(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Page 335)

Joya Sherrill - SUGAR AND SPICE

  • ジャズ・ボーカルLP
Joya Sherrill- ジョヤ・シェリル - "SUGAR AND SPICE"
USA / LP / Stereo / Columbia CS8207 / Rec 1962 / Pub 1962
ジャケット表裏円状の擦れ少々、上部取り出し口縁裂け、レーベルひげ極わずか、盤浅い擦れ、ビニール製カンパニー・スリーブ
Jacket 3~3.5 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4
■40年代エリントン楽団の女性シンガー、ジョヤ・シェリルのファースト・アルバム。
40年代エリントン楽団の女性シンガー、ジョイヤ・シェリル。あの「Take The A Train」をビリー・ストレイホーンと作った才女で、40年代エリントン最大のヒット・レコードの一つ「I'm Beginning To See The Light」でボーカルを取った人。これは62年のファースト・アルバム。折り目正しい歌いまわしでいて可憐さも失わないボーカルで、しっとりとした曲から言葉遊びを盛り込んだ楽しい歌まで素晴らしい12曲。全て彼女の自作です。バックはやはりエリントンと関わりが深く、ジャズ、R&B、ポップスまで多くの歌伴で活躍した名グループ、ルーサー・ヘンダーソン楽団。ステレオ・オリジナル・レーベル。【曲】「Little Bo Peep」「Old Lady In A Shoe」「Rain Rain Go Away(試聴)」「Three Blind Mice」「Twinkle Twinkle Little Star」「Peter Peter Pumpkin Eater」「Hi Diddle Diddle」「Humpty Dumpty」「Mary Had A Little Lamb」「Hickroy Dickory Dock」「Little Boy Blue」「Rock-A-Bye Baby(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bobby Lindsey - MINE ALL MINE cw ALL OF A SUDDEN MY HEART SINGS

  • オールディーズ/ティーン・ポップ45rpm
 Bobby Lindsey- ボビー・リンゼイ - "MINE ALL MINE cw ALL OF A SUDDEN MY HEART SINGS"
USA / 45rpm / Mono / Canadian American 125 / Rec 1961 / Pub 1961
プロモホワイトレーベル、レーベル擦れ少々、盤B面に浅い擦れ少々、音に出ません
Jacket n/a / Disc 3.5 / Sound 4
■ティーン・ポップ良作。ボビー・リンゼイの恐らくは唯一の61年作。
ビショップスというグループで唄っていたシンガー、ボビー・リンゼイのソロ・シングル。ナチュラルに高い声で抜群に上手い歌を聞かせるナイス・ティーン・ポップ。ミドル・スローの甘くなりすぎないメロディーがまた良く彼にあってます。裏面はスタンダード・ナンバーのティーンR&Rアレンジもの。ストリングスも入れた上質なバックにいい声で歌うナンバー。61年。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Cardigans - YOUR GRADUATION MEANS GOODBYE cw BO WEEVIL ON THE MOUNTAIN TOP

  • ホワイト・ドゥワップ45rpm
 Cardigans- カーディガンズ - "YOUR GRADUATION MEANS GOODBYE cw BO WEEVIL ON THE MOUNTAIN TOP"
USA / 45rpm / Mono / Mercury 71251 / Rec 1957 / Pub 1957
レーベルにシール、盤浅い擦れ
Jacket n/a / Disc 3.5 / Sound 3.5
■ホワイト・ドゥワップ・グループ、カーディガンズのファースト・シングル。
57、8、9年に一枚づつシングルを出した4人組ホワイト・ドゥワップ・グループ、カーディガンズのファースト・シングル。A面は彼らの代表作で、卒業と別れという永遠のテーマを唄った切ないナンバー。裏面は跳ねるビートのダンサブルなドゥワップ。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Tom Glazer And Dottie Evans - ENERGY AND MOTION SONGS

