(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Page 342)

Guillermo Gomez - TREMOLO cw EL ROSARIO

  • クラシック・ギター78rpm
 Guillermo Gomez- ギジェルモ・ゴメス - "TREMOLO cw EL ROSARIO"
Japan / 78rpm / Mono / Columbia J1227 / Rec 1928 / Pub 1931?
レーベル、盤ともに極浅い擦れわずか、美品
Jacket n/a / Disc 4 / Sound 
■スペイン生まれでメキシコに渡ったクラシック・ギタリスト、ギジェルモ・ゴメス。
1888年にスペインのカタルーニャ地方の都市タラガで生まれ、1900年ごろにはメキシコへ移住、そして28年6月に一回きりの録音を敢行、10枚のSP盤を残したギジェルモ・ゴメス。レコード初期の重要クラシック・ギタリストとみなされる人。これは、リリースとしては二枚目の日本盤SP。A面はゴメスの自作。高速のトレモロ・プレイからぽろぽろとメロディが降り始める冒頭からドラマチックに展開していくナンバー。この信じられない演奏、じっくり聞いてください。B面は19世紀アメリカの作曲家エセルバート・ネヴィンの歌曲「The Rosary」のギター・ソロ・アレンジ曲。音も非常にいい美品の盤。※本日はこれでアップ終了です


By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Moondog And His Honking Geese - PLAYS MOONDOGS MUSIC

  • ムーンドッグ10LP
 Moondog And His Honking Geese- ムーンドッグ&ヒズ・ホンキング・ギース - "PLAYS MOONDOG'S MUSIC"
U.K. / 10LP / Mono / Honest Jons HJP17 / Rec 1955 / Pub 2004
ジャケットきれい、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか、音に影響のない極小プレスミス
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4
■ムーンドッグの50年代自主制作EPのリイシュー。10インチLP。
NYの街頭をバイキングのような恰好で徘徊し、未来派の作品のような打楽器トリンバを片手に無二の音楽を奏でた盲目のミュージシャン、ムーンドッグ。これは55年、自らの自主レーベル、ムーンドッグ・レコードからリリースした4曲入りEPのリイシュー。鳴く雁(ホンキング・ギース)というグループ名がぴったり、数人のサックス・セクションが鬼太の土俗的リズムにのって図形模様のようなメロディを吹き鳴らす4曲。トリンバは使われていません。英オネスト・ジョンズから、10インチLPでのリリース。【曲】「Rabbit Hop」「Bumbo」「Dog Trot」「Single Foot」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Six Brown Brothers - PETER GINK cw EGYPTLAND

  • サックス78rpm
 Six Brown Brothers- シックス・ブラウン・ブラザーズ - "PETER GINK cw EGYPTLAND"
USA / 78rpm / Mono / Victor 18562 / Rec 1919 / Pub 1919
レーベル擦れ、盤浅い擦れ、表層スクラッチ
Jacket n/a / Disc 3~3.5 / Sound 3~3.5 
■サックスのみの6人組、シックス・ブラウン・ブラザーズの1919年の一枚。
ソプラノからバスまで、サックスのみで結成されたグループ、6ブラウン・ブラザーズ。ジャズが登場する以前のグループで、彼らがサックスという楽器を広めたといってもあながち言い過ぎではないという、当時の人気バンド。ちなみにニューオリンズ・ジャズにサックスはいません。まずダンス・バンドに取り入れられたのが最初。本作は19年。リズミックな2ビートでかなり凝ったアンサンブルのA、エキゾチックなB面ともにこのグループらしさが詰まった一枚。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Dinah Washington - COLD COLD HEART cw MIXED EMOTIONS

  • ジャズ・ボーカル78rpm
 Dinah Washington- ダイナ・ワシントン - "COLD COLD HEART cw MIXED EMOTIONS"
USA / 78rpm / Mono / Mercury 5728 / Rec 1951 / Pub 1951
プロモホワイトレーベル、しみ少々、盤極浅い擦れ、きれい
Jacket n/a / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4
■ダイナ・ワシントンの51年作。
ゴスペルを唄える技量を持ちながら、ブルース・シンガーはゴスペルを歌ってはならないとして、ゴスペルに敬意を払いジャズやR&Bに専念したダイナ・ワシントン。ブルースといえども華があり、色っぽさのある高めのキーの声はほんと最高。これは51年の一枚で、A面はハンク・ウィリアムスのカバー。誰かわかりませんがいいサックスとハーモニーを入れのびやかに歌う一曲。大ヒットとなりました。裏面もA同様にリラックスしたいいナンバー。プロモーションのビニール質のSP盤です。※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

