(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Page 33)

Alan Lomax (Rec., Dir., Notes) - MURDERERS HOME AND BLUES IN THE MISSISSIPPI NIGHT

  • ブルース/ゴスペルLP
 Alan Lomax (Rec., Dir., Notes)- アラン・ロマックス(録音・監修・ライナー) - "MURDERER'S HOME AND BLUES IN THE MISSISSIPPI NIGHT"
U.K. / LP / Mono / Vogue VJD515 / Rec 1942, 1947 / Pub 1976
見開きジャケット表裏擦れほぼ無し、内側きれい、レーベル二枚ともひげ極わずか、盤二枚ともほぼ新品同様、インサート小折れ目
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4
■アラン・ロマックスの黒人音楽フィールド・レコーディング集。2LP。
英ヴォーグから。一枚目は"Murderer's Home"と題された一枚で、47年にミシシッピ州立刑務所(パーチマン・ファーム)で録音されたもの。「Summertime」~「St Louis Blues」の原型かと思わせる労働歌や、ボブ&リロイというニックネームしかわからない二人の打ち付けるようなキラーなカントリー・ブルースなどなど収録。二枚目は"Blues In The Missippi Night"で、42年に録音されたもの。こちらは送り溝無しのノンストップの構成で、種々の演奏、弾き語り、ブルースマンのインタビューを収録。ディスク2は50年代にアメリカでリリースされたのは確認済みですが、ディスク1は不明。76年リリース。【曲】ディスク1「Road Song (Murderer's Home)」「No More, My Lawd(試聴)」「Katy Left Memphis」「Old Alabama」「Black Woman」「Jumpin' Judy」「Whoa Buck」「Prettiest Train」「Old Dollar Mamie」「It Makes A Long Time Man Feel Bad」「Rosie」「Levee Camp Holler」「Early In The Mornin'」「Tangle Eye Blues」「Stackerlee」「Prison Blues」「Sometimes I Wonder(試聴)」「Bye Bye Baby」ディスク2「Blues In The Mississippi Night A(試聴)」「Blues In The Mississippi Night B(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Amos Milburn - RARE MASTERS

  • リズム&ブルースLP
 Amos Milburn- エイモス・ミルバーン - "RARE MASTERS"
France / LP / Mono / Aladdin 1566381 / Rec 1946 to 1956 / Pub 1986
ジャケット擦れほぼ無し、上部中央に小縁裂け、レーベルひげ無し、盤ほぼ新品同様
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 
■レア音源を収録した編集盤。
ヒューストン出身、40年代から50年代にかけて「One Scotch, One Bourbon....」、「Rum And Coca Cola」等をヒットさせ、西のR&Bレーベル、アラディンの看板アーティストとして君臨したエイモス・ミルバーン。これは、そういう有名曲を外して選曲された仏パテ・マルコーニの編集盤。46年から56年までの音源を収録。バックビートを鳴らすことがまだヒップだった時代のロキンなA1(このビート、いま無いですよね)から、ミルバーンで少しあるニューオーリンズ録音も入れつつ、ジョニー・エイスやチャールズ・ブラウンの手本になったような極上メロウまで全12曲。【曲】「Let Me Go Home, Whiskey(試聴)」「Three Times A Fool」「Boo Hoo」「Empty Arms Blues」「Operation Blues」「Every Day Of The Week(試聴)」「Put Something In My Hand」「Darling How Long(試聴)」「What Can I Do」「I Need Someone」「I Love You Anyway」「Baby, Baby All The Time」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Curtis Gordon - ROCK, ROLL, JUMP AND JIVE

  • ロカビリー/カントリーLP
 Curtis Gordon- カーティス・ゴードン - "ROCK, ROLL, JUMP AND JIVE"
Germany / LP / Mono / Bear Family BFX15181 / Rec mid to late 50s / Pub 1985
ジャケット擦れほぼ無し、裏ジャケットに貼り物、レーベルひげ無し、盤ほぼ新品同様
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■ロカビリアン、カーティス・ゴードンの編集盤。
カントリー・シンガー、アーネスト・タブやウエスタン・スウィングのボブ・ウィルスにあこがれ40年代にバンドを結成、52年にはレコード・デビュー、それと並行してそのタブやプレスリー、ハンク・スノウのバックを務めた、カントリー&ロカビリー界のレジェンド。これは、マーキュリーに残されたナンバーを、未発表(タイトル曲など)も交え収録した一枚。ワイルドなピュア・ロカ、エグイロッキン・ホンキー・トンク、ロッカ・バラードもいい16曲。【曲】「Draggin'(試聴)」「Rock Roll Jump And Jive」「Sittin' On Top Of The World」「Mobile Alabama」「Cry Cry」「Sixteen」「Please Baby Please」「I Wouldn't」「Play The Music Louder」「Baby Please Come Home」「So Tired Of Crying(試聴)」「Too Young To Know」「Out To Win Your Heart」「One Blue Moon One Broken Heart」「Don't Trade」「Hey Mr. Sorrow」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Doris Monteiro, Os Cariocas, Baden Powell, etc. - BOSSA NOVA SUA HISTORIA SUA GENTE

