(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Page 37)

Leon Tarver And The Cordones, Arbee Stidham And Group, etc. - DOO WOPPIN THE BLUES

  • ドゥワップ/リズム&ブルースLP
Leon Tarver And The Cordones, Arbee Stidham And Group, etc.- レオン・ターバー&ザ・コードンズ、アービー・スティッダム&グループ、etc. - "DOO WOPPIN' THE BLUES"
USA / LP / Mono / Rarin 777 / Rec 1950s / Pub mid1970s
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■シカゴ50年前後の埋もれたドゥワップ・グループを収録した一枚。
ニューオーリンズやミシシッピの源流がまさしく滝つぼのごとく降り注いだシカゴ。ニューヨーク生まれのドゥワップもシカゴでは洒脱感を捨て去り肌に沁み込むような黒くリアルなものに独自変化。これはそんなシカゴの空気を封じ込めたドゥワップ・グループのブルージーなナンバーをまとめた一枚。ブルースマン、アービー・スティッダムがやっていたというグループ以外、まるで知らないグループばかり。70年代に数枚のいい編集盤を出したレアリンというレーベルから。【曲】「Leon Tarver & The Cordones / Rooster」「Baby Don't Go」「Come Back To Me」「Whoee」「Soup Line」「It's My Fault」「Dozier Boys / Hey Jack」「Larks / She's A Good One(試聴)」「Clouds / Baby Wants To Rock」「Arbee Stidham / Blues Why Do You Pick On Me」「Baby Stop The Clock」「Moonlights / Love Me True(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

People Of Honduras And Nicaragua, David Blair Stiffler(Rec.) - PATRIA : MUSIC FROM HONDULAS AND NICARAGUA

  • 民俗音楽/ホンジュラス、ニカラグアLP
 People Of Honduras And Nicaragua, David Blair Stiffler(Rec.)- ホンジュラスとニカラグアの人々、デビッド・ブレア・スティッフラー(録音) - "PATRIA : MUSIC FROM HONDULAS AND NICARAGUA"
USA / LP / Stereo / Lyrichord Lyrichord / Rec 1970s / Pub 1970s
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■中米ホンジュラス、ニカラグアの音楽を現地録音した一枚。
クラシックと民俗音楽で知られるリリコードからの一枚。5部に分かれています。まずはホンジュラスのコブラと言われる特殊警察のバンドを5曲。アメリカのジャグ・バンドが国境を越えてずっと南下したような掘っ立て小屋のバンド演奏。続いて巨大マリンバ×2とドラムという編成のグループの2曲。メキシコのマリンバ・バンドに似た雰囲気ですがかなりワイルドな演奏。第三はホンジュラスのミスキート族という民俗の音楽で、ギター2本のかき鳴らしに脱力した歌のなんともいい3曲。第4はニカラグア湖に浮かぶオメテペという島の子供たちによる歌の4曲で、やはりギター風の楽器による伴奏。最後の2曲はニカラグアの町マサヤで、マリンバを入れたインスト・バンド。【曲】「Flores The Honduras」「Rodando Los Dados 」「Contra Motines」「Policia Militar」「Talanga」「Flor De Honduras - Fusep」「Marcha A La Fuerza De Seguridad」「Tookta Myrin」「Lawa Kan」「Silpiki Myrin」「El Mundo Es Bien Loco」「Tio Sapo」「Ometepe」「Brigadista」「Cuartelada」「Maduro」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Charlie Shavers, Django Reinhardt, Charlie Mingus, etc - PERIODS JAZZ DIGEST VOLUME 2

