(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Page 45)

Dixie Ramblers, Grinnell Giggers, Shaws Alabama Entertainers, etc. - RIDIN IN AN OLD MODEL T

  • ヒルビリーLP
 Dixie Ramblers, Grinnell Giggers, Shaw's Alabama Entertainers, etc.- ディキシー・ランブラーズ、グリンネル・ギガーズ、ショーズ・アラバマ・エンターテイナーズ、etc. - "RIDIN' IN AN OLD MODEL T"
USA / LP / Mono / County 548 / Rec 1920s, 1930s / Pub 1986
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤ほぼ新品同様
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■カウンティ・レーベルから、ラグタイムやジャズに影響を受けたストリング・バンドを収録した一枚。
戦前ヒルビリー限定でSP盤再発をした(新譜もあり)カントリー界のヤズー、カウンティレーベルの、いつもとは少々違う、そして内容も最高な一枚。だいたいが一アーティストかその関連のグループで一枚、というものが多いカウンティですが、これは、アルバム一枚分の音源が無いようなマイナーなグループを収録。さらに、オールド・タイムやマウンテン・ミュージック系が多いカウンティの中で、ラグタイム、ジャズに影響を受けたストリング・バンドを集めたという一枚。ダラス・ストリング・バンドがツボという人にはこれ以上ない内容。【曲】「Dixie Ramblers / Franklin County Blues」「Grinnell Giggers / Duck Shoes Rag」「Shaw's Alabama Entertainers / Tennessee River Bottom Blues」「Freeny Harmonizers / Podunk Toddle(試聴)」「Scottdale String Band / Waiting For The Robert E. Lee(試聴)」「McLaughlin Melody Makers / Dill Pickles Rag」「Rector Trio / Skyland Rag」「Grinnell Giggers / Plow Boy Hop」「Maddux Family / Stone Rag」「Walker's Corbin Ramblers / Stone Mountain Toddle」「Johnson & Moore / Killin' Blues」「Ray Brothers / Jake Leg Wobble」「Barnes Blue Ridge Ram / Mandolin Rag(試聴)」「Dixie Ramblers / Ridin' In An Old Model T」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Earl King, Archbald, Irma Thomas, etc. - NEW ORLEANS BOUNCE VOL.2, 3, 4

  • リズム&ブルースLP
 Earl King, Archbald, Irma Thomas, etc.- アール・キング、アーチボルド、アーマ・トーマス、etc. - "NEW ORLEANS BOUNCE VOL.2, 3, 4"
Japan / LP / Mono / Toshiba EMI LLS70077-80 / Rec early50s to early60s / Pub 1976
ジャケット三枚とも表面円状の擦れわずか、裏面きれい、レーベルVol3と4にひげ少々、盤3枚ともに擦れほぼ無し、インサート三枚とも少色あせのみ
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  3800 yen
■日本独自のニューオーリンズR&B編集盤。第2、3、4集の三枚セット。
76年、鈴木啓志と日暮泰文が監修、日本で製作されたニューオーリンズR&Bのコンピレーション。全4枚リリースされたうちの3枚のセット。Vol.2は"New Orleans Guitarists"で、盲目のギタリスト、ビリー・テイト(ピアノはFウォーラー)やジェシ・アレン(こいつ最高!)など4アーティスト14曲。Vol.3は"New Orleans Boogie & Blues"で、A面がアーチボルド、B面がトミー・リッジリー(こんな曲あるの?っていうのばっかり)。この2枚は50年~55年ぐらいの音源がほとんど。Vol.4は"New Orleans Soul Of Ages"で、60年代初頭のR&B~アーリー・ソウルを収録。アーマ・トーマスや元祖ブラック・ロッカー、エスキュー・リーダー(エスケリータ)、ドゥワップ・グループ、デル・ロイヤルズなど6アーティスト14曲。全て解説/歌詞のインサート付き。曲目省略します。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jimmy Giuffre 3 - JIMMY GIUFFRE 3

