(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Page 329)

////////// ブルース、民俗音楽、現代音楽、その他いろいろ入荷しています

- ブルース、民俗音楽、現代音楽、その他いろいろ入荷しています -

まだホームページにアップしていないレコード、いろいろあります。昨日は、民俗音楽、ブルース、現代音楽、アーリー・ジャズのLPが30枚ほど入荷。店頭には値段を付けて全て出しました。ぜひご来店ください。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Eddie Lang And Lonnie Johnson - BLUE GUITARS

  • ジャズ/ギターLP
 Eddie Lang And Lonnie Johnson- エディー・ラング&ロニー・ジョンソン - "BLUE GUITARS"
U.K. / LP / Mono / Parlophone PMC7019 / Rec late1920s / Pub late60s
コーティングのペラ・ジャケット表裏円状の擦れ少々、レーベルひげ無し、盤浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4
■英パーロフォンの、エディ・ラング&ロニー・ジョンソン第一集。時代を超えた名演。
ラングは戦前にジャズ・ギターを"発明"した巨人。ピアノの奏法やコードをギターに置き換え、ギターの役割を拡大させコードも複雑にしていきました。そんな彼はピアノとのデュエット演奏やブルース・ギタリストとのデュエット等この時代では例外的な、しかし全ギタリストのバイブルとなるほどの強烈な作品を多く残しています。この盤はそのラングの音源と、20年代にラングと同レベルまで行っていた数少ない黒人ブルース/ジャズ・ギタリスト、ロニー・ジョンソンとの演奏をまとめたイギリス・パーロフォン盤で、第二集と並びラング音源のもっとも重要な編集盤といえる一枚。アーサー・シュットのピアノをバックにラングのソロを堪能するしみじみとした「Eddie's Twister」、ジョンソンの手さばきに驚嘆する「Playing With The Strings」、ラングのセゴヴィアからの影響をじかに感じる「A Little Love A Little Kiss」、ブラインド・ブレイク並みの歯切れ良さにシングル・ストリングのランが本当に驚愕なジョンソンのソロ「Stompin' Em Along Slow」、それぞれの面ラストに収録されたサッチモとの二曲などなど。【曲】「Hot Fingers(試聴)」「Eddie's Twister(試聴)」「Playing With The Strings(試聴)」「Have To Change Keys To Play These Blues」「A Little Love, A Little Kiss」「Stompin' 'em Along Slow」「Midnight Call Blues」「Knockin' A Jug」「Blue Room Blues」「Add A Little Wiggle」「Away Down In The Alley, Blues」「Blue Guitars」「Rainbow Dreams」「Blues In G」「Deep Minor Rhythm」「Mahogany Hall Blues Stomp」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Eddie Lang And Lonnie Johnson - BLUE GUITARS VOL.2

  • ジャズ・ギターLP
 Eddie Lang And Lonnie Johnson- エディー・ラング&ロニー・ジョンソン - "BLUE GUITARS VOL.2"
U.K. / LP / Mono / Parlophone PMC-7106 / Rec late1920s / Pub 1970
コーティングのペラ・ジャケット表裏円状の擦れ極わずか、レーベルひげ無し、盤浅い擦れわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4
■英パーロフォンの、エディ・ラング&ロニー・ジョンソン第二集。時代を超えた名演。
ラングは戦前にジャズ・ギターを"発明"した巨人。ピアノの奏法やコードをギターに置き換え、ギターの役割を拡大させコードも複雑にしていきました。そんな彼はピアノとのデュエット演奏やブルース・ギタリストとのデュエット等この時代では例外的な、しかし全ギタリストのバイブルとなるほどの強烈な作品を多く残しています。この盤はそのラングの音源と、20年代にラングと同レベルまで行っていた数少ない黒人ブルース/ジャズ・ギタリスト、ロニー・ジョンソンとの演奏をまとめたイギリス・パーロフォン盤で、第一集と並びラング音源のもっとも重要な編集盤といえる一枚。目の覚めるような素敵なイントロから、名人芸をおしげなく披露する「I'll Never Be The Same」、ラフマニノフをソロ・ジャズ・ギター・アレンジにした「Prelude」、Frank Signorelliのピアノもまた良い「Perfect」、そしてジョンソンとの珠玉のギター・デュエット、その二人がサポートしたカントリー・ブルースマン、テキサス・アレキサンダーの2曲、さらにキング・オリヴァー、ホーギー・カーマイケルと結成したオフ・ショットなバンド、ジン・ボトル・フォーなどなど収録。【曲】Eddie Lang「I'll Never Be The Same」「April Kisses」「Prelude In C Sharp Minor」「The Melody Man's Dream」「Perfect」「Church Street Sobbin' Blues(試聴)」「There'll Be Some Changes Made」「Jeannine I Dream Of Lilac Time」、Eddie Lang And Lonnie Johnson「Two Tone Stomp」「Guitar Blues(試聴)」「Bull Frog Moan」「A Handful Of Riffs」、Texas Alexander「Work Ox Blues」「The Risin' Sun」、Blind Willie Dunn's Gin Bottle Four「Jet Black Blues」「Blue Blood Blues(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Fujimatsu-Kaga-Tayu - SHINNAI NAGASHI cw RANCHO

