(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Page 4)

Jimmie Noone And Earl Hines - AT THE APEX CLUB VOLUME 1

  • ジャズLP
 Jimmie Noone And Earl Hines- ジミー・ヌーン&アール・ハインズ - "AT THE APEX CLUB VOLUME 1"
USA / LP / Mono / Decca DL9235 / Rec 1928 / Pub 1967
ジャケット円状の擦れ少々、裏面しみ、プロモホワイトレーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■ジャズ・クラ奏者ジミー・ヌーンの最初期の音源を集めた一枚。
ニューオリンズ→シカゴと移ったクラ奏者にはジョニー・ドッズ、シドニー・べシェ等いますが、中でもバンドとして半端無い高い音楽性を持ち、なおかつブラック・ホット・ジャズの旨味も濃密にたもっていたのが、クラシックも学んだジミー・ヌーン率いるエイペックス・クラブ・オーケストラ。アール・ハインズが入ったリズム隊にクラとサックスの木管二本だけという革新的な編成でシカゴのトップ・バンドに。これは黄金期28年のナンバーを収録したデッカ・オリジナルの編集盤。ベニー・グッドマンもアレンジを戴いた「I Know That You Know」始めきら星のごとくの名演を14曲収録。【曲】「I Know That You Know(試聴)」「Sweet Sue Just You」「Four Or Five Times」「Every Evening」「Every Evening(Alt. Take)」「Ready For The River」「Forevermore」「Apex Blues」「My Monday Date」「Blues My Naughty Sweety Gives To Me(試聴)」「Oh Sister Ain't That Hot」「King Joe」「Sweet Lorraine」「Sweet Lorraine(Alt Take)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Ephram Carter, Willard Artis Blind Pete Burrell, Babe Stovall, etc. - SORROW COME PASS ME AROUND : A SURVEY OF RURAL BLACK RELIGIOUS MUSIC

  • ゴスペル/ブルースLP
 Ephram Carter, Willard Artis Blind Pete Burrell, Babe Stovall, etc.- エフラム・カーター、ウィラード・アーティス・ブラインド・ピート・バレル、ベイブ・ストーヴァル、etc. - "SORROW COME PASS ME AROUND : A SURVEY OF RURAL BLACK RELIGIOUS MUSIC"
USA / LP / Stereo / Advent 2805 / Rec 1966 to 1973 / Pub 1975
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげわずか、盤浅い擦れわずか、ブックレットきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  6500 yen
■ゴスペル、スピリチュアルとカントリー・ブルースが結びついた音源を収録した一枚。
70年代初頭、ブルース研究家デイヴィド・エヴァンスが始めたレーベルで、リイシュー等ではなく当時の生の黒人フォーク・ミュージックを録音したアドヴェント・レコード。これはゴスペル、スピリチュアルとカントリー・ブルースが結びついた音源を収録した一枚。ギター弾き語りを中心に、ギター伴奏合唱もの、伝統的な笛とドラムのバンドなどなど収録、どれもおのおのの個性がいい音でクローズアップされ一曲ごとに世界が変わります。音源は66年から73年。ちなみにレヴァランド・ルービン・レイシーとはあのRube Laceyで、録音はエヴァンスとジョン・フェイヒー、そしてキャンド・ヒートのアル・ウィルソン。歌詞、詳細解説、写真付きのブックレット。 【曲】「Ephram Carter And His Fife & Drum Band / Sorrow, Come Pass Me Around」「Willard Artis "Blind Pete" Burrell / Do Remember Me」「Babe Stovall / The Ship Is At The Landing」「Annie Lee And Oscar Crawford With Annie Mae Jones / You Don't Know What The Lord Has Done For Me」「Reverend Rubin Lacy / Talk About A Child That Do Love Jesus」「Robert "Nighthawk" Johnson / Can't No Grave Hold My Body Down」「Dorothy Lee, etc. / You Got To Give An Account」「Katie Mae Young / By The Grace Of My Lord, I've Come A Long Way」「Eddie Lee "Mustright" Jones / My Sun Don't Never Go Down」「Robert "Nighthawk" Johnson / Climbing High Mountains」「Chester Davis And Congregation / Glory, Glory Hallelujah」「Compton Jones And Group / Glory, Glory Hallelujah」「Willard Artis "Blind Pete" Burrell / A Little Talk With Jesus Makes It Right」「Pattie Rosemon With Frank And Odie Rosemon / I Heard The Voice Of Jesus Say」「Babe Stovall / When The Circle Be Unbroken」「Napoleon Strickland / Motherless Children」「Willard Artis "Blind Pete" Burrell / I Shall Not Be Moved」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Washboard Sam - IM NOT THE LAD

