(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Page 45)

Ellis Stratakos And His Hotel Jung Orchestra, Carl Fenton And His Orchestra, etc. - SHAKE IT DOWN!

  • ジャズLP
 Ellis Stratakos And His Hotel Jung Orchestra, Carl Fenton And His Orchestra, etc.- エリス・ストラタコス&ヒズ・ホテル・ジャング・オーケストラ、カール・フェントン&ヒズ・オーケストラ、etc. - "SHAKE IT DOWN!"
USA / LP / Mono / Harrison LP-H / Rec 1928 to 1930 / Pub mid1970s
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげわずか、盤極表層のスクラッチわずか
Jacket 4 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4  1680 yen
■アメリカのジャズ界で初めてプレイしたギリシャ人と言われている、
ニューオーリンズのエリス・ストラタコス楽団(18才のルイ・プリマが在籍していたバンドなんだそう)、後のスイング・ビッグ・バンド時代に人気となるケイ・カイザー楽団の珍しいナンバー、グレン・ミラー、フィル・ナポレオン、ドーシー兄弟らが在籍していたブロードウェイ・シンコペーターズ、ベイブ・ラッシン(TS)、カール・クレス(G)らのスミス・ボーリュー楽団などなど28年から30年の知られざるナンバーを14曲収録した一枚。70年代中期わずかな期間の間活動、有名どころもありつつ誰もしらないようなグループを耳だけを頼りに掘り起こしたハリソン・レーベルから。※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jimmie Osborne, Clyde Moody, Mac Odell, etc. - SONGS OF FAITH

  • カントリー/ゴスペルLP
 Jimmie Osborne, Clyde Moody, Mac Odell, etc.- ジミー・オズボーン、クライド・ムーディ、マック・オデル、etc. - "SONGS OF FAITH"
USA / LP / Mono / Audio Lab AL1504 / Rec 1959 / Pub 1959
ジャケット表裏擦れ、上下テープ、裏ジャケットしみ、くたびれは少なくしっかりしています、レーベルひげわずか、盤きれい、極浅い擦れわずか
Jacket 2.5 / Disc 4 / Sound 4
■キングのサブ・レーベル、オーディオ・ラブから、カントリー・ゴスペルのオムニバス。
ハンク・ペニーやライト・クラスト・ダウボーイズ等のカントリー、ジョン・リー・フッカーやブル・ムース・ジャクソン等のブルース、R&B、ドン・バイアスやセシル・ヤング等のモダン・ジャズなど、キング関連の中でも最もコアなリリースを2~3年の間だけつづけたオーディオ・ラブ・レーベル。これはカントリー・ゴスペルのオムニバス盤第一集。さて、表ジャケットに載ってるアーティスト全部知ってるという人、カントリーにムチャクチャ詳しい人でもいないのでは。白人のゴスペルでこんなのがあったんだというブラザー・クロード・エリーのやぶれかぶれなナンバー、マンドリンとロッキンなエレキが絡む新鮮なバックにハーモニーがかぶさるトミー・マグネスなどなど、カントリーの中でも最もディープな世界。スチレン材のオリジナル盤(再発なんてないと思います)。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Kitty Mann, Cope Brothers, Musical Millers Quartet, etc. - TIME FOR PRAYER

  • カントリー/ゴスペルLP
 Kitty Mann, Cope Brothers, Musical Millers Quartet, etc.- キティ・マン、コープ・ブラザーズ、ミュージカル・ミラーズ・カルテット、etc. - "TIME FOR PRAYER"
USA / LP / Mono / Audio Lab AL1518 / Rec early to mid50s / Pub 1959 or 60
ジャケット円状の擦れ、上下テープ、レーベルひげ少々、盤きれい、極浅い擦れわずか
Jacket 2.5~3 / Disc 4 / Sound 4
■キングのサブ・レーベル、オーディオ・ラブから、カントリー・ゴスペルのオムニバス。
上のアルバムに続く第二弾。第一弾とメンツの重なりあります。相変わらず恐ろしいパワーに満ちたブラザー・クロード・エリー、カーター・ファミリーの魅力に通じる、母親と娘二人のトレース・ファミリー・トリオ、名オールドタイム・ストリング・バンド、J.E.メイナーのゴスペル曲等を収録。スチレン材のオリジナル盤。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Thomas Wayne With The DeLons - TRAGEDY cw SATURDAY DATE

