(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Page 422)

Michele Campanella, Laura De Fusco - FERRUCCIO BUSONI : MUSICHE PER DUE PIANOFORTI

  • クラシックLP
 Michele Campanella, Laura De Fusco- ミケーレ・カンパネッラ、ラウラ・デ・フスコ - "FERRUCCIO BUSONI : MUSICHE PER DUE PIANOFORTI"
Italy / LP / Stereo / Italia ITL70094 / Rec 1983 / Pub 1983
コーティング・ジャケット表裏擦れわずか、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか、インサートきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4
■ブゾーニのデュオ・ピアノ曲を4作収録した一枚。
現代音楽の扉を開いたイタリアの作曲家ブゾーニ(1866-1924)。バルトークやワイル、ヴァレーズらを教えまた世に出した人でもあり。これは、モーツァルトやバッハの曲を題材にして作られたデュオ・ピアノ作等を4作収録した伊イタリア・レーベルからの一枚。古い馴染みのメロディの中に隠れた未知の響きを削り出しています。演奏はミケーレ・カンパネッラとラウラ・デ・フスコという男女のイタリア人ピアニスト。英訳のライナーシート付き。【曲】「バッハのコラール"幸なるかな"による即興曲(試聴)」「自動オルガンのための幻想曲(モーツァルト)」「モーツァルトの"ピアノ協奏曲第19番"のフィナーレによる協奏的小二重奏曲(試聴)」「対位法的幻想曲(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Hackberry Ramblers - EARLY RECORDINGS 1935-1948

  • ケイジャンLP
 Hackberry Ramblers- ハックベリー・ランブラーズ - "EARLY RECORDINGS 1935-1948"
USA / LP / Mono / Old Timey 127 / Rec 1930s, 1940s / Pub 1980s
ジャケット表裏擦れ少々、レーベルひげ極わずか、盤擦れ極わずか裏面
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 
■ケイジャン・ストリング・バンド、ハックベリー・ランブラーズの編集盤。
カナダに渡ってきたフランス人がさらに移り住んだルイジアナ。ここで生まれた彼ら(の子孫)の音楽、ケイジャン。これは、ルイジアナのハックベリーという街で結成されたケイジャン・バンド、ハックベリー・ランブラーズの、35年から48年のナンバーを収録した編集盤。アコーディオンの入らない編成で、ヒルビリー、カントリー・ブルースの味も混ざるグループ。ケイジャンのジャンルを代表する「Jole Blon」を始めて録音した(※このタイトルで、ということです)彼らのその「Jole Blon」も収録。【曲】「Jole Blonde(試聴)」「Mermentau Stomp」「J'ai Passe Devonde Ta Porte」「J'ai Pas Bien Fey」「Jai Pres Parley(試聴)」「Rice City Stomp」「On Top Of The World」「Jolie Fille」「Oh, Josephine, Ma Josephine」「Neath The Weeping Willow」「Dans Le Grande Bois(試聴)」「Faux Pas Tu Bray Cherie」「Fais Pas Ca」「One Step De L'Amour」「Hippitiyo(試聴)」「Tu Vas Pluerie」「Lake Chales Hop」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Alec Wilder With The New York Woodwind Quintet - SKETCHES THE WORLDS MOST BEAUTIFUL GIRLS

  • クラシック/ジャズLP
 Alec Wilder With The New York Woodwind Quintet- アレック・ワイルダー・ウィズ・ザ・ニューヨーク・ウッドウィンド・クインテット - "SKETCHES THE WORLD'S MOST BEAUTIFUL GIRLS"
USA / LP / Mono / Golden Crest CR3026 / Rec 1957 / Pub 1957
コーティング・ジャケット表裏擦れ少々、裏ジャケットにプロモ・スタンプ、プロモ・ホワイト・レーベル、ひげ無し、盤極浅い擦れのみ
Jacket 3.5 / Disc 3.5~4 / Sound 
■アレック・ワイルダーがジャズ・スタンダードを木管五重奏にアレンジした一枚。
アレック・ワイルダーと関わりの深いゴールデン・クレストだからこその一枚で、ワイルダーのレコードの中でも最も素晴らしいもののひとつ。女性の名前が付いた、もしくは女性をテーマにしたジャズ・スタンダード16曲を、アレック・ワイルダーが木管五重奏のためにアレンジ、そしてニューヨーク木管五重奏団が演奏したアルバム。ワイルダーの書下ろし3曲あり。アップテンポのナンバーは試聴の3曲目ぐらいで、あとはすべて落ち着いたミッド~スロウの編曲。盤の材質も含めてオリジナル盤。【曲】「Liza」「Have You Met Miss Jones」「Ellen(試聴)」「Sweet Lorena」「Murray Hill 8-3437」「Honeysuckle Rose」「Peg O' My Heart」「Sweet Lorraine(試聴)」「Mimi」「Sleepytime Gal」「Girl On The Magazine Cover」「A Pretty Girl Is Like A Melody」「In My Harem(試聴)」「Jeannie With The Light Brown Hair」「Sweet Sue」「Mah Lindy Lou(試聴)」※本日はこれでアップ終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Hank Williams With His Drifting Cowboys - MOANIN THE BLUES cw NOBODYS LONESOME FOR ME