  • ブラジルの音楽LP
 Doris Monteiro, Os Cariocas, Baden Powell, etc.- ドリス・モンテイロ、オス・カリオカス、バーデン・パウエル、etc. - "BOSSA NOVA SUA HISTORIA SUA GENTE"
Brazil / LP / Stereo / Philips 999218-220 / Rec 1960s, 1970s / Pub 1975
ボックス表面擦れ少々、右上と背部に貼り物、背部上小ほころび、内側きれい、ディスク1と3にレーベルひげわずか、ディスク2には無し、盤三枚ともに擦れほぼ無し
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 
■ボサノバの歴史的名演を収録したLP三枚組ボックス・セット。
ブラジル・フィリップスが75年に製作したボックス・セット。ボサノバ誕生以前から活躍するマリオ・レイスを皮切りに歴史的名演をLP三枚に収録。ま、ボサノバだからああいう感じの気持ちいい曲が沢山入ってんだろ、と思って聞きはじめたら気味が悪くなるほどいい曲の雨あられ...満足に聞かずに特有のイメージを持っているあなた(僕ですが)、衝撃お約束。20世紀下半期の一つの世界的な音楽ムーブメントの核となる36曲であり、今生まれ続けている音楽にもはっきりと受け継がれています。ブラジル盤オリジナル、ブックレット欠品。【曲】「Mario Reis / Sofrer E Da Vida」「Dick Farney E Norma Bengel / Voce」「Doris Monteiro / Nos E O Mar」「Donato E Seu Trio / So Danco Samba」「Billy Blanco / Mocinho Bonito(試聴)」「Os Cariocas / Samba Do Aviao」「Lucio Alves / Rio」「Elizeth Cardoso / As Praias Desertas」「Agostinho Dos Santos / Ultimo Canto」「Leny Andrade / Influencia Do Jazz」「Tamba Trio / Minha Saudade」「Lenita Bruno / Por Toda A Minha Vida」「Joao Gilberto / Samba Da Pergunta」「Roberto Menescal E Seu Conjunto / Samba De Verao(試聴)」「Maysa / Demais」「Sergio Ricardo / Folha De Papel」「Conjunto Oscar Castro Neves / Chora Tua Tristeza」「Claudette Soares / Ao Amigo Tom」「Sylvia Telles / Voce E Eu」「Carlos Lyra / Coisa Mais Linda」「Sergio Mendes E Bossa Rio / Ela E Carioca」「Nara Leao / Maria Moita」「Lennie Dale / Upa Neguinho」「Zimbo Trio / Que Maravilha / Chove Chuva / Mas Que Nada」「Luiz Eca / Tristeza De Nos Dois」「Quarteto Em Cy / Tem Mais Samba(試聴)」「Edu Lobo Com Tamba Trio / Boranda」「Baden Powell / Berimbau」「Astrud Gilberto / Girl From Ipanema」「Vinicius E Toquinho / Carta Ao Tom 74」「MPB-4 / Palavra Em Palavra」「Os Gatos / Chuva」「Rosinha De Valenca / Tema Do Boneca De Palha」「Chico Buarque / Olha Maria」「Elis E Tom / So Tinha De Ser Com Voce」「Tom Jobim / Ana Luiza」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jack Coakleys Taits At The Beach Orchestra, etc. Terry Zwigoff(Dir.) - SAN FRANCISCO JAZZ ON FLEXO 1930 TO 32

