(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Page 424)

London Philharmonic Orchestra, Conducted By Hermann Scherchen - HONEGGER : PACIFIC 231

  • クラシックLP
 London Philharmonic Orchestra, Conducted By Hermann Scherchen- ヘルマン・シェルヘン指揮ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団 - "HONEGGER : PACIFIC 231"
USA / LP / Mono / Westminster XWN18486 / Rec 1954 / Pub mid to late50s
コーティング・ジャケット表裏円状の擦れ、上部縁裂け、裏ジャケットにスタンプ、レーベルひげあり、盤浅い擦れ、ごく表層スクラッチ
Jacket 3 / Disc 3.5 / Sound 3.5 
■オネゲルの代表作『機関車パシフィック231』。
フランス6人組の中でも、特にアンチ・ロマン主義/印象主義の傾向が強かったアルチュール・オネゲル(1892-1955)。これは、オネゲルの代表作である機械仕掛けのシンフォニー『パシフィック231』(1923年)を収録した米ウエストミンスター盤。パシフィック社製231型機関車が走る様子を表現したものですが、聞いていると、これ走る様子を眺めるのではなく機関車の心臓部に入り、鉄の軋む音や耳を貫く汽笛を間近で感じているような気になる凄まじいナンバー。オネゲルは列車ファンだったそうで、車軸が動く様子などをかなり忠実に表現しているのにも驚きます。2曲目の「Rugby」、これがまた問題の一曲。...231同様、ムーヴメント・シンフォニーと名づけられた、あるものの動きをオーケストラにする手法で描かれていますが、今度は人間の体。ラグビーをする人間の様子を表現した、231よりも激しく細かな動きをするオーケストラが楽しめます。演奏はヘルマン・シェルヘン指揮のロンドン・フィルハーモニー管弦楽団。54年録音。この前に写真無しジャケットでリリースがありますが、これはこのジャケットになった際のオリジナル・レーベル。【他収録曲】「機関車パシフィック231(試聴)」「ラグビー(試聴)」「交響的断章第3番」「テンペストのための前奏曲」「夏の牧歌」「喜びの歌」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Patti Page - THE VOICES OF PATTI PAGE

  • 女性ヴォーカルLP
 Patti Page- パティ・ペイジ - "THE VOICES OF PATTI PAGE"
USA / LP / Mono / Mercury MG20100 / Rec 1956 / Pub 1956
ジャケット表裏円状の擦れ、上部右側縁裂け、レーベルひげあり、盤浅い擦れ、小プツ音でるスクラッチ少し
Jacket 3 / Disc 3~3.5 / Sound 3.5 
■パティ・ペイジの56年のアルバム。
世界中でヒットした「テネシー・ワルツ」で知られる女性シンガー、パティ・ペイジ。56年のアルバムで、どのアルバムもそうといえばそうあのですが、ヴォイセズとあるように特に彼女の歌にフォーカスが当てられています。タイトルのもう一つの意味でもある多重録音ソング、ソロ・ヴォーカル曲ともに、50年代のアメリカがいかに豊かなものだったのかが、最高の演奏、素晴らしい音質、そしてこの時代の顔の一人パティ・ペイジの歌からたちのぼってくるような一枚。オリジナル・レーベルDG。【曲】「The Doggie In The Window」「Butterflies」「Hocus Pocus」「I Cried(試聴)」「I Can't Tell A Waltz From A Tango」「Milwaukee Polka」「Changing Partners」「What A Dream」「I Love To Dance With You(試聴)」「Everlovin' (A One Way Love)」「Little Crazy Quilt」「Keep Me In Mind」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Platters - I WANNA cw MY DREAM

  • ドゥワップ78rpm
 Platters- プラターズ - "I WANNA cw MY DREAM"
USA / 78rpm / Mono / Mercury 71093 / Rec 1957 / Pub 1957
レーベルひげあり、盤浅い擦れ、極表層のスクラッチ
Jacket n/a / Disc 3.5 / Sound 3.5 
■プラターズとは思えないロッキン・ドゥワップ"I Wanna"。
「Only You」や「My Prayer」等のとろけるようなドゥワップ・ナンバーをヒットさせ、黒人グループという枠を超えてスターになった、50年代という時代をも代表するヴォーカル・グループ、プラターズ。しかし、これは少々わけが違います。知っていなければ誰一人プラターズとわからないんじゃ?と思わせるアップのロキン・ドゥワップで、オフ・ビートなアクセントを効かせまくったリズム&ハーモニーが音頭風で最高!とくれば裏はプラターズの魅力をたんまり味わうメロウ&センチメンタルなドゥワップ・ナンバー。※57年のSP盤です。だいぶヴィニール多めの素材です(蓄音機には不向き)

