(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Page 37)

Art Stone, Night Shift - JAZZ : THE SPOKEN CLASS - BEGINNERS

  • 教則LP
 Art Stone, Night Shift- アート・ストーン、ナイト・シフト - "JAZZ : THE SPOKEN CLASS - BEGINNERS"
USA / LP / Stereo / Statler SLP1053 / Rec late60s / Pub late60s
コーティング・ジャケット擦れ少々、裏ジャケットにしみ、縁ほころび少々、レーベルひげ、盤表層スクラッチ少々、しなり少々
Jacket 3~3.5 / Disc 3~3.5 / Sound 3~3.5  1980 yen
■有名ダンス・インストラクターによるダンス教則レコード。
アート・ストーンというプロ・ダンサー&インストラクターが興したステートラーというレーベルから、ストーン自身が教えるジャズ・ダンスの教則レコード。4枚出ているうちの2枚目で"Beginner"編。さて、試聴のように、収録曲のほとんどが演奏にストーンの静かな掛け声が入るというナンバー。しかしこの演奏がすごくいい!ナイト・シフトという全く知らないガレージ・バンド。最後には彼らの演奏のみの長尺の曲が収録されています。インストラクション・シート付き。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Glen Gray And The Casa Loma Orchestra - SWING INSTRUMENTALS

  • ジャズLP
Glen Gray And The Casa Loma Orchestra- グレン・グレイ&ザ・カサ・ロマ・オーケストラ - "SWING INSTRUMENTALS"
USA / LP / Mono / Fanfare 11-111 / Rec 1935 to 1937 / Pub 1978
ジャケット表裏擦れ少々、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れ少し
Jacket 3.5 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4  1980 yen
■カサ・ロマ楽団絶頂期の音源を集めた一枚。
「White Jazz」に代表される未来を感じさせるアップテンポ・ナンバーと、「Smoke Rings」等の溶けてしまいそうな甘美なナンバー、その両極が本当際立っていたカサロマ楽団。音を作っていたのはギタリストで天才アレンジャー、ジーン・ジフォード。30年代初頭にバンド・スタイルが決定づけられた後、名前も売れ最も乗っていた頃のラジオ音源を収録。メロウなナンバーはほとんどなく、試聴のような歯切れいい曲をたっぷり収録。【曲】「Lovey Come Back」「Should I」「The Shiek Of Araby」「Chant Of The Jungle」「Zonky」「I Never Knew」「I Found A New Baby」「I Got Rhythm(試聴)」「Way Down Yonder In New Orleans(試聴)」「Truckin'」「Weary Blues」「Walking The Dog」「I Maybe Wrong」「My Blue Heaven」「Dardanella (blues)」「Farewell Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Ali Akbar Khan - SOUND OF THE SAROD

  • インドの音楽LP
 Ali Akbar Khan- アリ・アクバル・カーン - "SOUND OF THE SAROD"
USA / LP / Stereo / World Pacific WPS21435 / Rec 1967 / Pub 1967
見開きジャケット表裏内側擦れ少々、下部中央に縁裂け、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れ、小プツ音でるスクラッチわずか
Jacket 3~3.5 / Disc 3.5 / Sound 3.5~4  2680 yen
■北インド古典音楽をアメリカに広めた偉大なサロード奏者、アリ・アクバル・カーン。
シタールよりも小さく弦の本数の少ないサロードは渋み深みがある楽器。ドローン弦はあるにはありますが、さほど目立たず、ウードとシタールの中間的なサウンド。これは、このサロード演奏では最も尊敬されるアリ・アクバル・カーンが、67年にロサンジェルスのメソニック・ホールで行ったライブを収録した一枚。タブラにシャンカール・ゴーシュ(スゴイ。実質この人が一番目立つ)、タンブーラにシーラ・ムケルジーという、やはりこの世界の第一人者がサポート。【曲】「Raga Chandranandan」「Raga Kirwani」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Hanapi Family - I CRAVE HAWAIIAN LOVE!

