(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Page 394)

Norwegian Musicians - CONTEMPORARY MUSIC FROM NORWAY : ANONIO BIBALO

  • クラシックLP
 Norwegian Musicians- ノルウェーのミュージシャン - "CONTEMPORARY MUSIC FROM NORWAY : ANONIO BIBALO"
U.K. / LP / Stereo / Philips 6507 015 / Rec 1972 / Pub 1972
ジャケット表裏円状の擦れ少々、レーベルひげ無し、盤ほぼ新品同様
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 
■ノルウェーの作曲家アントニオ・ビバロの二作を収録した一枚。
イタリア生まれでノルウェーに渡った、特にオペラが名高いという現代音楽作曲家アントニオ・ビバロ(1922-2008)。彼の交響曲をAに、室内楽をBに収録した英フィリップスの一枚。Aは『夜の交響曲(Sinfonia Notturna)』と題された、謎めいた神秘的な響きが延々と続く作。スクリャービンの『法悦の詩』やアイヴズの『セントラル・パーク・イン・ザ・ダーク』などに特別なものを感じている方はぜひ。さて裏面、これが最高。ピアノ、フルート、ヴィブラフォン、コントラバスの編成で演奏される、5曲からなる『秋(Autunnale)』で、明らかにジャズを意識して作られた前衛室内楽。ビバロは日本の作家/思想家の上野霄里に傾倒しており、この作の演奏テープを送ったのだそう。それぞれの曲解説は上野のそれに対する返信で、エッセイ風の曲感想になっています。演奏はノルウェーのミュージシャンたち。


By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Mississippi John Hurt - FOLKSONGS AND BLUES VOLUME 1

  • ブルースLP
 Mississippi John Hurt- ミシシッピ・ジョン・ハート - "FOLKSONGS AND BLUES VOLUME 1"
USA / LP / Mono / Piedmont PLP13157 / Rec 1963 / Pub late60s
ジャケット表裏擦れ少々、レーベルひげ無し、盤擦れ極わずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 
■ミシシッピ・ジョン・ハートの二度目の録音を収録したピードモントからの一枚。
1928年が初録音のブルース・マン、ミシシッピ・ジョン・ハート。ミシシッピといえども彼のスタイルは本当独特。巧妙で静かなフィンガー・ピッキン・ギターと諦観したような歌による、他のデルタ・ブルースを反面教師にしたような、他のブルースマンと全く接触がなかったようなスタイル。これは、その28年の初録音から30年以上のブランクを経たジョン・ハートの二度目の録音。63年、ディック・スポッツウッドが興した自主レーベル、ピードモントからで、これは恐らく60年代後半のリイシュー。どんなに時代が経っても変わりようの無いカントリー・ブルース集。【曲】「Avalon Blues」「Richland Women Blues」「Spike Driver Blues(試聴)」「Salty Dog」「Cow Hooking Blues」「Spanish Fandang(試聴)」「Casey Jones」「Louis Collins」「Candy Man Blues」「My Creole Belle(試聴)」「Liza Jane-God's Unchanging Hand」「Joe Turner Blues」※本日はこれでアップ終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Tsuji Hiroko - OTOME-TOUGE cw ONNA-MAGO-UTA

  • 日本の音楽78rpm
 Tsuji Hiroko- 辻弘子 - "OTOME-TOUGE cw ONNA-MAGO-UTA"
Japan / 78rpm / Mono / Polydor 364 / Rec 1930 / Pub 1930
レーベルに小スクラッチ、ボールペン書き込み、盤きれい、極浅い擦れ、プツ音でる極小のスクラッチわずか
Jacket n/a / Disc 3.5 / Sound 3.5 
■ポリドールに二枚のレコードを残した女性歌手、辻弘子のファースト。
30年のファーストと思われる一枚(断定はできませんが、二枚のみの可能性大)。新民謡とは、新しく作曲された民謡味のある音楽のことで、音も創作度の高く面白いものが多いです。本作、目から鱗の一枚。「乙女峠」は、民謡由来の日本式クラシックというような(ヘンリー・カウエルの室内楽風)メロディ&歌、ヴァイオリン、ピアノ、尺八、鈴の音の澄んだ演奏が静かに流れる不思議な無国籍歌曲。幾分昭和の香りが濃くなった物悲しげな「女馬子唄」も同様の唄、演奏。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Eddie Duran - JAZZ GUITARIST

