(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Page 335)

Cookie And His Cupcakes - GOT YOU ON MY MIND cw IVE BEEN SO LONELY

  • リズム&ブルース45rpm
 Cookie And His Cupcakes- クッキー&ヒズ・カップケイクス - "GOT YOU ON MY MIND cw I'VE BEEN SO LONELY"
USA / 45rpm / Mono / Chess 1848 / Rec 1963 / Pub 1963
レーベル両面に書き込み、盤浅い擦れ
Jacket n/a / Disc 3.5 / Sound 4
■ルイジアナの名R&Bコンボ、クッキー&カップケイクス。63年のヒット・シングル。
ルイジアナ土着のムードとホットなソウルを持った名物R&Bコンボ、クッキー&カップケイクス。これは63年、チェスからのヒット・シングル"Got You On My Mind"。彼ら王道の三連スワンプR&Bスタイルのナンバー。少しペースを落としてじっくり聞かせるBもナイスなバラード。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Ingve Stoor - JUL MED INGVE STOOR DEL 2

  • ボーカル/スウェーデンLP
 Ingve Stoor- イングヴェ・ストール - "JUL MED INGVE STOOR DEL 2"
Sweden / LP / Stereo / Lani LALP536 / Rec 1971 / Pub 1971
コーティングのペラジャケット表裏擦れわずか、レーベルひげ極わずか、盤浅い擦れ、プツ音でる小スクラッチ少し、インサートきれい
Jacket 3.5 / Disc 3~3.5 / Sound 3~3.5
■スウェーデンのシンガー、イングヴェ・ストールのハワイアン・クリスマス・アルバム。
スウェーデンのシンガーで作曲家のイングヴェ・ストール。マンドリンやハワイアン・ギターも弾く人で、20年代にはハワイアン・バンドを結成、30年代中期にレコード・デビュー、そしてスウェーデンのレコード・レーベル、キュポルも設立したという人。さてこれはジャケットを見ていただければわかる通り、ハワイアン・コンボでクリスマスという趣向の71年のアルバム。ヴィブラフォン、マリンバ、オルガン、アコーディオン、ウクレレ、スティール・ギター、女性コーラスを入れたバンドにウォームな歌を聞かせる一枚。アップは一曲も無く、全て試聴のような気持ちいいミッド~スロウ・テンポのとろけるナンバーばかり。インサート付き。【曲】「Jag Drommer Om En Jul Hemma(試聴)」「Tre Sma Ljus」「Aftonklockor」「Jul I Frammande Hamn」「Tag Vart Aloha」「Halsa Dem Darhemma」「Nar Ljusen Tandas Darhemma」「Hawaiihalsning(試聴)」「Fridfull Jul」「Mitt Hem I Hawaii」「Blott En Dag」「Hem, Hem」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Pascal String Quartet, Ray Rev(P) - GABRIEL FAURE : PIANO QUINTET IN C MINOR

  • クラシックLP
 Pascal String Quartet, Ray Rev(P)- パスカル・ストリング・カルテット - "GABRIEL FAURE : PIANO QUINTET IN C MINOR"
USA / LP / Mono / Concert Hall CHS1093 / Rec 1950 / Pub 1950
ジャケット表裏擦れ少し、背部ほころび、レーベルひげ無し、盤浅い擦れ、極表層のスクラッチわずか
Jacket 3~3.5 / Disc 3.5 / Sound 3.5~4
■フランスのパスカル・カルテットによるフォーレ『ピアノ五重奏曲第二番』。
30年代からカルベ・カルテット等で演奏してきたヴィオラ奏者レオン・パスカルが、40年代に入り結成したパスカル・カルテット。40年代~50年代のフランスを代表する名楽団として活躍。これは、19世紀の音楽とドビュッシーやラヴェルの音をつなぐ存在と言えるフォーレの『ピアノ五重奏曲第二番』(1921年)を演奏した50年のアルバム。ピアノはレイ・レヴという米のピアニスト。名曲が少ないと言われるピアノ五重奏というジャンルの数少ない傑作とされ、またフォーレの室内楽の最高峰とも評される晩年の作。ルーム感が包む迫真の音も素晴らしくいい一枚。DGフラット・エッジのオリジナル盤。試聴は第一、二、四楽章。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Henry Red Allen And His Orchestra - INDIANA cw A SHERIDAN SQUARE