  • ハワイの音楽LP
 Hanapi Family- ハナピ・ファミリー - "I CRAVE HAWAIIAN LOVE!"
USA / LP / Stereo / Heaven HR111 / Rec 1981 / Pub 1981
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■ハワイの音楽一家が作ったフォーク・アルバム。
裏ジャケットの夫婦と彼の息子による歌・演奏。その息子のボーカル曲が多いのですが、全くりきまない、アシッド・フォークというのとも違う浮遊感にあふれた爽やかな歌で絶品。演奏も必要最低限でいて豊かさを感じさせる素晴らしい内容。レムリアなどを出していたハワイのマイナー・レーベル、ヘヴンからの一枚。【曲】「'O Akua」「Pagan Love Song(試聴)」「Wai 'O Minehaha」「Molokama/Kaililauokekoa」「Lei Ilima(試聴)」「Fish And Poi」「'Inikiniki Malie」「Kuilau」「Ua Like No A Like(試聴)」「Lovely Hula Girl」「Ko Ma'i Ho 'En 'Eu」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jimmie Revard And His Oklahoma Playboys - OH! SWING IT : WESTERN SWING 1936-1948

  • ウエスタン・スウィングLP
Jimmie Revard And His Oklahoma Playboys- ジミー・リヴァード&ヒズ・オクラホマ・プレイボーイズ - "OH! SWING IT : WESTERN SWING 1936-1948"
USA / LP / Mono / Rambler 108 / Rec 1935 to 1941 / Pub 1981
ジャケット擦れ少々、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ランブラー・レーベルから、ジミー・リヴァードの編集盤。
80年頃に始動、ウエスタン・スウィング、ホンキー・トンクのクオリティの高い編集盤を8枚?リリースした西海岸のランブラー・レコード。アルゼンチンのギタリスト、オスカル・アレマンの編集盤もここでした。これはオクラホマ生まれ、テキサスで活躍したウエスタン・スウィングの先駆ジミー・リヴァード&オクラホマ・プレイボーイズの名演集。36年の初セッションから38年までの16曲を収録。アドルフ・ホフナーも自分のバンドを組む前に在籍、本作でも全曲に参加しています。【曲】「Oh! Swing It(試聴)」「Someone Else You Care For」「Crafton Blues」「Ride 'Em Cowboy」「Triflin' Gal」「Lose Your Blues And Laugh At Life(試聴)」「At The End Of The Lane」「Everything's Gonna Be All Right」「Bound To Look Like A Monkey」「Riding Down The Canyon」「Big Daddy Blues」「I've Got Trouble In Mind」「Daddy's Got The Deep Elm Blues」「Thinking」「We Played A Game」「After Hours Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jacob Do Bandolim - OUGON NO CHORO

  • ショーロLP
 Jacob Do Bandolim- ジャコー・ド・バンドリン - "OUGON NO CHORO"
Japan / LP / Mono - Stereo / RCA RPL2002 / Rec early50s to late60s / Pub 1981
ジャケット擦れ少々、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■ジャコー・ド・バンドリンの日本オンリー編集盤。
ブラジルのショーロ史上最高のバンドリン(ブラジルのマンドリン)奏者であり、ショーロを世界に広めた一人と言えるジャコー・ド・バンドリン(1918-1969)。これは中村とうようが監修した"ブラジル音楽の先駆者たち"のシリーズの中の一枚で、同一ジャケットのブラジル盤がありますが中身は違う日本オンリー盤。51年から亡くなる直前辺りまでの14曲を収録。帯無し。【曲】「Assanhado」「Vibracoes(試聴)」「Andre de Sapato Novo」「Brejeiro」「Nao Tenho Lagrimas」「Nao Me Toques」「Isto e Nosso」「Noites Cariocas(試聴)」「Lamento」「Chega de Saudade」「Proezas de Solon」「Murmurando」「Atlantico」「Odeon」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bing Crosby, Judy Garland, Frank Sinara, etc. - DICK TRACY IN B-FLAT

  • ラジオ・ショウLP
 Bing Crosby, Judy Garland, Frank Sinara, etc.- ビング・クロスビー、ジュディ・ガーランド、フランク・シナトラ、etc. - "DICK TRACY IN B-FLAT"
USA / LP / Mono / Curtain Calls 100-1 / Rec 1945 / Pub 1970s
ジャケット擦れ極わずか、色あせ少々、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■こんなメンバーが集まり45年に放映されたラジオ・ショウを収録した一枚。
ビング・クロスビー、ジュディ・ガーランド、フランク・シナトラ、アンドリュース・シスターズetc.当時の人気シンガー、俳優たちが一同に集まり、終戦も間近な45年2月にハリウッドで製作された、歴史的なラジオ・ショウをそのまま収録したアルバム。タイトルからすると、ビング・クロスビー扮する刑事ディック・トレイシーがなんかの形でジャズったお話なのでしょうか。全体通して、歌・音楽もの、劇もの半々という感じ。曲目省略します。※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Singers Of India - A MUSICAL ANTHOLOGY OF THE ORIENT : INDIA I - VEDIC RECITATION AND CHANT

