(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Page 46)

Sammy Rimington With Kid Martyns Rhythm Section - GEORGE LEWIS CLASSICS

  • ジャズLP
 Sammy Rimington With Kid Martyn's Rhythm Section- サミー・リミントン・ウィズ・キッド・マーティンズ・リズム・セクション - "GEORGE LEWIS CLASSICS"
USA / LP / Mono / Jazz Crusade JC1005 / Rec 1965 / Pub 1965
ジャケット表裏しみ、下部中央に縁裂け、レーベルひげわずか、しみ、盤浅い擦れ、ポッとでるプレスミスの小突起少し
Jacket 3 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4  2980 yen
■元ケン・コリアー・グループのクラリネット奏者によるジョージ・ルイス集。
イギリス生まれのトラッド・ジャズ・クラリネット奏者サミー・リミントン。50年代にはデビュー、その後イギリスのスキッフルの口火を切ったケン・コリアー・グループで活躍。そのグループのツアー中、特別ゲストとして伝説的なニューオーリンズのクラ奏者ジョージ・ルイスが参加し共演、非常な影響を受けたとのこと。その後アメリカに移住し録音したのがこのジョージ・ルイス集。管はクラリネットのみで、もろに低予算サウンドのスウィンギーで生々しい演奏を聞かせる全10曲。ジョージ・ルイスと同じく曲は足踏みカウントで始まります。65年、彼のファースト・ソロ・アルバム。【曲】「Red Wing(試聴)」「New Orleans Hula」「Ciribiribin」「My Gal Sal」「Listen To The Mocking Bird」「Hindustan」「St. Phillip St. Blues」「Old Rugged Cross」「Smiles」「Burgundy Street Blues(試聴)」「Peoria(試聴)」「Over The Waves」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Tunde King And His Group, Jolly Orchestra, Julius Olofin, etc. - JUJU ROOTS

  • 民俗音楽/ナイジェリアLP
 Tunde King And His Group, Jolly Orchestra, Julius Olofin, etc.- トゥンデ・キング&ヒズ・グループ、ジョリー・オーケストラ、ジュリアス・オロフィン、etc. - "JUJU ROOTS"
USA / LP / Mono / Rounder 5017 / Rec 1930s to 1950s / Pub 1985
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤ほぼ新品同様
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4
■ナイジェリアのジュジュのルーツを探る一枚。30年代から50年代の貴重な音源を収録。
80年代にキング・サニー・アデがスターとなり、ジュジュという音楽が一般的に知られるようになりました。これはそのタイミングでリリースされた、ジュジュのルーツを探る素晴らしいコンピレーション。ジュジュは、西アフリカの港町で流れていたパーム・ワイン・ミュージックという素朴な弾き語りがもとになっているということですが、これはその頃の30年代の音源8曲をA面に、40年代~50年代の音源8曲を収録。【曲】「Irewolede Denge, Dickson Oludaiye / Orin Asape Eko(試聴)」「Tunde King & His Group / Oba Oyinbo」「Tunde King & His Group / Dunia」「Ayinde Bakare & His Group / Ojo Davies」「Ojo Babajide & His Ibadan Juju Group / Abasi Olubadan」「Jolly Orchestra / Atari Ajanaku」「S.S. Peters & His Group / Canaan Canaan Calabar」「Lagos Mozart Orchestra / Ore Mi Kini Se?」「Julius Olofin & His Group / Mo Ti Boko De Calabar」「Ayinde Bakare & His Group / Ojowu 'Binrin」「Rafiu Bankole & His Group / Sowemimo(試聴)」「Ojoge Daniel & His Juju Band / Awolowo」「C.A. Balagun & His Abalabi Group / Egan Mi Ko Ye O」「J.O. Araba & His Rhythm Blues* / Iyawo Ma Pa Mi」「J.O. Oyesiku & His Rainbow Quintette / Baba Oni Taxi」「Irewolede Denge & His Group / Chief Ogunde(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Washboard Rhythm Kings - 1932-1933