John Doonan, Paddy Moran, Noel Pepper, etc. - THE LARK IN THE CLEAR AIR : IRISH TRADITIONAL MUSIC PLAYED ON SMALL INSTRUMENTS

  • 民俗音楽/アイルランドLP
 John Doonan, Paddy Moran, Noel Pepper, etc.- ジョン・ドゥーナン、パディ・モラン、ノエル・ペッパー、etc. - "THE LARK IN THE CLEAR AIR : IRISH TRADITIONAL MUSIC PLAYED ON SMALL INSTRUMENTS"
U.K. / LP / Stereo / Topic 12TS230 / Rec 1974 / Pub 1974
ジャケット表裏円状の擦れ少々、汚れ少々、レーベルひげわずか、盤擦れ極わずか
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 4
■古いアイリッシュの音楽のイメージを変えてしまうような新鮮さと驚きのある一枚。
ジョン・ドゥーナン(ピッコロ&ウィッスル)、パディ・モラン(フルート)、パディ・ネイラン(スプーン)、ノエル・ペッパー(ハーモニカ)、そして恐らく兄弟と思われるジョン、デイヴ、マイク・ライトのジューズ・ハープ(口琴)三人。これでアイリッシュ・トラッドを演奏したインストゥルメンタル・アルバム。これが、古いアイリッシュの音楽のイメージを変えてしまうような新鮮さと驚きのある素晴らしい内容。基本、一人から三人(ジューズ・ハープの三重奏もあり)の演奏で、ラストにみんなのアンサンブルが収録されています。【曲】「Gillian's Apples / The Prize Jig」「The Shaskeen Reel」「The Coolin」「Boys Of The Lough / The Trip To Durrow(試聴)」「Give Me Your Hand」「Banish Misfortune」「The Maid Behind The Bar(試聴)」「Dunphy's Hornpipe / The Derry Hornpipe(試聴)」「St Anne's Reel」「The Blackbird」「The Spalpeen's Lament」「Miss McLeod / The Flowers Of Edinburgh」「The Foxhunter's Jig」「The Skylark / Tie The Bonnet(試聴)」「Clancy's Fancy」「The Lark In The Clear Air(試聴)」「Unnamed Jig」「Cherish The Ladies /The Father O'Flynn(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Terai Kaneharu - SUTARE MONO cw TABIJI NO UTA

  • 日本の音楽78rpm
 Terai Kaneharu- 寺井金春 - "SUTARE MONO cw TABIJI NO UTA"
Japan / 78rpm / Mono / Nitto 1888 / Rec early1920s / Pub early1920s
レーベル擦れ、盤擦れ表層スクラッチ、B面の最初にプツ音でるスクラッチ
Jacket n/a / Disc 2.5~3 / Sound 3
■演歌師寺井金春のニットー盤。
日本人のレコード第一号でもある「オッペケペー節」の川上音二郎をルーツに、添田唖蝉坊が広めた演歌。後に服部良一と作曲家コンビを組む鳥取春陽をはじめ、明治~大正期にはヴァイオリン片手に通りで演歌を歌う演歌師が多数あらわれ人気に。これはニットーからデビューした寺井金春のヴァイオリン演歌。A面はその春陽の曲で、フリー・ジャズ・シーンの名打楽器奏者土取利行も歌っている(土取さんは唖蝉坊などを唄う現代の演歌師でもあり)「すたれ者」。この一切飾りの無い生まれたてのような歌、聞くとどぎまぎしてしまう強烈さがあります。裏面もAと全く同様の「旅路の唄」。