  • ジャズ/ブルースLP
Charlie Shavers, Django Reinhardt, Charlie Mingus, etc- チャーリー・シェイヴァーズ、ジャンゴ・ラインハルト、チャーリー・ミンガス、etc. - "PERIODS JAZZ DIGEST VOLUME 2"
USA / LP / Mono / Period Period / Rec 1950s / Pub late50s
ジャケット擦れ少々、裏ジャケットに小鉛筆書き込み、レーベルひげ無し、盤浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 3.5~4 / Sound 4  2980 yen
■54年から4年間存在したマイナー・ジャズ・レーベル、ピリオドのオムニバス第二集。
ジャンゴ・ラインハルトから始るピリオドのカタログは全部で大凡50枚ぐらいですが、ビッグ・ビル・ブルーンジーの様な戦前ブルース・マンからボーカル、スウィング、チャールズ・ミンガスの超プログレッシヴなジャズまでと幅があり、このオムニバスはその幅もきちんと網羅、ピリオドの美味しい所を全部聞ける1枚。戦前トロンボーンの名手ジャック・ティーガーデン、気鋭アレンジャーラルフ・バーンズ、ビッグ・ビルの他ブルースではジョッシュ・ホワイト、マキシン・サリヴァンの暖かくジャジーな唄がいい「I' Comining Virginia」、チェンバー・ジャズのような美しさをもったジャンゴ・ランハルト「Danse Norvegienne」(結構衝撃)、不思議な浮遊感に包まれるミンガスの「Stormy Weather」等充実のオムニバス。【曲】「Charlie Shavers / Rose Room」「Jack Teagarden / Davenport Blues」「Big Bill Broonzy / A Letter To My Baby」「Ralph Burns / Autobahn Blues」「Django Reinhardt / Danse Norvegienne」「Charles Mingus / Stormy Weather」「Osie Johnson And His Orchestra / Don't Bug Me , Hug Me」「Maxine Sullivan / I'm Coming , Virginia」「Birdlanders / Ondine」「Gerry Old Man」「Jones Boys / The Jones Bash」「Josh White / She's Too Much For Me」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bessie Johnson - 1928-1929

  • ゴスペル/ブルースLP
 Bessie Johnson- ベッシー・ジョンソン - "1928-1929"
USA / LP / Mono / Herwin 202 / Rec late1920s / Pub 1972
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  4500 yen
■女性ゴスペル・ブルース・シンガー、ベッシー・ジョンソンの編集盤。
必聴。こんなすごい歌を歌った女性シンガーがいたんだと驚く一枚。24年に自主レーベルとしてスタート、30年まで、ヒルビリー、カントリー・ブルース、ゴスペル等をリリースしたハーウィン・レコード。それから30年以上たった後に、コレクター&研究家バーナード・クラツコが、ヤズーやオリジンの面々とともに再始動、高品質なこだわりの編集盤をリリースした、この手の中でも最もコアなレーベルの一つ。これは、ベッシー・ジョンソンという、まるで詳細不明、メンフィスらしい?ということしかわかっていない女性ブルース/ゴスペル・シンガーの特集盤。40年代あたりから研究家やコレクターが彼女の歌に夢中になり話題となっていったそうで、彼女がリーダーを務めたもの、参加したものを集め出したアルバム。ビッグ・メイベルを簡単に蹴散らすようなこの声はコレクターならずともインパクト絶大。カントリー・ブルース史上最もキテレツなギターを弾いたルイ・ラスキーが参加した曲、メンフィス・ジャグ・バンドのウィル・シェイドが入ったバンドものなどなど全16曲。【曲】「McIntorsh & Edwards / What Kind Of Man Jesus Is」「Chicago Sanctified Singers / Tell Me What Kind Of Man Jesus Is」「Ernest Phipps And His Holiness Quartet / Happy In Prison」「McIntorsh & Edwards / Since I Laid My Burden Down」「Take A Stand」「Bessie Johnson's Sanctified Singers / The Whole World In His Hand」「One Day」「Key To The Kingdom」「Memphis Sanctified Singers / The Great Reaping Day(試聴)」「He Got Better Things For You」「Bessie Johnson's Sanctified Singers / No Room At The Hotel(試聴)」「McIntorsh & Edwards / The 1927 Flood」「The Latter Rain Is Fall」「Chicago Sanctified Singers / I Ain’t No Stranger Now」「Ernest Phipps And His Holiness Quartet / I Want To Go Where Jesus Is」「Don’t Grieve After Me」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Maddox Brothers And Rose - 1946-1951 VOLUME 1

