(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Page 440)

Orchestre Lamoureux, Igor Markevitch(Cond.), Nadia Boulanger(Dir.) - WORKS OF LILI BOULANGER

  • クラシックLP
 Orchestre Lamoureux, Igor Markevitch(Cond.), Nadia Boulanger(Dir.)- ラムルー管弦楽団、イゴール・マルケヴィッチ指揮、ナディア・ブーランジェ監修 - "WORKS OF LILI BOULANGER"
USA / LP / Mono / Everest LPBR3059 / Rec 1960 / Pub 1960
特厚ジャケット表裏ともに円状の擦れ少々、レーベル両面にはがれあり、BのはがれはAの1/4程度、盤浅い擦れ、時折プレスに起因するプツ音
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 3.5~4 
■リリ・ブーランジェの5作品を収録した一枚。
作曲家&演奏家(バーンスタイン、リパッティetc...)のみならず、ポップス(Q.ジョーンズ、M.ルグランetc...)、さらにはAピアソラまで、彼女の門下生が20世紀の音楽を作っていったといってもあながち過言ではないナディア・ブーランジェ。彼女は教育者であるばかりでなく大変な才能を持った作曲家でもありましたが、一人の女性の才能に感服し作曲の筆を折ることになります。それが彼女の6歳下の妹リリ・ブーランジェ(1893-1918)。生まれつき非常な病弱で1918年に24歳で亡くなってしまうのですが、短い生涯に残した作品は、フォーレやドビュッシーの影響下にありつつ、絶えず死と直面していた彼女の深い憂いや儚さ、そして鋭い緊張感に満ちた魂の音楽というべきもの。CDはいまだと結構でているようですがアナログは本当少なく、これは中でも名盤の誉れ高い、姉のナディアが録音ディレクションをしたマルケヴィッチ指揮ラムルー管弦楽団の一枚。サイドAは『詩篇130番(深き淵より)』、Bは『詩篇24番』、『詩篇129番(試聴)』、『古い仏教徒の祈り』、『ピエ・イエズ(試聴)』という宗教的な5作品で、オーケストラとコーラスの曲を主に収録。ボーイ・ソプラノで唄われる試聴2曲目はこの盤で特に名演と名高い1曲。病床で書き上げたというラストの作で、最後まで聞かないとわからないのですがこれは本当に感動的なナンバー。銀バックのオリジナル、モノラル盤での入荷。レーベルにはがれありますが、他はきれいです。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

A Tousan - WHIRLAWAY cw HAPPY TIMES

  • リズム&ブルース/ニューオーリンズ45rpm
 A. Tousan- A.トゥーサン(アラン・トゥーサン) - "WHIRLAWAY cw HAPPY TIMES"
USA / 45rpm / Mono / RCA Victor 47-7192 / Rec 1958 / Pub 1958
レーベルきれい、盤擦れごくわずか、ピカピカです
Jacket n/a / Disc 4 / Sound 
■アラン・トゥーサンのファースト・ソロ・シングル。
60年代からのニューオーリンズの音を文字通り創ったアラン・トゥーサンの58年の記念すべきデビュー・シングル。アルバム『Wild Sound Of New Orleans』にも収録されている2曲です。じんわりと染み込んでくるような味わい深さに溢れた70年代のトゥーサンのソロは180度趣の違う、ヘヴィなニューオーリンズ・ピアノR&Bインスト。トゥーサンのあまりにもテンションの高いピアノにあおられるように激しく突っ込むドラム、プレクトラム・バンジョーを模しているようなギター、ベース、サックスのシンプルな編成での演奏。ヒューイ・スミスやロングヘアのようなどっぷりニューオーリンズ・ローカルというとも違うみがきのかかったムード。Bはそのヒューイ・スミス風のハンドクラップ入りのアーシーなR&B。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Clare Fischer - THE STATE OF HIS ART

