(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Page 33)

Le Quatuor De Saxophones Contemporain - AUBERT LEMELAND : CONCERTINO / EPILOGUE NOCTURNE / VARIATIONS / NOCTUOR

  • クラシックLP
 Le Quatuor De Saxophones Contemporain- ル・クワテュオール・デ・サクソフォン・コンテンポラン - "AUBERT LEMELAND : CONCERTINO / EPILOGUE NOCTURNE / VARIATIONS / NOCTUOR"
France / LP / Stereo / Cybelia CY654 / Rec 1980s / Pub 1980s
コーティングの見開きジャケット擦れ極わずか、取り出し口にコート材のはがれ少し、内側きれい、レーベルひげ極わずか、盤擦れ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■仏の作曲家オベール・ルムランのサックス四重奏曲集。
仏シベリアの"20世紀のフランス音楽"シリーズの中でもかなり珍しい一枚。32年生まれ、長らく健康に問題をかかえ、ようやく60年代中期から作曲活動を始めたオベール・ルムラン。セリエル音楽には近づかず、アーロン・コープランドやアイヴズ、ジャズからも多くの影響を受け、新古典主義の路線で作曲を続けた人。これは彼が71年から80年に作曲したサックス4重奏を収録したアルバムで、全てここで初めて録音された4作。その全てが試聴のような隣接した音が密集した淡いアンサンブル曲。彼の流儀と時代との拮抗も感じ果てしない気分にさせられます。大推薦。試聴は「Concertino」「Epilogue Nocturne」。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Acquaviva And His Orchestra - A MAN AND HIS DREAM

  • ムード・ミュージックLP
 Acquaviva And His Orchestra- アクアヴィヴァ&ヒズ・オーケストラ - "A MAN AND HIS DREAM"
USA / LP / Mono / MGM E3696 / Rec 1958 / Pub 1958
ジャケットシュリンク入り、擦れ少々、下部に小縁裂け、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■アクアヴィヴァの58年のアルバム。ドリーミーなムード・ミュージック・アルバム。
作曲家&ピアニスト&バンドリーダー、アクアヴィヴァの58年のアルバム。厚めのストリングスが中心のムード・オーケストラで、昔のスタンダードはほとんどなく、彼の相棒ボブ・ヘイムス作のナンバーや自作曲を演奏。いろんなアイディアが詰め込まれたアップから、ドリーミーなメロウまでクオリティ高い12曲。オリジナル盤。【曲】「Curtain Time(試聴)」「Always The Sea」「This Might Be Love(試聴)」「Every Day」「One Moment More」「NY In A Nutshell(試聴)」「A Man With A Dream」「Road Show」「Alone With You」「Am I In Love」「Joni」「Prayer For Peace」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Ocie Stockard And The Wanderers - 1937 THE FAMOUS FOURTEEN

  • ウエスタン・スウィングLP
 Ocie Stockard And The Wanderers- オシー・ストッカード&ザ・ワンダラーズ - "1937 THE FAMOUS FOURTEEN"
USA / LP / Mono / Origin Jazz Library OJL8103 / Rec 1937 / Pub 1970s
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤ほぼ新品同様
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ウエスタン・スウィング・バンド、オシー・ストッカードの編集盤。
ブルース、ジャズのSP盤リイシュー・レーベルのパイオニア、オリジン・ジャズ・ライブラリーが、カントリーをリリースしていたとはオドロキ。でもやっぱり、オリジンが出すだけあって内容は抜群。ミルトン・ブラウンと一緒にやっていたバンジョー奏者オシー・ストッカードが始めたグループで、40年代初頭に特に活躍するのですが、これは初録音を収録した一枚。なんと収録の全14曲、37年のある日たった一日で全て録音されたそうで、ジャズ・トランぺッターのハリー・パーマーが全編に参加。カントリー色は薄めで、南部の田舎のジャズという感じ。全てこの盤で初めてLP化されたものだそう。【曲】「There'll Be Some Changes Made(試聴)」「Just Blues」「Same Thing All The Time」「Wabash Blues」「Please Sing For Me(試聴)」「To My House」「Black And Blues」「Ain't Nobody Truck Like You」「One Of Us Was Wong」「Turn Your Lights Down Low」「How Come?」「Why Shouldn't I」「Long Ago」「What's The Matter」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Lew Stokes Georgia Potlickers, Georgia Crackers, Bill Helms Upson Country Band, etc. - HELL BROKE LOOSE IN GEORGIA

