(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Page 37)

Sidney Bechet - AT STORYVILLE

  • ジャズLP
 Sidney Bechet- シドニー・ベシェ - "AT STORYVILLE"
Germany / LP / Mono / Black Lion BLP60902 / Rec 1953 / Pub 1988
コーティング・ジャケット擦れわずか、左上小折れ目、レーベルひげ少々、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■R&Rが霞んでしまうような凄まじいライブ。
ニューオーリンズ・ジャズの草創期から活躍した偉大なクラリネット、ソプラノ・サックス奏者シドニー・ベシェ。自身のリーダー作、数多くのセッションのみならず、NYではブルーノートの初のヒット「Summertime」を生み、多重録音を初めて敢行etc...あまりに伝説の多い人。これは53年、ヴィック・ディッケンソンを始めとするボストンの一派とのライブを収録した一枚。ベシェ、ディッケンソンとリズム隊のまさにミラクルな噛み合いっぷり、とにかくみなぎる、鬼気迫る演奏。特にラストの「Lady Be Good」はもう怖いぐらい。【曲】「C Jam Blues」「Crazy Rhythm」「Jazz Me Blues」「Basin Street Blues」「Indiana(試聴)」「Bugle Blues」「Honeysuckle Rose」「On The Sunny Side Of The Street」「Oh! Lady Be Good(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Carlos Poyares - REVENDO COM A FLAUTA OS BONS TEMPOS DO CHORINHO

  • ブラジルの音楽LP
 Carlos Poyares- カルロス・ポヤーリス - "REVENDO COM A FLAUTA OS BONS TEMPOS DO CHORINHO"
Brazil / LP / Stereo / Estudio Eldorado 01770321 / Rec 1977 / Pub 1977
見開きジャケット擦れ極わずか、内側きれい、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ブラジルのフルート奏者カルロス・ポヤーリスの77年のアルバム。
キューバの人にも感じるのですが、息をするように音楽をすらすら生むこの演奏、まるで違う世界のものに聞こえます。シルヴィオ・カルダスなど伝説的なサンバ・シンガー等の伴奏で活躍したのちソロ演奏家として多くのアルバムを出したフルート奏者カルロス・ポヤーリス。これは77年のアルバム。シブーカ、ピシンギーニャ、エルネスト・ナザレス等のナンバーを12曲収録。瑞々しいアップの曲も落ち着いたいい演奏。本当に素晴らしいレコード。【曲】「Choro Serenata(試聴)」「Variacoes Sobre O Urubu Malandro(試聴)」「Um Chorinho Para Elizeth」「Gingando」「Cinco Companheiros」「Encabulado」「Ingenuo」「Flor Amorosa」「Entardecendo」「Brejeiro」「Um Chorinho Diferente」「Estrelinhas」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Rene Zosso - CHANTE AND VIELLE

  • フランスの音楽LP
 Rene Zosso- ルネ・ゾッソ - "CHANTE AND VIELLE"
France / LP / Stereo / Le Chant Du Monde LDX74356 / Rec 1971 / Pub 1971
特殊三面見開きジャケット擦れわずか、内側しみわずか、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れほんのわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  3480 yen
■ハーディガーディ奏者ルネ・ゾッソの弾き語りアルバム。
ボディに内蔵された円盤をレバーで回し弦をこすることで音を出す、11世紀には出来上がっていたという古い楽器ハーディガーディ。これはスイス人ハーディガーディ演奏家でこのジャンルの第一人者ルネ・ゾッソ、ハーディガーディ弾き語りアルバム。古いものだと16世紀の曲から、ボリス・ヴィアン、コレット・マニーのナンバーまでを、数曲づつ続けながら自由なテンポで即興的に演奏。特殊三面見開きジャケット。【曲】「La Mandragore」「Le Ciel Est Gai」「Entrez La Belle」「La Belle Se Sied」「Berceuse Et Bouree D'Auvergne」「L'Oubli De L'Horreur」「La Gigue」「Tant Que...」「Y'A Qu'Une Gerbe」「Air De Galice」「Haec Dies」「Une Maison」「Je Chante Pour Passer Le Temps」「Les Morvandiaux」「A La Guerre Qui Y Va」「La Guerre Est Tuquee」「Aurons-Nous Point La Paix?」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Martti Pokela, Eeva Leena Pokela, Matti Kontio - VANHA JA UUSI KANTELE

