(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Page 320)

Ina Ray Hutton And Her Melodears, Clines Collegians, etc. - FOUR FOUR RHYTHM 1928-1934

  • ジャズ/ダンス・バンドLP
 Ina Ray Hutton And Her Melodears, Cline's Collegians, etc.- アイナ・レイ・ハットン&ハー・メロディアーズ、クラインズ・カレジャンズ、etc. - "FOUR FOUR RHYTHM 1928-1934"
USA / LP / Mono / Harrison LP-P / Rec 1928-1934 / Pub mid1970s
ジャケット表面円状の擦れ、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れ
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 
■マニアックな戦前ジャズ編集盤をリリースしたハリソン・レーベルの一枚。
70年代中期、わずかな期間の間活動したハリソン・レーベル。有名どころもありつつ誰もしらないようなグループを耳だけを頼りに掘り起こしたマニアックな戦前ジャズ編集盤をいくつかリリース。これは、全員女性のジャズ・バンド、アイナ・レイ・ハットン楽団を目玉に、比較的名前が知られているのはポール・トレメイン楽団ぐらい?であとは本当知られていないレア・ジャズ・バンド6グループ14曲を収録した一枚。スウィング・フィーリング全開のアイナ・レイ・ハットンの4曲もいいのですが、クラインズ・カレジャンズというテキサスのバンドの未発表曲にはほんと驚きました。軽くクラム編集盤のレベルのホット・ジャズ。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jelly Roll Morton - LIBRARY OF CONGRESS RECORDINGS VOL.4 : CREEPY FEELING

  • ジャズ/ピアノLP
 Jelly Roll Morton- ジェリー・ロール・モートン - "LIBRARY OF CONGRESS RECORDINGS VOL.4 : CREEPY FEELING"
USA / LP / Mono / Riverside RLP9004 / Rec late1930s / Pub 1957
ジャケット表裏円状の擦れ少々、背部少しと下部中央に縁裂け、ドリルホール、裏ジャケットにスタンプ、レーベルひげ極わずか、盤ほぼ美品、極浅い擦れわずか
Jacket 3 / Disc 4 / Sound 
■スパニッシュ・チンジー(Tinge)。ジェリー・ロール・モートンが最もモートンらしい第四集。
例えばライ・クーダーの「The Dream」に特別なものを感じている方には一生手放せなくなると断言。ジャズ・ファンならずとも一度は話に聞いたことがあると思う、自称ジャズを発明した男ジェリー・ロール・モートンの国会図書館用の録音集。まずサークル・レーベルからSP盤でリリースされ、LPはサークルにつづきこのリバーサイドが50年代に12枚シリーズで出し、それ以降CD時代になるまでリイシューは無し。JRモートンが最もJRモートンらしい、ラテン~スパニッシュ・テイストのピアノ・ソロでまとめられた第4集。薄暗く、ひなびた演奏で聴くエキゾティックなシンコペーション・ピアノ(全曲)。オリジナル盤。【曲】「Mama 'Nita(試聴)」「Spanish Swat(試聴)」「New Orleans Blues」「La Paloma」「Creepy Feeling (Part 1)」「Creepy Feeling (Part 2)(試聴)」「The Crave」「Fickle Fay Creep」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jacqueline Farreyrol - MON ILE EST UN ARC EN CIEL

  • フォーク/民俗音楽/レユニオン島LP
  Jacqueline Farreyrol- ジャクリーヌ・ファレイロル - "MON ILE EST UN ARC EN CIEL"
France / LP / Stereo / Loic Lebrun LL1001 / Rec 1978 / Pub 1978
コーティング・ジャケット表裏擦れわずか、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し、美品、プレスに起因するチリ音少々、ブックレット書き込み等無くきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 
■マダガスカルの東、インド洋のレユニオン島の女性フォーク・シンガー、ジャクリーヌ・ファレイロルのアルバム。
ケニアの東、マダガスカルのさらに東に浮かぶ、島のほとんどを火山が占めるレユニオン島。これは、南半球で唯一のヨーロッパ領(フランス)だというこの島のクレオールの女性フォーク・シンガー、ジャクリーヌ・ファレイロルのソロ・アルバム。ブックレットを見ると、どうやらロイック・ルブランという映画監督?映画会社?によるこの島の記録映画と一緒に特別に製作されたと思われる一枚で、レーベル、番号からして自主盤。多少のバリエーションはありつつも、彼女の親密な弾き語りに軽い打楽器伴奏が入るナンバーが中心。彼女の人間味も浮き出る非常にシンプルな内容。【曲】「Z'enfants La Misere」「Cocoloque In Son(試聴)」「Nounoute」「Pot-Pourri Quadrilles Creoles」「La Vierge Noire(試聴)」「Tetin」「Pauline」「Tit Moucoir La」「La Grande Promenade」「Empare Maloya」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Hermanos Espinoza And The Bolivian Ensemble - BOLIVIAN FOLK SONGS (SUL32133)

