(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Page 322)

Tony Rizzi - THE MUSIC OF FRANK COMSTOCK

  • ジャズ10LP
 Tony Rizzi- トニー・リッツィ - "THE MUSIC OF FRANK COMSTOCK"
USA / 10LP / Mono / Starlite ST6002 / Rec 1954 / Pub 1954
ジャケット表裏円状の擦れ少々、端々ほころび少々、レーベルひげ無し、盤浅い擦れ、プツ音でる小スクラッチ少々
Jacket 3~3.5 / Disc 3 / Sound 2.5~3 
■西のジャズ・ギタリスト、トニー・リッツィの初10インチLP。
ウエストコーストのジャズ・ギタリスト、トニー・リッツィの、54年の初リーダー・アルバム。この後は70年代中期まで作品が無い人。これは西のアレンジャー&作曲家、フランク・コムストックの作を演奏した一枚で、テッド・ナッシュ(木管)、ディック・ナッシュ(TB)、ロリー・バンドック(B)、アルヴィン・ストーラー(D)という編成で、クールかつウォームな演奏を8曲。コムストックが手掛けたジャズ・コーラス・グループ、ハイ・ロウズもこのスターライトなので、コムストックが深くかかわっていたレーベルなのでは。【曲】「The Grabber(試聴)」「Laurel」「I've Got Eyes For You」「Footloose(試聴)」「Here's Tony!」「Starlight」「The Languid Latin(試聴)」「Less Sand and More Cement」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Joseph Green, Prince Forbes, Daniel Saunders Brass Band, etc. - MUSIC OF THE BAHAMAS : INSTRUMENTAL MUSIC FROM THE BAHAMAS ISLANDS

  • 民俗音楽/バハマLP
 Joseph Green, Prince Forbes, Daniel Saunders Brass Band, etc.- ジョセフ・グリーン、プリンス・フォーブズ、ダニエル・サンダース・ブラス・バンド、etc. - "MUSIC OF THE BAHAMAS : INSTRUMENTAL MUSIC FROM THE BAHAMAS ISLANDS"
USA / LP / Mono / Folkways FS3846 / Rec 1958 / Pub 1959
ジャケット表裏擦れ無し、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れ少し、インサートきれい
Jacket 4 / Disc 3.5~4 / Sound 4
■フォークウェイズのバハマ音楽集三枚目。楽器演奏を収録した一枚。
58年、サミュエル・チャーターズがバハマに赴きフィールド・レコーディングを敢行、それはフォークウェイズから3枚のアルバムとしてリリースされました。そのうちの一枚はジョセフ・スペンスがアメリカに紹介された有名なレコード。二枚目はこのアルバムで、この三枚目は楽器演奏特集。民族楽器は使われておらず、普通の西洋楽器での演奏。木管ファイフの独奏でまず引き込まれたあとはプリンス・フォーブスというギタリストの信じられないほど素晴らしい演奏。そのジョセフ・スペンスの表面をはがした後の底に残るようなギター・インスト3曲。続いて寂しく可愛らしいハーモニカ・ソロ、そしてフレッシュ・クリーク・ダンス・バンドという、ギターに打楽器の素朴な編成に歌も入ってくる3曲。B面は二つのブラス・バンドの7曲を収録。ブラス・バンドといってもラッパ二人に打楽器一人(マンドリン入りの曲もあり)の簡素な編成で、生まれる前の胎児の頃のジャズというような感動的な演奏が延々。【曲】「Joseph Green / I Drink All The Rum And Never Get Drunk, Bad Woman」「Prince Forbes / Take The Name Of Jesus With You(試聴)」「Prince Forbes / 'Tis So Sweet To Trust In Jesus」「Prince Forbes And Willie Green / Liza Simeon」「Charles Bastian / Under The Precious Blood」「Fresh Creek Dance Band / Mama, Bake A Johnny Cake, Christmas Coming(試聴)」「Fresh Creek Dance Band / Gal, You Want To Go Back To Scambo」「Fresh Creek Dance Band / Everything The Monkey Do」「The Daniel Saunders Brass Band / In The Sweet Bye And Bye(試聴)」「St. Bartholemew's Friendly Society Brass Band / If I Want Him To Receive Me」「St. Bartholemew's Friendly Society Brass Band / Kindly Light」「St. Bartholemew's Friendly Society Brass Band / Oh, Jesus, I Was Promised」「The Daniel Saunders Brass Band / Orange Blossoms Smell So Sweet」「The Daniel Saunders Brass Band / My Bonnie Lies Over The Ocean」「The Daniel Saunders Brass Band / When A Man Marries His Troubles Just Begin」※本日のアップはこれで終了です
By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Meade Lux Lewis - BARREL HOUSE PIANO