  • ポップLP
 Tom Glazer And Dottie Evans- トム・グレイザー&ドッティー・エヴァンス - "ENERGY AND MOTION SONGS"
USA / LP / Mono / Motivation MR0314 / Rec 1961 / Pub 1961
ジャケットきれい、右下に縁裂け、レーベルひげ極わずか、盤浅い擦れ少々、ブックレットきれい
Jacket 4 / Disc 3.5~4 / Sound 4
■科学時代のためのバラッドとサブタイトルが付けられた、素晴らしい知育音楽アルバム。
あの「Unchained Melody」を書いたティン・パン・アレイの作詞家ハイ・ザレットが科学的テーマで歌詞を作り、アーティ・ショウやエスキヴェル楽団で活躍したドラマーと同名ですが同じ人?か不明なルー・シンガーが作曲を担当、そしてジャズ・ギタリスト、トニー・モトラが音を作った、知育ポップス・アルバム。歌は、ディランやシナトラも彼の曲を取り上げた名ソングライター、トム・グレイザーと女性ポップ歌手ドッティー・エヴァンス。何枚かあるこのシリーズ、本作はエネルギーと動力というお題目で、シリーズ中最もアレンジされた楽曲がならぶ一枚。ブックレット付の完品。【曲】「What Is Energy (Part 1)」「Grand Coulee Dam (How Energy Changes Form)(試聴)」「E-lec-tri-city(試聴)」「Engines (Mechanical Energy)」「Solar Energy」「Energy In Roundabout Ways」「What Is Energy (Part 2)」「Kinetic And Potential Energy」「Jets (Action And Reaction)」「Ultra Violet And Infra Red」「What Is Chemical Energy」「How Do We Measure Energy(試聴)」「Motion, Motion Everywhere」「Thumbnail Sketch Of Atomic Energy」※本日のアップはこれで終了です


By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

V.A. Crocodiles, African Zulu Male Voice Choir, Solomon Linda And Evening Birds, etc. - MBUBE ROOTS : ZULU CHORAL MUSIC FROM SOUTH AFRICA, 1930S-1960S

  • 民俗音楽/南アフリカLP
 V.A. Crocodiles, African Zulu Male Voice Choir, Solomon Linda And Evening Birds, etc.- クロコダイルズ、アフリカン・ズールー・ボイス・クワイアー、ソロモン・リンダ&イブニング・バーズ、etc. - "MBUBE ROOTS : ZULU CHORAL MUSIC FROM SOUTH AFRICA, 1930S-1960S"
USA / LP / Mono / Rounder 5025 / Rec 1930s to 1960s / Pub 1987
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤浅い擦れ、Bラストにサッと小さく出る擦れ
Jacket 4 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4 
■南アフリカのハーモニー、ムブーベの編集盤。Tokens「Lion Sleep Tonight」のオリジナル曲も収録。
米のボーカル・グループ、トーケンズの大ヒット「ライオンは寝ている」の原曲、ソロモン・リンダ「Mbube」(これに収録されています)から名前が付いた、南アフリカのコーラス音楽、ムブーベ。これは、ムブーベのSP盤を中心に収録された南アフリカのコーラス音楽のルーツを旅するラウンダー・レーベルの編集盤。生まれ持った言葉、ハーモニーと、欧米ポピュラー音楽、ゴスペルのエッセンスが無理なく溶け合った極上の16曲。【曲】「Bantu Glee Singers / Jim Takata Kanjani」「Crocodiles / Hewu! Kwaqaqamba Amathambo」「Fear No Harm Choir / Ina Ma Wala(試聴)」「African Zulu Male Choir / Kuyekeleni Kukule」「Solomon Linda's Original Evening Birds / Mbube(試聴)」「Solomon Linda & Evening Birds / Ngazula Emagumeni」「Solomon Linda & Evening Birds / Anodu Gonda」「Shooting Stars / Yek' Emarabini」「Morning Light Choir / Izindaba Ezinkulu Zika "Kawa"」「Dundee Wandering Singers / Hamba Stutubaker」「Natal Champions / Ngi-e Kaya(試聴)」「Crocodiles / Asigoduke」「Durban Crocodiles / Akasangibhaleli」「Scorpions / Cothoza Mfana」「King Star Brothers / Mus' Ukuqubuda」「Ladysmith Black Mambazo / Umama Lo」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Contemporary Chamber Ensemble, Arthur Weisberg(Cond.) - KURT WEILL : KLEINE DREIGROSCHENMUSIK / DARIUS MILHAUD : LA CREATION DU MONDE