  • 民俗音楽/ボリビア45rpm EP
 Hermanos Espinoza And The Bolivian Ensemble- エルマノス・エスピノザ&ザ・ボリビアン・アンサンブル - "BOLIVIAN FOLK SONGS (SUL32133)"
Czechoslovakia / 45rpm EP / Mono / Supraphon SUL32133 / Rec early60s / Pub early60s
折り返しジャケット表裏擦れわずか、レーベルA面に書き込み、盤擦れ極わずか、きれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2480 yen
■ボリビアのフォルクローレ姉妹エルマノス・エスピノザの4曲入りEP。
フォルクローレのルーツ・オブ・ルーツ、ボリビアで、SP盤の時代から活躍した超名グループ、エルマナス・エスピノザ(エスピノザ・シスターズ)。当時東欧諸国に演奏旅行もしていて、そのせいで人気が高まったのか、チェコ・スプラフォンが二枚の4曲入りEPを続けてリリース。これが一枚目。チャランゴ、ギター、ケーナ等をバックに晴れやかな歌を唄った一枚。A1、B2はインスト。ライナーは英語。【曲】「Recuerdos De La Paz(試聴)」「Kaphuri」「A Cotoca(試聴)」「Araguena」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Hermanos Espinoza And The Bolivian Ensemble - BOLIVIAN FOLK SONGS (SUK32134)

  • 民俗音楽/ボリビア45rpm EP
 Hermanos Espinoza And The Bolivian Ensemble- エルマノス・エスピノザ&ザ・ボリビアン・アンサンブル - "BOLIVIAN FOLK SONGS (SUK32134)"
Czechoslovakia / 45rpm EP / Mono / Supraphon SUK32134 / Rec early60s / Pub early60s
ジャケット表面に小書き込み、擦れわずか、レーベルAに書き込み、盤浅い擦れわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4  2480 yen
■ボリビアのフォルクローレ姉妹エルマノス・エスピノザの4曲入りEP。
フォルクローレのルーツ・オブ・ルーツ、ボリビアで、SP盤の時代から活躍した超名グループ、エルマナス・エスピノザ(エスピノザ・シスターズ)。当時東欧諸国に演奏旅行もしていて、そのせいで人気が高まったのか、チェコ・スプラフォンが二枚の4曲入りEPを続けてリリース。これが二枚目。チャランゴ、ギター、ケーナ等をバックに晴れやかな歌を唄った一枚。全曲歌入り。ライナーは英語。【曲】「Dominquito」「Amorcito Mio(試聴)」「Tu Eres La Palomita」「Recordando Bailecitos(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Grete And Josef Dichler - PIANO DUO-RECITAL

  • クラシックLP
 Grete And Josef Dichler- グレーテ&ヨーゼフ・ディヒラー - "PIANO DUO-RECITAL"
Czechoslovakia / LP / Mono / Supraphon SUA10185 / Rec 1962 / Pub 1962
コーティングの折り返しジャケット擦れ極わずか、端々擦れ少々、レーベルひげ無し、盤擦れ極わずか、ほぼ美品、プレスに起因するチリ音少々
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 3.5~4
■オーストリアの名ピアノ・デュオが、ストラヴィンスキー、ヒンデミット、ミヨー、ドビュッシーの二台ピアノ曲を弾いたアルバム。
この時代のドイツ語圏のトップ・ピアノ・デュオだったグレーテとヨーゼフ・ディヒラーが、近現代の二台ピアノ名曲を弾いたチェコ・スプラフォンからのアルバム。何度聞いてもゾワゾワ~とする人工美に溢れたストラヴィンスキー『Sonata For Two Pianos』、こちらとは大分ムードが違って、うつろな響きが延々と続くヒンデミット『Sonata For Piano Four Hands』、快活な中にも不協和音を織り交ぜた不思議な輝きのあるミヨー『Scaramouche』、ラストはドビュッシー自ら自分の作風の転機となったと語る『白と黒で』。試聴はストラヴィンスキー、ミヨー、ドビュッシーで全て第一楽章冒頭。恐らく62年リリース、フラット・エッジ。※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

