(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Page 31)

Herbert Henck - GURDJIEFF - DE HARTMANN

  • クラシックLP
 Herbert Henck- ヘルベルト・ヘンク - "GURDJIEFF - DE HARTMANN"
Germany / LP / Stereo / Wergo SM1035-36 / Rec 1982 / Pub 1982
見開きジャケット擦れわずか、内側きれい、レーベル二枚ともひげ無し、盤二枚とも擦れほぼ無し、インサートきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  4800 yen
■ロシアの神秘思想家グルジェフが残したピアノ曲を収録した2LP。
ロシアを中心に活動、フランスやアメリカにも赴き自らの思想を説き、20世紀の精神世界に非常に大きな影響を及ぼした、アルメニア人の血が流れる神秘思想家、魔術師ゲオルギイ・グルジェフ(1866-1949)。実は作曲家としていくつかの器楽作を残しています。これは、グルジェフの弟子でもあったロシアの作曲家 トーマス・ド・ハルトマン(1885-1956)と共作されたピアノ曲4作を収録した2LP。一枚目のA面は、24分超の『Hymns From A Great Temple』、B面はやはり24分を超える、9曲からなる『Journey To Inaccessible Places』。二枚目のA面は11曲からなる『Seekers Of The Truth No.1 To No.11』、B面はその続きで8曲の『Seekers Of The Truth No.12 To No.19』、そして『Melody For The Enneagram』。寂しく終末観漂うメロディのナンバー中心に、アジア音楽の要素を取り入れたもの、簡素な打楽器を入れた曲などなど、まるで引き伸ばされた時間の中でゆったり弾かれるような一枚。演奏は現代音楽を得意としたドイツのピアニスト、ヘルベルト・ヘンク。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Yamaguchi Goro - SHAKUHACHI NO SHINZUI : ZEN MUSIC 4

  • 日本の音楽/宗教音楽LP
 Yamaguchi Goro- 山口五郎 - "SHAKUHACHI NO SHINZUI : ZEN MUSIC 4"
Japan / LP / Stereo / Victor SJL2064 / Rec 1970s / Pub 1970s
ジャケット擦れ極わずか、下部中央に縁裂け、レーベルひげわずか、盤浅い擦れ少々
Jacket 3 / Disc 3.5 / Sound 3.5  2480 yen
■琴古流尺八本曲の名手、山口五郎のアルバム。
普化宗の虚無僧が、聞かせるためではなく禅の修行のために吹いた尺八を本曲といい、この琴古流の本曲はそのなかから36曲を抜粋した曲群。山口五郎はこの世界の第一人者で、彼の演奏する本曲は日本の音楽で唯一ボイジャーのゴールデン・レコードにも収録されました。これは36曲の中の三曲を収録した一枚。【曲】「葦草鈴慕(試聴)」「下り葉の曲(試聴)」「瀧落の曲」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Doug Sahm And Band - DOUG SAHM AND BAND

  • ロックLP
 Doug Sahm And Band- ダグ・サーム&バンド - "DOUG SAHM AND BAND"
U.K. / LP / Stereo / Edsel ED154 / Rec 1973 / Pub 1985
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  1980 yen
■ダグ・サームの初ソロ・アルバム。英盤リイシュー。
72年に一旦サー・ダグラス・クインテットを解散したダグ・サームの初ソロにしてウルトラ名盤。ボブ・ディラン、DR.ジョン、フラーコ・ヒメネスなどのゲストを迎えニューヨークで録音された本作は、そんなゲストまでもダグ・サーム色に染めてしまった、相変わらすホコリっぽい、ルーズなロックやテックス・メックス、R&Bをひと塊にしたサウンド全開。【曲】「(Is Anybody Going To) San Antone(試聴)」「It's Gonna Be Easy」「Your Friends」「Poison Love」「Wallflower」「Dealer's Blues」「Faded Love」「Blues Stay Away From Me(試聴)」「Papa Ain't Salty」「Me And Paul」「Don't Turn Around」「I Get Off」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Johnny Copeland - ILL BE AROUND - THE EARLY DAYS VOLUME ONE