  • 民俗音楽/フィンランドLP
 Martti Pokela, Eeva Leena Pokela, Matti Kontio- マルティ・ポケラ、エヴァ・リーナ・ポケラ、マッティ・コンティオ - "VANHA JA UUSI KANTELE"
Finland / LP / Stereo / Finnlevy SFLP8578 / Rec 1978 / Pub 1978
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し、大判インサートきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■フィンランドの民俗楽器カンテレのアルバム。
おそらく2000年前には最古のものがあり、18世紀にはいったん廃れ、19世紀に入り復活したという、気が遠くなるような歴史のあるフィンランドの民族楽器、カンテレ。フィンランドの三人のカンテレ演奏家によるアルバムで、民謡を中心にオリジナル作も織り交ぜたカンテレの合奏アルバム。ウラ・カタヤブオリとスプリットのアルバムもあるカンテレの大名手マルティ・ポケラ、彼の娘のエヴァ・リーナ・ポケラ、そしてマッティ・コンティオという若手の三人。フィンランド盤。【曲】「Vallinkorvan Laulu(試聴)」「Kalevalainen Savelma」「Karjalan Kunnailla」「Haat Pokkelokankaalla」「Morsiamen Hyvastijatto」「Ripatska」「Rinkitanssi」「Konevitsan Kirkonkellot」「Itkeva Tytto(試聴)」「Kirkonkelloja Ja Maanitusta Pielisjarvelta」「Maitopolska Kannonkoskelta」「Pollati Poro Lullati」「Hansin Koira」「Ykkoskipera」「Kakkoskipera」「Kaipaus」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Balfa Brothers With Nathan Abshire, Ardoin Brothers - THE CAJUNS VOLUME 1

  • ケイジャンLP
 Balfa Brothers With Nathan Abshire, Ardoin Brothers- バルファ・ブラザーズ・ウィズ・ネイサン・アブシャイアー、アルドワン・ブラザーズ - "THE CAJUNS VOLUME 1"
U.K. / LP / Stereo / Sonet SNTF643 / Rec 1972 / Pub 1973
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ケイジャンのパイオニア2グループを収録。
RBFのサミュエル・チャーターズが企画・プロデュース、そしてこの英ソネットから出た(米盤無し)素晴らしいケイジャン盤。A面はケイジャン・ホンキー・トンクのパイオニア的名グループ、バルファ・ブラザーズにネイサン・アブシャイアーというまさにドリーム・バンドの6曲。裏面はクレオールのこれまたやはり先駆のアルドワン・ブラザーズで6曲。グシャっとひと塊になったような圧縮された音がド迫力。【曲】「Balfa Brothers Orchestra with Nathan Abshire / Acadien Two-Step」「Waltz Of The Big Woods」「I Passed In Front Of Your Door」「Pine Grove Blues」「The Windows Of Basile」「Lacassine Special(試聴)」「Ardoin Brothers Orchestra / My Hat(試聴)」「Sunday Afternoon」「Johnny Can’t Dance」「The Prison Bars」「At The End Of My Road」「Mamou Hot Step」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Stefan Grossman, Aurora Bloack - HOW TO PLAY BLUES GUITAR

  • ブルースLP
 Stefan Grossman, Aurora Bloack- ステファン・グロスマン、オーロラ・ブロック - "HOW TO PLAY BLUES GUITAR"
U.K. / LP / Stereo / Kicking Mule SNKF-150 / Rec 1966 / Pub 1968
ジャケット擦れわずか、左下に小はがれ、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■ステファン・グロスマンとロリー・ブロックの共演盤。
ブルーグースからLPも出ている女性ギタリスト、ロリー・ブロックの瑞々しく、しかもブルースを達観したようにも聞こえる共演も最高な、ステファン・グロスマンによる戦前ブルースのフィンガー・ピッキング盤傑作。これが彼のファーストです(オリジナルは66年、これは68年のキッキング・ミュール盤)。教則レコードなのに名盤というのはこれいかに。過剰な主張のない自然体の演奏がカントリー・ブルースの深遠さを現しているのですが、この味わいは聞いていただくしかありません。、床屋さんだったウイリアム・ムーアの名曲「Old Country Rock」、「Freight Train」で有名な女性ギタリスト、エリザベス・コットン、国会図書館に録音された幻の名曲「Mississippi Blues」などなど収録。この英盤はブックレットは最初から付いておらず別売りでした。【曲】「Old Country Rock」「Future Blues」「Turn Your Money Green(試聴)」「God Moves On The Water」「Monday Morning Blues」「M & O Blues」「Whistling Blues」「Candyman」「Banty Rooster」「Save Up Your Money」「Canned Heat(試聴)」「Vestapol」「Brownsville Blues」「Police Dog Blues」「You Got The Pocketbook, I Got The Key」「Mississippi Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Freddie King - HIDE AWAY