  • ジャズLP
 Jack Coakley's Tait's At The Beach Orchestra, etc. Terry Zwigoff(Dir.)- ジャック・コークリーズ・テイツ・アット・ザ・ビーチ・オーケストラ、テリー・ズワイゴフ(監修) - "SAN FRANCISCO JAZZ ON FLEXO 1930 TO 32"
USA / LP / Mono / Echo E11001 / Rec 1930 to 1932 / Pub 1980s?
ジャケット擦れ無し、レーベルひげ無し、盤ほぼ新品同様
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 
■テリー・ズワイゴフが監修したフレクソ・レーベルの編集盤。
ロバート・クラムのバンドのチェリストで、映画『ゴーストワールド』等で知られる映画監督のテリー・ズワイゴフが監修した、非常に珍しい一枚。30年代前半のわずかの間サン・フランシスコにあった、ソノシートのような素材のSP盤(フレキシ)をリリースしていたフレクソ・レーベルの編集盤。恐らくこの盤のために設けたエコーというレーベルからで、この一枚のみしかリリースは無し。全く知るバンド、見たことのあるミュージシャン一切無いローカル・バンド・オンリーの13曲でありながらこんな内容。テリーの熱いライナーもご覧ください。ジャケット・デザインはクラム。【曲】「Jack Coakley's Tait's At The Beach Orchestra / Happy Days Are Here Again(試聴)」「Wabash Blues」「Walking My Baby Back Home(試聴)」「Cheer Up」「My Future Just Passed」「Unknown Artist / Unlabeled Test Pressing Medley」「Lew Reynolds Flexo Recording Orchestra / Smile When The Raindrops Fall」「You're Driving Me Crazy」「What A Fool I've Been」「Fay Elliot's New Yorkers / Come Easy Go Easy Love」「Goodwin Goldie's Flexo Recording Orchestra / Ya Got Love」「George Druck's Sweet's Ballroom Orchestra / Talk Of The Town」「Tiger Rag」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Oscar Caceres - FLORILEGE DE LA GUITARE : TRESORS DAMERIQUE LATINE

  • クラシックLP
 Oscar Caceres- オスカル・カセレス - "FLORILEGE DE LA GUITARE : TRESORS D'AMERIQUE LATINE"
France / LP / Stereo / Erato STU70988 / Rec 1977 / Pub 1977
見開きコーティング・ジャケット表裏擦れわずか、内側きれい、レーベルひげ無し、盤ほぼ新品同様
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 
■ウルグアイのクラシック・ギタリスト、オスカル・カセレスが、南米の作曲家のクラシック・ギター曲を演奏した一枚。
フランスのエラート・レーベルが70年代にやっていたクラシック・ギターのシリーズから、ウルグアイのギタリスト、オスカル・カセレスの一枚。南米各国のクラシック作曲家10人のギター曲17曲を演奏。アルゼンチン(ホルヘ・ゴメス・クレスポ、アベル・フレウリ、フリアン・アギーレ)、メキシコ(マヌエル・ポンス)、ウルグアイ(アルフォンソ・ブロークア)、ブラジル(ヴィラ・ロボス)、キューバ(マヌエル・サウメル、カルロス・ファリーニャス、レオ・ブローウェル)、パラグアイ(アグスティン・バリオス)。全編にわたって試聴のような、クラシック・ギターのレコードとは思えない静かで懐かしいメロディの曲ばかり選ばれています。繊細でいて芯のある演奏も素晴らしいの一言。【曲】「Nortena / Jorge Gomez Crespo(試聴)」「La Firmeza / Abel Fleury」「Pago Largo / Abel Fleury」「Malambo / Abel Fleury」「Aire Criollo N°1 / Julian Aguirre」「La Pajarera / Manuel Maria Ponce Cuellar」「Junto A Tu Corazon / Manuel Maria Ponce Cuellar」「La Valentina / Manuel Maria Ponce Cuellar」「Scherzino Mexicain / Manuel Maria Ponce Cuellar」「Ecos Del Paisaje-Vidala / Alfonso Broqua」「Choros N°1 / Heitor Villa-Lobos」「Valsa / Heitor Villa-Lobos」「Choro / Heitor Villa-Lobos」「Trois Contradanzas / Manuel Saumell」「Cancion Triste / Carlos Farinas」「Trois Airs Populaires Cubains / Leo Brouwer(試聴)」「Choros Da Saudade / Agustin Barrios Mangore」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Dick Hyman - FABULOUS

