(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Page 32)

Stuttgarter Blaserquintette - TILO MEDEK : BLASER QUINTETTE I-III

  • クラシックLP
Stuttgarter Blaserquintette- シュトゥットガルト木管五重奏団 - "TILO MEDEK : BLASER QUINTETTE I-III"
Germany / LP / Stereo / DG 1223 / Rec 1985 / Pub 1985
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか、大判インサート(英語解説)きれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ドイツの作曲家ティロ・メデクの木管五重奏曲を3作収録した一枚。
イタリアのルイージ・ノーノやシュトックハウゼンに習った、旧東ドイツの街イエナ生まれの作曲家ティロ・メデク(1940-2006)。ブレヒトとの作も知られるメデクは、室内楽、ピアノ曲を多く残しました。これは、彼の木管室内楽を3作収録した西ドイツ盤。どの作も、謎めいた響きはありつつもユーモラスでいて安堵のムード漂ういい曲ばかり。自然なジャズからの影響や、ヴォーン・ウィリアムスなど20世紀前半のイギリスの作曲家を思わせるわびしい雰囲気も胸を打ちます。演奏はシュトゥットガルト木管五重奏団、85年。『Blaser Quintette 1』「Verlorensein(試聴)」「Kommod」「Entfalten(試聴)」『Blaser Quintette 2』「Pavane」「Valse Sentimentale」「Ragtime」「Augenspiel(試聴)」「Siciliano」「Tarantella」『Blaser Quintette 3』「Im Gehause」「Schattengang」「Nach Jiddischer Art」「Vorhangfassade(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Paul Wittgenstein - MUSIC FOR LEFT HAND

  • クラシックLP
 Paul Wittgenstein- パウル・ウィトゲンシュタイン - "MUSIC FOR LEFT HAND"
USA / LP / Mono / Period SPL742 / Rec 1956 / Pub 1950s
コーティング・ジャケット擦れわずか、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか、A面最後のほうに小プツ音でるスクラッチ
Jacket 4 / Disc 3.5 / Sound 3.5  2980 yen
■戦争で右手を失ったピアニスト、パウル・ウィトゲンシュタインのピアノ・ソロ・アルバム。
ウィーン生まれで第一次大戦に従軍、その時に右手を失いながらもピアノを弾くことをやめなかったパウル・ウィトゲンシュタイン。哲学者ウィトゲンシュタインの兄でもあり。A面のラヴェルの『左手のためのピアノ協奏曲』は、ラヴェルがパウルのために書いた作で、彼の名を一躍広めた作。B面は全てピアノ独奏で、ブラームスが左手のためのアレンジを施したバッハのシャコンヌ、リストがアレンジしたシューベルトの「海の静けさ」、ドイツの作曲家マックス・レーガーの「ロマンス」「前奏曲とフーガ」。ビバップ、クラシックを出したピリオドから56年のアルバム。恐らくマルーン・レーベルもあり、これはセカンド・レーベル。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Eddie Dean - HILLBILLY HEAVEN

  • カントリーLP
 Eddie Dean- エディ・ディーン - "HILLBILLY HEAVEN"
USA / LP / Mono / Crown CST258 / Rec mid50s / Pub 1963
ジャケット擦れ少々、右上取り出し口小縁裂け、小シール、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■カウボーイ・シンガー、エディ・ディーンの63年のアルバム。
テキサス生まれで30年代にフィルム・デビュー、その後40年代にブレイクした西部劇俳優、エディ・ディーン。実はシンガーとしては20年代に初録音しているヒルビリー・シンガー。その歌はかのジーン・オートリーをして古今東西ナンバーワンのカウボーイ・シンガーだと言わせたほど。これはクラウンからの63年のアルバム(オリジナルはセージ・レコードの61年盤)で、そのいい声がたっぷり楽しめる一枚。【曲】「I Dreamed Of A Hillbilly Heaven」「Love The Way You Say It(試聴)」「Banks Of The Old Rio Grande」「Impatient Blues(試聴)」「Tangled Lies」「Iowa Rose」「Walk Beside Me」「Katmandu」「Make Believe」「Seeds Of Doubt」「I Called And I Called」「I Took The Blues Out Of Tomorrow」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Curtis Lee - PRETTY LITTLE ANGEL EYES

