(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Page 347)

Jerry Lee Lewis - ILL SAIL MY SHIP ALONE cw IT HURT ME SO

  • ロックンロール/ロカビリー45rpm
 Jerry Lee Lewis- ジェリー・リー・ルイス -"I'LL SAIL MY SHIP ALONE cw IT HURT ME SO"
USA / 45rpm / Mono / Sun 312 / Rec 1958 / Pub
レーベルきれい、盤浅い擦れのみ
Jacket n/a / Disc 3.5~4 / Sound 
■ロックンローラー、ジェリー・リー・ルイスの58年作。
ピアノの椅子を蹴りたおし、たった姿勢でぶん殴るように弾きまくる、あのなにかに取り付かれたよう演奏を当時見ていた人は、後から出てきたガレージもパンクも手ぬるい音楽に映ったのでは。オリジナル・ロックンローラー、ジェリー・リー・ルイス。57年、「Great Balls Of Fire」、「Whole Lotta Shakin' Goin' On」と立て続けにヒットを生んだ後リリースされた58年作。一瞬ニューオーリンズ録音?と思ってしまったニューオーリンズR&B風のバッキングに、メロディもやっぱりNOLA風の楽しげなスタイルでロケンロールするナンバー。裏はバラードで、こちらもどことなくルイジアナ・ムード漂うナンバー。シェルダン・プレスのオリジナル盤。※本日はこれでアップ終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Chiefs - APACHE! cw DEES DREAM

  • リズム&ブルース/ロックンロール45rpm
 Chiefs- チーフズ - "APACHE! cw DEE'S DREAM"
USA / 45rpm / Mono / Greenwich GR408 / Rec 1958 / Pub 1958
レーベル擦れ少々、盤極浅い擦れ少々
Jacket n/a / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4 
■アレンジャー、シド・ベースのジャングル・ムード満点の一枚。
スペース・エイジ・ポップ/エキゾ・ブーム華やかりし頃に大活躍したアレンジャー&コンポーザー、シド・ベースが、まさにその頃出していた、ジャングル・ムード満点のロッキンR&Bシングル。『ジャングル・エキゾティカ』フリークに捧げる、ひずんだサックス炸裂のA、当時のヒットR&Bをインストにした感のB、どちらもへヴィで迫力あり。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

McGee Brothers And Arthur Smith - LOOK! WHO IS HERE - OLD TIMERS OF THE GRAND OLE OPRY

  • オールド・タイム/ブルースLP
 McGee Brothers And Arthur Smith- マッギー・ブラザーズ&アーサー・スミス - "LOOK! WHO IS HERE - OLD TIMERS OF THE GRAND OLE OPRY "
USA / LP / Mono / Folkways FA2379 / Rec 1964 / Pub 1964
ジャケット下部水濡れによるしみ、インサートにしみ、レーベルひげ少々、盤浅い擦れ、プツ音でる極小スクラッチ少々
Jacket 2.5 / Disc 3~3.5 / Sound 3~3.5 
■サム・マッギー、カーク・マッギー、アーサー・スミスの64年作。
フォークウェイズのオールドタイム・ミュージック名作。フィドルのアーサー・スミス、ホワイト・カントリー・ブルースの名ギタリスト、サム・マッギー、サムの兄弟のカークが64年に録音したアルバム。ジョン・フェイヒーがカバーしたサム・マッギーの「Knoxville Blues」(細かいですが、フェイヒーのverは、このレコードの通りに「Guitar Waltz」と続けて演奏しています)、泣きわめくような歌も強烈な「Kirby Jail」などなど、ストリング・バンド形式、歌もの、各々のソロ曲などをバランス良く収録。録音はマイク・シーガー。【曲】「Arthur Smith / Cumberland Gap」「The McGee Brothers / Roll On Buddy」「Sam McGee / Needlecase(試聴)」「Sam McGee / Buck Dancer's Choice」「Sam McGee / Sally Long」「Kirk McGee / Rock House Joe」「Arthur Smith / Polly Ann」「Arthur Smith / Hell Among The Yearlings」「Arthur Smith / Kilby Jail」(試聴)「The McGee Brothers / Coming From The Ball」「Arthur Smith / Dusty Miller」「Arthur Smith / Sixteen On Sunday」「Kirk McGee / Snowdrop」「Sam McGee / Railroad Blues」「Arthur Smith / House Of David Blues」「Arthur Smith / Green Valley Waltz」「Sam McGee / Guitar Waltz(試聴)」「Sam McGee / Knoxville Blues(試聴)」「Sam McGee / Jim Sapp Rag」「The McGee Brothers / Whoop 'Em Up Cindy」「Arthur Smith / Hollow Poplar」「Arthur Smith / Bile 'Em Cabbage Down」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