  • 民俗音楽/インドLP
 Singers Of India- インドのシンガー - "A MUSICAL ANTHOLOGY OF THE ORIENT : INDIA I - VEDIC RECITATION AND CHANT"
Germany / LP / Mono / Musicaphon BM30L2006 / Rec 1949 to 1952 / Pub 1970s
見開きジャケット表裏擦れ少々、裏ジャケットに小はがれ、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れほんのわずか、ブックレット部きれい
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■独ムジカフォンとユネスコが共同製作したインド音楽集の1枚目。古いサンスクリット語の歌を収録。
ドイツ・ムジカフォンとユネスコ協力の民俗音楽シリーズは、他のレーベルが霞んでしまうような名盤だらけですが、中でも非常に力を入れて製作されたのがインド音楽。これは、古典インド音楽集のシリーズではなく、これら東洋の音楽集の中で4枚作られたうちの1枚目。14曲収録されていて、全て例外なく楽器一切入っていない、サンスクリット語の歌を収録。クベーラ(日本で毘沙門天となった神)などの神を召喚する歌、インドラ(日本で言う帝釈天)などの讃美歌を収録。このシリーズでは珍しく49年から52年という古い時代に録音されたものながら、全く古さを感じさせない音。独仏英三か国語ライナーで、歌のアルファベット化のみならず歌の内容の英訳もあり。解説も徹底しています。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Suni McGrath - THE CALL OF THE MOURNING DOVE

  • ギターLP
 Suni McGrath- スニ・マッグラス - "THE CALL OF THE MOURNING DOVE"
USA / LP / Stereo / Adelphi AD1014S / Rec 1971 / Pub 1971
ジャケットシュリンク入り、端々小折れ目、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  4980 yen
■アデルファイのギタリスト、スニ・マッグラスのセカンド。ギター音楽の真の傑作。
ジョン・フェイヒー一派と並び、バックワーズ・サム・ファークのリリースで幕をあけたこのアデルファイも個性的なギタリストを多くリリースしたレーベル。このスニ・マッグラスは、中でもとびぬけた存在と言える人。3枚のアルバムの中のセカンドで、これはギター音楽の真の傑作。ジョン・フェイヒー+バックワーズ・サム・ファークと言うことが出来る部分もありつつ、まるで新しくそして恐ろしくディープ。ピッキングはエッジ鋭くブルージーでもありつつ、宗教歌やバロック・テイストまで含んだメロディアスで斬新な自作曲を、冷めたテンションでズバッと演奏。美しいコードも鳴らしますが、次の瞬間にはまったく違う世界へとシフトするような楽曲の面白さも抜群。オリジナル盤。【曲】「Tis So Sweet To Trust In Jesus(試聴)」「In The Carriage House」「He Led Me Out Of The Darkness」「Kyrie」「The Call Of The Mourning Dove(試聴)」「Ripe Figs」「The King Is Coming」「Hallelujah, I Belong To The Band(試聴)」「Verbum Patris-Sanctus, Benedictus」「On The Riverpath She Waited」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Orange Kellin - IN NEW ORLEANS FEATURING KID THOMAS AND JIM ROBINSON

  • ジャズLP
 Orange Kellin- オレンジ・ケリン - "IN NEW ORLEANS FEATURING KID THOMAS AND JIM ROBINSON"
USA / LP / Stereo / Biograph CEN7 / Rec 1967 / Pub 1976
ジャケット表面擦れ少々、レーベルひげわずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■スウェーデンの若きジャズ・クラ奏者がニューオーリンズで録音したアルバム。
20年だ年代初頭のニューオーリンズで頭角を表し、ルイ・アームストロングがジャズの世界を席巻した後もそれ以前のスタイルで演奏したキッド・トーマス、ニューオーリンズ・ジャズ特有のグリッサンドのオブリガート・トロンボーンを広めた一人ジム・ロビンソンなど、錚々たるメンバーとのセッション。バラける寸前のようでいてバラけるはずないと思わせる生命力に溢れるアンサンブル。ブルースやジャズのSP盤をリイシューしていたバイオグラフから。【曲】「June Night」「Glory Of Love」「Down By The Old Mill Stream」「I Love You」「I'm Glad For Your Sake」「Where You Wore A Tulip(試聴)」「Drinking Rum And Coca Cola」「Because Of You(試聴)」「Heart Of My Heart」「Ida」「"Celito" Lindo」「Piggly Wiggly Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Phil. Sym. Orch. Of New York, Woody Herman, Joseph Szigeti, Igor Stravinsky - MEET THE COMPOSER : STRAVINSKY CONDUCTS AND PLAYING HIS OWN WORKS