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Morton Gould - RHAPSODIES FOR PIANO AND ORCHESTRA

  • ムード・ミュージックLP
 Morton Gould- モートン・グールド - "RHAPSODIES FOR PIANO AND ORCHESTRA"
USA / LP / Mono / Columbia ML4657 / Rec 1953 / Pub mid50s to late50s
ジャケット表裏円状の擦れ、上下部それぞれ中央と取り出し口に縁裂け、表裏に小書き込み、レーべルひげ少々、盤極浅い擦れ
Jacket 2.5~3 / Disc 3.5 / Sound 3.5 
■モートン・グールドの本領が発揮された名盤。
期待を裏切るわけないと充分わかっているのですがやはりショックを受けてしまうモートン・グールド。クラシックではなく、またジャズでもなく、ムードともイージーリスニングというのもしっくりこない、はっきりとした意思を持ってあの世感を生み出し続けた音楽家。これは53年のアルバム。ガーシュウィン「Fascinatin' Rhythm」「Someone To Watch Over Me」、ジェローム・カーン「All The Things You Are」、クルト・ワイル「My Ship」(『Lady In The Dark』)(試聴)、リチャード・ロジャース「Out Of My Dreams」「A Wonderful Guy」「Hello Young Lovers」「If I Loved You」、ヴァーノン・デューク「I Can't Get Started」(試聴)という名スタンダードの数々を、モートン・グールドの本領が最大に発揮される、自由な形式のオーケストラ+ピアノで協奏曲風に演奏した、我を忘れて聞き込んでしまう一枚。6eyeマスターワークス、この一つ前のレーベルもあり、これは55年以降のプレス。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Wade Ray - NO MAMA NO PAPA cw THERES NO FOOL LIKE A YOUNG FOOL

  • ウェスタン・スウィング45rpm
 Wade Ray- ウェイド・レイ - "NO MAMA NO PAPA cw THERE'S NO FOOL LIKE A YOUNG FOOL"
USA / 45rpm / Mono / RCA Victor 5957 / Rec 1954 / Pub 1954
レーベルきれい、盤デッドストックのコンディション
Jacket n/a / Disc 4 / Sound 
■50年代ウェストコーストのウェスタン・スウィング・コンボ、ウェイド・レイ。
既に5歳で"世界最年少のフィドラー"としてヴォードヴィル・サーキットでならし、49年にロサンゼルスへ移りRCAと契約、51年から良作をリリースし続けたウェスタン・スウィング・フィドラー&バンド・リーダー、ウェイド・レイ。これは54年で、両面レイ自身のヴォーカルが入った一枚。Aはカントリーということを忘れてしまうジャジィなナンバー。後半のリラックスしたギター&フィドル・ソロも聞き所。裏はスウィートなバラードで、スティール・ギター、オルガンの気持ちよい音色がトロピカルなナンバー。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Wade Ray And His Cow Town Five - DIPSEY DOODLE cw A SENTIMENTAL JOURNEY

  • ウェスタン・スウィング45rpm
 Wade Ray And His Cow Town Five- ウェイド・レイ&ヒズ・カウ・タウン・ファイヴ - "DIPSEY DOODLE cw A SENTIMENTAL JOURNEY"
USA / 45rpm / Mono / RCA Victor 6110 / Rec 1955 / Pub 1955
レーベル擦れ少々、盤浅い擦れ
Jacket n/a / Disc 3.5 / Sound 3.5 
■50年代ウェストコーストのウェスタン・スウィング・コンボ、ウェイド・レイ。
既に5歳で"世界最年少のフィドラー"としてヴォードヴィル・サーキットでならし、49年にロサンゼルスへ移りRCAと契約、51年から良作をリリースし続けたウェスタン・スウィング・フィドラー&バンド・リーダー、ウェイド・レイ。これは55年の一枚で、Aは「Dipsey Doodle」を、パワフルでいて丁寧な演奏でダンサブルにプレイ。裏面は「Sentimental Journe」で、早くもエレキ・ベース、オルガンを入れた編成でほとんどジャズのスタイルで親密に演奏。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Big Jay McNeeleys Blue Jays - THE DEACONS HOP cw ARTIES JUMP