  • ジャズLP
 Washboard Rhythm Kings- ウォッシュボード・リズム・キングス - "1932-1933"
Italy / LP / Mono / Gardenia WRK4011 / Rec 1932, 1933 / Pub 1978
ジャケット表裏擦れわずか、レーベルひげ無し、盤ほぼ新品同様
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 
■ウォッシュボード・リズム・キングスの編集盤。
洗濯板をドラム替わりにした、ジャズ・マンがやるロックンロールのようなウォッシュボード・バンド。これは、セッションでメンバーは違いますが、タフト・ジョーダン(TP)、ベン・スミス(CL、AS)、レオ・ワトソン(Vo)らによるこのジャンルの草分け、ウォッシュボード・リズム・キングスの音源を、このジャンルにこだわってリリースしたイタリア・ガーデニア・レーベルからの編集盤。渦になって濁流にのみ込まれるようなアップ、歯切れのいいシャキッとしたミッド、どれもグレイト。裏ジャケットは当時の名ウォッシュボード・バのンドのディスコグラフィになってます。【曲】「Ash Man Crawl(試聴)」「I'm Gonna Play Down By The Ohio(試聴)」「Underneath The Harlem Moon」「Ikey And Mikey」「Sloppy Drunk Blues」「A Nickel For A Pickle」「Fire(試聴)」「Oh! You Sweet Thing」「Something's Gotta Be Done(試聴)」「Old Yazoo」「Gotta Be, Gonna Be Mine」「Wah-Dee-Dah」「Blue Drag」「I'm Getting Sentimental Over You」「My Pretty Girl」「Bug-A-Boo」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Birmingham Jug Band, Ben Curry - ALABAMA JUG AND STRING BANDS 1928-1932

  • ブルースLP
 Birmingham Jug Band, Ben Curry- バーミンガム・ジャグ・バンド、ベン・カリー - "ALABAMA JUG AND STRING BANDS 1928-1932"
Austria / LP / Mono / RST BD2028 / Rec late1920s / Pub late1980s
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤ほぼ新品同様
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 
■バーミンガム・ジャグ・バンドのコンプリート音源集。
ジェイバード・コールマン、そしてあのビッグ・ジョー・ウィリアムスが在籍していた、戦前アラバマではダントツの演奏力と音楽性で知られるバーミンガム・ジャグ・バンドと、そのメンバーであったといわれるベン・カリーのソロをほぼコンプリートの形で収録した一枚。A面はBJBの8曲を収録。ジャグ・バンドならではというよりもむしろバンジョー、マンドリン系のブルース・バンドにジャグのアクセントが入ったというようなサウンド。カントリー・ブルースをベースにしながらも、演奏クオリティーは都会的、しかしダーティでパワフル。裏面のベン・カリーは28、29、32年の録音を8曲。ブルースはじめなんでも歌うパパ・チャーリー・ジャクソンに似た雰囲気。【曲】「German Blues」「Cane Brake Blues」「The Wild Cat Squawl」「Bill Wilson」「Birmingham Blues」「Gettin' Ready For Trial」「Giving It Away」「Kickin' Mule Blues(試聴)」「Adam And Eve In The Garden」「I Heard The Voice Of A Porkchop(試聴)」「Boodle-De-Bum Blues」「 It's A Fight Like That(試聴)」「Boodle De Bum Bum」「The New Dirty Dozen」「Fat Mouth Blues」「You Rascal You」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Toco Preto - CHORA CAVAQUINHO

  • ブラジルの音楽LP
Toco Preto- トコ・プレート - "CHORA CAVAQUINHO"
Brazil / LP / Stereo / Cid 4113 / Rec 1981 / Pub 1981
ジャケットシュリンク入り、右側しみ少々、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4
■ブラジルのカバキーニョ奏者トコ・プレートのアルバム。
ポルトガルのブラギーニャという弦楽器がルーツだというブラジルの四弦のカバキーニョ。これは、33年生まれで長い演奏歴がある名手トコ・プレートのソロ・アルバム。ショーロ、サンバ、リズム・ボックスを使ったボレーロ まで、弾いて弾いて弾きまくる全曲インストの一枚。【曲】「Urbu Malandro(試聴)」「Lamento」「Dinheiro Na Mao」「Para Voce Nao Ir Embora」「Sobe E Desce」「Palhocao」「Proposta(試聴)」「Critica」「Andando De Banda」「Mare Mansa」「Ligue Ligue」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Kapelye - FUTURE AND PAST

  • 民俗音楽/クレズマーLP
 Kapelye- カペライ - "FUTURE AND PAST"
USA / LP / Stereo / Flying Fish FF249 / Rec 1981 / Pub 1981
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤ほぼ新品同様
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 
■ユダヤの民俗音楽クレズマーを演奏するグループ、カペライ。
81年のファースト・アルバム。まるで20年代のクレズマー・バンドがそのまま80年代にあらわれたようなナンバーを中心に、アラビア半島の民俗音楽のような小編成もの、震える声で唄われる無伴奏の歌などなど収録。同じレーベルの有名バンド、クレツモリムに比べるとかなり本気で伝統に打ち込んでいる感じです。半分ほど歌入り。【曲】「Odessa Bulgar(試聴)」「Yoshke Furt Avek」「A Yur Nukh Mayn Khasene」「Bessaraber Khosidl(試聴)」「Gut Purin」「Khosn, Kale」「Abe Schwartz`s Famous Sher」「In Shtetl Nikolaev」「Vi Azoy Trinkt A Keysor Tey」「Fun Tashlikh」「Motl Der Operator(試聴)」「Di Mame Iz Gegangen In Mark Arayn」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Nellie Lutcher - MY NEW PAPAS GOT TO HAVE EVERYTHING

