(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Page 42)

Langley Schools Music Project - INNOCENCE AND DESPAIR

  • ロックLP
 Langley Schools Music Project- ラングリー・スクールズ・ミュージック・プロジェクト - "INNOCENCE AND DESPAIR"
USA / LP / Mono / Gammon GMN2105SK1-2 / Rec 1976, 77 / Pub 1976, 77
ジャケット二枚ともシュリンク入り、レーベル二枚ともひげほぼ無し、盤二枚とも擦れほぼ無し、インサートきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  9800 yen
■70年代、カナダ・ブリティッシュ・コロンビア州ラングリーのハンス・フェンガーという音楽教師が、
地元の学区の小学生たちを集め二枚のアルバムを自主制作。生徒や家庭に配られたそのレコードを、かのアーウィン・チューシッドが再発見、そして2001年リイシューされた2LPセット。一枚目は76年、二枚目は77年で、三つの学校で録音された全21曲。ビーチ・ボーイズ、ビートルズ、イーグルス等のヒット・ポップス・カバー集。特に二枚目がすごくいい。ESPディスクからでていてもおかしくないムード。ちなみにカール・オルフのオルフ楽器もかなり使われていて、曲によっては下のシュールベルクのようなナンバーもあります。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Carl Orff And Gunild Keetman - ORFF : MUSICA POETICA - SCHULWERK 4

  • クラシックLP
 Carl Orff And Gunild Keetman- カール・オルフ&グニルト・ケートマン - "ORFF : MUSICA POETICA - SCHULWERK 4 "
Germany / LP / Stereo / BASF 2021024-3 / Rec 1960s / Pub ?
見開きコーティング・ジャケット擦れ極わずか、内側ブックレット部きれい、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■カール・オルフの『SCHULWERK』のドイツ製作盤第4集。
オペラ『カルミナ・ブラーナ』が良く知られるドイツの作曲家カール・オルフが、教え子のグニルト・ケートマンとともに30年代に作り上げた、現代音楽や民俗音楽、ヨーロッパ民謡等のエッセンスを噛み砕き、知育音楽として結晶させた、一分から三分程度の短い曲からなる膨大な作品集『Schulwerk』。この世界ではマスターピースとされ、各国で製作されました。日本でもあり。これはドイツ製作のもので、A面はサブドミナント和音、B面はペンタトニック音階の全20曲。このB面がスゴイ。ガムランを下敷きにしたようなもの、中国や日本の唱歌を思わせるナンバーなど、かなり異色な第4集。オリジナルは60年代、これは70年代?のリイシュー。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Maurice Gabai(CL), Gilbert Audin(Bassoon), Orchestre Kovaldy - JEAN FRANCAIX - CONCERTOS POUR BASSON ET POUR CLARINETTE

  • クラシックLP
Maurice Gabai(CL), Gilbert Audin(Bassoon), Orchestre Kovaldy- モーリス・ガベイ(CL)、ジルベール・オダン(Bassoon)、オーケストラ・コヴァルディ - "JEAN FRANCAIX - CONCERTOS POUR BASSON ET POUR CLARINETTE"
France / LP / Stereo / Cyberia Cyberia / Rec 1980s / Pub 1980s
見開きコーティング・ジャケット擦れほぼ無し、内側きれい、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ジャン・フランセのクラリネット/バスーン協奏曲を収録した一枚。
ポップスからも影響を受けフランス近現代の中でもひときわモダンな音楽を作ったジャン・フランセ(1912-1997)の2作を収録した仏シベリア盤。A面は全4楽章からなる『Concerto For Clarinet And Orchestra(1968年)』。アンドレ・ポップの初期の作にも通じる、親しみやすく胸躍る軽音楽的な作品。B面はやはり全4楽章の『Concerto For Basoon And Eleven Stringed Orchestra』。こちらは少しばかり暗く謎めいた響きで、ユーモラスなバスーンの音と面白いマッチングを見せています。指揮はフランセ、クラリネットはモーリス・ガベイ、バスーンはジルベール・オダン。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Gene Vincent - IM BACK AND IM PROUD