  • 日本の音楽/新内78rpm
 Fujimatsu-Kaga-Tayu- 富士松加賀太夫 - "SHINNAI NAGASHI cw RANCHO"
USA / 78rpm / Mono / Columbia 2534 / Rec pre1920s / Pub pre1920s
レーベル擦れ少々、盤浅い擦れ
Jacket n/a / Disc 3.5 / Sound 3.5 
■新内の名手、富士松加賀太夫の米コロンビア盤。
日本の古い音楽を民俗音楽として聞いているような人には大推薦。悲哀あふれる女性の生き様を歌い、おもに遊郭の女性に人気となり発展した新内の名手、富士松加賀太夫の米コロンビア盤。恐らく1910年代中ごろ?アメリカのコロンビアが日本に赴き録音し発売したもの。銀座の時計店、天賞堂が輸入販売していたそう。さて、これは元来こういう曲、歌なのでしょうか....衝撃的なこのメロディの感覚、拍をぼやかすような三味線。録音はあまり良くないです。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Kodaly Chorus Of The Klara Leowey Secondary School - KODALY : CHORAL WORKS 2 - CHILDRENS CHORUSES

  • クラシックLP
Kodaly Chorus Of The Klara Leowey Secondary School- コダーイ・コーラス・オブ・ザ・クララ・レオェウイ・セカンダリー・スクール - "KODALY : CHORAL WORKS 2 - CHILDRENS CHORUSES"
Hungary / LP / Stereo / Hungaroton SLPX11315 / Rec early1970s / Pub early1970s
コーティングの見開きペラ・ジャケット擦れわずか、きれい、レーベルひげ無し、盤浅い擦れ少し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4
■コダーイの子供のためのコーラス曲を収録した一枚。
バルトークとならびハンガリーを代表する作曲家ゾルタン・コダーイ(1882-1967)。これは、ハンガリーの国営レーベル、フンガロトンが出した、コダーイの合唱曲集の二枚目で、子供たちのために書かれたアカペラの合唱曲を19曲収録したアルバム。ハンガリーの民俗音楽のメロディを現代風にアレンジしたものが多いです。【曲】「Punkosdolo(試聴)」「Villo」「Ujesztendo Koszonto(試聴)」「Gergelyjaras」「Lengyel Laszlo」「Angyalok Es Pasztorok」「Bekedal」「Esti Dal(試聴)」「Nagyszalontai Koszonto」「Egyetem, Begyetem」「Arva Vagyok(試聴)」「Mez, Mez, Mez」「Harasztosi Legenynek」「Urgeontes」「Hazasodik A Vakond」「Bicinia Hungarica I-IV. (1937-1942) Es Tricinia」「Bicinia Hungarica I-IV. (1937-1942) Es Tricinia」「Eneklo Ifjusag」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Maurice Horsthuis, Judith Herzberg, etc. - LEEDVERMAAK

  • 舞台音楽/フリー・ジャズLP
Maurice Horsthuis, Judith Herzberg, etc.- モーリス・ホルストフィス、ジュディス・ヘルツベルグ - "LEEDVERMAAK"
Holland / LP / Stereo / Data 821 / Rec 1982 / Pub 1982
ジャケット背部色あせ少々、レーベルひげわずか、盤浅い擦れ少々、インサート薄いしみ少々
Jacket 3.5~4 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4  
■モーリス・ホルストフィスら、オランダの前衛ミュージシャンたちによる舞台音楽『LEEDVERMAK』。
オランダの女流劇作家/詩人ジュディス・ヘルツベルグが台本を書き、ロル・コックスヒルとの共演盤も知られる、オランダのフリー・インプロヴィゼーション・シーンのヴィオラ奏者/作曲家モーリス・ホルストフィスが作曲したアヴァンギャルドな舞台音楽『Leedvermaak』を収録した蘭データからの一枚。クラ/サックスのマイケル・ムーア、メンゲルベルグのフリー・ジャズ・オーケストラICP Orchのウォルター・ビールボスらの演奏に俳優たちがヘルツベルグの歌を思い思いの表情で唄います。ワイル/ブレヒトの芝居音楽、アヴァン/トイポップ、近代クラシック、チェンバー・ポップ、戦前ジャズ、インカス風のフリー・インプロ等が調合され心地よくゆがんだ空間を生み出している20曲。【曲】「Het Licht Is Erg Slecht」「De Taart Is Gebracht」「Raadgevingen Aan De Oorspronkelijke Ouders」「De Taart Gehesen」「Niet Meer Dankbaar」「Meeuwen」「Op De Bruid Uit」「Schommelen」「Over Xantippe」「Hoe Kom Ik Bij?」「De Taart Gegeten」「Welk Hotel?」「Simons Speech」「Kaaslied」「Leas Lied」「In De Trein」「Simons Lied」「Gelieve Mede Te Nemen」「Gut」