  • ブルースLP
 Washboard Sam- ウオッシュボード・サム - "I'M NOT THE LAD"
Italy / LP / Mono / Swingtime BT2012 / Rec 1939 to 41 / Pub 1989
ジャケット小汚れ、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■洗濯板+ターンテーブル(シンバル替わり)でジャカジャカとリズムをとりながら歌うウォッシュボード・サム。
20年代のメンフィスでスリーピー・ジョン・エステスらと演奏、その後シカゴに移りブルードバード・レーベルのセッション・ミュージシャンとしてメンフィス・スリムや義兄弟のビッグ・ビル・ブルーンジー、タンパ・レッド、ジャズ・ジラム等と夫々のセッションに参加。1949年まで録音をしていていました。これは39年から41年のナンバーを集めた音のいいスウィングタイム・レコードからの編集盤。そのビッグ・ビル、メンフィス・スリムの伴奏のものを多く収録。もうロックンロールに直結するようなナンバーもあり。【曲】「Come On Back(試聴)」「Block And Tackle」「Flying Crow Blues」「Booker T Blues」「Levee Camp Blues」「I'm Not The Lad」「I'm Feeling Lowdown(試聴)」「She Fooled Me」「I've Been Treated Wrong」「Let Me Play Your Vendor」「Gonna Hit The Highway」「Evil Blues」「You Stole My Love」「Get Down Brother」「I Get The Blues At Bedtime」「I Laid My Cards On The Table」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Pete Johnson - BOOGIE WOOGIE MOOD

  • ブギウギ/ブルースLP
 Pete Johnson- ピート・ジョンソン - "BOOGIE WOOGIE MOOD"
USA / LP / Mono / MCA MCA1333 / Rec 1940 to 44 / Pub 1980
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ極わずか、盤浅い擦れ少々
Jacket 3.5~4 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4  2480 yen
■ブギウギ・ピアニスト、ピート・ジョンソンの編集盤。
シカゴのアパートのパーティで生まれたというブギウギ・ピアノを30年代から広め、ブルーノート・レコード設立のきっかけにもなったまさにブギウギのキングの一人ピート・ジョンソン。アルバート・アモンズ、ミード・ルクス・ルイスとの共演ものが有名ですが、これはピートの純粋なリーダー録音のみを収録した嬉しい一枚。一曲バンドものあり、あとは全てソロもしくはドラム&ベースのトリオでのナンバーを収録。試聴のような曲が延々続く純度高い一枚。【曲】「627 Stomp」「Basement Boogie」「Death Ray Boogie(試聴)」「Just For You」「Pete's Mixture」「Kaycee Feeling(試聴)」「Lights Out Mood」「Dive Bomber」「Answer To The Boogie」「Mr. Freddie Blues」「Zero Hour」「Bottomland Boogie」「Rock It Boogie」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Vito And The Salutations - UNCHAINED MEMORIES

  • ドゥワップLP
 Vito And The Salutations- ヴィト&ザ・サリューテーションズ - "UNCHAINED MEMORIES"
USA / LP / Stereo / Royal T 404 / Rec 1989 / Pub 1989
ジャケットシュリンク入り(書き込みはシュリンクの上)、右上折れ目、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 1980 yen
■「Unchained Melody」の彼らが出したなんと89年のアルバム。
60年代初頭に出した「Unchained Melody」がヒット、この時代を代表する曲にまでなったホワイト・ドゥワップ・グループ、ヴィト&サリューテーションズ。67年に一旦解散、しかしその後も再結成を繰り返し活動、そして出された89年のアルバム。その「Unchaned Melody」のアップ/スロー2バージョンはじめ、黄金期のドゥワップ、60sヒットを10曲熱唱。この時代のキラキラした音も妙にはまるいい一枚。【曲】「Gloria(試聴)」「Who's That Knockin'」「Trickle, Trickle」「Unchained Melody(Ballad)(試聴)」「Searchin'」「Unchained Melody(Uptempo)」「I Only Have My Eyes For You」「You Can't Sit Down」「I Believe」「Tonight」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Illusions, Escorts, Four Directions, etc. - THE BEST OF CORAL DOO WOPP VOLUME 1

