(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Page 461)

////////// 本日朝店頭出庫したもの(シングル / SP盤)

- 本日朝店頭出庫したもの(シングル) -

Mickey Leonard & Orch. - "INTERMISSION RIFF PART 1 SWING cw PART 2 ROCK & ROLL"
(レーベル貼り間違い・両面Bのものが貼られています)スタン・ケントン・ナンバーを勢い良くカヴァー。特にB面はファズ・ベース、鋭いギターソロ、スクリーミング・サックスも最高なロックンロールVer.。

Wayne Morse - "LOOK AT ME LOSING YOU cw EVERYTHING I TOUCH"
ケイジャン、スワンプ・ポップ等ルイジアナ音楽の宝庫ラ・ルイジアンヌ・レーベルから、湿気満点の素晴らしいスワンプ・ポップ・バラード2曲。チリ音少々。

Connee Boswell cw Mighty Zebra - "JAPANESE SANDMAN - GIANNINA MIA cw THE BEDBUG - LA EMPALIZA"
50年代RCA名物プロモ・オンリーの4曲入りEP。Aはボズウェル・シスターズのコニー、Bはヴァージン諸島のカリプソニアン、マイティ・ゼブラ。チリ音少々。


- 本日朝店頭出庫したもの(SP盤) -

日本ビクター和洋合奏団 - "野崎村 cw 新内流し"
三味線二人、ピアノ、リズムによる和洋合奏。コロンビアの"元禄花見踊"を持っているような方には大推薦。盤擦れあり。

O'leary's Irish Minstrels - "THE NEW STACK OF BARLEY FLOWER OF EDINBORO cw THE RIVERPOOL RICKETS"
(音に出ないひびあり、強度問題なし)戦前ボストンのアイリッシュ・ストリング・バンド。両面ともにパワフルなジグのインスト。

Three Suns - "THEME FROM THE PROUD ONES cw HAUNTED GUITAR"
国内盤。アルバム"IN JAPAN"や"MOVIN'N'GROOVIN"の音を彷彿とさせる最高のカップリング。

Paul Robeson - "BALLAD FOR AMERICANS"
SP盤2枚組アルバム・セット。アメリカの黒人バス/バリトン歌手のパイオニア、ポール・ロブソンの代表作。伴奏はナット・シルクレット。ジャケット汚れ、擦れあり、盤2枚とも美品。サイン入りです。

※店頭特価盤は右欄の"AS IS"からどうぞ。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Wayne Raney - CATFISH BABY cw HEADS OR TAILS, I WIN

  • カントリー78rpm
Wayne Raney- ウエイン・レイニー - "CATFISH BABY cw HEADS OR TAILS, I WIN"
USA / 78rpm / Mono / King 1058 / Rec 1951 / Pub 1951
レーベルきれい、盤擦れわずか、ほぼ美品
Jacket n/a / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~
■デルモア・ブラザーズのハーモニカ奏者、ウェイン・レイニーのソロ。
最近ちょくちょく入荷したデルモア・ブラザーズ関係の一枚。アーカンソウの農家に生まれながら足が不自由なことで音楽の道に進み、テキサスとの国境沿いのメキシコの街ピアドラス・ネグラスでラジオ局に出演するようになったハーモニカ奏者&シンガー、ウェイン・レイニー。その後アメリカに戻りデルモア・ブラザーズと合流、デルモアといえば、のハモニカを担当。これは51年の一枚で、レイニーは歌&ハーモニカ、Aではレイニーのお師匠で彼以上のハーモニカ・レジェンドのロニー・グロッソンも参加(ちなみにデルモア「Blues Stay Away From Me」もこの組み合わせ)、そしてデルモアの二人がバックをつけたソロ。当然こんな最高なものになります...

