(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Page 406)

Bennie Motens Kansas City Orchestra - KANSAS CITY JAZZ VOUME 2

  • ジャズ10LP
Bennie Moten's Kansas City Orchestra- ベニー・モーテンズ・カンザス・シティ・オーケストラ - "KANSAS CITY JAZZ VOUME 2"
USA / 10LP / Mono / X LVA3025 / Rec 1928 / Pub 1953
コーティング・ジャケット表裏擦れわずか、下部にテープ、裏ジャケットに小鉛筆書き込み、レーベルひげ無し、盤擦れ少し
Jacket 3 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4  3500 yen
■RCAヴィクターのXから、カンザス・シティ・ジャズの口火を切ったBモーテン楽団の音源集。強力なVol.2。
禁酒法~恐慌時代の治外法権都市カンザス・シティ。とある悪代官的政治家のおかげで夜の街は空前の活況、そしてジャズの温床に。体で感じるジャズを演奏するカウント・ベイシー楽団を生み、そのバンド・メンバーだったレスター・ヤングも、ヤングをライヴハウスで憧れの眼で見ていたチャーリー・パーカーも輩出しました。そんなカンザス・シティ・ジャズの口火を切ったのがそのベイシーも在籍していたグループ、ベニー・モーテン楽団。本作はXレーベルからの10インチ音源集Vol2。Vol.1はカンザス・シティ・スタイルが出来上がる前と出来上がってからが半々で収録されていますが、これはカンザス・スタイルをとことん楽しむ8曲。しかし上手くてパワフルなリフがあればトップになれるほどアメリカのジャズ・シーンは甘くありません。ドキッとすること数えられないこのアレンジもお楽しみください。【曲】「Twelfth Street Rag」「Sugar」「Slow Motion」「Tough Breaks(試聴)」「Just Right(試聴)」「Trouble In Mind Blues」「Get Low Down Blues」「Kansas City Breakdown」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Eddie Condons Hot Shots - EDDIE CONDONS HOT SHOTS

  • ジャズ10LP
 Eddie Condon's Hot Shots- エディー・コンドンズ・ホット・ショッツ - "EDDIE CONDONS HOT SHOTS"
USA / 10LP / Mono / X LX3005 / Rec late1920s / Pub 1954
コーティング・ジャケット表裏擦れ少々、裏ジャケに小さな"1929"の書き込みとスタンプ一箇所、そのスタンプと同じものがレーベルの両面にあり、ひげ少々、盤浅い擦れ、プツ音でる極小のスクラッチ少し
Jacket 3 / Disc 3.5 / Sound 3.5
■エディ・コンドンを中心に20年代のシカゴ・ジャズの名演を集めた一枚。
A面には初期ジャズで異彩を放ったコーム(くし。試聴一曲目のソロ)奏者、レッド・マッケンジーが結成、センセーションを巻き起こしたグループ、マウンド・シティ・ブルー・ブロワーズを4曲収録。コンドン(BJ)に加え、若きグレン・ミラー(TB)、コールマン・ホーキンス(TS)、ジーン・クルーパ(D)も参加した2曲に違うセッションを2曲。カズーと似た雑音系の音をだすコームのジャジーな演奏、さらに各人のソロ(珍しいグレン・ミラーのソロも)も入ったユニークなホット・ジャズ。脱力したノヴェルティー感覚はほとんどジャイヴ。裏面にはエディ・ラングとのコンビも有名なクラ奏者ボイド・センターが1曲、ジャック・ティーガーデン(TB)、ジョー・サリバン(P)らを擁したコンドンのホット・ショッツを3曲収録。こちらも白人シカゴ・ジャズの享楽的な名演を4曲収録。【曲】「Hello Lola / Mound City Blue Blowers」「One Hour / Mound City Blue Blowers(試聴)」「Tailspin Blues / Mound City Blue Blowers」「Never Had A Reason To Believe In You / Mound City Blue Blowers」「Copenhagen / Boyd Senter And His Senterpedes(試聴)」「That's A Serious Thing / Eddie Condon's Hot Shots」「I'm Gonna Stomp Mr. Henry Lee #1 / Eddie Condon's Hot Shots」「I'm Gonna Stomp Mr. Henry Lee #2 / Eddie Condon's Hot Shots」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jimmy Elledge - BO DIDDLEY cw DIAMONDS