  • クラシックLP
 Contemporary Chamber Ensemble, Arthur Weisberg(Cond.)- コンテンポラリー・チェンバー・アンサンブル、アーサー・ワイズバーグ(指揮) - "KURT WEILL : KLEINE DREIGROSCHENMUSIK / DARIUS MILHAUD : LA CREATION DU MONDE"
USA / LP / Stereo / Nonesuch H71281 / Rec 1973 / Pub 1973
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげわずか、盤ほぼ擦れ無し、美品
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 
■ジャズと現代音楽をミックスした20世紀の名作を、室内アンサンブルで演奏した一枚。
クルト・ワイルの『三文オペラ』、そしてダリウス・ミヨーの『世界の創造』という、20世紀の名作を室内アンサンブルで演奏した一枚。ともにジャズに影響を受けたこの2人の作曲家の生涯の代表作で、もとを知らなくても楽しめ、知っていたらなお楽しい新鮮なアレンジ。未知の曲のようにも聞けてしまう『三文オペラ』、ガーシュウィンの『ラプソディ・イン・ブルー』よりも先にできていた『世界の創造』のドラマチックな演奏。ゴールデン・クレスト・レーベルからのアレック・ワイルダー集等で知られるニューヨーク・ウッドウィンド・クインテットのバスーン奏者、アーサー・ワイズバーグによるグループ。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

V.A. Francis Craig, Hal Kemp, Perry Bechtel, etc. - GEORGIA STOMP : HOT BANDS FROM ATLANTA 1925-1935

  • ジャズLP
 V.A. Francis Craig, Hal Kemp, Perry Bechtel, etc.- フランシス・クレイグ、ハル・ケンプ、ペリー・ベクテル、etc. - "GEORGIA STOMP : HOT BANDS FROM ATLANTA 1925-1935"
U.K. / LP / Mono / Harlequin HQ2031 / Rec 1925 to 1935 / Pub 1987
ジャケット表裏きれい、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し、解説付き内袋きれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 
■"世界の戦前ジャズ"で知られる英ハーレクインから、今度は戦前ジョージアのジャズ・バンドを収録した一枚。
"世界の戦前ジャズ"シリーズで知られるイギリスのハーレクインから、またまたマニアックな一枚。戦前のアトランタに限定して集められたジャズ・バンドのコンピレーション。全国区になってからの盤は当店でもたまに出すハル・ケンプのアトランタ時代、ジャズ・ギタリストで、マーチンとともにドレッドノート(D28のあの形)を作らせたペリー・べクテルのバンド、後にナッシュヴィルに拠点を移し「Near You」などを書いた作曲家兼バンドリーダー、フランシス・クレイグ(キラーな「Steady Roll Blues」)、ジャズ・ギタリスト、ラリー・シーモンの、発売されなかったエディ・ラング・カバー「Eddie's Twister」などどどれも面白い。超詳細解説の専用内袋付き。【曲】「Vick Myers / If You Don't Want Me (stop Doggin Around)」「Vick Myers / Flag That Train」「Charlie Fulcher / The Georgia Stomp」「Francis Craig / Steady Roll Blues(試聴)」「Charlie Troutt / Running After You(試聴)」「Charlie Troutt / Mountain City Blues」「Charlie Troutt / Sweet Child」「Vick Myers / I'd Rather Be Alone Just Thinking Of You」「Francis Craig / Hard To Get There」「Francis Craig / That Florida Low Down」「Hal Kemp / Peg Leg Stomp / Blue Rhythm」「Harry Pomar / Nothin To Do」「Larry Semon / Eddie's Twister」「Tom Crowley / Worries On My Mind(試聴)」「Tom Crowley / Doc'oligy」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

