(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Page 423)

Johnny Parker And Tony Mottola - WHILE WERE YOUNG

  • ヴォーカル/ギターLP
 Johnny Parker And Tony Mottola- ジョニー・パーカー&トニー・モトラ - "WHILE WE'RE YOUNG"
USA / LP / Mono / Kapp KL1019 / Rec 1956 / Pub 1956
コーティング・ジャケット表裏すれ少々、裏ジャケット右側に薄いしみ、レーベルひげ無し、盤すれわずか、小プツ音でる表層スクラッチ少し
Jacket 3.5 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5 
■いい声を持った男性シンガーと素晴らしいギター。最高のレコードです。
サブタイトルは、"A Guy And A Guitar"。これでビビっと来る人はぜひに。ホーギー・カーマイケルとジョー・ムーニーを足したようなシンガー、ジョニー・パーカー。レス・ブラウン楽団、レス・エルガート楽団のシンガーだったのだそう。ジャジィでいて虚脱感のある、朴訥さも含んだこの絶品の歌。そしてギタリスト、トニー・モトラの機知に富んだ、余裕シャクシャクという感じのスロウでメロウな伴奏。モトラのベスト・バッキング・レコードじゃ?全編試聴のレイジーなムード満点なのですが、両面それぞれ2曲ずつモトラのインスト曲が入っていて、それが素敵に風通しをよくしています。56年オリジナル・レーベルDG。【曲】「Nevertheless」「Let's Fall In Love」「If I Had You」「Always And Always(試聴)」「It's Been So Long」「While We're Young」「You Must Have Been A Beautiful Baby」「Love Letters」「You Are Too Beautiful」「Sooner Or Later」「You Do Something To Me」「It Can't Be Wrong(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Buddy Bernier, Nat Simon, Jerry Wald - POINCIANA (SHEET MUSIC)

  • シート・ミュージック
 Buddy Bernier, Nat Simon, Jerry Wald- バディ・ベルニエ、ナット・サイモン、ジェリー・ウォルド - "POINCIANA (SHEET MUSIC)"
USA / SheetMusic / n/a / Edward B Marks 12050-4 / Rec 1943 / Pub 1943
表面に万年筆書き込み、2~3ページ目にテープ貼り、端々小折れ
Jacket 2.5~3 / Disc n/a / Sound n/a 
■スタンダード、「ポインシアナ」のシート・ミュージック。
バディ・ベルニエ作詞、ナット・サイモン作曲のスタンダード「ポインシアナ」のシート・ミュージック。作曲は36年で、これは、表面のシンガー、ジェリー・ウォルドが歌いヒットした際の43年のもの。全6ページ。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Four Tunes - LONESOME cw THE GREATEST FEELING IN THE WORLD

  • ヴォーカル・グループ/ドゥワップ78rpm
 Four Tunes- フォー・チューンズ - "LONESOME cw THE GREATEST FEELING IN THE WORLD"
USA / 78rpm / Mono / Jubilee 5152 / Rec 1954 / Pub 1954
レーベルきれい、盤すれ少し、ほぼ美品
Jacket n/a / Disc 4 / Sound 
■インク・スポッツのメンバーが始めたグループ、フォー・チューンズ。
30年代にデビューして以来、アメリカを代表する黒人ヴォーカル・グループとして君臨したインク・スポッツトップ・ヴォーカル・グループ、インク・スポッツのメンバーが始めたのが、フォー・チューンズ。これは54年作。まさにドゥワップがはやり、沢山のグループが生まれていた頃ですが、これはそれ以前のジャジィなフィーリングを残した、さすがこの人脈、と言える一枚。くだけたジャイヴ・フィーリングがたまらなくいいA「Lonesome」、ちょいと流行を意識した?ユーモラスなハーモニーもいい、ウォームなB「The Greatest Feeling In The World」。すれわずか、きれいなSP盤です。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Cracow Radio Sym. Orch., Keiko Abe - MARTA PTASZYNSKA