  • ロックンロール/カントリー45rpm
 Jimmy Elledge- ジミー・エレッジ - "BO DIDDLEY cw DIAMONDS"
USA / 45rpm / Mono / RCA Victor 47-8042 / Rec 1962 / Pub 1962
レーベル、盤ともに美品
Jacket n/a / Disc 4 / Sound 4
■ナッシュヴィルのロッカー、ジミー・エレッジのボ・ディドリー・カバー。
ウィリー・ネルソンが書いた61年のバラード「Funny How Time Slips Away」が大ヒットしたナッシュヴィルのカントリー・シンガー、ジミー・エレッジ。これは翌62年のシングルで、唸るトレモロ・ギターとシャウトを決めた「Bo Diddley」のカバー。プロデューサーはチェット・アトキンス、ということはこのギターもアトキンス?ブルース・ハープもいい好カバー。裏面は「Funny...」にも通じるいいメロディのポップ・ソング。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

T-Bone Walker - WEST SIDE BABY cw LONESOME WOMAN BLUES

  • ブルース78rpm
 T-Bone Walker- Tボーン・ウォーカー - "WEST SIDE BABY cw LONESOME WOMAN BLUES"
USA / 78rpm / Mono / Comet T50 / Rec 1948 / Pub 1948
レーベル擦れ少々、盤Aの最初の方にプツ音継続的に出るスクラッチあり
Jacket n/a / Disc 3~3.5 / Sound 2~3.5 
■Tボーン・ウォーカー48年の一枚。
(Aの最初の方にプツ音継続してでるスクラッチあり)エレキでブルースをかました最初の一人であり、いってみれば今で言うリード・ギターの役割までブルース・ギターをもっていった説明要らずのブルース・マン、Tボーン・ウォーカー。テキサス生まれでブラインド・レモンとも親交があり、20年代には既にデビュー、しかしブランクの後40年代に入り再出発、そこからはもう説明不要の大活躍。これは48年、ニューヨークのマイナー、コメットからの一枚。トランペット、サックスを入れた編成でドロっと凄みを効かせるA、反対にアップ・テンポで躍らせるB、どちらも歌、ギターともに絶好調。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

////////// Xレーベルの10インチLP、複数入荷しました

"X 10inch LP 入荷しました"

リバーサイド・レーベルを興し、良質なモダン・ジャズ、フォーク、民俗音楽を紹介した二人のジャズ・マニア、ビル・グロアーJRとオーリン・キープニュースが、リバーサイド設立の直前に監修者として任じられ八面六臂の仕事をした"X"レーベル。ビクターやブルーバードに残された膨大な戦前ジャズのカタログを二人が選りすぐり、到来したばかりのLP/シングル時代にSP盤の名演を蘇らせました。この"X"レーベル、設立当初は10インチLP/EPのフォーマットでのリリースで、今回、その初期"X"の盤が全て10インチLPで複数枚(ダブり無し)入荷。枚数は22枚と少なめですが、こんなに"X"がまとまってあることなんて僕は見たことありません。初期ブルーノート/リバーサイドのアルバム・ジャケットでもおなじみのデザイナーで、ジャズ・ミュージシャンでもあったポール・ベイコンのシブいジャケもいい!ホームページには連日少しづつアップしていきますが、店頭では全てご覧いただけます。どうぞよろしくお願いいたします!

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

V.A. Ebonaires, Echoes, Debonaires, Native Boys, etc. - THE GOLDEN GROUPS : THE BEST OF COMBO RECORDS VOL.3