  • ロックンロールLP
 Gene Vincent- ジーン・ヴィンセント - "I'M BACK AND I'M PROUD"
USA / LP / Stereo / Dandelion D9-102 / Rec 1969 / Pub 1969
ジャケットシュリンク入り、左上カット、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ジーン・ヴィンセントのカムバック作。
デイル・ホーキンスの『L.A., Memphis...』やドーシー・バーネットの『Dorsey』と並ぶ、50sロカビリアンのカムバック作の名盤。プロデュースはキム・フォーリー、アレンジはスキップ・バッティン、そしてジム・ゴードンらの渋く溌剌とした演奏。ほとんどがピアノを入れた4ピースのコンボで、歌も50年代の頃とは少し違う、焼けた感の声で◎。ガニマタなR&Rリズムになまったコブシの効いたボーカルがいい「Ruby Baby」、レヴォン・ヘルムのようなビートに、レッド・ローズのドブロ・スライドがはまった「No.9 (Lonesome Whistle)」などなど収録。【曲】「Rockin' Robin」「In The Pines」「Be-Bop-A-Lu-Lu」「Rainbow At Midnight」「Black Letter」「White Lightning」「Sexy Ways」「Ruby Baby(試聴)」「Lotta Lovin'(試聴)」「Circle Never Broken」「No. 9 (Lonesome Whistle)」「Scarlet Ribbons」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Dock Boggs - AN INTERVIEW WITH DOCK BOGGS

  • オールドタイムLP
Dock Boggs- ドック・ボッグス - "AN INTERVIEW WITH DOCK BOGGS"
USA / LP / Mono / Folkways FH5458 / Rec 1965 / Pub 1965
ジャケット擦れ・色あせ少々、下部中央、右上に縁裂け、レーベルひげ少々、盤小プツ音でるスクラッチ少々、ブックレットきれい
Jacket 3 / Disc 3 / Sound 3  2680 yen
■ドック・ボッグスが自分の生涯、音楽のルーツを明かすインタビューを収録した一枚。
音楽を聞きたい方には期待外れかもしれませんが、ドック・ボッグスという、アメリカ音楽史上まれにみるアーティストが、自分の生涯、自分の音楽の成り立ちを、マイク・シーガーのインタビューに答える形で明かしています。ホーマー・クロフォードという放浪のミュージシャンにかの「Country Blues」を習い、そこから「Oh Death」などを作った、などなど、好きな人には本当にたまらない内容だと思います。全文文字起こしのブックレット付。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Iris Loveridge - BAX : PIANO MUSIC VOLUME 3

  • クラシックLP
 Iris Loveridge- アイリス・ラヴァリッジ - "BAX : PIANO MUSIC VOLUME 3"
U.K. / LP / Mono / Lyrita RCS12 / Rec 1964 / Pub 1964
コーティングの折り返しジャケット擦れわずか、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  3680 yen
■英の作曲家バックスのピアノ曲集。
英の作曲家アーノルド・バックス(1883-1953)。若い頃から才能を発揮し、ヴォーン・ウィリアムスなどをしのぐ名声を得たものの、戦後急速に創作から遠のいたせいか死後はほぼ忘れられた存在となりつつありましたが、このリリタのリリースなどで、再び注目が集まるようになりました。本作はバックスを最も得意とした英の女性ピアニスト、アイリス・ラヴァリッジによる一枚。Aは、感情の底の部分を揺さぶられるような「ピアノ・ソナタ第三番(試聴)」、Bは「子守唄(試聴)」「奥さん起きてパイ焼いて」「冬の水景」「ウォッカ店で」「水仙を持った少女」という、優しくも退廃的なムードの5作を収録。北国の肌寒さと孤独感、芯の強さが湧き出る人間的な温かみのあるメロディ、演奏。モノDGオリジナル盤。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Edwin Fischer - J.S.BACH : LE CLAVIER BIEN TEMPERE LIVRE 1 - PRELUDES ET FUGUES NO.1 A 12

  • クラシックLP
Edwin Fischer- エドウィン・フィッシャー - "J.S.BACH : LE CLAVIER BIEN TEMPERE LIVRE 1 - PRELUDES ET FUGUES NO.1 A 12"
France / LP / Mono / Pathe COLH46 / Rec 1933 / Pub 1959
分厚い箱型ジャケット端々擦れ少々、棒付きオリジナル・スリーブ下部中央に縁裂け、レーベルひげ少々、盤浅い擦れ、極表層のスクラッチ少し
Jacket 3.5 / Disc 3.5 / Sound 3.5  2980 yen
■20世紀の名ピアニスト、エドウィン・フィッシャーの『平均律クラヴィア曲集』第一巻。
20世紀前半のドイツを代表する名ピアニストで指揮者のエドウィン・フィッシャー。特にバッハの演奏で名高く、30年代に『平均律クラヴィア曲集』を初めて全曲録音したことが有名。これはそのSP盤音源を収録した第一枚目で、24ある曲集第一巻の最初の12曲を収録したアルバム。試聴は冒頭です。【曲】「Prelude Et Fugue No.1 En Ut Majeur」「Prelude Et Fugue No.2 En Ut Mineur」「Prelude Et Fugue No.3 En Ut Diese Majeur」「Prelude Et Fugue No.4 En Ut Diese Mineur」「Prelude Et Fugue No.5 En Re Majeur」「Prelude Et Fugue No.6 En Re Mineur」「Prelude Et Fugue No.7 En Mi Bemol Majeur」「Prelude Et Fugue No.8 En Mi Bemol Mineur」「Prelude Et Fugue No.9 En Mi Majeur」「Prelude Et Fugue No.10 En Mi Mineur」「Prelude Et Fugue No.11 En Fa Majeur」「Prelude Et Fugue No.12 En Fa Mineur」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Roth String Quartet, Vernon Duke, etc. - VERNON DUKE : STRING QUARTET / THREE CAPRICE...