  • ピアノLP
 Clare Fischer- クレア・フィッシャー - "THE STATE OF HIS ART"
USA / LP / Stereo / Revelation 26 / Rec 1973 / Pub 1976
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤擦れわずか、美品
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 
■クレア・フィッシャーのピアノ美学が凝縮された一枚。
ピアニスト、クレア・フィッシャー。7歳にはピアノで4声のハーモニーを作るようになり、12歳でクラシックの作曲をはじめ、同時にダンス・バンドのアレンジも手掛け、15歳で自分のバンドをもち...(以下略)。初のメジャーな仕事は50年代コーラスGRPハイ・ローズのアレンジ(これに影響されまくったのがハービー・ハンコック)。60年代はセッション・メンとして活躍していたそうですが、その間も自分の音楽を深く掘り下げていたのは、このアルバムを聞けばすぐにわかります。これは自宅でテレコ録音された76年のピアノ・ソロ作。録音は73年。出てくる音を分析は出来るでしょうが、分析してもなにも始まらない、というような恐るべき一枚。ジャズ、ブルースに影響を受けたアレック・ワイルダーの室内楽やウォルター・グロスのピアノ・ソロが好きな人はフィッシャーの良さがストレートにくると思います。自作のオープナー「Duke」はエリントンがモチーフなのでしょうが、僕にはさっぱりなんだかわかりません。聞きやすいジャズ曲なのはわかります。続くA2、A3のスタンダードは、何かビル・エヴァンスがが練習でもしているような曲。Aラスト「Free Improvisation」は涙がでるような美しい、しかし安易な感傷には到底行かない即興曲。そして言葉も無いB面。4曲全てブルースなのですが、近現代曲風、印象派風、一応モード風に弾かれる形容不能のスタイル、フリーハンド風...と、曲により、また曲の中でも変ったりします。【曲】「The Duke」「Someday My Prince Will Come(試聴)」「Woody N' You」「Free Improvisation」「Basic Blues(試聴)」「Proto-Blues」「Phrygian Blues」「Out-of-Tempo Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Larry Cassidy - I FOUND SOMEBODY NEW cw IM STLL CRYING OVER YOU

  • カントリー78rpm
 Larry Cassidy- ラリー・キャシディ - "I FOUND SOMEBODY NEW cw I'M STLL CRYING OVER YOU"
USA / 78rpm / Mono / Capitol 40099 / Rec 1947 / Pub 1947
レーベルAに極小はがれ、盤浅い擦れ、極小スクラッチいくつか
Jacket n/a / Disc 3.5 / Sound 3.5~4 
■"Singing Cop"ことラリー・キャシディの47年作。
ロサンゼルス警察で働く警察官だったことから、"シンギング・コップ"という異名を持ち40年代のウエストコーストで活躍したカントリー・シンガー、ラリー・キャシディ。現役時はかなりの人気だったようなのですが、40年代後半の数年間のみのキャリアあったようで、レコードもこの時代に限られるようです。これは47年、キャピトルのR&B/ヒルビリーのリリース・シリーズ、アメリカーナから。聞いているだけで喉か渇いてきそうな埃っぽいドライな音で、フィドル、アコーディオン、スティール・ギターのコンボをバックに唄われる2曲。大ヒットするようなパーソナリティではないのでしょうが、この声、はっきり言って何唄ってもいいに決まってます。素朴なスティール、アコーディオン・ソロもいいです....

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Mildred Bailey - HER GREATEST PERFORMANCES 1929-1946

  • ジャズ・ヴォーカルLP
 Mildred Bailey- ミルドレッド・ベイリー - "HER GREATEST PERFORMANCES 1929-1946"
USA / LP / Mono / Columbia C3L22 / Rec 1929-1946 / Pub early1970s
ボックス表裏擦れ少々、内側きれい、レーベル3枚きれい、ディスク1と2にひげ一本ずつあるのみ、盤3枚ともに擦れごくわずか、ブックレット全ページきれい
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 
■長く聞けるいい歌をたっぷり、という方に。ミルドレッド・ベイリーの生涯の名唱を網羅したLP3枚組みボックスセット。
ミセス・スウィングといわれたミルドレッド・ベイリー。エディ・ラング・オーケストラの録音で29年にレコーディング・デビューした彼女、ヴァイブ奏者レッド・ノーヴォと結婚し、自身のリーダー作のほかにも、ノーヴォの録音やベイシー・バンドのヴォーカリストとしても活躍。その巨体からはあまり想像できない美的で繊細なヴォーカル、白人ながらブルース・ナンバーも得意としました。これは、コロンビアが60年代にLP3枚組みで彼女のほぼ生涯の名唱をまとめたボックス・セット。そのEラング楽団とのデビューから、最後期46年の録音のものまで48曲入り。ノーヴォらしい、ぎょっとするような野心的なナンバーなんかもあってビックリ。↑の3人の他、ジョニー・ホッジス、メアリー・ルゥ・ウィリアムズ、チュー・ベリー、テディ・ウィルソンetc書ききれないほどの最高のジャズ・マンたちがサポート。ライナーはビング・クロスビー、ジョン・ハモンドetc.。オリジナルは60年代、これは70年代のプレス。曲目リストはこちら

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Harry James And His Orchestra - SLEEPY TIME GAL cw MEMPHIS BLUES