People Of Guinea - GUINEA SINGS AND DANCES

  • 民俗音楽/ギニア45rpm EP
 People Of Guinea- ギニアの人々 - "GUINEA SINGS AND DANCES"
Czechoslovakia / 45rpm EP / Mono / Supraphon SUK32427 / Rec early60s? / Pub early60s?
折り返しジャケット表裏擦れほぼ無し、裏ジャケットに鉛筆書き込み、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 
■ギニアの民俗音楽を収録したチェコ・スプラフォンの7曲入りEP。
チェコスロバキアの国営レーベル、スプラフォンの、素晴らしいものだらけの民俗音楽EPシリーズから、ギニアの音楽を収録した一枚。大統領自ら後押ししたレコード会社シリフォンなど、西アフリカ諸国の中でも特に音楽の盛んなギニアですが、ここの音楽の土壌の豊かさ、人々のパワーを感じさせる内容。高地の街テレメレのバラフォン名人のインスト、擦弦楽器とコーラスによるサレボイレという街の成人の歌、凄まじい迫力の打楽器を入れ歌われる、ガンビアとの国境沿いの街ユクンクンの結婚の歌、鐘の音のようにベース音を生む打楽器をバックにした遊牧民フラニ族のコーラス、フォロコニーという街のインダストリアル勢も逃げ出すような衝撃のナンバーなどなど全7曲収録。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Mishima Issei - MAGOUTA (JO) cw MAGOUTA (GE)

  • 日本の音楽78rpm
Mishima Issei- 三島一声 - "MAGOUTA (JO) cw MAGOUTA (GE)"
Japan / 78rpm / Mono / Nipponophone 15612 / Rec 1925 / Pub 1925
レーベルAに擦れ少々、盤擦れわずかで音もいい美品、よれ・やぶれありますが歌詞カード付き
Jacket n/a / Disc 4 / Sound 4
■民謡歌手、三島一声の極初期の一枚。
小唄勝太郎とともに録音した「東京音頭」が有名な民謡歌手、三島一声の超初期(デビュー作の可能性大)の一枚で、信州小諸の馬子唄を唄った25年作。A面は伴奏無し、馬を引くときにガラガラと鳴る馬鈴の音をかすかに入れて美声を披露。裏面はそこに尺八の第一人者、菊池淡水が寂しい音色で伴奏を付けています。音のいいニッポノホン(日本コロンビアの前身)盤。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Johnny Preston - RUNNING BEAR

  • オールディーズ/ロックンロールLP
 Johnny Preston- ジョニー・プレストン - "RUNNING BEAR"
USA / LP / Mono / Mercury MG20592 / Rec 1960 / Pub 1960
コーティングジャケット表裏擦れ少々、裏ジャケット薄いしみ少々、ジャケット上下の中央に縁裂け、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3 / Disc 4 / Sound 4
■ジョニー・プレストンのファースト・アルバム。
「Chantily Lace」のビッグ・バッパーが彼のために書き下ろしたインディアンネタのエキゾチックなロックンロール「Running Bear」がヒットしたジョニー・プレストン。これはそれを収録した彼のファースト・アルバムで、オールディーズのレア名盤として有名な60年の一枚。ペンギンズの「Earth Angel」やジュエルズ「Hearts Of Stone」、同じくビッグ・バッパー作のやっぱりインディアンR&R「Chief Heartbreak」、ハンク・バラードの「Twist」などなどオールディーズの美味しいところが詰め込まれた一枚。シングルを聞いているとあまりわからないのですがバラードがメチャメチャいい。オリジナル・モノラル、盤美品。【曲】「Running Bear(試聴)」「What Am I Living For」「Earth Ange(試聴)l」「Guardian Angel」「Hearts Of Stone」「Chief Heartbreak」「The Twist」「You'll Never Walk Alone」「Pretend」「Danny Boy」「Dream(試聴)」「Madre De Dios (Mother Of God)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