By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

V.A. Frederick McQueen, John Roberts, etc. - MUSIC OF THE BAHAMAS VOLUME 2

  • 民俗音楽/バハマLP
V.A. Frederick McQueen, John Roberts, etc.- フレデリック・マックイーン、ジョン・ロバーツ、etc. - "MUSIC OF THE BAHAMAS VOLUME 2"
USA / LP / Mono / FS3845 / Rec 1958 / Pub 1959
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげわずか、盤擦れわずか、きれい、A4に小プツ音でるスクラッチ、ブックレットきれい
Jacket 4 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4 
■サミュエル・チャーターズによるバハマでのフィールド・レコーディング集。ジョセフ・スペンスのルーツ。
フォークウェイズの宝と言える一枚。58年、サミュエル・チャーターズがバハマに赴きフィールド・レコーディングを敢行、それはフォークウェイズから3枚のアルバムとしてリリースされました。そのうちの一枚はジョセフ・スペンスがアメリカに紹介された有名なレコード。これは、ジョセフ・スペンスの音楽の謎が一気に解けてしまう、無伴奏の宗教歌やバラッドを収録した第二集。実は初めて聞きましたが、野卑でいて暖かく、豪快かつオリジナルな和声をはらんだハーモニー、パッションに満ちた歌い口、さらにフィールド録音ならではの臨場感に心底感動。教会での録音、ソロ・シンガーのバラッドなど5つぐらいの録音シチュエーションがあります。チャーターズの淡々とした紀行文のようなライナーがまたいい。【曲】「Dig My Grave Both Long and Narrow / John Roberts, H. Brown, and Charles Wallace(試聴)」「Depend on Me / John Roberts, H. Brown, and Charles Wallace」「Take Your Burden To the Lord and Leave It There / John Roberts, H. Brown, and Charles Wallace」「Service at St. Stephens Anglican Church / St. Stephens Anglican Church (Bahamas)」「A Wake / Residents of the settlement of Fresh Creek, Andros」「Jesus Will Be Your Friend / Frederick McQueen」「A Great Day is Coming / Frederick McQueen(試聴)」「Long Summer Days / Frederick McQueen」「Young Gal, Swing Your Tail / John Roberts」「Pytoria (Run, Come See Jerusalem) / John Roberts, H. Brown, and Charles Wallace(試聴)」「Curry Camp Burned Down / Frederick McQueen」「Cecil Gone in the Time of Storm / Frederick McQueen」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Gilberte Cournand, Francois Rauber - DANSE CONTEMPORAINE : MUSIQUE POUR EXERCICES ET IMPROVISATIONS

  • 付随音楽LP
 Gilberte Cournand, Francois Rauber- ジルベール・クールナン、フランソワ・ローベ - "DANSE CONTEMPORAINE : MUSIQUE POUR EXERCICES ET IMPROVISATIONS"
France / LP / Stereo / Uni Disc UD30149 / Rec 1970s? / Pub 1970s?
コーティング・ジャケット擦れわずか、レーベルひげ極わずか、盤ほぼ新品同様
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4
■フランソワ・ローベが作ったモダン・ダンスのためのポップ・インスト集。
フランスの女性ダンス批評家、ジャーナリスト、ジルベルト・クールナン女史が監修した、モダン・ダンスのためのインストゥルメンタル集。音はジャック・ブレルなどの音楽で知られる作曲家フランソワ・ローベ。さてこの素晴らしい内容にぐうの音も出ません。ピアノ、ギター、ベース、ドラムに少しの味付けで、まるでジャン・フランセなどフランス近代の作曲家が親しみやすいポップ・インストを作って演奏したような夢のレコード。一分ほどの短い曲が数十曲収録されています。踊りのレクチャー(フランス語)のイラスト入り16ページブックレット。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Henry Thomas - SINGS THE TEXAS BLUES

  • ブルースLP
Henry Thomas- ヘンリー・トーマス - "SINGS THE TEXAS BLUES"
USA / LP / Mono / Origin Jazz Library OJL3 / Rec late1920s / Pub early1970s
ジャケットきれい、レーベルひげ無し、盤擦れ極わずか
Jacket 4 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4
■最も初期のテキサス・ブルースマン、ヘンリー"ラグタイム・テキサス"トーマス。
19世紀末のテキサスで既に活躍していた最も初期のブルースマン、ヘンリー・トーマス。27~29年の間にヴォカリオンに24曲を残し、そのうち14曲を収録した一枚。ギターは確かにブルースですが、それ以前のプリ・ブルースやソングスター的味わいが滲むほんとに味わい深い音楽。トーマスと言えば、アフリカから中南米経由で入ってきたクイルという笛を吹くこと。このどことなくアフロ・メキシカンなムードも絶品。キャンド・ヒートが「Bull Doze Blues」を「Going Up The Country」としてカバー、大ヒットしました。ディランやラヴィン・スプーンフルも彼の曲をやってます。【曲】「Texas Worried Blues」「Cottonfield Blues(試聴)」「Run,Mollie,Run」「Honey, Won't You Allow Me One More Chance」「The Fox And The Hounds」「Bob McKinney」「Bull Doze Blues(試聴)」「Texas Easy Street Blues」「Woodhouse Blues」「When The Train Comes Along」「The Little Red Caboose」「Red River Blues」「Shanty Blues」「John Henry(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Carlos Gardel - LA CUMPARSITA cw SEVILLA