  • ドゥワップLP
 Illusions, Escorts, Four Directions, etc.- イリュージョンズ、エスコーツ、フォー・ディレクションズ、etc. - "THE BEST OF CORAL DOO WOPP VOLUME 1"
USA / LP / Mono / Coral 1000 / Rec early60s / Pub ?
コーティング・ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■コーラル・レコードのドゥワップ集。
一部を除いてあまり若者向けというイメージの無いコーラル・レコードですが、シングル単位だと素晴らしいオールディーズ/ロックンロール多いです。これはコーラルのホワイト・ドゥワップを集めた一枚。ロックンロール×ドゥワップ・コーラスのベイ・バップス、ドゥワップ黄金アレンジにハイトーンのリード・ボーカルがいいエクスプローラーズ、若々しいアップテンポ・ドゥワップでメロディも練られたエスコーツなどなど、10グループ16曲収録。かなり分厚い赤盤。【曲】「Bay Bops / To The Party」「My Darling My Sweet」「Andy Rose / Don't Ask Me To Be Lonely」「Chateaus / Honest I Will (My Pledge To You)」「Exotics / That's My Desire」「Darling I Want To Get Married」「Explorers / Don't Be A Fool(試聴)」「In The Wee Small Hours Of The Morning」「Four Directions / Tonight We Love」「Escorts / Guadeamus」「Crests / You Blew Out The Candles」「Andy Rose / Crazy For You」「Illusions / The Letter」「Escorts / Gloria(試聴)」「Seven Wonders Of The World」「Demensions / Just A Shoulder To Cry On」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Hal Peters And His String Dusters - LONESOME HEARTED BLUES

  • ウエスタン・スウィング/ロカビリー10LP
 Hal Peters And His String Dusters- ハル・ピーターズ&ヒズ・ストリング・ダスターズ - "LONESOME HEARTED BLUES"
Finland / 10LP / Stereo / Goofin GOOFY1082 / Rec 1998 / Pub 1998
ジャケット擦れ極わずか、端々小折れ目、レーベルひげ無し、盤浅い擦れ、小プツ音でるスクラッチわずか
Jacket 3.5 / Disc 3~3.5 / Sound 3.5  1980 yen
■フィンランドの本格派ウエスタン・スウィング・バンド、ハル・ピーターズ&ストリング・ダスターズ。
80年代からロカビリーをプレイしていたハル・ピーターズ率いるウエスタン・スウィング・バンドで、98年の彼らのファースト。Wスウィング、プリ・ロカビリーの美味しいところをセンス良くまとめた雰囲気で、じつは50年代でもありそうでいて無いサウンド。演奏は、ロカ・ビートを基本にスピーディ・ウエスト&ジミー・ブライアント、マール・トラヴィス、チェット・アトキンス、それに50sR&Bのテイストも少しばかりミックス。かなりいいです。CDも出ていますがこれは10インチLP。【曲】「Lonesome Hearted Blues(試聴)」「You're A Mess」「Slippery Elm」「Hopeful Heart」「Done Deal」「Car Hoppin' Mama」「Ain't A Bump In The Road」「Steppin' Out Tonite」「Radio Boogie(試聴)」「Hold Your Tears」「Cryin' In The Deep Blue Sea」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Victor Merzhanov - BEETHOVEN : PIANO SONATA NO.10 / NO.14

  • クラシック10LP
 Victor Merzhanov- ヴィクトル・メルジャーノフ - "BEETHOVEN : PIANO SONATA NO.10 / NO.14"
Russia / 10LP / Mono / Dolgoigraushaya 2376-2377 / Rec 1950s / Pub 1950s
レーベルきれい、盤極浅い擦れ、極表層のスクラッチわずか
Jacket n/a / Disc 3.5 / Sound 3.5  1980 yen
■ロシアの世界的ピアニスト、ヴィクトル・メルジャーノフのベートーベン。
ロシアではスクリャービンやラフマニノフと並び尊敬されたピアニストで、教育者としても多くの音楽家を育てたヴィクトル・メルジャーノフ。これは彼が弾いたベートーベンのピアノ・ソナタ10番(A面)と14番(月光の曲・B面)を収録した10インチLP。メロディアの前身、ドルゴイグラウシャからの10インチLPで、50年代初~中期?の一枚。※かなり古い盤で、試聴のようにモノラル針でもノイズあり。コロンビアGPや針圧調整できるプレイヤーでSP用針を使うといい音で鳴ります。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Maryse Ancelin(FL), Catherine Brilli(P), Roger Boutry(Dir.), etc. - PIERRE ANCELIN

