(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Page 34)

Mr. Freddie, Willie Walker, Will Bennett, etc. - LETS GO RIDING

  • ブルースLP
 Mr. Freddie, Willie Walker, Will Bennett, etc.- Mrフレディー、ウィリー・ウォーカー、ウィル・ベネット、etc. - "LET'S GO RIDING"
USA / LP / Mono / Origin Jazz Library OJL18 / Rec 1920s, 30s / Pub 1969
ジャケット擦れわずか、背部色あせと擦れ、上部取り出し口縁裂け、レーベルひげ少々、盤極浅い擦れ、極表層のスクラッチわずか
Jacket 3~3.5 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4  3980 yen
■オリジン・ジャズ・ライブラリーのブルース・ギター・ラグ集。
これぞ皆を狂わせた大名盤。ミシシッピ・ブルース・マン、フレディ・スプルエルのタイトル曲、しゃっきりしたギター・プレイが素晴らしいウィリー・ウォーカーの「South Carolina Rag」、床屋のウィリアム・ムーアのラグ・クラシック、初めてギター・ブルース・インストを録音したシルベスター・ウィーバー、カバーしたサム・ファークも原曲の恐ろしくディープなギターにはお手上げなハンボーン・ウィリー・ニューバーン、ハーモニカ、ギター、洗濯板のトリオのエリス・ウィリアムス、ジョー・バザードが"さすらいのレコード・コレクター"でかけてノリノリになっていたギットフィドル・ジムなどなど、本当に濃い内容。後発盤はたまに見ますがこれはオリジナル。【曲】「Mr. Freddie / Let's Go Riding(試聴)」「Willie Walker / South Carolina Rag」「Will Bennett / Railroad Bill」「Pink Anderson & Simmie Dooley / Gonna Tip Out Tonight」「William Moore / Ragtime Crazy」「Walter Hawkins / A Rag Blues」「Sylvester Weaver / I'm Busy And You Can't Come In」「Hambone Willie Newbern / Way Down In Arkansas(試聴)」「Ellis Williams / Buttermilk Blues」「Bo Carter / Sue Cow」「Carl Martin / Good Morning Judge」「Peg Leg Howell And His Gang / Peg Leg Stomp」「Blind Blake / Southern Rag」「Gitfiddle Jim / Paddlin' Madeline Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Kenny Baker And Uncle Josh Graves - SOMETHING DIFFERENT

  • カントリー/ブルースLP
 Kenny Baker And Uncle Josh Graves- ケニー・ベイカー&アンクル・ジョッシュ・グレイブズ - "SOMETHING DIFFERENT"
USA / LP / Stereo / Puritan 5001 / Rec 1972 / Pub 1972
ジャケット擦れ少々、レーベルひげほぼ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 3980 yen
■フィドラー、ケニー・ベイカーがギターを弾き、ドブロ奏者バック・グレイブズとデュオった一枚。
ハーモニカ・フランクの音源集を出している幻のレーベル、ピューリタンからの一枚。かのビル・モンローの片腕だった名フィドラー、ケニー・ベイカーと、フラット&スクラッグスのドブロ奏者アンクル・ジョッシュ・グレイブズのデュオ盤。なんとベイカーはほとんどギターを弾いていて(フィドルは2曲)、その腕前に惚れ惚れ。ライナーによると、ベイカーは若い頃、アーネスト・ジョンソンという盲目の黒人ギタリストにギターを習っていたそう。それとグレイブズの新鮮なドブロとのコンビネーションはまさしく"Something Different"。一曲ある歌ものはブラインド・ボーイ・フラーのカバー。 【曲】「The Sands Of Monterey(試聴)」「Evelina」「Legend Of The Whistling Brakeman(試聴)」「I'll Be All Smiles Tonight」「Lonesome Hobo」「Roll On Buddy」「Snowbird」「High Country」「Fireball」「The White Rose」「Step It Up And Go(試聴)」「Carroll County Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Doc Watson - HOME AGAIN

