(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Page 329)

Claude Thornhill And His Orchestra - A SUNDAY KIND OF LOVE cw SONATA

  • ジャズ78rpm
 Claude Thornhill And His Orchestra- クロード・ソーンヒル&ヒズ・オーケストラ - "A SUNDAY KIND OF LOVE cw SONATA"
USA / 78rpm / Mono / Columbia 37219 / Rec 1946 / Pub 1946
レーベルきれい、盤浅い擦れ、プツ音でる小スクラッチ少々
Jacket n/a / Disc 3.5 / Sound 3.5
■「A Sunday Kind Of Love」のオリジナル・バージョン。裏面も絶品のソーンヒル・サウンド。
大音量でひたすらスウィングする楽団が隆盛を極めた白人スウィング・バンド全盛期に、あまりにも音楽的過ぎた、静寂のビッグ・バンド・ジャズを演奏したクールの元祖クロード・ソーンヒル楽団。本作は46年、黒人白人、ジャズ、R&B問わず後に多くのアーティストが取り上げた「A Sunday Kind Of Love」のオリジナル・バージョン。エリントン楽団を皮切りに名バンドを渡り歩いた女性シンガー、フラン・ウォーレンが麗しい歌を披露、彼女の代表曲ともなりました。ソーンヒルの片手ピアノに導かれ始まるBは、男性シンガー、バディ・ヒューズをフィーチュア、これぞソーンヒル・サウンドという静かなジャズ・ピアノ協奏曲。※本日はこれでアップ終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Hot Lips Page - CASANOVA CRICKET cw THE DEVILS KISS

  • ジャズ/リズム&ブルース78rpm
 Hot Lips Page- ホット・リップス・ペイジ - "CASANOVA CRICKET cw THE DEVIL'S KISS"
USA / 78rpm / Mono / King 15198 / Rec 1952 / Pub 1952
レーベル、盤ともにピカピカです
Jacket n/a / Disc 4 / Sound 4
■ホット・リップス・ペイジのキラーなR&B盤。52年作。
テキサス~カンサスで活躍したトランペッター&シンガー、ホット・リップス・ペイジ。20年代にはマ・レイニー等の巡業に加わり、ベニー・モーテン楽団に参加。モーテンの死後ベイシー楽団にも数年在籍しましたが、サッチモの薦めで独立、セッション・ワークも含め、ジャズの最も滋味溢れるナンバーを送り出してきました。さてこれは少々わけの違うキング盤。52年、スクリーミン・ジェイ・ホーキンスばりのエグイ歌といいドッキリ強烈なバッキングといい両面キラーなR&Bのカップリング。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Charlie Poole And The North Carolina Ramblers - DONT LET YOUR DEAL GO DOWN BLUES cw CAN I SLEEP IN YOUR BARN TONIGHT MISTER

  • ヒルビリー/オールドタイム78rpm
Charlie Poole And The North Carolina Ramblers- チャーリー・プール&ザ・ノース・キャロライナ・ランブラーズ - "DON'T LET YOUR DEAL GO DOWN BLUES cw CAN I SLEEP IN YOUR BARN TONIGHT MISTER"
USA / 78rpm / Mono / Columbia 15038D / Rec 1925 / Pub 1925
レーベル擦れ多し、盤擦れ多し、ノイズ多し
Jacket n/a / Disc 2 / Sound 2
■チャーリー・プールのデビュー盤にして文句なしの代表作。
盤擦れ、ノイズ多し。ブルーグラスのビル・モンローやハンク・ウィリアムス(特に歌詞は相当影響受けたそう)、そしてハリー・スミスの『Anthology...』を聞いて育った50年代以降のミュージシャンたちにも大きな影響を与えたオールドタイム・カントリーのパイオニア、チャーリー・プール&ノース・キャロライナ・ランブラーズ。これが記念すべきデビュー盤で、彼らと言えばのアパラチアン・ブルース「Don't Let Your Deal Go Down Blues」。裏面はオールドタイミーなメロディ、生き生きした演奏の「Can I Sleep In Your Barn Tonight Mister?」。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Lena Machado - HAWAIIS SONG BIRD