  • カントリー78rpm
 Hank Williams With His Drifting Cowboys- ハンク・ウィリアムス・ウィズ・ヒズ・ドリフティング・カウボーイズ - "MOANIN' THE BLUES cw NOBODY'S LONESOME FOR ME"
USA / 78rpm / Mono / MGM 10832 / Rec 1950 / Pub 1950
レーベル擦れ少々、盤極表層のスクラッチ少々
Jacket n/a / Disc 3.5 / Sound 3.5~4
■両面ともにナンバーワンとなった50年の一枚。
50年、両面ともにナンバーワン・ヒットとなった、両面ともに文句なしに最高な一枚。どっしりしたぶれないメロディ(両面ハンク作)、「Lovesick Blues」風の裏返り声を入れた歌のみなぎりっぷり、ドン・ヘルムズ(SteelG)らの芯だけ抜き出したようなソロもいい、こんなカッコいい演奏無いと思わせる鬼太なバッキング。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Will Bradley With Ray McKinley - BOOGIE WOOGIE

  • ブギウギ/ジャズ10LP
 Will Bradley With Ray McKinley- ウィル・ブラッドレー・ウィズ・レイ・マッキンリー - "BOOGIE WOOGIE"
USA / 10LP / Mono / Epic LG1005 / Rec early1940s / Pub 1954
コーティング・ジャケット擦れ少々、下部縁裂け少々、裏ジャケットに極小書き込み、レーベルひげ極わずか、盤浅い擦れ、表層のスクラッチ少々
Jacket 3.5 / Disc 3.5 / Sound 3.5 
■白人ブギウギの文字通り最高峰。
30~40年代のスウィング・ジャズ期、ブギウギを取り入れた白人バンドは結構いたものの、このウィル・ブラッドレー楽団(マッキンリーは看板シンガー)は、スウィングの線ではなくブギの真髄は8ビートだと解読、これを白人らしく発展させたほとんど唯一のグループ。バンド自体は40年代の世の情勢で3年しか続きませんでしたが、そのグループのピアニストだった白人ブギNo1ピアニスト、フレディ・スラックの演奏も加わった彼らのこの時代のブギは、はっきり言ってすべて最高の一言。後にはR&Rのルーツとして評価もされたものの、そんなことより彼ら自身の音がまず面白い。黄金期のマスターピースを8曲収録した54年の10インチLP。【曲】「Beat Me Daddy Eight To The Bar Part 1(試聴)」「Beat Me Daddy Eight To The Bar Part 2」「Down The Road A Piece」「Calery Stalks At Midnight」「Rhum Boogie(試聴)」「Scrub Me Mama With A Boogie Beat(試聴)」「Chicken Gumboogie」「Flyin' Home」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Ad Libitum - AS YOU LIKE

  • ジャズ/コーラスLP
 Ad Libitum- アド・リビトゥム - "AS YOU LIKE"
Sweden / LP / Stereo / Proprius PROP7776 / Rec 1977 / Pub 1977
見開きジャケット擦れ少々、裏ジャケットにスタンプ跡と極小鉛筆書き込み、レーベルひげ無し、盤極表層のスクラッチ少し
Jacket 3.5 / Disc 3.5 / Sound 
■瑞々しい合唱と新感覚なジャズをミックスした一枚。
50年代から活躍するスウェーデンのトップ・ジャズ・ピアニスト、ベント・ハルベルク、やはりスウェーデンのジャズ・ベーシスト/チェロ奏者ゲオルグ・リーデルらが、アド・リビトゥム(アド・リブの元の言葉)という混成コーラス・グループと制作した、不思議な肌触りのハーモニー+ジャズ・アルバム。A面は讃美歌や民俗音楽をもとにした雰囲気の神秘的なナンバーが5曲。B面は「Sunny Side Of The Street」、「Ain't She Sweet」などアメリカのジャズを7曲演奏。スウェーデンのジャズの名門プロプリウスからの一枚。【曲】「Emigrant-visa(試聴)」「Hurra, Har Komma De Gossar」「Jag Vill Val Hos Dig Gasta」「Legend Och Kringeldans」「Locklat」「On The Sunny Side Of The Street」「Woodchopper's Ball」「Lil' Darling(試聴)」「April In Paris」「Ain't She Sweet(試聴)」「Lullaby Of Broadway」「It Don't Mean A Thing」


