(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Page 46)

Deltra Eamon, Laurindo Almeida - VIRTUOSO

  • クラシックLP
 Deltra Eamon, Laurindo Almeida- デルトラ・イーモン、ローリンド・アルメイダ - "VIRTUOSO"
USA / LP / Stereo / Orion ORS7260 / Rec 1972 / Pub 1972
ジャケット表裏擦れ少々、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ギタリスト、ローリンド・アルメイダと、妻のソプラノ歌手デルトラ・イーモンのアルバム。
アメリカでは40年代スタン・ケントン楽団時代に一躍名が知られたアルメイダ。実はその直後ぐらいには既にクラシックをレパートリーにレコードをリリース。その後の活躍は説明不要、そしていくらか落ち着いた頃、クラシックの新解釈的なレコードを製作。これはその頃の一枚で、デルトラ・イーモンという、アルメイダの妻となったカナダのソプラノ歌手と、ヴィラ・ロボスやマヌエル・ポンセ等のクラシック、ガーシュウィン、ブラジルの民謡などを演奏した一枚。【曲】「Villa Lobos: Bachianas Brasileiras(試聴)」「Ponce: Mazurka In D Minor(試聴)」「Gershwin: Man's Gone Now」「Barrios: Aconquija」「Traditional: No Jardim De Oeria」「Lecuona: Malaguena」「Traditional: Boi Tungao」「Traditional: A Casinha Pequenina」「Villa Lobos: Cancao Do Carreiro」「Traditional: Tindo La La」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Frank Wilson cw George P. Watson - THE GERMANS ARRIVAL cw HI-LE-HI-LO

  • ヨーデル/パーソナリティ78rpm
 Frank Wilson cw George P. Watson- フランク・ウィルソン、ジョージPワトソン - "THE GERMAN'S ARRIVAL cw HI-LE-HI-LO"
USA / 78rpm / Mono / Victor 17257 / Rec 1906 / Pub 1910s
レーベルAに小書き込み、盤擦れ無し、美品
Jacket n/a / Disc 4 / Sound 4  3800 yen
■20世紀初頭のヨーデル・シンガーを両面にカップリングした一枚。
ジミー・ロジャースやエメット・ミラーが現れる30年前、19世紀末から録音していた数少ないヨーデル歌手、ジョージPワトソンをB面に、やはり同じ頃に活躍したフランク・ウィルソンをA面に収録した一枚。両面1906年録音、この盤が出たのは恐らく1910年代。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jack Jackson Und Sein Orchester - RED SAILS IN THE SUNSET cw ROLL ALONG, PRAIRIE MOON

  • ジャズ78rpm
Jack Jackson Und Sein Orchester- ジャック・ジャクソン&ヒズ・オーケストラ - "RED SAILS IN THE SUNSET cw ROLL ALONG, PRAIRIE MOON"
Germany / 78rpm / Mono / Electrola EG3457 / Rec 1935 / Pub 1935
レーベルきれい、盤擦れほぼ無し、珍しいエレクトロラのカンパニースリーブ
Jacket n/a / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■20~30年代に活躍したイギリスのジャズ・バンド、ジャック・ジャクソン楽団のドイツ盤。
A面は「夕日に赤い帆」、B面はアル・ボーリーなどが歌って広め、カントリー・シンガーも良く取り上げるスタンダード・ナンバー。両面ボーカル入り。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Eubie Blake, Edith Wilson, Ivan Harold Browning - EUBIE BLAKE AND HIS FRIENDS

  • ジャズ/ボーカルLP
 Eubie Blake, Edith Wilson, Ivan Harold Browning- ユービー・ブレイク、イーディス・ウィルソン、イヴァン・ハロルド・ブラウニング - "EUBIE BLAKE AND HIS FRIENDS"
USA / LP / Stereo / Eubie Blake Music EBM3 / Rec 1972 / Pub 1972
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■72年の新緑アルバム。
21年、ブロードウェイ初の黒人たちによる舞台「Shuffle Along」を作った、黒人エンターテイナーのパイオニア的作曲家、ピアニスト、ユービー・ブレイク。これは、その時のシンガーでもあったイヴァン・ハロルド・ブラウニングと、女性ブルース・シンガーの草分けイーディス・ウィルソンとともに、72年に録音した新緑アルバム。ピアノ・ソロ曲も少しあり。ブレイクがたちあげた自主レーベルから。【曲】「He May Be Your Man」「There'll Be Some Changes Made」「Black And Blue(試聴)」「Joshua Fit The Battle Of Jericho」「Go Down Moses」「In That Great Gettin' up Morning」「Exhortation」「Medley From "Shuffle Along"」「Eubie Dubie」「I Can't Get You Out Of My Mind(試聴)」「Memphis Blues」「Corner Chesnut And Low」「When Day Is Done」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Rosina De Peira - ROSINA DE PEIRA

