(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Page 364)

Dinah Shore - YOU KEEP COMING BACK LIKE A SONG cw THE WAY THAT THE WIND BLOWS

  • 女性ヴォーカル78rpm
 Dinah Shore- ダイナ・ショア - "YOU KEEP COMING BACK LIKE A SONG cw THE WAY THAT THE WIND BLOWS"
USA / 78rpm / Mono / Columbia 37072 / Rec 1946 / Pub 1946
レーベルきれい、盤浅い擦れ、小プツ音でるスクラッチ少し
Jacket n/a / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4 
■ドリス・デイの46年作。
ドリス・デイ、ジョー・スタッフォード、パティ・ペイジ等とともに40~50年代を代表する女性シンガー、ダイナ・ショア。彼女の40年代中期~50年代初頭のレコードは、一瞬でとりこになってしまうような女性的なゆらぎと磁力に溢れた素晴らしいもの多し。これは46年のビッグ・ヒットで、ビング・クロスビー、フレッド・アステアが出演した映画『Blue Skies』のナンバー。試聴では伝わりにくいと思いますが、少しばかりぎょっとするようなあまりにインティメイトな音。裏面も同様のスウィート・ナンバーで、やはりチェレスタをアクセントに夢の中にいるような歌が楽しめます。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Glenn Miller And His Orchestra - MOONLIGHT COCKTAIL cw HAPPY IN LOVE

  • ジャズ78rpm
 Glenn Miller And His Orchestra- グレン・ミラー&ヒズ・オーケストラ - "MOONLIGHT COCKTAIL cw HAPPY IN LOVE"
USA / 78rpm / Mono / Bluebird B11401 / Rec 1941 / Pub 1941
レーベルきれい、盤浅い擦れ
Jacket n/a / Disc 3.5 / Sound 3.5 
■グレン・ミラーの代表作の一つ「Moonlight Cocktail」。
説明不要、スウィング・ジャズを代表するグレン・ミラー楽団。ミラー・サウンドと呼ばれる独自のアレンジで「In The Mood」「Moonlight Serenade」などの大ヒットをだしたミラー、1944年には飛行機に乗ったまま消息不明…という最後を遂げ、わずか40歳の生涯を閉じました。本作は42年、グレン・ミラー楽団の文句なしの代表作の一つ「Moonlight Cocktail」。この曲、真珠湾攻撃の翌日、全紙トップがそのニュースでアメリカ中が大騒ぎだった41年12月8日に録音されたのだそう。レイ・エバールとモダネアーズのハーモニーをやわらかく包む文句なしの名曲。裏はバリッとしたスウィングで、ミラー楽団の女性シンガー、マリオン・ハットンが落ちついた歌を聞かせるナンバー。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Marga Richter - PIANO MUSIC FOR CHILDREN BY MODERN AMERICAN COMPOSER