  • オールディーズ/ロックンロール45rpm
Thomas Wayne With The DeLons- トーマス・ウェイン・ウィズ・ザ・デロンズ - "TRAGEDY cw SATURDAY DATE"
USA / 45rpm / Mono / Fernwood 109 / Rec 1959 / Pub 1959
レーベルきれい、盤極表層のスクラッチ少し
Jacket n/a / Disc 3.5~4 / Sound 4
■オールディーズ大名曲。トーマス・ウェイン59年のヒット「Tragedy」。
メンフィスのシンガー、トーマス・ウェインことトーマス・ウエイン・パーキンス。ジョニー・キャッシュのバック・バンド、テネシー・トゥーのギタリスト、ルーサー・パーキンスの弟で、59年に大ヒットしたオールディーズ名作。時代を先取りしたコード感覚、中盤以降Aメロに戻らない展開、そのせいでAメロがさらにくっきり、これを自然に聞かせる力。歌詞はまさしくそんな内容。通りいっぺんのオールディーズには収まらないマジックの効いたナンバー。裏はデロンズのコーラスもキュートなティーン・ロッカー。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Victor Arden - Phil Ohman - 1925-1933

  • ダンス・バンドLP
Victor Arden - Phil Ohman- ビクター・アーデン、フィル・オーマン - "1925-1933"
USA / LP / Mono / JJA 1974-1 / Rec 1925 to 1933 / Pub 1974
ジャケットこれといってダメージ無し、曲目表にはがれ、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4
■名ピアニスト2人のダンス・バンド。いいメロディが詰まった一枚。
ガーシュウィンの舞台では欠かせないピアニストだったアーデンと、後に映画音楽の世界でも優れた作品を残したこれまたピアニスト、オーマンのデュオ。10年代の後半から吹き込みをしてきたピアノのプロ中のプロ。彼らのグループは、ダンス・バンドに二人のピアノのアクセントを入れるというスタイル。さて、よほどのことが無い限りSPの世界では白人ダンス・バンドは基本的に人気なし。よって純粋なダンス・バンドは編集盤も編まれることが少ないです。アーデン&オーマンの編集盤なぞコアなコレクターは食指が動かないのですが、これは聞いて初めて超々納得。とにかくいいメロディが溢れかえる20曲。これほどまでにメロディに恵まれたバンドは無いのでは。ガーシュイン・ナンバーはじめティン・パン・アレイの真髄が楽しめる一枚。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bill Harris And Serge Chaloff And Woody Herman - BILL HARRIS AND SERGE CHALOFF AND WOODY HERMAN

  • ジャズLP
 Bill Harris And Serge Chaloff And Woody Herman- ビル・ハリス、サージ・チャロフ、ウッディ・ハーマン - "BILL HARRIS AND SERGE CHALOFF AND WOODY HERMAN"
USA / LP / Mono / Alto AL705 / Rec 1940s / Pub 1960s
ジャケット擦れ少々、経年の色あせ、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 
■こんな地味なジャケットながら内容は輝くような一枚。
恐らくですが、ビル・ハリス(TB)、サージ・チャロフ(BarS)らが在籍していたウッディ・ハーマン楽団の40年代中後期未発表を収録したと思われる一枚。多くの演奏があるハーマン&ラルフ・バーンズの傑作「Bijou」は聞いた中でも最高峰と言えるパフォーマンス。アレンジはバーンズでしょうか、エリントンの「Flamingo」なども、抽象的な編曲にどきっとする演奏でほんと最高。ビル・ハリス、スゴイ。"キング・オブ・ブートレガーズ"と言われたラジオ音源のクレイジーなコレクター、ボリス・ローズが興した自主レーベル、アルトから。※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Paul Whiteman Orch., Joe Venuti Orch., Smith Ballew Orch., etc. - JAZUM 15

  • ジャズLP
 Paul Whiteman Orch., Joe Venuti Orch., Smith Ballew Orch., etc.- ポール・ホワイトマン楽団、ジョー・ヴェヌーティ楽団、スミス・ボーリュー楽団、etc. - "JAZUM 15"
USA / LP / Mono / Jazum 15 / Rec 1928 to 1934 / Pub 1972
ジャケット表裏擦れ少々、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 
■ジャザム・レーベルの戦前ジャズ編集盤。
ピッツバーグのコレクター、ウィリアム・C・ラヴが始めたジャザム・レーベルから興味深いコンピレーション。"ジャズとポピュラー音楽がミックスされた音源を集めた"とライナーにあり。それはつまりダンス・バンドの編成で、ジャズのアドリブ演奏を大きくフィーチュアしたものということでしょう。さて、まずうれしいのはホワイトマンの映画『King Of Jazz』のハイライト「Happy Feet」を、聞いた中では最もいい音で収録していること。さらにライナーで、これがジャック・ティーガーデンの最高の演奏2曲だ、と豪語していて、眉唾で聞いたのですがビックリ、ホント。恐れ入りました。他かなり割かれているカサ・ロマ楽団、ストレンジなスモール・コンボ・ジャズを聞かせるウーピー・メイカーズなどなど収録。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Pee Wee King - COUNTRY CLASSICS