  • スウィング・ジャズ78rpm
 Harry James And His Orchestra- ハリー・ジェイムズ&ヒズ・オーケストラ - "SLEEPY TIME GAL cw MEMPHIS BLUES"
U.K. / 78rpm / Mono / Parlophone R2963 / Rec 1945 / Pub 1945
レーベル擦れ小、Aに薄く書き込み、盤浅い擦れ
Jacket n/a / Disc 3~3.5 / Sound 3~3.5 
■両面ともに、ブルース感いっぱいのジェイムズのトランペット・ソロ曲。
Bグッドマン楽団などを経て39年に自身の楽団を結成、以降40年代のアメリカで最も活躍したトランペッターの一人、ハリー・ジェイムズ。スウィング時代がもちろん彼の全盛期ですが、80年代に亡くなるまでバンド続けていたという人。本作はレコーディング・ストライキ直前の、HJの戦前の最後のレコーディングの日に録音された一曲。曲は、「Japanese Sandman」「Ukulele Lady」等を書いたRホワイティングによる有名スタンダード。シンプルなピアノ・コンボをバックに、最初から最後までHJのリラックスしたいいトランペット・ソロが続くナンバー。裏はW.C.Handyが1912年に自費出版した、もっとも初期の‘作曲されたブルース’として知られる「Memphis Blues」。こちらもほとんどHJのソロ。中間部からのグーーット重心を低くした伴奏と、ジェイムズの明るいと暗いが混ざったフィーリングの演奏、最高。英パーロフォン盤です。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Margaret Whiting And Jimmy Wakely - GOMEN-NASAI cw I LEARNED TO LOVE YOU TOO LATE

  • ヴォーカル45rpm
 Margaret Whiting And Jimmy Wakely- マーガレット・ホワイティング&ジミー・ウェイクリー - "GOMEN-NASAI cw I LEARNED TO LOVE YOU TOO LATE"
USA / 45rpm / Mono / Capitol F2402 / Rec 1952 / Pub 1952
レーベル小擦れ、盤極浅い擦れ、チリ音
Jacket n/a / Disc 4 / Sound 3.5 
■マーガレット・ホワイティングが唄う「ゴメンナサイ」。
これまでいろんな「ゴメンナサイ」仕入れてきましたが、これは初めての入荷。服部逸郎のこのオリエンタルG.I.ソングを、「That Old Black Magic」や「Good Morning Mr Echo」のヒットで知られる女性シンガー、マーガレット・ホワイティングと、カントリー・シンガー、ジミー・ウェイクリーがデュエットで唄った一枚。オルガン、ピアノにスティール・ギターが入る、二人のパーソナリティも現れたラテン・コンボをバックにした歌でこりゃかなりいいできばえ。裏面はマンドリンのキラキラした音がヨーロッパ・ムードを出したイージー・リスニング・スウィングにやっぱり寄り添うように唄われるロマンチックなナンバー。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Stanley Brothers And The Clinch Mountain Boys - HARD TIMES cw I WORSHIP YOU

  • ブルーグラス45rpm
 Stanley Brothers And The Clinch Mountain Boys- スタンレー・ブラザーズ&ザ・クリンチ・マウンテン・ボーイズ - "HARD TIMES cw I WORSHIP YOU"
USA / 45rpm / Mono / Mercury 70546 / Rec 1955 / Pub late50s
レーベルきれい、盤浅い擦れ、Bにプツとでるスクラッチ一本
Jacket n/a / Disc 3.5 / Sound 
■ラルフ・スタンレーが攻めまくるインストのA、凝った展開も面白いB、55年のシングル。
フラット&スクラッグスと同じく、ビル・モンローに強く影響を受けたブルーグラス・グループ、スタンレー・ブラザーズ。カーターとラルフのスタンレー兄弟が46年に結成、マイナーのリッチRトーンからデビュー、その後コロンビア、そしてマーキュリーに移籍。オールドタイム、マウンテン・ミュージックを飲み込んだ生々しいヘヴィなサウンドで一躍トップ・グループに。本作は55年(プレスは50年代後半)、A面がインストで、レーベルに"Banjo Solo..."とあるように、カーターのギター・ソロも挟みつつラルフ・スタンレーがバンジョー・テクの限りを尽くす疾走感満点のナンバー。裏面も当然◎。おっと思わせる新鮮なコーラスを入れ、スロー、アップとテンポをチェンジしながら進むナンバー。いやー。実はシングルでブルーグラス聞いたの今回初めてなんですが、吹っ飛ばされました...

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Stanley Brothers And The Clinch Mountain Boys - FLING DING cw LOVING YOU TO WELL