  • カントリー/ロカビリーLP
Maddox Brothers And Rose- マドックス・ブラザーズ&ローズ - "1946-1951 VOLUME 1"
USA / LP / Mono / Arhoolie 5016 / Rec 1946 to 1951 / Pub 1976
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■マドックス・ブラザーズ&ローズの編集盤。
30年代から50年代にかけて活躍した、ロカビリー、ロックンロールの元祖といわれるグループ、マドックス・ブラザーズ&ローズ。メンバー全員がほんとの兄弟のグループで、アラバマ出身。元祖R&Rと言われるのはもちろん音のせいなのですが、それだけでなく、ワンダ・ジャクソンらにも大きな影響を与えたというこのローズ、音楽のみならずヌーディ・スーツ(エルヴィスの衣装でおなじみヌーディ・コーン手製のスーツ)を最も早くから着ていたという...これは46年から51年のナンバーを、未発表を混ぜ集めたアーフーリーからの編集盤。【曲】「Midnight Train」「Move It On Over」「Careless Driver」「Whoa Sailor」「Milk Cow Blues(試聴)」「Mean And Wicked Boogie」「Brown Eyes」「Honky Tonkin'」「New Mule Skinner Blues」「Time Nor Tide」「Philadelphia Lawyer」「George's Playhouse Boogie(試聴)」「Blue Eyes Crying In The Rain」「Sally Let Your Bangs Hang Down」「I've Stopped My Dreamin' About You」「Gonna Lay My Burden Down」「Water Baby Boogie試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Al Ferrier - THE BIRTH OF ROCKABILLY

  • ロカビリーLP
 Al Ferrier- アル・フェリアー - "THE BIRTH OF ROCKABILLY"
U.K. / LP / Mono / Goldband 7769 / Rec 1956, / Pub 1977
ジャケット擦れ少々、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  3680 yen
■ルイジアナのロカビリアン、アル・フェリアーの正規ゴールドバンド盤。
地元ローカルの音楽の臭いが他のどんな地より強力なルイジアナ。そんなルイジアナ土着の音楽を携えつつ新世代のロカビリーをプレイしたのがこのアル・フェリアー。エルヴィスや同じルイジアナのデイル・ホーキンスの影響はありつつも独自路線の黒っぽいR&Rスタイルでこの地随一のロッカーになりました。56年の音源を中心に、71年の録音も三曲あり。代表作「Let's Go Boppin' Tonight」も当然収録。しかし、ホンキートンクとガブリ四つに組んだプリ・ロカ、ザディコのパイオニア、クラレンス・ガーロウのカバーなどなど他曲がほんといい。全14曲。古巣ゴールドバンドからのリリース。【曲】「No No Baby」「I'll Never Do Any Wrong」「My Baby Done Gone Away(試聴)」「It's Too Late Now」「Let's Go Boppin' Tonight(試聴)」「What Is That Thing Called Love」「Honey Baby」「Told Her No No Baby」「Yesterday We Were Married」「When My Blue Moon Turns To Gold Again」「Flip Flop & Fly」「Sixteen Candles」「Drip Drop」「Honey Baby」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Marylin Scott (Mary Deloatch) - I GOT WHAT MY DADDY LIKES

  • ブルース/ゴスペルLP
 Marylin Scott (Mary Deloatch)- マリリン・スコット(メアリー・デローチ) - " I GOT WHAT MY DADDY LIKES"
Sweden / LP / Mono / Whiskey Woman And KM710 / Rec 1945 to 1951 / Pub 1980s
ジャケット円状の擦れ少々、しみ少々、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■女性ブルース&ゴスペル・シンガー、メアリー・スコットの音源集。
40年代から50年代初頭にかけてレコードを残した、ブルース/ゴスペルの秘宝ともいうべき女性シンガー、マリリン・スコット。悪魔の音楽ブルースを唄うときはマリリン・スコット、神の歌ゴスペルを唄う時はメアリー・デローチと二つの名前を持っていた人。これはスウェーデンのウィスキー、ウーマン、アンド...レーベルからの音源集。発掘音源と思しき荒々しいギター弾き語りや小バンド編成(ジョニー・オーティス・バンド)でのブルース、ハーモニーをともなったウルトラ・ディープなゴスペルの数々を収録。【曲】「I Got What My Daddy Likes」「Beer Bottle Boogie」「Straighten Him Out(試聴)」「Let's Do The Boogie Woogie(試聴)」「Uneasy Blues」「Another Woman's Man」「I Want To Die Easy」「The New Gospel Street」「Rumors Of War」「Mother Dear(試聴)」「Life Was A Burden」「I'll Ride On A Cloud With My Lord」「I Really Believe」「If I Only New」「Our Father Loves His Son(試聴)」「The Lord's Gospel Train」※本日のアップはこの一枚です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Young Jessie - SHUFFLE IN THE GRAVEL