By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

////////// 本日朝店頭に出したもの AS IS NEW IN (2/12)

 Arthur Fields
"AIN'T THAT A GRAND AND GLORIOUS FEELING cw SOME DAY"

USA / 78rpm / Radiex /
Jacket n/a / Disc 2   

ボストンのこの系列のレーベル。名シンガー、アーサー・フィールズにアンディ・サネラらがバックを付けた一枚。盤擦れ小スクラッチ散見。明茶色の盤。
Guy Mitchell
"WE WON'T LIVE IN A CASTLE cw WIMMIN"

USA / 78rpm / Columbia / 1952
Jacket n/a / Disc 3.5    

50年代の名ポップ・シンガー、ガイ・ミッチェル。いい声を聞かせる52年の一枚。
Lu Watters Yerba Buena Jazz Band
"ORY'S CREOLE TROMBONE cw SUNSET CAFE STOMP"

USA / 78rpm / West Coast / 1946
Jacket n/a / Disc 3.5      

西のニューオーリンズ・ジャズ・リバイバルの中心的存在の名グループ。ボブ・スコービー、ターク・マーフィー等在籍。レーベル汚れ少々、盤きれい。
Sullivan's Shamrock Band
"TENPENNY BIT, MAID ON THE GREEN cw TOP O' CORK ROAD, GALLANT TIPPERARY BOYS"

USA / 78rpm / Columbia / late1920s
Jacket n/a / Disc 2.5     

Rare。戦前アメリカの名アイリッシュ・バンド、ダン・サリバンズ・シャムロック・バンド。両面ともに2曲のジグのメドレー。盤擦れあり、十分鑑賞OK。
Tiny Parham And His Musicians
"LUCKY 3-6-9 cw JUNGLE CRAWL"

USA / 78rpm / Victor / 1929
Jacket n/a / Disc 2      

Very Rare。パラマウントのスカウトもやっていた、戦前黒人ジャズ・ファン憧れのグループ、タイニー・パーハムによるホットな一枚。スクラッチ多し。ビクター・レイスから。
White Way Dance Orchestra
"LET A SMILE YOUR UMBRELLA cw DON'T YOU REMEMBER"

USA / 78rpm / Grey Gull / late1920s
Jacket n/a / Disc 3.5~4    

ボストンのこの系列のダンス・バンド。やはりアンディ・サネラらによるグループ。盤きれいですがクラックあり、わずか音にでます。修復済み。

"AS IS" を全て見る


By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

////////// 500円SP盤、30枚ほど出しました

1枚500円、5枚2000円のSP盤、30枚ほど出しました。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

V.A. Bill Bell, Phil Kraus, Allen Hanlon, etc. - THE BEST OF CREST : HIGH FIDELITY IN GOOD TASTE

  • ジャズ、イージー・リスニング、クラシックLP
 V.A. Bill Bell, Phil Kraus, Allen Hanlon, etc.- ビル・ベル、フィル・クラウス、アレン・ハンロン - "THE BEST OF CREST : HIGH FIDELITY IN GOOD TASTE"
USA / LP / Mono / Golden Crest CRS12 / Rec mid to late50s / Pub late50s
コーティング・ジャケット擦れ少々、きれい、レーベルひげ無し、盤浅い擦れ、シート汚れ少々
Jacket 4 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4
■ゴールデン・クレスト50年代当時のレーベル・コンピレーション。
音楽の中身、音質のグレードの高さ、そして使われる盤の材質も他のレーベルとは違ったゴールデン・クレスト・レーベル。ここでリリースされたジャズやポピュラーのレコードは一枚一枚が存在感のある魅力的なものばかり。これはレーベル初期のアルバムから12枚を選び、1アーティスト1曲ずつ収録したレーベル・ベスト盤。ジャズ・ギタリストの2枚、アレン・ハンロンのリロイ・アンダーソン集/ドン・アーノンのレア作からの2曲、マーク・ローブというローリー・オルガン奏者、NY木管5重奏団のアレック・ワイルダー・ナンバー、打楽器奏者フィル・クラウスのエキゾ本命作、ドン・レッドマン、ジョニー・ガルニエリといったジャズ・グレイツなどなどクラクラするラインナップ。オリジナル・レーベル。※LPジャケット・サイズのシート付き【曲】「Bill Bell & His Tuba / Asleep In the Deep」「Mark Laub / Song Of the Islands」「And the Banjos Sing / Goofus(試聴)」「Phil Kraus / Chinese Lullaby」「Dixieland Goes Progressive / When the Saints Go Marching In」「New York Woodwind Quintet / Presto Third Movement(試聴)」「New York Philharmonic Brass Ensemble / Fanfare」「Don Redman / Looney(試聴)」「Dixieland of Old New Orleans / At the Jazzband Ball」「Allen Hanlon / Plink Plank Plunk(試聴)」「Johnny Guarnieri / Orinoco」「Don Arnone / Blue Lou」※本日のアップはこの二枚です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Elis Chosen Six - IVY LEAGUE JAZZ

