、のB。
    映画『マーズ・アタック』で、彼のレコードをかけると火星人の脳が破裂するシーンはサイファイ・ファンならずとも知られた、カントリー&ウエスタンの天然男スリム・ウィットマン。当店の大大フェイヴァリットの一人です。これは57年のシングルで、珍しい、トランペットを入れたナンバー。Aの"Careless Love"は、世紀の変わり目頃にニューオーリンズでジャズを始めた張本人バディ・ボールデンの十八番。だからこの編成なのでしょうか。珍しくバリッとアップのナンバー。裏はウィットマンらしい、トリップ感満点のC&W。飾らない歌、スティール・ギターのトロピカル・ムード、ラッパのジャズ味、本当ウィットマンならではのナンバー。

    By NoahlewisRecord

    Go To Page Top↑   Bottom↓

    Roswitha Trexler - ROSWITHA TREXLER SINGT EISLER - DESSAU - LUTOSLAWSKI

    • クラシック/歌曲LP
     Roswitha Trexler- ロズウィータ・トレクスラー - "ROSWITHA TREXLER SINGT EISLER - DESSAU - LUTOSLAWSKI"
    Germany / LP / Stereo / Wergo WER60073 / Rec 1975 / Pub 1975
    コーティング・ジャケット表裏ともに円状の擦れ小、レーベルしみ小、ひげわずか、盤ピカピカです、擦れほぼ無し、インサート(英字解説、歌詞)折れ目少々
    Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 
    ■独のソプラノ歌手ロズウィータ・トレクスラーが、アイスラー、ルトスワフスキ、デッサウの歌曲を歌った独ヴェルゴ盤。
    良質な現代音楽を熱心にリリースし続けるドイツのヴェルゴから、ドイツ人ソプラノ/メゾソプラノ、ロズウィータ・トレクスラーが、個人的にも親交のあった作曲家3人の歌曲を歌った一枚。まずはクルト・ワイル作品で有名な詩人ブレヒトとの創作でも知られるハンス・アイスラーを4作品収録。ブレヒトとの57年作『老子亡命途上での道教成立の由来』はワイルが現代音楽の世界に生まれ変わったような作。『刑務所のカンタータ』(37年)は、ヴィオラ、チェロ、クラリネットをバックにした7曲の小品からなる、切なくノスタルジーに溢れた美曲。またブレヒト詩の「3つのエレジー」(38年)はピアノ伴奏で、ぬくもりのある演奏、歌で現代的なメロディを演じるミステリアスなナンバー。7曲からなる『ヘルダーリン断章』は、まるでポップスのようなメロディのものと抽象的な曲が入り混じるこれまた不思議な作。そしてポーランドの作曲家ルトスワフスキは『カジミシュ・イワコヴィッツの詩による5つの歌』。ストリングス、ハープ等をバックにした幻想的な5曲。もう一人は独の作曲家でやはりブレヒトの同士パウル・デッサウの『動物の詩』。アコースティック・ギターとピアノの伴奏のユーモラスでイマジナティヴな作品。美声でいて、際立った癖の無い彼女の歌も浸透力高し。試聴はルトスワフスキ『カジミシュ・イワコヴィッツ...』とアイスラー『老子亡命...』。

    By NoahlewisRecord

    Go To Page Top↑   Bottom↓

    メディアセブン開館7周年記念ライブ 「7回目の夏」

    - イベントのお知らせ -

    7月7日(日)、当店店員らのバンド、ノアルイズ・マーロン・タイツが参加するイベントがあります。場所はJR川口駅(新宿から20分ほど)前のキュポ・ラ7階のメディアセブン。メディアセブン開館7周年のイベントで、出演は僕等と、恐れ多くもあがた森魚さん!どんなことになるのか、今からドキドキワクワクなのです。七夕の夜、ぜひご一緒しましょう!
    詳細、ご予約はこちらです