  • クラシックLP
Phil. Sym. Orch. Of New York, Woody Herman, Joseph Szigeti, Igor Stravinsky- NYフィル交響楽団、ウッディ・ハーマン楽団、ヨゼフ・シゲティ、イーゴリ・ストラヴィンスキー - "MEET THE COMPOSER : STRAVINSKY CONDUCTS AND PLAYING HIS OWN WORKS"
USA / LP / Mono / Columbia ML4398 / Rec late1940s / Pub 1951
ジャケット左上にはがれ、表裏擦れ少々、裏ジャケット鉛筆書き込み、レーベルひげ少々、盤浅い擦れ、チリ音少々
Jacket 3 / Disc 3.5 / Sound 3.5  3980 yen
■米コロンビア50年代初頭のシリーズ"Meet The Composer"の最初の一枚。
シェーンベルクやプーランク、50年代初頭、コロンビアが"Meet The Composer"と銘打って、有名作曲家の自演のレコードをいくつかリリースしたシリーズの最初のもので、ストラヴィンスキー自身が自作を指揮した一枚。まずは1908年作曲の『幻想曲・花火』。その名のとおり花火が打ちあがる様子を表現した管弦楽曲。そして名指揮者クーセヴィツキーに捧げられた43年作の管弦楽曲『頌歌』。42年作曲の『4つのノルウェーの情緒』はブロードウェイ・レヴューのために書かれた作で、グリーグに多きを負っている作品。同じ42年の『サーカス・ポルカ』は、NYのサーカス団に依頼され作られた曲で、ゾウのバレエのために書かれたという曲。この4作品の演奏はNYフィル交響楽団。さて、もちろんその4作品も忘我の作なのですが、ここからはもう号泣。ストラヴィンスキーがウディ・ハーマンのために書いた45年の『エボニー・コンチェルト』。ジャズ、ラグタイム、ルンバ等アメリカのダンス・ビートを印象にした、使ったことの無い耳の筋肉を刺激されるような3楽章。演奏はそのハーマン楽団。そしてストラヴィンスキー自身のピアノと、やはり米に移住した世界的ヴァイオリン奏者ヨゼフ・シゲティの二人の演奏で「ロシアの乙女の歌」(22年)。肉感的な生々しいヴァイオリン、沈んだ面持ちのピアノ、ずしんとくる超名演。試聴は『エボニー..』です。51年オリジナル・レーベル。※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Carl Kress - CLASSICS IN JAZZ : GUITAR STYLIST

  • ジャズ10LP
 Carl Kress- カール・クレス - "CLASSICS IN JAZZ : GUITAR STYLIST"
USA / 10LP / Mono / Capitol H368 / Rec mid1940s / Pub 1953
ジャケット擦れ極わずか、右上に小剥落、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか、相対的にかなりきれいな盤
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  6980 yen
■ジャズ・ギタリスト、カール・クレス。53年リリースの10インチLP。
エディ・ラング亡き後のホワイトマン楽団になんと10代で加入したクレス。4弦バンジョーを6弦ギターにあてはめ、5、6弦をベース的に用い、トップ4弦で間引かれたジャズ・コードを弾くというかなりの変則チューニングで誰も真似の出来ないスタイルを築き上げ、メロディー+コードの新次元も開拓しました。本作は、45、46、47年のスモール・グループでのセッションが収録された非常に珍しい(この盤でしか聴けません)一枚。クレスの次の世代にあたるトニー・モトラとデュエットした「Jazz In G」、この二人にポール・リッチの青白いクラ、ボブ・ハガートのベース、テリー・スナイダーのドラムのクインテットを5曲、残り2曲はハンク・ダミコ(クラ)、カモナ・マイハウスのスタン・フリーマン(P)、らを加えた編成。高いフレットの位置で軽快にスウィングする「Walking Behind Miss Lucy」、そしてモトラとの火花散る高速テンポでのギター・デュエット、戦前にもやっていた名曲「Blonde On The Loose」のチェンバー・ジャズ的なバージョン、ヤズー『Fun On The Frets』に収録されていた「Saron Number」はラテン・パーカッションを加えたトロピカルなジャズ・ギター・ピース、etcetc全8曲自信をもってお薦めするギター・ジャズの傑作。【曲】「Walking Behind Miss Lucy」「Jazz In G(試聴)」「Swan Of Tonelle Avenue」「Coquette」「Blonde On The Loose(試聴)」「Sarong Number(試聴)」「The Goose From Gander」「Just You, Just Me」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2017年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2018年1月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.