  • ブルース/リズム&ブルースLP
 Johnny Copeland- ジョニー・コープランド - "I'LL BE AROUND - THE EARLY DAYS VOLUME ONE"
Sweden / LP / Mono / Mr RB RB1001 / Rec 1950s, 60s / Pub 1984
見開きジャケット擦れわずか、内側きれい、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2680 yen
■テキサスのブルース・ギタリスト、ジョニー・コープランドの初期音源集。
アーカンソー生まれで、ルイ・ジョーダン大好きだったという少年時代を過ごし、Tボーンとの出会いでギターを始めたジョニー・コープランド。その後テキサスに渡り、58年に"Rock And Roll Lilly"でソロ・デビュー。荒々しいブラック・ロックンロールでいきなりヒットとなりました。これはそのデビューから60年代中期あたりまでをまとめた編集盤。テキサス・ブルースといっても求道者タイプではなく、まさにルイとTボーンをフェイヴァリットに挙げるのが納得、エンターテイメント性満点で、R&B、ジャンプ、ブルース、ニューオーリンズを豪快に混ぜ合わせたごった煮スタイル。【曲】「Rock & Roll Lilly(試聴)」「Your Round Blues(試聴)」「It Don't Bother You」「Mama Told Me」「Heebie Jeebies」「Just One More Time」「Working Man's Blues」「Funny Feeling」「I'll Be Around」「That's All Right Little Mama(試聴)」「Trying To Reach My Goal」「Hear What I Said」「Ghetto Child」「Do Better Somewhere Else」「You Must Believe In Yourself」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Uncle Eck Dunford, B.F. Shelton, Blind Alfred Reed, etc. - THE BRISTOL SESSIONS

  • ヒルビリーLP
 Uncle Eck Dunford, B.F. Shelton, Blind Alfred Reed, etc.- アンクル・エック・ダンフォード、B.F.シェルトン、ブラインド・アルフレッド・リード、etc. - "THE BRISTOL SESSIONS"
USA / LP / Mono / Country Music Foundation CMF-011-L / Rec 1927 / Pub 1987
見開きコーティング・ジャケット擦れほぼ無し、取り出し口小ダメージ、レーベル二枚ともひげ無し、盤二枚とも極浅い擦れわずか、サイド1のラストにほぼ音に出ないスクラッチ一本、スリーブ二枚とも右部中央に小縁裂け
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  5980 yen
■ブリストル・セッションの音源を2LPでまとめたアルバム。
ビクター・レコードのスカウトマンが新たな才能を発掘すべくテネシー州ブリストルで27年に開催した録音オーディション、通称ブリストル・セッション。カーター・ファミリーやジミー・ロジャース、ブラインド・アルフレッド・リード他様々なヒルビリー・ミュージシャンが発掘された、アメリカのカントリー史上最も重要なイベント。これはそこで録音されたナンバーを2LPで集めた、カントリー発掘レーベルCMFからのアルバム。23アーティスト35曲収録。メンツはハリー・スミスのアンソロジーと結構かぶりますが、曲の重なりは一曲だけ。小縁裂けありますがオリジナルのスリーブもついた完品。※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Louvin Brothers - RADIO FAVORITES 51-57

  • カントリーLP
 Louvin Brothers- ルーヴィン・ブラザーズ - "RADIO FAVORITES 51-57"
USA / LP / Mono / Country Music Foundation CMF-009 / Rec 1951 to 1957 / Pub 1987
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか、スリーブ右縁小縁裂け
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 1980 yen
■グランド・オール・オプリでの音源を中心にした一枚。
40年代に結成、そのハーモニーでヒルビリー・ゴスペルを多く唄い人気になったルーヴィン・ブラザーズ。50年代中期グランド・オール・オプリに出た際の音源を中心に、それよりも前の貴重な4曲を加えた一枚。カントリー/ヒルビリー発掘専門のCMFからの一枚。【曲】「Gospel Way(試聴)」「They've Got The Church」「Outnumbered」「God Bless Her」「If We Forget God」「Just Rehearsing」「That's All He's Asking Of Me」「Love Thy Neighbor As Thyself」「You'll Forget」「Childish Love」「When I Stop Dreaming(試聴)」「I Don't Believe You've Met My Baby」「Hoping That You're Hoping」「You're Running Wild」「I Wish You Knew」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bob Wills - FIDDLE