  • ドゥワップLP
 V.A. Ebonaires, Echoes, Debonaires, Native Boys, etc.- エボネアーズ、エコーズ、デボネアーズ、ネイティヴ・ボーイズ、etc. - "THE GOLDEN GROUPS : THE BEST OF COMBO RECORDS VOL.3"
USA / LP / Mono / Relic 5076 / Rec mid50s / Pub late1970s
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤美品
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 
■レリック・レーベルから、西のコンボ・レコードのドゥワップ編集盤。強烈な第三集目。
ロスでトランペットのセッション・メンをやっていたジェイク・ポーターが51年に立ち上げたレーベル、コンボ。51年にしては早くもテープ・レコーダーを買いこみ自分のスタジオで面白そうな若者をみつけてはリリース。大手のレーベルとは比較にならない小規模ながらホンカーもの名曲チャック・ヒギンズ「Pauchuko Hop」、ジーン&ユーニス「Kokomo」などのヒットにも恵まれ、またテープも自分で保管していたためかなりのお宝が発掘されています。レリックからのコンボ編集盤は3枚あり、これはVol3。三枚どれもいいのですが、中でも最もキョーレツな一枚。看板グループ、ネイティブ・ボーイズ、原盤は恐ろしい値段のチャイムズやデボネアーズ、ガール・グループのコンボネッツ等クロいアングラ・ムード全開の濃密ドゥワップ大会。【曲】「Hot Mama / Chanters」「Bring Me A Bluebird / Ebonaires」「Valley Of Lovers / Native Boys」「Reap What You Sow / Chimes And Gene Moore」「Sposin' / Ebonaires」「Whop / Squires」「Aye Senorita / Echoes」「Sioux City Sue / Ebonaires(試聴)」「Do You Remember / Chanters」「Doodle Doo Doo / Ebonaires」「Take My Hand / Echoes(試聴)」「Rosetta / Ebonaires」「Bill Collector / Debonaires(試聴)」「Who's That Girl / T. L. Clemons And The Sir Nites」「You / Ebonaires」「Whatts / Chanters」「Got To Have You Baby / Combonettes」「My Little Girl / Squires」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Lou Harrison - PACIFIKA RONDO, 4 PIECES FOR HARP, 2 PIECES FOR PSALTERY, ETC.

  • クラシック/民俗音楽LP
 Lou Harrison, Beverly Bellows(Harp), Thomas Halpin(Violin), Oakland Youth Orch.- ルー・ハリソン、ビヴァリー・ベロウズ(ハープ)、トーマス・ハルピン(ヴァイオリン) - "PACIFIKA RONDO, 4 PIECES FOR HARP, 2 PIECES FOR PSALTERY, ETC."
USA / LP / Stereo / Desto DC6478 / Rec 1971 / Pub 1971
ジャケット表裏擦れ無し、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れ少し、美品
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 
■アメリカの現代音楽作曲家ルー・ハリソンの、民俗音楽に根ざした4作を収録したデスト・レーベルからの一枚。
大推薦。シェーンベルクとヘンリー・カウエルに師事、アイヴズやケージの友人でもあり、ガムランの創作音楽など民俗音楽と現代音楽を結びつける作品を残したルー・ハリソン(1917-2003)。これは米現代音楽レーベルのデストから、ハリソンの重要作を、ハリソン自身の演奏も交え四作収録したアルバム。A面全てを占めるのは七曲からなる『Pacifika Rondo(太平洋のロンド)』。中国、韓国、メキシコ、アメリカの民俗音楽の要素を豪快にミックス、また様々な音階を実験した極彩色の作品。四曲からなる『Four Pieces For Harp』は、ハープ独奏二曲、それにシンプルな打楽器が加わるものが二曲の静かで清らかな作。続いて古代ギリシャが起源の弦楽器プサルタリーのソナタ『Two Pieces For Psaltery』はハリソンによる演奏。ラストは、タイトルを見ればなんとなくイメージできつつ、出てくる音に惚れ惚れの三曲からなる『Music For Violin With Various Instruments, European, Asian, African』。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

////////// 本日朝店頭に出したもの AS IS NEW IN (8/11)

Al Bernard
"READ 'EM AND WEEP cw MY LITLE BIMBO DOWN ON THE BAMBOO ISLE"

USA / 78rpm / Paramount / 1920
Jacket n/a / Disc 2.5     

エメット・ミラーのように黒塗りの顔でステージに立った人気ミンストレル・マン、アル・バーナード。黒人ジャズのエッセンスが効いたバンドをバックにコミカルな歌を披露。
Charlie Christian With The Benny Goodman Sextet / Orchestra
USA / LP / Columbia / mid50s
Jacket 2.5 / Disc 3~3.5      

グッドマン楽団時代のクリスチャンの名演を選りすぐった、説明不要の大名盤。ジャケ右上、下部中央に縁裂け、表面左上に汚れ、盤チリ音少々。6EYE(マルーンもあり)。
Frankie Laine
"STRANGE LADY IN TOWN cw THE TARRIER ONG"