  • ブルースLP
 Freddy King- フレディ・キング - "HIDE AWAY"
USA / LP / Stereo / King Gusto GD5033X / Rec early60s / Pub 1976
ジャケット円状の擦れ、上部右側縁裂け、レーベル二枚ともひげ無し、盤二枚とも浅い擦れ少々
Jacket 3 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4  2980 yen
■代表曲「Hide Away」を中心にシングルをまとめた2LP。
50年代初頭にテキサスからシカゴへ移住、マディ・ウォーターズらとつるんでいたりした頃からキャリアをスタートさせ、エレクトリック・ブルース・ギタリストの“キング”のビッグ3にまでなったフレディ・キング。59年にはフェデラルと契約、黄金期をスタートさせます。これは、代表作「Hide Away」をタイトルにした、その頃のシングルを集めた21曲入りの2LP。恐らく69年に同ジャケで出たものに曲を足してリイシューされた盤。ロックンロール、リズム&ブルースと隔てなくなったロッキン・ブルース・インスト集。※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Frankie Trumbauer, Joe Venuti And Eddie Lang, James P. Johnson, etc. - JAZZ : NEW YORK 1922-34

  • ジャズLP
 Frankie Trumbauer, Joe Venuti And Eddie Lang, James P. Johnson, etc.- フランキー・トランバウアー、ジョー・ヴェヌーティ&エディ・ラング、ジェームスPジョンソン、etc. - "JAZZ : NEW YORK 1922-34"
USA / LP / Mono / Folkways FJ2807 / Rec 1922 to 1934 / Pub late60s?
ジャケット擦れ少々、小よごれ、上部ほころび、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか、極表層のスクラッチわずか、インサートきれい
Jacket 3 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4  2980 yen
■フォークウェイズの名選集『Jazz』から、ニューヨーク編。
フォークウェイズが10数巻でまとめた、戦前のジャズのエポックメイキングな名演を豪華に集めた気合のシリーズ、その名も『Jazz』。これは第七巻目、ハイライトの一枚と言っていいニューヨーク編。ニューヨークですから、当たり前と言えば当たり前ですが、教科書どおりにならないはみ出した選曲がすばらしすぎます。世界で初めてハープでジャズったジャック・ティーガーデン知られざる名曲「Junk Man」や、エリントンのキラー・ホット「Creeper」、コールマン・ホーキンス在籍時のフレッチャー・ヘンダーソン楽団の「Sugar Foot Stomp」、ルイ・アームストロング楽団にエディ・ラングが参加した珍しい「Knockin' A Jug」etc...インサート付き。【曲】「I Wish I Could Shimmy Like My Sister Kate / The Cotton Pickers」「Original Dixieland One Step / Miff Mole and His Little Molers」「Mississippi Mud / Frank Trumbauer and His Orchestra」「Makin' Friends / The Kentucky Grasshoppers」「Basin Street Blues / The Louisiana Rhythm Kings」「Beale Street Blues / Lang-Venuti All Star Orchestra」「Junk Man / Jack Teagarden and His Orchestra(試聴)」「Papa De-Da-Da / Clarence Williams Blue Five」「Sugar Foot Stomp - Dippermouth / Fletcher Henderson and His Orchestra」「The Creeper / Kentucky Club Orchestra」「Harlem River Quiver / Kentucky Club Orchestra」「You Can't Do What My Last Man Did / James P. Johnson」「Harlem Fuss / Fats Waller and His Buddies(試聴)」「Knockin' a Jug / Louis Armstrong Orchestra(試聴)」「It Should Be You / Henry Allen and His New Yorkers」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

People Of Burundi - MUSIQUE TRADITIONELLE DE BURUNDI

  • 民俗音楽/ブルンジLP
 People Of Burundi- ブルンジの人々 - "MUSIQUE TRADITIONELLE DE BURUNDI"
USSR / LP / Stereo / Melodiya C80-26393-005 / Rec 1987 / Pub 1987
ジャケット擦れ少々、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■東アフリカ・ブルンジの民俗音楽を収録した一枚。
東アジア内陸部の小国ブルンジの音楽を、ロシア・メロディアとブルンジの首都ブジャンブラの放送局が共同で録音した一枚。ブルンジのハープ、イナンガを伴奏にした、ハーハーと空気の抜ける声の弾き語り、種々の民俗楽器が組み合わさった、ベトナムや中国のようなメロディのバンド+歌ものなど男性が演奏するものをA面に収録。対してB面はまず女性。リトアニアやエストニアの民謡のような澄んだ無伴奏歌、ハーモニーを3曲、ブルンジのカリンバ、イケンベの弾き語りを一曲挟み、ラストは何か祝祭の様子でしょうか、長尺のけたたましい打楽器アンサンブルがラスト。どれも現場にいるような気になるリアルないい音。【曲】「Mbanzabugabo」「Helena Wanje」「Sindirimba(試聴)」「Duh'akagwa」「Umve Kira(試聴)」「N'amayugi」「Akazehe(試聴)」「Guhoza Umwana」「Kayengayenge」「Hozumwana」「Ingoma(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Claudette Et Ti Perre - NOEL