  • ジャズ78rpm
 Henry Red Allen And His Orchestra- ヘンリー・レッド・アレン&ヒズ・オーケストラ - "INDIANA cw A SHERIDAN SQUARE"
USA / 78rpm / Mono / Okeh 6357 / Rec 1941 / Pub 1941
レーベル擦れ少々、盤極浅い擦れ
Jacket n/a / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4
■名ジャズ・トランぺッター、ヘンリー・レッド・アレンの41年の一枚。
ジャズの滋味を歌心溢れる満点の演奏で聞かせてきた20年代からの大ジャズ・トランぺッター、ヘンリー・レッド・アレン。JCヒギンボサム(TB)、エドモンド・ホール(CL)、ケン・カージー(P)、ビリー・テイラー(B)ら黄金のメンツによる41年の一枚。濃密でいてなめらかな絡みの見事なテーマからメロディをいかした各々のソロのすばらしさに脱帽の「Indiana」。落ち着いたブルージーな裏面はエグ味を増した演奏でこちらもグレイト。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Joe Bauer - MOONSET

  • ロックLP
 Joe Bauer- ジョー・バウアー - "MOONSET"
USA / LP / Stereo / Racoon 3 / Rec 1971 / Pub 1971
ジャケット表裏擦れ極わずか、レーベルひげわずか、盤美品、擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4
■ヤングブラッズのドラマー、ジョー・バウアーのソロ・アルバム。
ヤングブラッズのドラマー、ジョー・バウアーの唯一のソロ・アルバム。バナナ(P、G)、マイケル・ケーン(B)、アースクエイク(Harmonica)など、ヤングブラッズ人脈の面々に加え、この頃親交を深めていた、ジミー・ジュフリー3のベーシスト、スティーヴ・スワロウらが参加。同時代のヤングブラッズのしなやかなサウンドにフリージャズのエッセンスを混ぜつつ進行する、スタジオでの自由なセッションを生録したような一枚。動物三昧なのはアートワークだけでなくレパートリーもで、この頃彼ら、このアルバムに限らずそういう曲を良く作ってやっていました(一枚丸々『カニ』のLPもあり)。一曲目の「爆発」からラストのブルース・ロックまで本当気さくな軽い演奏で、そこに時折暗い影がさすなんとも言い得ない味わい。【曲】「Explosion(試聴)」「Five Ten(試聴)」「Old Shoe」「Cat Gone」「Moonset」「Frogs」「Swallows」「Pelicans(試聴)」「Earthquake Blues(試聴)」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Geoff Muldaur - IS HAVING A WONDERFUL TIME

  • ロックLP
 Geoff Muldaur- ジェフ・マルダー - "IS HAVING A WONDERFUL TIME"
USA / LP / Stereo / Reprise MS2220 / Rec 1975 / Pub 1975
ジャケット擦れ少なめ、レーベルひげ無し、盤美品、擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4
■セカンド・アルバム。名盤。
30年代からタイム・スリップしてきたようなブルース・マンとしてレコード・デビュー、その後ジム・クウェスキン・ジャグ・バンドやジェフ&マリアとして作品を発表した後リリースされた文句なしの名盤セカンド。戦前ジャズ、ブルース、ニューオーリンズR&B、ジャグ・バンド、古い映画音楽など、ジェフを通して巡る20世紀前半の面白い音の旅。マリアやエイモス・ギャレット、ビル・キースといったいつものメンバーから、フランク・ウェス、ロン・カーターなど新旧混じる名うてのジャズ・マンらがサポート。【曲】「Livin' In The Sunlight (Lovin' In The Moonlight)(試聴)」「Gee Baby Ain't I Good To You(試聴)」「99 1/2」「I Want To Be A Sailor」「Why Should I Love You?」「Higher & Higher」「Wondering Why」「Jailbird Love Song」「High Blood Pressure」「Tennessee Blues(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Ann Charters - ESSAY IN RAGTIME

