(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Page 349)

Sidney Bechets Blue Note Jazz Men - FIDGETY FEET cw NOBODY KNOWS YOU...

  • ジャズ78rpm
 Sidney Bechet's Blue Note Jazz Men- シドニー・べシェズ・ブルー・ノート・ジャズ・メン - "FIDGETY FEET cw NOBODY KNOWS YOU..."
USA / 78rpm / Mono / Blue Note 571 / Rec 1949 / Pub 1949
レーベル、盤ともに美品
Jacket n/a / Disc 4 / Sound 
■シドニー・ベシェの49年作。
ニューオリンズ出身の生粋のジャズ・クラ奏者シドニー・ベシェ。その半端無い個性と音楽力で、特にジャズマンには非常な影響力もあった巨人。もちろんアルフレッド・ライオンも狂ったわけで、初期ブルーノートにはベシェの貴重な録音がいろいろとあります。これは49年、ワイルド・ビル・デイヴィソン(TP)、アート・ホーディス(P)ら初期BNの常連の名ジャズ・マンが集った二曲。オリジナル・ディキシーランド・ジャズ・バンドのナンバーで、ビックス・バイダーベックがデビュー曲に選んだ「Fidgety Feet」のAに、大恐慌時代のレイジーな名曲「Nobody Knows...」のB。新品のようなコンディション。


By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Sidney Bechets Blue Note Jazz Men - COPENHAGEN cw SHIM-ME-SHA-WABBLE

  • ジャズ78rpm
Sidney Bechet's Blue Note Jazz Men- シドニー・べシェズ・ブルー・ノート・ジャズ・メン - "COPENHAGEN cw SHIM-ME-SHA-WABBLE"
USA / 78rpm / Mono / Blue Note 572 / Rec 1950 / Pub 1950
レーベル美品、盤擦れ極わずか、ピカピカです
Jacket n/a / Disc 4 / Sound 
■シドニー・ベシェの50年作。
ニューオリンズ出身の生粋のジャズ・クラ奏者シドニー・ベシェ。その半端無い個性と音楽力で、特にジャズマンには非常な影響力もあった巨人。もちろんアルフレッド・ライオンも狂ったわけで、初期ブルーノートにはベシェの貴重な録音がいろいろとあります。これは49年、ワイルド・ビル・デイヴィソン(TP)、ジョー・サリヴァン(P)ら黒人白人混合の編成。↑の571番と続き番号ですが、違うセッション。571番と比べるとアレンジを重視した、まとまりのある二曲。ピカピカの美品。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

////////// 本日朝店頭に出したもの AS IS NEW IN (7/28)

Maud Powell
"NERUDA : SLAVONIC CRADLE SONG"

Jacket n/a / Disc 3~3.5      

19~20世紀初頭に活躍した米人女性バイオリニスト、モード・パウェル、1916年の片面盤。チェコのチェロ奏者&作曲家フランツ・ネルダの「スラブの子守唄」をピアノ伴奏で演奏。片面用のカンパニー・スリーブ。冒頭にさっと小さく連続してノイズ入る箇所あり。
Charles J. Correll - Freeman F. Gosden
"LET'S TALK ABOUT MY SWEETIE cw ALL I WANT TO DO"

Jacket n/a / Disc 3.5    

20年代ニューヨークのエンターテイナー・デュオ。ピアノとティプレを伴奏にした、ソフトでスウィンギンな歌もの。Sunshine Boysのルーツ的な素晴らしい内容。このレーベル・デザインですが電気録音。
Marthe Nespoulous
"BERNHEIM : SOIR DE PRINTEMPS cw LEROUX : LE NIL"

Jacket n/a / Disc 3.5     

20年代に活躍した伝説的なギリシャ系フランス人ソプラノ、マルテ・ネスプーロス。ベルンハイム、ルルーの歌曲を澄んだ美声で唄った一枚。ピアノ伴奏。27年英コロンビア・オリジナル。レーベル両面に印紙。
Marthe Nespoulous
"DUPARC : CHANSON TRISTE cw DUPARC : INVITATION AU VOYAGE"