  • クラシックLP
 Marga Richter- マーガ・リヒター - "PIANO MUSIC FOR CHILDREN BY MODERN AMERICAN COMPOSER"
USA / LP / Mono / MGM E3147 / Rec 1955 / Pub 1955
ジャケット表面に小さなボールペン書き込み、擦れ極わずか、裏ジャケットに極薄く鉛筆書き込み、レーベルひげ無し、盤浅い擦れ、小さくポッとでるプレスミス少々、チリ音少々
Jacket 3.5~4 / Disc 3.5 / Sound 3.5 
■女性作曲家/ピアニスト、マーガ・リヒターが、ホヴァネス、カウエル等が子供のために書いたピアノ曲を演奏した一枚。
女性作曲家で、才能あるピアニストでもあるマーガ・リヒターが、アメリカの現代音楽作曲家の、子供のためのピアノ曲を弾いた55年のアルバム。子供が聞く、または演奏するための曲ということから自然と音は削られ絞られていき、最後に残った太くシンプルなメロディにそれぞれの作曲家の固有の響きがふわっと立ち上る信じられないほど素晴らしい内容。ぽつぽつと弾かれる無限の広がりを持った復調風子守唄、胸が苦しくなるようなメロディのシンプルなカノン、リズミックに寂しげに奏でられる未聴感全開のハバネラetc...アーロン・コープランド、アラン・ホヴァネス、ヘンリー・カウエル、ヴァージル・トムソン等有名作曲家から初めて聞く作曲家まで10人の作曲家の15作品(組曲含む)を収録。オリジナル・レーベルDG。【曲】『The Young Pioneers (Composed by Aaron Copland)』『Slumber / Siris Dance / Lullaby (by Alan Hovhaness(試聴))』『Little Piano Book (by Vincent Persichetti)』『Solemn Song / Buttinski March (by Alan Skelly)』『Eccentric Dance (by Virgil Thomson)』『Sunday Afternoon Music (by Aaron Copland)』『Suite No. 1 For Young Pianists (by Marga Richter)』『Suite No. 2 For Young Pianists (by Marga Richter)』『Eight Piano Pieces (by David Diamond)』『Butterfly / Seagull / March (by Harold Lawrence)』『Three Children's Profiles (by Stanley Wolfe(試聴))』『The Irishman Dances (by Henry Cowell)』

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Duke Ellington And His Famous Orchestra - I LET A SONG GO OUT OF MY HEART cw THE GAL FROM JOES

  • ジャズ78rpm
 Duke Ellington And His Famous Orchestra- デューク・エリントン&ヒズ・フェイマス・オーケストラ - "I LET A SONG GO OUT OF MY HEART cw A GAL FROM JOE'S"
USA / 78rpm / Mono / Brunswick M8108 / Rec 1938 / Pub 1938
レーベルB面に小ダメージ、盤浅い擦れ、小チリ音
Jacket n/a / Disc 3.5 / Sound 3.5 
■エリントン38年のナンバーワンヒット。
デューク・エリントン38年のナンバーワン・ヒット「I Let A Song Go Out Of My Heart」のオリジナル盤。もちろんホッジス、ティゾールら全員集合でこの心に残るメロディを落ち着いた演奏で聞かせる完璧すぎてぐうの音も出ない一曲。裏は暗いマイナー・メロディで、面白い編曲ながら脱力気味に演奏される、これまた乙なナンバー。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Julius Baker(Flute), Lillian Fuchs(Viola), Laura Newell(Harp), Harry Fuchs(Cello) - DEBUSSY : SONATA FOR FLUTE VIOLA AND HARP, SYRINX / ROUSSEL : TRIO FOR FLUTE VIOLA AND CELLO

  • クラシックLP
 Julius Baker(Flute), Lillian Fuchs(Viola), Laura Newell(Harp), Harry Fuchs(Cello)- ジュリアス・ベイカー(フルート)、リリアン・フックス(ヴィオラ)、ローラ・ニューウェル(ハープ)、ハリー・フックス(チェロ) - "DEBUSSY : SONATA FOR FLUTE VIOLA AND HARP, SYRINX / ROUSSEL : TRIO FOR FLUTE VIOLA AND CELLO"
USA / LP / Mono / Decca DL9777 / Rec 1955 / Pub 1955
ジャケット表裏擦れ、左上に書き込み(裏ジャケットにも同様の書き込み)、レーベルひげなし、盤極浅い擦れ
Jacket 3 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4 
■ドビュッシー、ルーセルのフルート入り室内楽を収録した一枚。
ドビュッシー、そしてサティの師だったアルベール・ルーセル(1869-1937)の室内楽を3作収録した一枚。A面全てを占めるのは、ドビュッシーの3楽章からなる『フルート、ヴィオラ、ハープのためのソナタ』(1915年)。ドビュッシー自身が"おそろしくメランコリックで、笑っていいのか泣いていいのか私でさえわからない"と言うほどの作で、自由で抽象的な幻想空間がひたすら広がる作品。B面はルーセルの3楽章からなる『フルート、ヴィオラ、チェロのための三重奏曲』(1929年)。構造はドビュッシーよりもはっきりしているものの、やはり神秘的で謎めいた響きの作品。B面ラストはドビュッシーの無伴奏フルート作「シランクス」(1912年)。これがまた冒険心に満ちたナンバー。『牧神の...』のフルートを思い出させる抽象的な世界で、20世紀フルート曲の傑作といわれるナンバー。演奏はジュィアス・ベイカー(FL)らアメリカの名手たち。55年オリジナル・レーベルDGフラット・エッジ。試聴はドビュッシー、ルーセルともに第三楽章。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Mattys Bros - WHO STOLE THE KEESHKA? cw PORTKI