  • ヒルビリーLP
 Lew Stokes Georgia Potlickers, Georgia Crackers, Bill Helms Upson Country Band, etc.- ルー・ストークス・ジョージア・ポット・リッカーズ、ジョージア・クラッカーズ、ビル・ヘルムズ・アプソン・カントリー・バンド、etc. - "HELL BROKE LOOSE IN GEORGIA"
USA / LP / Mono / County 514 / Rec 1927 to 1934 / Pub 1968
ジャケット擦れほとんどなし、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3480 yen
■ジョージア州の戦前ヒルビリー・ストリング・バンド集。
ヒルビリー専門レーベル、カウンティから、戦前ジョージア州のストリング・バンドを収録した一枚。ジョージアといえばこの種のバンドのお宝どっさりで、ギッド・タナー&スキレット・リッカーズ、ジョージア・イエロー・ハンマーズ、フィドリン・ジョン・カーソンなどが地元。これはそれらも含みつつ、全く無名のバンドも収録。その無名バンドが面白い!ケイジャンとゴスペルが混ざったような曲をやるジョージア・クラッカーズ、まるで黒人バンドなデュプリーズ・ローム・ボーイズなどなど10組12曲収録。【曲】「Lowe Stokes' Georgia Potlickers / Four Cent Cotton」「Georgia Crackers / Diamond Joe(試聴)」「Lowe Stokes & Mike Whitten / Katy Did」「Earl Johnson & His Clodhoppers / Arkansas Traveler(試聴)」「Georgia Yellow Hammers / Kiss Me Quick」「Shores Southern Trio / Goin' Crazy」「Gid Tanner's Skillet Lickers / Don't You Cry My Honey」「Bill Helms' Upson County Band / Georgia Blues」「Swamp Rooters / Swamp Cat Rag」「Fiddlin' John Carson's Virginia Reelers / Christmas Time Will Soon Be Over」「Dupree's Rome Boys / 12th Street Blues」「Gid Tanner's Skillet Lickers / Soldier's Joy」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Fujita Asaya(Dir.), Ito Soichi(Narration) - OTO NO FUDOKI NIHON : HOKKAIDO HEN

  • 民俗音楽/日本LP
 Fujita Asaya(Dir.), Ito Soichi(Narration)- ふじたあさや(構成)、伊藤惣一(ナレーション) - "OTO NO FUDOKI NIHON : HOKKAIDO HEN"
Japan / LP / Stereo / CBS Sony SODL8 / Rec 1973 / Pub 1973
見開きジャケット擦れほぼ無し、裏ジャケット下部にインク色落ち、内側きれい、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し、インサート、帯ともにきれい
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■『音の風土記 日本』の北海道編。
70年代初頭に、日本全国の音、音楽、民俗芸能etc.を現地録音し全7枚リリースされた"音の風土記"シリーズの北海道編。千歳空港に到着する飛行機の機内の音に始まり、アイヌの音楽、登別地獄谷の音、釧路魚揚場のせり、オロチョンの火祭り、にしん場の歌、etcetc...と少しの民謡が、ナレーションに導かれ延々とつなげられたという内容。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Belgian Musicians - MUSICA BELGICA ALBUM 3