By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Millionaires Four And Friends - YOU DONT HAVE TO BE A MILLIONAIRE

  • ジャズLP
 Millionaires Four And Friends- ミリオネアーズ・フォー&フレンズ - "YOU DON'T HAVE TO BE A MILLIONAIRE"
USA / LP / Mono / Lammerts A100 / Rec 1960 / Pub 1960
ジャケット表裏擦れ少々、レーベルひげ少々、盤浅い擦れ少々
Jacket 3.5 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4
■セント・ルイスの家具店が販促のため?に出した一枚。えっと驚くジャズ・アルバム。
ラマーツという、ミズーリ州セント・ルイスの家具・インテリア・ショップが60年に出したジャズ・アルバム。ミュージシャンは地元のジャズ・マンたちで、地味な内容か...と思いきや驚きの内容。40年代からのジャズ・ピアニストで、RCAからもアルバムを出しているラス・デイヴィッドをリーダーに、ヴィブラフォン、バンジョー、ベースのカルテット。曲によりギターやストリングスを交えた編成で、最高のスモール・コンボ・ジャズ、EZリスニング風ストリングスを入れた風変りなバンジョー・チューン、ベント・ファブリック調のウィットが効いたピアノ・ジャズなどなど、相当にいい内容。【曲】「Mountain Greenery(試聴)」「The World is Waiting for the Sunrise(試聴)」「You Do Something to Me」「You Don't Have to Be a Millionaire」「I Found a Million Dollar Baby」「Our Love is Here to Stay」「The One I Love Belongs to Somebody Else(試聴)」「Children's Song」「Fascinating Rhythm」「The Sound of Music」「Alabama Jubilee」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Amber Sisters - SO TIRED OF YOUR RUNNIN ROUND cw LOOK WHAT FOLLOWED ME HOME

  • カントリー78rpm
 Amber Sisters- アンバー・シスターズ - "SO TIRED OF YOUR RUNNIN' 'ROUND cw LOOK WHAT FOLLOWED ME HOME"
USA / 78rpm / Mono / Capitol 2684 / Rec 1953 / Pub 1953
レーベルに極小はがれ、盤浅い擦れ、Bにサーフェイスノイズ少々
Jacket n/a / Disc 3.5 / Sound 3.5 
■ヒルビリーの三姉妹グループ、アンバー・シスターズのロッキン・ルンバ・カントリー。
サンから女エルヴィスとして56年にシングルを出すジーン・チャペルが30年代から組んでいたオール・ガール・ヒルビリー・バンドの草分けアンバー・シスターズ。そのジーン(Vo, Banjo)と、50年代にゴスペル界で名を挙げたマーサ(Vo,G)、そしてバーサ(Vo, Fiddle)の三姉妹。50年代には既にカントリー界では有名な彼女たち、しかしシスターズのレコードは4枚のみ(ソロはいろいろとあります)。これは53年の一枚。3人にチェット・アトキンス(G・ナイスソロ!)とスティール・ギターが入った編成でのロッキン・ルンバ・カントリー。ミッド・テンポの裏も活きのいいナンバー。※本日はこれでアップ終了です