  • ブルース/フォークLP
 Doc Watson- ドク・ワトソン - "HOME AGAIN"
USA / LP / Stereo / Vanguard VSD79239 / Rec 1967 / Pub 1970s
ジャケットシュリンク入り、背部色あせ、レーベルひげほんのわずか、盤浅い擦れ少々、B2に小プツ音でるスクラッチ一本
Jacket 3.5 / Disc 3.5 / Sound 3.5  2480 yen
■67年のアルバム。
『Anthology...』にも収録された伝説の20年代ヒルビリー・シンガー、クラレンス・アシュレイが60年に再発見され彼のもとに録音班が向かったところ、スゴイ奴がいる、と見いだされたのがこのドク・ワトソン。すぐさま64年にファースト・ソロが作られ一躍寵児に。これは66年のアルバム。トラディショナルを中心に、カーター・ファミリー等ヒルビリーのカバー、自作曲もまじえ親密に自然体で演奏する一枚。この一つ前のレーベルもあり、これはセカンド・レーベル。【曲】「Down in the Valley to Pray」「Georgie」「The Old Man Below」「Katie Morey」「F. F.V.(試聴)」「A-Rovin' on a Winter's Night(試聴)」「Dill Pickle Rag(試聴)」「Sing Song Kitty」「Froggie Went A-Courtin'」「Pretty Saro」「Childhood Play」「Rain Crow Bill」「Matty Groves」「Victory Rag」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Ademilde Fonseca, etc. - OS GRANDES SUCESSOS JUNINOS / ADEMILDE FONSECA E SEUS SUCESSOS

  • ブラジルの音楽LP
 Ademilde Fonseca, etc.- アデミルヂ・フォンセカ、etc. - "OS GRANDES SUCESSOS JUNINOS / ADEMILDE FONSECA E SEUS SUCESSOS"
Brazil / LP / Mono / Moto Disco 529404579 / Rec 1939 - 1952 / Pub 1991
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■40~50年代初頭のショーロ、バイオン、マルシャ等のオムニバス。B面は女性ショーロ・シンガー、アデミルヂ・フォンセカのヒット曲。
A面は、カーニバルに比べると知られてはいませんが、6月にあるフェスタ・ジュニーナという祭りで、人気になったのかそれをテーマにしたのかわかりませんが、とにかくそれでくくって集められたオムニバス面。サンバ、バイオン、マルシャから聞いたことの無い新鮮なリズムの曲7曲。B面全ては、42年にブラジルで早くも「Tico Tico(本盤収録)」をヒットさせた、ショーロの女王と言われたアデミルヂ・フォンセカ。バンドのノリも歌のパンチも申し分ないショーロの7曲。 【曲】「Cantigas De Sao Joao(試聴)」「Dia Dos Namorados」「Pedro, Antonio E Joao」「Capelinha de Melao」「Noites de Junho」「Santo Antonio Nao Gosta」「Fogueira」「Tico-Tico No Fuba」「Brasileirinho」「O Que Vier Eu Traco」「Apanhei-te Cavaquinho」「Urubu Malandro」「Teco-Teco(試聴)」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Roy Newman, Ocie Stockard, Nite Owls, etc. - YOU OUGHTA SEE MY FUNNY DANCE

  • ウエスタン・スウィングCDetc
 Roy Newman, Ocie Stockard, Nite Owls, etc.- ロイ・ニューマン、オシー・ストッカード、ナイト・オウルズ、etc. - "YOU OUGHTA SEE MY FUNNY DANCE"
Germany / CDetc / Mono / Bear Family BCD16532AR / Rec 1935 - 42 / Pub 2011
ジャケット擦れわずか、盤面きれい、ブックレット部きれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2480 yen
■全31曲、なんと全て未発表のウエスタン・スウィング編集盤CD。
史上初めて全米に向けて発信されたテキサス発の新ジャンル、ウエスタン・スウィング。もとが雑食の音楽だったこのジャンルは自由度も高く、そこからのはみ出し者がロカビリーを生んだりもしました。これは独ベア・ファミリーの編集盤CDで、全てこの時点で未発表だったものを収録したという一枚。カントリーというより粗目のスウィング・ジャズといったロイ・ニューマン、「Pistol Packin Mama」のアル・デクスター、ロバート・クラムのバンドようなスリム・ハーバート、6曲も収録された洗練されたレオン・セルフ、最も自由なのが帝王ボブ・ウィルスのぶっ飛びの二曲。これはスゴイ。50ページのブックレット。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Texas Wanderers, Port Arthur Jubileers, Shelly Lee Alley And His Alley Cats, etc. - STOMPIN AT THE HONKY TONK : WESTERN SWING IN HOUSTON 1936-41