People Of Sicily, James McNeish(Rec., Notes) - SICILY : IN MUSIC AND SONG

  • 民俗音楽/シチリア島LP
 People Of Sicily, James McNeish(Rec., Notes)- シチリア島の人々、ジェームス・マクニーシュ(録音、ライナー) - "SICILY : IN MUSIC AND SONG"
U.K. / LP / Mono / Argo ZEB71 / Rec 1960 to 1964 / Pub 1972
コーティング・ジャケット表裏擦れ極わずか、背部左下に小テープ、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れ少し
Jacket 3.5 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4 
■シチリア島のフォーク・ミュージックをフィールド録音したアルバム。
後に有名作家となるニュージーランド生まれのジェームス・マクニーシュ。50年代当時は消防士兼言語学の先生だったという珍しい人で、その頃からチェコ、ハンガリー、ポーランド、ギリシャ等の民俗音楽をフィールド録音する旅を続け、最終的にシチリアへ到着、この地に長く住むことになります。これはマクニーシュがシチリアで録音したフォーク・ミュージック集。"世界で最も単純でいて美しいシチリアの子守歌"、"パテルノーの街の床屋によるギター演奏"、"恋人の漁師の無事を神に祈る、ほとんどグレゴリオ聖歌のような歌"などなど、他の民俗音楽集のような音楽文化の総まとめのようなものとは全く違い、マクニーシュの好みが反映されたと思しきとても私的な内容。録音は60年~64年、リリース72年。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Okagen Kimiyo, Sekiya Rikiya - KOMORO NARESO BUSHI cw KOMORO NARESO BUSHI

  • 日本の音楽78rpm
 Okagen Kimiyo, Sekiya Rikiya- 岡源喜美代、勢喜家力彌 - "KOMORO NARESO BUSHI cw KOMORO NARESO BUSHI"
Japan / 78rpm / Mono / Polydor 176 / Rec 1931? / Pub 1931?
レーベル、盤ともに美品、歌詞カードよれ、汚れあり
Jacket n/a / Disc 4 / Sound 4
■信州小諸の芸者二人による"小諸なれそ節"。
島崎藤村も通った長野・小諸市の料亭岡源の喜代美と、やはり同地の料亭、勢喜家の芸者、力彌が現地の民謡"小諸なれそ節"を唄った一枚。歌詞カードによるとAが喜代美でBが力彌。まずは耳を疑うこの伴奏。もうほんといろいろ馬鹿馬鹿しいことも思ってしまうすごさ。重層的な太鼓類のなんという見事さ(ブルースのスプーンみたいなカチカチ鳴る楽器初めて聞きました)。古いタイプの草津節にも似た感じがあるんですが、この地方に共通したものなんでしょうか。ゆったりうかぶ歌も合いの手もほんとに最高。完璧な一枚。ポリドールのSP盤もいい音も味わってください。※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

V.A. Michel Legoube, Emanuel Lazinier, Michel Maignien, etc. - MUSIQUE NON ECRITE - FOLK

  • 民俗音楽/フランス/ルイジアナLP
 V.A. Michel Legoube, Emanuel Lazinier, Michel Maignien, etc.- ミシェル・ルゴビ、エマヌエル・ラジニエ、ミシェル・メイニャン、etc. - "MUSIQUE NON ECRITE - FOLK"
France / LP / Stereo / Expression Spontanee ESNO35 / Rec 1974 to 1976 / Pub 1976
ジャケット表裏擦れ少々、裏ジャケットにステッカー、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れ、極表層のスクラッチわずか
Jacket 3.5 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4
■タイトルは"書かれていない音楽 - フォークロア"。エクスプレッション・スポンタニーから、フランス語圏のフォーク・ミュージックのオムニバス。
政治的なメッセージが込められたレコードを多くリリースしたフランスのレーベル、エクスプレッション・スポンタニーから、素晴らしいコンピレーション。と言ってもこのレコードのために録音されたものです。タイトルは"Not Written Music"で、書かれていない音楽、つまりフランスに古くから伝わる民謡を演奏したという一枚。ダルシマー奏者ミシェル・ルゴビによるブルゴーニュのダルシマー&ギター曲、エマヌエル・ラジニエによる山岳地方モルヴァンのハーディ・ガーディ演奏、コンサーティナ奏者ベルナール・ラブレーズが演奏する西部ポワトゥーの曲などなどフランス各地のフォーク・ミュージックに加え、このレーベルの特色でもあるルイジアナのケイジャン~クレオール音楽を多数収録。ライナーはこのレーベルやフォークウェイズからもアルバムのあるフランス人ケイジャン・フィドラー&ギタリスト&アコーディオン奏者、ジェラール・ドール。録音は74~76年。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2019年4月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
2019年5月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.