  • ロックンロール/ポルカ45rpm
 Mattys Bros- マッティズ・ブラザーズ - "WHO STOLE THE KEESHKA? cw PORTKI"
Canada / 45rpm / Mono / Joy J719 / Rec 1963 / Pub 1963
レーベル、盤ともにきれい、カンパニースリーヴ
Jacket n/a / Disc 4 / Sound 4
■ノベルティ・ロッキン・コンボ、マッティズ・ブラザーズのポルカ・ロック。
ビル・ヘイリーのコメッツのメンバーがバックアップしていた(この盤もそうなのかは不明)ヴォーカル・グループ、マッティズ・ブラザーズ。最大のヒットはサッチモのオールド・ジャズをノベルティR&Rにした「Muskrat Ramble」。これは63年で、その「Muskrat...」に次ぐヒットとなった一枚。ぐしゃっと一塊になった音圧が強烈なロックン・ポルカ・ナンバー。裏も全く変わらず。カナダ盤。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Susan Reed - FOLK SONGS AND BALLADS

  • フォーク78rpm
 Susan Reed- スーザン・リード - "FOLK SONGS AND BALLADS"
USA / 78rpm / Mono / RCA Victor M1086 / Rec 1948 / Pub 1948
ジャケット背部剥落、表裏擦れ少々、内ジャケットきれい、スリーヴ全て破れ等なし、バインダー部もしっかりしています、レーベル3枚とも美品、盤三枚とも極浅い擦れのみ
Jacket 2.5~3 / Disc 3.5~4 / Sound 
■アイリッシュ・ハープ、チターで弾き語る女性フォーク・シンガー、スーザン・リードのデビュー作。
子供の頃に、父親、そして自宅によく遊びに来ていたカール・サンドバーグから歌を習ったという、まさにフォーク・ミュージックの正統継承者といえる女性シンガー、スーザン・リード。ジャケットのアイリッシュ・ハープ、そしてチターをマスター、さらに恐らく声楽と思われますがクラシックも勉強、きめ細かく美しいワン&オンリーの音楽スタイルを作り上げ、ライヴはセンセーションを巻き起こし40年代マンハッタンのアイドルのような存在となった人。これは彼女の48年のデビュー作で、SP盤3枚10曲入りのアルバム・セット。バルバドスの舟歌、形ではなく本来の意味でのブルース、ノルウェーやアイルランドのフォーク・ソング、アパラチアのバラッドetc...を、アイリッシュ・ハープ、もしくはチターで弾き語る内容。背表紙剥落、盤3枚とも良好。【曲】「Venezuela」「Go Away From My Window」「Molly Malone」「If I Had A Ribbon Bow」「The Old Woman」「The Ballad Of Barbara Allen」「A Mighty Ship(試聴)」「Jennie Jenkins」「My Love Is Like A Red, Red Rose(試聴)」「The Soldier And The Lady」
By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