Jacket n/a / Disc 3.5      

20年代に活躍した伝説的なギリシャ系フランス人ソプラノ、マルテ・ネスプーロス。デュパルクの古典的名曲。ピアノ伴奏。27年英コロンビア・オリジナル。レーベル両面に印紙。
Dad Pickard
"BIRMINGHAM JAIL cw BEHIND THE PARLOR DOOR"

Jacket n/a / Disc 2~2.5    

NBCラジオの人気ヒルビリー・アクト、ピッカード・ファミリーのダド。ハーモニカを入れたホンワカ・ムードのナイス・ヒルビリー。盤擦れ多し、チリノイズあり。
Fritz Kreisler
"KREISLER : RONDINO (ON A THEME BY BEETHOVEN)"

Jacket n/a / Disc 4     

オーストリア生まれ、20世紀前半を代表する世界的バイオリン奏者クライスラー。ベートーベンのナンバーをもとにした自作で、クライスラー+弦楽四重奏。1916年片面盤、美品。片面用のカンパニー・スリーブ。
Original Dixieland Jazz Band
"MOURNIN' BLUES cw CLARINET MARMALADE BLUES"

Jacket n/a / Disc 3      

ジャズを初めて録音した名グループ。1918年のワイルドな二曲。サイドB、「クラリネット・マーマレード」はこれがオリジナルver。Aにサッと入る汚れのような箇所あり、他きれい。破れありますがアコースティック録音時代のカンパニー・スリーブ。
Bing Crosby
"DEAR HEARTS AND GENTLE PEOPLE cw MULE TRAIN"

Jacket n/a / Disc 3~3.5     

ビング・クロスビーのスウィンギン・ヒルビリー・ナンバー。いい声、いい音、いい演奏。鞭打つ音を入れたBも変り種ヒルビリー・ナンバー。プロモ盤、ビニール質。
Paul Whiteman And His Orchestra
"UNDERNEATH THE MELLOW MOON cw WONDERFUL ONE"

Jacket n/a / Disc 4     

ポール・ホワイトマン23年のスウィートなカップリングの一枚。レーベルAに同心円状のスクラッチあり、盤は両面ともに美品。
Eubie Blake And His Shuffling Along Orch.
"BALTIMORE BUZZ cw BANANA DAYS"

Jacket n/a / Disc 3~3.5       1480 yen

黒人が作った、黒人たちのキャストによるものとして初めてブロードウェイで上演された『シャッフル・アロング』の作曲家&ピアニスト。両面リズミックなダンス・ナンバー。
Tommy Dorsey Orch. cw Eddie Duchin Orch.
"ALONE cw MOON OVER MIAMI"

Jacket n/a / Disc 3~3.5      

米のトップ・バンドを両面にカップリングした英HMV盤。両面ミッドテンポの心地よいスウィング。チリ音少々。

"AS IS" を全て見る

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Carlisles - IF YOU DONT WANT IT cw MOODYS GOOSE

  • カントリー/ロカビリー78rpm
 Carlisles- カーライルズ - "IF YOU DON'T WANT IT cw MOODY'S GOOSE"
USA / 78rpm / Mono / Mercury 70405 / Rec 1954 / Pub 1954
レーベル擦れ少々、盤浅い擦れ、気になりませんがプツ音でるスクラッチ少々
Jacket n/a / Disc 3~3.5 / Sound 3.5 
■ビル・カーライルのグループ、カーライルズのロキンな54年作。
山の中のジミー・ロジャースという趣の歌&ギターで30年代~に人気となったクリフ・カーライルの弟で、実は33年にレコード・デビューしていたカントリー・シンガー&ギタリスト、ビル・カーライル。兄とデュオも結成、デッカ、キングと渡り歩きこのマーキュリーへ。これは54年の一枚で、ほとんどロカビリアンなシャウト、エッジの効いたギター始めアグレッシブな演奏も最高にカッコイイ「If You Don't Want It」、アップテンポのノベルティ・タッチの「Moody's Goose」、どちらもびっくりするような音で鳴るSP盤。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Charles Gorst - MENDELSSOHN : SPRING SONG cw THE ROBINS RETURN