  • イージー・リスニングLP
Dick Hyman- ディック・ハイマン - "FABULOUS"
USA / LP / Stereo / Command RS862SD / Rec 1963 / Pub 1963
コーティングの見開きジャケット表裏内側ともにきれい、レーベルひげ少々、盤極表層のスクラッチ少し
Jacket 4 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4 
■ピアニスト&オルガニスト、ディック・ハイマンの名盤。
瞬間的にこれはいつものハイマンとは違うと感じさせられる、この時期の文句なしの最重要名盤。直後の『Moon Gas』への布石とも言えるスペイシーなナンバーが散りばめられ、またポップスのカバー曲も鬼の充実ぶり。アメリカン・ポップスの生き字引のハイマンだからこそ、スタンダードをいまだ聞いたことの無いナンバーに仕上げられるということでしょうか。ロウリー・オルガンの一つ一つの音色の吟味、そして編曲にかける気合が違う。ステレオ盤とモノラル盤に別々にマスタリング・エンジニアを用意するなどレーベル自体の音へのこだわりも申し分なし。【曲】「Washington Square」「Danke Schoen」「I'll Be Around」「Wives & Lovers」「Sonny Boy」「S'posin'」「So Easy(試聴)」「The Best Is Yet To Come」「I'll Remember April」「Living On Borrowed Time(試聴)」「Mr. Lucky」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Eddie Lang And Joe Venuti - STRINGING THE BLUES

  • ジャズLP
 Eddie Lang And Joe Venuti- エディ・ラング&ジョー・ヴェヌーティ - "STRINGING THE BLUES"
U.K. / LP / Mono / CBS 88142 / Rec late1920s to early1930s / Pub 1975
見開きジャケット表裏円状の擦れ少々、レーベル二枚ともひげ極わずか、盤二枚ともほぼ新品同様
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 
■この2人と言えばこれ、という名編集盤。
ジャズ・バイオリンの先駆にして神様のジョー・ヴェヌーティ、それと全く同じことが言えるジャズ・ギターのエディ・ラング、彼らの名演を2LPで収録した、この2人の音源集としては名盤中の名盤。二人のデュオ、さらにトリオ、そしてロニー・ジョンソンとのギター・デュオ、ラングが変名で黒人としてやっていたなどなど、エッセンシャルなものからマニアックなナンバーまで完璧に網羅。このレコード、聞くたびに違う曲が脳裏に焼きついてしまいます。内ジャケットには一曲づつのメンバー詳細、録音年月日、オリジナルのSP盤のレコード番号も掲載。試聴は「Little Girl」と「A Handful Of Riffs」。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Evelyn Mandac(Sop), Kohon String Quartet, Beveridge Webster(P), etc. - FOUR AMERICAN COMPOSERS : MABEL DANIELS / MIRIUM GIDEON / JULIA SMITH / LOUISE TALMA

  • クラシックLP
 Evelyn Mandac(Sop), Kohon String Quartet, Beveridge Webster(P), etc.- イヴリン・マンダック(ソプラノ)、コーホン弦楽四重奏団、ビヴァリッジ・ウエブスター(ピアノ)、etc. - "FOUR AMERICAN COMPOSERS : MABEL DANIELS / MIRIUM GIDEON / JULIA SMITH / LOUISE TALMA"
USA / LP / Stereo / Desto DC7117 / Rec 1971 / Pub 1971
ジャケット擦れほぼ無し、下部中央に小縁裂け、右下カットホール、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れほんのわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4
■アメリカの4人の女性現代音楽作曲家の室内楽、歌曲を収録した一枚。
なんとも親しみやすい現代音楽をリリースしたアメリカのデスト・レーベルから、まさしくこのレーベルらしい、米現音作曲家4人の4つの室内楽、歌曲を収録した一枚。最初は歌曲を多く作ったミリアム・ギデオン(1906-1996)の『Seasons Of Time : Tanka Poetry Of Ancient Japan』。チェレスタ、フルート、ピアノ等のゆらぐ演奏に、日本の短歌を10作英訳した歌が載った不思議な歌曲。続いて、ジャズやフォークをクラシックに混ぜた作を作ったジュリア・スミス(1905-1989)の弦楽四重奏『Quartet For Strings』。これなどはEZリスニングのように聞いてしまう作。新古典主義から12音へ入り、ケネディのスピーチをもとにした声楽作も作ったルイーズ・タルマ(1906-1996)は『Six Etude For Piano』。ラストはアイヴズ以前のアメリカ音楽の流れを汲むメイベル・ダニエルズ(1877-1971)の、まるで古い民話を聞いているような木管室内楽『Three Obsevations Of Three Woodwinds』。同じころのシンガー・ソングライターのレコードを聞いている感覚に近い音質も独特。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Pops And The Keynotes - SOUNDS OF THE 40S TODAY