  • ハイチの音楽LP
 Claudette Et Ti Perre- クローデット・エ・ティ・ピエール - "NOEL"
USA / LP / Stereo / Mini MRS1129 / Rec 1981 / Pub 1981
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■ハイチ産の無二のクリスマス・アルバム。
同じようなものがありそうでない一枚。ハイチの女性シンガー、クローデットと、夫か兄弟かわかりませんが、男性のオルガン奏者、ティ・ピエールのデュオ作で、ティ・ピエールの弾くドンカマ入り電子オルガンと彼女の涼しげな歌による、なんとも不思議に天国的なクリスマス・アルバム。A面は恐らく彼女たちのオリジナル曲、B面はクリスマスのスタンダード・ソングを10曲ノンストップで演奏。【曲】「Noel Pou You(試聴)」「Tonton Noel(試聴)」「Noel Rive」「Noel Paysan」「Pot Pourri Noel(Medley)」※本日のアップはこの一枚です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

David Lewiston(Rec., Dir.) - TIBETAN BUDDHISM : TANTRAS OF GYUTO - MAHAKALA

  • 宗教音楽/チベットLP
 David Lewiston(Rec., Dir.)- デヴィッド・ルイストン(録音、監修) - "TIBETAN BUDDHISM : TANTRAS OF GYUTO - MAHAKALA"
USA / LP / Stereo / Nonesuch H72055 / Rec 1970s / Pub 1973
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■チベット仏教の祭礼音楽を現地録音したアルバム。
神秘思想家グルジェフの孫弟子で特にアジアの民俗音楽をフィールド録音したデヴィッド・ルイストンが、現地の寺院で録音した一枚。性愛の力から悟りへ導くというタントラの声明を収録。一人で和音を発する倍音唱法の超低音ハーモニーが延々、そこに一定の間隔で金属楽器が雷を落とすように鳴るという内容。最初はちょっと引いてしまうような怖さありつつ、徐々に病みつきになるような魅力のある一枚。参りました。※本日のアップはこの一枚です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Robert Pete Williams, Hogman Maxey, Guitar Welch - ANGOLA PRISON BLUES

  • ブルースLP
Robert Pete Williams, Hogman Maxey, Guitar Welch- ロバート・ピート・ウィリアムス、ホッグマン・マクシー、ギター・ウエルチ - "ANGOLA PRISON BLUES"
USA / LP / Mono / Arhoolie 2011 / Rec 1959 / Pub 1970
見開きジャケット表裏擦れ、裏面小はがれ、下部中央と右上に縁裂け、内ジャケットテープ跡、小はがれ、レーベルひげ少々、盤極浅い擦れわずか、トレースノイズ少々
Jacket 2.5 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■ビーフハートも深く影響を受けた、ロバート・ピート・ウィリアムスの初録音集。
妖しく脱カントリー・ブルース的でもありながら、ブルースの最もコアなところを味わえると言えるロバート・ピート・ウィリアムス。56年に投獄されたものの、民俗音楽研究家ハリー・オスターの尽力で減刑され60年代には釈放。これはまだ塀の中にいる頃にオスターによって録音されたアルバム。他、ビッグ・ビル・ブルーンジーを思わせるキレのあるギターがいいホッグマン・マキシー、ゆるめのデルタ・ブルースを聞かせるギター・ウエルチを2曲づつ収録。【曲】「Robert Pete Williams / Levee Camp Blues」「Hogman Maxey / Stagolee」「Guitar Welch / Electric Chair Blues(試聴)」「Robert Pete Williams / Prisoner's Talking Blues」「Motherless Children Have A Hard Time」「Hogman Maxey / Black Night Fallin'」「Robert Pete Williams / Some Got Six Months(試聴)」「Guitar Welch / I'm Gonna Leave You Mama」「Robert Pete Williams / I'm Lonesome Blues」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2020年7月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
2020年8月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
店舗営業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
店舗営業日 日曜・月曜 PM3:00-PM10:00
古物商 東京都公安委員会 第303261906488号

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.