John Miller - HOW ABOUT ME

  • ブルースLP
 John Miller- ジョン・ミラー - "HOW ABOUT ME"
USA / LP / Stereo / Blue Goose BG2012 / Rec BG2012 / Pub 1974
ジャケットシュリンク入り、美品、レーベルひげ無し、盤A2の冒頭にプツ音でる極小スクラッチ、他美品
Jacket 4 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4
■フィンガー・ピッキング・ギタリスト、ジョン・ミラーのブルーグースからのセカンド。
72年にこのブルーグースから『First Degree Blues』でデビューしたジョン・ミラー。これはセカンド・アルバムで、ぐっとジャズ・テイストの濃くなった一枚。リロイ・カーがアレンジしたスタンダード「How About Me」の面白さに気が付き、複雑なコード、メロディを演奏するようになったというミラー。そのタイトル曲や、ジョセフ・スペンスに影響を受けてプレイしたという「St Thomas」、スティーヴ・カルトとの共作のオリジナル二曲などなど収録。充実したいい一枚です。【曲】「How About Me(試聴)」「Where Shall I Be」「Fare Thee」「Muskrat Ramble」「Think Of Me」「Spittin' On The Sidewalk」「Trouble In The Air」「Pork's Chops(試聴)」「No Baby Blues」「Honey」「St. Thomas(試聴)」「Lonesome Bar」「Mr Miller's Blues」「Someone To Watch Over Me」「Bob McKinney」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Belco Rhythm Boys Band - STEPPING LIVELY cw SUGAR N SPICE

  • スクエア・ダンス45rpm
 Belco Rhythm Boys Band- ベルコ・リズム・ボーイズ・バンド - "STEPPING LIVELY cw SUGAR 'N SPICE"
USA / 45rpm / Mono / Belco B233 / Rec 1970s / Pub 1970s
レーベル、盤ともにほぼ新品同様、Bの最初の方にノイズあり
Jacket n/a / Disc 4 / Sound 3
■スクエア・ダンスのためのレコードを制作していたベルコから、両面素晴らしい一枚。
ヒット・チャートやコマーシャルな成功とは全く無縁なところで、ただ単にスクエア・ダンスのためのレコードを作っていた極小のレーベルが当時いくつかありました。これはそんなレーベルの一つ、テキサスのベルコからの一枚。実はノアレコのオープン当初、スクエア・ダンスのシングルの特集をやったことがあるのですが、それ以来の入荷。バンド演奏も曲も恐らく地元の無名ミュージシャンでは(両面ともにかなりうまい人たちです、有名人だったりして)。この最大公約数的な音の気持ちよさはどこからくるものでしょうか...。踊り方のシート付き。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Windsor Orchestra - OUR LOVE AFFAIR cw TANGLEFOOT