  • ヒルビリー/カントリーLP
Bob Wills- ボブ・ウィルス - "FIDDLE"
USA / LP / Mono / Country Music Foundation CMF-010-L / Rec 1935 to 1942 / Pub 1987
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■フィドラーとしてのボブ・ウィルスに注目し編まれた編集盤。
35年、テキサス・プレイボーイズが初録音した日の翌日録音された、まるでオールド・タイム・フィドラーのような3曲や、その初録音のTPB音源がA面は多し。B面に進むにつれバンドの編成がふくらんでは来ますが、基本小編成でウィルスのフィドルをたっぷり楽しむ一枚。どんなスタイルのサウンドにも柔軟に合わせていく万能なフィドルで、オンマイクの迫力ある演奏がたっぷり楽しめます。カントリー、ヒルビリーを発掘するCMFからの一枚。【曲】「Smith's Reel」「Waltz In D」「Crippled Turkey(試聴)」「Spanish Two Step」「Tulsa Waltz」「Maiden's Prayer」「Silver Bells」「Oklahoma Rag」「Carolina In The Morning」「San Antonio Rose」「Don't Let The Deal Go Down」「Bluin' The Blues」「Twinkle, Twinkle Little Star」「Prosperity Special(試聴)」「That Brownskin Gal」「I Don't Lov'a Nobody」「Lone Star Rag(試聴)」「Bob Wills Special」「Bob Wills Stomp」「Liberty」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Shenandoah Valley Boys With Jim Eanes - SHENANDOAH VALLEY BOYS WITH JIM EANES

  • カントリー/ブルーグラスLP
Shenandoah Valley Boys With Jim Eanes- シェナンドー・バレイ・ボーイズ・ウィズ・ジム・イーネス - "SHENANDOAH VALLEY BOYS WITH JIM EANES"
USA / LP / Mono / County 726 / Rec 1970 / Pub 1970
ジャケット擦れ少々、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れ少々
Jacket 3.5~4 / Disc 3.5~4 / Sound 4  2980 yen
■再結成した後70年に出されたアルバム。
40年代からビル・モンローやフラット&スクラッグスと共演してきたギタリスト、ジム・イーネス。その後このグループを結成、リッチRトーン系列からデビュー(その頃の音源はラウンダーの"Early Days Of Bluegrass"で単独盤あり)。一旦は引退状態になりましたが再結成、そして出された70年のアルバム。完璧というのがぴったりの抜群の演奏に温かみのあるハーモニー、音も本当にいい14曲。【曲】「I'll Be No Stranger There」「Home On High」「In His Arms I'm Not Afraid」「Boat Of Love」「God Isn't Dead」「I'll Fly Away」「Are You Washed In The Blood」「When Our Lord Shall Come Again」「Let Him Lead You」「Light At The River」「How Can You Refuse Him Now」「Where No Cabins Fall」「When He Reached Down His Hand For Me」「Thank The Lord For Everything」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Seiji Ozawa, Michael Tilson Thomas(Cond.), Boston Sym. Orch. - CHARLES IVES : SYMPHONY NO.4 / THREE PLACE IN NEW ENGLAND / CENTRAL PARK IN THE DARK

  • クラシックLP
 Seiji Ozawa, Michael Tilson Thomas(Cond.), Boston Sym. Orch.- 小澤征爾、マイケル・ティルソン・トーマス(指揮)、ボストン交響楽団 - "CHARLES IVES : SYMPHONY NO.4 / THREE PLACE IN NEW ENGLAND / CENTRAL PARK IN THE DARK"
Germany / LP / Stereo / Deutsche Grammophon 410933-1 / Rec 1970s / Pub 1984?
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■チャールズ・アイヴズの交響曲、管弦楽を3作収録したアルバム。
新天地アメリカに音楽の新天地を作った作曲家チャールズ・アイヴズ(1874-1954)の三作を収録した一枚。A面は最後の交響曲第四番(試聴)で、未完の遺作をのぞいて、平たく言えば最もぶっ飛んだ作。コーラスが入る短い前奏曲から、二人の指揮者が同時に指揮する混沌とした世界へ流れ、郷愁感あふれる美しい楽章を経て、恐怖と希望が入り混じる驚きで終わる全4楽章。B面最初はやはり多層の管弦楽で、「答えの無い質問」の裏側の傑作「Central Park In The Dark(試聴)」、同じくアイヴズらしい手法が多く散りばめられ、今では最も多く演奏される作品だという管弦楽の代表作「Three Place In New England」。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Lotte Lenya - SINGS BERLIN THEATRE SONGS BY KURT WEILL