  • ウエスタン・スウィングLP
 Texas Wanderers, Port Arthur Jubileers, Shelly Lee Alley And His Alley Cats, etc.- テキサス・ワンダラーズ、ポート・アーサー・ジュビリアーズ、シェリー・リー・アレイ&ヒズ・アレイ・キャッツ、etc. - "STOMPIN' AT THE HONKY TONK : WESTERN SWING IN HOUSTON 1936-41"
U.K. / LP / Mono / String STR808 / Rec 1936 to 1941 / Pub 1978
ジャケット円状の擦れ少々、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■洗練されたヒューストンのウエスタン・スウィングを収録した編集盤。
イギリスのフォーク、アイルランドやスコットランドの伝統音楽を専門に出した英トピックが、70年代にウエスタン・スウィング専門のリイシュー・レーベル、ストリングを設立、7枚のアルバムをリリース。これは、名バンドひしめくテキサスの中でもプログレッシヴで洗練されたグループが多かったヒューストンのウエスタン・スウィングを収録した一枚。ジャケット写真の、まるでジャズ・バンドのようないでたちのボブ・ダンズ・ヴァガボンズ(タイトル曲)を始め全16曲収録。【曲】「Cliff Bruner's Texas Wanderers / Sugar」「Texas Wanderers / Rackin' It Back」「Cliff Bruner's Texas Wanderers / Kangaroo Blues」「Port Arthur Jubileers / Pussywillow」「Cliff Bruner's Texas Wanderers / One Sweet Letter From You」「Port Arthur Jubileers / Jeep's Blues」「Shelly Lee Alley And His Alley Cats / Houston Blues」「Cliff Bruner And His Boys / Jessie」「Bar-X Cowboys / Rockdale Rag」「Leon 'Pappy' Selph And His Blue Ridge Playboys / Florene(試聴)」「Texas Wanderers / Deep Elm Swing」「Cliff Bruner And His Boys / New Falling Rain Blues」「Dickie McBride And The Village Boys / Tulsa Twist(試聴)」「Port Arthur Jubileers / Jones Stomp」「Modern Mountaineers / Who's Cryin' Sweet Papa Now」「Bob Dunn's Vagabonds / Stompin' At The Honky Tonk」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Morris Brothers And Homer Sherrill - WILEY, ZEKE AND HOMER

  • オールドタイム/ヒルビリーLP
 Morris Brothers And Homer Sherrill- モリス・ブラザーズ&ホーマー・シェリル - "WILEY, ZEKE AND HOMER"
USA / LP / Mono / Rounder 0022 / Rec 1972 / Pub 1973
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■オールドタイム・ストリング・バンド、モリス・ブラザーズが70年代に再結成した一枚。
ウェイド・メイナーの相棒として30年代にデビュー(これにも全面参加)したジーク・モリス、ブルー・スカイ・ボーイズのフィドラーだったホーマー・シェリル、ジークの兄ワイリー、この三人が結成し38年にデビューした伝説的グループ、モリス・ブラザーズ。45年まで活動した彼らがそれから27年後に再結成し録音したアルバム。70年代でヒルビリーと呼べる音楽をやった数少ないレコードで、ブルーグラス的なハードなアップは一曲のみ、他はすべて試聴のようなひなびたミッド~スロウ・ナンバーが続く一枚。全18曲収録。【曲】「I'm Waiting For My Daddy To Come Home」「My Heart's Broken For You」「Gonna Lay Down My Old Guitar」「Somebody Loves You Darling」「On Top Of Old Smokey」「Rhoddish Schottische」「Understand It Better Bye And Bye」「You Give Me Your Love」「I'd Rather Have Jesus」「One Little Word(試聴)」「Three Point Two(試聴)」「Nobody's Darlin' On Earth」「My Achin' Heart」「Grave On The Green Hillside」「Greenback Dollar」「Wednesday Night Waltz」「Maple On The Hill」「I'll Never Turn Back」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Charley Patton - FOUNDER OF THE DELTA BLUES