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Ran Blake - BREAKTHRU

  • ジャズ/エクスペリメンタルLP
Ran Blake- ラン・ブレイク - "BREAKTHRU"
USA / LP / Stereo / Improvising Artists 373842 / Rec 1976 / Pub 1976
ジャケット表裏擦れわずか、レーベルひげわずか、盤擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 
■長い沈黙の後にリリースされた衝撃の作品。プロデュースはポール・ブレイ。
ジャズに根ざしているものの、いつ聞いても本当はジャズに影響など受けていないのではないかと思ってしまうピアニスト、ラン・ブレイク。50年代後半には女性シンガー、ジニー・リーとの即興ユニットを結成、その後ESPディスク(65年)とマイルストーン(69年)から作品をリリース、しばらく録音は沈黙。そして7年たち久々に発表されたピアノ・ソロ作。無手勝流でピアノをものにした人が初めて整ったスタンダードを聞いて録音したようなジャズ・ピアノ集。崩壊間近なのか生まれたてなのかわからなくなるこのスリリングな演奏。アルバム通して言えることですが、そうだった、実はこんな面白いメロディだった、と気づかされる「You Stepped Out...」、言葉も無くなる「Sophisticated Lady」、自作の不思議に美麗なタイトル曲などなど。「Breakthru」「You Stepped Out Of A Dream(試聴)」「If Dreams Come True」「No Good Man」「All The Things You Are」「Wish I Could Talk To You Baby」「Grey December」「Spinning Wheel」「Sophisticated Lady」「Manhattan Memories」「Bird Blues(試聴)」「Bebopper」「Drop Me Off In Harlem」「All About Ronnie」「What Are You Doing The Rest Of Your Life」「Parkers Mood」「Tea For Two」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Johnnie Ray - IN THE CANDLELIGHT cw JUST WALKING IN THE RAIN

  • ヴォーカル45rpm
 Johnnie Ray- ジョニー・レイ - "IN THE CANDLELIGHT cw JUST WALKING IN THE RAIN"
USA / 45rpm / Mono / Columbia 4-40729 / Rec 1956 / Pub 1956
レーベル、盤ともに擦れわずか、きれい、Bに小チリ音
Jacket n/a / Disc 4 / Sound 3.5~4 
■ジョニー・レイの唄うスウィート・バラード。
もしも作曲家であるとしたら、自分の曲をこの人が唄ってくれるほどうれしいことは無いのでは。そう感じさせる数少ない天才バラード・シンガー、ジョニー・レイ。51年の「Cry」がヒットした、頭をかきむしるポートレイトも印象的な彼の56年の一枚。キラキラした音を散りばめた静かな演奏をバックに歌われる絶品のスウィート・バラードのA、口笛、ウクレレでゆったりスウィングするB。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Lloyd Price - WHERE YOU AT? cw BABY, DONT TURN YOUR BACK ON ME

  • リズム&ブルース78rpm
 Lloyd Price- ロイド・プライス - "WHERE YOU AT? cw BABY, DON'T TURN YOUR BACK ON ME"
USA / 78rpm / Mono / Specialty 463 / Rec 1953 / Pub 1953
レーベルきれい、盤極浅い擦れすこし、きれい
Jacket n/a / Disc 3.5~4 / Sound 
■ロイド・プライス、53年の強烈な一枚。
50年代ニューオリンズR&Bのスター、ロイド・プライス。52年、スペシャルティ・レーベルがニューオリンズで新人発掘オーディオションを催し、それに出場した事から彼のキャリアはスタート。初録音で「Lawdy Miss Clawdy」のヒットをものにします。これは翌53年の一枚で、両面キョーレツな一枚。Aはとにかく騒々しい、ワイルド&ロキンなパーティR&B。リー・アレンもここぞと気合が入ったブロウをかましてます。裏はぐっとペースを落とした、パワフルでディープな三連バラード。めそめそ泣くやけっぱちな歌も場末感満点。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Don Lee - ECHO, ECHO ECHO cw CHARMAINE

  • イージー・リスニング45rpm
 Don Lee- ドン・リー - "ECHO, ECHO ECHO cw CHARMAINE"
USA / 45rpm / Mono / Blue Chip 0013 / Rec mid50s / Pub mid50s
レーベルきれい、盤擦れわずか
Jacket n/a / Disc 4 / Sound 
■多重録音で作られたアコーディオン奏者ドン・リーの楽しい一枚。
レス・ポールが40年代に広め、後のミュージシャンたちに尽かぬアイディアを与えた多重録音のテクニック。このドン・リーは、それをアコーディオンでやった面白い人。後にこのシングルを収録したアルバムがジュビリーからリリースされます。その名のとおり、やまびこのようにエコーを使ったA、細かいタッチが踊る楽しいB、いかにも自主制作といったホンワカしたムードがいい一枚。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Dave Brubeck Trio - UNDECIDED cw THAT OLD BLACK MAGIC