  • クラシックLP
 Cracow Radio Sym. Orch., Keiko Abe- クラクフ放送交響楽団、安部圭子 - "MARTA PTASZYNSKA"
Poland / LP / Stereo / Muza SX2709 / Rec 1986, 1987 / Pub 1990
ジャケット表裏円状のすれ少々、背部に貼り物、レーベルひげわずか、盤ほぼ新品同様
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 
■ポーランドの女性作曲家マルタ・プタシンスカの2作を収録した一枚。
ポーランド現代音楽を代表する女性作曲家マルタ・プタシンスカ(1943-)。今ではシカゴ大学で教鞭をとっているのだそう。これは80年代後半に録音され、90年にリリースされた、彼女の2作品を収録したポーランドはムザからの一枚。軽く意識がふっとんでしまう『Concerto For Marimba And Orchestra』。B面の中盤を超えてまたがる3楽章で、日本人木琴奏者安部圭子(本作のメイン奏者)のために85年に書かれた作。遠方から静かに響くなだらかなオーケストラの上で無邪気にマリンバが遊ぶ第1楽章、第1よりさらにアンビエント的要素が強くなり、柔らかいマリンバが5音階を弾く第2楽章、二つの楽章を締める、ゆるやかではありつつドラマのある第3楽章。第3では中に沖縄~東南アジアの音階が使われています。B面のラストには「Moon Flowers」という86年作のチェロ&ピアノ・デュオ曲を収録。演奏はクラクフ放送交響楽団のメンバーたち。試聴は『Concerto...』の第2楽章と「Moon Flowers」。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Joey Dee And The Starliters - SHOUT PART 1 cw PART 2

  • ロックンロール45rpm
 Joey Dee And The Starliters- ジョイー・ディー&ザ・スターライターズ - "SHOUT PART 1 cw PART 2"
USA / 45rpm / Mono / Roulette R4416 / Rec 1962 / Pub 1962
ピクチャー・スリーヴ円状の擦れ、端々よれ、レーベルきれい、盤擦れわずか
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 
■ツイストを世界に広めた張本人ジョーイ・ディーのハードコアな「シャウト」。
世界中にブームを巻き起こしたダンス・ビート、ツイスト。その発信基地だったニューヨークのペパーミント・ラウンジで、夜な夜なクレイジーなツイスト・パーティを開き、このブームの起爆装置となった男ジョーイ・ディー。ジョーイといえばなんと言っても「Peppermint Twist」、しかしこれはそれに次ぐ大ヒット。アイズレー・ブラザーズの「Shout」を、「Pepper..」の何十倍かフランティックに演奏したライヴです。走り出したら止まらない暴走機関車と化した5分超。ピクチャー・スリーヴ付き。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Hank Noble - WA-HA-NE-NA cw KEEP ON TRYING

  • カントリー45rpm
 Hank Noble- ハンク・ノーブル - "WA-HA-NE-NA cw KEEP ON TRYING"
USA / 45rpm / Mono / Mercury 70515 / Rec 1954 / Pub 1954
レーベル擦れ少々、盤擦れわずか
Jacket n/a / Disc 4 / Sound 
■50年代カナダのカントリー・シンガー、ハンク・ノーブル。
ハンク・ウィリアムスの「Caw Liga」はじめインディアン・ネタのカントリーは数多し、しかもまずあらかたいいという事実。これはテネシーの右隣ノース・キャロライナに生まれカナダに渡ったカントリー・シンガー、ハンク・ノーブルの54年作。クリー族の娘のことを歌った曲で、ホットなフィドル、常套区ながらやっぱり聞きたくなるこのリズムでスカっと一気に聞かせるナンバー。抑揚たっぷりに唄う裏面もはまります。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jack Scott - SAVE MY SOUL cw GOODBYE BABY

  • ロックンロール/ロカビリー45rpm
 Jack Scott- ジャック・スコット - "SAVE MY SOUL cw GOODBYE BABY"
USA / 45rpm / Mono / Carlton 493 / Rec 1959 / Pub 1959
ピクチャースリーヴよれ少々、擦れ少々、レーベルに小はがれ、盤極浅い擦れ
Jacket 3 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4 
■デトロイトのロカビリアン、ジャック・スコット。
カナダのオンタリオで生まれでデトロイト移り、デトロイト初の白人ロックンローラーといわれるジャック・スコット。彼の初期衝動がつまった50年代後半のカールトン期のレコードは、エディ・コクランやカール・パーキンスと並べて聞きたい硬派なロカ・サウンド。クランプスの元ネタ集『Born Bad』でもおなじみ。これは59年、両面ともにヒットした(Bは8位)一枚。アコギのかき鳴らしに乗って疾走するハイテンションなA、ほとんどドラムなスラッピング・ベースのビートに、このまま展開しないで終わるんじゃ...と思わせるミッド・テンポのディープなロカのB。ピクチャー・スリーヴ付き。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Danny Kaye - HANS CHRISTIAN ANDERSEN