  • ブルースLP
Charley Patton- チャーリー・パットン - "FOUNDER OF THE DELTA BLUES"
USA / LP / Mono / Yazoo L1020 / Rec late1920s / Pub early1970s
見開きコーティング・ジャケット擦れほぼ無し、レーベル二枚ともひげ無し、盤二枚とも擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  4500 yen
■チャーリー・パットンの決定盤。
ヘンリー・スローンというレコードを残さなかったブルースマンに習い自らの弾き語りを熟成、後にデルタ・ブルースと言われるようになる音楽を作ったチャーリー・パットン。今の音楽の中にもはっきりと遺伝しています。これはヤズーが総力を挙げて製作した2LPのベスト。端正な顔立ちからは想像できない雄牛のような歌、荒々しくも真に洗練されたギター、何度聞いても解明できないものがいまだ潜む音楽。スキップ・ジェイムスのバイオグラフィ本や自分のソロ・アルバムも素晴らしいブルース研究家スティーヴ・カルトによる曲解説。カラージャケットの2ndエディション。【曲】「Mississippi Bo Weevil Blues」「Screamin' And Hollerin' The Blues」「Down The Dirt Road Blues」「Pony Blues」「Banty Rooster Blues」「It Won't Be Long(試聴)」「Tom Rushen Blues」「A Spoonful Blues」「Shake It And Break It」「Going To Move To Alabama」「Elder Green Blues」「Frankie And Albert」「Some These Days I'll Be Gone」「Green River Blues(試聴)」「Hammer Blues」「When Your Way Gets Dark」「High Water Everywhere Part 1」「High Water Everywhere Part 2」「Rattlesnake Blues」「Running Wild Blues」「Dry Well Blues」「Moon Going Down」「Bird Nest Bound」「High Sheriff Blues」「Stone Pony Blues(試聴)」「34 Blues」「Revenue Man Blues」「Poor Me(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Pedro Ayala, Hermanos Cardenas, Narciso Martinez, etc. - TEXAS MEXICAN BORDER MUSIC VOL.13 : NORTENO ACORDEON PART 3

  • テキサス・メキシコの音楽LP
 Pedro Ayala, Hermanos Cardenas, Narciso Martinez, etc.- ペドロ・アヤラ、エルマノス・カルデナス、ナルシソ・マルティネス、etc. - "TEXAS MEXICAN BORDER MUSIC VOL.13 : NORTENO ACORDEON PART 3"
USA / LP / Mono / Folklyric 9020 / Rec 1940s, 50s / Pub 1978
新品未開封
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3800 yen
■40・50年代のテハノ・アコーディオン名演集。未開封シールド。
ヤズー・レーベルに引けを取らない熱意とカタログの豊富さで、SP盤時代のものからコンテンポラリーまでいいものをリリースしてきたアーフーリーから、テキサスとメキシコの国境地帯で奏でられた文字通りボーダー・ミュージックを収録した名シリーズの一枚。これは40・50年代のテキサス南部と、メキシコ北東部の都市モンテレイのグループを収録した一枚。アコーディオンの帝王こと名手ペドロ・アヤラ、ノルテーニョ・アコーディオンの父と言われたナルシソ・マルティネス、名バホ・セスト奏者でソウルフルな歌を聞かせたラミロ・カヴァゾスなどなど収録。新品未開封。※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Slim Redman, Bobby Rutledge, Carl Trantham, etc. - BOPPIN HILLBILLY VOL.8

  • カントリーLP
 Slim Redman, Bobby Rutledge, Carl Trantham, etc.- スリム・レッドマン、ボビー・ラトリッジ、カール・トランザム、etc. - "BOPPIN' HILLBILLY VOL.8"
Holland / LP / Mono / White Label WLP2808 / Rec 1950s / Pub 1980s
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■バッピン・ヒルビリーの8枚目。
オランダ・ホワイト・レーベルの看板のシリーズ"バッピン・ヒルビリー"の8枚目。今回は特に地域の囲いは無く、50年代もの中心、しかしロカビリーではなくロッキン・ヒルビリーという趣で音も◎。まさしくロッキン・ヒルビリーな乾いた音が気持ちいいオハイオのスリム・レッドマン、生粋のヒルビリー・バンドがロカに影響を受けたようなルイジアナのウェイン・バスバイス、アーサー・ギター・ブギ・スミスの「Guitar Boogie Shuffle」を強烈バックビートでカバーしたギタリスト、ルディ・サッカーなどなど、バラエティに富んだ内容。【曲】「Slim Redman / Strut My Stuff」「Bobby Rutledge / Soutern Fried Chiken」「Carl Trantham / After I Go Away」「Rudy Thacker / Guitar Boogie Shuffle(試聴)」「Shorty Barnhill / I'm A Sad Sack」「Austin Wood / Everybody's Sweetheart To You(試聴)」「Chuck Stacy / Dog-Gone These Heartaches」「Lanie Walker / Side Track Daddy」「Dick Miller / Now I'm Gone」「Wayne Busbice / Going Back To Dixie」「Forest Rye / Wild Cat Boogie」「Connie Dycus / Same Old Thing」「Zeke Clements / I Don't Like It」「I'm Goin' Steppin' Out With You」「Miller Brothers / Fiddlin' Stomp」「Outpost Scotty And His Bar-X Boys / The Golden Rocket」「Outpost Scotty / The Shot Gun Boogie」「Tommy Holmes / Jam On The Lower Shelf」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jimmie ONeal, Bob Sandy, Arkie Shibley, etc. - BOPPIN HILLBILLY VOL.9