  • ハワイアンLP
 Lena Machado- レナ・マシャード - "HAWAII'S SONG BIRD"
USA / LP / Stereo / South Seas SS1000 / Rec 1962 / Pub cir.1970
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 
■ハワイの女性シンガー、レナ・マシャードの傑作LP。セカンド・ジャケット。
ある日、マンゴーの木の上で唄っているところを見つけられ、30年代にはデビュー、そしてハワイを代表する女性歌手となったハワイの"ソング・バード"ことレナ・マシャード。これは名盤の誉れ高い62年のフル・アルバム。適度にエレキ楽器が混ざるハワイアン・コンボのなめらかな演奏に優しく祈るような歌が素晴らしい一枚。全曲彼女の自作曲。70年前後のセカンド・ジャケット、ハワイ盤。【曲】「E Kuu Baby (Hot Cha Cha)(試聴)」「Holo Waapa (Canoe Song)」「Ei Nei (My Darling)(試聴)」「Holau (Everybody's Rendezvous)」「Huu Wa Liilii (Childhood Days)」「Hoonanea (Relax Sweet And Dreamy)」「Mai Lohilohi Mai Oe (My One Desire)」「Moani Ke Ala Ona Pua Makahikina (Come To Me My Love)(試聴)」「Kauoah Mai (The Keyhole Song)」「U‘i Lani (Heavenly One)」「Kaulana O Hilo Hanakahi (Beautiful Hilo)」「Mom (Sweetheart Of The Universe)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Taguchi Ryuzaburo, Nishihara Yasushi, Nihon Kokaon Senmon Kenkyukai - KOKAON LIBRARY VOL.1 (10 EP SET)

  • 効果音45rpm EP
 Taguchi Ryuzaburo, Nishihara Yasushi, Nihon Kokaon Senmon Kenkyukai- 田口リュウ三郎、西原康、日本効果音専門研究会 - "KOKAON LIBRARY VOL.1 (10 EP SET)"
Japan / 45rpm EP / Mono / King CC501-510 / Rec 1962 / Pub 1962
インサート小折れ目あるものわずか、レーベル、盤ほぼすべて美品、一枚ごく浅い擦れ
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 
■62年、キング・レコードが出した効果音集EP。10枚セット。
音響工学者の田口リュウ(さんずいに卯)三郎の監修、西原康の解説と指導、日本効果音専門研究会が録音、制作した効果音集。62年、キング・レコードから、この第一集は全10枚。全て揃ってます。33回転のEP形式で、それぞれ収録時間非常に長いです。ありとあらゆる音、そして日本でしか聞けない音を多数収録。詳しくは左下の写真をご覧ください。盤すべてデッドストックのコンディション、詳細解説のインサート付き。音もすごくいいです。
By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Sy Oliver And His Orchestra - ORGAN GRINDERS SWING cw I CANT GIVE YOU ANYTHING BUT LOVE, BABY

  • ジャズ78rpm
 Sy Oliver And His Orchestra- サイ・オリヴァー&ヒズ・オーケストラ - "ORGAN GRINDER'S SWING cw I CAN'T GIVE YOU ANYTHING BUT LOVE, BABY"
USA / 78rpm / Mono / Decca 27185 / Rec 1950 / Pub 1950
レーベルBに小汚れ、盤擦れわずか、美品
Jacket n/a / Disc 4 / Sound 4
■サイ・オリヴァー楽団の50年作。
ジミー・ランスフォード楽団であの「My Blue Heaven」や「Ain't She Sweet」等を彼のアレンジでヒットさせ、トミー・ドーシー楽団でも「On The Sunny Side Of The Street」「Opus One」等をヒットさせ、エラ・フィッツジェラルドやルイのバックも務めた米ジャズの殿堂入り確実の黒人アレンジャー&バンド・リーダー&トランペッター、サイ・オリヴァー。洗練された黒さ、ウィットに富んだ頭脳的なジャズ・クリエーターで、彼の良さがほんとに良く出た50年の最高のダブルサイダー。裏面では歌も披露。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Rene Paulo - FAVORITE MELODIES OF JAPAN