  • クラシック/女性ヴォーカルLP
 Lotte Lenya- ロッテ・レーニャ - "SINGS BERLIN THEATRE SONGS BY KURT WEILL"
USA / LP / Mono / CBS 62318 / Rec mid50s / Pub 1980s?
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■ロッテ・レーニャがドイツ時代のワイルの名曲を歌った一枚。
現代音楽の草分けブゾーニに学んだ後、アメリカのジャズから影響受け前衛的な大衆娯楽音楽を作ったクルト・ワイル。これは、ワイルの妻でもあり、ワイルの芝居音楽の最高の歌い手だったロッテ・レーニャが、『三文オペラ(1928年)』『マハゴニー(1927年)』『ハッピー・エンド(1929年)』『ベルリン・レクイエム(1928年)』『鏡の湖(1933年)』のナンバーを歌った一枚。オリジナリティの塊のようなワイルの音楽を20年代から唄ってきた、他に無い磨かれ方をしたレーニャの歌を12曲どうぞ。伴奏は、アコギのみの曲やオルガンが大きくフィーチュアされる曲があるものの基本は試聴の中編成ジャズ・バンド。オリジナルは55年のドイツ盤、これはオランダ盤リイシュー。【曲】「Moritat(試聴)」「Barbara-Song」「Seerauber-Jenny」「Havanna-Lied」「Alabama-Song」「Wie Man Sich Bettet」「Bilbao-Song」「Surabaya-Johnny(試聴)」「Matrosen Tango」「Vom Ertrunkenen Madchen」「Lied Der Fennimore」「Casars Tod」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Hot Shot Love, Joe Hill Louis, J.D. Horton, etc. - LOW DOWN MEMPHIS HARMONICA JAM 1950-1955

  • ブルースLP
 Hot Shot Love, Joe Hill Louis, J.D. Horton, etc.- ホット・ショット・ラブ、ジョー・ヒル・ルイス、J.D.ホートン、etc. - "LOW DOWN MEMPHIS HARMONICA JAM 1950-1955"
USA / LP / Mono / Nighthawk 103 / Rec early50s / Pub 1976
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■メンフィス・ブルース・ハープのコアな名演を集めた編集盤。
40~50年代の最もコアでレアなブルース、リズム&ブルースを掘り起こしリリースしていたナイトホーク・レーベルから、メンフィスのブルース・ハープに焦点を定め編まれた編集盤。この時代、サンに一枚だけ残したホット・ショット・ラブ、ヘヴィなワン・マン・ブルース・バンド、ジョー・ヒル・ルイス、と最初の2アーティストでもう満腹。後にシカゴで成功するウォルター・ホートンのメンフィス時代、マンブルズという名前で録音した2曲、若きジェームス・コットンが吹く、後にマディ・ウォーターズ等のバックを務めるウィリー・ニックス等々、ウルトラ濃厚な一枚。オリジナル盤。【曲】「Hot Shot Love / Harmonica Jam」「Wolf Call Boogie」「Joe Hill Louis / Street Walkin' Woman」「Walkin'Talkin' Blues」「J.D. Horton / Cadillac Blues」「Why Don't You Let Me Be Me」「Mumbles / Now Tell Me Baby(試聴)」「Jumpin' Blues」「Joe Hill Louis / Gotta Let You Go」「Boogie In The Park(試聴)」「Willie Nix / Seems Like A Million Years」「Barbershop Boogie」「Woodrow Adams / Wine Head Woman」「Baby, You Just Don't Know」「Chicago Sunny Boy / Love My Baby」「On The Floor」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Fred And Adele Astaire - LADY BE GOOD

  • パーソナリティLP
Fred And Adele Astaire- フレッド&アデーレ・アステア - "LADY BE GOOD"
USA / LP / Mono / Monmouth Evergreen MES7036 / Rec 1920s, 30s / Pub 1970s
ジャケット円状の擦れ少々、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■"レディ・ビー・グッド"の初録音等を集めたアステアの初期音源集。
ガーシュウィンを代表する作で、フレッドとアデーレのアステア姉弟の名を高めたブロードウェイ、『Lady Be Good』。A面は初演時のバンドとともにその中のナンバーを26年に初録音した音源を収録。B面はフレッド・アステアの初期名曲の音源集。【曲】「Fascinating Rhythm(試聴)」「Hang On To Me」「Lady Be Good」「I'd Rather Charleston」「So Am I」「Half Of It Dearie Blues」「Swiss Made」「Not My Girl」「Louisiana」「Puttin' On The Ritz」「Night And Day」「Crazy Feet」「After You, Who?(試聴)」「Flying Down To Rio」「Music Makes Me」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2019年6月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
2019年7月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.