  • ジャズ/ブギウギLP
 Meade Lux Lewis- ミード・ルクス・ルイス - "BARREL HOUSE PIANO"
USA / LP / Mono / Tops L1533 / Rec 1957 / Pub 1957
ジャケット表裏擦れわずか、背部全てと上部取り出し口縁裂け、レーベルひげわずか、盤浅い擦れ、プツ音でる小スクラッチ極わずか
Jacket 2.5~3 / Disc 3.5 / Sound 3.5~4 
■ミード・ルクス・ルイスの57年のアルバム。
アルバート・アモンズ、ピート・ジョンソンと並ぶブギウギ・ピアノの巨人、ミード・ルクス・ルイス。38年のイベント"from Spiritual To Swing"で彼の演奏を聞いたアルフレッド・ライオンがショックを受け、翌年に彼のレコードをだそうと設立したのがかのブルー・ノートであることは有名な話。これは初めて入った57年のアルバムで、全曲タック・ピアノ(ハンマーに釘がしこんであるキンキンした音のピアノ)を弾いたという珍しい一枚。ノリの良さは変わらず、エレキのギタリストが入った4人組でブギウギ三昧。オリジナル・レーベル、フラット・エッジ。【曲】「Six Wheel Chaser(試聴)」「How Long Blues(試聴)」「Someday Sweetheart」「Bugle Call Rag(試聴)」「I Ain't Gonna Give Nobody None Of My Jelly Roll」「」「Mike」「Dark Town Strutters Ball」「Birth Of The Blues」「Tidal Boogie」「Mardi Gras Drag」「Tisho Mingo Blues」「Jada」「Basin Street Blues」「Fast "A" Blues」「12th Street Rag」「St. Louis Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Mary OHara - SONGS OF ERIN NO.1

  • フォーク/アイルランド45rpm EP
 Mary O'Hara- メアリー・オハラ - "SONGS OF ERIN NO.1"
U.K. / 45rpm EP / Mono / Beltona IEP49 / Rec 1957 / Pub 1957
コーティングの折り返しジャケット擦れわずか、レーベルきれい、盤極浅い擦れのみ
Jacket 3.5~4 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4
■アイルランドのハープ弾き語りシンガー、メアリー・オハラのファーストEP。
アイルランドのフォーク・ソングをハープで弾き語るメアリー・オハラ。洗練された天使のような歌声、さらにアイリッシュ・ハープの悪魔をも鎮めるような音色の伴奏、フォークの枠組みを越えることなく自分の世界があるという稀な人。これは57年の彼女の初EP。6曲入りで、トラディショナルを彼女がアレンジしたものがほとんど。アイルランドやスコットランドの音楽をリリースしたベルトナ・レーベルから。【曲】「I Wish I Had The Shepherd's Lamb」「Next Market Day(試聴)」「The Bonnie Boy」「The Spinning Wheel(試聴)」「The Ballynure Ballad」「I Have A Bonnet Trimm'd With Blue」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Sekisekitei Momotaro - JAZZ NAGAYA (JO) cw (GE)