  • クラシックLP
 Roth String Quartet, Vernon Duke, etc.- ロス・ストリング・カルテット、ヴァーノン・デューク、etc. - "VERNON DUKE : STRING QUARTET / THREE CAPRICE..."
USA / LP / Mono / Contemporary C6004 / Rec 1959 / Pub 1959
ジャケット擦れ、折れ目少々、上部しみ少々、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■ヴァーノン・デュークのクラシック室内楽作を4作収録した一枚。
トラッド・ジャズからフリージャズの最前線までを行くラインナップ、録音技師ロイ・デュナンの頑なな音のこだわりで西海岸ジャズの牙城となったコンテンポラリー・レーベル。しかしクラシックもわずかながら出していて、それは近代と現代の狭間の音楽の素晴らしいものばかり。これは「I Can't Get Started」等でおなじみティン・パン・アレイ作曲家ヴァーノン・デュークの室内楽集。デュークは実は最初クラシック作曲家で、ガーシュウィンに認められポップスの職業作曲家になったものの、この間もクラシックの作曲を続けていました。弦楽四重奏、オーボエ室内楽、ピアノ独奏組曲二作(デューク自身の演奏)の全4作収録。オリジナル盤。※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Flaco Jimenez - FLACOS AMIGOS

  • テハノ/テックス・メックスLP
 Flaco Jimenez- フラーコ・ヒメネス - "FLACO'S AMIGOS"
USA / LP / Stereo / Arhoolie 3027 / Rec 1988 / Pub 1988
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ライ・クーダー、ヴァン・ダイク・パークス等が参加した88年のアルバム。
コンフント(小編成テハノ・バンド)のパイオニア、サンティアゴ・ヒメネスを父に持つテハノ・アコーディオンの第一人者フラーコ・ヒメネス。ライ・クーダーのアルバム『Chicken Skin Music』に参加したことで世界的にも認知が高まった名手。これは88年のアルバムで、快調に飛ばすいつもの魅力全開のA面、ライ・クーダー、ヴァン・ダイク・パークス、ジム・ケルトナー等が参加してアメリカン・ポップスのエッセンスを散りばめたB面。【曲】「La Tumba Sera El Final」「The Free Mexican Air Force」「Lucerito(試聴)」「Did I Tell You」「Para Toda La Vida」「Espero Tu Regresso」「I'm Gonna Love You, Like There Is No Tomorrow」「Jennette」「Mi Primer Amor」「Yo Quisier A Saber」「Poquita Fe(試聴)」「Atotonilco」「Te Quiero Mas」「La Feria Polka」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Mississippi John Hurt - 1928 SESSIONS

  • ブルースCDetc
 Mississippi John Hurt- ミシシッピ・ジョン・ハート - "1928 SESSIONS"
USA / CDetc / Mono / Yazoo 1065CD / Rec 1928 / Pub 1990
ケース擦れ無し、ブックレットきれい、盤面きれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■ミシシッピ・ジョン・ハートの戦前の音源を全て収録したヤズーの編集盤CD。
「ジョン・ハートを聞くという事は、不完全な想像にしか終わらないであろう、もう存在しないアメリカを聞く事だ」、という出だしで始まる素晴らしいライナーを書いたのは、数年前惜しくも亡くなった研究家&ギタリストのスティーヴン・カルト。農業の傍らギターを弾き歌っていたハート、同じミシシッピでもデルタからは180度方向転換したようなスタイル。囁くようなソフトな歌と、シンプルに聞こえながら実際相当のテクを要するギターで似たものが思いつかないブルースをプレイした人。外に向かって唄うのと同時に、自分の為に、楽器のために音を出しているような、唄いながら充電しているような感じもあり。本作は、戦前に3日ある録音セッションを、未発表は除き(一曲入ってますが)13曲全て収録したヤズーの編集盤。ブルース、ギター音楽に興味のある人ならば、後々のカバーやフレーズの借用で聞いたことが無い人はいないと思われるナンバーも沢山収録した決定盤。【曲】「Got The Blues Can't Be Satisfied(試聴)」「Louis Collins」「Blue Harvest Blues」「Avalon Blues」「Blessed Be The Name」「Nobody's Dirty Business」「Frankie」「Ain't No Tellin'」「Big Leg Blues」「Stack O' Lee Blues」「Praying On The Old Camp Ground」「Spike Driver Blues(試聴)」「Candy Man Blues(試聴)」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Carnations, Corvairs, Leopards, etc. - THE GOLDEN GROUPS VOLUME 12 : THE BEST OF BELTONE RECORDS