  • ジャズLP
 Jimmy Giuffre 3- ジミー・ジュフリー3 - "JIMMY GIUFFRE 3"
USA / LP / Mono / Atlantic 1254 / Rec 1957 / Pub 1957
コーティング・ジャケット二か所カット、表裏擦れ少々、レーベル小よごれ、ひげ、盤プツ音でるスクラッチ少々
Jacket 3 / Disc 2.5~3 / Sound 2.5~3  2480 yen
■ジミー・ジュフリー・トリオのファースト・アルバム。
確かにモダン・ジャズ、バップの音でありながら、常にメインストリームと一定の距離を置いて、ジャズの構造や核を暴くようなレコードを連発したジミー・ジュフリー。これは、ジム・ホール(G)、ラルフ・ペナ(B)とともに結成した第一期トリオのファースト。ドラムを抜いたことで生まれるクリアな空間の中で三人のアンサンブルとインプロを境い目なくつなぎ合わせた室内楽のジャズ。3声のメロディが隙間を縫いあったり、アンダーラインを弾きあったり、メロディやコードから離れて音の模様でソロイストを支えたりともうほんと面白い。57年オリジナル。【曲】「Gotta Dance(試聴)」「Two Kinds Of Blues」「The Song Is You(試聴)」「Crazy She Calls Me」「Voodoo」「My All」「That's The Way It Is」「Crawdad Suite」「The Train And The Rive」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Teddy Williams, Lem Johnson, Basil Spears, etc. - RNB FROM JOE DAVIS 1952-1953 VOLUME 1

  • リズム&ブルースLP
 Teddy Williams, Lem Johnson, Basil Spears, etc.- テディ・ウィリアムス、レム・ジョンソン、ベイジル・スピアーズ、etc. - "RNB FROM JOE DAVIS 1952-1953 VOLUME 1"
U.K. / LP / Mono / Krazy Kat KK795 / Rec 1952, 1953 / Pub 1985
ジャケット表裏擦れ少々、下部中央小縁裂け、レーベルひげ極わずか、盤ほぼ新品同様
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■ジョー・デイヴィス・レーベルのリズム&ブルース集。
40年代~50年代にかけて、ニューヨークの黒人音楽の生の姿をとらえ、自身が設立したいくつかのレーベルからリリースしたプロデューサー、ジョー・デイヴィス。これは彼のレーベルに残されたリズム&ブルース集。オペラ歌手がR&Bを歌うようなテディ・ウィリアムス、バタービーンズ&スージーのような男女デュオ、スタンプ&スタンピー、飾らないクールな歌がいいベイジル・スピアーズなどなど、未発表も二曲入った全14曲。【曲】「Teddy Williams / Don't Fool With Me」「Bar And Grill Blues」「A Woman Ain't Nothin' But Trouble(試聴)」「Lem Johnson / Never Love Anybody Better Than You Do Yourself」「Basil Spears / Don't Sing Me No Blues」「You Make Me Feel So Good(試聴)」「Stump And Stumpy / Loud Woman」「Paula Watson / I Love To Ride(試聴)」「Chick-Chick-Chick-A-Dee」「Stump And Stumpy / Two-Thirds Dead」「Basil Spears / I Want A Man To Gimme Some Luck」「Leave Him Alone And He'll Come Home」「Nat Foster / Better Get Wise With Yourself Baby」「Lizzie Baker / I Got A Letter」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Dave Ferguson And His Friends - SOMEWHERE OVER THE RAINBOW AND OTHER FIDDLE TUNES

  • ブルーグラスCDetc
 Dave Ferguson And His Friends- デイヴ・ファーガソン&ヒズ・フレンズ - "SOMEWHERE OVER THE RAINBOW AND OTHER FIDDLE TUNES"
USA / LP / Stereo / Ridge Runner RRR0003 / Rec 1976 / Pub 1976
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■70年代ブルーグラス名門リッジ・ランナーの初期名盤。
自身のソロも素晴らしいブルーグラス・ミュージシャン、スリム・リッチーが興し、新しいアメリカン・トラディショナルのいいレコードを多く生んだテキサスのレーベル、リッジ・ランナーから、フィドラー、デイヴ・ファーガソンのソロ・アルバム。アラン・マンディー(BJ)、ダン・ハッカビー(Dobro)などこのレーベルの住人達によるバッキングに溌剌とプレイ。上手いのはもちろん、まとまりも最高。もう、このレーベルの一つのバンドと言ってもいいかも。アルバムごとに目立つ人が違うという感じなんでは。ブルグラ、トラッドのみならずジャズ系のレパートリーが多いのがこの人たちならでは。【曲】「Beaumont Rag」「Sally Goodin」「Brazos River Waltz」「Rachel」「Sheryl's Polka」「Bill Cheatham(試聴)」「Somewhere Over The Rainbow(試聴)」「Grey Eagle Hornpipe」「Faded Love」「High Level Hornpipe」「Cowtown Bounce」「Hobo's Blues(試聴)」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jimmy Giuffre 3 - THESIS