  • 日本の音楽/落語78rpm
 Sekisekitei Momotaro- 昔々亭桃太郎 - "JAZZ NAGAYA (JO) cw (GE)"
Japan / 78rpm / Mono / Regal 66240 / Rec early1930s / Pub early1930s
レーベル擦れ少々、Aに小はがれ、盤浅い擦れ、きれい、B面最後の方に一か所針飛び(試聴)
Jacket n/a / Disc 3.5(2) / Sound 3.5(2)
■昭和初期の落語家、昔々亭桃太郎の"ジャズ長屋"。
柳家金語楼の弟で、大正末期~昭和にかけて活躍した落語家、昔々亭桃太郎。東條英機も大ファンだったそう。これは演奏、歌を入れた「ジャズ長屋」。ジャズ・バンド、ピアノ伴奏、「ぎっちょんちょん」風の民謡演奏etc...出てくる音楽も楽しい一枚。B面最後の方に一か所針飛びあり(試聴)。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

People Of Greenland - TRADITIONAL SONGS OF GREENLAND 1 : EASTERN GREENLAND

  • 民俗音楽/グリーンランド45rpm EP
 People Of Greenland- グリーンランドの人々 - "TRADITIONAL SONGS OF GREENLAND 1 : EASTERN GREENLAND"
Denmark / 45rpm EP / Mono / RCA DFS456 / Rec 1961, 1962 / Pub early60s
ジャケット表裏円状の擦れ少々、下部中央に縁裂け、レーベルきれい、盤浅い擦れ、プツ音出る小スクラッチ少々
Jacket 2.5~3 / Disc 3~3.5 / Sound 3~3.5
■再入荷。グリーンランド東海岸のエスキモーの歌を収録したEP。
デンマークのRCAが、EP4枚に渡ってグリーンランドの民俗音楽を特集した"Traditional Songs Of Greenland"の一枚目で、クルスク島やアンマサリクといった東の海岸沿いに住むエスキモー達の歌をフィールド録音した一枚。まずA面は女性の歌。喉唄やイヌイットのあのどデカイでんでん太鼓のような打楽器の演奏は一切無し、しかしこれがほんとに面白い。メロディのある素朴でリアルな歌らしい歌もいいのですが、話し言葉ならぬ話し歌というようななんとも不思議な歌?にしびれっぱなし。子守歌、6つの"可愛がる"歌(かなりドギツイ歌詞)、魔法の歌を収録。裏面は男たちで、シャーマンの悪魔祓いの儀式を延々と追っていく内容。インサート欠品。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Slam Stewart, Errol Garner, Harold West - THREE BLIND MICESKY cw HOP, SKIP AND JUMP

  • ジャズ78rpm
 Slam Stewart, Errol Garner, Harold West- スラム・ステュワート、エロール・ガーナー、ハロルド・ウエスト - "THREE BLIND MICESKY cw HOP, SKIP AND JUMP"
USA / 78rpm / Mono / Manor 1012 / Rec 1945 / Pub 1945
レーベルきれい、盤美品、トレースノイズ多め(マナーはトレースノイズの多いレーベル)
Jacket n/a / Disc 3.5~4 / Sound 2.5~3
■スラム・ステュワートのトリオ。
弓を持てばボウイングとスキャットのユニゾンで洒脱なソロを聞かせ、弓を置けばチャーリー・パーカーを始めとする最重要ビバップのベースラインを生み出した低音の魔術師スラム・ステュワート。これは東海岸の黒人音楽レーベル、マナーから45年の一枚で、エロール・ガーナー(P)、ハロルド・ウエスト(D)のトリオ。両面ともにミッドテンポでリラックス、しかしスラム、ガーナーという稀に見る個性の持ち主の二人の腕前はしっかり見せるいい二曲。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jelly Roll Morton - THE SAGA OF MR. JELLY LORD VOL.1 : JAZZ STARTED IN NEW ORLEANS