  • ムード・ミュージックLP
 Rene Paulo- レネ・パウロ - "FAVORITE MELODIES OF JAPAN"
USA / LP / Stereo / Mahalo M3012 / Rec early60s / Pub early60s
ジャケット表裏円状の擦れ少々、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 3.5~4 / Sound 
■ハワイのピアニスト、レネ・パウロによる日本のメロディ集。
オアフ島出身のジャズ&カクテル・ピアノ奏者、レネ・パウロ。浜辺のジョージ・シアリングというような独自のエキゾチシズム溢れる音楽家。本作は日本のメロディをシンプルなエキゾ・トリオでやった、この辺のファンにはもう感涙の一枚。マーティン・デニーのバージョンを数段ディープにした感の「りんご追分」、ベース、ドラムと一緒になんの味付けもせず演奏した「蘇州夜曲」等々収録です。ハワイ盤。【曲】「涙の渡り鳥(試聴)」「別れの磯千鳥」「荒城の月」「浜邊の歌」「旅の夜風」「蘇州夜曲」「花言葉の歌(試聴)」「真白き富士の嶺」「りんご追分(試聴)」「出船」「好いていたのに」「さくら」


By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Malvina Reynolds - ARTICHOKES, GRIDDLE CAKES AND OTHER GOOD THINGS

  • フォークLP
 Malvina Reynolds- マルヴィナ・レイノルズ - "ARTICHOKES, GRIDDLE CAKES AND OTHER GOOD THINGS"
USA / LP / Stereo / Pacific Coast LPL7018 / Rec 1970 / Pub 1970
見開きジャケット表裏円状の擦れ少々、下部中央に縁裂け、レーベルひげほぼ無し、小汚れ、盤極浅いスクラッチ少し
Jacket 3~3.5 / Disc 3.5 / Sound 3.5~4 
■お婆さんのフォーク・シンガー、マルヴィナ・レイノルズが、子供のための歌を作り唄った70年のアルバム。
反核実験の「雨を汚したのは誰」や、高田渡が「自衛隊へ入ろう」としてカバーした反戦歌「アンドーラ」というような歌をブロッサム・ディアリーが魔女風になったような声で唄うお婆さん(本作で70歳)のフォーク・シンガー、マルヴィナ・レイノルズ。これは彼女が子供のための歌を作り唄った70年のアルバム。タコマからアルバムもある女性ギタリスト、ジャネット・スミスが何曲かで参加。恐らくコーラスだと思います。シンプルなメロディが踊るように楽しく奏でられるナンバーから、彼女独特の作曲センスが光る風変りなナンバーまで本当素晴らしい。【曲】「Artichokes」「The Pets II(試聴)」「Johnny Built A House」「Wheels(試聴)」「Everybody Says」「One Shoe」「The Stars Are Hiding」「I Live In A City」「You Can't Make A Turtle Come Out(試聴)」「Morningtown Ride」「Griddle Cakes」「It Turned Out To Be A Song(試聴)」「I Went A-Gathering」「Don't Bother Me」「Little Boat」「Eight Candles」「In Bethlehem」