  • ジャズLP
 Jimmy Giuffre 3- ジミー・ジュフリー3 - "THESIS"
USA / LP / Stereo / Verve V6-8402 / Rec 1961 / Pub 1961
コーティングの見開きジャケット表裏擦れ少々、左下カット、内側擦れ少々、レーベルひげ極わずか、盤浅い擦れわずか、Aラストの最後の方に一本スクラッチ、ほぼ音に出ません
Jacket 3.5 / Disc 3.5~4 / Sound 4  2980 yen
■ジミー・ジュフリーの名物トリオの二作目。
確かにモダン・ジャズ、バップの音でありながら、常にメインストリームと一定の距離を置いて、ジャズの構造や核を暴くようなレコードを連発したジミー・ジュフリー。これは、ポール・ブレイ(P)、スティーヴ・スワロウ(B)で結成された、その後のジャズの行先を占ううえでも最重要と言われる彼の二代目トリオの二枚目。ジャズの熱狂性やなまめかしさを消し、フリー・インプロヴィゼーションの到来を予言するような、涼しく軽やかな異質のフリー・ジャズ盤。【曲】「Ictus」「That' True, That's True(試聴)」「Sonic」「Whirrrr(試聴)」「Carla」「Goodbye」「Flight」「The Gamut(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Wheels, Clickettes, Seniors, etc. - TERRY LEE PRESENTS THE TL SOUND FOR YOUNG LOVERS

  • ドゥワップLP
Wheels, Clickettes, Seniors, etc.- ウィールズ、クリケッツ、シニアーズ、etc. - "TERRY LEE PRESENTS THE TL SOUND FOR YOUNG LOVERS"
USA / LP / Mono / Lost Nite LP112 / Rec 1950s / Pub 1965
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3800 yen
■クレイジー。彼ののソロ・アルバムと言ってもいい、最高のメロウ・ドゥワップ集。
50年代からピッツバーグで、R&B、バラードをプレイし始めた伝説的なDJ、テリー・リー。"69"のアロンディーズ等地元のマイナー・ガレージ・バンドをサポートしたことも知られる人。さて、ピッツバーグのDJと言えばなんといってもマッドマイクが有名、しかし彼のラジオ番組はマッド・マイクよりマッド。なぜなら、自分のしゃべりと曲をエコーでグアングアンに飛ばしたものを放送していたという....時には回転数さえ変えスローにしていたらしい。これは60年代中期に彼が番組をやっていたWMCKというラジオ局が、彼の番組をレコードで再現したという一枚。収録曲は全て最高のメロウ・ドゥワップ、そしてこんな音。【曲】「Wheels / My Heart's Desire」「Clickettes / Lover's Prayer」「Seniors / Evening Shadows Falling」「Orchids / You're Everything To Me」「Jive Five / My True Story」「Orchids / Newlyweds」「Hide-A-Ways / Can't Help Loving That Girl Of Mine」「Scarlets / True Love」「Capris / There's A Moon Out Tonight」「Five Thrills / My Baby's Gone(試聴)」「Ebonaires / Love Call」「Ly-Dells / There Goes The Boy」「Jesters / The Wind(試聴)」「Baltineers / Moments Like This」「Jive Five / Beggin' You Please」「Swans / My True Love」「Baltineers / Tears In My Eyes」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jenks Tex Carman - CHIPPEHA! : THE ESSENTIAL DIXIE COWBOY