  • 口笛?78rpm
 Charles Gorst- チャールズ・ゴースト - "MENDELSSOHN : SPRING SONG cw THE ROBIN'S RETURN"
USA / 78rpm / Mono / Victor 18019 / Rec 1916 / Pub 1916
レーベル擦れ、盤浅い擦れ、Bにプツ音数回でるスクラッチ
Jacket n/a / Disc 3.5 / Sound 3.5~4 
■チャールズ・クロフォード・ゴーストの1916年作。
"ザ・バードマン"といわれた20世紀初頭のエンターテイナーにして自然博物学者、チャールズ・クロフォード・ゴースト。彼は、唇、歯、舌、喉などの器官を独自に使うことで、口笛ではなく"鳴く"ことが出来るようになったという人。以前入荷したチャールズ・ケロッグとは少し違うようで、ケロッグは自然と鳥のように鳴くことが出来るようになったといいますが、ゴーストは初めそれに挑戦し失敗、そして自らこの無二の方法でさえずるようになったのだそうです。なんのことやら、どこがどうなっているのかさっぱりわかりませんが...そしてやはりケロッグのように鳥や自然を愛するあまり博物学者に。当時はかなり有名な人だったようですが、ゴーストは1915~16年に二枚、エジソンに一枚?ほどしかレコードが無い模様。これは1916年の一枚。パーラー音楽風のバックにその鳴き声を延々と聞かせる一枚。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Glenn Miller And His Orchestra - FAITHFUL TO YOU cw ITS A BLUE WORLD

  • ジャズ78rpm
 Glenn Miller And His Orchestra- グレン・ミラー&ヒズ・オーケストラ - "FAITHFUL TO YOU cw IT'S A BLUE WORLD"
USA / 78rpm / Mono / Bluebird B10536 / Rec 1939 / Pub 1939
レーベルきれい、盤浅い擦れ少々、A面冒頭にプツとでる極小スクラッチ
Jacket n/a / Disc 3.5 / Sound 3.5 
■これぞミラー・サウンド。39年の両A面。
説明不要、スウィング・ジャズを代表するグレン・ミラー楽団。ミラー・サウンドと呼ばれる独自のアレンジで「In The Mood」「Moonlight Serenade」などの大ヒットをだしたミラー、1944年には飛行機に乗ったまま消息不明…という最後を遂げ、わずか40歳の生涯を閉じました。これは39年の一枚で、これぞ、星の数ほどのフォロワーを生んだミラー・サウンドの真髄という両A面。両面専属シンガーのレイ・エバールの歌を入れたスウィート・ナンバー。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

V.A. Zoot Sims, Julius Watkins, Joe Puma, Mat Mathews, etc. - CRITICS CHOICE

  • ジャズLP
 V.A. Zoot Sims, Julius Watkins, Joe Puma, Mat Mathews, etc.- ズート・シムズ、ジュリアス・ワトキンス、ジョー・ピューマ、マット・マシューズ、etc. - "CRITICS' CHOICE"
USA / LP / Mono / Dawn DLP1123 / Rec mid50s / Pub 1957
コーティング・ジャケット表裏擦れ極わずか、右上部、下部中央に縁裂け、レーベルひげ少々、盤浅い擦れ少々、ドーン特有のトレースノイズ
Jacket 3 / Disc 3.5 / Sound 3
■他とは一線を画したモダン・ジャズ・レーベル、ドーンのレーベル・サンプラー。
1954年にシーコというレコード会社の傍系レーベルとしてスタートし、米ジャズ史で最もソフィスティケイトされたモダン・ジャズを30枚程度リリースしたレーベル、ドーン。これは、ドーンのカタログの中から、当時のジャズ誌・評論家から賞賛されたアルバムを選出し収録した57年リリースのオムニバス。高額盤ばかりのこのレーベルをドーンのオリジナルで聴けるという魅力がまずありますが、ドーンのA&Rチャック・ダーウィン自身がそれぞれのアルバムの中でも名演曲を選りすぐり、腕の立つDjのようにこしらえてくれたのが何よりうれしい。【曲】ズート・シムズ『Modern Art Of Jazz』から「September In The Rain(試聴)」、V.A.『Jazzville Vol.3』からオスカー・ペティフォード「Body And Soul」、ギタリストディック・ガルシア『Message From Garcia』から「Potatoes」、フレンチ・ホーンのジュリアス・ワトキンスらのグループジャズ・モーズの「When The Blues Come On」、アコーディオン奏者マット・マシューズ『Modern Art Of Jazz』から「I Only Have Eyes For You」、テナー名手ポール・クイニシェット『Kid From Denver』から「Happy Feeling」、ランディ・ウェストン『Modern Art Of Jazz』から「How High The Moon(試聴)」(AAマリクのベースがっ強烈)、ジョー・ピューマ『Wild Kitten』から「Polka Dots...」、アル・コーン『Cohn On The Saxophone』から「Idaho(試聴)」、V.A.『Jazzville Vol.1』からアルト奏者ジーン・クイルで「Loverman」。以上全10曲、55~57年の録音。オリジナル・レーベルDG。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Wilhelm Backhaus - MOZART : FANTASIE FUR KLAVIER C-MOLL, SONATE NR.14 C-MOLL