  • オールディーズLP
Curtis Lee- カーティス・リー - "PRETTY LITTLE ANGEL EYES"
USA / LP / Mono / Dunes DU2000 / Rec early60s / Pub 1986
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■ティーン・ロッカー、カーティス・リーのベスト・アルバム。
59年にシンガーとしてデビュー、後にモンキーズのソング・ライティングで名を馳せるトミー・ボイスとともに作曲を始め、フィル・スペクターがプロデュース、デューン・レコードから出たタイトル曲「Pretty Little Angel Eyes」がヒット。これはデューンからのベスト・アルバム。初期のロカビリーから、得意のドゥワップもの、ポップなティーン・ロッカー、ダンス系、バラードまで多彩な14曲。【曲】「Gotta Have You」「I Never Knew What Love Could Do」「Pure Love」「With All My Heart」「Under The Moon Of Love」「Does He Mean That Much To You」「Beverly Jean」「Pretty Little Angel Eyes(試聴)」「Gee How I Wish You Were Here(試聴)」「The Wobble」「Pickin' Up The Pieces Of My Heart」「Mr. Mistaker」「Just Another Fool」「A Night At Daddy Gee's」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Boy Green, Dan Pickett, Curly Weaver, etc. - PLAY MY JUKEBOX : EAST COAST BLUES 1943-1953

  • ブルースLP
Boy Green, Dan Pickett, Curly Weaver, etc.- ボーイ・グリーン、ダン・ピケット、カーリー・ウィーヴァー、etc. - "PLAY MY JUKEBOX : EAST COAST BLUES 1943-1953"
U.K. / LP / Mono / Flyright LP4711 / Rec 1943 to 1953 / Pub 1976
コーティング・ジャケット擦れ少々、折れ目少々、レーベルひげほぼ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  3800 yen
■東海岸の40~50年代カントリー・ブルース集。
まずは6曲収録された謎のダン・ピケット。ブルース研究家によっていまだに調査が続けられているということからもわかる通り、トミー・マクレナンにも通じる一級のブルース。ナショナル・ギターとカズーも咥え脱力したブルースをやるジュリアス・キング、この盤で初めてリイシューされた、一枚しか残さなかったRLウエストモアランドは、ブッカ・ホワイトがさらに荒んだ感の2曲。ピードモント系最高峰のギターにハープが入るスクードゥルダンドゥ&シェフィールド、イーストコーストらしいラギン・ブルースの、これまた一枚しか残さなかったボーイ・グリーン、キャロライナ・スリムの恐ろしくディープなナンバーetc...【曲】「Boy Green / Play My Juke-Box」「Dan Pickett / Lemon Man(試聴)」「Number Writer」「Curley Weaver / Some Rainy Day」「Skoodle Dum Doo & Sheffield / West Kinney Street Blues」「Julius King / Mississippi Boogie(試聴)」「Dan Pickett / That's Grieving Me」「Robert Lee Westmoreland / Hello Central, Please Give Me 209」「Boy Green / A And B Blues」「Dan Pickett / Chicago Blues」「Robert Lee Westmoreland / Good Looking Woman Blues」「Julius King / One O'Clock Boogie」「Skoodle Dum Doo & Sheffield / Broome Street Blues」「Dan Pickett / Something's Gone Wrong」「You Got To Do Better」「Carolina Slim / Georgia Woman」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Guitar Red, Ed Kirby, Rufus Thomas, etc. - 706 BLUES

  • ブルースLP
 Guitar Red, Ed Kirby, Rufus Thomas, etc.- ギター・レッド、エド・カービー、ルーファス・トーマス、etc. - "706 BLUES"
Holland / LP / Mono / Redita LP111 / Rec 1950s / Pub 1975
ジャケット擦れ少々、折れ目少々、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■サン・レーベルのブルースを収録したオムニバス。
50年代メンフィス・アンダーグラウンドの黒人音楽シーンが生々しく伝わる一枚。収録された2曲だけを残した(しかし未発表)謎のブルースマン、ギター・レッド、ダークなドゥワップ調のエド・カービー、「Bear Cat」よりもさらに前のルーファス・トーマスのジャンプ・ブルース、ジュニア・パーカーのオリジナル「Mystery Train」、全曲お宝ですが中でもまさしくキラーなパット・ヘアー、サンのR&Bと言えばのロスコー・ゴードンは未発表2曲、などなど、他も濃密な全16曲。【曲】「Guitar Red / Baby Please Don't Go」「Go Head On」「Ed Kirby / Mean Old Gin」「Rufus Thomas / I'm So Worried」「I'll Be A Good Boy」「Joe Hill Louis / Tiger Man(試聴)」「Junior Parker / Mystery Train」「Love My Baby」「Pat Hare / I'm Gonna Murder My Baby(試聴)」「Ain't Gonna Be That Way」「Eddie Snow / Ain't That Right」「Frank Frost / Jack Jump」「Handy Jackson / Got My Application Baby」「Trouble Will Get You Down」「Roscoe Gordon / Juice Head」「V.O. Baby」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Hound Dog Taylor And The House Rockers - BEWARE OF THE DOG