  • カントリーCDetc
 Jenks Tex Carman- ジェンクス・テックス・カーマン - "CHIPPEHA! : THE ESSENTIAL DIXIE COWBOY"
USA / CDetc / Mono / Revenant 207 / Rec 1947 to 1957 / Pub 1998
ジャケット色あせ少々、帯小折れ目、盤面きれい、インサート色あせ少々
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■チェロキー・インディアンのスライド・ギタリスト、ジェンクス・テックス・カーマンの編集盤CD。
故ジョン・フェイヒーが96年にスタートさせ、その後、特にアメリカ音楽リイシュー(だけではありませんが)レーベルに決定的な影響を及ぼしたレヴェナント・レーベルからの一枚。帯に"ハーモニカ・フランク、ジョー・ヒル・ルイス、そしてヘイゼル・アドキンスと同じ遺伝子を持つ..."とありますが、激しく同意のチェロキー・インディアン・スライド・ギタリスト、ジェンクス・テックス・カーマンの音源集。40年代後半から50年代初頭の音源を19曲、そして57年のライブ音源を3曲収録。こちらもぜひ。※曲目省略します

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Albert Ammons, Pete Johnson, Jimmy Yancey - BOOGIE WOOGIE MAN

  • ブルース/ブギウギLP
 Albert Ammons, Pete Johnson, Jimmy Yancey- アルバート・アモンズ、ピート・ジョンソン、ジミー・ヤンシー - "BOOGIE WOOGIE MAN"
France / LP / Mono / RCA 730561 / Rec 1939 to 1941 / Pub 1972
コーティング・ジャケット擦れ少々、レーベルにスタンプ、ひげ無し、盤極表層のスクラッチ少し
Jacket 3.5~4 / Disc 3.5 / Sound 3.5  2480 yen
■A面はアモンズ&ジョンソンの二台ピアノ録音、B面は開祖ヤンシーの39/40年録音。
まずA面は、ブギウギ史上最高の三人のうち二人、アモンズとジョンソン(もう一人はミード・ラックス・ルイス)が、41年に二台ピアノで録音した強力な8曲。この10インチLPと全く同じものが収録されています。A面の試聴はそれで聞いていただくとして、裏面はジミー・ヤンシー。上の三人に多大な影響を与えた(1910年代という話)ブギウギ・ピアノの開祖的プレイヤー。ベイビー・ドッズやチャーリー・パットンが他の人と違うようにヤンシーも違う絶品のナンバーを8曲。39、40年。フランスRCA盤。【曲】「A. Ammons - P. Johnson / Barrelhouse Boogie」「Boogie Woogie Man」「Cuttin' The Boogie」「Pine Creek」「Sixth Avenue Express」「Foot Pedal Boogie」「Movin' The Boogie」「Walkin' The Boogie」「J.Yancey / Yancey Stomp」「State Street Special」「Tell 'Em About Me(試聴)」「Five O'Clock Blues」「Yancey's Bugle Call(試聴)」「Death Letter Blues」「35th And Dearborn」「Crying In My Sleep(試聴)」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Chavelles, Squires, Colts, Vitamins - THE GOLDEN GROUPS VOLUME 2 : THE BEST OF VITA RECORDS

  • ドゥワップLP
 Chavelles, Squires, Colts, Vitamins- チャヴェルズ、スクワイアーズ、コルツ、ヴァイタミンズ - "THE GOLDEN GROUPS VOLUME 2 : THE BEST OF VITA RECORDS"
USA / LP / Mono / Relic 5007 / Rec early to mid50s / Pub 1960s
ジャケット表面擦れ少々、レーベル擦れ少々、盤極浅い擦れ少々
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■レリックの"ゴールデン・グループ"シリーズの2枚め、ヴァイタ・レーベル編。
60年代中期から80年代まで、60枚ほど(もっと?)ある、ドゥワップ黄金期をレーベル別に集めリリースした、レリック・レーベルの看板シリーズ"Golden Groups"の二枚目で、ロサンゼルスのヴァイタ・レーベルのドゥワップを収録した一枚。スクワイアーズ、コルツ等を中心に4グループの19曲を未発表も含め収録。片面DGの60年代オリジナル盤。【曲】「Chavelles / Valley Of Love(試聴)」「Squires / S'Cadillac」「Colts / Sweet 16」「Lips Sweet As Wine(試聴)」「Adorable」「Honey Bun」「Vitamins (Titans) / So Hard To Laugh」「Squires / Venus (Cha Cha)」「Vitamins (Titans) / Rhythm & Blues」「Squires / Sindy」「Heavenly Angel」「Do-Be-Do-Be-Wop-Wop」「Colts / Never No More」「Squires / Venus (Slow)(試聴)」「Breath Of Air」「Me & My Deal」「Sweet Girl」「Chavelles / Red Tape」「Valley Of Dolls (Slow)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Clovers, Lovenotes, Hearts, etc. - THE GOLDEN GROUPS VOLUME 16 : THE BEST OF RAINBOW RECORDS