  • ヴォーカル/映画音楽10LP
 Danny Kaye- ダニー・ケイ - "HANS CHRISTIAN ANDERSEN"
USA / 10LP / Mono / Decca DL5433 / Rec 1952 / Pub 1952
ジャケット表裏円状の擦れ、レーベルひげ少し、盤極浅い擦れ少し
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 
■ダニー・ケイ主演の映画『アンデルセン物語』(52年)のレコード。
40年代から50年代にかけて数々の映画に出演、当時のアメリカを代表するコメディアン、俳優、シンガー、ダニー・ケイ。サッチモとの共演「Five Pennies」でも、シンガーとして上手いだけではない並々ならぬ才能を見せたことも有名。谷啓さんの芸名のもとになったことも良く知られます。これは代表作の一つ、52年公開の映画『アンデルセン物語』のレコード。映画は、アンデルセンの生涯を描いたものではなく、アンデルセンの童話の世界を実写映画にしたものなのだそう。まさにそんなおとぎの国のポップ・ソングの数々。作曲はフランク・レッサー、演奏はゴードン・ジェンキンス楽団。【曲】「I'm Hans Christian Andersen」「Anywhere I Wander」「The Ugly Duckling(試聴)」「Inchworm」「Thumbalina」「No Two People(試聴)」「The King's New Clothess」「Wonderful Copenhagen」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Mound City Blue Blowers - VOLUME 1

  • ジャズLP
 Mound City Blue Blowers- マウンド・シティ・ブルー・ブロワーズ - "VOLUME 1"
Italy / LP / Mono / Gardenia 4006 / Rec 1924, 1925 / Pub late1970s?
ジャケット右上折れ目、レーベルひげ無し、盤美品
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 
■レッド・マッケンジー、エディ・ラング等による掘っ立て小屋のブルージー・ストリング・バンド。
もちろんそれ以前からあるものの、今に繋がるキーポイントとなる重要人物の演奏が本格的に録音され始めた1924年はアメリカ音楽史上の大事件の年。これは、その24年のデビュー作「Arkansaw Blues」が大ヒットした、オンボロなムードがたまらなくいい、まるで黒人ジャグ・バンド風情の白人ブルース・ジャズ・バンド、マウンド・シティ・ブルー・ブロワーズの編集盤。髪をとかす櫛に紙を挟むコーム、そしてカズーをメインにしたワン&オンリーの編成、メンバーたちは後に戦前白人ジャズの中心となる面々。レッド・マッケンジー(コーム)、ディック・セルヴィン(kazoo)、ジャック・ブランド(bj)というトリオに、例えばこのアルバムではエディ・ラングが13曲に参加。他にもフランキー・トランバウアー(sax)、ハリー・レサー(bj)など。このVol1は24年~25年で、違うグループ名のものも含む18曲を収録しています。写真は左からセルヴィン、ブランド、ラング、マッケンジー。【曲】「Arkansas Blues」「Blue Blues」「San(試聴)」「Red Hot」「Barb Wire Blues」「You Ain't Got Nothin' I Want」「Tiger Rag」「Deep Second Street Blues」「When My Sugar Walks Down The Street」「Panama」「Best Black」「Stretch It, Boy」「Gettin' Told」「Play Me Slow」「Wigwam Blues」「Blues In F」「The Morning After Blues(試聴)」「Happy Children Blues(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Mound City Blue Blowers - VOLUME 2