  • クラシックLP
 Maryse Ancelin(FL), Catherine Brilli(P), Roger Boutry(Dir.), etc.- マリーズ・アンスラン(フルート)、カトリーヌ・ブリリ(ピアノ)、ロジェ・ブトリ(指揮)、etc. - "PIERRE ANCELIN"
France / LP / Stereo / Cybelia CY706 / Rec 1980s / Pub 1980s
コーティングの見開きジャケット擦れわずか、内側擦れわずか、コート材の小はがれ、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 3680 yen
■フランスの作曲家ピエール・アンスランの三作を収録した一枚。
エルネスト・アンセルメやフランク・マルタンのアドバイスは聞いたといいますが、作曲とオーケストレーションはほとんど独学でマスターし、器楽、室内楽から6つの交響曲、オペラまで多数の作品を残したピエール・アンスラン。これは、木管楽器とピアノ、それに弦楽の協奏曲を3作収録したアルバム。さてこれがほんとに素晴らしい一枚。まず『Lou Riou』は、30秒から3分超の短い7曲の、ムード音楽としても聞けてしまうような軽音楽的な協奏曲。5部からなる『オーボエ、ピアノ、弦楽の協奏曲』は、バルトークのようなスリルのある聞きごたえ満点の作。ラストは3部からなる『フルート、ピアノ、弦楽の協奏曲』で、希望と不安入り混じる響きにどこか東洋的な懐かしさも感じる作。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Rejtos (Gabor, Alice And Peter Rejto) - ZADOR / NIN / BOCCHERINI / GINASTERA

  • クラシックLP
 Rejtos (Gabor, Alice And Peter Rejto)- レイトス - "ZADOR / NIN / BOCCHERINI / GINASTERA"
USA / LP / Stereo / Orion ORS7282 / Rec 1972 / Pub 1972
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ガボール・レイト一家のチェロ室内楽アルバム。
ハンガリー生まれでアメリカに渡った世界的なチェロ奏者ガボール・レイトと、彼の妻でピアニストのアリス・レイト、二人の息子でやはりチェロ奏者のピーター・レイトの三人組、レイトスのアルバム。冒頭のユージン・ザドール(1894-1977)もハンガリー生まれでアメリカに渡った作曲家で、印象派風のひろがりのある三楽章の『Duo Fantasy For Two Cellos And Piano(試聴)』。次はキューバの作曲家ホアキン・ニン(1879-1949)の『Chants D'Espagne』で、これまた印象派的な優雅な作。B面頭は18世紀イタリアのルイジ・ボッケリーニ(1743-1805)の優しく古風な『Sonata In A For Cello And Bass』。ラストはアルゼンチンのヒナステラ『Panpeana(試聴)』で、ヒナステラらしいビートを効かせた刻みを取り入れた新古典主義的なナンバー。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Julian Tharpe - SOUTHERN FRIED STEEL

  • カントリー/スティール・ギターLP
 Julian Tharpe- ジュリアン・サープ - "SOUTHERN FRIED STEEL"
USA / LP / Stereo / Mid-Land MD25 / Rec 1979 / Pub 1979
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ペダル・スティール・ギター奏者ジュリアン・サープのソロ。
19世紀にハワイで生まれた、スティール・バーを使って音を出すスティール・ギターを電気的に改良し出来上がったペダル・スティール・ギター。かのスピーディ・ウエストがカントリー界で初めて使って以来広まり続け、このジャンルでなくてはならない楽器にまでなりました。これはアラバマのペダル奏者ジュリアン・サープの、全曲スティール・ギターのインスト・アルバム。ホットなアップもありますが中心は試聴のようなドリーミーなスロウで、それが特にいい一枚。【曲】「Steel Guitar Rag」「Am I That Easy To Forget(試聴)」「Faded Love」「Cold Cold Heart」「Old Joe Clark」「Red Skin Gal」「There Goes My Everything」「Crying In The Chape(試聴)l」「Once In A While」「Let It Be Me」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Warren Phillips And The Rockets - ROCKED OUT

  • ロックンロール/ロカビリーLP
 Warren Phillips And The Rockets- ウォーレン・フィリップス&ザ・ロケッツ - "ROCKED OUT"
USA / LP / Stereo / Parrot PAS71044 / Rec 1969 / Pub 1969
ジャケット円状の擦れ、下部中央と上部(全部)縁裂け、表裏書き込み、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れ少々
Jacket 2 / Disc 4 / Sound 1680 yen
■サヴォイ・ブラウン・ブルース・バンドの面々によるロカビリー集。
英のブルース・ロック・バンド、サヴォイ・ブラウンの面々(リーダーのキム・シモンズは入っていません)が、全曲ロカビリー/50sクラシックのカバーでまとめたうれしい一枚。必殺のショート・エコーにイギリスらしいドッシリしたサウンド、勢いまみれた全12曲。米盤オリジナル。【曲】「Matchbox(試聴)」「Linda Lou」「Blue Jean Boogie」「Sweet Little Lucy」「Keep A-Knockin'」「Blue Suede Shoes」「Mean Woman Blues」「Money Honey(試聴)」「Whole Lotta Shakin' Goin' On」「Be-Bop-A-Lula」「Honey Don't」「Shake, Rattle And Roll」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2019年6月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
2019年7月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.