  • ジャズ78rpm
 Dave Brubeck Trio- デイヴ・ブルーベック・トリオ - "UNDECIDED cw THAT OLD BLACK MAGIC"
USA / 78rpm / Mono / Fantasy 506 / Rec 1950 / Pub 1950
レーベルきれい、盤浅い擦れ、チリ音少々
Jacket n/a / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4 
■トリオ時代、50年の一枚。
譜面が読めずにクラシックを学び、その教えをジャズの中に生かし変拍子ジャズ「テイク・ファイヴ」をヒットさせたブルーベック。まだまだサブ・カルチャーに近かったジャズを大学を中心としたコンサートによってメイン・カルチャーまでもちあげたという功績も有名。本作は、他のミヨー門下生らとのオクテットを解散、すぐさま結成されたトリオでの50年の一枚。ロン・クロッティ(B)、カル・ジェイダー(D、Vib)。実はこの翌年51年にブルーベックはハワイで波に飛び込んだ際に脊髄を損傷、その後遺症のせいで、こういうシングル・ノートのソロからコード重視のスタイルへ変わって行ったのだそう。ジェイダーの楽器チェンジの妙味も面白いA、ボンゴを入れたラテン・ジャズのB、どちらもブルーベックのピアノが存分に楽しめる一枚。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Louie Innis And His String Dusters - BOOGIE WOOGIE BABY cw GOODNIGHT CINCINNATI, GOODMORNING TENNESSEE

  • カントリー78rpm
 Louie Innis And His String Dusters- ルイ・イニス&ヒズ・ストリング・ダスターズ - "BOOGIE WOOGIE BABY cw GOODNIGHT CINCINNATI, GOODMORNING TENNESSEE"
USA / 78rpm / Mono / Mercury 6312 / Rec 1951 / Pub 1951
レーベル、盤ともに美品、擦れほとんど無し
Jacket n/a / Disc 4 / Sound 
■音も演奏も最高な5T'sヒルビリー・ブギ。
マール・トラヴィスやジーク・ターナーらとデルモア・ブラザーズのバックを務めたギタリスト/ベーシスト、ルイ・イニス。既にデルモア・バンド在籍時からソロ録音を始めたイニスの51年の一枚で、Aは文句無しに最高なヒルビリー・ブギ"Boogie Woogie Baby"。玄人ずれしないイニスの歌、ギター、スティールGソロもばっちり決まったナンバー。なんてカッコイイんだろか...裏はスティール、ホットなフィドルをフィーチュアし飛ばすアップのナンバー。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Roy Hamlin Johnson - JOHN POWELL : SONATA TEUTONICA

  • クラシックLP
 Roy Hamlin Johnson- ロイ・ハムリン・ジョンソン - "JOHN POWELL : SONATA TEUTONICA"
USA / LP / Mono / CRI SD368 / Rec 1977 / Pub 1977
ジャケット、盤ともに美品、レーベルひげ極わずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 
■アメリカ人作曲家、ジョン・パウェルの『ソナタ・チュートニカ』を収録したCRIの一枚。
ピアノ独奏のレコードに特別なものを感じている方には大大大推薦の一枚。アメリカの作曲家ジョン・パウェル(1882-1963)。ピアニストとしても才能を発揮し、ピアノ曲、ピアノ協奏曲を中心に作品を残した人。また、民俗音楽の研究家でもあり、30年代に9年間続いたアパラチア山脈一帯の音楽を紹介するフォーク・フェスティヴァルを企画したりもしました。これは、パウェルの代表作で、完成に8年を費やしたという『ソナタ・チュートニカ』(1913年)を収録した一枚。チュートニカとは、人々の、もしくはドイツ人の、という意味なのだそう。あのカイホスルー・ソラブジに決定的な影響を与えたという、一時間を越える長さ(レコードに収録するために44分ほどになっています)のアメリカ産ピアノ・ソナタのぶっ飛んだ傑作。ドイツ民謡~ロマン派にアメリカの乾いた響きが加えられ、表面上の美しさに加え言葉に出来ない狂気が現れてくるたまさに忘我の作品。演奏はこのアルバムが特に名高いピアニスト、ロイ・ハムリン・ジョンソン。試聴は第一楽章と第三楽章です。CRIの、30年代以前の音楽を紹介するヒストリカル・シリーズから。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Dinah Shore - SEASONS BEST (4 SONGS EP)