  • ジャズLP
 Eli's Chosen Six- イーライズ・チューズン・シックス - "IVY LEAGUE JAZZ"
USA / LP / Mono / Golden Crest 3039 / Rec 1958 / Pub 1958
コーティング・ジャケット表裏円状の擦れ少々、レーベルひげ無し、盤浅い擦れ少々
Jacket 3.5 / Disc 3.5~4 / Sound 4
■『真夏の夜のジャズ』にも出演していたトラッド・ジャズ・バンド、イーライズ・チューズン・シックス。
音楽の中身、音質のグレードの高さ、そして使われる盤の材質も他のレーベルとは違ったゴールデン・クレスト・レーベル。ここでリリースされたジャズやポピュラーのレコードは一枚一枚が存在感のある魅力的なものばかり。これは、映画『真夏の夜のジャズ』にも出演したトラッド・ジャズ・バンド。イエール大のジャズ・バンドがもとになっていて、大学の同窓だったジョージ・アヴァキャンとも関係が深いグループ。コルネットは有名漫画家リー・ロレンツ、トロンボーンは後にアヴャンギャルド~フリー・ジャズ界で大活躍するロズウェル・ラッド。※オリジナル盤。【曲】「Shim-me-sha Wabble(試聴)」「Make Me A Pallet On The Floor」「Riverboat Shuffle(試聴)」「Dipper Mouth Blues」「High Society」「Do You Know What It Means To Miss New Orleans?(試聴)」「Blue Lou」「Mahogany Hall Stomp」「Won't You Come Home Bill Bailey?」「What Did I Do To Be So Black And Blue?」「Royal Garden Blues」「Washington And Lee Swing」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

////////// 本日朝店頭に出したもの AS IS NEW IN (2/10)

"La Voce Del Padrone Company Sleeve"

Italy / CDetc / La Voce Del Padrone / 1930s
Jacket 3~3.5 / Disc n/a       980 yen

英HMVのイタリア支社、La Voce Del Padroneのカンパニー・スリーブ。1930年代後半~40年代前半。
Lightnin' Hopkins
"BAD LUCK AND TROUBLE cw BEGGIN YOU TO STAY"

Jacket n/a / Disc 4     

見た目ピカピカの美品、しかしクラックあり、かすかに音に出ます、修復済み。
 Paul Oliver
"CONVERSATION WITH THE BLUES"

U.K. / CDetc / Cassell / 1966
Jacket 2.5~3 / Disc n/a    

66年の2ndエディション。サム・チャットマン、ガス・キャノン、マディ・ウォーターズetcブルース・マンの言葉をまとめた名著。表紙無し、全217P、小はがれ、小書き込みいくつか。
Violet McGregor
"SCOTTISH MELODIES NO.1 cw NO.2"

USA / 78rpm / Edison / 1923
Jacket n/a / Disc 3.5~4       1980 yen

エジソン・ダイアモンド・ディスク。当店ではかけられません。女性ヴァイオリニスト、ヴァイオレット・マクレガーのスコットランド・メロディ集。擦れわずか、きれい。

"AS IS" を全て見る


By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Vernon Dalhart, Carson Robison, Adelyne hood - CLIMBING UP DE GOLDEN STAIRS cw THE LITTLE GREEN VALLEY

  • カントリー/ヒルビリー78rpm
 Vernon Dalhart, Carson Robison, Adelyne hood- ヴァーノン・ダルハート、カーソン・ロビソン、アデリン・フッド - "CLIMBING UP DE GOLDEN STAIRS cw THE LITTLE GREEN VALLEY"
USA / 78rpm / Mono / Conqueror 7176 / Rec 1928 / Pub 1928
レーベル擦れ少々、盤浅い擦れのみ、コンカラーはトレースノイズの多いレーベルです
Jacket n/a / Disc 3.5 / Sound 3.5  2480 yen
■20年代カントリーの名シンガーによるトリオ。
ヒルビリー・クラシック「Wreck Of The Old 97」のヒットで知られるヴァーノン・ダルハートが、やはり当時のカントリー界のスターだったカーソン・ロビソン、女性カントリー・シンガーのアデリン・フッドと組んだトリオの一枚。歌、ハーモニー、そしてギター、ハーモニカ、フィドル、バンジョー、ジューズ・ハープ等のソロがどんどん繰り出される楽しいA、アデリン・フッドが抜け男2人が懐かしいメロディをいい声で歌うB。28年の一枚。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2019年6月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
2019年7月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.