  • ラグタイムLP
 Ann Charters- アン・チャーターズ - "ESSAY IN RAGTIME"
USA / LP / Mono / Folkways FG3563 / Rec 1961 / Pub 1961
ジャケット擦れほとんどなし、レーベルひげ少々、盤浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 
■サミュエル・チャーターズの奥さんで女性作家のアン・チャーターズ。彼女が弾くラグタイム・ピアノ曲集。
ジャック・ケルアックに直接取材することを唯一許されケルアックのバイオ本を書いたバリバリのビートニクの女性ライターで、フォークウェイズの兄弟レーベルRBFで多くの戦前ブルース編集盤を作った研究家サミュエル・チャーターズの奥さんでもあったアン・チャーターズ。これは彼女が古いラグタイム・ピアノを弾いた61年のアルバム。上手いピアニストとは言えないのでしょうが、その可愛らしい演奏がびっくりするぐらい良い一枚。選曲も優しくほがらかなナンバーが中心です。インサート付き。【曲】「Cataract Rag」「Wall Street Rag(試聴)」「Solace, a Mexican Serenade(試聴)」「Magnetic Rag, Syncopations Classiques」「Victory Rag」「Ethiopia Rag」「Pastime Rag No. 3 - A Slow Drag」「Echoes from the Snowball Club - Ragtime Waltz(試聴)」「Harlem Rag - Two Step」「Rag Sentimental」※本日はこれでアップ終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

People Of Touareg - SAHARA : 1 - CHANTS DES TOUAREG AJJER

  • 民俗音楽/北アフリカ45rpm EP
 People Of Touareg- トゥアレグ族の人々 - "SAHARA : 1 - CHANTS DES TOUAREG AJJER"
France / 45rpm EP / Mono / Le Chant Du Monde LDY4160 / Rec early60s / Pub early60s
ジャケット表裏円状の擦れ少々、裏ジャケットに小シール、レーベルひげ少々、盤浅い擦れ、極表層のスクラッチ少々
Jacket 3.5 / Disc 3.5 / Sound 3.5
■サハラ砂漠の遊牧民、トゥアレグ族の音楽を収録したEP。
サハラ砂漠西部の遊牧民族トゥアレグ族の歌と演奏を8曲収録した、仏ル・シャン・ドゥ・モンドからの33回転EP。サハラのシリーズの1枚目ということだと思いますが、この後どうやら出なかったようです。鍛冶の一族?の女性たちの淡々とした歌い口、Kel Ohetという村?の女性の静かな子守歌、耳かっぽじって聞いてほしい、打楽器の音程も含めた絶妙なハーモニーが生まれる信じられないほど素晴らしい女性のコーラス、ジャケット写真のトゥアレグ族の弦楽器インザドの弾き語り、こんなカッコイイ音楽あるのかと思わせる、歌の掛け合いとリズムの生命感にしびれる貴族の女性たちの歌などなど収録。【曲】「Malili」「Berceuse」「Almanin(試聴)」「Le Chameau Qui Boite(試聴)」「Lehe Lehele」「Chant De Piste」「Aliouen(試聴)」「Do Yene」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

USSR Bolishoi Theatre Soloist Ensemble, Alexander Lazarev(Cond.) - ALFRED SCHNITTKE / EDISON DENISOV