V.A. Mbira Players Of Zimbabwe - ORIGINAL MBIRA RECORDINGS - SHUNGU ARCHIVES

  • 民俗音楽/ジンバブエ45rpm
 V.A. Mbira Players Of Zimbabwe- ジンバブエのムビラ奏者 - "ORIGINAL MBIRA RECORDINGS - SHUNGU ARCHIVES"
Zimbabwe / 45rpm / Mono / Shungu - Haka MB2 / Rec ? / Pub ?
スリーブよれ少々、レーベル4枚ともきれい、盤4枚とも美品
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4
■ジンバブエのシュング・レーベルから、ムビラ(親指ピアノ)の7インチ4枚セット。
先日アップしたトーマス・マプフーモと同じく、ジンバブエ盤7インチの4枚組。これは日本の女性の方は関わっていないかもしれません。やはり英ハカ・レーベルが流通していたものと思われます。これは、ジンバブエのショナ族が起源の楽器で、オルゴールのもとともなった、ムビラ(親指ピアノ)のアーティストの特集。どの人、グループも、ムビラとパーカッションのシンプルな編成、それに歌が入る夢のような8曲。【曲】「Time Stella Makowi / Nhemumusasa」「Time Stella Makowi / Kasawa(試聴)」「Mhuri Yekwa Makonese / Shanje」「Mhuri Yekwa Makonese / Chipembere(試聴)」「Jakachaka Band / Jekesa Kuface」「Jakachaka Band / Maigara Seyi(試聴)」「Forward Kwenda / Vakatora Chimhandara Changu(試聴)」「Forward Kwenda / Pfumo Rasvika」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

King Oliver - KING OLIVERS UPTOWN JAZZ

  • ジャズ10LP
 King Oliver- キング・オリヴァー - "KING OLIVER'S UPTOWN JAZZ"
USA / 10LP / Mono / X LVA3018 / Rec 1929 / Pub 1954
コーティング・ジャケット表裏擦れ少々、裏ジャケットに小書き込み、レーベルひげ少々、盤擦れ少々
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 
■サッチモの憧れの師匠だったキング・オリバーの29年録音。Xレーベルの10インチLP。
オリバー聞いている方には余計に面白い一枚。22年シカゴで結成したクレオール・ジャズ・バンドあたりを頂点に、その後はキングの座をサッチモに奪われ徐々に忘れられていったというイメージがありますが、その後も最高のプレイヤーであり最高のバンドを引き連れていたということを証明。選者のOキープニュース&Bグロアーの、どうだという声が聞こえてきそうな、派手さよりもジャズのうまみぎっしりのニューヨーク時代、29年の音源を集めたRCAのサブ・レーベル、Xからの10インチLP。ジャズ・エイジ最盛期のホットな時代にしてこの引き算的なアレンジもじっくり聞いてください。【曲】「West End Blues」「I've Got That Thing(試聴)」「Freakish Light Blues #3(試聴)」「Freakish Light Blues #3」「Can I Tell You」「My Good Man Sam」「Sweet Like This(試聴)」「New Orleans Shout」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Tommy Ladnier - TOMMY LADNIER

  • ジャズ10LP
 Tommy Ladnier- トミー・ラドニア - "TOMMY LADNIER"
USA / 10LP / Mono / X LVA3027 / Rec 1938 / Pub 1954
コーティング・ジャケット表裏擦れ少々、取り出し口にコート材のはがれ、レーベルひげ少々、盤表層スクラッチ少し、たまにプツ音
Jacket 3~3.5 / Disc 3~3.5 / Sound 3~3.5
■伝説の名TP奏者トミー・ラドニアの38年録音。Xレーベルの10インチLP。
ジミー・ヌーン、キング・オリバー、シドニー・ベシェなど世紀の名バンドを渡り歩いたニューオーリンズの伝説的なトランペット奏者トミー・ラドニア。これは、メズ・メズロウ(CL)、シドニー・デ・パリス(TP)、ジェームスPジョンソン(P)、テディ・バン(G)、ズティ・シングルトン(D)らとの38年録音を収録した、RCAのサブ・レーベル、Xからの54年の10インチLP。テディ・バンがリーダーと言われても信じてしまうぐらいに頑張ってます。選曲、監修はすぐあとにリバーサイド・レーベルを立ち上げるオーリン・キープニュースとビル・グロアー。【曲】「Comin' On With The Come On Part 1(試聴)」「Comin' On With The Come On Part 2」「Revolutionary Blues」「Gettin' Together(試聴)」「Everybody Loves My Baby」「I Ain't Gonna Give Nobody None of My Jelly Roll」「If You See Me Comin'(試聴)」「Royal Garden Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Ismael Santiago - EN DANZAS EN SINFONIA Y OTROS RITMOS TIPICOS