  • クラシック10LP
 Wilhelm Backhaus- ヴィルヘルム・バックハウス - "MOZART : FANTASIE FUR KLAVIER C-MOLL, SONATE NR.14 C-MOLL"
Germany / 10LP / Mono / Decca D106 / Rec 1956 / Pub 1956
ジャケット表裏円状の擦れ少々、レーベルひげ少し、盤極表層の小スクラッチ少し
Jacket 3.5 / Disc 3.5 / Sound 3.5 
■名ピアニスト、バックハウスがモーツァルトの「幻想曲ハ短調」と「ピアノ・ソナタ第14番」を弾いた独デッカ10インチLP。
ベートーベンのほんとの直系弟子筋にあたる、20世紀を代表するドイツ(後にスイスに移住)の名ピアニスト、ヴィルヘルム・バックハウス(1884-1969)が、モーツァルトの2作「幻想曲ハ短調K475」と「ピアノ・ソナタ第14番ハ短調K457」を弾いた56年の一枚。モーツァルトの最高傑作という人も多い、対でレコーディングされることの多い二作で、余計な抑揚の無い、硬質で前進力に満ちたタッチでこのメロディを刺すように演奏。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Hoagy Carmichael And His Orchestra - WALK IT OFF cw IT AINT GONNA BE LIKE THAT

  • ジャズ78rpm
 Hoagy Carmichael And His Orchestra- ホーギー・カーマイケル&ヒズ・オーケストラ - "WALK IT OFF cw IT AIN'T GONNA BE LIKE THAT"
USA / 78rpm / Mono / ARA 161 / Rec 1946 / Pub 1946
レーベルきれい、盤浅い擦れ
Jacket n/a / Disc 3.5 / Sound 3.5 
■ホーギー・カーマイケルの46年作。ARAからの一枚。
40年代中期わずかの間存在したこのARAは、パラマウント映画のスタッフで、実の正体はソビエト生まれでFBIで活動した二重スパイだったというボリス・モロスがやっていたレーベル。そんなARAですが、数少ないカタログは40sジャズの有名アーティストのここでしか聞けないものが多く気になるところ。これはホーギー・カーマイケルの珍しい46年作で、レーベルの最後から二番目の一枚。どんなナンバーでも自分色に染めるホーギーの歌、リトル・シスターズというガール・グループのサポートのグレイトなスウィング二発。※スミマセン、本日はこれでアップ終了です。明日はもっと出します!

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bob Wills And His Texas Playboys - MISS MOLLY cw HOME IN SAN ANTONIO

  • カントリー/ウェスタン・スウィング78rpm
 Bob Wills And His Texas Playboys- ボブ・ウィルス&ヒズ・テキサス・プレイボーイズ - "MISS MOLLY cw HOME IN SAN ANTONIO"
USA / 78rpm / Mono / Okeh 6710 / Rec 1943 / Pub 1943
レーベルきれい、盤極浅い擦れのみ
Jacket n/a / Disc 3.5 / Sound 3~3.5 
■ウェスタン・スウィングのNO1グループ、ボブ・ウィルス&テキサス・プレイボーイズ。
テキサス州コスというまさにハート・オブ・テキサスに生まれたボブ・ウィルス。父が相当の腕前のフィドラーだったせいか幼少期から音楽に親しんだウィルス、いくつかのバンドを経た後このバンドを結成。スティール・ギタリストのレオン・マコーリフらを加え最強の布陣となり、30年代後半から数々のヒットを放ちます。これは40年代の前半根城にしていたオーケエからの43年作。そのマコーリフの歌&スティールをフィーチュアしたA、やはり同様にのりのいい、完璧なウェスタン・スウィングのB。