  • ブルースLP
 Hound Dog Taylor And The House Rockers- ハウンド・ドッグ・テイラー&ザ・ハウス・ロッカーズ - "BEWARE OF THE DOG"
USA / LP / Stereo / Alligator AL4707 / Rec 1974 / Pub 1976
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2680 yen
■ブルース・ギタリスト、ハウンド・ドッグ・テイラーのライブ・アルバム。
日本製のカワイやテスコなどビザール・ギターを豪快なスライドも混ぜ掻き鳴らし、甲高い声でシャウトする他の誰にも似ていないブルース・ギタリスト&シンガー、ハウンド・ドッグ・テイラー。指が6本あることも有名。これは74年、イリノイとオハイオでのライブをまとめたアルバム。もうブルース・ファンよりもジョセフ・スペンスやジョナサン・リッチマンが好きな人にお薦めな内容。【曲】「Give Me Back My Wig(試聴)」「The Sun Is Shining」「Kitchen Sink Boogie」「Dust My Broom(試聴)」「Comin' Round The Mountain」「Let's Get Funky」「Rock Me」「It's Alright」「Freddie's Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Rusty Kershaw - RUSTY...CAJUN IN THE BLUES COUNTRY

  • ロック/ケイジャンLP
Rusty Kershaw- ラスティ・カーショウ - "RUSTY...CAJUN IN THE BLUES COUNTRY"
USA / LP / Stereo / Cotillion SD9030 / Rec 1970 / Pub 1970
ジャケット円状の擦れ、下部取り出し口に縁裂け、レーベルひげ無し、盤浅い擦れ、A4にかすかに音に出るスクラッチ
Jacket 3 / Disc 3.5 / Sound 3.5  2480 yen
■ラスティ&ダグのラスティ・カーショウのファースト・アルバム。
兄のダグ・カーショウとともにラスティ&ダグとして50年から活躍、ルイジアナ土着の音楽とロックンロールを混ぜ人気となったラスティ・カーショウ。その後お互いにソロへ転向、これはラスティのファースト・ソロ・アルバム。デュオ時代と何も変わらない、ルイジアナ、テックス・メックス、ロックの豪快な折衝具合。音色がほんとにルイジアナ・スワンプ。【曲】「That Don't Leave Much Time To Fool Around」「This Day And Time」「Fisherman's Luck(試聴)」「Keep On Trying」「Sweet Peace Of Mind(試聴)」「The Country Boy」「Love CIty」「The Country Singer」「I'm Going To Louisiana」「What'd I Say」「Bad Luck Blues」「Do Me Right Now」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Elvis Presley - THATS ALL RIGHT

  • ロックンロール/オールディーズLP
 Elvis Presley- エルヴィス・プレスリー - "THAT'S ALL RIGHT"
USSR / LP / Mono / Melodiya M6048919003 / Rec 1950s / Pub 1989
ジャケット上部中央小縁裂け、レーベルひげ極わずか、盤表層スクラッチ少々、チリ音
Jacket 3~3.5 / Disc 3~3.5 / Sound 3~3.5  2480 yen
■ロシア・メロディアのエルヴィスのベスト・オブ・ベスト。音がいい。
ロシア盤エルヴィスなんて好んで買う人はいないかもしれませんが、これは本気で大推薦。まず選曲は一切手加減無し、54年~58年の問答無用の16曲。驚くのは音の良さ。もちろんオリジナル・シングルやSP盤の良さではないのですが、最近の丁寧なリマスタリングもののきれいな音でもなく、まるで50年代のアメリカ盤LPのような豪快で清々しい音。80年代のロシア盤がなぜ....ワイルドR&Rもバラードも同列でいい音です。後年の米盤ベストで聞いているという人には特にお薦め。【曲】「That's All Right」「Heartbreak Hotel」「Blue Suede Shoes」「I Want You, I Need You, I Love You」「My Baby Left Me(試聴)」「Don't Be Cruel」「Hound Dog」「Love Me Tender(試聴)」「Love Me」「All Shook Up」「That's When Your Heartaches Begin」「One Night」「Loving You」「Teddy Bear」「I Got Stung」「Jailhouse Rock」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Louise Reichert - FRANCE VOL.1