  • フランスの音楽LP
Rosina De Peira- ロジーナ・デ・ペイラ - "ROSINA DE PEIRA"
France / LP / Stereo / Revolum REV005 / Rec 1975 / Pub 1980s
ジャケット表裏円状の擦れ少々、ジャケット上部中央小縁裂け、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れ少し
Jacket 3.5 / Disc 3.5~4 / Sound 4  3800 yen
■オクシタンの女性シンガー、ロジーナ・デ・ペイラのソロ・アルバム。
スペインのバスク、カタルーニャと同じように、古くから独立の精神を持ち独自の文化を保持してきた人々が住む南フランスのオクシタニア。これはオクシタンの女性シンガー、ロジーナ・デ・ペイラによるオック語のトラッド・ソング集。色鮮やかな民俗音楽のショックとは違う、異国の中の異国というような何か近づけない距離を感じる10曲。オリジナルは75年、これは年代不明ですが恐らくは80年代のリイシュー。歌詞付きのインサート。【曲】「Se Io Sabiai Volar (Peirigord)(試聴)」「Rigaudon De Mens (Daufinat Bas)」「L'Antoni (Provenca)」「A L'ombreta D'un Albar (Lengadoc)」「La Maire E La Filha (Carcin) 」「Lo Boier (Occitania Tota)」「Darrier Lo Chastel De Montvielh (Limosin)」「Jo M'en Vau Entau Mercat (Limosin)」「Rondeau De Samatan (Gasconha) 」「La Lana D'un Moton (Lengadoc)(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Atahualpa Yupanqui - CAMINO DEL INDIO

  • アルゼンチンの音楽LP
 Atahualpa Yupanqui- アタウアルパ・ユパンキ - "CAMINO DEL INDIO"
Argentina / LP / Mono / RCA Victor AVL3086 / Rec 1957 / Pub 1957
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■57年のアルバム。
一人一ジャンルというのがこれほどふさわしい人もいない不世出のギタリスト&シンガー&作曲家アタウアルパ・ユパンキ。タイトル曲はユパンキの20年代のデビュー曲の再演、曲によってはSP盤起こしのような音質のものもあり。歌入り、ギター・ソロ半々の12曲、アルゼンチンRCA盤。【曲】「Camino Del Indio (The Indian's Trail)」「Malambo(試聴)」「Viento, Viento (Wind, Wind)」「Una Cancion En La Montana (A Song in the Mountain) 」「Camino A Los Valles (Road to the Valleys)」「El Kachorro (The Puppy)」「Piedra Y Camino (Stone and Pathway)」「Vidala Del Silencio (Song of Silence)」「Me Voy (I Go)」「Huajra (Horn Trumpet)」「Cargita De Tola (Tola Load)(試聴)」「La Viajera (The Little Traveler)」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Skip James, Kokomo Arnold, Charlie Patton, etc. - THE ROOTS OF ROBERT JOHNSON

  • ブルースLP
Skip James, Kokomo Arnold, Charlie Patton, etc.- スキップ・ジェイムス、ココモ・アーノルド、チャーリー・パットン、etc. - "THE ROOTS OF ROBERT JOHNSON"
USA / LP / Mono / Yazoo 1073 / Rec 1920s, 1930s / Pub 1980s
ジャケット擦れほぼ無し、小折れ目、レーベルひげ無し、盤擦れほぼなし
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■ロバート・ジョンソンに影響を与えたブルースマンたちの音源を集めたヤズー編集盤。
戦前ブルースの様々なスタイルを取り入れ、それまでのブルースをまとめたともいえるロバート・ジョンソンは、あとに続く世代に戦前ブルースの遺伝子をもっともわかりやすく、かつカリスマ的に表現した、もはや説明も要らないブルースマン。この一枚は彼が影響を受けたと思われるナンバーや間接的に影響のあとが伺えるナンバーを編集した編集盤。チャーリー・パットン、スキップ・ジェイムス等のデルタ人脈、ココモ・アーノルド、リロイ・カーなどのピアノ系、ミシシッピ・シークスのようなストリング・バンド、ブルース以前の吟遊詩人の味もあるヘンリー・トーマス、ジョンソンそのものなハンボーン・ウィリー・ニューバーンなどなど収録。【曲】「Skip James / Devil Got My Woman」「Kokomo Arnold / Milk Cow Blues(試聴)」「Leroy Carr / When The Sun Goes Down」「Son House / Preachin' The Blues Part I」「Lonnie Johnson / Life Saver Blues(試聴)」「Henry Thomas / Red River Blues」「Charlie Patton / Revenue Man Blues」「Son House / My Black Mama Part 1」「Skip James / 22-20 Blues(試聴)」「Hambone Willie Newbern / Roll And Tumble Blues」「The Mississippi Sheiks / Sitting On Top Of The World」「Scrapper Blackwell / Kokomo Blues」「Casey Bill Weldon / Go Ahead, Buddy」「Johnnie Temple / Lead Pencil Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Carter Family - ON BORDER RADIO