  • クラシックLP
 USSR Bolishoi Theatre Soloist Ensemble, Alexander Lazarev(Cond.)- ボリショイ・シアター・ソロイスト・アンサンブル、アレクサンドル・ラザレフ(指揮) - "ALFRED SCHNITTKE / EDISON DENISOV"
USSR / LP / Stereo / Melodiya C1028753008 / Rec 1989 / Pub 1989
ジャケット表裏円状の擦れ、レーベルひげ無し、盤美品、プレスに起因するプチ音ところどころ
Jacket 3 / Disc 4 / Sound 
■ロシアの作曲家二人の室内アンサンブル二作を収録した露メロディア盤。
まずは、ストラヴィンスキーやシェーンベルク等の影響を受け、ロシアで初めて音列技法や電子音楽を実験、映画音楽も多数手がけた作曲家アルフレート・シュニトケ(1934-1998)の5楽章からなる『Hymns For Chamber Instrumental Ensemble』。A面頭からB面前半にまたがる大作で、弦楽器、特にチェロとコントラバスが活躍する作で、第五楽章のみいきいきとした動きになるものの、全編試聴のように讃美歌が低音でゆるやかに描かれた世界。大大大推薦。もう一人は、ソビエト時代の反体制派を代表するエディソン・デニソフ(1929-1996)の『Chamber Symphony』。今度は中~高音の楽器が目立つ、A面に続けて聞くのが美味しい作で、偶然性を音楽に取り入れたという彼らしいなにか自然界の法則に沿って作られたかのような淡い音が絶え間なく広がる作。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

V.A. Narciso Martinez, Pedro Ayala, Conjunto Bernal, etc. - THE TEXAS MEXICAN CONJUNTO : HISTORY OF A WORKING CLASS MUSIC

  • テックス・メックスLP
V.A. Narciso Martinez, Pedro Ayala, Conjunto Bernal, etc.- ナルシソ・マルティネス、ペドロ・アヤラ、コンフント・ベルナル、etc. - "THE TEXAS MEXICAN CONJUNTO : HISTORY OF A WORKING CLASS MUSIC"
USA / LP / Mono / Folklyric 9049 / Rec 1935 to 1966 / Pub 1980s?
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤美品
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4
■テキサスとメキシコの国境地帯で生まれた音楽を紹介するシリーズから、コンフントを収録した一枚。
ルーツ音楽の巣窟的レーベル、アーフーリー(フォークリリック)から、テックス・メックス系コンフント(小編成バンド)を収録したアルバム。戦後の若者がエレキ・ギターを手にして音楽を変えていったように、テキサスのメキシコ人はアコーディオンを自分達の音楽の要としてテキサスの音楽を変え育てました。彼らの音楽的ルーツであるポルカなどを演奏していた頃から、初めて独自のスタイルを編み出した30年代のアコーディオン奏者ナルシソ・マルティネス、そして彼に追随した人達、さらに戦後から50年代にかけて形成された、今でも全く同じことをやっているテハノまで、30~60年代の歴史的音源を収録。【曲】「Bruno Villareal / La Bella Italia」「Narciso Martinez / La Baranca」「Narciso Martinez / El Quininiche」「Santiago Jimenez / Sal Si Puedes」「Pedro Ayala / Amor En La Playa(試聴)」「Pedro Ayala / Fiches Blancas」「Los Alegres De Teran / Tu Condena」「Valerio Longoria / La Chancla」「Valerio Longoria / Lo Dudo(試聴)」「Tony De La Rosa / Atotonilco(試聴)」「Ruben Vela / La Quebrada」「Conjunto Bernal / Mi Unico Camino」「Conjunto Bernal / Choo Choo Train」「Los Relampagos / Donde Estan」「Los Relampagos / Cobardemente」「Conjunto Bernal / Rara Despedida」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Lesya Ukrainka - THE 100TH ANNIVERSARY OF THE BIRTH OF LESYA UKRAINKA (1871-1971)