  • リズム&ブルースLP
 Young Jessie- ヤング・ジェシー - "SHUFFLE IN THE GRAVEL"
Sweden / LP / Mono / Mr RandB 1004 / Rec 5,60s / Pub 1986
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ウエストコーストのR&Bシンガー、ヤング・ジェシーのお宝音源集。
「Mary Lou」のヒットを飛ばした、ウエスト・コースト1ヒップなR&Bシンガー、ヤング・ジェシー。リーバー&ストーラーがプロデュースした57年のタイトル曲「Shuffle In The Gravel」「Margie」等をはじめアトコ/アトランティック、キャピトル、マーキュリー等からリリースされたシングルなどを集めたお宝音源集。コースターズの「Run Red Run」を下敷きにした鬼太の「My Country Girl」、キメのリフやらブレイクやらイチイチカッコイイR&Bロッカー「Teacher Gimmie Back」、マジに儀式のような本当にスゴイライブ「Young Jessie Bossa Nova」等々一度に聞くのがもったいなくなるキラー満載の一枚。【曲】「Shuffle In The Gravel」「Margie」「That's Enough For Me」「My Country Cousin(試聴)」「Make Believe」「The Wrong Door」「I'm A Lovin' Man」「Teacher Gimmie Back(試聴)」「Big Chief (King Of Love)」「Too Fine For Cryin'」「Be-Bop Country Boy」「Brown Eyes」「Lulu Belle」「Make Me Feel A Little Good」「Young Jessie Bossa Nova Part 1-2」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Sy Oliver And His Orchestra - CIVILIZATION

  • ジャズLP
Sy Oliver And His Orchestra- サイ・オリヴァー&ヒズ・オーケストラ - "CIVILIZATION"
Denmark / LP / Mono / Official 3053 / Rec 1947 / Pub 1989
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■サイ・オリヴァー楽団の音源集。
最も輝いていた時代のエラ・フィッツジェラルドの音楽監督を長きにわたり努めていたサイ・オリヴァー。他ジミー・ランスフォード楽団であの「My Blue Heaven」や「Ain't She Sweet」等を彼のアレンジでヒットさせ、トミー・ドーシー楽団では「On The Sunny Side Of The Street」「Opus One」等をヒットさせたという、米ジャズの殿堂入り確実の黒人アレンジャー&バンド・リーダー&トランペッター。洗練された黒さ、ウィットに富んだ頭脳的なジャズ・クリエーターで、洒落たジャイヴものからワイルドなブギ、オリヴァーが歌っていると思しきスロウ、新機軸的ハーレム・ジャズ、カリプソおものまで超充実の全14曲。音もいい。【曲】「Hey Daddy-O(試聴)」「Slow Burn(試聴)」「If You Believed In Me」「I Want To Be Loved (But Only By You)」「Lammar's Boogie」「Bread And Butter Woman」「Forsaking All Others」「Civilization ("Bongo, Bongo, Bongo")」「You Can't Tell The Depth Of The Well」「Dit Dot Dit」「Scotty」「Four To Go」「Sad Story Blues」「You Know What The Trouble Is Baby」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Edouard Risler - PARIS RECORDINGS

  • クラシックLP
Edouard Risler- エドゥアール・リスラー - "PARIS RECORDINGS"
U.K. / LP / Mono / Symposium 1020 / Rec 1903, 1917 / Pub 1980s
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか、インサートしみ少々
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■仏の伝説的ピアニスト、エドゥアール・リスラーの全音源集。
世紀をまたぐ頃に活躍したフランスのピアニスト、エデゥアール・リスラー(1873-1929)。グラナドスやシャブリエも曲をささげ、また歴史的名曲の初演も多く務めた、この時代のフランスを代表するピアニスト。これは生前彼が残した唯一の録音(1917年)を全て収録した一枚。一曲目のみ、リスラーの大先輩ルイ・ディエメ(1843-1919)の1903年録音。試聴のように脆弱なアコースティック録音ですが、ノイズの向こうからふわり立ち上る名演の数々、なんとも言えない味があります。【曲】「Nocturne in D♭, op. 27, no. 2 : abbrev. / Chopin(試聴)」「Scherzo from Sonata in E flat, op. 31, no. 3 / Beethoven」「Andante con moto : from Piano concerto no. 4 in G, op. 58 / Beethoven」「Auffordnung zum Tanz / Weber」「Waltz in C sharp minor, op. 64, no. 2 / Chopin」「Nocturne in F sharp, op. 15, no. 2 / Chopin」「Hungarian rhapsody : no. 11 in A minor / Liszt」「Le rappel des oiseaux ; Le tambourin / Rameau」「Le coucou ; Rondeau / Daquin(試聴)」「Le tic-toc-choc, or, Les maillotins / Couperin」「Spanish dance : no. 10 in G / Granados(試聴)」「Valse nonchalante / Saint-Saens」「Idylle / Chabrier」「Deuxieme mazurka, op. 54 / Benjamin Godard」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Blind Joe Taggart - A GUITAR EVANGELIST 1926 TO 1931