King Cole Trio - THAT S WHAT cw NAUGHTY ANGELINE

  • ジャズ78rpm
 King Cole Trio- キング・コール・トリオ - "THAT'S WHAT cw NAUGHTY ANGELINE"
USA / 78rpm / Mono / Capitol B437 / Rec 1947 / Pub 1947
レーベルきれい、盤極浅い擦れ少し
Jacket n/a / Disc 4 / Sound 
■キング・コール・トリオの47年作。
ナット・キング・コール(P, Vo.)、オスカー・ムーア(G)、ジョニー・ミラー(B)の3人によるキング・コール・トリオの文句なしのソリッド・スウィング名演「That's What」。個々のプレイも演奏の会話も恐ろしいほどに研ぎ澄まされた、こんなスカッとするナンバーは無いナンバー。キング・コールの歌をたっぷり楽しむ裏も最高の一言。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Robert Casadesus - RAVEL : VALSES NOBLES ET SENTIMENTALS

  • クラシック78rpm
 Robert Casadesus- ロベール・カサドシュ - "RAVEL : VALSES NOBLES ET SENTIMENTALS"
USA / 78rpm / Mono / Columbia X194 / Rec 1940 / Pub 1940
ジャケット表面に小はがれ、小しみ、内ジャケットきれい、スリーヴ、バインダー部もしっかりしています、レーベル二枚ともきれい、盤極浅い擦れ少し、極小のスクラッチわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 
■ピアニスト、ロベール・カサドシュが、ラヴェルの『高雅で感傷的なワルツ』を弾いたSP盤二枚のアルバム・セット。
ラヴェルの真の理解者で友人でもあったピアニスト、ロベール・カサドシュ(1899-1972)が、8曲からなる『高雅で感傷的なワルツ』(1911年)を弾いたSP盤二枚のアルバム・セット。シューベルトのワルツからインスピレーションを得て作られたというこの作品、キラキラと輝くようなラヴェルらしいメロディに溢れた子供心に満ちた響きながら、他のピアノ作に比べすぐに全容を捉えさせない、聞くたびに新たな発見が生まれるような作。ラヴェルはこの作の中でさまざまなことを実験したといい、後のバレエ音楽『ラ・ヴァルス』のモチーフともなりました。1940年ニューヨーク・コロンビア・スタジオでの録音。
By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jo Stafford And Frankie Laine - SETTIN THE WOODS ON FIRE cw PIECE A PUDDIN

  • ヴォーカル78rpm
 Jo Stafford And Frankie Laine- ジョー・スタッフォード&フランキー・レーン - "SETTIN' THE WOODS ON FIRE cw PIECE A PUDDIN'"
USA / 78rpm / Mono / Columbia 39867 / Rec 1952 / Pub 1952
レーベル、盤ともにピカピカです
Jacket n/a / Disc 4 / Sound 
■この二人のデュオにスピーディ・ウエストが弾けまくる52年作。
ドリス・デイやダイナ・ショアとともに40~50年代アメリカの女性シンガーの代名詞的存在と言えるジョー・スタッフォードと、黒さを売りにした白人ジャズ・シンガーの草分けフランキー・レイン。この二人は50年代初頭にソロと並行してデュオとしても活動していました。さてもう説明はいらないでしょう、他のどんなプレイヤーより強烈に個性的な演奏で50年代西海岸のカントリーを支えたスピーディ・ウエストが参加、ハンク・ウィリアムスの「Settin' The Woods On Fire」をカバーした一枚。こんなぶっ飛んだウエスト、キャピトルでの演奏でもなかなか無いんじゃ。裏もゴキゲン。シカゴの50年代キッズR&Bクラシック「Hambone」をこの二人はカバーしているのですが、この路線でまた録音してくれたうれしいナンバー。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Eraste Carriere, Inez Catalan, Fremont Fontenot, Lynn Dozart, etc. - LOUISIANA CREOLE MUSIC