  • 民俗音楽/フランスLP
 Louise Reichert- ルイーズ・レイシェール - "FRANCE VOL.1"
France / LP / Stereo / Ocora 558520 / Rec 1980 / Pub 1980
見開きコーティング・ジャケット擦れ少々、コート材小はがれ、内側きれい、レーベルひげ無し、Aにシールと小書き込み、盤極浅い擦れわずか、歌詞ブックレット書き込み
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■オクシタン語の民謡を収録したアルバム。
オコラ・レーベルのトラディショナル・シンガーを紹介するシリーズの一枚目で、オクシタン語の歌を歌うルイーズ・レイシェールのアルバム。南仏カンタルの小さな村に生まれた彼女、子供の頃は父の歌を聞き、行商の仕事をするようになってからは各地の民謡を聞き覚えたといいます。ここに収録されたのはそんな歌の数々。なにかメロディ自体のルーツとも思えてくる民族色をあまり感じさせないメロディで、イースター・エッグの歌、地方の無名詩人の歌、弁護士?の歌、子守歌etc.を滋味ある抑揚をつけて歌っています。全18曲。歌詞カード付き。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Randy And The Rainbows - JOY RIDE

  • ドゥワップLP
Randy And The Rainbows- ランディ&ザ・レインボウズ - "JOY RIDE"
USA / LP / Mono / Magic Carpet 1001 / Rec 1960s / Pub 1979
ジャケット擦れわずか、しみわずか、下部中央小縁裂け、レーベルひげ少々、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■ホワイト・ドゥワップ・グループ、ランディ&レインボウズのベスト・アルバム。
63年結成、その年にリリースしたデビュー・シングル「Denise」がヒットしたホワイト・ドゥワップ・グループ。フォー・シーズンズやビーチ・ボーイズが現れてからの新感覚のボーカル・グループで、爽快で前進力のあるハーモニーが全編楽しめる一枚。その「Denise」を始めとするシングルに未発表を加えたベスト・アルバム。全18曲収録。【曲】「Little Star」「Sharin'」「Why Do Kids Grow Up」「She's My Angel」「Dry Your Eyes」「Happy Teenager」「Little Hot Rod Suzie」「Joy Ride」「Denise--1973」「Denise(試聴)」「Come Back(試聴)」「Lovely Lies」「I'll Forget Her Tomorrow」「I'll Be Seeing You」「He's A Fugitive」「Quarter To Three」「Bonnie's Part Of Town」「Open Skies」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Medalions, Penguins, Cufflinx, etc. - RHYTHM AND BLUES HIT VOCAL GROUPS

  • ドゥワップLP
 Medalions, Penguins, Cufflinx, etc.- メダリオンズ、ペンギンズ、カフリンクス、etc. - "RHYTHM AND BLUES HIT VOCAL GROUPS"
USA / LP / Mono / Dooto AULP501 / Rec 1950s / Pub early60s
ジャケット円状の擦れ少々、小折れ目、下部中央小縁裂け、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 4  3800 yen
■ドゥート・レーベルのドゥワップ・コンピレーション。
ロサンゼルスのR&Bレーベル、ドゥートーン/ドゥートのレーベル・ショーケース的オムニバス。なんと言っても有名なのはペンギンズ、しかし「Earth Angel」ではなく「Be Mine Or Be A Fool」といういいメロウ一曲。A面は全てメダリオンズで、車ネタが有名なワルイグループ。しかしメロウもかなり良くバランス取れた6曲。2ビートのアップと広がりのあるメロウ2曲のカフリンクス、すぐ後に「Do You Want To Dance」でブレイクするボビー・フリーマンが在籍していたロマンサーズ、ブルース・シンガー、ウィリー・ヘドゥンとゴスペル・グループが結成したバーズ、5グループ12曲収録。オリジナルは58年でイエロー・レーベル、これは溝あり三色の60年代初中期レーベル。【曲】「Medallions / Speedin'」「The Telegram(試聴)」「My Pretty Baby」「Did You Have Fun」「Coupe De Ville Baby」「Mary Lou」「Penguins / Be Mine Or Be A Fool(試聴)」「Cufflinx / So Tough」「It's Too Late Now」「Romancers / House Cat」「Willie Headen And The Birds / Let Me Cry」「I Love You Bobby Sox(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2019年6月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
2019年7月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.