  • ブルーグラス45rpm
 Stanley Brothers And The Clinch Mountain Boys- スタンレー・ブラザーズ&ザ・クリンチ・マウンテン・ボーイズ - "FLING DING cw LOVING YOU TO WELL"
USA / 45rpm / Mono / Mercury 71207 / Rec 1957 / Pub 1957
レーベルきれい、盤浅い擦れ、細いスクラッチ少々、B面にプツ音
Jacket n/a / Disc 3.5 / Sound 3~3.5 
■スタンレー・ブラザーズの、インストがA面の57年作。
フラット&スクラッグスと同じく、ビル・モンローに強く影響を受けたブルーグラス・グループ、スタンレー・ブラザーズ。カーターとラルフのスタンレー兄弟が46年に結成、マイナーのリッチRトーンからデビュー、その後コロンビア、そしてマーキュリーに移籍。オールドタイム、マウンテン・ミュージックを飲み込んだ生々しいヘヴィなサウンドで一躍トップ・グループに。本作は57年、A面はインストの「Fling Ding」。アール・スクラッグスのスタイルをマスター、さらに明るい響きを生んでいるプレイ、ホント最高の一言。クリンチ・マウンテン・ボーイズのピー・ウィー・ランバートのマンドリンも絶好調。裏面は3拍子の歌入りナンバーで、当然熱っぽさは変らない、これまた両A面の一枚。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Stanley Brothers And The Clinch Mountain Boys - ILL NEVER GROW TIRED OF YOU cw NO SCHOOL BUS IN HEAVEN

  • ブルーグラス45rpm
 Stanley Brothers And The Clinch Mountain Boys- スタンレー・ブラザーズ&ザ・クリンチ・マウンテン・ボーイズ - "I'LL NEVER GROW TIRED OF YOU cw NO SCHOOL BUS IN HEAVEN"
USA / 45rpm / Mono / Mercury 71302 / Rec 1958 / Pub 1958
レーベルきれい、盤浅い擦れ
Jacket n/a / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4 
■カーターとラルフのスタンレー・ブラザーズの58年作。
フラット&スクラッグスと同じく、ビル・モンローに強く影響を受けたブルーグラス・グループ、スタンレー・ブラザーズ。カーターとラルフのスタンレー兄弟が46年に結成、マイナーのリッチRトーンからデビュー、その後コロンビア、そしてマーキュリーに移籍。オールドタイム、マウンテン・ミュージックを飲み込んだ生々しいヘヴィなサウンドで一躍トップ・グループに。さて本作は58年。並大抵のロックンロールなぞ霞んでしまうこの肉感的な演奏、粗めでいておっと思わせるモダンなハーモニーもいい歌、完璧なナンバー。裏は、スクール・バス事故の悲劇をこんな優しいメロディ唄った彼らの大名曲の一つ。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Lester Flatt, Earl Scruggs And The Foggy Mountain Boys - WILL THE ROSES BLOOM cw PREACHIN, PRAYIN SINGIN

  • ブルーグラス45rpm
 Lester Flatt, Earl Scruggs And The Foggy Mountain Boys- レスター・フラット、アール・スクラッグス&ザ・フォギー・マウンテン・ボーイズ - "WILL THE ROSES BLOOM cw PREACHIN', PRAYIN' SINGIN'"
USA / 45rpm / Mono / Mercury 70016 / Rec 1953 / Pub late50s
レーベルに書き込み(Bにも同様のものがあり)、盤浅い擦れ、表層スクラッチ少々、チリ音
Jacket n/a / Disc 3 / Sound 
■フラット&スクラッグスの53年作。
ブルーグラスにあまりにも大きな影響を与えたこの二人、Lフラット&Eスクラッグス。ビル・モンローのバンド、ブルーグラス・ボーイズの名前からきているこのブルーグラスですが、この二人はそのメンバーで、フラットがギター&マンドリン、スクラッグスがバンジョー。特にこのスクラッグス、ブルーグラスと言って真っ先に思い浮かぶあのスピーディーな3フィンガー・バンジョーを広めた人でもあります。Bモンロー・バンドを辞めた二人が48年に結成したのがこのフォギー・マウンテン・ボーイズ。これは53年(プレスは50年代後半)で、Aはフラットがマンドリンをプレイ、あのハーモニーを聞かせる野趣たっぷりの1曲。そしてBはスクラッグスがギターを弾くアップのナンバーなのですが、この演奏、ほんと、スゴイ。キメのフレーズもいいですが、歌の後ろのプレイもじっくりお聞きくだされ。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Dinah Shore - LONESOME GAL cw TOO LATE NOW

  • 女性ヴォーカル45rpm
 Dinah Shore- ダイナ・ショア - "LONESOME GAL cw TOO LATE NOW"
USA / 45rpm / Mono / RCA Victor 47-4060 / Rec 1951 / Pub 1951
レーベルきれい、盤擦れごくわずか、ピカピカです
Jacket n/a / Disc 4 / Sound 
■ため息が出るような両サイド。
アメリカ40年代~50年代の女性ヴォーカリストの一つの理想的存在といえるダイナ・ショア。これは51年のシングルで、両面ノン・ヒットながら、彼女のレコードでこんなにいいもの他に無いんじゃないかとわけもなく思ってしまうため息が出るような両A面。RCAのハウス・バンド、アンリ・ルネ・バンドのバッキングとどこか隔絶した世界で唄われる夢幻的な2曲。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2017年11月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
2017年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.