  • リズム&ブルース78rpm
 Big Jay McNeeley's Blue Jays- ビッグ・ジェイ・マクニーリーズ・ブルー・ジェイズ - "THE DEACON'S HOP cw ARTIE'S JUMP"
USA / 78rpm / Mono / Savoy 658 / Rec 1949 / Pub 1949
レーベルきれい、盤浅い擦れ、表層スクラッチ少し
Jacket n/a / Disc 3~3.5 / Sound 3.5 
■ビッグ・ジェイと言えばコレ、の49年作。
黒人音楽の範疇にいながらもジャズ・メンからはひどく嫌われ、ライヴ・ハウスでは出演を断られ、当時の学校ではライヴに行くのは禁止されていたという、ワイルド、サヴェージ、Raw...何でも言えるホンカー中のホンカー、ビッグ・ジェイ・マクニーリー。先日の来日も記憶に新しいビッグ・ジェイの代表作。ジョニー・オーティス・バンドでまずは録音開始、そして49年「Wild Wig」でソロ・デビュー、これもヒットしましたが、同49年の本作「Deacon's Hop」は全米R&Bチャート1位となった大ヒット。ベース等の抜き差しで緊張感を失わないコンボに、わめき散らすというのがピッタリのブロウ。裏はぐっとテンポ・アップ、軽やかさもまとったバックに、馬鹿馬鹿しいほどにストレートなサックス。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Addrisi Brothers - ITS LOVE cw THE OLD SALT MINE

  • ロックンロール45rpm
 Addrisi Brothers- アドリシ・ブラザーズ - "IT'S LOVE cw THE OLD SALT MINE"
USA / 45rpm / Mono / Del-Fi 4125 / Rec 1959 / Pub 1959
プロモホワイトレーベル、両面同じ書き込みあり、盤擦れ多し、音いいです
Jacket n/a / Disc 2~2.5 / Sound 
■アドリシ・ブラザーズの初期、弾けるロケンロールのダブル・サイダー。
60年代ポップ名曲「Never My Love」を作ったデュオ、アドリシ・ブラザーズ。しかしそれ以前、彼らの初期のシングルにはランク外なカッコよさのロックンロールがいくつかあり。この59年のシングルもそんな一枚。両面ミッド~ミッドアップのロックンロールで、さしものエヴァリー兄弟もタジタジな弾ける若さとウエストコーストらしい明快なポップさが噴出すダブル・サイダー。アドリシのデルファイは、出るシングルがほとんど決まっててこれはなかなか見ません。Great!

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Drifters - ADORABLE cw STEAMBOAT

  • ドゥワップ78rpm
 Drifters- ドリフターズ - "ADORABLE cw STEAMBOAT"
USA / 78rpm / Mono / Atlantic 1078 / Rec 1955 / Pub 1955
レーベル擦れ少々、盤極浅い擦れ
Jacket n/a / Disc 3.5 / Sound 3.5~4 
■ドリフターズ、55年全米R&Bチャート1位の「Adorable」。
R&Bの総本山アトランティックのドゥワップ・グループで、クローヴァーズと双璧をなしたドリフターズの55年作。クライド・マクファターに替わり、ジョニー・ムーアが初めてリード・ヴォーカルを務めたナンバー「Adorable」。ミッドテンポのタイトでコンパクトなリズムも、完璧にまとまったコーラスも当然絶品、R&Bチャート1位に上り詰めた名曲中の名曲。Bはドゥワップを聞いて踊るような人にも大推薦な、「MONEY HONEY」タイプのロッキン・ドゥワップ。リードはバリトンのビル・ピンクニーにスウィッチ。シャーーー....という変則コーラスもヤバイ。バディ・ルーカスのサックス・ソロもホット。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Johnny Cash - DONT TAKE YOUR GUNS TO TOWN cw I STILL MISS SOMEONE