  • 民俗音楽/アルゼンチン78rpm
 Carlos Gardel- カルロス・ガルデル - "LA CUMPARSITA cw SEVILLA"
Japan / 78rpm / Mono / Columbia J5419 / Rec late1920s / Pub cir.1930
レーベルBに極小はがれ、盤浅い擦れ、コロンビアにありがちなワックス皺目、問題なし
Jacket n/a / Disc 3.5 / Sound 3.5
■アルゼンチン・タンゴの不世出のシンガー、カルロス・ガルデル。裏面も最高。
日本盤SP。1911年にデビュー、人気絶頂の35年に若くして亡くなるまでの活動で、その後のアルゼンチン・タンゴの世界を一変させた不世出のシンガー、カルロス・ガルデル。A面は27年録音の、アルゼンチン・タンゴの大名曲で、彼の代表作でもある「La Cumparsita」。裏面は29年の「Sevilla」。こんな芸術的な内容。ギターは彼の音楽に欠かせない名手ギジェルモ・バルビエリとホセ・マリア・アギラル。録音しているその状況がありありと目に浮かぶリアルな音。異様なオーラを感じる魂のこもった歌と演奏がズドンと伝わる一枚。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

V.A. Jelly Roll Morton, Montana Taylor, Fats Waller, Cow Cow Davenport - HOT PIANOS 1926-1946

  • ジャズLP
 V.A. Jelly Roll Morton, Montana Taylor, Fats Waller, Cow Cow Davenport- ジェリー・ロール・モートン、モンタナ・テイラー、ファッツ・ウォーラー、カウカウ・ダヴェンポート - "HOT PIANOS 1926-1946"
USA / LP / Mono / Historical HLP29 / Rec 1926 to 1946 / Pub 1969
ジャケット表裏擦れわずか、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し、美品
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 
■戦前ジャズ・ピアノ・グレイツ4人のレア名演集。特にJRモートンが最高。
説明不要のジェリー・ロール・モートン、ファッツ・ウォーラー、ブギウギ・ピアノのパイオニア、カウ・カウ・ダヴェンポート、酔っ払いのピアノ音楽バレルハウス・ピアノの代表格モンタナ・テイラーという4人の戦前の演奏で、なかなか聞けない(未発あり)、そしてウルトラ名演という点で選んだ編集盤。全曲試聴してほしいモートン、荒くれたモンタナ・テイラー、女性シンガーの歌伴を務めるウォーラー、ワイルドなカウ・カウ・ダヴェンポート、全14曲収録。【曲】「Jelly Roll Morton's N.O. Jazzmen / Climax Rag(試聴)」「Jelly Roll Morton / Finger Buster」「Jelly Roll Morton / Creepy Feeling(試聴)」「Jelly Roll Morton / Honky Tonk Music」「Jelly Roll Morton With H. Levine's Orch. / Winin' Boy」「Montana Taylor / Whoop & Holler Stomp(試聴)」「Montana Taylor / Hayride Stomp」「Fats Waller With Caroline Johnson / Ain't Got Nobody To Grind My Coffee」「Fats Waller With Caroline Johnson / Mama's Losin' A Mighty Good Chance」「Fats Waller With Maude Mills / Anything That Happens Just Pleases Me」「Fats Waller With Maude Mills / My Old Daddy's Got A Brand New Way To Love」「Fats Waller With Alberta Hunter / I'm Going To See My Ma」「Cow Cow Davenport / Back In The Alley」「Cow Cow Davenport / Mooch Piddle」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Henry Allen And His Orchestra - DOWN IN JUNGLE TOWN cw CANAL STREET BLUES

  • ジャズ78rpm
 Henry Allen And His Orchestra- ヘンリー・アレン&ヒズ・オーケストラ - "DOWN IN JUNGLE TOWN cw CANAL STREET BLUES"
U.K. / 78rpm / Mono / Brunswick 03166 / Rec 1940 / Pub 1940
レーベル擦れわずか、盤擦れわずか、ほぼ美品
Jacket n/a / Disc 4 / Sound 2980 yen
■名ジャズ・トランぺッター、ヘンリー・レッド・アレン。最高のメンバーたちがサポートした40年作。
ジャズの滋味を歌心溢れる満点の演奏で聞かせてきた20年代からの大ジャズ・トランぺッター、ヘンリー・レッド・アレン。これは、ベニー・モートン(TB)、リル・アームストロング(P・ルイの奥さん)、ポップス・フォスター(B)、バーナード・アディソン(G)、ズティ・シングルトン(D)というこれ以上は望めないメンバーでの40年作、イギリス盤。アメリカ盤はアルバム・セットの中の二曲としてリリースされ、このイギリス盤は単発ででました。沸き立つような楽しいA、それぞれがじっくり唄うB。※本日はこれでアップ終了です


By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2018年12月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2019年1月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.