  • スクエア・ダンス45rpm
 Windsor Orchestra- ウィンザー・オーケストラ - "OUR LOVE AFFAIR cw TANGLEFOOT"
USA / 45rpm / Mono / Windsor 4738 / Rec late50s? / Pub late50s?
レーベル擦れ、Bに薄い鉛筆書き込み、盤浅い擦れ表層スクラッチ少々
Jacket n/a / Disc 3 / Sound 3.5
■スクエア・ダンスのためのレコードを制作していたウィンザーから、ジャズ・バンド編成一枚。
ヒット・チャートやコマーシャルな成功とは全く無縁なところで、ただ単にスクエア・ダンスのためのレコードを作っていた極小のレーベルが当時いくつかありました。これはそんなレーベルの一つ、50年に設立されたカリフォルニアのウィンザーからの一枚。実はノアレコのオープン当初、スクエア・ダンスのシングルの特集をやったことがあるのですが、それ以来の入荷。木管を入れた小編成のジャズ・バンド編成による、ジャズでもEZリスニングでもない心地よいダンス・ミュージック二曲。A面はもしかして40年代?

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Charlie Spivak And His Orchestra - SOUVENIRS VOL.1

  • ジャズ45rpm
 Charlie Spivak And His Orchestra- チャーリー・スピヴァーク&ヒズ・オーケストラ - "SOUVENIRS VOL.1"
USA / 45rpm / Mono / London LSF64 / Rec 1950 / Pub 1950
ボックス表裏擦れ少々、一か所縁裂け、レーベル三枚ともにきれい、盤三枚ともデッドストックのコンディション
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 
■チャーリー・スピヴァーク楽団の7インチ3枚組ボックス・セット。50年。
高品質なバンド・サウンドの中に存在感のあるトランペットを際立たせ40年代に人気となったバンド・リーダー兼TP奏者チャーリー・スピヴァーク。早くもアコースティック録音時代にプロ・デビュー、その後ベン・ポラック楽団等名バンドを渡り、レイモンド・スコット、グレン・ミラーらとプレイ、そのミラーの経済的援助もあり自身のバンドを結成。これは50年の7インチ・シングル3枚のボックス・セット。内容も良ければこの時代特有のシングルの音もいい6曲。【曲】「Mona Lisa」「Loveless Love(試聴)」「Friendly Star(試聴)」「Three Little Words」「High On The List(試聴)」「Moonlight On The Ganges」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Arlene Fontana - IM IN LOVE cw EASY

  • オールディーズ/ロックンロール45rpm
 Arlene Fontana- アーレン・フォンタナ - "I'M IN LOVE cw EASY"
USA / 45rpm / Mono / Paris 528 / Rec 1959 / Pub 1959
プロモホワイトレーベル、レーベル擦れ少々、盤浅い擦れ、プツ音でる小スクラッチ少々
Jacket n/a / Disc 3~3.5 / Sound 3~3.5 
■アーレン・フォンタナのガールR&Rクラシック"I'm In Love"。
ロックンロール時代のアイドルだったイタロ・ガール・ロッカー&女優、アーレン・フォンタナの59年作で、彼女と言えばの一枚。Aは"Hot Boppin Girls"等にも収録されたガールR&Rクラシック。裏はバラードで、曲も歌もアレンジもいい、両面◎な一枚。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Andri S. - KRONCONG INSTRUMENTALIA : TERKENANG-KENANG

  • 民俗音楽/マレーシアLP
 Andri S.- アンドリS - "KRONCONG INSTRUMENTALIA : TERKENANG-KENANG"
Malaysia / LP / Stereo / Life HM1277 / Rec 1979 / Pub 1979
コーティング・ジャケット擦れわずか、レーベルひげ少々、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4
■こんなクロンチョン聞いたことありません...
マレーシアはクアラルンプールのライフ・レコードから、アンドリSという人のソロ・アルバム。これが、頭から最後まで試聴のような、シンセサイザー(電子オルガン)でクロンチョンの名曲を中心に演奏したという、もうクロンチョンとは言えないかもしれない?一枚。全曲インストで、なぜか全曲フェイド・インで始まっています。B面の後ろの方に二曲シャーフェイ・グリンボーという人のナンバーが入っていますが、これも同様のインスト。79年。【曲】「Terkenang - Kenang(試聴)」「Lenggang Lenggang Kangkung」「Kr. Kemayoran(試聴)」「Kicir Kicir」「Stambul Bunga Mawar」「Jali Jali」「Mengapa Kau Menangis」「Dibawah Sinar Bulan Purnama」「Terkenang - Kenang」「Jambatan Merah (Sjafei Glimboh) 」「Akhir Cinta (Sjafei Glimboh)」「Sapu Lidi(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Beach Boys - WILD HONEY cw WIND CHIMES