  • クラシックLP
 Belgian Musicians- ベルギーのミュージシャン - "MUSICA BELGICA ALBUM 3"
Belgium / LP / Stereo / BAP LBAP0089 / Rec 1987 / Pub 1987
コーティングの見開きジャケット擦れわずか、レーベルひげ少々、盤浅い擦れ、極表層のスクラッチ少し
Jacket 4 / Disc 3.5 / Sound 3.5  2680 yen
■6人のベルギー現代音楽作曲家の6作を収録した非売品アルバム。
サバム(Sabam)という、ベルギーの芸術家をサポートする何かの団体?が非売品で製作した一枚。6人の現代音楽作曲家の6作を収録。ペーテル・ウェルフェンス(1924-2003)は、ルーベンスの絵に影響をもらったというダークな管弦楽「De Kruisoprichting」。グストン・ナイツ(1922-2016)は、三部からなる、フルート、バイオリン、ハープシコード、バスーンの四重奏『Bi-Triptychon』(試聴)。レイナー・ファン・ダー・フェルデ(1910-1993)は、ベルギーの彫刻家マーク・マッケンの作品のための夜想曲で、木管の室内楽作。ジャズ・トランぺッターでもあったエリアス・ヒステリンク(1935-2005)は、長い持続音の重なり、抜き差しで茫洋とした世界を作った室内オケ作「Elegie Voor Jan」(試聴)。ウィリー・カロン(1942)はドロドロした暗黒のパイプ・オルガン曲「Inauguration」、ローランド・コリン(1938-)は、5曲からなる『Sonate For Two Pianos』(試聴)。蘭、仏、英の三か国語ライナー。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Dixie Ramblers, Grinnell Giggers, Shaws Alabama Entertainers, etc. - RIDIN IN AN OLD MODEL T

  • ヒルビリーLP
 Dixie Ramblers, Grinnell Giggers, Shaw's Alabama Entertainers, etc.- ディキシー・ランブラーズ、グリンネル・ギガーズ、ショーズ・アラバマ・エンターテイナーズ、etc. - "RIDIN' IN AN OLD MODEL T"
USA / LP / Mono / County 548 / Rec 1920s, 1930s / Pub 1986
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤ほぼ新品同様
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■カウンティ・レーベルから、ラグタイムやジャズに影響を受けたストリング・バンドを収録した一枚。
戦前ヒルビリー限定でSP盤再発をした(新譜もあり)カントリー界のヤズー、カウンティレーベルの、いつもとは少々違う、そして内容も最高な一枚。だいたいが一アーティストかその関連のグループで一枚、というものが多いカウンティですが、これは、アルバム一枚分の音源が無いようなマイナーなグループを収録。さらに、オールド・タイムやマウンテン・ミュージック系が多いカウンティの中で、ラグタイム、ジャズに影響を受けたストリング・バンドを集めたという一枚。ダラス・ストリング・バンドがツボという人にはこれ以上ない内容。【曲】「Dixie Ramblers / Franklin County Blues」「Grinnell Giggers / Duck Shoes Rag」「Shaw's Alabama Entertainers / Tennessee River Bottom Blues」「Freeny Harmonizers / Podunk Toddle(試聴)」「Scottdale String Band / Waiting For The Robert E. Lee(試聴)」「McLaughlin Melody Makers / Dill Pickles Rag」「Rector Trio / Skyland Rag」「Grinnell Giggers / Plow Boy Hop」「Maddux Family / Stone Rag」「Walker's Corbin Ramblers / Stone Mountain Toddle」「Johnson & Moore / Killin' Blues」「Ray Brothers / Jake Leg Wobble」「Barnes Blue Ridge Ram / Mandolin Rag(試聴)」「Dixie Ramblers / Ridin' In An Old Model T」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Earl King, Archbald, Irma Thomas, etc. - NEW ORLEANS BOUNCE VOL.2, 3, 4