  • ドゥワップLP
 Clovers, Lovenotes, Hearts, etc.- クローヴァーズ、ラヴノーツ、ハーツ、etc. - "THE GOLDEN GROUPS VOLUME 16 : THE BEST OF RAINBOW RECORDS"
USA / LP / Mono / Relic 5034 / Rec early50s / Pub 1970s
ジャケット表面円状の擦れ少々、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■"ゴールデン・グループス"シリーズから、NYのレインボー・レーベル編。
60年代中期から80年代まで、60枚ほど(もっと?)ある、ドゥワップ黄金期をレーベル別に集めリリースした、レリック・レーベルの看板シリーズ"Golden Groups"から、ニューヨークのレインボー・レーベルのSP盤/シングルを収録した一枚。まずいきなり衝撃なのが一曲目に収録された、アトランティックの前に一枚だけ出されたクローヴァーズの50年のデビュー曲。トロトロ甘々のメロウ・ドゥワップ究極の一曲と言えるナンバー。そこから続く曲も全てキラーと言って言いすぎじゃない9グループ18曲。【曲】「Clovers / Yes Sir That's My Baby(試聴)」「Lovenotes / I'm Sorry」「Lee Andrews & The Hearts / Bells Of St. Mary's」「Swans / My True Love(試聴)」「Dappers / Bop Bop Bu(試聴)」「Marquis / I Don't Want Your Love」「Lovenotes / Don't Be No Fool」「Winners / Can This Be Love」「Lee Andrews & The Hearts / The Fairest」「Lovenotes / Since I Fell For You」「Jets / Lovers」「Lee Andrews & The Hearts / White Cliffs Of Dover」「Winners / Rockin' & Rollin'」「Startones / Forever My Love」「Clovers / When You Come Back To Me」「Lovenotes / Sweet Lulu」「Lee Andrews & The Hearts / Maybe You'll Be There」「Marquis / Popcorn Willie」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jimmy Rhodes - MY BEST TO YOU

  • イージー・リスニングLP
Jimmy Rhodes- ジミー・ローズ - "MY BEST TO YOU"
USA / LP / Stereo / Echo RLS1201 / Rec 1960s / Pub 1960s
ジャケット擦れ少々、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れ、B面頭に強めの擦れ一本、ほとんど出ません
Jacket 3.5 / Disc 3~3.5 / Sound 3~3.5  1980 yen
■マルチ鍵盤奏者、ジミー・ローズがオルガンとピアノを同時に弾く一枚。
テネシー生まれで西海岸で活躍したマルチ鍵盤奏者、ジミー・ローズの自主制作盤。最初はオルガン・ソロと思いきや、足のベースと左手の伴奏はオルガン、メロディはピアノ、という風に自在にオルガンとピアノを行き来するという一枚。二台並べて弾いているのでしょうか、「Alley Cat」「Third Man Theme」「Sheik Of Araby」などの楽しいポップ・スタンダードを、曲の半分くらいの重要なところまでを数珠繋ぎにしたような構成で演奏。7割方試聴一曲目のようなモワーとしたドリーミーなナンバー。【曲】「My Best To You(試聴)」「Around The World」「Moritat」「Beyond The Reef」「The Hawaiian Wedding Song」「Lies」「The Glory Of Love」「Alley Cat」「The Skirt Waltz」「The River Seine」「Miss You」「Til Tomorrow」「Goodnight, My Someone」「The 3rd Man Theme」「Do You Ever Think Of Me」「You Were Meant For Me」「Avalon」「The Sheik Of Araby」「By The Beautiful Sea」「Whatever Will Be, Will Be」「The Portuguese Washerwoman(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2017年9月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.