  • ジャズLP
 Jelly Roll Morton- ジェリー・ロール・モートン - "THE SAGA OF MR. JELLY LORD VOL.1 : JAZZ STARTED IN NEW ORLEANS "
USA / LP / Mono / Circle L14001 / Rec 1938 / Pub 1950
ジャケット表裏擦れ少々、上部取り出し口縁裂け、裏ジャケット右上に小鉛筆書き込み、レーベルひげ少々、盤浅い擦れのみでかなりきれい、ですがマイナー・レーベルの50年フラット盤です、どうしても試聴のようなノイズはあります
Jacket 3~3.5 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4 
■ジェリー・ロール・モートンの国会図書館録音第一集。サークル原盤。
38年に国会図書館のためにアラン・ロマックスが録音した世に名高いジェリー・ロール・モートンのピアノ・ソロ&弾き語り集は、まずサークル・レーベルからSP盤リリース、その後50年に同じサークルから初LP化、50年代後半にリバーサイドが再リリース。これはサークルのオリジナルLP盤。一巻目を聞くのは初めてなのですが、あまりに素晴らしくて驚きました....なんたる豊かな音楽を生み出す人なのでしょうか。隣の部屋から聞こえてくるような音のピアノ、そしてモートンの歌を聞いているともうアメリカ音楽の神かと思ってしまうほど。裏がまた最高。モートンが自分の先祖の話から音楽を演奏するまでのことを語るのですが、こんなムード。【曲】「Tiger Rag (The Original Quadrille)」「Tiger Rag And Panama」「Mr. Jelly Lord」「Original Jelly Roll Blues」「Ancestry And Boyhood」「Boy At The Piano」「The Miserere And Boyhood Memories」「Hyena Stomp」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Edgar Blanchard, Polka Dot Slim, Boogie Jake - REAL BLUES SFROM NEW ORLEANS

  • ブルース/ニューオーリンズR&BLP
 Edgar Blanchard, Polka Dot Slim, Boogie Jake- エドガー・ブランチャード、ポルカ・ドット・スリム、ブギー・ジェイク - "REAL BLUES SFROM NEW ORLEANS"
USA / LP / Mono / Bandy 70009 / Rec mid60s / Pub 1981
ジャケット表裏擦れ少々、レーベルひげわずか、盤擦れ極わずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 
■バンディのニューオーリンズ・ブルース集。
プロフェッサー・ロングヘア、アール・キング等のバックから自作までニューオリンズR&Bの黄金時代を弾きまくったギタリスト、エドガー・ブランチャードの60年代中期のブルース作品と、ライトニン・スリムとともにバトン・ルージュ付近で活動、エクセロ等でいくつかの芸名を用いて活動していたブルース・マン、ブギー・ジェイク、同様に西海岸とバトン・ルージュを行き来したポルカ・ドット・スリムの3人の音源を収録した一枚。こんなあっさりしたジャケからは想像もつかないまさにリアルなブルース集。50年代なのか60年代なのかさっぱり分からない時代錯誤感バリバリのPDスリムのワイルド・ロキン・ブルースがハイライトでしょうか。噛み付くような歌にワイルドなドラム、ギターがガシャガシャとかき鳴らさせるスマッシャー。ブギー・ジェイクの行儀の悪いスワンプ・ポップ路線のロウ・ブルースも最高。個人的に大推薦なのはブランチャードのざっくり演り捨てるようなA面(A面全てブランチャードです)。地下室で録音したような煙たいブルースが万延。【曲】「Edgar Blanchard / Tight Like That」「Edgar Blanchard / Won't Be Long(試聴)」「Edgar Blanchard / Somebody's Doin' Me Wrong」「Edgar Blanchard / Keep My Pocket's Clean」「Edgar Blanchard / I'm Gone And That's All」「Edgar Blanchard / Don't Need No Company」「Boogie Jake / If I Only Had A Chance(試聴)」「Boogie Jake / Loaded Down」「Polka Dot Slim / Ain't Broke Ain't Hungry」「Polka Dot Slim / A Thing You Gotta Face(試聴)」「Boogie Jake / Bad Luck And Trouble」「Boogie Jake / Early Morning Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Archibald - THE COMPLETE NEW ORLEANS SESSIONS