  • ジャズLP
 Mound City Blue Blowers- マウンド・シティ・ブルー・ブロワーズ - "VOLUME 2"
Italy / LP / Mono / Gardenia 4007 / Rec 1925 to 1930 / Pub late1970s?
ジャケットきれい、レーベルひげ無し、盤美品、A3にプレスミスによる小突起、プツと数回でます
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 
■レッド・マッケンジー、エディ・ラング等による掘っ立て小屋のブルージー・ストリング・バンド。
もちろんそれ以前からあるものの、今に繋がるキーポイントとなる重要人物の演奏が本格的に録音され始めた1924年はアメリカ音楽史上の大事件の年。これは、その24年のデビュー作「Arkansaw Blues」が大ヒットした、オンボロなムードがたまらなくいい、まるで黒人ジャグ・バンド風情の白人ブルース・ジャズ・バンド、マウンド・シティ・ブルー・ブロワーズの編集盤。髪をとかす櫛に紙を挟むコーム、そしてカズーをメインにしたワン&オンリーの編成、メンバーたちは後に戦前白人ジャズの中心となる面々。レッド・マッケンジー(コーム)、ディック・セルヴィン(kazoo)、ジャック・ブランド/エディ・コンドン(bj)というトリオに、曲によりこのアルバムではエディ・ラング&ジョー・ヴェヌーティ、ジーン・クルーパ、ファッツ・ウォーラー、コールマン・ホーキンス等が参加。このVol2は25年~30年で、違うグループ名のものも含む13曲を収録しています(内一曲は4曲のメドレー)。写真は左からセルヴィン、ブランド、ラング、マッケンジー。【曲】「Hot Honey」「If Yoiu Never Come Back」「What Do I Care What Somebody Said?(試聴)」「Nervous Puppies」「T'll Be Some Changes」「Made」「My Syncopated Melody Man,d Myk Baby Came Home」「From Mondlay On(試聴)」「Indiana」「Firehouse Blues」「Girls Like You Were Meant For Boys Like Me」「Arkansas Blues」「I Ain't Go Nobody(試聴)」「Music Box」「Let Me Call You Sweetheart」「My Gal Sal」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

George Shearing - THE SHEARING PIANO

  • ジャズLP
 George Shearing- ジョージ・シアリング - "THE SHEARING PIANO"
USA / LP / Mono / Capitol T909 / Rec 1957 / Pub 1959 ~ 1962
ジャケット表裏擦れ少し、裏ジャケットにステッカー、レーベルひげ無し、盤擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 
■ジョージ・シアリングのピアノ独奏アルバム。
イギリス時代の張り詰めたバップ・スタイルから、アメリカへ移住、MGMでシアリング・サウンドを完成させ、キャピトルでイージー・リスニングの名作を連発したジョージ・シアリング。時代時代で音は推移していくものの、いつの時代でも共通しているのは、静寂というか無音を感じさせる演奏。本作ほどそれを感じるレコードも無いのでは。彼のルーツと人間性も伝わってくる、ピアノ一台のソロ・アルバム。リスト、ショパン、ドビュッシー等のクラシック・ピアノから、ガーシュウィン、ウォーラー、テイタムまで蓄積された彼の音楽が、シアリングのタッチによって奏でられれた静かな一枚。緩急なく全編試聴のような演奏。ブラック・レインボー・レーベル、ターコイズもあり。【曲】「Stella By Starlight」「On The Street Where You Live(試聴)」「Guilty」「Friendly Persuassion」「For Every Man There's A Woman」「It Might As Well Be Spring(試聴)」「High On A Windy Hill」「If」「A Tune For Humming」「Sigh No More」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Sonny Stitts All Stars cw Serge Chaloffs All Stars - BLUES IN BE-BOP cw GABERDINE AND SERGE

  • ジャズ78rpm
 Sonny Stitt's All Stars cw Serge Chaloff's All Stars- ソニー・スティッツ・オール・スターズ、サージ・チャロフズ・オール・スターズ - "BLUES IN BE-BOP cw GABERDINE AND SERGE"
USA / 78rpm / Mono / Savoy 978 / Rec 1947 / Pub 1947
レーベルきれい、盤擦れ極わずか、ほぼ美品
Jacket n/a / Disc 4 / Sound 
■ソニー・スティット(バド・パウェル)、サージ・チャロフをカップリングした47年の一枚。
チャーリー・パーカーとほぼ同時期にバップのコンセプトを実践、ソロ・デビュー以前の演奏を聞いたパーカーは"似ているヤツがいる"とビックリ、マイルスもリスペクトしていたというソニー・スティット。裏面には、4ブラザーズの一人で、バリサクのバップを切り開いたサージ・チャロフを収録したサヴォイ47年の一枚。Aはケニー・ドーハム(TP)、バド・パウェル(P)、アル・ホール(B)、ケニー・クラーク(D)で、AS、P、TP、B、ASとリラックスしたいいプレイを聞かせる「Blues In Be-Bop」。裏はレッド・ロドニー(TP)、アール・スォープ(TB)、ジョージ・ウォリントン(P)、カーリー・ラッセル(B)、タイニー・カーン(D)で、こちらは熱気にまみれた刺々しいセッションの「Gabardine And Serge」。ソロは無いものの音の塊を乱暴に投げつけるようなウォリントンもスゴイ。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2017年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2018年1月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.