  • リズム&ブルースLP
 Earl King, Archbald, Irma Thomas, etc.- アール・キング、アーチボルド、アーマ・トーマス、etc. - "NEW ORLEANS BOUNCE VOL.2, 3, 4"
Japan / LP / Mono / Toshiba EMI LLS70077-80 / Rec early50s to early60s / Pub 1976
ジャケット三枚とも表面円状の擦れわずか、裏面きれい、レーベルVol3と4にひげ少々、盤3枚ともに擦れほぼ無し、インサート三枚とも少色あせのみ
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  3800 yen
■日本独自のニューオーリンズR&B編集盤。第2、3、4集の三枚セット。
76年、鈴木啓志と日暮泰文が監修、日本で製作されたニューオーリンズR&Bのコンピレーション。全4枚リリースされたうちの3枚のセット。Vol.2は"New Orleans Guitarists"で、盲目のギタリスト、ビリー・テイト(ピアノはFウォーラー)やジェシ・アレン(こいつ最高!)など4アーティスト14曲。Vol.3は"New Orleans Boogie & Blues"で、A面がアーチボルド、B面がトミー・リッジリー(こんな曲あるの?っていうのばっかり)。この2枚は50年~55年ぐらいの音源がほとんど。Vol.4は"New Orleans Soul Of Ages"で、60年代初頭のR&B~アーリー・ソウルを収録。アーマ・トーマスや元祖ブラック・ロッカー、エスキュー・リーダー(エスケリータ)、ドゥワップ・グループ、デル・ロイヤルズなど6アーティスト14曲。全て解説/歌詞のインサート付き。曲目省略します。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jimmy Giuffre 3 - JIMMY GIUFFRE 3

  • ジャズLP
 Jimmy Giuffre 3- ジミー・ジュフリー3 - "JIMMY GIUFFRE 3"
USA / LP / Mono / Atlantic 1254 / Rec 1957 / Pub 1957
コーティング・ジャケット二か所カット、表裏擦れ少々、レーベル小よごれ、ひげ、盤プツ音でるスクラッチ少々
Jacket 3 / Disc 2.5~3 / Sound 2.5~3  2480 yen
■ジミー・ジュフリー・トリオのファースト・アルバム。
確かにモダン・ジャズ、バップの音でありながら、常にメインストリームと一定の距離を置いて、ジャズの構造や核を暴くようなレコードを連発したジミー・ジュフリー。これは、ジム・ホール(G)、ラルフ・ペナ(B)とともに結成した第一期トリオのファースト。ドラムを抜いたことで生まれるクリアな空間の中で三人のアンサンブルとインプロを境い目なくつなぎ合わせた室内楽のジャズ。3声のメロディが隙間を縫いあったり、アンダーラインを弾きあったり、メロディやコードから離れて音の模様でソロイストを支えたりともうほんと面白い。57年オリジナル。【曲】「Gotta Dance(試聴)」「Two Kinds Of Blues」「The Song Is You(試聴)」「Crazy She Calls Me」「Voodoo」「My All」「That's The Way It Is」「Crawdad Suite」「The Train And The Rive」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Teddy Williams, Lem Johnson, Basil Spears, etc. - RNB FROM JOE DAVIS 1952-1953 VOLUME 1