U.K. / 78rpm / Philips / 1955
Jacket n/a / Disc 3.5       1480 yen

Bエクスタイン、ジョー・ターナー等の系統で黒い歌を唄った白人シンガーの草分け、フランキー・レイン。両面ダンサブルなビッグ・バンドをバックに唄う一枚。UK盤。
Hank Williams
"I CAN'T ESCAPE FROM YOU cw WEARY BLUES FROM WAITIN'"

USA / 78rpm / MGM / 1951 / 1953
Jacket n/a / Disc 2      

51年に録音されていたギター弾き語りデモテープに、チェット・アトキンスらがオーバーダビング、死の直後にリリースされた53年作。両面ともに最高の歌の二曲。
Manilena Singers (Nitoy Gonzales)
"PHILIPPINE FOLK SONGS"

Philippine / LP / Wilear's / 1972?
Jacket 3~3.5 / Disc 4       1980 yen

フィリピン農村部で演奏されていたストリング・バンド、ロンダヤの第一人者ニトイ・ゴンザレス・グループの演奏に、マニレナ・シンガーズという現地のコーラス・グループが唄った一枚。

"AS IS" を全て見る

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Wailana Grass Shack Boys - ST. LOUIS BLUES cw LAMENTO GITANO

  • 日本の音楽/ハワイアン78rpm
 Wailana Grass Shack Boys- ワイラナ・グラス・シャック・ボーイズ - "ST. LOUIS BLUES cw LAMENTO GITANO"
USA / 78rpm / Mono / Columbia M64 / Rec late1930s / Pub late1930s
レーベル擦れ少々、盤浅い擦れ、トレースノイズ少々
Jacket n/a / Disc 3.5~4 / Sound 
■日本のハワイアン・グループ、ワイラナ・グラス・シャック・ボーイズ。
1920年代後半、貴族や三井財閥の御曹司、実業家(雪村いづみの父の朝比奈愛三など)たちが組んだアマチュア・バンド、カルア・カマアイナス。このワイラナ・グラス・シャック・ボーイズは、カマアイナスの変名バンド。メンバーの村上一徳のスティール・ギター・ソロをフィーチュアし、ギター、ウクレレ、ウッドベースの編成で送るドリーミーな二曲。数年前にオーマガトキより『幻のハワイアン』としてカマアイナス関連の音源集がCDで再リリースされましたが、これはそれでも紹介されていた、WGSBの代表作として名高い一枚。村上のニュアンス力豊かなスティール・ギターで聞くセント・ルイス・ブルース、米英のハワイアン・コンボとは一味違うエキゾチシズムがあるメキシコの作曲家マリア・グレベールの「LAMENTO GITANO(ジプシーの嘆き)」。


By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Wailana Grass Shack Boys - BLUE DREAMS cw GYPSY DREAM ROSE

  • 日本の音楽/ハワイアン78rpm
 Wailana Grass Shack Boys- ワイラナ・グラス・シャック・ボーイズ - "BLUE DREAMS cw GYPSY DREAM ROSE"
USA / 78rpm / Mono / Columbia M65 / Rec late1930s / Pub ?
レーベル擦れわずか、盤きれい、Bにプツ音入る極小のスクラッチいくつか
Jacket n/a / Disc 3.5 / Sound 3.5
■日本のハワイアン・グループ、ワイラナ・グラス・シャック・ボーイズ。
1920年代後半、貴族や三井財閥の御曹司、実業家(雪村いづみの父の朝比奈愛三など)たちが組んだアマチュア・バンド、カルア・カマアイナス。このワイラナ・グラス・シャック・ボーイズは、カマアイナスの変名バンド。メンバーの村上一徳のスティール・ギター・ソロをフィーチュアし、ギター、ウクレレ、ウッドベースの編成で送るドリーミーな二曲。数年前にオーマガトキより『幻のハワイアン』としてカマアイナス関連の音源集がCDで再リリースされましたが、これはそれでも紹介されていました。タンゴのリズムで、適度に粘り気のあるスティール・ギターを披露しているA、物悲しげなメロディとハワイアン楽器の音のマッチングなオリエンタルなムードをかもすB。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jan Degaetani(Vo.), Gilbert Kalish(P) - GEORGE CRUMB : APPARITION / CHARLES IVES : SONGS