By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

////////// 本日朝店頭に出したもの AS IS NEW ARRIVAL (7/26)

Fletcher Henderson And Club Alabam Orch.
"STRUTTER'S DRAG cw I DON'T KNOW AND I DON'T CARE"

Jacket n/a / Disc 2~2.5      

表層スクラッチ全体的にあり、チリノイズあり、鑑賞十分OK。ドン・レッドマン、コールマン・ホーキンスetc..の24年作。ルイが加入する直前の一枚。
Freddy Martin And His Orchestra
"FREDDY MARTIN PLAYS OPERA"

Jacket 2 / Disc 3~3.5       1480 yen

スウィング時代からの名グループ、フレディ・マーティンが、オペラの名曲をスウィート・ダンス・バンド化。ジャケット水濡れによる汚れ、ダメージあり、盤OK。
 Kanze Yoshiyuki
"HAGOROMO, TAKASAGO (2 78rpm)"

Jacket n/a / Disc       

能楽師、観世喜之の謡曲「羽衣」の上/下、「高砂」の上/下の二枚セット。深く腹に響く美声。盤二枚ともにきれい、カンパニー・スリーブ、歌詞カード付き。
Lata Mangeshkar And Geeta Dutt
"INDIA HMV N52600"

Jacket n/a / Disc 2~2.5      

インドの名女性吹き替えシンガー二人のデュエット。内容、最高の一言。裏は男性シンガー、ムケシュ。盤表層スクラッチ、Aに極小のシェラックかけ、音問題なし。インドHMVのカンパニー・スリーブ。
O'leary's Irish Minstrels
"THE FAVRITE JIG, THE MOUSE IN THE CUPBOARD cw COME, ..."

Jacket n/a / Disc 3.5     

Rare。戦前ボストンの名アイリッシュ・バンド、オリアリーズ・アイリッシュ・ミンストレルズ。両面ワイルドなジグのインスト。ヘアラインクラックあり、音、強度も問題なし。
Vincent Lopez And His Orch.
"GLOOMY SUNDAY cw I DON'T WANT TO MAKE HISTORY"

Jacket n/a / Disc 3~3.5       1680 yen

名ダンス・バンド、ヴィンセント・ロペス楽団が、あの「暗い日曜日」を、男性ボーカル入りで演奏。裏はピアノをアクセントにしたスウィンギンなナンバー。

"AS IS" を全て見る

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Abe Burrows - ABE BURROWS SING?

  • パーソナリティ/ボーカル10LP
 Abe Burrows- エイブ・バロウズ - "ABE BURROWS SING?"
USA / 10LP / Mono / Columbia CL6128 / Rec 1950 / Pub 1950
ジャケット表裏擦れ少々、下部中央縁裂け、レーベルひげ無し、盤浅い擦れ少々
Jacket 3 / Disc 3~3.5 / Sound 3~3.5 
■脚本家エイブ・バロウズが唄った50年の一枚。伴奏はミルトン・デラッグ。
30年代からラジオのショート・ドラマなどの脚本を趣味で書いていたエイブ・バロウズ。とあるラジオ番組に送った本がバカ受けし、そのまま脚本家の道に転向、40年代後半にはCBS系でエイブ・バロウズ・ショウという番組を開始。その音楽を担当したのが、スペース・エイジ・ポップ・ファンには名高いあのアコーディオン奏者のミルトン・デラッグ。この10インチではデラッグが伴奏をつけたバロウズのボーカル・ナンバーを収録した50年の10インチLP。脚本家らしくストーリー仕立てになったナンバーを中心にした楽しい一枚。名曲からの引用もホント趣味いい。全曲バロウズの自作です。それから伝わりますでしょうか、このフルレンジにフィットする丸っこい音、最高に気持ちいいです。【曲】「Lopin' Along(試聴)」「Sweet Memories」「Brooklyn」「The Gypsy's Violin」「Boulder Dam」「Sea Chanty(試聴)」「Upper Peabody」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2017年11月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
2017年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.