  • ドゥワップLP
 Carnations, Corvairs, Leopards, etc.- カーネイションズ、コルヴェアーズ、レパーズ、etc. - "THE GOLDEN GROUPS VOLUME 12 : THE BEST OF BELTONE RECORDS"
USA / LP / Mono / Relic 5028 / Rec early60s / Pub 1970s
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■"ゴールデン・グループス"シリーズから、NYのベルトーン・レーベル編。
60年代中期から80年代まで、60枚ほど(もっと?)ある、ドゥワップ黄金期をレーベル別に集めリリースした、レリック・レーベルの看板シリーズ"Golden Groups"から、ニューヨークのベルトーン・レーベルのドゥワップを集めた一枚。クロウズ「Gee」などを録音したスタジオが60年に始めたレーベルで、ドゥワップ黄金期のエッセンスを引き継ぎながらも新しい時代に対応した質の高いナンバー多し。ジャイヴ5やメローキングス、黄金期にクリケッツを率いたディーン・バーロウなど大物も含みつつ、知られざる名グループ(ホントに)のナンバーまで全18曲。【曲】「Carnations / Long Tall Girl(試聴)」「Corvairs / Because I Love You」「Jive Five / You Know What I Would Do」「Leopards / Valerie」「Mello Kings / Walk Softly」「Dean Barlow / Night Before Last」「Corvairs / The Girl With The Wind In Her Hair」「George Jackson & Unisions / Watching The Rainbow」「Carnations / Is There Such A World」「Jive Five / My True Story」「Headliners / B.I. Moore」「Jive Five / She's My Girl」「Leopards / Mah Mah (Chicken Pot Pie)」「Jive Five / Never Never Never」「Johnny & The Jokers / I Know」「Cameos / Comin' On Down」「Meteors / Lets Start A New(試聴)」「Dontells / Lovers Reunion」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Stanley Brothers - THE LEGENDARY STANLEY BROTHERS

  • ブルーグラスLP
 Stanley Brothers- スタンリー・ブラザーズ - "THE LEGENDARY STANLEY BROTHERS"
USA / LP / Stereo / Rebel SLP1487 / Rec 1950s, 60s / Pub 1969
ジャケット擦れ少々、背部ほころび少々、右上取り出し口小縁裂け、レーベルひげ、盤浅い擦れ、目立つ擦れあるものの音にはほぼ影響無し
Jacket 3~3.5 / Disc 3~3.5 / Sound 3.5~4  2980 yen
■ブルーグラス専門のレベル・レコードからのライブ音源集。
ディック・スポッツウッドらとともに、ブルース・マフィアではなく言ってみればブルーグラス・マフィアとでも言うような集団だったチャールズ・フリーランドが興したインディ・ブルーグラス・レーベル、レベル。これは69年に出た一枚で、50年代中期から60年代初頭までのライブの中から選りすぐったライブ音源編集盤。音質のばらつきはあまりなく、ビールでも飲みながら演奏しているようなリラックスしたムードの全12曲。アシッド・フォークのようなソフトなヒルビリー曲なんか本当最高。【曲】「Dream Of A Miner's Child」「Roving Gambler(試聴)」「Let Us Be Lovers Again」「Banks Of The Ohio」「Cluck Old Hen」「He Will Set Your Fields In Fire」「B'il Them Cabbage Down」「Knoxville Girl」「Roll In My Sweet Baby's Arms」「Shake My Mother's Hands For Me」「Drifting Too Far From The Shore(試聴)」「Working On A Building」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2020年1月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
店舗営業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
店舗営業日 日曜・月曜 PM3:00-PM10:00
古物商 東京都公安委員会 第303261906488号

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.