  • ロック45rpm
Beach Boys- ビーチ・ボーイズ - "WILD HONEY cw WIND CHIMES"
USA / 45rpm / Mono / Capitol 2028 / Rec 1967 / Pub 1967
レーベルきれい、盤浅い擦れ、表層スクラッチ少々
Jacket n/a / Disc 3~3.5 / Sound 3~3.5
■"ワイルド・ハニー""ウィンド・チャイムズ"のシングル。
Aはアルバム『Wild Honey』のタイトル曲、Bは一つ前のアルバム『Smiley Smile』からのナンバー。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

William H. Reitz cw Guido Gialdini - SOUTHERN MELODIES cw FASCINATION WALTZ

  • 木琴/口笛78rpm
 William H. Reitz cw Guido Gialdini- ウィリアムHライツ、グイド・ジャルディニ - "SOUTHERN MELODIES cw FASCINATION WALTZ"
USA / 78rpm / Mono / Victor 17015 / Rec 1911 / Pub 1911
レーベルきれい、盤美品
Jacket n/a / Disc 4 / Sound 4
■アメリカの打楽器奏者ウィリアムHライツとドイツの口笛奏者グイド・ジャルディニを両面に収録した1911年年の一枚。
A面はこれまでもちょくちょく入荷していた、木琴、チャイム等を操る天才的な演奏家ウィリアムHライツの超絶木琴独奏曲。そして裏面は、戦前ドイツの口笛のプロ、グイド・ジャルディニ。1878年ベルリン生まれ、麻を扱う仕事をしていたものの周囲も驚く口笛でたちまち有名に、そしてエジソンにシリンダーを録音するようになり、第一次世界大戦が始まる前には、ドイツのみならず海を渡りアメリカでも人気の口笛吹きになった人。両面ビックリするような音で鳴る美盤。特にラッパ録音の魔法全開の口笛面はレコードを聞いている気がしなくなります...試聴はB→A。※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Dinah Shore - A DATE WITH DINAH

  • 女性ヴォーカル78rpm
 Dinah Shore- ダイナ・ショア - "A DATE WITH DINAH"
USA / 78rpm / Mono / Columbia C125 / Rec 1946 / Pub 1946
ジャケット表面擦れ少々、内側きれい、スリーブ裂け等無し、バインダーしっかりしています、ディスク4のレーベルに極小はがれ、他きれい、盤4枚とも極浅い擦れ、きれい
Jacket 3.5 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4 
■ダイナ・ショアの初アルバム。SP盤4枚セット。
ドリス・デイ、ジョー・スタッフォード、パティ・ペイジ等とともに40~50年代を代表する女性シンガー、ダイナ・ショア。彼女の40年代中期~50年代初頭のレコードは、一瞬でとりこになってしまうような女性的なゆらぎと磁力に溢れた素晴らしいもの多し。これは46年のSP盤4枚組アルバムセットで、彼女の初アルバム。後に映画『ピクニック』の中で演奏された「Moonglow」が大ヒットするモーリス・ストロフ楽団の高品質なムード/スウィート・ビッグ・バンドをバックにとろける歌を聞かせる作。【曲】「I've Got You Under My Skin」「Dixie」「Can't Help Lovin' Dat Man Of Mine(試聴)」「Kerry Dance」「Thrill Is Gone」「After I Say I'm Sorry(試聴)」「There'll Be Some Changes Made」「They Didn't Believe Me(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2019年4月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
2019年5月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.