    メディアセブン開館7周年記念ライブ 「7回目の夏」

    2013年07月07日(日) 
    オープン 18:30  スタート 19:00
    川口市メディアセブン ワークスタジオB

    料金:高校生以上/2000円、中学生以下/無料(中学生以下は保護者同伴)
    ご予約はこちら
      アクセスはこちら
    ※定員80名先着となります

    By NoahlewisRecord

    Go To Page Top↑   Bottom↓

    Lefty Frizzell - ITS JUST YOU cw IF YOU CAN SPARE THE TIME

    • カントリー45rpm
     Lefty Frizzell- レフティ・フリゼル - "IT'S JUST YOU cw IF YOU CAN SPARE THE TIME"
    USA / 45rpm / Mono / Columbia 4-20950 / Rec 1952 / Pub 1952
    レーベルきれい、盤極浅い擦れ
    Jacket n/a / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4 
    ■レフティ・フリゼルの52年作。
    50年代以降のカントリーのヴォーカル・スタイルに新しい潮流を作ったレフティ・フリゼル。あの棒読みな感じでカラリと唄い飛ばすスタイルでデビュー早々ナンバーワン・ヒットを連発(50年)、後のシンガーたちに大きな影響を与えました。これは52年の一枚。良すぎます...まずA、両面フリゼル作なんですが、カントリーの常套句でいてちょびっとだけはみ出したこのメロディ、この歌、どっぷり沁みます...裏面はちょいとテンポアップして踊れるホンキー・トンキンなナンバー。これでノンヒットなのか。最高の両A面。こういうレコードもっと入れたい...

    By NoahlewisRecord

    Go To Page Top↑   Bottom↓

    Claude Thornhill And His Orchestra - SNOWFALL cw IF I FORGET YOU

    • ジャズ78rpm
     Claude Thornhill And His Orchestra- クロード・ソーンヒル&ヒズ・オーケストラ - "SNOWFALL cw IF I FORGET YOU"
    USA / 78rpm / Mono / RCA Victor DJ666 / Rec 1949 / Pub 1949
    プロモーション盤?レーベルAに貼り物、盤極浅い擦れのみ
    Jacket n/a / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4 
    ■「Snowfall」の49年ヴァージョンです。
    Rare。といっても探している人がいるかわかりませんが。41年に初めて「Snowfall」を録音したクロード・ソーンヒル楽団が、49年に再度RCAで録音した「Snowfall」。この盤ではB面扱いですがこっちを先に...41年のオリジナル・ヴァージョンに比べてはるかに揺らぎの増したこのヴァージョン、これまで編集盤等で入荷したことはありますがオリジナルのSP盤は初入荷。テンポを落としピアノの自由度も増した絶品のヴァージョン。裏面はソーンヒル・サウンドど真ん中の演奏で聞かせる「IF I FORGET YOU」。男性シンガー、アート・ブラウンのスウィートな歌入りです。プロモ?盤で、通常の盤(20-3376)とはレコード番号が違います。

    By NoahlewisRecord

    Go To Page Top↑   Bottom↓



    Welcome.

    下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




    お 知 ら せ

    2017年11月
    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30
    2017年12月
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31
    休業日



    R e c o r d s

    • In Stock (新着順に在庫を表示)
    • List (タイトルのみ表示)
    • As Is (店頭販売の特価品)

    by Media

    (レコードの種類で選ぶ)


    by Recording Date

    (録音年代で選ぶ)


    by Style

    (スタイルで選ぶ)


    by Instruments

    (活躍している楽器で選ぶ)


    by Name

    (アーティスト名で選ぶ)
    ※ Paul Whiteman は P

    | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







     03-3418-0161

    お電話でのご注文、ご質問も承っています。
    e-mailはこちらです。




     Overseas Customers

    Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





    ノアルイズ・レコード
    〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
    下北沢デントビル2A Access
    Phone 03-3418-0161 e-mail
    営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

     twitterアカウントはこちら

    (C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.