  • カントリーLP
 Pee Wee King- ピー・ウィー・キング - "COUNTRY CLASSICS"
Japan / LP / Mono / RCA RPL2046 / Rec late40s to early50s / Pub 1985
ジャケット、帯ともにきれい、レーベルひげ無し、盤ほぼ新品同様
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4
■日本で独自に製作されたLP。
50年にパティ・ペイジが唄ったことで世界的なヒットになった「Tennessee Waltz」の作者で、自らもバンドを率いナシュヴィルを中心に活動を続けたアコーディオン奏者。これは52年に10インチもしくはEP2枚組でリリースされたもの(←聞いてください、すべて収録しています)をA面に、翌53年の『Western Hits』をB面に収録した日本独自のアルバム。その「テネシーワルツ」の作者ver、最強のプリロカ・ブギ「Ten Gallon Boogie」などなどこの時期の魅力を味わうのには最高の内容。歌詞カード付き、解説は島田耕。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

People Of Netherlands - FOLKSONGS AND DANCES OF THE NETHERLANDS

  • 民俗音楽/オランダLP
 People Of Netherlands- オランダの人々 - "FOLKSONGS AND DANCES OF THE NETHERLANDS"
USA / LP / Mono / Folkways FE4036 / Rec 1952, 1953 / Pub 1963
ジャケット下部中央小縁裂け、レーベルひげ少々、盤極浅い擦れわずか、インサートきれい
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 
■オランダの民俗音楽、民謡を現地録音したフォークウェイズからの一枚。
時折ギョッとするハーモニーや明るくも暗くもないメロディの老人、子供たちの多数の歌を中心に、ミッドウィンターホーンというアルプホルンの亜種のような楽器、イントナルモーリを思い出させるロンメルポットという摩擦ドラムを入れた歌、アコーディオンを伴奏にした楽しげな踊り唄、フッペという鳥の鳴き声を模した?と思われる楽器の音などなど収録。恐らくは簡易的なテープレコーダー録音で、SP盤レベルの音質と考えてください。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Ato The Blind Pianist - GOLDEN TREASURY OF PHILIPPINE MUSIC

  • イージー・リスニング/フィリピンLP
 Ato The Blind Pianist- エイト・ザ・ブラインド・ピアニスト - "GOLDEN TREASURY OF PHILIPPINE MUSIC"
Philippines / LP / Stereo / Plaka Pilipino TSP5063 / Rec early1970s / Pub early1970s
ジャケット擦れ少々、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4
■フィリピンのラウンジ・ピアニスト、エイトのソロ・アルバム。
生まれながらにして盲目だったエイトことパブロ・ベングロが、母親の弾くピアノを聞き自らも没頭するようになり、周囲が驚く才能を見せ始めたのは3歳の頃だったそう。その後14歳にしてプロとして演奏を始めたエイトの、これは恐らくはセカンド・アルバム。ロンダヤの有名なナンバーやほかフィリピンのトラディショナル曲を、リズムと少しのストリングスを交えた編成で演奏。フィリピン盤。※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jimmie Williams And Red Ellis, Acorn Sisters - HOLY CRY FROM THE HILLS

  • カントリー/ゴスペルLP
 Jimmie Williams And Red Ellis, Acorn Sisters- ジミー・ウィリアムス - "HOLY CRY FROM THE HILLS"
USA / LP / Mono / Starday SLP165 / Rec 1950s / Pub 1961
ジャケット擦れ、上下テープ、下部中央縁裂け、レーベルひげ少々、盤ほぼ美品、擦れ少々
Jacket 2.5~3 / Disc 4 / Sound 
■ブルーグラス~マウンテン・ゴスペルの鬼名盤。
スタンリー・ブラザーズのクリンチ・マウンテン・ボーイズのオリジナル・メンバー、ジミー・ウィリアムス(マンドリン)が、ギタリスト、レッド・エリスと組んだグループの唯一のオリジナル・アルバム。ロスコーやドク・ボッグスのレベルじゃないと、という人が満足できる本当数少ない一枚。一曲、フラット&スクラッグス等が取り上げ有名となったブルグラ・クラシック「Where Will I Shelter My Sheep」のオリジナルのエイコーン・シスターズを収録。オリジナル・レーベル。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

John Fahey - MORNING PART 1 cw 2 / EVENING, NOT NIGHT PART 1 cw 2

  • ギター78rpm
 John Fahey- ジョン・フェイヒー - "MORNING PART 1 cw 2 / EVENING, NOT NIGHT PART 1 cw 2"
USA / 78rpm / Mono / Perfect 14404 / Rec 1996 / Pub 1996
ジャケット表裏内側ともにきれい、レーベル二枚ともきれい、盤二枚とも浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4
■晩年の転機となった78回転2枚のアルバム・セット。
90年前後までそれまでのフィンガー・ピッキング・ギターの路線でレコードを出していたフェイヒーが、60歳近くになって突然78回転10インチ2枚組というフォーマットでリリースした作。即興演奏を大胆に取り入れ自分の音楽性を刷新した4曲。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2017年3月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
2017年4月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(水曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.