  • ロカビリー/カントリー45rpm
 Johnny Cash- ジョニー・キャッシュ - "DON'T TAKE YOUR GUNS TO TOWN cw I STILL MISS SOMEONE"
USA / 45rpm / Mono / Columbia 4-41313 / Rec 1959 / Pub 1959
レーベル擦れ少々、盤浅い擦れ、プツとでるスクラッチあり
Jacket n/a / Disc 3 / Sound 3~3.5 
■ジョニー・キャッシュ、コロンビア移籍後の代表作の一つ「DON'T TAKE YOUR GUNS TO TOWN」。
“それまで聴いたどんな音楽とも違っていた”と言ったのはボブ・ディラン。深みのあるバリトン声、口数少ないライブ、黒で決めた衣装、今の今でも通用する無頼派ロッカーのようなイメージを作り上げたロカビリーの真のカリスマ。特に人気の高いサン時代を経て、58年からコロンビアでリリースを開始したキャッシュの、コロンビアでの2作目にして、全米カントリー・チャート1位を記録した、キャッシュのこの時代の代表作"Don't Take Your Guns To Town"。サン時代からさらに音を減らしたサウンド、凄味は変わらずディープさを増したヴォーカル。裏はまるでサンの頃のスタイル。これがジョニー・キャッシュ。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Irving Berlin, Kate Smith - I THREW A KISS IN THE OCEAN (SHEET MUSIC)

  • シート・ミュージック
 Irving Berlin, Kate Smith- アーヴィング・バーリン、ケイト・スミス - "I THREW A KISS IN THE OCEAN (SHEET MUSIC)"
USA / SheetMusic / n/a / Irving Berlin ITAK / Rec 1942 / Pub 1942
表裏ともに折れ目少々、目立ちませんが表面にボールペン書き込み、背部小縁裂け、2~3ページにテープ
Jacket 2.5 / Disc n/a / Sound n/a
■アーヴィング・バーリン作詞作曲「I Threw A Kiss In The Ocean」のシート・ミュージック。
アーヴィング・バーリンが書き、女性シンガー、ケイト・スミスが歌ったこの曲のシート・ミュージック。他にもペギー・リー等が唄っています。1942年、6ページ。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Gertrude Lawrence - LADY IN THE DARK AND NYMPH ERRANT

  • クラシック/女性ヴォーカル10LP
 Gertrude Lawrence- ガートルード・ローレンス - "LADY IN THE DARK AND NYMPH ERRANT"
USA / 10LP / Mono / RCA Victor LRT7001 / Rec 1941, 1933 / Pub 1954
ジャケット表裏ともに擦れ極わずか、下部中央に縁裂け、裏ジャケット下部にスタンプ、そのスタンプの箇所に小さなはがれ、レーベルひげ極わずか、盤擦れ極わずか
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 3.5 
■彼女が初演を務めた二つの舞台作を両面に収録した54年の10インチLP。
サイドAの6曲は、クルト・ワイル&アイラ・ガーシュウィンが書き、41年の舞台初公開と同じく、英生まれの女優&シンガー、ガートルード・ローレンスが唄った『Lady In The Dark(邦題:闇の女)』。オリジナルはSP盤のアルバム・セット。精神分析をテーマにした、ヒッチコックが描きそうなストーリーの舞台なのですが、音のほうが心臓にわるいほどいい。大分後のレス・バクスターにもう届いている、ハープや木管をエキゾチックに組み合わせたバックに彼女が唄う「My Ship」、キャブ・キャロウェイ系のダークなメロディと彼女の麗しい美声のマッチングにゾクゾクする「Jenny」、ティン・パン・アレイの流れを汲んだアメリカ時代のワイルの最高のナンバー「This Is New」、ワイルのエスプリが効いたジャズ・ポップス「The Princess Of Pure Delight」等々。裏面の5曲は、コール・ポーター作の舞台『Nymph Errant』のナンバーで、やはり33年の初舞台を務めた彼女によるレコーディング。王道のティン・パン・アレイ系のメロディに、機微の効いた味付けがなされた名曲の数々。華やかなものからセンチメンタルなナンバーまでいい曲ぞろい。【曲】『Lady In The Dark』「My Ship」「Jenny」「This Is New(試聴)」「One Life To Live」「Glamour Music」「The Princess Of Pure Delight」、『Nymph Errant』「The Physician」「Experiment」「How Could We Be Wrong?(試聴)」「It's Bad For Me」「Nymph Errant」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2017年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2018年1月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.