  • ジャズLP
 Eddie Duran- エディー・デュラン - "JAZZ GUITARIST"
USA / LP / Mono / Fantasy 3247 / Rec 1956 / Pub 1956
コーティング・ジャケット表裏円状の擦れ、下部中央縁裂け、裏ジャケットに書き込み、レーベルAに書き込み、ひげ少々、盤浅い擦れ、表層スクラッチ少々
Jacket 3 / Disc 3 / Sound 3.5 
■サンフランシスコのモダン・ジャズ・ギタリスト、エディ・デュランのファースト・アルバム。名盤。
セゴヴィア、ジャンゴ、クリスチャン、カルロス・モントーヤに影響を受け、チャーリー・パーカー、レッド・ノーヴォ、ジョージ・シアリング等と共演したバップ・ギタリスト。モダンなテナーとクラを披露する達人ハワード・ダデューン、ディーン・ライリー(B)、ジョニー・マーカム(D)のカルテット曲を中心に、陰影に富んだソロ・ガット・ギター・ナンバーも極上な一枚。スウィングとモダンがしっくりと混ざり、親密でリラックスした雰囲気が実に良いジャズ・ギター・アルバム。選曲も気が利いていいてサンフランシスコらしい!赤盤フラットエッジDGのオリジナル。【曲】「My Inspiration」「Soon」「Rise 'N SHine」「My Shining Hour」「Taking Life Easy(試聴)」「Why Not?」「A Room With A View」「Skyliner(試聴)」「It Could Happen To You(試聴)」「Sugar」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

McKinneys Cotton Pickers - ZONKY cw NOBODYS SWEETHEART

  • ジャズ78rpm
 McKinney's Cotton Pickers- マッキニーズ・コットン・ピッカ-ズ - "ZONKY cw NOBODY'S SWEETHEART"
USA / 78rpm / Mono / Bluebird B5728 / Rec 1930 / Pub 1934
レーベルきれい、盤極浅い擦れのみ
Jacket n/a / Disc 4 / Sound 4
■ドン・レッドマン率いるブラック・ホット・ジャズ・バンド、マッキニーズ・コットン・ピッカーズ。
黒人ジャズ界随一の知性派で、それだけには終わらない、一種俗悪さとも言っていい裏顔も兼ね備えていたアレンジャー、そしてサックス、クラ奏者としても一級だったドン・レッドマン。これはレッドマンが最も輝いていた頃に率いたデトロイトのホット・ジャズ・バンド、マッキニーズ・コットン・ピッカーズ。オリジナルはビクターから30年に出ている、彼らの中でも人気の「Zonky」、ブルーバードからの34年のリイシュー。ボブ・ブロズマンもカバーしておりました。裏面も同様にアップテンポの「Nobody's Sweetheart」。※本日のアップはこれで終了です


By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Indonesian Musicians - CHANT ET DANSES DINDONESIE

  • 民俗音楽/インドネシアLP
 Indonesian Musicians- インドネシアのミュージシャン - "CHANT ET DANSES D'INDONESIE"
France / LP / Mono / Le Chant Du Monde LDX74402 / Rec ? / Pub mid60s
コーティングの折り返しペラジャケット表裏円状の擦れ少々、下部ほころび少々(縁裂けは無し)、レーベルひげ極わずか、盤美品、擦れ極わずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 
■仏ル・シャン・ドゥ・モンドから、インドネシアの民俗音楽を収録した一枚。
クラシックで良く知られるフランスのル・シャン・ドゥ・モンドから、インドネシアの民俗音楽を収録した一枚。まずA面は最初から最後までケチャ(試聴3曲目)。人間の声を打楽器として考えるこの無二のアンサンブル、ケチャは、祖先の霊と交信する儀式だったのだそう。それが30年代頃に芸能的な意味あいを持ちはじめ、今イメージできるものになりました。B面はまずゴングと木製打楽器、弦楽器、笛が伴奏をつけた、スンダ地方の女性シンガーのナンバー(4曲目)。これはSP盤の音源?続いてジャワのガムラン(2曲目)。ラストはスマトラで、数種の弦楽器を用いた伴奏の男性シンガーの一曲(1曲目)。ライナーに年代は書いておらず、いつごろの録音かは不明です。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

John Barrows, Tait Sanford Barrows - ALEC WILDER : SONATA NO.3 FOR FRENCH HORN AND PIANO, HINDEMITH : SONATA FOR ALTO HORN