  • リズム&ブルースLP
 Teddy Williams, Lem Johnson, Basil Spears, etc.- テディ・ウィリアムス、レム・ジョンソン、ベイジル・スピアーズ、etc. - "RNB FROM JOE DAVIS 1952-1953 VOLUME 1"
U.K. / LP / Mono / Krazy Kat KK795 / Rec 1952, 1953 / Pub 1985
ジャケット表裏擦れ少々、下部中央小縁裂け、レーベルひげ極わずか、盤ほぼ新品同様
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■ジョー・デイヴィス・レーベルのリズム&ブルース集。
40年代~50年代にかけて、ニューヨークの黒人音楽の生の姿をとらえ、自身が設立したいくつかのレーベルからリリースしたプロデューサー、ジョー・デイヴィス。これは彼のレーベルに残されたリズム&ブルース集。オペラ歌手がR&Bを歌うようなテディ・ウィリアムス、バタービーンズ&スージーのような男女デュオ、スタンプ&スタンピー、飾らないクールな歌がいいベイジル・スピアーズなどなど、未発表も二曲入った全14曲。【曲】「Teddy Williams / Don't Fool With Me」「Bar And Grill Blues」「A Woman Ain't Nothin' But Trouble(試聴)」「Lem Johnson / Never Love Anybody Better Than You Do Yourself」「Basil Spears / Don't Sing Me No Blues」「You Make Me Feel So Good(試聴)」「Stump And Stumpy / Loud Woman」「Paula Watson / I Love To Ride(試聴)」「Chick-Chick-Chick-A-Dee」「Stump And Stumpy / Two-Thirds Dead」「Basil Spears / I Want A Man To Gimme Some Luck」「Leave Him Alone And He'll Come Home」「Nat Foster / Better Get Wise With Yourself Baby」「Lizzie Baker / I Got A Letter」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Dave Ferguson And His Friends - SOMEWHERE OVER THE RAINBOW AND OTHER FIDDLE TUNES

  • ブルーグラスCDetc
 Dave Ferguson And His Friends- デイヴ・ファーガソン&ヒズ・フレンズ - "SOMEWHERE OVER THE RAINBOW AND OTHER FIDDLE TUNES"
USA / LP / Stereo / Ridge Runner RRR0003 / Rec 1976 / Pub 1976
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■70年代ブルーグラス名門リッジ・ランナーの初期名盤。
自身のソロも素晴らしいブルーグラス・ミュージシャン、スリム・リッチーが興し、新しいアメリカン・トラディショナルのいいレコードを多く生んだテキサスのレーベル、リッジ・ランナーから、フィドラー、デイヴ・ファーガソンのソロ・アルバム。アラン・マンディー(BJ)、ダン・ハッカビー(Dobro)などこのレーベルの住人達によるバッキングに溌剌とプレイ。上手いのはもちろん、まとまりも最高。もう、このレーベルの一つのバンドと言ってもいいかも。アルバムごとに目立つ人が違うという感じなんでは。ブルグラ、トラッドのみならずジャズ系のレパートリーが多いのがこの人たちならでは。【曲】「Beaumont Rag」「Sally Goodin」「Brazos River Waltz」「Rachel」「Sheryl's Polka」「Bill Cheatham(試聴)」「Somewhere Over The Rainbow(試聴)」「Grey Eagle Hornpipe」「Faded Love」「High Level Hornpipe」「Cowtown Bounce」「Hobo's Blues(試聴)」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jimmy Giuffre 3 - THESIS

  • ジャズLP
 Jimmy Giuffre 3- ジミー・ジュフリー3 - "THESIS"
USA / LP / Stereo / Verve V6-8402 / Rec 1961 / Pub 1961
コーティングの見開きジャケット表裏擦れ少々、左下カット、内側擦れ少々、レーベルひげ極わずか、盤浅い擦れわずか、Aラストの最後の方に一本スクラッチ、ほぼ音に出ません
Jacket 3.5 / Disc 3.5~4 / Sound 4  2980 yen
■ジミー・ジュフリーの名物トリオの二作目。
確かにモダン・ジャズ、バップの音でありながら、常にメインストリームと一定の距離を置いて、ジャズの構造や核を暴くようなレコードを連発したジミー・ジュフリー。これは、ポール・ブレイ(P)、スティーヴ・スワロウ(B)で結成された、その後のジャズの行先を占ううえでも最重要と言われる彼の二代目トリオの二枚目。ジャズの熱狂性やなまめかしさを消し、フリー・インプロヴィゼーションの到来を予言するような、涼しく軽やかな異質のフリー・ジャズ盤。【曲】「Ictus」「That' True, That's True(試聴)」「Sonic」「Whirrrr(試聴)」「Carla」「Goodbye」「Flight」「The Gamut(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2017年7月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2017年8月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.