  • 民俗音楽/ウクライナLP
 Lesya Ukrainka- レーシャ・ウクライーンカ - "THE 100TH ANNIVERSARY OF THE BIRTH OF LESYA UKRAINKA (1871-1971)"
Russia / LP / Mono / Melodiya 02942930 / Rec 1908, 1909 / Pub 1971
ジャケット表面にはがれ、取り出し口に裂け、表裏円状の擦れ、レーベルひげ少々、盤極表層のスクラッチ少し
Jacket 2.5 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4
■ウクライナの女性作家レーシャ・ウクライーンカの生誕100年記念のアルバム。彼女の歌や彼女の作品にまつわる音楽を収録。
ウクライナを代表する女性作家、詩人であり、また女性運動家として短い生涯を燃やしたレーシャ・ウクライーンカ(1871-1913)。ウクライナで最も尊敬されている女性の一人で、元女性首相ティモシェンコの髪型は彼女を真似したものなのだそう。これは71年に彼女の生誕100年を記念して作られたロシア・メロディア盤。なんと彼女の歌、そしておそらくですが、彼女の詩を唄った曲、彼女の作品もしくは彼女自身をテーマにしたバンドゥーラ(ウクライナの民族弦楽器)のインスト曲、弾き語りを収録したという一枚。1908年と09年の録音、原盤はシリンダー。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Mario Daly, Flores Chaviano, Efrain Amador, Antonio A. Rodriguez - MUSICA PARA GUITARRA 2

  • クラシックLP
 Mario Daly, Flores Chaviano, Efrain Amador, Antonio A. Rodriguez- マリオ・ダリー、フローレス・チャビアノ、エフライン・アマドール、アントニオAロドリゲス - "MUSICA PARA GUITARRA 2"
Cuba / LP / Stereo / Areito LD3680 / Rec 1977 / Pub 1977
ジャケット表裏円状の擦れ、上部にはがれ、右上小折れ目、レーベルひげ少々、盤浅い擦れ、プツ音でる極小スクラッチ少々
Jacket 2.5~3 / Disc 3 / Sound 
■現代キューバの作曲家によるギター曲を収録したアルバム。
キューバ国営エグレム(内アレイト)から、キューバの現代クラシック作曲家10人によるギター曲を収録したアルバム。演奏は4人のキューバのギタリストで、そのうち3人は収録されている作曲家でもあり。エフライン・アマドールによる、ラテン・スタンダード"ママ・イネス"の繊細で暖かな変奏曲、ジャズに直結する響きも織り交ぜられた、アントニオAロドリゲスによる"ヴィラ・ロボスへのオマージュ"等々といった親しみやすいものから、チリの伝説的なフォルクローレ・シンガー、ビクトル・ハラをテーマにした、アルマンド・ルイディアスによる土の香り濃厚な"ビクトル・ハラについて"、エルネスト・レクオナの甥で、米のステファン・ヴォルぺに習いキューバの現代ギター音楽の代表格となったレオ・ブローウェル作の三曲からなる前衛的な"Tres Apuntes"、ほとんどデレク・ベイリーまで行ってるダニーロ・アヴィレス"Sonata Quasi Libero"などなど。キューバのギター先進国ぶりを痛感するディープなアルバム。ジャケットの色合いのような落ち着いた録音質もいい一枚。【曲】(名前は作曲家)「Efrain Amador / Estudio Para La Mano Izquierda」「Armando R. Ruidiaz / Sobre Victor Jara」「Eliseo Grenet / Sobre Mama Ines(試聴)「Rafael Gomez / Un Pensamiento Para Sancti Spiritus」「Antonio A. Rodriguez / Homenaje A Villa-Lobos(試聴)」「Ignacio Cervantes / El Velorio」「Manuell Saumell / Los Ojos De Pepa」「Leo Brouwer / Del Homenaje A Falla(試聴)」「Leo Brouwer / De Un Fragmento Instrumental」「Leo Brouwer / Sobre Un Canto De Bulgaria」「Mario Daly / Corto No. 1」「Mario Daly / Corto No. 2」「Danilo Aviles / Sonata Quasi Libera」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2019年4月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
2019年5月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.