  • ジャズ/リズム&ブルースLP
Nellie Lutcher- ネリー・ラッチャー - "MY NEW PAPA'S GOT TO HAVE EVERYTHING"
Sweden / LP / Mono / Jukebox Lil JB1100 / Rec 1947 to 1955 / Pub 1980s
見開きジャケット表裏内側しみ少々、レーベルひげ無し、盤ほぼ新品同様
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4
■女性ピアニスト&シンガー、ネリー・ラッチャーの編集盤。
お茶目で飄々とした、可愛らしくも味のある歌で40年代後半に「Hurry On Down」「He's A Real Gone Guy」と立て続けにヒットを連発したジャイヴ・ガール、ネリー・ラッチャー。ニーナ・シモンも影響を受けたといいますが、ルース・ブラウンやハワイのヒロ・ハッティもでは?というトータルの表現力も最高。これは47年から55年までの16曲を収録した編集盤。ジャケットに写るキング・コールと肩を並べるただ一人の人と思わせるナンバーが目白押し。細野さんもカバーした「The Song Is Ended」も収録。【曲】「Kinda' Blue And Low」「There's Another Mule In Your Stall」「The Song Is Ended (But The Melody Lingers On)(試聴)」「Chi-Chi-Chi-Chicago」「You Better Watch Yourself, Bub」「Reaching For The Moon」「Lake Charles Boogie(試聴)」「A Maid's Prayer」「My New Papa's Got To Have Everything」「A Chicken Ain't Nothin' But A Bird」「I'll Never Get Tired」「Little Sally Walker」「Pa's Not Home - Ma's Upstairs」「Whee, Baby!」「Muchly Verily」「Please Come Back」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Robert Johnson - ROBERT JOHNSON

  • ブルース10LP
 Robert Johnson- ロバート・ジョンソン - "ROBERT JOHNSON"
France / 10LP / Mono / Paris Jazz Corner PJCP222010 / Rec 1936, 1937 / Pub 2002
カンパニースリーブ三辺の中央に小縁裂け、盤浅い擦れ少々、チリ音少々
Jacket 3.5 / Disc 3.5 / Sound 3.5
■2002年フランスで製作されたロバート・ジョンソンの10インチLP。
最高のコンディションの原盤からきちんとマスタリングされ、45回転・完全限定盤で製作されたロバート・ジョンソンの6曲入り10インチLP。ロバート・クラムが描いたイラストのピクチャー・ディスクで、クラムとドミニック・クラヴィック二人が監修。これまでロバジョンをいろいろ聞いてきた人でもこの音にはビックリするはず。【曲】「Sweet Home Chicago(試聴)」「Come In My Kitchen」「Crossroad Blues(試聴)」「I'm A Steady Rollin' Man」「Me And The Devil Blues」「Love In Vain Blues(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Thumper Jones (George Jones) - ROCK IT!

  • ロカビリー/カントリーLP
 Thumper Jones (George Jones)- サンパー・ジョーンズ(ジョージ・ジョーンズ) - "ROCK IT!"
USA / LP / Mono / Teenage Heaven TH676 / Rec 1950s, early60s / Pub 1976
ジャケット表裏円状の擦れ少々、左上に小はがれ、裏ジャケットに小汚れ、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 4
■カントリー・シンガー、ジョージ・ジョーンズのロカビリー時代のナンバーを収めた一枚。
大カントリー歌手ジョージ・ジョーンズが、50年代にバリバリのロカビリアンだった頃一瞬名乗っていたのがサンパー・ジョーンズという名前。たった一回のセッションだけの可能性あり。これはその時56年のナンバーから60年代前半あたりまでの、ロカビリー、ロッキン・ホンキートンク・カントリーを収録した一枚。男臭くてホントにうまい歌、完全ロカという感じでもないカントリーを引きずったブットイ演奏、最高。【曲】「Rock It」「White Lightning」「Eskimo Pie」「Stop Look And Listen」「Done Gone(試聴)」「Root Beer」「Revenoor Man」「Heartbreak Hotel」「Who Sot Sam」「Singing The Blues(試聴)」「How Come It(試聴)」「Just A Little Boy Blue」「The Race Is On」「Maybe Little Baby」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Tommy Dorsey And His Orchestra - THE CLAMBAKE SEVEN 1935-1936