  • クラシック/室内楽LP
 John Barrows, Tait Sanford Barrows- ジョン・バロウズ、テイト・サンフォード・バロウズ - "ALEC WILDER : SONATA NO.3 FOR FRENCH HORN AND PIANO, HINDEMITH : SONATA FOR ALTO HORN"
USA / LP / Stereo / Golden Crest RE7034 / Rec 1969 / Pub 1969
ジャケット表裏擦れわずか、レーベルひげ無し、盤ほぼ新品同様
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 
■ワイルダー、そしてヒンデミットのフレンチ・ホルン室内楽を収録したゴールデン・クレストの一枚。
ジャンル問わず高品質な作品をリリースしたゴールデン・クレストの室内楽作。アレック・ワイルダーの長年にわたる友人でもあり、マイルス『Sketches Of Spain』やビリー・ホリデイ等の録音でも知られるフレンチ・ホルン奏者ジョン・バロウズと、ジョンの妻でもあるピアニスト、テイト・サンフォードのデュオで、ワイルダーのフレンチ・ホルンとピアノのための『ソナタ第三番』をAに、ヒンデミットの『アルト・ホーンのためのソナタ』をBに収録した一枚。ワイルダーが、いかにバロウズが凄い人なのかを延々と力説するライナーに驚きつつかければ涙。印象派、ジャズ、そして趣味よく18世紀風フレーズが混ざる「Moderately Fast」(試聴)、さらに静かに奏でられる「Slowly」は、さりげない不協和音を挟んだ新古典主義的なナンバー。続く「With A Solid Beat」(試聴)はソフトなスウィング・ビートで奏でられる新感覚なジャズ曲。最後はワルツ「Tempo Di Valse : Joyousley」で、親しみやすい、可愛らしいメロディのナンバー。ワイルダーは、二人の結婚祝いにこの曲を作り進呈したのだそう。裏、個人的にはこっちに特にショックを受けました。ヒンデミット43年の作品。一曲目「Ruhig Bewegt」、これは試聴を。めまいがするような対位法、フーガによる爽快な「Lebhaft」、不安な面持ちの「Sehr Iangsam」、ヒンデミットらしい喜怒哀楽では表現できない感情が溢れる「Lebhaft」。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Marlene Dietrich - FALLING IN LOVE AGAIN cw BLONDE WOMAN

  • 女性ヴォーカル78rpm
 Marlene Dietrich- マレーネ・ディートリッヒ - "FALLING IN LOVE AGAIN cw BLONDE WOMAN"
U.K. / 78rpm / Mono / His Masters Voice B3524 / Rec 1930 / Pub 1930
レーベル両面ともに小書き込み、盤極浅い擦れ、プツ音でる小スクラッチ少し、チリ音
Jacket n/a / Disc 3.5 / Sound 3
■マレーネ・ディートリッヒと言えば、の「FALLING IN LOVE AGAIN」。
30年代から50年代にかけて、退廃的なセクシーさで世界中で人気を博した女優マレーネ・ディートリッヒ。上手さを気にかけない個性的な女性シンガーとしても活躍、レコードもかなり録音。これは1930年、彼女の生涯を代表するヒット曲「Falling In Love Again」の英HMV盤。彼女が主演した同年公開の映画『嘆きの天使』で使われたナンバー。裏面も同じ映画からの一曲で、アップテンポのダンス・バンドをバックに唄う「Blonde Woman」。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Sonny Greer cw Oran Lips Page - SUNNY JUNGLE cw MAIN STREET

  • ジャズ78rpm
 Sonny Greer cw Oran Lips Page- ソニー・グリアー、オラン・リップス・ペイジ - "SUNNY JUNGLE cw MAIN STREET"
USA / 78rpm / Mono / Circle R3004 / Rec 1946 / Pub 1946
レーベルきれい、盤極浅い擦れ
Jacket n/a / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4 
■エリントン楽団の正ドラマー、ソニー・グリアーの46年作。裏はホット・リップス・ペイジのR&B。
デビューの24年から51年のエリントン楽団の正ドラマー、ソニー・グリアー。あのジャングル・サウンドを生むために、グリアーのドラム・セットはとんでもないことになっていました。これはサークル・レーベルから、彼の珍しいリーダー作。獣の叫びを思わせるタイリー・グレンのTBとホット・リップス・ペイジのTP、ポール・クイニシェット(TS)、デイヴ・ベイカー(EG)もいい働き。そしてこの感覚的な土俗ドラミング。裏面はホット・リップス・ペイジのリーダー作で、ワイノニーやロイ・ブラウンが好きな人にも推薦な、ほとんど同時代のリズム&ブルースのような一曲。NYのマイナー・レーベル、サークルから。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Olga Galperin, Eric Alberti - ARTHUR HONEGGER