  • 民俗音楽/プエルト・リコLP
 Ismael Santiago- イスマエル・サンティアゴ - "EN DANZAS EN SINFONIA Y OTROS RITMOS TIPICOS"
USA / LP / Mono / Tropical TRLP4578 / Rec 1960s / Pub 1960s
ジャケット表裏擦れわずか、下部縁裂け、レーベルひげ極わずか、盤A1にプツ音でる長めのスクラッチあり、音さほど目立ちません、他きれい
Jacket 3.5 / Disc 3 / Sound 3
■プエルト・リコのアコーディオン奏者イスマエル・サンティアゴ。
プエルト・リコを代表するアコーディオン奏者、イスマエル・サンティアゴ。1910年生まれで戦中にアメリカへ渡り、まずはトランぺッターとして活動、その後アコーディオンにスウィッチしニューヨークで人気となりました。これは地元プエルト・リコのトロピカル・レーベルから、恐らく60年代と思われる一枚。ボタンをあまり使わない素朴なアコーディオン、キラキラしたこれはトレスでしょうか、それとギター、ギロで全て演奏される至福の12曲。【曲】「No Tienes Corazon」「Ya La Pagaras」「Virginia(試聴)」「Manuel Garcia」「Sueno De Amor(試聴)」「La Hija Del Penal」「El Torbellino」「Bosque Humbrio」「Delia Y Belen」「Amor Clandestino」「Laura Y Georgina」「Fin De Fiesta(試聴)」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

V.A. Musicians Of Louisiana, John A Lomax(Rec.), Alan Lomax(Rec.) - LOUISIANA CAJUN AND CREOLE MUSIC 1934

  • ケイジャンLP
V.A. Musicians Of Louisiana, John A Lomax(Rec.), Alan Lomax(Rec.)- ルイジアナのミュージシャン、ジョンAロマックス(録音)、アラン・ロマックス(録音) - "LOUISIANA CAJUN AND CREOLE MUSIC 1934"
USA / LP / Mono / Swallow LP8003-2 / Rec 1934 / Pub 1987
見開きジャケット表裏内側擦れわずか、ブックレットきれい、ジャケットに接着している部分が取れています、レーベル二枚ともひげ無し、盤二枚とも擦れほとんど無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4
■ジョンとアランのロマックス親子による、34年ルイジアナのフィールド・レコーディング集。
20世紀に入った頃には既に高名なアメリカ民謡研究家だったジョンAロマックスと、後にジョンを超える研究家となる19歳のアラン・ロマックスの親子が1934年にルイジアナでフィールド録音したケイジャン&クレオール音楽集。アランの最初期(初めて?)の現地録音の本作は、なぜかフォークウェイズからは音源化されておらず、この87年の2枚組で初LP化。アメリカの中の音楽独立国ルイジアナの現地録音ものの中でも最も素晴らしいものと言える内容。全4面あるうちの計3面は無伴奏の歌を収録。第1面はホフパワー・ファミリーという家族を特集。第3面はバラッドや悲歌、ドリンキング・ソング、第4面はザディコやブルース。アメリカ民謡と非アメリカ民俗音楽のどちらの面白さが入ったあまりに豊潤なメロディにただただカンゲキで、いわゆるケイジャン音楽が物足りなくなってしまいそう...第2面には楽器演奏が入っていて、これも衝撃的にいい内容。ロマックスによる詳細解説、オリジナルの仏語と英訳の歌詞付きのブックレット。地元ルイジアナのケイジャン、スワンプ・ポップの名門、スワロウから。この中から半分ほどを収録したものがCDになっています。※曲目省略します

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2019年2月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
2019年3月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.