By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Fats Waller - FATS

  • ジャズLP
 Fats Waller- ファッツ・ウォーラー - "FATS"
USA / LP / Mono / RCA Victor LPT6001 / Rec 1930s 1940s / Pub 1954
ボックス縁に裂け目、背部断裂(蓋と箱の形になっています)右側テープ、擦れはあまりなし、内側きれい、レーベル二枚ともひげ少々、盤二枚とも極浅い擦れ、極表層のスクラッチ少し、ディスク2のA面最初の方に強めの擦れ、音には全く出ません、スリーブに鉛筆書き込み、ブックレットしみ少々
Jacket 2.5 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4
■ファッツ・ウォーラーの未発表集。2LPボックス・セット。
どういう状況で録音されたものなのかはっきりわからないのですが、ここに収録された38曲、恐らくは3~4回ほどのセッションでレコーディングされたものだと思われます。ドラムと数本のラッパが入る小編成が数曲、そのほかはすべてピアノの弾き語り、もしくはピアノ・ソロ。これで20世紀前半の名曲、そしてファッツ・ウォーラーが書いた有名曲をあらかた聞くという、よくよく考えるとものすごいセット。ファッツ・ウォーラーその人のパフォーマンスと、彼のメロディとを聞く、という点でこれに勝るのはないのでは。54年オリジナル盤、ブックレット、内袋付き。※曲目省略します
By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Kouta Katsutaro - YAHAN NO KANE cw OISE MAIRI

  • 日本の音楽78rpm
 Kouta Katsutaro- 小唄勝太郎 - "YAHAN NO KANE cw OISE MAIRI"
Japan / 78rpm / Mono / Victor 53607 / Rec 1935 / Pub 1935
レーベルきれい、盤浅い擦れ、きれい
Jacket n/a / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4 
■小唄勝太郎の35年の一枚。
後に「東京音頭」で一世を風靡した芸妓あがりの女性歌手、小唄勝太郎。同じ日本橋葭町出身の藤本二三吉や市丸のライバルでもあった勝太郎はヴィクターからデビュー、人の心を捉える歌でたちまち人気歌手に。これは35年の一枚。一瞬ムラトゥ・アスタケなんかのエチオピア・ジャズ(小泉文夫さんの民俗音楽ラジオでエチオピアと日本の音楽の面白い共通点が紹介されています、youtubeで聞けます)を思い出してしまったイントロからしずしずと美声で歌うA、ギターなどやはり洋楽器も入れた新小唄のB。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Marco Rizo, His Piano And Orchestra - LEROY ANDERSON IN LATIN AMERICA

  • イージー・リスニング/ラテンLP
Marco Rizo, His Piano And Orchestra- マルコ・リゾ、ヒズ・ピアノ&オーケストラ - "LEROY ANDERSON IN LATIN AMERICA"
USA / LP / Mono / Tico LP1061 / Rec 1960 / Pub 1960
ジャケット表裏擦れ少々、下部中央に小縁裂け、レーベルひげ無し、盤極表層のスクラッチ少し
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 
■キューバのピアニストによるリロイ・アンダーソン集。
キューバのピアニスト、マルコ・リゾが出していた、素晴らしいラテンEZリスニング・アルバム。「タイプライター」「そりすべり」などで知られるアメリカ軽音楽の宝もの、リロイ・アンダーソン・ナンバーを、ストリングスも入れた洗練されたラテン・アレンジで聞かせるアルバム。50年代ドゥワップの育て親ジョージ・ゴールドナーが始めたラテン・レーベル、ティコからの60年のアルバム。【曲】「Blue Tango」「Jazz Pizzicato」「The Typewriter(試聴)」「Belle Of The Ball」「Sleigh Ride(試聴)」「Sandpaper Ballet」「The Syncopated Clock(試聴)」「Forgotten Dreams」「The Waltzing Cat」「Jazz Legato」「Plink Plank Plunk」「Summer Skies」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Savino Orchestra cw Barths Orchestra - AY-AY-AY cw KISS OF SPRING

  • ダンス・バンド78rpm
 Savino Orchestra cw Barth's Orchestra- サビーノ・オーケストラ、バースズ・オーケストラ - "AY-AY-AY cw KISS OF SPRING"
France / 78rpm / Mono / Pathe Actuelle X6178 / Rec 1927 / Pub 1927
レーベルに両面とも印紙、盤浅い擦れ、プツ音でる極小のスクラッチ少し
Jacket n/a / Disc 3.5 / Sound 3.5  1980 yen
■ダンス・バンド2グループをカップリングした一枚。パテ・アクチュエルのフランス盤。
A面はイタリア人ダンス・バンド・リーダー、ドメニコ・サビーノで、カルメン・ミランダなどもやったラテン・ナンバーをビートを効かせたリズムでいきいきと演奏。裏面はハリー・バースというダンス・バンドで、木琴なども入れたアレンジが楽しいワルツ。縦振動のSP盤を出していたフランスのパテが、通常の盤をリリースするためにアメリカで作ったレーベル、パテ・アクチュエルからの一枚で、これはフランス盤。明るい茶色のSP盤。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2018年8月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.