  • クラシックLP
 Jan Degaetani(Vo.), Gilbert Kalish(P)- ジャン・デガエターニ、ギルバート・カリッシュ - "GEORGE CRUMB : APPARITION / CHARLES IVES : SONGS"
USA / LP / Stereo / Bridge BDG2002 / Rec 1983 / Pub 1983
見開きジャケット表裏円状の擦れ少々、内側しみ少々、レーベルひげ無し、盤ほぼ新品同様
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 
■ジョージ・クラム、チャールズ・アイヴズの歌曲集。「Songs My Mother Taught Me」収録。
サイドAにジョージ・クラム(1929-)、サイドBにチャールズ・アイヴズ(1874-1954)という、新旧のアメリカ人前衛作曲家、それも独特な響きを持った二人の歌曲を収録した一枚。歌はジャン・デガエターニ、ピアノにギルバート・カリッシュという、アメリカ現代音楽を最も得意としたコンビによる演奏。Aのクラムは、『幽霊』と題された作で、ヘンリー・カウエルの内部奏法や、電気増幅を施したピアノを使っての7曲。ドビュッシーやバルトークに深く影響を受けたということからも想像できるような古風さもありつつ、ESPレーベルのパティ・ウォーターズなんかを思い起こさせる儀式的な神聖さを感じさせる作。アイヴズの9曲は全て独立した単一の曲。堅い意思を持って過去と決別したアイヴズならではの音と、19世紀のあまりに美しいメロディが交錯する、信じられないほど素晴らしい曲の数々。そしてアイヴズの歌曲では滅多に無い、オマージュと言っていいのでしょうか?ドヴォルザーク「我が母の教えたまいし歌」の詩をそのまま使い、新たに曲をつけた「Songs My Mother Taught Me」も収録。ちなみにこの曲はこの盤が初録音、アナログではこれともう一種類ぐらいしかリリースがありません。【曲】『Apparition』「The Night In Silence Under Many A Star / Vocalise 1: Summer Sounds(試聴)」「When Lilacs Last In The Dooryard Bloom'd」「Dark Mother Always Gliding With Soft Feet / Vocalise 2: Invocation To The Dark Angel」「Approach Strong Deliveress! / Vocalise 3: Death Carol ("Song Of The Nightbird")」「Come Lovely And Soothing Death」「The Night In Silence Under Many A Star」、『Songs』「Down East」「Two Little Flowers」「Toms Sails Away」「The See'r」「Songs My Mother Taught Me(試聴)」「The Side Show」「The White Gulls」「West London」「Afterglow」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jean Francaix, Mlle Claude Francaix, Quatuor Loewenguth - JEAN FRANCAIX

  • クラシックLP
 Jean Francaix, Mlle Claude Francaix, Quatuor Loewenguth- ジャン・フランセ、マドモワゼル・クロード・フランセ、レーヴェングート・カルテット - "JEAN FRANCAIX"
France / LP / Stereo / Acharlin CCPE1 / Rec 1985 / Pub 1985
見開きコーティング・ジャケット擦れほぼ無し、内側きれい、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4
■仏シャルランから、ジャン・フランセの室内楽/ピアノ曲/歌曲を収録した一枚。
仏6人組の流れを汲む作風でいい作品を残したフランス20世紀の作曲家ジャン・フランセ(1912-1997)。本作は、ワン・ポイント録音で知られる伝説のフランスの録音技師アンドレ・シャルランが興したレーベルから、5つの室内楽/器楽/歌曲を収録した85年作。子供心に溢れた音が遊ぶ4楽章からなる『弦楽四重奏』(1938年)。4人のコーラス、SQとコントラバスで奏でられる、楽しく、しかしかなりゾクっとするメロディで引きこむ3曲からなる『三つの碑文』(1938年)、SQ、ピアノ、コントラバスによる二楽章の『恋人の時間(試聴)』(1947年)も、気品、ユーモア、スリルを兼ね備えた弾けるようなポップな室内楽。B面頭は、8曲からなるピアノ・デュオ曲『8つの異国風舞曲』(1957年)「パンビッシェ」「バイヨン」「灰色のヌーベ(試聴)」「メレンゲ」「マンボ」「遅いサンバ」「マランベアンド」「ロックンロール」。ちなみにこの「マンボ」はコシミハルさんもカバーしています。ラストは4人のハーモニーとピアノ・デュオ伴奏で、堅苦しいきまりをひとっ飛びに飛び越えるような歌曲『幼きころの(試聴)』(1947年・単一楽章)。ピアノはフランセ自身とフランセの娘クロード、そしてレーヴェングート・カルテットらによる演奏。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2018年9月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
2018年10月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.