  • リズム&ブルースLP
 Archibald- アーチボルド - "THE COMPLETE NEW ORLEANS SESSIONS"
U.K. / LP / Mono / Krazy Kat KK7409 / Rec 1950, 1952 / Pub 1983
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ極わずか、盤美品
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 
■ニューオーリンズのR&Bピアニスト、アーチボルドの全音源を収録したアルバム。
プロフェッサー・ロングヘアともアラン・トゥーサンとも違うドロっとパワフルな魅力を持ったニューオーリンズのピアニスト、アーチボルド。50年に2度、52年に1度のセッションで14曲を録音、これが彼の全ての音源ですが、このLPはそれを全て収録したイギリス盤。デイヴ・バーソロミュー(TP)はじめニューオーリンズR&B第一世代のミュージシャンたちの弾力のある演奏もグレイト。【曲】「Great Big Eyes(試聴)」「Early Morning Blues」「Ballin' With Archie」「Little Miss Muffet」「Stack-A-Lee Part 1」「Stack-A-Lee Part 2」「Ballin' With Archie (Alt.)」「Crescent City Bounce」「Shake Baby Shake」「Soon As I Go Home(試聴)」「House Party Blues」「My Gal」「She's Scattered(試聴)」「Everywhere」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Viktoras And Giedrius Kuprevicius - KAUNO VARPU

  • 民俗音楽/クラシック/リトアニアLP
 Viktoras And Giedrius Kuprevicius- ヴィクトラス&ギエドリウス・クプレヴィチュス - "KAUNO VARPU"
USSR / LP / Stereo / Melodiya C300688384 / Rec 1978 / Pub 1978
ジャケット表裏円状の擦れ少々、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れ、極表層のスクラッチわずか
Jacket 3.5 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4 
■リトアニアの鐘の演奏家が、鐘のために作った曲を演奏した、鐘のクラシック音楽。
リトアニアの第二の都市カウナス。これはカウナスにある名物の組み鐘(カリヨン。鍵盤で弾く非常に大きい鐘)の演奏を収録した、旧ソビエトのメロディアからの一枚。演奏は、子供のための音楽を多く作ったヴィクトラス・クプレヴィチュスと、ヴィクトラスの息子で、主に室内楽と鐘のための音楽を作ったギエドリウス・クプレヴィチュスという、リトアニア人作曲家の親子。これは、この親子が鐘のために作曲した曲を演奏したアルバム。二人の曲の他に、カンディンスキーにも影響を与えたという国民的画家ミカロユス・チュルリョーニスが書いた曲や現代音楽作曲家ミンダウガス・ウルバイティスの曲等も取り上げています。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Viktoras And Giedrius Kuprevicius - KAUNO VARPU MUZIKA

  • 民俗音楽/リトアニアLP
 Viktoras And Giedrius Kuprevicius- ヴィクトラス&ギエドリウス・クプレヴィチュス - "KAUNO VARPU MUZIKA"
USSR / LP / Stereo / Melodiya CM029356 / Rec 1982 / Pub 1982
ジャケット表裏円状の擦れ少々、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 
■再入荷。リトアニアの都市カウナスにある鐘の演奏を収録した一枚。
リトアニアの第二の都市カウナス。これはカウナスにある名物の組み鐘(カリヨン。鍵盤で弾く非常に大きい鐘)の演奏を収録した、旧ソビエトのメロディアからの一枚。演奏は、子供のための音楽を多く作ったヴィクトラス・クプレヴィチュスと、ヴィクトラスの息子で、主に室内楽と鐘のための音楽を作ったギエドリウス・クプレヴィチュスという、リトアニア人作曲家の親子。リトアニア、アルメニア、ウクライナ等の民謡を息子のギエドリウスがアレンジした20曲を収録。鳥の鳴き声や車の音なんかも交じってきたりして雰囲気だけでもすごくいいのですが、メロディ自体がムチャクチャいいのと、鐘の構造や濁った倍音のせいで知らずと不自由になる演奏が音楽を純粋で面白いものにしています。 【曲】「Aukstus Kalnus Vaiksciojau」「Sedziu Po Langeliu」「Oi Kas Sodai」「Einu Per Kiema」「Ant Kalno Murai」「Valio, Mano Dalgeli」「saltysius」「Pabek, Bareli(試聴)」「Is Rytu saleles」「Kur Tas saltinelis」「Liaudies Dainos」「Oi Ant Kalno」「Vakaro Varpai」「Suliko」「Marica」「Platusis Dnepras」「Pavasario Gelele」「Pusk, Vejeli(試聴)」「Lakstingala」「Alagazo Kalnas」「Mano Kumute」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2019年6月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
2019年7月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.