  • ゴスペルLP
 Blind Joe Taggart- ブラインド・ジョー・タガート - "A GUITAR EVANGELIST 1926 TO 1931"
USA / LP / Mono / Herwin 204 / Rec 1926 to 1931 / Pub early1970s
ジャケット擦れ少々、下部中央小縁裂け、背部色あせ、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れ少々
Jacket 3~3.5 / Disc 3.5~4 / Sound 4  3980 yen
■ゴスペル・シンガー、ブラインド・ジョー・タガートのハーウィン編集盤。
24年に自主レーベルとしてスタート、30年まで、ヒルビリー、カントリー・ブルース、ゴスペル等をリリースしたハーウィン・レコード。それから30年以上たった後に、コレクター&研究家バーナード・クラツコが、ヤズーやオリジンの面々とともに再始動、高品質なこだわりの編集盤をリリースした、この手の中でも最もコアなレーベルの一つ。これは、ギター片手にストリートで説教した伝説のシンガー、ブラインド・ジョー・タガートの初のアンソロジー。デルタとテキサスの折衷的な多彩なギターに、やはり様々なスタイルの歌を聞かせる18曲。チャーリー・パットン風のナンバーもあれば、ブラインド・ウィリー・ジョンソンに似た男女のツイン・ボーカルもの、ヨーロッパの民俗音楽のようなフィドルを入れた曲、茫洋としたいかにもテキサス風のナンバー、もうロックンロールの弾き語りのように聞えるナンバー等収録。ライナーでは酷評されていますが、一時付き人をしていたジョッシュ・ホワイトが歌う、ホワイトの初録音といわれるナンバーも収録。すばらしいと思います。【曲】「Keep On The Firing Line」「There's A Handwriting On The Wall」「Scandalous And A Shame(試聴)」「Been Listening All Day Long」「Religion Is Something Within You」「Wonder When My Trouble Will Be Over」「Pressin' Up That Shiny Way」「Strange Things Happening In The Land」「He Done What The World Couldn't Do」「The Half Ain't Never Been Told(試聴)」「I've Crossed The Separation Line」「Lord Don't Drive Me Away」「Goin' To Rest Where Jesus Is」「Mother's Love」「Waded In The Water Trying To Get Home」「In That Pearly White City Above」「I Ain't No Sinner Now」「Satan Your Kingdom Must Come Down」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

People Of Mexico - MEXIKO SINGT, SPIELT UND TANZT

  • 民俗音楽/メキシコ10LP
 People Of Mexico- メキシコの人々 - "MEXIKO SINGT, SPIELT UND TANZT"
Switzerland / 10LP / Mono / Ex Libs GC732 / Rec 1950s? / Pub 1950s?
二辺折り返しジャケット擦れ少々、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■メキシコの先住民族たちの音楽を現地録音した一枚。スイス盤10インチLP。
アメリカ生まれでメキシコに渡り、最も早くメキシコの先住民族やメスティーソの音楽をフィールド録音した、メキシコのアラン・ロマックスのような研究家ホセ・ラウル・ヘルマー。これはヘルマーが録音したものをスイスのレーベルが独自に編集し出した10インチLP。強烈な打楽器乱れ打ちに叫ぶコーラスの燃え上がるようなメスティーソの踊りの音楽、メンドーサ姉妹を何倍も素朴にしたようなタラスコ族の女性デュオ、なぜか不思議にオリエンタルなフイチョル族の弾き語りなどなど全12曲収録。【曲】「Michoacan」「Venado」「Tarascos(試聴)」「Huicholes(試聴)」「Sones」「Corridos(試聴)」「Chilenas」「Huapango Huasteco」「Huasteco」「Jarana」「Jarochos」「Huasteco」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
2020年12月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
店舗営業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
店舗営業日 日曜・月曜 PM3:00-PM10:00
古物商 東京都公安委員会 第303261906488号

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.