  • ヒルビリー・ブギ/カントリーLP
 Jimmie O'Neal, Bob Sandy, Arkie Shibley, etc.- ジミー・オニール、ボブ・サンディ、アーキー・シブリー、etc. - "BOPPIN' HILLBILLY VOL.9"
Holland / LP / Mono / White Label WLP2809 / Rec late1940s / Pub 1980s
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■バッピン・ヒルビリーの9枚目、カリフォルニア特集。ブギもの多し。
オランダ・ホワイト・レーベルの看板のシリーズ"バッピン・ヒルビリー"の9枚目。カリフォルニアのマイナー・レーベルのヒルビリー・ブギ、ロッキン・ホンキートンク系のナンバーを収録。よたったブギウギ・ピアノに螺旋をのぼっていくようなエレキがとにかくカッコイイジミー・オニール、ホットなフィドルにギターのかき鳴らし、トーキングVoがまさにバッピン・ヒルビリーなアーキー・シブリー、心地よいランニングベースとピアノがジャジーなTテキサス・タイラー初期曲、スティールとエレキのコンビネーションが抜群のスウィンギーなブラッド・キングなどなど粒ぞろいの18曲。【曲】「Jimmie O'Neal / Streamliner Boogie(試聴)」「Bob Sandy / Jet Plane Blues(試聴)」「Arkie Shibley / Playing Dominoes & Shooting Dice」「Rusty Howard / A Full Time Job(試聴)」「Red Murrell / Git Fiddle Boogie」「Buddy Conn / My Wife Made An Okie Out Of Me」「"Shorty Joe" / Bayou Ball」「"T" Texas Tyler / Ida Red」「Chattanoogie Shoe Shine Boy」「Cousin Deems Sanders / Goatburger Boogie」「Brad King / You Ain't Got My Number Anymore」「Saddle Dusters / Who Put The Nickel In The Slot」「Truman Duff / Rouge River Boogie」「Leodie Jackson / Steeling The Blues」「Rudy Sooter / Don't Count Your Chickens」「Deuce Spriggens / Ten More Miles Down The Road」「Roy Hogsed / Don't Telephone, Don't Telegraph, Tell A Woman」「Zeke Clements / Oklahoma Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bennie Hess, Seven Rowe Brothers, Weldon Rogers, etc. - BOPPIN HILLBILLY VOL.10

  • カントリーLP
 Bennie Hess, Seven Rowe Brothers, Weldon Rogers, etc.- ベニー・ヘス、セブン・ロウ・ブラザーズ、ウエルダン・ロジャース、etc. - "BOPPIN' HILLBILLY VOL.10"
Holland / LP / Mono / White Label WLP2810 / Rec 1950s / Pub 1980s
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■バッピン・ヒルビリーの10枚目。初のテキサス特集。
誰も知らないような地方のマイナー・ロカビリーから、ロカ以前のロッキン・ヒルビリーの編集盤を出すオランダ・ホワイト・レーベルの看板のシリーズ"バッピン・ヒルビリー"。全部で30枚ほど出たものの10枚目。はっきりテキサスでまとめられたものの一枚目。当然ウエスタン・スウィングの影響はまぬがれ得ないものの、ほとんどリズム&ブルースのようなもの、太いリズムのフィドル・チューン、フィメール・ロカビリーの源流のようなナンバーまでかなり多彩な18曲。【曲】「Bennie Hess / Bennie Hess Boogie」「Drink-Drink-Drink 」「Seven Rowe Brothers / Birthday Cake」「Spring Boogie Blues」「Weldon Rogers / Please Return My Broken Heart(試聴)」「Sally Lee / Table Hoppin' Blues」「Slim Willet With The Brush Cutters / Hadacol Corners」「Texas Wranglers / Steel Guitar Rag」「Keith Loyd And The Sons Of The Golden West / Get That Chip Off Your Shoulder」「Gabe Tucker And His Sky Riders , Vocal By Virgil Hume / Quit Draggin' Your Feet」「Carroll Free And The Brushcutters / The Wreck Of Old Number 9」「Earl Montgomery / You Played Me For A Fool」「Martha Lynn / Goin' Hunting Tonight(試聴)」「Bennie Hess / I'm A One Woman Man」「Texas Top Hands / Bear Creek Hop」「Aubrey Gass / Columbus Stockade Blues」「Walkin' Out Of Town(試聴)」「Here Today And Gone Tomorrow (Gamblers Luck)」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2019年6月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
2019年7月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.