  • 女性ヴォーカル45rpm EP
 Dinah Shore- ダイナ・ショア - "SEASON'S BEST (4 SONGS EP)"
USA / 45rpm EP / Mono / Chevrolet No Number / Rec 1960 / Pub 1960
ピクチャー・スリーヴ擦れ、よれ、上部に小破れ、ひげ極わずか、盤美品、擦れほぼ無し
Jacket 3 / Disc 4 / Sound 
■GMシボレーの販促のために作られたクリスマスEP。内容素晴らしすぎます。
アメリカ40年代~50年代の女性ヴォーカリストの一つの理想的存在といえるダイナ・ショアの珍しい一枚。60年に、ゼネラル・モータースのシボレーの販促用に製作され配布されたクリスマス盤。レコード番号無し、33回転で4曲入りです。歌も演奏も抜群のクオリティで、アップとミッドテンポを繰り返すアレンジが楽しい「You Meet The Nicest People(試聴)」、ハープとチェレスタに導かれ始まる「Jingle Bells」、フーという女性コーラスのみをバックに静かに歌われる夢のような「Silent Night」、やはり空気のように漂うコーラスのみをバックにした物悲しい「The Conventry Carol」の4曲。プレスはキャピトルです。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Pee Wee King And His Golden West Cowboys - SLOW POKE cw WHISPER WALTZ

  • カントリー45rpm
 Pee Wee King And His Golden West Cowboys- ピー・ウィー・キング&ヒズ・ゴールデン・ウェスト・カウボーイズ - "SLOW POKE cw WHISPER WALTZ"
USA / 45rpm / Mono / RCA Victor 48-0489 / Rec 1951 / Pub 1951
レーベルきれい、盤擦れわずか
Jacket n/a / Disc 4 / Sound 
■「テネシー・ワルツ」の作者として知られるピー・ウィー・キングの代表作。
50年にパティ・ペイジが唄ったことで世界的なヒット・ナンバーになった「Tennessee Waltz」。このピー・ウィー・キングはその作者で、自らもバンドを率いナシュヴィル(グランド・オール・オプリ)を中心に活動を続けたアコーディオン奏者。キングのこの時期のRCAヴィクター盤は、ホンキー・トンク・スタイルの美味しいもの多し。本作は51年、カントリー・チャートのみならずポップ・チャートでもチャート・インしたキングの代表作。ウッドブロックとアコーディオンで実に可愛らしい演奏になったバック、さりげなくホロリとさせるメロディがいいポップ・カントリー。Aよりさらに親密なムードのワルツのB、どちらもお薦め。この時代のシングルの最高にいい音もお楽しみ下さい。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Edo De Waart, San Francisco Sym. - JOHN ADAMS : THE CHAIRMAN DANCES

  • クラシックLP
 Edo De Waart, San Francisco Sym.- エド・デ・ワールト、サンフランシスコ交響楽団 - "JOHN ADAMS : THE CHAIRMAN DANCES"
USA / LP / Stereo / Elektra Nonsuch R100491 / Rec 1987 / Pub 1987
ジャケット、盤ともに美品、レーベルひげ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 
■ジョン・アダムズの美しいアンサンブル作、管弦楽を収録した一枚。
アメリカのポスト・ミニマルの作曲家ジョン・アダムズ。最近の著しい名声やブライアン・イーノのオブスキュア・レーベルでの作品等でクラシック以外のファンにも名を知られる彼の86年のアルバム。タイトル曲は、アダムズの85年のオペラ『中国のニクソン』の一場面の情景をモダンなポップスのようなミニマル管弦楽にした彼の代表作の一つ。続く「Christian Zeal And Activity」(試聴)は、そのオブスキュアからのアルバムでも演奏されたナンバー。あまりにも美しい弦楽アンサンブルで、賛美歌をテーマに、マーラーの響きを念頭に置いて作られたという作。B頭は輪郭がぼやかされたミニマルなフレーズに優しいトランペットが遠くでこだまする「Two Fanfares For Orchestra : Tromba Opmtana」。打楽器等も意欲的に使われた「Short Ride In Fast Machine」に続き、ラストは20分を超える「Common Tones In Simple Time」(試聴)。細かく砕かれた音の断片が永遠に続くこだまのように静かに反復展開していく作。指揮はオランダのエド・デ・ワールト、演奏はサンフランシスコ交響楽団。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2018年10月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2018年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.