By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Johnny Cash - GREATEST

  • ロカビリー/カントリー78rpm
Johnny Cash- ジョニー・キャッシュ - "GREATEST"
USA / 78rpm / Mono / Sun SLP1240 / Rec late50s / Pub 1959
コーティング・ジャケット表裏擦れ少々、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れ、極小のスクラッチ少し
Jacket 3.5 / Disc 3.5 / Sound 3.5~4
■ジョニー・キャッシュ59年のアルバム。オリジナル・モノラル。
(※縁なしコーティングのオリジナル・ジャケット、両面DG、両面シェルダン刻印の1stプレス)“それまで聴いたどんな音楽とも違っていた”と言ったのはボブ・ディラン。深みのあるバリトン声、口数少ないライブ、黒で決めた衣装、今の今でも通用する無頼派ロッカーのようなイメージを作り上げたロカビリーの真のカリスマ。とりわけ初期サン時代の十数枚のシングルは彼の原点が詰まった最高のものばかり。これは59年、彼のまさにグレイテストなナンバーを集めたアルバム。【曲】「Goodby Little Darlin'」「I Just Thought You'd Like To Know」「You Tell Me」「Just About Time」「I Forgot To Remember To Forget」「Katy, Too(試聴)」「Thanks A Lot」「Luther's Boogie」「You Win Again(試聴)」「Hey Good Lookin'」「I Could Never Be Ashamed Of You」「Get Rhythm(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Dan Sullivans Shamrock Band - GREEN GROW THE RUSHES O cw THE LEG OF THE DUCK - FIRE IN THE MOUNTAIN

  • アイリッシュ・バンド78rpm
 Dan Sullivan's Shamrock Band- ダン・サリヴァンズ・シャムロック・バンド - "GREEN GROW THE RUSHES O' cw THE LEG OF THE DUCK - FIRE IN THE MOUNTAIN"
USA / 78rpm / Mono / Decca 12045 / Rec 1934 / Pub 1934
レーベル擦れ、盤擦れ少々
Jacket n/a / Disc 3~3.5 / Sound 3~3.5
■戦前ボストンの名アイリッシュ・バンド。34年の一枚。
戦前ボストンの名アイリッシュ・バンド、ダン・サリヴァンズ・シャムロック・バンド。デッカのアイリッシュやケルティックのシリーズ、12000番台から、34年の一枚。アコーディオン、ティン・ウィッスル(ブリキの笛)、フィドルなどの力強い演奏で、スキャット・ボーカルを入れた面白いA、インストのジグのB。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bing Crosby - TRY A LITTLE TENDERNESS cw HOW DEEP IS THE OCEAN

  • ボーカル78rpm
Bing Crosby- ビング・クロスビー - "TRY A LITTLE TENDERNESS cw HOW DEEP IS THE OCEAN"
U.K. / 78rpm / Mono / Columbia DB1985 / Rec 1933, 1932 / Pub 1930s
レーベル、盤ともに新品のようなコンディション、イギリス盤特有のチリ音少々
Jacket n/a / Disc 4 / Sound 4
■ビング・クロスビーの30年代前半の作。エディ・ラング、トミー・ドーシー他。
イギリス盤。Aは33年、エディ・ラング(G)らがバックを付けた「Try A Little Tenderness」。裏面はトミー・ドーシー(TB)、やはりラング?ディック・マクドノウ(G)の可能性もありますが、同様にトップ・ジャズ・マンがサポートした32年の「How Deep Is The Ocean」。擦れほとんどなし、新品のようなコンディション。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bing Crosby - SOME DAY WELL MEET AGAIN cw LETS SPEND AN EVENING AT HOME

  • ボーカル78rpm
Bing Crosby- ビング・クロスビー - "SOME DAY WE'LL MEET AGAIN cw LET'S SPEND AN EVENING AT HOME"
U.K. / 78rpm / Mono / Columbia DB2153 / Rec 1932, 1934 / Pub 1930s
レーベル、盤ともに擦れ極わずか、新品のようなコンディション、イギリス盤特有のチリ音少々
Jacket n/a / Disc 4 / Sound 4
■Aは32年、Bは34年。新品のようなイギリス盤。
イギリス盤。Aは32年、メンバー詳細わかりませんが、恐らくはエディ・ラングもしくはディック・マクドノウらがバックを付けた「Some Day We'll Meet Again」。裏面はレニー・ヘイトン楽団の伴奏で、34年の「Let's Spend An Evening At Home」。うっとり聞き惚れる美メロ曲2曲。擦れほとんどなし、新品のようなコンディション。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2018年10月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2018年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.