  • ヒルビリーLP
 Carter Family- カーター・ファミリー - "ON BORDER RADIO"
USA / LP / Mono / John Edwards Memorial Foundation JEMF101 / Rec 1938, 1939 / Pub 1970s
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し、インサートきれい
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■テキサスとメキシコの国境沿いのラジオ局に録音された音源を集めた一枚。
38年から39年にかけて、テキサスとメキシコの州境の町デル・リオへ移ったカーター・ファミリー。国境を越えたメキシコの村ヴィラ・アクーニャのラジオ局XERAで一日に二度のラジオ番組を持ち、そのために現地でトランスクリプション盤を録音、そしていくつかの国境沿いのラジオ局で放送されたのだそう。これはその音源を23曲収録した一枚。試聴は「Broken Engagement」「I Can Not Be Your Sweetheart」「Honey Babe」「Del Rio」。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Ajoy Chakraborty (Ajoy Chakrabarty) - THUMRI AND DADRA

  • インドの音楽LP
 Ajoy Chakraborty (Ajoy Chakrabarty)- アジョイ・チャクラバルティ - "THUMRI AND DADRA"
India / LP / Stereo / Odeon EASD1476 / Rec 1990 / Pub 1990
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか、もとからのチリ音少々
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4. 3800 yen
■インド古典音楽の声楽家アジョイ・チャクラバルティのアルバム。
半ばカルト的存在となっている、インドで最も尊敬されている声楽家で導師でもあるというアジョイ・チャクラバルティ。これは90年のアルバムで、古典とポピュラー音楽の中間のジャンルの、トゥムリ/ダドラというスタイルの曲を収録。異世界に向かって歌っているようなこの歌、ものすごい吸引力があります。【曲】「Thumri Mishra Kafi」「Thumri Mishra Khamaj(試聴)」「Thumri Desh」「Dadra Pilu」「Dadra Mishra Bhairavi(試聴)」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Stanley Brothers - VOL.1 : THAT LITTLE OLD COUNTRY CHURCH HOUSE

  • ブルーグラスLP
 Stanley Brothers- スタンレー・ブラザーズ - "VOL.1 : THAT LITTLE OLD COUNTRY CHURCH HOUSE"
USA / LP / Mono / County 738 / Rec early60s / Pub 1973
ジャケット裏面擦れ少々、裏面しみ少々、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■カウンティから、スタンレー・ブラザーズのアルバム。第一集。
ビル・モンローに強く影響を受けたカーターとラルフのスタンレー兄弟が46年に結成、ブルーグラス界のトップ・グループとなったスタンレー・ブラザーズ。60年代前半、レイ・デイヴィスというメアリーランドのファンがラジオ放送用にレコードを数種類制作、当時は発売されませんでしたが、73年、カウンティが権利を買いリリースしたのが本作。彼らのレコードの中でも最も生々しく録音されたアルバム。【曲】「That Little Old Country Church House」「Nobody Answered Me(試聴)」「Shake My Mother's Hand For Me」「I Heard My Mother Call My Name In Prayer」「Mother's Only Sleeping」「Shake Hand With Mother Again」「Hide Ye In The Blood」「Give Me Your Hand」「Where We'll Never Grow Old(試聴)」「Leaning On The Everlasting Arm」「Angel Band(試聴)」「Farther Along」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Pickens Sisters - RIPTIDE cw LITTLE MAN, YOUVE HAD A BUSY DAY

  • ジャズ/コーラス78rpm
 Pickens Sisters- ピッケンス・シスターズ - "RIPTIDE cw LITTLE MAN, YOU'VE HAD A BUSY DAY"
Japan / 78rpm / Mono / Victor JA1273 / Rec 1934 / Pub 1930s
レーベルきれい、盤擦れほぼ無し
Jacket n/a / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■30年代のシスターズ・コーラス・グループ、ピッケンス・シスターズ。
日本盤。ポール・ホワイトマン楽団での録音で知られる、ヘレン、ジョージア、パティの三姉妹による一枚。ニグロ・スピリチュアルに大きな影響を受けたそうで、ボズウェル・シスターズ等とは全く違ったムードのハーモニー。エキゾチックな「リプタイド」、ウルトラ・スウィートな「お忙しかった」。野口久光らによる解説、歌詞カード付き。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Charlie Spivak And His Orchestra - THE CLOCK SONG cw AUTUMN NOCTURN

  • ジャズ78rpm
 Charlie Spivak And His Orchestra- チャーリー・スピヴァーク&ヒズ・オーケストラ - "AUTUMN NOCTURN cw THE CLOCK SONG"
USA / 78rpm / Mono / Okeh 6476 / Rec 1941 / Pub 1941
レーベルきれい、盤擦れほんのわずか
Jacket n/a / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■チャーリー・スピヴァークの41年の一枚。
高品質なバンド・サウンドの中にトランペットを際立たせたスタイルで40年代に人気となったバンド・リーダー&TP奏者。20年代中期にはデビュー、その後レイモンド・スコット、グレン・ミラーらと演奏、そのミラーの経済的援助もあり自身のバンドを結成。これは41年の一枚で、A面はミラーやジャック・ティーガーデン、ビリー・ホリデイらの録音で知られるコーラス・グループ、スターダスターズをフィーチュアした楽しいナンバー。裏面はクロード・ソーンヒルのカバー。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2018年5月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
2018年6月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.