  • クラシックLP
 Olga Galperin, Eric Alberti- オルガ・ガルペリン、エリック・アルベルティ - "ARTHUR HONEGGER"
France / LP / Stereo / Cybelia CY657 / Rec early1980s? / Pub early1980s?
見開きコーティング・ジャケット表裏ともに極わずか、内ジャケットきれい、レーベルひげ無し、盤新品のようなコンディション、プレスによるチリ音少し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 
■仏シベリアの"20世紀のフランス音楽"のシリーズから、オネゲルのヴァイオリン・ソナタ2作とピアノ曲2作を収録した一枚。
一時大戦後のフランス音楽の中心的な存在になった、ミヨー、プーランク、ルイ・デュレetc.フランスの6人組の中でもこのアルチュール・オネゲル(1892-1955)は特に反ロマン派の傾向が強かった作曲家。機関車の律動を管弦楽にした「機関車パシフィック231」などが有名。これは、3楽章からなる『ヴァイオリン・ソナタ第一番』(1916-1918年)をAに、やはり3楽章からなる『ヴァイオリン・ソナタ第ニ番』(1919)、ピアノ曲で『バッハの名による前奏曲とアリオーソとフゲッタ』(1932年)、やはりピアノ曲の『ロマンドの音楽帳』(1921-1923年)をBに収めた一枚。オネゲルが影響を受けた天才女性リリ・ブーランジェの響きを感じざるを得ない、胸が苦しくなるような終末観溢れる『一番』、真に感動的な作。すこしばかり表現主義的な色合いもある緊張感漂う『二番』、もうパスカル・コムラードの世界な『バッハ...』、その続き作のようなムードながらモダンさが増した『ロマンド...』。アルゼンチン生まれの女性ピアニスト、オルガ・ガルペリンと、ユーディ・メニューインに習ったヴァイオリニスト、エリック・アルベルティ。シベリアの大傑作。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Indonesian Musicians - INDONESIA

  • 民俗音楽/インドネシア45rpm EP
 Indonesian Musicians- インドネシアのミュージシャン - "INDONESIA"
Holland / 45rpm EP / Mono / Philips 427 006E / Rec 1960s / Pub 1960s
コーティングのペラジャケット表裏円状の擦れ少し、レーベルひげ無し、盤新品のようなコンディション
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 
■オランダ・フィリップスの民俗音楽EPシリーズから、神秘的なインドネシア編。
オランダ・フィリップスが60年代に始めた、EPで世界の民俗音楽を蒐集するシリーズ、"SONG AND SOUND - THE WORLD AROUND"から、インドネシア編。いろんなものを詰め込むのではなくて、ガムランと一人の女性シンガーだけにしぼり、ノンストップで聞かせる一枚。まず構成がいい。両サイドともに、ガムラン→女性シンガー→ガムランという内容。そのガムランですが、ドゥグンのムードも感じさせるユルユルな演奏、気持ちいい~。さらに女性シンガーの二曲が絶品。今にも消えそうな静かで儚い歌、後ろでかすかに鳴るゴングの伴奏。裏面の歌は無伴奏です。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Shawn Elliott - SHAME AND SCANDAL IN THE FAMILY cw MY GIRL

  • オールディーズ45rpm
 Shawn Elliott- ショーン・エリオット - "SHAME AND SCANDAL IN THE FAMILY cw MY GIRL"
Holland / 45rpm / Mono / Roulette RL21 192 / Rec 1964 / Pub 1964
プクチャー・スリーブ表面に書き込み、下部中央に縁裂け、レーベルきれい、盤極浅い擦れ、表層スクラッチ少し
Jacket 3 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4
■64年、オールディーズ・スカのヒット・シングル。
トリニダッドのカリプソ・シンガー、サー・ランスロットの30年代のカリプソ・クラシックをスカ・バージョンにしてヒットさせた、プエルト・リコ生まれシンガー、ショーン・エリオット。64年。ジャマイカンよりしゃきっとしたサミー・ロウ楽団の演奏になよなよした彼の歌がはまった一曲。裏面はリズム&ブルース。オルガン、ファズ・ギターが効いたバンドにいい声で歌うこれまたノリのいいナンバー。オランダ盤、ピクチャースリーブ付き。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2018年9月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
2018年10月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.