  • 民俗音楽/ルイジアナLP
 Eraste Carriere, Inez Catalan, Fremont Fontenot, Lynn Dozart, etc.- エラステ・キャリエール、イネス・カタロン、フレモン・フォンテノー、リン・ドザート、etc. - "LOUISIANA CREOLE MUSIC"
USA / LP / Mono / Folkways FA2622 / Rec 1978 / Pub 1978
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れ、ライナー欠品
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4
■ルイジアナのクレオールたちのソロ楽器インスト、アンサンブル、歌を収録した一枚。
本来はルイジアナにたどり着いたフランス人やスペイン人の血が流れる人々を指すクレオール。ここではフランス語を話す混血児たちの音楽の意味。一瞬コンピレーションと思わせますが、これは78年の新録音盤で、研究家でケイジャン・ミュージシャンでもあるジェラルド・ドールが現地のミュージシャンを録音、監修。エラステ・キャリエール(アコーディオン)、イネス・カタロン(女性シンガー)、リン・ドザート(フィドル)、フレモン・フォンテノー(アコーディオン)、エチエンヌ・ルイス(アコーディオン)らのソロ演奏と、歌、いくつかのアンサンブルを収録。ライナー欠品。【曲】「La Robe Parasol / Eraste Carriere(試聴)」「Je suis un homme d'une grande famille / Inez Catalan」「La Valse a Defunt Theodore Dejean / Lynn Dozart」「Mazurka / Eraste Carriere」「Interview with Eraste Carriere / Eraste Carriere」「Contredanse and Shoefly Swing / Eraste Carriere」「Bonjour la bonne annee - Je vois la lune belle et longue - En allant a mon lit (medley) - Inez Catalan」「Halleluya / Eraste Carriere」「Bonne nuit mam / Inez Catalan」「Mardi Gras / Fremont Fontenot」「J'endors mon petit / Inez Catalan(試聴)」「Courte Danse and Shoefly / Fremont Fontenot」「Mazurka: Soleil apres lever / Fremont and Ray Fontenot」「La Porte de la Prison / Lynn Dozart」「Hey Tite Mama / Lynn Dozart and Etienne Lewis(試聴)」「Soleil est proche couche / Inez Catalan」「Du papier dans mon soulier / Etienne Lewis」「J'ai pris mon ch'min / Lynn Dozart(試聴)」「Hey catin / Bee Fontenot」「Les Deux cousines / Fremont Fontenot」「Tit poulet / Fremont Fontenot」「Dixieland / Fremont and Ray Fontenot」「Les Blues de la Prison / Lynn Dozart」「Bully Jack / Fremont Fontenot」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Glenn Miller And His Orchestra - BASKET WEAVER MAN cw ON A STREET IN SINGAPORE

  • ジャズ78rpm
 Glenn Miller And His Orchestra- グレン・ミラー&ヒズ・オーケストラ - "BASKET WEAVER MAN cw ON A STREET IN SINGAPORE"
USA / 78rpm / Mono / Victor 20-1585 / Rec 1939 / Pub 1939
レーベルきれい、盤極浅い擦れ、小プツ音でる小さなスクラッチ少し
Jacket n/a / Disc 3.5 / Sound 3.5 
■グレン・ミラーの39年作。全くグレイトなカップリング。
説明不要、スウィング・ジャズを代表するGミラー楽団。ミラー・サウンドと呼ばれる独自のアレンジで「In The Mood」「Moonlight Serenade」などの大ヒットをだしたミラー、1944年には飛行機に乗ったまま消息不明…という最後を遂げ、わずか40歳の生涯を閉じました。これは39年の一枚。やわらかく心地よい音がプログレッシヴと言っていいほど巧妙にアレンジされたワルツのA。このアレンジはジェリー・グレイ。裏面はエキゾチックなメロディが印象的なオリエンタル・スタンダード。ミラーらしいアクセントが利いたこれまた素晴らしいナンバー。両面ミラー・バンドの名シンガー、レイ・エバールの歌入り。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2017年11月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
2017年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.