  • ジャズLP
 Tommy Dorsey And His Orchestra- トミー・ドーシー&ヒズ・オーケストラ - "THE CLAMBAKE SEVEN 1935-1936"
USA / LP / Mono / Jazz Archives JA26 / Rec 1935, 1936 / Pub 1975
ジャケット表裏円状の擦れ少々、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 2480 yen
■トミー・ドーシー楽団の精鋭グループ、クラムベイク・セブン。
ベニー・グッドマンのトリオやカルテット、またアーティ・ショウのグラマーシー・ファイブなど、名スウィング・バンドは時折バンド内バンドをつくりビッグ・バンドでは出来ないことを試みていたのですが、このドーシーのクラムベイク・セブンもそんなグループ。これはA面全てとB面半分ほどがそのクラムベイク・セブンの36年のナンバーで、B面残りがドーシー楽団のナンバー、すべて未発表の16インチ・トランスクリプション盤の音源。7人組だけじゃなくて、ドーシー楽団のナンバーも相当良い(試聴ラスト)一枚。【曲】「Christopher Columbus」「Us On A Bus」「My Honey'S Lovin' Arms」「Robins And Roses」「Somebody Stole My Gal(試聴)」「How Come You Do Me Like You Do ?」「You」「Dreamtime」「Swing Mr Charlie」「I'll Stand By(試聴)」「Ja-Da」「The Panic's On」「On Treasure Island」「Alone(試聴)」「Thanks A Million」「I'M Sitting High On A Hilltop」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Coley Jones And The Dallas String Band - COMPLETE RECORDINGS IN CHRONOLOGICAL ORDER

  • ブルースLP
 Coley Jones And The Dallas String Band- コーリー・ジョーンズ・&ザ・ダラス・ストリング・バンド - "COMPLETE RECORDINGS IN CHRONOLOGICAL ORDER"
U.K. / LP / Mono / Mono MSE208 / Rec late1920s / Pub 1983
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤ほぼ新品同様
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4
■ナンバーワン弦楽団ダラス・ストリング・バンドの全曲集。
ストリング・バンドのラグタイム名曲「Dallas Rag」で知られるテキサスのグループ。ジャグ・バンドとは違いベースをチェロでやっているのが特徴。純正ストリング・バンド編成のA面から、ウィッスリン・アレックス・ムーアのピアノが加わったB面の29年の録音で全ての音源。彼らの全曲集はアナログだとこれのみ。【曲】「Army Mule In No Man's Land」「Traveling Man」「Dallas Rag(試聴)」「Sweet Mama Blues」「So Tired」「Hokum Blues」「Chasin' Rainbows(試聴)」「I Used To Call Her Baby」「I Can't Stand That」「He Throws That Thing」「Drunkard's Specia(試聴)l」「The Elder's He's My Baby」「Listen Everybody」「Easin' In」「Shine」「Sugar Blues」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Conjunto Tlacotalpan, Conjunto De Los Hermanos Rodriguez, etc. - ENCUENTRO DE JARANEROS VOL.1

  • 民俗音楽/メキシコLP
 Conjunto Tlacotalpan, Conjunto De Los Hermanos Rodriguez, etc.- コンフント・トラコタルパン、コンフント・デ・ロス・エルマノス・ロドリゲス、etc. - "ENCUENTRO DE JARANEROS VOL.1"
Mexico / LP / Stereo / Pentagrama LPP081 / Rec 1980s? / Pub 1980s?
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤ほぼ新品同様、しなり少々、音に影響無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 
■メキシコ湾に面した南部ベラクルス地方の民俗音楽、ソン・ハローチョの特集盤。
メキシコ南部ベラクルス地方の民俗音楽ソン・ハローチョをLP4枚で紹介する、メキシコ・ペンタグラマ・レーベルの珍しい、そしてあきれるほど素晴らしい一枚。これは第一集。アルパ、ハラナ、レキント等の素朴で力強いアンサンブル(編成いろいろあり)に飾り気のない歌。全曲ライブ録音で、三枚ともアーティストの重なりは無いと思います(あったらすみません)。【曲】「Estampa Jarocha / Conjunto Tlacotalpan(試聴)」「El Ahualulco / Conjunto De Los Hermanos Rodriguez」「Maria Chuchena / Conjunto Papaloapan」「Decimas y Aguanieve / Arcadio Hidalgo Y Mono Blanco(試聴)」「Decimas De Arcadio Hidalgo / Julian Adame」「Los Chiles Verdes / Conjunto Alvarado」「El Balaju / Constantino Blanco Ruiz "Costilla"(試聴)」「La Bamba / Conjunto San Basilio Suchil」「Pajaro Cu / Hilario Varilla Reyes」「El Puntualito / Constantino Blanco Ruiz "Costilla"」「Jarabe Con Decimas / Los Tigritos」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2017年4月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
2017年5月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.