  • ジャズLP
 Pops And The Keynotes- ポップス&ザ・キーノーツ - "SOUNDS OF THE 40S TODAY"
USA / LP / Stereo / Goldband LP7772 / Rec 1976 / Pub 1976
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤ほぼ新品同様
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 
■ケイジャン名門ゴールドバンドからなんともいい味のホームメイド・ジャズ・ポップス・アルバム。
ケイジャン~スワンプ・ポップ・ファンであれば頭がこんがらがるに違いない、しかし内容は笑ってしまうほどいい味の一枚。なんとルイジアナの名門ゴールドバンドから、ポップス・ブルザードという人のビッグ・バンド(というには編成小さいですが)作。全曲、グループのドラマーのハロルド・ブルザードと、ゴールドバンドのプロデューサーとして、50年代から数多くのケイジャン・クラシックを生んだエディ・シューラーの自作曲。全編試聴のような自主盤的アマチュア・ポップスの世界。【曲】「You No Longer Care For Me(試聴)」「Shimmy Wiggle」「Stop My Heart From Hurting」「Kitty Tomm Round (Kitty Toming Round)」「Hobo Man(試聴)」「Not So Easy」「Pestosch」「You're Not Satisfied」「Miss Agness」「No Loot Not Wheels No Pad」「I Live In Sorrow(試聴)」「Come Hell Or High Water」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Roy Eldridge - LIVE AT THE THREE DEUCES CLUB

  • ジャズLP
 Roy Eldridge- ロイ・エルドリッジ - "LIVE AT THE THREE DEUCES CLUB"
USA / LP / Mono / Jazz Archives JA24 / Rec 1937 / Pub 1975
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■トランペッター、ロイ・エルドリッジのライブを収めた一枚。
最高の歌心とトーンで聞く人を引き付ける、ジャズの滋味満点の名トランぺッター、ロイ・エルドリッジ。これは、シカゴのジャズ・クラブ、スリー・デューシーズでの37年のライブ録音を収録した一枚。絶頂期のエルドリッジの鋭く存在感のあるトランペット、ホールの様子が伝わる臨場感満点の音、この音源が出てきたら誰でもLP化したくなると思わせるいい演奏。この頃の十八番だった「After You've Gone」も収録。【曲】「Minor Jive(試聴)」「Little Jazz(試聴)」「After You've Gone」「Mr. Ghost Goes To Town」「Swing Is Here」「Basin Street Blues」「I Never Knew」「Heckler's Hop」「Exactly Like You」「Deuces Medley」「Chinatown, My Chinatown」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Stuff Smith, Emilio Caceres, Svend Asmussen - HOT SWING FIDDLE CLASSICS

  • ジャズLP
 Stuff Smith, Emilio Caceres, Svend Asmussen- スタッフ・スミス、エミリオ・カセレス、スヴェンド・アスミュッセン - "HOT SWING FIDDLE CLASSICS"
USA / LP / Mono / Folklyric 9025 / Rec 1936 to 1943 / Pub 1979
ジャケット表裏円状の擦れ少々、背部色あせ、裏面プロモスタンプ、レーベルひげわずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4
■3人の名ジャズ・バイオリニストの名演集。
フォークリリック・レーベルから珍しくジャズの一枚で、ジャズ・バイオリンの名手3人を収録。黒人ジャズ・バイオリンのパイオニア、スタッフ・スミスは、ボウイングの雑音まで聞こえてしまうようなまさしくホットな5曲。3人のなかでは一番無名なものの、ジョー・ヴェヌーティに影響を受けた鋭い演奏を聞かせるエミリオ・カセレスの4曲はこの盤の一番の目玉かも。デンマークのジャズ・マン、スヴェンド・アスミュッセンはバイオリンのみならずビブラフォンや洒落た歌も披露する5曲。【曲】「Stuff Smith / I Hope Gabriel Likes My Music」「I'm Putting All My Eggs In One Basket」「After You've Gone(試聴)」「Robins And Roses」「I Got A Heavy Date」「Emilio Caceres / I Got Rhythm(試聴)」「Humoresque In Swing Time」「Jig In G」「Running Wild」「Svend Asmussen / Honeysuckle Rose」「Melancholy Baby」「It Don't Mean A Thing」「My Blue Heaven」「Some Of These Days(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2017年4月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
2017年5月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.